日本通運

2020年3月 3日 (火)

R02.03.03 八王子駅

 弥生三月春本番。そろそろ暖かくなる季節ではあるものの、コロナウイルス蔓延の今日この頃。こちらもどうもやる気が出て来ません。

 土曜日夕方の首相会見からこの二週間は学校が休校になったり、公共施設でも閉館する所が出て来てここ暫くマスターの周囲はどこか静かに感じ取れます。感染者で見ると発生者が大勢出た相模原が近場なのでこの頃はどんな車でも拙宅の周りは不思議と相模ナンバーの車に出会すことが多く、神経質な人なら「周りをウロウロするな!」と東日本大震災後の原発事故から福島ナンバーの車を邪険に見ていたのと似ていますね。

 本来なら今日は親の講座の日なのですが、顔を出される皆さんも年嵩の方が多く、やむなく今日は休講となり、こちらもネタ拾いも軽めでスターバックスのお店巡りもここ暫くは間引く格好なのでお湯を溶くタイプのVIAを何種類か買っておこうと思いました。

 いつも出掛ける頃合いで富士森公園経由の八王子駅南口のバスに乗ると顔馴染みのオバちゃんが早速並んで今日はやや遅れての出発でこちらもバスコレで持っているタイプが参上。みよし坂の水道管工事も今日はお休みで16号の交差点を過ぎると殆ど乗り降りなく順調に進みました。

 バスから降りると南群線は今朝到着した東急2020系(◀︎長津田 2134+2234+2334+2434)と止まって昨秋、東急の会社再編が行われて鉄道部門は『東急電鉄』に移譲したので東急マークや妻面プレートの社名標記が変わったな!と併せてデジカメに収めました。最初は学校休んで来た(時期的にも春休みの所もありますが………)かな?と思ったら50歳過ぎたようなオバちゃんでビックリしました。そのまま83列車もコンテナ車だけは確認してこの東急2020系の北隣にHD300-35が休む姿が見えたので今日は8097〜8092列車は運休だな!と感じました。

 先ずは83列車のコンテナ車を後方は東急2020系に遮られますが、いつも通り確認し、この列車でもお馴染みになった船と兼用の日通UV19Aも顔を出して。タキ1000も前半分を片付ける形でサザンスカイタワーへ。先ずは信用金庫に立ち寄ってから続いてスターバックスへ。ちょうどソファー席が空いて(しょっちゅう来るポンコツオヤヂでマスターに言わせるとアンタ邪魔ですぞ!と唆したいものですな)さくらミルクラテを頂きます。いつもならタンブラーにお願いするところ、昨日から公式HPで暫くは紙コップで提供するので止むを得ませんが………。この時期なのか仕事の打ち合わせも多く、皆さん在宅か出勤か迷う所で昔はオリンピックが終わると経済が冷え込むと言われておりましたが、下手したら今春〜初夏辺りから冷え込むのではと予想され、後世トンだ番狂わせに遭ったという事になるのは目に見えています。

 83列車はコンテナが満載、タンク車の連結は12〜13両ですが、今日は時間の都合で後半分端折る形で失礼した形で次の通りです。

△竜王
EH200-10
コキ107-1552 ↑東京タ発 新製28-10-14日車
コキ106- 143 全検29-10-17郡山車 2個目に日通UV19A-663、3個目に20G-649[一色塗り]、4個目に19G-5205[再塗装]積載
コキ106- 865 全検27-9-16川崎車 4個目に20G-1628[一色塗り]積載
コキ106-1123 ↓ 全検31-4-25川崎車 2個目に20D-3731、4個目に19D-50740[いずれも一色塗り]、3個目にJOT UR19A-637*積載
タキ1000-118+148+366*+462*+352+771+198+271+589+614*+274*(※あとで9日発の83列車で同じナンバーが連結している事が判明し、入れ替わりが無ければこの順序です[*=ENEOSマーク無し])
コキ106・107のグレー文字=側ロゴなし、UR19Aの*印=幅広マーク入り

 丁度この頃は4番線から順に83列車、東急2020系(←長津田 2834+2934+2034▶︎+2534+2634+2734の順です)、8460列車(編成は短いものの、10両ぐらいの連結です)と止まっていました。

 このままマルベリーブリッジから東急スクエアへ向かい、マルベリーブリッジも東急スクエアの2階やユーロードの直結もこの春には出来るのでこれから楽しみですが、どうせなら八王子21プランの時に盛り込んでいたらよかったのにと立案した30年前の市長さんや役人さんに物言いしたい所ですな。と思い、先ずはゆうちょ銀行で鉄道貨物協会の来年度の年会費と3月ダイヤ改正の『貨物時刻表』の払い込みを行い、このままスターバックスで一休み。今度はドリップで丁度売り出して1周年を迎えたTOKYOローストでマスターの宅飲みはミルクとメイプルシロップがお決まりの様なのでミルクをその場でお願いした次第です。

 さて、いつもは週に2〜3回は八王子駅の周りへ出掛けるマスター、この様な状況下から回数を絞らねばと思い、VIAを買おうと思い、先ずはセレオのお店へ行くとオープニングメンバーでロースタリーに移ったパートナーさんが顔を出されてマスク姿ながら暫く歓談し、ラックを見るとVIAはスプリングシーズンブレンドが中心で10本入りと3本入り、もう一種類フレーバー系が良いなと思い、お菓子付きの抹茶もいいな!と思いましたが、どうもセレオ店では見当たらなかったのでここではスプリングシーズンブレンドの10本入りを頂戴してサザンスカイタワー店、東急スクエア店と再び参上し、東急スクエア店でVIAキャラメルをゲット。おっと、この間にお昼を仕入れまして、セレオの折込チラシが無かったのかゲリラ的(?)ながらささやかな駅弁大会が行われて東北や新潟の駅弁にNREの駅弁も勿論並んでいて最初お昼はクルーズ船で注目を浴びた崎陽軒の『シウマイ弁当』でも良かったのですが、昨年リニューアルした『チキン弁当』があったのでNREロゴの手提げ袋も今月一杯で見納めになる模様で記念に(?)ゲット。『チキン弁当』は復刻版以来で初代のキャラクターのイラストがパッケージ、箸袋とさりげなく描かれている点が印象的でどうもNREの社員さんからマスターとお付き合いがあるお話の様で真偽は不明ですがどうも隠れ有名人みたいな話でこちらは別に怪しくも変でもありませんのでお気になさらずに。

 何とか富士森公園、西八王子南口経由の法政大学行きのバスに間に合い、行きと連番でバスコレでもあるタイプに当たりまして、この時期で出歩く人が少ないと感じますが、普段同様シルバーパス片手のシニアの方に加えて若干お勤めがお休みの方も見られて意外と乗りが多く、都心だと空席が目立つ車内になるものの、郊外は比例してお客さんがこの分多くなって来た感じがします。

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

R02.02.17 八王子駅

 この頃、2月と言うと京王線のダイヤ改正が年中行事になりつつある様子でこれに合わせて『京王ライナー』○周年の記念きっぷが売り出され、こちらも昨日、午前中に買ってからダイヤ改正前なので北野まで往復して軽めに編成・運用の調査を行いたかったものの、雨が本降りだったので断念し、記念きっぷも昨年は2月11日の売り出しで即日完売ならず1ヶ月程売られていた記録があり、こちらも後手に入手した実績から「まだ今日行ってもあるな!」と予想し、この後はネタ拾いを軽めに済ませる次第です。

 行きは京王八王子駅へそのまま赴く事から甲州街道に出て城山手からのバスに乗り、日野ブルーリボンの現行タイプが参上。丁度、次のバス停で降りるご夫婦が居たので上手い具合に腰掛ける事が出来、後から織物組合あたりでシートの手摺に掴まっていたオバちゃんが居たので幸い、最前列が空いてこちらに移って京王八王子駅は岡三証券の前での下車です。

 バスから降りると京王八王子駅の改札は目と鼻の先。窓口の駅員さんに尋ねると幸い在庫がありました。万々歳!。京王八王子駅は2周年バージョンだけの扱いなので公式HPのプレスリリースも自家用のiMacに入れております。

 この後は京王八王子SCのスターバックスで一杯飲もうと思いましたが、惜しいことに今日は全館休館日でそういえば、昨年の今頃は見学会でお昼も第一生命ビルの『バーゼル』で食べたな!と思い出し、このままお手洗いを済ませてからセレオのスターバックスへ。時間的にも早かったのでドリップ(スプリングシーズンブレンド)とおおつぼまふぃんのアップル黒糖を頂きながらこれから見る貨物列車のページの準備をしますが、朝から中央線の快速電車が遅れている情報が伝えられて出発前に見た時はまだ20〜30分ほど遅れていました。

 先にSuicaをチャージしてから南口に出ていつもの様に83列車の到着を待ちますが、今朝国分寺で発生した人身事故の影響がまだ引き摺りまして、普段なら10時を少し回った頃に到着する竜王行きの83列車も今日に限って20分遅れての到着になり、駆け足でコンテナ車の様子をチェック。このままタンク車の触りをチェックしてからゲートイン。先ずは3・4番線に赴きホーム伝いに83列車のタキ1000を一通り見つつこの間に『あずさ』9号が10分ほど遅れての到着で8460列車はUターンの後に見る事にしました。

