根岸線

2014年10月 9日 (木)

H26.10.09 根岸駅(その2)

 川崎貨物行きの5692列車や坂城行きの5474(〜5463)列車の編成が入って来た所でこちらは中休み。14時09分発の磯子行き(1249B、クハE233-1075×10/宮ウラ175編成)で磯子へ向かい、海側で控えていたタンク車をノートに書きだすものの、ショルダーの中身が余りに軽かったのかシートから落ちる始末でまた、戻って来る電車から改めてチェックしましょう。磯子は北行をEast-i Eに擦れ違う形で到着します。

 磯子ではいつも北行からみて後方(大船寄り)に乗るのですが、91列車の編成の様子を気にしてか編成の真ん中(エスカレーターの少し横浜方)から乗って折り返し、14時22分発の快速・大宮行き(1448B、クハE233-1075×10/宮ウラ175編成)に乗り、大船発と設定を間違えたのか"次は本郷台"とアナウンスが突如流れたのには驚きましたが、奥に止まっていたタンク車の編成もナンバーを書き出すも、正午頃に比べて再び本曇となり、汚れが目立つナンバーとなると見辛いのが難点です。

 降りると5692列車の編成も整い、今晩の8461列車で到着する八王子行きのタキ1000が続き、コキ106は2両揃ってピカピカです。

○5692列車…八王子行きのタンク車10両に塩浜派出行きのコキ106と見事な編成で牽引機も中央線の8460列車と入れ替わりでしょうか通常は新鶴見のEF65ですが当日は愛知のEF64の牽引です。
△川崎貨物
EF64 1002[更新色、冷風]
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸* ↑八王子行き 全検25-12-18川崎車、自重16.6t
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸* 全検26-8-29川崎車、自重16.6t
タキ1000-593 JOT/根岸 無
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-833 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-253 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-573 JOT/根岸    ↓ 無
コキ106-967 ↑横浜本牧→川崎貨物 全検26-7-31川崎車
コキ106-630 ↓ 全検26-9-4川崎車
神奈臨DD55 17(ERヘッドマーク)
▽(神奈臨54レ)
根岸*=旧郡山常備車

○(80〜)91列車…5079列車を牽くEF200が変わったかなと思いきや、富士川以東にトリコになった分が登板して普段通りですが、編成の番狂わせがあったせいか1両多い18両編成(全車ガソリン、灯油・軽油積み)での到着です。

EF200-2+EH200-19
タキ1000-638 JOT/仙台北港 全検26-5-10川崎車、自重16.8t
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-849 JOT/根岸 無
タキ1000-492 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-270 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-167 JOT/根岸* 無
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-584 JOT[E]/根岸
タキ1000- 65 JOT/根岸* 全検26-8-4川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-620 JOT[E]/根岸
タキ1000-216 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-772 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-869 JOT/根岸 無
タキ1000-162 JOT/根岸* 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 ここは2本続いていつも地元で見る範囲の列車なので親近感あって何処かホッとしますが、マスター手持ちのリストで昨年の全検車で何両か未撮影のナンバーがあり、91列車で620番が連結されて4番線に止まっている間で。もう1両、622番は5079列車で入った所で収めました。

○(8092〜)8095列車…地元では馴染みの列車で一杯の14両編成で到着。タキ1000のH6新製車も昨年のうちに入場したナンバーが多かった事も手伝ってか少々飽きてしまった感があります。

EF210-163
タキ1000-540 JOT[E]/仙台北港
タキ1000- 23 JOT[E]/根岸* 全検25-10-30川崎車、自重16.8t
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-272 JOT/根岸* 無
タキ1000-147 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-499 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-604 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 10 JOT/根岸* 全検25-12-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-683 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-785 JOT[E]/根岸
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検25-8-29川崎車、自重16.7t
タキ1000-618 JOT/根岸 無
タキ1000-565 JOT[E]/根岸 無
EF210-171
▽(8097レ)
根岸*=旧郡山常備車

 地元でいつも見る範囲の列車が着くのと入れ替わりに今度は倉賀野発の列車が2本並び、5079列車と8095列車を牽いた機関車が引き出す8777列車と入ります。

○5079列車…先に2番線に入線して編成は5078列車と全く同じで31、49番の2両はここでのチェックとなりました。
△倉賀野
EF200-2
タキ1000- 31 JOT[E]/根岸* 全検26-4-24川崎車、自重16.7t (A重)
タキ1000- 49 JOT[E]/根岸* 全検26-8-20川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000- 61 JOT[E]/根岸* 全検25-10-11川崎車、自重16.8t
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000- 29 JOT[E]/根岸* 全検25-10-23川崎車、自重16.5t
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 全検25-10-28川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-788 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-852 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-881 JOT/根岸 無
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-877 JOT/根岸 無
タキ1000-846 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 70 JOT[E]/根岸* 全検25-11-9川崎車、自重16.9t
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸* 全検25-11-18川崎車、自重16.7t 石油類)青地
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-608 JOT/根岸 全検26-8-25川崎車、自重16.6t
タキ1000-622 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車

○8777列車…同じ倉賀野行きでもこちらが先発で編成は全車ともガソリン、灯油・軽油積みのナンバーばかりです。
△倉賀野
EF210-163
タキ1000- 60 JOT[E]/根岸* 全検26-4-14川崎車、自重16.7t
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸* 全検25-10-25川崎車、自重16.8t
タキ1000-807 JOT/浜五井
タキ1000- 19 JOT[E]/根岸* 全検26-5-12川崎車、自重16.9t
タキ1000-220 JOT[E]/根岸*
タキ1000-781 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-633 JOT/仙台北港 全検26-5-22川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-503 JOT/根岸 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸
タキ1000-484 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車

 この頃になると京浜東北・根岸線の南行でダイヤが乱れて5分遅れから一部間引きもあり、この後の予定を気にしながら過ごすも、横浜方のベンチにはマスク姿の不審な撮り鐵風の青年が居てこりゃ、ガードマンさんが回っていたら突き出す所で時間も午後3時、小学校の回りをウロウロしていると絶対捕まりますぞ!と思いつつ本日2本目のお客さんは2番線を通過するお座敷電車の『宴』がやって来て根岸線でこの電車というとプロフェッサー氏の貸切電車を真っ先に思い出します。

○5474(〜5463列車)…こちらは早々と14時前に入線して前方は比較的全検出場が浅いタキ1000や8571列車同様、タキ43000の44t積みの連結がありました。
△篠ノ井(坂城)
EH200-19
タキ1000- 40 JOT[E]/根岸* 全検26-5-29川崎車、自重16.7t (A重)
タキ243770  JOT[e]/浜五井# 全検25-10-9川崎車、自重16.6t 石油類)黒地
タキ1000-462 JOT/根岸 全検26-7-17川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000- 82 JOT[E]/根岸* 全検26-7-10川崎車、自重16.8t
タキ1000-281 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸* 全検25-12-11川崎車、自重16.7t
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-561 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-202 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-770 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸* 全検25-11-18川崎車、自重16.8t
根岸*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

 倉賀野行きの2本を見て5079列車の後方は622、608番とデジカメに収めるべきナンバーが続きましたが、8777列車が入って608番が少し被る格好になって「公式」的な画像は改めて収める事にして検査標記をパチリと収め、トイレを済ませ、電車の遅れを気にしながら2番線に到着した北行に飛び乗りました。

 根岸を15時30分発の大宮行き(1508C、クハE233-1013×10/宮ウラ113編成)で桜木町まで乗り、空もすっかり本曇に戻り、山手を過ぎた所で86列車の分をまとめました。

 桜木町に到着すると2・3番線はこの桜木町のスタンプが貼られた横浜線のE233系・H004編成が出発する所でまたまた折角なのでデジカメに収めて改札を出て西側(昔の東急東横線の駅があった場所です)にはミニ駅ビル+エキナカ店舗が完成し、以前は横浜駅の西口駅ビルの愛称で使われた”シャル”が鶴見の新しい駅ビルと並んで採用され、八王子管内でも”セレオ”と言うと八王子駅の二つの駅ビルが印象強いですが、旧NOWの相模原や国分寺L、武蔵小金井の南口と使われているのと似ています。

 地下鉄の駅と直結した地下道から野毛へ向かい、横浜にぎわい座の手前から再び地上に出て駅から歩いて数分、”ちぇるる野毛”に到着。マスターが訪れたのは凡そ5年振り(弘明寺の池沼野郎がのさばっていてご無沙汰している説もありますが………)。当日は私鉄部会にも顔を出す大井町のY君も顔を出してデジカメ画像の紹介で手子摺ってサークルの方が持参したデジカメが偶々、マスターと同じメーカーのものでコスモクロックを見ながら教えた事があります。5年前はダイエーが閉店してどこか殺風景だった雰囲気でしたが、ドラッグストアや食品スーパーが出店して賑わいが戻り、2階の外階段から3階の野毛地区センターへ。受付で写真展示の場所を伺うと壁に飾って誰が出展したのかな?と見るとほとんど面識ある方ばかりで貨車研究会でお世話になっている大口のS氏が横浜線の電車(E233系&205系のツーショットに鴨居〜小机の富士山をバックにした風景)、U氏も出展されて3年前のタンコロまつりの当日に撮られた江ノ電の嵐電号(+新500形)、瀬谷のH氏は整備前の横浜赤レンガ倉庫(この数年後に刑事ドラマの『あぶない刑事』で注目されました)に地元相鉄のED10と。意外な所で先々代の支部長さんで京急かな?と思ったら貨物列車が多く、根岸行きの岡山色EF64に東海道線のEF210(岡山所属)が牽く列車は上越〜羽越線の2091列車になる5092列車で日本触媒の液化酸化エチレン専用コンテナを積んだコキ200やJOTのバルクコンテナを積んだコキ106が連結する様子が見られます。懐かしい所では京急の赤+黄から一番新しい所では横浜線のE233系とどれも秀作ぞろいでこちらも感想のノートに書きましたが、写真展目当てはマスターくらいであとは将棋や囲碁を打つシニアの皆さんが多い様でどこか場違いな印象ながら受付の係員さんも親切で楽しく過ごせました。

 再び桜木町へ戻り、お手洗いを足早に片付け、3番線から16時15分発の八王子行きに間に合い、またまた根岸のスタンプが貼られたH027編成に当たり、帰りでまた逢うとは思いもよらず、横浜を過ぎてから5474列車の整理をしてあとで気付きましたが、竜王からの91列車をまとめるのを忘れてしまい、帰宅してから慌てて整理し、八王子に着くと84列車は居るかな?と降りるとまたまた一仕事です。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H26.10.09 根岸駅(その1)

 八王子から10時半発の桜木町行き快速電車で横浜まで乗り、当たったE233系の編成は根岸のスタンプが入ったH027編成、今回の調査行は好調を予感させます。八王子駅で北側に腰掛けましたが、出発の2〜3分前で対向列車を見たかったので逆サイドに腰掛けていたなと大ボケ。

 八王子を出発して時折晴れ間が覗かせるものの、基本は曇り空。逆サイドに腰掛けたらどんな編成が現れたか見逃してしまいますが、運良く座れて万々歳。車内は終始目立った混雑もなく、横浜線のE233系が出揃ってスタンプもほぼ何番かな?と諳んじて先行する各駅停車を中山で抜くとH002編成だったのでこちらは八王子のスタンプでタンク車みたいな並びですね。東神奈川でも本線側に横浜線のE233系が2本昼寝してこちらもスタンプでどの編成かな?と分かった次第で東神奈川から少し横浜駅寄りにある老舗のスケートリンクが解体工事中の様子を見て横浜駅は3番線の到着。

 横浜駅で乗ったE233系をデジカメに収めると幅狭のホームで綺麗に収めるのも難儀を来すものの、お手洗いを済ませて一旦出場して『みなとみらいフリーパス』を買い求めるとカード払いはSuica定期券やVIEW Suicaは大丈夫でも普通のSuicaはお手上げとなり、2連続でゲンナマ払いと相成りました。続いて崎陽軒の売店で『シウマイ弁当』を仕入れて(駅弁秋の陣の冊子もプレゼント)、MMフリーパスでゲートイン。再び3・4番線で京急の電車を併せてウオッチしながら過ごします。

 横浜から11時39分発の磯子行き(1017B、クハE233-1073×10/宮ウラ173編成)で根岸まで乗り、桜木町では偶々ここのスタンプが入ったH004編成とご対面。iPod touch片手に下準備をしながら過ごし、管内辺りから乗りが疎らになるとスーツ姿の女子大生のお姉ちゃんが端っこに座ってきたので横浜方の3人掛けへ。就活でしょうかどこか雰囲気、ファッションが没個性的で何処かイマジネーションが欠落して人事の受けが悪く(段々年齢的にもマスターの年代がこの辺のポジションに差し掛かりますが………)、次の東京オリンピックの頃には中国に負けますゾ。

 曇り空の根岸に到着して丁度、宇都宮タ行きの4091列車が引き出されて1番線に入る所で降りると1番線の横浜方に歩を進め、不思議と今日は撮り鐵は勿論、この時間に何時も突っ立ってメモする爺さんも居ないのが不思議でこのようなことは久し振りで先程のE233系のお陰かな?とふと思う次第です。

