大物車

2015年2月12日 (木)

H27.02.11 大宮周辺

 八王子から10時丁度の快速電車で西国分寺まで乗り、豊田の車両センターでは『あずさ』色のクハ189-14×6が休む傍、竜王行きの83列車に擦れ違い、終始乗りも疎らと言った状況で進みます。国立の北口の真ん前には良い感じのコメダ珈琲がオープンして親分のF氏と待ち合わせるには持ってこいかな?

 西国分寺で武蔵野線に乗り換え、丁度、宇都宮タからの5582列車が通過する頃合いに来たものの、今日は空振り。武蔵野線の3・4番線に来ると年末には工事していた待合室が完成して(あとで途中の何駅か設置工事を進めていました)、Suica対応のコインロッカーもあってこの間の名古屋行きでは会得しましたが近々出掛ける構想があるものの行きは高速バス(元八王子バス停から乗車)、帰りは新幹線なので今度は何時になる事か。

 西国分寺から10時35分発の南船橋行き(1029E、クハ205-44×3/千ケヨM3編成)で南浦和まで乗ります。最近は車内もA5のリングノートよりもiPod touchを出すことが多く、途中の様子を見ると新座タは2090列車で到着したコキ50000を荷役線に収容するところを見て発着線に止まっている残りのEH200-22+コキ50000×7(前3両がコンテナ積)+104-1838と上越国境もこのところの豪雪で列車の遅れが続いて今日はどうやら平常通りの様子で一安心。北朝霞では石巻港からのコキ50000を連ねた3074列車にすれ違います。

 南浦和で京浜東北線に乗り換え、11時09分発の大宮行き(908B、クハE233-1057×10/宮ウラ157編成)でさいたま新都心へ。例会の会場が武蔵浦和なので南浦和経由の場合、大宮で途中下車する算段ですが今日はどうでしょう。与野の手前で根岸行きの5078列車をチラリと見るも眼鏡の左耳のツルのネジが緩んだのでこりゃ、帰りに調整してもらわねばとスケジュール変更がここで生じました。

 最初は昼食も大宮駅の中にあるそば屋でも良いやと思いましたが、新都心の到着が少し早かったのでさすがにホームにずっと立つと寒いので(この時期にしてはポカポカ陽気ですが)改札を出まして、みどりの窓口の隣にある『カフェタマ』で少し早い昼食を頂き、『タマカレー』のドリンク付きをSuicaで。ルーは辛口に近い中辛で野菜が添えられてジャガイモにかぼちゃ、トマトにカリフラワーとちょっとしたサラダ代わりで楽しめ、金沢のカレーではありませんが揚げ物も添えられて鶏肉の唐揚げ(地鶏なのか妙に美味しかった)、黒豚コロッケがありました。ドリンクは狭山茶の紅茶で備え付けのダイエットシュガーを見ると何処かのアメリカ系コーヒー店と同じものでびっくり。

 昼食の後、改札を入ると丁度、倉賀野行きの3093列車が止まって機関車はデッキの大宮方からは隠れていたので4番線からホーム伝いにチェック。

○3093列車…中央線の列車を思わせるかのようなEH200(トップナンバーです)+根岸のタキ1000の組み合わせで一杯の20両編成でマスターのBトレ所蔵数とトントンです(二色の合計ですが………)。A重油専用車も昨年〜今年の全検車をまとめてチェック。地元でデジカメに収めていなかった昨年の全検車をピックアップしました。
△倉賀野
EH200-1
タキ1000- 37 JOT[E]/根岸* 全検26-10-17川崎車、自重16.7t (A重)
タキ1000-103 JOT[E]/根岸* 全検27-2-4川崎車、自重16.4t (A重)
タキ1000-131 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-106 JOT[E]/根岸* 全検26-10-22川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 全検26-7-22川崎車、自重16.7t
タキ1000-269 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸* 全検25-11-15川崎車、自重16.6t
タキ1000-212 JOT[E]/根岸*
タキ1000-499 JOT[E]/根岸
タキ1000-865 JOT/根岸
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-625 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-610 JOT/根岸 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 23 JOT[E]/根岸* 全検25-10-30川崎車、自重16.8t
タキ1000-772 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車

 同じくらいに八王子で見た『むさしの号』の205系(クハ205-14×8/千ケヨM23編成[LED幕])が東所沢へ向かう所を一休みして北陸行きの2071列車も先程の2090列車同様運転あり。3番線の案内表示を見ると『上野東京ライン』開業に向けて案内表示が新調されてこの部分が目隠ししている貴重な姿をデジカメに収め、東大宮から上野へ回送する高崎線の電車も今後は減る可能性が高くなるのでこれを収めつつコンテナの2071列車もつい確認しました。

○2071列車…前はコキ106・107+コキ100〜103の4両ユニット車の組み合わせでしたが、いつの間にかコキ104・106・107の3形式混成に変わり、この所上越国境を越える列車の遅延や運休が多かったものの、今日は平常運転でコンテナ車のフレームでも微かに雪が付いた車も目立ちます。タンクコンテナでは中央通運のUT20Aや日産化学の濃硝酸(UT13C)や濃硫酸(UT9C)専用タンクコンテナ(マスターにとっては一族と繋がりがあるので嬉しい出逢いです)、この列車の常連でもある中央通運のU19AやJOTの20フィートバルク積みも積載。
△南長岡(金沢タ)
EH200−7
コキ106- 36
コキ104-2437
コキ107- 324
コキ104-1698 [空車]
コキ106- 309 1個目に19D-42900(JRマーク入り)積載
コキ104-1329 5個目に中央通運UT20A-5211積載
コキ104-1853 中央通運UT20A-5136,日産化学UT13C-8009,みなと通運UT20A-5173
コキ107- 560 新製24-5-8日車 日産化学UT13C-8008,JOTU671619[0](アクリルアマイド液),日産化学UT9C-8002
コキ106- 834
コキ107- 876
コキ106- 145
コキ107- 961 中央通運U19A×5
コキ106- 894
コキ107- 6
コキ104-1927
コキ104-2332
コキ104-2296
コキ104-2210
コキ104-5010
コキ104- 797

 他のコンテナ列車は次の通りです。
・3086列車(大宮操を10分ほど遅れての通過):EH500-38 Ps+コキ104・106・107×20(コンテナの中には日通UV48A-38005[エコライナー31の通風版で白塗りです]、EXPコーポレーションUF16A-288[旧ヤンマー]積載)
・6096列車:EH500-58+コキ50000×20(19DのJRマーク入り&一色バージョンも5個積載)

 祝日でもオイルの輸送列車が動くものと思っておりますが、どうも分が悪く、ここで通過する宇都宮タ行き8175列車はEF64 1018の単機、根岸行きの8564列車に倉賀野行きの8099列車と空振りなり。ベンチに腰掛けて3093列車をiPod touchにまとめます。

○4074列車…暫く祝日に訪れるとコキ200が見られませんでしたが、この頃は毎回見る事が出来、タキ1000でも昨年中の全検車の未確認があるかな?と思ったら12月に訪れた時に見ていましたが、その代わり一昨年の全検車である386番を漸くキャッチ。コキ200も以前鹿島〜四日市で活躍した一桁車が見られるようになりました。
△川崎貨物(浮島町)
EF64 1028[更新色、冷風]
コキ200-106 □ OT UT26K-98015,UT26K-98018
コキ200- 2 □ OT UT26K-98019,UT26K-98020
コキ200-113 □ OT UT26K-98021,UT26K-98022
コキ200- 41 □ OT UT26K-98023,UT26K-98024
コキ200- 4 □ OT UT26K-98025,UT26K-98026
タキ1000-665 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-453 OT/倉賀野 全検26-9-24川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-337 OT/倉賀野 無
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-377 OT/宇都宮タ 無黒
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-672 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-455 OT/倉賀野 全検26-9-12川崎車、自重16.8t
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 全検25-8-21川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-650 OT/倉賀野 全検26-5-26川崎車、自重17.2t
タキ1000-666 OT/倉賀野 無
コキ200の□=枕バネ改良工事済み、×=ホーム側のエコレールマークなし

 このままホーム伝いに確認すると跨線橋の脇では邪魔する頭の足りない撮り鐡オヤヂが居て一喝。マスターの場合は調査をしている形で歩いているのですがこういう薄っぺらな目的の奴は軽蔑する向きが強いものの、鉄道友の会で知っている方なら話が弾みますが………。

○5683列車…8175列車が単機だった分、やや長い18両編成と頑張った編成内容です。顔触れを見ると郡山行きの列車でお馴染みのタキ1000-95やJOT車の応援もタキ38000が入っていたのは今や昔。タキ43000でもツートンカラーも参入し、243843番は12月、243716番は8月(中央西線の振替輸送)で確認したナンバーでタキ43000のトップナンバーも連結していたものの、殆どのナンバーは少し前に地元でちらっと見たナンバーが出てまいりました。
△宇都宮タ
EF210-124
タキ44005   OT/郡山※
タキ1000- 95 OT/倉賀野 全検26-7-3川崎車、自重16.7t 石油類)黒地、K
タキ43608   OT/宇都宮タ 重油専用
タキ43270   OT/倉賀野 [車票]
タキ43437   JOT/塩浜 全検24-8-23川崎車(30-2-16切)、自重15.7t [車票]
タキ1000-100 OT/倉賀野 全検26-5-9川崎車、自重16.7t
タキ43548   OT/宇都宮タ
タキ43349   OT/郡山
タキ43268   OT/倉賀野
タキ43449   JOT/根岸 全検24-1-26川崎車(29-7-15切)、自重15.9t
タキ243843  JOT/塩浜* 全検24-10-29川崎車(30-3-22切)、自重16.1t
タキ43000   OT/宇都宮タ※
タキ1000-445 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ1000-387 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ243716  JOT/塩浜* 全検23-10-6川崎車(29-5-9切)、自重16.2t
タキ43603   OT/宇都宮タ
タキ43014   OT/郡山
タキ43407   JOT×/浜五井 全検22-4-2川崎車(28-5-1切)
郡山※、宇都宮タ※=旧西上田常備車、塩浜*=旧郡山常備車、×=エコレールマーク撤去、K=郡山臨時常備

 前は宇都宮行きの電車に乗りましたが、次に到着する12時53分発の高崎行き(875M、←クハE233-3530×5[籠原行き]+3032×10/高タカD14+L16編成)で大宮へ向かいます。先程、3番線を通過した回送電車がこの送り込みでして、丁度高崎方のボックス席が空いていたので一駅間ながら貸切になりました。

 大宮駅に着くと南側に止まっていた185系のモハユニット(220+219)や10番線を通過する5683列車を見て3・4番線へ。1070列車の準備にiPod touchのページを準備してこの間に『草津』2号が到着するも何故か『回送』表示の上にこの前後に4番線にはDE10の1576号機(更新色赤HS=広島車両所の施行車は前の白帯が切れています)が参上。ジャリ鐡が多い事でこの後で謎が解けました。

○1070列車…昨年の夏遠征以来どうも分が悪い列車でお目当てだったH6&H16新製車の現車データも漸くゲット。編成は一杯の18両編成です。
△蘇我(浜五井)
EF210-171
タキ1000-336 OT/倉賀野 A重
タキ1000- 96 OT/倉賀野 全検26-4-18川崎車、自重16.8t ●K
タキ1000- 97 OT/倉賀野 全検26-4-21川崎車、自重17.0t ●K
タキ1000-408 OT/盛岡タ ●、石油類)黒地
タキ1000-373 OT/宇都宮タ
タキ1000-448 OT/倉賀野 全検26-9-3川崎車、自重17.1t
タキ1000-449 OT/倉賀野 全検26-7-22川崎車、自重17.1t
タキ1000-454 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ1000-674 OT/宇都宮タ
タキ1000-413 OT/八王子 K
タキ1000-410 OT/郡山 全検25-10-31川崎車、自重16.8t
タキ1000- 99 OT/倉賀野 全検26-8-3川崎車、自重16.9t
タキ1000-414 OT/郡山
タキ1000-385 OT/宇都宮タ K
タキ1000-381 OT/宇都宮タ K
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000-416 OT/郡山
タキ1000-376 OT/宇都宮タ K
K=郡山臨時常備、●=黒油専用

 この後に続いて根岸行きの8564列車が来るのですが、やって来たのはEF65 2050(JRF色、PS22)+シキ180の変圧器輸送で宇都宮線のこの輸送は小山発なので先程先行したDE10は小山で一仕事終えてこれから川崎貨物まで回送と以前は宇都宮タの機関車が掛け持ちで担当したものが宇都宮運転所のDE10の受託運用が解消されたのと構内入換のHD300化でこの様な処置になってその都度足を延ばす大変な例となりました。

 一通り片付くと北側の跨線橋から11番線へ。先のモハユニットと同じ編成の185系の先頭車(クハ185-310?)が顔を出し、10番線にタンク車の列が目に飛び込むと8099列車の到着の合図ですが、ホームに立つと253系の『きぬがわ』5号のアナウンスが頻りに耳に入って本来ならタンク車の方が先に到着しますが今日は運悪く空振りなり。このまま埼京線の19・20番線へ向かいます。

 大宮から13時33分発の新木場行き快速(1384F、TWR70-070×10)に乗り武蔵浦和へ。70-000形というとここ暫く209系やE217系同様に機器更新が進められておりますが、こちらはシートの張替えだけで今は日光線や宇都宮線へ転属した京葉線の205系を思い出す濃いめのブルーの地のものです。地下ホームを出てから新幹線では何か拝めるかなと期待しましたが、この時間帯は上越新幹線の下りと言った様子のE4系ダブルスで時期的にガーラ湯沢行きかな?といった雰囲気が感じ取れます。