○83列車…コンテナは満載ですが、タンク車も増量モードの13両編成で2月になると余裕が出て来るのでしょうか定期検査の出場車も手元のiPod touchから引っ張り出すと後で時間が出来た時に移し替えるのが常です。中央線の人身事故の影響から到着20分、出発5分遅れとなりました。
△竜王
EH200-901
コキ107-1215 ↑東京タ発 新製27-6-2日車 1個目に19D-51741[一色塗り]、4個目に日通UV19A-790積載
コキ107-1170 新製27-11-20川重 1・3・5個目に20D-4308、19D-42765、19D-45650[いずれも一色塗り]、2個目にJOT UR19A-2273*、4個目に20D-250積載
コキ107- 182 全検2019-9-10広島車 1個目にV19C-80034/2個目に20D-2109、4個目に19D-48120[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 782 ↓ 全検30-4-20郡山車
タキ1000-114 JOT[E]/根岸* 全検2019-5-24川崎車、自重16.6t
タキ1000- 72 JOT[E]/根岸* 全検2019-7-5川崎車、自重16.7t
タキ1000- 50 JOT[E]/根岸* 全検2019-7-12川崎車、自重16.7t
タキ1000-152 JOT[E]/根岸*
タキ1000-864 JOT/根岸
タキ1000-619 JOT/根岸
タキ1000-519 JOT[E]/根岸# 
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 
タキ1000-787 JOT/根岸 
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 
タキ1000-873 JOT/根岸 
タキ1000-365 JOT/根岸* 
タキ1000-865 JOT/根岸
コキ107のグレー文字=側ロゴ無し、UR19Aの*印=幅広マーク入り、根岸*=旧郡山常備車、根岸#=旧仙台北港常備車

 83列車が片付くと横浜線の電車はE233系の横浜線分トップと久し振りのご対面。この頃は時間の関係からかパンタグラフが二丁になったモハE233の6000番代に当たる事が多いですが、八王子駅に戻ると余裕があると3番線で折り返す快速電車のチェックを行うものの、今日は遅れていた事からダイヤが乱れているのか5番線でホーム伝いに8460列車を軽めにチェックして改札を出ました。

○8460列車…自由通路越しから編成をチェックすると11両くらいかなと思ったらその通りで根岸行きは4両の連結で浜五井行きは前3両がこの所良く見たナンバーが続きましたが、久し振りに黒塗りのタキ43000とご対面。
△川崎貨物
EF210-122
タキ43554    OT/宇都宮タ ↑浜五井行き 
タキ1000-399 OT/宇都宮タ 
タキ43555    OT/宇都宮タ 
タキ43450   JOT/根岸  
タキ43465   JOT/浜五井
タキ43166   OT/宇都宮タ※ 
タキ43163   OT/倉賀野 ↓
タキ1000-469 JOT[E]/根岸 ↑根岸行き 
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 
タキ1000-254 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-249 JOT[E]/根岸* ↓ 
OT所有車の※=旧西上田常備車、=浮島町臨時常備、根岸*=旧郡山常備車

 ネタ拾いが片付くと再びセレオのスターバックスへ。一昨日からの限定柄の手提げもゲットしたい故にここで自宅用のお豆を買うことにして未だTOKYO ROASTが少し残っているので今回はよく飲むハウスブレンドを選び、200gに抑えてパートナーさんも昨夏から顔を合わせている方なので初めてお願いしたのでお好みのお豆の種類を尋ねるのはいつもの事。色々な種類や季節によって出回るのがあるので突っ込むのも楽しいですね。

 続いてサザンスカイタワーのスターバックスへ。ソファー席が空いていたので83列車の肉付けを行いながらさくらミルクラテを頂き、今年はアラレが印象的だね!と話をしていつもならここから富士森公園・西八王子南口経由の法政大学行きのバスに乗るのですが、今日は時間があるので南大通りを歩いて帰ることに。ちょうど4本続いて出発する頃のバスを見て神奈中はここ1〜2年で入ったナンバーを見て16号の交差点の少し西側で西八王子から八王子営業所へ回送する100周年カラー三菱ふそうエアロスター、続いて館ケ丘団地から京王八王子行きで来てこれから寺田の車庫へ回送するバスもここを通る(京王八王子駅→かえで通り→南大通り→富士森公園東→と言う形で)様子を見て少し歩いたところで西八王子発があるな!とどんなタイプかなと思ったらタウンワークのラッピングバスが現れて自宅には正午を回る頃の到着となりました。

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

R02.02.15 八王子駅

 2月も折返点に差し掛かり、いつもはウィークデーの何処かからスターバックスの新メニューがスタートしますが、今日は珍しく土曜日のリリースで例によって八王子駅周辺の各店を回りつつ、ネタ拾いも行いました。

 空は晴れたり曇ったりと言った具合でしたが、気温がこの時期にしては少々暖かくそろそろ梅の花もほころぶと言った陽気も手伝い、羽織るものもコートから厚手のジャケットに変えてパスケースも携えて出撃します。

 新メニューの初日というと決まって甲州街道側に出て北口のマルベリーブリッジからそのままセレオのお店に駆け込むのが常ですが、ちょうど今日は貨車研究会の昼間例会を行なう日と同じ形で9時半少し過ぎの南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗り、少し遅れていたものの、丘の上から来たオバちゃん相手に教えてあげて京王バスカラーが現れるな!と思ったらその通りで水曜日のお昼前にも乗った希望ナンバー付きのいすゞエルガ(現行タイプ)です。

 バスから降りるとこのまま北口に向かって一直線。8460列車のタンク車も控えていたので野点広告までと言うと14両くらいかな?と予想してセレオのスターバックスへ向かいます。この所午前中に現れるとテーブル席の空席が目立っていたものの、今日はさすがに初日だけあって結構埋まっている様子で幸い、テーブル席を陣取り、今日からのさくらミルクラテを早速頂きます。桜色のチョコレートがお決まり?と思ったらちょっと水に浸すとベタベタした食感からコーンフレークかひなあられかな?が入っていると思ったらその通りでクランベリーも良い具合に添えられていました。エスプレッソバーの裏の黒板もtwitter風に描かれてお見事ですね。

 飲み終わる頃には竜王行きの83列車が到着する頃なのでいつものようにOPAの裏手からコンテナ車をチェック。少し路駐やマナー知らずの撮り鐡親子が気になりました、こちらは安全第一に軽めに済ませ、コンテナ車の分を片付けるとこのままサザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出し、スターバックスは電気系統の不具合があったのか少々暗く、結構レジ待ちの列が凄かったので手短にして退散することにしました。前後してTOKYO2020ラッピングのクハE233-10×10(八トタT10編成/53T運用)や八高線の昼寝はクハ209-3102×4(宮ハエ72編成/73運用)と確認し、北野街道経由のめじろ台行きでは高尾山温泉バスが登板。

○83列車…コンテナは前半分満載でしたが、後半が3〜4個と3両目がバランス悪そうな積み方ながら先頭にはこの列車では時々顔を見せる日通の海陸両用のUV19Aも参上。タンク車は少々短い11両連結で先頭がA重油の積載車で未撮影でようやくキャッチした次第です。
△竜王
EH200-6
コキ107- 605 ↑東京タ発 全検27-11-27広島車 1・2個目に19D-44219、20G-55[いずれも一色塗り]、3個目にJOT UR19A-10503*、5個目に日通UV19A-721積載
コキ106- 250 全検30-4-24広島車 1個目に19G-20496[一色塗り]積載
コキ107- 72 全検2019-9-25輪西派 1・3個目に19D-90127、19D-49164[いずれも一色塗り]積載
コキ106- 537 ↓ 全検2020-2-3川崎車 4個目に19D-44010[一色塗り]積載
タキ1000- 48 JOT[E]/根岸* 全検2019-8-5川崎車、自重16.7t
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 ■
タキ1000- 19 JOT[E]/根岸* 全検31-4-22川崎車、自重16.9t ■
タキ1000-854 JOT/北袖# ■
タキ1000-540 JOT[E]/根岸#
タキ1000-573 JOT/根岸
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 
タキ1000-611 JOT/根岸 
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 
コキ106・107のグレー文字=側ロゴなし、UR19Aの*印=幅広マーク入り、根岸*=旧郡山常備車、根岸#=旧仙台北港常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 ゲートインして4番線からチェックするとタンク車をホーム伝いに確認するものの、コンテナ車の4両目が今月全検出場したナンバーだったので思わず2コマ収めて(位置をバッチリ決めてリテイクです)から続いてタンク車の列を見つつ、並行して8460列車のナンバーも書き出します。根岸行きは流す感じで済ませますが、浜五井行きは全車オイルターミナルの所有車ばかりでどうも火曜日のこの列車で来たナンバーが続いて不思議と撮影する気が湧きませんでしたが、83列車のタンク車まで片付けると東側の乗り換え通路を通って6番線に止まっている横浜線の電車に飛び乗り、同じ10時50分発の快速電車ですが、平日ダイヤは5番線、土休日ダイヤは6番線発なので線路の位置関係から少し離れますが、例によって片倉駅へUターン。パンフレットのラックには来月14日に行われるダイヤ改正のパンフレットも並べられて後で八王子駅のラックから頂戴するかなと思い、8460列車のタンク車も乗り換え跨線橋の背後にタキ43000が見えたのでこちらも火曜日にも来たナンバーかな?と83列車のタキ1000で隠れて見えなかったものの、ドンピシャリ。5・6番線から3・4番線へ行くと貨車研究会でお世話になっていると杉並のK氏とバッタリ。特急列車で言う付属編成が止まる辺りでちょっと話してから折り返す快速電車を見て4番線にこのあと回送列車が来るので改札は出ますが、OPAのエントランス辺りで待ち構えるかなと予告通りダイヤ改正のパンフレットをゲットして南口方面へ。

○8460列車…浜五井行き、根岸行きが7両ずつの合わせて14両編成で浜五井行きは全車OTのタンク車ばかりですが、ナンバーを見ると11日のこの列車に連結した顔触れが続きました。
△川崎貨物
EF210-161
タキ43024   OT/倉賀野 ↑浜五井行き
タキ43348   OT/倉賀野※ 全検2019-6-24川崎車、自重15.9t
タキ1000-453 OT/倉賀野 全検2019-10-2川崎車、自重17.0t ■
タキ43271   OT/倉賀野 
タキ43554   OT/宇都宮タ 
タキ1000-399 OT/宇都宮タ 
タキ43555   OT/宇都宮タ ↓ 
タキ1000-483 JOT[E]/根岸  ↑根岸行き 
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-833 JOT[E]/根岸 
タキ1000-599 JOT[E]/根岸
タキ1000-268 JOT[E]/根岸*
タキ1000-775 JOT/根岸 ■
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸* ↓ 全検30-11-14川崎車、自重16.6t
OT所有車の※=旧西上田常備車、根岸*=旧郡山常備車

