鉄道

2009年3月31日 (火)

H21.03.31 八王子駅

 この間、ゆうちょ銀行に預けている130万円の定期預金を書き替え、いつもの様に元本そのまま預けて利息を頂いたら2万円ちょっと。古い通帳を見ると平成一桁の頃は年利1%超の利率で行くとすぐ6桁になり、難なくデジカメやフォトショップの資金などに捻出出来るのですが、バブル崩壊後の超低金利は天下り官僚の私腹を肥やし、庶民をバカにしているとしか思えない気持ちがします。

 年度末の最終日となり、明日からは新年度。早いもので今度の金曜日が貨車部会の例会当日となり、部会報のプリントアウト用に使うピクサスのカートリッジを仕入れに出掛けました。

 この所ダイヤが乱れたりしてご無沙汰した立川行きの115系に乗ります。電車が来たかと思えば列を守らず移動する青年が居たのでつい一喝。青い線の所にしっかり並んで下さいよ、と時折早朝の八王子駅で年輩の登山客が多いのでしょうか駅員さんが注意するアナウンスが耳に入ります。車内に入ると先客のベビーカー片手のママさんに失敬。

○5482列車…この所毎度お馴染みの顔触れで土曜日に確認したナンバーも入っていましたが、先週、デジカメを忘れたのでこの埋め合わせを行ない、後方は85列車と被ります。
△蘇我(浜五井)
EF65 1065[JRF色、冷風]
タキ1000-375 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-5-12川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ43146   OT/西上田● 常)浜五井、石油類)青地
タキ38077   JOT/郡山 全検20-6-26川崎車、自重17.2t 3F改
タキ1000-657 OT[r]/郡山■ 無
タキ43412   OT[r]/郡山 石油類)黒地
タキ43206   OT[r]/郡山
タキ43469   OT[r]/八王子
タキ43379   OT[r]/倉賀野

○85列車…年度末らしく一杯の編成で到着しました。前は5270列車と並行でしたので今度は5482列車が終わるとこちらになるので楽になります。
△竜王
EH200−5
コキ104-2197 ↑梶ヶ谷タ発
コキ104- 662
コキ104- 302
コキ104-1984 ↓
タキ1000-504 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-198 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-497 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-283 JOT[E]/郡山 無黒
タキ1000-168 JOT[E]/郡山
タキ1000-851 JOT[E]/根岸
タキ1000-371 JOT[E]/郡山
タキ1000-846 JOT[E]/根岸
タキ1000-790 JOT[E]/根岸
タキ1000-237 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無

 またまた201系とご対面。今日はクハ201-107×10(八トタH4編成/29T運用)が来てこの所出掛けると毎度の様に合わせている気がします。この後は京王プラザホテルのスターバックスで一休みしてスターバックスカードが最初のものを使い続けて何かで買ったカードもたまには使おうと通した所運悪く失効なり。この後はヨドバシカメラでピクサスのインクカートリッジを仕入れて、顔料ブラックの在庫分がムラウチさんの改装前に買った際、カラーと一緒のセットだけなのでバラを2個、染料ブラックを1個購入。それから本館でスキャナ用の清掃グロスを買い、この間部会のK氏がタキ38000を撮って頂いた所、ホコリだらけのスキャナで読み込んでしまいすみませんです。東急スクエアへ行って通帳の残高を記入して7階の本屋さんやエディー・バゥアーなどを回って1階のスターバックスでまたもや一休み。虫の知らせなのか関西弁のパートナーさんのお兄ちゃんが今日でラストとのことで2年程でしたが色々お世話になりました。

 再び八王子駅に戻って根岸へ返送する8092列車に乗せるタンク車の到着を待ちます。8272列車の頃は12時前に入線していましたが、遅くとも12時半頃までには入るかなと待ちました。8092列車入線、81列車到着、80列車到着と12時台の後半が慌ただしくなります。

○8092列車…入線は12時半頃でこちらも一杯の14両編成でこの間、根岸へ出掛けた時は短かったものの、今日の方が見応えあります。
△根岸
EF210−8
タキ1000-370 JOT[E]/郡山
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-603 JOT[E]/根岸 全検20-7-10川崎車、自重17.2t 無
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 全検20-7-25川崎車、自重17.2t 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-260 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 全検20-6-20川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-500 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-874 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t
タキ1000-372 JOT[E]/郡山
タキ1000-632 JOT/根岸 全検20-10-17川崎車、自重17.1t
タキ1000-753 JOT[E]/根岸
タキ1000-628 JOT/根岸 全検20-11-1川崎車、自重17.2t[戻りバネ]
タキ1000-768 JOT[E]/根岸

○81列車…ダイヤ改正当日以来のご対面でこちらも一杯の16両編成で到着。牽引のEF210を見ると新鶴見は100番代しか居ない筈が岡山から初期形が移って来たのには驚き、宇都宮線や高崎線では当たり前の様に顔を出すものの、八王子で0番代とはお初です。春休みに入ったのはギャラリーが多くなったので騒々しくなり、特に最近のカメラ小僧は黄色い線からはみ出て撮る輩が余りに多く、中央線の事情を知らないボクちゃんばかりで困ったものです。

EF210−8
タキ1000-852 JOT[E]/根岸
タキ1000-236 JOT[E]/郡山
タキ1000-756 JOT[E]/根岸
タキ1000-766 JOT/根岸
タキ1000- 24 JOT[E]/郡山 全検21-2-25川崎車、自重16.8t
タキ1000-488 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-147 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-599 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-481 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-512 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-253 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-248 JOT/郡山 無
タキ1000-232 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-499 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-146 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-352 JOT[E]/郡山 

○80列車…こちらは増結が無く普段の長さでの到着です。
△根岸
EH200−19
タキ1000- 7 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-595 JOT[E]/根岸
タキ1000-292 JOT/郡山 無
タキ1000-234 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-257 JOT/郡山 無
タキ1000-870 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t
タキ1000-202 JOT[E]/郡山
タキ1000-769 JOT[E]/根岸
タキ1000-594 JOT[E]/根岸
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無

 お昼頃の八王子駅は根岸のタンク車の出入りが激しく、この間の遠征で根岸の調査も地元での慣れも手伝い、些か脱力気味になりましたが、空いた頃合いを見計らって8092列車のタンク車を撮る事が日課になりそうです。

 帰りは春休みで空くのかなと思いつつも部活の高校生もまだまだ多く、何だか最近の学校はメリハリが無く、企業で言うあまり待遇が宜しく無い所(色の名前が使われます)みたいな雰囲気で創造性やら個性が育めない気が感じられます。お昼はセブンイレブンの八王子らーめんを久し振りに買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

H21.03.28 八王子駅

 親が六本木まで行く用事が出来たのでお昼も外で済ませようと思い、ちょうどそごうの京のれん市の時期と重なってこのお買い物を合わせて出掛けました。

 西八王子の南口から八王子駅南口行きのバスに乗り、乗る前に駅前のセブンイレブンで先々週、取材した南武線の西府駅の様子を鉄道友の会の本部へ会報用の原稿を送るのでメール便をお願いし、この間部会のF氏宛に原稿料の算定で資料をお送りした際にどエラく到着が遅れて驚いた事があり、今回はどうかな?と思った次第です。

 八王子駅に着くと先ず、1・2番線へ行き、入った所で5482列車は14日に来た時点は単機でしたが、今日は機関車ごと無く早々運休と春夏モードに突入。

○85列車…普段、土曜日はコキ104だけの事が多いものの、今日は珍しく平日同様、タンク車併結の編成で来ました。根岸のタキ1000も先日の遠征で一段落付く所、31日まで出る機会があるのでここで締める予定です。
△竜王
EH200−19
コキ104- 719 ↑梶ヶ谷タ発
コキ104- 741
コキ104-1286 全検20-5-21川崎車
コキ104- 708 ↓
タキ1000-481 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-270 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-161 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000-767 JOT[E]/根岸
タキ1000-604 JOT[E]/根岸 全検20-6-24川崎車、自重17.1t

 85列車を見ていた最中に201系(53T運用、クハ201-107×10/八トタH4編成)が到着。ウィークデーであれば今時分、遅れの常習犯で大月行きの電車も数分遅れと良く耳に入るものの、今日は定刻通りの運行です。時間に余裕があったので85列車の細かい点をあれこれとチェックし、3・4番線の自販機で朝のオーレを頂いて1・2番線へ向かいます。待っているとこれから車イスを載せるのでスタンバイしているので気遣って並び直しました。

 一度豊田まで行くと先程の201系の編成とご対面。オイルターミナルの基地に本来であれば5482列車に乗るタンク車が取卸線から離れた所に止まっていました。

←八王子 タキ1000-375■+43146●+38077+1000-657■+43412+43206+43469

 浅川の鉄橋を渡って豊田の車両センター構内を覗くとクハ201-1が蔵出しされて戻る電車で窓越しからシャッターを切るかなと思いました。

 豊田で降りてドアの近くにベビーカーが置いてあって混む車内で邪魔臭く思えましたが、車イスのお客さんは物自体、優遇されている商品だけあって敬意を払うものの、ベビーカーは見た目大人一人分の運賃しか支払わず図々しい態度で公の場を跋扈しているので段々子供連れの親も落ち着き払った感じの人よりもガサツで図太そうな人が増えた感がします(炎上しない事祈ります)。