 武蔵浦和は暫く工事が続いて様変わりして前はロッテリアや立ち食いそば、回転寿司の『うず潮』がありましたが、中が一変してデパ地下がそのまま駅ナカに入った様な構えになり、前は何処かに飲み食いが出来るお店があったのですが、全然無くなりこれから来る時は困ります。改札の手前で『朝の茶事』をSuicaで買って改札を出てシャッターチャンス逃しましたが、E5系+E6系の『はやぶさ』+『こまち』16号を見てサウスピア向かい、駅と直結したデッキは3階でコミュニティーセンターがある8階へ。

 埼玉サークルのロングラン例会に出席して忘年会同様、U氏の隣に腰掛け、八王子駅で買った『じゃがりこ』も出し、あれこれと歓談。いつもの皆さんの他にもよしちゃん(早々中座して上尾のK氏も残念がっていました)、丁度1年振りに高槻のK氏(マスターとも丁度20年の付き合いです)、今回は東洋電機の社長を務められた大沢さんのお話に関連してか後で東京支部のT支部長や三田会メンバーのK氏もお見えになり、普段の例会と違ってゲスト目当てで見えられる方も居るので驚きますね。マスターも6月まで東京支部の支部委員を務めていたのでT支部長にお逢いすると嬉しいもので支部委員会の前は私鉄部会のT君と3人で話す姿も懐かしくなりました。15時過ぎから講演会、17時前からプレゼントのコーナーで例年通りカレンダーも一本いただいて鉄道運輸機構のもので幸い、手提げ袋を頂く事が出来、他にも金太郎(EH500に描かれているマスコットです)のキーホルダー、あとでEF210のパンフレット(こちらは任意)と頂き、前は18時頃から1時間は夕食の休憩を取っていましたが、会場が変わったのと時間の見直しで通しとなり、19時には散会となりました。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

H26.11.01 八王子駅

 早いもので今年のカレンダーも残り2枚となり、今日から11月。生憎のお天気ですが、スターバックスのホリデーメニューが今日からなので早速出掛けてまいりました。

 南大通りのバス停から八王子駅南口行きのバスに乗り、オバちゃんと立ち話しながら待ち、前後には信玄餅の配送のトラックを見付けて早速デジカメに収めるとデジカメがどこへ仕舞い込んだのか慌ててしまいシャッターチャンスを逃してしまいましたが、これがこの間の調査会の帰りに立ち寄った事もあって武蔵小杉のK氏にもお話し出来た次第です。

 バスを降りた所で南群線には珍客も現れ、トランスを運ぶ日通のシキ800で後で見る事にして先ずはセレオのスターバックスで今日からのホリデーシーズンの装いを味わい、お豆もクリスマスブレンドに加えてパートナーさんも全員、赤いトレーナー姿での接客。今シーズンから初登場のトフィーメープルラテを頂き、メイプルシュガーのほのかな味わいを楽しみます。この間、ドリップの繋ぎでパイクプレイスのVIAアソートも何処へ行ったやらといった雰囲気で前に買っておいて正解でしたね。NEW DAYSを覗くとKIOSK限定のBトレは空振りで下手したらお手上げかな?と思い、再び南口に出て先のお約束通りシキ800や15分ほど遅れて到着した83列車の様子をチェックします。

◯83列車…定刻より凡そ15分遅れての到着でタキ1000は13両の連結。積車での定数の枠内でセーフです(コキ50000=200t+タキ1000=780t→980t)。ナンバーを見るとタキ1000は水曜日のこの列車(返送は木曜日の80列車)に連結されたナンバーもちらほらと。
△竜王
EF65 2058[JRF色、冷風、赤プレート]
EH200-22
コキ52838 ↑梶ヶ谷タ発
コキ51594
コキ53178
コキ52546 ↓
タキ1000-824 JOT/北袖# 全検25-8-19輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-580 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-790 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検25-8-29川崎車、自重16.7t
タキ1000-358 JOT[E]/根岸*
タキ1000-764 JOT[E]/根岸
タキ1000- 65 JOT/根岸* 全検26-8-4川崎車、自重17.0t 石油類)黒地

タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-565 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-256 JOT/根岸* 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-462 JOT/根岸 全検26-7-17川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-607 JOT[E]/根岸
北袖#=旧本輪西常備車、根岸*=旧郡山常備車

 8460列車に連結された浜五井行きのタンク車は次の通りです。

←川崎貨物 EF65 2058+根岸行きタキ1000×11+タキ43032(OT/郡山)+43350(OT/倉賀野)+1000-455(OT/倉賀野 全検26-9-8川崎車、自重16.8t)+43005(OT/郡山*)+43007(OT/倉賀野*)
*=旧西上田常備

 先述通り、シキ800が来て小山→橋本のトランス輸送で一休み。時折東急1000系がJ-TRECからの帰りに止まっていた一番外側の線で待機してモデルルームが建っていなければサザンスカイタワーへのデッキから良い具合に収める事ができるのですが、遮ってしまうと魅力も半減。知恵者(と言うより馬鹿者が正しいですが………)が居る者でガードレールに登ってフェンス越しからデジイチを向けるDQN撮り鐡野郎が多いこと。こちらも本気なら引き摺り出したい所が、危害を与えるとイケないので手加減して先のモデルルームの誘導していた年配のお父さん相手に「ああ言うのは変な奴ですから相手にしないほうがいいですよ!」とお話しして83列車の出発前後は駐太郎の外歩道から見送るとホームで撮影会する連中も多く、こりゃこちらも土日に出掛けるのも躊躇しますね(悲)。

△(高尾)
シキ801D1 日通/小山 全検20-2-15川崎車(27-3-10切/本来は24-2-15)、自重66.9t
ヨ8402 東ウタ 全検24-3-26川崎車、自重10.0t

 ここまで片付くとお次はサザンスカイタワーのスターバックスへ。ドリップを頂きたかったのでここは勿論、クリスマスブレンドでパートナーさんに「クランベリーブリスバーが合うね!」とお話ししたら世間話がそのままオーダーされてしまったので折角なのでソファー席に腰掛け83列車のまとめがてら頂きました。クランベリーの酸味とクリスマスブレンドの味わいが上手くマッチしてこれを思うと一年お仕舞に近付いて来たなと感じさせ、また多摩平のお店で働く新人さんのトレーニングもいたので顔繋ぎをして1階の本屋さんで『東京時刻表』の最新号をゲット。来週行われる京急のダイヤ改正に合わせての購入で6月の東急田園都市線&大井町線のダイヤ改正(納涼会の時は買うのを控えたのでチグハグしましたが………)、4月の相鉄の特急列車新設と見るべき所が多く、半年の間に1冊は買う必要がありますね。落ち着いた立ち読みもできず(鉄本を買わずに一心不乱に立ち読みしていた脳内が錆び付いたオバ還オヤジが邪魔臭かったですね。お金があるのなら買って下さいよ!と言うのが本音です)、帰りは富士森公園経由の法政大学行きのバスに乗るとやって来たのは京王100周年記念の復刻カラーに塗られたC31308番で最初は前輪の真後ろに腰掛けましたが、マスターの体格からするとエアロスターの着席はここが鬼門でして、折角なのでドア側の最前列へ移動します。乗りも疎らで富士森の辺りで殆ど降りたと思ったら今度は西八王子やめじろ台へ向かうお客さんを拾う格好で進み、最初は西八王子の南口で降りてコンビニで買い物して帰ろうと思いましたが、拙宅から見て丘の上のバス停は下車客(普段でもシルバーパス片手のシニア客が多いですが)が見られなかったのでここで降りると私一人だけで11時半頃から曇り空も本降りに。これを思うとシキ801目当ての撮り鐡野郎にはザマァ見ろ!という形で幸先良いスタートを切りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

H25.08.28 大宮周辺(その1)

 八王子駅から9時10分発の快速電車で西国分寺まで乗り、前は大宮以北の事もあって出掛けは7時前の事が多かったのですが、最近は場所の事を思うと大宮辺りが中心となるとこの位が丁度良く少し遅く出て『むさしの号』にぶつけても良いのですが、欲張りのマスター、そう遅くなると逃げられそうで。途中、豊田の車両センターでは115系のM40編成(クモハ115-318×6)や今月号の『鉄道ファン』に寄稿が出ていた211系(長ナノ)が止まって不満なのが詳しい車号が書かれておらず、こういうのもちょっとした情報なのでこちらのブログではこの辺を重視していますが、今の十代〜二十代前半のファンは「調べ」よりも「撮り」から入ったケースが多く、前者の方が弱い傾向でマスター自身も後継に伝授する年代に差し掛かった事を思うとこの辺を上手く汲み取って頂ければ左団扇です。

 西国分寺から9時36分発の南船橋行き(907E、クハ205-9×8/千ケヨM23編成)で武蔵浦和まで乗ります。丁度、擦れ違う形で209系(クハ209-515×8/千ケヨM73編成、29E運用)がやって来て新秋津までトンネルが続くので思わぬ早起きが起因した寝不足を補い、新座タでは入換の機関車がハイブリッドのHD300に変わり、今日は2号機がコキ104の3両を相手に格闘。発着線には見事に19Dが積まれたコキ104・106・107と3形式13両が連結されてコキ107で唯一連結された751番はこの間松本へ出掛けた時に確認した6月に新製されたばかりのナンバーとまたご対面。この一団は2089列車で紙積みのコンテナを富士へ返送するもので列車自体は百済タ行きですが、ワム80000の時代と同様に新座タから空車で到着した分と百済タ(今年3月までは梅田)行きの積車と差し替える格好で列車をニコイチにした格好です。北朝霞でそこそこ入れ替えてから西浦和に近付くとドアの前に立って乗り換えの支度をします。

 武蔵浦和を降りると1番線から5・6番線へ。改札へ向かう途中の西側には回転寿司の『うず潮』が店仕舞となり、以前は東京駅の中央線ホームの真下辺りにあって何度か食べに行きましたが、ここも無くなったので残念です。

 武蔵浦和から10時14分発の大宮行き(939K、クハ205-137×10/宮ハエ26編成)で大宮まで乗ります。車内もガラガラですが与野本町を過ぎると大宮へ向かうお客さんが少しずつ増えた格好です。この間で上手い具合にE5系を見掛け、中浦和の前後で上りは『はやて』22号、下りは『はやて』(+『こまち』)29号とこの頃は『はやぶさ』だけでなく少しずつ『はやて』の運用に進出して時刻表を引っ張り出さないと愛称が分かりませんね。秋田新幹線の併結となるとE3系だと『こまち』、E6系だと『スーパーこまち』と分かるものの、上りがこの間の土砂崩れの影響からやや変わっているので混乱しますが………。大宮運転区に留置した205系は丁度10日前に納涼会へ行くついでに見掛けた時と同様の顔触れですがもう一本がクハ205-42×10(宮ハエ30編成)でとなると、旧山手車が2本並んだ事で大宮駅は19番線の到着。

 埼京線のE233系は私が確認した範囲で次の運用を確認しました。
・クハE233-7004×10(宮ハエ104編成):35運用
 他にも23運用、37運用でも確認しております。

 大宮駅を降りた所で少し時間に余裕があるのでエキュートをブラブラしてお昼は何と言っても『旨囲門』で仕入れて震災復興の意味合いから東北の駅弁を選びますが、今日はこれから暑くなるのでスタミナがつく所から米沢の『黒毛和牛焼売弁当』を選び、足袋ではありませんが、福助のイラストが何とも印象的でこの大宮のエキュートには福助足袋の直営店があります。予定表に書かれた電車に合わせて6・7番線へ。丁度、7番線には黒磯へ行く『北斗星』の客車を連ねた(と言ってもB寝台やロビーカーくらいの尻切れとんぼです)試運転が一休み。

←黒磯 EF81 80[北斗星]+◁オハネフ25 14+オハネ25 238+229+231+オハ25 503L+オロハネ24 501L/S
客車の注=◁車掌室の向き、L=ロビーカー、L/S=ロイヤル&ソロ

 この頃前後して通過した貨物列車(上り方面)は次の通りです。

○8592列車…宇都宮タから隅田川の貨車区へ交番検査入場のコキ50000がたった1両だけでした。
←隅田川 EF65 2060[JRF色、赤プレート]+コキ50260

○5078列車…先月、倉賀野で確認した時はEF65牽引でしたが、今日は正規のEF64牽引で民営化後に試験塗色を採用した1010号機が登板し、Bトレのベストリピート10のシークレットでモデルになったナンバーでマスターも持っています。タンク車はA重油積載車含めて16両編成です。
△根岸
EF64 1010[更新色]
タキ1000-259 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-262 JOT/根岸* 無
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-633 JOT/仙台北港 無
タキ1000-163 JOT[E]/根岸*
タキ1000-225 JOT[E]/根岸*
タキ1000-483 JOT[E]/根岸
タキ1000-576 JOT[E]/根岸
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 21 JOT[E]/根岸*
タキ1000-641 JOT/仙台北港
タキ1000-370 JOT[E]/根岸*
タキ1000-602 JOT[E]/根岸
タキ1000- 33 JOT[E]/根岸 A重
タキ1000-319 JOT[E]/根岸 石油類)青地(A重)
根岸*=旧郡山常備