 改札を出て最初は北口へ向かおうと思った所で先程の案内表示で下りの回送列車が到着する表示が出ていたので先に南口の方に出てOPAのエントランス辺りで待ち構えると黄色い帯のE231系が到着して、マスターも丁度20年前の秋(もうこんなに経ちますか………)に鉄道友の会のローレル賞を授賞した事から記念列車で三鷹から四方津まで往復した事を思い出し、編成はクハE231-34×10(八ミツB34編成)でこれから長野の総合車両センターへ入場する様子で2号車のサハE231、6ドア車と外して武蔵野線へ転属と流れが読み取れます。同じE231系でも山手線の所属車が先月で全て営業運転が終わり、E235系のラストも思わぬ形でキャッチしたものの、初期グループの数本の動向が気になる所です。

 予定よりやや遅れて東急スクエアへ。ここからスターバックスのお店めぐりを再開し、スプリングシーズンの初日らしくドリップを頂くと今日からのスプリングシーズンブレンドです。平日にいる事が多い皆さんの他にもカムバックしたセレオ店のオープニングメンバーのパートナーさんと駄弁る始末。

 今度は京王八王子駅へ向かい、先ずは駅の券売機でPASMOの履歴をプリント。続いてアートマンに行って先程、杉並のK氏と偶然お目に掛かったので貨車研の会員さん宛てに資料を送ったり何かと物入りでB5の封筒が無くなったので封筒を早速買い、再び1階に戻るとスターバックスはドリップは2杯目なので(お豆はこちらもスプリングシーズンブレンドです)一緒に今日からのさくらドーナツをつまんで時間調整。

 帰りは城山手行きでも大丈夫かな!と思った所で時刻表を見ると丁度高尾山口行きがこの4分ほど前にあったので専用車が来るかな?と思ったらその通りでもう一台、北野街道経由のめじろ台行きに就いていたのでフル稼働(=2台しかいませんが………)と言った所で今年に入ってから『高尾山温泉』バスもコンプリートと言った所です。

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

R02.02.04 八王子駅

 節分が終わると春の訪れが近くなりますが、まだまだ寒い日が続きます。

 最初、今日は実家の仕事を引き継いだ所から誘われる形で日帰りの🚍バスツアー🚍で鎌倉へ出掛ける筈でしたが、このところ猛威を振るう様になったコロナウィルスの影響から先週末に急遽中止の知らせが届きまして、親も今日は本家のビルで行われる講座へ行く事となり、こちらもネタ拾いを兼ねて明日はセレオのスターバックスもOPEN6周年を迎えるとのことで早いモノですね。

 行きはいつも乗る富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスは定刻通りの出発で国道16号の交差点から昇った坂道で暫く、水道管の取り換え工事が行われていましたが、今日は偶々、休工日となり、途中、15日に行われる聖火リレーの予行演習で通行止になる立て看板を見て10時を少し回る頃に八王子駅南口に到着します。

 バスから降りた所で83列車の到着が未だだったので少しOPAの中を歩いて時間調整。1階の線路側の入り口の窓越しからコンテナ車の姿が見えたのでほぼ定刻通りの到着でまずコンテナ車を一通りチェック。タキ1000も前の方を見てから一度締める形で2階の入口あたりから今日は日通のUV19Aの船舶兼用タイプが積まれていたのでデジカメに収めてどうした事か31日に撮影した分がいずれも大きなサイズのままでこの辺まで片付くとノーマルサイズに戻した次第です。

 スターバックスのセレオのお店で一休み。節分から1日遅くなりましたがショット追加のソイラテを頂き、意外と空いていてこれで福が来ること間違えありませんが、先客の爺さんがうるさいのなんのと閉口し、頭の中が錆び付いて雰囲気良いお店に来るのはどうかなと思いますが、後で83列車の出発した後も未だ居座っていたので足代タダ同然(多分)、スターバックスも長居してもドリンク一杯分と粗大ゴミ間違えありませんが、明日はオープンしてから6周年を迎えるので黒板やお店のインテリアの一年間の様子を纏めようと思っております。また、パートナーさん皆さんコロナウイルスの対策でしょうか全員マスク姿とこちらは気にしておりませんが………。

○83列車…コンテナ車は全車JRFロゴ無しですが、コンテナは1両目が満載、2・3両目が1〜2個と少なく4両目は空車とどこか寂しい雰囲気ながら日通のUV19Aが目立ちました。タンク車はいつも12両ですが、10両とやや短く、昨年の全検車も2両連結していたものの、幸いデータを捕捉していたので大丈夫でした。
△竜王
EH200-6
コキ106-  34 ↑東京タ発 全検2019-12-11川崎車 1個目に19G-16756[再塗装]、5個目に19D-45182[一色塗り]積載
コキ107-1129 新製27-7-10川重 1個目に日通UV19A-856積載
コキ106- 610 全検31-4-8川崎車
コキ107- 182 ↓ 全検2019-9-10広島車🈳
タキ1000-170 JOT/根岸* ■
タキ1000- 9 JOT[E]/根岸* 全検2019-6-17川崎車、自重17.0t
タキ1000-122 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-162 JOT/根岸* ■
タキ1000-620 JOT[E]/根岸
タキ1000-441 JOT/根岸 全検2019-10-28川崎車、自重16.8t ■
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 
タキ1000-622 JOT[E]/根岸 
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 
タキ1000-366 JOT/根岸* 
コキ106・107のグレー文字=側ロゴ無し、根岸*=旧郡山常備車

 一通り片付くと京王八王子駅のショッピングセンターへ行き、ポポンデッタで先日売り出されたバスコレの西東京バスを早速購入。電源付きの日野ブルーリボンIIがモデルで八王子駅にも秋川街道筋やひよどり山トンネル〜滝山街道経由の秋川駅行きの系統などを担当する五日市の所属車をイメージしたもので昨日久し振りに出掛けた秋川にある親類の歯医者さんがある辺りでも福生駅からの路線も受け持つ営業所です。他のバスコレも東京支部の新年会でお世話になった小湊鐵道の高速バスや今日お世話になる筈だったはとバスあたり買いたいもので機会を改めて。1階に戻ってスターバックスでホワイトラテを頂きます。パートナーさん皆さんやはりマスク姿でこちらにも気遣う一言を頂いて恐縮しました。

 このまま本家のビルへの途中で東急スクエアのスターバックスに立ち寄ってここではドリップのベロナを頂きます。いつも入る皆さんの他に新人さんが入ったと思いきや、セレオ店のオープニングで入ったパートナーさんが復帰したので先週、元八王子のお店に出掛けたら3〜4年前にこのお店に居られたパートナーさんが長野のお店からまた八王子のお店に戻って来た方がいらしたのでこの話も出て来て二度ある事は何度ありますね。

 お昼に親の講座が終わるので上の事務所もお昼休みで降りて来るのでお世話になっている美熟女社員さんに「本当なら鎌倉に居る筈がコロナウイルスの影響で来ました!」と発したほどで親と待ち合わせてお昼はセレオの地下で1日遅れの恵方巻きで海苔巻き二種類を選び、南口のバス乗り場に出て南大通り経由の西八王子行きでのご帰還となりました。

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土)

R02.01.25 八王子駅

 少し前に求人情報誌で前から気になっていた所がありまして、履歴書は買ったものの、貼る写真をまだ撮影していなかったのでビックカメラの1階のスピード写真へ行くついでにネタ拾いを兼ねてあれこれ用事を片付けます。

 行きは9時半少し前でいつもはコート+厚手のワイシャツ、セーターですが、今日はこの様な事からコートの下は厚手のジャケット、薄手の水色のワイシャツ姿で出撃。丁度南大通り経由の八王子駅南口行きのバスが来る頃合いにぶつけての参上で後で丘の上からやって来たオバちゃん相手にこのダイヤは京王バスの色が来るかな!と思ったらその通りで今日は南大沢から転属した日野ブルーリボン(現行タイプ)に乗りました。

 八王子駅の南口で降りると前後してみなみ野行きは京王ライナー色、南大沢行きはH18式の日野ブルーリボンIIと昨日のお昼頃に南大沢の駅前で見掛けた範囲と又々バッタリと。南群線はHD300が昼寝していたので今日は8097〜8092列車の運転はない様子でiPod touchには83列車の準備を行います。

 ビックカメラは10時開店なので先にセレオのスターバックスで時間調整してラテ+ムースフォームで一杯。サイレンが見えるテーブル席が空くと早速83列車のページの支度をして8460列車も来ている様子も感じ取れ、8460列車も改めて準備します。飲み終えた所で南口へ向かい、ビックカメラの1階でスピード写真のブースへ。フォトショップのプログラムではありませんが、補正モードもがあり男前モードをセレクトし、受け取ると遺影みたいだな!と先週は散髪したので仕方ない面もありますが………。

 続いてOPAの裏手から83列車のコンテナ車の様子をチェック。全車満載で珍しい所では日通の船と兼用の通風コンテナくらいで土日でも車が増えたな!と嘆くも最近はどこか運転が荒いのが多いのかカーナビ頼りのサンデードライバーが多く、この頃は電車に乗っても時刻表は読まないで乗り換え案内のアプリ頼りの連中が多いのと似てる面もございますが、もっと色々な面で勘を働かせないとダメになりますね。

 サザンスカイタワーの信用金庫でゆうちょの口座用のお金を引き出してからゲートイン。昨日は中央線の電車の遅れから8092列車に連結していたタキ1000のナンバーをデジカメに収め損ねましたが、今日の83列車はオイルターミナルから移籍したタキ1000の661番が連結していたのでこちらをパチリと。