 再び豊田から10時53分発の高尾行きで八王子へ戻り、ドアの前に立ってお目当てのクハ201-1を狙うものの、ドア窓越しながら上手く撮れて浅川の鉄橋を渡った所でオイルターミナルのタンク車(取卸線は根岸のJOTタキ1000が入線)を再チェック。

 八王子駅で降りた所でSuicaの履歴をプリントして西府の文字も登場しました。そのままそごうへ向かい、8階の京のれん市へ。昼食は祇園・松葉のにしんそば。文の助茶屋の甘酒はシーズンオフに入ったのか品書きに無かったのは残念でつるっとした食感のおそばを味わえただけでも至福の楽しみです。食後は中を一回り。買う物は毎度お馴染みでそば板の焼いている様子を見て試食をしながら話も弾み、もう一つ、毎年お馴染みなのが大極殿の『花背』で例年、職人さんが手際良く篭の部分を作るのを見るのが楽しみで職人技を見るのもパソコンでマスター自身が使用するソフトの操作や見た目の研究にも繋がります。職人さんから焼きたての篭の部分を頂き、カリカリで美味しくオゴチそうになりました。聖護院八ツ橋はゴマの生八ツ橋が次々造られる様子が見られて八ツ橋と言うと肌色の生地を思い出されますが、ゴマだけあって生地も真っ黒です。こちらは完全オートメーション化ですが、折り詰めは手作業でこの行程はマスターの方が近いかな?と一通り見てから有隣堂に寄って入口近くで鉄道グッズが色々並んで日車夢工房の目覚まし時計や東海道新幹線の駅名標キーホルダー、香港の地下鉄の模型やロンドンの地下鉄マップ、ドイツのICEとヨーロッパ系が多い。

 今度はヨドバシカメラの7階に寄ってBトレインは2階時代同様の品揃えでこの所新作が前程出なくなったので品揃えは変わらず。大きめのミニカーで日産ディーゼルのボンネットトラックやHOゲージサイズの京都バスと品揃え悪くありませんが、Nゲージサイズの日野のバスのセットは未だ入っていません。来週にはマスター行き付けのムラウチさんがリニューアルして上新電機のキッズランドも入る予定なので模型やホビー関係とどの程度の品揃えになるかも楽しみです。京王プラザホテルのスターバックスでコーヒー豆を仕入れて今日の用事もほぼ片付きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

H21.03.26 八王子駅

 根岸の調査を終えると平成20年度分の調査活動もカレンダーの上では今回が最後です。18きっぷ自体、後1回あるのでここで一区切りついて終わり良ければ全てよし。来月の例会の後は頑張ってあれこれ整理する予定です。

 八王子駅で降りるとこのまま西上田行きの5463列車を見るべく3・4番線へ行くと中央線がどうした事か15分程遅れて人身事故や不具合なら話が分かるのですが、朝の電車の様にお客様混雑でこの時間は異常ではなかろうかと考えられますが、真偽が謎の程です。

○5463列車…長らく前方が根岸→長野の定位置でしたが、3月のダイヤ改正から中止となり、全車浮島町→西上田の編成となりました。15分遅れの人垣の中、見るのに一苦労。突っ立っていたおっさんが邪魔臭かったこと。新しく確認した所で移籍車のタキ43614、期限が延びて日数を見ると浜五井のタキ38000と全く同じでタキ43000は珍しいケースです。
△篠ノ井(西上田)
EH200−901
タキ43512   OT[r]/西上田● 石油類)青地
タキ43347   OT[r]/西上田 全検20-10-18川崎車、自重15.5t
タキ43181   OT[r]/倉賀野 石油類)黒地
タキ43020   OT[r]/南松本
タキ1000-386 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-8-5川崎車、自重17.2t
タキ43268   OT[r]/倉賀野
タキ43168   OT[r]/南松本
タキ43244   OT[r]/西上田
タキ43614   OT[r]/宇都宮タ●[旧JOT/郡山] 全検18-10-3川崎車(24-3-5切)、自重16.0t
タキ43135   OT[r]/郡山

 ここまで終わると京王プラザホテルのスターバックスで一休みして、この後は京王八王子駅のショッピングセンターで『東京時刻表』の最新号をPASMOで買って、最初はJRのダイヤ改正と足並み揃えて3月号を買いたい所が小田急のダイヤ改正後の時刻が載るのは4月号なのでこれに合わせての購入となり、当ブログで書かれる運行番号もここがソースになっています。それから館ケ丘団地行きのバスに乗ると八王子駅からなかなか豪快なオヤジさんが乗って来て良い事言ってくれてあり難い事でこれからも益々、ご健康ご長寿お祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H21.03.26 京浜地区(根岸駅その1)

 昼食はいつもの様に横浜駅の改札を出て自由通路の崎陽軒で『シウマイ弁当』をSuicaで買います。3・4番線に戻ると京浜東北線の電車や京急電車のウオッチに大童。すると、インド人と思しき男性の一団が私に「武蔵小杉へ行きたい」と相手故に東急東横線やみなとみらい線へ行くと言っても分からないので無難な線で「渋谷行きの電車に乗って下さい」と稚拙な英語混じりで案内しました。

 根岸へは横浜11時52分発の大船行きに乗ります。関内を過ぎるとウソの様に余裕が出て来て石川町の先からトンネル毎に景色が変わってここが面白く、根岸近くに有った日赤病院はすっかり大きなマンションへ。海側に石油タンクが見えると根岸駅も間もなく到着。

○4091列車…タキ1000オンリーの顔触れで前々回の北関東行きでも見ましたが、後で見返すと前方はそのまま続いています。以前、浜川崎から移動した8番も連結。
△宇都宮タ
EF210−14
タキ1000- 32  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-116 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 42  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 8 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-679 JOT[E]/根岸
タキ1000-833 JOT[E]/根岸
タキ1000-879 JOT/根岸 新製20-10-31日車、自重17.2t
タキ1000-438 JOT[E]/根岸
タキ1000-834 JOT[E]/根岸
タキ1000- 90  JOT[E]/郡山
タキ1000-215 JOT[E]/郡山
タキ1000-163 JOT[E]/郡山
タキ1000-217 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-470 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-201 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-619 JOT/根岸 全検20-9-20川崎車、自重17.3t 無
タキ1000-240 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 71 JOT[E]/郡山
タキ1000-763 JOT[E]/根岸
タキ1000-867 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t

○5561列車…この所、宇都宮タ向けは4091列車〜5560列車は頑張っているものの、こちらは半分余りと今一つですが、今日は久し振りに15両とやや長くなり、先頭だけ黒塗りのタキ44000入り。因みにもう一本の75Km/hの8569列車〜8564列車の運用は今回のダイヤ改正から臨時格下げとなり、需要に応じたダイヤ設定に対応している事が感じ取れます。
△宇都宮タ
EF210−123
タキ44215   JOT/根岸 C重
タキ1000- 37  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-132 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 72  JOT[E]/郡山
タキ1000-587 JOT[E]/根岸
タキ1000-150 JOT[E]/郡山
タキ1000-199 JOT[E]/郡山
タキ1000-354 JOT[E]/郡山
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-298 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-226 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-568 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-584 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-496 JOT[E]/根岸 無

 ここまで終わると待合室でのランチタイム。今日は寒の戻りもあって外で食べるより、ここの方が悪く無いなと思い、タンク車の他にもE233系の入替が激しくなっているのでこの調査も欠かせません。

○95列車…新鶴見までの84列車に当たり、八王子駅で車窓越しからの予備知識も思った通り。先程、鶴見で偶然出会ったのもこの編成です。13時20分頃には積込み線へ移送されます。

EF210−123
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-238 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-152 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 全検20-5-23川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
タキ1000-780 JOT[E]/根岸
タキ1000- 70  JOT[E]/郡山 全検21-2-5川崎車、自重17.0t
タキ1000-770 JOT[E]/根岸

 この間に2番線を逗子から帰るDE10 1749[更新赤]が通過しました。

○5474列車…今回のダイヤ改正から永年連れ添った辰野行きが廃止となり、オール村井行きの編成で中央線筋では最長の17両編成。南松本で5578列車と8684列車に分割される違いしかありません。
△南松本
EH200−14
タキ1000-787 JOT/根岸   ↑村井行き[5578レ]
タキ1000-261 JOT/郡山
タキ1000-357 JOT/郡山
タキ1000-754 JOT[E]/根岸
タキ1000-585 JOT[E]/根岸
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 全検20-8-25川崎車、自重17.0t
タキ1000-611 JOT/根岸 全検20-9-19川崎車、自重17.0t
タキ1000-363 JOT/郡山
タキ1000-486 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-472 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-295 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-282 JOT[E]/郡山 ↓
タキ1000-431 JOT[E]/根岸 ↑村井行き[8684レ] 全検20-5-24川崎車、自重17.2t 無
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 全検20-7-8川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸
タキ1000-352 JOT[E]/郡山
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 ↓

