宇都宮・東北線

2017年2月11日 (土)

H29.02.11 大宮周辺

 行き掛けの思わぬご対面で八王子から9時52分発の『むさしの号』(2635M、クハ205-13×8/千ケヨM29編成[LED幕])で大宮まで乗り、奇しくも忘年会の時と同じルートで向かいます。八王子を出発すると8460列車の浜五井行きの分やEF210も運良くキャッチし、豊田の189系は『あずさ』色以外の2本が昼寝している所です。立川は竜王行きの83列車とすれ違う形で到着して今日はタンク車が12両の連結(タキ1000−467・468・224・51など)。この間の学習能力が効いたのか短絡線を過ぎて武蔵野線に入ってから東村山トンネル(新小平〜新秋津間)の間にこれから大宮あたりで見る列車の準備をしながら過ごし、新座タではこの間お目に掛かれなかったHD300の2号機とご対面。発着線のコンテナ車は上り側、下り側とコキ104・106・107の3形式のミックスが並ぶ格好で停車し、コンテナのホームには日通U47Aの白塗りを見つけ、平たく言えばエコライナー31の色違いバージョンで普通の青いのと上手い具合に並んでいました。短絡線から貨物線に合流して与野の構内にはレール輸送用のチキ6000+チ1000の編成に大宮操は新座タ行き3076列車のEH500-43+コキ104の20両編成を見て大宮は11番線の到着で意外と八王子から乗り通すお客さんが多い印象でした。

 大宮では11番線から6・7番線へ。前後してタンク車の3090列車が来る頃合いですが少々遅れている様子で先ずは高崎線から来る上野行き(838M、クハE233-3004×10/横コツE-04編成)でさいたま新都心へ逆走する形で向かいます。

 さいたま新都心では3090列車の到着を待つ形で待ち構えるもこの間の感覚から少し遅れているのでは?と思いましたが、無事到着。

◯3090列車…長い18両編成での到着で前6両はホームから飛び出してしまうのか全検出場したばかりの358番は改めて確認しますのでご期待ください。
△根岸
EF210-145
タキ1000- 84 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-358 JOT[E]/根岸* 全検28-**-**川崎車、自重16.*t
タキ1000-882 JOT/根岸 無
タキ1000-442 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-848 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-636 JOT/仙台北港 無
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-873 JOT/根岸 無
タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 23 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 53 JOT[E]/根岸*
タキ1000-835 JOT[E]/根岸
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 全検28-9-7川崎車、自重16.7t
タキ1000-195 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 38 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 石油類)黒地(A重)
根岸*=旧郡山常備車

 根岸のタキ1000は普段からチェックしている事もあってか現車チェックとデジカメ撮影とリストを付けているので(たまに記入漏れもありますが………)今回はただ編成をチェックした形で片付けて一度改札を出ます。お昼は『カフェタマ』ですが、今回は安直に8種類の野菜と押し麦入りミネストローネと石窯パンのセットで。埼玉サークルの例会の席でもお菓子や飲み物が出るのでこれを見越してかど軽めのランチと相成りました。

 再び改札に入ると今度は倉賀野行きの3093列車の到着まで待ち、忘年会の日は高崎・宇都宮線下りと貨物線下りと651系が並んで走っていましたが、今日の『草津』83号は185系の6両編成(クハ185-303×6/宮オオOM03編成)で少し前に地元で偶々、高尾山の参拝団の臨時で来たのをチラッと見た事があります。

◯3093列車…17両編成で先頭だけがA重油積載車でH7新製車も後1両でリーチ。他にも昨年の全検車で287番をキャッチし、少し前に八王子で確認した583番もありました。また、北袖からの移動車で旧OTの404番も根岸に移動しました。
△倉賀野
EF210-168
タキ1000-176 JOT/根岸* 全検27-10-2川崎車、自重16.5t 石油類)黒地、(A重)
タキ1000-287 JOT[E]/根岸* 全検28-10-24川崎車、自重16.6t
タキ1000- 70 JOT[E]/根岸*
タキ1000-586 JOT[E]/根岸
タキ1000-213 JOT[E]/根岸* 全検28-3-11川崎車、自重17.1t
タキ1000-404 JOT/浜五井 石油類)黒地
タキ1000-199 JOT[E]/根岸*
タキ1000-492 JOT[E]/根岸
タキ1000-870 JOT/根岸 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-201 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-803 JOT/浜五井 無
タキ1000- 62 JOT[E]/根岸*
タキ1000-790 JOT[E]/根岸 全検28-5-30川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-479 JOT[E]/根岸
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 全検28-12-14川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備車

 合間に行き交う上野東京ライン〜宇都宮線、高崎線の編成をチェックしながら過ごし、コンテナ列車も編成のチェック(と言っても牽引した機関車のナンバーと連結しているコンテナ車の形式を書き出すだけで)をしながら過ごします。

◯4074列車…こちらも忘年会の日に見たのと似たような組み合わせですが、速星発のコキ200で2個積みから1個積みに変わった車をキャッチ。タキ1000は同じ様な顔ぶれでしたが、目立つ所では旧JOTの887番くらいで99番のデータはここで見たものが正しいものです。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-21
コキ107-770 ↑速星→川崎貨物 日産化学UT10C-10 UT10C-12 UT10C-13
コキ200-138 日産化学UT14C-8024#
コキ200- 88 ↓ 日産化学UT14C-8022* UT14C-8011*
コキ200- 26 ↑川崎貨物行き OT UT26K-98016 UT26K-98017
コキ200- 32 OT UT26K-98018 UT26K-98019
コキ200- 24 OT UT26K-98020 UT26K-98021
コキ200- 2 全検28-1-5川崎車 OT UT26K-98022 UT26K-98023
コキ200- 45 ↓OT UT26K-98024 UT26K-98025
タキ1000-643 OT/倉賀野 石油類)黒地▼
タキ1000-665 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-674 OT/倉賀野 石油類)黒地▼
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 石油類)黒地▼
タキ1000-336 OT/倉賀野
タキ1000- 99 OT/倉賀野 全検26-8-6川崎車、自重16.5t 無
タキ1000-385 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-380 OT/宇都宮タ 石油類)黒地、常)郡山
タキ1000-666 OT/倉賀野
タキ1000-887 OT×/宇都宮タ
タキ1000-399 OT/宇都宮タ
タキ1000-650 OT/倉賀野
×=エコレールマーク無し、▼=表示板の逆向き、日産化学UT14Cの希硝酸濃度=#:74%、*:67.5%、常)=仮常備駅

 タンク車の列車は事細かに書きますが、コンテナの列車やその他の列車の様子は次の通りです。

・3064列車(札幌タ→東京タ):EH500-73牽引でこの列車では常連の北海道西濃運輸31フィートコンテナではU53A-38003が積載。

・2090列車(大館→隅田川):H27.3改正にて新設した静脈物流専用のコンテナ列車で下り方面の2091列車と対をなします。編成では同じ上越筋の2087〜2086列車(新座タ〜新潟タ)や2083〜2084列車(隅田川→新潟タ/焼島→隅田川)と同様にコキ100〜103の4両ユニット車とコキ104・106・107の単車系の形式の混結でコンテナではDOWA通運のUM12A/UM13Aの緑色のコンテナが目立つ他はJOTのバルク用20’ISOコンテナも積載。高崎操からはEH500-79牽引、4両ユニット車ではコキ103・102-106+105、101・100-5+6、103-213+102-533+534+103-214の3組が確認出来ました。

・3086列車(札幌タ→名古屋タ):EH500-53の牽引でいつものロジネットU47A-38000や保冷ではJ-Butsu UR18A-221、JOT UR19A-1060はパロマ専用の表示が見られました。

・2092列車(秋田貨物→東京タ):後方の新潟タ発の分はいつも見られるタンクコンテナの他に中央通運のU19A-536・735が最後尾のコキ107-1448(ロゴなし)に積まれ、金沢タ行きの2071/2070列車ではお馴染みのコンテナですが、この列車では珍しく、いつも後ろの方で見るものの、出発と同時に4番線の電車が到着して被ってしまい、満足に記録出来ないのが惜しい所です。

・8574列車(宇都宮タ→根岸):当日はEF65 2076[JRF色、冷風]の単機でした。

・6094列車(仙台タ→隅田川):EH500-28+コキ50000×10と普段の半分で空車も4両ほど見られ、最後尾には19D-33674[50周年記念色]が積載。

・94列車(札幌タ→梶ヶ谷タ):前は夕方近くの到着でしたが、昨年の3月ダイヤ改正からお昼頃に繰り上がっての到着で最初こちらもダイヤが乱れた列車かな?と思ったほどです。EH500-66牽引でコンテナではFCJ UR19AやJOT UR17A-70000、FL U48A-30000と積載。この列車と中央線の83/84列車のコンテナ車がリンクしているのは周知の事実ですが、編成の中程から後ろの一部でこの成果はこちらをご覧頂ければ正解が見られます。

 新都心から12時38分発の籠原行き(1862E、←クハE231-8065×5+6031×10/宮ヤマU109+U531編成)に乗り、94列車のナンバーを控えつつ大宮へ向かいます。マスターが乗った10両編成は音を聴いただけで機器更新が行われていた事が分かります。

 大宮駅に来るといつもは11番線に253系の『きぬがわ』5号が来る前後までは居るのですが、今日はどうしても先方の都合もあって4番線で1070列車を見るだけで埼京線ホームへ赴く格好となりました。こちらも忘年会の日の話題になりますが、到着時刻が繰り上がったのを忘れてしまい、EF210が牽いていた頃の感覚が抜けず凡ミスしたものの、今日は4番線の浦和方で早々陣取ってスタンバイ。上野東京ラインを待つお客さんの列を気にしながら待つと5番線から金太郎さんのご尊顔が見えて来たらデジカメのズームレンズを伸ばす始末で停車すると早速タキ1000の列に沿ってナンバーを控えます。エキュートの手前あたりでは八王子常備のナンバー、エキュートから自由通路の真下はエコレールマークが貼られていない一昨年の新製車やJOT移籍車とデジカメのISOを上げる形で1両ずつシャッターを切りました。5分間一本勝負といった所で移籍車では883番は未確認ですがいずれリベンジを。

◯1070列車…一杯では18両編成になりますが、やや短い16両編成での到着。編成を見るとH10新製車がお馴染みの所ですが、この頃はエコレールマークが貼られていないH22新製の移籍車やH27新製車(ここでは三連単ならぬ三連番で)もこの列車の常連とも言うべき顔が揃いました。新製車の常備駅標記もJOT車は全検出場車の様な普通の幅ですが、OT車はどこか中太系の丸ゴシックが特徴です。
△蘇我(浜五井)
EH500-60
タキ1000-408 OT/盛岡タ [黒油]
タキ1000- 98 OT/倉賀野 [黒油]
タキ1000-415 OT/八王子 K
タキ1000-648 OT/倉賀野
タキ1000-378 OT/宇都宮タ K
タキ1000-449 OT/倉賀野
タキ1000-957 OT×/郡山 新製27-9-11日車、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-884 OT×/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-956 OT×/郡山 新製27-9-11日車、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-885 OT×/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-955 OT×/郡山 新製27-9-11日車、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-414 OT/郡山
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000-379 OT/宇都宮タ K
タキ1000-303 OT/盛岡タ 石油類)黒地、K
タキ1000-381 OT/宇都宮タ K
×=エコレールマークなし、K=郡山臨時常備

 一通り見終えて3・4番線からDila側経由で埼京線の19・20番線へ向かいます。『朝の茶事』を買ってから武蔵浦和へ向かう13時07分発の新宿行き(1340K、クハE233-7001×10/宮ハエ101編成)に乗り、乗るなり否応無くトップ編成だったので合間にホームに降りてナンバーを収めた次第です。部活帰りの中学生やら塾帰りの親子(息子はハリポタっぽい顔でしたが、ママさんはどこかいい大人なのに行儀悪そうで説教したくなりますね)と乗る格好で進み、車内では先程見た1070列車の肉付けをしながら過ごし、武蔵浦和は4番線の到着でほぼお約束通りの到着と相成りました。

 武蔵浦和で降りると丁度『やまびこ』+『つばさ』139号が通過する頃で降りると真っ先にE233系(前にはATACSのIDも記されて=年賀状の画像に使いたかったのですが………)よりも『つばさ』号のE3系の斬新なカラーリングが目に飛び込み、いの一番にデジカメに収めてから本来のE233系という形で改札を出て会場があるサウスピアは駅から目と鼻の先。エレベーターで9階へ行き、早々みなさん集まって開会の辞から始まり、情報交換ではこちらが忘年会の時の宿題を含めた形でお話しし、14時を回って今回のゲスト・鉄道博物館の副館長さんのお話で本題は日本国内の鉄道の高速化を分野別に淡々とお話ししてからいつもは1時間半〜2時間が相場ですが、20年来て初の延長戦となり、この1時間では台湾の鉄道博物館事情を色々お話下さってマスターも新聞の記事で知っていたので今回、仲立ちされたYさんからも突っ込まれた程で、本題よりもこちらの方の関心が大きく、日本のファンの人でも日本統治下の名残でしょうか昔の日本に近い色合いの車両が多く、昭和30〜40年代の雰囲気を思わせる感じという話が聞かれる程です。今回はトートバッグに新調してからの出席なのでロングラン例会恒例のプレゼントは何かな?と思ったら東武鉄道の今夏から走る蒸気機関車『大樹』のカレンダーと東武の電車のシールセットに東武博物館の入場優待券と容量的には十分でした。また、お菓子や飲み物を頂く事が出来、また、O氏が忘年会に引き続いて手土産持参で今回は『江ノ電もなか』を2個頂き、マスターも帰宅してから頂きました。顔を出された範囲でいつもの皆さんの他に貨車研究会でも郵送会員でお世話になっている小平のN氏と久し振りにお目に掛かり近況をお話ししました。

 貨車研の例会が翌日なので18時には切り上げ、武蔵浦和から18時13分発の府中本町行き(1780E、クハ205-130×8/千ケヨM52編成)で西国分寺まで乗ります。マスターにとっては地元にも顔を出す武蔵野線の205系ですが、不思議と旧南武組は部が悪く、体育の日の『むさしの号』は運悪くデジカメを忘れた事もありましたが、京葉に転属してから初めて乗ったかな?といった様子で西国分寺で降りる時に証拠のシングルアームパンタをデジカメに収めました。

 西国分寺の乗り換えは上手い具合に乗り継げ18時47分発の高尾行きで八王子まで乗ります。立川では『かいじ』117号の接続待ち、豊田の車両センター横のカーブでは坂城からの2084列車にすれ違うと八王子に到着。

 八王子駅に着くと坂城行きの臨時列車8471列車がこの前後に来るので見られるかな?と思い、先ずは1番線へ移って87列車で到着したタキ1000の様子を見て明日の86列車の運転が無いと行き掛けに見られるのでは?と思い、ナンバーを見ると6日の83列車〜7日の80列車に入っていた範囲が続くもお目当ての8471列車は空振り(詳しくはこちらへお立ち寄りください)。以前なら祝日でも臨時のオイル輸送列車もそこそこ動く事がありましたが、この頃は需要形態が変わった様子なのか運休する列車も見られる様になりました。また、3番線に到着した『むさしの号』はお昼前に新都心で見掛けて凡そ7時間半振りのご対面。北朝霞で乗り換えても良かったのでは?

