ワム80000

2012年1月25日 (水)

H24.01.25 八王子駅+その他

 この週明けは関東地方も久し振りのまとまった降雪となり、昨日の午前中は拙宅の前を雪かきをしたものの、部屋着のまま外に出たのでズボンの裾がびしょ濡れで終わった後で慌てて洗濯機の中に突っ込みました。

 いつも地元で見るネタ探しの他にも新年会の後で倉賀野での調査でムラが生じたので再確認と称して西国分寺まで足を延ばしました。

 西八王子の南口から9時48分発の八王子駅南口行きのバスに乗ると路面凍結を気にしたのか2分程遅れての到着でまたまた満席。空いたところで座れたものの、何しろ年配者が多く気になりますが、もう少し八王子駅方面もまとまった本数があれば満足するのですが………。丘の上を回って16号の交差点に近いみよし坂で相当信号待ちとなり、南口のロータリーは5分程遅れての到着で折り返して南大通り経由の西八王子行きの往復をこなすのでドライバーさんも大変ですね。

 年明け最初の給料日と相俟って信用金庫のATMも混雑していたので貨物列車見られるかな?と気にしつつ引き出してから券売機でSuicaをチャージ。昨年の晩秋までNEW DAYS miniがあった場所に昨日から新しくHONEY's BARとDANISH BARがオープン。改札口の角よりもエキュートの中に置いても悪くない洒落た店構えで今秋までには何処かしら大掛かりな工事をするのでここは期待したいものです。

 ホームに来ると中央線の快速電車が新宿で立ち入りがあって大幅に遅れているとの事。時期柄、高校の出願も始まる時期なのでマスターが中学3年の頃はこう言う事は滅多に無かったのですが、今は異常じゃないかなと感じ取れます。4番線から5番線方向を見ると京葉臨海行きの8472列車は機関車だけ、間に東急5050系を挿んで85列車は下記の通りです。

*東急5050系の甲種輸送は次の通りで南側の群線には明日送られる分の4105〜4405の4両が入線していました。
←長津田 DE10 1155+4805+4905+4005(▷)+4505+4605+4705

○85列車…この時期はタキ1000入りが当たり前ですが、降雪の影響でしょうかコキ104ばかりの面々です。
←竜王 EH200-901+コキ104-723+1711+2454(全検23-6-21輪西派)+2352(全検23-7-28輪西派)

 ここまで終わると自販機でWANDA朝のカフェオレを買い、3番線に止まっている10時42分発の東京行きで西国分寺へ向かいます。途中、立川で先に着いた青梅特快を待避します。

 西国分寺に着くと改札を入り直して4番線へ。先に根岸→岡部の3093列車(EH200+タキ1000×13)が通過してこれも3月のダイヤ改正で廃止される噂なので撮るとなると車票かな?と思い、この間に通過した貨物列車は次の通りでこちらも3月のダイヤ改正で廃止される紙輸送の返送も見る事が出来ました。

・4095列車(東京タ→千葉貨物):EF210-17+コキ100(100〜103の4両ユニット)+コキ107・106+コキ200(空車)
※昨年3月の脱線事故の影響でしょうかコキ200の運用にコキ106・107を添える例が目立つ様になりました
・3461列車(越谷タ→富士[→稲沢]):EF210-135+ワム380000×36(両数がアバウトでごめんなさい)
※相模貨物まで連結される建材の返送コキがありませんでした
・3064列車(札幌タ→東京タ):EF210-138+コキ104×20(5〜8両目はコキ103・102の4両ユニット、JOTのUR18AやUR19A[H23製『がんばろう日本』入りも積載]が目立ちます)
・4073列車(川崎貨物→倉賀野):本来の目的はこの列車でタキ1000をチェックする筈でしたが、4番線を通過するとEF64 1033[更新色、冷風]の単機だけで拍子抜けしました。

 2番線から下り電車に乗ると八王子行きの電車が出た後で5分程遅れて到着した11時35分発の高尾行きで八王子まで乗ります。立川では安善へ返送するジェット燃料のタキ38000とご対面。タキ1000が入った様でどのように使われているのか疑問で近いうちに取材しますのでご期待下さい。

 一度改札口を出てサザンスカイタワーのスターバックスで一休みして今日はアメリカーノで一杯。デッキから南側の群線に止まっている東急5050系をデジカメに収め、4番線に到着するE233系の姿と並ぶとベースも手伝い、親戚みたいだなと感じる事も。

○8092列車…いつもの14両編成で到着し、さすがに年末前後から頑張ったのかこの頃になると撮るのも些かパワーダウンと言った所です。
△根岸
EF210−121
タキ1000-759 JOT/根岸 全検23-10-7川崎車、自重16.9t
タキ1000-196 JOT[E]/郡山
タキ1000-234 JOT[E]/郡山 全検23-5-2川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-228 JOT/郡山 全検23-4-22川崎車、自重17.0t
タキ1000-600 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-250 JOT[E]/郡山 全検23-8-8川崎車、自重17.2t 無
タキ1000-160 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-431 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-868 JOT/根岸 無
タキ1000-153 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-359 JOT/郡山 無$
タキ1000-803 JOT/浜五井 無○$
$=浜五井配備車、○=制輪子性能向上車

 この後でいつもは2番線を通過する高尾→豊田の回送電車(542M、←クモハ115-304×3+309×3/八トタM1+M6編成)が3番線で5分程停車して夏場の節電ダイヤの頃を思い出しましたが、これまたダイヤの乱れが影響してこの後の八王子折り返しが区間運休。81列車の到着を待つ所で60歳過ぎと言った感じのカメラ片手のお父さんが現れてさすがに前後の様子を知っていたのか「今日は列車遅れてますよ!」とお話し、年功を意識して落ち着きますが、若僧の撮り鉄となると言葉が荒げますね。

○81列車…定刻より3分程遅れての到着でこちらもいつも通りの編成です。

EF210−121
タキ1000- 71 JOT[E]/郡山
タキ1000-783 JOT[E]/根岸 全検23-9-5川崎車、自重16.9t
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 全検23-12-16川崎車、自重16.7t
タキ1000- 82 JOT[E]/郡山
タキ1000-757 JOT[E]/根岸 全検23-8-31川崎車、自重16.9t
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-609 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-432 JOT/根岸 無○
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-579 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-226 JOT[E]/郡山 全検23-6-6川崎車、自重16.9t
タキ1000-353 JOT[E]/郡山 全検23-11-29川崎車、自重16.8t
タキ1000- 53 JOT[E]/郡山
タキ1000-879 JOT/根岸
タキ1000-683 JOT/根岸 石油類)黒地$
$=浜五井配備車、○=制輪子性能向上車

○80列車…先程85列車を見たらコキ104しか連結していなかったのでこの数日の降雪の影響もあってでしょうか短い11両編成で到着しました。
△根岸
EH200−18
タキ1000-111 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-420 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-465 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-576 JOT/根岸 無
タキ1000-587 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-874 JOT/根岸
タキ1000-244 JOT[E]/郡山 全検23-4-20川崎車、自重16.8t
タキ1000- 51 JOT[E]/郡山 
タキ1000-478 JOT[E]/根岸
タキ1000-581 JOT[E]/根岸 ○
タキ1000-505 JOT[E]/根岸
○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試行車

 電車が遅れていたので帰りの電車も様子を伺う格好で『かいじ』107号の後の快速電車(1203H、クハE233-32×10/八トタT32編成)に乗り、運行番号と編成とずれているので乱れが多い事も実感し、西八王子で降りると北口のマクドナルドでお昼のビッグアメリカ・グランドキャニオン(ポテト付き)+カプチーノを買い、踏切で通過する列車を待つと丁度千葉貨物行きの2080列車が通過してEH200-8の牽引でタキ1000は青塗り2両に混じってここで全検出場した302番もキャッチし何時もながら浜川崎に居たナンバーが続いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

H22.12.23 大宮周辺

 八王子から9時51分発の『むさしの』で大宮まで乗ります。「八王子=205系」は横浜線や相模線、八高線の乗車経験は数知れず、今回、武蔵野線のこれに乗るのは始めて今までは西国分寺の1番線から4番線の移動がインプットされて待ち合わせの間の撮影も密かな楽しみですが、地元から一本と少々味気なく5番線に止まる横浜線の同系並びはちょっとした楽しみで出発進行。八高線の電車は見られませんでしたが、日野では竜王行きの85列車(EH200-8牽引)に擦れ違い、祝日はいつもコンテナ車ばかりですが、この時期らしくタキ1000も連結。多摩川の鉄橋から見た富士山は素晴らしく、立川は4番線の停車で何か接続か退避があるのかと思ったら何も無く、ただ止まっただけで左側に座ってきた団塊世代のご夫婦は新秋津まで乗られて「これで良いですよ!」とアドバイス。南武線の下り線ではクハ205-1201×6(横ナハ46編成/09F運用)が入って高架線から短絡線を5分ほど走って加速が増すと武蔵野線の本線に入って普段の走りっぷりに。新小平では早速209系の500番代(クハ209-515×8/千ケヨM73編成、49E運用)に擦れ違い、後は北朝霞まで各駅停車。新座タ構内のワム380000を見て荒川の鉄橋の手前で静岡貨物行きの3461列車(コキ50000×3+ワム380000×3)に擦れ違い、荒川を渡って西浦和の手前で短絡線へ。この辺りからも富士見を堪能し、再びトンネルを潜ると与野に到達。大宮操の発着線が見えると左手にタンク車、右手にEH500牽引のコンテナ列車が止まって1時間弱のミニトリップ気分の初乗車も終了。

 大宮駅は11番線の到着。入場していたE257系(クハE257-516×5/千マリNB16編成)や1時間半遅れで上野へ向かう『北斗星』を見て先程のタンク車が気になったので高崎線or宇都宮線の上野行きでさいたま新都心へ。タッチの差で高崎線の電車が出発したので4番線から10時56分発の上野行き(578M、クハE231-6018×10/宮ヤマU518編成)の下り方先頭に乗って向かいます。

○4078列車…今年に入って初めて高崎線にEF66が入るようになった列車で注目されましたが、当日はEF210牽引。首都圏のオイル輸送列車では新鶴見は勿論、岡山は宇都宮タ行きの4091列車を担当していますが、吹田の桃太郎は初見参。
△根岸
EF210−156
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 全検22-9-6川崎車、自重17.0t
タキ1000-477 JOT[E]/根岸 全検22-10-7川崎車、自重16.8t
タキ1000-478 JOT[E]/根岸 全検22-7-9川崎車、自重16.9t
タキ1000-437 JOT/根岸
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 全検22-7-12川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-286 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-293 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-225 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-248 JOT/郡山 無
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-166 JOT[E]/郡山 全検22-8-5川崎車、自重16.9t
タキ1000-150 JOT[E]/郡山 全検22-8-9川崎車、自重16.9t
タキ1000-198 JOT[E]/郡山 全検22-8-4川崎車、自重16.8t
タキ1000-872 JOT/根岸
タキ1000-148 JOT[E]/郡山 全検22-5-24川崎車、自重16.8t
タキ1000-311 JOT[E]/根岸 A重/石油類)青地
タキ1000-308 JOT[E]/根岸 A重/石油類)青地
タキ1000- 37 JOT[E]/郡山 A重

 さいたま新都心のホームに降りて丁度大阪タ→宮城野の4089列車が到着して15分停車。出来立てのEF210-170(新鶴見区)の牽引、前4両が宇都宮タ行きでコキ104は31フィートコンテナを占めて先頭=日通U47A-38203,38038、2両目=日通U46A-30014(グレー)、パナソニックU47A-38074、3両目=東芝物流(東芝メディカルシステムズ)/栃木県北通運U51A-39721、合通(電線工業会)U47A-38286と賑やかな編成です。この辺を見てから改札を出て本来、『むさしの』に乗ると大宮と(停車しない)新都心は複乗扱いになるので運賃計算上ではセーフです。

 コンテナの時の様にさいたま新都心駅の西側の道路沿いから8179列車のタンク車を確認しました。中には前に見落としたナンバーも多く、頑張ってチェックし、勿論交通安全を心掛けて。確認を終えてから改札口の脇にあるNEW DAYSで昼食のおにぎり(青菜おかか昆布&ふるさとおむすびの陸奥湾帆立煮)を頂き、東北新幹線の開業記念なのか青森や岩手産の素材を使ったおにぎりが目立ちました(最初は合間にベンチで食べようと思いましたが、列車の頻度が高かったので結局、忘年会の会場のロビーでつまみました)。

○8179列車…本来なら朝方来る列車が東北本線内のダイヤの乱れでしょうか結局、出発は12時50分頃と長い事抑止していた事が分かります。郡山行きの列車なので最近はタキ1000中心の列車が多くなりましたが、久し振りに最速75Km/hの列車を見た事になります。
△郡山
EF65 1072[冷風]
タキ38077 JOT/郡山 全検20-6-26川崎車(26-2-1切) 3F改制輪子
タキ43282 JOT/根岸 全検20-5-10川崎車(25-11-8切)
タキ43151 OT/西上田 全検22-5-24川崎車、自重15.8t
タキ43545 OT/宇都宮タ●
タキ43150 OT/西上田 全検22-4-1川崎車、自重16.0t
タキ43402 OT/宇都宮タ 全検22-4-7川崎車、自重15.6t
タキ43407 OT/宇都宮タ 全検22-4-2川崎車、自重15.7t
タキ43272 JOT×/根岸 全検18-10-5川崎車(24-5-28切)
タキ44018 OT/郡山
タキ44020 OT/倉賀野 全検21-5-28川崎車、自重16.2t
タキ44017 OT/郡山 全検20-9-17川崎車、自重16.3t
タキ43467 OT/八王子 全検22-5-14川崎車、自重16.1t
タキ43346 OT/郡山
タキ43410 OT/郡山 全検22-6-4川崎車、自重15.7t
タキ44007 OT/郡山
タキ43406 JOT/郡山 全検22-4-28川崎車(27-8-7切)、自重15.7t
タキ43144 JOT/郡山○ 全検17-4-1川崎車(23-4-21切)
タキ43028 OT/西上田

○4052列車…『トヨタロングパスエクスプレス』は意外と当ブログ初登場で大変お待たせしました。名古屋臨海の名古屋南貨物(以前、JOTのタンク車で名古屋南港常備とありましたが、この駅です)から盛岡タへ31フィートコンテナ(TOYOTAロゴ入りのU55A)を連日ピストン輸送する事で知られています。こちらは名古屋への返送で本来なら早朝の停車ながら東北本線の気象障害の影響でしょうかお昼跨ぎで1時間程停車しました。コンテナ車は最初、コキ106で揃えたのでは?と思ったら意外とコキ104中心。牽引は新鶴見のEF210で首都圏のオイル輸送と並んで直流区間の運用を独占しています。余談になりますが、11時半頃には5時間遅れで4053列車(笠寺→盛岡タ)が来ました。マスターも頑張って撮影を楽しみました(不思議と撮っている方は見られませんでした)。
△笠寺(名古屋南貨物)
EF210−123(新鶴見まで)
コキ104-**** [空車]
コキ104-**** [空車]
コキ104-**** U55A-39***,39***
コキ104-**** U55A-39***,39***
コキ104-**** U55A-39***,39***
コキ104- 774 U55A-39890,39634
コキ104-1403 U55A-39830,39945
コキ104-2826 U55A-39832,39794
コキ104-1710 U55A-39857,139516E
コキ104- 333 全検21-6-12輪西派 U55A-39789,39663
コキ104- 244 U55A-39655,39598
コキ106- 971 U55A-39720,39654
コキ104-2889 U55A-39755,39545
コキ104-1734 U55A-39892,39802
コキ106-1144 U55A-139545E,39915
コキ104- 852 U55A-139504E,39585
コキ104-2396 U55A-39534,39854
コキ104-2616 U55A-39744,39588
コキ104-2810 U55A-39694,39781
コキ104-2470 U55A-39710,139533E
E=エコライナー31のロゴ入り

 この間に秋田貨物→東京タの2090列車(約40分遅れ、EH200-18牽引、中央通運20フィートISOタンク、W19D-1310,790など)、2時間半遅れの上り『カシオペア』(牽引が専用塗色のEF510ではなく青森のEF81 137[ヒサシ付き]で通過。貨物列車も定刻やダイヤの乱れと入り交じりこちらもシッチャカメッチャカな状態でここでは定刻で来た列車を優先してご紹介します。

○3094列車…岡部からの返送でA重油の専用車も混じるかと思いきや、オール白油の車が入り、八王子行きの列車に近い陣容です。
△根岸
EF64 1038[更新色、冷風]
タキ1000-569 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-249 JOT[E]/郡山 無黒
タキ1000-229 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-365 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-283 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-507 JOT[E]/根岸 全検22-11-18川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-851 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-783 JOT[E]/根岸
タキ1000-570 JOT[E]/根岸

○3093列車…上りの3094列車に似た編成ですがEH200牽引で一目瞭然。ホームの大宮方に立って動き出してそのまま書き出しました。
△岡部
EH200−21
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 全検22-6-9川崎車、自重16.9t *
タキ1000-156 JOT[E]/郡山 全検22-6-9川崎車、自重16.8t 石油類)黒地*
タキ1000- 58 JOT[E]/郡山
タキ1000-789 JOT[E]/根岸
タキ1000-628 JOT/根岸 無
タキ1000-258 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-191 JOT[E]/郡山 全検22-5-13川崎車、自重16.9t *
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-372 JOT[E]/郡山 無*
○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試験車