○83列車…いつもの編成でコンテナでは日通のUV19Aとこちらも時折現れる形で定着した感がします。
△竜王
EH200-24
コキ107-1358 ↑東京タ発 新製28-8-2川重 3・4個目に19D-46930、19D-46605[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 428 2個目に20D-3891[一色塗り]、3個目に日通UV19A-619積載
コキ107-  64 全検31-2-9輪西派 3個目にJOT UR19A-11472*積載
コキ107-1991 ↓ 新製30-3-8川重 1個目にUR19A-2208*、2個目に19G-20087[一色塗り]、4個目にUR19A-12089*積載
タキ1000-107 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-251 JOT[E]/根岸* ■
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 ■
タキ1000-808 JOT/浜五井 ■
タキ1000-212 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 81 JOT[E]/根岸* 全検2019-7-22川崎車、自重16.7t
タキ1000-661 JOT/根岸 全検2019-9-30川崎車、自重17.0t ■
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 
タキ1000-488 JOT[E]/根岸 
タキ1000-867 JOT/根岸 
タキ1000-591 JOT/根岸 
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 
コキ107のグレー文字=側ロゴなし、UR19Aの*印=幅広マーク入り、根岸*=旧郡山常備車

 いつもの様に片倉までUターンして戻りますが、片倉駅の案内表示で珍しく下り方面が遅れている表示が出て駅員さんからのアナウンスで横須賀線内で安全確認が発生したとの事で場所は不明ですが、品川〜大船の間であれば『踊り子』号目当ての撮り鐡が何らかの形で立ち入った事があり得ますが横浜線はもちろん京浜東北線&根岸線、東海道線、相鉄直通、南武線あたりは影響が出たのだろうと感じ取れ、こちらが八王子駅まで乗る電車も3分遅れての到着です。

 後半は8460列車の方をメインに見てこちらの方が平日ダイヤより遅い出発なので(83列車はこの頃になるともう出発したので平日、土休日同じ事が伺えます)。編成も短めで5番線のホーム伝いにザッと片付ける事に。

○8460列車…いつもは10両前後の編成ですが、浜五井行き2両、根岸行き6両の合わせて8両と長い時の丁度半分です。浜五井行きはこの所お馴染みのタキ1000の374番と黒塗りのタキ43000は内地から本輪西へ移動して戻ったナンバーの43429番で北海道内のオイル輸送列車の廃止後は名古屋臨鉄の東港あたりに長期間休車したナンバーで昨年の今時分あたり、かなり纏まった両数の全検出場車が見られたのでこの1両と言うので勘付いたらその通りでした。
△川崎貨物
EF210-135
タキ43429   JOT/浜五井# ↑浜五井行き 全検31-1-23川崎車、自重15.8t
タキ1000-374 OT/宇都宮タ  ↓ 
タキ1000-541 JOT[E]/根岸# ↑根岸行き 
タキ1000-762 JOT/根岸 
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 
タキ1000-854 JOT/北袖# ■
タキ1000-358 JOT[E]/根岸*  ↓
浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車、根岸*=旧郡山常備車、根岸#=旧仙台北港常備車

 ここまで片付くと一昨日、トミーテックのHPを見ていたら『バスコレ』の西東京バスが売り出されたので様子を見るべく京王八王子のSCへ行きまして、まずは5階のポポンデッタに赴くもまだ並んでおらず(後でHPを見ると来週末の予定という事が判明)、出直す事にして1階に戻ってスターバックスで一休み。お豆が拙宅で頂いているものと同じTOKYO ROASTでパートナーさん相手に昨日のセレオ店に続いてマスターの楽しみ方を教えてあげて、また昨日は南大沢のお店に出掛けたらここで親しいパートナーさんと同じ名字の方が居られた事を話したほどです。

 帰りは甲州街道経由の城山手行きに乗り、行きに続いた格好で現行ブルーリボンにあたり、昨日はハイブリッド車でしたが、今日はディーゼルエンジン車です。また、この路線で時々見かける多摩バスカラー車で青梅→五日市と移ったもので『貸切』表示のバスを見付けて窓越しから思わずシャッターを押すも後方に座っていたお父さんも驚かれて日頃の観察力が養われた現れですよ!と話した次第です。

| | コメント (0)

2014年11月 1日 (土)

H26.11.01 八王子駅

 早いもので今年のカレンダーも残り2枚となり、今日から11月。生憎のお天気ですが、スターバックスのホリデーメニューが今日からなので早速出掛けてまいりました。

 南大通りのバス停から八王子駅南口行きのバスに乗り、オバちゃんと立ち話しながら待ち、前後には信玄餅の配送のトラックを見付けて早速デジカメに収めるとデジカメがどこへ仕舞い込んだのか慌ててしまいシャッターチャンスを逃してしまいましたが、これがこの間の調査会の帰りに立ち寄った事もあって武蔵小杉のK氏にもお話し出来た次第です。

 バスを降りた所で南群線には珍客も現れ、トランスを運ぶ日通のシキ800で後で見る事にして先ずはセレオのスターバックスで今日からのホリデーシーズンの装いを味わい、お豆もクリスマスブレンドに加えてパートナーさんも全員、赤いトレーナー姿での接客。今シーズンから初登場のトフィーメープルラテを頂き、メイプルシュガーのほのかな味わいを楽しみます。この間、ドリップの繋ぎでパイクプレイスのVIAアソートも何処へ行ったやらといった雰囲気で前に買っておいて正解でしたね。NEW DAYSを覗くとKIOSK限定のBトレは空振りで下手したらお手上げかな?と思い、再び南口に出て先のお約束通りシキ800や15分ほど遅れて到着した83列車の様子をチェックします。

◯83列車…定刻より凡そ15分遅れての到着でタキ1000は13両の連結。積車での定数の枠内でセーフです(コキ50000=200t+タキ1000=780t→980t)。ナンバーを見るとタキ1000は水曜日のこの列車(返送は木曜日の80列車)に連結されたナンバーもちらほらと。
△竜王
EF65 2058[JRF色、冷風、赤プレート]
EH200-22
コキ52838 ↑梶ヶ谷タ発
コキ51594
コキ53178
コキ52546 ↓
タキ1000-824 JOT/北袖# 全検25-8-19輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-580 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-790 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検25-8-29川崎車、自重16.7t
タキ1000-358 JOT[E]/根岸*
タキ1000-764 JOT[E]/根岸
タキ1000- 65 JOT/根岸* 全検26-8-4川崎車、自重17.0t 石油類)黒地

タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-565 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-256 JOT/根岸* 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-462 JOT/根岸 全検26-7-17川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-607 JOT[E]/根岸
北袖#=旧本輪西常備車、根岸*=旧郡山常備車

 8460列車に連結された浜五井行きのタンク車は次の通りです。

←川崎貨物 EF65 2058+根岸行きタキ1000×11+タキ43032(OT/郡山)+43350(OT/倉賀野)+1000-455(OT/倉賀野 全検26-9-8川崎車、自重16.8t)+43005(OT/郡山*)+43007(OT/倉賀野*)
*=旧西上田常備

 先述通り、シキ800が来て小山→橋本のトランス輸送で一休み。時折東急1000系がJ-TRECからの帰りに止まっていた一番外側の線で待機してモデルルームが建っていなければサザンスカイタワーへのデッキから良い具合に収める事ができるのですが、遮ってしまうと魅力も半減。知恵者(と言うより馬鹿者が正しいですが………)が居る者でガードレールに登ってフェンス越しからデジイチを向けるDQN撮り鐡野郎が多いこと。こちらも本気なら引き摺り出したい所が、危害を与えるとイケないので手加減して先のモデルルームの誘導していた年配のお父さん相手に「ああ言うのは変な奴ですから相手にしないほうがいいですよ!」とお話しして83列車の出発前後は駐太郎の外歩道から見送るとホームで撮影会する連中も多く、こりゃこちらも土日に出掛けるのも躊躇しますね(悲)。

△(高尾)
シキ801D1 日通/小山 全検20-2-15川崎車(27-3-10切/本来は24-2-15)、自重66.9t
ヨ8402 東ウタ 全検24-3-26川崎車、自重10.0t

 ここまで片付くとお次はサザンスカイタワーのスターバックスへ。ドリップを頂きたかったのでここは勿論、クリスマスブレンドでパートナーさんに「クランベリーブリスバーが合うね!」とお話ししたら世間話がそのままオーダーされてしまったので折角なのでソファー席に腰掛け83列車のまとめがてら頂きました。クランベリーの酸味とクリスマスブレンドの味わいが上手くマッチしてこれを思うと一年お仕舞に近付いて来たなと感じさせ、また多摩平のお店で働く新人さんのトレーニングもいたので顔繋ぎをして1階の本屋さんで『東京時刻表』の最新号をゲット。来週行われる京急のダイヤ改正に合わせての購入で6月の東急田園都市線&大井町線のダイヤ改正(納涼会の時は買うのを控えたのでチグハグしましたが………)、4月の相鉄の特急列車新設と見るべき所が多く、半年の間に1冊は買う必要がありますね。落ち着いた立ち読みもできず(鉄本を買わずに一心不乱に立ち読みしていた脳内が錆び付いたオバ還オヤジが邪魔臭かったですね。お金があるのなら買って下さいよ!と言うのが本音です)、帰りは富士森公園経由の法政大学行きのバスに乗るとやって来たのは京王100周年記念の復刻カラーに塗られたC31308番で最初は前輪の真後ろに腰掛けましたが、マスターの体格からするとエアロスターの着席はここが鬼門でして、折角なのでドア側の最前列へ移動します。乗りも疎らで富士森の辺りで殆ど降りたと思ったら今度は西八王子やめじろ台へ向かうお客さんを拾う格好で進み、最初は西八王子の南口で降りてコンビニで買い物して帰ろうと思いましたが、拙宅から見て丘の上のバス停は下車客(普段でもシルバーパス片手のシニア客が多いですが)が見られなかったのでここで降りると私一人だけで11時半頃から曇り空も本降りに。これを思うとシキ801目当ての撮り鐡野郎にはザマァ見ろ!という形で幸先良いスタートを切りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

