海上コンテナ

2016年8月 5日 (金)

H28.08.05 松本周辺(その2)

 午前の部が終わると松本駅でのランチタイム。お手洗いで少々待たされましたが、コンコースの『あずさ』で久しぶりに松本駅の駅弁から『安曇野ちらし』を選び、精算所の窓口で長野支社のポケット時刻表(¥150)を買い、再び4・5番線に戻る格好に。自動販売機で『朝の茶事』を買ってベンチに腰掛けてのランチタイムで電車を見ながらの昼食もなかなかのもので今日持参しているSX720HSの使い初めの日に偶々地元に現れたE353系も顔を出してまた今日もご対面。合間合間に電車ウオッチを楽しみ(洗車機でウオッシュしてこのまま長野行きになるE127系や真っ白なアルピコ3000系など)、『安曇野ちらし』はワサビの名産地の安曇野に因んで刻んだワサビがシャリに入っているのも納得。蕎麦味噌や姫竹、マスの酢漬け、クルミ、アンズと信州の幸を満喫。再びお手洗いを済ませると12時42分発の電車が入線します。

 松本から12時42分発の小淵沢行き(1530M、クモハ211-3017×3/長モトN309編成)で南松本へ向かいます。最初は下り線側のかぶり付きに腰掛けようと思ったら小坊軍団に先を越され(南松本で降りると楽なのは長年の慣れとオジさんの感が働いています)、反対側に腰掛け、車掌さんは小柄なお姉ちゃんで準備に余念がありません。出発間際まで押し寄せて出発進行。先程のコキ105も降りる支度をしてからナンバーをチェックします。

 南松本に降りると丁度、東京タからの2083列車が到着して八王子駅に居ると同じ位に根岸からのタンク車が到着して折り返して返送の列車を牽くのですが、これと同じように到着すると早速EH200が切り離されて上り側の待機線へ向かいます。昨年訪れた時に海上コンテナのパートを見落として時間一杯まで粘りましたが、今年はこのリベンジで新しいデジカメ片手なので40倍ズームの威力を発揮させたい一心で気合が入っています。

○2083列車…前2両が北長野行きで2両目には北見地域農産物輸送促進協議会のUV19Aや高知通運のUF16A(旧ヤンマー)と珍しい顔触れの他、海上コンテナ組はこの列車ではお馴染みのトランスシティではなくJOTの青いバルクコンテナが2個積まれただけでした。また、記された19D、19Gのナンバーは一色塗り+JRマーク入りのものです。

EH200-24
コキ106- 587 ↑北長野行き 全検23-9-10広島車
コキ107- 984 ↓ 新製26-5-30日車 3個目に北見*UV19A-547、4個目に北見*UV19A-558、5個目に高知通運UF16A-508#積載
コキ107- 56
コキ107- 817 新製25-11-20川重 1個目に19G-19401、2個目に19D-44636積載
コキ107- 353 全検27-11-6川崎車 3個目に19G-18981積載
コキ107-1184 新製28-1-20川重 [3個目以外はJOT UR18A/19A積載=UR19A-15169、UR18A-12251、UR18A-12494、UR18A-11450]
コキ106- 735 2個目に19D-44169積載
コキ107- 461 新製24-1-27日車 4個目に19D-42216積載
コキ107-1294 新製27-12-21日車
コキ107-1315 新製28-4-7川重
コキ107- 747 新製25-6-12川重
コキ107-1062 新製27-2-13川重 JOTU100159[5]、JOTU100120[8]積載
北見*=北見地域農産物輸送協議会、UF16Aの#=旧ヤンマー

 2083列車の到着後は先に北長野行きを収容してからコンテナホームへ3〜8両目、続いて後2両を海上コンテナのホームへと言う形でHD300-10によって各線へ移動されました。昨年は一本電車を見送った形で早々片付いたので塩尻まで一本早い木曽福島行きに乗ることが出来、合間が出来ると5460列車の予想を立て、みどり湖〜塩尻の間ですれ違うと正解です。

○5460列車…この後で準備をしますが、牽引機や編成の内容も後でみどり湖〜塩尻ですれ違った際に予想通りでしたので5467列車で到着した時点をベースにまとめてみました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-24
タキ43349 郡山
タキ43569 宇都宮タ
タキ1000-734 川崎貨物◎
タキ43266 倉賀野※ 石油類)黒地▼
タキ43166 宇都宮タ※
タキ1000-724 川崎貨物◎
タキ43603 宇都宮タ
タキ43271 倉賀野 全検28-5-23川崎車、自重15.9t □
タキ43008 八王子※
タキ43358 南松本
タキ1000-787 JOT/根岸 ↑根岸行き 全検28-5-19川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-878 JOT/根岸 ↓ 無
OT所有車の※=旧西上田常備車、タキ1000の◎=旧矢羽根色、▼=表示板の逆向き、□=石油類)青地(他はガソリン積みの無地板付き)

 昨年はE127系の茅野行きが来るまで喰い込んだ2083列車の後調査も今回は新しいデジカメの威力を発揮して一本早い13時27分発の木曽福島行き(1830M、クモハ313-1329×2/海シンB521編成)で塩尻まで乗り、待ち時間の間に足湯に入る支度が出来ます。事前のメモにも記した通り武豊線電化用のグループで新製は昨年1月の日車製でマスター、今日はオレンジ色のシャツを着ているので名古屋行きの勝負服(JR東海のカラーに合わせています)の威力が思わぬ形で効きましたね。

 塩尻で足湯の準備を整え、14時16分発の茅野行き(1532M、クモハE127-112×2/長モトA12編成)で上諏訪まで乗ります。この頃になると篠ノ井線の沿線火災や名古屋から向かう『しなの』号の遅れの影響が出てきて終始5分ほど遅れての走りとなりましたが、擦れ違う電車も211系や飯田線の313系、下諏訪のJRバスと見入りつつ、諏訪湖の湖畔に差し掛かると山側(蓼科・霧ヶ峰寄り)のロングシートから望むとマルチディスプレイで見る映画の様に諏訪湖の花火の日は見頃だろうな(車内の照明は落とすか最小限で)と思う事も。

 上諏訪駅に着くと例によって足湯に入り、大学生のサークル仲間のお兄ちゃん達や蓼科あたりへ登山したご夫婦、SNSに上げるのかスマホ片手のお姉ちゃんと入って来て昨年来た時は足元が滑った記憶ですが、今年はぬめりが取れて軽やかなり。また、お湯の出口近くの床もコンクリートで補修し、中には首都圏の各支社エリアでも見られるサービス向上プロジェクトのポスターも見られ、ここは温度調節との事です。下りホームへ移動して丁度、飯田線の電車が休んで昨年は313系でしたが、今回は通常の213系が入って211系とのツーショットも漸く収まりました。

○2084列車…編成が意外と短く12両編成で到着し、全検車が続いていましたが、前に地元でキャッチしたナンバーばかりで何処か手持ち無沙汰になり、後方のA重油専用車はオイルターミナルから移籍したナンバーが2両連結されて南松本〜塩浜の列車では予想に反して少なく、ここで補いましたね。
△根岸
EH200-22
タキ1000-817 JOT/浜五井 無
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸*
タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-189 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-284 JOT[E]/根岸* 全検28-4-25川崎車、自重16.9t
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 全検28-6-6川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 全検28-4-1川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-806 JOT/浜五井 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 49 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地(A重)
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 石油類)青地(A重)
タキ1000-311 JOT[E]/根岸 石油類)青地(A重)
根岸*=旧郡山常備車

 上諏訪の足湯入湯&一休みを終えると15時14分発の長野行き(1543M、クモハE127-112×2/長モトA12編成)で南松本へ向かいます。『しなの』号の接続の影響でしょうか『スーパーあずさ』22号がやや遅れて到着してこちらも1分ほど遅れの出発となり、これに吊られたのか『あずさ』17号も岡谷で4分遅れとなり、塩嶺トンネルを超えた所で一仕事しなくてはと思ったのはここで5460列車に擦れ違うのでマスターが上諏訪へ向かっている間に作業が終わって編成内容も5467列車で来たタンク車の返送が殆どなので前10両オイルターミナル、後2両根岸行きタキ1000と予想したら大当たり。塩尻は到着2分、出発5分遅れとなり、ここでは用を足してちょうど3番線には辰野行き(直近は16時17分発/162M)が止まっている所で東北地方の701系よろしく塩尻駅でのE127系のツーショット(それも連番で)を収めて最後の南松本詣と相成りました。

 最後の南松本詣では四日市行きの5878列車、コンテナの2082列車と見ました。この間には3月のダイヤ改正で止まる様になった211系の『みすず』飯田行きも到着。17時を回ると2082列車の準備が少しずつ始まり、海上コンテナ組3両(トランスシティの20フィートばかりです)、2083列車で来た8両、5467列車で来た2両と組み合わせは予想通り。ズームでトランスシティのコンテナを記録するもいきなり割り込む様に邪魔する兄ちゃんには閉口。幸い、後で跨線橋に登って再確認する事が出来ました。

○5878列車…四日市発はタキ43000の44t積み車が続いた編成に加え名古屋方には5467列車で到着した全検出場のタキ1000が連結。普段の14両編成ならホームからはみ出てしまうので改札を出て見る所でしたが、今回は編成が短く、ホーム伝いで編成調査・撮影が出来ました。また、期限延長はいずれもH26-9(タキ243833のみ10月)四日市派出での標記です。
△稲沢(四日市)
EF64 1005+1010[共に更新色、冷風]
タキ1000-278 JOT/浜五井* 全検28-7-29川崎車、自重16.8t 四日市6/30発で全検入場
タキ243777 JOT/塩浜* 全検24-8-24川崎車、自重15.8t 無
タキ243808 JOT/四日市* 全検24-6-1川崎車(29-6-16切)、自重16.0t
タキ243833 JOT/四日市* 全検25-7-19川崎車(30-8-13切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ243775 JOT/塩浜* 無
タキ243680 JOT/塩浜* 全検26-7-7川崎車、自重15.9t
タキ243675 JOT/塩浜* 全検28-1-5川崎車、自重16.3t
タキ243688 JOT/四日市* 全検27-12-18川崎車、自重15.7t
タキ243780 JOT/四日市* 全検25-7-1川崎車(30-7-26切)、自重16.0t 石油類)黒地
タキ243752 JOT/塩浜* 全検23-12-20川崎車(29-1-14切)、自重16.4t 無
四日市*、塩浜*、浜五井*=旧郡山常備車

○2082列車…編成の内容は2083列車とほぼ変わりありませんが、海上コンテナの分を1両、北長野へ行く分と入れ替わりに5467列車で到着した2両(後ろ2両です)が入り、いずれも全車コキ106、コキ107で連結された編成です。
△東京タ
EH200-18
コキ107-1062 新製27-2-13川重 TRSU082326[0]、TRSU082339[0]、TRSU093227[6]
コキ107- 747 新製25-6-12川重 TRSU102442[0]、TRSU092817[2]、TRSU071706[2]
コキ107- 145 全検26-5-29川崎車 TRSU071734[0]、TRSU050729[8]、TRSU050816[5]
コキ107-1315 新製28-4-7川重 1個目に30D-245[一色塗り]、5個目にJRFリースUM12A-105259積載
コキ107-1294 新製27-12-21日車 3個目にJOT UR19A-10846*積載
コキ107- 461 1個目にJOT UR19A-10574*積載
コキ106- 735
コキ107-1184 新製28-1-20川重 1個目に19D-44636、3個目に19D-45353、5個目に19D-42425[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 353 全検27-11-6川崎車 2個目に19D-44405、4個目に19D-44372[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 817 新製25-11-20川重
コキ107- 56 全検26-3-18川崎車
コキ106- 255
コキ107- 474 新製24-2-3日車 2個目にJOT UR19A-10702*、3個目にJOT UR17A-70068、5個目に19D-44164[一色塗り]積載
UR19Aの*印=幅広マーク入り

 南松本には若干遅れて到着した17時24分発の甲府行き(444M、クモハ211-3049×3/長ナノN315編成)に乗り、平田で空いたもののブラインドを下げて欲しいとお姉ちゃんに言われてしまいましたが、塩尻で結構降りるのでここまでは待つ事にして上諏訪や茅野辺りで大方降りるので県境を跨ぐ頃になると結構すいてきて小淵沢ではキハE200をかたどったマスコットのステッカーが貼られたキハ110が停車中。少しすると若い車掌さんが回ってきて「18きっぷで今日の日付です」と申告。韮崎からは同じ211系でも豊田のスカ色を引き継いだ1000番代の区間運転が控えて後で甲府駅で見る事が出来、韮崎、竜王と少しずつ乗ってきてすっかり夜の帳に降りた甲府駅は3番線にほぼ定刻の到着。

 甲府駅では211系の様子を見たいので長めに過ごし、駅ビルが昨春、オープン以来の『エクラン』から八王子駅と同じ『セレオ』に改められ、マスターにとっては馴染みある名前故か止まっている211系をバックに収めて。嬉しい事に八王子で作ったポイントカードも使えますが、昨年来た時は持参しておらず(後にマイカーのダッシュボードの中に入っていた事が判明しました)、再発行するハプニングもありました。KIOSKも赤い看板からE235系を思わせる四角いグリーンのロゴが入ったNEW DAYS的要素のお店に変わり、並んでいる土産物も半分以上は八王子駅でも買えそうなものがあるので来る時に選択肢に迷うのが本音です。3番線の大月行きを見送ってから次の高尾行きは1番線からなのでこちらへ移動してモニュメントをデジカメに収め、電車を待つ間にワンダ・モーニングショットを買って待ちます。2番線に止まっている『かいじ』号がまだ出発していなかったので遅れているなと実感し、今日は第1金曜日で貨車研究会の定例日で帰る頃は決まって遅れる事が多く、さて、高尾に着いたらどうでしょう。

 甲府から20時07分発(566M、クハ211-2019×6/長ナノN609編成)の高尾行きに乗り、前後の特急列車が遅れていたのか到着は2分遅れ。折り返し1分遅れで出発。塩山あたりまではお勤め帰りが多かったものの、後はガラガラで笹子峠を超えて大月で富士急の電車で京王時代のアイボリー+エンジ帯の1001×2(京王の5113+5863)が停車中。上野原、相模湖と若者の団体が大勢乗って来て(揃いも揃って騒々しい連中ばかりでしたが………)115系から211系のロング車に変わったのか車内の様子も一変した事(平成初めの東海道線や宇都宮線、高崎線と全く同じ感覚です)を肌で感じさせ、小仏トンネルを越えると文字通りホンのあと少し、高尾駅に定刻通りの到着。

 高尾は2番線の到着。快速電車は1番線が先発ながら接続1分なので次の3番線から出発する21時46分発の快速電車に乗る事にしました。北側の留置線を見ると早朝はE233系が顔を並べて休んでいましたが、この時間は211系が2本休んで南側にも大月から帰って来た(4両編成は富士急へ)E233系の6両編成に混じって休む姿を見て8号車はドアの間をコンパートメントする形の乗りで出発。西八王子に無事到着。体感で甲府よりも八王子の方が蒸す様子を感じさせ、この夏はリオ五輪の他、甲子園にもこの熱気を届けたい所で夏遠征の初回が無事終わり、ショルダーの補強も時々ずれたことがあってもそう気にはならず(さすがにユザワヤで買っただけあって餅は餅屋ですな)来年は年明け早々のアートマンフェスティバルあたりで代替えしたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

H27.09.04 大宮周辺(その1)

 八王子を9時49分に出発する快速電車で西国分寺まで乗ります。先程見たタキ1000のナンバーではありませんが、お決まりの様に乗る8号車は同じ430番の乗車で豊田の車両センターは昨日同様189系が東京方に『あずさ』色、八王子方に国鉄色の編成と並んで休み、日野では竜王行きの83列車に擦れ違い、EF64 1043[更新色]+EH200-8+コキ50000×4の編成で最後尾には新しい一色塗りの19Dも積まれ、こちらは西国分寺で降りましたが、国分寺で青梅特快の接続待ちがあります。

 西国分寺で武蔵野線の4番線に赴くと丁度、中線で下り方面へ向かうロングレールのチキ5500を連ねたレール輸送列車が一休み。牽引がレインボー色のEF65の1118号機でアレ!先月の例会で親分のF氏がこのHOを持って来たのを思い出しデジカメに収めました。チキ5500と言うとコンテナ車の草分けでもあるコキ5500形の改造車に当たり、現存車が消滅した現在では往時を偲ぶ存在で10年以上前は良く中央線でも見掛け、その時の名残でコキ10000が出回った頃から支柱が少ないタイプになりました。

←南浦和 EF65 1118+チキ15902+15506+15601+15501+15505+15701+15801+15503+15504+15507*+15502+15602*+15901(千マリ/越中島貨物、*=支柱が少ないタイプ)

