タキ15600

2012年3月 8日 (木)

H24.03.08 高崎周辺(その2)

 午前中の調査が終わると早速新幹線の乗換え口の脇にある駅弁の売店へ赴き、例によって遠征で来るときは名物の『だるま弁当』を頂き、Suicaで買いました。2番線では『草津』3号の到着を待って良く湘南電車の色の185系に出くわしますが、このほど157系(日光形)をイメージして特急電車のカラーに塗り替えた編成が出回り、何が来るかな?と待ち構えると予想通り、長野原草津口行きが湘南色のクハ185-206×7(宮オオom03編成)、新前橋行きが特急色のクハ185-214×7(宮オオom08編成)で折り返しの『草津』4号も同じ顔触れなので編成の調査の合間に余裕が出来るので倉賀野駅の2番線で撮れるかな?と期待を寄せ、初回から調子付いています。惜しいことに17日のダイヤ改正から165系時代からの慣わしだった吾妻線+水上行きの14両編成の特急も見られる機会が減り、16日までにどの程度出足があるのか気になります。この前後で0番線から下仁田へ向かう上信電鉄の204+304が出発し、4番線の自動販売機で『朝の茶事』のホットを買い、待合室のベンチに腰掛けて少し早いお昼を頂きます。山菜の甘辛さがきついものの、あとは満足なり。食後はまず、4073列車で見る矢羽根色のタキ1000の様子を書き出し(結構、定期検査を早めに受けた車が多いので少々無駄になりますが………)、コンコースをブラリとしてから7・8番線で。この間は行き来する電車の様子をチェックして時折『普通列車両数表』のデータを頼りに高崎管内のローカル運用をまとめるとどう折り返すのかが疑問で2~6番線に入る運用は折り返し、7・8番線に到着する運用は入庫の傾向が高いようです。高崎管内ローカルの115系や107系、高崎線のE231系、211系と入れ替わり立ち替わりやって来ます。気になる編成は下記の通りで211系もこの間に1編成、ローカルの運用(両毛線)でやって来ました。空っ風が吹かなかったのは幸いでしたが、まだまだ寒い事もあって時間が出来ると待合室でネットブックを整理します。

・←クモハ107-103×2+101×2(高タカR3+R1編成):出庫→637M(前橋行き)〜634M
・クモハ211-3034×5(高タカA34編成、クモハWパンタ):446M〜453M

 高崎から12時59分発の上野行き(922M、クモハ211-3016×10/高タカC12編成)で倉賀野へ向かいます。前橋始発で10分停車。待っている間、最初は疎らでしたが段々出発に近付くとスーツ姿の若者が多く、倉賀野でドッと降りたので察するに大学か専門学校の修了式か何かの集まりと言った様子のスーツ登校で東京近辺だったら一瞬就活セミナーの学生かなと言った感じの面々です。余談はさておき、機関区構内はEH200やEF510(500番代)、EF210の姿を見ました。

 倉賀野では後方に乗ったのでこのまま4073列車の到着を待ちます。高崎操の構内に目を向けると先程のEF510が参上して前はEH200やEF65が担当した2082列車の牽引なのでは?と後のお楽しみに。

○4073列車…矢羽根色のタキ1000もすっかり編成の半数以下になり、全検出場の確認も1月に来た時に見ているので短時間で入れ替えられるので今回この点では助かり、昨年来編成の顔触れも川崎貨物常備車オンリーから2〜3両、A重油の積載車が混じるパターンが定着しました。

EF64 1039[更新色、冷風]
タキ1000-705 ◎無
タキ1000-717 ◎無
タキ1000-741 全検23-10-24川崎車、自重17.2t
タキ1000-710 ◎
タキ1000-703 ◎
タキ1000-709 ◎
タキ1000-695 全検24-2-20川崎車、自重16.9t
タキ1000-745 全検23-11-30川崎車、自重17.3t
タキ1000-715 全検24-1-10川崎車、自重16.7t

タキ1000-447 OT/倉賀野 [車票]A重、石油類)黒地
タキ1000-696 [車票]全検23-8-19川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-704 ◎
タキ1000- 96 OT/倉賀野 黒油専用、常)郡山
タキ1000-747 全検23-11-17川崎車、自重17.3t
タキ1000-729 ◎無
タキ1000-716 全検23-8-11川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-752 全検23-8-10川崎車、自重17.4t

タキ1000-310 OT/郡山 全検19-7-31郡山車(24-10-31切) 黒油専用、石油類)黒地
タキ1000-697 全検23-9-22川崎車、自重17.2t
タキ1000-742 ◎無
特記以外OT/川崎貨物(◎=矢羽根色)、太字=エコレールマーク入り初確認

 4073列車の進み具合で予定では一本遅い電車でスケジュールを組みましたが、繰り上げて13時37分発の上野行き(869M、クハE231-6018×10/宮ヤマU518編成)で高崎へ向かいます。高崎操では新潟タ→隅田川の2082列車が止まって牽引機にEF510-514が入って驚き、新年会で来た時も機関区に入庫した様子が見えて以前ならマニ50の配給列車だなとピンと来たものの、貨物列車ならどの列車かなと見当がつかずこの列車と言う事が判明し、3月の貨物時刻表で新鶴見のEF65が担当する所が大震災の影響(根岸発〜東北向けや常磐線経由の経由変更)で変更が出たのではと感じ取れます。ドアの前に立ちながら高崎駅の2番線に到着。

 高崎駅に着くと駅員さんが居る窓口から出て東口の方へ向かい、E-siteの2階にあるお土産物のコーナーを覗きます。いつもなら1階に下りてスターバックスで一杯頂くのですが、カードのチャージを行わなかったので今日は別のお店に行き、この時期なら焼きまんじゅうでおやつを頂きたいのですが、小さめのフードコートはたこ焼きや焼そばしか見当たらず、伊香保グリーン牧場のミルクを使ったソフトクリームが美味しそうだったのでカップ入りのバニラを頂きました。東京近辺でも内房のマザー牧場が良く見聞きするものの、ここも群馬県でも有名な観光スポットです。ここで4073列車の整理やネットブックのまとめを済ませ、またまた店内をぶらぶらして地酒(マスターは下戸なので小瓶やミニカップサイズが最大です)や拘りのお茶屋さん、餃子やハムが美味しそうです。何と言っても上州は麺どころなのでうどんも欠かせません。

 14時半を回る頃に再び改札に入って2・4番線へ。最初は211系の上野行きで行こうと思いましたが、日頃の慣れか八高線のキハ110トリプルが入るのを見計らって3番線へ向かいます。出発の前後には7番線から入庫するクモハ115-1065×4(高タカT1159編成)や北陸行きの7071列車はEH200-2+コキ106・107×8+コキ100〜103の4両ユニット×12とやって来ます。115系のT1159編成と言うと中央東線で唯一、新製配置された1000番代で最初は身延線の間合いで運用していた塩山〜韮崎の甲府ローカルの置換え用と言われ、近年東海道線で東日本と東海の境界部分で運用を持ち替える例がダイヤ改正の度行われておりますが(一番新しい所では373系の東京直通中止やE231系の御殿場線乗り入れ中止が今度のダイヤ改正で行われます)、今思うとこれを30年も前に行っていた事になります。

 倉賀野詣でもここで最終回。4番線から1線置いてコンテナの3096列車が控えて見ている最中に横切る客が居たものの、マスター自体取材なので遮る様な歩き方は避けて下さい。

○3096列車…前方=コキ106・107のグレー塗り、後方=コキ104のブルー塗りと明確な編成ですが、コキ106にはジャスト1000番とご対面。熊谷タ発の分にはU51A-39593(濃飛運輸倉庫/パナソニック)が積載。
△新座タ
EF210−3
コキ106- 621
コキ106- 838
コキ106-1000 全検23-11-14川崎車 2個目にJOT UR19A-15200(防水対策)積載
コキ107- 179 新製22-1-13川重
コキ106-1152
コキ104- 979 全検22-8-5広島車(丸コロ)
コキ104-1918 全検24-1-23川崎車
コキ104- 638
コキ104-2553 全検23-9-27小倉車

○3095列車…タキ1000オンリーの列車ですが、誘導員さんの立ち位置が階段の脇だったのでこりゃ編成が短いなと勘付き、現車7両(全車甲子発)で到着。

EF65 1101[JRF色]
タキ1000-411 OT/郡山 全検20-7-12川崎車(25-9-4切)
タキ1000-379 OT/宇都宮タ 全検20-6-14川崎車(25-8-8切) 常)郡山
タキ1000-672 OT/宇都宮タ 全検22-10-25川崎車(27-12-19切)、自重17.1t
タキ1000-416 OT/郡山 全検20-9-13川崎車(25-9-26切) 石油類)黒地
タキ1000-304 OT/盛岡タ 全検19-11-16郡山車(25-1-10切) 石油類)黒地
タキ1000-381 OT/宇都宮タ 全検20-8-23川崎車(25-9-5切) 常)郡山
タキ1000-389 OT/宇都宮タ 全検20-7-19川崎車(25-8-1切) 石油類)黒地

 続いて5775列車が入線するのかホームを移動する誘導員さんに話し掛けられ、最後の5881列車は10分程遅れている事を教えて頂いてお忍びながら励まして頂きましてこの場をお借りしてお礼申し上げます。

○5775列車…いつもの様に隅田川+越谷タ発のコンテナ車の他交番検査出場のコキ106+タキ1000が3両連結。

EF66 113
コキ50502 ↑隅田川発
コキ50344 3個目にW19D-3920積載
コキ51316 ↓
コキ106- 663 ↑越谷タ発
コキ104-1641
コキ106- 765 全検23-3-9輪西派
コキ104-1951
コキ107- 143 ↓ [空車]
コキ106- 158 全検20-1-8川崎車
タキ1000-453 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 全検22-9-17川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-102 OT/倉賀野 黒油専用、石油類)黒地

 焼島行きの2085列車は次の編成でコキ50000の車号は端折りましたのでこの点ご容赦下さい。
←EF64 1044[更新色、冷風]+EF64 1028[更新色、冷風]+コキ103-106+102-106+105+103-105+コキ50000×5+コキ103-172+102-172+171+103-171+103-26+102-26+25+103-25

 この後は余裕が生じて1・2番線へ移動してお目当ての『草津』4号が通過するのを待ちます。ベンチの近く〜高崎方は高校生達が集っていた事もあって3番線が途切れる辺りで構える事にして入るなり2番線の先端辺りが気になったのか少しズームを落として特急色の前面はモードの影響か今一つの出来となりましたが、通常のモードに切り替えて2〜3コマ撮ると後追いながら良い仕上がりになりました。これから14両編成で運転する機会が減るので17日以降は『あかぎ』1号と平日の4号でないと見られません。再び3・4番線に戻ってベンチに腰掛けながら準備すると下り電車が5分程遅れているアナウンスが入り、ラストの5881列車の編成の長さが気になります。

○5881列車…10分程遅れての到着となりましたが、震災後は本来の浜五井発に加えて甲子発も普通に連結される様になり、浜五井×5+甲子×6の短い編成で到着して浜五井発はJOT所有のタキ1000、タキ43000(44t)、タキ38000(1両は旧米軍用)、甲子発はOTタキ43000ばかりの編成で青塗りは少し前に地元で見た番号ばかりでマスターもこの所サボっているなとバレています。

EF210−112
タキ243712  JOT/郡山 全検19-6-29川崎車(24-10-9切) 石油類)黒地
タキ 38053  JOT[旧米軍]/郡山 全検21-1-19名古屋車、自重17.0t ○
タキ1000-457 JOT/根岸
タキ1000-887 JOT/根岸 無
タキ 38033  JOT/郡山 全検20-6-27川崎車(26-5-21切)、自重17.5t
タキ43626 OT/倉賀野●
タキ43552 OT/宇都宮タ 全検23-9-21川崎車、自重16.3t
タキ43632 OT/倉賀野● 全検19-4-18川崎車(24-7-19切)
タキ43499 OT/八王子 全検23-9-20川崎車、自重16.0t
タキ43545 OT/宇都宮タ 全検23-6-23川崎車、自重15.6t
タキ43613 OT/宇都宮タ●
○=タキ38000の3F改形制輪子装着、●=タキ43000の黒塗り

 倉賀野から16時52分発の上野行き(954M、←クハE231-6025×10+8026×5[籠原発]/宮ヤマU525+U66編成)で大宮まで乗ります。乗ると早速5881列車のノートまとめ、ネットブックでタンク車の表の整理を行います。倉賀野時点では余裕タップリの乗りで県境前後で少しずつ学校帰りの一団も乗って来て意外と乗車区間は短い(群馬・埼玉の県境から乗っても大半が熊谷までで下車です)お客さんが多く、途中も乗りが疎らでも桶川や上尾を過ぎると少しずつ乗って大宮に近付くとほぼ満席になる状況です。途中、神保原では安中行きの5781列車(EF510-501+東邦亜鉛タキ1200-8+タキ15600×11+トキ25000×6)に擦れ違い、新鋭タキ1200に『北斗星』カラーの東日本版レッドサンダーと名物列車の新味が揃い、あと少しとなった岡部からの根岸行きは2番線で一休み。籠原から高崎方に5両編成を連結。

3092列車編成:←根岸 EH200-3+タキ1000-633503+595+268+201+354+360+235+293+51+198+120+47  =ENEOSマークなし

 籠原を過ぎると熊谷タの様子を見て倉賀野で見た3096列車や隅田川からの2073列車が止まっている様子を見ると今日は岡山更新色(広島車両所で施行した更新機)のEF64 1047が担当。熊谷の手前で秩父へ向かう1000系(1001×3[スカイブルー]=1547レ)に擦れ違い、後は乗りが中途半端だったのかウトウト出来ず時折目を瞑る格好で過ごし、途中行田〜吹上で5763列車のEF210-100+JOTタキ1000[根岸発]+OTタキ43000&JOTタキ38000[浮島町発]と浜川崎発があった頃は長編成がザラでしたが、両者とも5〜6両の計10両そこそこと最長23両から見ると少ない様子で北本では東京タ→秋田貨物の2091列車に擦れ違い、昨年製作されたばかりのJOT UR17A-70000を発見。鉄道博物館の建物が見えると降りる支度をして大宮駅の6番線に到着します。

 大宮で降りると直後に先程熊谷タに止まっていた新座タ行き3096列車が通過する様子を見てからエキュートのお手洗いで用を足してから3・4番線へ。今度は仙台貨物→大阪タの4088列車(EF66 119+コキ104・106・107×24、私有コンテナではサンノプコUT11A-5099、関西化成品輸送UT7C-5000、ランテックUF43A、JOT ISOタンクなど積載)の通過を見てから自販機でWANDAモーニングショットを買って3番線に『むさしの』号が入るものの、この前に上野行き(658M)が入り、出発すると並んで準備をします。

