武蔵野線

2016年12月23日 (金)

H28.12.23 大宮周辺

 八王子から9時52分発の『むさしの号』(2635M、クハ205-34×10/千ケヨM25編成)で大宮まで乗ります。3連休が始まってKIOSKの脇に立つと『あずさ』に乗るお客さんが多い事も実感。殊に最近はキャスターバッグ片手のお客さんが余りに多く、気を付けて欲しい所で本音を話すとこちらはスイスイ行きたい所を殆どがチンタラしている奴ばかりで昔の様に手荷物運賃払わないと載せないよ!と言う風に制度を改めた方が筋なのですが………(昔なら間違えなく請求されます)。余談はさておき、出発と前後して8460列車のタンク車が入り、前4両が浜五井行き(OTタキ43353・43161、JOTタキ243664・43296=間違えていたらごめんなさい)と連結し、EF210のナンバーも見られるかなと思ったら下り電車と被って空振り。オイルターミナルの基地は今日の8097〜8092列車はタキ1000が少なくとも5両の短い編成と言った所でさすがに大宮行きの電車だけあってこれから新幹線で東北各地や新潟、長野に加えて北陸、北海道・道南へ向かわれるお客さんもお有りと言った様子で3連休の初日の様子を感じさせ、中には遅めの出勤と言った御仁も見られ、この頃はブラック企業と言う名詞が社会問題になりつつありますが、歳末を控えて平日扱いの所が多いのは仕方ありません。立川は4番線の到着。丁度竜王行きの83列車が止まって出発する所で八王子着は平日より10分遅い頃合いで編成もコンテナ車4両にタキ1000が12両といつも通り。国立の3番線からこのまま武蔵野線への短絡線に入り、足取りがイヤに快調に進み、大宮発で乗るといつもこの辺りは比較的鈍足になりますが、我が表情も驚きながら武蔵野線の新小平に入り、時刻表を見るとこの電車は50分弱の到着なので結構速く、武蔵野線に入ると各駅からの乗りも多く、武蔵浦和や南浦和の乗り換えがある事を思うと3連休で新幹線で遠出の向きには持って来いといった所ですね。途中、新小平でクハ205-50×8(千ケヨM10編成、有馬記念ラッピング/81E運用)、新座タの発着線はコキ104・106・107などの23両編成が控えているだけでHD300は何処へやらといった雰囲気で荒川の鉄橋を渡ると西浦和から大宮操への短絡線へ。中央線から武蔵野線に入るときは快調に飛ばした足取りもここでは湘南新宿ラインが遅れているのかゆっくりとした足取りで貨物線に入り、大宮操ではEH500牽引の3074列車(新座タ行き)、EF65+空車のコキ104が4両は隅田川からの8791列車(倉賀野行き)or8593列車(宇都宮タ行き)と見て大宮駅は11番線に到着。

 大宮駅に着くと乗っていた番号の先頭はクハの34番で山手線の電車から見ると国鉄時代最期の編成に当たり、前の方に乗っていたらキリ番の100番改め5049番に乗っていた事でこの後で東海道・山陽緩行用に入ったので民営化後は41番からうまく揃えたのは有名な話です。さて、『むさしの号』から降りると湘南新宿ラインからの電車を待つ列を分け入る様に浦和方へ。総合車両センターの南側の留置線には珍しく小田急の4000形が3両控えて(←宇都宮:4460+4410+4510)といたので4060の編成が入場しているなと伺え、小田急の電車と言うと相模大野の工場に入るのがお決まりですが、どこか機器の補修があるのかJRに外注したのだろうと思い、E233系ベースの電車らしい所が伺えます。暫く経つと9番線に『レインボー』カラーのEF81 95が参上。エキュートのお手洗いで用を足してから3・4番線へ。

 大宮から新都心へは10時53分発の小田原行き(1553E、←クハE231-6004×10+8003×5/宮ヤマU504+U6編成)に乗ります。丁度、6番線から大宮操の発着線へ向かう倉賀野からの3090列車と並走する形で進み、下り線を跨ぐ辺りで足取りがゆっくりしていたので新都心のホームではすんなり見られそうだな!と思った次第です。

 さいたま新都心は1年以上ご無沙汰しましたが、浦和方には八王子駅の1・2番線東京方同様、3番線側にドリンクの自販機が鎮座して変な奴がいる時は意外と死角になりますが、幸いカメラ片手の御仁は誰もおらず、先ずは3090列車、続いて到着した臨時の8175列車の様子をチェックします。

○3090列車…この時期らしい一杯の19両編成で大宮から乗った電車と足並み揃う形で走り抜けると大宮操へ入る辺りで足取りもゆっくりしてこちらの方が先着となり、さいたま新都心のホームに降りるとバッチリと見る事が出来、ガソリン、灯油・軽油積載組のお尻の方は丁度10日ほど前に八王子行きの列車に入っていたナンバーもあり、全検出場間もないナンバーの1両である355番を漸くキャッチ。
△根岸
EF210-114
タキ1000-492 JOT[E]/根岸
タキ1000-476 JOT[E]/根岸
タキ1000-587 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-211 JOT[E]/根岸* 全検27-12-16川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-370 JOT[E]/根岸* 全検28-12-1川崎車、自重16.7t
タキ1000-868 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-284 JOT[E]/根岸* 全検28-4-25川崎車、自重16.9t
タキ1000-267 JOT[E]/根岸* 全検27-12-17川崎車、自重16.6t
タキ1000-355 JOT/根岸* 全検28-11-8川崎車、自重16.6t
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸*
タキ1000-122 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-119 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-134 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地、(A重)
根岸*=旧郡山常備車

○8175列車…浜五井発の臨時列車で同じ宇都宮タ行きの5683/5686列車の輸送力を補う形で設定されています(返送は5686列車にひとまとめ)。オイルターミナル所有の3形式(偶々ですが、タキ44000が多く連結されていました)にタキ43000のJOT車は北海道から戻った車(後で前に撮影した画像をひっくり返すと6年前の今日は地元で見ていた記録があります)やツートンカラーと連結。以前はこの大宮操を通過していた列車で今年の3月ダイヤ改正から止まる様になり、平日ダイヤはお昼頃の着発ですが、土休日ダイヤは1時間ほど早くなる様です。
△宇都宮タ
EF210-118
タキ44021   OT/倉賀野※
タキ43002   OT/宇都宮タ※
タキ43170  OT/南松本 全検28-5-30川崎車、自重16.0t
タキ44012   OT/倉賀野
タキ44001   OT/南松本
タキ43354   OT/南松本
タキ43256   JOT/浜五井# 全検25-4-18輪西派、自重16.1t
タキ1000-376 OT/宇都宮タ 石油類)黒字、K
タキ243772  JOT/塩浜*
OT所有車の※=旧西上田常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、塩浜*=旧郡山常備車、K=郡山臨時常備

 ウォーミングアップで2本熟してから改札を出て『むさしの号』は新都心駅は止まらないので運賃計算上ではセーフでゆるキャラやユニセフの募金団に見守られてお昼は『カフェタマ』でホットドッグと狭山茶の焙じ茶の昼食。ホットドッグのウィンナーはサイボクハムのものかな?と言った所で合間をみては先程見た範囲の肉付けや後で見る列車の準備をします。

 他の貨物列車では秋田貨物→東京タの2092列車は後方の新潟タ発のパートを見るといつも見掛けるボルテックスセイグンの茶色いUT15Kが2個(98005は確かですが、もう1個は4番線の電車にかぶって失念)、EUROTAINERのEURU167872[0](コキ106−444に積載)、ボルテックスセイグンのUT8C-5047(塩化メチレン専用、コキ106−747に積載)とタンクコンテナをチェック。試運転の6794列車(熊谷タ→東京タ)が通過するとEF65 2068[JR貨物色]の牽引、タキ1000-302(JOT/浜五井)、タキ1000-711(OT/川崎貨物)の全検出場車と連結。

 電車ではマスターが八王子から乗った『むさしの号』の205系が東大宮で折り返して東所沢へ回送するところを見て、この後では面白いシーンを見まして思わずデジカメのシャッターを切りましたが、651系の並走で4番線側は『草津』83号、貨物線(湘南新宿ライン)は『あかぎ』8号を担当して新宿から東大宮への回送で前者は日によって185系(『はまかいじ』や『ホリデー快速』と同じ普通車だけの6両編成で)が担当する日がありますが、651系となると驚く事間違えありませんが、常磐線時代ではありえへん姿を目の当たりにしました。お天気は申し分ないものの、ビルの谷間故に風が強い。

○3093列車…9月の遠征の際に見たものの、3月ダイヤ改正でEH200牽引からEF210牽引に変わっているのが抜けていた様でうっかりメモ。編成は八王子行きの列車と同じ14両編成。先頭だけがA重油積載車の137番で昨年の全検車で未確認でしたが、漸くキャッチしました。
△倉賀野
EF210-115
タキ1000-137 JOT/根岸* 全検27-7-3川崎車、自重16.5t 石油類)黒地(A重)
タキ1000-271 JOT[E]/根岸* 全検27-12-3川崎車、自重16.7t
タキ1000-610 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-256 JOT/根岸* 全検28-10-28川崎車、自重17.0t
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸*
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 全検28-9-5川崎車、自重16.8t
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地▼
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-836 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 全検28-5-9川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-259 JOT[E]/根岸* 全検28-9-9川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-253 JOT[E]/根岸* 全検28-6-16川崎車、自重16.6t
根岸*=旧郡山常備車、▼=表示板の逆向き

 コンテナの列車では30分遅れの3086列車(札幌タ→名古屋タ)はEH500-40牽引でコンテナでは札幌通運のU45A(U48Aやエコライナー31と同じウイングルーフタイプ)、丸運のUF16A-651と積まれ、6096列車(仙台タ→隅田川)はEH500-16+コキ50000の編成。コキ50000の前は結構見掛けた形式ですが、コキ107の急迫であれよの間に減ってこちらも1年以上見ていなかった記憶ながらコンテナはどの車も19Dオンリー。1両だけ空車や通風のV19Cの一色塗りも1個見られ、19Dを見るとJRFマーク+菱形模様が綺麗に並んでいるなと思いつつもここ2年程JRマーク+無地のタイプが登場したのか1両に1個は見られる様になり、このショットも思わず収めました。合間合間にやって来る電車でE233系が両方向から来るのでさすがに久し振りに訪れただけあって頑張ってシャッターを切った次第でもう少し早い時期に来ていたら年賀状の絵柄に使いたかったなと悔やみも出て来ますが、京浜東北線のホームを見ると少しずつホームドア設置の準備が始まり、今後は横浜辺り(根岸線に入ると横浜線の電車も入ります)まで進める予定でここが手始めと言われています。

○4074列車…幾度と無くこの列車は見ているものの、タンクコンテナは速星発の化成品と川崎貨物行きのメタノールがお馴染みですが、前者は液化アンモニア1両、希硝酸2両の組み合わせは初めてで過去最大のボリュームとなり、メインのタキ1000に目を転じると前方には9月に新製したばかりの新車(幸い、ホームからデジカメに収める事が出来ました)やこれまで貯まっていた残務処理が片付けました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-15
コキ106-844 ↑速星→川崎貨物 日産化学UT10C-9,UT10C-7,UT10C-5
コキ200- 70 日産化学UT14C-8015,UT14C-8030
コキ200- 90 ↓ 日産化学UT14C-8012,UT14C-8022
コキ200- 11 ↑川崎貨物行き OT UT26K-98018,UT26K-98019
コキ200-112 OT UT26K-98020,UT26K-98021
コキ200- 26 OT UT26K-98022,UT26K-98023
コキ200- 32 OT UT26K-98024,UT26K-98025
コキ200- 24 ↓ OT UT26K-98026,UT26K-98027
タキ1000-650 OT/倉賀野 無
タキ1000-966 OT×/宇都宮タ 新製28-9-6日車、自重17.2t
タキ1000-674 OT/宇都宮タ 全検27-10-26川崎車、自重16.9t 石油類)黒地▼
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 石油類)黒地▼
タキ1000-336 OT/倉賀野 無
タキ1000-387 OT/宇都宮タ 石油類)黒地▼
タキ1000-385 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-665 OT/倉賀野 全検27-10-8川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-666 OT/倉賀野 全検27-11-5川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-394 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-337 OT/倉賀野 石油類)黒地▼
タキ1000-887 OT×/宇都宮タ 無[塩浜派出で交検→浮島町行き]
OT×=エコレールマーク無し、▼=表示板の逆向き

 新都心の駅は京葉臨海からの5683列車まで見る予定でしたが、今度は到着が繰り下がって1070列車と干渉することを懸念(実際、大宮駅で被る形でやって来ました)しまして、4074列車を片付けた後の12時31分発の小金井行き(539M、クハE231-6046×10/宮ヤマU546編成)で大宮まで乗ります。丁度、先行する宇都宮線の電車で車両点検が発生した影響で7分程止まり、空いているシートを見付けてiPod touchで見た列車の内容を転記しながら過ごします。

 大宮駅に着くとすぐ後に到着した『草津』3号は『ぐんまちゃん』ラッピングのクハ651-1004×7(宮オオOM204編成)が参上。思わぬサプライズで温泉やSL、ゴルフと上手く絡んでいます。8564列車の編成を見ると8・9番線から3・4番線へ移動し、1070列車の到着を待つ形でまた整理しますが、アレ!到着が早い!とEF210が牽いていた頃の感覚が抜けませんね。

○8564列車…定刻の運転ならお昼頃に新都心の貨物線を通過する列車ですが、この少し前に宇都宮線の電車で車両点検があった影響でしょうか遅れていた様子が見られ、大宮駅の5番線で少し休む形で40分遅れての出発となりました。編成のタキ1000は全てガソリン、灯油・軽油積載車オンリーの編成です。
△根岸
EF65 2095[JRF色]
タキ1000-439 JOT[E]/根岸
タキ1000-582 JOT[E]/根岸
タキ1000-852 JOT[E]/根岸
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
タキ1000-244 JOT[E]/根岸* 全検28-4-6川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-504 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-628 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-231 JOT[E]/根岸* 全検28-4-1川崎車、自重16.9t
タキ1000-369 JOT[E]/根岸*
タキ1000-469 JOT[E]/根岸
タキ1000-769 JOT[E]/根岸 全検28-**-**川崎車、自重16.*t
根岸*=旧郡山常備車