○5582列車…いつもは浮島町へ行くオイルターミナルのタンク車が入りますが、夏場は日によって海上コンテナ積み(TS LINE、Texの20フィート)のコンテナ車だけで本来のタンク車は8585〜8586列車に入っていました。
←川崎貨物 EF210-136+コキ106-252+861(空車)+107-416

 5582列車が海上コンテナ積みでこの所ハマっている”TRAINZ”にもアメリカのダブルスタックや様々な海上コンテナが登場してこの辺りから見るとJR貨物のコンテナ列車に当て嵌めると武蔵野線を走る首都圏のコンテナ扱い駅間を行き来するフィーダー列車のように港にあるコンテナターミナルと内陸のコンテナ基地を結ぶ小運転の列車と言った感じです。丁度見ているとホームを2歳くらいのボクちゃんを連れた親子連れがチョロチョロしていたので気になりましたが、ホームの上なのでこちらも神経張り詰めて気を遣うし、目を離して(というよりママさんが子供ではなく携帯でメールを打っていたので)危ないですよ!と困り者。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

H27.08.05 松本周辺(その2)

 松本駅に再び参上してここでお昼休みとなります。5番線の到着で早速コンコースの『あずさ』で駅弁の品定め。さすがに暑い時期だけあって選んだのは『山菜ちらし』を選び、暑いので刻みわさびが入ったいなり寿司が効きますね。『朝の茶事』のペットボトルを買うと3番線のベンチに腰掛け、E353系に交え、様々な電車を見ながらランチタイムを楽しみます。

 松本から12時42分発の小淵沢行き(1530M、クモハ211-3044×3/長ナノN335編成)で南松本まで乗ります。115系の代はセミクロス中心で始発でボックスに赴く所がオールロングとなると躊躇しませんね。前運用が中津川からの電車だったので169系の頃と変わっていない意外な一面も。

 南松本で降りると2083列車が到着した所で5467列車のコンテナ車は北長野行きに据えたのだろうと思い、全車南松本行きの編成。暑い中の調査となりましてトランスシティの海コン部分でナンバーを一部見落としてしまい、時間一杯となりましてお手上げ。徒労感が出てしまいましたが、前者で直目に収めておけばよかったかな。

○2083列車…すっかりコキ106・107オンリーの編成で前は海上コンテナと言うと後3両が定位置ですが、1両ずれて同和通運のUM12AやJOTのバルクコンテナも時々見掛けます。

EH200-3 Ps
コキ106- 924 1個目にW19D-4344積載
コキ107- 222 全検26-7-12広島車
コキ106- 893 全検22-7-31川崎車
コキ107- 588 新製24-8-10川重 5個目に19D-43174(JRマーク入り)積載
コキ106- 802 全検27-1-23小倉車
コキ107- 135 全検26-2-18小倉車
コキ106- 83
コキ106-1123 全検26-1-16名古屋車(簡略型)
コキ106- 477 全検26-8-23広島車
コキ106- 554 全検27-2-24広島車 TRSU071665[7],TRSU050341[*]
コキ107- 531 新製24-6-15川重 TRSU092764[4],TRSU071739[7]
コキ106- 273 全検26-4-25広島車 TRSU050700[3],TRSU071868[6]
コキ106-1135 同和UM12A-105046,JOTU099267[4],同和UM12A-105040

 到着すると海上コンテナを積んだ分を奥に押し込んでから前から8→7→6両目の順に積まれたコンテナを取り下ろし、海上コンテナは今か今かと思っておりましたが結局はお手上げで誰もいない待合室で一休み。ホームのベンチで時間を見つけて2083列車の中身も一通り整理して過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

H27.03.26 大宮周辺(その1)

 八王子駅で8460列車を一通り見るとそのまま3番線から始発の9時45分発の快速電車で西国分寺まで乗ります。オイルターミナルの基地は入線が無く寂しいものの、浅川の鉄橋を渡った所で『むさしの』号の205系にすれ違い、この電車に乗るとどこかで83列車に擦れ違うなと思った所で立川の手前のカーブで擦れ違い、先導のEF64を見ると8460列車は見たという事でEH200のナンバーは見落としましたが、コキ50000、タキ1000と4両ずつの連結。立川でほぼシートが埋まり、こちらはいつものように国立で乗り換えの準備をします。

 西国分寺で武蔵野線に乗り換え、少し、nonowaの中で時間調整して4番線へ。南浦和方の待合室も完成して一休みしながら出入りする電車を見つつ丁度、宇都宮タからの5582列車が通過する頃とぶつかります。

○5582列車…タンクは全車タキ43000・44000の編成で海上コンテナ用のコキ106・107がぶら下がった編成もこの頃は定着。タキ43000は初期タイプが目立ちます。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-161
タキ43027 OT/倉賀野
タキ43172 OT/南松本
タキ43357 OT/南松本 全検26-4-7川崎車、自重15.6t
タキ43029 OT/宇都宮タ※
タキ43016 OT/郡山
タキ43020 OT/南松本
タキ43346 OT/郡山
タキ43170 OT/南松本
タキ43356 OT/南松本
タキ44002 OT/倉賀野 全検25-3-11川崎車、自重15.7t
タキ43171 OT/南松本
タキ43011 OT/宇都宮タ※
タキ43015 OT/郡山
タキ43349 OT/郡山
コキ106-400 WANHAI tex WANHAI(いずれも20フィート)積載
コキ107-796 [空車]
常備駅の※=旧西上田常備車

 西国分寺から10時26分発の東京行き(1029E、クハ205-52×8(千ケヨM26編成/LED幕)で武蔵浦和まで乗ります。並ぶとオバちゃん二人連れが邪魔くさかったですが(東京行きには乗らなかったので南船橋行きでららぽーとか幕張メッセあたりへ向かうのかな?)、車内ではあれこれ予備知識を吸収し、新座タの構内はいずれも紙輸送がメインの列車でEF210+コキ104が最期のワム80000が運用された2087列車改め富士(〜百済タ)行きの1077列車、EH200牽引は今回のダイヤ改正で新設(隅田川発着の再編?)された新潟タからの2086列車と止まり、この後で西浦和で擦れ違った3074列車(EH500-5+コキ104・106・107)も石巻港からの紙輸送列車です。

 武蔵浦和から埼京線に乗り換え、待ち時間の間に新幹線を見るのが楽しみで何が来るかなと大宮へ向かう途中も新幹線側のシートに陣取り、何と言ってもこのダイヤ改正で登場した北陸新幹線の電車が注目株で『あさま』の大半が金沢行きの『はくたか』に生まれ変わり、どこかでE7/W7系に出会さないかなとちょっとした楽しみで一方、『あさま』は上越新幹線の『たにがわ』が減った分、高崎までの需要をカバーしつつも開業時からのE2系も一部がまだ健在です。

○3093列車…普段はA重油専用車を含めた長めの編成と思いきや、短めの10両編成で後7両がガソリン積みと倉賀野行きの列車ながら八王子行きのショートタイプか竜王行きのコンテナ車が連結されない83列車をと何処か重なります。
△倉賀野
EH200-22 Ps
タキ1000- 22 JOT[E]/根岸* 全検25-12-2川崎車、自重16.7t
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 全検25-10-28川崎車、自重17.0t
タキ1000-164 JOT[E]/根岸*
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-288 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-251 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

○4074列車…浮島町行きのタキ1000の他にメタノール専用コンテナを積んだコキ200が4〜5両というお決まりのパターンでしたが、先頭には熊谷タから連結された速星発のタンクコンテナ(日産化学のUT10C/液化アンモニア専用)を積んだコキ106が連結。今回のダイヤ改正で2096列車に連結していた分が統合された事が伺えますが、コンテナ車の形式が違うといつもの感覚が少々ズレてしまい、牽引機もEF64からEH200に変わり、タンク車のナンバーを見ると10日の列車に比べると667、675、885、650番が抜けて396、670番が入りました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-17
コキ106-520 速星→川崎貨物 日産化学UT10C-17,UT10C-14,UT10C-15積載
タキ1000-665 OT/倉賀野 無
タキ1000-455 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-337 OT/倉賀野 無
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無/無黒
タキ1000-304 OT/盛岡タ 無
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-672 OT×/宇都宮タ
タキ1000-377 OT/宇都宮タ
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-666 OT/倉賀野 無

○5683列車…到着がやや遅くなりましたが、12両の連結で前の方にはタキ44000の初期タイプ、真ん中に黒塗りのタキ43000の600番台、最後尾には昨年、JOTから移籍したナンバーも見付け、遅まきながらようやくデジカメに収めました。
△宇都宮タ
EF210-136
タキ43600   OT/南松本 A重
タキ44010   OT/倉賀野 全検26-**-**川崎車、自重16.5t
タキ44020   OT/倉賀野 全検26-**-**川崎車、自重16.*t
タキ1000-383 OT/宇都宮タ
タキ43543   OT×/宇都宮タ
タキ43629   JOT/浜五井* 全検25-2-4川崎車、自重16.0t
タキ43623   JOT/浜五井* 全検25-2-12川崎車、自重15.6t
タキ43353   OT/倉賀野 全検25-10-9川崎車、自重15.8t
タキ43487   JOT×/浜五井
タキ1000-453 OT/倉賀野 全検26-9-24川崎車、自重16.9t
タキ1000-887 OT×/宇都宮タ 全検26-11-6川崎車、自重17.3t[旧JOT/根岸]
×=エコレールマークなし、浜五井*=旧郡山常備車

○1070列車…標準よりやや短い14両編成の到着(最後尾が交番検査入場車)で未確認だった98番(H6新製車)、411番(H10新製車)と後は先月来た時の残務処理といった形です。
△蘇我(浜五井)
EF210-111
タキ1000- 97 OT/倉賀野 全検26-4-21川崎車、自重17.0t ●
タキ1000-408 OT/盛岡タ 石油類)黒地/●
タキ1000- 98 OT/倉賀野 全検26-6-6川崎車、自重16.7t ●
タキ1000-336 OT/倉賀野 A重
タキ1000-381 OT/宇都宮タ K
タキ1000-388 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-411 OT/郡山 全検25-9-2川崎車、自重17.0t
タキ1000-378 OT/宇都宮タ K
タキ1000-674 OT/宇都宮タ
タキ1000-394 OT/宇都宮タ
タキ1000-448 OT/倉賀野 全検26-9-3川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-413 OT/八王子 K
タキ1000-454 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ1000-410 OT/郡山 [交検/千葉貨物→浜五井行き]
●=黒油専用、K=郡山臨時常備

○8685列車…10番線を通過する際にチェックするものの、データも有り合わせを埋めた形で改めてしっかりしたデータをアップしてまいります。
△宇都宮タ
EF65 2075[JRF色、冷風]
タキ1000- 95 OT/倉賀野 全検26-7-3川崎車、自重16.7t K、石油類)黒地
タキ43575   OT/宇都宮タ*
タキ1000-415 OT/八王子
タキ1000-303 OT/盛岡タ
タキ43542   OT/宇都宮タ
タキ1000-456 OT/倉賀野 全検26-**-**川崎車、自重16.*t
タキ43607   OT/宇都宮タ A重
タキ1000-886 OT×/宇都宮タ 全検26-**-**川崎車、自重16.*t[旧JOT/根岸]
タキ1000-445 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ43545   OT/宇都宮タ
K=郡山臨時常備、宇都宮タ*=旧八王子常備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

H27.03.10 高崎周辺(その1)

 出掛けるには少々遅くなりましたが、春の『青春18きっぷ』片手の遠征が始まり、今回は高崎周辺を回りました。今度の土曜日・14日に北陸新幹線の長野〜金沢間や上野東京ラインの開業とこの周辺も新幹線、在来線と大きく変わるので本来の貨車やコンテナよりも駅構内の飾り付けや案内サインの変更等、意外とデジカメのコマを喰いますが、今回は久し振りにSX200ISに詰めている遠征用のSDカード(8GBのHCカードですがスピードアップしたものです)を3年振りに更新しました。

 雨も夜更けにすっかり止み、車のガラスも霜が降りたかの様に曇り、路面も濡れた格好で自宅を6時少し過ぎに出て西八王子から乗ると駅員さんが奥の方で小用をやっておられたようでやや待たされましたが、漸く1回目にスタンプを押していただいてゲートイン。相変わらずこの時間帯は乗りが多く、京王線みたいに早朝ダイヤももう少し増やしたい所で5年後のグリーン車投入でどう変わることやらというよりも西八王子は両側に踏切がある駅なのでどの様に工事が進むのかも気になる所です。

 西八王子から6時18分発の中央特快で八王子まで乗ります。前は3号車がお決まりでしたが、八高線の中間車に当たるとこの辺りがベストかなと乗ったのが2号車で最初からダブルパンタのE233系の乗車で縁起を担ぎました。

 八王子駅は同じホームで1番線に入線する6時34分発の川越行き(673E〜672H、クハ209−3001×4/宮ハエ61編成)で高麗川まで乗ります。中央線は朝活のビジネスマン、八高線は北八王子や都県境あたりや青梅線の沿線にある工場への通勤客が目立つのでどうしてもこの時間帯は乗りが多くなります。入線するとシートにショルダーを置き、2番線側の自販機でワンダのモーニングショットをSuicaで買い、例によって一本目の209系をデジカメに収めてから再び車内へ。この時間、八王子駅は根岸行きの86列車に乗せるタキ1000(←260+354+597+852〜)に『成田エクスプレス』9号(クロE259-22×6/横クラNe-022編成)、八王子始発の松本行きは211系の6両編成と見て出発します。

 高崎行きはいつものように八高線を北上します。お天気が良く、このくらい寒いと富士山も見えるのでは?と言った空模様で八高線の車窓越しはせいぜい奥多摩や秩父連山の山並みを拝めるだけでも楽しく、電車も209系に205系と見て進みます。ちなみに当日の209系の運用は次の通りで今度のダイヤ改正から川越線の川越〜高麗川間の日中が2本ずつに減少(=ほとんどが八高線と直通です)するのでここを見計らってこの209系も機器更新をするのでは?と勘繰り、既に京浜東北線にいた編成が房総に移ったり、E217系、E501系と終わってりんかい線の70-000形も年一本のペースで進み、こちらもそろそろと言った様子で気になるのが山手線のE235系が入った後ですね。
・クハ209-3003×4(宮ハエ63編成):65運用
・クハ209-3101×4(宮ハエ71編成):61運用
・クハ209-3102×4(宮ハエ72編成):77運用(高麗川1番線停車で南古谷発の電車です)

 埼玉県に入ると八王子支社のHPに紹介されていた改築したばかりの金子駅の新駅舎を見て今年の桜の時期はこれをバックに収める方も出てくると思われますが、いつもの様に東飯能で高麗川で乗り換えの支度をすると見慣れた西武4000系ですが、飯能行き(秩父S2〜6002レ)で『あの花』ラッピング入りの4005×4が参上しました。お楽しみはこの後です。

 高麗川から7時28分発の高崎行き(229D、キハ111-208×2/高タカ支所)に乗り換え、倉賀野へ向かいます。いつもは小川町を過ぎた頃に向かうお手洗いも寒かったのか走り出しの所で済ませ、まだまだ3月の初旬だけあって期末試験中の高校生も乗っていていつもの流れから毛呂か越生で2人掛けのボックスに移る算段ですが、毛呂で無事移る事ができ、1月までは東武東上線の池袋口で見られた8000系もATC化後は越生線や東上線の小川町〜寄居間でないと見られなくなってしまい、八高線との接続駅があるおかげか運良く見られ、鉄道友の会のお仲間さんには先を越されましたが、復刻カラーの8000系が拝めれば儲けもの。考えてみたら丁度1年前の今頃に8111編成に乗ったのを思い出し、早速越生で隣の線に止まっていたのは通常のカラーリングでした。この時期らしく梅の花もほころび始めた時期で車窓を楽しませ、早春から春本番の奥武蔵の風景を楽しみ、小川町では東上線100周年の記念ステッカーが貼られた50000系とご対面。ここも8000系がいましたが白+青帯で暫くは一休みして寄居でようやくセイジクリームの81111×4(Y75運用)とご対面。秩父鉄道は影森行きの7506×3(1509レ)が3番線に到着すると東武×東急と地下鉄を介して乗り入れている線を思わせるご対面を楽しみ、あとは倉賀野まで一直線。車内では根岸行きの5078列車や北袖から来る8877列車(こちらは午後の予習で)をあらかじめ準備し、群馬県最初の駅にあたる群馬藤岡からは少しずつ高崎へ向かう若者が多くなり、烏川の鉄橋を渡る手前でドアの前に移り、倉賀野駅に到着します。