○4091列車…牽引は東海道線の台風の影響で普段は吹田のEF210が担当しますが、新鶴見の173号機が担当しました。前4両はA重油専用車の18両編成です。
△宇都宮タ
EF210-173
タキ1000-127 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-131 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-182 JOT/根岸* 石油類)黒地(A重)
タキ1000-119 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-602 JOT[E]/根岸
タキ1000-679 JOT[E]/根岸
タキ1000-213 JOT[E]/根岸*
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-296 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-224 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-806 JOT/浜五井 無
タキ1000-359 JOT/根岸* 無
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-787 JOT/根岸 無
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-834 JOT[E]/根岸
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸* 全検25-11-15川崎車、自重16.6t
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 正午を少し回った頃には少し晴れ渡り、デジカメのホワイトバランスの調整で弄くりますが、4091列車に続いて発着線に止まっていた八王子からの(86〜)97列車や倉賀野からの8760列車が止まって両方共ガソリン、灯油・軽油の積載車だけの編成で8760列車はA重油の積載車が入っていなかったので混乱しましたが後で修正しました。この頃、南行(1番線)で通過列車が来るなと思ったら来たのは検測車両のEAST-i E(クモヤE491-1×3/水カツ)が参上。4091列車をホーム一杯見るとこのまま跨線橋に登って

○96(〜87列車)…こちらは2番線の入線で短い8両編成で先頭以外はガソリン積載車です。
△八王子
EF210-171
タキ1000-164 JOT[E]/根岸*
タキ1000-878 JOT/根岸 無
タキ1000-279 JOT/浜五井* 無
タキ1000-153 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-754 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 無
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車

○8760列車…倉賀野からの返送でガソリン、灯油・軽油専用車ばかりの16両編成です。4091列車の出発後、96列車が止まる頃合いには5〜14両目が隠れた格好になり、ナンバーを見ると先々週八王子行きの列車で見たナンバーもあり、思わぬ形で復習が出来ました。

タキ1000-484 JOT[E]/根岸
タキ1000-764 JOT[E]/根岸
タキ1000-503 JOT/根岸 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-633 JOT/仙台北港 全検26-5-22川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-781 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-220 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 19 JOT[E]/根岸* 全検26-5-12川崎車、自重16.9t
タキ1000-807 JOT/浜五井

タキ1000- 25 JOT[E]/根岸* 全検25-10-25川崎車、自重16.8t
タキ1000- 60 JOT[E]/根岸* 全検26-4-14川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備車

○(86〜)97列車…長い16両編成での到着でH6新製車のうち、86番は全検出場後初顔合わせのナンバーで一昨日は同じ八王子向けでも8097〜8092列車に入っていたナンバーが続きます(217番が最後尾から前方に回りました=順序が間違えていたらゴメンナサイ)。

EF210-171
タキ1000- 62 JOT[E]/根岸* 全検26-7-7川崎車、自重16.7t
タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-217 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-876 JOT/根岸 無
タキ1000-201 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-291 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-260 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-168 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-290 JOT[E]/根岸*
タキ1000-280 JOT/浜五井* 石油類)黒地
タキ1000- 54 JOT/根岸* 全検25-11-7川崎車、自重17.0t
タキ1000- 86 JOT/根岸* 全検26-9-27川崎車、自重17.2t
タキ1000-848 JOT[E]/根岸

根岸*、浜五井*=旧郡山常備車

 12時台に出発する二列車が片付くと待合室でランチタイム。『シウマイ弁当』が値上げしてから初めてとなりますが、ご飯は少々固めかな?といった以外は相変わらず。他に小さな子を連れた親子連れでママさんはスマホに夢中。目を離してつい釘を差し、年齢で言うと30行かない位で『東京マガジン』のやってTRY!で出鱈目な料理を披露して人前で晒したお姉ちゃんと同じ位でしょうね。

 ランチタイムの後は8760列車や97列車で到着したタンク車をデジカメに収め、合間にiPod touchに収めてから5078列車、8571列車と準備します。

○5078列車…10月に入っても18両編成で頑張っていますがこの頃はオイルターミナル向けもA重油の積載車の多寡でしか差が見出せませんが、A重油の積載車は揃ってH6新製車。1番線からバックで5番線に収容すると8571列車や8760列車の編成に遮られ、15時過ぎに入線する対の5079列車で現車データを確認しました。また、前方には今夏全検出場したH15新製の608番が連結。牽引もEF210でも通常は岡山の担当ですが、東海道線の不通で吹田の115号機が入りました。

EF210-115
タキ1000-622 JOT[E]/根岸
タキ1000-608 JOT/根岸 全検26-8-25川崎車、自重16.6t
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸* 全検25-11-18川崎車、自重16.7t 石油類)青地
タキ1000- 70 JOT[E]/根岸* 全検25-11-9川崎車、自重16.9t
タキ1000-846 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-877 JOT/根岸 無
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-881 JOT/根岸 無
タキ1000-852 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-788 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 全検25-10-28川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000- 29 JOT[E]/根岸* 全検25-10-23川崎車、自重16.5t
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000- 61 JOT[E]/根岸* 全検25-10-11川崎車、自重16.8t
タキ1000- 49 JOT[E]/根岸* 全検26-8-20川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000- 31 JOT[E]/根岸* 全検26-4-24川崎車、自重16.7t (A重)
根岸*=旧郡山常備車

○8571列車…根岸発の列車はA重油積載車が前方が定位置ですが、今日はタキ43000の44t積み車が続き、従って16両全車がガソリン、灯油・軽油の積載車です。44t積み車の中には京葉地区からの移動車も見られ、タキ1000の中には同じ本輪西から移動した827番が連結。
△宇都宮タ
EF210-115
タキ243786 JOT[e]/浜五井# 全検25-10-3川崎車、自重16.3t
タキ243811 JOT[e]/浜五井# 全検25-4-27川崎車、自重16.0t 石油類)黒地
タキ243816 JOT[e]/浜五井# 全検25-4-15川崎車(30-7-16切)、自重16.0t
タキ243803 JOT/浜五井# 全検25-4-12川崎車(30-7-13切)、自重15.8t 石油類)黒地
タキ243783 JOT[e]/浜五井# 全検26-2-24川崎車、自重16.0t 石油類)黒地

タキ1000-588 JOT/根岸 無
タキ1000-827 JOT/北袖# 全検25-10-29輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-249 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-348 JOT/根岸* 無
タキ1000-610 JOT/根岸 無
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-819 JOT/浜五井
タキ1000-836 JOT[E]/根岸
タキ1000- 51 JOT[E]/根岸* 全検25-11-2川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備車、浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車

 ここまで終わってお手洗いを済ませると本牧からの54列車が到着して神奈川臨鉄のDD55はエコレールマークのヘッドマーク付き(両面で)の出で立ちで参上。暫くしてから奥で行ったり来たりしていたタキ1000の編成も入線して5692列車の分がここで整い、EF64が到着すると早速引き出してコキ106の前に連結。この後はベンチで中休みのあとで見る列車の準備をして5078列車の編成を転記してタップします。この間で何時も見ているお父さんとバッタリ。例によってタンク車談義に盛り上がり、北海道から移動したタンク車の話題で持ちきりで根岸に居るタキ1000は思った通りです。14時を回る頃には坂城行きの5474(〜5463列車)や跨線橋の窓越しから奥に止まっていたタキ1000-88(全検26-9-20川崎車、自重16.7t)を見付けてデジカメに収めてから南行の電車に乗り込み、撮り鐵も皆無(件のお父さんもマスターはこれが目的でないとお褒め下さってありがとうございます!!!)で今回はE233系のH027編成に早速あたったので縁起を担ぎました。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

H26.05.28 根岸駅(その2)

 いつもは14時10分の磯子折り返しで磯子へ向かいますが、開通50周年の時期に合わせて折角なので一本早い14時06分発の大船行き(1205B、クハE233-1074×10/宮ウラ174編成)に乗ります。さすがに新杉田や港南台辺りへ向かわれるお客さんが多いのか空席探しも一苦労。海側のタンク車はツートンカラー車が多くマスターにとっては少々見飽きた顔触れでもありますが、50年前の根岸線の貨物列車はまだ高島の貨物線が非電化だったので新鶴見所属横浜常駐のDD13が牽引して貨車は有蓋車やホッパ車が中心という雰囲気で新鶴見〜高島まではD51が幅を利かせ、今となっては驚く話ですが北海道同様、オイルターミナルのタキ43000を牽いていました。

 磯子駅に到着して昭和39年に開業した時の終点も手伝って両方向を走る根岸線のE233系の様子を収めながら後付のエスカレーター通路からコンコースへ。改札の真上にはE233系のイラストに青い濃淡チェックの横断幕を掲げられてヨコハマ・みなとみらいパス片手も手伝って一度改札を入り直し、両サイドから。駅舎も開設当時そのままなので海沿いで築50年は良く持つ方ですが海抜も低く津波が襲ったら危ないのではと感じ取れます。路線バスでは神奈中のエアロスターや江ノ電の日野リェッセ(小型のバスです)と後者はバスコレで製品化したミニバスと同じカラーリングでホームから思わずカメラを向けた次第です。

 本来乗る磯子折返しの北行である14時22分発の快速・大宮行き(1448B、クハE233-1006×10/宮ウラ106編成)で根岸へ戻ります。

 根岸に戻ると3番線に止まっていた5692列車の編成が2番線に転線されて次のお目当てか竜王からの91列車です。後で時刻表で調べるとEH200が通しで担当すると思いましたが、新鶴見からEF200と重連で参上し、それぞれ5079列車、5474列車の牽引を担当します。

○(80〜)91列車…竜王からの返送は一杯の17両に加えハイテク機同士の重連で度肝を脱ぎ、1番線に到着してからほんの2〜3分でバックして3番線へ。5692列車の出発とほぼ同時に積込線へ移送されますが、重連目当ての撮り鐵を尻目にナンバーもバッチリ収まりました。

EF200-12+EH200-11
タキ1000-146 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-284 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-820 JOT/浜五井 無
タキ1000-873 JOT/根岸 無
タキ1000-770 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-540 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000-295 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-775 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 全検25-10-28川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 A重、石油類)黒地
タキ1000-805 JOT/浜五井 石油類)黒地
タキ1000-569 JOT[E]/根岸
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検25-8-29川崎車、自重16.7t
タキ1000-217 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-561 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

 91列車のハイテク機重連は言わば積車を牽く列車の送り込み同士で3番線に到着したタンク車を収容すると5692列車が出発した後、先ず5079列車が2番線に入り、1番線を機回しが続き(一度改札の外へ出てしまいましたが、この辺の作業で大ボケしました)、次いで5474列車が4番線に早々入線していましたが、今度は1番線へ収容します。

 編成内容も5079列車は先の5078列車と対で入れ替わりがなく、5474列車は車窓越しや5692列車が止まっている間に予習していたので本番はどこか軽く流す感じでの調査となりました。

 一通り片付いた所で一度改札を出て50周年を迎えた根岸駅前の様子や駅舎の磯子方にあるNEW DAYSで根岸線50周年の記念グッズを漁るとE233系を象ったパスケースやクリップに各駅の駅名標を添えたボールペンが並んで折角なので根岸駅のボールペンを頂き、飾ると部屋の守護神間違えなし。再び1・2番線に戻り、次世代自販機で福島あかつき桃のジュースをSuicaで買い、タキ1000の連番あたりで腰を下ろします。

○5079/5078列車…相変わらず16両編成で頑張っているものの、定期検査から上がったナンバーが見られなかったのは意外です。
△倉賀野
EF200−12
タキ1000-114 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-123 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-581 JOT[E]/根岸
タキ1000-611 JOT/根岸
タキ1000-215 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-368 JOT[E]/根岸*
タキ1000-756 JOT[E]/根岸
タキ1000-680 JOT/根岸 無
タキ1000-147 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-169 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-168 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-762 JOT/根岸 無
タキ1000-790 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-254 JOT[E]/根岸*
タキ1000-779 JOT[E]/根岸
EF210-130
▽(5078レ)
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

○5474(〜5463)列車…一杯に近い16両編成とこの時期にしては頑張った編成で44t積みは見られずオールタキ1000の顔触れでここでも先月全検出場した84番がありました。
△篠ノ井(坂城)
EH200-11
タキ1000-182 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-599 JOT[E]/根岸
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000-602 JOT[E]/根岸
タキ1000-425 JOT[E]/根岸
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000-249 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-268 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-849 JOT/根岸 無
タキ1000- 84 JOT[E]/根岸* 全検26-4-16川崎車、自重16.8t
タキ1000-863 JOT/根岸
根岸*=旧郡山常備車

○98(〜2085列車、おまけ)…宵の内の出発ながら早々と13時頃から入り、一杯の17両編成で入りました。機関車は竜王行きの83/82列車の折返しのため、出掛けにチェックしました。
△篠ノ井(坂城)
EH200-22
タキ1000-564 JOT[E]/根岸
タキ1000-354 JOT[E]/根岸*
タキ1000-173 JOT/根岸* 石油類)黒地(A重?)
タキ1000-365 JOT[E]/根岸*
タキ1000-609 JOT[E]/根岸
タキ1000-818 JOT/浜五井
タキ1000-874 JOT/根岸 無
タキ1000-227 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-550 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-869 JOT/根岸 無
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-258 JOT[E]/根岸*
タキ1000-764 JOT[E]/根岸
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸* 全検25-12-9川崎車、自重16.7t
タキ1000-471 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車