 大宮から八王子は18時47分発の『むさしの』に乗ります。埼玉サークルのロングラン例会で出掛けた日は209系の担当でしたが、対でまたまた209系に当たりました(クハ209-513×8/千ケヨM71編成)。乗るなり、ネットブックでブログの前半を少しずつ準備し、出発の15分前に入線してお客さんが乗る度、矢鱈ミシミシするなと思ったらサハ209だったので私自身「こりゃ、随分軽量化しているな」と居ながら感じさせ、大宮駅を出発。東北線の貨物線から武蔵野線への短絡線を経てゆっくりした足取りで武蔵野線の上り線に入り、北朝霞では横浜羽沢→金沢タの2075列車に擦れ違い、日産化学の液化アンモニア専用UT10Cを2両分積載していつもながら速星行きのコンテナを探すのも密かな楽しみで中央線への短絡線へ入る手前で下書きも終わり、またまたゆっくりした足取りで国立へ向かうと地下線の途中で赤信号。中央線の下り線に入るとダッシュして立川では5番線に止まっている電車からのお客さんを拾うと隣の8番線には同じ209系でも京浜東北線から南武線へ転じた2200番代が停車中。日野の待避線で根岸行きのタキ1000を見て豊田の車両センターが見えると降りる支度をして八王子駅の3番線に到着。

 八王子で降りると乗った番号や209系をデジカメに収めて駅員さんが居る窓口から出て工事ももうすぐ出来上がるので高崎駅みたいなガラス張りになるなと予想し、この所行き付けの西八王子のコンビニが改装工事で10日程お休みになっているのでNEW DAYSで夜食のおにぎり+伊右衛門を仕入れてこのまま、サザンスカイタワーのスターバックスで休もうかなと思ったら時間的にも中途半端になるのでこのまま南口のバス乗り場から20時09分発の法政大行きのバスに乗り、下車状況で降りるバス停が変わりますが、いつも通り16号を超えて富士森公園辺りまでそこそこ降りて幸い、拙宅の真上にあるバス停は誰一人降りるお客さんが居なかったのでここで降りて今日は夜食もゲット(レジ袋は高崎の駅弁屋さんのものをそのまま使いました)しているので後はここから自宅へ帰るだけで倉賀野も幸い、撮り鉄も殆ど見られず(居ても185系目当てでは?)、お天気も悪くなく、空っ風に吹かれる事無く初回から幸先調子付いてこの春遠征は昨年とは違ってパーフェクト間違えありませんのでご期待下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

H22.08.24 北関東近郊(その2)

 ここまで来ると昼休みで電車から降りると7番線には長岡のEF81 140が参上して何の電車のお迎えか気になる所で首都圏では珍しいヒサシ付きの顔が印象的です。それから3・4番線へ行くと1070列車の到着を待つと詰所で控えていた運転士さん達がゾロゾロと出て来ました。

○1070列車…いつもの顔触れで黒油=93〜97番の連番でかつての根岸〜宇都宮タの列車の編成を思わせる格好で未確認だった96番が連結されて遅ばせながら全車揃い、白油=宇都宮タ常備の前半&郡山常備車と全てH10新製車の顔触れでKATOのエコレールマーク入りでプリントされた416番とご対面。
△蘇我(浜五井)
EF210−132
タキ1000- 95 OT/倉賀野 ●、◇
タキ1000- 93 OT/倉賀野 ●、◇
タキ1000- 97 OT/倉賀野 ●、◇
タキ1000- 94 OT/倉賀野 ●、◇
タキ1000- 96 OT/倉賀野 全検21-4-14川崎車、自重17.0t ●
タキ1000-375 OT/宇都宮タ ◇
タキ1000-414 OT/郡山 石油類)黒地
タキ1000-374 OT/宇都宮タ
タキ1000-376 OT/宇都宮タ
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000-380 OT/宇都宮タ
タキ1000-417 OT/郡山
タキ1000-416 OT/郡山
タキ1000-410 OT/郡山
タキ1000-378 OT/宇都宮タ ◇、石油類)黒地
タキ1000-379 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-381 OT/宇都宮タ
●=黒油専用、◇=郡山臨時常備

 1070列車のチェックを終えてお昼の駅弁をエキュートの旨囲門で品定め。ベビーカー片手の若いママさんがモタモタしたので少々苛つきましたが(プロドライバーが高速道路でサンデードライバーのマイカーを威嚇する格好みたいと思って頂ければ分かります)、この中で選んだのは仙台駅の『うなぎまぶし』です。暑い時期でスタミナが付くものと言う事で昨今のお寒いお昼代事情からすると高いものの、1,000円は安い。『朝の茶事』を買って3番線のベンチに腰掛けて頂きます。すると京葉線の205系(クハ205-115×8/千ケヨ8→81編成)が参上。最初は総合車両センターを出場した編成だろうと思ったら武蔵野線〜京葉線直通の増強用にあてがわれたもので京葉線もここでE233系の置き換えが始まって現有車の有効活用(お下がり)も面が出ています。余談はさておき、仙台駅の駅弁で古い時刻表の復刻版を見ると『うなぎめし』がラインナップされていつの頃から販売中止になってこれが形を変えて復活した事になります。刻んだウナギに錦糸卵が綺麗に盛り付けられています。暇を見るとノートの整理を片付け、タキ1000が続くと楽なのですが、細々と書くマスター、意外と時間を喰うのですよ。

 大宮から再びさいたま新都心は13時41分発の上野行き(598M、クハE231-6009×10/宮ヤマU509編成)に乗ります。高崎線発着はかなり乱れているものの、宇都宮線発着は幸い、定時運行です。

 さいたま新都心で降りた所で川崎車両所や塩浜派出からの試運転列車である6795列車が通過。EF66 28[更新色、冷風]の牽引、コキ104やトキ25000、タキ1000と連結されてタキ1000は根岸の497番、仙台北港の548番、郡山常備(塩浜配備)の144番とさながらタキ1000の交流戦と言った顔触れです。

○4091列車…根岸発→宇都宮タの先発便は一杯の20両編成で到着。ここでも今年に入ってからの全検出場車を2両(+1両は昨秋に入場した118番)キャッチ。
△宇都宮タ
EF210−130
タキ1000-118 JOT[E]/郡山 全検21-11-11川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000- 48 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-129 JOT[E]/郡山 全検22-4-20川崎車、自重16.7t A重
タキ1000- 38 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-837 JOT[E]/根岸
タキ1000-878 JOT/根岸
タキ1000-465 JOT[E]/根岸 全検22-4-26川崎車、自重16.9t
タキ1000- 18 JOT[E]/郡山
タキ1000-866 JOT/根岸
タキ1000-354 JOT[E]/郡山
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 ○
タキ1000-287 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-579 JOT/根岸 無
タキ1000-290 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-575 JOT/根岸 無
タキ1000-585 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-572 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-512 JOT[Es]/根岸 無
タキ1000- 58 JOT[E]/郡山
○=制輪子性能向上車

 4091列車のページの整理を片付けると今度は京葉臨海から倉賀野行きの3091列車をチェックします。

○3091列車…この間の高崎行きでは京葉線の強風で遅れて空振りになりましたが、オール甲子発のタキ1000ばかりの編成で短い9両編成で到着。オリジナル色ゆえ後で大宮駅の11番線では撮り鉄が群がっておりました。
△倉賀野
EF65 1072[冷風]
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-406 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-395 OT/宇都宮タ 無○
タキ1000-383 OT/宇都宮タ 無黒
タキ1000-394 OT/宇都宮タ 無○
タキ1000-666 OT/倉賀野 無
タキ1000-648 OT/倉賀野 全検21-8-1川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-674 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-403 OT/宇都宮タ 無○
○=制輪子性能向上車

 さいたま新都心から大宮は14時20分発の前橋行き(883M、定刻は13:53発、クモハ211-3047×10/高タカC15編成)に乗ります。遅れも30分程とだいぶ回復したものの、この分だと終日響く様でエラい事ですが、旅客線を前橋行き、貨物線を前述の3091列車と並走する格好で大宮へ向かいます。

 大宮で降りると先程の3091列車を待ち受ける格好でホームに降りてゆっくりとした足取りで10番線に入ると停車せず、流す様な走りっぷりで通過し、以前であれば時間調整をするのですが、大宮操の停車に集約した様子が感じ取れます。6・7番線に移ってベンチに腰掛けてネットブックを拡げて一仕事。

 この間で東京タ→宇都宮タの4093列車が通過するとEF210-129牽引で目立つコンテナは八戸通運(旧日立金属)のUM13A-20、67、DICロジスティックスの20フィートコンテナと積まれ、6番線に居たので前は大宮操で時間調整したオイルターミナルの5586列車を見ると4番線を通過する格好になって編成はサブ的存在でしょうか相変わらず短編成です。

○5586列車の編成
←川崎貨物(浮島町) EF64 1011[更新色、冷風]+タキ43349+43027+43330+43570●+43022+43625●×
●=黒塗り、×=エコレールマーク無し

 大宮からさいたま新都心へ15時1分発の宇都宮線からの上野行き(クハE231-6034×10+8021×5/宮ウラU534+U58編成)に乗ります。一駅なのでドアの前に立ち、下り列車が止まる位置に合わせて後方の付属編成に乗ります。

 さいたま新都心でのこの調査が今回の遠征ではここでフィニッシュ。丁度宇都宮タ行きの5561列車が到着する頃合いに合わせて参上した事になります。

○5561列車…先発便の4091列車と揃えて来ると思ったらこちらは12両編成と短めの編成で到着し、ENEOSマークを見るとこの頃は社名の部分が無地の車が多くなりましたが、珍しく大半が残っていた編成でやって来て今では貴重(?)な存在です。
△根岸
EF210−164
タキ1000-793 JOT[E]/根岸
タキ1000-605 JOT[Es]/根岸 ○
タキ1000- 52 JOT[Es]/郡山
タキ1000-211 JOT[Es]/郡山 無
タキ1000-598 JOT[Es]/根岸 無
タキ1000-233 JOT[Es]/根岸 無黒
タキ1000-269 JOT[Es]/郡山 無
タキ1000-236 JOT[Es]/郡山 無
タキ1000-226 JOT[Es]/郡山 無
タキ1000-756 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-268 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-563 JOT/根岸
○=制輪子性能向上車

○5881列車…いつもながら賑やかな編成での到着で全検出場間もないオイルターミナルの車やタキ43000の44t積(こちらは地元で見られるものの、宵の内なので明るい時間帯の撮影は貴重です)とチェックを楽しみます。
△倉賀野
EF210−163
タキ243850  JOT/郡山
タキ243698  JOT/郡山
タキ243658  JOT/郡山●
タキ44124   OT/郡山 全検21-7-24川崎車、自重15.9t
タキ43528   OT/宇都宮タ●
タキ1000-404 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ44006   OT/西上田
タキ43611   OT/倉賀野●
タキ243695  JOT/郡山 全検17-8-4名古屋車(22-11-4切)、自重16.0t 無
タキ243685  JOT/郡山 無
タキ43324   JOT/根岸
タキ1000-673 OT/宇都宮タ 無
タキ243874  JOT/郡山 無
タキ243854  JOT/郡山
タキ1000- 66 JOT/郡山 石油類)黒地
タキ43381   OT/倉賀野 全検22-5-1川崎車、自重15.9t
タキ1000-822 JOT/浜五井
タキ243884  JOT/郡山 石油類)黒地、戻りバネ
タキ243858  JOT/郡山

 ここまで終わるとコンコースのBeck'sで一休み。アイスコーヒーのMサイズを頂き、この夏は埼玉や群馬と言った関東北部の内陸部の暑さは並大抵では無いと伝えられますが、寸分ながらも休まなくては。コンコースには開駅10周年の横断幕が掲げられてもうそんなに経ったのかなと思い、同じ年の春遠征の後半にも北関東行きを一回入れてそれから場所が幸いして宇都宮線や高崎線沿線の遠征や埼玉サークルの例会に出掛けるついでや鉄道博物館を見学した後にも取材するパターンが定着しました。

○5763列車…同じEF210が牽く5561列車の様子を伺いながら一番奥の線に入ります。根岸発はすっかり消えたと思ったタキ43000が混じって不思議と本筋の浮島町発は他の2列車に合わせたのかタキ1000が入る様になり、浜川崎発発は根岸発に似た顔触れで最後尾は8並びのタキ1000でどうもこの列車に入ると奥の方で分が悪いですね。
△倉賀野
EF210−117
タキ1000-794 JOT[Es]/根岸 ↑根岸発
タキ1000-692 JOT[E]/根岸 全検22-6-11川崎車、自重17.0t
タキ1000-500 JOT[E]/根岸 全検22-7-20川崎車、自重16.9t
タキ1000- 10 JOT/郡山
タキ1000-880 JOT/根岸
タキ1000-758 JOT[E]/根岸
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ43114   JOT/郡山
タキ1000-259 JOT[E]/郡山  ↓
タキ1000-456 OT/倉賀野 全検21-9-15川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-400 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-393 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-665 OT/倉賀野 無
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-276 JOT/郡山 ↑浜川崎発 無
タキ1000-280 JOT/郡山 無
タキ243828  JOT/郡山 無
タキ243821  JOT/郡山 無
タキ43278   JOT/郡山 トケ
タキ1000-888 JOT/根岸 ↓ 新製22-2-24日車、自重17.2t

 他の貨物列車の次の様な列車がやって来ました。

○8593列車…いつもの様に空車や試運転が目立つ列車ですが常連のヤマト運輸のU47Aは珍しく両側に12フィートコンテナを積んだ格好で積まれた様子が見られました。

←宇都宮タ EF65 1051[JRF色]+コキ104-2591+2386+106-535+107-46+104-1576+613+2155+1470+252420(隅田川→宇都宮タ→隅田川/試運転)
※コキ104-1576にヤマト運輸U47A-38181,38180、コキ104-613に19F-702,ヤマト運輸U47A-38223,JOT UF16A-217積載

○宇都宮タ行きの工臨…ホキ800の返送ですがDE11&DE10を田端から宇都宮の運転所へ回送するのでしょうか珍しくダブル回送でした。

←宇都宮 EF65 1106+DE11 1043+DE10 1704+ホキ1013+1546+1813+1154+1812+1771(東オク/宇都宮タ)

○安中行きの5781列車はEF81 82[北斗星]+タキ15600×12+トキ25000×6の編成で通過してこの列車では欠かせないEF81、タキ15600と前者はEF510の500番代、後者はタキ1200(タキ15600の下回りを今風にして赤くなったタンク車です)が入るとこの格好も想い出の彼方に向かうかもしれませんね。

○8685列車…同じ甲子発メインの3091列車同様、短めの編成で到着し、顔触れを見ると少し前に八王子駅に来ていたナンバーもありました。ホキ800の列車が手前に止まって撮影が出来なかったものの、こちらも千葉行きの宿題に。
△宇都宮タ
EF65 1060[JRF色]
タキ43255   OT×/宇都宮タ●
タキ43487   OT/八王子●
タキ43554   OT/宇都宮タ●
タキ1000-392 OT/宇都宮タ 無
タキ43546   OT/宇都宮タ●
タキ43466   OT/倉賀野 全検22-**-**川崎車、自重15.*t
タキ43583   OT/宇都宮タ●
タキ43548   OT/宇都宮タ●
タキ43552   OT/宇都宮タ●
タキ43555   OT/宇都宮タ●
タキ43499   OT/八王子●
タキ1000-644 OT/倉賀野 全検21-10-1川崎車、自重17.2t
タキ1000-100 OT/倉賀野