○5692列車…例年、この時期であれば宇都宮タへ返送されるカーパックが風物詩ですが、対米輸出の不振でしょうか今シーズンは見られず、何処か寂しい気がします。従って、本牧から2番線に入った所でコキ106の交検車が1両だけ到着。
←川崎貨物 EF64 1020[更新色、冷房]+コキ106-886

○3094列車…岡部からの返送列車でA重油専用車含めて短い10両編成で到着。以前は15両以上楽勝でしたが、この所、ガッカリ度が高くなりました。

EF64 1020[更新色、冷房]
タキ1000-609 JOT[E]/根岸 全検20-6-28川崎車、自重17.1t
タキ1000-224 JOT[E]/郡山
タキ1000- 58  JOT[E]/郡山
タキ1000-216 JOT[E]/郡山 トケ、無
タキ1000-507 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-258 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-124 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-117 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 9 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 34 JOT[E]/郡山 A重

 ここまで終わると磯子へ向かって中休み。ベンチに座って暫くするといつも見ている親父さんとバッタリ。冬場は総括して芳しく無かった事や情報交換を交わし、14時9分発の磯子行きに乗ります。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H21.03.26 京浜地区(鶴見線沿線)

 18きっぷを使った春遠征の4回目は京浜エリアを回ってまたまたダイヤ改正での変更点探しです。

 昨日はうちのアパートを建ててから1階にずっと住まわれていた学生のお兄ちゃんが卒業に合わせて引越となり、葛飾にお住まいの母上様とお昼前、ご挨拶に。相模湖の学校へ通っていたので親類の家(祖母の妹宅)の土地にあるアパートと同じ所で親近感がありました。午後は不動産屋さんが顔を出して。

西八王子から立川までは6時36分発の東京行きに乗り、8号車ながらE233系のトップナンバー入りのT1編成に乗車。八王子では早々と中央線の下り線と横浜線の5番線の間に根岸へ返送する84列車のタキ1000が入り、窓越しながら根岸で見る予習をして今日は都合8両の連結。5270列車の頃は根岸行きだけの時は出る時間帯で乗る前の予習だったのですが、今度は同じ編成をウン時間後にまた見る事になります。立川で降りた際に10号車のローレル賞プレートを確認したかったものの、どうもマスターの身長では見落としてしまいます。

 立川から7時16分発の川崎行き(752F、クハ205-131×6/横ナハ10編成)に乗ります。待っていると4番線に201系(クハ201-107×10/八トタH4編成、83T運用)が顔を出し、遠征に出る日は偶然ながらオレンジ色の車とご対面が続きます。南武線は14日に西府駅へ見に行った以来で今日は改めて位置関係を再確認。車掌さんも車内放送で新駅をPRしておりました。府中本町は丁度『むさしの』の115系が多摩川寄りへ引上げる所で前は擦れ違う様に八王子行きのタンク車が見られたのですが、20分程後になり、多摩川を渡ると南多摩、稲城長沼と中央線の時と同様に上下線の間隔が広がって高架線の工事がこれから進められる様子が感じ取れ、稲城のこの辺りは梨畑をはじめとした田園風景豊かな地域でしたが、多摩ニュータウンの東端に近く、段々と開発が進む様子が感じ取れます。川崎市内に入ると居眠りして途中武蔵溝ノ口、平間で209系に擦れ違い、矢向で降りる支度をします。

 尻手で降りた途端、粉雪がまってこの間桜の開花宣言が告げられたものが番狂わせの花冷えに。先週と違って厚めに着込んで正解かな?南武支線に乗り換えると205系のパンタグラフがシングルアームに変わって前は八高線の3000番代や仙石線の3100番代と行なわれていたものの、久し振りに他のグループまで進みました。

 尻手から浜川崎は8時26分発の南武支線(826デ、クモハ205-1001×2/横ナハワ1編成)に乗ります。こちらのクモハ205もシングルアームに変わっております。

 浜川崎で降りると同じ頃合いにEH200が新鶴見へ回送するのですが、ダイヤ改正で少し時刻が変更されたみたいで先に5989列車で安善へ行くDE10 1554が参上。EH200は15分程繰り下げて13号機が通過。少し後で貨物線を東京タ方面にEF64 1004[更新色]+コキ104・106のコンテナ列車が通過すると上越線からの列車かなと思いきや、今回のダイヤ改正で新設された隅田川からの北九州タ行きである2076列車(東海道・山陽線の1077列車)です。EF64の1000番代と言うと昨年来、隅田川発着のコンテナ列車を一手に引き受けた感がします。

 浜川崎から9時7分発の扇町行き(809B、クハ205-1108×3/横ナハ18編成)に乗ります。前後して南武支線の尻手から回送したクモハ205-1003×3、弁天橋から試運転のクハ205-1104×3と珍しくヤードの発着線に顔を並べて機関車や貨車ならピンと来るものの、電車は何処か場違いな風景です。構内には入換えのDE10 1594の他、タキ43130・43360・44211・43113・43257・43281・243807・1000-279・1000-610・43457・43448・43280・243808・43327・43471・1000-273と入線。後で確認するとタキ43000は根岸や浜五井からの移動車が多い様です。

 扇町は一度駅の外に出て海側にある三井埠頭に止まっているホキ10000の先端を確認し、本来であれば三ケ尻からの空送が浜川崎で止まっている所が見えなかったので2本並んで左手にホキ10118+10065〜の編成、右手にホキ10105+10224+10159〜の編成と在線。

 扇町から今度は9時35分発の鶴見行き(908デ、クハ205-1109×3/横ナハ19編成)で浜川崎へ戻ります。粉雪でぐずついた空模様もこの頃からすっかり晴天に。再び浜川崎のタンク車の様子をキャッチ。

 浜川崎で降りるとお目当ては5987列車の編成確認ですが、待っているとどんどんとコンテナ列車が東海道貨物線を通過。遅めの社会科見学なのでしょうか詰め襟の中学生の集団がゾロゾロと。
・3082列車(八戸貨物→東京タ→名古屋タ):EF66[更新色]+コキ106×1+50000×22
・5066列車(下関→東京タ):EF210-115+コキ104・106×24
・2077列車(東京タ→隅田川):EF65 1084[JRF色]+コキ104×20
・EF64 1018[更新色、冷房]→4073列車の送り込み
・5097列車(札幌タ→東京タ→名古屋タ):EF66 24[更新色、冷風]+コキ104・106×20
・2099列車(東京タ→新座タ):EF210-8+コキ104・106×24(104-10004連結、日通UH6A)
・1153列車(東京タ→根岸):EF210-14+コキ106+コキ100ユニット
・3072列車(宮城野→東京タ):EF66(100番代)+コキ50000×20

○5987列車…前は5586列車から継送した宇都宮タからの返送車でしたが、編成を見ての通り、矢羽根のタキ1000オンリー。1074列車から継送した郡山発と言うのも一目瞭然。浜川崎で見るEF64の1000番代と言うと奥多摩の石灰石輸送列車を思い出されますが、今の更新色に塗替えてからは牽引経験が無いのが残念です。
△(鶴見)
EF64 1035[更新色、冷房]
タキ1000-747 OT[r]/川崎貨物◎ ↑郡山発
タキ1000-736 OT[r]/川崎貨物◎ 新製19-2-14川重(24-5-20切)、自重17.2t
タキ1000-710 OT[r]/川崎貨物◎ ↓ 新製19-2-2日車(24-3-8切)、自重17.2t

 ホームに移ってから午後の5763列車(倉賀野行きでこのダイヤ改正で旧5771列車の発送分を統合)に乗せると思しきタンク車が引き出されて来ました。
←鶴見 タキ243827+1000-615+43121+43400+43279+43436

 浜川崎から10時24分発の鶴見行き(1008デ、クハ205-1108×3/横ナハ18編成)で安善へ向かい、最近、米軍用のタキ38000が入る様になったので今日、首尾良く見られると初顔合わせで楽しみです。秋遠征(=『鉄道の日きっぷ』使用)はパスしたのでご当地は半年振りの訪問。