H25.04.10 宇都宮線沿線(その2)

 お目当てのタキ1000でリストアップした所の半分をキャッチする事が出来、2・3番線に移ってこのまま宇都宮行きの電車の車内へ。窓を開けて5番線から出発する1074列車のタキ1000を撮ると珍しく連写モードで撮影したのかタイミングと息が合わず、また8099列車が止まっている所を狙って収めようと思っております。

○8876列車…このダイヤ改正で新たに設定された8877列車の返送に当たる列車で到着した時に浜五井発(5881/5884列車)の補助的な役割と思いましたが、4月から北袖発が復活して編成は青塗りからツートンカラーまでタキ43000の見本市と言った顔触れでナンバーを見ると浜五井から移動した事も分かります。北袖と言う駅名を聞くと共石→JOMOの印象が強いですが、元売に当て嵌めるとENEOSか昭和シェルの輸送を担っている感じがします。大宮操には15分程止まるのでこれからが楽しみの一本です。
△千葉貨物(北袖)
EF65 2139[旧1139、JRF色]
タキ243703 JOT[e]/浜五井* 全検19-**-**輪西派(25-**-**切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ43413  JOT×/浜五井 [OT/郡山]
タキ43480  JOT/根岸
タキ43392  JOT×/浜五井 [OT/宇都宮タ]
タキ243885 JOT/浜五井#
タキ243697 JOT/浜五井# 全検23-**-**川崎車、自重16.*t
タキ43415  JOT/根岸 全検23-7-20川崎車、自重15.*t
タキ243828 JOT/浜五井# 全検24-12-10川崎車、自重15.8t [車票]
タキ243748 JOT/郡山 全検24-10-17川崎車、自重15.8t [車票]
タキ43639  JOT/浜五井* 全検25-1-30川崎車、自重15.6t
タキ43371  JOT/浜五井# 全検20-6-10川崎車(26-10-20切)
タキ43378  JOT/浜五井# 全検24-1-20川崎車(29-6-13切)、自重15.9t
タキ43258  JOT/仙台北港
タキ243746 JOT[e]/浜五井* 全検20-8-20輪西派、自重16.3t 無
タキ243742 JOT[e]/浜五井* 全検20-10-14輪西派、自重16.3t 無
タキ43190  JOT/根岸 全検25-1-11川崎車、自重15.7t[OT/倉賀野]
タキ43397   JOT×/浜五井 [OT/宇都宮タ]
タキ243858 JOT/浜五井#
浜五井*=旧本輪西常備、浜五井#=旧郡山常備

○5763列車…今回のダイヤ改正で到着が30分程遅くなり、待ち遠しくなりましたが、これからは前座に8876列車が止まるので良い具合に見られる様子が感じ取れます。先週の高崎行きの帰りに桶川に止まっているのを見た所UT26Kを積んだコキ200が見られなくなったので4月からはタキ1000の4077〜4074列車に集約されて根岸発のツートンカラーと浮島町発のオイルターミナルがトントンの連結です。
△倉賀野
EF210−125
タキ1000-775 JOT/根岸    ↑根岸発 石油類)黒地
タキ1000-357 JOT/根岸*
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-224 JOT[E]/根岸* ↓ 無
タキ43027   OT/倉賀野
タキ43024   OT/倉賀野
タキ44156   OT/宇都宮タ
タキ43162   OT/南松本
タキ1000-408 OT/盛岡タ 常)郡山●
タキ43466   OT/倉賀野 常)浜五井
タキ43348   OT/倉賀野※
根岸*=旧郡山常備車、○=制輪子性能向上車、倉賀野※=旧西上田常備車、●=黒油専用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

H24.03.13 北関東近郊(宇都宮・高崎沿線その2)

 大宮操の調査の1回目を終えて1070列車の到着に合わせて再び大宮駅へ戻りました。前後して6番線に到着する『草津』2号ではまたまた日光色の185系とご対面(←上野 クハ185-208×7+214×7/宮オオOM04+OM09編成)。

○1070列車…黒油の専用車が以前であれば必ず前2~3両が定位置でしたが、先頭の1両だけで一番多い量より1両短くなっております。
△蘇我(浜五井)
EF210-111
タキ1000- 98 OT/倉賀野 A、常)郡山
タキ1000-650 OT/倉賀野 無
タキ1000-398 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-405 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-303 OT/盛岡タ 全検19-7-31郡山車(24-9-13切)、石油類)黒地
タキ1000-374 OT/宇都宮タ 全検20-5-13川崎車(25-5-26切)
タキ1000-403 OT/宇都宮タ ○
タキ1000-449 OT/倉賀野
タキ1000-386 OT/宇都宮タ
タキ1000-384 OT/宇都宮タ
タキ1000-676 OT/宇都宮タ 全検22-9-22川崎車(27-10-5切)、自重17.0t
タキ1000-373 OT/宇都宮タ 全検20-8-1川崎車(25-8-14切)
タキ1000-388 OT/宇都宮タ
タキ1000-417 OT/郡山 全検20-11-10川崎車(25-11-23切)
タキ1000-452 OT/倉賀野
タキ1000-671 OT/宇都宮タ
タキ1000-377 OT/宇都宮タ
A=黒油専用、○=制輪子性能向上車

 一通り済むとエキュートの旨囲門でお昼の駅弁を物色。昨年の今頃は東北の駅弁がなかなか入らなくて大変でしたが(その分、東京近辺や山梨が入りました)、復興が進んで仙台の駅弁が滅多に見られないものの、新青森開業の副産物でしょうか大館の名物駅弁『鶏めし』をお昼の駅弁に選び、早速Suicaで買いました。6・7番線のベンチで昼食を取り、自販機で『朝の茶事』のホットを買うと早速頂くと気が効かないリーマンに邪魔されましたが、ご飯は地元らしくあきたこまちで鶏肉は比内地鶏を使っているので美味さはお墨付き。ゆで卵をほぐした感じのそぼろや前から気になっていた竹輪みたいなおかずが気になりましたが、芯に練り物が入っているものです。食後はここ1時間の間に見た列車のノート整理をしながら過ごし、ここで臨時の浮島町行きも来るなと思いましたが、4074列車のダイヤへシフトしてからは空振りでこの間の高崎行きは正解でした。この頃には総合車両センターからの出場車でしょうかクモハ211-1002×5(高タカB2編成)が7番線から出発。

 大宮から13時53分発の上野行き(920M、クハE231-6032×10/宮ヤマU532編成)で再びさいたま新都心へ。最後尾に陣取り、さいたま新都心のホームに降りるとほぼ同時くらいに根岸からの4091列車が着くのですが、若干遅れている様子で入るとザッと書き出す事にしました。この間、先程大宮駅の6番線に現れた『草津』2号で営業運転を終えて東大宮へ回送する所をキャッチしました。

○4091列車…宇都宮タ行きの主力で一杯の20両編成で到着します。マスターは見る頻度が高いせいかこの辺は少々脱力(?)気味になります。後でこの列車の30分後に根岸を出発して同じルートを走る5561列車は4両編成の短編成でした。
△宇都宮タ
EF210−137
タキ1000- 35 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 39 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 7 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-128 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-350 JOT[E]/郡山 全検23-7-4川崎車、自重16.8t
タキ1000-775 JOT/根岸 全検23-12-8川崎車、自重16.9t #
タキ1000-256 JOT/郡山 全検23-10-5川崎車、自重17.1t
タキ1000-286 JOT[E]/郡山 全検23-10-15川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-527 JOT[E]/仙台北港 全検23-10-5川崎車、自重16.7t 石油類)黒地#
タキ1000-272 JOT[E]/郡山 全検23-9-30川崎車、自重17.1t $
タキ1000- 63 JOT[E]/郡山
タキ1000-149 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-496 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-157 JOT[E]/郡山 無黒
タキ1000-471 JOT/根岸 無
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-294 JOT[E]/郡山 全検23-9-27川崎車、自重16.9t
タキ1000-757 JOT[E]/根岸 全検23-8-31川崎車、自重16.9t
タキ1000-479 JOT[E]/根岸
#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車

○3095列車…甲子発のタキ1000ばかりの編成でこちらも先日の高崎行きでチェックした面々ばかりと思ったら1両抜けた格好です。

EF65 1058[JRF色]
タキ1000-411 OT/郡山 全検20-7-12川崎車(25-9-4切)
タキ1000-379 OT/宇都宮タ 全検20-6-14川崎車(25-8-8切) 常)郡山
タキ1000-672 OT/宇都宮タ 全検22-10-25川崎車(27-12-19切)、自重17.1t
タキ1000-416 OT/郡山 全検20-9-13川崎車(25-9-26切) 石油類)黒地
タキ1000-381 OT/宇都宮タ 全検20-8-23川崎車(25-9-5切) 常)郡山
タキ1000-389 OT/宇都宮タ 全検20-7-19川崎車(25-8-1切) 石油類)黒地

 冷たく風吹く中、時折暇を見てはノートまとめをすませるとどうも前に見た事を見返してしまい恐縮します。この頃には石巻の日本製紙へ返送する3075列車(田端操→仙台タ)が通過し、EF65 1050[JRF色]+コキ50000×20の編成で通過し、石巻港発着時は後半分が19D×1+30系(30A等の20フィートコンテナ)×2のパターンが続いていますが、大震災の影響でしょうかロール紙の部分は未だ復旧されていない様子で若干空車が見られる格好でオール19Dの陣容です。