 暑さも手伝って早めに切り上げ、京浜東北線の電車を待つと隅田川から北陸行きの2073列車が通過して中央通運のU19Aや液体塩化ビニール専用のUT10C、出光石化の樹脂バルク用の20フィートコンテナ、塩化ビニール樹脂専用のUT20Aと常連さんばかりみて16時31分発の桜木町行き(1605A、クハE233-1032×10/宮ウラ132編成)で南浦和へ向かいます。

 南浦和で時間があったので5番線のベンチに腰掛けている間、ネットブックやファイリングしたリストを整理しながら過ごします。府中本町行きの電車の間が妙に空いていたので貨物列車の通過があるのではと思ったら先程の京葉線の205系の試運転で待っていた旅行帰りと思しきオバちゃん達も驚いた様子でした。

 南浦和から西国分寺までは17時5分発の府中本町行き(1638E、クハ205-105×8/千ケヨM2編成)に乗ります。行きが新製車で帰りは総武線からの転属車で偶然、Bトレで作った編成と行き帰り当たった事になります。新座ターミナルのコンテナ車の様子をチェックしてこれに乗ると今朝は気になっていた115系の快速『むさしの』号の様子を見てこの電車では東所沢〜新秋津間で擦れ違うなと読め、新秋津に差し掛かる手前で『むさしの』3号とご対面。朝は散々でしたが、今回は大丈夫とホッと一安心。今度は訓練センターの脇でEast-i Eにマヤ50を連結した編成と擦れ違い、西国分寺に到着。夏遠征も猛暑にめげず、折返し点も後少しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

H22.03.11 北関東近郊(宇都宮&高崎沿線、その1)

 18きっぷ遠征の二回目は宇都宮線と高崎線の沿線を回りました。本来なら一昨日、埼玉サークルの定例日に合わせて回りたかったものの、夜の天候が悪くなる予報だったので出るのを控えて本日となりました。

 西八王子から電車に乗る前後で竜王行きの83列車、前後して201系の2本がやって来て早朝から調子づいて早速三文銭を頂いたのと同じ気持ちです。

・クハ201-107×10(八トタH4編成):83T運用
・クハ201-128×10(八トタH7編成):13H運用

83列車編成
←竜王 EH200-12+タキ1000-495+157+760+62+106+43+47+781+622+753+422+358+761+219+295+435+579

 西八王子から7時1分発の東京行きで西国分寺まで乗ります。いつもながら6時台の西八王子駅は一本待つ通勤客が多く、並ぶ時は迷いますが、座れれば短い間隔で降りるので心配無用。八王子駅のタンク車は全て根岸のタキ1000ばかりで南側の群線は5467列車の到着分が4両、84列車で返送する分の16両がこの30分程前から入っております。立川で後続の大月から来る通勤特快を待避していつの間にか待合室がエキュートの下に出来ていた事に気付きました。

 西国分寺から武蔵浦和まで新習志野行き(769E、クハ205-51×8/千ケヨM27編成)に乗ります。4番線は『むさしの』1号の列が出来ていたのでこちらは同じ大宮行きながら埼京線経由です。乗った所で3番線をEF81 95牽引にコキ50000ばかり8両程連ねた列車が通過して常磐線経由の列車と言うのもすぐ分かり、札幌タ→梶ヶ谷タの94列車が6時間半遅れで通過。新秋津までは熟睡タイムで訓練センターのクモヤ143が1月に長野へ回送されて後釜にクモヤ145-118が入線しているのを確認。新座タ構内は更新色のEf66 29に府中本町方からコキ50000(日通UH6A積載)+コキ106(JOT/住友化学UH20A/B、JOT20フィートバルク積載)+コキ50000と組まれた編成が待機。

 武蔵浦和から埼京線に乗り換え、中央線で乗った時点で遅れている情報が出ていたので案内表示を見ると通勤快速の下りは全面運休、川越方面は大宮で乗り換えとの事。何でも保守作業の終了が遅れた影響だそうで近年、この様なお粗末な原因が多いのは何処か困りもの。

 武蔵浦和から8時15分発(遅れて26分発、745K〜815S、クハ205-126×10/宮ハエ18編成)の大宮行きに乗ると先程まで案内表示が『大宮』の表示がいつの間にか川越行きに変わって驚きました。間引きの影響か普段でも武蔵浦和で座れる車内も混んでいたので久し振りに全区間立ったまま進みます。武蔵浦和で4分停車の後で出発。到着は8時半を少し回った所で21番線に着くとここで川越行きのダイヤ(新宿8時05分発の通快)に変わった謎が後で判明。ホームの自販機でジョージアのエメラルドマウンテンをSuicaで買って上にあるNEW DAYSでダイヤ改正版のポケット時刻表を入手したい所が北側の階段がダイヤの遅れに加えてエスカレーターの点検、歩き携帯のお姉ちゃんが多くてなかなか進まずこちらも高崎線の乗り換えも時間を気にしながら進みます。

 大宮の8・9番線に来るとこのまま8時48分発の籠原行き(845M、クモハ211-3001×5+3016×10/高シマA1+C16編成)の列に並び、終点の籠原まで乗ります。付属編成の上野方に乗ってクハ210の3000番代トップに当たり、降りた所でナンバーを撮る予定です。大宮を出発すると入場中のE257系(幕張の500番代)や東海道線の211系、クハ115と見て開館前の鉄道博物館の様子を見ながら少し一寝入りして桶川を過ぎた辺りで地面の積雪が未だ残って昨日は午前中、拙宅前を雪掻きして一昨日は降雪だった様子を伺わせ、少しずつバリアフリーの工事が進められている駅もあれば擦れ違う顔触れも鴻巣では3時間半遅れた『北陸』(EF64 1053牽引)に擦れ違い、あと2日のご奉公。次の北鴻巣は東京タ行き2090列車でEH200-4+コキ106+コキ50000の編成。熊谷では秩父鉄道の電車の様子を見て急行用の6000系や1000系は旧塗装に復元した1002×3の編成に1番線はスカイブルーの1001×3にうぐいす色の1009×3が停車中。Bトレのベストリピート8の布陣をふと思い出し、行き掛けに来月の見学会の葉書を投函したので縁起を担ぎ、熊谷タの構内には2092列車に乗せるコンテナ車(←大宮 コキ200-78/日陸20フィートタンク[メタノール専用]+154/ニヤク20フィートタンク+110-4+107-22)と入線している様子を見てあとはコキ107にホキ800、ホキ10000、東邦亜鉛のタキ15600が2両、日通のエコライナ−31をスッキリさせた外観の熊谷通運のU47A-38000が何個か置かれているのを見てあと少しで籠原に到着。

 籠原では岡部〜本庄間の上り線で人身事故があった様でダイヤが乱れている事が伝えられて本来なら後続の『アーバン』に乗り換える所を隣の3番線に止まっていた湘南新宿ラインからの高崎行き(2620E、クハE231-8506×10/横コツK-06編成)で向かいます。こちらも9時29分発の所、35分発に。岡部は二つ先で既にノートの準備が済んでいたのであとはタンク車を見るだけでこの区間ともなると機関車が来ていない事が勘付きます。丁度トイレに行きたかったので乗った先頭がトイレ付きの車が幸いしてそのまま用を足します。深谷では2番線の停車で結構足止めを喰いましたが、これが思わぬ時間稼ぎとなって京浜東北線から転属する電車が工場へ入場する前の留置車が前回の高崎行きで確認し手前から後へホーム伝いへ移り、下り線側に向かって撮影を楽しみ、ちょうど雪が降ったあとなので屋根に積もった雪も良い味を出しています。携帯で話していたり、所構わず喫煙するおっさんは目障りですが、最後は煉瓦造りの駅舎をバックにした構図でも撮影しました。昔は東京駅でも使われている煉瓦を造った工場が有ったので地域起こしの面で造られた事で知られています。209系を見てから今度は最後尾の短いロングシートへ。足止めを喰らって赤ちゃんのお宮参りへ行く年輩のご夫婦が携帯やらメールでやり取りと大変ですね。復旧まで20分少々掛かり、25分遅れで3番線に到着した211系の『アーバン』の接続を取って10時16分に深谷発となり、到着時点で閑散していた車内も『アーバン』からの乗り継ぎ客がドッと押し寄せました。

 岡部の到着が42分程遅れての到着となり、こちらの予定表は本来後続の『アーバン』で着く所で30分遅れとなりました。3番線の高崎方の工事の邪魔にならない所で1番線をEF65 1072牽引の2092列車が通過して最後尾にコキ200が連結。この辺に立つとA重油の専用車が見られるのですが、1番線へ行かないと見られないのでそのまま1・2番線でホーム伝いにチェックします。

○3094列車…定刻であれば今頃はEF64に牽かれて2番線で出発する準備をしている所、まだ上り線側の待避線に止まった状況です。普段は15〜18両編成で来る所、荷動きが鈍く短めの10両編成になって臨時常備や臨時専用のプレートも来年度の書き替えが少しずつ進められている様子が感じ取れます。牽引機は大宮駅を通過した時点(これでも1時間程遅れておりました)で確認しました。
△根岸
EF64 1003[更新色、冷風]
タキ1000-288 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-196 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-236 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-850 JOT[E]/根岸 ○
タキ1000-433 JOT[E]/根岸 全検21-9-2川崎車、自重17.0t
タキ1000-796 JOT/根岸 ○
タキ1000-880 JOT/根岸
タキ1000-878 JOT/根岸
タキ1000-311 JOT[E]/根岸 A重、石油類)青地
タキ1000-105 JOT[E]/郡山 A重
○=制輪子性能向上車

 この間の高崎行きと同様、山おろし風が強く、ノートのミシン面が切れやしないか気になりますが、またまたSuicaでWANDAの朝のオーレを買って待ちます。

 岡部から10時42分発(定刻9時56分)の上野行き(878M、クハE231-6007×10/宮ヤマU507編成)に乗ります。トイレを済ませ、このまま大宮までゆっくりと行きたい所が遅れていた影響で乗り通すお客さんが多かったのかもし何であれば籠原で乗り換えた方が良いかな?と思った次第です。乗っていると必要以上に荷物を持ち歩く(昔みたいに車掌さんがコマメに回っていたら網棚に置くなり注意しますが、エチケットが欠落しているとしか思えません)若者やら居眠りしているホームレス風の爺さんと。

 ダイヤが乱れて籠原で乗り換えた方が先決だろうと決断して籠原で次の上野行きに乗り換え、降りた所で車内にノートを忘れたなと思ったら小脇に抱えていたなと失礼して2番線に停車している10時45分(遅れて54分)発の上野行き(884M、クハE231-6008×10/宮ヤマU508編成)は一番乗り。思った通りで出発間際にキャスター付きのトラベルバッグ片手の奥さん二人が乗って長っ尻かなと思いきや、早速次の熊谷で降りて新幹線に乗り換えかな?と思いました。熊谷タはホキ10000が目立つ様になり、三ケ尻方面へデキ502+ホキ10230+10032と回送車がスタンバイ。上熊谷辺りで先程の1009×3に擦れ違い(寄居行き1801レ)、熊谷駅の様子を見ると今度は東急8090系から譲渡された7301×3の編成を見付けて未だ1002の編成は昼寝中。暫く一休みしながら桶川では後続の特別快速の接続を取るとこちらも13分遅れてこの上野行きも14分遅れて既に一本分遅れた計算で空席が目立った車内も上尾を過ぎると少しずつ乗るお客さんが増えて鉄道博物館の先で徐行して大宮に到着します。

 時間調整をする格好で大宮駅で一休み。貨物列車の運行状況を見ると近距離に関してはほぼ定刻通りと言った様子で高崎線の上り線に影響が出ている様子も一目瞭然。岡部行きの3093列車はEH200-9牽引、タキ1000-45、129、46、122、37、493、50〜と連結して定刻通りの運転でした。

○5584列車…いつもの顔触れですが、冬場は結構タキ1000が高速列車にブロックされた影響でしょうか久し振りに専用列車に何両か入っている姿を見ると3月の声を聞いた途端、限定解除した様子が感じ取れます。
△東京タ
EF210−143
コキ104-133+95(全検21-8-3広島車)+1173+1355+370+106-225+712+337+800+429+28+899+729
タキ43459   OT/八王子   ↑浮島町行き
タキ1000-672 OT/宇都宮タ  
タキ43155   OT/倉賀野●
タキ43020   OT/南松本
タキ43546   OT/宇都宮タ●
タキ43302   OT/倉賀野
タキ43412   OT/郡山
タキ43354   OT/南松本
タキ43159   OT/西上田
タキ43334   OT/倉賀野
タキ43172   OT/南松本
タキ1000-393 OT/宇都宮タ
タキ44022   OT/西上田
タキ43355   OT/南松本
タキ44021   OT/西上田
タキ43416   OT/倉賀野
タキ43210   JOT×/根岸○
タキ43029   OT/西上田
タキ43569   OT/宇都宮タ● ↓

 高崎線が遅れていたので宇都宮線は定刻通りなので3・4番線へ移動します。並んだ所で4094列車が到着して傍に居た若いビジネスマン連中が何やら喋っていたので社会人にもなって膨らみのない話をする上、止まっていたコンテナ車に近付いてイヤ危ない。こう言うのが居るからホームドアが付くものだと安全意識が強いマスターから言が出ません。

○4094列車…北陸からの2072/2073列車と運用がリンクしている列車だけあってその巻き添えを喰って大宮は1時間程遅れての到着となりました。
←隅田川 EF64 1042[更新色、冷風]+コキ104-277+2161(全検21-12-7広島車)+694+2783+2090+880(全検21-8-27輪西派)+107+1083+50963[→二塚発]+51028+250920+52650+50461+51331(全検22-1-8川崎車)+52938+52574

 大宮からさいたま新都心は12時11分発(遅れて13分)の上野行き(586M、クハE231-6004×10/宮ヤマU504編成)に乗ります。丁度、大宮操方に向かって総合車両センターから出場したクハE257-509×5(千マリNB-09編成)が入換え、埼京線のモハ205-251+204-251+サハ204-35+51とクハ205-93×10(宮ハエ5編成)が入場している事が分かります。

 さいたま新都心に到着して大宮操の構内を見るとここでも高崎線関連は遅れている様子で定刻であれば4074列車が見られる所が空振り。485系の代走で走る東武100系の『スペーシアきぬがわ』4号が108-1×6の編成でやって来ました。運転状況を見ると下りは高崎線が10分遅れ、上りは高崎線からの上野行きはやや遅れていたものの、湘南新宿ラインはほぼ回復。浦和方に立っているとベンチから下り線に向かってで悪ふざけしている女子高生を見付けて、丁度『水上』+『草津』5号が通過するところで運転士さんも警笛を鳴らしてマスターもつい一喝。一歩間違えたら事故に繋がり、先程も高崎線でエラい目に遭ってひと頃の中央線ではありませんがダイヤが一度乱れるとシッチャカメッチャカになる事は良く知っております。これだからカスカスの教育を受けて来た今の若い連中は信用出来まへんな。