 この頃には先程、『むさしの』で乗ったクハ205-59×8の編成が東大宮経由で東所沢へ回送し、4時間遅れて北九州タ→倉賀野の2055列車(EF65 1069[JRF色]+コキ104・106・107/20C、20D、高崎運輸UF40A積載)、今回のダイヤ改正で小金井発着の電車を見直した宇都宮線の古河行き(569M〜620M、クハE231-6040×10/宮ヤマU540編成)と来ました。

○4073列車…通常は数分停車の所、30分程止まってその分遅れました。タンク車は矢羽根色のタキ1000が来ると思いきや、青一色の車で4071/4070列車の分とトレードしたのでは?と感じ取れます。色々列車が輻輳して慌てて確認したのか15両連結している所1両見落としました。牽引はEF64 1006[冷風]、倉賀野常備の未確認の全検車ではタキ1000-667(全検22-9-29川崎車/16.8t)、タキ1000-646(全検21-9-18川崎車/17.0t)、タキ1000-644(全検21-10-1川崎車/17.1t)、宇都宮タ常備でタキ1000-388・387がありました。

○5584列車…編成はいつもの顔触れでコキ104が5両→3両とダイヤが乱れのか少なめで浮島町行きのタンク車は時期柄、オールタキ43000の顔触れです。
△東京タ
EF210−163
コキ104-1298
コキ104-1217
コキ104-1426
コキ106- 59 [中国海送40’]
コキ106- 734 [中国海送40’]
コキ106-1111
コキ106- 112
コキ106- 893
コキ106- 416 [K-Line 40’]
コキ106- 846
コキ106- 825 [K-Line 40’]
タキ43025 OT/倉賀野
タキ43360 OT×/西上田●
タキ43286 OT×/西上田●
タキ43008 OT/西上田
タキ43137 OT/倉賀野
タキ43354 OT/南松本
タキ43607 OT/宇都宮タ●
タキ43165 OT/倉賀野
タキ43285 OT×/西上田●
タキ43369 OT×/西上田●  トケ
タキ43358 OT/南松本
タキ43582 OT/郡山
タキ43355 OT/南松本
タキ43269 OT/倉賀野
タキ43250 OT×/宇都宮タ●
タキ43612 OT×/宇都宮タ● 黒油
タキ43169 OT/倉賀野 全検22-6-3川崎車、自重15.9t
タキ43255 OT×/宇都宮タ●
タキ43172 OT/南松本

○4074列車…タキ1000オンリーで浜川崎に配備(正確には復帰)された青塗りタキ1000やトップナンバー、今年の全検車と賑やかな編成でロングパスエクスプレスが出発して8179列車や4073列車で慌ててしまい、後方のきれいなタキ1000は時間切れ。余談になりますが、牽引機はEF64の1015号機で一昨日、JR貨物色時代をモデルにしたBトレを買ったので嬉しくなりました。
△浜川崎
EF64 1015[更新色、冷風]
タキ1000-280 JOT/郡山 無
タキ1000- 1 JOT/郡山 A重
タキ1000-335 JOT/根岸○ 石油類)黒地
タキ1000-407 OT/宇都宮タ A重
タキ1000-399 OT/宇都宮タ
タキ1000-884 JOT/根岸 新製22-2-24日車、自重17.2t
タキ1000-651 JOT/根岸
タキ1000-452 OT/倉賀野
タキ1000-678 JOT/根岸 全検22-**-**川崎車、自重17.*t
タキ1000-647 OT/倉賀野
タキ1000- 16 JOT/郡山 A重
タキ1000-243 JOT/郡山 無
タキ1000-621 JOT/根岸 無
タキ1000-278 JOT/郡山 無
タキ1000- 12 JOT/根岸○ 石油類)黒地
タキ1000-666 OT/倉賀野 全検22-10-25川崎車、自重17.2t
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 全検22-9-17川崎車、自重16.8t

○5683列車…武蔵野線からは定刻で到着するものの、8179列車の出発が遅れた影響で暫く足止めとなり、編成は通常通りの20両編成。冬場のピンチヒッターもタキ38000よりもタキ43000(浜五井配備)が目立つ様になりました。
△宇都宮タ
EF210−133
タキ43624 OT×/倉賀野●
タキ44013 OT/倉賀野
タキ43614 OT/宇都宮タ●
タキ43609 OT/宇都宮タ●
タキ43397 OT/宇都宮タ 全検22-4-30川崎車、自重15.7t
タキ43352 OT/倉賀野
タキ43398 OT/宇都宮タ 全検22-4-5川崎車、自重15.8t
タキ43014 OT/郡山
タキ43355 OT/南松本
タキ43167 OT/西上田
タキ43332 OT/倉賀野
タキ43175 JOT×/根岸 全検18-1-23郡山車(23-9-16切)
タキ43347 OT/西上田
タキ43392 OT/宇都宮タ 全検22-4-23川崎車、自重15.8t
タキ43149 JOT/郡山 全検22-4-17川崎車(27-7-27切)、自重16.1t
タキ43416 OT/倉賀野 全検22-5-28川崎車、自重15.5t
タキ38042 JOT/郡山 全検20-9-18川崎車(26-6-9切) 3F改制輪子
タキ43361 JOT/郡山 全検20-5-22川崎車(25-11-20切) 常)根岸、トケ
タキ43135 OT/郡山 全検21-6-9川崎車、自重15.8t
タキ43459 OT/八王子 全検22-5-24川崎車、自重15.7t

 いつもは宇都宮行きの電車に乗りますが、貨物列車のダイヤが乱れて12時53分発の高崎行き(875M、←クモハ211-3027×5[籠原行き]+3061×10/高タカA27+C14編成)に乗って大宮へ向かいます。丁度同じくらいに8179列車が出発して大宮を降りた所で撮影した事はいう間でもありません。

 大宮駅から今度はそのまま与野本町へ向かい、8・9番線から3・4番線へ。定刻なら郡山→京葉臨海の1070列車が来ますが、同じEF210でも4番線に入線してダイヤ改正で変更があったのでは?と思いきや、チラリと日豊本線の佐土原行きの荷票が見えたので大阪以遠の列車と感づき、EF210が岡山所属機だったので後で運用表で調べると4084列車(東青森→福岡タ)と判明。こちらも定刻なら初電が来るか来ないかの頃合いで8時間余りの遅延と分かります。
←福岡タ EF210-131+コキ104-259+106-192(全検19-8-23川崎車/24-8-28切)+104-876+1587+1965+238+1321+268(全検22-9-13広島車)+2386[日通U47A-38202積載]+365+106-847+104-2730+1195[1個目に30A-1046積載]+287+2766+106-596+104-2451+2777+941

 このまま埼京線と新幹線の乗り換え口へ行って『はやて』号の新青森行きが入った案内を撮ってから手前のNEW DAYSでピザポテトを2袋、手土産に買ってその足で19・20番線へ。『朝の茶事』のホットを買い、川越から来る快速電車の新木場行き(1288F、TWR70-084×10)に飛び乗り、与野本町へ。車内で会員仲間のU氏やM君へ携帯からメールを打ちます。

 与野本町で降りて9月初めに行われた納涼会以来で4ヶ月弱ぶり。新都心のNEW DAYSで買ったおにぎりを最初は新都心駅のベンチで食べようと思った所、列車が続いたのと風が強かったので漸く有り付け、朝食を頂いてから4時間経って気分もヘトヘト気味に。バッテリーの目盛りが一つしか無いマークと似た状況で一気に回復。忘年会の会場である視聴覚にはリーダーのF氏など幹事3人が準備中。早速差し入れを渡して少しずつ集まってからスタート。いつも顔を出される皆さんが大勢来られて(部会仲間のK氏は来られませんでしたが、後刻U氏やM君も到着。両者からのメール確認が後手になりましたが、こちらの携帯に無事届いておりました)、席上、進行役のS君から指名頂いて205系化した『むさしの』号の簡単な乗車記を話して、デジカメ画像は仙台へ出掛けた時の様子をサッと紹介。途中でお菓子やドリンクが振る舞われてマスターからのピザポテトに途中買い出しに出掛けて中には『てなもんや三度笠』でお馴染み前田のクラッカーも出て来て17時少し前に散会。埼玉サークルの皆さん、今年一年、色々とお世話になりました。

 与野本町から17時11分発の川越行き快速電車(1691F、TWR70-060×10)に乗って大宮へ。またまた、りんかい線70-000系の乗車で上手く行けば全部205系でしたが、埼京線は電車によって70-000系が来るのでよう分かりまへんな。運行番号を見るとダイヤ改正前と変更が見られず3月のダイヤ改正の時に買ったポケット時刻表のままです。

 大宮に来て21・22番線から11番線へ行き、『しもうさ』、『むさしの』と続いて到着するのでM君も同行し、同乗した横浜から来たI君はここから湘南新宿ラインに乗り換え、今後とも宜しくお願いいたします。丁度、総合車両センターから日光直通用に改造していた253系が引き出されて皆さん夢中で撮影し、マスターは合間で撮る格好で本筋の武蔵野線直通を待つ事に。『成田エクスプレス』時代と違ったカラーリングで赤とオレンジとイラストで見た通りの色合いですが、実物を見ると京阪の特急列車に似た様な雰囲気です。M君に丁度、『鉄道の日きっぷ』を使って回った時は改造前の姿で今日はこの後だよと教えてあげて、リフォームの番組を思い出します。

 貨物列車では次の列車が行き来しました。
・1063列車(広島タ→札幌タ):20分程遅れての通過でしたが、EF66 125の牽引。コンテナには日本フレートライナーU31A、福山通運U51A、日本梱包運輸倉庫U51A、ランテックUF43Aと積載。
・2091列車(東京タ→秋田貨物):定刻の通過でEH200-5の牽引。コキ106のパートにはコキ107も混じって101、22と連結。ヤンマー→高知通運のUF16A、関西化成品輸送UT7C-5000、ボルテックスセイグンUT14C-8000、19系コンテナを無蓋化した格好のコンテナと積載。

 後で到着した『むさしの』号の電車の幕を回す所を見ると来年新設される『吉川美南』や101系以来の『武蔵野線』幕と見えてそろそろ『しもうさ』号の西船橋行きが来るので揃って3・4番線へ。

 18時を回る頃の大宮駅の3番線から続いて武蔵野線の直通電車が出発して西船橋行きの『しもうさ』、この間に485系の『日光』8号、それと帰路に乗る18時22分発の『むさしの』で宇都宮方にいたマスター達も整合性を考えて前へ。7号車に乗って離れ難いのかM君が暫く車内で案内図の撮影をしてよく見ると大宮や八王子と新調した路線図に交換されて来年以降は『吉川美南』が入ります。

○大宮発着の武蔵野線の電車は次の通りです。水色は『むさしの』、ピンクは『しもうさ』の列車番号です。
・クハ205-59×8(千ケヨM19編成):2661M〜2662M〜2665M(ここで乗車)→東所沢に入庫
・クハ205-31×8(千ケヨM5編成):2668M〜2669M〜2670M(ここで乗車)→東所沢に入庫
・クハ205-29×8(千ケヨM15編成):2766M〜2767M〜2768M〜2769M=上り方から入線するため、大宮着時点でクハ204が先頭になります

 非常停止のブザーが鳴って遅れかな?と気にしたら定刻に出発進行。3番線から上り線の貨物線、大宮操には根岸からのタンク車が停車中。2分程で与野に差し掛かり、短絡線を走る事4分、西浦和のホームが見えて本線と合流して荒川、新河岸川の鉄橋と渡って最初の停車駅・北朝霞へ。少しずつお客さんを拾いながら武蔵野線を新小平まで各駅に止まり、左隣に腰掛けていた年配夫婦も気が付くと新秋津で下車。車内で細々と打ちながらネットブックを拡げていましたが、新小平から2分程走って足取りが鈍くなると中央線への短絡線へ入った様子でゆっくりした走りで5分程すると国立に。立川では結構乗って来てこれが後で八王子で降りると移動するのに一苦労。マスターも「すぐ待てば高尾行きが来るのに何でこうなんねん」とボヤキも。CELEOやサザンスカイタワーが出来てもまだまだと言った様子で来年が楽しみで多摩川の鉄橋へ向かう間に坂城→根岸の2086列車に擦れ違い、先行電車が続いて詰まりがちか多摩川の先はゆっくりした走りで少々惜しい所。浅川の鉄橋を渡ると降りる支度をして5番線には後輩の姿を見て八王子駅は3番線の到着。

 往復『むさしの』号を使って無事完乗を果たし、少し時間があったので2番線に回って撮影を楽しみ、普段なら1番線の北側にタキ1000が並んで明日の84列車で返す分が入っていますが、今日は空振り。冬場のこの時期は動きが活発になる所がどうも芳しくありません。

 改札を出て京王プラザホテルのスターバックスで一休み。クレームエクレールラテを一杯。昼間はテイスティングパーティーが行われたので様子をお尋ねして丁度担当したパートナーさんがいたので幸い、試食で振る舞われたシナモンロールをご馳走になりました。テーブル席が空いてから(幸い、時間に余裕がありました)一杯頂きながら細々書く事もフィニッシュ。それから南口へ回ってビックカメラでMDの5枚セットを仕入れて『むさしの』号のプリントをセルフで2枚。20時を回るとサザンスカイタワーのスターバックスがライトダウンモードになるので撮影するとフラッシュが炊いたので失礼しました。

 帰りは20時17分発の法政大行きのバスに乗り、PASMOの残高が乏しくなったのでSuicaを使って乗り、先客にグリーンヒルまで車椅子で乗るおばさんがいたので石ちゃんを思わせるメタボ体型の運転手さんが出て来て中扉のスロープを引き出して後で仕舞うとの事でお言葉に甘えてそのまま乗車。最初は西八王子の南口まで乗ろうと思ったらイヤに空いていたので手前の二商前まで。携帯の電話で見ると正味10分弱の乗車と意外に速いのにはびっくり。帰宅も予告したより10分程早いご帰還となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

H22.08.24 北関東近郊(その1)

 この夏は記録的な猛暑で例年進めている18きっぷ片手の遠征も今回が折返し点に差し掛かり、いつもは高崎線や宇都宮線と二手に回りますが、連日の報道で埼玉北部の熊谷や群馬内陸部と暑さ対策からいつもの行程から高崎線と大宮周辺をブラリと見る格好で進めました。

 この所早起きのマスター、6時に目覚ましを掛けて起床は5時40分。準備の前夜のうちにほぼ済ませて後はデジカメの充電を済ませてから6時40分頃に自宅を出発。

 改札に入って暫く経ってから竜王行きの83列車が2番線を通過。一杯の17両編成でまたまた全検出場間もないナンバーをキャッチし、全検出場間もないナンバーは3両あり、後3両は金曜日の85列車で発送した分です。

←EH200-17+タキ1000-754+770+468+604+123+42+9+86+779+154+780+879+772+765+286+351+285 ※ =ENEOSなし

 予定より一本早い6時58分発の東京行き(638T、クハE233-32×10/八トタT32編成)で西国分寺まで乗ります。中吊りが201系のトレーディングカードの絵柄で占められて立つお客さんがやや居た状況ながら思わずデジカメでパチリと(盗撮行為でない事ご理解下さい)。八王子で座れて控えている84列車のタキ1000は金曜日に8097〜8092列車で来たナンバーが続いていました。

 西国分寺で待っていると武蔵野線の電車がやや遅れているとの事でここから午前の部の混乱の序章と言っても過言ではありません。中央線の電車が一本早かったので却って余裕が出来ました。東所沢から府中本町へ回送する115系や隅田川→北九州タ行きの2076列車(EF64 1006+コキ104×18/8〜10両目は全て西濃運輸の20フィートコンテナを占め、空車が目立つのは東京タの荷役線に入る為で積む分を予め押さえた格好です)と通過します。何でもさいたま新都心での人身事故が起因してダイヤが乱れている様で先の115系が担当する『むさしの』1号は運休。並んでいたお客さんも4ドア車の列にスライドして来ました。となると、午前の分は大宮まで送り込んで2号を動かすか一度新秋津で折り返して豊田に入庫と言った様子が感じ取れます。

 西国分寺から武蔵浦和は7時35分発(遅れて41分)の新習志野行き(761E、クハ205-147×8/千ケヨM63編成)に乗ります。武蔵野線の205系と言うと山手線のOBが占めて8両編成を始めた際に新製された京葉顔のタイプは久し振り。この間久し振りに205系のBトレで京葉線(実は初めて)を買ってオリジナルはあるものの、総武線辺りからの転属車があったなと最新の『JR電車編成表』を見ると武蔵野線の増発用に転出したので今では存在しません。遅れを気にしつつも武蔵野線の沿線は貨物列車の存在はどうしても欠かせなく荷役線に押し込めている最中のコキ50000には日通のUM9A(ペリカン便の再編ですっかり無地コンテナばかりになりました)、UH6Aと積まれて発着線には京葉臨海へ行くホッパコンテナを積んだコキ106、コキ104+コキ50000の混成にはトランスシティの20フィートコンテナ、JOTのISOタンクコンテナ、UT20Aと積まれた車が待機して北朝霞にて2分時間調整で停車。西浦和の大宮操へ向かう短絡線の途中ではEF66 121牽引のコンテナ列車(名古屋タ→札幌タの3085列車、JOTのUF16A、丸和運輸、ヤンマーのUF15A、東芝物流(札幌通運)のU45Aと積載)が抑止されて武蔵浦和は9分遅れての到着。