○4094列車…EF65 2139[JRF色]の牽引でコキ106・107×13の編成でコンテナでは嵩高12フィートの20Cや20Dの積載が目立ちましたが、ガレキ輸送の直行分を補う形で宇都宮タ行きのコンテナ車から継送した全国通運のUM8A(普段は川崎市の『クリーンかわさき号』で使われます)が何個か積まれ、惜しい事に駅弁に箸を突いていた所で通過したので撮れなかったのは残念(改めて追ってみます)。

 さて、先の試運転ではカメラ片手の御仁がワンサと押し寄せ、ホームの宇都宮・高崎方は例によって集っていたので私は河岸を変えてと思いつつもお昼の『黒毛和牛焼売弁当』は九州の『かしわめし』を思わせる形の盛り付けで甘辛煮、右側に牛そぼろ、この間には錦糸卵を散らし、真ん中にはもう一つの目玉であるシューマイが6個、右手は煮物(ニシン昆布、人参、里芋、椎茸)、刻んだワラビ、(厚さが)薄い卵焼き、紅蒲鉾と盛られて駅弁でシューマイと言うと横浜駅の崎陽軒は余りに有名で関東のこの手の駅弁では横綱級と思うと少し固めの味わいと言った印象です。山形県で中華と言うと時折、コンビニで買ってハマった冷たいスープのラーメンを思い出します。また、舌鼓を打っている間に東武野田線の10030系(11632×6/59A運用)が入線し、新鋭60000系と揃えたグリーン&明るいブルーのラインは誰もがファミリーマートの看板やロゴの色使いに似ているので頷け、方向幕がLEDになっていたので京王の7020系同様、大掛かりなリフォームを受けたのも一目で分かります。

 武蔵野線の直通電車では次の編成がやって来ました。
・クハ205-514×8(千ケヨM72編成):2653M→東所沢
・クハ205-34×8(千ケヨM25編成):2651M〜2652M〜2655M→東所沢
・クハ205-8×8(千ケヨM13編成):東所沢→2658M〜2659M〜2660M

 総合車両センター構内では205系が入場している様子が見えて午後には埼京線のクハ205-143×10(宮ハエ24編成)、横浜線のクハ205-84×8(横クラH24編成)、出場分ではクモハ115-313×3(八トタM10編成)が11番線に出て一旦東大宮で折り返して13時頃に5番線へ入線しました。

 一通り片付くと大宮から11時35分発の上野行き(884M、←クハE231-6001×10+8069×5/宮ヤマU501+U118編成)でさいたま新都心まで乗ります。丁度、後の付属編成に乗り、ナンバーがモハE231-1118番とEF65のレインボー色と同番ですが、編成番号で言うと基本編成はトップ、付属編成はラストと東海道線の分を新製した後で宇都宮線側の追加(事実上、211系の置き換え)や115系の訓練車の入れ替え分で新製されて付属の方はつまり、E231系では唯一と入れるH19新製車に当たります。

 さいたま新都心に降りると丁度、3093列車が着いた所でホーム伝いにナンバーを見て行くと時折お会いする部会OB氏と久々のご対面。編成調査を行うもあれこれ列車が現車に対する情報交換と交わし、ここで午後の部での思わぬヒントが得られるとは思いも寄りませんでした。

○3093列車…A重油積載車4両を含めた18両と長編成で頑張ってこの分を牽いた14両は一昨日の8461列車、昨日の8460列車で八王子に来たのでは?とふと思いましたが、出掛けていたら見ていた所で牽引はブルーサンダーの試作機でこの夏遠征では松本以来のご対面です。
△倉賀野
EH200-901
タキ1000-115 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 43 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-110 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 9 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 66 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-601 JOT[E]/根岸
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸*
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-462 JOT/根岸 無
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-580 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-550 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-367 JOT/根岸* 無
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 61 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備、*=特殊ナット試行車

 この間にも隅田川から北陸行きの2071列車が到着して日産化学のUT9C-8005(濃硫酸専用)や同和通運UM13A、JOTのISOタンクコンテナ、出光やJOTのISOバルクコンテナ、後方が定位置の中央通運U19A、NRSのUT8A-5035(SAQ®専用)と積まれている様子が見られました。

○6794列車…川崎車両所の出場車の試運転で塩浜のタキ243000や太平洋セメントのホキ10000と連結。
△東京タ
EF65 2119[JRF色、冷風]
コキ104- 964
コキ106- 315
タキ243856 JOT/塩浜* 全検25-8-28川崎車、自重15.8t
ホキ10011 太平洋セメント/武州原谷 全検25-8-28川崎車、自重18.1t
コキ104-1162
塩浜*=旧郡山常備

○5584列車…コンテナ車の連結が無くなって久し振りにタンク車だけの編成に戻りましたが、大宮操はゆっくりした足取りで通過するので全検車の出場日も確認出来(連結両数にもよりますが………)、普段のタキ43000、44000両形式の他にタキ1000もアルバイトで参上。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-150
タキ43539   OT/宇都宮タ
タキ43356   OT/南松本 全検25-6-24川崎車、自重16.1t
タキ43266   OT/倉賀野*
タキ43167   OT/倉賀野*
タキ43543   OT×/宇都宮タ
タキ44018   OT/宇都宮タ
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 全検25-**-**川崎車、自重16.*t
タキ43349   OT/郡山 全検25-8-13川崎車、自重15.8t
タキ1000-665 OT/倉賀野
タキ43357   OT/南松本
タキ43166   OT/宇都宮タ*
タキ43168   OT/南松本
タキ43165   OT/倉賀野
タキ43476   OT/八王子
タキ43138   OT/倉賀野
タキ43270   OT/倉賀野
タキ43027   OT/倉賀野
タキ43552   OT/宇都宮タ
×=エコレールマーク無し、倉賀野*、宇都宮タ*=旧西上田常備

 この後コキ200も連結する4074列車が来る間に『きぬがわ』4号のクモハ252-1002×6(宮オオOM-N02編成)や貨物線を回送するクハ185−205×6(宮オオ[←東チタ]B3編成、サロ185-205は欠車)とみてEF65 2068[JRF色]+シキ180が大宮方面を通過する様子を思わず収めて4074列車が到着します。

○4074列車…いつもの組み合わせでタキ1000が14両に増えましたが、先頭の377番はいつの間にか京葉地区の運用から移って驚きました。編成を見ると99〜101番と見事な連番でしたが、101番の前で先のシキ180目当てのデジイチオヤジ(埼玉サークルのムードメーカーであるN氏に似ていたのでご本人ではありませんが………)が向けていたので前に撮っていたので今回は水入りです。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-127
コキ200-20 □ OT UT26K-98004 UT26K-98005
コキ200-89 □ OT UT26K-98006 UT26K-98007
コキ200-45 □ OT UT26K-98008 UT26K-98009
コキ200-93 □ OT UT26K-98010 UT26K-98011
タキ1000-377 OT/宇都宮タ 全検25-7-31川崎車、自重16.9t
タキ1000- 99 OT/倉賀野
タキ1000-454 OT/倉賀野
タキ1000-303 OT/盛岡タ 無黒
タキ1000-649 OT/倉賀野 無
タキ1000-100 OT/倉賀野 無
タキ1000-667 OT/倉賀野 無黒
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 無黒
タキ1000-410 OT/郡山
タキ1000-672 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-666 OT/倉賀野 無
タキ1000-643 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-645 OT/倉賀野 無
タキ1000-101 OT/倉賀野 無
コキ200の□=枕バネ改良車、=左サイドのエコレールマークなし

○5683列車…先週、蘇我で確認した時とほぼ同じナンバーが続きましたが、当日の現車11両から8両に減っておりました。
△宇都宮タ
EF210-123
タキ44005   OT/郡山* 全検24-8-10川崎車、自重16.2t
タキ43271   OT/倉賀野 無
タキ43170   OT/南松本 無
タキ43547   OT/宇都宮タ 無
タキ1000-388 OT/宇都宮タ
タキ43022   OT/倉賀野
タキ43026   OT/郡山*
タキ43005   OT/郡山* 全検25-3-4川崎車、自重15.4t 石油類)黒地
郡山*=旧西上田常備

 新都心での前半はここでフィニッシュし、ここで高崎線130周年ラッピングの211系とご対面。後で大宮駅で見られる事もあるのでこの時のお楽しみにして、12時43分発の宇都宮行き(575M、←クハE231-8063×5+6045×10/宮ヤマU105+U587編成)で大宮へ。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

H24.03.13 北関東近郊(宇都宮・高崎沿線その2)

 大宮操の調査の1回目を終えて1070列車の到着に合わせて再び大宮駅へ戻りました。前後して6番線に到着する『草津』2号ではまたまた日光色の185系とご対面(←上野 クハ185-208×7+214×7/宮オオOM04+OM09編成)。

○1070列車…黒油の専用車が以前であれば必ず前2~3両が定位置でしたが、先頭の1両だけで一番多い量より1両短くなっております。
△蘇我(浜五井)
EF210-111
タキ1000- 98 OT/倉賀野 A、常)郡山
タキ1000-650 OT/倉賀野 無
タキ1000-398 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-405 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-303 OT/盛岡タ 全検19-7-31郡山車(24-9-13切)、石油類)黒地
タキ1000-374 OT/宇都宮タ 全検20-5-13川崎車(25-5-26切)
タキ1000-403 OT/宇都宮タ ○
タキ1000-449 OT/倉賀野
タキ1000-386 OT/宇都宮タ
タキ1000-384 OT/宇都宮タ
タキ1000-676 OT/宇都宮タ 全検22-9-22川崎車(27-10-5切)、自重17.0t
タキ1000-373 OT/宇都宮タ 全検20-8-1川崎車(25-8-14切)
タキ1000-388 OT/宇都宮タ
タキ1000-417 OT/郡山 全検20-11-10川崎車(25-11-23切)
タキ1000-452 OT/倉賀野
タキ1000-671 OT/宇都宮タ
タキ1000-377 OT/宇都宮タ
A=黒油専用、○=制輪子性能向上車

 一通り済むとエキュートの旨囲門でお昼の駅弁を物色。昨年の今頃は東北の駅弁がなかなか入らなくて大変でしたが(その分、東京近辺や山梨が入りました)、復興が進んで仙台の駅弁が滅多に見られないものの、新青森開業の副産物でしょうか大館の名物駅弁『鶏めし』をお昼の駅弁に選び、早速Suicaで買いました。6・7番線のベンチで昼食を取り、自販機で『朝の茶事』のホットを買うと早速頂くと気が効かないリーマンに邪魔されましたが、ご飯は地元らしくあきたこまちで鶏肉は比内地鶏を使っているので美味さはお墨付き。ゆで卵をほぐした感じのそぼろや前から気になっていた竹輪みたいなおかずが気になりましたが、芯に練り物が入っているものです。食後はここ1時間の間に見た列車のノート整理をしながら過ごし、ここで臨時の浮島町行きも来るなと思いましたが、4074列車のダイヤへシフトしてからは空振りでこの間の高崎行きは正解でした。この頃には総合車両センターからの出場車でしょうかクモハ211-1002×5(高タカB2編成)が7番線から出発。

 大宮から13時53分発の上野行き(920M、クハE231-6032×10/宮ヤマU532編成)で再びさいたま新都心へ。最後尾に陣取り、さいたま新都心のホームに降りるとほぼ同時くらいに根岸からの4091列車が着くのですが、若干遅れている様子で入るとザッと書き出す事にしました。この間、先程大宮駅の6番線に現れた『草津』2号で営業運転を終えて東大宮へ回送する所をキャッチしました。

○4091列車…宇都宮タ行きの主力で一杯の20両編成で到着します。マスターは見る頻度が高いせいかこの辺は少々脱力(?)気味になります。後でこの列車の30分後に根岸を出発して同じルートを走る5561列車は4両編成の短編成でした。
△宇都宮タ
EF210−137
タキ1000- 35 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 39 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 7 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-128 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-350 JOT[E]/郡山 全検23-7-4川崎車、自重16.8t
タキ1000-775 JOT/根岸 全検23-12-8川崎車、自重16.9t #
タキ1000-256 JOT/郡山 全検23-10-5川崎車、自重17.1t
タキ1000-286 JOT[E]/郡山 全検23-10-15川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-527 JOT[E]/仙台北港 全検23-10-5川崎車、自重16.7t 石油類)黒地#
タキ1000-272 JOT[E]/郡山 全検23-9-30川崎車、自重17.1t $
タキ1000- 63 JOT[E]/郡山
タキ1000-149 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-496 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-157 JOT[E]/郡山 無黒
タキ1000-471 JOT/根岸 無
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-294 JOT[E]/郡山 全検23-9-27川崎車、自重16.9t
タキ1000-757 JOT[E]/根岸 全検23-8-31川崎車、自重16.9t
タキ1000-479 JOT[E]/根岸
#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車

○3095列車…甲子発のタキ1000ばかりの編成でこちらも先日の高崎行きでチェックした面々ばかりと思ったら1両抜けた格好です。

EF65 1058[JRF色]
タキ1000-411 OT/郡山 全検20-7-12川崎車(25-9-4切)
タキ1000-379 OT/宇都宮タ 全検20-6-14川崎車(25-8-8切) 常)郡山
タキ1000-672 OT/宇都宮タ 全検22-10-25川崎車(27-12-19切)、自重17.1t
タキ1000-416 OT/郡山 全検20-9-13川崎車(25-9-26切) 石油類)黒地
タキ1000-381 OT/宇都宮タ 全検20-8-23川崎車(25-9-5切) 常)郡山
タキ1000-389 OT/宇都宮タ 全検20-7-19川崎車(25-8-1切) 石油類)黒地