 安善では念願の米軍用タキ38000とご対面。通勤ルート途上のK氏や郵送のO氏と目撃情報を耳にしたのでマスター自体、拝島へ足を赴きつつも既存のタキ35000オンリーと落胆した事がありました。ホームから見える所の群線で15両+5両、貯油所構内にも数両在線。タキ35000に構内のカーブ上に36020、36022、36030と入線。2番線から見てタキ38000がズラリと並んだ姿は以前、東武の北館林行きで良く見られた顔合わせで今となっては不可能となりましたが、PASMO片手で出掛けた事もあったのでは?と後で経歴を調べると浮島町や浜川崎からオイルターミナルの応援用や根岸と前から京浜地区に居た車が多く、手持ちのデータでもすぐ分かりました。
奥の5両=タキ38063・38106・38078・38081・38010
上り線寄りの15両=(←扇町)タキ38117・38036・38090・38017・38107・38006・38094・38046・38102・38104・38075・38057・38062・38071(全検21-1-9名古屋車、自重17.0t)・38053(全検21-1-9名古屋車、自重17.0t)

 今日は5986列車に乗せる貨車も無く10時48分発の鶴見行き(1012デ、クハ205-1106×3/横ナハ16編成)に乗ります。弁天橋の車庫を見ると昼寝している205系は全てシングルアーム化が確認されています。

 鶴見を降りると前は折り返すと扇町行きになる事が多かったものの、正面の幕を見ると新芝浦行きになり、随分パターンが変わった事を感じさせ、日中も扇町行きは2時間に1本、殆どが浜川崎折返しに変わった事も先程、扇町の時刻表を見た時は驚きました。各駅のポケット時刻表を頂戴してから乗換の窓口で「京浜東北線に乗り換えます」と告げて東口のトイレで用を足してから駅ビルが封鎖されている事で寂しさを感じさせます。京浜東北線のホームに出て11時13分発の大船行きで横浜へ向かいます。東神奈川の電留線の顔触れも205系や209系に加えてE233系も随分増えて『スーパービュー踊り子』1号と並ぶかの様に横浜駅に到着します。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

H21.03.23 八王子駅

 いつもの様に八王子駅の近くへ用事ついでにあれこれと見ました。昨日に続いての強風で出掛けに聞いたラジオでも京葉線はじめメトロ東西線と千葉や埼玉方面の運転の見合わせが多い事が伝えられました。

 西八王子から電車に乗るといつもは立川行きの115系に乗る所が到着の案内を見ると間引かれていたので前の中央特快が快速に化けて6号車の4つ目のドアから飛び乗り(不思議とお客さんが並んでおりませんでした)ました。結構、エスカレーターの方から7号車方面に駆け込むお客さんが多い事。余裕を持って行動して下さいなとつい思いつつもこれがダイヤの乱れの原因に繋がり、この頃は定時運転で動く事が有り難く思え、運転士さんや車掌さんの仕事ぶりに感服します。編成はクハE233-40×10(八トタT40編成、15T運用)です。乗ったのは良いものの、肝心のデジカメを忘れてしまいました。

○5482列車…先週中に見たのとほぼ同じ顔触れながら黒塗りのタキ43000が1両増えて2両続いて元・西上田常備車が続いて昔は宵の内にこの辺りが青く塗られて並んでいたのを思い出します。
△蘇我(浜五井)
EF65 1063[JRF色、冷風]
タキ1000-375 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-5-12川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ43157   OT[r]/倉賀野● 石油類)青地
タキ43146   OT/西上田● 常)浜五井、石油類)青地
タキ38077   JOT/郡山 全検20-6-26川崎車、自重17.2t 3F改
タキ1000-657 OT[r]/郡山■ 無
タキ43412   OT[r]/郡山 石油類)黒地
タキ43379   OT[r]/倉賀野

 1・2番線から3・4番線へ移って4番線にクハ201-107×10(八トタH4編成、49T運用)が到着し、数は少なくなりつつも出逢う確率が高いのは偶然かな?この前後にいつも乗る立川行きの115系(クハ115-1110×6/長ナノC4編成)が到着。この間は豊田止まりになっていましたが、側面の幕が『回送』になっていたので高尾で打ち切りとなり、そのまま3番線から入庫するものと思われます。

○85列車…多摩川の鉄橋が強風による徐行が影響して15分程遅れての到着。編成の顔触れもコキばかり(最後尾のコキ107はポイント大きい)でタンク車が無いと一味足りなくなりますが、この時間帯でツートンカラーのタキ1000の姿が無いと習慣付いてしまったのか寂しいものです。
←竜王 EH200-6+コキ104-2199+1054(全検20-2-26広島車、丸形コロ軸)+2006+107-89(新製20-11-26川重)

 ここまで終わると5482列車は5分程遅れて出発する様子を見送ってから券売機でSuicaをチャージして今週は京浜地区へ遠征に出掛けるので上手く行くと来週は部会誌の印刷作業に割かなければならないので空けて、再来週には最後の回を使ってダイヤ改正の変更点と秋冬の総決算で春遠征を締めたいと考えております。それから京王プラザホテルのスターバックスへ行って早いもので今日でオープン8周年で好きな絵柄が入れられるタンブラーではパートナーさんお手製のものが今回のプレゼントとの事。株主のドリンク券でエスプレッソのドリップを頂き、桜シフォンケーキと頂きます。前にある会員さんから入り浸る事から「タンク車で言うとエクソンモービルのオイルを運んでいる様なものですよ」と同じアメリカ生まれで引っ掛けています。この間の千葉行きで甲子発着が再登場してこれも元売りがエクソンモービルと三井石油のオイルを運んでいる事なので昔の様にマークを入れていたら半分がモービル、半分が三井の井桁マークのものが入っていたものと思われます。余談はさておき、パートナーさんの皆さん、今後とも引き続きよろしくお願いします。

 この後はヨドバシカメラで西府駅のプリントを引き取るので前は中2階にDPEの引き取りカウンターがあったのですが、1階の一眼レフが置いてあった端へ移って4枚ネット注文で計120円也。この間の高尾山のケーブルカーと同じですが"RailFan"のO編集長が名前を間違えないと良いのですが………。それから東急スクエアのゆうちょ銀行で名古屋支部の会費を納めてこれで来年度の支払いも全部整いました。それからそごうの待合室で親と待ち合わせて明日は知人が遊びに来るので地下にて食材調達です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

H21.03.18 千葉周辺(その2)

 調査が一通り終わって予定より一本遅れて14時57分発の千葉行き(276M、クハ111-2048×4/千マリ114編成)で千葉へ向かいます。またまた千葉中央駅には新京成の8000型(8509×6)が停車中。

 千葉駅は時間が押したので簡単な小休止程度で済ませたいなと思いましたが、結局はホームで缶コーヒーを買っただけですぐ15時15分発の東金経由成東行き(1653M、クハ111-1027×4/千マリ207編成)で再び蘇我へ戻ります。両側が1000番代(地下線対応)、中間が1500番代で以前、豊田→松本と移った115系でモハユニットだけが1000番代、他の4両が300番代と言う組み合わせの編成を思い出します。

 これからは2080列車の到着を待ち受けるものの、顔を出したのはEH200-901が単機で到着。何とも寂しく、これから1時間程はベンチに腰掛けてひたすら電車の編成調査を行ないました。

○4098列車…ダイヤ改正後もコキ104中心にコキ50000がお尻にぶら下がった格好は変わらず、一部1357列車で到着した面々も。
△越谷タ
京葉臨海KD60 2→EF65 1088[JRF色]
コキ104- 943 ↑京葉久保田→名古屋タ JOT/住化UH20B-247
コキ104-1301 ↓ 全検20-5-20広島車 JOT/住化UH20A-92,UH20B-368,UH20A-25
コキ104- 392 京葉久保田→名南貨 全検20-10-4広島車 JOT/住化UH20A-60,UH20B-327,UH20B-130
コキ104- 534 京葉久保田→越谷タ □
コキ104-2839 ↑玉前発 □
コキ106- 80 全検20-6-9広島車、□
コキ104-1784 ↓
コキ104-2103 ↑京葉久保田発 □
コキ104-1452 全検20-8-28広島車 □
コキ104-2641 □
コキ104-1525 ↓ 全検20-11-7郡山車 JOT/住化UH20B-139,UH20B-320
コキ104- 472 ↑千葉貨物発 全検21-2-2小倉車 宇部UH20A-506,UH20A-496
コキ50079
コキ50200
コキ50063   ↓
※□=空車

○1092列車…こちらもダイヤ改正後の変化が無く、編成中でコキ107の新車を発見。
△新小岩操(隅田川)
京葉臨海KD55 105→EF65 1057[JRF色、冷風]
コキ50460 ↑千葉貨物→宮城野
コキ52279 中央通運UM12A-5737,UM12A-5733
コキ51749 ↓
コキ200-109 京葉久保田→新潟タ JOTU330200[5],NRS UT17C-8065
コキ107- 39 京葉久保田→八戸貨物 新製20-9-5川重
コキ200- 62 千葉貨物→黒井 海ナタ、全検18-11-25名古屋車 NRSU241152[3],421151[8]
コキ106- 828 ↑千葉貨物発 宇部UH20A-486,千葉製粉UT20A-5048,宇部UH20A-473
コキ104- 262
コキ104-1821
コキ104- 887 ↓ [空車]
コキ104- 708 ↑玉前発
コキ104-2217 ↓