 武蔵浦和で埼京線に乗換、コンコースから5・6番線の赤羽方面へ昇るエスカレーターが突如ストップ。歩きでホームへ昇り、最初は通勤快速で行く所が2本程遅い8時24分発(遅れて26分発)の各駅停車(713K、クハ205-122×10/宮ハエ14編成)で大宮へ向かい、朝の東北・上越新幹線はMax・E4系ダブルの16両編成の列車が多く本領発揮。南与野では通勤快速の通過待ちを行ない、ここで擦れ違う『こまち』のE3系はポケモンのラッピング入りで大宮駅は22番線に入線、終始2分遅れで走りました。

 大宮での乗換は駆け足でエキュート側の跨線橋から8・9番線へ。自販機でWANDA朝のオーレを買い込んで高崎線の電車も大幅に遅れているとの事。

 大宮から籠原は8時45分発(定刻7:34発)の籠原行き(835M、クハE231-6032×10/宮ヤマU532編成)に乗ります。大宮駅の8時台で10両編成の下り電車は珍しく運用が大幅に混乱している様子が感じ取れ、東武直通用に改造する253系を尻目に出発して車掌さんからのお詫びや様子を伝えるアナウンスを耳にして今日は火曜日でも鉄道博物館が開館日でお客さんを迎える準備を進めて次の宮原で早速座れて朝のオーレを飲み干します。時刻通りで行くと鴻巣で『草津』+『水上』1号の通過待ちがあるものの、カラ待避に。湘南新宿ラインの電車と言うと通常は高崎発の特別快速が小田原行き、籠原発が平塚行きがお決まりですが、大幅な乱れ北本では池袋行き(2160Y、通常は前橋→国府津)、行田では新宿行き(2170Y、高崎→小田原行き)と普段お目に掛かれない行先を確認し、熊谷では秩父鉄道の電車を見るのが楽しみで4月の撮影会でお世話になった1000系の1012×3(カナリヤ色)や5000系の5003×3、羽生方面の普通電車でも同じ5000系が到着。時間に余裕があると途中下車していいものの、こうダイヤが乱れているとおいそれと出来ず、熊谷(実際は鴻巣からですが)を過ぎると余裕が出来て終点まであと一息。熊谷タの構内にはEH200-21+コキ50000+コキ106(信越化学のUT16C、関西化成品輸送のUT7C、ISOタンクコンテナではJOT、NRS、三菱瓦斯化学)、コキ200×2両(NRSの発煙硫酸専用、信越化学のUT16Cが2個ずつ)は2055列車に乗せる倉賀野行きだなとピンと来るものの、こちらも遅れている様子が感じ取れ、2092列車に乗せるコキ106×4はNRSのタンクコンテナ、芳賀通運のUM12Aと見て籠原駅は9時29分(定刻8:25着)、4番線到着。

 籠原の乗換も結局、遅れている電車の様子を伺う様子となり、用を足してから再び3・4番線に戻る格好でFrom aquaの500mlをSuicaで買って待つ事にしました。下りは1時間以上の遅れ、上りは20分以上遅れている様子で15分程経ってから1番線をEF65 1118[レインボー]+チキ6000×11のレール輸送列車が通過します。

 籠原から岡部は9時50分発(定刻8:36発)の高崎行き(837M、クハE231-6012×10/宮ヤマU512編成)に乗ります。籠原は高崎線の電車では主要な拠点でホームから見える所で211系やE231系が止まっているものの、奥にある留置線を見るとピークの折り返しになる電車が戻って来ないのか10時前でもガラガラで止まっていたのはE231系の5両編成(クハE231-8055×5/横コツS-27編成)だけ。深谷は東京タ行きの2092列車に擦れ違い、同和通運のUMに商船三井の20フィート、タンクコンテナではNRS、ニチコン、廃棄物用のコンテナもこれまでW18Dが良く見かけましたが、この列車では結構W19Dが積まれてこの方面もマルーン塗りが少しずつ増えそうな気がします。

 岡部到着は10時を回った所で早速3094列車のタンク車をチェックし、丁度同じ頃に1番線を倉賀野からの4078列車が通過しました。

○3094列車…15両くらいは来るだろうと予想したらA重油専用車含めて14両編成と地元で見る列車とほぼ同じ量に当たります。駆け足でチェックし(3月に来た時も人身事故と重なって今年になってからどうも分が悪い)、撮影も今年の全検車と2両見付けました。
△根岸
EF64 1038[更新色、冷風]
タキ1000-352 JOT[E]/郡山
タキ1000-768 JOT[E]/根岸
タキ1000- 81 JOT[E]/郡山
タキ1000-792 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-164 JOT[Es]/郡山 全検22-7-15川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-562 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-471 JOT/根岸 全検22-5-24川崎車、自重16.9t 無○*
タキ1000-763 JOT[E]/根岸 ○
タキ1000-358 JOT[E]/郡山
タキ1000- 82 JOT[E]/郡山
タキ1000- 47 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-119 JOT[E]/郡山 全検22-5-8川崎車、自重16.9t A重○*
○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試行車

 岡部駅の調査も15分程で早々退散して10時15分発(定刻9:22発)の上野行き(874M、クハE231-6035×10/宮ウラU535編成)で大宮まで乗ります。遅れて余裕がなかったものの、暇を見てネットブックやバインダーに挟み込んだタキ1000の全検出場車のリストを書き込みます。籠原も少しずつ一休みする電車が見られる様になったもののダイヤはまだ混乱しており、ここで降りて始発に乗り換えようと思いましたが、ダイヤの回復が当面見込めないので再び戻って熊谷タの様子も先程のコンテナ車を見直すとどうもロングシート車で窓の隅っこに腰掛けると見辛いのが難点ですが奥の方でタキ15600の姿を発見。熊谷の駅では先程の電車群に加えて『パレオエクスプレス』の助走で活躍するデキ505(ブルーの部分が茶色くなったデキ500)とご対面。鴻巣では小田原行きの特別快速(定刻10:10発で約40分遅れ)を待避して余り居眠り出来ず大宮駅に到着。

 大宮に着くと駅の中を少し一回り(車両よりもDilaやエキュートとエキナカをブラリと)しながら過ごします。20分程経ってから再び6・7番線に降りると先程岡部でチェックした3094列車が定刻通り通過してすぐ後、4番線に『なごみ』E655系が参上。何処かしらにカメラを向けるものが見られるものの、不思議と私から見た視線で誰一人居らず(居ても電車を待つ小さな子連れくらいで)正調5両編成での参上。コンテナの列車も遅れている様子で熊谷タ行きの3097列車(約20分遅れ)はEF65 1075の牽引でJOTの冷蔵コンテナ(UR18A、UR19A)が目立ち、驚いた所では梅田→宮城野の3089列車が定刻であれば初電が動き出す頃会いに来る所がお昼少し前なので約7時間遅れでEF210-119牽引。前方の30フィートコンテナが賑やかで同じU47Aでも日通のエコライナ−31に住友電工&古河電工で電線の共同輸送用でタッグを組んだものに白眉はパナソニックのコンテナで一昨年の社名変更前までは"Nのエコ計画"のスローガンが掲げられて居たものの、同時期にラッピングを貼り直したのかお馴染みの"eco ideas"の葉っぱのマークが描かれてお世話になっているパナホームの営業マンさんも同じマークのバッジを付けていたので思い出します。他には芳賀通運の電線輸送用のUM13Aも2個積まれてコンテナを見るとには面白い列車です。

 前後して通過する列車をザッとかい摘んで整理してみました。

○6794列車…コンテナ車の試運転ばかり3両の寂しい編成です。
←東京タ EF65 1076[JRF色]+コキ250433+104-989+419

○3093列車…もう一本の岡部行きで先程確認した3094列車より1両多い15両編成。全検出場間もない車も3両入っておりました。
←岡部 EH200-2+タキ1000-7+8+789+72+295+876+686+431+421+592+212+260+611+151+160 ※ =ENEOSなし

 正午を回る頃に宇都宮タからの5584列車が通過して普段は国府津行きの電車が出る前後でこの後を追う様にEF210の顔が4番線に入りますが、如何せん今日の様に遅れていると状況が読めず、様子を伺わずにボッと来る様な兄ちゃんが目障りで参りましたが、ここで到着した上野行き(882M=約45分遅れ、クハE231-6011×10/宮ヤマU511編成)の先頭に飛び乗り、さいたま新都心へ。丁度5584列車と並ぶ格好で走ってさいたま新都心のホームに降りると貨物列車は比較的走りがゆっくりなので上手く追い付きました。

○5584列車…大宮〜さいたま新都心の間で並走するも下車した所で上手く見る事が出来、コンテナ車の中で海コン組は8日同様、コキ107が1両混じってこちらも買わなくてはと思っております。浮島町行きのタンク車は多く頑張っております。
△東京タ
EF210−135
コキ104-2413
コキ104- 755
コキ104-1623
コキ104-2842
コキ104- 371 センコーU30A、日通U47A-38000積載
コキ106-1045
コキ107- 14
コキ106- 624
コキ106- 712 [20'×3]
コキ106-1154
コキ106- 319 HACSO40'積載
コキ106- 893 全検22-7-3川崎車 K-Line40'積載
コキ106- 112 全検19-11-30川崎車 COSCO40'積載
タキ44008 OT/倉賀野
タキ44003 OT/西上田
タキ43582 OT/郡山
タキ43464 OT/倉賀野 全検22-7-31川崎車、自重16.1t
タキ43357 OT/南松本
タキ43350 OT/倉賀野
タキ43542 OT/宇都宮タ●
タキ43018 OT/郡山
タキ43348 OT/西上田
タキ43581 OT/宇都宮タ●
タキ43575 OT/八王子●
タキ43334 OT/倉賀野 全検22-6-21川崎車、自重15.8t
タキ43161 OT/南松本 全検22-6-14川崎車、自重16.1t
タキ43547 OT/宇都宮タ●
タキ43354 OT/南松本
タキ43360 OT×/宇都宮タ●[旧JOT/郡山]
タキ43013 OT/西上田
タキ44009 OT/宇都宮タ
タキ43569 OT/宇都宮タ●

 さいたま新都心で降りると奥の方に北陸行きの2071列車が停車中。コンテナには中央通運のU19Aで占めた車やJOTのISOタンクコンテナ(アクリルアマイド液専用)、後方で3両程NYKロジスティックスの20フィートで占め(最後尾はフローレンス、トリトン、NYK)、こちらの方も写欲がそそります。こちらも8日に訪れた時にもチェックして当日はHANJINのコンテナが積まれておりましたが、今日はNYKロジスティックスのコンテナと丁度手持ちの『トレーラーコレクション』のコンテナと同じで日曜日に行なわれた例会でも2社とも持っていたので受けも良かったですよ。暑さ対策と事故の乱れで思わぬ収穫を得るものの、止まっている貨物列車目当てでしょうかコンデジ片手で仕事をスッポカした風体の男性が居たのでこう言う者は趣味人として失格ですね。マスターと親交がある会員の学生時代の友達で馬鹿なメールを送り付けてこちらにも間接的に被害を受けてこちらも「こう言う事を仕出かす者はロクな人生送れない」と思った程です。悪口雑言、失礼しました。

○4074列車…15両編成で来るかなと思ったらやや少ない13両編成で到着。2月の新製車2両に今年オイルターミナルから移籍した車と来て同じH9新製でオイルターミナル→JOTと言うと塩浜ではお馴染みの車ですが、兄弟車より10年遅れて移った事になります。4番線から後方のオイルターミナルの車しか撮れないのが惜しい所です。
△浜川崎
EF64 1034[更新色、冷風]
タキ1000-459 JOT/根岸 全検21-9-9川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-883 JOT/根岸 全検22-2-24日車、自重17.2t
タキ1000-273 JOT/郡山 無
タキ1000-887 JOT/根岸 全検22-2-24日車、自重17.2t
タキ1000- 6 JOT/郡山 A重
タキ1000-335 JOT×/根岸[OT/倉賀野]重油専用
タキ1000-659 JOT/根岸 全検21-11-4川崎車、自重16.8t
タキ1000-243 JOT/郡山 無
タキ1000- 99 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-398 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-390 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-278 JOT/郡山 無
タキ1000-445 OT/倉賀野

 この前後には焼島行きの6789列車(EF64 1000番代の重連で前が更新機、後がオリジナル)、EH500-1牽引の3087列車(名古屋タ→札幌タ/対に当たる3086列車と並んで新鶴見まで顔を出す事で有名)が3時間半遅れで通過し、コンテナではFLのU31Aや東芝物流のU45A、丸和運輸のUF15A、NRSのタンクコンテナと積載。

○5683列車…やや短い18両編成での到着で少し前に八王子向けで見掛けたタキ43000や松本行きで見掛けたタキ1000とまたまたご対面。全検出場車も少しずつチェックする事が出来、昨年の入場車だったタキ43000の43135番も漸くキャッチしました。
△宇都宮タ
EF210−125
タキ44013   OT/倉賀野
タキ43602   OT/南松本
タキ43623   OT/倉賀野●
タキ43601   OT/郡山 A重
タキ1000-672 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-650 OT/宇都宮タ 全検21-10-6川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ43543   OT×/宇都宮タ●
タキ43164   OT/倉賀野
タキ43269   OT/倉賀野
タキ43339   OT/八王子●
タキ43137   OT/倉賀野
タキ43405   OT/倉賀野 全検22-6-28川崎車、自重15.8t
タキ43392   OT/宇都宮タ 全検22-4-23川崎車、自重15.6t
タキ43016   OT/郡山
タキ43526   OT/宇都宮タ
タキ43008   OT/西上田
タキ43467   OT/八王子 全検22-5-14川崎車、自重16.1t
タキ43135   OT/郡山 全検21-6-9川崎車、自重15.8t

 ここまで終わると12時43分発の高崎行き(867M=11:53発、クハE231-6012×10/宮ヤマU512編成)で大宮へ戻ります。後で調べると籠原から岡部へ行く時に乗った編成で837M〜878M〜867Mと行っている事が分かります。ダイヤが混乱するとどう見ようか迷うのが毎度の事ですね。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

H22.03.11 北関東近郊(宇都宮&高崎沿線、その2)

 高崎線の事故の影響でしょうか結構ダイヤが遅れて大宮駅には10分近い遅れで到着して9番線から駆け足で3・4番線へ向かいます。

○1070列車…タンク車の顔触れはいつも通りで丁度一ヶ月ぶりのご対面です。昨年の全検出場車で未確認だった94番を確認。エコレールマーク貼付後は初顔合わせ。
△蘇我(浜五井)
EF210−155
タキ1000- 97 OT/倉賀野 全検21-4-9川崎車、自重17.0t ●
タキ1000- 94 OT/倉賀野 全検21-4-11川崎車、自重16.9t ●
タキ1000- 98 OT/倉賀野 全検21-6-6川崎車、自重16.8t ●
タキ1000-310 OT/郡山 ●
タキ1000-378 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-375 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-410 OT/郡山 石油類)黒地
タキ1000-381 OT/宇都宮タ
タキ1000- 5 OT/郡山 全検21-6-5川崎車、自重16.9t
タキ1000-379 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-414 OT/郡山 石油類)黒地
タキ1000-416 OT/郡山
タキ1000-415 OT/八王子
タキ1000-411 OT/郡山
タキ1000-380 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-412 OT/郡山 石油類)黒地
タキ1000-373 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-374 OT/宇都宮タ
※●=黒油専用

 1070列車が出発するとすぐに今度は6番線を金沢タからの2070列車(?)が7時間半遅れでの通過でコキ106やコキ107が目立つ顔触れで中にはコンテナ50周年記念で50個限定で黄緑色に塗られた19Dを1個発見。暫く止まるかなと思ったらすぐ出発してしまい一足遅く残念なり。同じ頃、総合車両センターから出場する幕張のE257系(クハE257-509×5)が5番線に入線。それからエキュートの『旨囲門』で駅弁を漁るといよいよ明日でラストの『北陸』&『能登』のお別れ弁当がレジの前に並べてこちらのお目当ては『北陸』弁当。掛け紙がEF64の写真入りが多かったので今日の絵柄は20系客車が使われて使われている青がスカ色やオイルターミナルと同じ色合いなのでこれも偶然かな?因みに『能登』はEF62がモデルのものが使われておりました。そのまま新幹線の乗り換え改札の脇にあるNEW DAYSで明後日からのダイヤが載ったポケット時刻表を昨年訪れた時に買いそびれたので今回はどうかなとダメ元で入店したらレジの前にあったのでこちらも上手く手に入る事が出来て暫く役立ちそうでこの分だとお昼も美味しく舌鼓が打てます。6番線側のベンチに腰掛け、掛け紙の写真は先月の埼玉サークルの例会でお話しに来られた荒川好夫さんの事務所から拝借したもので早いもので丁度一ヶ月です。ご飯はそぼろと炒り卵の二色ご飯に星形に象られた人参と星屑をイメージするグリーンピースが上手く彩られておかずはナポリタン、カニ爪のフライにカニかま入りの卵焼き、NREの記念弁当では定番(?)の煮物が盛られて上の方には海老にフキの煮物、ポテトサラダに野沢菜の刻んだものに『北陸』の文字が書かれた羊羹を最後に頂き、この間、1時間遅れて浜川崎行きの4074列車がEF64 1027の牽引で通過。昨年の移籍車でタキ1000-459、655(いずれもJOT/根岸)を発見。オイルターミナルの車はタキ1000-455、400、394と連結されて高崎行きの時と少々メンバーチェンジした様子が感じ取れます。