 冷たく風吹く中、時折暇を見てはノートまとめをすませるとどうも前に見た事を見返してしまい恐縮します。この頃には石巻の日本製紙へ返送する3075列車(田端操→仙台タ)が通過し、EF65 1050[JRF色]+コキ50000×20の編成で通過し、石巻港発着時は後半分が19D×1+30系(30A等の20フィートコンテナ)×2のパターンが続いていますが、大震災の影響でしょうかロール紙の部分は未だ復旧されていない様子で若干空車が見られる格好でオール19Dの陣容です。

 再び大宮へはE231系では珍しい新前橋行き(新都心14時22分発887M、←クハE231-8007×5+6007×10/宮ヤマU14+U507編成)に乗ります。

 再び大宮駅に戻って降りるとすぐに10番線を焼島へ返送する2085列車が通過するので9番線の浦和方を柵で覆われる手前に立って経ちます。

○2085列車…コキ100系の4両ユニット車+コキ50000が基本パターンのこの列車、ダイヤ改正後の準備でしょうか単車であるコキ104も混じる様になりました。
←焼島 EF64 1050[冷風]+EF64 1017[更新色、冷風]+コキ104-1874+2703+50313+51791+50874+51327+52481+50795+51787+103-172+102−172+171+103-171+103−26+102-26+25+103−25

 ここまで見ると暫くエキュートで時間調整して6・7番線へ。ここでのお目当ては宇都宮タ→川崎貨物行きのもう一本の列車に当たる5586列車、次いで到着する矢羽根色が入る事で知られる郡山からの1074列車です。この前後に東京タ→宇都宮タの4093列車が10番線を通過するとこの程運用開始した全国通運のガレキ輸送用UM8Aをキャッチし、1両は3両、もう1両は5両で後で埼玉サークルの例会で部会で顔馴染みの上尾のK氏からこの画像の紹介があり、この1時間後に通過する3071列車(隅田川→盛岡タ)に積まれるお話を頂きました。

○5586列車…姉妹列車の5581/5584列車と似通った編成内容でこちらは先の5584列車と違い、タンク車のみの編成でJOT所有車の連結が無く、編成の半数はタキ43000・44000の第一陣であるS42年新製車で占め、浮島町を拠点にした運用からして南松本や西上田(現在は廃止されましたが)向けの運用で使われるナンバーと重なります。時刻表上の時刻より遅れての通過ながら4番線をゆっくりとした足取りで走って行き、上手い具合に細かいデータも読み取れる事が出来、ネタ探しも順調に進みました。
△川崎貨物(浮島町)
EF210−119
タキ43614 OT/宇都宮タ 全検24-2-23川崎車、自重15.9t
タキ43017 OT/郡山 全検23-7-1川崎車、自重15.7t
タキ43020 OT/南松本 全検23-4-16川崎車、自重15.9t
タキ43004 OT/郡山 石油類)黒地
タキ43032 OT/郡山
タキ43008 OT/西上田
タキ43009 OT/西上田
タキ43339 OT/八王子 全検23-6-20川崎車、自重16.2t
タキ43358 OT/南松本
タキ43007 OT/西上田
タキ44015 OT/宇都宮タ
タキ43355 OT/南松本
タキ44124 OT/郡山
タキ43162 OT/南松本
タキ43029 OT/西上田
タキ43347 OT/西上田
タキ43348 OT/西上田
タキ43025 OT/倉賀野 全検23-6-13川崎車、自重16.3t
タキ43015 OT/郡山 全検23-4-7川崎車、自重15.7t
タキ43270 OT/倉賀野 全検23-4-7川崎車、自重15.9t

○5561列車…先にご紹介した4091列車に続いてやって来るものの、タキ1000ばかり4両の少ない編成でした。
△宇都宮タ
EF210−121
タキ1000-258 JOT[E]/郡山 全検23-8-22川崎車、自重16.7t
タキ1000-166 JOT[E]/郡山
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 全検23-8-12川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無

 この前後に通過する5881列車は先日の高崎行きとほぼ同じナンバーが入った顔触れながら連結順序が甲子発+浜五井発と順序が入れ替わり、1074列車は半数が矢羽根→青一色に塗り変わり、中には4073列車の後方が定位置だったナンバーが前方に連結していたので驚きました。6番線側で待っていたお客さんで手押し車サイズのベビーカーが鎮座していたので些か邪魔臭かったですが、こう言うのは昔ならしっかり手荷物運賃を取っていた事と思われますね。最近はバリアフリーで色々便利になった影響かキャスター付きのバッグ片手のお客さんも増えてこの辺の定義が昔に比べて曖昧になって来た気がします(ユーザー自体が存在すら知らないのだろうと感じますが………)。

○5881列車
←倉賀野 EF210-161+タキ43600+43626+43552+43545+43608[甲子発]+243717+38053*+43547er+1000-887+38032+1000−660+889+275+40100[浜五井発]
*=旧米軍用、er=エコレールマークなし

○1074列車…以前は浮島町行きが中心で後方が浜川崎行きの編成でしたが、昨秋以降全車浮島町着に改めました。
←川崎貨物(浮島町) EF210-134+タキ1000-706+740+724+749+408(盛岡タ)+734+728+741735+446(倉賀野)+744722
特記以外OT/川崎貨物、番号=矢羽根→青一色

○2082列車…高崎へ訪れる時に丁度、高崎操で一休みする列車で最近『北斗星』や『カシオペア』で活躍するEF510が牽く事で知られています(17日のダイヤ改正まで)。珍しいので撮っておきたいなと思った所高崎線の電車が風の影響で遅れていたので気にしましたが、定刻で到着となり気になって宇都宮線の電車に乗ろうと思った所、して遣られました。
←隅田川 EF510-512+コキ103-204+102-524+523○+103-203+107-101+106-5(全検19-6-2川崎車)+50622+52107+51514
○=空車、コキ52107に同和通運UM12A-105117、105114、105116積載

 ここまで終わると大宮での調査が終わり、新都心の最終回は4番線から15時41分発の上野行き(634M、クハE231-6026×10/宮ヤマU526編成)で向かいます。

 さいたま新都心のホームに到着すると丁度、倉賀野行きの5763列車が到着した所でグッドタイミング。この分を一通りすると今日の遠征もほぼ終わります。

○5763列車…昨秋以降は浜川崎発の分が浮島町発に吸収されたものの、前は相変わらず根岸発の編成で短編成かなと思ったら今日はタキ38000を含めて18両編成です。
△倉賀野
EF210−133
タキ1000-869 JOT/根岸   ↑根岸発 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-590 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 ↓ 無
タキ43167 OT/西上田
タキ43027 OT/倉賀野
タキ44003 OT/西上田
タキ43266 OT/西上田
タキ44023 OT/西上田
タキ38086 JOT/郡山 全検20-6-4川崎車(26-10-2切)、自重17.6t ○
タキ38032 JOT*/郡山 全検20-11-7名古屋車、自重17.3t ○
タキ38069 JOT*/郡山 全検20-9-19川崎車、自重17.6t○
タキ38003 JOT*/仙台北港 全検19-11-14川崎車(25-2-14切)、自重17.4t ○
タキ44157 OT/倉賀野
タキ43472 JOT×/根岸 常)浮島町
タキ43407 OT×/宇都宮タ 全検22-4-2川崎車(27-8-20切)、自重15.7t
タキ1000の*=特殊ナット試行車、タキ38000の*=旧米軍用、○=3F改型制輪子装着、×=エコレールマークなし

○5593列車…交番検査から出場するシキ800を前方に従えた編成でコンテナはヤマト運輸のUV50A、JOTのUR18A、UR19A、UR20A-10000、UR16A-70000(SUPER URのH23新製の70004番が積載)と全て私有コンテナばかりです。
←宇都宮タ EF65 1080[JRF色]+シキ801(日通/小山)+ヨ8404(東ウタ)+コキ104・107

 この頃には東邦亜鉛の安中行き5781列車が現れるものの、運悪く4番線に入る電車(古河行き、621M)に被られてホームから上手く見られないのが惜しい所です。

○8685列車…タキ43000中心の編成で昨年の全検出場車が多く、マスターにとっては大満足の編成です。
△宇都宮タ
EF65 1096[JRF色]
タキ43330   OT/倉賀野 全検22-6-21川崎車(27-10-27切)、自重16.2t
タキ43405   OT/倉賀野
タキ43543   OT×/宇都宮タ 全検23-6-17川崎車、自重16.1t
タキ43526   OT/宇都宮タ 全検23-6-27川崎車、自重15.8t
タキ43575   OT/八王子 全検23-8-24川崎車、自重15.9t

タキ1000-402 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-397 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-393 OT/宇都宮タ 無
タキ43609   OT×/宇都宮タ 全検23-9-17川崎車、自重16.4t
タキ43631  JOT×/浜五井[旧OT/宇都宮タ]
タキ43350   OT/倉賀野
タキ1000-387 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 無
タキ43542   OT/宇都宮タ 全検23-10-19川崎車、自重15.7t
タキ1000-100 OT/倉賀野 無
タキ43464   OT/倉賀野 常)浜五井 

 8685列車を一通り見て改札口への階段を昇っていたら突如、左足の脹ら脛が突っ張り、暫くコンコースの真ん中にある木の椅子?に腰掛け、痛みが和らいだ所で改札を出て5763列車のタンク車の詳しい点をチェックし、与野側の階段を下りる格好で信号や車を気を付けながら線路側へ。タキ38000の米軍用は前に拝島で確認した事があるのでこの点助かりました。先のアクシデントもあり、駅へ向かう時はエレベーターで昇る事にしてこっちは急に足が痛くなりましたが、後から駆け込む様に乗って来る者も居たので「歩いて行け!」と少し思い上がり(?)ましてそれから再びエスカレーターで1・2番線へ。今回の遠征も一段落します。

 さいたま新都心から16時46分発の小金井行き(627M、クモハ211-3007×10/高タカC2編成)で大宮へ向かい、この前後では札幌行きの『カシオペア』が通過すると今日は青いEF510-505が牽引。

 大宮駅では『草津』の14両編成を見るべく6・7番線へ赴き、到着した『草津』4号は(←上野)クハ185-215×7+209×7(宮オオOM09+OM05編成)で今度の土曜日からはこの様な迫力ある編成が滅多に見られなくなるのが残念です。一通り見終えてから南側の改札を一旦出て自由通路を交わる格好で北側の改札(Dila側)から入り直して『中山道』で軽めの夕食をとり、春の七種かき揚げそば+ワカメのトッピング(埼玉サークルの忘年会で訪れた時にお昼を頂いた時にゲットしたチケットで)を頂きます。少しDilaの中をぶらぶらして平清盛にあやかった広島駅の『しゃもじ弁当』を発見。

 大宮から17時30分発の大船行き(1747A、クハE233-1054×10/宮ウラ154編成)で浦和へ向かいます。ネットブックでオイルターミナルの所有車のデータを弄りながら車中を過ごし、大宮操の構内は見る者が無くそのまま進みます。

 浦和に着くと東口のパルコへ向かい、スターバックスで一休み。オレンジブリュレラテを頂きますが、明後日から売り出される浅めのライトノートも試飲出来るとの事で地元で頂く事が多いので固辞したものの、パートナーさんのお兄ちゃんがなかなかのイケメンなり。手前の丸テーブル席が空いたので早速車内での続きを片付け、長々お邪魔し、埼玉サークルの例会が行われる10階のコミュニティーセンターへ。外が見えるソファーは先客が多かったので受付近くの椅子に腰掛けてブログの下書きをしている間にレギュラー会員のS氏参上。暫く経ってから貨車部会にも来られる上尾のK氏と先のガレキ専用コンテナについて情報交換。それから埼玉サークルの例会が始まり、いつも来られる皆さんが集まり、役職が重なる故にK委員の報告も当方に届いているのでつい突っ込み、一つの県域サークル例会ながら高頻度で顔を合わせる方が2人(以前の様にU氏も含めて+1人)も居るのでいやはや。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

H21.03.11 北関東近郊(その2)

 いつもと同じコースながら少し繰り上げて大宮駅に戻って先に5683列車の機関車の撮影を楽しみ、宇都宮行きの電車が入る前に後方のナンバーを書き出し、3・4番線へ。ビデオカメラ回しながら撮影するファンの姿と見ていつもは13時を回ると1070列車が入りますが、北海道方面からコンテナ列車が遅れている様子で先にEF66 25牽引の2052列車(札幌タ→東京タ)が4番線を通過。コキ104がメインにコキ106が5両、コキ250000が1両の20両編成。目立つコンテナでは通販のフェリシモが持つU19A-787、デパートの衣類輸送のトラックと同じカラーリングをした浪速運送のU28A-22と積載。

○1070列車…少し前に土日きっぷを使って遠征した際のナンバーもあり、今回は手短にチェックしました。
△蘇我(浜五井)
EF210−119
タキ1000- 95  OT[r]/倉賀野■ ●
タキ1000- 98  OT[r]/倉賀野■ ●
タキ1000-310 OT[r]/郡山■ ●
タキ1000- 97  OT[r]/倉賀野 ●
タキ1000-462 OT[r]/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ1000-656 OT[r]/郡山■
タキ1000-378 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-6-26川崎車、自重17.1t
タキ1000- 5  OT[r]/倉賀野■
タキ1000-411 OT[r]/郡山■ 全検20-7-12川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-459 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-398 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-7-19川崎車、自重17.0t
タキ1000-377 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-7-21川崎車、自重17.0t
タキ1000-660 OT[r]/宇都宮タ■ 常)郡山
タキ1000-651 OT[r]/倉賀野■ 常)郡山
タキ1000-653 OT[r]/郡山■
タキ1000-102 OT[r]/倉賀野■ 常)郡山
●=黒油専用