 倉賀野に降りるとまずは5078列車が止まっている様子を確認し、編成の1/3を見た所で3・4番線へ。一回りして再び1・2番線に戻って続いて到着する八高線は8時59分発の高麗川行きが面白い編成で普通は高崎方からキハ111+キハ112(共に209番)のペアですが、キハ112のピンチヒッターでキハ110の221番が参上。お手洗いを済ませて3・4番線にまた戻ると小川町まで行きたい親父さんに突っ込まれ時刻表を見ると1時間近く無いのでこちらも早く気付けばさっきの乗れたのに!とボヤいた次第で外に立つと空っ風のお仕舞いの時期でまだ強く、自販機で『朝の茶事』のホットを買いながら一休み。8877列車は到着してもナンバーを一通り控えただけであとは午後の8878列車が本番ですのでこちらへお立ち寄りください。

○5078列車…タキ1000ばかり18両の長い編成ですが、結構こちらも前に確認しているものばかり(あやふやだったのが最後尾の30番で前に地元でチェックしていました)であとは手持ちのファイルを見るとデジカメに収めていないナンバーをピックアップした程度です。
△根岸
EF210−8
タキ1000-190 JOT[E]/根岸*
タキ1000-358 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸* 全検25-12-11川崎車、自重16.7t
タキ1000-630 JOT[E]/根岸
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 全検26-10-27川崎車、自重16.8t
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-488 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-357 JOT/根岸* 無
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-220 JOT[E]/根岸*
タキ1000-433 JOT[E]/根岸 全検26-10-21川崎車、自重16.8t
タキ1000-636 JOT/仙台北港 全検26-7-18川崎車、自重16.8t
タキ1000-363 JOT/根岸*
タキ1000-638 JOT/仙台北港 全検26-5-10川崎車、自重16.8t
タキ1000-128 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 30 JOT[E]/根岸* 全検25-11-20川崎車、自重16.5t (A重)
根岸*=旧郡山常備車

 この後はコンテナの4057列車が到着しますが、この時期は上越国境や海沿いの強風の影響で長距離のコンテナ列車がとかく遅れがちで定刻で動いている列車はどの位あるものかと宇都宮線へ行く時は東北・北海道方面のコンテナ列車のページはコピーしないのですが、高崎線の場合は上手い具合に収まっているので列車の様子も容易く追えます。丁度、秋田貨物からの2列車を見ると次の通りで2090列車は約3時間遅れで通過し、また、空いた時間を使ってスタンプを思わずリングノートに押しました。

・2090列車:EH200-18+コキ50000×17(大半は19系、西濃運輸U30B積載もあり)+コキ200×3(最後尾はUT06C-5積載)
・2092列車:EH200-3 Ps+コキ106・107×5(秋田貨物発)+コキ50000×8+コキ106・107×7(新潟タ発)(コキ50000にはJFE U19A、コキ106・107の新潟タ発にはボルテックスセイグンUT15Kが2個積載=アバウトですみません)

○4074列車…いつも通りオイルターミナルのタキ1000とコキ200の編成ですが、コキ200の先頭だけが熊谷タで解放されて交番検査を受ける車で新潟方面からのタンクコンテナ輸送で働く車という事がわかります。マスターが見ることが多いメタノール輸送用では最近、新顔が多かったのでここを見たいなと思った所で上手く掴むことが出来、コンテナも2個ほど船用の番号が未確認でしたが、やっと全部キャッチしました。一方、タキ1000はこの列車は常連ばかりで先月、鉄道博物館へ行った帰りに宇都宮タからの列車で浜五井にいるナンバーが青塗りに化けた車がいたので気になっていたらここにも885番を確認し、エコレールマークが貼られていないのと社名の書き方が帯入り時代の名残でしょうか上向きになっていたものがストレートに書かれている事が特徴で幸い、マスターもツートンカラー時代の画像を収めて奇しくも2LでプリントしてBトレのタキ1000を組み立てる時に役立ちました。
△川崎貨物(浮島町)
EF64 1034[更新色、冷風]
コキ200- 19 全検23-6-3川崎車□ 熊谷タ(→倉賀野)行き 
コキ200-113 全検23-6-22川崎車□ OT UT26K-98001,UT26K-98002
コキ200- 41 全検22-9-15川崎車□ OT UT26K-98003,UT26K-98004
コキ200- 4 全検22-7-7川崎車□ OT UT26K-98005,UT26K-98006
コキ200-150 全検26-1-29川崎車□ OT UT26K-98007,UT26K-98008
コキ200- 50 全検23-6-27川崎車□ OT UT26K-98009,UT26K-98010
タキ1000-665 OT/倉賀野 無
タキ1000-455 OT/倉賀野 全検26-9-12川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-337 OT/倉賀野 無
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
タキ1000-304 OT/盛岡タ 無
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-672 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-377 OT/宇都宮タ
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-885 OT×/宇都宮タ 全検26-10-17川崎車、自重17.2t
タキ1000-650 OT/倉賀野 全検26-5-26川崎車、自重17.2t
タキ1000-666 OT/倉賀野 無
□=コキ200の枕バネ改良車、×=エコレールマークなし

 倉賀野から10時35分発の上野行き(886M、クハE233-3031×10/高タカL15編成)で新町まで乗ります。丁度ボックスシートが空いていたのでここに腰掛け、春休みに入ったのか高校生ぐらいお兄ちゃん達がこれから遊びに行く様子も見られました。

 新町でいつも通り4074列車の走りをデジカメに収め、E233系の5両編成の回送電車を見て3番線へ。ホームには『スワローあかぎ』の特急料金見直しを促すテープが流れて『ひたち』・『ときわ』と足並み揃えるもので4074列車の通過を待つと今日はタンクコンテナが10個連番で見事なり。また、ツートンカラー→青塗りのタキ1000-885も大宮操での停車時間を見計らって納めることにしました。

 新町から10時53分発の上野行き(853M、クハE231-6031×10/宮ヤマU531編成)で高崎まで乗ります。少し日が差してくるモノの、今日はデジカメと空模様の相性が今一つで噛み合いません。サハE231のトイレ付きに乗ると先客には八王子の某大学の運動部の一団とバッタリ。これから遠征と言った所でご苦労様です。倉賀野を過ぎて高崎操、高崎機関区や高崎車両センター支所の構内の様子を拾い、高崎機関区の奥にはEF55は鉄博入りが伝わり大宮へ行き、遠くから見るとEF60 19、EF65 501、EF64 37、EF64 1001と止まっていてマスターが持っているBトレのラインナップからすぐ引っ張り出せる顔触ればかりで偶然、自室に飾っているのと似た面々で驚き、貨物列車用の機関車ではEF66の100番代やEF65(8877〜8876列車の2083号機や保留機と言った様子の2056号機や2058号機)と見て車両センターの旧高運構内は107系に115系、昼寝するE233系、両毛線の普通電車で使われる211系と見て客車ヤードは12系で1両だけオハ12がカットされて新幹線の高架近くにはスハフ32の姿を見て高崎駅は2番線の到着。

 高崎駅に着くと先ずは案内表示をデジカメに収めてから跨線橋に登り、NEW DAYSを覗くと高崎支社版のポケット時刻表が並べられていたので早速Suicaで買い、続いて新幹線の連絡通路近くの駅弁の売店で『だるま弁当』を昼食に。もちろん、近くにある案内表示をデジカメに収め『長野新幹線』の標記も早速『北陸新幹線(長野経由)』に書き替えられ、上越新幹線も日中の『たにがわ』号も越後湯沢でほくほく線に乗り換える需要が激減するのでこれが無くなる分、『あさま』の停車駅増加で補う事が時刻表で読み取れます。新幹線の改札内の駅ナカ店舗が改装して式典が行われたばかりで賑わっていましたが18きっぷ片手のマスターは外から傍観する形で再び2・4番線に戻り、『朝の茶事』のホットを買い、4番線に到着した『草津』1号はクハ651-1001×7(宮オオOM201編成)が到着して縁起を担いで待合室で『だるま弁当』を頂きます。清掃の係員さんが一生懸命で気遣いながら箸の膳を取り、このころは2番線にE233系、5番線に211系が止まっている様子が見えてマスターにとっては身近なエリアで見られる電車でして、さすがに昔と違って日中の八王子方面の中距離電車が減ってしまい、15〜20年前の水準ならアレレ!と思う次第です。さて、『だるま弁当』の容器をショルダーに仕舞う時はファスナーを開ける様に顔を向かい合わせに収めておりましたが、これだと他の物の出し入れに手古摺るので顎の部分を下側、頭頂部を上側に仕舞うと上手い具合にスッキリしました。

 合間合間に出入りする電車をチェックしてここで改札を出ていつもの様に新幹線の下にある『いろは』をブラブラと。北陸新幹線開業の祝賀イベントの他に富岡製糸場の世界遺産決定で賑わっている飾り付けを見て『いろは』の店内にはE7系を模したお菓子やグッズもちらほらと。夏遠征の頃は八王子駅の『やまたまや』がオープンする少し前だった事を思うとこの様なお店があるのは今思えばいい予習になったかもしれませんね。あれこれ物色しているとドリンクが並んだ冷蔵の棚を見ると『大清水』の復刻パッケージのペットボトルを発見。そういえば、昨秋の一時、次世代自販機で売られているのを知っていましたが、買う機会を逃してしまい早速ゲット。続いて1階に降りてE-siteのスターバックスで一休み。さくらシリーズが終わったのでコーヒー&クリームを押しているものの、帰路のお楽しみにしてショートアメリカーノを頂きながら8876列車の予想をします。そこそこの入りでしたが、この後で本屋さんに立ち寄ってから再びゲートイン。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

H26.12.23 大宮周辺

 予想以上に延びてしまい、八王子発はおよそ30分遅れとなり、10時26分発の快速電車に乗り、日野では先程のスカ色115系に擦れ違い、西国分寺へ向かいます。

 西国分寺から10時56分発の南船橋行き(1023E、クハ205-145×8/千ケヨM35編成)で南浦和まで乗ります。最初は武蔵浦和から埼京線に乗り換えて大宮駅の中で軽く昼食を済ませて新都心へ行こうと思いましたが、八王子駅での入線時刻が遅かったのと83列車のリベンジもあって遅くなった次第です。乗ったのは武蔵野線の生え抜き編成ですが、方向幕が埼京線のお下がりのLED幕で制御装置も交流モーターに載せ替えたことがわかります。途中、新座タは富士へ行く2089列車のコキ104・106とEF66の100番代が引き出し、発着線には見事に19Dのマルーン一色が積まれた(中には今年作られたJRマーク入りのマルーン一色塗りや50周年のグリーンも1個積載)コキ50000が列をなして止まっているのは今年の3月まで北王子の倉庫に着けていた分の代替に当たる石巻港からの3074列車が到着したばかりで機関車の待避線にはEH500の7号機が一休み。目立つコンテナは日通のエコライナー31くらいでした。北朝霞のホームの延伸工事が終わり、上下線でややずれている事が特徴でさすがに東武東上線の乗換駅も手伝って終日、乗換客でごった返す駅ゆえ混雑が日常茶飯事。緩和工事が行われたわけです。西浦和でEF210が牽く倉賀野からの5078列車にすれ違い、南浦和で乗り換えます。

 武蔵野線の電車で気になった編成は下記の通りで205系の※印入りはLED表示です。

・クハ205-31×8(千ケヨM20編成):2622M〜2635M〜東所沢入庫
クハ205-13×8(千ケヨM29編成※):19E運用
クハ205-53×8(千ケヨM30編成※):57E運用
・クハ205-145×8(千ケヨM35編成※):23E運用→西国分寺〜南浦和で乗車
・クハ205-44×8(千ケヨM3編成):59E運用=後刻の確認になりましたが、この時期恒例の有馬記念ラッピングです

 南浦和から11時29分発の大宮行き(1024C、クハE233-1001×10/宮ウラ101編成)でさいたま新都心へ向かいます。クリスマスホリデーで各駅から大宮や新都心へ向かう買い物客も多いものの、なんと浦和では貨物線を走る185系の新製時のストライプや乗った編成も京浜東北線のE233系トップでさいたま新都心で降りた際に乗ったナンバーを収めたのは言うまでもありません。

 新都心の駅を降りると先ずは宇都宮・高崎線の3・4番線へ。金曜日に発表した来年3月のダイヤ改正から上野・東京ラインの開業を迎え、3番線の行き先表示の『上野』一択もあと3ヶ月となり、これが『小田原』、『熱海』、『平塚』が多くなりそうですね。上野行きも東急東横線の例ではありませんが1時間に1〜2往復は残すみたいで。さて、この頃の大宮操構内はいつもなら北陸行きの2071列車が到着するところ、爆弾低気圧の影響を受けた日本海縦貫線や上越線、今日は後刻知りましたが、東北本線の強風の影響を受けていたようで止まっていたのは倉賀野行きの3093列車、後で『むさしの』号の205系も参上。

○3093列車…寒さ厳しい上州の土地柄や時期柄を反映したのか編成も20両の長い編成(前4両がA重油積載車は久し振りで)となり、岡部着時代は前日の8097〜8092列車で八王子へ行ったナンバーが入りましたが、今度は昨日の80列車に連結されたナンバーが部分的に連結。前に竜王行きの83列車でチラリと確認した52番が連結して調査が不十分になりましたがキチンとしたデータは年明けのお楽しみに。
△倉賀野
EH200-15
タキ1000-107 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-137 JOT/根岸* A重、石油類)黒地
タキ1000-170 JOT/根岸* A重、石油類)黒地
タキ1000-104 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-351 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 10 JOT/根岸* 全検25-12-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-569 JOT[E]/根岸
タキ1000-601 JOT[E]/根岸
タキ1000-191 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-365 JOT[E]/根岸*
タキ1000-419 JOT[E]/根岸
タキ1000-270 JOT[E]/根岸* 無

タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-229 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-202 JOT[E]/根岸*
タキ1000-757 JOT[E]/根岸
タキ1000- 19 JOT[E]/根岸* 全検26-5-12川崎車、自重16.9t
タキ1000- 52 JOT[E]/根岸* 全検26-8-29川崎車、自重16.9t
タキ1000-567 JOT/根岸
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 この間に通過した貨物列車は下記の通りです。

・8582列車=3月のダイヤ改正まで宇都宮タ→川崎貨物で浮島町へ返送するオイルターミナルのタンク車を連ねた列車ですが、この時期は祝日もタンク車が動く程需要が活発になると期待したものの、EF65 2101[JRF色、冷風]の単機です。

・8175列車=後で到着する5683列車と同じ浜五井発のタンク車を連ね、編成はEF64 1010[更新色、冷風]+タキ43000×8(43371・43438・43151・43358・43396など)+タキ44000×2(44015・44019)と連結。

・6096列車=石巻港から北王子着を隅田川着へシフトした紙輸送のコンテナ列車でEH500-22+コキ50000×20の編成。コンテナは両側開きの19Dが中心で今年造られた一色塗りが4個ほど見られ、一部V19Cも積載。

○4074列車…祝日はメタノール専用コンテナが積まれたコキ200が連結されない事が多いですが、今日は珍しく連結がありノートに急遽書き足しました。未確認だった今年の全検車が数両連結してここで漸くキャッチ&デジカメに収めました。
△川崎貨物(浮島町)
EF64 1038[更新色、冷風]
コキ200-113 □ OT UT26K-98007 UT26K-98008
コキ200-112 □ OT UT26K-98009 UT26K-98010
コキ200- 77 □ OT UT26K-98011 UT26K-98012
コキ200- 93 □ OT UT26K-98013 UT26K-98014
コキ200-106 □ OT UT26K-98015 UT26K-98016
タキ1000-303 OT/盛岡タ
タキ1000-453 OT/倉賀野 全検26-9-24川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-666 OT/倉賀野 無
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
タキ1000-665 OT/倉賀野  石油類)黒地▼
タキ1000-377 OT/宇都宮タ 石油類)黒地▼
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無黒
タキ1000-672 OT×/宇都宮タ
タキ1000-455 OT/倉賀野 全検26-9-12川崎車、自重16.8t
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-337 OT/倉賀野 無
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-650 OT/倉賀野 全検26-5-26川崎車、自重17.2t
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 無黒
コキ200の□=枕バネ改良工事済み、×=ホーム側のエコレールマークなし、▼=標示板の逆向き