○1070列車…3月のダイヤ改正から黒磯の付け替えが無くなり、越谷タまでEH500牽引の姿をデジカメに収めようと思いましたが、前の列車をまとめていたのでしょうかEF210が牽いていた頃より若干到着が早くなり、うっかりして凡ミスを犯してしまいました。一杯の18両編成で盛岡タ常備車や旧JOT車(H22新製車で887番は前述の4074列車に連結)が揃ったスタイルに加え、昨年の新製車はJOT塩浜常備車ばかりと思いきや、後半はOT郡山常備車と不勉強となり、失礼したのとあとは年明けのお楽しみでご期待下さい。
△蘇我(浜五井)
EH500-21
タキ1000- 97 OT/倉賀野 A重
タキ1000- 98 OT/倉賀野 ■
タキ1000-409 OT/盛岡タ A重
タキ1000-408 OT/盛岡タ ■
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000-303 OT/盛岡タ 石油類)黒地
タキ1000-374 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-381 OT/宇都宮タ
タキ1000-956 OT×/郡山 新製27-9-11日車、自重17.2t
タキ1000-379 OT/宇都宮タ
タキ1000-883 OT×/宇都宮タ 全検26-**-**川崎車、自重16.*t
タキ1000-886 OT×/宇都宮タ
タキ1000-449 OT/倉賀野
タキ1000-957 OT×/郡山 新製27-9-11日車、自重17.2t
タキ1000-304 OT/盛岡タ
タキ1000-885 OT×/宇都宮タ
タキ1000-378 OT/宇都宮タ
タキ1000-884 OT×/宇都宮タ
OT×=エコレールマーク無し、■=黒油専用

 3番線で1070列車を見終えて8099列車の到着まで時間があったので一度改札を出る形で北側の跨線橋へ。京浜東北線と宇都宮線との丁度真上のNEW DAYSで忘年会の差し入れでとんがりコーンを2袋仕入れて11番線へ。253系の『きぬがわ』5号が入る前後に10番線に入るのですが今日は祝日、運転があるかどうか………。この間、試運転や検査の回送を送る6795列車の様子もキャッチしました。

○6795列車…この列車番号を見ると、川崎車両所の全検出場車の試運転が先ず挙げられますが、編成内容が実に多彩で前方でホキ10000が続いていままで熊谷タ派出で交番検査を受けていた分を塩浜派出へ移管した事が伺えます。空車で扇町に着いてから送っても良いのですが、三ケ尻の時点で入れ替わる様ですね。ちなみに後3両が本来の全検出場車の試運転です。
△熊谷タ
EF210−170
ホキ10105 太平洋セメント/武州原谷 ↑三ケ尻行き
ホキ10231 太平洋セメント/武州原谷
ホキ10157 太平洋セメント/武州原谷
ホキ10165 太平洋セメント/武州原谷 ↓
タキ1000-453 OT/倉賀野 倉賀野行き
コキ104-1501
コキ104-2676
タキ1000-295 JOT/根岸* 全検28-12-24川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備車

 大宮から13時33分発の平塚行き(1877E、クハE231-6034×10/宮ウラU534編成)で浦和へ向かうと南側のガードで貨物線をEH200が牽く8099列車が走っていたので到着が遅くなった様でこれまた凡ミスとなりましたが、編成も前4両が浮島町発の他は他の12〜16両は根岸発の組み合わせです。

 浦和へ到着すると東口から真っ先にパルコへ足が赴き、スターバックスでピーカンナッツラテを一杯。テーブル席が埋まっていたので補助椅子を借りてサッと頂く形で失礼して10階のコミュニティーセンターへ。すでに忘年会の席ではN支部長による昭和30年代に撮影された国鉄車両のカラースライドの映写が始まり、真っ暗の中、空いた席に腰掛けると先に到着したU氏、M君の姿も。他にもいつもの皆さんの他にも6月まで東京支部の支部長を務められたT顧問も見えられて例によってお菓子の差し入れはマスターのとんがりコーンとO氏の『都電もなか』も加わり、17時少し過ぎに散会。マスターも暫く例会の方はご無沙汰している方ながら顔馴染みの皆さんにお逢い出来てチョットした情報交換をするのも楽しみです。

 パルコから東口の少し前までU氏と話しながら歩き、浦和から南浦和まで京浜東北線、南浦和から西国分寺の武蔵野線は行きに見掛けた209系の編成(クハ209-513×8/千ケヨM71編成、41E運用)に当たり、西国分寺で降りた時はシャッターを切ったのは言うまでもありません。

 西国分寺で中央線の快速電車に乗り換え、1〜2本早かったら立川で松本行きに乗り換えが出来たのですが、高尾行きなのでこのまま八王子まで乗ります。

 八王子で降りると少し待って坂城行きの5463列車が到着するのですが、少し遅れている様子で本来なら待つ所をこの冬は喉を痛めたマスター、来月10日は通院の日なのでこれまで養生せねばと止まっていた86列車で返送する分を見ずに改札を出て南大通りを一直線、19時には無事、自宅へと到着して平成28年の鉄道友の会関係のお出掛けは終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

H28.02.07 八王子駅&埼玉サークル例会

 埼玉サークルのロングラン例会は例年2月11日に行われますが、今年はゲストの都合で少し早い7日(今日です)に繰り上げられ、例年通りマスターも武蔵浦和で行われる例会に参加する予定で立春を過ぎて初めての鉄道友の会行事の参加で新年会が席上で行われた話も伺いました。

 夜半に降った小雪が残って所々車のてっぺんが白く覆われたものの、空はすっかり冬晴れです。自宅を10時少し前に出て富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗って午前中のこの時間、富士森あたりへ出掛けるお客さんもちらほら見られますが、市民体育館の改修工事もあってか殆ど見られませんでした。

 バスから降りると平日同様、83列車の様子をチェックし、タンク車が長いと思ったらコンテナ車ととんとんの4両の連結です。

○83列車…この所この列車でタンク車というと12〜13両の長い編成が連日続いていたのか4両の短い編成は久し振りでよく見ると2日のこの列車(=3日の80列車に連結)していたナンバーが続いています。因みにコンテナは4両全車満載です。
△竜王
EH200-12 Ps
コキ107-466 ↑梶ヶ谷タ発 新製24-1-27日車
コキ104-2642 全検24-2-23広島車 2個目に19D-42784、5個目に19D-45333(一色塗り)積載
コキ106- 62 1個目に19D-45295(一色塗り)積載
コキ104- 484 ↓ 全検26-5-2郡山車
タキ1000-633 JOT/仙台北港 無
タキ1000-585 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-442 JOT[E]/根岸
タキ1000-368 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 83列車の編成を一通り見ると(タンク車が4両だけだったので平日より20分早く)セレオのスターバックスで朝ごはんと言っても時間的にも遅いのでアメリカーノとブルーベリースコーンと軽めに頂いて。またまたメッセージ入りのカップをウオッチしてマイタンブラーの台紙があると思ったら切れてしまったので見本をデジカメに収め、一昨日は京王八王子からこのまま帰ったものですからね。

 Suicaをチャージして先ずは3・4番線へ赴き、この時間は8460列車が止まっていると思いきや、タンク車はおろか、EF64の姿も見られず空振りなり。北側の留置線には根岸のタキ1000を連ねた列が見られ、87〜86列車の編成だなとすぐわかり、今日の運転がなかった事が分かり3月までは比較的オイルの列車の動きが活発ですが、この所ガソリンが安くなっているのか少し土日も調整して運休する列車があるみたいですね。

○86列車(2/8発)…編成は7両と短めですが、8460列車の代わりに見る事ができてHD300の位置が午前中は東京方、夜は高尾方に連結されていました。
△根岸
(EF210−1**)
タキ1000-827 JOT/北袖# 無
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-363 JOT/根岸*
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地(薄め)
タキ1000-352 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 一通り終わると快速電車で西国分寺と思いましたが、運悪く八王子からの直通は2本続いて中央特快が来るので3番線からの始発電車で11時19分発の東京行きに乗ります。先程も青梅線で人身事故が発生して運用が乱れて回送表示で到着して驚きましたが、後で『東京時刻表』を見ると豊田から出庫して八王子から営業運転と平日の朝はよく見られますが、土休日ダイヤの昼間もあったと改めて知り、出発するとルームズの脇で『成田エクスプレス』8号に擦れ違い、オイルターミナルの基地は8097〜8092列車で来た根岸のタキ1000が取り下ろし中。豊田の車両センターは『グレードアップあずさ』色のクハ189-509×6(八トタM52編成)や立川から回送してきた211系の6両編成と見て到着。車内はガラガラ状態で進み、日野駅のホームからは立川駅の北口にあった第一デパートの後の超高層ビルがよく見え、電車に乗ると浅川の鉄橋を渡った辺りや京王線で長沼の高架線に上がるとサザンスカイタワーがよく見えるのと同じで今後完成したらいい目印になるかもしれません。

 西国分寺で武蔵野線に乗り換え、本屋さんで時間調整すると今月号の『ダイヤ情報』が1冊残っていたので身近な範囲ではsold outが続くも運よくありつけ、4番線に赴くと3番線を通過する根岸行きの5078列車(EF210-137+タキ1000×20/タキ1000-267、182、137と全検出場のデータ未確認のナンバー連結)を見て待ちます(意識して並んでいたらタンク車のナンバーを控えてお届けできたのですが………)。

 西国分寺から11時46分発の東京行き(1145E、クハ209-515×8/千ケヨM73編成)で武蔵浦和まで乗ります。13時半のスタートなので昼食を武蔵浦和の駅ナカで済ませて30分前に入っても余裕で間に合い、武蔵野線の電車では久しぶりの209系の担当でE235系の新製が進むとこの辺りが気になる所で音を聞いただけでもオリジナルのタイプと何処か重なり、武蔵野線の電車でも205系の旧山手車が大半を占めますが、205系の旧総武車や旧南武車、209系辺りは神出鬼没と言った形です。新座の貨物ターミナルはHD300が2号機から17号機に変わり、上りのコンテナ列車がEF66 131に牽引されて一休みしている中コンテナはエコライナー31のベージュ色や丸和通運のUF12A、丸運のUF15Aと積まれている様子を見て北側でEH200−7、西側でEF66 127が一休みと言った様子で荒川の鉄橋を渡り、西浦和を過ぎると次の武蔵浦和でおります。

 武蔵浦和で209系を見送ると東に向いているのか照り返しがきつくそろそろこのハイズームも7年経つので買い替えかな?と言った所まで来てマメに動かさなくてはと考えたら昨秋の真岡行き以来使っていなかったようです。余談はさておき、お昼は6月に来た時は『正直さんぽ』のあきらめ〜店ではありませんが、パスした丸亀製麺でお昼を頂き、並ぶっかけに天ぷらを見るとかき揚げが切れていたので半熟天がオススメと聞いた事があるものの、トングからお皿に移したら黄身がドロドロに。あとはいなり寿司2個で支払いはSuicaで。さっといただいて酢飯は甘みが強いと言った具合で流石に若葉マークなので気にならなければ卵焼きに牛肉が入ったのを頼みたかった所で八王子にも楢原や高倉、みなみ野のホーマックにあるので行こうと思えば行けるのですが………。

 改札を出てサウスピア(区役所が入った複合ビル)の3階入口近くで新幹線(下り=こまち+はやぶさ、上り=Maxとき)とデジカメに収めてからゲートイン(風が強くそう長居出来ませんでしたが………)。私が一番乗りで15分ほど経つと幹事のS君参上。続いてF氏に支部委員のK氏、鍵をもらった所でこちらはロビーへ。続いてマスターと貨車研でもお世話になっている上尾のK氏や今度はU氏も参上し、レギュラー含めていつも来られる皆さんが見えられるも今年からは高槻のK氏が出席しないと表明されて私にとっては入会以来の付き合いなので少々寂しい面もありますが………。情報交換もネタがなく、封筒一杯に頂いたパンフレットに目をやり、暫くすると鶴瀬のM君到着。自己紹介の後で1階に降りて三芳のY氏と久し振りでやはり出て来るのが阪神支部の元会員・邪魔埜の話題(俗にいう愚痴ですね)でY氏もお冠ながら私鉄部会の主力会員M氏を困らせているというとんでもない奴でこりゃ、いつかは天罰が下るのでこちらも講演を気にしてそそくさと8階へ戻り、今回のゲストは前のほくほく線の社長さんでマスターも昭和50年代の鉄道雑誌を通して国鉄の電車の転配を事細かに解説された記事を寄稿されてこちらの方の印象が強く前半はほくほく線の成り立ちから現在までの歴史、後半は国電の成り立ちとマスターも興味深く聴き入り、講演があるといつもはどこかで居眠りになるも今回は不思議とバッチリと。他にもT支部長や小平のN氏とマスターと親しい範囲や今日は代々木へ行くと思った東十条のT氏もこちらへ見えられて時間一杯の19時まで楽しく過ごす事が出来ました。

 閉会すると大方の皆さんは浦和の市内へ繰り出し、マスターは武蔵野線に乗り、武蔵浦和の2番線を185系が入る頃にゴール。EF65(2122号機)牽引のシャトル列車を見てから19時26分発の府中本町行き(1826E、クハ205-5×8/千ケヨM20編成)で西国分寺まで乗ります。会員仲間のM君やN氏、サークル幹事のS君の職場仲間(と思われますが)のS氏(=といってもマスターや前記の彼と同姓ではございません)と一緒に。北朝霞で座れると早速N氏と北米の貨車談義(前にカナダへ出掛けられた時に寄稿したことがあるのとマスターの趣味と合いまして)で暫し過ごし、新小平で別れると後は西国分寺へ向かうのみ。

 西国分寺では丁度、八王子方面が続いていた所で先行は河口湖行き(1913H、クハE233-56×10/八トタH56編成)、『かいじ』121号と来て国分寺で『かいじ』121号を待避した19時55分発の高尾行きに乗ります。意外と疎らでスマホ充電器に詰めていたエボルタの単三が消耗したかな?と空いたシートに置いて暫し交換。立川から乗ると高校生ぐらいと言った声高に会話するお姉ちゃんたちに閉口して車内の真ん中へ。意外と乗りが疎らでこのまま西八王子まで乗って行きたいと思いつつもこの後は5460列車を見たいのでここで降りる事にして、また立川、八王子と連続して時間調整で長々止まるのは何処か苦痛ですね。

 さて、八王子駅に到着したマスターは降りるとお手洗いを済ませて1・2番線へ。86列車のタキ1000の編成は凡そ9時間振りのご対面で8092列車の入換作業もあってかHD300が編成の高尾方に連結して鎮座ましまして、3番線は折り返しの快速電車が停車中。さすがに寒かったのでここでは『朝の茶事』のホットをサッと流しこみ、先頭に合わせてホームの東京方で待つも片や黒人のお兄ちゃんがケータイで話していたり、片や端っこでは中国人の集団が駄弁っていつからこんな外人が増えたんだ!とマスターの本来の最寄駅の北口にいつの間に怪しげな外国人学校が開校して観光バスではありませんが、この業界は最低限のお膳立てをして外務省や法務省、文科省あたりへ簡単な書類を提出して開校するものなのか疑問を呈し、3月のダイヤ改正で日中の中央線の快速電車が減るので日本国内の犯罪や不法残留を増やすこいつらに転嫁したいものと思っております。さて、おめあての5460列車はと言いますと、先の始発電車の後、ホンの数分経ってから到着したものの、やって来たのはEH200−21の単機でトホホ………と思い、改札を出てビックカメラの5階でBトレのチェックをして山手線シリーズの103系(初期型)、101系ともに並んで火曜日に買おうかなと思い、帰路は久し振りに南大通りを歩いてのご帰還でこの埋め合わせは11日に改めて行いますのでご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

H27.09.04 大宮周辺(その1)