 再び大宮へはE231系では珍しい新前橋行き(新都心14時22分発887M、←クハE231-8007×5+6007×10/宮ヤマU14+U507編成)に乗ります。

 再び大宮駅に戻って降りるとすぐに10番線を焼島へ返送する2085列車が通過するので9番線の浦和方を柵で覆われる手前に立って経ちます。

○2085列車…コキ100系の4両ユニット車+コキ50000が基本パターンのこの列車、ダイヤ改正後の準備でしょうか単車であるコキ104も混じる様になりました。
←焼島 EF64 1050[冷風]+EF64 1017[更新色、冷風]+コキ104-1874+2703+50313+51791+50874+51327+52481+50795+51787+103-172+102−172+171+103-171+103−26+102-26+25+103−25

 ここまで見ると暫くエキュートで時間調整して6・7番線へ。ここでのお目当ては宇都宮タ→川崎貨物行きのもう一本の列車に当たる5586列車、次いで到着する矢羽根色が入る事で知られる郡山からの1074列車です。この前後に東京タ→宇都宮タの4093列車が10番線を通過するとこの程運用開始した全国通運のガレキ輸送用UM8Aをキャッチし、1両は3両、もう1両は5両で後で埼玉サークルの例会で部会で顔馴染みの上尾のK氏からこの画像の紹介があり、この1時間後に通過する3071列車(隅田川→盛岡タ)に積まれるお話を頂きました。

○5586列車…姉妹列車の5581/5584列車と似通った編成内容でこちらは先の5584列車と違い、タンク車のみの編成でJOT所有車の連結が無く、編成の半数はタキ43000・44000の第一陣であるS42年新製車で占め、浮島町を拠点にした運用からして南松本や西上田(現在は廃止されましたが)向けの運用で使われるナンバーと重なります。時刻表上の時刻より遅れての通過ながら4番線をゆっくりとした足取りで走って行き、上手い具合に細かいデータも読み取れる事が出来、ネタ探しも順調に進みました。
△川崎貨物(浮島町)
EF210−119
タキ43614 OT/宇都宮タ 全検24-2-23川崎車、自重15.9t
タキ43017 OT/郡山 全検23-7-1川崎車、自重15.7t
タキ43020 OT/南松本 全検23-4-16川崎車、自重15.9t
タキ43004 OT/郡山 石油類)黒地
タキ43032 OT/郡山
タキ43008 OT/西上田
タキ43009 OT/西上田
タキ43339 OT/八王子 全検23-6-20川崎車、自重16.2t
タキ43358 OT/南松本
タキ43007 OT/西上田
タキ44015 OT/宇都宮タ
タキ43355 OT/南松本
タキ44124 OT/郡山
タキ43162 OT/南松本
タキ43029 OT/西上田
タキ43347 OT/西上田
タキ43348 OT/西上田
タキ43025 OT/倉賀野 全検23-6-13川崎車、自重16.3t
タキ43015 OT/郡山 全検23-4-7川崎車、自重15.7t
タキ43270 OT/倉賀野 全検23-4-7川崎車、自重15.9t

○5561列車…先にご紹介した4091列車に続いてやって来るものの、タキ1000ばかり4両の少ない編成でした。
△宇都宮タ
EF210−121
タキ1000-258 JOT[E]/郡山 全検23-8-22川崎車、自重16.7t
タキ1000-166 JOT[E]/郡山
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 全検23-8-12川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無

 この前後に通過する5881列車は先日の高崎行きとほぼ同じナンバーが入った顔触れながら連結順序が甲子発+浜五井発と順序が入れ替わり、1074列車は半数が矢羽根→青一色に塗り変わり、中には4073列車の後方が定位置だったナンバーが前方に連結していたので驚きました。6番線側で待っていたお客さんで手押し車サイズのベビーカーが鎮座していたので些か邪魔臭かったですが、こう言うのは昔ならしっかり手荷物運賃を取っていた事と思われますね。最近はバリアフリーで色々便利になった影響かキャスター付きのバッグ片手のお客さんも増えてこの辺の定義が昔に比べて曖昧になって来た気がします(ユーザー自体が存在すら知らないのだろうと感じますが………)。

○5881列車
←倉賀野 EF210-161+タキ43600+43626+43552+43545+43608[甲子発]+243717+38053*+43547er+1000-887+38032+1000−660+889+275+40100[浜五井発]
*=旧米軍用、er=エコレールマークなし

○1074列車…以前は浮島町行きが中心で後方が浜川崎行きの編成でしたが、昨秋以降全車浮島町着に改めました。
←川崎貨物(浮島町) EF210-134+タキ1000-706+740+724+749+408(盛岡タ)+734+728+741735+446(倉賀野)+744722
特記以外OT/川崎貨物、番号=矢羽根→青一色

○2082列車…高崎へ訪れる時に丁度、高崎操で一休みする列車で最近『北斗星』や『カシオペア』で活躍するEF510が牽く事で知られています(17日のダイヤ改正まで)。珍しいので撮っておきたいなと思った所高崎線の電車が風の影響で遅れていたので気にしましたが、定刻で到着となり気になって宇都宮線の電車に乗ろうと思った所、して遣られました。
←隅田川 EF510-512+コキ103-204+102-524+523○+103-203+107-101+106-5(全検19-6-2川崎車)+50622+52107+51514
○=空車、コキ52107に同和通運UM12A-105117、105114、105116積載

 ここまで終わると大宮での調査が終わり、新都心の最終回は4番線から15時41分発の上野行き(634M、クハE231-6026×10/宮ヤマU526編成)で向かいます。

 さいたま新都心のホームに到着すると丁度、倉賀野行きの5763列車が到着した所でグッドタイミング。この分を一通りすると今日の遠征もほぼ終わります。

○5763列車…昨秋以降は浜川崎発の分が浮島町発に吸収されたものの、前は相変わらず根岸発の編成で短編成かなと思ったら今日はタキ38000を含めて18両編成です。
△倉賀野
EF210−133
タキ1000-869 JOT/根岸   ↑根岸発 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-590 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 ↓ 無
タキ43167 OT/西上田
タキ43027 OT/倉賀野
タキ44003 OT/西上田
タキ43266 OT/西上田
タキ44023 OT/西上田
タキ38086 JOT/郡山 全検20-6-4川崎車(26-10-2切)、自重17.6t ○
タキ38032 JOT*/郡山 全検20-11-7名古屋車、自重17.3t ○
タキ38069 JOT*/郡山 全検20-9-19川崎車、自重17.6t○
タキ38003 JOT*/仙台北港 全検19-11-14川崎車(25-2-14切)、自重17.4t ○
タキ44157 OT/倉賀野
タキ43472 JOT×/根岸 常)浮島町
タキ43407 OT×/宇都宮タ 全検22-4-2川崎車(27-8-20切)、自重15.7t
タキ1000の*=特殊ナット試行車、タキ38000の*=旧米軍用、○=3F改型制輪子装着、×=エコレールマークなし

○5593列車…交番検査から出場するシキ800を前方に従えた編成でコンテナはヤマト運輸のUV50A、JOTのUR18A、UR19A、UR20A-10000、UR16A-70000(SUPER URのH23新製の70004番が積載)と全て私有コンテナばかりです。
←宇都宮タ EF65 1080[JRF色]+シキ801(日通/小山)+ヨ8404(東ウタ)+コキ104・107

 この頃には東邦亜鉛の安中行き5781列車が現れるものの、運悪く4番線に入る電車(古河行き、621M)に被られてホームから上手く見られないのが惜しい所です。

○8685列車…タキ43000中心の編成で昨年の全検出場車が多く、マスターにとっては大満足の編成です。
△宇都宮タ
EF65 1096[JRF色]
タキ43330   OT/倉賀野 全検22-6-21川崎車(27-10-27切)、自重16.2t
タキ43405   OT/倉賀野
タキ43543   OT×/宇都宮タ 全検23-6-17川崎車、自重16.1t
タキ43526   OT/宇都宮タ 全検23-6-27川崎車、自重15.8t
タキ43575   OT/八王子 全検23-8-24川崎車、自重15.9t

タキ1000-402 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-397 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-393 OT/宇都宮タ 無
タキ43609   OT×/宇都宮タ 全検23-9-17川崎車、自重16.4t
タキ43631  JOT×/浜五井[旧OT/宇都宮タ]
タキ43350   OT/倉賀野
タキ1000-387 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 無
タキ43542   OT/宇都宮タ 全検23-10-19川崎車、自重15.7t
タキ1000-100 OT/倉賀野 無
タキ43464   OT/倉賀野 常)浜五井 

 8685列車を一通り見て改札口への階段を昇っていたら突如、左足の脹ら脛が突っ張り、暫くコンコースの真ん中にある木の椅子?に腰掛け、痛みが和らいだ所で改札を出て5763列車のタンク車の詳しい点をチェックし、与野側の階段を下りる格好で信号や車を気を付けながら線路側へ。タキ38000の米軍用は前に拝島で確認した事があるのでこの点助かりました。先のアクシデントもあり、駅へ向かう時はエレベーターで昇る事にしてこっちは急に足が痛くなりましたが、後から駆け込む様に乗って来る者も居たので「歩いて行け!」と少し思い上がり(?)ましてそれから再びエスカレーターで1・2番線へ。今回の遠征も一段落します。

 さいたま新都心から16時46分発の小金井行き(627M、クモハ211-3007×10/高タカC2編成)で大宮へ向かい、この前後では札幌行きの『カシオペア』が通過すると今日は青いEF510-505が牽引。

 大宮駅では『草津』の14両編成を見るべく6・7番線へ赴き、到着した『草津』4号は(←上野)クハ185-215×7+209×7(宮オオOM09+OM05編成)で今度の土曜日からはこの様な迫力ある編成が滅多に見られなくなるのが残念です。一通り見終えてから南側の改札を一旦出て自由通路を交わる格好で北側の改札(Dila側)から入り直して『中山道』で軽めの夕食をとり、春の七種かき揚げそば+ワカメのトッピング(埼玉サークルの忘年会で訪れた時にお昼を頂いた時にゲットしたチケットで)を頂きます。少しDilaの中をぶらぶらして平清盛にあやかった広島駅の『しゃもじ弁当』を発見。