 南口に出て携帯で連絡をしてから富士森公園経由の法政大学行きのバスに間に合い、状況によっては西八王子の南口まで乗りますが、余り降りるお客さんが居ないと拓真高校の手前で降りる事があるので今日はこちらのパターンで。行きはさすがに坂道や道路状況を気にしてか南口からになる事が多いですが、帰りはこっちの方が幾分早く帰れるのでこのコースになります。明日は貨車研究会の例会で帰ると早速トートバッグに入れたものを『8時だよ!全員集合』のセットではありませんが、ショルダーに入れ替えと忘れ物があったら大変ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

H28.12.23 大宮周辺

 八王子から9時52分発の『むさしの号』(2635M、クハ205-34×10/千ケヨM25編成)で大宮まで乗ります。3連休が始まってKIOSKの脇に立つと『あずさ』に乗るお客さんが多い事も実感。殊に最近はキャスターバッグ片手のお客さんが余りに多く、気を付けて欲しい所で本音を話すとこちらはスイスイ行きたい所を殆どがチンタラしている奴ばかりで昔の様に手荷物運賃払わないと載せないよ!と言う風に制度を改めた方が筋なのですが………(昔なら間違えなく請求されます)。余談はさておき、出発と前後して8460列車のタンク車が入り、前4両が浜五井行き(OTタキ43353・43161、JOTタキ243664・43296=間違えていたらごめんなさい)と連結し、EF210のナンバーも見られるかなと思ったら下り電車と被って空振り。オイルターミナルの基地は今日の8097〜8092列車はタキ1000が少なくとも5両の短い編成と言った所でさすがに大宮行きの電車だけあってこれから新幹線で東北各地や新潟、長野に加えて北陸、北海道・道南へ向かわれるお客さんもお有りと言った様子で3連休の初日の様子を感じさせ、中には遅めの出勤と言った御仁も見られ、この頃はブラック企業と言う名詞が社会問題になりつつありますが、歳末を控えて平日扱いの所が多いのは仕方ありません。立川は4番線の到着。丁度竜王行きの83列車が止まって出発する所で八王子着は平日より10分遅い頃合いで編成もコンテナ車4両にタキ1000が12両といつも通り。国立の3番線からこのまま武蔵野線への短絡線に入り、足取りがイヤに快調に進み、大宮発で乗るといつもこの辺りは比較的鈍足になりますが、我が表情も驚きながら武蔵野線の新小平に入り、時刻表を見るとこの電車は50分弱の到着なので結構速く、武蔵野線に入ると各駅からの乗りも多く、武蔵浦和や南浦和の乗り換えがある事を思うと3連休で新幹線で遠出の向きには持って来いといった所ですね。途中、新小平でクハ205-50×8(千ケヨM10編成、有馬記念ラッピング/81E運用)、新座タの発着線はコキ104・106・107などの23両編成が控えているだけでHD300は何処へやらといった雰囲気で荒川の鉄橋を渡ると西浦和から大宮操への短絡線へ。中央線から武蔵野線に入るときは快調に飛ばした足取りもここでは湘南新宿ラインが遅れているのかゆっくりとした足取りで貨物線に入り、大宮操ではEH500牽引の3074列車(新座タ行き)、EF65+空車のコキ104が4両は隅田川からの8791列車(倉賀野行き)or8593列車(宇都宮タ行き)と見て大宮駅は11番線に到着。

 大宮駅に着くと乗っていた番号の先頭はクハの34番で山手線の電車から見ると国鉄時代最期の編成に当たり、前の方に乗っていたらキリ番の100番改め5049番に乗っていた事でこの後で東海道・山陽緩行用に入ったので民営化後は41番からうまく揃えたのは有名な話です。さて、『むさしの号』から降りると湘南新宿ラインからの電車を待つ列を分け入る様に浦和方へ。総合車両センターの南側の留置線には珍しく小田急の4000形が3両控えて(←宇都宮:4460+4410+4510)といたので4060の編成が入場しているなと伺え、小田急の電車と言うと相模大野の工場に入るのがお決まりですが、どこか機器の補修があるのかJRに外注したのだろうと思い、E233系ベースの電車らしい所が伺えます。暫く経つと9番線に『レインボー』カラーのEF81 95が参上。エキュートのお手洗いで用を足してから3・4番線へ。

 大宮から新都心へは10時53分発の小田原行き(1553E、←クハE231-6004×10+8003×5/宮ヤマU504+U6編成)に乗ります。丁度、6番線から大宮操の発着線へ向かう倉賀野からの3090列車と並走する形で進み、下り線を跨ぐ辺りで足取りがゆっくりしていたので新都心のホームではすんなり見られそうだな!と思った次第です。

 さいたま新都心は1年以上ご無沙汰しましたが、浦和方には八王子駅の1・2番線東京方同様、3番線側にドリンクの自販機が鎮座して変な奴がいる時は意外と死角になりますが、幸いカメラ片手の御仁は誰もおらず、先ずは3090列車、続いて到着した臨時の8175列車の様子をチェックします。

○3090列車…この時期らしい一杯の19両編成で大宮から乗った電車と足並み揃う形で走り抜けると大宮操へ入る辺りで足取りもゆっくりしてこちらの方が先着となり、さいたま新都心のホームに降りるとバッチリと見る事が出来、ガソリン、灯油・軽油積載組のお尻の方は丁度10日ほど前に八王子行きの列車に入っていたナンバーもあり、全検出場間もないナンバーの1両である355番を漸くキャッチ。
△根岸
EF210-114
タキ1000-492 JOT[E]/根岸
タキ1000-476 JOT[E]/根岸
タキ1000-587 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-211 JOT[E]/根岸* 全検27-12-16川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-370 JOT[E]/根岸* 全検28-12-1川崎車、自重16.7t
タキ1000-868 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-284 JOT[E]/根岸* 全検28-4-25川崎車、自重16.9t
タキ1000-267 JOT[E]/根岸* 全検27-12-17川崎車、自重16.6t
タキ1000-355 JOT/根岸* 全検28-11-8川崎車、自重16.6t
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸*
タキ1000-122 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-119 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-134 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地、(A重)
根岸*=旧郡山常備車

○8175列車…浜五井発の臨時列車で同じ宇都宮タ行きの5683/5686列車の輸送力を補う形で設定されています(返送は5686列車にひとまとめ)。オイルターミナル所有の3形式(偶々ですが、タキ44000が多く連結されていました)にタキ43000のJOT車は北海道から戻った車(後で前に撮影した画像をひっくり返すと6年前の今日は地元で見ていた記録があります)やツートンカラーと連結。以前はこの大宮操を通過していた列車で今年の3月ダイヤ改正から止まる様になり、平日ダイヤはお昼頃の着発ですが、土休日ダイヤは1時間ほど早くなる様です。
△宇都宮タ
EF210-118
タキ44021   OT/倉賀野※
タキ43002   OT/宇都宮タ※
タキ43170  OT/南松本 全検28-5-30川崎車、自重16.0t
タキ44012   OT/倉賀野
タキ44001   OT/南松本
タキ43354   OT/南松本
タキ43256   JOT/浜五井# 全検25-4-18輪西派、自重16.1t
タキ1000-376 OT/宇都宮タ 石油類)黒字、K
タキ243772  JOT/塩浜*
OT所有車の※=旧西上田常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、塩浜*=旧郡山常備車、K=郡山臨時常備

 ウォーミングアップで2本熟してから改札を出て『むさしの号』は新都心駅は止まらないので運賃計算上ではセーフでゆるキャラやユニセフの募金団に見守られてお昼は『カフェタマ』でホットドッグと狭山茶の焙じ茶の昼食。ホットドッグのウィンナーはサイボクハムのものかな?と言った所で合間をみては先程見た範囲の肉付けや後で見る列車の準備をします。

 他の貨物列車では秋田貨物→東京タの2092列車は後方の新潟タ発のパートを見るといつも見掛けるボルテックスセイグンの茶色いUT15Kが2個(98005は確かですが、もう1個は4番線の電車にかぶって失念)、EUROTAINERのEURU167872[0](コキ106−444に積載)、ボルテックスセイグンのUT8C-5047(塩化メチレン専用、コキ106−747に積載)とタンクコンテナをチェック。試運転の6794列車(熊谷タ→東京タ)が通過するとEF65 2068[JR貨物色]の牽引、タキ1000-302(JOT/浜五井)、タキ1000-711(OT/川崎貨物)の全検出場車と連結。

 電車ではマスターが八王子から乗った『むさしの号』の205系が東大宮で折り返して東所沢へ回送するところを見て、この後では面白いシーンを見まして思わずデジカメのシャッターを切りましたが、651系の並走で4番線側は『草津』83号、貨物線(湘南新宿ライン)は『あかぎ』8号を担当して新宿から東大宮への回送で前者は日によって185系(『はまかいじ』や『ホリデー快速』と同じ普通車だけの6両編成で)が担当する日がありますが、651系となると驚く事間違えありませんが、常磐線時代ではありえへん姿を目の当たりにしました。お天気は申し分ないものの、ビルの谷間故に風が強い。

○3093列車…9月の遠征の際に見たものの、3月ダイヤ改正でEH200牽引からEF210牽引に変わっているのが抜けていた様でうっかりメモ。編成は八王子行きの列車と同じ14両編成。先頭だけがA重油積載車の137番で昨年の全検車で未確認でしたが、漸くキャッチしました。
△倉賀野
EF210-115
タキ1000-137 JOT/根岸* 全検27-7-3川崎車、自重16.5t 石油類)黒地(A重)
タキ1000-271 JOT[E]/根岸* 全検27-12-3川崎車、自重16.7t
タキ1000-610 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-256 JOT/根岸* 全検28-10-28川崎車、自重17.0t
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸*
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 全検28-9-5川崎車、自重16.8t
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地▼
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-836 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 全検28-5-9川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-259 JOT[E]/根岸* 全検28-9-9川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-253 JOT[E]/根岸* 全検28-6-16川崎車、自重16.6t
根岸*=旧郡山常備車、▼=表示板の逆向き

 コンテナの列車では30分遅れの3086列車(札幌タ→名古屋タ)はEH500-40牽引でコンテナでは札幌通運のU45A(U48Aやエコライナー31と同じウイングルーフタイプ)、丸運のUF16A-651と積まれ、6096列車(仙台タ→隅田川)はEH500-16+コキ50000の編成。コキ50000の前は結構見掛けた形式ですが、コキ107の急迫であれよの間に減ってこちらも1年以上見ていなかった記憶ながらコンテナはどの車も19Dオンリー。1両だけ空車や通風のV19Cの一色塗りも1個見られ、19Dを見るとJRFマーク+菱形模様が綺麗に並んでいるなと思いつつもここ2年程JRマーク+無地のタイプが登場したのか1両に1個は見られる様になり、このショットも思わず収めました。合間合間にやって来る電車でE233系が両方向から来るのでさすがに久し振りに訪れただけあって頑張ってシャッターを切った次第でもう少し早い時期に来ていたら年賀状の絵柄に使いたかったなと悔やみも出て来ますが、京浜東北線のホームを見ると少しずつホームドア設置の準備が始まり、今後は横浜辺り(根岸線に入ると横浜線の電車も入ります)まで進める予定でここが手始めと言われています。

○4074列車…幾度と無くこの列車は見ているものの、タンクコンテナは速星発の化成品と川崎貨物行きのメタノールがお馴染みですが、前者は液化アンモニア1両、希硝酸2両の組み合わせは初めてで過去最大のボリュームとなり、メインのタキ1000に目を転じると前方には9月に新製したばかりの新車(幸い、ホームからデジカメに収める事が出来ました)やこれまで貯まっていた残務処理が片付けました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-15
コキ106-844 ↑速星→川崎貨物 日産化学UT10C-9,UT10C-7,UT10C-5
コキ200- 70 日産化学UT14C-8015,UT14C-8030
コキ200- 90 ↓ 日産化学UT14C-8012,UT14C-8022
コキ200- 11 ↑川崎貨物行き OT UT26K-98018,UT26K-98019
コキ200-112 OT UT26K-98020,UT26K-98021
コキ200- 26 OT UT26K-98022,UT26K-98023
コキ200- 32 OT UT26K-98024,UT26K-98025
コキ200- 24 ↓ OT UT26K-98026,UT26K-98027
タキ1000-650 OT/倉賀野 無
タキ1000-966 OT×/宇都宮タ 新製28-9-6日車、自重17.2t
タキ1000-674 OT/宇都宮タ 全検27-10-26川崎車、自重16.9t 石油類)黒地▼
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 石油類)黒地▼
タキ1000-336 OT/倉賀野 無
タキ1000-387 OT/宇都宮タ 石油類)黒地▼
タキ1000-385 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-665 OT/倉賀野 全検27-10-8川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-666 OT/倉賀野 全検27-11-5川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-394 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-337 OT/倉賀野 石油類)黒地▼
タキ1000-887 OT×/宇都宮タ 無[塩浜派出で交検→浮島町行き]
OT×=エコレールマーク無し、▼=表示板の逆向き

 新都心の駅は京葉臨海からの5683列車まで見る予定でしたが、今度は到着が繰り下がって1070列車と干渉することを懸念(実際、大宮駅で被る形でやって来ました)しまして、4074列車を片付けた後の12時31分発の小金井行き(539M、クハE231-6046×10/宮ヤマU546編成)で大宮まで乗ります。丁度、先行する宇都宮線の電車で車両点検が発生した影響で7分程止まり、空いているシートを見付けてiPod touchで見た列車の内容を転記しながら過ごします。

 大宮駅に着くとすぐ後に到着した『草津』3号は『ぐんまちゃん』ラッピングのクハ651-1004×7(宮オオOM204編成)が参上。思わぬサプライズで温泉やSL、ゴルフと上手く絡んでいます。8564列車の編成を見ると8・9番線から3・4番線へ移動し、1070列車の到着を待つ形でまた整理しますが、アレ!到着が早い!とEF210が牽いていた頃の感覚が抜けませんね。

○8564列車…定刻の運転ならお昼頃に新都心の貨物線を通過する列車ですが、この少し前に宇都宮線の電車で車両点検があった影響でしょうか遅れていた様子が見られ、大宮駅の5番線で少し休む形で40分遅れての出発となりました。編成のタキ1000は全てガソリン、灯油・軽油積載車オンリーの編成です。
△根岸
EF65 2095[JRF色]
タキ1000-439 JOT[E]/根岸
タキ1000-582 JOT[E]/根岸
タキ1000-852 JOT[E]/根岸
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
タキ1000-244 JOT[E]/根岸* 全検28-4-6川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-504 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-628 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-231 JOT[E]/根岸* 全検28-4-1川崎車、自重16.9t
タキ1000-369 JOT[E]/根岸*
タキ1000-469 JOT[E]/根岸
タキ1000-769 JOT[E]/根岸 全検28-**-**川崎車、自重16.*t
根岸*=旧郡山常備車

○1070列車…3月のダイヤ改正から黒磯の付け替えが無くなり、越谷タまでEH500牽引の姿をデジカメに収めようと思いましたが、前の列車をまとめていたのでしょうかEF210が牽いていた頃より若干到着が早くなり、うっかりして凡ミスを犯してしまいました。一杯の18両編成で盛岡タ常備車や旧JOT車(H22新製車で887番は前述の4074列車に連結)が揃ったスタイルに加え、昨年の新製車はJOT塩浜常備車ばかりと思いきや、後半はOT郡山常備車と不勉強となり、失礼したのとあとは年明けのお楽しみでご期待下さい。
△蘇我(浜五井)
EH500-21
タキ1000- 97 OT/倉賀野 A重
タキ1000- 98 OT/倉賀野 ■
タキ1000-409 OT/盛岡タ A重
タキ1000-408 OT/盛岡タ ■
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000-303 OT/盛岡タ 石油類)黒地
タキ1000-374 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-381 OT/宇都宮タ
タキ1000-956 OT×/郡山 新製27-9-11日車、自重17.2t
タキ1000-379 OT/宇都宮タ
タキ1000-883 OT×/宇都宮タ 全検26-**-**川崎車、自重16.*t
タキ1000-886 OT×/宇都宮タ
タキ1000-449 OT/倉賀野
タキ1000-957 OT×/郡山 新製27-9-11日車、自重17.2t
タキ1000-304 OT/盛岡タ
タキ1000-885 OT×/宇都宮タ
タキ1000-378 OT/宇都宮タ
タキ1000-884 OT×/宇都宮タ
OT×=エコレールマーク無し、■=黒油専用

 3番線で1070列車を見終えて8099列車の到着まで時間があったので一度改札を出る形で北側の跨線橋へ。京浜東北線と宇都宮線との丁度真上のNEW DAYSで忘年会の差し入れでとんがりコーンを2袋仕入れて11番線へ。253系の『きぬがわ』5号が入る前後に10番線に入るのですが今日は祝日、運転があるかどうか………。この間、試運転や検査の回送を送る6795列車の様子もキャッチしました。

○6795列車…この列車番号を見ると、川崎車両所の全検出場車の試運転が先ず挙げられますが、編成内容が実に多彩で前方でホキ10000が続いていままで熊谷タ派出で交番検査を受けていた分を塩浜派出へ移管した事が伺えます。空車で扇町に着いてから送っても良いのですが、三ケ尻の時点で入れ替わる様ですね。ちなみに後3両が本来の全検出場車の試運転です。
△熊谷タ
EF210−170
ホキ10105 太平洋セメント/武州原谷 ↑三ケ尻行き
ホキ10231 太平洋セメント/武州原谷
ホキ10157 太平洋セメント/武州原谷
ホキ10165 太平洋セメント/武州原谷 ↓
タキ1000-453 OT/倉賀野 倉賀野行き
コキ104-1501
コキ104-2676
タキ1000-295 JOT/根岸* 全検28-12-24川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備車

 大宮から13時33分発の平塚行き(1877E、クハE231-6034×10/宮ウラU534編成)で浦和へ向かうと南側のガードで貨物線をEH200が牽く8099列車が走っていたので到着が遅くなった様でこれまた凡ミスとなりましたが、編成も前4両が浮島町発の他は他の12〜16両は根岸発の組み合わせです。