○5683列車…冬場らしく長い編成で来ると思いましたが、前述の8175列車との兼ね合いでしょうか(返送はこの列車と対の5686列車)タキ43000ばかりの12両編成で到着。応援と言うと前はタキ38000が相場でしたが、八王子でも時々見かけるナンバーや青塗りのまま移籍したタキ43000ばかりと今一つといった雰囲気です。また、移籍車を見ると全て期限が半年延びていたのでここを宿題に。
△宇都宮タ
EF210-164
タキ43163 OT/倉賀野
タキ43014 OT/郡山
タキ43379 JOT×/浜五井 全検22-6-7川崎車(28-6-24切)
タキ43025 OT/倉賀野
タキ43268 OT/倉賀野
タキ43484 JOT/塩浜 全検23-7-29川崎車(29-8-27切)、自重15.8t
タキ43548 OT/宇都宮タ
タキ43575 OT/宇都宮タ*
タキ43032 OT/郡山 全検26-4-10川崎車、自重16.1t
タキ43419 JOT×/浜五井 全検22-5-11川崎車(28-1-21切) 石油類)黒地
タキ43465 JOT×/浜五井 全検22-4-12川崎車(28-4-12切) 石油類)黒地

タキ43006 OT/郡山※
×=エコレールマーク撤去、*=旧八王子常備車、※=旧西上田常備車

 18きっぷ片手の遠征で5683列車を見た後は宇都宮線の電車に乗りますが、今回は次の高崎線の電車で先程、東大宮から回送した12時53分発の高崎行き(875M、←クハE233-3532×5[籠原行き]+3029×10/高タカD16+L13編成)で大宮駅へ向かい、ほぼ1時間新都心のホームは撮り鉄の姿が全く見られずたまにホームの浦和方へ若者が歩いて行くと殆ど1号車あたり乗られる様で人気が疎らだと油断なりません。

 大宮に着くと丁度、後を追う形で5683列車が10番線を通過し、これを見てから南側の改札から一旦入り直します。最初は武蔵浦和で埼京線に乗り換えて大宮経由でさいたま新都心で入り直す算段でしたが、八王子での番狂わせの影響からここで入り直すと後は浦和へ行くだけです。続いて3・4番線へ。iPod touchに貨物列車の編成を準備しながら過ごすも東北本線の強風の影響でしょうか郡山から来る1070列車が遅れている様子で見られず、この後の宇都宮タから根岸行きの臨時列車である8564列車も空振り(後で時刻表を見ると8099列車とかすかにニアミスします)。このまま11番線へ行き、いつの間にやら大栄橋側へホームの上屋が延びて車両センターの構内には209系の2100番代や253系(クモハ252-1002×6/宮オオOM-N02編成)が入場中。11番線の先端と言うとカメラ片手の兄ちゃんが目立ちますが不思議と見られず、ホーム上は中年男がフラフラして後でいつもお世話になっている会員仲間のU氏の親類(本文お間違えでしたらご無礼申し上げます)に当たる部会のOB氏とバッタリ。

○8099列車…昨シーズン見たときは浮島町発(旧矢羽根色の川崎貨物常備車)と根岸発が半数ずつでしたが、今日は前者が数両で根岸発が優勢。牽引がEF66からEH200に変わっていたのか中央線の列車から見ると「チョイ足し」と言った様子です。細かい所では旧矢羽根色の現車確認もリーチ、根岸発を見ると少し前の竜王行きの列車(18日の83列車〜19日の80列車)で見たナンバーもちらほら見られましたが(87番のデータはここで正式に確認です)、照り返しの関係かデジカメにうまく収める事が出来ません。
△倉賀野
EH200-23
タキ1000-734 OT/川崎貨物◎ ↑浮島町発 無
タキ1000-735 OT/川崎貨物◎ 全検23-12-12川崎車、自重17.4t
タキ1000-752 OT/川崎貨物◎
タキ1000-741 OT/川崎貨物◎
タキ1000-703 OT/川崎貨物◎ ↓ 無
タキ1000-508 JOT[E]/仙台北港 ↑根岸発 石油類)黒地
タキ1000-198 JOT[E]/根岸*
タキ1000-846 JOT[E]/根岸
タキ1000-877 JOT/根岸
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-368 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-290 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-244 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸* 全検26-8-18川崎車、自重16.9t
タキ1000- 90 JOT[E]/根岸* 全検26-9-30川崎車、自重16.8t
タキ1000-609 JOT[E]/根岸
   ↓
川崎貨物◎=旧矢羽根色、根岸*=旧郡山常備車

 漸くここで一段落。エキュートの西側にあるNEW DAYSでカルビー・ピザポテトのデミグラス味を2袋Suicaで買い、13時39分発の上野行き(620M、クハE231-6012×10/宮ヤマU512編成)で浦和まで乗ります。大宮操の構内にはEF210が牽くコンテナ列車が一休み。FLのU31Aが積まれた車が目立ちます。

 埼玉サークルの忘年会と言うと与野本町のコミュニティーセンターで行われる事が多いですが、例会が行われる浦和東口のパルコの上にあるコミュニティーセンターは3年振り。1階にスターバックスがあるのでここに立ち寄って入るのがお決まりのパターンで久し振りに訪れ、東口の駅前は歩道の整備が終わって綺麗に石畳が並べられて駅前には浦和レッズのラッピングが貼られた国際興業のバスが止まっていたのでデジカメに収め、そういえば、山梨交通にもヴァンフォーレ甲府のラッピングバスがあったなと思い出しました。久々の浦和パルコ入りでスターバックスのお店もサイレンマークが今のタイプに変わり、店内もガラス張りの脇がテーブル席から低めのソファー席に作り替え、明るい茶色のファブリックは余り東京都内や知っている範囲のお店では見掛けた事がありませんが、テーブルは見慣れた逆コの字型の木のものです。この時期定番のジンジャーブレッドラテを頂き、応対したパートナーさんがブラックエプロンを締めていたのでまだ無印なのでこれから頑張って下さい。

 久しぶりに来たのかコミュニティーセンターは9階かな?とエレベーターのボタンを押し、降りるとフロアがエラく変わっていたので改装したと思ったらワンフロア上でマスターもここ数年、定例会すらご無沙汰したので感覚が鈍りましたね。到着は14時10分頃で先着のU氏の隣に腰掛け、幹事のF氏へ手土産のお菓子を渡し、今日は支部委員のK氏は地域の餅つき大会、新座のS氏はお仕事、道産子のK氏は不明と言った具合で例年もっと見えていたのにこの後で世田谷のM氏に鶴瀬のM君、よしちゃん(直接お逢いするのは1年半ぶり)と参上して総勢10名ほど。近鉄ビスタカーの映画から63型電車のジュラ電の解説、M氏の駒場田んぼなどの画像にマスターは先日の名古屋行きで名古屋支部のN氏から頂いた『鉄子の育て方』のDVDを披露。2枚頂いたのでもう一枚は3月に紹介することにしました。また、よしちゃんも都電の撮影のついででデジカメもIXY630と最新型にチェンジ。伊右衛門やなっちゃんオレンジを飲みながらお菓子もマスター持参のカルビーピザポテトのデミグラ味、源氏パイにヨックモックの”東京駅の煉瓦”というチョコのお菓子に酒造ではお馴染みの山田錦を使ったおせんべいを頂き、お開きの17時前まで短時間ではありましたが、楽しむ事が出来ました。

 浦和から17時01分発の桜木町行き(1609B、クハE233-1057×10/宮ウラ157編成)で南浦和まで乗り、マスターは一駅なのでM君、よしちゃんと一緒に乗るも名残惜しくお二方とも良いお年をお迎えください。

 南浦和で武蔵野線に乗り換え、デジカメの画像をモードを変えながら収めて17時11分発の府中本町行き(1630E、クハ205-147×2/千ケヨM62編成)で西国分寺まで乗ります。武蔵野線の205系で往復、旧山手車に当たる事は多いものの、往復で新製時点からの生え抜きに当たるのは珍しい例です。この辺りに乗ると立川で松本行きに乗り換えられるな!と思い、211系が入線していたらラッキー!と言う事で行って見てのお楽しみ。

 西国分寺で17時41分発の高尾行きに駆け足に乗り、立川の5番線に注視。青梅線の電車を待つ列を気にしながらダッシュします。

 立川から17時51分発の松本行き(447M、クハ211-2×6/長ナノN602編成)で八王子まで乗り、6月から少しずつ投入が始まった中央東線の211系、漸く年の瀬でご対面となりました。さすがに「中央線」だけ書くと大先輩の名古屋近郊と混同しますのでここはご愛嬌。考えてみると先日の名古屋行きで関西本線で乗っていたのでこの気遣いか今回は東京方のロングシートに腰掛け、元々東海道線の配置で新製時点で見られなかったドアの押しボタンスイッチもお客さんが疎らな間にデジカメに収めます。4番線に根岸行きの84列車(EF210-132+タキ1000は昨日の85列車と同じ)が到着して211系×EF210は何処か東海道線に行ってしまった錯覚に陥り、2本快速電車の接続を取って出発。乗り換え客やショッピング帰りで程々埋まり、2号車のモハ211は東海道線の編成だけの存在でこちらも10年くらい前まで駿河路までは当たり前の様に足を延ばし、E233系と211系の乗り換えは熱海か沼津、時間帯によって国府津だけかと思いましたが、中央線でも立川や八王子、高尾でも出来ますね。中吊りを見るとJR東海の電車は割と旅行センターのものが多いですが、八王子の子安神社や立川のサカゼンと中央線のものだとふと現実に戻って八王子駅に到着。

 八王子駅に降りると1番線の北側には明日の86列車に乗せるタンク車が控えて現車16両の連結。さすがにこう暗いと前方が見えないのが悔やまれますが、後方は昨日の8460列車に連結されたナンバーも。

←HD300-8+タキ1000×3+196+794+238+869+625+582+588+495+162+868+295+432+20

 南口から18時25分発の富士森公園経由・法政大学行きのバスに間に合い、自宅には遅くとも19時着と予告しましたが、西八王子の南口まで乗るとコンビニで夜食を仕入れる所、拓真高校の上のバス停で降りる予告が無いと押すのがお決まりでこの分帰宅がやや早くなります。

 これで平成26年中の鉄道友の会関係の用事もほぼ終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

H26.12.08 名古屋行き(四日市周辺・その2)

 四日市から11時12分発の名古屋行き(316G、クモハ313-1313×2/海シンB505編成=後でノートを見返すと夏の松本行きでも見掛けました)で富田へ向かいます。いわば、5362列車を後追いする形で進みまして、ワンマン運転のため、先頭のクハ312の乗車となり、カーナビみたいに駅毎に止まる指示で音声の歓呼が時折耳に入ります。お客さんも疎らで快適。前のほうで作業服姿の熟年男性が立っていたので恐らくJR東海の関連企業の方の様で今日は不思議と四日市ではカメラ片手のマニアより作業着姿のJR関係者が目立ちました。

 富田で降りて運転士さんに「ICカードで乗っています」と申告して駅の改札をタッチし、もう一度乗車のところをタッチし直してお手洗いを済ませてから2・3番線へ。先の5362列車は三岐の3713列車に変わってスタンバイ。こちらも先程の続きでタキ1900のチェックに大童。嬉しい事に牽引の機関車が共に旧東武のものではありませんか(9号機はここで鉄コレからリリースした事が記憶に新しい所ですね)。三岐鉄道の電車と言うと西武鉄道の譲渡車が多く、マスター自身も京王の次くらいに馴染みがあることも手伝って名古屋支部さんで主催した見学会で現場の方にお話しすることもちょっとした楽しみでこれを思うと池袋の某カメラ店のCMソングの歌詞を思い出します。

 群線の様子は次の通りでタキ112161の後に5362列車から解放されたタキ1900を2両連結して他にも三岐ホームの前にタキ111936や群線の奥にワム380192が入っていました。また、通常の列車の他にも稲沢へ単機回送するDE10の1188号機が通過して境目の細い白線が入場箇所によって切れているのがあるのだなとE233系のフロントラインではありませんが、ちょっとしたチェックポイントです。お次は2087列車で昨日、あおなみ線の南荒子で入れ換えていたのがこの列車です。

○2087列車…3年前に来た時はコキ106・107の間にコキ50000が挟まって後方のユニット車は東海地区ではお馴染みのコキ105ダブルスからコキ100+101/102+103の4両ユニット車と編成内容に小変更があり、東京タ〜京葉臨海の列車か隅田川〜北陸(上越線経由)の列車を思わせる顔ぶれです。コンテナでは三井金属のUM12A(初期に比べると頑丈なタイプです)やセンコーのISOバルクと月曜日らしく私有コンテナは少ない印象です。
△四日市
DD51 852
コキ106-432 全検26-11-5川崎車 三井金属UM12A-5769,UM12A-5771積載
コキ107-792 新製25-10-7川重 三井金属UM12A-5842,JOT UR19A-10613,NRSU381007[0]積載
コキ107-838 新製25-12-23川重 [危険品] 3個目に19D-44122積載
コキ106-986
コキ106-209 全検25-1-10広島車 3個目にセンコーSKSU140321[7]積載
コキ106-139 全検24-11-15広島車
コキ107-192 全検26-11-8広島車[4個目以外はJOT UR19A積載=1個目に10872,5個目に11117]
コキ107-452 新製24-1-11日車
コキ106-575
コキ107-927 新製26-5-2川重
コキ107-352 新製23-7-13川重
コキ107-437 新製24-3-7川重
コキ103-22 全検24-4-6小倉車
コキ102-22 全検24-4-6小倉車[空車]
コキ102-21 全検24-4-6小倉車[空車]
コキ103-21 全検24-4-6小倉車[空車]

 2087列車を見ている所で東藤原から3714…5365列車が到着してコンテナ車の隙間からタキ1900のデータを取り、12時10分頃に出発すると電車の到着までの15分間は釘付けになりました。

 富田から12時15分発の四日市行き(319G、クモハ313-1310×2/海シンB502編成)で四日市に戻り、乗りも富田からは私くらいとガラガラで富田浜では前に座っていたお姉ちゃんが降りると前半分は貸切状態。この時間が一番空いているのでは?といつも地元で取材していると変な時間に出入りする高校生(いつから学校がフレックスタイムになったのかなと疑問を呈しますが………)が多いことを思うとウィークデーでこんなまったりした光景は久し振りです。

 四日市で降りると先程、富田でチェックした2087列車が到着して先に前5両がコンテナホームに収容して、止まっていた6両目以降が移送されます。先ずは2080列車の様子を見て続いて群線に止まっているタンク車、5380列車に乗せるタンク車のリテイクと過ごします。

○2080列車…前の方は8080列車からの南四日市発が続きますが、四日市発はコキ106やコキ200(JOTのラテックス専用コンテナは模型と同じかな?と思って後でこちらの方が新型と分かりました)と3年前に来た時は電車が遅れて後ろの方がバタバタしてしまいましたが、前の方は電車のスピードが落ちて上手く読み取れてバッチリです。
△笹島(名古屋タ)
DD51 875[更新赤]
コキ106- 747 ↑南四日市発
コキ104- 995
コキ107- 756 新製25-7-15川重[空車]
コキ107- 221
コキ104-1481 全検26-1-11広島車
コキ104-1344
コキ106- 389 全検24-8-21広島車
コキ104-1608 ↓
コキ107- 608 新製24-10-2川重
コキ107- 692 新製24-9-25日車
コキ107- 194
コキ104- 60
コキ200- 95 海ナタ 全検24-2-24名古屋車□[空車]
コキ200- 109 全検23-5-20小倉車□ JOTU671220[9],JOTU671368[4]積載 
コキ106- 149 全検24-12-21郡山車 MCLC UH17A-5036,UT13F-5002(ガンマブチロラクトン専用),UH17A-5050積載
コキ106- 272 全検22-9-17川崎車[空車]
□=コキ200の軸バネ改良車

 13時を回る頃は先程富田で確認した5365列車が到着して最後尾が上手く見られなかったので改めてチェックしてから暫く待合室で一休み。今度は立て続けに5380列車に乗せる南松本行きの後ろ半分、東藤原行きの5364列車、南松本からの79列車と休む暇もありません。

○(3088〜)79列車…タキ1000ばかり14両編成での到着で本輪西からの移動車や浜五井発の列車で馴染みだったナンバー(浜川崎廃止時の配属車)と移って来たのには驚きましたが、この頃浜五井発の2081/2080列車を見ると時々、四日市常備のナンバーを見掛ける様になったのでこの辺りとトレードしたのだろうと感じ取れます。

DD51 1801[更新赤]+DD51 1804[更新赤]
タキ1000-809 JOT/浜五井
タキ1000-200 JOT/四日市*
タキ1000-859 JOT/北袖# 全検25-5-15輪西派、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-325 JOT/塩浜 無
タキ1000-264 JOT/四日市* 無
タキ1000-276 JOT/浜五井* 無
タキ1000-811 JOT/浜五井
タキ1000-278 JOT/浜五井* 無
タキ1000-275 JOT/浜五井*