 大宮から17時30分発の大船行き(1747A、クハE233-1054×10/宮ウラ154編成)で浦和へ向かいます。ネットブックでオイルターミナルの所有車のデータを弄りながら車中を過ごし、大宮操の構内は見る者が無くそのまま進みます。

 浦和に着くと東口のパルコへ向かい、スターバックスで一休み。オレンジブリュレラテを頂きますが、明後日から売り出される浅めのライトノートも試飲出来るとの事で地元で頂く事が多いので固辞したものの、パートナーさんのお兄ちゃんがなかなかのイケメンなり。手前の丸テーブル席が空いたので早速車内での続きを片付け、長々お邪魔し、埼玉サークルの例会が行われる10階のコミュニティーセンターへ。外が見えるソファーは先客が多かったので受付近くの椅子に腰掛けてブログの下書きをしている間にレギュラー会員のS氏参上。暫く経ってから貨車部会にも来られる上尾のK氏と先のガレキ専用コンテナについて情報交換。それから埼玉サークルの例会が始まり、いつも来られる皆さんが集まり、役職が重なる故にK委員の報告も当方に届いているのでつい突っ込み、一つの県域サークル例会ながら高頻度で顔を合わせる方が2人(以前の様にU氏も含めて+1人)も居るのでいやはや。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

H20.07.03 宇都宮タ駅見学会

 貨車部会の見学会で宇都宮貨物ターミナルへ出掛け、我々の関心内容はどちらかと言うと専門的な要素が強い上、時折行なわれる一般公開がなかなか出来ない場所が多い為にそう頻繁に出来ず、JR貨物さんの社内事情も影響し、土日に出来ないのが(他の鉄道会社もそうだと東京支部の総会で話しておられました)残念です。

 宇都宮線の石橋まで9時頃まで着くには西八王子は6時半前の電車で6時26分発の快速(604T、クハE233-36×10/八トタT36編成)に乗り、乗車した編成は1月に行なわれた集まりの際に乗ったもので今日の参加者もこの4名の他、埼玉サークルと掛け持ちするK氏の計5名。マスターから見ると気が合う者同士の面々で一安心。近場にも郵送やメールの会員さんが数名居られ、来られると思ったら会えないのが惜しい所。ご挨拶や日頃のお礼をしたかったものですね。八王子から浅川の鉄橋を向かう間に8093列車(川崎貨物→篠ノ井)に擦れ違い、冬場の根岸発の補助的な存在と思いきや、コキ104/106を連ねた編成でここは機会を見付けていずれチェックしてみますのでもう暫くお待ち下さい。日野に入る手前で83列車(根岸→竜王)に擦れ違い、タキ1000は一杯の17両編成。

 西国分寺の武蔵野線のホームに上がると中線にはコキ104/106を中心にコキ200(コキ200-148、30B-41積載)が混じったコンテナ列車(1086列車、梅田→越谷タ、EF66牽引)が停車中。他のコンテナは日通U47A-38200(エコライナー31)、OCAUV18A(元々は白地に富士通のロゴ入りのものをJOTに戻し、沖電気の子会社へ移籍し、UV1と同じえんじ地に塗替え、平成12年頃に初登場した時、URLが書かれて注目を浴びました)、日通UM9A、西濃運輸UC7とホームから見えるのは後の部分です。

 西国分寺から6時53分発の東京行き(641E、クハ205-10×8/千ケヨM17編成)で武蔵浦和まで乗ります。乗換時間の割には3人掛けの所に何とか座れて新秋津の中線ではこれから『むさしの』1号として府中本町へ送り込むクモハ115-318×6(八トタM40編成)が待機、早朝の武蔵野線はコンテナの列車の往来が盛んでこっちの方に目が行くかな。

 武蔵浦和から7時31分発の通勤快速川越行き(705S、クハ205-54×10/宮ハエ32編成)に乗り、元々山手線からの転入車でサハ204を抜いた組み合わせから埼京線生え抜き(宮ハエ1編成)のサハ205-146、147に差し替えて前に新宿で見掛けた際にドアの高さが歪だったのが印象に残っています。ノンストップの間は立ち通し。

 大宮での乗換の間に昼食の駅弁を仕入れ、最初から『旨囲門』がお目当てでさすがにこの時間は各地の直送駅弁は見られず、『あ文字屋』、『駅弁屋』系統とほぼ同じ。『大宮弁当』を買うとお茶がおまけに付きますが、仲間うちを意識(?)してか選んだのは『鉄子の旅弁当・東海編』。飯田線の小和田駅のイラストが入った掛け紙です。11番線で電車を待つ間に後続は『日光』1号の表示が出て運用変更が無ければ485系の担当だなと一目瞭然。詰めた容量1ギガバイトのCFはこの辺が一発目。

 大宮から7時53分発の宇都宮行きは湘南新宿ラインの大船始発の一本目(1600E、クハE231-6009×10/宮ヤマU509編成)で石橋まで乗ります。ウトウトと行きたい所、通学の学生やら時間帯を考えないで喋るおばあちゃんとなかなか行きませんね。白岡で先の『日光』1号を待避。予想通り485系の担当で久喜や栗橋と言った乗換駅の様子を伺って久喜で前の方に移り、利根川から野木までの間に『カシオペア』、浜川崎へ行く5584列車はタキ43000が目立つ顔触れでツートンカラーはタキ243000やタキ1000が少しずつ、『北斗星』と擦れ違い。時々遠征で午後の湘南新宿ラインに乗ると栗橋を過ぎるとすっかり閑散するものの、小山まで乗る長っ尻が多い事。通学の学生も未だ多く、最近は遅出の高校生が多いので小山で途切れると思ったら未だ乗って来て、盲導犬同伴のお客さんとこちらは扱い上OKですぞ。小金井の車両センターはさすがにE231系は少なくお座敷電車の『華』や『宴』、クモヤ145くらいで乗る事1時間10分程で石橋到着。

 石橋で下車した所でマスターが乗った何両か後(上の方)にも今回の面々で最年長且つリーダー格のW氏が乗っていたのでここで先着の3人と合流して全員集合。東口からタクシーに乗り、ワンメーター(710円)で宇都宮タ駅正門着。3人が黒塗りの関東タクシー(中央線沿線に関東バスや現地のバス会社で関東自動車とございますがこれらと無関係)、マスター、部会一筋のK氏は白塗りの石橋タクシーで。盛夏らしくドライバーさんはノータイ姿。東京では見られませんが、クールビズが定着した近年は環境に良いのでは?

 宇都宮タの駅に到着すると先ずは駅本屋の2階・会議室に通されて人数分のヘルメット(中には国鉄時代のレールを象ったマーク入りのものもあり懐かしいです)、安全タスキと用意されて引率はJR貨物の広報のNさん。昨年、スーパーレールカーゴの撮影会の際にもお世話になり、どちらかと言うと支部の方が主体だった様子でしたので改めて貨車部会の一員としてご挨拶。こちらで作成した資料も参加者分+JR貨物の方の分と予めインプットして支部総会の時に参加者オーバーで小田急の資料が足らなくなったとハプニングがありましたが今日は大丈夫でした。最初に砕石の積込み場へ案内されて東北新幹線の高架に近い線でホキ800が2編成入線して内側の編成に宇都宮寄りから上野寄りへ順に積込み、8両編成の7両目が積込み作業中。思い通りに撮影を楽しみ、次はCOSCOの40フィートコンテナをトラックに積む所を撮影し、リーチスタッカーが手際良く積む様子を収めてから今回お目当ての大物車の撮影です。
←宇都宮 シキ1002+551+559(東・宇都宮タ)+ヨ8404(東ウタ)+シキ611(日通/小山)+ヨ8402(東ウタ)+シキ1001+1000+552(東・宇都宮タ)+ヨ8629(東ウタ)

 さすがにマスターは最近、オイルターミナルで再び黒塗りの車が結構移っているの近い所を奥の方からタキ43335、タキ43217[5584列車連結]、タキ44518[5584列車のトリコ]といずれも倉賀野常備(旧JOT/根岸)の車です。タキ1000でラインが消えて青一色に変わった車で405、379(共に宇都宮タ常備)と確認しました。

 続いて停車中のコキ200を撮影し、両側の車(100番はNRSのISOタンク、136番は空車)以外は40フィートのコンテナを積載。アメリカの大陸横断鉄道では二段積みのダブルスタックが迫力ありますが、こちらは車長の短さから東南アジアの貨物列車の様な雰囲気が出ています。午後出発する東京タ行きの5586列車に連結されるもので後程引率した助役さんから「ご存知ですね」と言われてしまい、大宮周辺の調査や遠征で宇都宮線や高崎線の沿線を訪れる機会が多く、良くこのブログでも報告が登場します。
←大宮 コキ200-136+103+150+86+117+53+64+100

 コンテナをザッと見ると西濃運輸のUC5(紺色の4047)、U30B(水色)、関東西濃運輸のU30B、UM13A、ヤマト運輸UV47A(ベージュ)、UV50A(グリーン)、UV52A(グレー)、日通U47A-38000、全通U47A-38000、日本フレートライナーU48A、U30A、芳賀通運UM12A-5000(さいたま新都心のロゴ消去)、JOTUM13A-8000、UT11A-5000、中部鋼鈑・日通UM16A、大同特殊鋼UM14A、八戸通運UM13A、旭化成UH20A、JOT・住友化学UH20Bとあり、ご当地の名物コンテナである日産自動車のカーパック(U38A、U41A-9500、ゼロ/宇都宮ターミナル運輸所有)と一ケ所に集められて温存中でさすがにナンバー、位置とメモに骨が折れそう。

57番線)←宇都宮 コキ104-448+1998+1291(全検20-6-30小倉車)+1385+1693+106-638+104-2358+106-77(全検19-8-25川崎車)+883+104-1006+2144+2443