 15時半頃に3番線にタンク車の入線がありましたが、2列車入って見るのも骨が折れると思い、後ろ髪を引く形で今回の調査も一段落。15時39分発の大宮行き(1512C、クハE233-1012×10/宮ウラ112編成)で桜木町まで乗ります。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H26.05.28 根岸駅(その1)

 早速番狂わせの目に遭いまして予定していた10時半の快速・桜木町行きで横浜へ馳せ参じます。この煽りで8460列車の編成の記録が不十分になりやや悔やみましたが、行く前から詰め込みは許さないと神のお告げが来たかの様に出発進行。丁度E233系で新年度に入ってから新製した編成が参上したので気持ちも上々。時折曇り空ながら、相原に来るとすっかり晴れ渡り、相模原を過ぎての快速運転も中央線のものと同様の走りっぷりながら矢部や淵野辺の徐行は相変わらず。今回も春遠征の時と同様に途中の居眠りは行なわず、所々ですれ違う形式をチェックしながら町田では小田急線の8000形を見上げる形で着き、シートを外側から下り線側へ移動。さすがにE233系は元祖で培った眼力が養われ、スタンプが見えなくても帰りも明るい内に当たる予定なのでそう気になりませんが、長津田の東急の車庫には春先に地元で見掛けた日比谷線直通の1000系から池上&東急多摩川線の1500系に改造した編成が入線して奥には測定車も入庫。このまま順調に進むかと思いきや、中山の手前の踏切で非常停止があり、1〜2分程止まって遅れもこのまま引き摺り、このH009編成のスタンプが貼られた菊名も止まり、あとで調べてみると菊名神社のがまんさまがモチーフとの事。この頃E233系のスタンプでどの駅は何が使われているのかも一寸した楽しみで東神奈川の留置線は海側に京浜東北線のE233系が何本か並ぶと手前は横浜線の電車が続いて真ん中に205系、両側にE233系と東神奈川に着くと一本前の快速を担当した205系に擦れ違い、横浜駅まであと少しです。

 横浜駅で一度改札を出てSuicaから横浜市内の新杉田までの根岸線とみなとみらい線が乗り放題の”ヨコハマ・みなとみらいパス”を券売機で買うものの、南側の券売機は切符用とは別で長距離や特急券と同じ機械に入ってこちらで買うとカードやSuica定期券やビューカードしか対応しておらず現ナマで。崎陽軒の売店でお昼の『シウマイ弁当』を仕入れ再び3・4番線へ。川崎方の自販機で『朝の茶事』を買うと4番線側しか無かったのでこちらで買い、横浜線や京急電車を見ながら過ごすと目立つ所では新逗子行きエアポート急行の都営地下鉄や600形の普通が来ると前はドア間もボックスシートで一部引き出せるタイプを採用していましたが、リフォームした際に外側のボックスシートはそのままにしてドアの内側は全てロングシートに変わった様子も確認しました。

 横浜から11時44分発の大船行き(1075A、クハE233-1068×10/宮ウラ168編成)で根岸へ向かいます。桜木町では先行した横浜線の電車が止まって色違いのE233系の顔合わせもこれから当たり前の光景になりますが、後で時間があったら205系が覗く様子を収めることにして関内の発車メロディーがベイスターズの応援歌で地元の支社管内もご当地メロディーが随分定着したのであれ!って思った感じでした。横浜線のE233系もそろそろ落ち着くので後半グループは根岸線の磯子あたりまでは入る予定なのでこの辺りが楽しみです。

 根岸は1番線の到着で丁度宇都宮タ行きの4091列車が控えていつもメモするお爺さんも居ましたね。オイルターミナルのタンク車が顔を出していた頃は宇都宮タ行きが2本続く光景が永年続きましたが、後発便が1時間半繰下げとなり、今回のダイヤ改正で新設した八王子行きの96列車(新鶴見から87列車)が新しく現れるようになりました。

○4091列車…この時期でも長いと18両編成かなと思いましたが、GW後は輸送力が落ち込むのでこちらも14両編成に。H6新製車でも昨秋辺りから前倒しで入場したナンバーも結構見掛けましたが、正規の順繰りも2両キャッチしました。
△宇都宮タ
EF210-16
タキ1000- 48 JOT[E]/根岸* 全検26-5-10川崎車、自重16.7t (A重)
タキ1000-122 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-558 JOT[E]/根岸
タキ1000-606 JOT[E]/根岸
タキ1000-758 JOT[E]/根岸
タキ1000- 10 JOT/根岸* 全検25-12-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-224 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-793 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-593 JOT/根岸
タキ1000- 71 JOT[E]/根岸* 全検26-5-12川崎車、自重16.7t
タキ1000-191 JOT[E]/根岸* 
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 奥の方には控えている編成を見ると八王子からの(86〜)97列車や44t積み車を2両連結した編成に出発が遅くなった宇都宮タ行きの8571列車と見られ、こちらも合間合間に編成順序を書き出したり(出発待ちの列車があると隙間から)、余裕ができると未撮影のナンバーを手持ちのリストを見比べて収めたりします。時折曇りますが今日は幸い好天で余りカメラ片手の御仁も見られず、時折ラフな格好でリュック姿の兄ちゃんが居ると警戒しますが、撮り鉄だったりするのでこの辺は気遣い、東北のある事件ほどではありませんのであしからず。

○96(〜87)列車…3月のダイヤ改正で新設した八王子行きの列車で機関車も通しで担当するので後で84列車で同じナンバーとまた出会しました。編成はいつもの様に14両編成と用意しますが、やや短い12両編成で700番台でお尻3両連番で入っていました。
△八王子
EF210-112
タキ1000- 86 JOT[E]/根岸*
タキ1000-833 JOT[E]/根岸
タキ1000-865 JOT/根岸
タキ1000-846 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-817 JOT/浜五井 無
タキ1000-799 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-798 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-352 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-259 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

○(86〜)97列車(おまけ)…先の96列車を牽いたEF210の1往復目の返送に当たります。長い16両編成でこれ故に後で8097〜8092列車の組が見られなかったのが残念でした。

EF210-112
タキ1000-755 JOT[E]/根岸
タキ1000-271 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸*
タキ1000-237 JOT[E]/根岸*
タキ1000-212 JOT[E]/根岸*
タキ1000-490 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-355 JOT/根岸* 無
タキ1000-301 JOT/根岸* 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-154 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-492 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-806 JOT/浜五井 無
タキ1000-503 JOT/根岸 無
タキ1000-279 JOT/浜五井* 無
タキ1000-788 JOT[E]/根岸
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 96列車の編成を一通り見終えると待合室に入り、『シウマイ弁当』の昼食に舌鼓。壁には根岸線50周年のポスターが貼られていたので幸い人っ子一人入っていなかったのでこの間を狙ってデジカメに収めました。掛紙もさすがに根岸線50周年とは行かなかったものの、先月は発売60周年でちゃんちゃんこを掛けた絵柄の掛け紙が使われてさすがに横浜までは行く用事が無く、セレオのお店でボール紙の東京版でごまかしました。根岸線開業より大きい目玉として来年にはスカイブルーの電車(現在でも関西の阪和線で見られます)が登場して50周年を迎えるのでこのラッピングが出て来るか注目されます。

 ランチタイムが終わると倉賀野からの5078列車(編成の詳細はその2の5079列車をご参照下さい)が来るまでには発着線に止まっている編成をあれこれチェックします。

 他にも5681列車or5693列車で到着した編成も3番線に12:50頃まで止まって下記の通りです。
(△磯子)
タキ1000-427 JOT[E]/根岸
タキ243793  JOT[e]/浜五井# 石油類)青地
タキ1000-216 JOT[E]/根岸*
タキ1000-195 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-787 JOT/根岸 無
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-270 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-231 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-366 JOT/根岸* 無
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 無
タキ243882  JOT/塩浜* 全検25-12-19川崎車、自重15.9t
根岸*、塩浜*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

○8571列車…発時刻がダイヤ改正前の5474列車(坂城行き)の頃合いに来て30分続行で走る宇都宮タ行きがここで見られなくなりましたが、編成内容は従来通りで4091列車同様、岡山のEF210が牽引を担当しますが、こちらは新鶴見で新鶴見の同形式にバトンタッチ。編成はガソリン、灯油・軽油積みだけの15両編成で全検出場したばかりのタキ1000のH6新製車や旧本輪西のタキ43000の44t積みと連結。
△宇都宮タ
EF210-130
タキ1000-480 JOT[E]/根岸
タキ1000-628 JOT/根岸
タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-422 JOT[E]/根岸
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-232 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-439 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-277 JOT/浜五井* 無
タキ1000-481 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-852 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ243781  JOT[e]/浜五井# 全検25-6-10川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ1000-358 JOT[E]/根岸*
タキ1000-850 JOT[E]/根岸
タキ1000- 66 JOT/根岸* 全検26-4-17川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、*=特殊ナット試行車

○5692列車…本牧からのコンテナ車が入るタイミングを見計らって入線しますが、今日は本牧発がなく、3月のダイヤ改正から川崎貨物で8461列車に継送される八王子行きが入るようになり、タキ43000との混結が見られるものの、早々とH16新製車の全検上がりをキャッチしました。
△川崎貨物
EF65 2068[JRF色、赤プレート冷風]
タキ1000-359 JOT/根岸*  ↑八王子行き 無
タキ1000-875 JOT/根岸 無
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-260 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-631 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-638 JOT/仙台北港 全検26-5-10川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-605 JOT[E]/根岸 ↓
EF210-130
▽(8461レ)

 ダイヤ改正前の8479列車(新鶴見まで8460列車)が着く頃合いに5692列車を牽くEF65が到着し、何分にもマスター10日程前に足を痛めてしまい、ダッシュが出来ない状態の中、何時も見ているオヤジさんとバッタリしたついでにこのナンバーを教えて頂いて恐縮してしまい、若輩者のマスター、陀羅しなくスミマセンです。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

H26.03.12 京浜地区(根岸駅その2)

 普段の慣れ(?)から8479列車(=新鶴見までの8460列車)は駆け足で片付け、ここで磯子へ中休みの段となります。

 いつもと同じ根岸14時09分発の磯子行き(1249B、クハE233-1066×10/宮ウラ166編成)で磯子まで乗ります。乗るなり早速奥に押し込まれたタンク車のナンバーを控え、昨日、八王子から返送したナンバーが続いて前のほうが8460列車、後ろのほうが8092列車の前方といったナンバーが続きました。

 磯子で中休みして右足のふくらはぎが釣った様に少々痛くなりましたが、ここは気合で十分。折返し電車もいつもは大船寄りの号車ですが、今日は少々手前の3号車で14時23分発の大宮行き(1448B、クハE233-1066×10/宮ウラ166編成)で戻ります。

 根岸に戻ると何時も見ている親父さんと半年振りのご対面。話題になっているのは44t積みのタキ43000(塩浜常備車についてご質問がありました)、タキ1000の前倒し全検入場と地元に居ながら掴んだ範囲で情報交換しました。

○(80〜)91列車…少々短い14両編成での到着で昨日の83列車に連結されたタキ1000が入るなと予想したらその通りで先程も足の痛みを覚えながらiPod touchで見返し、4両目の54番は新しいデジカメで宵の八王子駅でも収めたので改めてデイライトの根岸駅での一コマとなりました。機関車は本来、吹田のEF200の担当ですが、新鶴見のEF210が入って機関車の番号、先頭のタキ1000のナンバーが偶然同番でどこかアメリカ系保険会社のフリーダイヤルを思い出します。

EF210-117
タキ1000-117 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-422 JOT[E]/根岸 全検25-5-1川崎車、自重16.8t
タキ1000- 54 JOT/根岸* 全検25-11-7川崎車、自重17.0t
タキ1000-490 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-798 JOT[E]/根岸
タキ1000-611 JOT/根岸 全検25-6-13川崎車、自重16.8t
タキ1000-833 JOT[E]/根岸
タキ1000-609 JOT[E]/根岸 全検25-5−9川崎車、自重16.8t
タキ1000-162 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-629 JOT/根岸 石油類)黒地▶ 全検25-9-24川崎車、自重16.9t
タキ1000-790 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-785 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無

根岸*=旧郡山常備車

 この頃になると8777列車のタンク車が4番線に入って待機しているので合間合間にデジカメのシャッターを切ったりしますが、到着する列車は丁度、地元でいつも見る範囲の列車なので何処か親近感があります。