 1070列車の編成を一通り見てからエキュートの『旨囲門』でお昼の駅弁を調達。最近は東北地方の駅弁屋さんとコラボレーションの限定駅弁が売りなので今回は米沢駅の『大人のまかない・どまんなか』を選び、人気商品の『牛肉どまんなか』の姉妹品です。6番線のベンチに腰掛けての昼食でロース肉の味噌焼きに切り落としの甘辛とピリ辛に煮たものに牛肉味の炊き込みご飯と盛沢山。煮物に漬け物(赤かぶ漬け)が添えられて舌鼓を打つ間に札幌タ→越谷タの2058列車が1時間遅れ、6番線を倉賀野→川崎貨物の4070列車、暫く経ってから4番線を2時間遅れて札幌タ→名古屋タの3086列車がEH500-25牽引で通過。

4070列車編成:←EF65 1036[JRF色]+タキ1000-456+646+643+450+652+647+446+
663+333+455+648+666+334+667+665+447+4443+336+644+645(OT/倉賀野■)

 大宮から13時34分発の上野行き(834M、クハE231-6014×10+8009×5/宮ヤマU514+U18編成)でさいたま新都心へ。前後してそろそろ京葉線へ行くクハ205-516×10(宮ウラ80編成、23C運用)の姿も。さすがに『鉄道ファン』に特集されたすぐ後なのか降りた所でカメラを向ける兄ちゃんの姿も。マスターにとってはそろそろ鬱陶しい時期(一般人の花粉症と似ていますが)になりました。

○5771列車…先日の高崎行きのサイト同じく短めの編成で到着。またまたタキ38000の38031番、先頭のタキ43000は昨年の移籍車です。
△倉賀野
EF65 1056[冷風]
タキ43280   JOT/郡山[OT/倉賀野] 全検20-6-17川崎車、自重15.9t
タキ43414   JOT/根岸 [JE]
タキ38031   JOT/郡山 全検20-2-23川崎車(25-7-27切)、自重17.0t 3F改
タキ43400   JOT/根岸
タキ1000-385 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-5-14川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ243828  JOT/郡山 全検19-12-1川崎車、自重16.0t 無
タキ243806  JOT/郡山 全検19-11-22川崎車、自重16.0t
タキ44125   OT[r]/南松本 A重

○4091列車…タキ1000オンリーの宇都宮タ行きで一杯の20両編成。新車も1両連結。
△宇都宮タ
EF210−103
タキ1000- 32  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-116 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 42  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 8 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-679 JOT[E]/根岸
タキ1000-833 JOT[E]/根岸
タキ1000-879 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t
タキ1000-438 JOT[E]/根岸
タキ1000-834 JOT[E]/根岸
タキ1000- 90  JOT[E]/郡山
タキ1000-215 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-163 JOT[E]/郡山
タキ1000-217 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-470 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-201 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-577 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-149 JOT[E]/郡山
タキ1000-439 JOT[E]/根岸
タキ1000- 21  JOT[E]/郡山

 一通り終わると13時58分発の宇都宮行き(585M、クハE231-6034×10/宮ヤマU534編成)で大宮へ戻ります。

 大宮に着くと暫くエキナカを色々と見て北側の跨線橋から埼京線、新幹線へ向かう途中の『膳まい』がセルフサービス形にリニューアル。湘南新宿ラインからの電車に乗ろうと思った所、小金井行きの普通と宇都宮行きの快速とトレードされて再び8・9番線へ。この間、ベンチに腰掛けてノート整理を済ませます。

 大宮から今度は14時46分発の小金井行き(591M、クハE231-8065×5+6040×10/宮ヤマU109+U540編成)で小山へ向かいます。ノートの整理も片付き、車窓風景をノンビリと楽しみ、東大宮操の構内には185系のEXP185車、183系のオリジナル色、『あずさ』色、189系『彩野』と色とりどりの特急電車の昼寝を見て新白岡の手前で1074列車(郡山→川崎貨物)に擦れ違い、久喜では出発した電車が8531×10、下り側の引上げ線には8520×10と東急の電車ばかり連ねていました。加須の方から走って来た『りょうもう』26号はシングルアームパンタだったので200系の後半かVVVFモーターの250系のどちらかと言った様子。冬から春に徐々に変わりつつ光景を見ながら小山に到着。

 小山に到着すると17番線のE501系がすぐ出発してしまい、私が乗った電車の直後は4093列車が通過するので早々と12・13編成へ移動してみるとEF66 10[更新色、PS22]+コキ104×17(コキ106×2)の編成、コンテナではMCLCのポリエステル専用UH17A-5000、アイシンの広告ステッカーが貼られたV18Cと積載。外が寒かったのか暫く経ってからコンコースから新幹線の改札近くまで歩いて乗り換え口前のNEW DAYSを見ると大宮支社版のポケット時刻表を発見し、これが帰りに八王子のお店でもあるかなときっかけとなり、20分程過ごしてから根岸からの5561列車が入るのを見計らって12・13番線の宇都宮方へ。

○5561列車…EF210+タキ1000×10両余りと地元で見る様な内容を思わせる雰囲気ですが、停車時間が10分弱ながらこの長さは楽勝です。
△宇都宮タ
EF210−125
タキ1000-111 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 40  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-794 JOT[E]/根岸
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 全検20-7-17川崎車、自重17.2t
タキ1000- 58  JOT[E]/郡山
タキ1000-191 JOT[E]/郡山
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 全検20-6-21川崎車、自重16.9t
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-578 JOT/根岸 無
タキ1000-588 JOT/根岸 無
タキ1000-591 JOT/根岸 無

 電車を待つ間に隅田川→宇都宮タの5593列車が通過すると前2両にシキ1000の美しい姿を連ねて通過しました。
←宇都宮タ EF65 1074[JRF色]+シキ1000+1001(宇都宮タ)+コキ104-2704(日通U46A×2)+1608+1286(ヤマト運輸UV47×1)+138+1409+2154+1577+1384[隅田川→宇都宮タ]+218[越谷タ→隅田川/交番検査]

 ここまで終わると最初は通勤快速に乗ろうと思った所、一本早い16時48分発の上野行き(652M、クハE231-6001×10+8015×5/宮ヤマU501+U39編成)で大宮へ。偶々乗ったのがモハE231の1000番代トップ。ご存知の様にE231系は通勤車の0番代(総武線、常磐線快速)、500番代(山手線)、800番代(東西線乗入)、近郊車の普通車に関してロングシート車は1000番代/6000番代、セミクロス車は3000番代/8000番代と振られて後者はバリエーションが多いので理解に苦しみますが、運用や組み方、所属を頭に入れていたら即座に出て来ます。大宮までは一休みと言った状況で野木から古河へ向かう間に宇都宮タ行きの8685列車に擦れ違い、編成内容を一通り確認してから一寝入りして東武野田線の線路が見えて来るとドアの間に立って大宮での乗り換えに備えます。

 大宮ではエキュート側の通路から埼京線の19・20番線へ行き、降りる手前のNEW DAYSでポケット時刻表の在庫をまたまた確認。

 大宮から武蔵浦和と行って武蔵浦和の3・4番線の案内板には早速西大宮駅の標記も見られ、時刻表も新しいものが掲出。武蔵浦和から西国分寺と乗り継ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

H20.09.05 京浜地区(鶴見線沿線)

 夏の青春18きっぷ遠征の最後は久し振りの京浜地区巡りで根岸行きの単独を含め、今年は春頃から梅雨時は好天に恵まれない時期が多かった為か間延びしてしまいました。

 昨日出掛けた帰りにSuicaをチャージしたので西八王子駅はそのまま駅員さんが居る窓口でスタンプを押して貰って入ります。6時36分発の東京行き(674T)に乗り、乗ったE233系のT17編成は昨春我々が無理難題突き付けた珍表示で楽しませた編成でご縁があります。気になったコンテナの8093列車は野菜輸送の波動対応で7月から8月初めまでの期間限定の様です。豊田で丁度、1番線から下り線へ回送する201系(クハ201-107×10/八トタH4編成、01T運用)を目撃し、ホームの八王子方では待合室の設置が進行中。

 立川で南武線に乗り換えて7時14分発の川崎行き(752F、クハ205-131×6/横ナハ10編成)で尻手へ向かいます。ホームの立ち食いそば屋で温泉玉子入りのそばが『冷やし温多摩そば』と地域名を引っ掛けたネーミングにしていたのでデジカメに思わず撮影。この間の新秋津での見学会の際には新設駅の絡みで府中本町まで回りましたのでほぼ1月振り。2番線から引上線へ移動する『むさしの』1号の115系を見て多摩川を渡ると矢向辺りまでは居眠りタイム。矢野口の高架が上下とも完成して多摩川越えの渋滞名所も返上と言ったご様子です。

 尻手から8時26分発の浜川崎行き(826デ、クモハ205-1002×2/横ナハワ2編成)で浜川崎へ向かいます。途中の川崎新町ではもう一本の旧総武組であるクモハ205-1001×2の編成に擦れ違い、この運行を終えると浜川崎のヤードで折返し、弁天橋で昼寝の段となります。

 浜川崎でいつもの様に構内チェックをしてヤードは大休止のホキ10000は見られず5985列車で到着した矢羽根模様のOTタキ1000の他、奥でタキ43000が大量に並べられて番号を見るといずれも今年中に検査切れのナンバー揃い。新鶴見から出庫していつもは安善の入換だけ来るDE10が重連(←扇町 DE10 1667[更新赤/20-5全検で更新青から塗替え]+DE10 1101)の出で立ちで浜川崎着。

○5985列車…昨日、川崎貨物に到着した1074列車に連結されたタキ1000ばかりの編成です。

EH200−15
タキ1000-720 OT/川崎貨物◎ ↑郡山発
タキ1000-703 OT/川崎貨物◎
タキ1000-699 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-708 OT/川崎貨物◎ ↓ 無

 この間、倉賀野行きの5771列車で見掛けたタキ1000-280・43606・243828・143645・43256・243812・43487・43360・43471・43569・243806と連結されて日を経ず見ると驚きます。

 浜川崎から扇町へ向かい、久し振りに訪れると昭和駅の海側の線路にタキ5450やタキ18600が常に止まっていたものがすっかり消えて寂しいもの。線路もガランドウとしています。

 扇町駅から一度外に出て踏切から海側を見て三井埠頭のヤードに止まっているホキ10000を見て並んだ編成はいずれもチチブセメントから太平洋セメントのマーク・社名板に交換。浜川崎方からホキ10232・10208・10207…の順に連結。

 再び浜川崎へは折返し、9時08分発の鶴見行き(904デ、クハ205-1106×3/横ナハ16編成)に乗ります。2号車は作業着姿の昭電の社員さんが先客で乗っていたので失敬。再び浜川崎のヤードに差し掛かるとタンク車の見直しや奥に止まっているタキ43000(43101・43309・43310など=いずれも今年中に検査切れ)を見ながら浜川崎に到着。隅々まで見ると根岸から移動したナンバーも散見。

 浜川崎では田島踏切の前を中心に色々と見て先程、新鶴見からの単機回送は臨時貨物列車の運転があり、トランスを積んだ大物車でいざデジカメをズームするとシキ180形とすぐ分かりました(と言っても詰めたコンパクトフラッシュがこの間の宇都宮タの見学会の後ですが………)。新芝浦の東芝へ行くではと思ったら大当たり。この踏切前から頑張って撮影した次第で周りに人が居なく(居ても自転車に乗って通る方くらいで)落ち着いて撮影が出来ました。
←新芝浦 DE10 1101+シキ180(東/宇都宮タ)

 この後で構内で入換をするDE10 1189がタキ1000-6・1000-13・43414・1000-277・43400・43499・243808・43130と転線。貨物線はコンテナ列車の往来が激しく、上り線を下関からの5066列車(EF210-901牽引)、この後でEH200-11が現れるとこれから倉賀野行きの4073列車の送り込みだなと勘付きました。

 浜川崎から安善は10時15分発の鶴見行き(904デ、クハ205-1106×3/横ナハ16編成)に乗ります。短期間で3両パーフェクト。そこそこの乗りながらベビーカー片手のママさんは何処か場違いな印象を受け、これだけ鶴見線の沿線も工業地帯からマンション化が進んだ現れなのか無頓着な人が増えたかどちらかです。いつも通り、武蔵白石を出た所でドアの前に立って最後尾のクハ205は埼京線のサハ205を転用したのでドアの窓ガラスが縦長になっているので確認するには持ってこい。

 安善の駅は例によって5988列車で送られる交検車、ヤードの入線も2本程と少なくこの間、タキ38000が入った話を耳にした所、構内はタキ35000ばかりでそのうち機会を見付けて拝島で確認しなくては。

○5988列車…交検入場者ばかりの3両編成です。先頭の35988は郡山の検査標記通り、三沢基地向けで運用されたナンバーの1両。
△浜川崎(川崎貨物)
DE10 1189[更新赤]
タキ35988 NRS[米]/神栖 全検17-1-18郡山車、自重15.5t
タキ35889 NRS[米]*/神栖 全検18-11-30川崎車、自重15.4t
タキ35833 NRS[米]*/神栖 全検18-12-4川崎車、自重15.4t
※*=NRSマーク小振り

 ヤードの入線状況は本線側にタキ35274*・35275・36039・35597*・35788*・35821・35638*・35587*・35838とタキ35***・35870・35774が在線。