 合わせて気になった電車の運用を見られた範囲で纏めてみました。
○211系
・クモハ211-3035×5(千マリ401編成):1634M〜1641M〜1640M(蘇我→千葉で乗車)→入庫
・クモハ211-3039×5(千マリ508編成):440M〜341M
・クモハ211-3041×5(千マリ502編成):336M〜437M
・クモハ211-3043×5(千マリ504編成):178M
・クモハ211-3044×5(千マリ505編成):145M〜158M(安房鴨川方)〜159M〜190M
・クモハ211-3045×5(千マリ404編成):145M〜158M(千葉方)
・クモハ211-3054×5(千マリ406編成):1632M〜245M〜256M〜255M〜266M〜267M〜278M
・クモハ211-3055×5(千マリ407編成):1335M〜1338M

○E217系…R:機器更新+明るいスカ帯、L:LED幕変更、※=逗子〜久里浜折返し(H運用)担当あり
・クハE217-10×11(横クラY10編成L):67F運用
・クハE217-11×11(横クラY11編成L):19F運用(+2011×4/Y111編成)
・クハE217-13×11(横クラY13編成L):27F運用(+2037×4/Y137編成)
・クハE217-19×11(横クラY19編成L):63F運用(+2030×4/Y130編成)
・クハE217-22×11(横クラY22編成R):53F運用(+2027×4/Y127編成)
・クハE217-25×11(横クラY25編成L):61F運用
・クハE217-26×11(横クラY26編成R):77F運用(+2039×4/Y139編成)
・クハE217-28×11(横クラY28編成R):05F運用(+2015×4/Y115編成)
・クハE217-29×11(横クラY29編成R):79F運用(+2043×4/Y143編成)
・クハE217-30×11(横クラY30編成R):51F運用(+2041×4/Y141編成)
・クハE217-31×11(横クラY31編成R):59F運用(+2004×4/Y104編成)
・クハE217-39×11(横クラY39編成R):21F運用
・クハE217-2004×4(横クラY104編成R):59F運用※(+31×11/Y31編成)
・クハE217-2005×4(横クラY105編成R):25F運用(+43×11/Y43編成)
・クハE217-2011×4(横クラY111編成R):19F運用(+11×11/Y11編成)
・クハE217-2028×4(横クラY128編成L):47F運用(+50×11/Y50編成)
・クハE217-2030×4(横クラY130編成L):63F運用※(+19×11/Y19編成)
・クハE217-2037×4(横クラY137編成R):27F運用(+13×11/Y13編成)
・クハE217-2039×4(横クラY139編成L):77F運用(+26×11/Y26編成)
・クハE217-2010×4(横クラY110編成R):15F運用(+42×11/Y42編成)
・クハE217-2035×4(横クラY135編成R):73F運用(+46×11/Y46編成)

京葉線の気になる編成は次の通りです
・クハ201-109×10(千ケヨK2+52編成):85運用
・クハ201-113×10(千ケヨK4+54編成):95運用
・クハ201-104×10(千ケヨ72編成):83運用(クハ200-104→36、クハ201-103→37に差し替え)
・クハ205-1×10(千ケヨ24編成):65運用
・クハ205-2×10(千ケヨ25編成):61運用
・クハ209-517×10(千ケヨ34編成):53運用

 コンテナ2本を見終えると今回の遠征もほぼ終わり、蘇我から17時31分発の千葉行き(290M、クハ111-2146×6/千マリS65編成)で千葉駅へ向かいます。

 千葉駅では内房線のホームから総武線のホームの乗り換えで行列をかき分けて7・8番線のKIOSKでいつもの様に銚子電鉄のぬれ煎餅を買い、普通のものと久し振りに青むらさきが入っていたのでそれぞれ5枚入りを1つずつ買ってエアポート成田の列に並びます。

 千葉から東京は17時47分発の『エアポート成田』久里浜行き(1724F、クハE217-2005×4+43×11/横フナY105+Y43編成)に乗ります。成田空港発だけあって車内は大きなトランクが車内に目立ち、夕方のラッシュ時で座れないかな?と気にした所何とか潜り込めて錦糸町辺りまで一眠り。

 東京駅では総武地下ホームから中央線のホームへ移動して通勤快速は1本待ちますが、この時間帯の中央線(快速電車)は4分毎で到着する度にドアの開閉と駅員さんの点検が大忙し。八丁堀で例会が行なわれた時は始発で座れる所が時折、車内に2〜3人、降りないお客さんが居るので番狂わせにあった事があり、最近ではさすがに折返し乗車を阻止する意味合いでしょうか各駅にこの様な乗り方はダメだと言う貼り紙が見られる様になりました。

 東京から八王子までは大月行きの通勤快速に乗って前回行き帰りに乗ったE233系のT16編成とまたご対面。

 八王子で降りて京王プラザホテルのスターバックスで一休みして出掛ける際にノートに京王アートマンのPOPが紛れて丁度、封筒を買いたいので8階に立ち寄って事情をお話しして戻す事にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H21.03.18 千葉周辺(その1)

 春遠征も気が付くと丁度折返し点。時刻、見る内容とも14日に実施されたダイヤ改正のものとなりまして、今回は千葉周辺を回りました。

 西八王子から電車に乗ると7時1分発の東京行きは201系の担当(クハ201-107×10/八トタH4編成)に乗ります。またまた朝の時間帯が201系が続いて2本前にもクハ201-128×10(八トタH7編成)が参上。八王子駅に入ると早々と84列車で返送される根岸行きのタキ1000が入り、オイルターミナルの基地はお昼頃に蘇我で見る5482列車のタンク車が取卸中。予定では御茶ノ水、錦糸町乗り換えと行きたい所、東京まで乗り通し、1番線に到着。

 久々の201系ロング乗車を味わい、年内までにはあと何回出来る事かと思い、総武地下ホームの3・4番線へ。出入りするE217系を見るとまだまだオリジナルのカラーが多い様子です。

 東京から千葉へは8時32分の千葉行き(753F、クハE217-22×11+2027×4/横クラY22+Y127編成)に乗ります。横須賀線からの通勤客で東京駅からは座れず、地下線内は立ちながら錦糸町で漸く座れてホームで買っておいたWANDAの朝のカフェオレで一杯。今年の後半には武蔵小杉の横須賀ホームが新設されるのでこの頃になるとどう流れが変わる事か注目されます。新小岩操の構内ではEF65 1084牽引の鹿島スタジアム行き1455列車が出発待ちで後方のコキ104は空車が続き、切り離されて77列車で送る方のコキ106×5の中には2両目にコキ107が混じっている姿を発見し、本線寄りには越中島貨物行きのチキ6000×2+トキ25000(数少ない後期車の29441番)が入線。江戸川の鉄橋を渡るとスピードが出て来てリニューアル編成はモーターの音が209系タイプからE233系タイプと言った雰囲気に変わりました。西船橋の手前で東西線から東葉高速の2000系(2103×10)が滑り込み、船橋の京成線の高架線が出来てこちらは上野方面行きの3000型に擦れ違い。後で千葉線の京成津田沼方面でも見てもう赤電も段々と影が薄くなりつつある事を実感。幕張の車両センターは113系やE217系、E257系、お座敷電車の『ニューなのはな』が入庫。総武線方面へ別れる所をオーバークロス、外房線の6番線に到着します。

 千葉駅に着くと5・6番線に居ながら出入りする電車をウオッチします。ホーム東側のKIOSKを覗くと今回のダイヤ改正版の時刻表を見付けて早速買いました。他の支社は文庫本サイズが多いですが、千葉管内は珍しくシステム手帳のサイズを採用。嬉しい事に編成両数が書かれているので運用を調べたい方にとっては必須です。

 千葉から蘇我へは10時43分発の茂原行き(249M、クハ111-217×4/千マリ110編成)に乗ります。千葉中央駅には新京成8000型(8513×6)が停車中。すっかりと松戸との直通も板に付きました。

○5683列車…いつもの様に宇都宮タ行きのこの列車からスタート。JR線内の牽引機は変わりませんが、列車番号がこれまでは大宮や越谷タで5900番台から各線区(中央線:5400番台、宇都宮線:5600番台、高崎線:5800番台)の下3桁に変わっていたものを全区間通しに変わり、新金線経由の名残がすっかり払拭(?)した様に思えます。編成の顔触れも先週、調査した時と同様のナンバー多く、膝を痛めた事もあって今回は調査、撮影をメインに。
△宇都宮タ
EF210−155
タキ43626   OT[r]/倉賀野● 全検19-9-12川崎車、自重15.9t[旧JOT/郡山]
タキ44005   OT[r]/西上田 全検19-5-8川崎車(24-8-14切)
タキ43005   OT[r]/郡山
タキ38038   JOT/郡山 全検20-3-29川崎車、自重17.2t 3F改
タキ44011   OT[r]/倉賀野
タキ44007   OT[r]/郡山
タキ1000-460 OT[r]/宇都宮タ■ 無
タキ43392   OT[r]/宇都宮タ
タキ43336   OT[r]/倉賀野
タキ38093   JOT/郡山 全検16-1-6川崎車(22-8-30切)、自重17.1t 3F改
タキ43603   OT[r]/宇都宮タ● 全検18-10-17川崎車、自重16.1t
タキ43158   OT[r]/倉賀野●
タキ43514   OT[r]/西上田● 石油類)青地
タキ43190   OT[r]/倉賀野
タキ43000   OT[r]/西上田
タキ43213   OT[r]/倉賀野
タキ1000-407 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-8-2川崎車、自重17.1t
タキ43193   OT[r]/倉賀野