○(8092〜)8095列車…マスターにとってはほぼ6時間振りのご対面の編成で年度末・消費税増税に加えた需要に応じてでしょうか1両多い15両編成です。

EF210-133
タキ1000- 52 JOT[E]/根岸*
タキ1000-762 JOT/根岸 無
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-351 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
タキ1000-580 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-874 JOT/根岸 全検25-7-29川崎車、自重17.0t
タキ1000-271 JOT[E]/根岸*
タキ1000-431 JOT[E]/根岸 全検24-12-12川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-585 JOT[E]/根岸
タキ1000-226 JOT[E]/根岸*
タキ1000-867 JOT/根岸 全検25-8-1川崎車、自重17.3t
タキ1000-601 JOT[E]/根岸
EH200−20
▽(8094〜8097レ)
根岸*=旧郡山常備車

○5079列車…15時を回る頃に2番線に入線し、対の5078列車も同じ順序で到着しました。先週の高崎行きと同じ顔触れですが、201番と519番が変わっている事が分かります。
△倉賀野
EF210-117
タキ1000-134 JOT[E]/根岸* A重、石油類)黒地
タキ1000- 33 JOT[E]/根岸* (A重)ナ×
タキ1000-122 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 7 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-599 JOT[E]/根岸
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
タキ1000- 22 JOT[E]/根岸* 全検25-12-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-882 JOT/根岸 全検25-9-6川崎車、自重17.2t
タキ1000-499 JOT[E]/根岸
タキ1000-500 JOT[E]/根岸
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸* 全検25-11-18川崎車、自重16.8t
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-550 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-519 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-679 JOT[E]/根岸
タキ1000-625 JOT[E]/根岸 全検25-8-21川崎車、自重17.1t
タキ1000-259 JOT[E]/根岸*
タキ1000-370 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-581 JOT[E]/根岸
EF64 1035[更新色、冷風]
▽(5078レ)
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 キリがいい所でタキ1000-500前のベンチに腰掛け、自販機でWONDAのカフェオレを買っての一休み。そろそろ終盤近くになりますが、休憩もゆっくり(?)出来ずこの後は臨時の8564列車が着くので以前、東日本大震災の後の不通の時に見た時は到着すると早々転線する曲者の列車で邪魔するようにカメラを向ける撮り鉄が遮ってか記録が今ひとつになった事がありますが、今回はタキ43000(特に44t積み)が多く連結しているのを知っていたのでこの辺りを少し押えるつもりです。

○8564列車…この冬場は比較的運転されることが多く、大宮駅を郡山からのオイルターミナルのタキ1000を連ねた1070列車の後に4番線を通過する列車です。牽引も新鶴見までEF65でしたが、8460列車の後のEH200が担当しています。タキ43000も何とか見られましたが、こちらからすると指名手配(?)のような243799番も漸くデータをキャッチしました。本輪西の車の他にも浜五井(→北袖?)の移動車も居たのでデータ整理に惑わせます。

EH200-20(新鶴見〜)
タキ243767 JOT[e]/浜五井# 全検25-4-1川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ243828 JOT/浜五井* 全検24-12-10川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ243779 JOT[e]/浜五井# 全検25-4-3川崎車、自重15.8t
タキ243799 JOT/浜五井# 全検25-9-9川崎車、自重16.4t 石油類)黒地
タキ243778  JOT[e]/浜五井# 全検24-11-12川崎車、自重16.3t 石油類)黒地
タキ1000-242 JOT/根岸* 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-683 JOT/根岸 無
タキ1000-354 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-291 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-849 JOT/根岸
タキ1000-357 JOT/根岸*
タキ1000-807 JOT/浜五井
タキ243794  JOT/浜五井# 全検24-11-30川崎車、自重16.1t 石油類)黒地
タキ1000- 79 JOT[E]/根岸* 全検25-12-10川崎車、自重16.9t
タキ1000-116 JOT[E]/根岸* A重
タキ43629  JOT/浜五井# 全検25-2-4川崎車、自重15.*t
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

○8777列車…こちらもタキ43000が結構入っていたので合間を見ての調査や撮影に力が入りました。丁度、顔触れを見ると1月に新型のデジカメを購入した後の初陣の走り込みで収めたナンバーがチラホラと。
△倉賀野
EF210-133
タキ1000- 32 JOT[E]/根岸* 全検25-12-12川崎車、自重16.8t (A重)
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 (A重)
タキ1000-110 JOT[E]/根岸* A重
タキ43626  JOT/浜五井* 全検24-7-2川崎車(29-9-15切)、自重16.1t 石油類)グレー
タキ243756  JOT[e]/浜五井# 全検24-11-6川崎車、自重15.8t
タキ243804  JOT[e]/浜五井# 全検25-9-17川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ243702  JOT/浜五井# 全検25-1-17川崎車、自重16.1t 
タキ1000-836 JOT[E]/根岸
タキ1000-764 JOT[E]/根岸
タキ243814  JOT[e]/浜五井# 全検24-11-5川崎車、自重15.7t
タキ243809  JOT[e]/浜五井# 全検25-10-23川崎車、自重16.3t
タキ1000-783 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-881 JOT/根岸 全検25-6-6川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-150 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-359 JOT/根岸* 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-462 JOT/根岸 無
タキ1000-877 JOT/根岸 全検25-8-13川崎車、自重17.2t 無
タキ1000-865 JOT/根岸 全検25-7-1川崎車、自重17.1t
EF64 1023[更新色、冷風]
▽(8760レ)
根岸*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、*=特殊ナット試行車

○98(〜2085)列車…15時半少し前に5番線に入線した編成で現車17両というとこの列車では一杯の数量だなと思ったらドンピシャリ。倉賀野行き2本に遮られて確認は専ら5079列車の出発後に行いました。
△篠ノ井(坂城)
EH200-**
タキ1000-319 JOT[E]/根岸 (A重)
タキ1000-173 JOT/根岸* A重
タキ1000-368 JOT[E]/根岸*
タキ1000-272 JOT/根岸*
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 全検25-4-27川崎車、自重16.7t
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 全検25-7-5川崎車、自重16.9t
タキ1000-641 JOT/仙台北港
タキ1000-348 JOT/根岸*
タキ1000-536 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 全検25-5-1川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-296 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-588 JOT/根岸
タキ1000- 23 JOT[E]/根岸* 全検25-10-30川崎車、自重16.8t
タキ1000-626 JOT/根岸 全検25-11-14川崎車、自重17.0t
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 全検25-8-22川崎車、自重17.1t
根岸*=旧郡山常備車

 ここまで終わると今日の遠征もほぼ終わり、桜木町から横浜線直通はまだあるかな?と根岸の2番線から16時26分発の南浦和行き(1634A、クハE233-1081×10/宮ウラ181編成)に乗り、桜木町の中線は京浜東北線の電車だったのでこのまま東神奈川まで乗ります(後で見るとこの一本次でしたが………)。

 東神奈川は丁度隣の2番線に始発電車がありましたが、移動が面倒なのかこのまま3番線に留まり、次の電車に乗る事にして丁度2番線に止まっていたのは山手線からの転属車の一本であるクハ205-30☓8(横クラH27編成、13K運用)で因みにも一本のクハ205-15×8(横クラH28編成、27K運用)と入ってE233系の置換えが進む中、この2本は注目されます。

 東神奈川から16時58分発の八王子行き(1607K、クハ205-62×8/横クラH2編成)で八王子まで乗ります。9分の折返しで上り線側を見たかったので上手くゲットし、出発して行きのE233系は右隣にポチャ目の体型をしたお姉ちゃんが座っていましたが、こちらで中背のお姉ちゃんが腰掛けると窮屈だなと感じたのも両形式の座幅の違いが如実に現れてこちらも中央線では既に体験済みです。またまた、E233系の様子をチェックし、長津田の車庫に差し掛かると今朝八王子に止まっていた東急1000系で3両編成に組まれた分が到着してマスターが見た時は赤帯を消した後の状態でしたが、新7000系と同じグリーンの濃淡帯のフィルムが貼られていました。橋本を過ぎると相模線の205系も横浜線に入るようになり、八王子に近付いてきた事も実感します。

横浜線のE233系の様子は次の通りで”※”=ヘッドマーク付きです。
・クハE233-6001×8(横クラH001編成[東神奈川]※):21K運用=八王子→東神奈川間で乗車
・クハE233-6004×8(横クラH004編成[桜木町]):45K運用
・クハE233-6005×8(横クラH005編成[橋本]):19K運用
・クハE233-6016×8(横クラH016編成[相模原]※):33K運用
・クハE233-6017×8(横クラH017編成[淵野辺]):29K運用
・クハE233-6019×8(横クラH019編成[古淵]):23K運用

 八王子は5番線の到着で6番線に着く後続が桜木町発でここは少々失敗(?)しましたが、終わり良ければ全て良しの気持ちで駅員さんが居る窓口を出てセレオのスターバックスで一休み。昨日まではさくらラテやフラペチーノがありましたが、今日からでしょうかコーヒー&クリームラテが繋ぎ(?)商品で導入して早速頂き、お気に入りのレザーベンチの角へ(これを見ると南大沢のお店を思い出します)。さて、ホイップクリームにコーヒーが練り込んだものが使われてパンケーキやワッフルに添えるには持ってこい雰囲気です。そういえば、オープンの日にザッハトルテを頂いた時にチョコレートを練り込んだホイップクリームでも用意出来ると伺って頂いた事があってこれのバリエーションだろうと感じ、今日は○○は友を呼ぶの例え通りか(あとで見ますね)、東急スクエアのお店で実習していた面々が揃ってご対面。バスの時間まで余裕があったので明日送られる東急1000系のナンバーや編成内容を見てからビックカメラへ。1階でキヤノンのデジカメの新型を物色すると本来なら今年で遠征用のズームを代替しますが、最近は出来るだけ1〜2年先延ばしする傾向になりましたが、現在使っているSX200ISの後釜は恐らく、SX700HSあたり買っていただろうと思い、カタログは”あまちゃん”の表紙です。丁度世代的にもDigic4からDigic6のタイプに変わりますが、何と現行モデルでもリーズナブルなタイプではDigic4系列が採用されているものがあり、5年前のテクニカルが今でも採用されていることが分かります。それからサザンスカイタワーの本屋さんで突き合わせ用に『東京時刻表』を買い、南口のバス乗場へ。

 八王子駅の南口から18時56分発の法政大行きで西八王子の南口まで乗り、帰りはコンビニで夜食を仕入れ、Suicaで支払うとレジのお兄ちゃんが手巻寿司を2本買ってしまったように打ち込んでしまうハプニングも有りましたが、今回の遠征も無事終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H26.03.12 京浜地区(根岸駅その1)

 18きっぷ遠征片手の春遠征も今日が二度目です。今回は京浜地区でもとりわけ、根岸駅のタンク車を色々と44t積みや昨年の秋口からタキ1000のH6新製の2桁車が早々全検出場したナンバーがまとまって出回ってこの辺りを押さえて行こうと出かけて来ました(本来は2月中に赴く予定が大雪の影響等で出られませんでした)。いつもは立川まで南武線経由、鶴見線を午前中に軽く回ってから根岸へ赴きますが、先月、横浜線にE233系が入ったので何処で当たるかはお邪魔してのお楽しみといった所です。

 西八王子の南口からバスで八王子駅南口行きに乗ると8時10分発は富士森公園経由(ロマンチカのラッピングバスが来ました)と南大通り経由が続き、後者に乗ると始発時点は貸切状態で3箇所の乗車は無く、元の市民会館前である南大通り、本立寺前と少しずつ乗って来て一安心。朝でお忙しいのか結構ドア間に固まって。三小の西側から流れが滞って16号の交差点故にここは仕方ありませんが、またここは信号の付け方が馬鹿かという程、間隔が短く、信松院の十字路みたいに歩車分離にしてくれればと町会の皆さんも仰って頂ければ幸いですが………(と日頃のマイカーの不満と重なります)。

 八王子駅の南口で降りると丁度根岸からの8097列車がEH200に牽かれて到着した所でまずは昨日、J-TRECから到着した東急1000系の様子をチェック。今日長津田へ送られる分が手前でHD300に繋がれた格好で3両編成2本が連結。1600形はダブルパンタになっていたのを先月は宵の内だったので暗くて分かりませんでしたが、時間があればサザンスカイタワーのデッキからでも。このような形で止まって左が高尾方、下の行が南側です。

1401+1451+1351+1354+1301+1251 (3/13発)
←HD300-8+◀1701+1601+1501▶+◀1704+1604+1504▶ (3/12発)

 珍しいシーンをデジカメに収めてから漸くゲートイン。5・6番線へ行き、横浜線の電車でE233系は来ないかな?と楽しみにしている一方で目の前は8097列車で到着した根岸のタキ1000が連ねてここでは午後の8092〜8095列車の予習になるのでノートにナンバーだけを書き出します。