 浦和へ到着すると東口から真っ先にパルコへ足が赴き、スターバックスでピーカンナッツラテを一杯。テーブル席が埋まっていたので補助椅子を借りてサッと頂く形で失礼して10階のコミュニティーセンターへ。すでに忘年会の席ではN支部長による昭和30年代に撮影された国鉄車両のカラースライドの映写が始まり、真っ暗の中、空いた席に腰掛けると先に到着したU氏、M君の姿も。他にもいつもの皆さんの他にも6月まで東京支部の支部長を務められたT顧問も見えられて例によってお菓子の差し入れはマスターのとんがりコーンとO氏の『都電もなか』も加わり、17時少し過ぎに散会。マスターも暫く例会の方はご無沙汰している方ながら顔馴染みの皆さんにお逢い出来てチョットした情報交換をするのも楽しみです。

 パルコから東口の少し前までU氏と話しながら歩き、浦和から南浦和まで京浜東北線、南浦和から西国分寺の武蔵野線は行きに見掛けた209系の編成(クハ209-513×8/千ケヨM71編成、41E運用)に当たり、西国分寺で降りた時はシャッターを切ったのは言うまでもありません。

 西国分寺で中央線の快速電車に乗り換え、1〜2本早かったら立川で松本行きに乗り換えが出来たのですが、高尾行きなのでこのまま八王子まで乗ります。

 八王子で降りると少し待って坂城行きの5463列車が到着するのですが、少し遅れている様子で本来なら待つ所をこの冬は喉を痛めたマスター、来月10日は通院の日なのでこれまで養生せねばと止まっていた86列車で返送する分を見ずに改札を出て南大通りを一直線、19時には無事、自宅へと到着して平成28年の鉄道友の会関係のお出掛けは終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

H27.10.18 真岡鐵道見学会

 貨車研究会の皆さんで年に2度、調査会で出掛ける事があり、今回は栃木県にある真岡鐵道の真岡駅の構内に展示してある車両を見学に出掛けてまいりました。マスター自身、国鉄の赤字ローカル線を転換した第三セクターはお恥ずかしい事に今回が初体験です。また、以前は『ホリデーパス』の名称で売り出されてエリアを拡大した『休日おでかけパス』も意外にも今回が初めてで旧来の東京近郊区間(東海道線=平塚、中央本線=大月、高崎線=熊谷、宇都宮線=小山、常磐線=土浦、成田線=成田、成田空港、総武本線=成東、外房線=茂原、内房線=木更津)のエリアをやや延長した形で今回の乗換駅でもある水戸線の下館も幸い、フリー区間に入っているのでこれを使って出掛けました。

 朝早く起きて京王線の車両運用の分析を作りつつ気がつくと6時に差し掛かり、朝刊をポストから持って来て身支度に着替えを整え出発進行。

 西八王子の南口から6時50分発の富士森公園経由の八王子駅南口行きの折返便に乗ります。今日は市民球場で野球の試合があるのかチームのメンバーでしょうかクーラーバッグ片手のお兄さんも乗り込み、私が「これで大丈夫ですよ!」とアドバイス。丘の上から16号の手前までポツポツ乗ってきて朝早い時間帯はスイスイ進むので南口のロータリーも7時に着く事はこちらも支部総会で出掛ける時間と同じだったのか会得していたのでその通りでお目当ての『むさしの号』に悠々間に合います。

 八王子駅に着くと4番線で185系の団体列車(クハ185-304×8/宮オオB2編成)を見て先ずはSuicaをチャージ。『休日おでかけパス』も券売機で買えるかな?と思いましたが、みどりの窓口の券売機でゲット。『むさしの号』は3番線の出発なので115系の頃は既に入っていたのですが、東所沢からの回送よりこちらの到着が早かったようで昔のパターンが身についている様ですね。

 八王子から7時19分発の『むさしの号』(2631M、クハ205-7×8/千ケヨM11編成)で大宮まで乗り通し、丁度町田から来たK君と合流。こちらも自販機で買ったWANDAを飲みながらKIOSKで買ったキャンディーのご相伴に預かり出発。86列車に乗せるタキ1000は帰りに見る事が出来るのでこの時のお楽しみで豊田では後で『かいじ』の臨時に入るクハ189-14×6(八トタM50編成)はお休み中で下り線をこの後八王子の3番線に入る吾妻線まで直通の『やまどり』と擦れ違い。国立までの乗車は微々たる状況で国立と言うと親分格のF氏が乗って来る筈なのですが、何処に居たやら見逃してしまい、このまま武蔵野線への短絡線に入り、最初の停車駅は新秋津。そこそこ乗ってきたものの、まだシートが埋まるには余裕があり、お天気も埼玉県に入った途端曇り空になり、東所沢や新座タの様子を見ながら北朝霞へ。ドアの前に固まる程の乗りになりましたが、目立つ混雑も見られず、大宮駅の11番線に到着。

 大宮駅で湘南新宿ラインの11番線から宇都宮線の9番線へ。ここから『ラビット』に乗り換え、ここで親分F氏と合流し、同じ電車に多摩在住組が乗っていたことになり、先行する普通電車かなと思っていたら上野まで客扱いして延々、小金井までの回送電車ということで上野東京ラインの運用ながら逆方向からの到着という形です。

 大宮から8時27分発の『ラビット』宇都宮行き(3622E、←クハE233-3534×5+E231-6008×10/宮ヤマU234+U508編成)で小山まで乗ります。定刻より3分遅れで東武野田線の60000系を見ての出発。途中、久喜で先行した回送電車(4530E、←クハE231-8063×5+6002×10/宮ヤマU+U502編成)や東武の『りょうもう』号200系、栗橋では10030系の普通電車にスペーシアの雅と見て115系の頃の『ラビット』は40分掛かっていた記憶ですが、37〜38分と若干スピードアップした感じがします。余談になりますが、乗った編成はマスターの誕生日が新製日で会員仲間と一緒の乗車で嬉しい経験をしました。

 小山駅で水戸線に乗り換え、9番線にはこれまた小金井へ回送する電車が一休みし、訪れるのはおよそ5年ぶりでお手洗いは線路(10番線と12番線の間)の真上にあったな?と思いましたが、いつの間にか改札に入った周りのコンコースが駅ナカ店舗に衣替えし、お手洗いはベックスコーヒーの西側へと移ったので戸惑いました。13番線と15番線の間の休憩スペースには次世代自販機も置かれ、15・16番線へ。

 小山から9時32分発の友部行き(739M、クハE531-1018×5/水カツK-468編成)で下館まで乗ります。編成の3両目で全体のまん真ん中で貨車研メンバーが揃い、ここから武蔵小杉のK氏や千葉のこてはし鉄道さんと合流。こちらも水戸線は久し振りで凡そ20年振りですが今でも頑張っている東邦亜鉛の貨物列車は高速の北関東道と似た形で友部から水戸線、両毛線を跨いで高崎から信越本線で安中のルートを走っていて15年ほど前のリフレッシュ工事の際に試しに常磐線〜高崎線経由で走らせた所、意外と好評で後年、正式に移行してこれまでは北関東では知る人ぞ知る存在が撮り鐵にも知られるようになり最近では『東邦号』よりも『安中貨物』の名称の方が浸透しています。どこか、家電量販店やロードサイド限定のお店が近年東京周辺のファッションビルやショッピングセンターへ進出したのと似通った感がします。また、小山口でも川島の小野田セメント(八高線に乗っていた時に寄居駅で止まっていたのが出かけるきっかけを作りました)や下館のミツウロコに現れるゼネラル石油のタキ9900や共同石油→JOMOのタキ35000もやって来た事があり、京葉臨海→小山行きが存在したのはこの輸送(JOMOのタンクは中央線でも見る事が出来ました)と東武の北館林からの輸送を入れ替わる形で返送を一部、小山経由で載せていたとも言われています(従って、上り方面は余裕のある宇都宮や郡山からのオイルターミナルの輸送列車と併結です)。余談が長くなりましたが、電車も415系(ステンレス車は一部健在です)からE531系、駅の雰囲気も改築が進んだところもあって驚くことばかりです。小山から次の小田林の間が直流から交流へ変わるデッドセクションでE531系は予めプログラミングされているので違和感が無いのでわかりません。暫くすると栃木から茨城の県境に入って紬織物で知られる結城から先日の大豪雨で被害が大きかった鬼怒川の鉄橋(K君、思わず手を合わせていましたが、関東鉄道の常総線も不通で一時はどうなるかと思いましたが………)を渡った川島では常磐線のトラブルの影響で10分ほど足止めを食い。すれ違いを行いながら次の玉戸駅の近くに高尾街道沿いにあった機械工場の本拠地で懐かしい名前を見て今は拡幅工事の影響からか上野原へ移転して行きつけのシアトル系のコーヒー屋さんやトヨタのディーラーがあって時代の変容をふと感じさせながらやや遅れて下館駅に到着。

 下館駅は久しぶりで下り電車は1番線の到着。ホーム伝いに0番線へ移動して本来なら『週末お出かけパス』片手のマスター、本来なら駅員さんに見せる所フリーパスで進み(Suicaはカードリーダーがあります)、折り畳みテーブルの上で特設の切符売り場(補助券で)で真岡までの切符を買い、控えのDE10  1535や『SLもおか号』のC12 66と赤塗りから茶色塗りに化けた50系客車が控えています。先日の洪水で被害が大きかったのがこの地域で関東鉄道の常総線も少しずつながら走る様子も見る事ができました。

 下館から10時17分発の茂木行き(115レ、モオカ14-7)で真岡へ向かいます。JRから転換した時は近くの富士重で新製されたモオカ63形が新製されましたが、第三セクター各社共通ですがバスと造りが酷似しているのか15年で代替が多くなり、転換から二代目の車で最初こそは富士重製ですが、2000年代に入って暫く経ってから新潟鉄工の倒産や富士重工の鉄道車両製造&バスボディー架装撤退(現在は自動車部門が中心です)と苦境に立たされ、IHIが出資した新潟トランシスが新たに設立されて大半はこちらへ移りましたが、こちらは日本車両の新製で九州は松浦鉄道のMR-400形と設計が似ている事で知られています。車内はロングシートでC12を見送る形で出発して茨城県の筑西市(旧・下館市)を走ってから栃木県の真岡市に入ります。周辺は田園地帯が拡がって地域のお客さんの他にも『SLもおか号』目当てのカメラ片手の御仁もチラホラと見かけ、久下田ではモオカ14-5にすれ違い、この次は寺内駅でK君相手に「ドラマの『寺内貫太郎一家』を思い出す駅名だな!」と口走る次第で次の真岡駅に下車。

 真岡駅は国鉄時代からの拠点駅で真岡線の気動車が水戸の支区の形で運用されて現在もそのまま車両基地として使われ、駅舎は真岡鉄道の本社や行政施設が入るSL形で今回の目的地・キューロク館と並んで2棟並んだ姿が真岡のちょっとしたランドマークとしても目立ちます。2番線から1番線に出てワンマン運転が多いのか駅員さんによるきっぷの回収は行われない様子(自由通路からも乗り降りできるので驚きましたね)でこのままコンコースへ。ちょっとした売店もあってSLに因んだものや栃木名物のレモン牛乳を使ったお菓子、何と!鉄コレの最新シリーズも並んでホビー商品を扱う量販店なら分かりますが、第15弾でモオカ63形が選ばれた縁でしょうか仕入れているご様子でこれが第三セクターの貴重な収入源を思うと有り難く思わなくては………。ラックを見ると茨城県内の各駅のスタンプ帳を見付けて早速、真岡駅の所を押して。

 駅舎から少し右手に向かった歩いた『SLキューロク館』から外から見られるご自慢の9600/49671号機が鎮座してスハフ44 25と並び、続いて外に出て蒲原鉄道(ワ12)や水島臨鉄(ワフ16)などの貨車にDE10、キハ20と見学し、我々を追うように到着した『SLもおか号』が到着する頃にはカメラ片手の皆さんもほとんどシャッターを切った形で。後でK君とスハフ44の車内へ。車内の様子をデジカメに収めるとモップ掛けのお姉さんを気にしてからリテイクする羽目になりましたが、さすがに窓も北海道形だけあって二重窓が目立ちます。全員揃ったと思ったら茅ヶ崎のK氏が長野県の伊那からそのまま来て近くにマイカーを止めて参上。何と!早朝に出発して中央道〜長野道〜上信越道〜北関東道と高速を使って来たとの事でお疲れ様です。全員揃ったところで記念撮影、12時から9600の体験乗車があるのでマスターも300円払ってヨ8000を引っ張るものの、動く際にボイラーを焚かず圧縮空気で動かすのかガムを思わせる甘い匂いが仄かに漂い、前後動を味わいながら前半戦は終了。お客さんも親子連れや茨城空港から来日した若い中国人のツアーも。さすがに物珍しいのか日本ではありえない行動をとりますが、動かす時間だったら係員さんも注意が大変だなと感じます。

 自由通路を歩いて少し北側に宇都宮餃子の有名店の一つ・みんみんの支店があるのでここで昼食をとり、さすがに地域の人気店だけあって行列が出来て15〜20分待ちがザラで少し離れた所に駐車場があるので北関東はマイカーが必需品の土地柄どのお店も広めの駐車場は必須です。店内に入るとカウンター席に通されて焼き餃子と揚げ餃子と1皿ずつに漬物付きのご飯で税抜き560円也。東京近郊では考えられない安さでマスターも「おにぎり2〜3個と飲み物をコンビニで買う感覚だよ!」と口走るほどです。

 続いて駅の西口の小川に沿った遊歩道沿いにある西口まるごとミュージアムへ。今日はC12ですが交互に『SLもおか号』を牽引するC11が個室でお休みと言った形でキハ20、DE10、トラ70000が3両にワフ35000と。後でこのキハ20の213番が八王子に所属した記録があって恐らく昔は八高線で運用されていた事があり、相模線が茅ヶ崎から移管すると高崎第一(今の高崎車両センター支所)から水戸→真岡と転属したようです。首都圏色と呼ばれる朱色一色で今では懐かしい佇まいも下館方の前面ガラスにひびが入っていたのは惜しい所。DE10のデッキに乗って楽しみながら調査会もここでフィニッシュ。

 真岡から14時20分発の下館行き(126レ、モオカ14-8)に乗ると真岡駅は1番線に15分程止まって午前中もパナソニックのラッピングがエラく目立ったのが印象的でまさか帰りに当たるとは思いも寄りませんでした。マイカーで来たK氏とここでお別れとなりますが、殆どの面々はこの列車で帰途につきました。

 下館駅では降りる合間を使ってスタンプを押したかったものの、時間が惜しかったのか1番線からこのまま3番線へ。下り線側の友部方にミツウロコの油槽所があって以前はゼネラル石油のタキ9900やタキ35000、JOMO(共石)のタキ35000、コスモ石油(JOTのタキ9900が運用)が灯油を運んで来たなと思い出し、水戸線の貨物列車というと今は常磐〜武蔵野〜高崎線回りへ移行した東邦亜鉛の亜鉛鉱を運ぶ列車が有名ですが(この頃はまだ知る人ぞ知る存在で)、もう一本の下館行きは川島にある太平洋セメントの基地とここのミツウロコ向けの設定がありました。また、宇都宮線で京葉臨海〜小山行きと言う片道のみの設定(返送は宇都宮タor郡山のオイルターミナルと併結でした)があってメインは浜五井〜北館林のタンク車(東鷲宮で積車と空車を交換)で1〜2両、この下館行きを連結するために設定されていた様です。またまた、常総線のディーゼルカーをデジカメに収めて。

 下館から14時59分発の小山行き(752M、クハE531-1018×5/水カツK-468編成=行きと同じです)で小山まで乗り、私とK君は前から2両目、他の皆さんは3〜4両目あたりでこちらはロングシート車と行き帰りで乗り比べを楽しみ、途中の結城では415系に擦れ違い、一瞬、地元の中央線とどこかダブりますが、この415系もここで少しずつ置き換えとの話で211系とほぼ同時期のグループながら抵抗制御を使っているのが運命の別れ目の様ですね。となると、来年以降はこの415系、高崎管内の107系、115系が俄然注目されるのではと読み取れます。水戸線の電車は次の通りです(ちなみに、行きと違い、帰りは定刻です)。

・クハE531-1015×5(水カツK-465編成):1733M〜1738M〜741M
・クハE531-1018×5(水カツK-468編成):736M〜739M〜746M〜749M〜752M〜755M
・クハE531-1023×5(水カツK-473編成):726M〜729M〜740M〜743M
・クハ411-1534×4(水カツK544編成):744M〜747M〜750M〜753M〜758M〜761M

 小山駅は15番線の到着。コンコースの次世代自販機で『朝の茶事』を買うと12・13番線へ。皆さんは到着した湘南新宿ライン(横須賀線行き)に駆け足で乗り換えましたが、マスター、K君と上野東京ライン回りまで待つものの、暫くしてから宇都宮方から14番線(中線)に入るコンテナの貨物列車が到着したのでよく見ると武蔵野線の梶ヶ谷タ行きの94列車でコキ50000とコキ104が混じって連結していたのですぐ分かりました。