 5683列車を一通り見終えると今度は越谷タからの1357列車の到着を待ち受けます。1、2番線の南側には電源の施設がドカンと置かれているのでこの辺りに掛かると連結された貨車がどうしても遮ってしまう事ご容赦下さい。

←EF65 1065[JRF色](→KD602)+コキ104-2103+2217+943+933+396+***+1387+1525+2641+1452(全検20-9-28広島車)[京葉久保田行き]+1319(全検20-10-16広島車)+708+1784+106-80○(全検20-6-9輪西派)+104-2839[玉前行き]+1365○+479(全検20-4-25川崎車)+2070○+106-897○[京葉久保田行き]
※○=空車、コキ104-1452に住友化学/JOTのUT18A-5019[ポリエチレン専用]積載

 ここまで終わると2番線に到着した11時28分発の東金線からの211系に飛び乗り、千葉駅へ向かいます。高崎のC編成(グリーン車入り)の両側と同様に先頭のクハ210にも風除けのアクリル板が付きました。

 千葉駅でお昼の駅弁を仕入れると5・6番線のお店は休憩中で3・4番線の売店で仕入れて最初は『焼蛤弁当』を頂きたい所、品切れだったので蛤やアサリの炊き込みご飯が入った『潮干狩り弁当』を頂きます。イワシのつみれやヒジキと乗っていたので箸が進み、飲物もこの所ホッとだったので汗ばむ陽気も手伝って『朝の茶事』も小さなペットボトルのアイスを頂きます。6番線側のベンチに腰掛けたのは金町(コンテナ車は隅田川発)からの1091列車を見たいのでそれに合わせたものでさて、6番線を通過する頃には制服の低学年と思しき小学生がカメラ付き携帯でEF65を向けて撮影したのでこりゃ危ないし、この年齢で持ち歩くには早過ぎかな?と親の顔を見たいものですな。

←蘇我 EF65 1088[JRF色]+コキ50000×6(W18Dや同和通運UM13A/2段重ね、三井金属UM12A積載)+200×1+106-658[2両とも空車]+200-142[JOTU330064[0],JOTU330202[6]積載]

 予定を少し繰り上げて11時55分発の成東行き(1645M、クハ111-1603×6/千マリS66編成)で蘇我へ再び戻ります。京成千葉では新3000型の3011-1×6の編成が停車中。

 蘇我に着くと1番線の先端には先程の1091列車が止まって出発まで時間があった事から3091列車の調査を後まで進んだ所で何とか見る事が出来ました。

○3091列車…このダイヤ改正から8885〜5882…8963列車がスピードアップした格好で設定された京葉臨海〜倉賀野行きのタンク高速列車です。タキ1000で浜五井にも何両か根岸からの移動車が見られたものの、先頭だけで後は甲子発の青い車が続きます。
△倉賀野
KD55 103→EF65 1087[JRF色、冷風]
タキ1000- 91 JOT/郡山     ↑浜五井発 無
タキ1000-661 OT[r]/宇都宮タ■ ↓ 無
タキ1000-389 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-7-19川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-399 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-4-25川崎車、自重17.0t
タキ1000-669 OT[r]/宇都宮タ■ 無黒
タキ1000-457 OT[r]/宇都宮タ■ 無
タキ1000-397 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-7-5川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-676 OT[r]/宇都宮タ■ 無
タキ1000-390 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-9-18川崎車、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-395 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-7-5川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-392 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-8-11川崎車、自重17.1t
タキ1000-674 OT[r]/宇都宮タ■ 無
タキ1000-396 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-4-3川崎車、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-675 OT[r]/宇都宮タ■ 無

 京葉線の電車も色々と来て205系の初期車や先般、京浜東北線から転属して来た209系の500番代と賑やかでDDM搭載で注目を浴びたE331系も一時戦線離脱したものの、機器を再整備して現役復帰。この2種類が並んだら似ているのでは?と思う程でNゲージの実寸とBトレインのモデルと並べた格好とも多少似ています。

○5482列車…昨日も地元で確認した列車ですが、一部減車された以外はほぼ同じナンバーで最後尾に黒塗りのタキ43000が連結。全車浜五井行き。
EF65 1057[JRF色]→KD55 201
タキ43014   OT[r]/郡山 石油類)黒地
タキ38077   JOT/郡山 全検20-6-26川崎車、自重17.2t 3F改 常)浮島町
タキ1000-657 OT[r]/郡山■ 無
タキ43412   OT[r]/郡山 無黒
タキ43379   OT[r]/倉賀野
タキ43469   OT[r]/八王子
タキ1000-375 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-5-12川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ43157   OT[r]/倉賀野● 無青

○5881列車…こちらも大宮操での列車番号変更がなくなり、全区間通しです。前は前後に京葉セ→幕張セへ回送する255系が発着1番線に止まって遮っておりましたが、こちらの到着が若干繰り下がりました。従来通り浜五井発の列車で牽引機が高崎のEF65からEF210に変わりました。先頭には根岸から移動したタキ1000が連結。
△倉賀野
KD55 201→EF210−143
タキ1000- 41 JOT/郡山 常)郡山、A重、石油類)クレー
タキ44520   OT[r]/宇都宮タ● 全検19-6-5川崎車、自重16.1t
タキ44009   OT[r]/宇都宮タ 全検20-7-28川崎車、自重16.1t
タキ43139   JOT/根岸 石油類)青地
タキ243850  JOT/郡山 全検19-12-25名古屋車、自重16.0t
タキ43182   JOT/浜五井
タキ1000-366 JOT/郡山
タキ43582   OT[r]/郡山
タキ43324   JOT/根岸
タキ43211   JOT/根岸
タキ38129   JOT/仙台北港 常)浜五井 全検16-6-1川崎車(23-1-23切)、自重17.6t 3F改
タキ43391   JOT/郡山
タキ38132   JOT/郡山 常)浮島町 全検17-8-30川崎車(23-8-26切)、自重17.3t 3F改
タキ43012   OT[r]/西上田
タキ1000-819 JOT/浜五井

 タキ38000は冬の助っ人的役割が定着したものの、浜五井の車(大半が北館林向けが存在した頃から在籍しています)を見るとH17度(10月/153日)、H18度(10月/92日)、H19度(9月/202日)、H20度(6月/80日、10月/74日)といつの間にか単純計算で期限が2年近く延長した車がゾロゾロと出て変に延びたなと前に調査して中途半端になった現車も同じ分だけ積み増しすると揃うカラクリも。また冬場や来年の今頃も四苦八苦しているのでは………。

○4095列車…京葉久保田行きで長らくコキ106、コキ200の混成でしたが、輸送力増強で久し振りにコキ106に統一。4両ユニット車がコキ103・102同士なので互い違いの順ながら玉前行きは空車が多く少々寂しい気がします。

EF210−8→KD60 4
コキ106- 907 [空車]
コキ106- 285
コキ106-1086
コキ106- 358
コキ103-201 ↑玉前行き 海ナタ、全検20-7-3名古屋車(全車)[空車]
コキ102-521
コキ102-522 [空車]
コキ103-202 ↓ [空車]
コキ106- 2 ↑京葉久保田行き 全検19-3-3広島車 390190[3],IPCU080187,330162[6]
コキ106- 95 全検19-9-20広島車 TRLU026518[3],330160[5],099747[0]
コキ106- 512 全検17-9-20広島車 100084[0],099810[0],099620[0]
コキ106- 877 ↓ 099551[8],099404[4],099656[1]
コキ103-102 全検18-6-15川崎車(全車)
コキ102-102
コキ102-101
コキ103-101
※######[#]=JOTU######[#]