 お目当てにしていた八王子発8時48分発の東神奈川行き(820K、クハE233-6001×8/横クラH001編成)は運良くE233系の担当に当たり、東神奈川まで乗り通します。二回目とはいえ、横浜線のトップ編成に当たったのは嬉しい話でいつもは乗り通すと相模原から小机あたりは居眠りタイムと決めていますが、新旧の入れ替わりも手伝い、今回は割かない代わりに頑張った次第です。E233系は中央線の快速電車ではお馴染みの存在ですが線区によって雰囲気や造りが違っているのも楽しみでシートの色使いやLED照明の採用、Wimax対応と埼京線バージョン、案内表示は京葉線&常磐緩行線バージョンに近いかなと言った雰囲気です。時間的にも朝のラッシュから少し外れた時間帯ながら結構乗っていましたが、横浜市内に入ると6ドア車のシートを畳んでいた時間帯なのでこのへんの様子も見て。意外とマスター、乗るのは午前中でも昼前の事が多く、朝に乗るのは高3の横浜博に出掛けた時以来なのでゆうに四半世紀ぶりです。E233系も私が知っている範囲で6本就いていますが、橋本と橋本〜相模原間、十日市場、鴨居と擦れ違い、また淵野辺を挿んだ矢部と古淵では旧山手線編成の205系と擦れ違いました。横浜市内に入ると乗り具合もドアの周りは結構固まるものの、ドアの間は疎らといった具合で205系とE233系の違いも見いだせ、1時間弱で東神奈川に到着。

 東神奈川は2番線の到着。降りると早速この東神奈川のスタンプが貼られて浦島太郎のスタンプをデジカメに収めてから3・4番線へ。3番線から前の2〜3両をデジカメに収めてこの間も八王子の4番線から同じような事を行いましたが、今度は片倉あたりで前3両片付けたいと思っております。

 東神奈川から9時48分(遅れて51分発)の大宮行き(944A、クハE233-1036×10/宮ウラ136編成)で鶴見へ向かいます。この間では京急新1000形のエアポート急行や鶴見折返しと見ての道中です。

 鶴見で通過する列車の様子を見ると今回は京浜東北線の信号故障@東京駅の影響からややキツメになりましたが、貨物列車も掻い摘む形で見ました。E233系に乗ったなら湘南電車の同系もご挨拶したいと思っても南行に被ったりとなかなか見られませんでした。この間に高島貨物線を通過する列車をウオッチします。

・1153列車…コキ100系の4両ユニット車中心で当日はコキ100-100の連結、ガレキ輸送用のUM8Aが積まれた様子も見られました。
←根岸 EF210-128+コキ103-4+102-4+3+103-3+101-99+100-99+100+101-100+103-27+102-27+28+103-28+103-142+102-142+141+103-141〜(東海道線の下り線を『踊り子』107号が被って不十分になりましたが………)

・3072列車…仙台タ〜相模貨物のコンテナ列車でEF65の牽引、前7両がコキ50000、後8両がコキ104の連結で前の方にUM8Aが積まれた車があったのでこの辺りが横浜羽沢着のものと思われます。

○3093列車…本来ならEH200の牽引ですが、先週の高崎行きと同様にEF64牽引で北関東向けは最長20両編成になる所、EF64、EF65牽引になると積車18両に抑えてしまいます。2両目の49番は全検出場間もないナンバーです。メモ程度ですが、停車中に確認した様に書き足してみました。
△倉賀野
EF64 1025[更新色、冷風]
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 A重 
タキ1000- 49 JOT[E]/根岸* (A重)/石油類)黒地
タキ1000-850 JOT[E]/根岸
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸* 全検25-11-15川崎車、自重16.6t
タキ1000-191 JOT[E]/根岸*
タキ1000-619 JOT/根岸 全検25-9-5川崎車、自重16.7t
タキ1000-212 JOT[E]/根岸*
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000-235 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-608 JOT/根岸 無
タキ1000-262 JOT/根岸* 無
タキ1000-806 JOT/浜五井 無
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-160 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 全検24-12-3川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-237 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 鶴見から10時27分発(遅れて29分発)の磯子行き(901C、クハE233-1038×10/宮ウラ138編成)で横浜まで向かい、車内では根岸の一発目の準備で整えながら過ごします。東神奈川の留置線も205系がいつものように2〜3本顔を並べて昼寝して2・3番線は空振りでしたが、横浜駅で向かう途中の八王子行きに擦れ違います。

 横浜駅は駆け足で改札を出入りしてまずはお手洗いを済ませて駅員さんが居る窓口から出て自由通路の崎陽軒でお昼の『シウマイ弁当』をSuicaで。ほんの1〜2分ですが、再び入ると先程も詰め寄った親父さんが相変わらずでこういう所で相談する中高年はどういう感覚で使っているのか気になる所で新横浜駅が東海道新幹線が来てここが同じJRでも東海の運営なので混乱する方が多いようですね。再び3・4番線に戻って朝の茶事はホットが無かったのでこのままホームの川崎方で出入りする電車をあれこれウオッチして横浜線の電車が来るとデジカメのシャッターを切る次第です。

 横浜から10時57分発の磯子行き(949B、クハE233-1066×10/宮ウラ166編成)で根岸まで乗ります。例によって桜木町、関内の下車が多く、ここを過ぎると乗りが疎らになるので空席が目立つと周りの状況を伺わないのか空気が読めないオッサンが多いのでこちらは横浜方の1/3へ。根岸で素早く降りるのも兼ねています。

 根岸で降りると先ずはいつも地元で見る85列車の出発直前で昨日のこの列車と同じナンバーが入る事が多く、EF210も午後の列車でまた根岸に来るので言わば復習、予習みたいな形で後で時間が出来た時にiPod touchにまとめる次第です。

○94(〜85)列車…昨日の85列車と全く同じ顔触れが続き、2両目のナンバーが間違えていましたのでここで訂正させて頂きます。昨日は14両編成で6両目の249番が切り離されて、後3両増結されて16両に増えた事が分かります。
△八王子
EF210-133
タキ1000-145 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 91 JOT/根岸*
タキ1000-369 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-586 JOT[E]/根岸
タキ1000-602 JOT[E]/根岸
タキ1000-229 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-820 JOT/浜五井 無
タキ1000-169 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-486 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-355 JOT/根岸* 無
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-295 JOT[E]/根岸*

タキ1000-215 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 70 JOT[E]/根岸* 全検25-11-9川崎車、自重16.9t
タキ1000-540 JOT[E]/仙台北港
根岸*=旧郡山常備車

○5160列車…最初は川崎貨物発のオイルターミナル専用列車のフィーダーかなと思いましたが、車票を見ると全車交検車ばかりでこの時期にしては軽い組み合わせです。
△川崎貨物
EF64 1023[更新色、冷風]
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 全検25-7-4川崎車、自重16.9t
タキ1000-199 JOT[E]/根岸* 無○
タキ1000-492 JOT[E]/根岸
タキ1000-583 JOT[E]/根岸
タキ1000-156 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 69 JOT[E]/根岸* 全検25-9-28川崎車、自重16.8t
タキ1000-497 JOT[E]/根岸
タキ1000-604 JOT[E]/根岸 全検25-5-9川崎車、自重17.0t
根岸*=旧郡山常備車、○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試行車

 丁度見ている時に時折現れる熱心にメモをとるお爺さんも現れてどの様にご活用されているのか気になりますが、年配の方でもキャップやジャンパーは何処か雰囲気が無く、声を掛けづらいですね(知識も無いのにこんな事やるなら有隣堂で立ち読みしてろ!と思うのが本音です)。合間が出来ると8760列車で到着したタンク車をノートに番号を書き出し、結構長く止まる事と同じ倉賀野行きの8777列車と対なので隙間からのチェックとは言え、予習に勤しむ形です。

○4091列車…一杯の20両編成で1番線に入ると前の2両はホームからはみ出てしまい、機関車の番号は別の方法でチェックしましたので後ほどご期待あれ。
△宇都宮タ
EF210-128
タキ1000- 41 JOT/根岸* A重
タキ1000- 8 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-119 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-176 JOT/根岸* A重、石油類)黒地
タキ1000-480 JOT[E]/根岸
タキ1000-584 JOT[E]/根岸
タキ1000-198 JOT[E]/根岸*
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000- 62 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-292 JOT/根岸*
タキ1000-569 JOT[E]/根岸
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 全検25-5-30川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-223 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-852 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-508 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-231 JOT[E]/根岸*
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 全検25-6-3川崎車、自重17.2t
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸* 全検25-10-25川崎車、自重16.8t
根岸*=旧郡山常備、*=特殊ナット試行車

 埒が明かず、根岸から12時05分発の南浦和行き(1116B、クハE233-1068×10/宮ウラ168編成)で山手まで行く事にしました。根岸線は結構乗っている割には途中は磯子や桜木町とめぼしい駅しか降りたことがなく、山手駅は前から東京の近場では珍しくトンネルに囲まれた駅として知られているので出入りする電車を収めるにはもってこいロケーションです。余談はさておき、4091列車を牽くEF210もバッチリとキャッチ。

 乗って来たのが北行だったので今度は南行の1番線へと移動します。落ち着いた住宅地に囲まれ、周辺には高層マンションが全く見られないロケーションで21世紀の今となっては貴重(?)なエリアです。地下道を通った際に今年、開駅50周年(=つまり根岸線の桜木町〜磯子間の開業と同じです)を迎えますが、新しく出来た駅の様にトイレや壁面が新調されていたのが印象的です。1番線の横浜方で待つ事にして、E233系を見ると中央線や横浜線と身近で見掛ける割には沿線の雰囲気が今一つですが、根岸線はこの山手駅に囲まれたトンネルは良い味を出しています。

 山手から12時13分発の大船行き(1039A、クハE233-1062×10/宮ウラ162編成)で根岸へ戻り、8571列車をそのまま確認するので従って乗る位置も横浜方の最後尾です。

○8571列車…先程の4091列車と並んだ20両編成ですが、所々タキ43000が連結されて最速75Km/hの列車と言う事が分かります。気になるナンバーでは243715番の現車データが前に見た時、間違えていたのでここが正しいものです。また、浜五井からの移動したタキ1000-279番もあります。
△宇都宮タ
EF210-155
タキ1000-104 JOT[E]/根岸* A重
タキ43616   JOT/根岸 全検24-5-25川崎車、自重15.8t A重、石油類)青地
タキ1000-127 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-125 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 64 JOT[E]/根岸*
タキ1000-791 JOT[E]/根岸
タキ1000-244 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 88 JOT[E]/根岸*
タキ243736  JOT/浜五井# 全検24-11-1川崎車、自重15.8t
タキ1000-614 JOT/根岸 全検25-9-9川崎車、自重16.7t
タキ243715  JOT[e]/浜五井# 全検25-1-19川崎車、自重15.9t 石油類)黒地
タキ1000-153 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-538 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-268 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-794 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-279 JOT/浜五井# 無
タキ1000- 72 JOT[E]/根岸*
タキ1000-267 JOT[E]/根岸*
タキ243750  JOT[e]/浜五井# 全検25-1-9川崎車、自重16.3t 石油類)黒地
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

 後3両は跨線橋の窓越しからの確認になりましたが、前後して8760列車や5474〜5463列車の編成を確認しながら(撮影は手前が遮って無理ですが)次世代自販機で『朝の茶事』のホットを買い、待合室での昼食タイムとなります。

 この後は8760列車で着いた編成も積込み線へ入れる番となり、後で同じ編成が8777列車でそのまま入るので気になりませんが、この後で同じ倉賀野からの5078列車が到着するとこちらもその2で5079列車の項で合わせてご紹介しますが、先週の高崎行きの際に確認したのとほぼ同じ顔触れです。

○5474(〜5463)列車…冬場のピーク時は南松本行きのタキ1000が後方にぶら下がりますが、3月の声を聞くと共に通常の坂城行きだけの編成になります。15両編成のうち、タキ43000(全て44t積み)が3両連結され、最後尾の243883番は昨年の全検出場後初顔合わせでBトレのステッカーにもこのナンバーがあります。
△篠ノ井(坂城)
EF64 1035[更新色、冷風]
タキ1000- 40 JOT[E]/根岸* A重
タキ243709  JOT[e]/浜五井# 全検25-1-28川崎車、自重16.1t 石油類)黒地
タキ1000-194 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-567 JOT/根岸
タキ1000-772 JOT[E]/根岸
タキ1000-298 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 18 JOT[E]/根岸* 全検25-9-20川崎車、自重16.7t
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-817 JOT/浜五井 無
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 無
タキ243749  JOT[e]/浜五井# 全検24-12-13川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ1000-818 JOT/浜五井
タキ243883  JOT[e]/浜五井# 全検25-9-25川崎車、自重15.9t 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、*=特殊ナット試行車

 一通り片付くと跨線橋に登ったり、奥へ収容するタンク車の列も入ってあとで車票が差し込まれると倉賀野行き(5168レ〜5763レ)や八王子行き(8461レ?)あたりかなと言った雰囲気です。タキ43000の44t積みでも未確認を見付け、京葉地区からの移動車で243813(全検25-4-26川崎車[30-7-27切]、自重16.1t/エコレールマーク下向き)、243816(全検25-4-15川崎車[30-7-16切]、自重16.0t)、この間地元で確認した243792番に跨線橋から見えた範囲には243766、243746の2両もありました。

 ここで本牧からの5692列車に乗せる貨車が来るのですが、今日は珍しく神奈臨の機関車は参上せず。少々寂しいものです。

○(8460〜)8479列車…タキ1000に混じってタキ43000も連結されて現車データ未確認だった243815番を漸くキャッチし、宇都宮タ行きの8569〜8564列車の常連でいつもは大宮の4番線を通過する所でメモするのですが、1番線から5番線へ収容した所でキャッチ。機関車も八王子発時点ではEH200でしたが、新鶴見からEF65(従って、今日の5692列車は単機です)に交替していることが分かります。