○94列車…札幌タ発のコンテナ列車で唯一武蔵野線の西側(梶ヶ谷タ、新座タ)へ向かう列車でマスターにとってはよくここで登場する竜王行きの83列車とリンクする事で知られ、明日の83列車、明後日の82列車のどちらかで確認するのは見えています。あとで大宮駅を通過する際に前方を改めて見直しました。小山駅は10分ほどの停車です。
△梶ヶ谷タ
EH500-16 Ps
コキ52104
コキ50828
コキ50595
コキ104- 255 全検22-12-1小倉車
コキ104-1128 
コキ51719

コキ50877
コキ104-2544
コキ52648
コキ50476
コキ104-2074 全検23-1-31輪西派
コキ106- 64 
コキ52706
コキ104-2888 全検24-2-18輪西派
コキ51612
コキ104- 825 全検25-11-26川崎車
コキ104-2377 全検23-4-11広島車
コキ104-2874 全検27-8-1広島車 1個目に19G-19247[一色塗り]積載
コキ104- 598 全検26-3-27広島車
コキ52397
太字=竜王行き(10/19 83レ〜10/20 82レ)

 小山から15時32分発(4分遅れ)の熱海行き(1575E、クハE231-6012×10/宮ヤマU512編成)で大宮まで乗ります。途中、利根川の鉄橋の手前では宇都宮タ行きのコンテナ車を連ねた4093列車に擦れ違い、東武の電車では栗橋は300系、久喜では半蔵門線直通の50050系(51056×10/66T運用)、200系(209-1×6/『りょうもう』23号)、浅草方の引上線は10050系(11666×6)と見てさすがに10両編成なのか蓮田に差し掛かると混雑も目立ち、こちらも左手に東武野田線の線路が見えると降りる支度をします。

 大宮駅では宇都宮線の3・4番線から高崎線の6・7番線へ。最初は先程の94列車を見るのですが、先に1時間半ほど遅れて到着した3054列車が5番線に入ってきたので思わず編成のナンバーを控えて。10月のこの頃(16:30前後)になると少し日が陰ってくるので確認も何処か見辛くなりますね。

○3054列車…1時間半ほど遅れての到着でコンテナも20ft、31ftのコンテナの姿が目立ち、特にヤマト運輸のコンテナが多く宅急便の荷が多いのも伺えます。
△隅田川
EH500−65 Ps
コキ104-2009 全検27-7-29小倉車 2個目にV19C-8512[一色塗り]積載
コキ104- 510 全検23-11-25川崎車 3個目にヤマト運輸UV51A-35012、5個目にJOT UR19A-1242[“がんばろう日本]積載
コキ104- 44 全検23-12-1広島車 西濃運輸U54A-30124,30073積載
コキ107- 205
コキ107-1098
コキ104-2386
コキ104-2416
コキ106-1135
コキ104- 435
コキ104- 18
コキ107- 727
コキ107- 578
コキ107- 612
コキ104-2843
コキ106-1020 ↑ヤマト運輸UV51A×2積載
コキ107- 847 ↓
コキ106- 876 
コキ104-1845
コキ104- 733
コキ104-2101

 3054列車の方は前の限られた部分しかコンテナの確認出来ませんでしたが、結構見ごたえがある内容でJOTのUR19Aでも少し前まで5桁ナンバーでしたが、最近は4桁ナンバーも登場してラインカラーもピンクから水色と混乱しますね。


 今度は京浜東北線のホームに移り、先の94列車をiPod touchに準備して電車の到着を待つと4番線に『スペーシアきぬがわ』6号が到着すると106-1×6(日光詣)が参上。さすがにスカイツリーに合わせた改装で様々なカラーリングが登場しましたが、色合いの渋さはピカイチで芸術品に値します。

 京浜東北線で大宮16時52分発の桜木町行き(1617A、クハE233-1055×10/宮サイ155編成)で南浦和まで乗り、中刷りはすべて伊丹市(大阪空港がある事で知られています)のものでUターン就職のもので大阪からそう遠くない場所にもかかわらず首都圏で打つ必要があるのか些か疑問に思いますが、大宮操の発着線には先程の94列車(こちらは定刻の運転です)をまた拝む事ができました。

 南浦和から武蔵野線で西国分寺まで乗り、この頃になると徐々に暗くなってきて窓越しの観察も出来ませんが、車内ではK君と歓談しつつ、西国分寺で中央線の快速に乗り換え、国分寺で『青梅特快』の待避をする17時47分発の八王子行きで終点まで乗り、もう1〜2本早い武蔵野線の電車なら211系の松本行きも乗れたのでは?と感じ取れ、行きと同じく八王子駅は3番線の到着となりました。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

H27.09.04 大宮周辺(その2)

 新都心の駅で一悶着ありまして放免となり、気持ちも2〜3Kg痩せた感じになり、タンク車の列車を一本取りこぼしましたが、気を取り直して続けましょう。何だったら京王線のダイヤ改正の後にでも高尾山へお参りしたいとも考えております。

 ホームに戻ると大宮駅へ向かう長野色の115系の姿を見てクハ115-1102×4(新ニイL99編成[旧長ナノC3編成])を見掛け、地元の中央線で馴染みの編成でしたが、てっきり211系が入ると全車廃車になると思った所、新潟の115系の定期検査を長野の総合車両センターに入場していた所(元々、地元である新津の車両工場で受けていた所、新車を製作する工場に改装されました)、北陸新幹線の開業で直江津から先が第三セクター移管で上越国境を越えて大宮へ入場先を変えての控え車としての役目を担いますが、思わぬ形の再転職ながら4・5両目のモハユニットが抜けて廃車になり、この3両目には昨秋乗った事があります。

 新都心から13時08分発の高崎行き(1864E、←クハE231-8035×5[籠原止]+E233-3016×10/横コツS-07+E-16編成)で大宮駅へ。長野色の115系を見てからE233系に出会すと何処かホッとした気持ちがします。

 大宮駅では8・9番線からエキュート側を回って6・7番線へ。丁度、郡山からの1070列車が到着する事なので上手い具合に間に合いましたが、またまた新都心へ行かねばと思うと気持ちが重いですね。

○1070列車…やや短い13両編成での到着でお馴染みのナンバーに混じり、昨年JOT所有から移籍した面々も見掛け、この夏遠征では行きそびれた千葉行きでも逢っていた事を思うと少々惜しいです。
△蘇我(浜五井)
EF210−113
タキ1000- 97 OT/倉賀野 ●K
タキ1000-408 OT/盛岡タ ●
タキ1000-886 OT×/宇都宮タ 全検26-10-8川崎車、自重17.1t
タキ1000-373 OT/宇都宮タ K
タキ1000-449 OT/倉賀野
タキ1000-376 OT/宇都宮タ K
タキ1000-415 OT/八王子 K
タキ1000-378 OT/宇都宮タ K
タキ1000-648 OT/倉賀野
タキ1000-643 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-884 OT×/宇都宮タ 全検26-10-28川崎車、自重17.2t
タキ1000-388 OT/宇都宮タ K
タキ1000-443 OT/倉賀野
×=エコレールマーク無し、●=黒油専用、K=郡山仮常備

 ホーム伝いに今度は上尾方のベンチで一休みすると6番線を貨物列車通過のアナウンスが入ったのでなんだろうと思ったら根岸行きの5078列車で定刻であれば今頃は根岸駅の発着線の何処かへ居る筈がこの時間に大宮駅とは大幅に遅れてここ数日東海道線の大雨の影響とかで機関車の運用と連動して乱れている様子ながら先程の3093列車も多少絡んでいるのではと思われます。

○5078列車…普段は午前中に来る所が昼下がりのこの時間の通過で先月中、地元で見掛けたナンバーもチラホラと(特に中旬辺りで立川のケーブル火災の翌日のある列車にて)。全車ガソリン&灯油・軽油専用車の14両編成で大宮操でも14時過ぎまで停車していました。
△根岸
EF210−115
タキ1000-267 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-758 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-272 JOT/根岸* 無
タキ1000-164 JOT[E]/根岸* 全検27-6-22川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-877 JOT/根岸 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-806 JOT/浜五井 無
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 全検27-6-15川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-151 JOT[E]/根岸* 全検27-4-18川崎車、自重16.7t
タキ1000- 53 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 66 JOT/根岸* 石油類)黒地

タキ1000-215 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H27.09.04 大宮周辺(その1)

 八王子を9時49分に出発する快速電車で西国分寺まで乗ります。先程見たタキ1000のナンバーではありませんが、お決まりの様に乗る8号車は同じ430番の乗車で豊田の車両センターは昨日同様189系が東京方に『あずさ』色、八王子方に国鉄色の編成と並んで休み、日野では竜王行きの83列車に擦れ違い、EF64 1043[更新色]+EH200-8+コキ50000×4の編成で最後尾には新しい一色塗りの19Dも積まれ、こちらは西国分寺で降りましたが、国分寺で青梅特快の接続待ちがあります。

 西国分寺で武蔵野線の4番線に赴くと丁度、中線で下り方面へ向かうロングレールのチキ5500を連ねたレール輸送列車が一休み。牽引がレインボー色のEF65の1118号機でアレ!先月の例会で親分のF氏がこのHOを持って来たのを思い出しデジカメに収めました。チキ5500と言うとコンテナ車の草分けでもあるコキ5500形の改造車に当たり、現存車が消滅した現在では往時を偲ぶ存在で10年以上前は良く中央線でも見掛け、その時の名残でコキ10000が出回った頃から支柱が少ないタイプになりました。

←南浦和 EF65 1118+チキ15902+15506+15601+15501+15505+15701+15801+15503+15504+15507*+15502+15602*+15901(千マリ/越中島貨物、*=支柱が少ないタイプ)

○5582列車…いつもは浮島町へ行くオイルターミナルのタンク車が入りますが、夏場は日によって海上コンテナ積み(TS LINE、Texの20フィート)のコンテナ車だけで本来のタンク車は8585〜8586列車に入っていました。
←川崎貨物 EF210-136+コキ106-252+861(空車)+107-416

 5582列車が海上コンテナ積みでこの所ハマっている”TRAINZ”にもアメリカのダブルスタックや様々な海上コンテナが登場してこの辺りから見るとJR貨物のコンテナ列車に当て嵌めると武蔵野線を走る首都圏のコンテナ扱い駅間を行き来するフィーダー列車のように港にあるコンテナターミナルと内陸のコンテナ基地を結ぶ小運転の列車と言った感じです。丁度見ているとホームを2歳くらいのボクちゃんを連れた親子連れがチョロチョロしていたので気になりましたが、ホームの上なのでこちらも神経張り詰めて気を遣うし、目を離して(というよりママさんが子供ではなく携帯でメールを打っていたので)危ないですよ!と困り者。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

H27.03.26 大宮周辺(その2)

 思わぬサプライズの後は新都心の第二弾は14時39分発の宇都宮線の上野行き(548M、←クハE231-6026×10+8026×5(宮ヤマU526+U66編成)でさいたま新都心へ。この間ではレインボー色のEF81 95やE5系+E6系の『はやぶさ』18号を見ながら向かいます。上野東京ラインの開業後も湘南電車の直通運転が多いものの、従来通りの上野発着も昼間は毎時1本ずつ宇都宮線と高崎線の電車で残っています。

 新都心の第二弾は色々見る所が多く、昼前後と違い、E235系目当ての撮り鐡も殆ど見られないと言った所でこちらも落ち着いた調査活動が出来ます。

 先ずは根岸からの4091列車で大宮操は通過となりましたが、タキ1000ばかりの13両編成で10分くらい止まるとメモとチョットしたデジカメに収める事が出来るのですが、我が身はただホームで呆然と立ち尽くすのみ。
←宇都宮タ EF210-2+タキ1000-287+560+633+432+613+513+352+606+587+357+488+618+533

○4093列車…以前から東京タ〜宇都宮タと運転されている列車でしばらく午前中の運転になっていましたが今回のダイヤ改正から午後の運転に復活。目立つコンテナでは芳賀通運のUM11A、大日本インキのISO20フィートが見られます。後方は北陸筋の列車が整理された影響でしょうか2087列車に連結された二塚発の紙積みコンテナが見られます。
△宇都宮タ
EF210−125
コキ104-1698
コキ106- 714 3個目に芳賀通運UM11A-72積載
コキ107- 551 西濃U30B-15,DLC DL06-017,西濃U30B-32積載*
コキ104- 710 全検26-8-22広島車
コキ104-2348
コキ107- 506
コキ104-1154 3個目に丸和通運UF12A-9積載
コキ107- 153
コキ104-2837 3個目に19D-42314積載
コキ104- 259 4個目に20D-331、5個目にJOT UR19A-1257(H23製)積載
コキ104-1331
コキ104-1585 JOT UR20A-263、240、16積載(2・3個目以外)
コキ107- 384
コキ104-2608 [空車]
コキ104-1629 [空車]
コキ104-2182 ↑二塚発
コキ104- 790
コキ104-2585
コキ104- 282
コキ107- 664
コキ107- 48
コキ104-1307
コキ104-1092 ↓
*西濃運輸のU30Bはベージュ+紺色帯

 続いてこの頃になると浮島町行きの臨時列車である8586列車もEF210-135だけの単機となり、他の列車は従来通りの時刻の運転です。

○5883列車…16両編成と普段より頑張っている長さでタキ1000も多く、中央線の2081レや2080レあたりと馴染みのナンバーとバッタリ。JOTの黒塗りタキ43000の中には久し振りに現車確認するナンバーも若干見られました。こちらも10日の倉賀野での確認で見かけたナンバーはたった2両でした。
△倉賀野
EF210-155
タキ43257   JOT/仙台北港 全検26-11-7川崎車、自重15.9t
タキ43412    JOT×/浜五井 全検22-7-20川崎車(28-4-13切)[車票]
タキ1000-172 JOT/四日市* 全検22-7-16川崎車、自重16.8t [車票]
タキ1000-305 JOT/塩浜# 全検24-10-31輪西派、自重17.2t 石油類)黒地
タキ44009   OT/宇都宮タ
タキ43462   JOT/根岸
タキ43110   JOT/根岸 全検25-6-20川崎車(30-12-15切)、自重16.0t
タキ43336   JOT×/浜五井
タキ43268   OT/倉賀野
タキ243743  JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地(逆向き)
タキ243829  JOT/浜五井* 無
タキ143645  JOT/浜五井* 石油類)黒地
タキ1000-218 JOT/四日市*
タキ1000-808 JOT/浜五井
タキ43135   OT/郡山 全検26-6-25川崎車、自重15.4t
タキ1000-626 JOT/根岸
×=エコレールマーク撤去、浜五井*、四日市*=旧郡山常備車、浜五井#、塩浜#=旧本輪西常備車

○1074列車…前は発着線で15分程一休み取っておりましたが、久し振りに貨物の上り線を通過する形になったものの今日は幸い編成が短くメモも取れて全車旧矢羽根色です。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-133
タキ1000-693 OT/川崎貨物◎
タキ1000-745 OT/川崎貨物◎
タキ1000-727 OT/川崎貨物◎
タキ1000-742 OT/川崎貨物◎
タキ1000-720 OT/川崎貨物◎
タキ1000-699 OT/川崎貨物◎
◎=旧矢羽根色

○5763列車…停車時間に余裕があるためか、宮原で8876列車を見る前に予習をして新都心に戻ってから本番です。ダイヤ改正前は根岸発や4074列車同様、メタノール専用のタンクコンテナを積んだコキ200が連結されていましたが、今日は浮島町発のオイルターミナルのタンク車だけ。目立つ所では塩浜から移動したツートンカラーのタキ43000(44t積み)が連結していたのは嬉しいものの、牽引機が八王子行きのタンク高速列車(いつも地元で見る辺りですね)ではありませんが、こちらも新鶴見のEF210からEH200(返送の5762列車も同じく)に変わりました。
△倉賀野
EH200-3
タキ44012   OT/倉賀野 全検24-5-9川崎車、自重16.1t
タキ43019   OT/南松本
タキ43554   OT/宇都宮タ
タキ1000-648 OT/倉賀野 全検26-10-2川崎車、自重16.9t
タキ43164   OT/倉賀野
タキ243860  JOT/塩浜* 全検25-6-26川崎車、自重16.0t
タキ43009   OT/八王子※
タキ44017   OT/郡山 全検25-3-18川崎車、自重16.0t
八王子※=旧西上田常備車、塩浜*=旧郡山常備車