○8685列車…前に見た時は北袖発でしたが、こちらも3091列車同様、甲子発メインの編成に変わり、タキ43000が多く、『オイルターミナル=青色』ならぬ黒塗りが続き、4095列車の出発後は撮影に費やしたのも言う迄もありません。
△宇都宮タ
KD60 4→EF65 1075[赤プレート]
タキ43018   OT[r]/郡山   ↑浜五井発
タキ43357   OT[r]/南松本
タキ43547   OT[r]/宇都宮タ● 常)根岸、トケ
タキ43207   OT[r]/倉賀野● ↓
タキ43549   OT[r]/宇都宮タ● トケ
タキ1000-404 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-11-12川崎車、自重17.0t
タキ43632   OT[r]/倉賀野●
タキ43607   OT[r]/宇都宮タ● A重、全検18-8-12川崎車、自重16.2t
タキ43623   OT[r]/倉賀野● 全検19-10-17川崎車、自重16.0t
タキ1000-415 OT[r]/八王子■ 全検20-9-30川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ43545   OT[r]/宇都宮タ● トケ
タキ43555   OT[r]/宇都宮タ●
タキ1000-671 OT[r]/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ1000-652 OT[r]/倉賀野■ 無
タキ43631   OT[r]/倉賀野●
タキ1000-662 OT[r]/宇都宮タ■
タキ43332   OT[r]/倉賀野 全検18-9-12川崎車、自重15.9t
タキ43627   OT[r]/郡山●
タキ43542   OT[r]/宇都宮タ●
タキ43526   OT[r]/宇都宮タ●
タキ1000-403 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-6-21川崎車、自重17.2t

○1070列車…短期間で見る機会が多かったのか今回は少し軽めにチェックして久し振りに青一色ばかりのスッキリした顔触れとなり、後方の全検上がりを撮影するくらいで到着間際にEF210目当てに撮る兄ちゃんが来たのでこれから休みに入るとオチオチ調査が出来ません。これを思うとどうもウチの部会に入っても教え甲斐が出て来ませんな。

EF210−151
タキ1000- 95 OT[r]/倉賀野■ ●
タキ1000- 98 OT[r]/倉賀野■ ●
タキ1000-310 OT[r]/郡山■ ●
タキ1000-653 OT[r]/郡山■
タキ1000-655 OT[r]/郡山■
タキ1000-649 OT[r]/倉賀野■
タキ1000-402 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-4-2川崎車、自重17.1t
タキ1000-378 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-6-26川崎車、自重17.1t
タキ1000- 5 OT[r]/倉賀野■
タキ1000-672 OT[r]/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ1000-411 OT[r]/郡山■ 全検20-7-12川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-459 OT[r]/宇都宮タ■
タキ1000-462 OT[r]/宇都宮タ■ 石油類)黒地
タキ1000-656 OT[r]/郡山■
タキ1000-398 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-7-19川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-377 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-7-23川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
●=黒油専用

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

H21.03.17 八王子駅

 週末から昨日と昨年の『貨物時刻表』を整理してExcelで纏めた所、以前に比べると貨物列車もコンテナや専用列車が石油輸送主体になり、車扱輸送が大幅に減少した事から随分と楽になりました。嬉しいやら寂しいやら複雑な気持ちです。

 今日は親の講座の日ですので午前中の空いている時間を使ってあれこれと見て、漸く春らしい陽気となり、梅から桜の季節へ徐々に変わりつつ、コートからジャケット姿へとシフトしつつあります。暖かで一週間振りのジャケット姿です。

 ダイヤ改正後の平日は今日が最初でこれまでは根岸行きのタキ1000やEF210と見ていましたが、3年半振りにオイルターミナルの列車が見られる様になったので(=つまりH17.12改正以前の時刻に復帰)この所食傷気味だった当ブログの内容も久々に潤いました。いつもなら立川行きの115系(遅れの影響で豊田で打ち切り)が来る所、快速電車の人身事故の影響が出て一本前の中央特快の3分程後に普段は定刻15分発の快速電車(クハE233-31×10/八トタT31編成、39T運用)が来ました。7人掛けに一人ノンビリと腰掛けたい所が左手のドアから隅に座るお客さんが居たので(左手に向かってくれれば万々歳だったのですが………。西八王子の乗客は動きが読めないので油断になりません)一駅ながらチャッカリ優先席に腰掛け、丁度パンタグラフの直下と幸先上り調子で縁起を担ぎました。最近、新聞の投書で優先席に平気で座る若い人が多い様でもっと鉄道会社側でもこの事を強く促した方が望まれます。日本ならまだしも何処かの国であれば座っただけでも運賃以上の罰金が取られる所がある様で日本で実際あったら収入に響くのは確かです。

○5482列車…前は越谷タで列車番号を改めていたものを千葉貨物まで一本と帰宅後『貨物時刻表』で判明しました。土曜日は空振りでしたが(当日、オイルターミナルの線に入った顔触れは今日のこの編成とほぼ同じでタキ43032がトリコです)、今日は見事セーフ。牽引のEF65はこの14日まで動いていたブルートレインの牽引機を務めたグループの1両でタンク車は郡山常備が多く、こちらは逆にSuicaが使える様になったのでダイヤ改正を境に明暗別れた組み合わせです。
△蘇我(浜五井)
EF65 1097[JRF色]
タキ43014   OT[r]/郡山 石油類)黒地
タキ38077   JOT/郡山 全検20-6-26川崎車、自重17.2t 3F改 常)浮島町
タキ1000-657 OT[r]/郡山■ 無
タキ43412   OT[r]/郡山 無黒
タキ43379   OT[r]/倉賀野
タキ43206   OT[r]/郡山 石油類)黒地
タキ43469   OT[r]/八王子
タキ1000-375 OT[r]/宇都宮タ■ 全検20-5-12川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ43466   OT[r]/倉賀野 千葉貨物→浜五井行き(交番検査) 石油類)黒地

○85列車…中央線の人身事故の影響で10分遅れての到着となり、いつもの編成です。
△竜王
EH200−13
コキ104-1117 ↑梶ヶ谷タ発 全検16-7-13川崎車(21-7-19切)
コキ104-1171 丸コロ軸、全検16-9-11広島車
コキ104-1714 [空車]
コキ104-2064 ↓
タキ1000-286 JOT[E]/郡山 無青
タキ1000-488 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 ◇
タキ1000-849 JOT/根岸
タキ1000-493 JOT[E]/根岸
タキ1000-628 JOT/根岸 全検20-11-1川崎車、自重17.2t ◇、※
◇=H21度の日付、※=戻しバネ脱落防止金具試行車

 ここまで終わると明日の千葉行き(この時期、ストライキが気掛かりですが………)で我がSuicaをチャージしてから京王プラザホテルのスターバックスで一休み。この後はヨドバシカメラでMDを大人買い。東急スクエアから貨車部会のF氏へ振り込みたいのでゆうちょ銀行と三菱東京UFJとあるので前者は通帳が無いとアウト。結局後者から振り込み、来年3月まで引き続き宜しくお願い致します。後は名古屋支部の会費を振り込むと一通りの支払いも終わります。それから待ち合わせてお昼を食べに行くと最初は駅前通りの裏道のお店へ行こうと思った所、夕方から店開きでダメだったので線路の北側にあるイタリア料理店へ行き、うちのお客さんの娘さんがやっているお店で暫く経ってから八王子運輸区からも近いので車掌さんがお昼を食べに来ました。さすがにマスター自身、見慣れた格好なので驚きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

H21.03.14 八王子駅&西府駅

 今日はJRのダイヤ改正当日となり、目新しいものが余り無いものの、南武線の西府駅、川越線の西大宮駅と新駅が開設される一方でブルートレインの『富士』、『はやぶさ』が廃止、夜行快速の『ムーンライトながら』や『ムーンライトえちご』が臨時格下げと寂しい話題の方が大きい様に思えます。

 中央線でも旅客関係で朝の八王子始発が豊田始発に変更、『スーパーあずさ』の立川停車の増加(上下2本=新宿で折り返す対と面白い組み合わせです)、青梅線直通の増発と小規模な手直しがあり、注目する所では八高線の30分間隔のパターンダイヤ化で中にはセメント輸送列車が存在した名残から1時間に1本しかなかった時間帯も解消。川越線の川越〜高麗川間折返しが1運用に固定されて高麗川は片方短時間、片方長時間と両極端の停車が目に付きます。また、貨物列車では根岸からの八王子向けが2列車とも高速化されて全車タキ1000による編成となります。輸送ルートの見直しでは5474〜5479〜5578列車/5579〜5478〜5475列車で根岸から送られていた辰野向けと小口の灯油やA重油の輸送だけ続いた長野向けが廃止。これによって『大八回り』の区間から貨物列車が消滅し、機関車も八王子の付け替えがついに全廃となり、先の高速列車でもEF210がトンボ帰りする運用に変わって昔から連綿と続いた事が次々と消えて寂しくなります。

 行きは8時過ぎで西八王子の駅入口から8時半頃のバスに乗ると城山手から来たアンファン(子供向けメガネ)のラッピングバスは満員で後方の館ケ丘団地からのバスはガラガラで乗車は私くらいで後を追う様に走ると商店街が続く八日町あたりから降りるお客さんが多くなり、八王子駅に近付くと2人しか乗っていない状況です。

 八王子駅に来ると先ずは5270列車改め84列車の様子を伺うとEF210−125が居るだけで最初から出鼻を挫かれましたが、本来であれば昨日の5279列車で到着する分を返す所が後で到着する81列車と帳尻合わせで機関車だけの様です。