 安善から10時38分発の鶴見行き(1014デ、クハ205-1101×3/横ナハ11編成)に乗り、最後尾のクハ205-1101は103系の置き換えに先立って南武支線の1000番代とほぼ同時に改造したものです。床下のスペースが取れないのか前の方の網棚にATS−Pの機器らしき箱が載っておりました。

 鶴見で京浜東北線に乗り換え、待つ間に209系やE233系の編成チェック。貨物列車も後で根岸で見る5760列車がこの間に通過します。

 横浜へは鶴見11時13分発の大船行き(1051A、クハE233-1005×10/宮ウラ105編成)に乗り、次の新子安では早速E233系同士の擦れ違い。京急の旧1000形と並走しながら東神奈川では先輩の209系が昼寝中。横浜駅に入る手前では『スーパービュー踊り子』1号のクハ251-2×10(東チタRE2編成)と並んで横浜駅到着。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

H20.07.03 宇都宮タ駅見学会

 貨車部会の見学会で宇都宮貨物ターミナルへ出掛け、我々の関心内容はどちらかと言うと専門的な要素が強い上、時折行なわれる一般公開がなかなか出来ない場所が多い為にそう頻繁に出来ず、JR貨物さんの社内事情も影響し、土日に出来ないのが(他の鉄道会社もそうだと東京支部の総会で話しておられました)残念です。

 宇都宮線の石橋まで9時頃まで着くには西八王子は6時半前の電車で6時26分発の快速(604T、クハE233-36×10/八トタT36編成)に乗り、乗車した編成は1月に行なわれた集まりの際に乗ったもので今日の参加者もこの4名の他、埼玉サークルと掛け持ちするK氏の計5名。マスターから見ると気が合う者同士の面々で一安心。近場にも郵送やメールの会員さんが数名居られ、来られると思ったら会えないのが惜しい所。ご挨拶や日頃のお礼をしたかったものですね。八王子から浅川の鉄橋を向かう間に8093列車(川崎貨物→篠ノ井)に擦れ違い、冬場の根岸発の補助的な存在と思いきや、コキ104/106を連ねた編成でここは機会を見付けていずれチェックしてみますのでもう暫くお待ち下さい。日野に入る手前で83列車(根岸→竜王)に擦れ違い、タキ1000は一杯の17両編成。

 西国分寺の武蔵野線のホームに上がると中線にはコキ104/106を中心にコキ200(コキ200-148、30B-41積載)が混じったコンテナ列車(1086列車、梅田→越谷タ、EF66牽引)が停車中。他のコンテナは日通U47A-38200(エコライナー31)、OCAUV18A(元々は白地に富士通のロゴ入りのものをJOTに戻し、沖電気の子会社へ移籍し、UV1と同じえんじ地に塗替え、平成12年頃に初登場した時、URLが書かれて注目を浴びました)、日通UM9A、西濃運輸UC7とホームから見えるのは後の部分です。

 西国分寺から6時53分発の東京行き(641E、クハ205-10×8/千ケヨM17編成)で武蔵浦和まで乗ります。乗換時間の割には3人掛けの所に何とか座れて新秋津の中線ではこれから『むさしの』1号として府中本町へ送り込むクモハ115-318×6(八トタM40編成)が待機、早朝の武蔵野線はコンテナの列車の往来が盛んでこっちの方に目が行くかな。

 武蔵浦和から7時31分発の通勤快速川越行き(705S、クハ205-54×10/宮ハエ32編成)に乗り、元々山手線からの転入車でサハ204を抜いた組み合わせから埼京線生え抜き(宮ハエ1編成)のサハ205-146、147に差し替えて前に新宿で見掛けた際にドアの高さが歪だったのが印象に残っています。ノンストップの間は立ち通し。

 大宮での乗換の間に昼食の駅弁を仕入れ、最初から『旨囲門』がお目当てでさすがにこの時間は各地の直送駅弁は見られず、『あ文字屋』、『駅弁屋』系統とほぼ同じ。『大宮弁当』を買うとお茶がおまけに付きますが、仲間うちを意識(?)してか選んだのは『鉄子の旅弁当・東海編』。飯田線の小和田駅のイラストが入った掛け紙です。11番線で電車を待つ間に後続は『日光』1号の表示が出て運用変更が無ければ485系の担当だなと一目瞭然。詰めた容量1ギガバイトのCFはこの辺が一発目。

 大宮から7時53分発の宇都宮行きは湘南新宿ラインの大船始発の一本目(1600E、クハE231-6009×10/宮ヤマU509編成)で石橋まで乗ります。ウトウトと行きたい所、通学の学生やら時間帯を考えないで喋るおばあちゃんとなかなか行きませんね。白岡で先の『日光』1号を待避。予想通り485系の担当で久喜や栗橋と言った乗換駅の様子を伺って久喜で前の方に移り、利根川から野木までの間に『カシオペア』、浜川崎へ行く5584列車はタキ43000が目立つ顔触れでツートンカラーはタキ243000やタキ1000が少しずつ、『北斗星』と擦れ違い。時々遠征で午後の湘南新宿ラインに乗ると栗橋を過ぎるとすっかり閑散するものの、小山まで乗る長っ尻が多い事。通学の学生も未だ多く、最近は遅出の高校生が多いので小山で途切れると思ったら未だ乗って来て、盲導犬同伴のお客さんとこちらは扱い上OKですぞ。小金井の車両センターはさすがにE231系は少なくお座敷電車の『華』や『宴』、クモヤ145くらいで乗る事1時間10分程で石橋到着。

 石橋で下車した所でマスターが乗った何両か後(上の方)にも今回の面々で最年長且つリーダー格のW氏が乗っていたのでここで先着の3人と合流して全員集合。東口からタクシーに乗り、ワンメーター(710円)で宇都宮タ駅正門着。3人が黒塗りの関東タクシー(中央線沿線に関東バスや現地のバス会社で関東自動車とございますがこれらと無関係)、マスター、部会一筋のK氏は白塗りの石橋タクシーで。盛夏らしくドライバーさんはノータイ姿。東京では見られませんが、クールビズが定着した近年は環境に良いのでは?

 宇都宮タの駅に到着すると先ずは駅本屋の2階・会議室に通されて人数分のヘルメット(中には国鉄時代のレールを象ったマーク入りのものもあり懐かしいです)、安全タスキと用意されて引率はJR貨物の広報のNさん。昨年、スーパーレールカーゴの撮影会の際にもお世話になり、どちらかと言うと支部の方が主体だった様子でしたので改めて貨車部会の一員としてご挨拶。こちらで作成した資料も参加者分+JR貨物の方の分と予めインプットして支部総会の時に参加者オーバーで小田急の資料が足らなくなったとハプニングがありましたが今日は大丈夫でした。最初に砕石の積込み場へ案内されて東北新幹線の高架に近い線でホキ800が2編成入線して内側の編成に宇都宮寄りから上野寄りへ順に積込み、8両編成の7両目が積込み作業中。思い通りに撮影を楽しみ、次はCOSCOの40フィートコンテナをトラックに積む所を撮影し、リーチスタッカーが手際良く積む様子を収めてから今回お目当ての大物車の撮影です。
←宇都宮 シキ1002+551+559(東・宇都宮タ)+ヨ8404(東ウタ)+シキ611(日通/小山)+ヨ8402(東ウタ)+シキ1001+1000+552(東・宇都宮タ)+ヨ8629(東ウタ)

 さすがにマスターは最近、オイルターミナルで再び黒塗りの車が結構移っているの近い所を奥の方からタキ43335、タキ43217[5584列車連結]、タキ44518[5584列車のトリコ]といずれも倉賀野常備(旧JOT/根岸)の車です。タキ1000でラインが消えて青一色に変わった車で405、379(共に宇都宮タ常備)と確認しました。

 続いて停車中のコキ200を撮影し、両側の車(100番はNRSのISOタンク、136番は空車)以外は40フィートのコンテナを積載。アメリカの大陸横断鉄道では二段積みのダブルスタックが迫力ありますが、こちらは車長の短さから東南アジアの貨物列車の様な雰囲気が出ています。午後出発する東京タ行きの5586列車に連結されるもので後程引率した助役さんから「ご存知ですね」と言われてしまい、大宮周辺の調査や遠征で宇都宮線や高崎線の沿線を訪れる機会が多く、良くこのブログでも報告が登場します。
←大宮 コキ200-136+103+150+86+117+53+64+100

 コンテナをザッと見ると西濃運輸のUC5(紺色の4047)、U30B(水色)、関東西濃運輸のU30B、UM13A、ヤマト運輸UV47A(ベージュ)、UV50A(グリーン)、UV52A(グレー)、日通U47A-38000、全通U47A-38000、日本フレートライナーU48A、U30A、芳賀通運UM12A-5000(さいたま新都心のロゴ消去)、JOTUM13A-8000、UT11A-5000、中部鋼鈑・日通UM16A、大同特殊鋼UM14A、八戸通運UM13A、旭化成UH20A、JOT・住友化学UH20Bとあり、ご当地の名物コンテナである日産自動車のカーパック(U38A、U41A-9500、ゼロ/宇都宮ターミナル運輸所有)と一ケ所に集められて温存中でさすがにナンバー、位置とメモに骨が折れそう。

57番線)←宇都宮 コキ104-448+1998+1291(全検20-6-30小倉車)+1385+1693+106-638+104-2358+106-77(全検19-8-25川崎車)+883+104-1006+2144+2443

54番線)←宇都宮 コキ250387+51541+251101+51869(3078列車で宮城野から到着)+51033+51290+50330[名古屋タ行き]

53番線)←宇都宮 タキ38105+38034+38132+38017+38072+38082+38117+38010+38029
※夏場らしくタキ38000の保留車が入線しています。大宮方の4両は4月に確認した時と同じ順序でした。

 ここまで終わると今度は日本オイルターミナルの営業所へ移り、郡山から転任したばかりで東北訛りの大人しい口調をした所長さんの案内で最初は取卸し線のピットへ行き、油種や元売り(エッソ・モービル・ゼネラル、コスモ・JOMO・昭和シェル)別のラインと複雑に絡み合ってこれも撮っておけばと後悔。何故危険物を扱う場所なので部外者の事故は怖いものですから団体行動で。

 左手(宇都宮線方)のピットに登り、タキ1000-460の上に登るものの、マスターはパス。下で邪魔にならない範囲で編成を見たいのが本音で入線順序が左手はタキ43600+1000-460+43602+1000-379+3両、右手はタキ43514+43164+43472+44193+2両と時間帯から5585列車〜5586列車での輸送分です。続いてタンク群へ案内されて3号軽油用の10号タンクに登り、頂部での撮影を楽しみ、ビルに直すと5〜6階建ての高さに匹敵しますが、高い建築物が見当たらず(目立ってもJTの倉庫くらいしか見られません)このタンク群が目立ちます。下に降りて点検中の別のタンク内部を外からご披露。裏話を土産話に最初は午後まで掛かる見学会も空模様を気にしてかお昼前で一先ずお開き。このまま我々は駅本屋の会議室に戻ってランチタイム。13時を回ると説明して頂いた助役さんから簡単な概要を缶入りのお〜いお茶を頂きながら耳を傾けてこちらからのお土産を渡して13時半過ぎに散会。石橋駅までは歩いて20分弱。門前の撮影から周辺のコンテナの撮影を楽しみながら牧場あり、田圃ありの風景を見ながら線路側に目を向けるとEF210が牽く5683列車が到着。石橋駅近くになるときれいに整地された新興住宅地で田畑を転用したのかJAが関与しているのも伺えます。

 14時を少し回った頃に石橋駅に着き、電車を一本待って丁度、2番線を札幌タ→隅田川の3054列車(EH500-34+コキ104×20)が通過し、ホームに降りて今度は郡山→川崎貨物の1074列車が通過すると矢羽根模様の車に混じり、宇都宮タ常備の青一色も2両混じって倉賀野行きの列車と違って混色編成が時折見られます。
←川崎貨物 EF210-122+タキ1000-722+725+676■+713+702+735+745+396■

 石橋から14時25分発の上野行き(632M、クハE231-6026×10+8020×5/宮ヤマU526+U57編成)で大宮まで乗ります。基本の8号車に乗り、下り線側3名、外側2名の順で腰掛け、車内でも歓談を楽しみ、朝は寂しかった小山車両センターの構内も昼寝のE231系が埋めた様子を見て小山の貨物発着線、日本製粉の跡地と隣に座ったK氏(杉並在住)相手に昔話を語らい、途中では野木から古河間で田端操→小牛田の3075列車、根岸→宇都宮タの4091列車と14時頃に大宮を出た列車に擦れ違い、この辺りから日の照り返しが眩しくなり、栗橋では東武直通のお立ち台の脇に止まり、久喜から新白岡の間でEF66牽引の東京タ→宇都宮タの4093列車に擦れ違い、大宮ではマスターと上尾在住のK氏と下車。

 末筆になりましたが、JR貨物の広報さん、オイルターミナル含めて宇都宮貨物ターミナル駅の関係の皆さんには大変お世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