○8876列車…タキ1000、タキ43000(44t積み)のツートンカラー車ばかりの短い編成で到着。幸い、10日の倉賀野行きで見たナンバーとの重複も無く、最後尾の243821番のデータもキャッチ(鉄博の帰りに見たときは前に出過ぎてアウトでした)。同じH5新製のお尻に当たる243885番が捕まれば御の字ですが………。
△蘇我(北袖)
EF65 2087[JRF色、冷風]
タキ1000-861 JOT/北袖# 全検25-10-16輪西派、自重17.2t 石油類)黒地、H
タキ243782  JOT/浜五井# 無
タキ243714  JOT[e]/浜五井# 全検22-11-20輪西派(28-5-8切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ243742  JOT[e]/浜五井# 全検25-11-25川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ243769  JOT/浜五井# 無
タキ1000-400 JOT/浜五井 無
タキ243877  JOT[e]/浜五井# 全検25-8-13川崎車、自重16.0t 無
タキ243821  JOT/浜五井* 全検25-3-7川崎車(30-6-7切)、自重16.1t 石油類)黒地
浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車、浜五井*=旧郡山常備車、H=浜五井臨時常備

○5763列車…停車時間に余裕があるためか、宮原で8876列車を見る前に予習をして新都心に戻ってから本番です。ダイヤ改正前は根岸発や4074列車同様、メタノール専用のタンクコンテナを積んだコキ200が連結されていましたが、今日は浮島町発のオイルターミナルのタンク車だけ。目立つ所では塩浜から移動したツートンカラーのタキ43000(44t積み)が連結していたのは嬉しいものの、牽引機が八王子行きのタンク高速列車(いつも地元で見る辺りですね)ではありませんが、こちらも新鶴見のEF210からEH200(返送の5762列車も同じく)に変わりました。
△倉賀野
EH200-3 Ps
タキ44012   OT/倉賀野 全検24-5-9川崎車、自重16.1t
タキ43019   OT/南松本
タキ43554   OT/宇都宮タ
タキ1000-648 OT/倉賀野 全検26-10-2川崎車、自重16.9t
タキ43164   OT/倉賀野
タキ243860  JOT/塩浜* 全検25-6-26川崎車、自重16.0t
タキ43009   OT/八王子※
タキ44017   OT/郡山 全検25-3-18川崎車、自重16.0t
八王子※=旧西上田常備車、塩浜*=旧郡山常備車

○8876列車…タキ1000、タキ43000(44t積み)のツートンカラー車ばかりの短い編成で到着。幸い、10日の倉賀野行きで見たナンバーとの重複も無く、最後尾の243821番のデータもキャッチ(鉄博の帰りに見たときは前に出過ぎてアウトでした)。同じH5新製のお尻に当たる243885番が捕まれば御の字ですが………。
△蘇我(北袖)
EF65 2087[JRF色、冷風]
タキ1000-861 JOT/北袖# 全検25-10-16輪西派、自重17.2t 石油類)黒地、H
タキ243782  JOT/浜五井# 無
タキ243714  JOT[e]/浜五井# 全検22-11-20輪西派(28-5-8切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ243742  JOT[e]/浜五井# 全検25-11-25川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ243769  JOT/浜五井# 無
タキ1000-400 JOT/浜五井 無
タキ243877  JOT[e]/浜五井# 全検25-8-13川崎車、自重16.0t 無
タキ243821  JOT/浜五井* 全検25-3-7川崎車(30-6-7切)、自重16.1t 石油類)黒地
浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車、浜五井*=旧郡山常備車、H=浜五井臨時常備

○8571列車…3月のダイヤ改正前は手前に東京駅まで回送する185系が休む姿が見られましたが、武蔵野線から上野東京ライン経由に変わったために久し振りに遮るもの無くすっきり見る事が出来ました。4091列車は通過するものの、こちらの一休みは従来通り。編成はタキ1000ばかりの16両編成で今年に入ってから全検出場したナンバーもキャッチ。
△宇都宮タ
EF210-112
タキ1000-117 JOT[E]/根岸* 全検27-1-20川崎車、自重16.8t (A重)
タキ1000-319 JOT[E]/根岸 A重、石油類)青地
タキ1000-103 JOT[E]/根岸* 全検27-2-4川崎車、自重16.4t (A重)
タキ1000-567 JOT/根岸
タキ1000-281 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 21 JOT[E]/根岸* 全検26-5-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-827 JOT/北袖# 全検25-10-29輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-863 JOT/根岸 無
タキ1000-805 JOT/浜五井 無
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-211 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-595 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 全検26-12-17川崎車、自重16.9t
タキ1000-865 JOT/根岸
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 8571列車を見ると後は5763列車を仕上げるかたちで一度改札を出ました。丁度この頃、隅田川→新潟タの2083列車が到着。牽引機がEF64からEH500に変わり、偶々EH200の並びを拝む事ができ、前にお仲間さんからの画像で隅田川駅のイベントでのツーショットを見た際に何処かご兄弟が顔を揃えたみたいで印象強くなり、バス乗り場の入口近くの交差点から頑張ってデジカメに収めました(フェンスが痛い!)。

2083列車編成:←新潟タ EH500-29 Ps+コキ106・107×3+コキ101-82+100-82+81+101-81+コキ50000×13

 再び改札に入ると上野方面はすっかり湘南電車の着駅を連ねた案内表示を収めて京浜東北線の1・2番線へ。暫くすると札幌タ→梶ヶ谷タの94列車が手前の発着線に到着。コンテナ車を見ると長距離列車はすっかりコキ104やコキ107が中心の列車が多くなりましたが、こちらはコキ50000を連ねた編成でマスターにとってはピンと来たのはこのブログにお立ち寄りの皆様なら頻々登場する梶ヶ谷タ〜竜王の83/82列車で連結されるコンテナ車で昨年の今頃から半年ほど、コキ104に戻って嬉しくなったものの、秋からまたコキ50000に逆戻りした事があって恐らくこの列車と運用が組みになっているのだろうなと感じました。

 昼頃はDQN外人と一悶着ありましたが、今回の遠征も無事終わり、16時46分発の磯子行き(1613A、クハE233-1071×10/宮サイ171編成=宮ウラと書くつもりでしたが、後で14日のダイヤ改正で浦和電車区がさいたま車両センターに組織改変した事に気付きましたので合わせて直しました)で南浦和まで乗り、車中ではiPod touchで見た列車の整理をしながら過ごし、浦和では『スペーシアきぬがわ』6号の東武100系(雅カラー)とご対面。

 南浦和で武蔵野線に乗り換え、5番線の次世代自販機で午後の紅茶の香るストレートをSuicaで買うと待つ間に整理の続きをしながら過ごします。

 南浦和から17時10分発の府中本町行き(1629E、クハ205-52×8/千ケヨM28編成[LED])で西国分寺まで乗り、編成番号を見るとアレ!行きに乗ったのとまたご対面。武蔵野線の電車というと205系だけでも40本は居るので運用も東京駅に海浜幕張や南船橋、短絡線を活用した『むさしの号』、『しもうさ号』と広範に拡がっているのでこの様なケースは滅多にありません。車内ではiPod touchへこのページでご紹介している範囲を整理して新座まで来ると一段落します。

 一本待つ形で西国分寺から17時46分発の高尾行きで八王子まで乗り、一駅まで立たされましたが、時間的にも立川で松本行きの電車が見られるので今日はクハ115-1127×6(長ナノC13編成)の担当でこの間も高尾で見かけました。211系も随分入っているものの、115系も後1〜2本と言った具合になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H27.03.26 大宮周辺(その1)

 八王子駅で8460列車を一通り見るとそのまま3番線から始発の9時45分発の快速電車で西国分寺まで乗ります。オイルターミナルの基地は入線が無く寂しいものの、浅川の鉄橋を渡った所で『むさしの』号の205系にすれ違い、この電車に乗るとどこかで83列車に擦れ違うなと思った所で立川の手前のカーブで擦れ違い、先導のEF64を見ると8460列車は見たという事でEH200のナンバーは見落としましたが、コキ50000、タキ1000と4両ずつの連結。立川でほぼシートが埋まり、こちらはいつものように国立で乗り換えの準備をします。

 西国分寺で武蔵野線に乗り換え、少し、nonowaの中で時間調整して4番線へ。南浦和方の待合室も完成して一休みしながら出入りする電車を見つつ丁度、宇都宮タからの5582列車が通過する頃とぶつかります。

○5582列車…タンクは全車タキ43000・44000の編成で海上コンテナ用のコキ106・107がぶら下がった編成もこの頃は定着。タキ43000は初期タイプが目立ちます。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-161
タキ43027 OT/倉賀野
タキ43172 OT/南松本
タキ43357 OT/南松本 全検26-4-7川崎車、自重15.6t
タキ43029 OT/宇都宮タ※
タキ43016 OT/郡山
タキ43020 OT/南松本
タキ43346 OT/郡山
タキ43170 OT/南松本
タキ43356 OT/南松本
タキ44002 OT/倉賀野 全検25-3-11川崎車、自重15.7t
タキ43171 OT/南松本
タキ43011 OT/宇都宮タ※
タキ43015 OT/郡山
タキ43349 OT/郡山
コキ106-400 WANHAI tex WANHAI(いずれも20フィート)積載
コキ107-796 [空車]
常備駅の※=旧西上田常備車

 西国分寺から10時26分発の東京行き(1029E、クハ205-52×8(千ケヨM26編成/LED幕)で武蔵浦和まで乗ります。並ぶとオバちゃん二人連れが邪魔くさかったですが(東京行きには乗らなかったので南船橋行きでららぽーとか幕張メッセあたりへ向かうのかな?)、車内ではあれこれ予備知識を吸収し、新座タの構内はいずれも紙輸送がメインの列車でEF210+コキ104が最期のワム80000が運用された2087列車改め富士(〜百済タ)行きの1077列車、EH200牽引は今回のダイヤ改正で新設(隅田川発着の再編?)された新潟タからの2086列車と止まり、この後で西浦和で擦れ違った3074列車(EH500-5+コキ104・106・107)も石巻港からの紙輸送列車です。

 武蔵浦和から埼京線に乗り換え、待ち時間の間に新幹線を見るのが楽しみで何が来るかなと大宮へ向かう途中も新幹線側のシートに陣取り、何と言ってもこのダイヤ改正で登場した北陸新幹線の電車が注目株で『あさま』の大半が金沢行きの『はくたか』に生まれ変わり、どこかでE7/W7系に出会さないかなとちょっとした楽しみで一方、『あさま』は上越新幹線の『たにがわ』が減った分、高崎までの需要をカバーしつつも開業時からのE2系も一部がまだ健在です。

○3093列車…普段はA重油専用車を含めた長めの編成と思いきや、短めの10両編成で後7両がガソリン積みと倉賀野行きの列車ながら八王子行きのショートタイプか竜王行きのコンテナ車が連結されない83列車をと何処か重なります。
△倉賀野
EH200-22 Ps
タキ1000- 22 JOT[E]/根岸* 全検25-12-2川崎車、自重16.7t
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 全検25-10-28川崎車、自重17.0t
タキ1000-164 JOT[E]/根岸*
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-288 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-251 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

○4074列車…浮島町行きのタキ1000の他にメタノール専用コンテナを積んだコキ200が4〜5両というお決まりのパターンでしたが、先頭には熊谷タから連結された速星発のタンクコンテナ(日産化学のUT10C/液化アンモニア専用)を積んだコキ106が連結。今回のダイヤ改正で2096列車に連結していた分が統合された事が伺えますが、コンテナ車の形式が違うといつもの感覚が少々ズレてしまい、牽引機もEF64からEH200に変わり、タンク車のナンバーを見ると10日の列車に比べると667、675、885、650番が抜けて396、670番が入りました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-17
コキ106-520 速星→川崎貨物 日産化学UT10C-17,UT10C-14,UT10C-15積載
タキ1000-665 OT/倉賀野 無
タキ1000-455 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-337 OT/倉賀野 無
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無/無黒
タキ1000-304 OT/盛岡タ 無
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-672 OT×/宇都宮タ
タキ1000-377 OT/宇都宮タ
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-666 OT/倉賀野 無

○5683列車…到着がやや遅くなりましたが、12両の連結で前の方にはタキ44000の初期タイプ、真ん中に黒塗りのタキ43000の600番台、最後尾には昨年、JOTから移籍したナンバーも見付け、遅まきながらようやくデジカメに収めました。
△宇都宮タ
EF210-136
タキ43600   OT/南松本 A重
タキ44010   OT/倉賀野 全検26-**-**川崎車、自重16.5t
タキ44020   OT/倉賀野 全検26-**-**川崎車、自重16.*t
タキ1000-383 OT/宇都宮タ
タキ43543   OT×/宇都宮タ
タキ43629   JOT/浜五井* 全検25-2-4川崎車、自重16.0t
タキ43623   JOT/浜五井* 全検25-2-12川崎車、自重15.6t
タキ43353   OT/倉賀野 全検25-10-9川崎車、自重15.8t
タキ43487   JOT×/浜五井
タキ1000-453 OT/倉賀野 全検26-9-24川崎車、自重16.9t
タキ1000-887 OT×/宇都宮タ 全検26-11-6川崎車、自重17.3t[旧JOT/根岸]
×=エコレールマークなし、浜五井*=旧郡山常備車

○1070列車…標準よりやや短い14両編成の到着(最後尾が交番検査入場車)で未確認だった98番(H6新製車)、411番(H10新製車)と後は先月来た時の残務処理といった形です。
△蘇我(浜五井)
EF210-111
タキ1000- 97 OT/倉賀野 全検26-4-21川崎車、自重17.0t ●
タキ1000-408 OT/盛岡タ 石油類)黒地/●
タキ1000- 98 OT/倉賀野 全検26-6-6川崎車、自重16.7t ●
タキ1000-336 OT/倉賀野 A重
タキ1000-381 OT/宇都宮タ K
タキ1000-388 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-411 OT/郡山 全検25-9-2川崎車、自重17.0t
タキ1000-378 OT/宇都宮タ K
タキ1000-674 OT/宇都宮タ
タキ1000-394 OT/宇都宮タ
タキ1000-448 OT/倉賀野 全検26-9-3川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-413 OT/八王子 K
タキ1000-454 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ1000-410 OT/郡山 [交検/千葉貨物→浜五井行き]
●=黒油専用、K=郡山臨時常備

○8685列車…10番線を通過する際にチェックするものの、データも有り合わせを埋めた形で改めてしっかりしたデータをアップしてまいります。
△宇都宮タ
EF65 2075[JRF色、冷風]
タキ1000- 95 OT/倉賀野 全検26-7-3川崎車、自重16.7t K、石油類)黒地
タキ43575   OT/宇都宮タ*
タキ1000-415 OT/八王子
タキ1000-303 OT/盛岡タ
タキ43542   OT/宇都宮タ
タキ1000-456 OT/倉賀野 全検26-**-**川崎車、自重16.*t
タキ43607   OT/宇都宮タ A重
タキ1000-886 OT×/宇都宮タ 全検26-**-**川崎車、自重16.*t[旧JOT/根岸]
タキ1000-445 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ43545   OT/宇都宮タ
K=郡山臨時常備、宇都宮タ*=旧八王子常備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

H27.02.16 鉄道博物館&大宮周辺

 西国分寺から11時06分発の東京行き(1139E、クハ205-104×8/千ケヨM1編成)で武蔵浦和まで乗ります。205系のVVVF車のトップナンバーにあたり、E233系と世代交代した埼京線や横浜線、南武線の新製車と近いグループですが、まだ頑張っているのは心強い存在です。途中、新座の貨物ターミナルは富士へ紙の返送をする2087列車が丁度出発するところでEF66 108牽引+コキ104・106・107を連ねた編成に発着線にはコキ104+コキ50000の編成に検査で送ると思しきコキ104-1587や3074/3075列車を牽引するEH500-15が一休み。北朝霞で倉賀野から根岸行きの5078列車に擦れ違い、タキ1000の全検車はA重油専用車の方が早めに出ている傾向が強く、追い追いチェックして参りますが果たしていつになったら埋まることやら………。

 武蔵浦和で埼京線に乗り換え、1番線に通過列車が来るので何が来るのかなと思ったらEF65 2139牽引の東京タ→隅田川のシャトル列車の一本である75列車が通過して私有コンテナを拾うと三菱ガス化学のISOタンクコンテナに中央通運のUT20A、ヤンマーから移籍した冷凍コンテナの代替で作られた丸和運輸のUF12A-30、日産自動車のU20A、ガスケミカル物流のUT9A-5023、メスキュート用UR18A-10000、50周年のグリーン塗装19Aと見て5・6番線へ。新幹線もすっかりE5系やE7系が席巻し、来月には北陸新幹線が開業するとW7系とE7系の西日本版なのでシンボルマークで会社を見ないと分からないデメリットも。

 武蔵浦和から11時48分発の川越行き快速(1055F、TWR70-030×10)で大宮まで乗ります。埼玉サークルのロングラン例会の日に続いて本家のE233系を差し置いてりんかい線70-000形の乗車となりました。シートを新調したのは目につきましたが、こちらは機器をE233系相当に更新しているので一耳でわかりました。前後して見た新幹線の列車は次の通りです。