 大宮から13時36分発の上野行き(898M、クハE231-6005×10/宮ヤマU505編成)でさいたま新都心へ向かいます。高崎線の電車もこの頃になるとすっかり定刻ダイヤに回復して一安心。

 大宮操の発着線を見ると定刻では既に出発している筈の川崎車両所の試運転列車である6795列車が未だ停車中。貨物列車は機関車の回送等で不通になった影響が出ているのでまだまだ若干乱れている様子が感じ取れます。奇しくも普段は見られない対で見る事も実現(?)しました。

○4070列車…定刻より20分程遅れての到着で前回の高崎行きと同様タキ1000オンリーの編成でやはり需要が今一つなのか編成が些か短めです。
△川崎貨物(浮島町)
EF64 1018[更新色、冷風]
タキ1000-337 OT/倉賀野 無
タキ1000-334 OT/倉賀野
タキ1000-395 OT/宇都宮タ 無○
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-666 OT/倉賀野 無○
タキ1000-647 OT/倉賀野 全検21-10-8川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-665 OT/倉賀野 無
タキ1000-664 OT/倉賀野 無
タキ1000- 99 OT/倉賀野 全検21-7-23川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-676 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 無
○=制輪子性能向上車

○6795列車/6794列車…ともに川崎車両所の試運転列車で上りが2時間程遅れての到着で日頃滅多に見掛けない姉妹列車同士の擦れ違いを見る事が出来ました。
6795列車)←熊谷タ EF65 1117[更新色、冷風]+コキ51494+104-1473+106-1144+104-1020+[107-274(新製21-10-**日車)+101/東京タ→新潟タ]+[トラ149940(川崎貨物、全検21-4-6川崎車)+コキ106-372(全検19-9-6川崎車)+1024+1128/川崎貨物→新潟タ]

6794列車)←東京タ EF65 1054+コキ104-5007+2824+ホキ10025(太平洋セメント/武州原谷)+コキ106-740+734+104-1869+[53325+104-1107+1619+549/熊谷タ→梶ヶ谷タ(交検出場)]+107-43[東京タ→新潟タ(試運転)]

○4091列車…タキ1000オンリーの20両編成で前に一度確認した事がある昨年のうちに全検出場を済ませたH7新製の118番や前に地元で85列車を確認した際、現車は確認したものの、体調が変調して撮影を忘れた89番とありました。驚いた事に牽引のEF210がシングルアームで新製されたグループですが、何故かPS22に換装されて驚きました(この件の問い合わせや引用は固く厳禁致します)。
△宇都宮タ
EF210−115[PS22]
タキ1000-118 JOT[E]/郡山 全検21-11-11川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-103 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 42 JOT[E]/郡山 全検21-8-20川崎車、自重16.9t
タキ1000-125 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-427 JOT[E]/根岸
タキ1000-560 JOT[E]/根岸
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000- 90 JOT[E]/郡山 全検21-8-10川崎車、自重16.8t
タキ1000-150 JOT[E]/郡山
タキ1000-371 JOT[E]/郡山
タキ1000- 83 JOT[E]/郡山 全検21-3-7川崎車、自重16.8t
タキ1000-262 JOT/郡山 無
タキ1000-585 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-251 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 89 JOT[E]/郡山 全検21-8-22川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-363 JOT/郡山 ○
タキ1000- 71 JOT[E]/郡山 全検21-5-16川崎車、自重17.0t
タキ1000- 27 JOT[E]/郡山 全検21-4-11川崎車、自重16.9t
○=制輪子性能向上車

○2092列車…こちらも日本海側や上越国境の降雪の影響で2時間半程遅れての到着でEF64 1013[更新色、冷風]の牽引。その1でご紹介した熊谷タ、倉賀野発を前に従えてコンテナで目立つ所で秋田貨物発には同和通運UM13A-144&151が二段重ね、コキ50000の方には山陽特殊製鋼のUM14A-5000×4、JOT UT4E(撥水材専用)、新潟タ発のコキ106にはISO20フィートが多く、フローレンスFCIU281586[7]、郵船ロジスティックスNYKU319768[0](同じ色の40フィートコンテナをトレーラーコレクションで持っておりますがこちらもリリースした事があります)、最後尾は三菱瓦斯化学NFAU220008[2],NFAU220048[3]とアイボリーのタンクコンテナが積載。

○3091列車…前回の高崎行きで見掛けたナンバーも多く、今回はこの兼ね合いから撮影を中心に進めました。浜五井発のツートン車は見られず、全て甲子発の青いタンク車ばかりの顔触れ。
△倉賀野
EF65 1089[JRF色]
タキ1000-673 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-385 OT/宇都宮タ 無[車票]
タキ1000-405 OT/宇都宮タ 全検20-6-18川崎車、自重17.0t 石油類)黒地[車票]
タキ1000-445 OT/倉賀野 全検21-6-2川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-671 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
タキ1000-392 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-335 OT/倉賀野 A重
タキ1000-446 OT/倉賀野 全検21-7-10川崎車、自重17.0t A重/石油類)黒地
タキ1000-649 OT/倉賀野 全検21-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-448 OT/倉賀野 全検21-7-28川崎車、自重17.4t 石油類)黒地
タキ1000-406 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-403 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-389 OT/宇都宮タ
タキ1000-102 OT/倉賀野 全検21-7-2川崎車、自重17.1t ●
●=黒油専用

 ダイヤが遅れていた事もあったのでなかなか落ち着けなかったものの、ここで一段落付いて暇を見てはノートの整理をしてビルの谷間でこの季節は強めの風が吹くのでやや難儀します。先程、西国分寺でEF81の95号機を見たのか偶然同じ『レインボー』塗色に塗られたEF65 1118が参上。

○5586列車…編成が長いかなと思いつつもいつも短い編成で到着し、新都心の4番線から上手く撮れないのが残念です。
△川崎貨物(浮島町)
EF210−152
タキ43168 OT/南松本
タキ43356 OT/南松本
タキ43339 OT/八王子●
タキ43002 OT/西上田 全検21-8-4川崎車、自重15.9t
タキ43483 OT/八王子
タキ43512 OT/西上田●
タキ44008 OT/倉賀野
タキ43379 OT/倉賀野
タキ43207 OT/倉賀野●

○5779列車…こちらも2時間遅れて(普段は高崎操の発着線で休む頃合いですが)の到着でEF65 1072の牽引。コキ50000×7+ワム80000(全て380000番代)×20の編成で前はコキ5、ワム30ぐらいの様な格好ですが需要低迷の影響で少々連結する割合が変わった様子が感じ取れます。

 さいたま新都心から14時43分発の小金井行き(591M、クハE231-8069×5+6038×10/宮ヤマU118+U538編成)で小山まで乗ります。車内では新都心や大宮駅で止まった列車をノートに纏めて前2回がこちら方面だったのでこの辺も参考にして細かく書き入れ、これが新白岡あたりで一段落すると丁度郡山からの1074列車に擦れ違います。久喜で東急5000系に擦れ違い、館林方の引上線で同じ東急の8520×10が一休み。久喜からのローカルでは東武30000系の6両編成が見られる様になり、31607×6が浅草方で控えています。久喜を過ぎて栗橋辺りから少しずつ空いて来るものの、私が座った辺りは長っ尻が多く後ろの方へ移動すると先客にキャバ嬢と言った雰囲気のチャラチャラした姉ちゃんが座ってこう言うのが真っ昼間からどうかと言うと首を傾げたくなりますね。利根川を渡って古河で幾分空いて来て元の位置へ。18きっぷで無ければ(今は乗れるのですが昔の制度を知っている事から堅持しています)グリーン車の2階席でマッタリと行きたい所です。

 小山で降りるといつの間にか待合室が出来て八王子や横浜の管内を回ると結構出来ているものの、大宮管内も少しずつ設置する駅が見られる様になった様子が見られます。タッチの差で水戸線のE501系が出発したものの、すぐ後でコンテナの4093列車が通過して普段はEF66牽引ですがどうした事か新鶴見のEF210(124号機)が登板。コキ104中心の22両編成でコンテナの中には帝人の銀色に塗られたUH1が積まれてまだ頑張っているなと嬉しいものです。地の物を並べたお土産物の屋台を覗いたり、NEW DAYSにはご当地名物のミルク牛乳にこれを使ったお菓子も結構見られます。上りの12・13番線へ降りてSuicaでMAX COFFEEのホット(最近は地元でも買える様になりましたが………)を頂きながら出入りする電車をウオッチ。先程、東武の直通特急にスペーシアがピンチヒッターが入って気にした所で水戸線から貨物列車の発着線へクハ481-1017×6(宮ヤマG55+G58編成)が参上。8月に来た時は小山の車両センターから東大宮への回送でしたが、今回は下館辺りまで試運転をしたご様子。

○5561列車…編成の前方にタキ44000が入るかなと思ったらオールタキ1000の顔触れで9番線に115系が入っている所で着くのですが、高崎線の影響が出てしまった様子で10分程遅れての到着で後方まで来た所で出発してしまい、普段よりかなり短く止まりました。
△宇都宮タ
EF210−110
タキ1000- 9 JOT[E]/郡山 全検21-7-3川崎車、自重16.9t A重
タキ1000- 32 JOT[E]/郡山 全検21-4-7川崎車、自重16.8t A重
タキ1000- 38 JOT[E]/郡山 全検21-4-9川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-319 JOT[E]/根岸 A重、石油類)青地
タキ1000-876 JOT/根岸
タキ1000-510 JOT[E]/根岸
タキ1000-594 JOT[E]/根岸
タキ1000-164 JOT[E]/郡山
タキ1000- 87 JOT[E]/郡山 全検21-9-4川崎車、自重17.0t
タキ1000- 25 JOT[E]/郡山 全検21-4-8川崎車、自重16.8t
タキ1000-439 JOT[E]/根岸 全検21-10-17川崎車、自重17.0t
タキ1000-592 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-161 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-492 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-237 JOT[E]/郡山 無○
タキ1000-291 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-463 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-145 JOT[E]/郡山
○=制輪子性能向上車

 待つ間に5561列車を纏めて16時48分発の上野行き(652M、クハE231-6012×10+8012×5/宮ヤマU512+U33編成)で大宮まで乗ります。古河までは余裕があるのでゆったり気分になり、この間で擦れ違う貨物列車を見ると小山→間々田間は5593列車。JR貨物色のEF65の牽引でコンテナ車が全部空車なのか単機に見えました。古河では京葉臨海からの8685列車に擦れ違うと先程、大宮で見た5584列車同様タキ1000が少し入った格好で全般的に黒塗りのタキ43000が多い顔触れ。利根川の鉄橋も風除け板で遮る様になりやや見辛くなりましたが、久喜では隣の東武1番線でメトロ8000系が丁度到着。後は土呂辺りまでは一休みして例によって東武野田線の線路が見える頃で降りる支度をします。

 大宮から埼京線に乗り換えて一本前の各駅停車はりんかい線70-000系(70-100×10/87K運用)の担当で派手なラッピングが一際目立ちます。次の通勤快速で武蔵浦和まで乗り、朝は散々でしたが帰りは駆け足で。ホームの外側には人身事故防止でしょうか青いライトが一際目立ちます。

 武蔵浦和から西国分寺は武蔵野線に乗り、少し先走ったのか武蔵浦和で何とか座れて(左隣のお客さんが大柄でしたが、北朝霞で降りると思ったら予想通り)。中央線に乗り換えるとダイヤの乱れも無く無事八王子に到着。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

H22.03.03 高崎周辺(その2)

 午前の部が終わるとここで昼食タイムとなり、電車から降りると真っ先に新幹線の乗り換え口の手前にある『駅弁屋・上州』でお昼の駅弁を調達します。女将さん弁当やD51弁当と色々あるもののマスターはいつも通り『だるま弁当』でSuicaで支払い、いつも店番している愛想がいいオバちゃんが居ました。それから2・4番線へ戻ると思って時刻表で11時56分発の電車を確認すると8番線からの出発なので多分、車両センターの支所で休憩した運用を組んだものと推測。7・8番線は新幹線の真下でこちらへ来るのは久し振り。入庫する115系をデジカメに収めてお客さんより運輸区の詰所が近いのか胴乱(車掌カバン)やショルダー片手の乗務員さんが歩く姿が目立ちます。自販機で『朝の茶事』が入っているものを探すとSuica対応ながら入っていなかったので奥(客車ヤード寄り)でやっとこ買って待合室でのランチタイム。ここも少なく携帯を弄くっているお兄ちゃん位です。丸いこんにゃくから食べ始めて何時もながら美味しく最後は山菜の煮物とご飯を絡めて味わいました。腹ごしらえの後はノートの準備をします。

 ランチタイムの後は8番線から11時56分発の上野行き(896M、クハE231-6027×10/宮ヤマU527編成)で倉賀野へ向かいます。お昼の後で諸々の準備を終えて先頭に乗ると一番乗りで手前のロングシートに腰掛けて出発を待ちます。ところが、出発までお客さんが誰一人と乗って来ず貸切状態で出発。後で高崎操に差し掛かった所でチャッカリ真ん中のボックスシートへ移り、倉賀野まで乗ったのがクハE230でトイレがある車ですがこれも来なかったので久し振りに貸切状態となりました。

 倉賀野で降りると丁度、浮島町行きの4070列車が4番線で出発待ち。先頭に乗ったのはこの列車に合わせたものです。

○4070列車…オイルターミナル専用列車ながらタキ1000オンリーの編成です。地元で冬本番に入ってからなかなかタキ1000が入らないと思ったら高速列車にブロックした様で予想通り。夏遠征で来た時は空振りでしたがじっくり見るのは丁度1年ぶり。顔触れもH11年やH16年の新製車は倉賀野常備車ばかりに変わった以外は今まで通り。H17新製車は今年が全検入場の年に当たるので次回来る時はこのままオイルターミナルの所有車で残るか石油輸送へ移るのか気になります。編成も20両ぐらいかなと思った所、短めの14両編成でした。
△川崎貨物(浮島町)
EF64 1021[更新色、冷風]
タキ1000-337 OT/倉賀野 無
タキ1000-334 OT/倉賀野
タキ1000-395 OT/宇都宮タ 無○
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-666 OT/倉賀野 無○
タキ1000-101 OT/倉賀野 全検21-4-14川崎車、自重16.9t 常)郡山
タキ1000-455 OT/倉賀野 全検21-9-25川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-647 OT/倉賀野 全検21-10-8川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-665 OT/倉賀野 無
タキ1000-664 OT/倉賀野 無
タキ1000-449 OT/倉賀野 全検21-7-9川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000- 99 OT/倉賀野 全検21-7-23川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-676 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
○=制輪子性能向上車

 予定通り次の電車までで片付き12時28分発の小田原行き特別快速(3130Y、クハE231-8519×10/横コツK-19編成)に乗ります。一駅なので優先席にチャッカリ腰掛けて。

 新町で降りると午前中は風が無かったものの、正午を回ってから山おろしの強風に煽られていつもこの時期は空っ風の残党が吹く事もあるので油断になりません。時刻表では2〜3分後と慌ただしくデジカメもスタンバイした状況にも拘らず通過はやや遅くなりましたが、1番線を歩くお客さんを気にしつつもバッチリと。タキ1000は青一色で何処かスッキリした印象です。それにしても高崎線の貨物列車でEF64が牽引する列車が増えて山の印象が強い形式ながら里仕業は違和感あります。準備した資料でタキ1000の全検対象車のチェックをしました。

 新町から13時4分発の高崎行き(867M、クハE231-6010×10/宮ヤマU510編成)に乗ります。7人掛けでゆっくりと腰掛けたいものの、隅っこに腰掛けて携帯を弄くっていたり居眠りするビジネスマンが多く、高崎方の3人掛けに腰掛けました。

 倉賀野で降りた位置はやや前がちでお目当ての4073列車の到着まで余裕があるので時間を気にしておりません。高崎操の構内を見ると丁度2082列車を牽引したEH200の姿が見えてズーム一杯に。

○4073列車…矢羽根色のタキ1000を連ねて到着してこの組み合わせも3年経ちます。牽引のEF64はオリジナル色でこのパターンは珍しく、例によって期限の延長を確認するとこれまでの蓄積も手伝って1/4を新しく見付けました。

EF64 1014[冷風]
タキ1000-749 
タキ1000-723 無
タキ1000-727
タキ1000-722
タキ1000-721 無
タキ1000-700 無
タキ1000-697 無
タキ1000-748 新製19-3-16川重(24-3-23切)、自重17.2t
タキ1000-738
タキ1000-716 無[車票]
タキ1000-741 無[車票]
タキ1000-731 新製19-1-31川重(24-7-7切)、自重17.2t 無
タキ1000-707 新製19-2-2日車(24-10-21切)、自重17.2t
タキ1000-696
タキ1000-695 無
タキ1000-710 無
タキ1000-704 新製19-2-2日車(24-7-24切)、自重17.2t
タキ1000-703 新製19-2-2日車(24-7-24切)、自重17.2t
タキ1000-740
タキ1000-739 無
全車OT/川崎貨物◎

 ここまで終わると1・2番線のベンチに腰掛けて暇潰ししてキハ111+112の高麗川行きが来ると先程、方向幕について気にしたので何コマか撮影しました。丁度、高崎行きの電車が着く頃に3番線を2082列車が通過。

←隅田川 EH200-6→EF65 1078+コキ103-13+102-13+14+103-14+106-107+701+107-179+106-335+538+52927+52050
※コキ106-335には同和通運UM12A×3が積まれて最近、中央線の2459列車で見掛けるので明日の列車で南松本へ行くのでは?