タキ1000-678 JOT/根岸
タキ1000-624 JOT/根岸 全検25-**-**川崎車、自重17.*t
タキ1000-245 JOT/四日市* 無
タキ1000-221 JOT/四日市* 無
タキ1000-814 JOT/浜五井
四日市*、浜五井*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

○5380(〜5885)列車…稲沢での作業があるものの、当日は14両全車が南松本行きです。オールタキ43000の顔触れで前半分は午前中、後半分は昼過ぎに入ります。この列車を見ていると昨夏の遠征でハミ出て見られなかったタキ243831のデータも埋まり(同じく後方に連結された243854番も併せて修正)、一夏越しましたが、埋まって嬉しくなりました。
△稲沢(南松本)
DD51 892[更新赤、冷風]+DD51 853
タキ243689 JOT[e]/塩浜# 全検26-9-25川崎車、自重15.7t
タキ43454  JOT/根岸 全検23-7-29川崎車、自重15.7t [車輪グレー]
タキ243862 JOT/塩浜* 全検25-9-9川崎車、自重16.4t
タキ243854 JOT/四日市* 全検25-7-16川崎車、自重16.1t
タキ243874 JOT/四日市* 全検25-7-22川崎車、自重15.8t
タキ243683 JOT[e]/塩浜# 全検26-8-8川崎車、自重16.2t 石油類)黒地
タキ243780 JOT/四日市* 全検25-7-1川崎車、自重16.0t 石油類)黒地
タキ243693 JOT/四日市* 全検21-11-30川崎車(27-5-12切)、自重15.9t
タキ243861 JOT/四日市* 全検25-8-14川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ243833 JOT/四日市* 全検25-7-19川崎車(30-8-13切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ243875 JOT/四日市* 全検25-9-30川崎車、自重15.9t 石油類)黒地
タキ243831 JOT/塩浜* 全検24-11-2川崎車、自重15.8t
タキ43444  JOT/四日市* 全検22-8-23川崎車、自重15.9t
タキ43251  JOT/塩浜 全検22−8−3川崎車(28-4-9切)、自重16.3t
四日市*、塩浜*=旧郡山常備車、塩浜#=旧本輪西常備車

 ここまで終わると残りも片手の指で数えるほどになり、一旦ここで改札を入り直し(改札口前の自販機でネスレのカフェオレをSuicaで)、2番線から折り返す普通電車に再び飛び乗ります。

 四日市から14時12分発の名古屋行き(328G、クモハ313-1314×2/海シンB506編成)で富田まで乗ります。この時間になってくると高校生の帰りどきになって車内、待合室と賑やかに。意外と近鉄派が多いのかJR利用は1〜2駅で降りる事が多い様子です。コスモの製油所には先程、79列車で到着したタキ1000が入線して本線から見える所は上り線では見づらいので改めて戻る時にチェックして。

 再び富田駅に参上して運転士さんに「ICカードです」と申告して駅舎の入口にあるリーダーでタッチし直して再入場。今度は2・3番線へ。丁度5367列車に乗せるタキ1900が到着した所でホーム伝いにあれこれチェックし、全検入場が昨年〜今年の車はデジカメに収めませんでしたが、他の13両(=26コマ)は必死に収める形になり、後3両(バスの車庫近く)は日陰になっていた事もあって晴天から曇天モードに切り替えて。さすがにズームを多用したのか我がデジカメもバッテリーは消耗気味。ボディーがアルミ製(多分)なので寒い時期になるとヒンヤリする事もあるので尚更です。

上りの待避線には先程、四日市でチェックした5380列車が15分程一休み。1番線の桑名方に撮り鐡の兄ちゃんが突っ立っていましたが(幸い、マスターが居た2・3番線には現れませんでしたが)、DD51目当てが本来の目的だろうなと思う次第で5367列車が出発するとこれを牽引したのが午前中の(5362〜)3713列車を担当した東武コンビでした。人っ子一人居ないと思ったらベンチには40台過ぎと言った池沼男が大きく咳をして耳障りでしたね。ここで群線で1両ポツンと止まっていたタキ1900の後に5362列車で到着した2両が連結していました。

 富田から14時55分発の四日市行き(329G、クモハ313-1315×2/海シンB507編成)で四日市へ戻ります。富田浜で新車の編成にすれ違い、またまた、海側に腰掛けたのでコスモ製油所に止まっているタンク車からタキ43000の44t車のナンバーをメモ。後で見返すと夏の台風で止まった際に振替輸送で来たナンバーもあったので意外と助かりました。

 四日市に着くといよいよ今回の遠征も結びの一番。日の入りが早いこの時期(東京は16時半頃ですが、名古屋周辺は17時前です)で少しずつ日が傾き始め、撮影モードも曇天に切り替え。ホームの気温は13度、湿度38%(15:30時点)。前後して5366列車が入るものの、5365列車の時点で一通り片付いたので殆ど触れませんでしたが、この分、南松本行きの72列車の調査に注力する事が出来ました。

○72(〜3081)列車…79列車の折り返しで佐倉→千葉から移動したDD51重連で到着(太陽光の反射で着いた所がうまく収まることが出来ず悔やみましたが………)。タキ1000ばかりの高速列車で編成は14両編成だろうと思ったら大当たり。新車(何と!3両も連結)や本輪西からの移動車(840番は初確認の川重製)も見られ、オイルターミナル移籍組の一部では期限が若干伸びたのは台風で不通になった影響が感じ取れます(JOT車は珍しく、オイルターミナルの車では川崎貨物常備の矢羽根車や東日本大震災の影響を受けた例で結構見られました)。
△稲沢(南松本)
DD51 1804[更新色]+DD51 1801[更新色]
タキ1000-180 JOT/塩浜* 全検22-11-29川崎車、自重17.1t
タキ1000- 74 JOT/塩浜* 全検26-5-31川崎車、自重16.7t
タキ1000-947 JOT/塩浜 新製26-9-5日車、自重17.2t
タキ1000- 78 JOT/塩浜* 全検26-10-3川崎車、自重16.8t
タキ1000-941 JOT/塩浜 新製26-9-5日車、自重17.2t
タキ1000-177 JOT/塩浜*
タキ1000-187 JOT/塩浜* 全検22-6-23川崎車、
タキ1000-945 JOT/塩浜 新製26-9-5日車、自重17.2t
タキ1000-826 JOT/塩浜# 全検24-8-9輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-685 JOT/根岸 無
タキ1000-322 JOT/塩浜 全検24-11-16川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-329 JOT/塩浜 全検24-6-13川崎車(29-6-23切)、自重16.8t 無
タキ1000-332 JOT/塩浜 全検24-7-17川崎車(29-7-27切)、自重16.8t 無
タキ1000-840 JOT/塩浜# 全検24-12-20輪西派、自重17.2t 無
塩浜*=旧郡山常備車、塩浜#=旧本輪西常備車

 72列車の様子を一通り片付けると一旦改札を出て、ホームと逆サイドからタキ1000の新車をデジカメに収めて帰りは快速系と決めているのでホームに戻ると待合室で一休み。今回の遠征もほぼ終わりました。

東藤原〜四日市のセメント輸送列車…同じ編成が行き来していたために往復毎にまとめてみました。タキ1900というと東海道新幹線と同じく今年で登場50周年の形式ですが、小野田→太平洋の車は昭和45年頃の新製車が最古で台車もすっかりTR41系からTR225に履き替えました。

○三岐3710…6361列車〜5362…三岐3713列車=5362列車で富田到着後、斜体の車が解放されました
△四日市
DD51 856[更新赤]
タキ 81910 全検22-10-5名古屋車(27-10-5切)、自重13.8t
タキ112457 全検26-3-26名古屋車(30-8-22切)、自重13.8t
タキ111942 N 全検24-11-15名古屋車(29-5-24切)、自重13.8t
タキ 81922 全検24-3-23名古屋車(28-11-2切)、自重13.8t
タキ 81900 全検23-3-11名古屋車(28-8-24切)、自重13.8t
タキ112458 全検25-10-22名古屋車(30-3-24切)、自重13.8t
タキ111944 N 全検25-4-23名古屋車(29-10-20切)、自重13.8t
タキ 81908 全検23-12-13名古屋車(28-8-1切)、自重14.1t
タキ 91964 NK 全検22-8-3名古屋車(27-7-18切)、自重14.3t
タキ 91959 NK 全検23-7-16名古屋車(28-5-8切)、自重13.7t
タキ 91961 NK 全検23-9-16名古屋車(28-7-9切)、自重13.9t
タキ71988 全検25-6-27名古屋車(29-12-11切)、自重13.8t
タキ 81920 全検24-6-28名古屋車(29-1-2切)、自重13.8t
タキ112454 全検25-7-19名古屋車(29-12-19切)、自重13.8t
タキ 91966 N 全検25-8-30名古屋車(30-2-6切)、自重13.8t
タキ 91940 全検26-6-24名古屋車(30-11-14切)、自重13.7t 
DD51 856[更新赤]→三岐ED45 9+ED45 8
▽富田(東藤原)

○三岐3712…5363列車〜5364…三岐3715列車=5364列車入線の際は普段、下り側の待避線に入りますが、オイル輸送列車の出入りの関係か避ける形で上り線側へ入ります。
△四日市
三岐ED45 8+ED45 9→DD51 856[更新赤]
タキ 71993 全検26-4-28名古屋車(30-9-27切)、自重13.8t
タキ 81912 全検24-7-27名古屋車(29-2-7切)、自重13.8t
タキ 71994 全検26-1-24名古屋車(30-6-21切)、自重13.8t
タキ112456 全検26-2-25名古屋車(30-7-23切)、自重13.8t
タキ 81921 全検25-2-14名古屋車(29-8-14切)、自重13.8t
タキ112171 N 全検23-1-7名古屋車(27-11-20切)、自重13.9t
タキ111939 N 全検23-9-30名古屋車(28-7-23切)、自重13.8t
タキ112174 N 全検26-1-10名古屋車(30-6-7切)、自重13.9t
タキ112156 N 全検24-11-9名古屋車(29-5-18切)、自重13.9t
タキ112163 N 全検24-6-6名古屋車(30-11-6切)、自重13.9t
タキ111949 N 全検22-8-27名古屋車(27-8-11切)、自重14.3t
タキ 71995 全検24-8-28名古屋車(29-3-4切)、自重13.8t
タキ 81916 全検25-5-8名古屋車(29-11-21切)、自重13.8t
タキ 81903 全検25-11-12名古屋車(30-4-14切)、自重13.8t
タキ 71991 全検24-11-9名古屋車(29-5-18切)、自重13.8t
タキ 81911 全検23-8-31名古屋車(28-6-23切)、自重13.8t
DD51 856[更新赤]→三岐ED45 5+ED45 4
▽富田(東藤原)

○三岐3714…5365列車〜5366…三岐3717列車=四日市に到着した際に富田で記録したのをど忘れして慌ててノートの頁を用意しました(iPod touch片手だとこの様な事は起こらないのですが………)。
△四日市
三岐ED45 4+ED45 5
DD51 856[更新赤]
タキ112466 全検25-11-21名古屋車(30-4-23切)、自重13.8t
タキ112472 全検21-11-18名古屋車(27-4-15切)、自重13.7t
タキ112459 全検26-6-3名古屋車(30-10-24切)、自重13.8t
タキ 91946 全検25-11-26名古屋車(30-4-28切)、自重14.0t
タキ112175 N 全検24-3-9名古屋車(28-10-19切)、自重13.8t
タキ111955 NK 全検24-12-20名古屋車(29-6-28切)、自重14.0t
タキ112173 N 全検23-6-21名古屋車(28-4-21切)、自重13.9t
タキ112169 N 全検25-10-18名古屋車(30-3-20切)、自重13.9t
タキ112468 全検21-9-16名古屋車(27-4-12切)、自重13.8t
タキ 81918 全検24-8-22名古屋車(29-2-16切)、自重13.8t
タキ111940 N 全検24-7-12名古屋車(29-1-17切)、自重13.8t
タキ 91967 N 全検24-1-25名古屋車(28-9-16切)、自重13.9t
タキ 91939 全検25-4-10名古屋車(29-10-8切)、自重13.7t
タキ112452 全検26-2-13名古屋車(30-7-11切)、自重13.8t
タキ 91941 全検25-3-19名古屋車(29-9-15切)、自重13.7t
タキ 91949 全検22-11-10名古屋車(27-10-16切)、自重13.8t
DD51 856[更新赤]→三岐ED45 9+ED45 8
▽富田(東藤原)

○三岐3716…5367列車〜6368…三岐3719列車
△四日市
三岐ED45 8+ED45 9→DD51 856[更新赤]
タキ112465 全検21-10-28名古屋車(27-4-23切)、自重13.8t
タキ 71986 全検25-6-7名古屋車(29-12-11切)、自重13.8t
タキ 81902 全検23-6-21名古屋車(28-4-21切)、自重13.8t
タキ 81901 全検24-1-18名古屋車(28-9-6切)、自重13.8t
タキ 81925 全検25-9-20名古屋車(30-2-20切)、自重13.8t
タキ111953 N 全検23-2-18名古屋車(28-1-23切)、自重14.2t
タキ112164 N 全検25-8-6名古屋車(30-1-6切)、自重13.9t
タキ112170 N 全検22-12-14名古屋車(27-12-11切)、自重13.9t
タキ112157 N 全検22-8-27名古屋車(27-8-21切)、自重14.4t
タキ112160 N 全検23-3-19名古屋車(28-2-17切)、自重13.7t
タキ111941 N 全検23-12-8名古屋車(28-7-27切)、自重13.8t
タキ 91947 全検22-10-9名古屋車(27-9-24切)、自重14.2t
タキ 81917 全検22-10-9名古屋車(27-10-30切)、自重13.8t
タキ 71987 全検23-1-26名古屋車(27-12-24切)、自重13.8t
タキ112159 N 全検23-1-28名古屋車(27-12-24切)、自重13.8t
タキ 81913 全検24-5-15名古屋車(29-1-4切)、自重13.8t
DD51 856[更新赤]
▽富田(東藤原)
全車太平洋セメント/東藤原、N=日車製(側面補強リブ付き)、K=旧金田常備車(N+梯子妻面&端部踏み板付き)

 四日市から15時54分発の快速電車(2312M、←クモハ313-1301×2+1310×2/海シンB401+B502編成)で名古屋まで乗ります。今回は不思議とダイヤの遅れが見られず終日定刻運転なり。帰りの電車も四日市からの乗りは疎らで転換クロスの列を見ると枕木方向に4席並んで腰掛けているのは1人程度です(『みえ』号はキハ75の入場の関係から短縮する列車が多かったですが、こちらは4両編成で頑張っていました)。マスターも久しぶりに纏まった取材行で顔も嬉しくなり、この頃になると先程の南松本行きのタキ1000が積込みが終わった様子で次の富田浜では早速3分すれ違いで足止め。富田の貨車や機関車は先程と変わらず、手前の踏切では三岐鉄道の旧カラーに復刻した日野リエッセを発見。唯一の停車駅・桑名もさすがに近鉄へ乗ってしまうのか乗りが疎らで腰掛けた周辺も死守と言った形となり、3番線にはタキ1000の72列車が退避してちょうど左隣には9両目の826番が止まっていました。輪中の長大鉄橋をダッシュ。近鉄のAceやアーバンライナーnextと見て擦れ違う電車も2両編成から4両編成へと夕方のラッシュに向けての準備が始まり、弥富は名鉄5000系or3300系のステンレス車を掠めて蟹江では4分停車。211系の4両編成(2315M、クモハ211-5022×4/海シンK12編成)に擦れ違い、名古屋市内の高架線に入ると春田の1番線を全速力で通過して八田に入ると2番線は南松本から塩浜行きのタキ1000を連ねた75列車が退避しているのを見て足取りがゆっくりして笹島は稲沢行きの1255列車(←DD51 857+コキ104×8+105-63+64)と止まっている様子を見てカーブして東海道線と並ぶと下り線を衣浦臨海鉄道からの東藤原行き5767列車(太平洋セメントのホキ1000)はEF64の牽引。新日鉄から返送の美濃赤坂行きのホキ9500・2000だったらマスターにとっては青梅線の石灰石列車かな?と錯覚する雰囲気に陥り、名古屋駅は11番線、定刻16時33分の到着。運転台の後に本務の他に2人ほど添乗した車掌さんも乗って午前中も若い車掌さんの団体を四日市駅で見掛けて労いたくなります。関西本線の快速電車は下りは30分余りと結構飛ばしますが、上りは擦れ違いで引っ掛かるのか40分程掛かるので中央線の特別快速や京王線の特急で新宿から八王子まで乗るのと差がない計算です。