E7系×10=『あさま』519号、520号
E5系×10+E6系×7=『はやぶさ』+『こまち』12号
E5系×10+E3系×6=『なすの』272号

 埼京線の電車からこのまま北側の跨線橋に出てお昼は『中山道』で白海老かき揚げそばを頂きます。鉄道博物館の『日本食堂』も悪くありませんが、少し飽きたかな?と言った具合でまた、地元の『いろり庵きらく』で北陸新幹線開業記念メニューのカードを持っていたのでこれをお目当てと言いますが、さすがに『あじさい』系と『いろり庵』は一味違うのも一目瞭然。改札を出て西口のルミネIIは今日が休館日で東口のルミネIは明日との事で地元のセレオも明日が休館日だなと一杯飲むのに迷います。意外とお洒落なお店が多いものの、八王子はやや一格落ちて(?)悔しいのはSCの担当者の力量不足だと感じさせ、箱物の魅力不足に喝を入れたいものですね。

 腹ごしらえの後はニューシャトルの羽貫行き(大宮12:20発、1119×6)で発車メロディーが銀河鉄道999となかなかのもので一駅ながら乗るとJRの総合車両センターを眼下に見下ろし、新幹線の線路で新しいのが来るかなと思ったら『はやて』のE2系くらいで。ニューシャトルもいつの間にか15分毎から10分毎に増えている事に気付きました。

 鉄道博物館の来館は久し振りで前回は先一昨年の夏だった様な気がしますが、 あの時はBトレの10周年展で訪れてあの後は”てっぱくひろば”の183・189系を見学したなと思い出します。例によってSuicaで入場して先ずは2階へ行き、今回の目的である東京駅の100年のプロローグ展の見学です。展示内容も丁度一昨年の今頃、埼玉サークルのロングラン例会で鉄道総研の小野田さん(ブラタモリでもお馴染みの方で今回の特別展も勿論関与しています)をゲストに招いてこの辺のお話をされて内容が重なるかな?と思いましたが、この時の事も微かに脳裏に残ってましてマスターにとってはちょっとした復習となりました。この後はフロア伝いのミュージアムショップを覗いて前はBトレにプラレールもありましたが、いつの間にかプラレールアドバンスに置き換えられて少々寂しくなり、ご当地キティちゃんも並んでいます。立ち読みをしてこれから買おうと思っている旧型国電ガイド&国鉄客車ガイドと485系電車の復刻版をチラリと読み、『ダイヤ情報』の最新号はJR東日本と西日本の車両動向が載って12月中は211系の転入が無かったものの、豊田の115系も少しずつ廃車が始まってここで売り出される『鉄道ファン』の最新号の予習と言ったところで今年は『鉄道ダイヤ情報年鑑』のリリースがなくダイジェスト版で重宝するところですが果たしていつ頃売り出されるのか気になるところでさすがにプラレールのスタンプラリーの影響からか親子連れが多い。

 続いて1階に降りて455系を霞める形で北側の屋外に出ました。こちらも前にきた時に気になっていた『てっぱく図書室』を覗いて200系新幹線や485系のオリジナル、183系のリニューアル、253系のシートと2席ずつ並べられてお天気も良い昼下がりにゆっくり読書するにはもってこい雰囲気でもスペースの何分の一かがお子ちゃま向けで躾がなってない親子連れが多く太目の女装の方が何と言う事か。ちょっとした懐かしい雰囲気を味わいながらミニ運転列車も新顔が増えて実物同様『成田エクスプレス』のE259系、『ひたち』号(3月のダイヤ改正から『スーパー』、『フレッシュ』の冠が抜けるのと『フレッシュひたち』が急行列車でも使われた『ときわ』号に改めます)のE657系、『リゾートあすなろ』のHB-E300形と加わっていました。一通り、外を一回りすると455系前の次世代自販機でWANDAモーニングショットを一杯頂いてからミュージアムショップへ。オリジナルのコキ50000もありましたが、今回の特別展の図録を現金払いで。屋内の展示を覗きつつ、デジカメの撮影モードもISO1600に設定し、今のキヤノンの同等の新しいデジカメ(CMであまちゃんが出ていますね)ではISO400〜800くらいで綺麗に行くかなと言った感じですね。DD13や485系、201系と新幹線0系の個室と見て、てっぱくひろばのクハ183はL特急マーク入りでH14.12改正以前のものに戻った感覚です。前後して大宮総合車両センターの試運転ではEH500の44号機や武蔵野線の205系が行われ、熊谷タまで行く川崎車両所の試運転列車でもコンテナ車に混じってタキ1000-160が連結。丁度、ボランティアの方のガイドツアーも所々見られて埼玉サークルで顔なじみのYさんいるかな?と思ったら別の方で残念でした。

 鉄道博物館の見学も終わり、弁慶号のカードを頂いてクハ167のお面をデジカメに収めてから14時34分発の大宮行きは新型の2000系(2101×6)に久々の乗車。何とかカブリつき(車椅子スペースで跳ね上げシートながら)に腰掛ける事ができ、一駅且つ大宮総合車両センターの中なので車窓風景が楽しめないのが難点ですが、乗れただけでも嬉しいものです。

 ホームに入ると一番近い上野行きの電車は6番線から14時48分発の高崎発の電車(928M、クハE233-3026×10/高タカL10編成)でさいたま新都心まで乗ります。ちょうど4番線を同じくらいに宇都宮タから川崎貨物行き8586列車(EF210-110牽引)が通過し、タンク車はオイルターミナルのタキ1000で川崎貨物常備の旧矢羽根色が続き、他にはオイルターミナルのタキ1000で盛岡タ常備の304番や倉賀野常備の452・648・643番、宇都宮タ常備の677番、JOTから移籍した884番、タキ43000では応援の44t積みツートン車が多く、243857・243728・243710[エコレールマーク入り]・243826・243772番にオイルターミナルの43568番と連結。上手い具合に並走が拝めると思いましたが、意外や意外、最速75Km/hながら足が速く、都合悪いことにすぐさま宇都宮線上り線から貨物線の上り線をアンダークロスしてホームに降りて見られると思いましたが、スピードを上げて走り去ってしまい玉砕なり。

 さいたま新都心では時間調整をする列車を中心に編成調査を行い、埼玉サークル関係で訪れた時は共にお昼前後の列車が多かったですが、午後〜夕方近くの列車では久し振りにまとまった調査になり、幸い余り風も冷たくなく、回るのに丁度いい気候です。降りた所でマスターが乗った電車は赤羽での緊急停止があった事から暫く、新都心で5分ほど抑止されましたが、下り電車は10分遅れの報が入るも貨物列車はここから乗る格好で多少なりとも影響が出てきます。

○4091列車…根岸から宇都宮タ行きのオールタキ1000の列車で一杯の20両編成で連結。昨年のうちに全検入場したA重油専用のH7新製車をキャッチ。先の転落事故の影響でしょうか5分ほど遅れての出発に。
△宇都宮タ
EF210-131
タキ1000-123 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-114 JOT[E]/根岸* 全検26-11-12川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-622 JOT[E]/根岸
タキ1000-877 JOT/根岸
タキ1000- 65 JOT/根岸* 全検26-8-4川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-500 JOT[E]/根岸
タキ1000-214 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検25-8-29川崎車、自重16.7t
タキ1000-799 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-688 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-167 JOT/根岸* 無
タキ1000-794 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-497 JOT[E]/根岸
タキ1000-639 JOT/仙台北港 全検26-8-22川崎車、自重16.8t
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸* 全検25-11-18川崎車、自重16.8t
タキ1000-679 JOT[E]/根岸
タキ1000-365 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

○5883列車…久々の調査確認となりましたが、後でひっくり返すと何かで確認したナンバーがゾロゾロと。なかなか見られなかったタキ44000の44004番もようやくキャッチしました。
△倉賀野
EF210-173
タキ1000-657 JOT/根岸 全検26-7-25川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-808 JOT/浜五井
タキ44004   OT/郡山 全検24-8-20川崎車、自重15.9t
タキ43634   JOT/根岸* 全検24-7-26川崎車(29-10-9切)、自重15.7t
タキ1000- 5 JOT/根岸 全検26-7-16川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ243652  JOT/浜五井* 全検26-7-28川崎車、自重16.1t
タキ143645  JOT/浜五井*
タキ1000-303 OT/盛岡タ 無K
タキ243696  JOT[e]/浜五井# 全検22-5-27輪西派、自重16.3t 無
タキ243829  JOT/浜五井* 全検25-5-15川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-862 JOT/北袖# 全検25-7-16輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-257 JOT/浜五井* 無
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車、e=ENEOS&エコレールマーク入り、K=郡山臨時常備

○1074列車…この時期は一杯の18両編成で来るかなと思いましたが、やや短い12両編成での到着で相変わらず旧矢羽根色のナンバーが続きます。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-118
タキ1000-714 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-739 OT/川崎貨物◎
タキ1000-694 OT/川崎貨物◎
タキ1000-718 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-703 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-406 OT/宇都宮タ A重
タキ1000-736 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-738 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-746 OT/川崎貨物◎ 川崎貨物→浮島町行き*
タキ1000-742 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-734 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-724 OT/川崎貨物◎ 無
◎=旧矢羽根色、*=塩浜派出に交番検査入場

○5763列車…この列車が現れると待ってました!と声を挙げたくなる一本です。根岸発はタキ1000の2両、浮島町発はタキ43000・44000オンリーでJOT移籍車や西上田の基地が廃止されても同駅の常備標記が残っていた43011番も漸く常備駅変更が行われ、13年振りに宇都宮タ常備にカムバック。コキ200は2両ながらもUT26Kのトップとご対面。
△倉賀野
EF210-132
タキ1000-761 JOT[E]/根岸  ↑根岸発
タキ1000- 51 JOT[E]/根岸* ↓ 全検25-11-2川崎車、自重16.7t
タキ43327 JOT/浜五井 全検23-5-27川崎車(28-8-10切)
タキ43031 OT/倉賀野
タキ43318 JOT/浜五井# 全検25-8-1川崎車(30-12-7切)、自重15.5t
タキ43403 JOT/根岸 全検23-12-2川崎車(29-9-9切)
タキ44009 OT/宇都宮タ
タキ43162 OT/南松本
タキ43336 JOT×/浜五井[OT/倉賀野] 全検23-8-26川崎車(29-2-22切)
タキ43487 JOT×/浜五井[OT/八王子]
タキ43018 OT/郡山
タキ43339 JOT×/浜五井[OT/八王子]
タキ43455 JOT/根岸 全検23-9-12川崎車(29-5-27切)
タキ43011 OT/宇都宮タ※
タキ43168 OT/南松本
コキ200-129 全検23-7-16川崎車□ OT UT26K-98030,UT26K-98029
コキ200- 88 全検24-6-20川崎車□ OT UT26K-98002,UT26K-98001
根岸*=旧郡山常備、浜五井#=旧本輪西常備、×=エコレールマーク撤去、※=旧西上田常備、□=コキ200の枕バネ改良車

 5763列車は停車時間が長い事もあって調査が落ち着くと8876列車の到着まで余裕があるのでここで改札を出て線路沿いの道から細かい点をあれこれと車に気を付けながら確認し、15時45分頃にはEF210牽引でタキ1000を連ねた列車が通過して「この時間、臨時の運転があったかな?」と思ったらどうやら郡山から京葉臨海行きの1070列車が2時間半遅れでの通過で東北地方の強風の影響か何かと思われますが。

 改札に入ると再び4番線側から8876列車の到着までは5763列車の見直しやデジカメに収めてとこの時間は照り返しがきついのか晴天モードでも曇天のホワイトバランスに切り替え、同じパワーショットでももう一台のS120かGシリーズの持参であればNDフィルターモードの設定があるのですが、高倍率ズームレンズのSXシリーズとなるとこのモードが無いのが惜しい点です。さすがに6年使ってそろそろ最新タイプに更新したいなと思うもまだDIGIC4を積んだデジカメが健在で会員仲間の高槻のK氏やよしちゃんに申し訳ない気がしますね。

○8876列車…こちらも夏遠征以来で随分ご無沙汰しましたが、前後して中央西線の橋梁流出の影響からか18両の増結モードから普段通りの15両編成に。データを見返すと夏遠征の際に確認したナンバーが多く、移動車もタキ43000の43t積みや旧本輪西のタキ1000くらいでこちらは北袖にいた旧オイルターミナルとトレードでは?と勘繰ります。
△蘇我(北袖)
EF65 2097[JRF色、冷風]
タキ43635  JOT/根岸* 全検24-6-25川崎車、自重16.0t
タキ243648  JOT/浜五井# 全検26-4-14川崎車、自重15.9t 石油類)黒地▼
タキ243806  JOT/塩浜*
タキ243651  JOT/浜五井# 全検26-4-25川崎車、自重16.3t 無
タキ243821  JOT/浜五井* 全検25-3-7川崎車(30-6-7切)、自重16.1t
タキ243763  JOT[e]/浜五井#
タキ243785  JOT[e]/浜五井#
タキ43639  JOT/浜五井# 全検25-1-30川崎車(30-7-18切)、自重15.6t
タキ243735  JOT[e]/浜五井# 全検25-7-26川崎車、自重16.0t 無
タキ1000-390 JOT/浜五井 無
タキ243703  JOT[e]/浜五井# 全検25-7-19川崎車、自重16.4t 石油類)黒地
タキ1000-860 JOT/北袖# 全検25-5-21輪西派、自重17.2t 石油類)黒地
タキ243658  JOT/塩浜*
タキ243747  JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地
タキ1000-405 JOT/浜五井 無
浜五井*、根岸*、塩浜*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、▼=表示板の逆向き

 丁度前後して根岸からの宇都宮タ行き8571列車や東大宮から東京駅へ送り込む185系と囲まれる形で8876列車が止まると調査も難儀をきたす様になりますが、8876列車のタンク車は北袖〜倉賀野と往復する事が多いので殆どが馴染みのナンバーばかりで調査やデジカメに収めるのも気にはなりません。
*185系の回送は下記の通りで現在は武蔵野線経由で向かうのですが、来月から普通電車の折り返しが減る分、上野駅をスルーする形で行くのではと言った感覚で

←鶴見(東京) クハ185-103×10+102×5(宮オオA2+C1編成)

 他の貨物列車については下記の通りです。EH500でも少しずつATS-Ps(JR東日本の東北や長野、新潟エリアで使われている改良型ATS)を装着した車も見られる様になり、会社間を超えて使われている事が伺えます。
・3054列車(札幌タ→隅田川):EH500-15 Ps+コキ104・106・107×20、私有コンテナではヤマト運輸U48A、UV50A、UV51A、日通U47A-38000(白塗りエコライナー31)、U46A、福山通運U51A、札幌通運UR46Aと積載

・5097列車(泉→安中):EH500-40 Ps+タキ1200×12+トキ25000×4

・8571列車(根岸→宇都宮タ):185系の回送電車や8876列車に囲まれて満足な調査ができませんでしたが、EF210-164牽引でタキ1000-8(全検26-5-19川崎車、自重16.9t)・182・48・107・243766・243664(全検26-4-30川崎車、自重16.1t)・243756・243733・243715・1000−147・268・154・762・813・360・243665・243749・243820+2両の20両編成と頑張っています。

 ここで今回のネタ探しも終わり、1・2番線へ行き、16時27分発の大船行き(1629C、クハE233-1029×10/宮ウラ129編成)に飛び乗り、車内でiPod touchに入ったデータを見返したり、ノートに書いた分を移し替える準備に過ごし、整理もこの車内にて1074列車を纏めました。2月の中頃を過ぎて日が延びてきたので春遠征の頃は帰りがこれより30分遅くなるかな?と言った感じです。

 南浦和で武蔵野線に乗り換え、5番線の自販機で『朝の茶事』のホットを買って16時40分発の府中本町行き(1544E、クハ205-402×8/千ケヨM64編成)で西国分寺まで乗ります。乗ると早速5883列車から8876列車、暫く休んでから5763列車の順にタップしました。5763列車はメタノールのタンクコンテナが最近ではすっかりお馴染みの存在となり、連番かなと思っていたらメモは間違えないものの、タップした時に間違えて最初と最後のペアという事が分かり、後は(UT26Kの)98007・98008の2個が捕まると船用の番号がパーフェクトです(と言っても、980**=2012**の上、四角囲みの数字を見るだけですが………)。検査期限が延びたタキ43000が多かったのかスプレッドシートのアプリで思わず計算し、少し前に地元で確認した8460列車や過去のオイルターミナル専用列車を見た際に出ていたのでメモを見返して増分(=期限の延長)を算出した次第です。

 西国分寺に乗り換えると次に八王子折り返しがあるなと思いましたが、○○は急げの例え通り、2番線に到着した17時10分発の高尾行きに乗ります。豊田では時間調整が止まって丁度八王子駅を根岸行きの84列車が出発する頃で下り線を横切る形で通るのでここでかな?と言った具合で1番線には珍しい豊田始発の高尾行きが出発待ち。車両センターの構内には211系の3両編成や『グレードアップあずさ』色の189系の姿を見て浅川の鉄橋を渡って八王子駅のホームの前から明日の86列車で返すタキ1000が並ぶかなと思いましたが、オイルターミナルの基地の入口近くで待機していたので後で行うのでは?と思いましたが、帰りのお楽しみができず、その2がアップ出来なかったのが惜しい所。

 八王子駅には17時半に到着して南口へ向かう所で携帯が鳴ってこちらも帰宅の電話を入れようと思った所で用件を尋ねるとデジカメのリコールがあって宅急便の箱が届いたとのお話で暫く、もう一台のS120でどの位掛かるか分かりませんが、暫くは今日携えているSX200ISに頑張ってもらわねばとお次はサザンスカイタワーのスターバックスで一休み。行きはセレオのお店でさくらチョコレートラテを頂きましたが、ドリップのスリーリージョンズブレンドを頂いてソファー席が空いた所で頂くと色合いが漆黒というくらいの真っ黒でさすがにラテン・アフリカ・東南アジアの良い所どりと言った所で美味しく、この時期となるとトリビュートも出てくるかな?と改めて確認して本屋さんで時間調整するも丁度、富士森経由の法政大行きと南大通り経由の西八王子南口行きが続いて来るのでこれで帰っても良いかなと思いましたが、11日に続いて南大通りを歩いてのご帰還。拙宅の手前にあるドラッグストアがまだ空いていたので夜食はカップヌードルライスならぬどん兵衛釜めしを仕入れ、ご帰還となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

H27.02.11 大宮周辺

 八王子から10時丁度の快速電車で西国分寺まで乗り、豊田の車両センターでは『あずさ』色のクハ189-14×6が休む傍、竜王行きの83列車に擦れ違い、終始乗りも疎らと言った状況で進みます。国立の北口の真ん前には良い感じのコメダ珈琲がオープンして親分のF氏と待ち合わせるには持ってこいかな?