○5683列車…普段は5分程で出発するこの列車も高崎線の影響を受けて15分程止まっておりました(普段でもこの位ならじっくりと調査や撮影も出来るのですが………)。タキ43000中心で黒塗りも多く、前述の5584列車と同様、少し前に八王子で見掛けたナンバーも散見。
△宇都宮タ
EF210−121
タキ43627 OT/郡山●
タキ43626 OT/宇都宮タ●
タキ43611 OT/宇都宮タ●
タキ44004 OT/郡山
タキ43609 OT/倉賀野●
タキ43513 OT/西上田●
タキ43480 JOT/根岸 トケ
タキ43394 OT/南松本
タキ43608 OT/宇都宮タ● A重
タキ43472 JOT×/根岸○[旧OT/郡山]
タキ43390 OT/宇都宮タ 無
タキ43244 OT/西上田
タキ43157 OT/倉賀野● 無
タキ43402 OT/宇都宮タ
タキ43526 OT/宇都宮タ●
タキ38047 JOT/郡山 全検20-7-12川崎車(25-11-19切)、自重16.9t○
タキ43320 JOT/郡山 常)根岸、トケ
タキ43133 JOT/郡山 常)根岸、トケ
タキ38066 JOT/郡山 全検20-5-27川崎車(25-12-4切)、自重17.2t○
タキ43570 OT/宇都宮タ● 石油類)グレー
タキ43449 JOT×/根岸
タキ43378 JOT/郡山
○=タキ38000の3F改制輪子装着車

 いつもの様に後から追い掛ける宇都宮行きの電車(12時43分発→53分発、575M、クハE231-8066×5+6018×10/宮ヤマU111+U518編成)にて再び大宮駅へ戻ります。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

H21.10.13 大宮周辺

 午後から埼玉サークルの定例日に合わせて大宮周辺の様子を見て夕方から浦和で行なわれる例会に出掛けて参りました。

 自宅を13時少し過ぎに出て信用金庫で預金を引き出して南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗ります。便によって(都営バスで言う)中型ロング車が来たり、大型のノンステップ車と来ますがここでは日産ディーゼルの後者に当たります。拙宅のご町内である信松院前で西八王子の南口から乗った奥さんが下車すると後は市民会館を跨ぐ格好で貸切になると思いきや、本立寺前で若いビジネス風のカップルが乗って来てここから100円区間で少々損しますがどうも今の若者気質でしょうか天気が良いのにバスに乗ろうとは体力が無い証拠でどうも最近の社会人成り立ての連中を見ると何処か学生気分が抜け切らなく幼い印象でホンと上司の面を見たくなりますな(とグチるのも年を取った証拠かな?)

 だいぶ八王子駅の南口の再開発が進み、様子を見ながら先ずはSuicaに4,000円をチャージ。京王プラザホテルのスターバックスでアイスアメリカーノのショートを一杯。この所手持ちのタンブラーで大幅に安くしてもらえますが、今日は遠出なのでサイズを小さめに。

 八王子から西国分寺まで14時18分発の快速電車は運良くE233系のT1編成に乗車(37T運用)に当たりました。豊田の車両センターでは201系のクハ201-128×10(H7編成)やクハ201のトップナンバーと並べてこの間見られた253系はもう何処かへ行ったのでは?マスターは8号車に乗りましたが、1両前の7号車は高尾山へ遠足に出掛けた小学生が乗っていたので季節感が感じられます。

 西国分寺から14時36分発の海浜幕張行き(1445E、クハ205-8×8/千ケヨM13編成)に何とか滑り込み間に合って武蔵浦和へ。何せ、間に『あずさ』や中央特快が入ると15分空くので武蔵野線の電車も一本違うと大宮で見るスケジュールも変わって来ます。この間は少し資料を読みながら過ごし、新座に入ると女子大生の帰りとぶつかって賑やかでも何処か言葉遣いや態度が乱暴そうで好印象が持てない気がします。

 武蔵浦和から大宮は15時9分発の快速川越行き(1411F、クハ205-54×10/宮ハエ32編成)に乗り、先の武蔵野線や武蔵浦和で待避する各駅停車と揃って山手線のOB車に会ったのかついつい腰掛けた目の前に山手線100周年の中吊りを見付けて手摺を気にしながらデジカメに撮り、盗撮では無いのでご理解あれ。出自や豆知識を頭に入れると趣味の奥行きが深まります。

 大宮駅で降りるとエキナカが盛んな駅だけ有ってここで開館2周年を迎えた鉄道博物館とのコラボレーションで特別セールやこの間の八王子駅の120周年記念の様な期間限定のスィーツや駅弁、食べ物屋さんで言うとメニューと盛沢山。飾り付けもこれに合わせて賑やかでついつい写欲がそそられます。11番線に降りて左手に見える総合車両センターの方を見るとハイブリッドの試作車から燃料電池の試験車に鞍替えしたキヤE991を見付けました。キハE200のゴーサインが出たのと合わせて一昨年の3月に除籍扱いになっているものの、現在でも無番の試験車として活躍していますが、701系の気動車版と言った外観で一目瞭然。


○5881列車…E233系の配給列車を牽いた帰りのEF64(1030号機)を狙う撮り鉄を尻目に編成調査に没頭し、浜五井の配備車も地元では馴染みあるのかスイスイと言いつつも意外と突然走り出し、また11番線に機関車の到着と。
△倉賀野
EF210−125
タキ43139   JOT/根岸
タキ43182   JOT/浜五井
タキ43003   OT/西上田
タキ1000-385 OT/宇都宮タ [車票]
タキ1000-182 JOT/郡山  [車票]
タキ44009   OT/宇都宮タ
タキ43465   OT/八王子
タキ1000-162 JOT/郡山
タキ44016   OT/宇都宮タ 全検21-4-21川崎車、自重16.0t
タキ1000-817 JOT/浜五井 無
タキ43439   JOT/郡山
タキ243796  JOT/郡山 無
タキ43459   OT/八王子
タキ43405   OT/倉賀野
タキ1000-807 JOT/浜五井
タキ1000-803 JOT/浜五井
タキ1000-367 JOT/郡山
タキ1000- 66 JOT/郡山 全検21-6-4川崎車、自重16.7t 無黒
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検21-6-18川崎車、自重17.1t 無黒
タキ1000-333 OT/倉賀野 石油類)黒地

 今度はさいたま新都心へ15時41分発の上野行き(634M、クハE231-6014×10/宮ヤマU514編成)に乗り、この間で根岸から宇都宮タへ向かう5561列車(EF210-143+タキ10000×18)に擦れ違い。

○5763列車…この所タキ1000専任の2列車に押され気味だった本流の浮島町発も秋本番を迎えて久し振りに長めとなりました。ここには前に川崎車両所を見学した際、入場していたタキ1000-99(今回から見て前回の全検)が連結されて久し振りにエコレールマーク入りを新規にキャッチ。浜川崎発はタキ43000が多く半数が連番の間柄です。
△倉賀野
EF210−120
タキ43206   OT/郡山
タキ43137  OT/倉賀野
タキ43487   OT/八王子● トケ
タキ43031   OT/倉賀野
タキ43244   OT/西上田 石油類)黒地
タキ44011   OT/倉賀野
タキ43150   OT/西上田
タキ43273   OT/倉賀野 無黒
タキ43157   OT/倉賀野● 無青
タキ43271   OT/倉賀野
タキ1000- 99 OT/倉賀野 全検21-7-23川崎車、自重16.8t 無
タキ43569   OT/宇都宮タ● トケ、無
タキ43256   JOT/郡山 ↑浜川崎発 全検20-6-20川崎車、自重15.7t
タキ43471   JOT/根岸 トケ
タキ243827  JOT/郡山 無
タキ43255   JOT/仙台北港 全検20-6-11川崎車、自重16.0t
タキ43257   JOT/仙台北港 全検20-8-19川崎車、自重15.9t
タキ1000-874 JOT/根岸 ↓ 新製20-10-31日車、自重17.2t

○5593列車…普段でも回送や試運転のコンテナ車が連結される列車ですが積んでいるコンテナはたった1個だけ。
←宇都宮タ EF65 1085[JRF色]+コキ104-1872+1726+1592+1823+713(全検21-7-11川崎車、V19A×1)+542(全検21-4-24川崎車)+2517+106-285

○5781列車…『北斗星』色のEF81 96の牽引でタキ15600が12両、トキ25000が6両編成と正調『東邦号』の編成を連ねて通過。

○8685列車…大宮操で数分程止まる列車ですが、横須賀線のダイヤの乱れで湘南新宿ラインの下りがダンゴ状態になったあおりを受けて与野で足止めを喰らって8分程遅れて大宮操到着。停車時間も普段の半分で出発していまい、こちらのチェックが若干ブレてしまい車号の書き間違えご容赦下さい。またまたオイルターミナルの専用列車ながら相変わらず黒塗りの車が目立ちます。
△宇都宮タ
EF65 1058[JRF色]
タキ1000-380 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ43611   OT/倉賀野●
タキ43524   OT/西上田●
タキ43615   OT/宇都宮タ●
タキ43543   OT/宇都宮タ●
タキ43583   OT/宇都宮タ●
タキ1000-390 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-410 OT/郡山 石油類)黒地
タキ43330   OT/倉賀野[旧宇都宮タ]
タキ43581   OT/宇都宮タ●
タキ43494   OT/八王子
タキ43545   OT/宇都宮タ●
タキ43625   OT/倉賀野● 黒油
タキ43546   OT/宇都宮タ● トケ
タキ43555   OT/宇都宮タ●
タキ43526   OT/宇都宮タ●

 この時期恒例の帯広〜熊谷タのジャガイモ輸送の臨時列車が運転されて16時半頃に10分程隅田川(→帯広)行きが一休み。コキ101・100のユニット車が多く、コンテナを見るとV19系が多くなりつつあるも青いV18Cが結構姿を見掛けて一般のコンテナに余り18系が見られなくなりましたが、未だ現役バリバリです。
←隅田川 EF65 1077+コキ101-17+100-17+18+101-18(全検20-11-1川崎車)+104-2133+2230+103-178+102-178+177+103-177+101-6+100-6+5+101-5(全検21-5-1川崎車)+101-31+100-32+31+101-32(全検20-12-13広島車/ユニット逆転)

 ジャガイモ臨が一休みしている間に一度改札を出て線路沿いの道路から5763列車の浜川崎発の分だけを確認して再び3・4番線へ戻ると出発までまだ20分もありセーフ。この辺やタキ1000の99番と少し前は西日を気にして満足な光線状況ではありませんでしたが、陰って来ると良い具合です。

 一通り終わった所でEF210-17+コキ104のコンテナ列車が到着して後で調べると広島タ→札幌タの3061列車で前はもう少し遅い時間帯でEF66牽引でしたが、EF210が入ると少し戸惑います。

 さいたま新都心から大宮は16時59分発の宇都宮行き(629M、クハE231-6014×10/宮ヤマU514編成=行きと同じ編成です)に乗ります。

 大宮に着くと丁度同じ頃合いに出発した5763列車が貨物線から大宮駅の10番線へ向かい、入ると連結したナンバーをチェック。このままエキュートを歩いて鉄道博物館のオープン2周年に合わせてでしょうか店内も賑やかで特設スペースはプラレールのコーナーになって行きに埼京線のホームから北側の跨線橋へ向かう突き当たりにJR東海のネット販売・Traindoの特設スペースがあり、この間もタイムズスクエアの紀伊国屋でもやっていたなと思い出しました。『えきねっと』の対抗馬でさすが運営母体も手伝って一押しは東海道新幹線のN700系等の新幹線車両のグッズが目立ちます。床にはレールの模様が貼付けられてご丁寧にもカーブまで描かれて後で埼玉サークルの例会でF氏が「Rがきつく曲がりにくい」と罫線の感覚で書いたので仕方ありません。ここでは夕食の調達を『旨囲門』で品定めしてカリスマ所長さんと各地の駅弁屋さんの共同企画で売り出された限定駅弁が少し前に夕方のニュース番組で紹介されて新津の『彩ちらし』を選びました。それから11番線へ行き、『ホームタウンあかぎ』を送り込む185系を見ながら丁度東京タから秋田貨物行きの2091列車が通過するので様子を見ると大宮方では珍しくブルーサンダーの牽引でEH200の13号機が牽引。前方はコキ50000が続いて酒田港行き3両、秋田貨物行き7両、新潟タ行き4両にコキ106・107は全て新潟タ行きでコキ106-675・481・コキ107-61・コキ106-218・797・471・88の順で先頭には新しいNRSマークが入った日陸の20フィートタンクコンテナを発見。

 早めに浦和へ行き、パルコへ行くと早速スターバックスで一休みしてアイスコーヒーのトールはタンザニアのお豆で6月以来の来店で奥にあったソファー席がかなり手前の方に来たので早速腰掛けます。手前の壁にはフレンチローストのキャンバスが掲げられてそう言えば京王プラザホテルのお店が出来た時はカウンター席の右側に有ったなと思い出し、座った右手にはベラビスタ・コスタリカの赤いキャンバスは東急スクエア店のものと同じかな?と思い、飲みながらM君へ携帯からメールを送ります。シグマリオンがへたったのか少々退屈気味です。

 スターバックスでの一休みの後はパルコのオープンが一昨年の今頃で丁度鉄道博物館の開館と同時期で浦和駅周辺の写真パネル展や鉄道博物館の2階にある参考資料室から引っ張り出されたクハ481の模型や駅名のホーロー板などが展示されてチラシを見ると昨日まで駅弁大会が地下のピーコックで行われていたり、通路の真ん中に鉄道模型やグッズ、Bトレインショーティーが並べていたので馴染みの所と同じ位かやや少ない品揃えです。良い話題を広いそのまま10階へ。ロビーで『彩ちらし』に舌鼓を打つといくらもさる事ながら栗に舞茸、椎茸、山せり、数の子と旬の食材を余す所無くふんだんに使われてご飯も本場のコシヒカリと二重丸。暫く待つとリーダー格のF氏参上。一緒に会場の部屋に入り、顔馴染みの皆さんも三々五々と集まり、情報交換では八高線の75周年記念のスタンプラリーが高麗川までの八王子管内で行なわれているのでスタンプシートを1枚余分に持って来たのでF氏に差し上げ、7月の旅行会当日、地元で取材した『はちおうじ日光号』の秋臨シーズン(10〜11月中)で引き続き、運転が決まった事を情報交換で話しました。後半はデジカメ画像や支部委員・K氏が過去に撮られたフイルムをデジタル変換したものとご披露。この話で思い出しましたが、今秋はこちらにPhotoshop CS4を入れる予定ですのでもう暫くお待ち下さい。21時を回って散会。
 いつもの様にE233系の運用をチェックしました。数時間程ですが確認すると来る度数本は見られる209系は一本も見られず、置換えもそろそろ終盤に差し掛かって来ました。