54番線)←宇都宮 コキ250387+51541+251101+51869(3078列車で宮城野から到着)+51033+51290+50330[名古屋タ行き]

53番線)←宇都宮 タキ38105+38034+38132+38017+38072+38082+38117+38010+38029
※夏場らしくタキ38000の保留車が入線しています。大宮方の4両は4月に確認した時と同じ順序でした。

 ここまで終わると今度は日本オイルターミナルの営業所へ移り、郡山から転任したばかりで東北訛りの大人しい口調をした所長さんの案内で最初は取卸し線のピットへ行き、油種や元売り(エッソ・モービル・ゼネラル、コスモ・JOMO・昭和シェル)別のラインと複雑に絡み合ってこれも撮っておけばと後悔。何故危険物を扱う場所なので部外者の事故は怖いものですから団体行動で。

 左手(宇都宮線方)のピットに登り、タキ1000-460の上に登るものの、マスターはパス。下で邪魔にならない範囲で編成を見たいのが本音で入線順序が左手はタキ43600+1000-460+43602+1000-379+3両、右手はタキ43514+43164+43472+44193+2両と時間帯から5585列車〜5586列車での輸送分です。続いてタンク群へ案内されて3号軽油用の10号タンクに登り、頂部での撮影を楽しみ、ビルに直すと5〜6階建ての高さに匹敵しますが、高い建築物が見当たらず(目立ってもJTの倉庫くらいしか見られません)このタンク群が目立ちます。下に降りて点検中の別のタンク内部を外からご披露。裏話を土産話に最初は午後まで掛かる見学会も空模様を気にしてかお昼前で一先ずお開き。このまま我々は駅本屋の会議室に戻ってランチタイム。13時を回ると説明して頂いた助役さんから簡単な概要を缶入りのお〜いお茶を頂きながら耳を傾けてこちらからのお土産を渡して13時半過ぎに散会。石橋駅までは歩いて20分弱。門前の撮影から周辺のコンテナの撮影を楽しみながら牧場あり、田圃ありの風景を見ながら線路側に目を向けるとEF210が牽く5683列車が到着。石橋駅近くになるときれいに整地された新興住宅地で田畑を転用したのかJAが関与しているのも伺えます。

 14時を少し回った頃に石橋駅に着き、電車を一本待って丁度、2番線を札幌タ→隅田川の3054列車(EH500-34+コキ104×20)が通過し、ホームに降りて今度は郡山→川崎貨物の1074列車が通過すると矢羽根模様の車に混じり、宇都宮タ常備の青一色も2両混じって倉賀野行きの列車と違って混色編成が時折見られます。
←川崎貨物 EF210-122+タキ1000-722+725+676■+713+702+735+745+396■

 石橋から14時25分発の上野行き(632M、クハE231-6026×10+8020×5/宮ヤマU526+U57編成)で大宮まで乗ります。基本の8号車に乗り、下り線側3名、外側2名の順で腰掛け、車内でも歓談を楽しみ、朝は寂しかった小山車両センターの構内も昼寝のE231系が埋めた様子を見て小山の貨物発着線、日本製粉の跡地と隣に座ったK氏(杉並在住)相手に昔話を語らい、途中では野木から古河間で田端操→小牛田の3075列車、根岸→宇都宮タの4091列車と14時頃に大宮を出た列車に擦れ違い、この辺りから日の照り返しが眩しくなり、栗橋では東武直通のお立ち台の脇に止まり、久喜から新白岡の間でEF66牽引の東京タ→宇都宮タの4093列車に擦れ違い、大宮ではマスターと上尾在住のK氏と下車。

 末筆になりましたが、JR貨物の広報さん、オイルターミナル含めて宇都宮貨物ターミナル駅の関係の皆さんには大変お世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

 ブログの内容の続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

H20.03.11 北関東近郊(その1)

 青春18きっぷを使い、高崎線や宇都宮線の沿線を見てから夜はそのまま北浦和で実施される埼玉サークルの例会に出席しました。

 西八王子6時36分発の快速は201系の担当で勇退間近とはいえこの18きっぷ遠征の序の口は二回続いて同じ編成に当たり、寝不足を補いつつ車内では居眠りし、国立ではEF210が牽く5481列車にすれ違い。

 西国分寺から7時05分発の西船橋行きで南浦和まで乗ります。下り線から見て新座タの構内が見える外側がお決まりの位置ですが、先客が多かったので上り線側に腰掛けます。ホームでは東浦和から新八柱まで濃霧で遅れたものの、更に私が乗った電車は北朝霞で線路内点検が発生して3分遅れて南浦和着。

 南浦和で時間調整をしてE233系の運用状況を確認する意味合いで時間調整して7時51分発の大宮行きでさいたま新都心へ。

 さいたま新都心では貨物列車は全然来ない時間帯と重なった為にE233系の撮影を楽しみ、日頃地元で行う事の延長線上で過ごし、最初宇都宮行き電車→アーバンで岡部へ行こうと思ったところ、宇都宮線が濃霧で遅れていることなので一本早い籠原行きの普通(さいたま新都心で5分遅れ)に飛び乗り、東北本線の3087列車は見られたものの、8175列車は涙を呑みました。

 もしもの事を考慮し、籠原まで先に進み、熊谷タの構内には日通のシキ801(後で6794列車に連結するかなと思ったら単機でハズレました)やDD51の姿を見て、籠原から予定通り『アーバン』高崎行きで岡部へ向かいます。

○5764列車…岡部発はタキ1000オンリーの15両編成。先月、848番を八王子で確認しましたが、849番とご対面。
△扇町
EF65 1042[JRF色]
タキ1000-604 JOT/根岸 ↑根岸行き 無
タキ1000-421 JOT[Er]/根岸 無 
タキ1000-249 JOT[Er]/郡山 石油類)黒地、トケ解除
タキ1000-495 JOT[Er]/根岸 無 
タキ1000-439 JOT/根岸 無
タキ1000- 17 JOT[Er]/郡山 石油類)青地
タキ1000- 18 JOT/郡山
タキ1000-251 JOT/郡山
タキ1000-849 JOT/根岸 新製19-11-2川重、自重17.2t
タキ1000-794 JOT/根岸
タキ1000- 31 JOT[Er]/郡山 A重
タキ1000- 47 JOT[Er]/郡山 (A重)
タキ1000-130 JOT[Er]/郡山 A重/石油類)黒地
タキ1000- 42 JOT[Er]/郡山 A重
タキ1000- 40 JOT[Er]/郡山 ↓ A重
三ケ尻→扇町)ホキ10096+10035+10099+10192+10169+10132+10233+10215+10237+10032+
10235+10023+10239+10193+10228+10238+10042+10093+10057+10090
(チチブセメント/武州原谷)

 岡部から10時22分発の上野行きで大宮へ向かいます。籠原を過ぎた所でDD51に擦れ違い、熊谷タ構内は予想以上にサッパリの印象で熊谷に差し掛かった頃に突然、携帯が鳴って車内で何なので大宮に着いてから改めて掛けることにして後は宮原辺りまで一休み。

 大宮で降りたところで慌てて携帯に掛けると鉄道友の会のメンバーだろうと思いきや、こちらも全く心当たりが無い所で相手先にいい加減なデータを使うなとつい一喝し、くれぐれも連絡先は正確にお書きください。これが一歩間違えたら相手が不愉快になり、取引でもご破算になる例もございます。このブログの内容も見た事そのままですので多少の見間違えは許容範囲のうちに含めておりますのでご安心下さい。

○8592列車…コンテナ車の空車回送ばかりで後方にコキ103・102の4両ユニット車が連結されるとさすがに目立ちます。
←隅田川 EF65 1039[JRF色]+コキ104-1118+2696+106-480(宇都宮タ発/交検車)+104-2576+693(越谷タ発/交検車)+250730(隅田川・宇都宮タ/試運転)+103-28+102-28+27+103-27(全検19-5-28川崎車/新潟タ発・回送)

○5562列車…いつも通りの編成内容で時期柄タキ38000が混結されています。
△川崎貨物
EF210-113
タキ44011    OT/倉賀野
タキ43015    OT/郡山
タキ44022    OT/西上田
タキ38121    JOT/郡山
タキ43407    OT/宇都宮タ
タキ44165    OT/倉賀野
タキ1000-458 OT/宇都宮タ■
タキ43582    OT/郡山
タキ38120    JOT/郡山
タキ1000-383 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ44191    OT/宇都宮タ
タキ43002    OT/西上田
タキ44190    OT/宇都宮タ 
タキ1000-403 OT/宇都宮タ

 ここまで見終えて大宮12時10分発の上野行きでさいたま新都心へ向かいます。

 さいたま新都心では5764列車と競争する格好で向かい、私が乗った電車が先着し、ドアの窓越しからメモしたホキ10000のナンバーも到着したところで改めて書き直しました。

○5772列車…6日に倉賀野で確認した時と同じ顔触れで機関車が違うだけでした。倉賀野で編成調査、新都心で撮影(後方数両だけですが)と役割分担。

○5683列車…後方はタキ38000が続き、そろそろこの編成もお仕舞いかな?と言った雰囲気です。未確認だったタキ44013を確認。
△宇都宮タ
EF210-110
タキ44152    OT/倉賀野
タキ44013    OT/倉賀野 全検19-4-6川崎車、自重16.4t
タキ44106    OT/郡山
タキ44183    OT/宇都宮タ
タキ1000-382 OT/宇都宮タ
タキ43411    OT/郡山
タキ38061    JOT/郡山
タキ43151    OT/西上田
タキ43354    OT/南松本
タキ43347    OT/西上田
タキ38067    JOT/郡山
タキ38106    JOT/郡山
タキ43033    OT/郡山
タキ38136    JOT/郡山
タキ38042    JOT/郡山
タキ38127    JOT/仙台北港

| | コメント (0) | トラックバック (0)