 西国分寺で武蔵野線に乗り換え、丁度、宇都宮タからの5582列車が通過する頃合いに来たものの、今日は空振り。武蔵野線の3・4番線に来ると年末には工事していた待合室が完成して(あとで途中の何駅か設置工事を進めていました)、Suica対応のコインロッカーもあってこの間の名古屋行きでは会得しましたが近々出掛ける構想があるものの行きは高速バス(元八王子バス停から乗車)、帰りは新幹線なので今度は何時になる事か。

 西国分寺から10時35分発の南船橋行き(1029E、クハ205-44×3/千ケヨM3編成)で南浦和まで乗ります。最近は車内もA5のリングノートよりもiPod touchを出すことが多く、途中の様子を見ると新座タは2090列車で到着したコキ50000を荷役線に収容するところを見て発着線に止まっている残りのEH200-22+コキ50000×7(前3両がコンテナ積)+104-1838と上越国境もこのところの豪雪で列車の遅れが続いて今日はどうやら平常通りの様子で一安心。北朝霞では石巻港からのコキ50000を連ねた3074列車にすれ違います。

 南浦和で京浜東北線に乗り換え、11時09分発の大宮行き(908B、クハE233-1057×10/宮ウラ157編成)でさいたま新都心へ。例会の会場が武蔵浦和なので南浦和経由の場合、大宮で途中下車する算段ですが今日はどうでしょう。与野の手前で根岸行きの5078列車をチラリと見るも眼鏡の左耳のツルのネジが緩んだのでこりゃ、帰りに調整してもらわねばとスケジュール変更がここで生じました。

 最初は昼食も大宮駅の中にあるそば屋でも良いやと思いましたが、新都心の到着が少し早かったのでさすがにホームにずっと立つと寒いので(この時期にしてはポカポカ陽気ですが)改札を出まして、みどりの窓口の隣にある『カフェタマ』で少し早い昼食を頂き、『タマカレー』のドリンク付きをSuicaで。ルーは辛口に近い中辛で野菜が添えられてジャガイモにかぼちゃ、トマトにカリフラワーとちょっとしたサラダ代わりで楽しめ、金沢のカレーではありませんが揚げ物も添えられて鶏肉の唐揚げ(地鶏なのか妙に美味しかった)、黒豚コロッケがありました。ドリンクは狭山茶の紅茶で備え付けのダイエットシュガーを見ると何処かのアメリカ系コーヒー店と同じものでびっくり。

 昼食の後、改札を入ると丁度、倉賀野行きの3093列車が止まって機関車はデッキの大宮方からは隠れていたので4番線からホーム伝いにチェック。

○3093列車…中央線の列車を思わせるかのようなEH200(トップナンバーです)+根岸のタキ1000の組み合わせで一杯の20両編成でマスターのBトレ所蔵数とトントンです(二色の合計ですが………)。A重油専用車も昨年〜今年の全検車をまとめてチェック。地元でデジカメに収めていなかった昨年の全検車をピックアップしました。
△倉賀野
EH200-1
タキ1000- 37 JOT[E]/根岸* 全検26-10-17川崎車、自重16.7t (A重)
タキ1000-103 JOT[E]/根岸* 全検27-2-4川崎車、自重16.4t (A重)
タキ1000-131 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-106 JOT[E]/根岸* 全検26-10-22川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 全検26-7-22川崎車、自重16.7t
タキ1000-269 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸* 全検25-11-15川崎車、自重16.6t
タキ1000-212 JOT[E]/根岸*
タキ1000-499 JOT[E]/根岸
タキ1000-865 JOT/根岸
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-625 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-610 JOT/根岸 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 23 JOT[E]/根岸* 全検25-10-30川崎車、自重16.8t
タキ1000-772 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車

 同じくらいに八王子で見た『むさしの号』の205系(クハ205-14×8/千ケヨM23編成[LED幕])が東所沢へ向かう所を一休みして北陸行きの2071列車も先程の2090列車同様運転あり。3番線の案内表示を見ると『上野東京ライン』開業に向けて案内表示が新調されてこの部分が目隠ししている貴重な姿をデジカメに収め、東大宮から上野へ回送する高崎線の電車も今後は減る可能性が高くなるのでこれを収めつつコンテナの2071列車もつい確認しました。

○2071列車…前はコキ106・107+コキ100〜103の4両ユニット車の組み合わせでしたが、いつの間にかコキ104・106・107の3形式混成に変わり、この所上越国境を越える列車の遅延や運休が多かったものの、今日は平常運転でコンテナ車のフレームでも微かに雪が付いた車も目立ちます。タンクコンテナでは中央通運のUT20Aや日産化学の濃硝酸(UT13C)や濃硫酸(UT9C)専用タンクコンテナ(マスターにとっては一族と繋がりがあるので嬉しい出逢いです)、この列車の常連でもある中央通運のU19AやJOTの20フィートバルク積みも積載。
△南長岡(金沢タ)
EH200−7
コキ106- 36
コキ104-2437
コキ107- 324
コキ104-1698 [空車]
コキ106- 309 1個目に19D-42900(JRマーク入り)積載
コキ104-1329 5個目に中央通運UT20A-5211積載
コキ104-1853 中央通運UT20A-5136,日産化学UT13C-8009,みなと通運UT20A-5173
コキ107- 560 新製24-5-8日車 日産化学UT13C-8008,JOTU671619[0](アクリルアマイド液),日産化学UT9C-8002
コキ106- 834
コキ107- 876
コキ106- 145
コキ107- 961 中央通運U19A×5
コキ106- 894
コキ107- 6
コキ104-1927
コキ104-2332
コキ104-2296
コキ104-2210
コキ104-5010
コキ104- 797

 他のコンテナ列車は次の通りです。
・3086列車(大宮操を10分ほど遅れての通過):EH500-38 Ps+コキ104・106・107×20(コンテナの中には日通UV48A-38005[エコライナー31の通風版で白塗りです]、EXPコーポレーションUF16A-288[旧ヤンマー]積載)
・6096列車:EH500-58+コキ50000×20(19DのJRマーク入り&一色バージョンも5個積載)

 祝日でもオイルの輸送列車が動くものと思っておりますが、どうも分が悪く、ここで通過する宇都宮タ行き8175列車はEF64 1018の単機、根岸行きの8564列車に倉賀野行きの8099列車と空振りなり。ベンチに腰掛けて3093列車をiPod touchにまとめます。

○4074列車…暫く祝日に訪れるとコキ200が見られませんでしたが、この頃は毎回見る事が出来、タキ1000でも昨年中の全検車の未確認があるかな?と思ったら12月に訪れた時に見ていましたが、その代わり一昨年の全検車である386番を漸くキャッチ。コキ200も以前鹿島〜四日市で活躍した一桁車が見られるようになりました。
△川崎貨物(浮島町)
EF64 1028[更新色、冷風]
コキ200-106 □ OT UT26K-98015,UT26K-98018
コキ200- 2 □ OT UT26K-98019,UT26K-98020
コキ200-113 □ OT UT26K-98021,UT26K-98022
コキ200- 41 □ OT UT26K-98023,UT26K-98024
コキ200- 4 □ OT UT26K-98025,UT26K-98026
タキ1000-665 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-453 OT/倉賀野 全検26-9-24川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-337 OT/倉賀野 無
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-377 OT/宇都宮タ 無黒
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-672 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-455 OT/倉賀野 全検26-9-12川崎車、自重16.8t
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 全検25-8-21川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-650 OT/倉賀野 全検26-5-26川崎車、自重17.2t
タキ1000-666 OT/倉賀野 無
コキ200の□=枕バネ改良工事済み、×=ホーム側のエコレールマークなし

 このままホーム伝いに確認すると跨線橋の脇では邪魔する頭の足りない撮り鐡オヤヂが居て一喝。マスターの場合は調査をしている形で歩いているのですがこういう薄っぺらな目的の奴は軽蔑する向きが強いものの、鉄道友の会で知っている方なら話が弾みますが………。

○5683列車…8175列車が単機だった分、やや長い18両編成と頑張った編成内容です。顔触れを見ると郡山行きの列車でお馴染みのタキ1000-95やJOT車の応援もタキ38000が入っていたのは今や昔。タキ43000でもツートンカラーも参入し、243843番は12月、243716番は8月(中央西線の振替輸送)で確認したナンバーでタキ43000のトップナンバーも連結していたものの、殆どのナンバーは少し前に地元でちらっと見たナンバーが出てまいりました。
△宇都宮タ
EF210-124
タキ44005   OT/郡山※
タキ1000- 95 OT/倉賀野 全検26-7-3川崎車、自重16.7t 石油類)黒地、K
タキ43608   OT/宇都宮タ 重油専用
タキ43270   OT/倉賀野 [車票]
タキ43437   JOT/塩浜 全検24-8-23川崎車(30-2-16切)、自重15.7t [車票]
タキ1000-100 OT/倉賀野 全検26-5-9川崎車、自重16.7t
タキ43548   OT/宇都宮タ
タキ43349   OT/郡山
タキ43268   OT/倉賀野
タキ43449   JOT/根岸 全検24-1-26川崎車(29-7-15切)、自重15.9t
タキ243843  JOT/塩浜* 全検24-10-29川崎車(30-3-22切)、自重16.1t
タキ43000   OT/宇都宮タ※
タキ1000-445 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ1000-387 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ243716  JOT/塩浜* 全検23-10-6川崎車(29-5-9切)、自重16.2t
タキ43603   OT/宇都宮タ
タキ43014   OT/郡山
タキ43407   JOT×/浜五井 全検22-4-2川崎車(28-5-1切)
郡山※、宇都宮タ※=旧西上田常備車、塩浜*=旧郡山常備車、×=エコレールマーク撤去、K=郡山臨時常備

 前は宇都宮行きの電車に乗りましたが、次に到着する12時53分発の高崎行き(875M、←クハE233-3530×5[籠原行き]+3032×10/高タカD14+L16編成)で大宮へ向かいます。先程、3番線を通過した回送電車がこの送り込みでして、丁度高崎方のボックス席が空いていたので一駅間ながら貸切になりました。

 大宮駅に着くと南側に止まっていた185系のモハユニット(220+219)や10番線を通過する5683列車を見て3・4番線へ。1070列車の準備にiPod touchのページを準備してこの間に『草津』2号が到着するも何故か『回送』表示の上にこの前後に4番線にはDE10の1576号機(更新色赤HS=広島車両所の施行車は前の白帯が切れています)が参上。ジャリ鐡が多い事でこの後で謎が解けました。

○1070列車…昨年の夏遠征以来どうも分が悪い列車でお目当てだったH6&H16新製車の現車データも漸くゲット。編成は一杯の18両編成です。
△蘇我(浜五井)
EF210-171
タキ1000-336 OT/倉賀野 A重
タキ1000- 96 OT/倉賀野 全検26-4-18川崎車、自重16.8t ●K
タキ1000- 97 OT/倉賀野 全検26-4-21川崎車、自重17.0t ●K
タキ1000-408 OT/盛岡タ ●、石油類)黒地
タキ1000-373 OT/宇都宮タ
タキ1000-448 OT/倉賀野 全検26-9-3川崎車、自重17.1t
タキ1000-449 OT/倉賀野 全検26-7-22川崎車、自重17.1t
タキ1000-454 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ1000-674 OT/宇都宮タ
タキ1000-413 OT/八王子 K
タキ1000-410 OT/郡山 全検25-10-31川崎車、自重16.8t
タキ1000- 99 OT/倉賀野 全検26-8-3川崎車、自重16.9t
タキ1000-414 OT/郡山
タキ1000-385 OT/宇都宮タ K
タキ1000-381 OT/宇都宮タ K
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000-416 OT/郡山
タキ1000-376 OT/宇都宮タ K
K=郡山臨時常備、●=黒油専用

 この後に続いて根岸行きの8564列車が来るのですが、やって来たのはEF65 2050(JRF色、PS22)+シキ180の変圧器輸送で宇都宮線のこの輸送は小山発なので先程先行したDE10は小山で一仕事終えてこれから川崎貨物まで回送と以前は宇都宮タの機関車が掛け持ちで担当したものが宇都宮運転所のDE10の受託運用が解消されたのと構内入換のHD300化でこの様な処置になってその都度足を延ばす大変な例となりました。

 一通り片付くと北側の跨線橋から11番線へ。先のモハユニットと同じ編成の185系の先頭車(クハ185-310?)が顔を出し、10番線にタンク車の列が目に飛び込むと8099列車の到着の合図ですが、ホームに立つと253系の『きぬがわ』5号のアナウンスが頻りに耳に入って本来ならタンク車の方が先に到着しますが今日は運悪く空振りなり。このまま埼京線の19・20番線へ向かいます。

 大宮から13時33分発の新木場行き快速(1384F、TWR70-070×10)に乗り武蔵浦和へ。70-000形というとここ暫く209系やE217系同様に機器更新が進められておりますが、こちらはシートの張替えだけで今は日光線や宇都宮線へ転属した京葉線の205系を思い出す濃いめのブルーの地のものです。地下ホームを出てから新幹線では何か拝めるかなと期待しましたが、この時間帯は上越新幹線の下りと言った様子のE4系ダブルスで時期的にガーラ湯沢行きかな?といった雰囲気が感じ取れます。

 武蔵浦和は暫く工事が続いて様変わりして前はロッテリアや立ち食いそば、回転寿司の『うず潮』がありましたが、中が一変してデパ地下がそのまま駅ナカに入った様な構えになり、前は何処かに飲み食いが出来るお店があったのですが、全然無くなりこれから来る時は困ります。改札の手前で『朝の茶事』をSuicaで買って改札を出てシャッターチャンス逃しましたが、E5系+E6系の『はやぶさ』+『こまち』16号を見てサウスピア向かい、駅と直結したデッキは3階でコミュニティーセンターがある8階へ。

 埼玉サークルのロングラン例会に出席して忘年会同様、U氏の隣に腰掛け、八王子駅で買った『じゃがりこ』も出し、あれこれと歓談。いつもの皆さんの他にもよしちゃん(早々中座して上尾のK氏も残念がっていました)、丁度1年振りに高槻のK氏(マスターとも丁度20年の付き合いです)、今回は東洋電機の社長を務められた大沢さんのお話に関連してか後で東京支部のT支部長や三田会メンバーのK氏もお見えになり、普段の例会と違ってゲスト目当てで見えられる方も居るので驚きますね。マスターも6月まで東京支部の支部委員を務めていたのでT支部長にお逢いすると嬉しいもので支部委員会の前は私鉄部会のT君と3人で話す姿も懐かしくなりました。15時過ぎから講演会、17時前からプレゼントのコーナーで例年通りカレンダーも一本いただいて鉄道運輸機構のもので幸い、手提げ袋を頂く事が出来、他にも金太郎(EH500に描かれているマスコットです)のキーホルダー、あとでEF210のパンフレット(こちらは任意)と頂き、前は18時頃から1時間は夕食の休憩を取っていましたが、会場が変わったのと時間の見直しで通しとなり、19時には散会となりました。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