 八王子を9時49分に出発する快速電車で西国分寺まで乗ります。先程見たタキ1000のナンバーではありませんが、お決まりの様に乗る8号車は同じ430番の乗車で豊田の車両センターは昨日同様189系が東京方に『あずさ』色、八王子方に国鉄色の編成と並んで休み、日野では竜王行きの83列車に擦れ違い、EF64 1043[更新色]+EH200-8+コキ50000×4の編成で最後尾には新しい一色塗りの19Dも積まれ、こちらは西国分寺で降りましたが、国分寺で青梅特快の接続待ちがあります。

 西国分寺で武蔵野線の4番線に赴くと丁度、中線で下り方面へ向かうロングレールのチキ5500を連ねたレール輸送列車が一休み。牽引がレインボー色のEF65の1118号機でアレ!先月の例会で親分のF氏がこのHOを持って来たのを思い出しデジカメに収めました。チキ5500と言うとコンテナ車の草分けでもあるコキ5500形の改造車に当たり、現存車が消滅した現在では往時を偲ぶ存在で10年以上前は良く中央線でも見掛け、その時の名残でコキ10000が出回った頃から支柱が少ないタイプになりました。

←南浦和 EF65 1118+チキ15902+15506+15601+15501+15505+15701+15801+15503+15504+15507*+15502+15602*+15901(千マリ/越中島貨物、*=支柱が少ないタイプ)

○5582列車…いつもは浮島町へ行くオイルターミナルのタンク車が入りますが、夏場は日によって海上コンテナ積み(TS LINE、Texの20フィート)のコンテナ車だけで本来のタンク車は8585〜8586列車に入っていました。
←川崎貨物 EF210-136+コキ106-252+861(空車)+107-416

 5582列車が海上コンテナ積みでこの所ハマっている”TRAINZ”にもアメリカのダブルスタックや様々な海上コンテナが登場してこの辺りから見るとJR貨物のコンテナ列車に当て嵌めると武蔵野線を走る首都圏のコンテナ扱い駅間を行き来するフィーダー列車のように港にあるコンテナターミナルと内陸のコンテナ基地を結ぶ小運転の列車と言った感じです。丁度見ているとホームを2歳くらいのボクちゃんを連れた親子連れがチョロチョロしていたので気になりましたが、ホームの上なのでこちらも神経張り詰めて気を遣うし、目を離して(というよりママさんが子供ではなく携帯でメールを打っていたので)危ないですよ!と困り者。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

H27.03.26 大宮周辺(その1)

 八王子駅で8460列車を一通り見るとそのまま3番線から始発の9時45分発の快速電車で西国分寺まで乗ります。オイルターミナルの基地は入線が無く寂しいものの、浅川の鉄橋を渡った所で『むさしの』号の205系にすれ違い、この電車に乗るとどこかで83列車に擦れ違うなと思った所で立川の手前のカーブで擦れ違い、先導のEF64を見ると8460列車は見たという事でEH200のナンバーは見落としましたが、コキ50000、タキ1000と4両ずつの連結。立川でほぼシートが埋まり、こちらはいつものように国立で乗り換えの準備をします。

 西国分寺で武蔵野線に乗り換え、少し、nonowaの中で時間調整して4番線へ。南浦和方の待合室も完成して一休みしながら出入りする電車を見つつ丁度、宇都宮タからの5582列車が通過する頃とぶつかります。

○5582列車…タンクは全車タキ43000・44000の編成で海上コンテナ用のコキ106・107がぶら下がった編成もこの頃は定着。タキ43000は初期タイプが目立ちます。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-161
タキ43027 OT/倉賀野
タキ43172 OT/南松本
タキ43357 OT/南松本 全検26-4-7川崎車、自重15.6t
タキ43029 OT/宇都宮タ※
タキ43016 OT/郡山
タキ43020 OT/南松本
タキ43346 OT/郡山
タキ43170 OT/南松本
タキ43356 OT/南松本
タキ44002 OT/倉賀野 全検25-3-11川崎車、自重15.7t
タキ43171 OT/南松本
タキ43011 OT/宇都宮タ※
タキ43015 OT/郡山
タキ43349 OT/郡山
コキ106-400 WANHAI tex WANHAI(いずれも20フィート)積載
コキ107-796 [空車]
常備駅の※=旧西上田常備車

 西国分寺から10時26分発の東京行き(1029E、クハ205-52×8(千ケヨM26編成/LED幕)で武蔵浦和まで乗ります。並ぶとオバちゃん二人連れが邪魔くさかったですが(東京行きには乗らなかったので南船橋行きでららぽーとか幕張メッセあたりへ向かうのかな?)、車内ではあれこれ予備知識を吸収し、新座タの構内はいずれも紙輸送がメインの列車でEF210+コキ104が最期のワム80000が運用された2087列車改め富士(〜百済タ)行きの1077列車、EH200牽引は今回のダイヤ改正で新設(隅田川発着の再編?)された新潟タからの2086列車と止まり、この後で西浦和で擦れ違った3074列車(EH500-5+コキ104・106・107)も石巻港からの紙輸送列車です。

 武蔵浦和から埼京線に乗り換え、待ち時間の間に新幹線を見るのが楽しみで何が来るかなと大宮へ向かう途中も新幹線側のシートに陣取り、何と言ってもこのダイヤ改正で登場した北陸新幹線の電車が注目株で『あさま』の大半が金沢行きの『はくたか』に生まれ変わり、どこかでE7/W7系に出会さないかなとちょっとした楽しみで一方、『あさま』は上越新幹線の『たにがわ』が減った分、高崎までの需要をカバーしつつも開業時からのE2系も一部がまだ健在です。

○3093列車…普段はA重油専用車を含めた長めの編成と思いきや、短めの10両編成で後7両がガソリン積みと倉賀野行きの列車ながら八王子行きのショートタイプか竜王行きのコンテナ車が連結されない83列車をと何処か重なります。
△倉賀野
EH200-22 Ps
タキ1000- 22 JOT[E]/根岸* 全検25-12-2川崎車、自重16.7t
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 全検25-10-28川崎車、自重17.0t
タキ1000-164 JOT[E]/根岸*
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-288 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-251 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

○4074列車…浮島町行きのタキ1000の他にメタノール専用コンテナを積んだコキ200が4〜5両というお決まりのパターンでしたが、先頭には熊谷タから連結された速星発のタンクコンテナ(日産化学のUT10C/液化アンモニア専用)を積んだコキ106が連結。今回のダイヤ改正で2096列車に連結していた分が統合された事が伺えますが、コンテナ車の形式が違うといつもの感覚が少々ズレてしまい、牽引機もEF64からEH200に変わり、タンク車のナンバーを見ると10日の列車に比べると667、675、885、650番が抜けて396、670番が入りました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-17
コキ106-520 速星→川崎貨物 日産化学UT10C-17,UT10C-14,UT10C-15積載
タキ1000-665 OT/倉賀野 無
タキ1000-455 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-337 OT/倉賀野 無
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無/無黒
タキ1000-304 OT/盛岡タ 無
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-672 OT×/宇都宮タ
タキ1000-377 OT/宇都宮タ
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-666 OT/倉賀野 無

○5683列車…到着がやや遅くなりましたが、12両の連結で前の方にはタキ44000の初期タイプ、真ん中に黒塗りのタキ43000の600番台、最後尾には昨年、JOTから移籍したナンバーも見付け、遅まきながらようやくデジカメに収めました。
△宇都宮タ
EF210-136
タキ43600   OT/南松本 A重
タキ44010   OT/倉賀野 全検26-**-**川崎車、自重16.5t
タキ44020   OT/倉賀野 全検26-**-**川崎車、自重16.*t
タキ1000-383 OT/宇都宮タ
タキ43543   OT×/宇都宮タ
タキ43629   JOT/浜五井* 全検25-2-4川崎車、自重16.0t
タキ43623   JOT/浜五井* 全検25-2-12川崎車、自重15.6t
タキ43353   OT/倉賀野 全検25-10-9川崎車、自重15.8t
タキ43487   JOT×/浜五井
タキ1000-453 OT/倉賀野 全検26-9-24川崎車、自重16.9t
タキ1000-887 OT×/宇都宮タ 全検26-11-6川崎車、自重17.3t[旧JOT/根岸]
×=エコレールマークなし、浜五井*=旧郡山常備車

○1070列車…標準よりやや短い14両編成の到着(最後尾が交番検査入場車)で未確認だった98番(H6新製車)、411番(H10新製車)と後は先月来た時の残務処理といった形です。
△蘇我(浜五井)
EF210-111
タキ1000- 97 OT/倉賀野 全検26-4-21川崎車、自重17.0t ●
タキ1000-408 OT/盛岡タ 石油類)黒地/●
タキ1000- 98 OT/倉賀野 全検26-6-6川崎車、自重16.7t ●
タキ1000-336 OT/倉賀野 A重
タキ1000-381 OT/宇都宮タ K
タキ1000-388 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-411 OT/郡山 全検25-9-2川崎車、自重17.0t
タキ1000-378 OT/宇都宮タ K
タキ1000-674 OT/宇都宮タ
タキ1000-394 OT/宇都宮タ
タキ1000-448 OT/倉賀野 全検26-9-3川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-413 OT/八王子 K
タキ1000-454 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ1000-410 OT/郡山 [交検/千葉貨物→浜五井行き]
●=黒油専用、K=郡山臨時常備

○8685列車…10番線を通過する際にチェックするものの、データも有り合わせを埋めた形で改めてしっかりしたデータをアップしてまいります。
△宇都宮タ
EF65 2075[JRF色、冷風]
タキ1000- 95 OT/倉賀野 全検26-7-3川崎車、自重16.7t K、石油類)黒地
タキ43575   OT/宇都宮タ*
タキ1000-415 OT/八王子
タキ1000-303 OT/盛岡タ
タキ43542   OT/宇都宮タ
タキ1000-456 OT/倉賀野 全検26-**-**川崎車、自重16.*t
タキ43607   OT/宇都宮タ A重
タキ1000-886 OT×/宇都宮タ 全検26-**-**川崎車、自重16.*t[旧JOT/根岸]
タキ1000-445 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ43545   OT/宇都宮タ
K=郡山臨時常備、宇都宮タ*=旧八王子常備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

H27.02.11 大宮周辺

 八王子から10時丁度の快速電車で西国分寺まで乗り、豊田の車両センターでは『あずさ』色のクハ189-14×6が休む傍、竜王行きの83列車に擦れ違い、終始乗りも疎らと言った状況で進みます。国立の北口の真ん前には良い感じのコメダ珈琲がオープンして親分のF氏と待ち合わせるには持ってこいかな?

 西国分寺で武蔵野線に乗り換え、丁度、宇都宮タからの5582列車が通過する頃合いに来たものの、今日は空振り。武蔵野線の3・4番線に来ると年末には工事していた待合室が完成して(あとで途中の何駅か設置工事を進めていました)、Suica対応のコインロッカーもあってこの間の名古屋行きでは会得しましたが近々出掛ける構想があるものの行きは高速バス(元八王子バス停から乗車)、帰りは新幹線なので今度は何時になる事か。

 西国分寺から10時35分発の南船橋行き(1029E、クハ205-44×3/千ケヨM3編成)で南浦和まで乗ります。最近は車内もA5のリングノートよりもiPod touchを出すことが多く、途中の様子を見ると新座タは2090列車で到着したコキ50000を荷役線に収容するところを見て発着線に止まっている残りのEH200-22+コキ50000×7(前3両がコンテナ積)+104-1838と上越国境もこのところの豪雪で列車の遅れが続いて今日はどうやら平常通りの様子で一安心。北朝霞では石巻港からのコキ50000を連ねた3074列車にすれ違います。

 南浦和で京浜東北線に乗り換え、11時09分発の大宮行き(908B、クハE233-1057×10/宮ウラ157編成)でさいたま新都心へ。例会の会場が武蔵浦和なので南浦和経由の場合、大宮で途中下車する算段ですが今日はどうでしょう。与野の手前で根岸行きの5078列車をチラリと見るも眼鏡の左耳のツルのネジが緩んだのでこりゃ、帰りに調整してもらわねばとスケジュール変更がここで生じました。

 最初は昼食も大宮駅の中にあるそば屋でも良いやと思いましたが、新都心の到着が少し早かったのでさすがにホームにずっと立つと寒いので(この時期にしてはポカポカ陽気ですが)改札を出まして、みどりの窓口の隣にある『カフェタマ』で少し早い昼食を頂き、『タマカレー』のドリンク付きをSuicaで。ルーは辛口に近い中辛で野菜が添えられてジャガイモにかぼちゃ、トマトにカリフラワーとちょっとしたサラダ代わりで楽しめ、金沢のカレーではありませんが揚げ物も添えられて鶏肉の唐揚げ(地鶏なのか妙に美味しかった)、黒豚コロッケがありました。ドリンクは狭山茶の紅茶で備え付けのダイエットシュガーを見ると何処かのアメリカ系コーヒー店と同じものでびっくり。

 昼食の後、改札を入ると丁度、倉賀野行きの3093列車が止まって機関車はデッキの大宮方からは隠れていたので4番線からホーム伝いにチェック。

○3093列車…中央線の列車を思わせるかのようなEH200(トップナンバーです)+根岸のタキ1000の組み合わせで一杯の20両編成でマスターのBトレ所蔵数とトントンです(二色の合計ですが………)。A重油専用車も昨年〜今年の全検車をまとめてチェック。地元でデジカメに収めていなかった昨年の全検車をピックアップしました。
△倉賀野
EH200-1
タキ1000- 37 JOT[E]/根岸* 全検26-10-17川崎車、自重16.7t (A重)
タキ1000-103 JOT[E]/根岸* 全検27-2-4川崎車、自重16.4t (A重)
タキ1000-131 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-106 JOT[E]/根岸* 全検26-10-22川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 全検26-7-22川崎車、自重16.7t
タキ1000-269 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸* 全検25-11-15川崎車、自重16.6t
タキ1000-212 JOT[E]/根岸*
タキ1000-499 JOT[E]/根岸
タキ1000-865 JOT/根岸
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-625 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-610 JOT/根岸 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 23 JOT[E]/根岸* 全検25-10-30川崎車、自重16.8t
タキ1000-772 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車

 同じくらいに八王子で見た『むさしの号』の205系(クハ205-14×8/千ケヨM23編成[LED幕])が東所沢へ向かう所を一休みして北陸行きの2071列車も先程の2090列車同様運転あり。3番線の案内表示を見ると『上野東京ライン』開業に向けて案内表示が新調されてこの部分が目隠ししている貴重な姿をデジカメに収め、東大宮から上野へ回送する高崎線の電車も今後は減る可能性が高くなるのでこれを収めつつコンテナの2071列車もつい確認しました。