EH200-20→EF65 2066[JRF色、冷風]
タキ1000-147 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-301 JOT/根岸* 無
タキ1000-195 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-680 JOT/根岸 無
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-863 JOT/根岸 全検25-8-5川崎車、自重17.3t
タキ1000- 90 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検25-8-29川崎車、自重16.7t
タキ243815  JOT/浜五井# 全検25-1-23川崎車、自重15.9t 石油類)黒地
タキ1000-868 JOT/ 根岸 全検25-8-19川崎車、自重17.1t
タキ243725 JOT[e]/浜五井# 全検24-11-12川崎車、自重15.9t 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、*=特殊ナット試行車

 ここまで終わると根岸駅の調査活動も一段落します。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

H25.09.06 京浜地区(根岸駅その2)

 4番線に早々と倉賀野行きの臨時便の方で送る分が入ると14時09分発の磯子行き(1249B、クハE233-1043×10/宮ウラ143編成)で磯子まで乗り、奥の方に控えていたタキ1000のナンバーをノートに書き出します。磯子で一度降りて前後にはiPod touchでこれから見る列車の下準備をしながら折り返し、14時23分発の大宮行き(快速1448B)に乗り、磯子の留置線の様子や先程のタキ1000の見直しを行います。

 再び根岸へ戻って来た所で最初の2本は地元でいつも見ている列車なのでマスターにとっては馴染みがある所が続きます。中央線関係は新鶴見で列車番号が変わりますので分かり易い様、カッコで括って併記しておりますのでご参照の程を。

○(80〜)91列車…一杯の17両編成での到着で本来ならEF200(吹田区)の担当ですが、今日は同区のEF210の担当で共通運用で担当しているのではと感じ取れます。今日は珍しくエネオスマーク無しの方の分が高いですね。

EF210-168
タキ1000-173 JOT/根岸 A重
タキ1000-506 JOT/根岸
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
タキ1000-226 JOT[E]/根岸*
タキ1000-791 JOT[E]/根岸
タキ1000-849 JOT/根岸
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-469 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-366 JOT/根岸* 無
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-359 JOT/根岸* 無
タキ1000-168 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-762 JOT/根岸 無
タキ1000-757 JOT[E]/根岸
タキ1000- 86 JOT/根岸*
タキ1000-567 JOT/根岸
タキ1000- 54 JOT/根岸* 
根岸*=旧郡山常備、*=特殊ナット試行車

 この頃になると空が少しずつ晴れて来たものの、控えているタンク車と言うと8777列車で送る分だけなので少々退屈しましたが、またまたディズニーのCSのラッピングが現れてタイミングが今一つでしたが、北行で来る時に改めてバッチリと収め、この間は91列車のiPod touchへの転記と8095列車の準備をします。

○(8092〜)8095列車…こちらも地元馴染みの列車で編成はいつもの14両編成での到着です。行きに立川で止まっていた8097列車と同じ番号が続いています。

EF210-155
タキ1000- 29 JOT[E]/根岸*
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000-146 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-557 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-688 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-818 JOT/浜五井 無
タキ1000-148 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-268 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-223 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 51 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸*
タキ1000-357 JOT/根岸*
EH200-10
▽(8097レ)
根岸*=旧郡山常備

○5079列車…15時を回って2番線に入線しますが、対の5078列車と同じ順序です。インターバルは凡そ1時間と忙しく、牽引機はEF210になっているのは言わば積車対策(現車20両=1200t)対応で荷が比較的軽めの列車はEF65、EF64が充てがわれているのは納得するも今日は不思議とEH200は見られませんでした。
△倉賀野
EF210-168
タキ1000-319 JOT[E]/根岸 (A重)
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 石油類)黒地、(A重)
タキ1000- 53 JOT[E]/根岸*
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 全検25-7-4川崎車、自重16.9t
タキ1000-602 JOT[E]/根岸
タキ1000-370 JOT[E]/根岸*
タキ1000-641 JOT/仙台北港
タキ1000- 21 JOT[E]/根岸* 
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸* 石油類)青地
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-225 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-633 JOT/仙台北港 無
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-262 JOT/根岸* 無
タキ1000-250 JOT[E]/根岸*
タキ1000-259 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備、*=特殊ナット試行車

○8777列車…対の8760列車とほぼ同じ顔触れで前に2両、A重油の積載車を増結した格好になり、宇都宮タ行きの2本並びならぬ倉賀野行きの2本並びと3時間程遅くなりましたが、EF210の顔並びが拝めます(ホームからは上手く撮れないのが難点ですが………)。
△倉賀野
EF210-155
タキ1000-107 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 41 JOT/根岸* A重
タキ1000-611 JOT/根岸 全検25-6-13川崎車、自重16.8t
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000-433 JOT[E]/根岸
タキ1000-584 JOT[E]/根岸
タキ1000-295 JOT[E]/根岸*
タキ1000-683 JOT/根岸 無
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 全検25-4-25川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-541 JOT[E]/仙台北港 無黒
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-803 JOT/浜五井 無
タキ1000-639 JOT/仙台北港 無
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-291 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-630 JOT[E]/根岸 全検25-8-30川崎車、自重17.1t
根岸*=旧郡山常備車

 この頃になると1番線をEF210が機回しして先ずは91列車の前にくっついたままの168号機が2番線へ。10分程経って8095列車を牽いた155号機が4番線に控えている8777列車を引き出して1番線へとこの合間を狙って5079列車に連結したタキ1000で昨秋来進めていた郡山→根岸常備車の撮影をして、ここが一段落すると火曜日の夜に日田梨のサイダーを飲んで美味しかったので根岸の次世代自販機には無く、従来型の中にあり、1番線で5079列車のタンク車を見て一杯頂きます。先のDlifeラッピングのE233系のリベンジ撮影が済むともう入線は無いかな?と思うともう一本ありました。

○96(〜2085)列車…15:30頃に入って来た編成で13時頃にも奥の方に押し込まれて似通った組み合わせを見たのですが、順からすると同じ坂城行きでも8476〜8471列車はこの頃滅多に見ないので(あっても冬場位では?)この列車が正しいのではと思われます。順繰りを見ると23日の8097〜8092列車で八王子に来たナンバーも続いています。
△篠ノ井(坂城)
EH200-**
タキ1000-122 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-110 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-587 JOT[E]/根岸
タキ1000-585 JOT[E]/根岸
タキ1000-432 JOT/根岸 全検25-7-22川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000- 52 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 65 JOT/根岸* BK
タキ1000- 85 JOT[E]/根岸
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-151 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地(逆向き)
タキ1000-215 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-195 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-874 JOT/根岸 全検25-7-29川崎車、自重17.0t

タキ1000- 50 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 ここまで終わると今回の遠征もほぼ終わり、2番線に入って来た15時39分発の大宮行き(1512C、クハE233-1036×10/宮ウラ136編成)で桜木町まで乗ります。横浜線の快速電車は15:30発までなのでもう乗り換えると各駅停車になり、桜木町では中線に入るので降りるともう目の前に止まっています。

 桜木町から2分続行で出発する15時50分発の八王子行き(1533K、クハ205-85×8/横クラH25編成)で八王子まで乗り通します。余裕持つつもりがダッシュして最後尾を陣取り、観光帰りのオバちゃんたちもこぞって乗って来ました。先程見た96列車の分もここでまとめて、iPod touchも帰宅までの文をチャージして相模原くらいまでは居眠りしようと企てるも柄が悪そうな兄ちゃんたちが駄弁ってこりゃ町田で降りるなと思ったら案の定その通り。コイツら、お年寄りを騙しそうな面しやがってロクな人生送れないぞ!と思いつつも横浜線はいつの間にやら駅名標や案内表示と瞬く間にLED照明のものに交換されて驚きましたが、根岸のタンク車探訪や名古屋行きが前よりサボっていた事も如実に現れています。電車関係では長津田の駅ではメトロの8000系やこどもの国線のY000系、東急の車庫には8500系の『伊豆のなつ号』8514×10や大井町線の8538〜8541編成のいずれかが止まってオレンジ色のラインで一目瞭然。他にも矢部ではこの所のご利益かクハ205-30×8(横クラH27編成/51K運用)に擦れ違い、淵野辺まで来ると神奈中の多摩管内のバスも見られる様になり、相模原の北口では京王と神奈中で3往復ずつ走る聖蹟桜ヶ丘からのバスとご対面。午後は神奈中の担当が続いてエアロスターS(日産ディーゼルのふそう版)が登板し、後に小田急4000形やMSEのラッピングはあるかな?と言った具合で路線は京王堀之内駅の少し先まで野猿街道を走って暫く多摩ニュータウン通りに出て南大沢の駅前に立ち寄ってから南多摩斎場の近くを通って米軍補給廠の外側を走ります。車内でゲージに入れたままワンコを鳴かす姉ちゃんたちが居たので思わず一喝し(後で相原で降ろしましたが「ざまぁ見ろ!」ですね)、マスターに言わせれば「規則を知らな過ぎる!」と苦言を飛ばす位で昔はペット連れと言うと手回り品キップを買うのがエチケットだったのですが、この頃は自動改札が定着して買わずに乗る人が多くなった様で『噂の東京マガジン』の『やってTRY』コーナーに出て来る出鱈目な料理をする姉ちゃんたちと同じレベルですね。それはさておき、最後の最後で嬉しい事にみなみ野の少し先で国鉄時代のカラーそのままの189系(クハ189-508×8/宮オオ[旧東チタ]H81編成)に擦れ違い、神奈川の日光臨だなと時折、支部の寄り合いで出掛ける時にこれが運転される時期と重なると八王子発がこの少し前なので思わず勘付き、片倉を過ぎるとあと一息。八王子駅に入ると機関車溜まりのEF64 37を見て5番線に到着します。
 
 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H25.09.06 京浜地区(根岸駅その1)

 横浜駅に到着してお手洗いで用を足してから駅員さんが居る窓口を出て、地下通路の真ん中にある崎陽軒の売店でお昼の『シウマイ弁当』を仕入れます。一年ご無沙汰した間に八王子のそごうがセレオに生まれ変わり、崎陽軒のお店が引き続き出店して開店した翌日のお昼に買った以来です。品揃えも中華菓子(月餅)やレトルト商品、最近、冷蔵庫を開けると赤いドレスの売り子さんが出て来るCMでお馴染みの『美味しさ長持ちシリーズ』とお膝元の横浜のめぼしい所と遜色ない品揃えでビックリしました。

 『シウマイ弁当』を仕入れると再びゲートインして3・4番線へ。いつもの様に京急の電車や出入りする電車のウオッチをしながら過ごします。京急の方は蒲田の高架化(箱根駅伝の時に第一京浜の踏切が止まる事で有名でしたね)が完成して新逗子からのエアポート急行が増えた事に驚き、主に8両編成が多いですが一部でも6両編成も見られました。また、2100形ではあきたこまちのラッピングも早速見付けて今朝の情報番組でもこのプロモーションが紹介されておりました。この間で見た気になる京急電車の運用は次の通りで矢印の左側は品川方、新1000形の銀文字はステンレス車体のものです。
・2173×8(あきたこまちラッピング):13A運用
・1301×6:19D運用
・1073×8:21D運用
・←1485×4+1473×4:23D運用
・←1441×4+1429×4:25D運用
・821-1×6:29運用

 また、E233系も東海道線の編成も次の列車で見る事が出来(左手が熱海方です)、京浜東北線ではディズニーのCS放送のラッピングがありました。
・クハE233-3005×10+3506×5(横コツE-05+E-56編成):3752M
・クハE233-3009×10+3505×5(横コツE-09+E-55編成):779M(鶴見で確認)
・クハE233-3015×10+3507×5(横コツE-15+E-57編成):822M
・クハE233-1026×10(宮ウラ126編成、Dlifeラッピング):03B運用

 ここまで見ると横浜から11時44分発の大船行き(1075A、クハE233-1007×10/宮ウラ107編成)で根岸へ向かいます。横浜駅にいる間は時折薄日が射す空模様でしたが、30分頃から再び本曇りで雨降りを気にしますが、お天気が良いと海べりも望めるので期待は………と思いつつ根岸を目指すと石川町では川崎貨物行きの5160列車(EF64 1028+タキ1000×12+タキ43000×1)に擦れ違い、倉賀野行き8両、南松本行き2両、残りは交番検査@塩浜派出と言った所で12分程で到着します。

 根岸で降りると目の前の1番線は4091列車、いつもなら隣の2番線に同じ宇都宮タ行きの8571列車も控えてオイルターミナルの所有車が入っていた頃からこの2本が並ぶ姿は当たり前の様に見ていましたが、一本しか居ないのは今回が初めてなのでは?と言った具合です。編成調査していると前に見たナンバーや順序が結構出ておりますので重なる所は前に見た時のリンクや本文の緑文字をご参照して頂ければ幸いです。