H26.12.23 大宮周辺

 予想以上に延びてしまい、八王子発はおよそ30分遅れとなり、10時26分発の快速電車に乗り、日野では先程のスカ色115系に擦れ違い、西国分寺へ向かいます。

 西国分寺から10時56分発の南船橋行き(1023E、クハ205-145×8/千ケヨM35編成)で南浦和まで乗ります。最初は武蔵浦和から埼京線に乗り換えて大宮駅の中で軽く昼食を済ませて新都心へ行こうと思いましたが、八王子駅での入線時刻が遅かったのと83列車のリベンジもあって遅くなった次第です。乗ったのは武蔵野線の生え抜き編成ですが、方向幕が埼京線のお下がりのLED幕で制御装置も交流モーターに載せ替えたことがわかります。途中、新座タは富士へ行く2089列車のコキ104・106とEF66の100番代が引き出し、発着線には見事に19Dのマルーン一色が積まれた(中には今年作られたJRマーク入りのマルーン一色塗りや50周年のグリーンも1個積載)コキ50000が列をなして止まっているのは今年の3月まで北王子の倉庫に着けていた分の代替に当たる石巻港からの3074列車が到着したばかりで機関車の待避線にはEH500の7号機が一休み。目立つコンテナは日通のエコライナー31くらいでした。北朝霞のホームの延伸工事が終わり、上下線でややずれている事が特徴でさすがに東武東上線の乗換駅も手伝って終日、乗換客でごった返す駅ゆえ混雑が日常茶飯事。緩和工事が行われたわけです。西浦和でEF210が牽く倉賀野からの5078列車にすれ違い、南浦和で乗り換えます。

 武蔵野線の電車で気になった編成は下記の通りで205系の※印入りはLED表示です。

・クハ205-31×8(千ケヨM20編成):2622M〜2635M〜東所沢入庫
クハ205-13×8(千ケヨM29編成※):19E運用
クハ205-53×8(千ケヨM30編成※):57E運用
・クハ205-145×8(千ケヨM35編成※):23E運用→西国分寺〜南浦和で乗車
・クハ205-44×8(千ケヨM3編成):59E運用=後刻の確認になりましたが、この時期恒例の有馬記念ラッピングです

 南浦和から11時29分発の大宮行き(1024C、クハE233-1001×10/宮ウラ101編成)でさいたま新都心へ向かいます。クリスマスホリデーで各駅から大宮や新都心へ向かう買い物客も多いものの、なんと浦和では貨物線を走る185系の新製時のストライプや乗った編成も京浜東北線のE233系トップでさいたま新都心で降りた際に乗ったナンバーを収めたのは言うまでもありません。

 新都心の駅を降りると先ずは宇都宮・高崎線の3・4番線へ。金曜日に発表した来年3月のダイヤ改正から上野・東京ラインの開業を迎え、3番線の行き先表示の『上野』一択もあと3ヶ月となり、これが『小田原』、『熱海』、『平塚』が多くなりそうですね。上野行きも東急東横線の例ではありませんが1時間に1〜2往復は残すみたいで。さて、この頃の大宮操構内はいつもなら北陸行きの2071列車が到着するところ、爆弾低気圧の影響を受けた日本海縦貫線や上越線、今日は後刻知りましたが、東北本線の強風の影響を受けていたようで止まっていたのは倉賀野行きの3093列車、後で『むさしの』号の205系も参上。

○3093列車…寒さ厳しい上州の土地柄や時期柄を反映したのか編成も20両の長い編成(前4両がA重油積載車は久し振りで)となり、岡部着時代は前日の8097〜8092列車で八王子へ行ったナンバーが入りましたが、今度は昨日の80列車に連結されたナンバーが部分的に連結。前に竜王行きの83列車でチラリと確認した52番が連結して調査が不十分になりましたがキチンとしたデータは年明けのお楽しみに。
△倉賀野
EH200-15
タキ1000-107 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-137 JOT/根岸* A重、石油類)黒地
タキ1000-170 JOT/根岸* A重、石油類)黒地
タキ1000-104 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-351 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 10 JOT/根岸* 全検25-12-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-569 JOT[E]/根岸
タキ1000-601 JOT[E]/根岸
タキ1000-191 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-365 JOT[E]/根岸*
タキ1000-419 JOT[E]/根岸
タキ1000-270 JOT[E]/根岸* 無

タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-229 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-202 JOT[E]/根岸*
タキ1000-757 JOT[E]/根岸
タキ1000- 19 JOT[E]/根岸* 全検26-5-12川崎車、自重16.9t
タキ1000- 52 JOT[E]/根岸* 全検26-8-29川崎車、自重16.9t
タキ1000-567 JOT/根岸
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 この間に通過した貨物列車は下記の通りです。

・8582列車=3月のダイヤ改正まで宇都宮タ→川崎貨物で浮島町へ返送するオイルターミナルのタンク車を連ねた列車ですが、この時期は祝日もタンク車が動く程需要が活発になると期待したものの、EF65 2101[JRF色、冷風]の単機です。

・8175列車=後で到着する5683列車と同じ浜五井発のタンク車を連ね、編成はEF64 1010[更新色、冷風]+タキ43000×8(43371・43438・43151・43358・43396など)+タキ44000×2(44015・44019)と連結。

・6096列車=石巻港から北王子着を隅田川着へシフトした紙輸送のコンテナ列車でEH500-22+コキ50000×20の編成。コンテナは両側開きの19Dが中心で今年造られた一色塗りが4個ほど見られ、一部V19Cも積載。

○4074列車…祝日はメタノール専用コンテナが積まれたコキ200が連結されない事が多いですが、今日は珍しく連結がありノートに急遽書き足しました。未確認だった今年の全検車が数両連結してここで漸くキャッチ&デジカメに収めました。
△川崎貨物(浮島町)
EF64 1038[更新色、冷風]
コキ200-113 □ OT UT26K-98007 UT26K-98008
コキ200-112 □ OT UT26K-98009 UT26K-98010
コキ200- 77 □ OT UT26K-98011 UT26K-98012
コキ200- 93 □ OT UT26K-98013 UT26K-98014
コキ200-106 □ OT UT26K-98015 UT26K-98016
タキ1000-303 OT/盛岡タ
タキ1000-453 OT/倉賀野 全検26-9-24川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-666 OT/倉賀野 無
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
タキ1000-665 OT/倉賀野  石油類)黒地▼
タキ1000-377 OT/宇都宮タ 石油類)黒地▼
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無黒
タキ1000-672 OT×/宇都宮タ
タキ1000-455 OT/倉賀野 全検26-9-12川崎車、自重16.8t
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-337 OT/倉賀野 無
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-650 OT/倉賀野 全検26-5-26川崎車、自重17.2t
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 無黒
コキ200の□=枕バネ改良工事済み、×=ホーム側のエコレールマークなし、▼=標示板の逆向き

○5683列車…冬場らしく長い編成で来ると思いましたが、前述の8175列車との兼ね合いでしょうか(返送はこの列車と対の5686列車)タキ43000ばかりの12両編成で到着。応援と言うと前はタキ38000が相場でしたが、八王子でも時々見かけるナンバーや青塗りのまま移籍したタキ43000ばかりと今一つといった雰囲気です。また、移籍車を見ると全て期限が半年延びていたのでここを宿題に。
△宇都宮タ
EF210-164
タキ43163 OT/倉賀野
タキ43014 OT/郡山
タキ43379 JOT×/浜五井 全検22-6-7川崎車(28-6-24切)
タキ43025 OT/倉賀野
タキ43268 OT/倉賀野
タキ43484 JOT/塩浜 全検23-7-29川崎車(29-8-27切)、自重15.8t
タキ43548 OT/宇都宮タ
タキ43575 OT/宇都宮タ*
タキ43032 OT/郡山 全検26-4-10川崎車、自重16.1t
タキ43419 JOT×/浜五井 全検22-5-11川崎車(28-1-21切) 石油類)黒地
タキ43465 JOT×/浜五井 全検22-4-12川崎車(28-4-12切) 石油類)黒地

タキ43006 OT/郡山※
×=エコレールマーク撤去、*=旧八王子常備車、※=旧西上田常備車

 18きっぷ片手の遠征で5683列車を見た後は宇都宮線の電車に乗りますが、今回は次の高崎線の電車で先程、東大宮から回送した12時53分発の高崎行き(875M、←クハE233-3532×5[籠原行き]+3029×10/高タカD16+L13編成)で大宮駅へ向かい、ほぼ1時間新都心のホームは撮り鉄の姿が全く見られずたまにホームの浦和方へ若者が歩いて行くと殆ど1号車あたり乗られる様で人気が疎らだと油断なりません。

 大宮に着くと丁度、後を追う形で5683列車が10番線を通過し、これを見てから南側の改札から一旦入り直します。最初は武蔵浦和で埼京線に乗り換えて大宮経由でさいたま新都心で入り直す算段でしたが、八王子での番狂わせの影響からここで入り直すと後は浦和へ行くだけです。続いて3・4番線へ。iPod touchに貨物列車の編成を準備しながら過ごすも東北本線の強風の影響でしょうか郡山から来る1070列車が遅れている様子で見られず、この後の宇都宮タから根岸行きの臨時列車である8564列車も空振り(後で時刻表を見ると8099列車とかすかにニアミスします)。このまま11番線へ行き、いつの間にやら大栄橋側へホームの上屋が延びて車両センターの構内には209系の2100番代や253系(クモハ252-1002×6/宮オオOM-N02編成)が入場中。11番線の先端と言うとカメラ片手の兄ちゃんが目立ちますが不思議と見られず、ホーム上は中年男がフラフラして後でいつもお世話になっている会員仲間のU氏の親類(本文お間違えでしたらご無礼申し上げます)に当たる部会のOB氏とバッタリ。

○8099列車…昨シーズン見たときは浮島町発(旧矢羽根色の川崎貨物常備車)と根岸発が半数ずつでしたが、今日は前者が数両で根岸発が優勢。牽引がEF66からEH200に変わっていたのか中央線の列車から見ると「チョイ足し」と言った様子です。細かい所では旧矢羽根色の現車確認もリーチ、根岸発を見ると少し前の竜王行きの列車(18日の83列車〜19日の80列車)で見たナンバーもちらほら見られましたが(87番のデータはここで正式に確認です)、照り返しの関係かデジカメにうまく収める事が出来ません。
△倉賀野
EH200-23
タキ1000-734 OT/川崎貨物◎ ↑浮島町発 無
タキ1000-735 OT/川崎貨物◎ 全検23-12-12川崎車、自重17.4t
タキ1000-752 OT/川崎貨物◎
タキ1000-741 OT/川崎貨物◎
タキ1000-703 OT/川崎貨物◎ ↓ 無
タキ1000-508 JOT[E]/仙台北港 ↑根岸発 石油類)黒地
タキ1000-198 JOT[E]/根岸*
タキ1000-846 JOT[E]/根岸
タキ1000-877 JOT/根岸
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-368 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-290 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-244 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸* 全検26-8-18川崎車、自重16.9t
タキ1000- 90 JOT[E]/根岸* 全検26-9-30川崎車、自重16.8t
タキ1000-609 JOT[E]/根岸
   ↓
川崎貨物◎=旧矢羽根色、根岸*=旧郡山常備車

 漸くここで一段落。エキュートの西側にあるNEW DAYSでカルビー・ピザポテトのデミグラス味を2袋Suicaで買い、13時39分発の上野行き(620M、クハE231-6012×10/宮ヤマU512編成)で浦和まで乗ります。大宮操の構内にはEF210が牽くコンテナ列車が一休み。FLのU31Aが積まれた車が目立ちます。

 埼玉サークルの忘年会と言うと与野本町のコミュニティーセンターで行われる事が多いですが、例会が行われる浦和東口のパルコの上にあるコミュニティーセンターは3年振り。1階にスターバックスがあるのでここに立ち寄って入るのがお決まりのパターンで久し振りに訪れ、東口の駅前は歩道の整備が終わって綺麗に石畳が並べられて駅前には浦和レッズのラッピングが貼られた国際興業のバスが止まっていたのでデジカメに収め、そういえば、山梨交通にもヴァンフォーレ甲府のラッピングバスがあったなと思い出しました。久々の浦和パルコ入りでスターバックスのお店もサイレンマークが今のタイプに変わり、店内もガラス張りの脇がテーブル席から低めのソファー席に作り替え、明るい茶色のファブリックは余り東京都内や知っている範囲のお店では見掛けた事がありませんが、テーブルは見慣れた逆コの字型の木のものです。この時期定番のジンジャーブレッドラテを頂き、応対したパートナーさんがブラックエプロンを締めていたのでまだ無印なのでこれから頑張って下さい。

 久しぶりに来たのかコミュニティーセンターは9階かな?とエレベーターのボタンを押し、降りるとフロアがエラく変わっていたので改装したと思ったらワンフロア上でマスターもここ数年、定例会すらご無沙汰したので感覚が鈍りましたね。到着は14時10分頃で先着のU氏の隣に腰掛け、幹事のF氏へ手土産のお菓子を渡し、今日は支部委員のK氏は地域の餅つき大会、新座のS氏はお仕事、道産子のK氏は不明と言った具合で例年もっと見えていたのにこの後で世田谷のM氏に鶴瀬のM君、よしちゃん(直接お逢いするのは1年半ぶり)と参上して総勢10名ほど。近鉄ビスタカーの映画から63型電車のジュラ電の解説、M氏の駒場田んぼなどの画像にマスターは先日の名古屋行きで名古屋支部のN氏から頂いた『鉄子の育て方』のDVDを披露。2枚頂いたのでもう一枚は3月に紹介することにしました。また、よしちゃんも都電の撮影のついででデジカメもIXY630と最新型にチェンジ。伊右衛門やなっちゃんオレンジを飲みながらお菓子もマスター持参のカルビーピザポテトのデミグラ味、源氏パイにヨックモックの”東京駅の煉瓦”というチョコのお菓子に酒造ではお馴染みの山田錦を使ったおせんべいを頂き、お開きの17時前まで短時間ではありましたが、楽しむ事が出来ました。

 浦和から17時01分発の桜木町行き(1609B、クハE233-1057×10/宮ウラ157編成)で南浦和まで乗り、マスターは一駅なのでM君、よしちゃんと一緒に乗るも名残惜しくお二方とも良いお年をお迎えください。

 南浦和で武蔵野線に乗り換え、デジカメの画像をモードを変えながら収めて17時11分発の府中本町行き(1630E、クハ205-147×2/千ケヨM62編成)で西国分寺まで乗ります。武蔵野線の205系で往復、旧山手車に当たる事は多いものの、往復で新製時点からの生え抜きに当たるのは珍しい例です。この辺りに乗ると立川で松本行きに乗り換えられるな!と思い、211系が入線していたらラッキー!と言う事で行って見てのお楽しみ。

 西国分寺で17時41分発の高尾行きに駆け足に乗り、立川の5番線に注視。青梅線の電車を待つ列を気にしながらダッシュします。

 立川から17時51分発の松本行き(447M、クハ211-2×6/長ナノN602編成)で八王子まで乗り、6月から少しずつ投入が始まった中央東線の211系、漸く年の瀬でご対面となりました。さすがに「中央線」だけ書くと大先輩の名古屋近郊と混同しますのでここはご愛嬌。考えてみると先日の名古屋行きで関西本線で乗っていたのでこの気遣いか今回は東京方のロングシートに腰掛け、元々東海道線の配置で新製時点で見られなかったドアの押しボタンスイッチもお客さんが疎らな間にデジカメに収めます。4番線に根岸行きの84列車(EF210-132+タキ1000は昨日の85列車と同じ)が到着して211系×EF210は何処か東海道線に行ってしまった錯覚に陥り、2本快速電車の接続を取って出発。乗り換え客やショッピング帰りで程々埋まり、2号車のモハ211は東海道線の編成だけの存在でこちらも10年くらい前まで駿河路までは当たり前の様に足を延ばし、E233系と211系の乗り換えは熱海か沼津、時間帯によって国府津だけかと思いましたが、中央線でも立川や八王子、高尾でも出来ますね。中吊りを見るとJR東海の電車は割と旅行センターのものが多いですが、八王子の子安神社や立川のサカゼンと中央線のものだとふと現実に戻って八王子駅に到着。

 八王子駅に降りると1番線の北側には明日の86列車に乗せるタンク車が控えて現車16両の連結。さすがにこう暗いと前方が見えないのが悔やまれますが、後方は昨日の8460列車に連結されたナンバーも。

←HD300-8+タキ1000×3+196+794+238+869+625+582+588+495+162+868+295+432+20

 南口から18時25分発の富士森公園経由・法政大学行きのバスに間に合い、自宅には遅くとも19時着と予告しましたが、西八王子の南口まで乗るとコンビニで夜食を仕入れる所、拓真高校の上のバス停で降りる予告が無いと押すのがお決まりでこの分帰宅がやや早くなります。

 これで平成26年中の鉄道友の会関係の用事もほぼ終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