○2071列車…前はコキ106・107+コキ100〜103の4両ユニット車の組み合わせでしたが、いつの間にかコキ104・106・107の3形式混成に変わり、この所上越国境を越える列車の遅延や運休が多かったものの、今日は平常運転でコンテナ車のフレームでも微かに雪が付いた車も目立ちます。タンクコンテナでは中央通運のUT20Aや日産化学の濃硝酸(UT13C)や濃硫酸(UT9C)専用タンクコンテナ(マスターにとっては一族と繋がりがあるので嬉しい出逢いです)、この列車の常連でもある中央通運のU19AやJOTの20フィートバルク積みも積載。
△南長岡(金沢タ)
EH200−7
コキ106- 36
コキ104-2437
コキ107- 324
コキ104-1698 [空車]
コキ106- 309 1個目に19D-42900(JRマーク入り)積載
コキ104-1329 5個目に中央通運UT20A-5211積載
コキ104-1853 中央通運UT20A-5136,日産化学UT13C-8009,みなと通運UT20A-5173
コキ107- 560 新製24-5-8日車 日産化学UT13C-8008,JOTU671619[0](アクリルアマイド液),日産化学UT9C-8002
コキ106- 834
コキ107- 876
コキ106- 145
コキ107- 961 中央通運U19A×5
コキ106- 894
コキ107- 6
コキ104-1927
コキ104-2332
コキ104-2296
コキ104-2210
コキ104-5010
コキ104- 797

 他のコンテナ列車は次の通りです。
・3086列車(大宮操を10分ほど遅れての通過):EH500-38 Ps+コキ104・106・107×20(コンテナの中には日通UV48A-38005[エコライナー31の通風版で白塗りです]、EXPコーポレーションUF16A-288[旧ヤンマー]積載)
・6096列車:EH500-58+コキ50000×20(19DのJRマーク入り&一色バージョンも5個積載)

 祝日でもオイルの輸送列車が動くものと思っておりますが、どうも分が悪く、ここで通過する宇都宮タ行き8175列車はEF64 1018の単機、根岸行きの8564列車に倉賀野行きの8099列車と空振りなり。ベンチに腰掛けて3093列車をiPod touchにまとめます。

○4074列車…暫く祝日に訪れるとコキ200が見られませんでしたが、この頃は毎回見る事が出来、タキ1000でも昨年中の全検車の未確認があるかな?と思ったら12月に訪れた時に見ていましたが、その代わり一昨年の全検車である386番を漸くキャッチ。コキ200も以前鹿島〜四日市で活躍した一桁車が見られるようになりました。
△川崎貨物(浮島町)
EF64 1028[更新色、冷風]
コキ200-106 □ OT UT26K-98015,UT26K-98018
コキ200- 2 □ OT UT26K-98019,UT26K-98020
コキ200-113 □ OT UT26K-98021,UT26K-98022
コキ200- 41 □ OT UT26K-98023,UT26K-98024
コキ200- 4 □ OT UT26K-98025,UT26K-98026
タキ1000-665 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-453 OT/倉賀野 全検26-9-24川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-337 OT/倉賀野 無
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-377 OT/宇都宮タ 無黒
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-672 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-455 OT/倉賀野 全検26-9-12川崎車、自重16.8t
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 全検25-8-21川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-650 OT/倉賀野 全検26-5-26川崎車、自重17.2t
タキ1000-666 OT/倉賀野 無
コキ200の□=枕バネ改良工事済み、×=ホーム側のエコレールマークなし

 このままホーム伝いに確認すると跨線橋の脇では邪魔する頭の足りない撮り鐡オヤヂが居て一喝。マスターの場合は調査をしている形で歩いているのですがこういう薄っぺらな目的の奴は軽蔑する向きが強いものの、鉄道友の会で知っている方なら話が弾みますが………。

○5683列車…8175列車が単機だった分、やや長い18両編成と頑張った編成内容です。顔触れを見ると郡山行きの列車でお馴染みのタキ1000-95やJOT車の応援もタキ38000が入っていたのは今や昔。タキ43000でもツートンカラーも参入し、243843番は12月、243716番は8月(中央西線の振替輸送)で確認したナンバーでタキ43000のトップナンバーも連結していたものの、殆どのナンバーは少し前に地元でちらっと見たナンバーが出てまいりました。
△宇都宮タ
EF210-124
タキ44005   OT/郡山※
タキ1000- 95 OT/倉賀野 全検26-7-3川崎車、自重16.7t 石油類)黒地、K
タキ43608   OT/宇都宮タ 重油専用
タキ43270   OT/倉賀野 [車票]
タキ43437   JOT/塩浜 全検24-8-23川崎車(30-2-16切)、自重15.7t [車票]
タキ1000-100 OT/倉賀野 全検26-5-9川崎車、自重16.7t
タキ43548   OT/宇都宮タ
タキ43349   OT/郡山
タキ43268   OT/倉賀野
タキ43449   JOT/根岸 全検24-1-26川崎車(29-7-15切)、自重15.9t
タキ243843  JOT/塩浜* 全検24-10-29川崎車(30-3-22切)、自重16.1t
タキ43000   OT/宇都宮タ※
タキ1000-445 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ1000-387 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ243716  JOT/塩浜* 全検23-10-6川崎車(29-5-9切)、自重16.2t
タキ43603   OT/宇都宮タ
タキ43014   OT/郡山
タキ43407   JOT×/浜五井 全検22-4-2川崎車(28-5-1切)
郡山※、宇都宮タ※=旧西上田常備車、塩浜*=旧郡山常備車、×=エコレールマーク撤去、K=郡山臨時常備

 前は宇都宮行きの電車に乗りましたが、次に到着する12時53分発の高崎行き(875M、←クハE233-3530×5[籠原行き]+3032×10/高タカD14+L16編成)で大宮へ向かいます。先程、3番線を通過した回送電車がこの送り込みでして、丁度高崎方のボックス席が空いていたので一駅間ながら貸切になりました。

 大宮駅に着くと南側に止まっていた185系のモハユニット(220+219)や10番線を通過する5683列車を見て3・4番線へ。1070列車の準備にiPod touchのページを準備してこの間に『草津』2号が到着するも何故か『回送』表示の上にこの前後に4番線にはDE10の1576号機(更新色赤HS=広島車両所の施行車は前の白帯が切れています)が参上。ジャリ鐡が多い事でこの後で謎が解けました。

○1070列車…昨年の夏遠征以来どうも分が悪い列車でお目当てだったH6&H16新製車の現車データも漸くゲット。編成は一杯の18両編成です。
△蘇我(浜五井)
EF210-171
タキ1000-336 OT/倉賀野 A重
タキ1000- 96 OT/倉賀野 全検26-4-18川崎車、自重16.8t ●K
タキ1000- 97 OT/倉賀野 全検26-4-21川崎車、自重17.0t ●K
タキ1000-408 OT/盛岡タ ●、石油類)黒地
タキ1000-373 OT/宇都宮タ
タキ1000-448 OT/倉賀野 全検26-9-3川崎車、自重17.1t
タキ1000-449 OT/倉賀野 全検26-7-22川崎車、自重17.1t
タキ1000-454 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ1000-674 OT/宇都宮タ
タキ1000-413 OT/八王子 K
タキ1000-410 OT/郡山 全検25-10-31川崎車、自重16.8t
タキ1000- 99 OT/倉賀野 全検26-8-3川崎車、自重16.9t
タキ1000-414 OT/郡山
タキ1000-385 OT/宇都宮タ K
タキ1000-381 OT/宇都宮タ K
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000-416 OT/郡山
タキ1000-376 OT/宇都宮タ K
K=郡山臨時常備、●=黒油専用

 この後に続いて根岸行きの8564列車が来るのですが、やって来たのはEF65 2050(JRF色、PS22)+シキ180の変圧器輸送で宇都宮線のこの輸送は小山発なので先程先行したDE10は小山で一仕事終えてこれから川崎貨物まで回送と以前は宇都宮タの機関車が掛け持ちで担当したものが宇都宮運転所のDE10の受託運用が解消されたのと構内入換のHD300化でこの様な処置になってその都度足を延ばす大変な例となりました。

 一通り片付くと北側の跨線橋から11番線へ。先のモハユニットと同じ編成の185系の先頭車(クハ185-310?)が顔を出し、10番線にタンク車の列が目に飛び込むと8099列車の到着の合図ですが、ホームに立つと253系の『きぬがわ』5号のアナウンスが頻りに耳に入って本来ならタンク車の方が先に到着しますが今日は運悪く空振りなり。このまま埼京線の19・20番線へ向かいます。

 大宮から13時33分発の新木場行き快速(1384F、TWR70-070×10)に乗り武蔵浦和へ。70-000形というとここ暫く209系やE217系同様に機器更新が進められておりますが、こちらはシートの張替えだけで今は日光線や宇都宮線へ転属した京葉線の205系を思い出す濃いめのブルーの地のものです。地下ホームを出てから新幹線では何か拝めるかなと期待しましたが、この時間帯は上越新幹線の下りと言った様子のE4系ダブルスで時期的にガーラ湯沢行きかな?といった雰囲気が感じ取れます。

 武蔵浦和は暫く工事が続いて様変わりして前はロッテリアや立ち食いそば、回転寿司の『うず潮』がありましたが、中が一変してデパ地下がそのまま駅ナカに入った様な構えになり、前は何処かに飲み食いが出来るお店があったのですが、全然無くなりこれから来る時は困ります。改札の手前で『朝の茶事』をSuicaで買って改札を出てシャッターチャンス逃しましたが、E5系+E6系の『はやぶさ』+『こまち』16号を見てサウスピア向かい、駅と直結したデッキは3階でコミュニティーセンターがある8階へ。

 埼玉サークルのロングラン例会に出席して忘年会同様、U氏の隣に腰掛け、八王子駅で買った『じゃがりこ』も出し、あれこれと歓談。いつもの皆さんの他にもよしちゃん(早々中座して上尾のK氏も残念がっていました)、丁度1年振りに高槻のK氏(マスターとも丁度20年の付き合いです)、今回は東洋電機の社長を務められた大沢さんのお話に関連してか後で東京支部のT支部長や三田会メンバーのK氏もお見えになり、普段の例会と違ってゲスト目当てで見えられる方も居るので驚きますね。マスターも6月まで東京支部の支部委員を務めていたのでT支部長にお逢いすると嬉しいもので支部委員会の前は私鉄部会のT君と3人で話す姿も懐かしくなりました。15時過ぎから講演会、17時前からプレゼントのコーナーで例年通りカレンダーも一本いただいて鉄道運輸機構のもので幸い、手提げ袋を頂く事が出来、他にも金太郎(EH500に描かれているマスコットです)のキーホルダー、あとでEF210のパンフレット(こちらは任意)と頂き、前は18時頃から1時間は夕食の休憩を取っていましたが、会場が変わったのと時間の見直しで通しとなり、19時には散会となりました。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

H26.12.23 大宮周辺

 予想以上に延びてしまい、八王子発はおよそ30分遅れとなり、10時26分発の快速電車に乗り、日野では先程のスカ色115系に擦れ違い、西国分寺へ向かいます。

 西国分寺から10時56分発の南船橋行き(1023E、クハ205-145×8/千ケヨM35編成)で南浦和まで乗ります。最初は武蔵浦和から埼京線に乗り換えて大宮駅の中で軽く昼食を済ませて新都心へ行こうと思いましたが、八王子駅での入線時刻が遅かったのと83列車のリベンジもあって遅くなった次第です。乗ったのは武蔵野線の生え抜き編成ですが、方向幕が埼京線のお下がりのLED幕で制御装置も交流モーターに載せ替えたことがわかります。途中、新座タは富士へ行く2089列車のコキ104・106とEF66の100番代が引き出し、発着線には見事に19Dのマルーン一色が積まれた(中には今年作られたJRマーク入りのマルーン一色塗りや50周年のグリーンも1個積載)コキ50000が列をなして止まっているのは今年の3月まで北王子の倉庫に着けていた分の代替に当たる石巻港からの3074列車が到着したばかりで機関車の待避線にはEH500の7号機が一休み。目立つコンテナは日通のエコライナー31くらいでした。北朝霞のホームの延伸工事が終わり、上下線でややずれている事が特徴でさすがに東武東上線の乗換駅も手伝って終日、乗換客でごった返す駅ゆえ混雑が日常茶飯事。緩和工事が行われたわけです。西浦和でEF210が牽く倉賀野からの5078列車にすれ違い、南浦和で乗り換えます。

 武蔵野線の電車で気になった編成は下記の通りで205系の※印入りはLED表示です。

・クハ205-31×8(千ケヨM20編成):2622M〜2635M〜東所沢入庫
クハ205-13×8(千ケヨM29編成※):19E運用
クハ205-53×8(千ケヨM30編成※):57E運用
・クハ205-145×8(千ケヨM35編成※):23E運用→西国分寺〜南浦和で乗車
・クハ205-44×8(千ケヨM3編成):59E運用=後刻の確認になりましたが、この時期恒例の有馬記念ラッピングです

 南浦和から11時29分発の大宮行き(1024C、クハE233-1001×10/宮ウラ101編成)でさいたま新都心へ向かいます。クリスマスホリデーで各駅から大宮や新都心へ向かう買い物客も多いものの、なんと浦和では貨物線を走る185系の新製時のストライプや乗った編成も京浜東北線のE233系トップでさいたま新都心で降りた際に乗ったナンバーを収めたのは言うまでもありません。

 新都心の駅を降りると先ずは宇都宮・高崎線の3・4番線へ。金曜日に発表した来年3月のダイヤ改正から上野・東京ラインの開業を迎え、3番線の行き先表示の『上野』一択もあと3ヶ月となり、これが『小田原』、『熱海』、『平塚』が多くなりそうですね。上野行きも東急東横線の例ではありませんが1時間に1〜2往復は残すみたいで。さて、この頃の大宮操構内はいつもなら北陸行きの2071列車が到着するところ、爆弾低気圧の影響を受けた日本海縦貫線や上越線、今日は後刻知りましたが、東北本線の強風の影響を受けていたようで止まっていたのは倉賀野行きの3093列車、後で『むさしの』号の205系も参上。

○3093列車…寒さ厳しい上州の土地柄や時期柄を反映したのか編成も20両の長い編成(前4両がA重油積載車は久し振りで)となり、岡部着時代は前日の8097〜8092列車で八王子へ行ったナンバーが入りましたが、今度は昨日の80列車に連結されたナンバーが部分的に連結。前に竜王行きの83列車でチラリと確認した52番が連結して調査が不十分になりましたがキチンとしたデータは年明けのお楽しみに。
△倉賀野
EH200-15
タキ1000-107 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-137 JOT/根岸* A重、石油類)黒地
タキ1000-170 JOT/根岸* A重、石油類)黒地
タキ1000-104 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-351 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 10 JOT/根岸* 全検25-12-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-569 JOT[E]/根岸
タキ1000-601 JOT[E]/根岸
タキ1000-191 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-365 JOT[E]/根岸*
タキ1000-419 JOT[E]/根岸
タキ1000-270 JOT[E]/根岸* 無

タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-229 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-202 JOT[E]/根岸*
タキ1000-757 JOT[E]/根岸
タキ1000- 19 JOT[E]/根岸* 全検26-5-12川崎車、自重16.9t
タキ1000- 52 JOT[E]/根岸* 全検26-8-29川崎車、自重16.9t
タキ1000-567 JOT/根岸
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 この間に通過した貨物列車は下記の通りです。

・8582列車=3月のダイヤ改正まで宇都宮タ→川崎貨物で浮島町へ返送するオイルターミナルのタンク車を連ねた列車ですが、この時期は祝日もタンク車が動く程需要が活発になると期待したものの、EF65 2101[JRF色、冷風]の単機です。