○4091列車…白油積みの車ばかり16両編成で牽引のEF210は吹田の165号機が担当で今年の3月から長らく受け持っていた岡山から持ち替えられた事が分かります。今年の全検対象車が3両も入っていずれも出場後初確認です。
△宇都宮タ
EF210-165
タキ1000- 62 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-865 JOT/根岸 全検25-7-1川崎車、自重17.1t
タキ1000-244 JOT[E]/根岸*
タキ1000-625 JOT[E]/根岸 全検25-8-21川崎車、自重17.1t
タキ1000-850 JOT[E]/根岸
タキ1000-863 JOT/根岸 全検25-6-5川崎車、自重17.3t
タキ1000-852 JOT[E]/根岸
タキ1000-875 JOT/根岸 全検25-5-29川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-626 JOT/根岸 無
タキ1000-255 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-766 JOT/根岸 無
タキ1000-191 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-231 JOT[E]/根岸*
タキ1000-189 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備、*=特殊ナット試行車

 4091列車の編成は後2両がホームからはみ出す格好で止まってホーム伝いにノートに書き出してから後でiPod touchに転記(これも出発前に)しつつ、分かり易い様に黒三角で位置を示しました。

○8760列車…鶴見を通過する所で「さわり」の形でチェックし、こちらも白油積みばかりの16両編成で全検の対象車が3両で両端が今回初確認。13時を回る頃には積込み線へ移送され、遠くから入線を合図するスピーカーが聴こえて来ます。

EF64 1028[更新色、冷風]
タキ1000-630 JOT[E]/根岸 全検25-8-30川崎車、自重17.1t
タキ1000-291 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-639 JOT/仙台北港 無
タキ1000-803 JOT/浜五井 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-541 JOT[E]/仙台北港 無黒
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 全検25-4-25川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-683 JOT/根岸 無
タキ1000-295 JOT[E]/根岸*
タキ1000-584 JOT[E]/根岸
タキ1000-433 JOT[E]/根岸
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000-611 JOT/根岸 全検25-6-13川崎車、自重16.8t
根岸*=旧郡山常備

 この2列車のチェックが片付くと待合室で『シウマイ弁当』の昼食。タンク車も地元で見る機会が多いのかご無沙汰しましたが、お昼の駅弁も楽しみの一つでセレオ北館がオープンした時もいの一番で買った事も伺えます。最近は根岸も撮り鉄の名所になり(目的はどちらかと言うと機関車の方ですね)、今日は出会さないかな?と些か戦々恐々としております。

○5078列車…タンク車は18両編成と頑張っていたものの、28日のこの列車(対の5079列車も)に連結されたナンバーが多く、この数日連投と言った感じですね。現車の気になった所を挙げるとA重油の専用車は揃ってオイルターミナルからの移籍車、全検の入場対象車の初確認は1両だけ。機関車の顔触れも民営化後の新鋭機よりEF65やEF64と言った懐かしい(?)所が多く、こちらは倉賀野から通しでEF64の牽引です。

EF64 1041[冷風]
タキ1000-259 JOT[E]/根岸*
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-262 JOT/根岸* 無
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-633 JOT/仙台北港 無
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-225 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 21 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-641 JOT/仙台北港
タキ1000-370 JOT[E]/根岸*
タキ1000-602 JOT[E]/根岸

タキ1000-430 JOT[E]/根岸 全検25-7-4川崎車、自重16.9t
タキ1000- 53 JOT[E]/根岸*
タキ1000-319 JOT[E]/根岸 (A重)
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 石油類)黒地、(A重)
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

○5474(〜5463)列車…一杯の17両編成で郡山→根岸常備と移動したナンバーで111番が改めて現車確認(他にも倉賀野行き3093列車で113、116番と連結)。後方は先月28日の8097〜8092列車に連結されたナンバーが続きました。帰路の八王子駅では遅れて到着した所を見掛け、この項をご参照の程を。
△篠ノ井(坂城)
EF64 1041[冷風]→EH200-11(?)
タキ1000- 9 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-111 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 37 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸*
タキ1000-490 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 10 JOT/根岸*
タキ1000- 82 JOT[E]/根岸*
タキ1000-512 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-152 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-787 JOT/根岸 無
タキ1000-154 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-538 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-519 JOT[E]/仙台北港 無黒
タキ1000-820 JOT/浜五井 無
タキ1000-363 JOT/根岸*
タキ1000-631 JOT[E]/根岸 全検25-5-13川崎車、自重16.9t

根岸*=旧郡山常備、*=特殊ナット試行車

○(8460〜)8479列車…行きの電車で八王子のオイルターミナルに入っていた時点で10両編成かなと思ったら2両多い12両編成での到着となり、火曜日の2085列車(〜水曜日の2084列車)で連結されたナンバーが続きました(5〜16両目がそのまま)。5番線へ入線後、後方を増結して積込み線へ。

EH200-10→EF65 2094[JRF色冷風]
タキ1000-682 JOT/根岸
タキ1000-540 JOT[E]/仙台北港
タキ1000-581 JOT[E]/根岸
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-588 JOT/根岸 無
タキ1000-806 JOT/浜五井 無
タキ1000-287 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-867 JOT/根岸 全検25-8-1川崎車、自重17.3t
タキ1000-864 JOT/根岸 全検25-7-18川崎車、自重16.9t
タキ1000-271 JOT[E]/根岸*
(+タキ1000-91+607を連結)
根岸*=旧郡山常備車

○(神奈臨54〜)5692列車…本牧発の交検車でコキ106が来るだろうと思ったらコキ50000に変わったので1153/1152列車と一部入れ替わったのだろうと感じ取れます。また、DD60には創立50周年のヘッドマークが掲げられて本牧方は月桂樹に神奈臨マークとレールの意匠、根岸方はDD55が牽く貨物列車のイラストが入っています。
△川崎貨物
EF65 2094[JRF色冷風]
コキ51376 全検24-5-25名古屋車
コキ53359 全検25-4-18郡山車
神奈臨DD60 2(50thHM)

 この前後にはいつも見ているオヤジさんと1年ぶりのご対面でちょっとした情報交換で北海道から来たタンク車では野次馬が多かったとの事でこちらも何らかで見たかな?と感じ取れます。この辺も追々押さえますのでご期待下さい。

○8478(〜8461)列車…13:40頃で出発時刻からするとかなりお早い入線で先の9両に続き、後で834番が増結されます。
△八王子
EF210-139
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸*
タキ1000-214 JOT[E]/根岸*
タキ1000-876 JOT/根岸 全検25-6-28川崎車、自重17.1t
タキ1000-197 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 66 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-601 JOT[E]/根岸
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-608 JOT/根岸 無
タキ1000-217 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-834 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

H24.09.07 京浜地区(根岸駅、その2)

 いつもは14時を回る頃に中休みにしますが少し早めに切り上げ、13時38分発の磯子行き(1265B、クハE233-1009×10/宮ウラ109編成)で磯子まで乗ります。奥に止まるタンク車をチェックし、先客が多かったのでノンビリとメモできませんでしたが、戻って来る時に改めて。

 磯子で一度降りて続いて見る予定の竜王発や八王子発(8092〜8095レ)といつも昼頃の八王子駅でiPod touchを片手にチェックする範囲でページの準備をします。八王子駅の跨線橋の下みたいに壁に括り付けのベンチがありましたが、満席なり。見ていると2人程若い子が座っていたので今の若者はこう軟弱な連中が増えたのだろうと気にしております。

 折り返して13時53分発の南浦和行き(1364B、クハE233-1009×10/宮ウラ109編成)で根岸へ戻ります。後方だったので車内も余裕があり、静まり返る程のガラ空きです。発車間際の乗車が殆どなく後は先のタンク車のチェック程度です。

 根岸のホームを降りた所でいつも見ている年配の親父さんが立っていたので又あれこれと話して八王子を出る時には確認できなかった8479列車(新鶴見までの8460列車)も運転あり。慌ててナンバーを書き出し、ページを準備しました。

・(8460〜)8479列車…普段よりやや短い9両編成の到着。火曜日のこの列車や引き続き、2085列車(翌日の2084列車)で坂城へ往復したナンバーが続きました。

EH200−3
タキ1000-571 JOT[E]/根岸 全検24-4-9川崎車、自重16.9t
タキ1000-756 JOT[E]/郡山
タキ1000-367 JOT/郡山 全検24-7-9川崎車、自重16.9t 石油類)黒地$
タキ1000- 66 JOT/郡山 石油類)黒地$
タキ1000-251 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-268 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地(逆向き)$
タキ1000-850 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-202 JOT[E]/郡山 無

$=浜五井配備車、#=仙台北港配備車

○52〜5692列車…昨春訪れた時は交番検査入りのタキ1000が結構続きましたが、今日は久し振りに本牧からのコキ107が1両だけと寂しく、神奈臨のDD55もこの間の見学会の際に乗せて頂いたナンバーでエコレールマークのヘッドマークを掲げていましたが、当日のコキ104×3+C56に比べて物足りない印象ですね。牽引のEH200も火曜日の晩に確認した事を思い出します。

←川崎貨物 EH200-3+コキ107-115(交番検査入場)+神奈臨DD55 19(▷)

 14時過ぎには4番線に下記の編成が入線しました。車票が差し込まれると次の列車と言う事が分かります。

○8777列車…前方が倉賀野行きで5079/5078列車が中心、3093/3092列車、8777/8760列車がサブ的位置付け、5763/5762列車(主にガソリン積み)と4列車で送られる事が分かります。午前中に交番検査上がりでこのまま止まっていた列が前方に従え、アレと思ったのが仙台北港の常備車でA重油積載車のグループに入っていたのには驚きました。
△倉賀野
EF200−17
タキ1000- 7 JOT[E]/郡山 A重○
タキ1000-550 JOT[E]/仙台北港 (A重)#
タキ1000- 45 JOT[E]/郡山 A重○
タキ1000-122 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 83 JOT[E]/郡山
タキ1000-281 JOT[E]/郡山
タキ1000-787 JOT/根岸
タキ1000- 72 JOT[E]/郡山
タキ1000-152 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-223 JOT[E]/郡山 無
#=仙台北港配備車、○=制輪子性能向上車

○8478(〜8461)列車…後方は八王子行きで発時刻からするとこの列車がドンピシャリの様で牽引の機関車は帰路にチェックしました。編成の中程は火曜日の85列車(返送は一昨日の80列車)で竜王まで往復したナンバーが続きました。
△八王子
EF64 1040[冷風]
タキ1000-754 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-882 JOT/根岸 無○
タキ1000-863 JOT/根岸 無○
タキ1000-201 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無#
タキ1000- 84 JOT[E]/郡山
タキ1000-762 JOT/根岸
タキ1000-292 JOT/郡山

タキ1000-226 JOT[E]/郡山
#=仙台北港配備車、○=制輪子性能向上車

○(80〜)87列車…一杯の17両編成で到着すると火曜日の八王子行き(81/84レ)で入っていたナンバーが結構連結していました。新鶴見でEH200からEF200にバトンタッチ。2番線にEH200が入っていたので面白い構図で何コマも。

EF200−17
タキ1000-481 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-876 JOT/根岸 無○
タキ1000-163 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-348 JOT/郡山 全検24-3-5川崎車、自重17.0t $
タキ1000-214 JOT[E]/郡山

タキ1000- 49 JOT[E]/郡山 (A重)、石油類)黒地
タキ1000- 38 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-157 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-869 JOT/根岸 無
タキ1000- 60 JOT[E]/郡山 
タキ1000-254 JOT[E]/郡山 全検23-12-12川崎車、自重17.1t
タキ1000-295 JOT[E]/郡山
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-211 JOT[E]/郡山 無

$=浜五井配備車、○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試行車

 この頃になると逗子で一仕事終えたレインボー色のEF65、DE10と続いてご帰還の様子を目の当たりにしてタンク車の入換えも5079列車の分が入ると一区切り付くので今回の遠征も暑さ対策から早めに切り上げます。また、この時間になるとゲッパ(EF65 1118の別称)目当てと思しき撮り鉄の兄ちゃん達がフラフラする様になり、機材は良いものの皆さん、点字ブロックの外側からカメラを向ける次第でさすがのマスターも軽蔑したくなりますな。

○(8092〜)8095列車…地元でチェックする時は必ず現れる列車ですが、長さもいつも通り。午前中と同じナンバーのEF210が再見参。

EF210−152
タキ1000- 52 JOT[E]/郡山
タキ1000-372 JOT[E]/郡山 全検24-4-27川崎車、自重16.9t
タキ1000-758 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-165 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-442 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-681 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-147 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-626 JOT/根岸 無$
タキ1000-833 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000- 53 JOT[E]/郡山
タキ1000-148 JOT[E]/郡山
タキ1000-242 JOT/郡山 全検24-1-10川崎車、自重17.0t、石油類)黒地$
タキ1000- 81 JOT[E]/郡山
$=浜五井配備車、*=特殊ナット試行車、○=制輪子性能向上車

 ここまで見ると水分補給で次世代自販機でFROM AQUAの500mlをSuicaで。横浜市内の駅と言うと道志村の水を使ったペットボトルが自販機で並んでいるのを見掛けて前に買った事があったのですが、さすがにJR主導の次世代機は地域限定モノは受け入れない様子が感じ取れます。