・クハE233-1003×10(宮ウラ103編成):21C運用
・クハE233-1010×10(宮ウラ110編成):33B運用
・クハE233-1011×10(宮ウラ111編成):11C運用
・クハE233-1013×10(宮ウラ113編成):17A運用
・クハE233-1014×10(宮ウラ114編成):49B運用
・クハE233-1018×10(宮ウラ118編成):41B運用
・クハE233-1027×10(宮ウラ127編成):23C運用
・クハE233-1032×10(宮ウラ132編成):17A運用
・クハE233-1035×10(宮ウラ135編成):09A運用
・クハE233-1038×10(宮ウラ138編成):09B運用
・クハE233-1040×10(宮ウラ140編成):13A運用
・クハE233-1043×10(宮ウラ143編成):61A運用
・クハE233-1047×10(宮ウラ147編成):27A運用→浦和〜南浦和で乗車
・クハE233-1053×10(宮ウラ153編成):35B運用
・クハE233-1054×10(宮ウラ154編成):25A運用
・クハE233-1057×10(宮ウラ157編成):05C運用→大宮〜浦和で乗車
・クハE233-1063×10(宮ウラ163編成):35C運用
・クハE233-1069×10(宮ウラ169編成):29A運用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

H21.02.03 八王子駅

 親の講座の日と合わせていつもの様に空いた時間を使って編成調査を行ない、あとで前々から計画している東北行きの宿の申込にびゅうプラザへ出掛けました。

○5270列車…この所、一杯連結していた所が今日は11両とやや短め。後回しになりましたが、牽引したEF210の143号機はこの列車では二度目。年末に1070列車で見た時は単機で来た事があり、この罰ゲームかな?嬉しい事に新車も2両キャッチしました。
△根岸
EF210−143
タキ1000-478 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-198 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-154 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-431 JOT[E]/根岸 全検20-5-24川崎車、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-874 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t
タキ1000-256 JOT/郡山 トケ
タキ1000-156 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-782 JOT[E]/根岸
タキ1000-865 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t
タキ1000-358 JOT[E]/郡山

○85列車…コンテナ車の前半分は空車と回転寿司の皿に一貫しか乗っていない状況です。タキ1000を見ると早々と今年の全検対象車が出場して昨年の車を見切っていないので驚きました。
△竜王
EH200−15
コキ104-1962 ↑梶ヶ谷タ発[空車]
コキ104-2539 [空車]
コキ104-1547 全検20-7-25川崎車(25-8-2切)
コキ104-2394 ↓ 全検18-9-12広島車(23-9-21切)
タキ1000-463 JOT[E]/根岸
タキ1000-262 JOT/郡山 無
タキ1000- 18 JOT[E]/郡山 全検21-1-29川崎車、自重16.9t
タキ1000-369 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000- 87 JOT[E]/郡山
タキ1000-220 JOT[E]/郡山

 2列車を一通り見て5270列車のEF210を2番線の東京方からチェックして改札を出て目の前のびゅうプラザで予定通り仙台のホテルの予約を行ない、15分程待たされましたが第一希望がホテルメトロポリタン仙台で端末経由の枠は一杯で窓口の係員さんが直接電話で問い合わせしてシングルルームをゲット出来、平日であれば新幹線込みのプランで申し込むのですが、『土日きっぷ』を使って土曜日は郡山、日曜日は仙台周辺と見るプランなのでダメだったらお流れになる所、JR東日本グループの底力が発揮して万々歳なり。当日の様子は23日頃にアップしますのでご期待下さい。

 この後は京王プラザホテルのスターバックスで一杯頂いてコーヒーはショートドリップにしたものの、チュリソー風のドーナツであるシュガーチェロを頂き、アメリカではポピュラーなお菓子でスターバックスらしい雰囲気も。生地がフワッとしてブラウンシュガーもいい味を出して出勤して準備する所のストアマネジャーさん相手にこれをタネに世間話も。飲み終わってからお豆を頂き、いつものハウスブレンドを頂いてこれからヨドバシカメラへ行ってキヤノン純正のA4の厚手用紙を買います。いつもは大和田のムラウチさんで買うのですが、今月一杯で一旦店仕舞をして4月から新装開店となるのでこの間の週末に出掛けたら売りつくしセールが始まってスタート当日からマイカーがドッと押し寄せ、2階のPCサプライのコーナーを覗くといつもはキヤノンのBJカートリッジや専用用紙は必ずあるのが前者は今使っているプリンターの黒は完売でカラーのセットを数箱買い、後者はB5やフォトペーパー系を除いてはお手上げで『車掌車』の今月号は幸い年末に購入したストックがあったのでこれを使い切りますが、4月号はヨドバシで調達かな?と家電量販店の勢力争いが肌で感じさせ、北関東系でなく南関東系(秋葉原や多摩地区、神奈川に本拠地がある店舗)が全国に勢力拡大したらもっと違っていた事でしょうと良く、鉄道友の会の会員仲間のある方から送られた「もしも」メールの片鱗を思い出します。

 待ち合わせの後は駅ビルの有隣堂に立ち寄ってからそごうの地下へ行き、節分の恵方巻きが軒並み売られて元々関西の風習が随分と関東でも定着した様子がこの週末に出たスーパーのチラシを見て感じ取れました。この他、お酒のコーナーを見ると沢の井の酒粕があったので手に取ってそろそろ甘酒もお仕舞かな?と季節の移ろいを感じさせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

H21.01.13 大宮周辺

 埼玉サークルの例会の定例日で浦和へ行き、その前に大宮やさいたま新都心で取材を済ませようと思いました。いつもこの時期はそこそこ頑張っている列車が見られるものの、この冬は景況の影響でしょうか比較的短い列車が多く、落胆する日々が続きます。

 自宅を13時少し過ぎに出発して軍資金をおろして京王のクレジットカードの引き落としも無事完了。PASMOと私鉄車両編成表の代金分です。

 西八王子駅から南大通経由の八王子駅南口行きを乗り通し、一昨日、私用で出た際と同じく日産ディーゼルのノンステップ車に当たりました。到着してから京王プラザホテルのスターバックスでショートラテを一杯頂いて出先にスターバックスがあるのでついつい様子を話すのも楽しみです。大崎のゲートシティ、浦和のパルコ、本部の最寄駅・市ヶ谷とあるのでこれも偶然かな?。

 大宮には15時過ぎに着きたいので上手く間に合うかなと八王子14時03分発の快速電車で西国分寺まで乗り、西国分寺の西側から立川の南武線と合流する手前がこの11日に下り線の線路が高架に切り替えられて丁度、私が乗った電車が走る頃には『スーパーあずさ』19号が高架を下りて立川駅へ向かって疾走しました。オイルターミナルのタンク車も先週来た時はタキ1000-460が居たものの、今日はタキ43268がたった1両だけ。

 西国分寺で乗り換えの間根岸→宇都宮タの5561列車が4番線を通過。後で調べた所、タキ43278が全検出場後、浜川崎から移った様子です。
←宇都宮タ EF210-136+タキ43278+1000-846E+360E+688E+353E+271E+258E+284E+192E+578E+283E+764E+836E+17E+785E+43455
※E=タキ1000のENEOSマーク入り

 西国分寺から14時36分発の海浜幕張行き(1445E、クハ205-147×8/千ケヨM63編成)で武蔵浦和へ。もう1両前だったら205系のモハユニットの400番とキリ番に当たったものの、乗った5号車は宝くじで言う前後賞と言ったところ。おみくじでは中吉なり。新座タの発着線に転がっていたコキ104の中にはセノハチの最後尾限定で組成された10001番を発見。当ブログでも良く登場する梶ヶ谷タ→竜王の列車で一回見たきりでなかなか捕まりません。武蔵浦和の短絡線では大宮方面へ向かう倉賀野行きの5960列車(〜5881列車)が通過してドアの窓越しからちょっぴり予習。立っていると大学生か若手社員なのか分かりません突っ立っているカップルが邪魔臭い印象がしました。

 武蔵浦和から快速川越行きのりんかい線70-000系(1485K、TWR70-060×10)で大宮まで乗ります。考えてみるとここまで昨年、自らBトレで組み立てたなと思い出しました。

 大宮駅の到着はやや余裕を見たものの、ほぼ時間通りに到着。

○5881列車…年越しの宿題で青一色塗りのタキ1000や黒塗りタキ43000もそこそこ発見。ツートンカラーが多かったので44t車かなと思ったら地元で見る機会が多いタキ1000が続いて拍子抜け。
△倉賀野
EF65 1095[JRF色]
タキ1000-170 JOT/郡山 無
タキ44519    OT[r]/宇都宮タ● 全検19-5-17川崎車、自重16.1t
タキ1000- 91 JOT/郡山  無
タキ243693   JOT/郡山 石油類)グレー
タキ1000-821 JOT/浜五井
タキ43281    JOT/郡山 全検20-7-4川崎車、自重16.0t(青→黒塗り)
タキ44016    OT[r]/宇都宮タ
タキ43555    OT[r]/宇都宮タ● トケ
タキ1000-658 OT[r]/宇都宮タ■ 常)郡山
タキ1000-162 JOT/郡山 無
タキ1000-300 JOT/郡山 無
タキ43270   OT[r]/倉賀野
タキ43135   OT[r]/郡山
タキ243861   JOT/郡山 全検20-9-6川崎車、自重16.0t
タキ243780   JOT/郡山 全検19-12-7名古屋車、自重16.0t 石油類)グレー
タキ243850   JOT/郡山 全検19-12-26名古屋車、自重16.0t 石油類)黒地
タキ243695   JOT/郡山 石油類)グレー
タキ1000-242 JOT/郡山
タキ1000-394 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-4-30川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-387 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-7-28川崎車、自重17.1t

 大宮からさいたま新都心へ上野行き(634M、クハE231-6014×10/宮ヤマU514編成)に乗ります。待っている間に普段は新宿から東武へ直通する特急列車を担当するクハ481-1017×6が5番線で一休み。ピカピカになっていたので全般検査上がり立てだなと実感し、年末に来た時は『彩野』の189系がピンチヒッターになっていましたね。丁度この間で5561列車にすれ違い。

○5763列車…需要のピーク時で根岸発含めて20両は行くかな?と勘ぐったところ、浮島町発の14両と少々物足りない気がします。エコレール未貼付の黒塗りや八王子のオイルターミナル基地が開設されたときから常備されていたタキ43018がいつの間にか郡山常備に変わって驚きました。一休みしている右手には長岡のEF64 1030が控えてこれからE233系のお迎えかな?
△倉賀野
EF210-125
タキ44128 OT[r]/西上田● 全検18-12-22川崎車、自重16.5t 常)仙台北港
タキ44018 OT[r]/郡山
タキ43026 OT[r]/西上田 石油類)黒地
タキ44118 OT[r]/倉賀野●
タキ44125 OT[r]/南松本
タキ43021 OT[r]/南松本
タキ43018 OT[r]/郡山(旧・八王子)
タキ44007 OT[r]/郡山
タキ43172 OT[r]/南松本
タキ43625 OT/倉賀野● 全検19-5-8川崎車、自重16.2t 石油類)黒地
タキ43273 OT[r]/倉賀野
タキ43392 OT[r]/宇都宮タ
タキ43355 OT[r]/南松本
タキ43402 OT[r]/宇都宮タ

○5593列車…普段は日通エコライナー31のヤマト運輸や全国通運版の31フィートコンテナが見られるものの、空車のコキ104ばかりの編成で現車3両。
←宇都宮タ EF65 1083[JRF色/赤プレート]+コキ104-771+2509(越谷タ→隅田川・交検車)+1455(隅田川発・試運転)

○5381列車…牽引機にレインボー色のEF81 95が当たって編成はタキ15600×13+トキ25000×4の編成。

○8685列車…後方はタキ1000が続く荘厳な顔ぶれで3月のダイヤ改正から高速化を思わせる雰囲気ですが、京葉・宇都宮タ間は現状維持。タキ1000のキリ番、400番が連結していたものの、照り返しがきつく、撮影は期を改めて。
△宇都宮タ
EF65 1094[JRF色]
タキ43453   OT[r]/宇都宮タ
タキ43184   OT[r]/倉賀野●
タキ44005   OT[r]/西上田
タキ44001   OT[r]/西上田
タキ1000-400 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-7-17川崎車、自重17.3t
タキ43611   OT[r]/倉賀野●  
タキ43607   OT[r]/宇都宮タ●
タキ1000-674 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-676 OT[r]/宇都宮タ■
タキ43600   OT[r]/南松本 A重/石油類)黒地
タキ1000-673 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-672 OT[r]/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ1000-675 OT[r]/宇都宮タ■ 無黒
タキ1000-661 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-403 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-6-21川崎車、自重17.2t
タキ1000-662 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-404 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-11-12川崎車、自重17.0t
タキ1000-669 OT[r]/宇都宮タ■ 無黒
タキ1000-670 OT[r]/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ43627   OT[r]/郡山● 全検19-8-7川崎車、自重16,1t

○5882列車…秋頃までは日によってはタンク車が入らなかったものの、冬モードに入るとパワー全開。浜五井行きの車は5881〜5884列車に集約したのかオイルターミナルの北袖行きが目立ちます。タキ43000の黒塗りでは43620・43606(宇都宮タ常備)・43632・43207(倉賀野常備)・43519(西上田常備)・43575(八王子常備)と連結。タキ43418がオイルターミナルの倉賀野常備→JOT郡山常備に移籍、タキ1000の青一色は406・389・386(宇都宮タ常備)が連結。

 一通り調査を終えると一旦改札を出て線路沿いの道路の歩道から5763列車の様子をチェックし、南側の最初の交差点からエコレールマーク無しのタキ43625の証拠写真を撮ってから再びゲートイン。

 再び大宮へはさいたま新都心16時46分発の宇都宮行き(627M、クハE231-6014×10/宮ヤマU514編成)に乗車。丁度、大宮駅から向かう際に乗ったのと同じ編成が到着して上野まで行っている間に留まっていた事になります。

 大宮駅に着くと先ずは北側の改札を一旦出て(新都心→大宮→浦和と一歩間違えたら疑われますからね)再びエキュート側の改札口に入って暫く中をブラブラして『旨囲門』で夕食用の駅弁を仕入れて鶴太郎プロデュースの『50周年小唄寿司』や新潟駅の『鮭の焼漬弁当』も悪く無いなと思いつつも手に取ったのは仙台駅の『北の漁師めし』を頂き、ご飯は名物の『鮭はらこ飯』に卵そぼろにトビッコが添えられておかずは煮たホタテ貝に切り干し大根とひじきの煮物、焼いた鮭に刻んだホッキ貝とホッキ貝の貝殻に網に見立てたレースの飾りは両の風景をイメージして盛り付けられています。それから11番線へ行って東京タや新座タから新潟、羽越経由の秋田貨物行き2091列車の通過を見ます。EF64 1007の牽引で前13両のコキ50000が新座タ発、後7両のコキ106は空車が多いものの、タンクコンテナが多くISO20フィートや信越化学の輸送用で使われる青い渦巻きが賑やかなボルテックス・セイグンのものも発見。コキ104がメインの頃は1時間程遅く10分近く止まっていたので良く遠征の帰り道に編成調査して楽しみましたが、平成15年頃から現在のコキ50000+コキ106体制に切り替わってから楽しみが減少(?)した分、身近な所でも見られるので今となってはおあいこかな?この前にはクハ185-204×7(東チタB2編成)が到着してこの時期は初詣の団体列車も運転されるのでどんな列車かなと勘繰ると宇都宮線の『ホームタウンとちぎ』や高崎線の『あかぎ』で運用する車を田町から東大宮へ回送するものと思われます。