 ブログの内容の続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

H20.06.13 大宮周辺&鉄道博物館

 八王子から中央線の快速電車で西国分寺まで乗り、日野で『なごみ』ことE655系に擦れ違い、今日携えたノートを見返すと4月30日は小山で偶然見たなと思い出し、西国分寺から武蔵浦和は京葉線経由の東京行き(1065E、クハ205-14×8/千ケヨM32編成)に乗車。平日の午前中は長々乗っているかなと思ったら主要駅毎に入れ替わる状況で乗っている間、総合すると変に混まないので一安心。北朝霞も通り、明日からは東京メトロ最後の新線と言われる副都心線が開業し、ここから新宿、渋谷と一本で行ける様になり、お客さんの流れもどう変わるのか気になります。降りると乗った編成が両側が山手線、サハ205が埼京線、私が乗ったモハユニットが武蔵野線生え抜きのナンバーでラインの色を見ただけで同じ205系でも出自は様々。降りたところでナンバーの部分を撮ると旧番の393がうっすらと。武蔵浦和から大宮までは埼京線の各駅停車(1007K、クハ205-137×10/宮ハエ26編成、Tc-137にジョンソン&ジョンソンのラッピングあり)でこちらも各駅毎に少しずつ入れ替わりながら大宮駅に到着。

 大宮駅で降りると女性専用車のラッピングを確認してから6・7番線へ向かいます。今日は合間にオイルターミナルの専用列車の編成を見てGW前から見られる様になった黒塗りの移籍車チェックを行ないます。ところが、この頃に宇都宮タからの5582列車(川崎貨物行き)が到着するものの、戸塚付近での立入りの影響が宇都宮線や高崎線にも影響が及び、正午頃には4番線の宇都宮線→横須賀線、6番線の高崎線→東海道線と湘南新宿ラインの電車が並び、中には珍しい熊谷折返しの案内表示も。暫く待って定刻であれば11時半頃、大宮に到着する3086列車が45分程遅れて5番線で一休み。マスターも定刻通りなら20〜30分遅れていると判断し、ここで切り上げてニューシャトルのホームへ向かい、12時30分発の内宿行き(1151×6)で鉄道博物館へ向かいます。

 高崎線へ向かうタキ1000を連ねたオイル専用列車は定刻通りで続いて通過しました。
4073列車)←倉賀野 EH200-1+タキ1000-697+715+716+720+748+713+743+733+695+740
+739+726+717+752[重油専用]+693+737(OT/川崎貨物◎)

3093列車)←岡部 EH200-14+タキ1000-8+121E+130E+43+574+787+792+785+237E+688
+586+191E+220E+270E+358+435E+29E+779+785

 鉄道博物館の見学は開館一ヶ月後以来。今回、中央線ものがたり展を中心に見て高校から電車通学だったマスターにとってここ20年はお手の物。少し前の様子でも覚えている事柄が多く、実際使われたものや資料、HOゲージの模型と展示。色分けしたシートは懐かしく良く乗ったものです。数年前の正月に購入した大正出版の本で紹介された写真がパネルに紹介されてこちらは勉強の範囲と位置付けています。入口に飾られた201系の正面は方向幕が15分毎に変わる仕組みで東京駅のホーム移設時に工事時間の確保で終電を神田止まりにした方向幕も登場。隣の部屋ではポスター展が行なわれ、大正時代の生活必需品の運賃例のものがあり、鉄道が国内の貨物輸送が幅を効かせた時代ならではのもの。5年程前に部会主催で見学会を実施した宅扱のものが展示されなかったのは残念でした。ラーニングゾーンに足を延ばして車体長を短縮したクハ103を見学。再び2階へ戻り、一回りしてから昼食。前後に倉賀野からの4070列車(オール青一色のタキ1000)、川崎車両所の試運転車を連ねた6795列車(タンク車は東邦亜鉛のタキ15600×2、JOTのタキ43368、タキ243823と連結)が通過。後半は1階の展示車両を中心に見学して14時半まで過ごしました。中学校の遠足の一団に紛れて駆け足で見たものの、相変わらず親子連れを中心に賑わっています。

 ニューシャトル(鉄道博物館14:39発、1111×6)で大宮駅に戻り、一休みしている間にED75 1015(更新色/裾帯入り)と愛知区から回送されたDD51 899が到着。修学旅行シーズンを手伝って183系の10両編成も参上。

○1074列車…いつもはスーパーオイルエクスプレス色の車が連なる所、珍しく青一色の車が混じりました。
←川崎貨物(浮島町) EF210-136+タキ1000-705+738+703+671■+750(OT/川崎貨物◎、■=OT/宇都宮タ)

○5881列車…OT所有車でこの所黒塗りの移籍車が見られる様になったので鉄道博物館の見学後はこちらをメインに過ごしました。最初、タキ243000(タキ43000の44t積み車)が中心に入ったかなと思いきや、OT所有車やタキ1000が入り、最近、南松本向けの2081/2080列車が短いと思ったらこちらへ回されて驚きました。
△倉賀野
EF65 1037[JRF色]
タキ44020   OT/倉賀野 全検15-9-5川崎車(21-5-7切)※
タキ44006   OT/西上田
タキ44156   OT/宇都宮タ
タキ43150   OT/西上田
タキ43238   OT/南松本
タキ1000-272 JOT/郡山 無
タキ43347   OT/西上田
タキ43132   OT/郡山
タキ43462   OT/郡山●(旧JOT/郡山) 常)浜五井
タキ1000-404 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-822 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ1000-817 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ1000-820 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ1000-366 JOT/郡山
※タキ44020の期限延長:20-12-25(いずれも熊タ派H18-7/40日)→21-1-19(H19-3/35日)→21-3-7(H19-7/47日)→21-5-7(H19-10/61日)

 大宮からさいたま新都心は15時40分発の上野行き(634M、クハE231-6035×10/宮ヤマU535編成)で向かい、この間にEF210牽引の5561列車(根岸→宇都宮タ)に擦れ違い。

○5763列車…元々浮島町発で組成された列車ですが前方を見ると根岸に居るタンク車が連なり、5561列車と間違えたかなと思って先頭の車票を思わずチェック。倉賀野向けで2列車の設定してもおかしく無い所、一本臨時化されてどの様に送るのだろうと思ったら昨春のダイヤ改正で浮島町発着はタキ1000中心に移り、余裕が生じたこの列車に根岸発が回った様子で旧5761〜5780列車の往復がそっくり移った格好です。従って浮島町発は編成の1/3でここでも黒塗りを1両発見。このタキ43445は前回の全検入場(H17.9)の際に青から黒塗りに塗り変わりJOT青塗り、OT黒塗りと逆を行った経歴を持つ車となります。
△倉賀野
EF210−119
タキ43547   JOT/郡山 ↑根岸発 トケ
タキ1000-836 JOT/根岸 新製19-11-9日車、自重17.2t
タキ1000-763 JOT/根岸
タキ1000-438 JOT[E]/根岸
タキ1000- 52 JOT/郡山
タキ1000-771 JOT/根岸
タキ1000-351 JOT[E]/郡山
タキ43499   JOT/郡山
タキ1000-231 JOT[E]/郡山
タキ1000-794 JOT/根岸
タキ1000-590 JOT/根岸
タキ1000- 18 JOT/郡山 ↓
タキ43210   OT/倉賀野
タキ43445   OT/倉賀野●(旧JOT/根岸)
タキ43381   OT/倉賀野
タキ1000-393 OT/宇都宮タ 無
タキ43405   OT/倉賀野
タキ43165   OT/倉賀野
*5763/5762列車の根岸発着:根岸→5166列車→川崎貨物→5763列車→倉賀野/倉賀野→5762列車→川崎貨物→5681列車→根岸

 この時間、『東邦号』の5781列車(泉→安中)が現れるものの、乗務員の乗り継ぎを大宮に変更したのでしょうか大宮操はスルーしてしまい、EF81 91牽引、タキ15600×11+トキ25000×5の編成。

○5593列車…いつものコンテナ車に加えて前2両はシキ550の連結。コンテナでは西濃運輸のUC7&U30Bが同じ色が揃った珍しい姿やU47Aのウイングルーフ(日通のエコライナー31が黄緑色になったものでヤマト運輸のものがこの列車でお馴染みです)と積まれています。先頃売り出されたトミーテックのトラックコレクションにある全国通運のトラックに積まれていたものと似通ったものです。
←宇都宮タ EF65 1060[JRF色]+シキ551+559(東/川島)+コキ104-2785+793+620+21(全検20-2-13輪西派)+2778+2811+2133+1781[隅田川発]+348[越谷タ→隅田川の交検車]
※コキ104-21は西濃運輸UC7-10871,U30B-14,U30B-6(いずれもベージュ+紺帯)、コキ104-2778にUM12A-5181(JRFリース)、U47A-38126(ヤマト運輸)積載

○8972〜8685列車…一通り見終えて落ち着いた所で改札を出て大宮方のベンチに腰を下ろしてノートの整理していた所、到着したので早速編成調査を行ないました。ここでも黒塗りのタキ43000を見付け、八王子常備と初顔合わせ。帯入りのタキ1000の並びもそろそろ見る機会が減って来るので合わせて収めました。
△宇都宮タ
EF65 1042[JRF色]
タキ44151   OT/郡山
タキ44173   OT/郡山
タキ1000-381 OT/宇都宮タ
タキ1000-461 OT/宇都宮タ■
タキ43412   OT/郡山
タキ43456   OT/宇都宮タ
タキ43028   OT/西上田
タキ43272   OT/八王子●(旧JOT/浜五井) 石油類)青地
タキ1000-371 OT/宇都宮タ
タキ43146   OT/西上田●(旧JOT/根岸) 石油類)青地
タキ43206   OT/郡山
タキ43383   OT/倉賀野
タキ43019   OT/南松本
タキ43157   OT/倉賀野●(旧JOT/根岸) 石油類)青地
タキ43472   OT/郡山
タキ43168   OT/南松本 石油類)黒地
タキ1000-672 OT/宇都宮タ■ 石油類)黒地

 この後は本来ならオイルのタンク車が入る5882〜8963列車(倉賀野〜越谷タ→千葉貨物)を見るとEF65 1063[JRF色]+EF210-135[無動]+コキ104×4+コキ50000×3の編成で編成内容から8963列車の分は空振りとなり、到着した『リゾートエクスプレスゆう』(水カツ)が入って暫くすると京浜東北線のホームへ。

 さいたま新都心から南浦和は16時30分発の大船行き(1635B、クハ209-41×10/宮ウラ40編成)に乗り、南浦和に着くと隣の2番線には出来立てホヤホヤのE233系の117編成(クハE233-1017×10)が鶴見行き(1673A)で入線。

 南浦和で武蔵野線に乗り換え、中央線の5463列車が着く頃まで八王子に着けば良いので一本待って16時54分発の府中本町行きまで待ちます。ちょうど待っていると西船橋方面で新三郷のららシティのラッピングが貼られたクハ205-60×8(千ケヨM21編成、全車が旧ヤテ60編成=山手線分の最終編成です)が到着。三井不動産のラッピングで船橋の海沿いにあるSCの『ららぽーと』と語感が似ているのでピンと来るのではと思われます。16時54分発の府中本町行き(1614E、クハ205-9×8/千ケヨM26編成)に乗り、明るい時間帯で窓越しで止まっているコンテナ車の様子を見て。座っているとスーツ姿の良い男がPSPで一心不乱に遊び、一丁前の社会人が最近では『コドナ』と揶揄したくなる人種が多くなって憂いていますが、鉄道博物館の見物客を見てもこう言った雰囲気を持つ者が多くなって辟易させられ、小学館の『サ○イ』を愛読する様なエスプリが効いた雰囲気ある人は最近とくと見られません。

 西国分寺から大月行き(1651T)で八王子まで乗り、到着が17時50分頃。予告通り間に合い、待合室の設置工事で誘導する警備員さんの姿を気にしながら調査や撮影を進みましたが、詳しい事はこちらをご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

H20.03.11 北関東近郊(その1)

 青春18きっぷを使い、高崎線や宇都宮線の沿線を見てから夜はそのまま北浦和で実施される埼玉サークルの例会に出席しました。

 西八王子6時36分発の快速は201系の担当で勇退間近とはいえこの18きっぷ遠征の序の口は二回続いて同じ編成に当たり、寝不足を補いつつ車内では居眠りし、国立ではEF210が牽く5481列車にすれ違い。

 西国分寺から7時05分発の西船橋行きで南浦和まで乗ります。下り線から見て新座タの構内が見える外側がお決まりの位置ですが、先客が多かったので上り線側に腰掛けます。ホームでは東浦和から新八柱まで濃霧で遅れたものの、更に私が乗った電車は北朝霞で線路内点検が発生して3分遅れて南浦和着。

 南浦和で時間調整をしてE233系の運用状況を確認する意味合いで時間調整して7時51分発の大宮行きでさいたま新都心へ。

 さいたま新都心では貨物列車は全然来ない時間帯と重なった為にE233系の撮影を楽しみ、日頃地元で行う事の延長線上で過ごし、最初宇都宮行き電車→アーバンで岡部へ行こうと思ったところ、宇都宮線が濃霧で遅れていることなので一本早い籠原行きの普通(さいたま新都心で5分遅れ)に飛び乗り、東北本線の3087列車は見られたものの、8175列車は涙を呑みました。

 もしもの事を考慮し、籠原まで先に進み、熊谷タの構内には日通のシキ801(後で6794列車に連結するかなと思ったら単機でハズレました)やDD51の姿を見て、籠原から予定通り『アーバン』高崎行きで岡部へ向かいます。