・8175列車=後で到着する5683列車と同じ浜五井発のタンク車を連ね、編成はEF64 1010[更新色、冷風]+タキ43000×8(43371・43438・43151・43358・43396など)+タキ44000×2(44015・44019)と連結。

・6096列車=石巻港から北王子着を隅田川着へシフトした紙輸送のコンテナ列車でEH500-22+コキ50000×20の編成。コンテナは両側開きの19Dが中心で今年造られた一色塗りが4個ほど見られ、一部V19Cも積載。

○4074列車…祝日はメタノール専用コンテナが積まれたコキ200が連結されない事が多いですが、今日は珍しく連結がありノートに急遽書き足しました。未確認だった今年の全検車が数両連結してここで漸くキャッチ&デジカメに収めました。
△川崎貨物(浮島町)
EF64 1038[更新色、冷風]
コキ200-113 □ OT UT26K-98007 UT26K-98008
コキ200-112 □ OT UT26K-98009 UT26K-98010
コキ200- 77 □ OT UT26K-98011 UT26K-98012
コキ200- 93 □ OT UT26K-98013 UT26K-98014
コキ200-106 □ OT UT26K-98015 UT26K-98016
タキ1000-303 OT/盛岡タ
タキ1000-453 OT/倉賀野 全検26-9-24川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-666 OT/倉賀野 無
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
タキ1000-665 OT/倉賀野  石油類)黒地▼
タキ1000-377 OT/宇都宮タ 石油類)黒地▼
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無黒
タキ1000-672 OT×/宇都宮タ
タキ1000-455 OT/倉賀野 全検26-9-12川崎車、自重16.8t
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-337 OT/倉賀野 無
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-650 OT/倉賀野 全検26-5-26川崎車、自重17.2t
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 無黒
コキ200の□=枕バネ改良工事済み、×=ホーム側のエコレールマークなし、▼=標示板の逆向き

○5683列車…冬場らしく長い編成で来ると思いましたが、前述の8175列車との兼ね合いでしょうか(返送はこの列車と対の5686列車)タキ43000ばかりの12両編成で到着。応援と言うと前はタキ38000が相場でしたが、八王子でも時々見かけるナンバーや青塗りのまま移籍したタキ43000ばかりと今一つといった雰囲気です。また、移籍車を見ると全て期限が半年延びていたのでここを宿題に。
△宇都宮タ
EF210-164
タキ43163 OT/倉賀野
タキ43014 OT/郡山
タキ43379 JOT×/浜五井 全検22-6-7川崎車(28-6-24切)
タキ43025 OT/倉賀野
タキ43268 OT/倉賀野
タキ43484 JOT/塩浜 全検23-7-29川崎車(29-8-27切)、自重15.8t
タキ43548 OT/宇都宮タ
タキ43575 OT/宇都宮タ*
タキ43032 OT/郡山 全検26-4-10川崎車、自重16.1t
タキ43419 JOT×/浜五井 全検22-5-11川崎車(28-1-21切) 石油類)黒地
タキ43465 JOT×/浜五井 全検22-4-12川崎車(28-4-12切) 石油類)黒地

タキ43006 OT/郡山※
×=エコレールマーク撤去、*=旧八王子常備車、※=旧西上田常備車

 18きっぷ片手の遠征で5683列車を見た後は宇都宮線の電車に乗りますが、今回は次の高崎線の電車で先程、東大宮から回送した12時53分発の高崎行き(875M、←クハE233-3532×5[籠原行き]+3029×10/高タカD16+L13編成)で大宮駅へ向かい、ほぼ1時間新都心のホームは撮り鉄の姿が全く見られずたまにホームの浦和方へ若者が歩いて行くと殆ど1号車あたり乗られる様で人気が疎らだと油断なりません。

 大宮に着くと丁度、後を追う形で5683列車が10番線を通過し、これを見てから南側の改札から一旦入り直します。最初は武蔵浦和で埼京線に乗り換えて大宮経由でさいたま新都心で入り直す算段でしたが、八王子での番狂わせの影響からここで入り直すと後は浦和へ行くだけです。続いて3・4番線へ。iPod touchに貨物列車の編成を準備しながら過ごすも東北本線の強風の影響でしょうか郡山から来る1070列車が遅れている様子で見られず、この後の宇都宮タから根岸行きの臨時列車である8564列車も空振り(後で時刻表を見ると8099列車とかすかにニアミスします)。このまま11番線へ行き、いつの間にやら大栄橋側へホームの上屋が延びて車両センターの構内には209系の2100番代や253系(クモハ252-1002×6/宮オオOM-N02編成)が入場中。11番線の先端と言うとカメラ片手の兄ちゃんが目立ちますが不思議と見られず、ホーム上は中年男がフラフラして後でいつもお世話になっている会員仲間のU氏の親類(本文お間違えでしたらご無礼申し上げます)に当たる部会のOB氏とバッタリ。

○8099列車…昨シーズン見たときは浮島町発(旧矢羽根色の川崎貨物常備車)と根岸発が半数ずつでしたが、今日は前者が数両で根岸発が優勢。牽引がEF66からEH200に変わっていたのか中央線の列車から見ると「チョイ足し」と言った様子です。細かい所では旧矢羽根色の現車確認もリーチ、根岸発を見ると少し前の竜王行きの列車(18日の83列車〜19日の80列車)で見たナンバーもちらほら見られましたが(87番のデータはここで正式に確認です)、照り返しの関係かデジカメにうまく収める事が出来ません。
△倉賀野
EH200-23
タキ1000-734 OT/川崎貨物◎ ↑浮島町発 無
タキ1000-735 OT/川崎貨物◎ 全検23-12-12川崎車、自重17.4t
タキ1000-752 OT/川崎貨物◎
タキ1000-741 OT/川崎貨物◎
タキ1000-703 OT/川崎貨物◎ ↓ 無
タキ1000-508 JOT[E]/仙台北港 ↑根岸発 石油類)黒地
タキ1000-198 JOT[E]/根岸*
タキ1000-846 JOT[E]/根岸
タキ1000-877 JOT/根岸
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-368 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-290 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-244 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸* 全検26-8-18川崎車、自重16.9t
タキ1000- 90 JOT[E]/根岸* 全検26-9-30川崎車、自重16.8t
タキ1000-609 JOT[E]/根岸
   ↓
川崎貨物◎=旧矢羽根色、根岸*=旧郡山常備車

 漸くここで一段落。エキュートの西側にあるNEW DAYSでカルビー・ピザポテトのデミグラス味を2袋Suicaで買い、13時39分発の上野行き(620M、クハE231-6012×10/宮ヤマU512編成)で浦和まで乗ります。大宮操の構内にはEF210が牽くコンテナ列車が一休み。FLのU31Aが積まれた車が目立ちます。

 埼玉サークルの忘年会と言うと与野本町のコミュニティーセンターで行われる事が多いですが、例会が行われる浦和東口のパルコの上にあるコミュニティーセンターは3年振り。1階にスターバックスがあるのでここに立ち寄って入るのがお決まりのパターンで久し振りに訪れ、東口の駅前は歩道の整備が終わって綺麗に石畳が並べられて駅前には浦和レッズのラッピングが貼られた国際興業のバスが止まっていたのでデジカメに収め、そういえば、山梨交通にもヴァンフォーレ甲府のラッピングバスがあったなと思い出しました。久々の浦和パルコ入りでスターバックスのお店もサイレンマークが今のタイプに変わり、店内もガラス張りの脇がテーブル席から低めのソファー席に作り替え、明るい茶色のファブリックは余り東京都内や知っている範囲のお店では見掛けた事がありませんが、テーブルは見慣れた逆コの字型の木のものです。この時期定番のジンジャーブレッドラテを頂き、応対したパートナーさんがブラックエプロンを締めていたのでまだ無印なのでこれから頑張って下さい。

 久しぶりに来たのかコミュニティーセンターは9階かな?とエレベーターのボタンを押し、降りるとフロアがエラく変わっていたので改装したと思ったらワンフロア上でマスターもここ数年、定例会すらご無沙汰したので感覚が鈍りましたね。到着は14時10分頃で先着のU氏の隣に腰掛け、幹事のF氏へ手土産のお菓子を渡し、今日は支部委員のK氏は地域の餅つき大会、新座のS氏はお仕事、道産子のK氏は不明と言った具合で例年もっと見えていたのにこの後で世田谷のM氏に鶴瀬のM君、よしちゃん(直接お逢いするのは1年半ぶり)と参上して総勢10名ほど。近鉄ビスタカーの映画から63型電車のジュラ電の解説、M氏の駒場田んぼなどの画像にマスターは先日の名古屋行きで名古屋支部のN氏から頂いた『鉄子の育て方』のDVDを披露。2枚頂いたのでもう一枚は3月に紹介することにしました。また、よしちゃんも都電の撮影のついででデジカメもIXY630と最新型にチェンジ。伊右衛門やなっちゃんオレンジを飲みながらお菓子もマスター持参のカルビーピザポテトのデミグラ味、源氏パイにヨックモックの”東京駅の煉瓦”というチョコのお菓子に酒造ではお馴染みの山田錦を使ったおせんべいを頂き、お開きの17時前まで短時間ではありましたが、楽しむ事が出来ました。

 浦和から17時01分発の桜木町行き(1609B、クハE233-1057×10/宮ウラ157編成)で南浦和まで乗り、マスターは一駅なのでM君、よしちゃんと一緒に乗るも名残惜しくお二方とも良いお年をお迎えください。

 南浦和で武蔵野線に乗り換え、デジカメの画像をモードを変えながら収めて17時11分発の府中本町行き(1630E、クハ205-147×2/千ケヨM62編成)で西国分寺まで乗ります。武蔵野線の205系で往復、旧山手車に当たる事は多いものの、往復で新製時点からの生え抜きに当たるのは珍しい例です。この辺りに乗ると立川で松本行きに乗り換えられるな!と思い、211系が入線していたらラッキー!と言う事で行って見てのお楽しみ。

 西国分寺で17時41分発の高尾行きに駆け足に乗り、立川の5番線に注視。青梅線の電車を待つ列を気にしながらダッシュします。

 立川から17時51分発の松本行き(447M、クハ211-2×6/長ナノN602編成)で八王子まで乗り、6月から少しずつ投入が始まった中央東線の211系、漸く年の瀬でご対面となりました。さすがに「中央線」だけ書くと大先輩の名古屋近郊と混同しますのでここはご愛嬌。考えてみると先日の名古屋行きで関西本線で乗っていたのでこの気遣いか今回は東京方のロングシートに腰掛け、元々東海道線の配置で新製時点で見られなかったドアの押しボタンスイッチもお客さんが疎らな間にデジカメに収めます。4番線に根岸行きの84列車(EF210-132+タキ1000は昨日の85列車と同じ)が到着して211系×EF210は何処か東海道線に行ってしまった錯覚に陥り、2本快速電車の接続を取って出発。乗り換え客やショッピング帰りで程々埋まり、2号車のモハ211は東海道線の編成だけの存在でこちらも10年くらい前まで駿河路までは当たり前の様に足を延ばし、E233系と211系の乗り換えは熱海か沼津、時間帯によって国府津だけかと思いましたが、中央線でも立川や八王子、高尾でも出来ますね。中吊りを見るとJR東海の電車は割と旅行センターのものが多いですが、八王子の子安神社や立川のサカゼンと中央線のものだとふと現実に戻って八王子駅に到着。

 八王子駅に降りると1番線の北側には明日の86列車に乗せるタンク車が控えて現車16両の連結。さすがにこう暗いと前方が見えないのが悔やまれますが、後方は昨日の8460列車に連結されたナンバーも。

←HD300-8+タキ1000×3+196+794+238+869+625+582+588+495+162+868+295+432+20

 南口から18時25分発の富士森公園経由・法政大学行きのバスに間に合い、自宅には遅くとも19時着と予告しましたが、西八王子の南口まで乗るとコンビニで夜食を仕入れる所、拓真高校の上のバス停で降りる予告が無いと押すのがお決まりでこの分帰宅がやや早くなります。

 これで平成26年中の鉄道友の会関係の用事もほぼ終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

H26.09.05 千葉周辺(その2)

 8685列車が終わった所で中休み。蘇我から12時32分発の逗子行き(4138〜1138F、←クハE217-2035×4+13×11/横クラY-135+Y-13編成)で千葉まで乗り、時間的には中途半端になりますが、割振りからすると仕方ありません。何とか座れて千葉中央に止まる電車を伺うと新京成の8000形が停車中。内房線からの電車らしく律儀に3番線に入線しました。

 千葉駅で小休止してお手洗いを済ませ、地下通路の次世代自販機でフロムアクアの500mlを仕入れ5・6番線へ。

 千葉から12時54分発の成東行き(1647M、クハ209-2145×4/千マリC421編成)で蘇我へ向かい、『成田エクスプレス』は22号が7番線を通過して千葉中央には新京成の8000形が止まっています。

 再び蘇我に現れて5・6番線から乗換通路から1・2番線へ。次は5883列車の到着でこちらもまた同じナンバーの連結は無いかな?と気になります。

◯5883列車…これまた先々週、大宮で確認した時と同じナンバーはステンレスタンクのタキ143645(3度見ているのでこの列車の主ですね)を含め4両連結して、移動車を見るとタキ43000の44t車では本輪西、タキ1000では根岸、本輪西の移動車と散見しました。
△倉賀野
KD60 3 →EF210-142
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ243692  JOT[e]/浜五井# 全検22-4-21輪西派、自重16.3t 無
タキ243696  JOT[e]/浜五井# 全検22-5-21輪西派、自重16.3t 無
タキ43030   OT/八王子 無[車票]
タキ243691 JOT[e]/浜五井# 全検22-6-25輪西派、自重16.3t 無[車票]
タキ43027   OT/倉賀野 無
タキ43003   OT/南松本※
タキ1000-506 JOT/根岸
タキ1000-861 JOT/北袖# 全検25-10-16輪西派、自重17.2t 石油類)黒地
タキ143645  JOT/浜五井* 石油類)黒地
タキ1000-626 JOT/根岸
タキ1000-375 OT/宇都宮タ 石油類)黒地、K
タキ43324   JOT/根岸 [車票]
タキ1000-452 OT/倉賀野 石油類)黒地
[e]=エコレールマーク入り、浜五井*=旧郡山常備車、浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車、※=旧西上田常備車、K=郡山臨時常備