 それから京浜東北線のホームへ移動して17時40分発の大船行き(1705C、クハ209-61×10/宮ウラ60編成)で浦和へ向かいます。右手に腰掛けて擦れ違う電車をチェックして楽しみ、与野では丁度、隅田川から新潟へ向かうワム80000を連ねた5789列車に擦れ違い。

 浦和に着くと会場のあるパルコへ行き、スターバックスで年末から売り出されたティーラテを目当てに品定めするとアッサムラテは品切れでラベンダーラテをマグで頂き、丁度、奥のソファ席が空いていたのでここでシグマリオンで一仕事。これも8年使っているのでそろそろ小振りのパソコンに変えたいなと腹案があるものの、MSオフィスが入るとすぐ10万はするので二の足を踏んでいます。忘年会の時のK氏のお告げではございませんが、秋葉原の路地裏でベラボーに安いのはアフターサービスやらユーザーサポートの適用外になるリスクがあるので遠慮しています。3卓あって右端が制服の女子高生がカップを空にしてダベって居たのでマスター自身、株主さんなのでこう言うお客さんは目上の人から目を付けられて言うと眼中が無いのでは?ともっと家庭や学校も校外での活動を厳しくして欲しいものですね。

 思わぬ長居をして10階のコミュニティーセンターへ行き、駅弁を持って来たので飲食どうなのかなと気にしたら館内所々に飲物の自販機があるので制限が無い様なのでロビーのテーブルで舌鼓を打ち、暫くするとU氏が現れて色々と話をしてそれから暫く経って例会の会場へ行き、支部委員のK氏、それからシニア会員のO氏などいつもの面々が参上。情報交換では高尾山のケーブルカーと5日に本部へ出掛けた後、京王八王子駅のショッピングセンターにある本屋さんでPASMO払いが出来るようになったとお話しました。幹事の一人であるS君と久し振りにご対面。北浦和から会場が変わって行き易くなったのと帰りの電車の時間が読めると後で会費払いの時に談笑し、デジカメ画像は最初、忘年会で紹介する所、M君の接続ケーブルを拝借して披露しようと思ったら、当日は18きっぷ片手に出掛けて来られなかったので今回、こちらからケーブルを持参して新秋津訓練センターでの105系の撮影会を様子を紹介し、21時少し過ぎに散会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

H20.09.01 北関東近郊(高崎線&大宮周辺その2)

 大宮操では3086列車が居座って思わぬ番狂わせに遭い、5683列車のタンク車は追々見るつもりですので機会が出来ましたら改めてご紹介しますのでご期待下さい。

 大宮に戻っていつもの様に3・4番線へ。合間に京浜東北線のE233系にも目を向け、昨年の今頃は地元で頑張っていた事を思うと「京浜東北も制覇するの?」と冷やかされそうな気配です。

○1070列車…タキ1000が続く編成で最近ではすっかりこの列車のレギュラー入りした101番や全般検査で青塗りに化けたH10新製車(宇都宮タ常備車)と連結。現車10両はこの列車にしては短めです。
△蘇我(浜五井)
EF210−132
タキ1000-310 OT/郡山■ ●
タキ1000- 93  OT/倉賀野■ ●△
タキ1000- 98  OT/倉賀野■ ●△
タキ1000- 95  OT/倉賀野■ ●△
タキ1000-673 OT/宇都宮タ■
タキ1000-653 OT/郡山■
タキ1000-101 OT/倉賀野 △
タキ1000-670 OT/宇都宮タ■
タキ1000-650 OT/倉賀野 △
タキ1000-378 OT/宇都宮タ■ 全検20-6-26川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
※●=黒油専用車、△=郡山臨時常備

 1070列車の調査まで終えるとここで昼食の駅弁を品定めにエキュートの『旨囲門』へ。東北各地の駅弁屋さんから限定の駅弁が少しずつ入っている情報をキャッチしたのでもう今回は決まっていて早速一ノ関駅の『あぶり焼き牛肉弁当』を頂きます。時折、八王子の卸売センターへ買物に出掛ける事、当ブログでも書きましたが、中にあるお肉屋さんで岩手牛に力を入れているお店がある事からこれにインスパイアされて頂きました。6番線のベンチに腰掛け、曲げもの風(東京駅の『釜めし弁当』に近い格好です)の器に岩手牛のあぶり焼きは甘辛に味付けしたものを炭火焼の食感。バター焼き用の薄切りがベストかな?舌鼓を打った後にはノートの整理の他にも『あずさ』色の183系が5番線に参上。今日一日だけでも183系の回送が次の通り見られました。
・クハ189-10×8(東チタH81編成)…3番線に13:05頃
・クハ183-1017×6(千マリ31編成、あずさ色)…5番線に13:20頃
・クハ183-1023×8(東チタH101編成)…11番線に15:00頃

 この前後には倉賀野→川崎貨物の4070列車が6番線を通過、EF65 1121牽引でOTタキ1000×10で編成を見るとH11新製の4**台、H16新製の6**台のナンバーが目立ちます。

 大宮から13時34分発の上野行き(898M、クハE231-6015×10+8020×5/宮ヤマU515編成+U57編成)でさいたま新都心へ向かいます。

○5771列車…編成の順序は前方JOT車、後方OT車のきれいな並びで8/22に倉賀野で見たナンバーもあれば、OT→JOT移籍のタキ43000で八王子常備の43286番や郡山常備の43256番(青塗りの頃は標記の行間が妙に空いていましたね)と移籍を確認。
△倉賀野
EF65 1061[JRF色]
タキ43581   JOT/浜五井
タキ1000-563 JOT/根岸
タキ243827  JOT/郡山 全検19-12-4川崎車、自重1*.*t
タキ43256   JOT/郡山[旧OT/郡山] 全検20-5-20川崎車、自重15.7t
タキ43606   JOT/郡山
タキ43286   JOT/郡山[旧OT/八王子] 全検20-5-22川崎車、自重15.8t
タキ243801  JOT/郡山
タキ243828  JOT/郡山 全検19-12-1川崎車、自重16.0t
タキ143645  JOT/郡山 無
タキ43347   OT/西上田 無黒
タキ43459   OT/八王子
タキ1000-458 OT/宇都宮タ■
タキ43351   OT/倉賀野
タキ43388   OT/西上田 石油類)黒地
タキ44023   OT/西上田
タキ44149   OT/宇都宮タ

○4091列車…オールタキ1000の編成で18両編成と頑張っておりました。ここでもH15新製車の全検出場間もないナンバーをキャッチ。
△宇都宮タ
EF210−14
タキ1000-123 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 34  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-305 JOT/根岸 A重、石油類)青地、黒油専用
タキ1000- 47  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 69  JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-196 JOT[E]/郡山
タキ1000- 58  JOT[E]/郡山
タキ1000- 82  JOT[E]/郡山
タキ1000-620 JOT/根岸 全検20-7-8川崎車、自重17.0t
タキ1000-628 JOT/根岸
タキ1000-680 JOT/根岸
タキ1000-357 JOT/郡山 無
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-295 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-248 JOT/郡山
タキ1000- 50  JOT[E]/郡山
タキ1000-765 JOT/根岸

 さいたま新都心から再び大宮は14時06分発の前橋行き(885M、クモハ211-3005×10/高シマC4編成)に乗車。待つ間に4091列車は技を発揮して(ことの性質上、門外不出と致します)一気に整理しました。PDAやスマートフォン片手でも良いのですが、我が身の指ではインプットより書く方が速いのとまた、携帯電話だとチンタラ歩きながらメールをやって気にする身でもあり、注意力散漫になりがちもあるので切替はまだまだです。

 大宮駅に戻り、先の4091列車をデジカメに撮り、今日はホームの浦和方で撮ることにしました。コンデジ片手のお兄ちゃんがホームの外側一杯に出てこれでは一歩間違えると事故や運行障害に繋がりますので気を付けた方が良いですよ。社会人であればこの点、弁えて欲しいものです。今度は小牛田行きの3075列車を待つと遅れている様子で早々6・7番線へ移って7番線から下り線側を見る格好で今日はEF65 1087[JRF色]+コキ50000×10の編成で普段の半分で且つ30A積載分は無し。このまま宇都宮タ→東京タの5586列車の到着を待ち、こちらは言わば先日の見学会の復習と称して待つものの、コキ200に積まれるべき海上コンテナは全く見られず全て空車。タキ1000の青塗りもキャッチしました。
←東京タ EF65 1119+コキ104-1107+2311+2195(日通U47A-38030積載)+95(UM12A-5000)+200-64+100+118(全検20-7-11川崎車)+86+22+53+150+117[東京タ行き]+タキ43271+43125+43514●+1000-400■+43519+1000-658■+43600A+43601A+1000-659■+43403●+1000-398■+43144+1000-380■+1000-675■+43143

 ここまで見るとエキュートで一休みして、一度改札を出て北側の改札から入ると新幹線から降りたお客さんが続いたのでしょうか入るのに暫く待たされて今度はディラ側を見て『エキッチン』には小田原や熱海で売られる駅弁が結構並べられて『鎌倉ものがたり』のイラストが入った大船の『鯵の押し寿司』を発見。11番線で待つと183系や211系、E233系を運んで来たEF64 1031の回送と現れるものの、東海道線の人身事故で湘南新宿ラインの高崎線直通は遅れのアナウンスも。

○1074列車…11番線から遠目で見た格好で見て見間違えがあったら申し訳ございません。この頃は矢羽根模様と青一色の混結がすっかり(?)定着。
←川崎貨物(浮島町) EF210-132+タキ1000-694+671■+736+336■+710+706+712+702+697+396■+747+698(OT/川崎貨物◎、■宇都宮タ、タキ1000-336のみ倉賀野)

○5881列車…こちらも8/22に調査したナンバーが多く(牽引機も偶然同じナンバーです)、いつもは晩秋から少しずつリリーフするタキ38000が早々入りました。タキ43024が連結されていざ撮ると光量不足によるピンボケでマスターと分が悪いです。

EF65 1095[JRF色]
タキ243873  JOT/郡山
タキ243717  JOT/郡山
タキ243660  JOT/郡山●
タキ243875  JOT/郡山 無
タキ43273   OT/倉賀野 無黒
タキ1000-374 OT/宇都宮タ■ 全検20-5-13川崎車、自重16.8t
タキ38052   JOT/仙台北港 3F改
タキ243657  JOT/郡山●
タキ43391   JOT/郡山
タキ1000-348 JOT/郡山 無
タキ1000-662 OT/宇都宮タ■ 無
タキ1000-669 OT/宇都宮タ■ 無黒
タキ43003   OT/西上田
タキ43266   OT/西上田
タキ43016   OT/郡山
タキ43024   OT/倉賀野 無黒
タキ1000-359 JOT/郡山
タキ1000-804 JOT/浜五井 新製19-9-28日車、自重17.2t

 今回の遠征で大宮駅の分はこれで終了。15時40分発の上野行き(634M、クハE231-6029×10/宮ヤマU529編成)でさいたま新都心へ。この間で根岸→宇都宮タの5561列車(EF210-112+タキ44000+タキ43000+タキ1000の順)に擦れ違います。

○5763列車…根岸発はタキ1000、浮島町発はタキ43000に揃えられ(久し振りにこちらが多く面目躍如なり)、計18両編成と頑張っていたものの、黒塗り車はウン度目のご対面ばかり。
△倉賀野
タキ1000-589 JOT/根岸 ↑根岸発 無
タキ1000-511 JOT[E]/根岸
タキ1000-195 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-581 JOT/根岸 ↓ 無
タキ43011 OT/西上田 石油類)黒地
タキ43383 OT/倉賀野
タキ43268 OT/倉賀野 無
タキ43472 OT/郡山
タキ43002 OT/西上田
タキ43396 OT/南松本
タキ43273 OT/倉賀野 無
タキ43513 OT/西上田●[旧JOT/郡山] 常)浜五井、無青
タキ43175 OT/郡山●[旧JOT/郡山] 無
タキ43217 OT/倉賀野●[旧JOT/根岸] 石油類)青地
タキ43206 OT/郡山
タキ43010 OT/西上田
タキ43467 OT/八王子 無
タキ43123 OT/倉賀野 無

○5593列車…コキ104の空車が多く、最後尾のコキ50000は隅田川への交番検査入場車です。
←宇都宮タ EF65 1082[JRF色]+コキ104-256+2764+2037+625[隅田川発]+1618+2071+2217+944[越谷タ発]+50469[越タ→隅田川]

○5781列車…この列車と言うと東邦亜鉛専用列車の印象が強いものの、常磐筋の車扱列車削減のあおりでしょうか検修車もこの頃はこの列車に併結されます。
←安中 EF81 84[北斗星色]+コキ104-1197+1906+530[小名浜→川崎貨物?]+東邦亜鉛タキ15600×12

○8972〜8685列車…夏場でも長編成で頑張る事が多いこの列車、今回は不思議と10両の短い編成となり、ここでもタキ1000のH10新製車の青一色を発見。タキ43000の43330番が宇都宮タから倉賀野常備に移り、同駅常備車からタキ43000のS46以前の車が消滅した事になりました。5763列車と並んだ為にこの列車の後方と錯覚します。
△宇都宮タ
EF65 1043[JRF色]
タキ43030   OT/八王子
タキ43449   OT/南松本●[旧JOT/郡山]
タキ43012   OT/西上田
タキ43427   OT/郡山
タキ43330   OT/倉賀野[旧宇都宮タ常備]
タキ1000-389 OT/宇都宮タ■ 全検20-7-19川崎車、自重17.0t
タキ43353   OT/倉賀野 無黒
タキ43269   OT/倉賀野
タキ43412   OT/郡山 石油類)黒地
タキ43384   OT/西上田

 この後は隅田川→金沢タの2073列車(コンテナは宇部興産UH20A、出光20フィートISO、日通UH6Aと積載)や倉賀野→越谷タの5882列車はコキ50000の他、倉賀野から返送のタンク車(北袖行きのOTタキ43000、浜五井行きのJOTタキ43000・243000)と連結されてどうも8885列車/5882〜8963列車のタンク車は月曜日に連結される確率が高い様子です。

 さいたま新都心から南浦和は16時30分発の大船行き(1635B、クハ209-53×10/宮ウラ52編成)に乗り、丁度乗ったのがサハ209-2で番号を見ての通り、209系のトップ編成に入った生き残りで他の車は1月に廃車されたものの、こちらは6ドア車組み込みの際に一時保留した為、この様な経緯を辿りました。前に述べた通り6ドア車組み込み以前が危ないのでナンバーを中、外とデジカメに撮りました。さすがに開閉チャイムの音も割れておりました。