 名古屋駅の到着は11番線で普段は12・13番線と違って一本東側で中央西線の『しなの』号が発着する10番線と同じホームです。関西本線と中央西線の混用と言う珍しい使われ方で隣の8・9番線は中央西線の普通電車用。丁度、中津川行きの快速電車で211系+313系(2739M、←クモハ211-5025×4+313-1001×4/海シンK13+B1編成)とJR東海の幹線ではお馴染みの組み合わせで中津川方が211系で東日本の所属車との差異を見出しながらデジカメに収め、中央口の改札を出場して券売機で履歴をプリント。セントラルタワーズの東急ハンズでBトレや鉄道模型を色々と見て休憩の乗務員さんも覗く程現場の方も立ち寄られる様子が感じられます。Bトレは名古屋行きというと必ず買うのが日車の夢工房からリリースされる限定品でこの頃は東京でもカツミ模型店(旧称でスミマセン)やポポンデッタで並ぶ事があるのでさすがに地元で買うと気が引けるので本場でゲットした方が味が出ます。棚を見ると『ワイドビューひだ』や名鉄の電車(今回の宿の親会社で敬意を表して)が色々と並んで今回選んだのは6000系でブルーリボン賞を受賞した事がある電車としての認識が強いです(通勤タイプではこの後、銀座線の1000系が取ったのは記憶に新しい所です)。また、Zゲージ(ドイツのメルクリンが有名ですが、マイクロトレインズ[=KadeeのNゲージとZゲージ部門の分社です]のアメリカの貨車です)さすがに新幹線の時間まで時間がないのか12階のスターバックスは立ち寄らず、エスカレーターを2階で降りてこのままコンコースに降りて先ずはギフトステーションで大須ういろの一口サイズ(10個入りで白いのが2列かなと思いましたが?抹茶が上下に)と宮きしめんの半生をお土産に。再び、コインロッカーに戻り、トートバッグとネットブックを引き取り、帰りの新幹線は自由席なので太閤口へ足を向けると北側の改札から入場。待合室で少し時間調整して今日アップ分の前編、後編と頭の部分を書き出し(帰宅してから肉付けします)、中身の無い様なお姉ちゃん達が声高に話していたり子連れも居て(師走の平日でどういった御用なのでしょう)と落ち着けませんでしたが、後で売店の前が空いて合わせて30分ほど過ごしてから14・15番線へ。駅弁の売店で『とりご飯』、自販機でJR東海ブランドのほうじ茶・香のホットをSuicaで。四日市の駅の自販機はKIOSK管理でしたが新幹線のホームはJRの管理が強く、東日本のエリアに入ると新幹線、在来線問わずプライベートブランドの飲料(=フロムアクアや朝の茶事)が当たり前に見ている環境からすると東海は少し偏った印象です。

 帰りの新幹線は『のぞみ』246号(783-2076×16/X76編成)でN700系では比較的後半のグループで番号を見ると一本違っていたら7並び(N700A改造で+2000になりましたが………)のグリーン車が連結された編成に当たって宝くじではありませんが前後賞を頂いたみたいで2号車に並びます。名古屋駅と言うとマスターのブログのネタに頻出するマイク片手に大絶叫する駅員さんのアナウンスが名物(迷物)でしたが、ホームの安全柵整備が進んで落ち着いたものの、太閤口は衆院選の演説で賑わっておりました。

 『のぞみ』246号が定刻の18時03分に出発すると一泊二日の名古屋行きも大団円。ショルダーにトートバッグ、お土産の手提げと大荷物なので先客や隣客が居ないと助かるのですが(図々しい訳ではありませんのでご理解の程を………)、これを思うと最近はキャリーバッグ片手の若い人が多く、こちらも足手纏いになる事も時折ありますが、こちらの格好はどちらかと言うと強力さんみたいで言い換えるとキャリーバッグの若者は山ガールといった感覚で。帰りの新幹線ではお決まりの様に『とりご飯』に舌鼓を打つのも楽しみでそこそこ並んでいた所で2人掛けのシートをゲット。N700A系のフットワークで味わう伝統の味もなかなかでいつものように豊橋あたりで平らげると今回は浜松の周りで車掌さんが3人チームで巡回。スタンプを押して頂くと少し一休みして気がつくと静岡県内でも東側に差し掛かり、新丹那トンネルを越えると程なく小田原でモデル線部分に差し掛かると新横浜到着まで10分弱。宵のうちで位置関係も分からずデッキに出たのは相模川の鉄橋の手前で2〜3本、下り列車に擦れ違いながら新横浜駅は1番線の到着です。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

H26.09.05 千葉周辺(その2)

 8685列車が終わった所で中休み。蘇我から12時32分発の逗子行き(4138〜1138F、←クハE217-2035×4+13×11/横クラY-135+Y-13編成)で千葉まで乗り、時間的には中途半端になりますが、割振りからすると仕方ありません。何とか座れて千葉中央に止まる電車を伺うと新京成の8000形が停車中。内房線からの電車らしく律儀に3番線に入線しました。

 千葉駅で小休止してお手洗いを済ませ、地下通路の次世代自販機でフロムアクアの500mlを仕入れ5・6番線へ。

 千葉から12時54分発の成東行き(1647M、クハ209-2145×4/千マリC421編成)で蘇我へ向かい、『成田エクスプレス』は22号が7番線を通過して千葉中央には新京成の8000形が止まっています。

 再び蘇我に現れて5・6番線から乗換通路から1・2番線へ。次は5883列車の到着でこちらもまた同じナンバーの連結は無いかな?と気になります。

◯5883列車…これまた先々週、大宮で確認した時と同じナンバーはステンレスタンクのタキ143645(3度見ているのでこの列車の主ですね)を含め4両連結して、移動車を見るとタキ43000の44t車では本輪西、タキ1000では根岸、本輪西の移動車と散見しました。
△倉賀野
KD60 3 →EF210-142
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ243692  JOT[e]/浜五井# 全検22-4-21輪西派、自重16.3t 無
タキ243696  JOT[e]/浜五井# 全検22-5-21輪西派、自重16.3t 無
タキ43030   OT/八王子 無[車票]
タキ243691 JOT[e]/浜五井# 全検22-6-25輪西派、自重16.3t 無[車票]
タキ43027   OT/倉賀野 無
タキ43003   OT/南松本※
タキ1000-506 JOT/根岸
タキ1000-861 JOT/北袖# 全検25-10-16輪西派、自重17.2t 石油類)黒地
タキ143645  JOT/浜五井* 石油類)黒地
タキ1000-626 JOT/根岸
タキ1000-375 OT/宇都宮タ 石油類)黒地、K
タキ43324   JOT/根岸 [車票]
タキ1000-452 OT/倉賀野 石油類)黒地
[e]=エコレールマーク入り、浜五井*=旧郡山常備車、浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車、※=旧西上田常備車、K=郡山臨時常備

 暫くすると4095列車が到着するのでホーム伝いに確認すると幸い、被らずに片付きました。

◯4095列車…コンテナ車はコキ106、コキ107両形式ばかりの編成でセンコー、京義、JOTのバルク用ISOコンテナにJR貨物のウイングルーフコンテナ48AのH26製バージョンと見られ、最初のグループと違って段になった羽根模様がなく、先頃製作した12フィートと同様にスッキリした外観です。積み方が左側にラテックスの12ftタンクコンテナが積まれて何処か歪な感がします。
△千葉貨物
EF210-109→KD60 3
コキ107- 728 [空車]
コキ106- 13
コキ107- 173 宇部興産UH20A-495,[欠],UH20A-504
コキ106- 158 [空車]
コキ107- 378
コキ106- 321 全検26-5-1川崎車
コキ107- 312
コキ106-1129
コキ106-1072
コキ107- 966 新製26-5-1日車
コキ106- 423 [空車]
コキ107- 121 全検26-7-2川崎車
コキ106- 645 全検21-10-14名古屋車 JOT UT5A-75[ラテックス],48A-38036
コキ106-1123 全検25-11-6名古屋車 SKGU113261[9],KYGC0010011,KYGC0010002
コキ107- 916 新製25-12-10日車 KYGC0010009,JOT UT5A-51[ラテックス],JOTU113251[6]
コキ106- 485 SKCU113237[3],JOTU099211[8],SKCU130219[2]
コキ107- 696 新製24-9-25日車 JOT UH20B-233/E,UH20B-356/P,UH20A-449/P
コキ106- 49 JOTU671414[0](ジメチルホルムアミド),TRLU02**79[8](アセトン),IPCU080179
※SKCU=センコー、KYGC=京義倉庫、UH20A/Bの専用種別=E:ポリエチレン、P:ポリプロピレン

 この2本が出発するとiPod touchで5683列車から5883列車までの3本をベンチに腰掛けながら整理し、片付くとDilaをぶらりと。春遠征の時と同様にデニッシュバーもいいなと思いましたが、さすがに冷たいものと一緒となると合わないのでミニプラの店先の冷蔵庫にあったチョコレートが美味しそうだったのでキャドバリーのデイリーミルクをSuicaで。再び1・2番線に戻ると京葉線から夕方の5061列車(広島タ行き)を牽くEF210-15が到着。さて、チョコレートを頂くとフェアトレード商品とのことでいいものを選び、お次は郡山からの1070列車の到着を待ち、西口で付け待ちするタクシーが三ツ矢タクシーばかりでこの時期らしく冷たいサイダーを頂きたいものの、お目当ての1070列車が定刻になっても来ず、後刻知りましたが、宇都宮での車両故障が発生した為に影響が出ていたとの事です。また、高崎線でも鴻巣で踏切障害があったとの事で武蔵野線までは順調ながら大宮以遠は大変な事になったとこの時は未だ知る由もありません。

 宇都宮線のダイヤの乱れの影響でしょうか予定を一本繰り上げて14時50分発の内房線からの千葉行き(184M、クハ209-2157☓4/千マリC439編成)で千葉まで乗ります。本千葉ではちはら台行きの京成3500形(4両編成のB53運用)や千葉中央では新京成8800形と見て千葉駅は3番線の到着。

 再び迷路のような地下通路を歩き、お手洗いに立ち寄り、改札口をかすめてお次は東側のNEW DAYSで銚子電鉄のぬれせん(今回は濃い味の5枚入り)を頂きます。NEW DAYSながら昔のKIOSKの役割を担っているのでしょうか地場モノの棚が一列用意されて銚電ぬれせんの他にも貝の佃煮や米屋の最中(栗ようかんが有名ですが)と並んでこれが大きいお店が高崎の『いろは』や八王子の『やまたまや』なのだろうと感じ取れ、恐らく改築が終わると千葉駅にも似通ったコンセプトのお店が設置されるものと思われます。再び3・4番線へ。今度は15時31分発の木更津行きに乗り、7番線を通過する『成田エクスプレス』30号はクロE259-10×6+1×6(横クラNE-010+NE-001編成)が通過。横浜行きの編成はこの間河口湖行きの『成田エクスプレス』10号で見掛けた編成で新宿行きは13号で見掛けましたが、12号〜29号で横浜(間に大船で一休み)まで往復した格好です。

 今回の遠征も漸く終盤で15時31分発の木更津行き(191M、クハ209-2108×6/千マリC408編成)で蘇我まで乗ります。幕張からの回送で13分前の到着。最後の2080列車は南松本発の列車だけあって身近なので先月の松本行きの様にオイルターミナルからの移籍車の定期検査上がりや意外な所の移動車の発見と勉強せねばなりません。千葉中央では京成の新3000形のちはら台行(3002-1×6/B09運用)を見て新京成のN800形と並んだら面白そうな組み合わせですが本千葉を出て京葉線の高架が見える手前で減速して再びダッシュして蘇我の5番線に到着します。

 蘇我に着くと5・6番線から乗換通路経由で1・2番線へ。2080列車の到着も間近でEH200目当ての撮り鉄が多く、一眼レフ2台持ちなる猛者のオヤジさん(内房線の大騒ぎになったSL運転の時も出撃したのでは?)や昨夏亡くなられた埼玉サークルのベテラン会員さんを思わせる風貌のお兄ちゃんとマスターにとっては少々邪魔っけな面々ですが、こんな事を他所に編成をチェック。

◯2080列車…一杯の17両編成での到着で今年はオイルターミナル移籍組の全検出場が多いものの、編成を見ると本輪西四日市からの移動車もちらほら連結。四日市の常備車は最初、中央西線の振替用で来た(218番はここで確認しております)と思っていましたがこのまま居着いた格好の様で今後追って見て参りますのでご期待下さい。
△千葉貨物(浜五井)
EH200-3
タキ1000-444 JOT/根岸 全検26-4-18川崎車、自重17.0t
タキ1000-860 JOT/北袖# 全検25-5-21輪西派、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-652 JOT/根岸 全検26-7-30川崎車、自重16.8t
タキ1000-890 JOT/根岸
タキ1000-657 JOT/根岸 全検26-7-25川崎車、自重16.8t
タキ1000-403 JOT/浜五井 全検25-6-24川崎車、自重17.2t 石油類)黒地 K
タキ1000-663 JOT/根岸 無青
タキ1000-566 JOT/根岸 無
タキ1000-855 JOT/北袖# 全検25-6-26輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-862 JOT/北袖# 全検25-7-16輪西派、自重17.2t 無

タキ1000-266 JOT/四日市* 全検23-9-7川崎車、自重16.8t
タキ1000-885 JOT/根岸 無
タキ1000-289 JOT/浜五井*
タキ1000- 12 JOT/根岸 全検26-6-16川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-887 JOT/根岸 無
タキ1000-218 JOT/四日市* 全検23-10-14川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-243 JOT/浜五井*
浜五井*、四日市*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車、K=北袖臨時常備

 ホーム伝いに最後尾まで見て快速電車まで時間があったので5・6番線の安房鴨川方へ進み、大きめのサイズで本輪西から移ったタキ1000を頑張ってデジカメに収め、松本行きに引き続いて二度目で1・2番線に戻ると今度は湘南色の115系が現れて週末に運転される団体列車の試運転と後刻人伝で知りましたが、113系の復刻カラー(丁度同じ事を長野の115系でもやっていますね)以来のご対面。因みに編成はクハ115-1137×4(高タカT1146編成)です。

 蘇我から16時20分発の外房線からの快速電車(4508〜1508A、クハE233−5020×10/千ケヨ520編成)で東京まで乗ります。京葉線のE233系は中央線と同じで中間のクハとサハの位置が揃えられて編成表を見ると付属編成が蘇我方なので言わば中央線の201系に当て嵌めると新製当初の組み合わせで逆になっている点に注意です。乗車したモハE233の5000番代は中央線ではサハの500番代の位置に当たり、中央線の編成も201系の組成をそのまま引き継いでいたらここに入っていたかもしれません。外房へ遊びに行った帰りのキャスター片手のお姉ちゃんが結構いたものの腰掛けた脇の女子高生の喋り口調が歳の割に刺々しかったのかつい一喝。ホンマ、親の顔を見たいもので海浜幕張が最寄り駅なのか分かりませんが追っ払い(?)ました。海浜幕張ではメッセの展示会帰りのお客さんが多く程なく満員に。この辺りから少しずつ武蔵野線の姿も見られるようになり、この時間になると八王子に『むさしの号』で来る時間帯なので親近感がわき、気になる編成では南船橋ではクハ205-146×8(千ケヨM62編成、39E運用)、新浦安で209系(17E運用)と見てベイエリアの風景を楽しみつつ、新木場に来るとスカイツリーが見えてきて東京駅も近くなり、潮見を過ぎて越中島のトンネルをくぐるとこのまま東京駅の京葉ホームに到着して今日は第1金曜でうちの例会の定例日で昔は良く八丁堀に来ていたので懐かしいですが、今月は休会なので出られた訳ですが、遠征+研究会の定例日は色々とやらねばならない事があってキツい面もありますので物理的に不可能です。17時を回って東京駅の京葉3番線に到着。

 東京駅の京葉線ホームから京葉コンコースのエスカレーターはディズニーランド帰りで且つキャスター片手のお上りさんで渋滞していましたが、歩く歩道をゆっくり進んでも15分程で中央線のホームに着き、お目当ては17時31分発の通勤快速なので余裕があり、待つ間にワンダのモーニングショットを仕入れて待ちますが、さすがに夕方の詰まったダイヤでこの前後はどうやら遅れるのがお決まりの様ですね。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H26.09.05 千葉周辺(その1)

 夏の18きっぷ片手の遠征も9月中は初旬の間も使えるので7、8月中の暑さ対策で猛暑も和らぐ時期を狙って出ようと思いましたが、8月の下旬はぐずついた天候の日が続いて足踏み状態。遠征も今週こそ行くぞ!と思った所で昨日一昨日と起き抜けで今一つパワーが入らず二日待ちましたが、漸く千葉周辺へと回りました。つい一ヶ月前は中央西線の橋桁流出の影響から盛んに中央東線経由の振替輸送が続いてこれに紛れ込んだり、5月まで北海道に居たタンク車と見所があるのでは?と勘付く次第です。今まで千葉行きの遠征はiPod touchを持参しませんでしたが、先々週の大宮周辺での遠征で見掛けた列車も多く、復習するつもりで同じナンバーに出会さないかなと照らし合わせと称して今回初めて携えた次第です。