 暫くすると4095列車が到着するのでホーム伝いに確認すると幸い、被らずに片付きました。

◯4095列車…コンテナ車はコキ106、コキ107両形式ばかりの編成でセンコー、京義、JOTのバルク用ISOコンテナにJR貨物のウイングルーフコンテナ48AのH26製バージョンと見られ、最初のグループと違って段になった羽根模様がなく、先頃製作した12フィートと同様にスッキリした外観です。積み方が左側にラテックスの12ftタンクコンテナが積まれて何処か歪な感がします。
△千葉貨物
EF210-109→KD60 3
コキ107- 728 [空車]
コキ106- 13
コキ107- 173 宇部興産UH20A-495,[欠],UH20A-504
コキ106- 158 [空車]
コキ107- 378
コキ106- 321 全検26-5-1川崎車
コキ107- 312
コキ106-1129
コキ106-1072
コキ107- 966 新製26-5-1日車
コキ106- 423 [空車]
コキ107- 121 全検26-7-2川崎車
コキ106- 645 全検21-10-14名古屋車 JOT UT5A-75[ラテックス],48A-38036
コキ106-1123 全検25-11-6名古屋車 SKGU113261[9],KYGC0010011,KYGC0010002
コキ107- 916 新製25-12-10日車 KYGC0010009,JOT UT5A-51[ラテックス],JOTU113251[6]
コキ106- 485 SKCU113237[3],JOTU099211[8],SKCU130219[2]
コキ107- 696 新製24-9-25日車 JOT UH20B-233/E,UH20B-356/P,UH20A-449/P
コキ106- 49 JOTU671414[0](ジメチルホルムアミド),TRLU02**79[8](アセトン),IPCU080179
※SKCU=センコー、KYGC=京義倉庫、UH20A/Bの専用種別=E:ポリエチレン、P:ポリプロピレン

 この2本が出発するとiPod touchで5683列車から5883列車までの3本をベンチに腰掛けながら整理し、片付くとDilaをぶらりと。春遠征の時と同様にデニッシュバーもいいなと思いましたが、さすがに冷たいものと一緒となると合わないのでミニプラの店先の冷蔵庫にあったチョコレートが美味しそうだったのでキャドバリーのデイリーミルクをSuicaで。再び1・2番線に戻ると京葉線から夕方の5061列車(広島タ行き)を牽くEF210-15が到着。さて、チョコレートを頂くとフェアトレード商品とのことでいいものを選び、お次は郡山からの1070列車の到着を待ち、西口で付け待ちするタクシーが三ツ矢タクシーばかりでこの時期らしく冷たいサイダーを頂きたいものの、お目当ての1070列車が定刻になっても来ず、後刻知りましたが、宇都宮での車両故障が発生した為に影響が出ていたとの事です。また、高崎線でも鴻巣で踏切障害があったとの事で武蔵野線までは順調ながら大宮以遠は大変な事になったとこの時は未だ知る由もありません。

 宇都宮線のダイヤの乱れの影響でしょうか予定を一本繰り上げて14時50分発の内房線からの千葉行き(184M、クハ209-2157☓4/千マリC439編成)で千葉まで乗ります。本千葉ではちはら台行きの京成3500形(4両編成のB53運用)や千葉中央では新京成8800形と見て千葉駅は3番線の到着。

 再び迷路のような地下通路を歩き、お手洗いに立ち寄り、改札口をかすめてお次は東側のNEW DAYSで銚子電鉄のぬれせん(今回は濃い味の5枚入り)を頂きます。NEW DAYSながら昔のKIOSKの役割を担っているのでしょうか地場モノの棚が一列用意されて銚電ぬれせんの他にも貝の佃煮や米屋の最中(栗ようかんが有名ですが)と並んでこれが大きいお店が高崎の『いろは』や八王子の『やまたまや』なのだろうと感じ取れ、恐らく改築が終わると千葉駅にも似通ったコンセプトのお店が設置されるものと思われます。再び3・4番線へ。今度は15時31分発の木更津行きに乗り、7番線を通過する『成田エクスプレス』30号はクロE259-10×6+1×6(横クラNE-010+NE-001編成)が通過。横浜行きの編成はこの間河口湖行きの『成田エクスプレス』10号で見掛けた編成で新宿行きは13号で見掛けましたが、12号〜29号で横浜(間に大船で一休み)まで往復した格好です。

 今回の遠征も漸く終盤で15時31分発の木更津行き(191M、クハ209-2108×6/千マリC408編成)で蘇我まで乗ります。幕張からの回送で13分前の到着。最後の2080列車は南松本発の列車だけあって身近なので先月の松本行きの様にオイルターミナルからの移籍車の定期検査上がりや意外な所の移動車の発見と勉強せねばなりません。千葉中央では京成の新3000形のちはら台行(3002-1×6/B09運用)を見て新京成のN800形と並んだら面白そうな組み合わせですが本千葉を出て京葉線の高架が見える手前で減速して再びダッシュして蘇我の5番線に到着します。

 蘇我に着くと5・6番線から乗換通路経由で1・2番線へ。2080列車の到着も間近でEH200目当ての撮り鉄が多く、一眼レフ2台持ちなる猛者のオヤジさん(内房線の大騒ぎになったSL運転の時も出撃したのでは?)や昨夏亡くなられた埼玉サークルのベテラン会員さんを思わせる風貌のお兄ちゃんとマスターにとっては少々邪魔っけな面々ですが、こんな事を他所に編成をチェック。

◯2080列車…一杯の17両編成での到着で今年はオイルターミナル移籍組の全検出場が多いものの、編成を見ると本輪西四日市からの移動車もちらほら連結。四日市の常備車は最初、中央西線の振替用で来た(218番はここで確認しております)と思っていましたがこのまま居着いた格好の様で今後追って見て参りますのでご期待下さい。
△千葉貨物(浜五井)
EH200-3
タキ1000-444 JOT/根岸 全検26-4-18川崎車、自重17.0t
タキ1000-860 JOT/北袖# 全検25-5-21輪西派、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-652 JOT/根岸 全検26-7-30川崎車、自重16.8t
タキ1000-890 JOT/根岸
タキ1000-657 JOT/根岸 全検26-7-25川崎車、自重16.8t
タキ1000-403 JOT/浜五井 全検25-6-24川崎車、自重17.2t 石油類)黒地 K
タキ1000-663 JOT/根岸 無青
タキ1000-566 JOT/根岸 無
タキ1000-855 JOT/北袖# 全検25-6-26輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-862 JOT/北袖# 全検25-7-16輪西派、自重17.2t 無

タキ1000-266 JOT/四日市* 全検23-9-7川崎車、自重16.8t
タキ1000-885 JOT/根岸 無
タキ1000-289 JOT/浜五井*
タキ1000- 12 JOT/根岸 全検26-6-16川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-887 JOT/根岸 無
タキ1000-218 JOT/四日市* 全検23-10-14川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-243 JOT/浜五井*
浜五井*、四日市*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車、K=北袖臨時常備

 ホーム伝いに最後尾まで見て快速電車まで時間があったので5・6番線の安房鴨川方へ進み、大きめのサイズで本輪西から移ったタキ1000を頑張ってデジカメに収め、松本行きに引き続いて二度目で1・2番線に戻ると今度は湘南色の115系が現れて週末に運転される団体列車の試運転と後刻人伝で知りましたが、113系の復刻カラー(丁度同じ事を長野の115系でもやっていますね)以来のご対面。因みに編成はクハ115-1137×4(高タカT1146編成)です。

 蘇我から16時20分発の外房線からの快速電車(4508〜1508A、クハE233−5020×10/千ケヨ520編成)で東京まで乗ります。京葉線のE233系は中央線と同じで中間のクハとサハの位置が揃えられて編成表を見ると付属編成が蘇我方なので言わば中央線の201系に当て嵌めると新製当初の組み合わせで逆になっている点に注意です。乗車したモハE233の5000番代は中央線ではサハの500番代の位置に当たり、中央線の編成も201系の組成をそのまま引き継いでいたらここに入っていたかもしれません。外房へ遊びに行った帰りのキャスター片手のお姉ちゃんが結構いたものの腰掛けた脇の女子高生の喋り口調が歳の割に刺々しかったのかつい一喝。ホンマ、親の顔を見たいもので海浜幕張が最寄り駅なのか分かりませんが追っ払い(?)ました。海浜幕張ではメッセの展示会帰りのお客さんが多く程なく満員に。この辺りから少しずつ武蔵野線の姿も見られるようになり、この時間になると八王子に『むさしの号』で来る時間帯なので親近感がわき、気になる編成では南船橋ではクハ205-146×8(千ケヨM62編成、39E運用)、新浦安で209系(17E運用)と見てベイエリアの風景を楽しみつつ、新木場に来るとスカイツリーが見えてきて東京駅も近くなり、潮見を過ぎて越中島のトンネルをくぐるとこのまま東京駅の京葉ホームに到着して今日は第1金曜でうちの例会の定例日で昔は良く八丁堀に来ていたので懐かしいですが、今月は休会なので出られた訳ですが、遠征+研究会の定例日は色々とやらねばならない事があってキツい面もありますので物理的に不可能です。17時を回って東京駅の京葉3番線に到着。

 東京駅の京葉線ホームから京葉コンコースのエスカレーターはディズニーランド帰りで且つキャスター片手のお上りさんで渋滞していましたが、歩く歩道をゆっくり進んでも15分程で中央線のホームに着き、お目当ては17時31分発の通勤快速なので余裕があり、待つ間にワンダのモーニングショットを仕入れて待ちますが、さすがに夕方の詰まったダイヤでこの前後はどうやら遅れるのがお決まりの様ですね。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H26.09.05 千葉周辺(その1)

 夏の18きっぷ片手の遠征も9月中は初旬の間も使えるので7、8月中の暑さ対策で猛暑も和らぐ時期を狙って出ようと思いましたが、8月の下旬はぐずついた天候の日が続いて足踏み状態。遠征も今週こそ行くぞ!と思った所で昨日一昨日と起き抜けで今一つパワーが入らず二日待ちましたが、漸く千葉周辺へと回りました。つい一ヶ月前は中央西線の橋桁流出の影響から盛んに中央東線経由の振替輸送が続いてこれに紛れ込んだり、5月まで北海道に居たタンク車と見所があるのでは?と勘付く次第です。今まで千葉行きの遠征はiPod touchを持参しませんでしたが、先々週の大宮周辺での遠征で見掛けた列車も多く、復習するつもりで同じナンバーに出会さないかなと照らし合わせと称して今回初めて携えた次第です。

 自宅を出て西八王子から電車に乗るも丁度、竜王行きの81列車が通過する頃合いなので眠い眼を擦りつつナンバーが読み取れるかな?と不安を持つも慣れているので心配いりません。連結していたタキ1000のナンバーを見ると未確認の全検車(緑文字のナンバーです)があり追々、押さえなくては。

△竜王
EH200−8
タキ1000-190 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 79 JOT[E]/根岸* 全検25-12-10川崎車、自重16.9t
タキ1000-880 JOT/根岸
タキ1000- 10 JOT/根岸* 全検25-12-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-125 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 49 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 7 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 40 JOT[E]/根岸* (A重)

タキ1000-197 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 52 JOT[E]/根岸* 
タキ1000- 71 JOT[E]/根岸* 全検26-5-12川崎車、自重16.7t
タキ1000-215 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸* 全検25-12-9川崎車、自重16.7t
タキ1000-791 JOT[E]/根岸
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検25-8-29川崎車、自重16.7t
タキ1000-256 JOT/根岸* 無
タキ1000-253 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車

 南口から乗ると丁度法政大学行きのバス乗り場には京王の100周年記念復刻カラーとまたまたご対面。駅員さんが居る窓口から1番線の高尾方へ。マスターが乗る電車と前後して到着する甲府行き(521M、クハ211-3×6/長ナノN603編成)で211系が到着してこれで田町のセミクロス車は半分入った事になり、来春までには長野の115系も211系に総入れ替えするのだろうと予想されます。

 西八王子から7時01分発の東京行きで御茶ノ水まで乗り、朝活や早出の学生も多いながらも何とか座れましたが、両側が体格が立派な方同士且つ大荷物で少々窮屈な気がしたものの(E233系は国鉄時代の電車よりも座幅は拡がったのですが………)、快調に進み、八王子のタンク車は86列車で根岸へ返すタキ1000の8両編成にオイルターミナルの基地はこちらもツートンカラーのタキ1000の姿をキャッチして8460列車で返送する分だなと分かります。立川で通勤特快の接続待ち、国立は2番線と停車して山手線の内側に入る頃まで一眠り。目立つ遅れもなく、定刻通り御茶ノ水に到着。

 御茶ノ水から8時16分発の千葉行き(730B、クハE231-20×10/八ミツB20編成)で錦糸町まで乗ります。乗ると早速空席を見付けてちゃっかり腰掛け、両国で立つと錦糸町で乗り換える準備をします。

 錦糸町で快速電車の3・4番線へ移動します。八王子を出発した頃は好天でしたがこの前後から少しずつ曇りがちになったものの、8:30を回った頃に少し日が射してきました。東京駅から回送して昼寝するE217系も本線側の1編成だけでしたが、あれよの間に2本が入庫して計3本と入ってスカートの形状が違う点やスカイツリーとデジカメに収め、付属編成が止まる辺りの次世代自販機でWANDAのモーニングショットを買って千葉行きの快速電車の到着を待ちます。

 錦糸町から8時55分発の千葉行き(761F、←クハE217-47×11+2027×4/横クラY-47+Y-127編成)で千葉まで乗ります。晴れたり曇ったりの空のもとを東進。亀戸の東武電車は空振りでしたが新小岩の快速ホームは今やすっかり中央線の快速電車と並ぶ自殺ポイントになってしまった関係はホーム上のガードマンさんの姿を見ると納得。こちらのお目当ては信号所の発着線で奥には例によってホキ800の列に越中島行きのチキ6000にDE10の1571号機、鹿島臨海へ行く1095列車が停車中で牽引するEF210の172号機は機回しを済ませ、パンタを下げて一休み。コキ104・106・107混成の17両編成で前方には中央通運の塩化ビニール樹脂専用UT20Aが先頭に全部積まれて後4両は空車続き。江戸川を渡ると千葉県に入り、本八幡〜西船橋の飛ばしっぷりは迫力があり、西船橋は東西線の05系ワイドドア車と並んで入線し、船橋は東武8000系の8151×6の姿が見えて非冷房の最終グループあたりといったグループで60000系投入が進む今となってはまだまだ頑張っています。津田沼は本曇の空模様で到着して錦糸町辺りから乗ったお客さんも殆どが降りた格好で後は市川から千葉市内へ向かうお客さんが中心です。幕張の車両センターは春遠征の時は偶々185系のEXP185カラーの編成が止まってこれも夏頃に廃車になって残念でしたが、構内は209系はじめ昼寝するE217系ばかりでこれと言った目立つ顔が見られません。稲毛を過ぎると黒砂のオーバーパスを走り、千葉駅は外房線の5番線に到着します。