 下り1番線には8273列車改め8097列車で到着したタキ1000が入って暫くこのあたりを見るもののウッカリしてボールペンのペン先を指に刺してしまい、急遽KIOSKでバンドエイドを買って色々と見て『ホリデー快速河口湖』1号はモモずきんや山梨県の風景写真のラッピングが賑やかに貼られたクハ189-14×6(八トタM50編成)が参上。愛称幕もしっかりカラーのものが掲出されました。若干遅れている様ですが、強風の影響で総武線や千葉管内、常磐線の遅れが激しく千葉から来る『あずさ』3号は2時間近い遅れとの事。

 84列車が出発すると京葉臨海の浜五井へ行く5482列車が以前は9時過ぎの出発でしたが3年半振りに10時台の出発に復活。当ブログでも暫く根岸の車中心で皆さんも退屈しておられたみたいですが、久し振りに見られる時間帯に来る様になって9時半頃に入るかな?と思ったら空振り。入ったのはEF65 1084[JRF色、冷風]が顔を出しただけです。

○85列車…いつもの様に見るものの、土日モードでコキ104ばかりです。
←竜王 EH200-6+コキ104-2817+2870-2855+2294

 ここまで終わると10時24分発の東京行き(1004H、クハE233-7×10/八トタT7編成)で立川へ向かい、オイルターミナルの基地にはタキ43469、43206、43412、1000-657、43014、43032、38077と入線。

 立川で乗り換えて所要時分も西府駅入りに交換されて10時50分発の川崎行き(1050F、クハ205-25×6/横ナハ41編成)に乗って西府へ向かいます。ドアの上の路線図は未だ従来のままです。

 立川から10分程で西府に到着してホームに降りると初日も手伝ってカメラ片手のファン(特に学齢層の青少年や若めの社会人)が多い様に思えました。南武線の新駅は私が知っている限り、戦後は新設された話は聞いた事が無く、私鉄時代から見ると戦時中に廃止されて60有余年振りの復活です。駅名標や駅の様子を収めて東京圏のJR各駅が4月1日の全面禁煙に合わせて早速今日新設の2駅も最初から喫煙所が無い分、コンコースの真下には待合室が2番線とも付いています。床のタイルがガラスのリサイクル品との事のポスターを見て改札を出て駅前の様子を見ると北口の前で式典が行なわれ、くす玉が割られた状態が撮れました。式典、イベントとセットなのでテントが数多く行政やJR、地元の自治会とそれぞれ歓迎ムードを演出。後は明日の朝刊の多摩版でどの程度出るのか楽しみです。路線バスは明日から西国分寺から府中病院行きの路線が延長されて確か『西国01』系統だったと思いましたが、系統を見ると『西府01』系統と一瞬、見間違える様で混乱します。停留所のポールが拙宅から近い南大通り沿いのものと同じです。

 西府から分倍河原は11時27分発の川崎行き(クハ205-1202×6/横ナハ47編成)に乗り、205系ばかりでクハの1200番代や209系入りが撮れなかったのが少々残念かな?。

 分倍河原で京王線に乗り換えて今日からの新しい駅名標を撮り、8月に新秋津の訓練センターの見学会の際は集合まで余裕があったので南武線回りで行って谷保と分倍河原で途中下車しながら向かったのは西府絡みです。カーブに差し掛かる所でせいせきSCの大きな広告が壁に目立ちますが、階段へ登る所で西国立の『無門庵』の広告を見付け、亡くなった祖母の同級生のお家で今は料理屋さんですが昔は旅館を営んでおりました。ここから京王線に乗り換えて連絡改札から寸なりと行きたいものの、二刀流のマスターは一度Suicaで出場してPASMOで再入場し、ここでオートチャージ。行きに結構JRの千葉エリアが遅れておりましたが、京王線も若干遅れていた様子です。

 分倍河原から京王八王子は11時43分発の準特急に乗ります。8000系の8713編成でいつの間にかフルカラーLED幕や座席の袖仕切板+中間の手摺、編成順序がデビュー当初から新宿方から4+6の編成から6+4の編成にチェンジとE233系が入ってから乗る機会が減っているものの、細かい点のチェックも乗る度欠かせません。戸袋にADギャラリーのステッカーが貼られていたので何処が広告主だろうと思いきや、中吊りが全部『高尾山の冬そば』オンリー。京王は一部の私鉄の様にラッピング広告は殆ど行なわれないので中を見ないと分かりません。聖蹟桜ヶ丘を過ぎた頃には雨が止んで八王子に着く頃にはどうかな?と気になります。

 京王八王子の駅からそのまま地下道をくぐって雨空の下、ヨドバシカメラへ行き、MDやMDのケースをSuicaで買います。前は結構上のフロアでしたが、競合店との対抗でしょうか位置が多少変わって4階に移って多少なりとも楽になりましたが、色々と見た事もあってスターバックスで一杯飲む時間を犠牲にして再び八王子駅へ。

○8092列車…元の8272列車で今朝の8097列車で到着したタンク車の返送に当たります。
△根岸
EF210−118
タキ1000-238 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-152 JOT[E]/郡山 トケ
タキ1000-213 JOT[E]/郡山
タキ1000-153 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-156 JOT[E]/郡山 石油類)黒地 ◇
タキ1000-869 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t ◇
タキ1000-868 JOT/根岸 新製20-10-15日車、自重17.2t ◇
EF210−125
▽(8097レ)
◇=H21度の日付に書替

○81列車…5279列車がスピードアップしたのがこの列車で午後9時頃の到着がお昼頃に変わり、これからはこの列車の到着前までには用事を片付けなくてはと思いました。EF210牽引はそのままで前の様に対の84列車まで休むと思いきや、到着すると早速下り2番線を使って機回しを行ない、即座に8092列車の方へ向かい、ここでもJR貨物の合理化が垣間見えます。

EF210−118
タキ1000-477 JOT[E]/根岸
タキ1000-370 JOT[E]/郡山
タキ1000-433 JOT[E]/根岸
タキ1000-353 JOT[E]/郡山
タキ1000-165 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-249 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-500 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-593 JOT/根岸
タキ1000-287 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-619 JOT/根岸 全検20-9-20川崎車、自重17.3t 無

○80列車…この列車は今まで通りの時刻で到着。12時台後半の八王子駅は根岸駅のタキ1000だらけで我ながら飲み過ぎだな〜とボヤく事も。
△根岸
EH200−17
タキ1000-122 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-125 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-796 JOT/根岸
タキ1000-575 JOT/根岸 無
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-214 JOT[E]/郡山 ◇
タキ1000-560 JOT[E]/根岸
タキ1000-755 JOT[E]/根岸
タキ1000-571 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
◇=H21度の日付

 一通り見終えてから3・4番線の『あじさい茶屋』にて昼食。ちくわ天と海女海苔のそばを頂き、それからホーム東京方のベンチで8092列車の出発を見送りながら2080列車の準備をします。これから蘇我まで運転を担当する千葉機関区の機関士さんが腰を下ろして前は越谷タで乗り継ぎしていたものを省略してこれを思うと大変だなと感じこの事が千葉動労の機関誌にも触れておりました。昨日はテレビ、ラジオでTBSのアナウンサーがストライキで様々な番組でピンチヒッターの方が出ていた事に驚かれた方が多いのではと思われます。

○2080列車…前方に根岸常備のタキ1000が続いた他はいつもの顔触れで何と、前の方は今日から運転開始された倉賀野向け3091〜3090列車用に回された様子で根岸に居るエネオスが貼られていないナンバーは今後、他への移動候補かな?とさりげなく思います。帰りの電車の中でファイリングしたリストで2両程未確認のH15新製車がありましたが、これで漸くパーフェクトなり。
△蘇我(浜五井)
EH200−13
タキ1000-624 JOT/根岸 全検20-10-7川崎車、自重16.9t ※
タキ1000-627 JOT/根岸 全検20-10-2川崎車、自重17.2t ※
タキ1000-626 JOT/根岸 全検21-1-22名古屋車、自重17.2t 石油類)グレー
タキ1000-432 JOT/根岸 全検20-8-28名古屋車、自重17.2t
タキ1000-683 JOT/根岸 ※
タキ1000-680 JOT/根岸 ※[車票]
タキ1000- 65  JOT/郡山 無[車票]
タキ1000-300 JOT/郡山 無
タキ1000-348 JOT/郡山 無
タキ1000-170 JOT/郡山
タキ1000-804 JOT/浜五井
タキ1000-822 JOT/浜五井
タキ1000-355 JOT/郡山
タキ1000-182 JOT/郡山
タキ1000- 44  JOT/郡山 常)根岸、A重※
※=根岸からの移動車(全車石油類:グレー地)

 帰りの電車を一本待つと続いて3番線にはEF64 39が到着します。だんだん新世代機が増えて世代交替進むものの、ベテランもまだまだ健在。朝から降り続く雨もお昼頃には止むと思いましたが、回復が遅れて帰宅した15時過ぎにはすっかり晴れて来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