○5079列車…対の5078列車は空振りでしたが、こちらはバッチリと。A重油の専用車含めて13両編成とタキ43000やタキ44000が混じっていた頃は長くて18〜20両と言う事が多かったのですが、この頃に比べるとやや短くなっている様子です。
△倉賀野
EF210−152
タキ1000- 46 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-103 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-173 JOT/郡山 全検22-11-5川崎車、自重16.8t (A重)
タキ1000-182 JOT/郡山 (A重)石油類)黒地$
タキ1000-216 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-619 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-420 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-360 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-196 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-191 JOT[E]/郡山 無
$=浜五井配備車、○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試行車

 発着線の奥の方には下記の編成も見る事が出来ました(左側が横浜方)。
←タキ1000-536+222+244+580+509+760+428+609+755+366+21+76+8691+50+781+40+176
←タキ1000-559+581+569+682+213+817

 暑さ対策から早めに切り上げ、帰りの北行は15時30分発の大宮行き(1508C、クハE233-1004×10/宮ウラ104編成=午前中鶴見〜横浜間で乗った編成です)で桜木町まで乗り、横浜線もまだ桜木町始発が続いているのでこれに乗れば八王子まで一本です。少し暑かった事(北関東の内陸の猛暑程ではありませんが、先日の教訓もありまして)と先の撮り鉄対策もあるので早々引き上げ、客層も山手や石川町と学校が多いエリアなので学生の帰り時と重なります。

 桜木町で一度降りて階下のお手洗いへ。階段の壁には昔懐かしい写真パネルが飾られているので見るのも楽しく今年は鉄道開業140周年なので10月の後半にも改めて訪れたい気持ちです(ともう一つの目的が『シウマイ弁当』の記念掛け紙が出る事もあるのですが)。再び3・4番線に戻って次世代自販機でWANDAのカフェオレを買い、横浜線の列に並び、快速電車は15時台の頭で終わったのでもう各駅停車オンリーで15時51分発の八王子行き(1545K、クハ205-81×8/横クラH21編成=モハ204の222番に乗車)に乗ります。磯子や大船からの直通だと根岸から一本で楽な面もありますが、桜木町始発が中心なのでこれでも一本で帰れるのが嬉しい所。出発すると座席もほぼ埋まり、横浜市内は専ら居眠りタイムと行きたい所がいつもと違って早い時間帯も手伝って気軽にウトウト出来ませんね。新横浜で新幹線に乗換でしょうか右隣に座っていた体格良さそうなお父さんが降りると中華街で買った甘栗を忘れそうになり、教えてあげた所床に数粒程落とした形で降りて行きました。拾って食べても良いのですが、床に散らばると何ともなので遠慮し、こちらも帰りはお楽しみがあり、橋本を過ぎると八王子もあと少し。みなみ野で学生の乗りは意外と疎らで片倉を出てから降りる支度をして時計を見ると17時少し前で普段より1〜2時間早い計算で夕焼け小焼けが鳴る前にゴールした事になり、八王子駅の到着は17時少し前。5番線の到着で右隣には根岸行きの84列車が控えてEF64の車号を控えてこちらの電車も折返し磯子行きで根岸の駅ではどの辺が見られるか楽しみです。

 八王子駅を降りると丁度、オイルターミナルのタキ43000がいつもの場所に止まって今回の遠征では殆ど縁がありませんでしたが、おまけの形でご紹介します。
△(高尾)
タキ43539 OT/宇都宮タ
タキ43352 OT/倉賀野
タキ43555 OT/宇都宮タ
タキ43165 OT/倉賀野

 ここまで片付けると駅員さんが居るガラス張りの窓口からゲートアウト。この夏場は関東地方もほとんど降られる事がなかったものの、久々の18きっぷ遠征パーフェクト達成。マスターの方が尿路結石を患ったアクシデントもありましたが、出た所でガッツポーズを構え、突き当たりのNEW DAYSに立ち寄り、またまたBトレを物色し、3箱選び帰宅してから開封すると秋田のモハネ582、クハ115の湘南色、701系の1000番代仙台色が出て漸くワンペア揃ってE127系との併結を密かに楽しみたいものです。

 続いてサザンスカイタワーのスターバックスに立ち寄ってクランチキャラメルフラペチーノのトールを頂いて味を変えたいのかいつもの2%ミルクにエクストラコーヒーで祝杯。幸い、ソファ席が空いていたので真ん中に陣取り、周りが男臭く、左手が大荷物片手でカップを空にして混んでいるのにケシカランと思いましたが、右手も大荷物でバイク乗りのライダーと言ったご様子です。この所良く見掛ける新人のパートナーさんのお兄ちゃんともすっかり顔馴染みに。南口のバス乗り場から西八王子方面行きは幸い、拙宅近くの南大通り経由の最終便(17:30発)に間に合い、時間帯的にもお勤め帰りが乗るのではと思いましたが、昼間同様シニア客が目立つ上にガラガラです。八王子〜西八王子間はお座なりで通勤客が使えないダイヤの様で更なる需要掘り起こし期待しておりますが、都内のバスもシルバーパス片手のシニア客が多く、増便も慎重な姿勢なのだろうと感じ取れます。こちらも顔馴染みの一つ目エルガ・ブルーリボンIIの乗車でドライバーさんのお名前を見ると大手私鉄を弄くったみたいで目が点になりましたが、最初は終点の西八王子の南口まで乗ってコンビニで夜食を買って帰宅しようと思いましたが、手前の盲学校前も拙宅から近い事もあって名乗り出なかったのでここで下車し、遠征で18時前の帰宅は珍しい事で来週以降、健康診断、納涼会と色々あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H24.09.07 京浜地区(根岸駅、その1)

 横浜駅で途中下車して自由通路の真ん中にある崎陽軒の売店でお昼の駅弁『シウマイ弁当』を買います。暑いので待合室の中で食べようかなと思いますが実際どうでしょうか。再び3・4番線に戻って根岸線の南行を待つ間は京急電車ウオッチを楽しみ、三崎口方面の600形ブルースカイトレイン、都営浅草線直通の快速特急では1並びが入った新1000形(1105×8/55SH運用)と到着。

 横浜から10時58分発の磯子行き(949B、クハE233-1041×10/宮ウラ141編成)で根岸まで乗ります。電車待ちの間にノートのページの準備もほぼ済ませ、根岸のタンク車と言うと地元では見る機会が多い事はご来店の皆さんもご存知で今回は気候も手伝ってライトに片付けます。海側のシートに腰掛けてつい数週間前にも貸切バスの座席一杯で回った鉄道友の会の見学会で訪れたばかりなのでそう特別な気持ちはないものの、おさらいと言う事で。お天気も悪くないのが嬉しい所で車内では次世代自販機のチェックに費やし、根岸はこの間確認したので他の駅では横浜駅の3・4番線は桜木町方、桜木町の3・4番線(北行ホーム)の磯子方[+後でコンコースも]に設置している事も確認。

 根岸駅に降りると先ずは八王子行きの92列車を見て次いで5160列車、4091列車と見ました。

○92(〜81)列車…2日続いてチェックしましたが、昨日は9両編成で到着して面食らったものの今日は1両多い10両編成です。後方火曜日の5462列車で連結された分です。
△八王子
EF210−152
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 無#
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-156 JOT[E]/郡山 石油類)黒地、
タキ1000-259 JOT[E]/郡山
タキ1000- 20 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-296 JOT[E]/郡山
タキ1000-613 JOT/根岸 $
タキ1000- 54 JOT/郡山 

EF64 1040[冷風]
▽(84〜95レ)
#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車、*=特殊ナット試行車

○5160列車…昨春訪れた時は東北向けの輸送も連結されておりましたが、普段は入るのが宇都宮タ行きからなのでオイルターミナルのタンク車と混結する範囲は来るかなと思ったらその通り。後方の交検車(塩浜派出行き)含めて全車ガソリン積みです。
△川崎貨物
EF65 2076[旧1076、JRF色]
タキ1000-865 JOT/根岸  南松本行き[5467レ] 無
タキ1000-166 JOT[E]/郡山 ↑倉賀野行き[5763レ] 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-867 JOT/根岸 無
タキ1000-783 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-230 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-262 JOT/郡山   ↓ 無
タキ1000-352 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 無○
タキ1000-227 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-224 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-158 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-161 JOT[E]/郡山 無
○=制輪子性能向上車、*=特殊ナット試行車

○8760列車…武蔵野線の事故の影響で30分程遅れての到着。1番線に到着後、4番線に入るものの13:10頃まで入っておりました。後2両以外は火曜日の2085列車で坂城まで往復したナンバーです。

EF210−116
タキ1000-636 JOT/仙台北港 無#
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-775 JOT/根岸 石油類)黒地#
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 全検24-5-17川崎車、自重17.0t

タキ1000-110 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-170 JOT/郡山 石油類)黒地$
#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車

 合間に前記3列車の編成まとめの清書を行い、この頃は地元でiPod touch片手の事が多いのでこちらの方になれてしまい、今後は根岸行きだけでも持って来るかなと密かに考えています。ノートも足早に引っ込める列車だけに留まりそうです。

○4091列車…少し前までは短くても15両は切らないと思いましたが、最近はこの時期でも10両弱の短い編成になる事が多く何処か物足りない気がします。牽引のEF210は東海道線の大雨の影響でしょうか岡山ではなく吹田の所属機が担当しています。目立つ所では先頭の318番がここで全検出場して塩浜や浜五井に居るお仲間(オイルターミナル→JOT移籍車の300番台)も少しずつ出場している様子を確認しておりますね。先頭だけがA重油の専用車で他はガソリン輸送用の編成です。
△宇都宮タ
EF210−159
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 全検24-7-30川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-291 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-153 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-149 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-150 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-256 JOT/郡山 無

 ここまで終わると我が胃袋も空腹を覚え、最初は待合室で頂こうかなと思いましたが、満席だったので1番線側のベンチに腰掛け、タンク車を見ながら『シウマイ弁当』の箸を突きましたが、これぞ至福の時で満足します。

○5561列車…前の4091列車と姉妹列車の間柄で両者並ぶとこちらの方が若干長く、軽油の輸送用も入っており、後方も今週中に地元で見掛けたナンバーもちらほら見られました。
△宇都宮タ
EF210−116
タキ1000-120 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 31 JOT[E]/郡山 A重○
タキ1000-134 JOT[E]/郡山 A重、石油類)黒地
タキ1000- 87 JOT[E]/郡山
タキ1000-688 JOT[E]/根岸
タキ1000-497 JOT[E]/根岸
タキ1000-197 JOT[E]/郡山
タキ1000-499 JOT[E]/根岸
タキ1000-503 JOT/根岸 無#
タキ1000-683 JOT/根岸 無$
#=仙台北港配備車、$=浜五井配備車、○=制輪子性能向上車

 5561列車のチェックを終えると30分程待合室で一休み。この少し前には1番線を逗子へ仙石線の205系へ送る配給列車(EF65 1118[レインボー色]+クハ205-3107×4/仙セン宮城野派M-07編成)が参上。先程も鶴見線で見掛けた辺りと同じ顔でもブルー濃淡の仙石色は首都圏では珍しく、山手線時代のナンバーを見ると南武線で走っている編成と一緒に組まれている事が分かります。一休みした後は倉賀野からの5078列車が到着する所がやって来たのはEF66の単機だけで最初はEH200が来るのではと思っていたら通しで驚きましたね。奥にある6番線に止まっている坂城行きを引き出し、1番線に収まるとスタンバイOK。カメラを向けるお父さんも居て気になりましたが、マスターの方が上背がありまして失礼しました。

○5474(〜5463)列車…坂城行きの専貨ダイヤの方でこの間は15両編成でしたが、今日は一杯の17両編成です。牽引のEF66は100番代のトップグループの1両である108号機、次の109号機から裾にラインが入ってライトの形も変わり、格好良くなりましたが、下半分が白いと何処かスッキリした外観なのでEH500同様好みが別れる所です。
△篠ノ井(坂城)
EF66 108
タキ1000- 33 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-769 JOT[E]/根岸
タキ1000- 18 JOT[E]/郡山
タキ1000-564 JOT/根岸 全検24-6-25川崎車、自重16.6t
タキ1000-584 JOT[E]/根岸 全検24-5-16川崎車、自重16.8t
タキ1000- 65 JOT/郡山 石油類)黒地$
タキ1000- 71 JOT[E]/郡山 
タキ1000-628 JOT/根岸 無
タキ1000-873 JOT/根岸 無
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-785 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-212 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-297 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-154 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-365 JOT[E]/郡山 全検24-5-2川崎車、自重16.9t
$=浜五井配備車、*=特殊ナット試行車

 5474列車が出た後の6番線には昨日も八王子で見掛けた編成が入って来たので後で(14時過ぎ)に8461列車で送る分が入りましたが、こちらは明日の8094〜8097列車で送る分に当たり(番号=ENEOSマークなし)、2番線には横浜本牧からの52列車(根岸線の5692列車で後述します)と入線しました。
←タキ1000-27+29+62+194+441639+440+298+557+779+261432+253+145

 ここでいつも見ている年配の親父さんと久し振りにお会いしていつもの様に軽く情報交換し、少し早くなりましたが、ここで前半戦は一休みして磯子へ行きました。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