 千葉駅に到着して4月に訪れた時と同様に駅舎改築を併せた大改良工事の真っ只中。北口側のお手洗いを済ませると駅弁の売店はホーム上は工事の影響から全て取り払ったので東側地下道にあるおそば屋さん前の売店(中央の地下通路から行くと迷路みたいです)で仕入れ、この時期に来ると『潮干狩り弁当』も良いのですが来る度同じのも何なのでここ数年千葉駅の駅弁でお馴染みとなった『千葉寿司街道』シリーズが気になったのでこの時期らしく秋刀魚を頂きました。次の木更津行きに合わせて3・4番線へ。『朝の茶事』を買おうと自販機が見当たらなかったので西口の端っこ(成田線側)へ赴いてしまったものの、グリーン券の券売機の脇にありまして大ボケですね。早速舌鼓を打つと笹の上にはおぼろ昆布で巻かれたさんまの西京焼きが載って切れているのと醤油が添えていましたが、さすがに味噌味となると合わないのでストレートで。『千葉寿司街道』とネーミングの通り千葉県内各地で穫れる旬の鮮魚をネタにして秋は銚子の秋刀魚(+佐倉産の味噌)ですが、春は鯛、初夏は鰹(勝浦)、夏は鯵、晩秋〜冬は鰯と言った具合です(間違えていましたらごめんなさい)。売店を覗くと”千葉駅=万葉軒”の印象が強いですが、少しずつながら東京周辺と同じくNRE駅弁も並んでおります。早い昼食の後はベンチに腰掛けてiPod touchでこれから見る列車の下準備をして房総2線のホームを出入りする編成のチェックをしながら過ごしました。

 千葉から10時33分発の木更津行き(163M、クハ209-2126×6/千マリC626編成)で蘇我へ向かいます。10分前の入線でスタンバイ。程々乗ってくるものの、県庁や官庁街が近い本千葉で降りるお客さんもちらほらと。千葉中央駅では新京成のN800形(N811×6のマリーンズ号)とご対面。

 蘇我に着くと春遠征の時は控えているE257系の回送のナンバーを控えそびれましたが、今回は乗換跨線橋経由でバッチリと。向かい合わせもデジカメに収めて5683列車の入線を待ちます。すると、跨線橋の真下で喫煙する馬鹿者を目撃し、これからオイルの積車が着くと言うのにアホかいなと思い、こういう奴は乗っている運賃の10倍ふんだくって三陸や常磐の震災復興に充てて欲しいものです。

◯5683列車…編成の内容も先々週の大宮行きの際と同じナンバーが入るだろうと予想しましたが、若干連結する両数が増えたもののドンピシャリです。1359列車が到着すると後7両が被る格好になりました。
△宇都宮タ
KD60 4→EF210-164
タキ43002   OT/宇都宮タ※ 全検26-7-16川崎車、自重15.8t
タキ1000-414 OT/郡山 全検26-1-8川崎車、自重17.0t [車票]
タキ44006   OT/西上田 [車票]

タキ43270   OT/倉賀野 無
タキ43007   OT/倉賀野※
タキ43164   OT/倉賀野 無[車票]
タキ43546   OT/宇都宮タ 無[車票]
タキ43606   OT/宇都宮タ 無
タキ43539   OT/宇都宮タ 無
タキ43001   OT/南松本※ 無

タキ1000-304 OT/盛岡タ K
タキ1000-399 OT/宇都宮タ
タキ43163   OT/倉賀野
タキ43017   OT/郡山
タキ1000-385 OT/宇都宮タ 全検25-5-14川崎車、自重16.8t
タキ43009   OT/八王子※

※=旧西上田常備車、K=郡山臨時常備

◯1359列車…目立つコンテナは3両目に積まれたJOTのUT11G-95000(コンクリート混和剤専用)くらいですが、後7両は全て19系コンテナの顔触れ。9両目には今夏出来たばかりの一色塗り19Dを発見。
△千葉貨物
EF66 115→KD60 4
コキ104- 36 [空車]
コキ104- 229 [空車]
コキ107- 17 全検25-11-28広島車 (UT11G-950**積載)
コキ106- 29
コキ104-2907
コキ104-2888
コキ104-2230
コキ107- 493 新製24-4-4川重
コキ104-5007 全検23-6-22川崎車 5個目に19D-42323積載
コキ106- 526 全検25-9-24川崎車

◯1091列車…中央線ではおなじみの所でEH200が午後の2080列車で来ますが、こちらは愛知のEF64が担当。マスターは赴いた記憶は無いのですが、同じ千葉エリアでも成田〜鹿島方面ではお馴染みの事を思うと意外ですね。コキ107の新車も所々見られ、最後尾には1000番が連結され、増備のハイピッチさが感じ取れます。気になるコンテナでは出光、JOT、京義に続いてセンコーのバルク用(コキ106-768に積載)も見られ、午後の4095列車でも見掛けました。
△千葉貨物
EF64 1038[更新色、冷風]
コキ104-1724 [空車]
コキ107- 214
コキ104-2809
コキ106- 781 (出光20’×2、JOT20’タンク[ラテックス]×1)
コキ107- 933 新製26-5-2川重 (出光20’×2)
コキ104- 937 新製26-5-9川重 (出光20’×2)
コキ106- 730 全検21-10-5川崎車
コキ106- 768 全検21-12-1広島車 SKCU140291[0]
コキ106-1047 [空車]
コキ106- 948 [空車]
コキ200- 47 全検22-8-23川崎車[空車]
コキ107- 908 新製25-11-25日車
コキ103- 14 宇部興産UH20A-470,UH20A-486,UH20A-481積載
コキ102- 14 [空車]
コキ102- 13 ガスケミカル西日本UT9A-5018*、千葉製粉UT20A-5026、同和通運UM13A-264積載
コキ103- 13 日陸UT13K-95004,JOT UT11G-95041,日陸 UT12K-95007
コキ104-1701
コキ104-5031 全検23-12-19川崎車
コキ107-1000 新製26-6-13日車
*=旧エムティビーのアクリルアマイド液専用、コキ103-13積載の日陸UT13K&UT12Kはリニアレン専用、JOTUT11Gはコンクリート混和剤専用

 お天気も10時頃は晴れたり曇ったりでしたが、正午を回るとすっかり晴れ渡り、千葉は海沿いなので内陸部と違い、海風が入るのか幾分凌げる陽気です。ホームの千葉方にはカメラ片手のお兄ちゃんがウロチョロと時折『鉄道ファン』で読者のお便りコーナー欄でどうでもいい事を述べる奴とかな?と言った感じがしますが人違いでしたらスミマセン。

◯8685列車…こちらも先々週の大宮行きの際に確認したナンバーが結構連結されているだろうと思ったら大当たり。タキ1000の101番のデータもここでチェックしました。列車自体も甲子発で先頃コスモの製油所と共同利用が締結され、いずれは浜五井発か同じエクソン系の浮島町発に移行される様子ですが良く頑張っています。
△宇都宮タ
KD55 201→EF65 2068[JRF色、赤プレート、冷風]
タキ43545   OT/宇都宮タ
タキ43600   OT/南松本 A重
タキ43603   OT/宇都宮タ
タキ43581   OT/宇都宮タ 無
タキ43552   OT/宇都宮タ 無
タキ43575   OT/宇都宮タ# 無
タキ1000-380 OT/宇都宮タ K
タキ1000-379 OT/宇都宮タ
タキ43542   OT/宇都宮タ 無
タキ1000-101 OT/倉賀野 全検26-4-21川崎車、自重16.7t
タキ43607   OT/宇都宮タ ●
タキ43549   OT/宇都宮タ
タキ43608   OT/宇都宮タ ●
タキ1000-415 OT/八王子 K
タキ43528   OT/宇都宮タ 無

●=重油専用、宇都宮タ#=旧八王子常備、K=郡山臨時常備

 8685列車が止まる間は手前に1091列車が止まっているので出発後の数分間で慌ててデジカメを収めて出発を見送りますが、後方に八王子常備のタンク車が連結していると何処か(?)命拾いした感がします。

  続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

H26.08.22 大宮周辺(その1)

 西国分寺で中央線から武蔵野線に乗り換え、nonowaで時間調整して4番線に入ると暫くしてから宇都宮タからの5582列車が通過してゆっくりした足取りで3番線を通過していたのでナンバーのメモが出来、暑さ対策でここでFROM AQUAの500mlを仕入れました。

○5582列車…前はお昼ごろに大宮あたりを通過しておりましたが、この頃は行き掛けの西国分寺のお楽しみ(?)といった形になりました。タンク車はタキ43000オンリーでこの間南松本行きの列車で見掛けたナンバーがチラホラといった感じで後方には塩浜派出行きでしょうかコキ106・107の回送がぶら下がっていました。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-163
タキ43354 OT/南松本 全検25-10-7川崎車、自重15.5t
タキ43138 OT/倉賀野
タキ43019 OT/南松本
タキ43569 OT/宇都宮タ
タキ43271 OT/倉賀野
タキ43353 OT/倉賀野 全検25-10-9川崎車、自重15.6t
タキ43018 OT/郡山
タキ43026 OT/郡山※
タキ43357 OT/南松本 全検26-4-7川崎車、自重15.6t
タキ43339 OT/八王子
タキ43269 OT/倉賀野
タキ43162 OT/南松本
タキ43352 OT/倉賀野 全検26-4-21川崎車、自重15.3t
タキ43602 OT/南松本 石油類)黒地、A重
タキ43165 OT/倉賀野
タキ43031 OT/倉賀野
コキ107-402 ↑川崎貨物行き(回送) 新製23-10-21?日車
コキ106-301 ↓ 全検26-6-30川崎車
郡山※=旧西上田常備車

 西国分寺から10時26分発の東京行き(1067E、クハ205-8×8/千ケヨM13編成)で武蔵浦和まで乗り、早速車内でiPod touchに先ほど西国分寺の3番線を通過した5582列車の編成を書き出します。お天気も悪くなく、今回も調子が良さそうで新座タの所を通ると丁度、HD300の2号機がコキ104・107の5両を相手に入換中。積まれているコンテナの中には19Dの今年作られたタイプでJRFロゴ&菱型模様が消えてJRマークだけのスッキリしたタイプが出来たと貨車研究会と埼玉サークルでお世話になっている上尾のK氏から教えて頂いて20年近く見慣れたものの、何処か塗り替えかなとJR西日本の塗色変更みたいな感覚を受け止め、もう一本、19Dコンテナがズラリ並んだコキ50000は北王子着を振り替えた石巻港発の紙輸送だなとピンときて暫くするとEH200-8+コキ50000の名古屋タ行き2090列車、オオ〜シナ回送(客車で尾久〜品川の回送がありましたが、こちらは東大宮〜品川です)の185系に擦れ違い、武蔵浦和に到着。

 武蔵浦和では武蔵野線から埼京線の真下のお店が軒並み改装中。埼玉サークルの特別例会や忘年会が行われる事が多いので次に来る時はどの様にエキナカが変わっているのか楽しみです。1番線から5・6番線へ。エスカレーターに乗ると前に車椅子をそのまま載せていた方がいたのでこりゃ危ないですよ!と今度から気を付けてくださいね。

 武蔵浦和から11時02分発の大宮行き(1009K、クハE233-7005×10/宮ハエ105編成)で大宮まで乗ります。埼京線もあれよの間に205系からE233系に置き換わり、擦れ違う新幹線もE2系が中心ですが、まだまだ『あさま』の編成も少し残っているものの、北与野ではE7系(『あさま』518号)に擦れ違い、大宮駅は22番線の到着。この後は川越の車両センターへの入庫といった様子で回送になります。

 大宮では埼京線から戻り形でさいたま新都心へ向かいます。エキュートではお昼の駅弁の品定めをしてここ数日暑い日が続いているのでスタミナが付く肉系が良いかな?とまだ暫くありますが、西国分寺で買ったFROM AQUAも1/3を飲み干した格好です。

 大宮から11時27分発の上野行き(580M、←クハE231-6043×10+8026×5/宮ヤマU585+U66編成)でさいたま新都心まで乗ります。春に来た時は改造準備の651系や211系が多く控えていた南側の群線は何もなく寂しく、止まっていても東大宮からの回送で一休みするE233系しか見られません。

 さいたま新都心に到着すると秋田貨物からの2092列車が出発する少し前で名物の一つ・JFEスチールのU19Aをデジカメに収めて同和通運のUM12Aや海上コンテナはいつもの顔触れで最後尾は東京方が空で次いでボルテックスセイグンのUT15K、出光の樹脂用バルクコンテナと積んで随分バランス悪い格好ですが良く見るとUT15Kは実入り、出光のバルクは空といった様子です。

○3093列車…前2両にA重油積載車が連結されて総勢16両編成と頑張っておりました。本来なら今年入場するH6新製車で随分、前倒しで入場しましたが、意外と63番はデジカメに収めておらずここで漸くキャッチしました。
△倉賀野
EH200-23
タキ1000-107 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 石油類)黒地(A重)
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸* 全検25-12-9川崎車、自重16.7t
タキ1000-791 JOT[E]/根岸
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検25-8-29川崎車、自重16.7t
タキ1000-152 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-150 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-272 JOT/根岸* 無
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-363 JOT/根岸* 無
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-758 JOT[E]/根岸
タキ1000-333 JOT/根岸 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車

○6794列車…川崎車両所や塩浜派出の試運転列車の色合いが強いですが、細かい編成も見る事が出来、輪軸交換の試運転やオイルターミナルの全検入場車も前日の倉賀野発から継送する形でこの列車に連結されます。
△川崎貨物(東京タ)
EF65 2070[JRF色、冷風]+EH200-10(無動回送)
コキ104- 817 ↑新座タ行き(交検出場)
コキ104-1588
コキ104- 873 ↓
タキ43033   OT/郡山 全検26-8-22川崎車、自重15.6t
タキ1000-639 JOT/仙台北港 全検26-8-22川崎車、自重16.8t
コキ104-1284 隅田川行き 全検26-8-22川崎車
コキ104-2658 隅田川行き*
コキ104-1413 熊谷タ行き*
タキ1000-453 OT/倉賀野 倉賀野→浮島町→川崎貨物
*=輪軸交換の試運転

○コンテナの列車も次の通りです
・3086列車…EH500-19+コキ104・106・107×20…ウイングルーフのU48Aが2個積載

・3064列車…EF66 52[更新色]の牽引。福山通運のU31Aや北海道西濃運輸のU54Aが積載

・2071列車…コキ106・107主体ですが細かく見るとコキ104や後4両はコキ100・101/102・103のユニットが定位置です。コンテナの目立つ所では一色塗りの19D-42595(コキ106-1156に積載)、日本ゼオンUT11A-5032(ラテックス専用、新塗色)と見られました。 
←EH200-20+コキ106-1136+107-692+106-638+1156+285+894+4+256+144+107-21+104-1660+107-300+106-828+107-462+106-244+101-20+100-20+19+101-19

・6096列車…隅田川行きの紙輸送列車で春に見た時はコキ107との混成でしたが、コキ50000オンリーに戻り、EH500-5牽引で通過。コンテナは19Dばかりで一色塗りの42092番が積載。

 マスターが来た時から浦和方の端っこでカメラ片手の兄ちゃんが突っ立っていましたが、こちらがiPod touchであれこれ整理や準備している間にいつの間にか消えて話し掛けるとどうやら聾唖者なのかなと言った感じですね。