 中央線のときと同様、E233系の見たまま情報をまとめてみました。編成の20番台に入り、投入が順調に進んでいる様子が感じ取れます。
・クハE233-1003×10(宮ウラ103編成/ニューカレドニアラッピング):35A運用
・クハE233-1005×10(宮ウラ105編成):61A運用
・クハE233-1011×10(宮ウラ111編成):73A運用
・クハE233-1013×10(宮ウラ113編成):15B運用
・クハE233-1015×10(宮ウラ115編成):37C運用
・クハE233-1019×10(宮ウラ119編成):13A運用
・クハE233-1021×10(宮ウラ121編成):17C運用
・クハE233-1023×10(宮ウラ123編成):試運転
・クハE233-1028×10(宮ウラ128編成):11C運用

 南浦和でFrom aquqを自販機で買って喉を潤し、16時54分発の府中本町行き(1614E、クハ205-43×8/千ケヨM12編成)で西国分寺まで乗ります。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

H20.07.03 大宮周辺

 見学会が早く終わり、こちらも終了後はこの辺での取材と決めておりました。目的はJOT→OT移籍のタキ43000のチェックです。

○5881列車…オイルターミナルの車よりもツートンカラーのタキ1000が多く、地元で見掛ける2081/2080列車で本来現れる車が続きました。お目当ての黒塗りは2両見たものの、9番線の電車とほぼ同時の出発でシャッターを切ると相当動いた位置となり、また、タキ43332がデータ未確認で遮るとどうも見逃してしまいます。
△倉賀野
EF65 1121[青プレート]
タキ1000-301 JOT/郡山 無
タキ1000-819 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ43139   JOT/郡山
タキ43631   OT/倉賀野●[旧JOT/郡山]
タキ44118   OT/倉賀野● A重[旧JOT/根岸]
タキ43459   OT/八王子
タキ43332   OT/倉賀野
タキ1000-272 JOT/郡山 無
タキ1000-348 JOT/郡山 無
タキ1000-608 JOT/根岸 無
タキ1000-805 JOT/浜五井 新製19-9-28日車、自重17.2t
タキ1000-820 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ1000-366 JOT/郡山
タキ1000-818 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ1000-672 OT/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ43472    OT/郡山

○5561列車…前の4091列車と調整したのでしょうかこの所、短めの編成(前がタキ44000、後がタキ1000)が定着した感がします。
△宇都宮タ
EF210−116
タキ44109   JOT/根岸 C重
タキ44215   JOT/根岸 C重
タキ44102   JOT/根岸
タキ1000-127 JOT/郡山 A重
タキ1000-121 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-356 JOT/郡山
タキ1000-244 JOT[E]/郡山
タキ1000-630 JOT/根岸 無

 大宮からさいたま新都心へ移動し、15時51分発の上野行き(834M、クモハ211-3016×10+3031×5/高タカC12+A31編成)に乗り、降りて5763列車がすぐ見られる様に付属編成側に乗車します。

○5763列車…この間見た時は根岸発優勢の組み合わせでしたが、今回は逆に本来のメインである浮島町発が多く連結。根岸発は全車タキ1000の連結でH15新製車の全検出場車をキャッチ。これから地元の調査を中心に続々出て来ますのでご期待下さい。
△倉賀野
EF210−136
タキ1000- 64  JOT[E]/郡山 ↑根岸発
タキ1000-617 JOT/根岸 全検20-6-20川崎車、自重16.9t
タキ1000-363 JOT/郡山   ↓
タキ43464   OT/倉賀野
タキ1000-413 OT/八王子 無
タキ43238   OT/南松本
タキ43210   OT/倉賀野 無
タキ43148   OT/西上田 無黒
タキ1000-388 OT/宇都宮タ 無
タキ43171   OT/南松本 石油類)黒地
タキ43381   OT/倉賀野 無
タキ43379   OT/倉賀野 無
タキ43317   OT/西上田 石油類)黒地

 この間には他にクモヤ145-117(八トタ)、泉→安中の5781列車はEF81(北斗星色)+タキ15600×4+トキ25000×6と現れ、8685列車の前方を見る際、停車していたEF65(田端所属機)が遮り、先頭の常備駅が読めなかったのが残念。

○8685列車…最近では珍しくなった北袖発の列車で前1/3は浜五井発。黒塗りのタキ43000を見ると先頭の43328以外は前にも確認しているナンバーで今一つ写欲出ず。中にはタキ1000-458、1000-462と数年前は八王子向けのOT専用列車でお馴染みのナンバーが久々(?)に揃って組まれておりました。
△宇都宮タ
EF65 1101[JRF色]
タキ43328   OT/八王子● ↑浜五井発 [旧JOT/浜五井]
タキ43157   OT/倉賀野●[旧JOT/根岸]
タキ43412   OT/郡山
タキ43456   OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ43383   OT/倉賀野
タキ43565   OT/八王子  ↓ 無
タキ43146   OT/西上田●[旧JOT/根岸] 石油類)青地
タキ43162   OT/南松本 石油類)黒地
タキ1000-458 OT/宇都宮タ■
タキ43131   OT/郡山 石油類)黒地
タキ43270   OT/倉賀野 無
タキ1000-662 OT/宇都宮タ■ 無黒[車票]
タキ43334   OT/倉賀野 無[車票]
タキ1000-373 OT/宇都宮タ 無黒
タキ43413   OT/郡山 無
タキ43167   OT/西上田
タキ1000-462 OT/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ43213   OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ43168   OT/南松本 石油類)黒地

○2073列車…コンテナを見るといつもの顔触れで注目する所では20D-1が積まれて、撮る段になると走り出してしまいぼけた画像になり少々残念。
←南長岡(金沢タ) EF65 1037[JRF色]+コキ50000×6+104-1193+1539+1184+776+106-814+2173+106-970+104-2590+1779
コキ104-1193にUT20A-5125(中央通運[JOT]),5087(中央通運/共に塩化ビニール樹脂)
コキ104-1539にUH20A-472,469(センコーリース/宇部興産、ポリエチレン)
コキ104-1184にUT20C-5087,5088(日本液体輸送/液化塩化ビニール)
コキ106-970に20D-1積載

○5882列車…夏場はコンテナ車だけでタンクの連結が無いのが寂しい所です。
←越谷タ EF65 1077+EF210-133[無動力]+コキ104-288+2229+1517+50000×3

 丁度、先日の鉄道博物館行きの当日と同じコースとなり、16時30分発の大船行き(1635A、クハ209-43×10/宮ウラ42編成)で南浦和まで乗ります。工事していた浦和駅の北行(大宮方面行き)ホームも高架化が完成。お次は列車線の番かな?と勘繰り、地元の中央線も三鷹〜立川間と現在あちこちで高架化工事が進められてこう言う工事の段取りも何処か読める様になりました。

 またまた、E233系の確認した範囲の部分をまとめてみました。
・クハE233-1007×10(宮ウラ107編成):67A運用
・クハE233-1008×10(宮ウラ108編成):41B運用
・クハE233-1012×10(宮ウラ112編成):25A運用

 南浦和で武蔵野線に乗り換え、待ち時間が12分程。ベンチに腰掛けて喉を潤し、16時54分発の府中本町行き(1614E、クハ205-5×8/千ケヨM20編成)で西国分寺へ。日が高いうちはどうしても外を見たくなりますが、朝早かったのと疲れているのでウトウトとしたい所が上手く両立出来ずに過ごし、武蔵浦和で座れたものの、先客の若者共が南浦和で座ったと思ったら一駅で下車して唖然。更にバカップルが右側に座って来てお天道様の高い内の車内でイチャイチャすること。引き摺り出して外へ出したろうかと思いましたが、これから夕方の帰りラッシュや貨物列車の運行に支障を来すので後は「さっさと降りろ!」と願うばかりです。余談はさておき、新座では出発したばかりの2091列車(東京タ→秋田貨物)に擦れ違い、EF64(1000番代更新)+コキ50000×13+コキ106×7の編成。新座タの発着線はEF64(1000番代更新)+コキ50000の2079列車(東京タ→隅田川)が停車中。元々、東海道筋で使われるコキ100系を昼間の有効活用と称したフィーダー列車でしたが、湘南新宿ラインの増強後は武蔵野線回りに回されてひと世代前のコキ50000に格下げと最初、上越線行きの列車かな?と目を疑い、コキ104は5067列車に乗せる広島行きの様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

H20.06.13 大宮周辺&鉄道博物館

 八王子から中央線の快速電車で西国分寺まで乗り、日野で『なごみ』ことE655系に擦れ違い、今日携えたノートを見返すと4月30日は小山で偶然見たなと思い出し、西国分寺から武蔵浦和は京葉線経由の東京行き(1065E、クハ205-14×8/千ケヨM32編成)に乗車。平日の午前中は長々乗っているかなと思ったら主要駅毎に入れ替わる状況で乗っている間、総合すると変に混まないので一安心。北朝霞も通り、明日からは東京メトロ最後の新線と言われる副都心線が開業し、ここから新宿、渋谷と一本で行ける様になり、お客さんの流れもどう変わるのか気になります。降りると乗った編成が両側が山手線、サハ205が埼京線、私が乗ったモハユニットが武蔵野線生え抜きのナンバーでラインの色を見ただけで同じ205系でも出自は様々。降りたところでナンバーの部分を撮ると旧番の393がうっすらと。武蔵浦和から大宮までは埼京線の各駅停車(1007K、クハ205-137×10/宮ハエ26編成、Tc-137にジョンソン&ジョンソンのラッピングあり)でこちらも各駅毎に少しずつ入れ替わりながら大宮駅に到着。

 大宮駅で降りると女性専用車のラッピングを確認してから6・7番線へ向かいます。今日は合間にオイルターミナルの専用列車の編成を見てGW前から見られる様になった黒塗りの移籍車チェックを行ないます。ところが、この頃に宇都宮タからの5582列車(川崎貨物行き)が到着するものの、戸塚付近での立入りの影響が宇都宮線や高崎線にも影響が及び、正午頃には4番線の宇都宮線→横須賀線、6番線の高崎線→東海道線と湘南新宿ラインの電車が並び、中には珍しい熊谷折返しの案内表示も。暫く待って定刻であれば11時半頃、大宮に到着する3086列車が45分程遅れて5番線で一休み。マスターも定刻通りなら20〜30分遅れていると判断し、ここで切り上げてニューシャトルのホームへ向かい、12時30分発の内宿行き(1151×6)で鉄道博物館へ向かいます。

 高崎線へ向かうタキ1000を連ねたオイル専用列車は定刻通りで続いて通過しました。
4073列車)←倉賀野 EH200-1+タキ1000-697+715+716+720+748+713+743+733+695+740
+739+726+717+752[重油専用]+693+737(OT/川崎貨物◎)

3093列車)←岡部 EH200-14+タキ1000-8+121E+130E+43+574+787+792+785+237E+688
+586+191E+220E+270E+358+435E+29E+779+785

 鉄道博物館の見学は開館一ヶ月後以来。今回、中央線ものがたり展を中心に見て高校から電車通学だったマスターにとってここ20年はお手の物。少し前の様子でも覚えている事柄が多く、実際使われたものや資料、HOゲージの模型と展示。色分けしたシートは懐かしく良く乗ったものです。数年前の正月に購入した大正出版の本で紹介された写真がパネルに紹介されてこちらは勉強の範囲と位置付けています。入口に飾られた201系の正面は方向幕が15分毎に変わる仕組みで東京駅のホーム移設時に工事時間の確保で終電を神田止まりにした方向幕も登場。隣の部屋ではポスター展が行なわれ、大正時代の生活必需品の運賃例のものがあり、鉄道が国内の貨物輸送が幅を効かせた時代ならではのもの。5年程前に部会主催で見学会を実施した宅扱のものが展示されなかったのは残念でした。ラーニングゾーンに足を延ばして車体長を短縮したクハ103を見学。再び2階へ戻り、一回りしてから昼食。前後に倉賀野からの4070列車(オール青一色のタキ1000)、川崎車両所の試運転車を連ねた6795列車(タンク車は東邦亜鉛のタキ15600×2、JOTのタキ43368、タキ243823と連結)が通過。後半は1階の展示車両を中心に見学して14時半まで過ごしました。中学校の遠足の一団に紛れて駆け足で見たものの、相変わらず親子連れを中心に賑わっています。

 ニューシャトル(鉄道博物館14:39発、1111×6)で大宮駅に戻り、一休みしている間にED75 1015(更新色/裾帯入り)と愛知区から回送されたDD51 899が到着。修学旅行シーズンを手伝って183系の10両編成も参上。

○1074列車…いつもはスーパーオイルエクスプレス色の車が連なる所、珍しく青一色の車が混じりました。
←川崎貨物(浮島町) EF210-136+タキ1000-705+738+703+671■+750(OT/川崎貨物◎、■=OT/宇都宮タ)

○5881列車…OT所有車でこの所黒塗りの移籍車が見られる様になったので鉄道博物館の見学後はこちらをメインに過ごしました。最初、タキ243000(タキ43000の44t積み車)が中心に入ったかなと思いきや、OT所有車やタキ1000が入り、最近、南松本向けの2081/2080列車が短いと思ったらこちらへ回されて驚きました。
△倉賀野
EF65 1037[JRF色]
タキ44020   OT/倉賀野 全検15-9-5川崎車(21-5-7切)※
タキ44006   OT/西上田
タキ44156   OT/宇都宮タ
タキ43150   OT/西上田
タキ43238   OT/南松本
タキ1000-272 JOT/郡山 無
タキ43347   OT/西上田
タキ43132   OT/郡山
タキ43462   OT/郡山●(旧JOT/郡山) 常)浜五井
タキ1000-404 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-822 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ1000-817 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ1000-820 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ1000-366 JOT/郡山
※タキ44020の期限延長:20-12-25(いずれも熊タ派H18-7/40日)→21-1-19(H19-3/35日)→21-3-7(H19-7/47日)→21-5-7(H19-10/61日)

 大宮からさいたま新都心は15時40分発の上野行き(634M、クハE231-6035×10/宮ヤマU535編成)で向かい、この間にEF210牽引の5561列車(根岸→宇都宮タ)に擦れ違い。

○5763列車…元々浮島町発で組成された列車ですが前方を見ると根岸に居るタンク車が連なり、5561列車と間違えたかなと思って先頭の車票を思わずチェック。倉賀野向けで2列車の設定してもおかしく無い所、一本臨時化されてどの様に送るのだろうと思ったら昨春のダイヤ改正で浮島町発着はタキ1000中心に移り、余裕が生じたこの列車に根岸発が回った様子で旧5761〜5780列車の往復がそっくり移った格好です。従って浮島町発は編成の1/3でここでも黒塗りを1両発見。このタキ43445は前回の全検入場(H17.9)の際に青から黒塗りに塗り変わりJOT青塗り、OT黒塗りと逆を行った経歴を持つ車となります。
△倉賀野
EF210−119
タキ43547   JOT/郡山 ↑根岸発 トケ
タキ1000-836 JOT/根岸 新製19-11-9日車、自重17.2t
タキ1000-763 JOT/根岸
タキ1000-438 JOT[E]/根岸
タキ1000- 52 JOT/郡山
タキ1000-771 JOT/根岸
タキ1000-351 JOT[E]/郡山
タキ43499   JOT/郡山
タキ1000-231 JOT[E]/郡山
タキ1000-794 JOT/根岸
タキ1000-590 JOT/根岸
タキ1000- 18 JOT/郡山 ↓
タキ43210   OT/倉賀野
タキ43445   OT/倉賀野●(旧JOT/根岸)
タキ43381   OT/倉賀野
タキ1000-393 OT/宇都宮タ 無
タキ43405   OT/倉賀野
タキ43165   OT/倉賀野
*5763/5762列車の根岸発着:根岸→5166列車→川崎貨物→5763列車→倉賀野/倉賀野→5762列車→川崎貨物→5681列車→根岸