 倉賀野から13時55分発の特別快速・高崎行き(3620E、クハE231-8505×10/横コツK-05編成)に乗ります。丁度中程のボックス席が空いていたのでこちらへ腰掛け、高崎操の構内でDD51の897号機が一休み。高崎駅に差し掛かる所でスハフ32を撮ってから新幹線の下にEast-i Eが止まって先程、倉賀野の2番線に集っていたお兄ちゃん達はこれが目当てなのでは?と思った次第で2番線に到着。

 高崎駅に着くとEast-i Eや115系の姿を見て改札を出てからモントレーのスターバックスで一休み。だいぶリニューアルが進んで前は外へ向かって日通の向かいになる出口が閉鎖されてその分が吹き抜けに変わっておりました。この所ショートサイズでオーダーしたマスター、久し振りにラテのトールを頂き、窓際のソファー席が空いていたので早速持参の資料をチェック。次に来る時はネットブック持参なので期限の計算も一挙に済むのですが………。暫くマグで頂いて通じなかったのかカップで頂いてスリープの絵柄が若干変わったのでこれをお土産に物産館を物色。KIOSKの軒先に高崎支社のポケット時刻表が売り出される貼り紙があったので明日発売との事で残念なり。物産館を覗くと『だるま弁当』や『峠の釜めし』の根付が並んでいたので上手く出来ています。今度来る事があったら買わなくては………。

 今回の遠征も終盤に近くなって14時50分発の高麗川行きで倉賀野へ。高麗川方のロングシートに腰掛けて8番線側を見るとDD51 895の姿が見えて窓越しからパチリと。高崎操では金沢タ行きの2071列車と焼島行きの5779列車(EH200-6+トラ45000×2+ワム80000×2+コキ50000×5+ワム80000[隅田川発の返送])と並んで一休み。

 キハ110系のLED側幕車は次の通り入っておりました。行の左側が高崎方、アンダーラインは側幕車です。
・キハ110-222+208+218:226D〜235D
・キハ110-208+218+207:238D(高崎→倉賀野で乗車)〜245D
・キハ111-204×2:232D〜239D
キハ111-205×2+110-209:222D〜2261D〜2264D〜233D(110-209を解放)〜236D〜243D
・キハ111-206×2:2262D〜229D(高麗川→高崎で乗車)〜230D
・キハ111-208×2:228D〜237D
・キハ111-209×2+110-207:224D〜231D(110-207を解放)〜234D〜241D

○3096列車…1両だけコキ106が連結された以外は全てコキ104の編成(八王子駅に午前10時頃来る列車の様な下りですが………)でコキ104の"JR貨物"ロゴで新製された車の丸いコロ軸に変わった車を結構散見しました。
←新座タ EF210-6+コキ104-837(全検18-11-30名古屋車/丸コロ)+1267○(全検18-1-12名古屋車/丸コロ)+1990(全検21-4-11広島車)[広島タ行き]+726○(全検21-7-28川崎車)+2460+1473+106-484[梅田行き]+104-1258(全検17-12-9川崎車/丸コロ)+586(全検21-6-15広島車/3個目に20C-248積載)[名古屋タ行き]
※○=空車、熊谷タ発には熊谷通運UF40A、JOT UT1(ラテックス)、旭化成ケミカルズUH20B等が積載

○3091列車…編成の大半は甲子発のOT所有車ですが前の方に2両程浜五井発のツートンカラー車も混じっておりました。現車16両編成とやや短めです。

EF65 1079[冷風]
タキ1000-671 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
タキ1000-818 JOT/浜五井 ↑浜五井発 ○
タキ1000-805 JOT/浜五井 ↓
タキ1000-402 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-669 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-400 OT/宇都宮タ 無○
タキ1000-406 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-673 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-383 OT/宇都宮タ 全検20-9-27川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-394 OT/宇都宮タ 無○
タキ1000-392 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-335 OT/倉賀野 A重
タキ1000-446 OT/倉賀野 全検21-7-10川崎車、自重17.0t A重/石油類)黒地
○=制輪子性能向上車

○5775列車…熊谷タまで3097列車に乗ったコンテナ車がそのまま来て交番検査上がりのタキ1000が無い格好で来ました。越谷タ発の編成ではJOTのUR18A/19Aの10000番代(SS開)が多く、ステッカー、標記の多彩さが目を引きます。
←EF65 1054+コキ50871+50071+50679[隅田川発]+104-304+1506+1984(全検21-10-8広島車)+826+1029[越谷タ発]
※アンダーライン入りはUR18A/19A-10000番代が大半、コキ104-1029にW18D-21875積載

 初回から全く撮り鉄も見掛けず(5775列車を見ていた時にホームに一眼レフ片手の親父さんが降りて来ましたが、どうやら群馬の森辺りに散策へ行かれた方かなと思われます)、調子も益々で今回はここで一区切りです。

 倉賀野から15時55分発の上野行き(946M、クモハ211-3057×10/高タカC5編成)で本庄へ向かいます。先程の3091列車の残りを片付けて未確認が1両見付かって嬉しくなりました。北藤岡で八高線の列車が止まって後で見返すと前に見ていた所を高崎へ戻る所で新町から少々乗って来た様子が見られて車内は余裕ある状況で進みました。

 本庄で降りると2番線には大宮の総合車両センターから新前橋へ回送する211系(クモハ211-1009×5/高タカB5編成)が停車中。高崎線内では珍しい5両編成の運転で211系では印象が薄いのか107系や115系が来るとカメラを向ける者も居るかもしれません。お目当てはこの10分程後に到着する5881列車、上下のホームとも外側へ上屋の増設工事中。

○5881列車…普段よりやや短い16両編成で嬉しい所でタキ43000のトップナンバーが連結された他にも最後尾はラスト前の243884番と同時に入って4074列車ではタキ1000の1番が見られませんでしたが、ここで見られて嬉しさ一塩。タキ1000が地元で見掛ける顔触ればかりで些か食傷気味ながら宵の内しか来ない44t車も撮れて東海エリアから浜五井へ移動した黒塗りも新たに発見。
△倉賀野
EF210−126
タキ43015   OT/郡山 石油類)黒地
タキ243796  JOT/郡山 無[車票]
タキ44009   OT/宇都宮タ [車票]
タキ243659  JOT/郡山● 全検21-5-13川崎車、自重16.0t
タキ43602   OT/南松本
タキ1000-821 JOT/浜五井 無
タキ1000-623 JOT/根岸
タキ1000-366 JOT/郡山 無
タキ1000- 41 JOT/郡山 全検21-6-19川崎車、自重17.0t 常)根岸
タキ243698  JOT/郡山
タキ43269   OT/倉賀野 無
タキ43512   OT/西上田● 無
タキ43000   OT/西上田 無
タキ43406   JOT/郡山
タキ43439   JOT/郡山
タキ243884  JOT/郡山 石油類)黒地

 停車時間に余裕があった事も手伝って前の方を見直してから1番線に着く電車の列に並びます。

 本庄から大宮までは16時35分発の上野行き(952M、クモハ211-3029×10/高タカC8編成)に乗ります。以前は『アーバン』で運行したものを普通化した電車で乗りが多いのは相変わらず。下り線側に腰掛けようと思ったら居眠りするお姉ちゃんが居た程でこの電車は出張帰りが多くノートパソコンを使うのでブラインドを下げるビジネスマンも居たので岡部では丁度3092列車が止まる頃合いでダメかなと思ったらお客さんが乗った所を見計らって立ってドアの窓越しからメモしました。この間で安中へ行く東邦亜鉛の列車に擦れ違い、少しずつ『北斗星』用に「青い」レッドサンダーのEF510が入る様になったのでこの列車も続く限り入るのではと予想します。

△根岸
EH200−19
タキ1000-769 JOT[E]/根岸
タキ1000-465 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-469 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-568 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-235 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-290 JOT/郡山 無
タキ1000-681 JOT[E]/根岸
タキ1000-759 JOT/根岸
タキ1000- 51 JOT[E]/郡山 全検21-3-4川崎車、自重16.9t
タキ1000-364 JOT[E]/郡山
タキ1000-199 JOT[E]/郡山 
タキ1000-846 JOT[E]/根岸
タキ1000- 81 JOT[E]/郡山 全検21-7-23川崎車
タキ1000- 72 JOT[E]/郡山 全検21-7-1川崎車、自重16.9t
タキ1000- 46 JOT[E]/郡山 全検21-4-1川崎車 (A重)

 日頃の慣れ(?)も手伝って待合室の所で遮ったものの、何とか纏められて15両編成と意外と短いのには驚き、次の深谷で京浜東北線ではお役御免となった209系(クハ209-62×6/宮ウラ旧61編成)が留置中。長野の総合車両センターへ回送された後はサハ4両を外して南武線の基本編成と似通った組み合わせで千葉へ移る前の暫しの休息と言ったご様子。籠原の構内を見るとすっかり211系のシングルアームが目立つ様になり、半年も回らなかった事を痛感し、ここで少しずつ空いたのでドアの脇に腰掛けると外れ車券が散らばって場外売場から帰ったお客さんが居た様子でこう言う方は良くありませんね。熊谷タの構内で先程の3096列車を抜いて熊谷駅の秩父鉄道の構内を見ると様々なカラーリングで賑わしている1000系は見られるかなと思ったら全く見られず(ミニチュアは一昨日入手しましたが………)、『秩父路』の6000系が一本だけと寂しい様子でここから宮原までは一眠り。鉄道博物館が見える辺り(暗くなりましたが)で降りる支度をして大宮に到着。

 大宮から始発の各駅停車(1846K、クハ205-128×10/宮ハエ20編成)に乗って武蔵浦和まで乗り、今回の遠征では二度目の川越所属の205系に当たりました。途中新幹線の様々な車両や派手なラッピングに身を纏ったりんかい線70-000系に擦れ違いながら過ごします。

 武蔵浦和から西国分寺は武蔵野線の府中本町行き(1720E、クハ205-59×8/千ケヨM19編成)に乗ります。北朝霞まで立たされましたが、荒川や新河岸川の鉄橋とすっかり風除け板に覆われてラジオで時折、武蔵野線や川越線の強風時の徐行運転の速報が入る事もあるので解消されるとこれもいずれは聞けなくなります。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

H21.09.14 笠寺駅〜帰路

 今回の大きな目的だった四日市取材のリベンジも無事達成。4月に出掛けた時にキャンセルした笠寺行きの目的と言うのは笠寺駅の構内にコキ71が留置している話を聞いたので様子を見たいと言う事で帰りの新幹線までの合間を見てちょこっと見て参ります。鉄道友の会で昨日、小田急MSEのブルーリボン賞の授賞式が行なわれましたが、コキ71は13年前に貨車で初めてローレル賞を受賞した輝かしい(?)歴史を持っております。

 名古屋から16時28分発の豊橋行き(192F、クモハ313-2×4/海カキY2編成)に乗り、時間が無かったのか乗ったのはドアの脇で外側が固定されている所に腰掛け、313系同士の乗り換えですがこのパターンは松本行きで中央西線の普通電車と『みすず』の乗り換えと似ています。名古屋を出ると丁度名鉄のバスターミナルから新宿行きの京王バスが走っているのが見えて運用からすると到着は昨日、新宿を出た夜行かな?と勘繰ります。尾頭橋で東藤原へ行くホキ1000に擦れ違い、金山で向かいの男性が降りたので移るとさすがに総合駅の威力が発揮して早速埋まり、熱田は1番線に札幌タ→名古屋タの5097列車が停車して117系の昼寝も下り線側に2本、上り線側に1本が止まってこちらの浜松方にはクハ117-25×4(海カキS11編成)が連結されてこの秋に閉館する中部天竜にある佐久間レールパークの閉館記念に塗替えられた編成で6年前の本部総会で京都で見た時以来のクリーム+茶帯の出で立ちで帰りの電車も右手に陣取ろうと思い、笠寺に到着。

 笠寺でコキ71を見ようと思ってやって来たものの、今までは新幹線のすぐ隣に当たる1番線に入っていたのが何故か2番線の到着。4番線からコキ71を見ようと思ったらホームがまっ二つにちょん切られて絶句なり。どうやら、バリアフリーの工事が行なわれて1番線は通過線、2番線に上り電車や待避、3番線は上下の待避、4番線は名古屋方にホームを伸ばした格好です。仕方なく3番線から4番線の柵で遮られて構図が今一つですが何とか見る事が出来ました。

←名古屋
ワム380098+コキ71-1+2(全検20-1-23名古屋車)+3+4(全検19-6-13名古屋車) ※UM20Aはマルーンの一次型がメイン(新潟タ向け)
ワム380083+コキ71-5+6 ※UM20Aはブルーの二次形(米子向け)

 コキ71と言うと外側のカバーが印象的でしたが、裸のままで置かれて今後どうなるか気になります。また『トヨタ・ロングパスエクスプレス』牽引でマスター馴染みの新鶴見のEF210も昼寝しているのを見ると155号機が居ました(。また、2番線に突如到着したEF210牽引のコンテナ列車は福岡タ→宇都宮タの1076列車で吹田の154号機牽引。コキ104・106の22両編成、日曜日の集荷で空車が目立ち、見える範囲でコキ104の1280番以前のナンバーをメモ。一通り見た後は跨線橋を登った所で辛うじてコキ71の1番が撮れてそれから改札を出て4番線へ。

 笠寺から名古屋は17時15分発の岐阜行き(199F、クモハ311-10×4/海カキG10編成)に乗ります。整列位置にちゃんと並んでいたにも拘らず、割り込む仕事帰りのおっさん達に閉口するも豊橋方の端っこの席に座れ、熱田の117系を狙おうと思ったら『しらさぎ』の683系が一休み。思わぬツーショットが撮れて1番線にまたコンテナの列車が停車して先頭にコキ200、続いてコキ104、空車のコキ各種と昨年3月から3363列車の輸送ルートを継承した951列車だなと思ったら大当たり。コキ200は日本触媒のタキ14700が使われた千鳥町〜名古屋南貨物の液化酸化エチレン輸送、コキ104+19Dは鵜殿の紙輸送の返送でこちらも昨年3月から亀山経由から伊勢鉄道経由に変更したものです。今回の名古屋行きもここまで来ると大方フィニッシュ。

 名古屋駅に着くと桜通口の改札から出て自由通路の券売機でSuicaの履歴をプリントしてコインロッカーからトートバッグを引き取り、いつもの様にギフトステーションでお土産のお菓子を物色してういろうの一口サイズ(『青柳ういろう』の『ひとくち』、10個入り)ときしめんパイ一袋を買います。早めに新幹線の改札に入って北側の待合室で一休み。シグマリオンが不具合だったので太平洋セメントのリストを見直す程度で14・15番線に昇ると駅弁は『とりご飯』を頂き、自販機でお昼の駅弁を食べた時に静岡茶が美味しかったので夕食も引き続き頂いて自宅へ携帯の報告。コンテナの列車ではEF66牽引の名古屋タ行き、EF210牽引も下りの隅田川→北九州タ、上りの鹿児島タ→東京タの列車と通過するのを見てお目当てはN700系の『のぞみ』40号でこの間みたいにあまりお客さんが居ないかなと先頭の先っちょに並ぶと前の『ひかり』かどうか分からない若造リーマンはどうやら反応が鈍い様で前の方(東京方)では携帯で話しっぱなしのエラソ〜なリーマンと客質が悪く2号車へ並び直し、どいつもこいつも社会人としての節度に掛ける連中ばかりで参りました。

 怒りはさておき、帰りは『のぞみ』40号(783-3007×16/N7編成)に乗り、この列車は番号を見ての通り西日本の所属車(博多総合車両所[幹ハカ]所属)が担当です。ドッと乗って来る事も無く2人掛けも余裕で座れて早速『とりご飯』に舌鼓を打ち、いつもながらキメ細かいそぼろに脱帽(このブログも出来るだけキメ細かく書いております)。三河安城から豊橋へ向かう所で平らげるとキップやテーブルのプリントと撮って後はホテルアソシアで頂いた中日新聞を読んで静岡県内はほぼ居眠りしながら過ごしましたが、小田原のホームに近付くと新横浜まで近くなるのでもうここで降りる支度で新横浜は1番線(大ボケしましたが………)の到着です。

 新横浜から一本横浜線を見送って20時13分発の八王子行きにのってあと一息。番号がモハ205のキリ番で200番。昼間もタキ1000の200番を見たので降りる時に撮るかなと思い、いつもは中山〜町田くらいで座れるなと思ったら早々鴨居で座れてさすがに新幹線で熟睡したのか相模原ですっかり目覚めて八王子みなみ野に差し掛かる所で携帯が鳴って慌ててドアの前へ行き、21時を回る頃に八王子到着。南口は城壁の如く壁の覆いが高く、待ち合わせの場所が少し変わった話を頂いたので遠回りしてマイカーと合流し、デジカメも無事手元に携えて今回の遠征も無事終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H21.09.14 四日市周辺(その1)