 自宅を出て西八王子から電車に乗るも丁度、竜王行きの81列車が通過する頃合いなので眠い眼を擦りつつナンバーが読み取れるかな?と不安を持つも慣れているので心配いりません。連結していたタキ1000のナンバーを見ると未確認の全検車(緑文字のナンバーです)があり追々、押さえなくては。

△竜王
EH200−8
タキ1000-190 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 79 JOT[E]/根岸* 全検25-12-10川崎車、自重16.9t
タキ1000-880 JOT/根岸
タキ1000- 10 JOT/根岸* 全検25-12-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-125 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000- 49 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 7 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 40 JOT[E]/根岸* (A重)

タキ1000-197 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 52 JOT[E]/根岸* 
タキ1000- 71 JOT[E]/根岸* 全検26-5-12川崎車、自重16.7t
タキ1000-215 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸* 全検25-12-9川崎車、自重16.7t
タキ1000-791 JOT[E]/根岸
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検25-8-29川崎車、自重16.7t
タキ1000-256 JOT/根岸* 無
タキ1000-253 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車

 南口から乗ると丁度法政大学行きのバス乗り場には京王の100周年記念復刻カラーとまたまたご対面。駅員さんが居る窓口から1番線の高尾方へ。マスターが乗る電車と前後して到着する甲府行き(521M、クハ211-3×6/長ナノN603編成)で211系が到着してこれで田町のセミクロス車は半分入った事になり、来春までには長野の115系も211系に総入れ替えするのだろうと予想されます。

 西八王子から7時01分発の東京行きで御茶ノ水まで乗り、朝活や早出の学生も多いながらも何とか座れましたが、両側が体格が立派な方同士且つ大荷物で少々窮屈な気がしたものの(E233系は国鉄時代の電車よりも座幅は拡がったのですが………)、快調に進み、八王子のタンク車は86列車で根岸へ返すタキ1000の8両編成にオイルターミナルの基地はこちらもツートンカラーのタキ1000の姿をキャッチして8460列車で返送する分だなと分かります。立川で通勤特快の接続待ち、国立は2番線と停車して山手線の内側に入る頃まで一眠り。目立つ遅れもなく、定刻通り御茶ノ水に到着。

 御茶ノ水から8時16分発の千葉行き(730B、クハE231-20×10/八ミツB20編成)で錦糸町まで乗ります。乗ると早速空席を見付けてちゃっかり腰掛け、両国で立つと錦糸町で乗り換える準備をします。

 錦糸町で快速電車の3・4番線へ移動します。八王子を出発した頃は好天でしたがこの前後から少しずつ曇りがちになったものの、8:30を回った頃に少し日が射してきました。東京駅から回送して昼寝するE217系も本線側の1編成だけでしたが、あれよの間に2本が入庫して計3本と入ってスカートの形状が違う点やスカイツリーとデジカメに収め、付属編成が止まる辺りの次世代自販機でWANDAのモーニングショットを買って千葉行きの快速電車の到着を待ちます。

 錦糸町から8時55分発の千葉行き(761F、←クハE217-47×11+2027×4/横クラY-47+Y-127編成)で千葉まで乗ります。晴れたり曇ったりの空のもとを東進。亀戸の東武電車は空振りでしたが新小岩の快速ホームは今やすっかり中央線の快速電車と並ぶ自殺ポイントになってしまった関係はホーム上のガードマンさんの姿を見ると納得。こちらのお目当ては信号所の発着線で奥には例によってホキ800の列に越中島行きのチキ6000にDE10の1571号機、鹿島臨海へ行く1095列車が停車中で牽引するEF210の172号機は機回しを済ませ、パンタを下げて一休み。コキ104・106・107混成の17両編成で前方には中央通運の塩化ビニール樹脂専用UT20Aが先頭に全部積まれて後4両は空車続き。江戸川を渡ると千葉県に入り、本八幡〜西船橋の飛ばしっぷりは迫力があり、西船橋は東西線の05系ワイドドア車と並んで入線し、船橋は東武8000系の8151×6の姿が見えて非冷房の最終グループあたりといったグループで60000系投入が進む今となってはまだまだ頑張っています。津田沼は本曇の空模様で到着して錦糸町辺りから乗ったお客さんも殆どが降りた格好で後は市川から千葉市内へ向かうお客さんが中心です。幕張の車両センターは春遠征の時は偶々185系のEXP185カラーの編成が止まってこれも夏頃に廃車になって残念でしたが、構内は209系はじめ昼寝するE217系ばかりでこれと言った目立つ顔が見られません。稲毛を過ぎると黒砂のオーバーパスを走り、千葉駅は外房線の5番線に到着します。

 千葉駅に到着して4月に訪れた時と同様に駅舎改築を併せた大改良工事の真っ只中。北口側のお手洗いを済ませると駅弁の売店はホーム上は工事の影響から全て取り払ったので東側地下道にあるおそば屋さん前の売店(中央の地下通路から行くと迷路みたいです)で仕入れ、この時期に来ると『潮干狩り弁当』も良いのですが来る度同じのも何なのでここ数年千葉駅の駅弁でお馴染みとなった『千葉寿司街道』シリーズが気になったのでこの時期らしく秋刀魚を頂きました。次の木更津行きに合わせて3・4番線へ。『朝の茶事』を買おうと自販機が見当たらなかったので西口の端っこ(成田線側)へ赴いてしまったものの、グリーン券の券売機の脇にありまして大ボケですね。早速舌鼓を打つと笹の上にはおぼろ昆布で巻かれたさんまの西京焼きが載って切れているのと醤油が添えていましたが、さすがに味噌味となると合わないのでストレートで。『千葉寿司街道』とネーミングの通り千葉県内各地で穫れる旬の鮮魚をネタにして秋は銚子の秋刀魚(+佐倉産の味噌)ですが、春は鯛、初夏は鰹(勝浦)、夏は鯵、晩秋〜冬は鰯と言った具合です(間違えていましたらごめんなさい)。売店を覗くと”千葉駅=万葉軒”の印象が強いですが、少しずつながら東京周辺と同じくNRE駅弁も並んでおります。早い昼食の後はベンチに腰掛けてiPod touchでこれから見る列車の下準備をして房総2線のホームを出入りする編成のチェックをしながら過ごしました。

 千葉から10時33分発の木更津行き(163M、クハ209-2126×6/千マリC626編成)で蘇我へ向かいます。10分前の入線でスタンバイ。程々乗ってくるものの、県庁や官庁街が近い本千葉で降りるお客さんもちらほらと。千葉中央駅では新京成のN800形(N811×6のマリーンズ号)とご対面。

 蘇我に着くと春遠征の時は控えているE257系の回送のナンバーを控えそびれましたが、今回は乗換跨線橋経由でバッチリと。向かい合わせもデジカメに収めて5683列車の入線を待ちます。すると、跨線橋の真下で喫煙する馬鹿者を目撃し、これからオイルの積車が着くと言うのにアホかいなと思い、こういう奴は乗っている運賃の10倍ふんだくって三陸や常磐の震災復興に充てて欲しいものです。

◯5683列車…編成の内容も先々週の大宮行きの際と同じナンバーが入るだろうと予想しましたが、若干連結する両数が増えたもののドンピシャリです。1359列車が到着すると後7両が被る格好になりました。
△宇都宮タ
KD60 4→EF210-164
タキ43002   OT/宇都宮タ※ 全検26-7-16川崎車、自重15.8t
タキ1000-414 OT/郡山 全検26-1-8川崎車、自重17.0t [車票]
タキ44006   OT/西上田 [車票]

タキ43270   OT/倉賀野 無
タキ43007   OT/倉賀野※
タキ43164   OT/倉賀野 無[車票]
タキ43546   OT/宇都宮タ 無[車票]
タキ43606   OT/宇都宮タ 無
タキ43539   OT/宇都宮タ 無
タキ43001   OT/南松本※ 無

タキ1000-304 OT/盛岡タ K
タキ1000-399 OT/宇都宮タ
タキ43163   OT/倉賀野
タキ43017   OT/郡山
タキ1000-385 OT/宇都宮タ 全検25-5-14川崎車、自重16.8t
タキ43009   OT/八王子※

※=旧西上田常備車、K=郡山臨時常備

◯1359列車…目立つコンテナは3両目に積まれたJOTのUT11G-95000(コンクリート混和剤専用)くらいですが、後7両は全て19系コンテナの顔触れ。9両目には今夏出来たばかりの一色塗り19Dを発見。
△千葉貨物
EF66 115→KD60 4
コキ104- 36 [空車]
コキ104- 229 [空車]
コキ107- 17 全検25-11-28広島車 (UT11G-950**積載)
コキ106- 29
コキ104-2907
コキ104-2888
コキ104-2230
コキ107- 493 新製24-4-4川重
コキ104-5007 全検23-6-22川崎車 5個目に19D-42323積載
コキ106- 526 全検25-9-24川崎車

◯1091列車…中央線ではおなじみの所でEH200が午後の2080列車で来ますが、こちらは愛知のEF64が担当。マスターは赴いた記憶は無いのですが、同じ千葉エリアでも成田〜鹿島方面ではお馴染みの事を思うと意外ですね。コキ107の新車も所々見られ、最後尾には1000番が連結され、増備のハイピッチさが感じ取れます。気になるコンテナでは出光、JOT、京義に続いてセンコーのバルク用(コキ106-768に積載)も見られ、午後の4095列車でも見掛けました。
△千葉貨物
EF64 1038[更新色、冷風]
コキ104-1724 [空車]
コキ107- 214
コキ104-2809
コキ106- 781 (出光20’×2、JOT20’タンク[ラテックス]×1)
コキ107- 933 新製26-5-2川重 (出光20’×2)
コキ104- 937 新製26-5-9川重 (出光20’×2)
コキ106- 730 全検21-10-5川崎車
コキ106- 768 全検21-12-1広島車 SKCU140291[0]
コキ106-1047 [空車]
コキ106- 948 [空車]
コキ200- 47 全検22-8-23川崎車[空車]
コキ107- 908 新製25-11-25日車
コキ103- 14 宇部興産UH20A-470,UH20A-486,UH20A-481積載
コキ102- 14 [空車]
コキ102- 13 ガスケミカル西日本UT9A-5018*、千葉製粉UT20A-5026、同和通運UM13A-264積載
コキ103- 13 日陸UT13K-95004,JOT UT11G-95041,日陸 UT12K-95007
コキ104-1701
コキ104-5031 全検23-12-19川崎車
コキ107-1000 新製26-6-13日車
*=旧エムティビーのアクリルアマイド液専用、コキ103-13積載の日陸UT13K&UT12Kはリニアレン専用、JOTUT11Gはコンクリート混和剤専用

 お天気も10時頃は晴れたり曇ったりでしたが、正午を回るとすっかり晴れ渡り、千葉は海沿いなので内陸部と違い、海風が入るのか幾分凌げる陽気です。ホームの千葉方にはカメラ片手のお兄ちゃんがウロチョロと時折『鉄道ファン』で読者のお便りコーナー欄でどうでもいい事を述べる奴とかな?と言った感じがしますが人違いでしたらスミマセン。

◯8685列車…こちらも先々週の大宮行きの際に確認したナンバーが結構連結されているだろうと思ったら大当たり。タキ1000の101番のデータもここでチェックしました。列車自体も甲子発で先頃コスモの製油所と共同利用が締結され、いずれは浜五井発か同じエクソン系の浮島町発に移行される様子ですが良く頑張っています。
△宇都宮タ
KD55 201→EF65 2068[JRF色、赤プレート、冷風]
タキ43545   OT/宇都宮タ
タキ43600   OT/南松本 A重
タキ43603   OT/宇都宮タ
タキ43581   OT/宇都宮タ 無
タキ43552   OT/宇都宮タ 無
タキ43575   OT/宇都宮タ# 無
タキ1000-380 OT/宇都宮タ K
タキ1000-379 OT/宇都宮タ
タキ43542   OT/宇都宮タ 無
タキ1000-101 OT/倉賀野 全検26-4-21川崎車、自重16.7t
タキ43607   OT/宇都宮タ ●
タキ43549   OT/宇都宮タ
タキ43608   OT/宇都宮タ ●
タキ1000-415 OT/八王子 K
タキ43528   OT/宇都宮タ 無

●=重油専用、宇都宮タ#=旧八王子常備、K=郡山臨時常備

 8685列車が止まる間は手前に1091列車が止まっているので出発後の数分間で慌ててデジカメを収めて出発を見送りますが、後方に八王子常備のタンク車が連結していると何処か(?)命拾いした感がします。

  続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

H26.08.06 松本周辺(その2)

 午前の部は一昨日の晩の復習("一昨日来やがれ"や"復讐"ではありませんが………)みたいな形になりましたが、ここで少々早いランチタイムとなり、4月からこれまで中央線でSuicaというと甲府の少し先の韮崎まで使えたものが『あずさ』が止まる小淵沢、茅野、上諏訪、岡谷、塩尻、松本の各駅と小海線は野辺山まで使えるようになり、当然のお話で駅の中にある売店や自動販売機もSuicaに対応できるようになりました。昨夏来た時はリーダーの部分の準備工事(昔115系も新製時点は冷房がなく平成に入ってから冷房改造されたように)が施してあるものがすっかり本対応に。遠征の出先は殆どSuica払いだったものの、松本周辺も漸く足並み揃いました。お昼の駅弁もいつも買う長野支社の子会社のお店である『駅弁屋あずさ』も対応し、塩尻の『山菜釜めし』を頂きます。器も瀬戸物ではなく軽めのプラスチックなので大助かり。先の8093列車を気にして2・3番線のベンチに陣取って通過を見ようと思いました。さて『山菜釜めし』は塩尻の駅弁では『とりめし』と『岩魚ずし』と並ぶ看板商品。蓮根や蕗が大きく、山菜もこの所『だるま弁当』のクドい甘さに比べるとこちらは自然な味わい。そういえば、211系に乗っている時にここの配達の方が乗っていたので思わぬ偶然となりまして、そろそろ8093列車が来るなと待ち構えると3番線の通過で慌てて4・5番線へ。昼間の松本駅を通過するEF64の姿は久し振りで余り、周りに撮り鉄(ウロチョロしていたお兄ちゃんは居ましたが………)が居なかったのは幸いし、更新機同士は何処か味気ありませんが貴重なショットも上手く収まり、0・1番線へ行き、昼寝の顔触れも211系が幅を効かせ、あれほど見られた115系も塩尻方に1本居るきりで。ベンチに腰掛けながら5460列車の編成予想を考え、暫くすると0番線に止まっていた313系のドアが開いたのでこちらも早速乗ります。

 松本から12時18分発の中津川行き(1828M、クモハ313-1317×2/海シンB509編成)で南松本へ向かいます。出発の20分ほど前から車内に入り、今日から運転再開と思うとこちらは言わば「ご祝儀」乗車というところで待っている間には松電の鉄道むすめラッピング電車もやって来ました。座席もほどほど埋まって出発。

 南松本に降りるとオイルターミナルから引き上げてきたタンク車が入線したところで根岸行きの5両と8465列車で到着した中から3両を北袖へ返送する分が入って来て特に根岸のタンク車ではいつもオイルターミナルと一緒にガソリン積みのナンバーが中心ですが、ここで全検出場したばかりのH6新製車は灯油&軽油の積載車なのでこちらは余程のことが無い限り来ないので収めました。因みに前2両は一昨日の5462列車(坂城発)にも連結されたナンバーでタキ43000の43302番は検査期限を伸びたかなと思いましたが、期限延長した形跡が見られません。
△(塩尻)
タキ1000-352 JOT[E]/根岸* ↑根岸行き 無
タキ1000-875 JOT/根岸 無
タキ1000- 71 JOT[E]/根岸* 全検26-5-12川崎車、自重16.7t
タキ1000-631 JOT[E]/根岸
タキ1000-629 JOT/根岸    ↓
タキ1000-400 JOT/浜五井 ↑北袖行き 無
タキ243711  JOT[e]/浜五井# 全検22-7-16輪西派、自重16.3t 無
タキ43302   JOT[E]/浜五井 ↓
根岸*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