 この時間、『東邦号』の5781列車(泉→安中)が現れるものの、乗務員の乗り継ぎを大宮に変更したのでしょうか大宮操はスルーしてしまい、EF81 91牽引、タキ15600×11+トキ25000×5の編成。

○5593列車…いつものコンテナ車に加えて前2両はシキ550の連結。コンテナでは西濃運輸のUC7&U30Bが同じ色が揃った珍しい姿やU47Aのウイングルーフ(日通のエコライナー31が黄緑色になったものでヤマト運輸のものがこの列車でお馴染みです)と積まれています。先頃売り出されたトミーテックのトラックコレクションにある全国通運のトラックに積まれていたものと似通ったものです。
←宇都宮タ EF65 1060[JRF色]+シキ551+559(東/川島)+コキ104-2785+793+620+21(全検20-2-13輪西派)+2778+2811+2133+1781[隅田川発]+348[越谷タ→隅田川の交検車]
※コキ104-21は西濃運輸UC7-10871,U30B-14,U30B-6(いずれもベージュ+紺帯)、コキ104-2778にUM12A-5181(JRFリース)、U47A-38126(ヤマト運輸)積載

○8972〜8685列車…一通り見終えて落ち着いた所で改札を出て大宮方のベンチに腰を下ろしてノートの整理していた所、到着したので早速編成調査を行ないました。ここでも黒塗りのタキ43000を見付け、八王子常備と初顔合わせ。帯入りのタキ1000の並びもそろそろ見る機会が減って来るので合わせて収めました。
△宇都宮タ
EF65 1042[JRF色]
タキ44151   OT/郡山
タキ44173   OT/郡山
タキ1000-381 OT/宇都宮タ
タキ1000-461 OT/宇都宮タ■
タキ43412   OT/郡山
タキ43456   OT/宇都宮タ
タキ43028   OT/西上田
タキ43272   OT/八王子●(旧JOT/浜五井) 石油類)青地
タキ1000-371 OT/宇都宮タ
タキ43146   OT/西上田●(旧JOT/根岸) 石油類)青地
タキ43206   OT/郡山
タキ43383   OT/倉賀野
タキ43019   OT/南松本
タキ43157   OT/倉賀野●(旧JOT/根岸) 石油類)青地
タキ43472   OT/郡山
タキ43168   OT/南松本 石油類)黒地
タキ1000-672 OT/宇都宮タ■ 石油類)黒地

 この後は本来ならオイルのタンク車が入る5882〜8963列車(倉賀野〜越谷タ→千葉貨物)を見るとEF65 1063[JRF色]+EF210-135[無動]+コキ104×4+コキ50000×3の編成で編成内容から8963列車の分は空振りとなり、到着した『リゾートエクスプレスゆう』(水カツ)が入って暫くすると京浜東北線のホームへ。

 さいたま新都心から南浦和は16時30分発の大船行き(1635B、クハ209-41×10/宮ウラ40編成)に乗り、南浦和に着くと隣の2番線には出来立てホヤホヤのE233系の117編成(クハE233-1017×10)が鶴見行き(1673A)で入線。

 南浦和で武蔵野線に乗り換え、中央線の5463列車が着く頃まで八王子に着けば良いので一本待って16時54分発の府中本町行きまで待ちます。ちょうど待っていると西船橋方面で新三郷のららシティのラッピングが貼られたクハ205-60×8(千ケヨM21編成、全車が旧ヤテ60編成=山手線分の最終編成です)が到着。三井不動産のラッピングで船橋の海沿いにあるSCの『ららぽーと』と語感が似ているのでピンと来るのではと思われます。16時54分発の府中本町行き(1614E、クハ205-9×8/千ケヨM26編成)に乗り、明るい時間帯で窓越しで止まっているコンテナ車の様子を見て。座っているとスーツ姿の良い男がPSPで一心不乱に遊び、一丁前の社会人が最近では『コドナ』と揶揄したくなる人種が多くなって憂いていますが、鉄道博物館の見物客を見てもこう言った雰囲気を持つ者が多くなって辟易させられ、小学館の『サ○イ』を愛読する様なエスプリが効いた雰囲気ある人は最近とくと見られません。

 西国分寺から大月行き(1651T)で八王子まで乗り、到着が17時50分頃。予告通り間に合い、待合室の設置工事で誘導する警備員さんの姿を気にしながら調査や撮影を進みましたが、詳しい事はこちらをご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

H19.03.08 高崎周辺(その2)

 お昼は高崎駅の『だるま弁当』を頂き、お供のドリンクは高崎支社の目玉商品として定着していた大清水を頂きたい所、昨年秋で販売中止になり『お〜い!お茶!』のペットボトル入りを自動販売機で買って、真新しい待合室で昼食となりました。寒い時にはこの様が場所に限りますが、高崎管内で大清水が無いのはクリープが無いコーヒーみたいで。

 午後は12時58分発の上野行き(922M/クハE231-6037×10、宮ヤマU537編成)で倉賀野へ向かいます。211系の両毛線運用も見られ、高崎線はグリーン車入りの運用で固定されている様子が感じ取れます。

○5882列車…以前は京葉臨海へ返送するオイルの専用列車でしたが、この頃は5881列車〜5884列車に一本化された様子で何処か寂しいものの、倉賀野の貨物基地に留置して18日のダイヤ改正に向けて本格始動が始まるニューカラーのオイルターミナル所有のタキ1000が熊谷タへ交番検査入場の回送。タンク体から外側は土埃が目立ち、車輪が錆び付いては居ないか先日の例会にありましたが、折角の新車が少々勿体ない気がします。編成が短く早めに切り上げるつもりがタキ1000の回送と重なって頑張って何コマも撮影しました。
△越谷タ
EF65 1122[青プレート、冷房]
コキ200-71 川崎貨物行き(全検入場、熊谷タから3880列車)
タキ1000-699 OT/川崎貨物○ ↑熊谷タ行き(交検入場) 新製18-12-26日車、自重17.2t
タキ1000-700 OT/川崎貨物○ 新製18-12-26日車、自重17.2t
タキ1000-701 OT/川崎貨物○ 新製18-12-26日車、自重17.2t
タキ1000-702 OT/川崎貨物○ ↓ 新製18-12-26日車、自重17.2t
コキ53138  熊谷タ行き 全検18-7-4郡山車
コキ52464 ↑宮城野行き 5個目に19B-1777(エコレールマーク入り)積載
コキ51191 ↓ 1個目に19A-807(エコレールマーク入り)積載

 5882列車の後は小田原からの特快3620E(クハE231-8529×10/横コツK-29編成)で高崎へ戻り、西口の駅ビル・モントレーにあるスターバックスで一休み。学期末試験の時期のせいか制服の女子高生で混雑し、所々注意を促す立て札も林立。いつも行く地元のお店と同じ2001年のオープンで冷蔵ケースが交換されていたのも一目瞭然。この後は自由通路(元のラッチ内通路)にあるお土産物のコーナーを覗き、群馬各地のお菓子や焼きまんじゅう、麺類(水沢うどん=ラジオのCMでお馴染みの大澤屋もあります。太田の焼きそば=子育て呑竜様に因んで『呑竜やきそば』です)、高崎のだるまと行く度良い暇つぶしになるものの、埼玉サークルで高崎の車両センターへ見学したついでにしか寄れないのでいつも見るだけで我慢しています。
 夕刊と入れ替えに上野行き936M(クモハ211-3047×10/高タカC15編成)で最後の倉賀野詣でです。

○3096列車…2051列車を見た時に後2両まで達すると貨物基地へ移動したので新座タ行きの前2両(5、6両目)に入るなと思ったら大当たり。熊谷タ発ではいつも通り愛知鋼鈑のUM16A-25000×4返送に高崎運輸のUF39A-39005と積まれておりました。
←新座タ EF210-11+コキ104-1250+2438(全検18-10-3広島車、西岡山行きJOT UR18A多い)+1597(全検19-1-13川崎車)[広島タ行き]+2850[南福井行き]+106-304+104+1127+2537(全検18-8-12広島車、20C-172、273積載)+2076+1641[新座タ行き]+106-968(新製18-6-6日車)[大阪タ行き]
・エコレールマーク入りコンテナ(■、●=補修マーク済マーク)
19B:133■、4054●
19D:7755、8203、9530、11031、11032

○5771列車…5765列車〜5772列車と同じ浜川崎発の列車でタキ1000が目立つ一方、OT八王子常備やトップナンバー、旧OT車(共にA重油専用にしてい)、タキ43000では珍しい浜五井常備車やSUSタンクを持つ143645番と浜川崎の名物車が勢揃い。前方はツートンカラー、後方は青塗りが固まりました。

EF65 1094[JRF色]
タキ38036    JOT/郡山 全検15-5-8川崎車(21-6-26切)、自重17.6t 常)浜川崎、3F改
タキ1000-278 JOT/郡山 全検18-7-20川崎車、自重17.0t 無
タキ43499   JOT/郡山 全検18-10-27川崎車、自重15.9t
タキ143645  JOT/郡山
タキ43568   JOT/根岸 全検18-11-28川崎車、自重15.7t 石油類)青地
タキ1000-280 JOT/郡山 全検18-7-21川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-276 JOT/郡山 全検18-6-16川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-1  JOT/郡山 A重
タキ43581   JOT/浜五井 全検18-4-26川崎車、自重16.1t 石油類)青地
タキ1000-413 OT/八王子
タキ1000-664 OT/倉賀野■
タキ1000-273 JOT/郡山 全検18-4-5川崎車、自重16.9t
タキ43129   OT/郡山
タキ1000-275 JOT/郡山 全検18-6-14川崎車、自重16.9t
タキ1000-444 JOT/根岸 A重
タキ1000-451 JOT/根岸 A重
タキ44155    OT/南松本

○5772列車…5765列車の返送でお約束通りOT所有車、タキ38000が2両減っておりました。
△浜川崎
EF65 1048[JRF色]
タキ1000-401 OT/宇都宮タ
タキ38002   JOT/郡山 常)根岸
タキ43356   OT/南松本
タキ43446   JOT/根岸 トケ
タキ43315   OT/西上田
タキ1000-452 OT/倉賀野■
タキ43126   JOT/仙台北港 青塗り トケ
タキ43557   JOT/根岸 全検18-5-19川崎車、自重16.0t A重
タキ43282   JOT/根岸
タキ43580   JOT/郡山
タキ243828  JOT/郡山 全検15-3-1名古屋車、自重16.0t
タキ43224   JOT/郡山 青塗り
タキ243748  JOT/郡山 A重
タキ43642   OT/郡山 A重
タキ44011   OT/倉賀野 全検18-7-10川崎車、自重16.1t
タキ243821  JOT/郡山 全検15-3-20名古屋車、自重16.0t
タキ1000-313 OT/郡山

 ここまで終わると上野行き950M(クモハ211-3057×10/高タカC5編成)で新町へ行き、千葉貨物(浜五井発)の5881列車の到着を待つものの、待避駅が変わったのか空振りで次のアーバン・上野行き3936M(クモハ211-3029×10/高タカC8編成)で大宮へ。

 途中、5881列車は本庄の手前で擦れ違い、JOTのタキ43000、OT車と半数ずつと言った組み合わせ。岡部では2番線に根岸行き5768列車が待機して(←根岸)EH200-2+タキ1000-149+622+565+431+565+431+365+762+224+435+61+216+586+158+110+118+107+43+46の編成で前9両が一昨日の8273列車〜8272列車で八王子に来たナンバーが続き、機関車、貨車と地元でお馴染みです。籠原の増結が無く、熊谷タ構内はホキ10000が3編成(1本あたり10両)休む傍ら、走り出す5781列車(東邦号)はEF81+タキ15600×12と最近はトキ25000も休みがちと言った様子。発着線には金沢タ行き2073列車がEF65+コキ50000とコキ104の間に熊谷タ発コキ104(神栖発の中央通運orみなと運送UT20A-5000やデンヨーのUM8Aと積載)を挟み込みます。鴻巣と北本の間で5763列車(川崎貨物→倉賀野)に擦れ違うとタキ1000は帯入りや一色は見られたものの、楕円入りはゼロ。この頃は編成が短めで魅力半減です。鉄道博物館も少しずつ建築が進み、川越線が丁度、大宮駅の地下ホームから出て来る場所ですのでご確認してみて下さい。

 大宮ではエキュートの中で暇をつぶしてそのまま5772列車の撮影を楽しみ、タキ243000は4番から撮影してこのまま9364M『むさしの』4号(クモハ115-318×6/八トタM40編成)に乗り、武蔵野線内の停車駅は北朝霞、新秋津と大宮は埼玉県の一大ビジネス集積地と思うとこの2駅への乗客が多いのも伺えます。北朝霞では2085列車(横浜羽沢→金沢タ)に擦れ違うと牽引は茶塗りのEF65 57で午前中は倉賀野で5764列車の単機でご対面。国立の手前で足止めして八王子は3分遅れての到着。

 八王子で降りて京王プラザホテルのスターバックスで小休止の後は5460列車の到着に合わせて3番線で待つものの、タンク車の顔触れは2日(南松本3日着)の5467列車と大半が重なりましたが、EH200は出来立ての12号機、反対の2番線には先月新製されたE233系のT7編成が到着。『スーパーあずさ』34号が自動車のエンコで大幅に遅れて気になるものの、こちらは昼下がりに南松本を出て夕闇迫る甲州路を走り抜けているので巻き込まれずに到着します。
△川崎貨物
EH200−12
コキ50605 北長野→川崎貨物(交検入場) 全検18-12-12郡山車
タキ1000-644 OT/倉賀野■
タキ38102   JOT/郡山 常)浜川崎
タキ43260   OT/郡山
タキ43226   OT/倉賀野
タキ1000-377 OT/宇都宮タ
タキ43168   OT/南松本
タキ1000-254 JOT/郡山 根岸行き 全検18-12-1川崎車、自重17.0t

 帰りはE233系に合わせて並ぶものの、なかなか分が悪く後で2本待った方が良かったかな?と思いましたが、大月行き通勤快速1917Hで高尾まで行き、3番線の到着で先の『スーパーあずさ』が遅れた影響で大月発の中央特快2046M〜2046Tが2番線から4番線に発着線変更と逆入線と珍体験を楽しみ、西八王子に着きました。E233系の運用状況は次の通りです。
・クハE233-7×10(八トタT7編成):63T運用
・クハE233-43×10(八トタH43編成):25T運用
・クハE233-53×10(八トタH53編成):77T運用
他に09T、71Tと見る事が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