 尾張・名古屋で迎えた朝。5時半にラジオのスイッチを入れて実際の起床は7時前。枕元のラジオは普段TBSラジオを聴いているのでここではCBCラジオに合わせてチューニング。『おはよう一直線』のスタート時刻に合わせてセットしたもので普段、自宅で聴く時と聴き比べるとニュースと交通情報の部分が違っている頃がすぐ分かります。空模様も晴天で気分爽快。

 この時期と言うと丹生川にある鉄道貨物博物館が開館した時期と重なり、早いもので明日で開館6周年。この時は前日から名古屋入りして初日が市内の探訪で今回と全くの逆で汐見町は全然ダメで昭和町は見る事が出来て終わってから神宮前の古本屋さんに立ち寄って熱田から笠寺駅へ行ってコンテナ列車の確認を楽しみ、翌日は近鉄の急行電車で近鉄富田まで乗ってそれから三岐鉄道の電車に乗り換え、丹生川で降りた所、丁度部会で顔馴染みの上尾のKさんと入れ替わりになった事があり、当日は丁度名古屋支部で三重県内に住まわれている会員さんのサークルに混じって楽しんだ事があります。世話役の長島(現在は桑名市の一部)に居られる元教員のIさんに随分可愛がれましたが、ここ暫くお身体の具合を崩されてお会い出来ないのが残念です。日車OBのKさん、雑誌でお馴染みだった豊橋のSさんと亡くなられましたが、W前支部長、K前事務局長と頑張って欲しいものです。

 7時50分頃まで部屋で過ごしてエレベーターホール前のテーブルに朝刊が置かれているのを見ると偶然、中日新聞の朝刊が置かれていたのでいつもはフロントにお願いして頂くのですが、今回は久し振りに直接ゲットしました。朝食は1階のカフェ『ジャンシアーヌ』でブレンドコーヒーに100円の追加料金でモーニングを頂きます。いつもは欲張るマスターも腹八分目でパンはバターロール1個にピタパン風の白いパン、ハム入りデニッシュ(いずれもハーフサイズ)、ゆで卵、バナナに海藻入りのコンソメスープ。新人さんなのでしょうか手先が覚束ないスーツ姿のウェイターさんの様子を伺い、朝刊を拡げながらの朝食も格別。傍にある大型の液晶テレビからは東京では日本テレビの局に当たる中京テレビが映し出されています。食後はすぐチェックアウト。10,000円でお釣りが来てお土産代も余裕で出て桜通口から先ずは自由通路の右手にあるグランドキオスクで昼食の駅弁を品定め。紀勢本線の全通50周年記念も手伝って期間限定の駅弁が並べられてJRCPは高校生が考案した『行楽弁当』、いつも老舗の松浦さんを頂くのですが、手軽な所で『こだま』弁当かわっぱ飯を選ぶ所、レトロな掛紙が掛かった駅弁が気になったのでこれを選び、『こだま』弁当より100円安い『復刻弁当』でランチもこれに決まり、Suicaで入場しお目当ての12・13番線へと歩を進めます。

 四日市へは9時3分発の快速・亀山行き(2301M、クモハ213-5006×2+5001
×2/海シンH6+H1編成)に乗ります。早々13番線で控えて213系の5000番代トップは嬉しいご対面。213系と言うと瀬戸大橋線の『マリンライナー』の先代ですが、東海では211系と同じ5000番代で室内を多少変えたタイプで主に関西本線の普通電車用に活躍しています。223系+四国5000系と変わった時に前者が5000番代と皮肉めいています。5000番代と言うと暫くはJR東海のナンバーの印象が強かったものの、マスターが時折乗る武蔵野線で山手線や総武線(各駅停車)から転入した205系が入ってVVVF制御のモーターに載せ変えてからモハの5000番代が登場して随分今では馴染みました。朝のラッシュ時が一段落して武豊線から区間快速で到着したキハ75の4両編成に313系の二次車と入庫や回送の準備と様子を楽しみながら隣が新幹線の14番線でN700系も結構やって来て反対側の列ながらもナンバーもハッキリ読み取れます。また、稲沢経由で衣浦臨海鉄道へ向かう1250列車(名古屋タ→半田埠頭)が通過してEF210-10+EF66 24[新更新色、PS22、冷風]+コキ50000+コキ104の編成で以前はコキ50000オンリーでしたがいつの間にかコキ104が復活して目立つコンテナではコキ50000に京葉臨海から来たJOTの20フィートバルク、UH20B、コキ104にはUT10C、UT11Cと積まれていました。

・783-18×16:のぞみ212号
・783-31×16:のぞみ110号
・783-30×16:のぞみ214号
・クモハ313-1603×3(海シンB153編成):306M→11番線に到着したクモハ313-1601×3の後に連結して神領へ

 9時を少し回って名古屋を出発。この間マスターは先代の携帯からAMラジオを聴き、ここでもCBCをチューニングして人気番組であるつボイノリオさんのワイド番組が丁度始まった所でいつも東京のラジオを聴くとせせこましいなと感じますが、オープニングからハイテンションで乗っています。乗り具合も2人掛けがほぼ埋まる格好で出発して新幹線の乗り換え客と言った感じのビジネス客も結構乗っています。4月に来た時に詳しく書こうと思いましたが、大騒ぎでそれどころではなく改めて経緯をまとめると亀山と言うと近年、液晶テレビの『アクオス』が製造されているシャープの工場がある事からビジネス面で注目しているのと四日市まで近鉄の競合区間を意識して快速列車の『みえ』号と2本立てで3月のダイヤ改正から運転開始しました。名古屋〜亀山の普通電車を四日市で分断し、名古屋〜四日市の快速区間(途中は桑名のみ停車)と四日市〜亀山の普通区間と合わせて設定されたものです。朝一番は213系と乗り得ですが、他は313系(3000番代)が多く、『みえ』号のキハ75に比べると快速でセミクロスは些か見劣りしますが、運用面を考えると仕方ないのでは?名古屋を出発すると車両区の脇で暫く普通電車の擦れ違いで待たされて八田では後で四日市で見るコンテナの2085列車が待避して月曜日なのでコンテナ車の両数は短めと一目瞭然。名古屋市内最後の春田では『みえ』2号に擦れ違い、田園風景豊かな沿線風景を快調に進み、輪中に入って三重県の県境あたりへ来ると鳥羽へ向かう近鉄の22000系(ACE)と並走して桑名に到着。ビジネス客を中心に1/3程が降りて後は普段着のお客さんを少々拾って出発。一大ジャンクションの後は四日市までもう少し。富田の構内を伺うと端っこに入場待ちのタキ1900が2両、東藤原から到着したセメントの5363列車がDD51牽引で出発待ち。富田浜を過ぎて降りる支度をすると名古屋方のロングシートは全くお客さんが座っておらず、歩いている車掌さんに思わずご挨拶して四日市駅は定刻の到着。

 四日市駅に着くと先ずは構内を色々と物色してコスモ石油の製油所はタキ40000、タキ43000等が止まって本線から見ると43205、43454番とオイルターミナル時代はマスターの地元でもある八王子常備のOB車とご対面。セメントの5363列車が到着するまでに周辺に止まっている貨車をあれこれ物色(左手は名古屋方です)。

・ホーム前:タキ43186(JOT/塩浜 全検21-3-20名古屋車[26-7-18切]、自重16.2t)+43450(JOT/根岸 全検17-7-2川崎車[22-9-4切]、トケ)+43311(JOT/郡山 全検21-1-28名古屋車、自重15.8t)+1000-221(JOT/郡山)
・四日市支区構内:タキ112164(全検20-11-29名古屋車[25-1-7切]・112464(全検21-2-24名古屋車[25-4-4切]・ホキ1000-9・1000-8[いずれも太平洋セメント/東藤原]
 他にもワム380038等ワム380000、タキ1000-144が入線していました。

 5363列車が到着してから暫く間が空いたので2番線に止まっている313系で用を足してから一旦改札を出て計算したら笠寺から名古屋へ戻る分が足りなくなるので1,000円をチャージ。例によって明細もプリントして石油のタンク車と縁がある駅ですのでマスター自身嬉しい面も。汗ばむ陽気なので途中で倒れない様に2番線の自販機で静岡茶のペットボトルを買います。

○2085列車…ダイヤ上では名古屋タから南四日市への通し運転ですが、名古屋タ発が到着すると直接コンテナホームへ入線してこれで終点かな?と思いきや、5362列車を見ている最中に19Dを満載したコキ104が入って南四日市行きの分が入りました。

名古屋タ→四日市
←DD51 857[更新赤]+コキ104-1634+414○(全検20-1-17小倉車[25-1-25切])+136+1843

四日市→南四日市
←DD51 857[更新赤]+コキ104-2578+772(全検20-10-28輪西派)+1463(全検21-4-21川崎車)+2238+2679(全検21-8-27広島車)+397(全検21-8-27広島車)+1724+2493○
※○=空車

○5282列車…タキ1000とタキ243000とほぼ半々の顔触れで結構、川崎車両所の出場標記も見られる様になりました。時刻表より10分早い到着で昨日の午後ではありませんが、早めに片付き(?)ました。
△稲沢(南松本)
DD51 825[更新赤]
タキ243679  JOT/郡山
タキ1000-299 JOT/郡山
タキ243661  JOT/郡山 全検21-7-17川崎車◎、自重15.8t
タキ1000-181 JOT/郡山
タキ1000-174 JOT/郡山
タキ1000-141 JOT/郡山
タキ243851  JOT/郡山 全検21-2-2川崎車、自重15.9t
タキ243882  JOT/郡山 全検20-1-23名古屋車、自重16.0t
タキ243864  JOT/郡山 全検20-12-5名古屋車、自重16.0t 石油類)黒地
タキ243859  JOT/郡山 全検20-4-25名古屋車(25-8-10切)、自重16.0t 無
タキ1000-345 JOT/塩浜 無
タキ1000-326 JOT/塩浜 無
タキ1000-690 JOT/根岸 無
タキ1000-349 JOT/郡山 全検19-2-28名古屋車、自重17.2t 無
※◎=タキ243661は側梁番号標記なし

 3本も列車が続いたのであれこれと見ながら11時を回る頃にベンチの1番線側に腰掛けて昼食。名古屋駅で買った『復刻弁当』を拡げてこの頃では使う機会が減った経木の折に入った幕の内弁当でご飯は黒ごまに梅干し、おかずは昆布の佃煮、煮豆(白インゲン)、おかずは幕の内に欠かせない3種類のおかずも添えられて紅カマボコ、卵焼き(『とりご飯』と同じ出し巻き風)、焼き魚(鯖)に牛肉のすき煮、ごぼうや椎茸、筍の煮物、締めはチキンカツ?かなと思ったら白身魚のフライで午後は失敗しないぞ!と誓いを込めて機運を上げる気持ちで頂きました。『こだま』と100円違いますがこれから定番商品になったら選択肢に迷い、昔『鉄道ジャーナル』で四国地方の鉄道を乗り歩いた取材で何処かの駅の駅弁で幕の内弁当が二種類あって値段の違い(こちらも100円の違い)で内容を比較した記事があったのを思い出します。この『復刻弁当』は800〜900円あたりが妥当点ですが随分勉強した様です。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

H21.08.21 北関東近郊(その1)

 だいぶ間が空きましたが、18きっぷを使った遠征の第2回目。今回は前半を高崎線、後半を宇都宮線の順に回りました。

 7時1分発の快速電車に乗るので余裕を見て自宅を出発して西八王子駅近くの線路際からEH200-16牽引の竜王行き83列車や昨日のお昼過ぎに続いて120周年ヘッドマーク付きのE233系と再びご対面。83列車のタンク車のナンバーを控えるのに焦って書き漏らしが多いのは段々と筆力も走りについて行けなくなって来たのでは?と思いつつも駅前のロータリーでは30日に行なわれる衆院選候補の宣伝が行なわれているのを見て駅員さんが居る窓口で日付のスタンプを押して入場します。

 7時1分発の快速電車で西国分寺までのって八王子駅では84列車で返送するタキ1000が並んで昨日チェックした81列車で到着した分で先頭(=81列車の先頭)で50番が入っているなと思ったら大当たり。機関車溜まりでEF64の39号機やEF65の1000番代が一休みしています。

 西国分寺で武蔵野線に乗り換えると丁度3番線をEF66 133牽引の3082列車が通過して前の方はコキ106が続くゾーンですがいつもはISOタンクコンテナが1個が多いものの、いつの間にかトヨタのU55Aが4両分積まれて武蔵野線ではEF210牽引で20両同じコンテナが積まれた『ロングパスエクスプレス』で活躍する姿が印象的ながら補完的な輸送でも使われている様子が感じ取れます。

 西国分寺から武蔵浦和は7時35分発の新習志野行き(763E、クハ205-148×8/千ケヨM54編成)に乗ります。武蔵野線の205系と言うと山手線のOBが席巻している様子が強いものの、京葉線の電車に似た顔立ちのオリジナル車は久し振り。いつもBトレでも横浜線や埼京線等に新車で入ったグループのタイプはオリジナルと5000番台の最初2本は造ろうと思って考えた時に最初は生え抜きのこの編成を選んだのも言う迄もありません。車内はウトウトと過ごしながら荒川の鉄橋を過ぎて乗換の準備をします。

 武蔵浦和から大宮まで8時12分発の通勤快速・川越行き(759S、クハ205-127×10/宮ハエ19編成)に乗ります。乗換を待つ間、『あさま』号のE2系でポケモンのラッピングが貼られた編成を見掛けました。ノンストップのこの間、立ちながら進み窓越しから浦和駅や与野駅付近と埼京線の位置関係を確かめます。

 大宮駅の8・9番線のベンチで一休みしてから8時48分発の籠原行き(845M、クモハ211-3027×5+3014×10/高タカA27編成+C13編成)で籠原まで乗ります。大宮を出発して鉄道博物館の脇から宮原間で倉賀野→根岸の5760列車に擦れ違い、後に重油のタキ44000が入っているなと思ったら全車タキ1000の顔触れに変わって来週の根岸行きの予習も兼ねて上尾は駅舎の改築工事が進められて高崎支社では一番の乗降があるものの、やっと予算が付いて行なわれる様子が感じ取れ、ずっと先へ行って北鴻巣も南口の広場が整備されてデベロッパーの倒産で気になった高層マンションも工事が再開した様子も確認。熊谷を過ぎるとあと一息。秩父鉄道の車両を見ると急行用の6000系が2本揃っていたものの、東急の田園都市線から移った7000系や1000系の国電色と気になる所が見られず不発。熊谷タの構内では発着線で川崎車両所の試運転列車6794列車やホキ10000、2092列車に乗せるコンテナ車にはコキ200やコキ110含めて4両連結。他にも太平洋セメントのホキ10105や東邦亜鉛のトキ25000-3、JOTタキ38000(ナンバー不明)・43134・43125・44119・43129と郡山のオイルターミナルからそのまま移籍したナンバーも貨物ホーム側に結構転がっていました。

 籠原で小休止して次の『アーバン』に乗り換え、待ち時間の間にぶっ倒れない様にFrom aquaの500ml入りを自販機で買い、籠原の電略は『コラ』でコーラと行きたい所、高崎支社管内ともなると旧大清水系はつい買いたくなります。

 籠原から岡部は9時42分発の『アーバン』(3921M、クモハ211-3024×5+3059×10/高タカA24+C3編成)に乗ります。211系のパンタグラフも最初は5両編成中心に進められたものの、グリーン車入りのC編成にも手が入る様になり、上野方の3両編成を見るとJR東海の所属車を思わせる雰囲気です。途中、深谷の下り線側でクハ209-46×6(旧宮ウラ45編成)が留置して帰り道の窓越しからチェック。それにしても『アーバン』に乗っていると車内で平気で携帯電話を使うビジネスマンが多く閉口します。目的地も近くなってドアの前に立つものの、意味なく車内をウロウロする兄ちゃんが邪魔臭く感じました。

 岡部では3094列車の入線に合わせてやって来ると3番線から見える範囲では止まっていなかったので早速1・2番線へ。ホームの本庄方で工事の覆いや見張り番のおじさんが居たのでつい尋ねると跨線橋にエレベーターを付ける工事を行なうとの事でバリアフリー工事は東京近辺でもすっかり進んだものの、近県の外縁部もエレベーター、エスカレーター標準装備と何年も来るうちに変わって来る事が肌で感じさせます。失礼して最後尾から撮って行くとさすがに見慣れた車ばかりH6新製車が見られると思ったら全然空振りで結局2〜3コマ程度の撮影。

○3094列車…沢山来るだろうと思ったら12両編成とやや短く、牽引機も3月のダイヤ改正でEF65から上越線の山運用が多かったEF64の1000番代が入る様になり、随分と里運用に増えた事が実感。この組み合わせを見たのは機関車の両数が違えど凡そ1年半振りです。
△根岸
EF64 1018[更新色、冷房]
タキ1000-756 JOT[E]/根岸
タキ1000-145 JOT[E]/郡山
タキ1000-847 JOT[E]/根岸
タキ1000-294 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-167 JOT/郡山 無
タキ1000-285 JOT/郡山 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-163 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-594 JOT[E]/根岸
タキ1000-120 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-114 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 A重、石油類)黒地