○4074列車…編成の顔触れも先月の高崎行きと同じナンバーが続いてタキ1000の全検車は649番が初顔合わせとなり、コキ200に積まれたメタノールのコンテナも見事に連番が続いて5両目が98009&98010ならぬ98029&98030のペアとトップとラストが積まれた格好になりました。
△川崎貨物(浮島町)
EF64 1027[更新色、冷風]
コキ200-115 OT UT26K-98001 UT26K-98002
コキ200- 25 OT UT26K-98003 UT26K-98004
コキ200-106 OT UT26K-98005 UT26K-98006
コキ200-113 OT UT26K-98007 UT26K-98008
コキ200- 41 OT UT26K-98029 UT26K-98030
タキ1000-647 OT/倉賀野 無
タキ1000-645 OT/倉賀野 無
タキ1000-672 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-666 OT/倉賀野 無
タキ1000-649 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重17.0t
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-377 OT/宇都宮タ 全検25-7-31川崎車、自重16.9t 石油類)黒地▼
タキ1000-650 OT/倉賀野 全検26-5-26川崎車、自重17.2t
タキ1000-665 OT/倉賀野 石油類)黒地▼
タキ1000-648 OT/倉賀野 無
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
=左サイドのエコレールマークなし、▼=表示板の逆向き

 丁度見ていると研究会の通信会員・O氏とバッタリ。8月号に載せたことの振り返りをお話してお次は京葉臨海からの5683列車です。

○5683列車…3月のダイヤ改正で停車時間が延びて余裕持って見られるようになりましたが、現車11両編成と意外と短く、浮島町〜南松本ではありませんがタキ43000、タキ44000のS42新製車が多く、西上田の常備標記も43011番だけかな?と思いましたが、44006番も残っているのを確認しました。
△宇都宮タ
EF210-118
タキ43002   OT/宇都宮タ※ 全検26-7-16川崎車、自重15.8t
タキ43539   OT/宇都宮タ [車票]
タキ1000-414 OT/郡山 全検26-1-8川崎車、自重17.0t[車票]
タキ43017   OT/郡山
タキ43032   OT/郡山 全検26-4-10川崎車、自重16.1t
タキ43356   OT/南松本 全検25-6-24川崎車、自重16.1t
タキ1000-385 OT/宇都宮タ 全検25-5-14川崎車、自重16.8t
タキ43009   OT/八王子※
タキ43001   OT/南松本※
タキ44006   OT/西上田 全検24-7-11川崎車、自重16.0t
タキ43600   OT/南松本 石油類)黒地
宇都宮タ※、南松本※、八王子※=旧西上田常備車

 編成が短いと駆け足で片付き、12時43分発の宇都宮行き(575M、←クハE231-8001×5+6041×10/宮ヤマU2+U541編成)で大宮へ戻ります。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

H26.04.07 千葉周辺(その2)

 8685列車が終わってから中休みを取る事にして蘇我から12時32分発の逗子行き(4138〜1138F〜1139S、←クハE217-2005×4+1×11/横クラY-105+Y-1編成)で千葉へ向かい、丁度乗ったのはモハE217の2000番代トップ。13〜14年前の秋遠征(鉄道の日きっぷ片手に)でこのユニットを初代のデジカメで収めた事があります。千葉中央駅の様子を伺うのも楽しみで山側に腰掛けたので詳しい車号は不明ですが、新京成の8800形の姿を見て千葉駅は3番線の到着。快速電車は直通先のホームへ律儀に停車します。

 千葉駅ではトイレ休憩の形で一休みして内房線の3・4番線から外房線の5・6番線へ移動します。5分程待って東金線へ向かう電車に乗ります。

 千葉から12時54分発の成東行き(外房・東金経由/1647M、クハ209-2008×4/千マリC437編成)で蘇我まで乗ります。ナンバーを示す通り、209系の比較的初期のグループで浦和の9編成が出自なのでナンバーを見ただけでも最初のグループだなとすぐ分かります。出発すると車掌さんの所属区所入りの紹介はデフォルトで千葉中央の新京成直通は8000形の担当。本千葉ではいつもなら(貨物列車の時刻に合わせて見直したので「前は」が正当)蘇我の列車待ちで見る255系(クハ255-1×9/千マリBe-01編成)の幕張への回送に擦れ違います。

 蘇我に再び戻り、Dila側のエスカレーターから1・2番線へ。時間割で言うとここの調査は中編という形で行います。倉賀野行きの5883列車と東京タからの4095列車と運悪く(?)バッティングしてしまうのではと懸念もあるのですが、ホーム伝いなので手前に4095列車が割込む形で暫しの中断の形になり、出発後の数分で後方を攻める形です。

○5883列車…長めの編成と言っても以前は20両くらいが相場でしたが、この頃はどうも短編成傾向のようで現車13両で入線。タキ43000の顔触れを見るとツートンカラーの44t積みは最後尾が初顔合わせ。オイルターミナルの車で43565番がいつの間にかJOTに移籍して前に検査期限が延びた分を確認していたので更に延びた分をキャッチし、またまたステンレスタンクの143645番とご対面。タキ1000を見るとJOT所有車の全検出場間もないナンバーをキャッチし、根岸の車は昨秋から少しずつ出ていたのを確認していましたが、こちらは正期の順序です。
△倉賀野
KD60 4→EF210-123
タキ243823  JOT/浜五井* 全検25-10-15川崎車、自重15.9t 石油類)黒地
タキ44001   OT/南松本
タキ243743  JOT[e]/浜五井# 全検25-5-16川崎車、自重15.9t 石油類)黒地▼
タキ243829  JOT/浜五井# 全検25-5-15川崎車、自重15.8t 無[車票]
タキ43001   OT/南松本※ [車票]
タキ1000-448 OT/倉賀野 無
タキ43339   OT/八王子 無
タキ243744  JOT[e]/浜五井# 全検25-6-7川崎車、自重16.5t 石油類)黒地▼
タキ143645  JOT/浜五井# 石油類)黒地
タキ43358   OT/南松本 全検25-9-30川崎車、自重15.9t
タキ43565   JOT×/浜五井[旧OT/宇都宮タ] 全検22-6-24川崎車(28-1-25切)
タキ1000- 13 JOT/浜五井# 全検26-3-18川崎車、自重16.4t
タキ243739  JOT/浜五井# 全検25-4-25川崎車(30-7-26切)、自重16.4t
×=エコレールマーク撤去、浜五井*=旧郡山常備、浜五井#=旧本輪西常備、南松本※=旧西上田常備、▼=表示板を逆向きに挿入

○4095列車…最近は5883列車と被って確認も1番線から見える範囲に絞っていますが、編成はすっかりコキ106、コキ107オンリーです。
△千葉貨物
EF210-141→KD60 4
コキ107- 190
コキ106- 558
コキ106- 587
コキ106- 101
コキ107- 213
コキ107- 396
コキ107- 607 新製24-9-26川重 3個目に19D-33656[コンテナ50周年]積載
コキ106-1084 全検24-12-6広島車
コキ107- 322 新製23-4-18川重
コキ106- 28 全検24-10-29川崎車
コキ106- 460
コキ107- 650 新製25-1-11川重
コキ106- 119 全検24-7-6郡山車[空車]
コキ107- 183 JOT UH20B-31(ポリエチレン)、UH20B-376(ポリプロピレン)、EXFU055271[4](アセトン専用)積載
コキ107- 121
コキ107- 157
コキ107- 188
コキ106- 62 全検24-6-4川崎車 3個目にJOT/住友化学UT5A-89(エチレン酢酸ビニール液積載/現車はこのコンテナのみ)

 5883列車のタンク車がサイズ違いで二度手間で収めましたが、この2本が片付くとDilaのハニーズバーでプレーンシュガーと練乳ストロベリーの2本を頂きます。駅弁が早かったのでここは言わばおやつと称して1番線のベンチに腰掛け、『朝の茶事』の280mlを仕入れて頂きます。

○1070列車…昨年は全検出場が多かっただけあって調査に力を入れる列車ですが、編成のほぼ半数がH10新製車が入りましたが、ここで黒油専用のH6新製車が少しずつ入場する番になったのか代替要員の408番は不意打ちでしたね。
△千葉貨物(浜五井)
EF210-172→KD60 4
タキ1000-408 OT/盛岡タ 全検25-8-21川崎車、自重17.0t ●
タキ1000-336 OT/倉賀野 A重
タキ1000-378 OT/宇都宮タ 全検25-6-9川崎車、自重16.8t K
タキ1000-643 OT/倉賀野
タキ1000-388 OT/宇都宮タ 全検25-10-15川崎車、自重16.9t K
タキ1000-674 OT/宇都宮タ
タキ1000-376 OT/宇都宮タ 全検25-10-7川崎車、自重16.7t K
タキ1000-394 OT/宇都宮タ 全検25-5-23川崎車、自重17.2t
タキ1000-671 OT/宇都宮タ
タキ1000-452 OT/倉賀野
タキ1000-413 OT/八王子 全検25-12-20川崎車、自重16.9t
タキ1000-304 OT/盛岡タ K
タキ1000-416 OT/郡山 全検25-9-13川崎車、自重17.2t
タキ1000-676 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-412 OT/郡山 全検25-10-2川崎車、自重17.3t 石油類)黒地
タキ1000-380 OT/宇都宮タ 全検25-7-8川崎車、自重16.9t K、石油類)黒地
●=黒油専用、K=郡山臨時常備

 1070列車は1番線から見えたのは後の1/4くらいで後は5番線で見える範囲で隙間から一寸失礼といった形で確認して追々大宮へ出掛けるときにでも改めて確認してみますのでご期待下さい。さすがに天は我が身を放さずで八王子常備は何とか見られてデジカメを向けて収めるとPhotoshopで上手く合成が出来そうなアングルとなりました。

 蘇我から14時58分発の千葉行き(268M、クハ209-2135×4/千マリC411編成)で千葉へ向かいます。またまた京成の方に目を向けると今度は新京成の8800形(8803-1×6)が引き上げ線に入線し、こちらの電車は外房線の5番線に到着。

 千葉駅での最後の中休みはお決まりの銚子電鉄のぬれ煎餅を仕入れ、房総方面のホームは内房線の3・4番線しかKIOSKが無いのでまたまた改札口の方へ歩いて東側の地下にあるNEW DAYSで赤い濃口と青い薄口の5枚入りをSuicaで買い、今度はまた内房線の3・4番線へ赴きます。

 千葉から15時31分発の木更津行き(191M、クハ209-2108×6/千マリC608編成)で最後の蘇我詣でへ赴き、銚子電鉄のぬれせんも帰りは京葉線に乗るのでここで買った次第です。ラストは南松本からの2080列車でひょっとしたら金曜日の夜に見た編成が来るのかな?と思いましたが、蘇我駅へ行ってみてのお楽しみで並んだ京成電車は3500形の更新車で段々先輩の赤電が少なくなって活躍も目立ちます。

 蘇我のホームに降りた所で真っ先に2080列車を機関車から見ようと思いましたが、アレレ、連結していたタキ1000のナンバーが全く違うので金→土と日→月とで編成が変わっていたので驚きましたが、見慣れた列車も手伝ってここは一旦改札を出て自由通路から機関車のナンバーを見て橋上駅舎に描かれたJEFのペインティングを絡めた様子をデジカメに収めて前方を確認してから再び改札に入って1番線から後方をチェックしました。

○2080列車…前述通り、週末跨ぎで編成が入れ替わり、編成の長さもほぼ同じですがさすがに2月の大雪の時に地元で抑止していたのかデジカメに収めることはセーブしました。
△千葉貨物(浜五井)
EH200-13
タキ1000-615 JOT/根岸
タキ1000-302 JOT/浜五井* 無
タキ1000-246 JOT/浜五井* 無
タキ1000-885 JOT/根岸 
タキ1000-663 JOT/根岸 無
タキ1000-275 JOT/浜五井* 無
タキ1000-461 JOT/根岸 無
タキ1000-888 JOT/根岸 無
タキ1000-889 JOT/根岸 無
タキ1000-566 JOT/根岸 無
タキ1000-669 JOT/根岸 石油類)黒地
浜五井*=旧郡山常備車

 ここまで終わると帰りは京葉線の快速電車と決めているので後は1・2番線を出入りする編成をチェックし、新学期のシーズンなのか早帰りの高校生や本屋さんの手提げ袋片手の大学生を大勢見掛け、こちらの春遠征も終盤となりました。

 蘇我から16時20分発の京葉線快速・東京行き(4508〜1508A、クハE233-5012×10/千ケヨ512編成)で東京まで乗ります。線路沿いの様子や窓越しからの海が見える風景と楽しみながらの帰路となり、中央線や京浜東北線で随分ディズニーランドのラッピングが貼られていましたが、同じE233系が走るお膝元の京葉線でも見られるかと思いきや、こちらは×。お花見シーズンの次は少し早い潮干狩りといった具合ですが、同じ京葉間でも総武線と京葉線の違いを楽しみます。また、205系のLED表示も増えて新浦安で擦れ違ったクハ205-145×8(千ケヨM35編成/17E運用)が京葉線(→今で言う600番代の大半)と同じ顔では初めてです。越中島のレールセンターはチキ5500が止まっている様子を横目に地下線へ。17時を少し回って東京駅は京葉3番線の到着で隣の4番線には209系がこれから出発する所です。

 東京駅の京葉線ホームから中央線ホームへの大移動で前は八丁堀でうちの例会が行なわれてここが廃止になって早いものでこの春で10年です。ホームの上にはいつの間にか『いろり庵きらく』や成城石井と地元馴染みの看板のお店が出来て驚きました。

 東京駅は中央線の2番線から17時31分発の通勤快速で八王子まで乗り、行きと同じディズニーランドのラッピングが入ったクハE233-40×10(八トタT40編成)に当たり、帰りは行きとユニットの関係である9号車に乗ります。この頃になると豊田での安全確認で少々遅れて新宿3分、三鷹2分+1分停車、国分寺、立川と5分遅れとなり、このまま八王子着も5分遅れての到着となりました。

 八王子で降りると丁度、坂城行きの5463列車が止まってお見事!という具合に並んだ編成で快速電車が遅れて『あずさ』を待つお客さんを気にしながらホーム伝いに確認します。

○5463列車…ガソリンはタキ1000、灯油・軽油とタキ43000の44t積みが並んで現車確認が不十分だったタキ1000の79番も漸くキャッチしてタキ43000共々デジカメに収めるものの、前に8460列車で撮っていました。
△篠ノ井(坂城)
EH200-20
タキ1000- 8 JOT[E]/根岸* A重
タキ43616   JOT/根岸 A重、石油類)青地
タキ243702  JOT/浜五井# 石油類)黒地
タキ243750  JOT[e]/浜五井#
タキ243733  JOT/浜五井# 石油類)黒地
タキ243820  JOT[e]/浜五井#
タキ243811  JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 無 
タキ1000-151 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-439 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-188 JOT/根岸*
タキ1000- 79 JOT[E]/根岸* 全検25-12-10川崎車、自重16.9t
タキ1000-220 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

 ここまで終わると駅員さんが居る窓口から外へ出て一回落としましたが、ガッツポーズを構えてゲートアウト。駆け足で南口のバスターミナルへ赴き、タイミング良く法政大行きのバスに間に合い、窓越しから富士森公園の夜桜を楽しみ、時間的にもお仕事帰りの他にも夜桜見物のお客さんも見られました。西八王子の南口で降りてコンビニで夜食を仕入れるとキッコーゴの焼きおにぎりが幸いあったのでマスターもよく自宅で頂くお醤油なので親近感があり、気持ち嬉しく春遠征も終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)