○5764列車…岡部発はタキ1000オンリーの15両編成。先月、848番を八王子で確認しましたが、849番とご対面。
△扇町
EF65 1042[JRF色]
タキ1000-604 JOT/根岸 ↑根岸行き 無
タキ1000-421 JOT[Er]/根岸 無 
タキ1000-249 JOT[Er]/郡山 石油類)黒地、トケ解除
タキ1000-495 JOT[Er]/根岸 無 
タキ1000-439 JOT/根岸 無
タキ1000- 17 JOT[Er]/郡山 石油類)青地
タキ1000- 18 JOT/郡山
タキ1000-251 JOT/郡山
タキ1000-849 JOT/根岸 新製19-11-2川重、自重17.2t
タキ1000-794 JOT/根岸
タキ1000- 31 JOT[Er]/郡山 A重
タキ1000- 47 JOT[Er]/郡山 (A重)
タキ1000-130 JOT[Er]/郡山 A重/石油類)黒地
タキ1000- 42 JOT[Er]/郡山 A重
タキ1000- 40 JOT[Er]/郡山 ↓ A重
三ケ尻→扇町)ホキ10096+10035+10099+10192+10169+10132+10233+10215+10237+10032+
10235+10023+10239+10193+10228+10238+10042+10093+10057+10090
(チチブセメント/武州原谷)

 岡部から10時22分発の上野行きで大宮へ向かいます。籠原を過ぎた所でDD51に擦れ違い、熊谷タ構内は予想以上にサッパリの印象で熊谷に差し掛かった頃に突然、携帯が鳴って車内で何なので大宮に着いてから改めて掛けることにして後は宮原辺りまで一休み。

 大宮で降りたところで慌てて携帯に掛けると鉄道友の会のメンバーだろうと思いきや、こちらも全く心当たりが無い所で相手先にいい加減なデータを使うなとつい一喝し、くれぐれも連絡先は正確にお書きください。これが一歩間違えたら相手が不愉快になり、取引でもご破算になる例もございます。このブログの内容も見た事そのままですので多少の見間違えは許容範囲のうちに含めておりますのでご安心下さい。

○8592列車…コンテナ車の空車回送ばかりで後方にコキ103・102の4両ユニット車が連結されるとさすがに目立ちます。
←隅田川 EF65 1039[JRF色]+コキ104-1118+2696+106-480(宇都宮タ発/交検車)+104-2576+693(越谷タ発/交検車)+250730(隅田川・宇都宮タ/試運転)+103-28+102-28+27+103-27(全検19-5-28川崎車/新潟タ発・回送)

○5562列車…いつも通りの編成内容で時期柄タキ38000が混結されています。
△川崎貨物
EF210-113
タキ44011    OT/倉賀野
タキ43015    OT/郡山
タキ44022    OT/西上田
タキ38121    JOT/郡山
タキ43407    OT/宇都宮タ
タキ44165    OT/倉賀野
タキ1000-458 OT/宇都宮タ■
タキ43582    OT/郡山
タキ38120    JOT/郡山
タキ1000-383 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ44191    OT/宇都宮タ
タキ43002    OT/西上田
タキ44190    OT/宇都宮タ 
タキ1000-403 OT/宇都宮タ

 ここまで見終えて大宮12時10分発の上野行きでさいたま新都心へ向かいます。

 さいたま新都心では5764列車と競争する格好で向かい、私が乗った電車が先着し、ドアの窓越しからメモしたホキ10000のナンバーも到着したところで改めて書き直しました。

○5772列車…6日に倉賀野で確認した時と同じ顔触れで機関車が違うだけでした。倉賀野で編成調査、新都心で撮影(後方数両だけですが)と役割分担。

○5683列車…後方はタキ38000が続き、そろそろこの編成もお仕舞いかな?と言った雰囲気です。未確認だったタキ44013を確認。
△宇都宮タ
EF210-110
タキ44152    OT/倉賀野
タキ44013    OT/倉賀野 全検19-4-6川崎車、自重16.4t
タキ44106    OT/郡山
タキ44183    OT/宇都宮タ
タキ1000-382 OT/宇都宮タ
タキ43411    OT/郡山
タキ38061    JOT/郡山
タキ43151    OT/西上田
タキ43354    OT/南松本
タキ43347    OT/西上田
タキ38067    JOT/郡山
タキ38106    JOT/郡山
タキ43033    OT/郡山
タキ38136    JOT/郡山
タキ38042    JOT/郡山
タキ38127    JOT/仙台北港

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

H19.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その1)

 大宮へ行く途中、西国分寺までは中央線に乗り、豊田ではこれから立川へ向かい、臨時快速の河口湖行きとして運用される201系『四季彩』が出発待ち。帰宅後に会員仲間のYさんが同じ頃、立川へ居られたとのお話を伺って驚きました。

 西国分寺から武蔵野線に乗り換えて3番線を宮城野→東京タの3072列車が通過し、EF200-6+EF65 1001[無動回送]+コキ50000×20(半数が空車で19両目に日通UM9A×3積載)の編成。9時2分発の東京行きで武蔵浦和まで乗車。205系はモハ205の5001番で武蔵野線の205系は山手線のE231系500番代の玉突きで改造・転入したグループが大多数でナンバーを示す通り最初2編成は253系200番代へ機器流用するため総武・中央緩行線用から転入したグループでドア窓のサイズが大きくなっています。一昨年(H16/2004)に京葉車両センターへ転属するまでは三鷹、豊田と八王子管内を離れませんでした。新座貨物ターミナル構内にコキ104×6(宇都宮タ行き4077列車の前方、前2両は西濃運輸で占めてコキ104-1342はUC7×2、U30B紺×1、コキ104-1763はU30B水×1、紺×1、UC7×1=カラーリングで形式を判別したので多少のズレはご容赦下さい)、3072列車で到着したコキ50000×10は最後尾(南浦和方)に日通UH6A×4と積載し、以前はよく八王子でも見掛けたコンテナでコキ5500が健在の頃は4個きれいに積まれた姿は良く私自身も見た事があります。

 武蔵浦和から埼京線の快速で大宮へ向かいます。いつもは車扱の列車、コンテナの列車と一緒に見ますが、季節柄石油類の列車の運転が活発な時期も手伝ってこちらを優先して編成調査しました。

○ 5761列車…普段通り根岸発+浮島町発の組み合わせでも前者は前2両だけと寂しい状況です。
△倉賀野
EH200−5
タキ43457   JOT/根岸 トケ
タキ1000-164 JOT[E]/郡山
タキ43392   OT/宇都宮タ ↑浮島町発
タキ1000-403 OT/宇都宮タ
タキ38113   JOT/郡山 ※社紋板直貼り
タキ43024   OT/倉賀野  ↓

○8565列車…こちらも根岸発と浮島町発の混結が当たり前ですが、浮島町発のみ9両編成と短めです。
△宇都宮タ
EF65 1121[前青プレート/旧:JR西日本]
タキ1000-406 OT/宇都宮タ
タキ1000-380 OT/宇都宮タ
タキ38051   JOT/郡山
タキ43181   OT/倉賀野
タキ43010   OT/西上田
タキ43285   OT/倉賀野
タキ1000-443 OT/倉賀野■
タキ1000- 94  OT/倉賀野■
タキ43151   OT/西上田

 20分程、11番線で編成調査を終えてから一度改札を出て、再びエキュート側から再入場。3・4番線で札幌タ→隅田川の8050列車を待つものの、年末の繁忙期は運転の確率は高い様子で2月は余り見られないご様子です。倉賀野→根岸の5760列車は10時50分頃に6番線を通過するとEF64 1018[更新色]+EF65 506[JRF色、無動力]+タキ1000-799+1000-689+43487+43400+43552+1000-578+1000-212………と編成を見ている間に4番線に『北斗星』4号が到着して調査が今一つになりましたが、帰りの電車で対の5777列車と北朝霞で擦れ違うと普段通りの20両編成で頑張っておりました。
 今度はエキュートの中のおにぎり屋で軽めの昼食を済ませて中を歩くと本屋さんの真向かいにはドイツからの輸入文具を扱うお店を覗いているとミシュランタイヤのビバンダムとエッソのオイルドロップのグッズが並んでいてオイルドロップのキーホルダー、チョコクランチ、ドロップと運ぶ方を見ているながら偶然の出会いはうれしいもの。目立つ電車はあまり見られず、大宮総合車両センターの構内にクハ189-8×6(東チタH61編成)、10時半頃に3番線で待避して上野へ向かい、11時半頃に『草津』83号としてクハ182-102×6(宮オオOM103編成)と国鉄時代のカラーリングに纏われた特急電車ぐらいしか見られませんでした。

○ 6794列車…全検出場や試運転のコキに混じり、シキ850が紛れておりました。
←東京タ EF65 1086[JRF色、赤プレート]+コキ104-2822(全検19-2-10川崎車)+52808(全検19-2-10川崎車)+200-16+シキ850C(日通/末広町)+コキ50392

○ 5562列車…12月に来た時と同様に9両編成の短い編成で来ました。牽引のEF210・113号機は平成15年の新製機でその年の『鉄道の日』きっぷを片手に回った際、倉賀野駅にて地元のT運輸の方が新車が来た事も手伝ってカメラ片手に見に来た所、ご相伴して撮影した事があり、最近は"撮り鉄"と言うと悪いイメージが根付くものの、地元の現場の方とご一緒は嬉しい面もあります。岡山から新鶴見へ転入したのは『トヨタロングパスエクスプレス』運転の関係です。
△川崎貨物
EF210−113
タキ43227   OT/倉賀野
タキ44019   OT/倉賀野 ※旧・南松本
タキ38066   JOT/郡山 全検14-4-16川崎車(20-7-30切)、自重17.1t 常)浜川崎 3F改 1)
タキ1000-387 OT/宇都宮タ
タキ43148   OT/西上田
タキ43629   OT/郡山 A重
タキ38082   JOT/仙台北港 全検16-4-28川崎車(22-11-9切)、自重17.0t 常)浜川崎 2)
タキ43643   OT/郡山 A重
タキ44017   OT/郡山
1)タキ38066の休車:千葉区H15-10/161日、H17-11/153日、隅田川区H18-10/157日
2)タキ38082の休車:塩浜派H17-1/199日、H17-12/204日、隅田川区H18-10/157日

 5562列車の編成を見てから高崎線の6番線へ向かいます。前には5764列車(岡部→扇町)が通過し、EF65 1049[JRF色]の牽引でホキ10000はいつもの20両ですが、タキ1000は10両編成と普段の凡そ半分と大変短くなり、上野方からタキ1000-235+629+198+147+691+419+188+594+117+118の順に連結。

 大宮からさいたま新都心へ12時18分発の上野行きで移動し、5764列車の後方を見ながら合間にSuicaを通してからOT専用列車を2列車来るので宇都宮タ行きの5683列車はしっかりまとめた次第です。

○8780列車…浮島町行きだけの8両編成で半数はタキ1000です。
△川崎貨物
EF64 1011[JRF色、冷房]
タキ1000-102 OT/倉賀野■
タキ1000-404 OT/宇都宮タ
タキ44112   OT/倉賀野
タキ1000-376 OT/宇都宮タ
タキ1000-447 OT/倉賀野■
タキ44106   OT/郡山
タキ38128   JOT/仙台北港
タキ43313   OT/西上田

○ 5683列車…午前中からこれまでは10両編成程度の短い編成が続きましたが、ここでやっと長い(と言っても中央線の最長列車と同じ17両編成)列車が来ました。後方はタキ43000が続き(タキ1000含めて少し前に八王子向けで入ったナンバーが多めでした)、新車のタキ1000が続々出場するものの、3月のダイヤ改正まではお預けの様子です。
△宇都宮タ
EF65 1095[JRF色]
タキ1000-386 OT/宇都宮タ
タキ43167   OT/西上田
タキ38017   JOT/郡山 全検17-7-27川崎車、自重17.6t 常)浜川崎
タキ38098   JOT/郡山 全検16-5-29川崎車(21-12-19切)、自重17.5t 常)根岸
タキ43600   OT/南松本 全検18-4-25川崎車、自重16.3t (A重)
タキ44021   OT/西上田
タキ1000-395 OT/宇都宮タ
タキ43253   OT/郡山
タキ1000-399 OT/宇都宮タ
タキ43383   OT/倉賀野
タキ43109   OT/西上田
タキ43494   OT/八王子 全検18-9-9川崎車、自重16.2t
タキ43421   OT/南松本
タキ43108   OT/倉賀野
タキ43245   OT/倉賀野
タキ43348   OT/西上田
タキ43213   OT/倉賀野 全検18-8-5川崎車、自重15.8t
※タキ38098の休車:塩浜派 H17-12/204日

 ここまで終わると6794列車に連結されたシキ850を慌てて撮影し、宇都宮行きの電車に飛び乗り、大宮駅へ戻ります。

○ 1070列車…『スーパーオイルエクスプレス』も愛称通り好調で頑張っています。JOT移籍車の1両だけが倉賀野常備以外は全て郡山常備と面白みは少し薄いかな?と言った印象です。
EF210−118
タキ1000-309 OT/郡山 ●
タキ1000-311 OT/郡山 ●
タキ1000-308 OT/郡山 ●
タキ1000-307 OT/郡山 ●
タキ1000-312 OT/郡山
タキ1000-321 OT/郡山
タキ1000- 12  OT/倉賀野■ 石油類)グレー
タキ1000-656 OT/郡山■
タキ1000-414 OT/郡山
タキ1000-410 OT/郡山
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000-657 OT/郡山■
タキ1000-317 OT/郡山
タキ1000-320 OT/郡山
タキ1000-322 OT/郡山
タキ1000-655 OT/郡山■

 ここまで終わると北側の改札を出て再びエキュート側の改札から改めて入り、13時14分発の京浜東北線で北浦和へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)