 降らなかったものの、大宮周辺寄りはどんよりした空模様で北部の方が悪いなと実感。待避線から2番線に入ってからは軽くチェックを行い、後は211系の撮影を楽しみます。

 岡部から再び大宮へは10時21分発の上野行き(882M、クハE231-6026×10/宮ヤマU526編成)に乗ります。乗ると早速6号車のトイレで用を足してから腰掛け、深谷の209系をチェックして熊谷タの発着線は先の6794列車にコキ104×3+トキ25000-6と入換え。先程のタキ43000&タキ38000は三ケ尻行きのホキ10000の後に連結されて703列車の分だなとすぐ分かり、どうやら廃車回送と言うのも一目瞭然。ドアの鴨居から京浜東北線で停電があったとの事が伝えられて後でE233系のチェックをする時に気をつけねば。熊谷を過ぎると鉄道博物館の脇までは一眠り。体調も万全。

 再び大宮駅に戻って空模様も正午頃から晴れ渡りました。京浜東北線の電車も先の停電の影響でしょうか普段、昼間のダイヤになると2番線で折り返すパターンですが、珍しく昼前後まで1番線に入線する電車もあったので多分、普段は南浦和止まりを臨時運転して調整した様です。E233系の運用状況では大宮からの運用しか紹介しませんのでご了承下さい。

○2092列車…先程、熊谷タに停車したコンテナ車はこの列車に停車して大宮の6番線を11:30前に通過する様になり約1時間程早くなりました。
←東京タ EF64 1044[更新色]+コキ200-139+58+110-2+106-771+4+228+コキ50000×15(コキ106-771〜51615/7両目まで同和通運、中央通運UM12A多い)+106-276+775+471(20フィートISOコンテナ)
 =熊谷タから連結

○3086列車…お馴染みの新鶴見までEH500牽引の列車です。FLのU31Aや東芝物流のウイングルーフ(31フィート)が積まれていました。
←稲沢(名古屋タ) EH500-52+コキ104・106×20

○3097列車…以前は大宮操で長々止まっていましたが、3月のダイヤ改正から2分停車と大幅短縮。目立つコンテナでは朝日工業のUM14A(鉄鋼輸送用)が2個積載。
←熊谷タ EF64 1038[更新色]+コキ50000×12+104×12

 色々と待つ間に出入りする電車をチェックして珍客ではE233系の回送帰りでしょうか11時40分頃に10番線をEF81 134が通過。

○6794列車…後でさいたま新都心のホームで確認しましたが、例によって全般検査(コキ106も足回りだけ塗られた状況です)や指定替えの出場回送、交検車の回送で南松本行きのコキ106が連結されて普段は東京タと往復する分だなとすぐ分かります。
△川崎貨物(東京タ)
EF65 1068[JRF色]
コキ104-2756 ↑塩浜派出の試運転
コキ52718
コキ107- 47 新製20-9-24川重
コキ104-1784 ↓
コキ106- 442 ↑川崎車両所の全検出場 全検21-8-20川崎車
コキ106- 624 全検21-8-20川崎車
タキ1000- 42 ↓ JOT[E]/郡山 全検21-8-20川崎車、自重16.9t
コキ200- 93 川崎車両所の指定替出場 全検19-2-15小倉車(24-3-28切)
コキ106- 934 熊谷タ発の交検車
コキ51675   ↑南松本行き(熊谷タ派出の交検出場車)
コキ106- 787 ↓
コキ104- 636 ↑川崎車両所へ全検入場 全検16-8-13川崎車
コキ104- 256 ↓ 全検16-8-18川崎車

○4073列車…スーパーオイルエクスプレスの看板列車で牽引機がEH200からEF64の1000番代に変わり、タンク車は1両少ない19両編成で通過。
←倉賀野 EF64 1007[更新色、冷房]+タキ1000-697+702+742+718+731+729+716+696+737+717+701+728+694+722+741+725+724+740+739(OT/川崎貨物◎)

 お昼を回ってから12時11分発の上野行き(586M、クハE231-6009×10/宮ヤマU509編成)でさいたま新都心へ。丁度、北陸行きの2071列車が大宮操を出発する所で後方には中央通運のU19A、日本ゼオンのラテックス専用UT11Aと9日に来た時に見られなかった私有コンテナの姿も確認しました。

 さいたま新都心に到着すると試運転の6794列車が止まって上手い具合にタキ1000から後ろの方が見えました。京浜東北線のダイヤも15分程遅れているとの事で調整も一苦労。丁度この頃には『きぬがわ』4号が通過して普段は485系が担当しますが、今日は189系『彩野』(クハ189-2×6)がピンチヒッター。丁度一ヶ月前に『はちおうじ日光』号で見ました。

○4074列車…3月のダイヤ改正まで5772列車として名乗った列車ですが、そのまま高速列車にスピードアップ。先月の鉄道博物館行きの帰りに5763列車を確認した際に結構、オイルターミナルの移籍車を見掛けましたが、ここでも同じH16新製車で倉賀野や郡山の常備車から移った分も確認しました。
△浜川崎
EF64 1042[更新色、冷房]
タキ1000-444 JOT/根岸 全検21-**-**川崎車、自重**.*t
タキ1000-651 JOT/根岸[旧OT/倉賀野]
タキ1000-653 JOT/根岸[旧OT/郡山]
タキ1000-273 JOT/郡山
タキ1000-661 JOT/根岸[旧OT/宇タ]
タキ1000-879 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t
タキ1000- 13 JOT/郡山 全検21-4-10川崎車、
タキ1000-660 JOT/根岸[旧OT/宇タ]
タキ1000- 6 JOT/郡山 全検21-3-10川崎車、自重17.1t
タキ1000-454 OT/倉賀野 全検21-6-11川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-335 OT/倉賀野 A重
タキ1000-665 OT/倉賀野 無
タキ1000-399 OT/宇都宮タ 全検20-4-25川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
タキ1000-610 JOT/根岸 全検20-5-8川崎車、自重17.0t
タキ1000-357 JOT/郡山
タキ1000-277 JOT/郡山 無

 この間に隅田川→焼島の5789列車が到着してこちらも夕方から昼間にシフトした列車です。前方はコキ50000、他はワム80000が続いて380000番台の青い列が見事で伝統のとび色は285552、286095の2両だけです。
←焼島 EF65 1065[JRF色]+コキ52261+53164+52551[新潟タ行き]+ワム80000×32

○5683列車…夏場でも頑張って一杯の20両編成で到着して顔触れはオールタキ43000・44000の編成です。タキ43000の中にはこの間、八王子で見掛けたナンバーも結構連結されてこのブログを少し前へ見返すと登場したナンバーがあったので驚きました。
△宇都宮タ
EF210−111
タキ43631 OT/倉賀野●
タキ43632 OT/倉賀野●
タキ43459 OT/八王子
タキ43334 OT/倉賀野
タキ44021 OT/西上田
タキ44013 OT/倉賀野
タキ43547 OT/宇都宮タ●
タキ43383 OT/倉賀野
タキ43606 OT/宇都宮タ●
タキ44022 OT/西上田
タキ43412 OT/郡山
タキ43411 OT/郡山
タキ43273 OT/倉賀野
タキ43271 OT/倉賀野
タキ43468 OT/八王子
タキ43033 OT/郡山 全検21-4-25川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ43476 OT/八王子●
タキ43354 OT/南松本 全検20-10-25川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ43028 OT/西上田
タキ43004 OT/郡山

 ここまで終わると新都心12時43分発の宇都宮行き(575M、クハE231-8064×5+6031×10/宮ウラU107+U531編成)で大宮へ戻ります。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

H21.03.11 北関東近郊(その1)

 18きっぷ遠征の2回目は2週続いて同じ方面で今回は定番の大宮から二手に別れて見に行くコースで回りました。本来であれば昨日、定例日である埼玉サークルの例会にぶつけて出掛けよう思いましたが、こちらの方が私事の都合で今日に合わせた次第です。

 7時頃の電車で行こうと思い、自宅を出る前にラジオで青梅線にて人身事故が発生した情報が伝えられ、何処かで遅れるといけないので余裕を見て早めに出発。

 西八王子から乗ると2日の高崎行きと同じ駅員さんだったので「2回目ですね!」と言われて1番線へ。青梅線の影響を気にして6時58分発の東京行きに乗って一本前の51分発はクハ201-107×10(八トタH4編成、09T運用/〜608T)の担当で3日連続201系とご対面。その後は根岸→竜王の83列車が通過するとEH200-16牽引でタキ1000-30、259、769、792、764、878、474、501、153、512、195、240、606、236、150、26、71の順で先頭のA重油専用車、7〜12両は一昨日の80列車で返送されたナンバーです。意外と乗りが少なく次の7時1分発に乗るお客さんの方が多く、一駅の間立って八王子は5482列車で返送されるオイルターミナルのタンク車が控えて先頭にタキ38000の38077番が連結。立川を過ぎたあたりで本来、武蔵小金井で待避する通勤特快(大月6時25分発)がこの影響で快速運転に。

 西国分寺から7時29分発の海浜幕張行き(701E、クハ205-46×8/千ケヨM4編成)で武蔵浦和まで乗ります。西国分寺の4番線にある『ジューサーバー』の店構えも昨日の八王子の1・2番線同様『ハニーズバー』に衣替え。ダイヤ改正後の17日オープンの貼り紙あり。

 武蔵浦和から8時04分発の大宮行き(723K、クハ205-91×10/宮ウラ3編成)に乗ります。後述する倉賀野行きの8885列車の存在を気付けば南浦和経由で行けばなと少々見誤りました。

 大宮で埼京線から高崎線に乗り換えます。北側通路の突き当たりにある『ジューサーバー』は運営企業の違いから大宮管内は残っているものの、八王子管内だけが一斉に衣替えした事になります。8・9番線で高崎線の電車を待って先にEF210が牽く貨物列車が通過したのでなんだろうと思ったら倉賀野行きの8885列車で2日に確認した5882列車に連結されたオイルターミナルのタキ1000やタキ43000(黒塗りの43519、43582、43581、43546など連結)、JOT車は浜五井配備のタキ43000や44t積みの243000番代と入り混じって賑やか。ジョージアの『エメラルドマウンテン』を買って待つと優先席目当てに並んだコーチのキャスターバッグ片手のオバちゃんともつい世間話。

 大宮から籠原まで8時48分発の籠原行き(845M、クモハ211-3023×5+3048×10/高タカA23+C11編成)に乗ります。総合車両センターの構内には115系(クハ115-1202など)、千ケヨのクハ205-15×10の編成では武蔵野線のM65編成に入った分(モハの45番)に暫く保留していたサハ205の2両(29、30番でこちらは京葉帯)と並んでダイヤ改正に合わせて京葉線の運用に復帰かなと様子が垣間見え、107系はクハ106-107が尻切れとんぼになって構内で佇みます。鉄道博物館を横目に倉賀野→根岸の5760列車に擦れ違い、上尾でEF64の1000番代が牽く2090列車、北鴻巣の先で似通ったコキ50000とコキ106が混じった編成の2092列車(こちらはEF65牽引)に擦れ違い、この2本で上越筋からの上り列車はフィニッシュとなり、14日のダイヤ改正から日中にシフト且つEH200牽引の列車が出て来るので高崎行きは大宮周辺で見る機会が得られれば随時ご紹介したいと考えており、新津からの出場回送があるとこれから賑やかになりそうな気がします。擦れ違う貨物列車の様子を見ながら先週出掛けた分の続きをシグマリオンで纏めて後は暇ができると一眠り。一面の野っ原だった北鴻巣の荒川寄りも区画整理が進んだものの、マンションがデベロッパーの経営破綻で中止状態となり、拙宅から車で10分弱の所にあった農薬工場の跡地に同じデベロッパーのマンションが建築された事があり、あれだけ土壌処理で費用かけて周りから公園にしての要望を振り切って建ったものの、延々と売り出しのチラシが入っていたので正直「この会社、商売下手だな」と思った程で不動産屋さんに言わせると売買の査定は良い様に見ないと思われます。余談はさておき、熊谷ではさすがにお客さんも少なくなって1両で数える程になって優先席には大宮駅で話したオバちゃんの姿も。秩父鉄道の構内を見ると1011×3(オレンジ色)を見付けてついつい車窓越しから撮るものの、上越新幹線の高架橋が遮ってスッキリ撮れないのが残念でサイドしか綺麗に撮れませんでした。熊谷タ構内には6794列車で試運転や回送される様々な貨車に加えてホキ10000も顔を見せて籠原で乗り換えの支度をします。

←熊谷 ホキ10082+10014+10066+10173+10108+10131+10080+10064(太平洋セメント/武州原谷)

 籠原でお手洗いを済ませてから再び3・4番線に戻って今度は9時42分発の『アーバン』高崎行き(3921M、クモハ211-3030×5[籠原まで]+3014×10/高タカA30+C13編成)で岡部へ。乗った編成は今まで211系と言うとすおう色(赤紫、マルーン)のシートでしたが、濃い青緑色のシートでそれもE231系並みの固さのシートに新調しました。後で調査を重ねるとA1編成(クモハ211-3001×5)、C9編成(クモハ211-3049×10)と確認したので先週の高崎行きでもシートの仕切板やシングルアームパンタ化と見るべき所が多い様な気がします。いつもこの電車に乗ると出張のビジネスマンや埼玉工大の学生が多いのですが、片や不況の影響(結構、新幹線からシフトしても前の方は少ないのでは?)、片や春休みと空席が多少、見られました。

○3094列車…A重油専用車を含めて14両編成といつも地元で見る分とそう変わりありませんが、2番線に入った所で新車のタキ1000の台車がFT21Aの形式にマイナーチェンジしている点に気付きました。
△根岸
EF65 1122[冷風]
タキ1000-291 JOT[E]/郡山 無◇
タキ1000-255 JOT[E]/郡山 無◇
タキ1000-599 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-584 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-166 JOT[E]/郡山 ◇
タキ1000-145 JOT[E]/郡山 ◇
タキ1000-880 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t◇
タキ1000-761 JOT[E]/根岸 ◇
タキ1000- 60 JOT[E]/郡山 ◇
タキ1000- 35 JOT[E]/郡山 (A重)◇
タキ1000-104 JOT[E]/郡山 (A重)◇
タキ1000-134 JOT[E]/郡山 A重、石油類)黒地◇
タキ1000-123 JOT[E]/郡山 A重◇
タキ1000-108 JOT[E]/郡山 A重◇
◇=H21度の日付に書替

 1・2番線で後方から前に向かって編成調査をして機関車が連結する頃になると事細かに無線の呼び掛けが耳に入って壮年の誘導員さんばかりですが皆様ご苦労様です。待合室でノートの整理しても春休み中らしく若者ばかりでのんびり過ごせませんね。寒く風が強い上(また、ノートのミシン目が解けましたが何とか持ち堪えて)、タンク車のウオッチを楽しみます。

 岡部から10時22分発の上野行き(882M、クハE231-6039×10/宮ヤマU539編成)で大宮まで乗ります。トイレタイムを節約して5号車(サハの6000番代)に乗ってそのままお手洗いへ。深谷では籠原から新前橋へ回送する211系の付属編成(←クモハ211-1008×5+3028×5)に擦れ違い、籠原では昼寝する211系やE231系を横目に熊谷タ構内を再び覗くと残っていたホキ10000は三ケ尻へ行った様子で6794列車に乗せる貨車が発着線でスタンバイ。熊谷を過ぎて宮原辺りまでは一休みしながら大宮へ向かいます。

 大宮駅に着いてエキュートで少し過ごしてから3・4番線へ。貨物列車の合間に京浜東北線の電車もチェックし、3番線に止まっていた回送電車を見ると上野行きながら付属編成は国府津のクハE231-8057×5(S-29編成)がレンタル。

○8592列車…宇都宮タから隅田川貨車区に交番検査入場のコキ104が1両だけです。
←隅田川 EF65 1045[JRF色、赤プレート]+コキ104-1769

○6794列車…回送車や試運転、配給輸送ながら連結している内容は賑やかです。焼島から稲沢へ回送するワム80000が中央線経由と以前なら3880列車〜3363列車のルートが定番でしたが、高速列車主体の現在となっては致し方ない気がします。
△川崎貨物
EF65 1060[JRF色]
コキ104-2435 ↑梶ヶ谷タ行き(回送)
コキ104-2370
コキ104- 800
コキ104-2710 ↓
タキ1000-6 JOT/郡山 全検21-3-10川崎車、自重17.1t 試運転(→浜川崎)
コキ106- 262 全検20-1-8川崎車 輪軸交換
ワム380127  ↑焼島→稲沢
ワム380472
ワム380202
ワム380145
ワム380088  ↓
コキ104- 542 ↑小名浜→川崎貨物(川崎車両所)→宇都宮タ 全検16-2-12広島車(21-2-19切)
コキ104-1071 ↓ 全検16-1-20広島車
トラ150308  川崎貨物 ↑小名浜発(輪軸積載)
トラ152461  川崎貨物 ↓
※ワム380127〜380088は焼島260新潟タ5788熊谷タ6794川崎貨5467南松本5878稲沢のルート
※コキ104-542〜トラ150241は10日発の5381列車で熊谷タ着

○5584列車…丁度一ヶ月振りの調査となり、相変わらずタキ43000主体の編成です。
△川崎貨物(浮島町)
EF210−135
タキ43602   OT[r]/郡山 A重
タキ43381   OT[r]/倉賀野
タキ1000-380 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-5-15川崎車、自重17.1t
タキ1000- 12 OT[r]/倉賀野■
タキ43449   OT[r]/南松本●
タキ43029   OT[r]/西上田
タキ43163   OT[r]/倉賀野
タキ43028   OT[r]/西上田
タキ43403   OT[r]/郡山●
タキ43348   OT[r]/西上田
タキ43600   OT[r]/南松本 A重
タキ43382   OT[r]/倉賀野
タキ1000-458 OT[r]/宇都宮タ■
タキ43158   OT[r]/倉賀野● 石油類)青地
タキ43513   OT[r]/西上田●
タキ43210   OT[r]/倉賀野
タキ43542   OT[r]/宇都宮タ●
タキ44507   OT[r]/倉賀野●[旧JOT/根岸]
タキ43150   OT[r]/西上田
タキ43016   OT[r]/郡山

 この前後には4073列車(川崎貨物→倉賀野)が通過するとEH200-15牽引でタキ1000の順序は2日に確認したナンバーと全く同じです。

 同じホームから12時10分発の上野行き(586M、クハE231-6006×10/宮ヤマU506編成)でさいたま新都心へ向かいます。

 さいたま新都心のホームに降りると6794列車のタキ1000から後がホームの南側から見る事が出来たので現車データや車票とチェック。ワム80000の回送ルートや輪軸交換のコキと以前に比べると随分複雑になったなと驚きます。この頃になると485系の東武直通が新宿へ向かう所、交番検査と重なったのでしょうかスペーシア(106-1×6)がピンチヒッターを担当。

○5772列車…2日に倉賀野駅で確認した編成と似通った顔触れで当日同様タキ1000の1番や100番と連結。ホームの位置の関係で倉賀野では調査しか出来ませんが、大宮操の停車時間を使って撮影中心と使い分けています。
△浜川崎
EF65 1037[JRF色]
タキ1000-276 JOT/郡山 無
タキ1000-278 JOT/郡山 無
タキ1000-280 JOT/郡山 無
タキ1000-246 JOT/郡山
タキ1000-241 JOT/郡山
タキ1000-452 OT[r]/倉賀野■ 石油類)黒地
タキ1000-451 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000- 1  JOT/郡山 全検20-7-16川崎車、自重16.8t A重
タキ1000- 16  JOT/郡山 A重
タキ1000-454 OT[r]/倉賀野■ 無黒
タキ1000-449 OT[r]/倉賀野■ 石油類)黒地
タキ1000-100 OT[r]/倉賀野■ 常)郡山、石油類)黒地
タキ1000-566 JOT/根岸
タキ1000-277 JOT/郡山 無
タキ1000-621 JOT/根岸 全検20-11-7川崎車、自重17.1t 無◆
◆=タキ1000-621はタキ1000-628と同じ戻りバネ脱落防止金具試行車

○5962〜5683列車…一杯の連結で後方にはタキ43000トップナンバーも連結。春遠征でも京葉地区へ行くので今回は電車待ちの間に軽く編成をメモして乗った電車の窓越しとタキ1000-460が真向かいに。大宮で降りて9番線の南側で待ち構えました。
△宇都宮タ
EF210−155
タキ44005   OT[r]/西上田 全検19-5-8川崎車(24-8-14切)
タキ43624   OT[r]/倉賀野●[旧JOT/郡山]
タキ44519   OT[r]/宇都宮タ●
タキ43005   OT[r]/郡山
タキ1000-412 OT[r]/郡山■
タキ38038   JOT/郡山 3F改
タキ44011   OT[r]/倉賀野
タキ44007   OT[r]/郡山
タキ38093   JOT/郡山 全検16-1-6川崎車(22-8-30切)、自重17.1t 3F改
タキ1000-460 OT[r]/宇都宮タ■ 無
タキ43392   OT[r]/宇都宮タ
タキ43336   OT[r]/倉賀野
タキ43332   OT[r]/倉賀野
タキ1000-381 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-8-23川崎車、自重16.9t
タキ43514   OT[r]/西上田● 石油類)青地
タキ43190   OT[r]/倉賀野
タキ43000   OT[r]/西上田
タキ43213   OT[r]/倉賀野
タキ1000-407 OT[r]/宇都宮タ■
タキ43193   OT[r]/倉賀野

 再び大宮へ戻り、12時36分発の籠原行き(873M、クハE231-8057×5+6024×10/横コツS-29編成+宮ヤマU524編成)に乗り、先程、大宮駅の3番線に止まっていた電車が折り返した事になります。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

H21.01.13 大宮周辺

 埼玉サークルの例会の定例日で浦和へ行き、その前に大宮やさいたま新都心で取材を済ませようと思いました。いつもこの時期はそこそこ頑張っている列車が見られるものの、この冬は景況の影響でしょうか比較的短い列車が多く、落胆する日々が続きます。

 自宅を13時少し過ぎに出発して軍資金をおろして京王のクレジットカードの引き落としも無事完了。PASMOと私鉄車両編成表の代金分です。

 西八王子駅から南大通経由の八王子駅南口行きを乗り通し、一昨日、私用で出た際と同じく日産ディーゼルのノンステップ車に当たりました。到着してから京王プラザホテルのスターバックスでショートラテを一杯頂いて出先にスターバックスがあるのでついつい様子を話すのも楽しみです。大崎のゲートシティ、浦和のパルコ、本部の最寄駅・市ヶ谷とあるのでこれも偶然かな?。

 大宮には15時過ぎに着きたいので上手く間に合うかなと八王子14時03分発の快速電車で西国分寺まで乗り、西国分寺の西側から立川の南武線と合流する手前がこの11日に下り線の線路が高架に切り替えられて丁度、私が乗った電車が走る頃には『スーパーあずさ』19号が高架を下りて立川駅へ向かって疾走しました。オイルターミナルのタンク車も先週来た時はタキ1000-460が居たものの、今日はタキ43268がたった1両だけ。

 西国分寺で乗り換えの間根岸→宇都宮タの5561列車が4番線を通過。後で調べた所、タキ43278が全検出場後、浜川崎から移った様子です。
←宇都宮タ EF210-136+タキ43278+1000-846E+360E+688E+353E+271E+258E+284E+192E+578E+283E+764E+836E+17E+785E+43455
※E=タキ1000のENEOSマーク入り

 西国分寺から14時36分発の海浜幕張行き(1445E、クハ205-147×8/千ケヨM63編成)で武蔵浦和へ。もう1両前だったら205系のモハユニットの400番とキリ番に当たったものの、乗った5号車は宝くじで言う前後賞と言ったところ。おみくじでは中吉なり。新座タの発着線に転がっていたコキ104の中にはセノハチの最後尾限定で組成された10001番を発見。当ブログでも良く登場する梶ヶ谷タ→竜王の列車で一回見たきりでなかなか捕まりません。武蔵浦和の短絡線では大宮方面へ向かう倉賀野行きの5960列車(〜5881列車)が通過してドアの窓越しからちょっぴり予習。立っていると大学生か若手社員なのか分かりません突っ立っているカップルが邪魔臭い印象がしました。

 武蔵浦和から快速川越行きのりんかい線70-000系(1485K、TWR70-060×10)で大宮まで乗ります。考えてみるとここまで昨年、自らBトレで組み立てたなと思い出しました。

 大宮駅の到着はやや余裕を見たものの、ほぼ時間通りに到着。

○5881列車…年越しの宿題で青一色塗りのタキ1000や黒塗りタキ43000もそこそこ発見。ツートンカラーが多かったので44t車かなと思ったら地元で見る機会が多いタキ1000が続いて拍子抜け。
△倉賀野
EF65 1095[JRF色]
タキ1000-170 JOT/郡山 無
タキ44519    OT[r]/宇都宮タ● 全検19-5-17川崎車、自重16.1t
タキ1000- 91 JOT/郡山  無
タキ243693   JOT/郡山 石油類)グレー
タキ1000-821 JOT/浜五井
タキ43281    JOT/郡山 全検20-7-4川崎車、自重16.0t(青→黒塗り)
タキ44016    OT[r]/宇都宮タ
タキ43555    OT[r]/宇都宮タ● トケ
タキ1000-658 OT[r]/宇都宮タ■ 常)郡山
タキ1000-162 JOT/郡山 無
タキ1000-300 JOT/郡山 無
タキ43270   OT[r]/倉賀野
タキ43135   OT[r]/郡山
タキ243861   JOT/郡山 全検20-9-6川崎車、自重16.0t
タキ243780   JOT/郡山 全検19-12-7名古屋車、自重16.0t 石油類)グレー
タキ243850   JOT/郡山 全検19-12-26名古屋車、自重16.0t 石油類)黒地
タキ243695   JOT/郡山 石油類)グレー
タキ1000-242 JOT/郡山
タキ1000-394 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-4-30川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-387 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-7-28川崎車、自重17.1t

 大宮からさいたま新都心へ上野行き(634M、クハE231-6014×10/宮ヤマU514編成)に乗ります。待っている間に普段は新宿から東武へ直通する特急列車を担当するクハ481-1017×6が5番線で一休み。ピカピカになっていたので全般検査上がり立てだなと実感し、年末に来た時は『彩野』の189系がピンチヒッターになっていましたね。丁度この間で5561列車にすれ違い。

○5763列車…需要のピーク時で根岸発含めて20両は行くかな?と勘ぐったところ、浮島町発の14両と少々物足りない気がします。エコレール未貼付の黒塗りや八王子のオイルターミナル基地が開設されたときから常備されていたタキ43018がいつの間にか郡山常備に変わって驚きました。一休みしている右手には長岡のEF64 1030が控えてこれからE233系のお迎えかな?
△倉賀野
EF210-125
タキ44128 OT[r]/西上田● 全検18-12-22川崎車、自重16.5t 常)仙台北港
タキ44018 OT[r]/郡山
タキ43026 OT[r]/西上田 石油類)黒地
タキ44118 OT[r]/倉賀野●
タキ44125 OT[r]/南松本
タキ43021 OT[r]/南松本
タキ43018 OT[r]/郡山(旧・八王子)
タキ44007 OT[r]/郡山
タキ43172 OT[r]/南松本
タキ43625 OT/倉賀野● 全検19-5-8川崎車、自重16.2t 石油類)黒地
タキ43273 OT[r]/倉賀野
タキ43392 OT[r]/宇都宮タ
タキ43355 OT[r]/南松本
タキ43402 OT[r]/宇都宮タ

○5593列車…普段は日通エコライナー31のヤマト運輸や全国通運版の31フィートコンテナが見られるものの、空車のコキ104ばかりの編成で現車3両。
←宇都宮タ EF65 1083[JRF色/赤プレート]+コキ104-771+2509(越谷タ→隅田川・交検車)+1455(隅田川発・試運転)

○5381列車…牽引機にレインボー色のEF81 95が当たって編成はタキ15600×13+トキ25000×4の編成。

○8685列車…後方はタキ1000が続く荘厳な顔ぶれで3月のダイヤ改正から高速化を思わせる雰囲気ですが、京葉・宇都宮タ間は現状維持。タキ1000のキリ番、400番が連結していたものの、照り返しがきつく、撮影は期を改めて。
△宇都宮タ
EF65 1094[JRF色]
タキ43453   OT[r]/宇都宮タ
タキ43184   OT[r]/倉賀野●
タキ44005   OT[r]/西上田
タキ44001   OT[r]/西上田
タキ1000-400 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-7-17川崎車、自重17.3t
タキ43611   OT[r]/倉賀野●  
タキ43607   OT[r]/宇都宮タ●
タキ1000-674 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-676 OT[r]/宇都宮タ■
タキ43600   OT[r]/南松本 A重/石油類)黒地
タキ1000-673 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-672 OT[r]/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ1000-675 OT[r]/宇都宮タ■ 無黒
タキ1000-661 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-403 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-6-21川崎車、自重17.2t
タキ1000-662 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-404 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-11-12川崎車、自重17.0t
タキ1000-669 OT[r]/宇都宮タ■ 無黒
タキ1000-670 OT[r]/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ43627   OT[r]/郡山● 全検19-8-7川崎車、自重16,1t

○5882列車…秋頃までは日によってはタンク車が入らなかったものの、冬モードに入るとパワー全開。浜五井行きの車は5881〜5884列車に集約したのかオイルターミナルの北袖行きが目立ちます。タキ43000の黒塗りでは43620・43606(宇都宮タ常備)・43632・43207(倉賀野常備)・43519(西上田常備)・43575(八王子常備)と連結。タキ43418がオイルターミナルの倉賀野常備→JOT郡山常備に移籍、タキ1000の青一色は406・389・386(宇都宮タ常備)が連結。

 一通り調査を終えると一旦改札を出て線路沿いの道路の歩道から5763列車の様子をチェックし、南側の最初の交差点からエコレールマーク無しのタキ43625の証拠写真を撮ってから再びゲートイン。

 再び大宮へはさいたま新都心16時46分発の宇都宮行き(627M、クハE231-6014×10/宮ヤマU514編成)に乗車。丁度、大宮駅から向かう際に乗ったのと同じ編成が到着して上野まで行っている間に留まっていた事になります。

 大宮駅に着くと先ずは北側の改札を一旦出て(新都心→大宮→浦和と一歩間違えたら疑われますからね)再びエキュート側の改札口に入って暫く中をブラブラして『旨囲門』で夕食用の駅弁を仕入れて鶴太郎プロデュースの『50周年小唄寿司』や新潟駅の『鮭の焼漬弁当』も悪く無いなと思いつつも手に取ったのは仙台駅の『北の漁師めし』を頂き、ご飯は名物の『鮭はらこ飯』に卵そぼろにトビッコが添えられておかずは煮たホタテ貝に切り干し大根とひじきの煮物、焼いた鮭に刻んだホッキ貝とホッキ貝の貝殻に網に見立てたレースの飾りは両の風景をイメージして盛り付けられています。それから11番線へ行って東京タや新座タから新潟、羽越経由の秋田貨物行き2091列車の通過を見ます。EF64 1007の牽引で前13両のコキ50000が新座タ発、後7両のコキ106は空車が多いものの、タンクコンテナが多くISO20フィートや信越化学の輸送用で使われる青い渦巻きが賑やかなボルテックス・セイグンのものも発見。コキ104がメインの頃は1時間程遅く10分近く止まっていたので良く遠征の帰り道に編成調査して楽しみましたが、平成15年頃から現在のコキ50000+コキ106体制に切り替わってから楽しみが減少(?)した分、身近な所でも見られるので今となってはおあいこかな?この前にはクハ185-204×7(東チタB2編成)が到着してこの時期は初詣の団体列車も運転されるのでどんな列車かなと勘繰ると宇都宮線の『ホームタウンとちぎ』や高崎線の『あかぎ』で運用する車を田町から東大宮へ回送するものと思われます。

 それから京浜東北線のホームへ移動して17時40分発の大船行き(1705C、クハ209-61×10/宮ウラ60編成)で浦和へ向かいます。右手に腰掛けて擦れ違う電車をチェックして楽しみ、与野では丁度、隅田川から新潟へ向かうワム80000を連ねた5789列車に擦れ違い。

 浦和に着くと会場のあるパルコへ行き、スターバックスで年末から売り出されたティーラテを目当てに品定めするとアッサムラテは品切れでラベンダーラテをマグで頂き、丁度、奥のソファ席が空いていたのでここでシグマリオンで一仕事。これも8年使っているのでそろそろ小振りのパソコンに変えたいなと腹案があるものの、MSオフィスが入るとすぐ10万はするので二の足を踏んでいます。忘年会の時のK氏のお告げではございませんが、秋葉原の路地裏でベラボーに安いのはアフターサービスやらユーザーサポートの適用外になるリスクがあるので遠慮しています。3卓あって右端が制服の女子高生がカップを空にしてダベって居たのでマスター自身、株主さんなのでこう言うお客さんは目上の人から目を付けられて言うと眼中が無いのでは?ともっと家庭や学校も校外での活動を厳しくして欲しいものですね。

 思わぬ長居をして10階のコミュニティーセンターへ行き、駅弁を持って来たので飲食どうなのかなと気にしたら館内所々に飲物の自販機があるので制限が無い様なのでロビーのテーブルで舌鼓を打ち、暫くするとU氏が現れて色々と話をしてそれから暫く経って例会の会場へ行き、支部委員のK氏、それからシニア会員のO氏などいつもの面々が参上。情報交換では高尾山のケーブルカーと5日に本部へ出掛けた後、京王八王子駅のショッピングセンターにある本屋さんでPASMO払いが出来るようになったとお話しました。幹事の一人であるS君と久し振りにご対面。北浦和から会場が変わって行き易くなったのと帰りの電車の時間が読めると後で会費払いの時に談笑し、デジカメ画像は最初、忘年会で紹介する所、M君の接続ケーブルを拝借して披露しようと思ったら、当日は18きっぷ片手に出掛けて来られなかったので今回、こちらからケーブルを持参して新秋津訓練センターでの105系の撮影会を様子を紹介し、21時少し過ぎに散会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)