○2083列車…編成もすっかりコキ106・107中心となり、北陸行きの2071/2070列車や同じ東京タから京葉臨海行きの4095/4096列車とこの2形式オンリーとなり、危ない金融の呼び方を連想させるような編成で元々、コキ100系はライトブルーで新製されたことがあってこちらの方が馴染み深いのですが………。と、編成は前2両が北長野行き、後3両が海上コンテナ積み(11両目は昨年訪れた時に見掛けた番号と同時の新製車とご対面)と中間の12フィートは冷蔵コンテナの両側開きが目立ち、最後尾のコキ106が別線へ移動するので後で奥へ押し込まれます。

EH200−5
コキ106- 264 ↑北長野行き 全検25-1-18輪西派[空車]
コキ106- 361 ↓
コキ106- 369 全検25-8-27広島車
コキ106- 983
コキ106-1078
コキ106- 954
コキ107- 109 全検26-3-27広島車
コキ107- 384 新製23-5-17日車
コキ106- 436 全検21-6-16川崎車
コキ106-1103 全検25-1-18広島車[空車]
コキ107- 752 新製25-6-28川重 TRSU071703[6],TRSU082254[4]
コキ106-1129 全検25-1-15小倉車 TRSU083087[0],TRSU093137[2]
コキ106- 823 TRSU061645[2],TRSU040227[6]

 この間は一心不乱にトランスシティのコンテナのナンバーに釘付け。アルファベットの後の6桁数字を見ると左手の2桁は製造年の意味かな?とバスの新車登録の年式を意味する車番か何処かのコーヒー屋さんへ行くとマスターの年齢がバレるみたいですぐ分かります。この後、青いJOTのバルクコンテナのチェックにHD300の10号機は5462列車に乗せる根岸行きから塩浜のタキ1000とヨ8000を相手に格闘し、(マスターは塩尻へ行きましたが………)この後は5460列車のタンク車と頑張ります。

○5460列車…後で上諏訪の足湯へ行った帰りに塩尻大門の先で擦れ違うなとかぶり付くと編成内容は大当たり。浮島町で途中分割の車票は省略したものの、5467列車で到着した時と同じ顔触れで浜五井発は本輪西移動車が多く(243662番は一昨年の移動車でここでも現車確認しております)、浮島町発はタキ43166を除くと一昨日のこの列車と同じナンバー(と言っても当然ですが………)で見掛けたナンバーが続きました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-19
タキ43171   OT/南松本 無
タキ43352   OT/倉賀野 全検26-4-21川崎車、自重15.3t
タキ1000-715 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-728 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-696 OT/川崎貨物◎ 無
タキ43355   OT/南松本 全検26-4-17川崎車、自重15.4t 
タキ1000-721 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-713 OT/川崎貨物◎ 無
タキ43166   OT/倉賀野※ 無
タキ1000-714 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-740 OT/川崎貨物◎ 無
タキ243662  JOT/浜五井# ↑浜五井行き 全検26-7-28川崎車、自重16.2t
タキ243692  JOT[e]/浜五井# 全検22-4-21輪西派、自重16.3t 無
タキ243696  JOT[e]/浜五井# 全検22-5-27輪西派、自重16.3t 無
タキ1000-305 JOT/塩浜# 全検24-10-31輪西派、自重17.2t 石油類)黒地、常)四日市
タキ243705  JOT/浜五井# ↓ 全検22-9-9輪西派、自重16.3t 石油類)黒地
EH200−14
▽(5467レ)
◎=旧矢羽根色、※=旧西上田常備、浜五井#・塩浜#=旧本輪西常備車

 南松本の調査はここで一段落。2084列車は上諏訪で見られるのでまたまた準備して13時27分発の木曽福島行き(1830M、クモハ313-1324×2/海シンB516編成)で塩尻へ向かいます(言わばご祝儀第二弾)。JONETの構内には8465列車で到着したタキ43000の44t積みが4両入線して岡谷酸素の前には2本ツートンカラーの編成が待機してタキ1000-344・1000-685・243779・1000-689・1000-315・243776・243860・243769・243849・1000-77etcと窓越しからのメモも一苦労。

 塩尻で一休みしてお目当ては今日から運転が復活した『しなの』号の様子を見たいのでここで時間を割いてデジカメに収め、4番線から115系の松本行きが出発してあとで確かめると10時前に高尾発で来た電車と分かりました。313系の普通電車もここからは『ワンマン』表示入りにチェンジ。さすがにシャッタースピードを調整するモードになると白くなりがちですが、意外と綺麗に撮れているのには驚かせ、3・4番線へ移動し、例によって『しなの』号は遅れているのでお目当ての14号は5分遅れでの出発で辰野行きのE127系や211系の出入りも頻繁なので(首都圏のこれに比べると疎らですが)退屈はしませんが、一通り片付くと中央東線の1・2番線へ。ここでは番線跨ぎになりましたが、念願だった211系&E127系のツーショットもゲット。どこか東北へ行ってしまった雰囲気が漂います。

 塩尻から14時16分(遅れて20分)発の茅野行き(1532M、クモハE127-112×2/長モトA12編成)で上諏訪へ向かいます。上諏訪駅の足湯に寄るのもこの遠征ではお決まりで塩尻のホームの段階で靴下をショルダーに忍ばせてスタンバイ。シートから背ける形になりますが、レイクビューを楽しみます。

 上諏訪で降りると擦れ違うように211系が止まって出掛ける時に東北へ見掛けるようなツーショットを収めたいと思いましたが、先程塩尻でミッション達成。1番線の足湯に立ち寄り、同じ電車の号車に乗っていた親子連れも来るようでこちらの方がお先に(最近は何処へ行っても子連れが騒々しいので閉口しますが………)。先客はこれまた子連れでママさんはマスターのお仲間さんが喜びそうなオーバーオール姿です。いざ、足湯に浸かると外気に比べてぬる目といった感じで心地良いですが、丁度いい具合で先のお子ちゃま連れや中学生といった感じのお兄ちゃんにも教えてあげました。10分ほど楽しんでから蛇口から温泉水を入れると今まではFROM AQUAのペットボトルに入れていましたが、キャップが固定する形に変わってから入れづらくなり、『朝の茶事』のペットボトルに突っ込み、2・3番線へ。『ムーンライト信州』で来るときは松本での復習となる根岸行きの2084列車はここで本チェック。駅員さんのアナウンスで凡ミスが出てしまい思わず目が点になりました。

○2084列車…一杯の17両編成での到着で今まで坂城から根岸までEH200が通しで担当していましたが、南松本で付け替えが行われるようになり、2081列車を牽いたナンバーにバトンタッチ。編成の中程は一昨日の夜に確認したナンバーとまたご対面。八王子向け(87〜86レ)の後に付いている事が分かります。
△根岸
EH200-20→EH200-17
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-242 JOT/根岸* 無
タキ1000-202 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-360 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-488 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-469 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-787 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-256 JOT/根岸* 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-817 JOT/浜五井 無
タキ1000-357 JOT/根岸*
タキ1000-868 JOT/根岸
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸* 全検25-11-18川崎車、自重16.7t
タキ1000-865 JOT/根岸

タキ1000- 79 JOT[E]/根岸* 全検25-12-10川崎車、自重16.9t
タキ1000-110 JOT[E]/根岸* A重
EH200-20
▽(2085レ)
根岸*=旧郡山常備車

 昼寝をする顔触れも115系&213系から211系&313系にチェンジ。211系&213系なら面白いですが、揃って代替わりして実現ならず。1番線に到着した塩山行きは今朝、高尾で見掛けた211系の編成が再び参上して6両編成の見事な姿を収めるのが初めてで見方によっては415系(1500番代)の雰囲気に近いかな?といった感覚で同じ田町の車で準備した4両編成はオシャカになってしまい、廃車せずに活用していたらどの様になっていた事か気になります。

 上諏訪から15時16分発の長野行き(1543M、クモハE127-112×2/長モトA12編成)で南松本まで乗ります。時刻表を見ていたら松本を境に列車番号が変わっていたので篠ノ井線はワンマン運転になるためで後で電車の様子をまとめる所で詳しくご紹介します。大糸線も有明を境に千の位が4から5に変わる電車があってこちらも信濃大町方面がワンマン運転を示す意味です。岡谷では早速313系に0番線は213系の5000番代トップと擦れ違い。『あずさ』17号を退避するために2番線の長停車となり、塩嶺トンネルを超えると5460列車に擦れ違うので幸い、先頭に乗っていたのでこのまま運転台の背後へ歩を進めると編成の順序は5467列車と同じですが突っ立って運転台にかぶり付いていた猿顔の兄チャンが邪魔くさかったですね。最初のプランニングでは今頃は足湯に使って遅めに南松本へ赴くスタイルでしたが、例年通りのパターンになりました。

 最期の南松本詣でとなり、下り線側の待避線には四日市行きの5878列車のタンク車が控えて8465列車で到着した分だけあって44t積みのタキ43000が目立つ顔触れでホーム伝いにチェックします。

○5878列車…8465列車で着いた分から四日市行きの分を抜いて返送します。タキ43000の44t積み(ツートンカラー)が中心ですが、タキ1000、タキ43000の黒塗りと各1両ずつ混じっています。
△稲沢(四日市)
EF64 1038+EF64 1002[共に更新色、冷風]
タキ243788  JOT[e]/浜五井# 全検25-4-8川崎車、自重16.0t 石油類)黒地
タキ243850  JOT/四日市* 全検24-12-10川崎車、自重16.1t 石油類)黒地
タキ243774  JOT/塩浜* 全検24-9-7川崎車、自重16.2t 無S
タキ243753  JOT/四日市* 全検23-11-24川崎車、自重16.5t 無
タキ243773  JOT/塩浜* 全検24-5-24川崎車、自重16.4t 無
タキ243810  JOT[e]/浜五井# 全検24-12-3川崎車、自重16.0t 無
タキ1000-832 JOT/塩浜# 全検24-9-11輪西派、自重17.2t 無
タキ243862 JOT/塩浜* 全検24-10-22川崎車(30-3-15切)、自重15.8t 無S

タキ243719  JOT/塩浜* 全検23-9-12川崎車、自重16.1t 無
タキ43311   JOT/塩浜* 全検25-4-22川崎車、自重15.5t
タキ243716  JOT/塩浜* 全検23-10-6川崎車(29-4-29切)、自重16.2t
タキ243866  JOT/塩浜* 全検25-5-23川崎車、自重16.1t 無
タキ243731  JOT/塩浜* 全検23-10-27川崎車、自重16.3t 無
タキ243755  JOT/塩浜* 全検23-10-11川崎車、自重16.0t 無
[e]=ENEOS&エコレールマーク入り、塩浜*、四日市*=旧郡山常備車、浜五井#、塩浜#=旧本輪西常備車、S=H24全検車の常備駅ステッカー標記

 ホーム伝いで見ると後3両は見られませんでしたが、幸い、一昨日の宵の内(正確には昨日に変わりたてですが………)に見てデジカメにも収めていたので(243755番は収めるのを忘れましたが、いずれ四日市行きの際にでもリベンジで)長さによっては一度改札を出て確認しようと考えていた所で思わぬ形で命拾いしてベンチに腰掛けながら合間に電車の編成をチェックしつつも次の2082列車の準備をしながら過ごします。この頃になると5462列車に乗せる根岸行きのタンク車やコンテナホームのトップリフターと動く様子を観察しました。

○2082列車…北長野発のコンテナ車以外は全て2083列車と同じナンバーが入り、海上コンテナのパートにはJOTの青い20フィートのバルクコンテナが入りました。後で塩尻で中央西線の81列車を見てからホームを移動する際に1番線を通過し、山梨市の2番線で待避する様子と見ました。
△東京タ
EH200-20
コキ106- 823 TRSU071889[7],JOTU099280[1],TRSU062338[3]
コキ106-1129 全検25-1-15小倉車 TRSU072053[3],TRSU061266[8],TRSU061407[0]
コキ107- 752 新製25-6-28川重
コキ106-1103 全検25-1-18広島車
コキ106- 436 全検21-6-16川崎車
コキ107- 384 新製23-5-17日車
コキ107- 109 全検26-3-27広島車 3個目にJOT UR20A-10積載
コキ106- 954
コキ106-1078
コキ106- 983
コキ106- 369 全検25-8-27広島車
コキ107- 434 ↑北長野発 新製24-3-7川重
コキ106- 453 ↓ 3個目にJOT UR19A-10631積載

 17時を回ると慌ただしく2082列車の準備が始まり、発着線に入ると一通り、2083列車の復習の形で確認して前方が2番線から上手く見えないので跨線橋からチェック。ここまで見ると今回の遠征もほぼ一段落します。

 南松本から17時24分(遅れて27分発)の甲府行き(446M、クモハ211-3039×3/長ナノN338編成)で塩尻まで乗ります。控えているタンク車のナンバーをチェックしてから腰掛け、今回は随分と211系に乗る事が多かったので随分115系と変わった事も体感し、本来なら甲府まで乗り通しますが、中央西線の復旧が終わった事から再開一本目の名古屋タからのコンテナ列車を見るべく途中下車となりました。

 塩尻で降りると1・2番線で唯一のSuica対応の自販機でWANDAのカフェオレをSuicaで買って5・6番線へ。『あずさ』21号が20分ほど遅れているのでまた中央線の快速電車で人身事故があったのでは?と頭を過りますがこの案内する駅員さんの口調が春風亭柳昇を思わせる喋り口で。さて、お目当ての81列車を待ちますが、例によって中央西線も『しなの』号が上下3〜5分遅れ。おまけに上りは『あずさ』の接続待ちと中央線の快速電車の遅れが事によると名古屋まで波及する事を感じさせます。

○81列車…中央西線の橋梁流出で暫く不通になっていましたが、貨物列車はこの列車から運転再開。コンテナ車はコキ104中心の14両編成で空車率50%。昼間確認した2083列車から2両がこの列車に継送されます。
△北長野
EF64 1002+EF64 1038[共に更新色、冷風]
コキ107- 505 ↑南松本行き 新製24-4-25川重  2個目にJOT UR17A-70242、4個目にUR17A-70228積載
コキ104-2120 [空車]
コキ107- 221 新製22-5-12川重
コキ104-1607 [空車]
コキ104- 788 [空車]
コキ104-2817 [空車]
コキ104-1309 ↓ [空車]
コキ104-1471 [空車]
コキ106- 445
コキ106- 181
コキ106- 86
コキ107- 73
コキ107- 932
コキ104-2710 [空車]

 ここまで終わると再び1・2番線へ。売店を覗いてベンチが『あずさ』の遅れの影響なのか結構埋まっていましたがしばらくしてから待合室へ。前後して『スーパーあずさ』32号を待つお客さんが多い様でこちらは18時53分発の甲府行きまで待ちます。

 塩尻から18時53分発の甲府行き(448M、クモハ115-1071×3/長ナノN5編成)で甲府まで乗ります。時刻表を見ると小淵沢以西ではレアな115系の運用(長野の3両編成組では)と言う事が分かり、貴重な経験の帰路となり、途中上諏訪では早々仕事を上げた211系の姿を見てやや遅れての出発ながら小淵沢は比較的停車時刻の余裕があるのでここで回復し、長野の管内はドア脇のクロスシートに腰掛けておりましたが、八王子の管内に入るとボックス席へ。ホームには211系投入で押しボタンでの乗車を促すポスターも見られます。途中の乗車もそこそこあり、韮崎からの退勤客も増えて竜王の2番線には『かいじ』117号で到着したE257系(クハE257-102×9/長モトM102編成)が控えて甲府駅は3番線の到着だろうなと思ったら大当たり。昔は帰り時がこの頃合いで小淵沢の乗換がイヤで『信州ホリデーパス』+『スーパーホリデーパス』片手を活かして『あずさ』で甲府までワープした事を思い出します。

 甲府で降りると1番線は長野のスカ色115系(クハ115-1123×6/長ナノC1編成)が止まっている所で意外とマスター初顔合わせで早速デジカメに収めると千葉管内で頑張っていた113系の1500番代や2000番代ばかりで組成された編成を彷彿させる印象でさすがに何処かで嗅ぎ付けたのか2・3番線には撮り鉄の姿も。18きっぷ片手の遠征かSuicaも使えるのでこれでノコノコ来た輩なのか不明ですね。こちらはそのまま2番線の大月行きの列に並ぶと中線には坂城行きの5463列車が到着して列の頭越しからナンバーを書き出し、下り線側のボックス席は陣取れるかな?。

 甲府から20時37分発の大月行き(クモハ115-311×3/八トタM8編成)に乗り、幸い2号車は下り線側のボックス席が陣取ることが出来、5463列車の残りも見る事が出来一杯の17両編成の連結でした。塩山まではお勤め帰りのお父さんと向かい合わせになりましたが、途中で前の方のボックス席が開いているかと思いきや、座高が低い方だったので見辛く参りましたね。

○5463列車…一杯の17両編成で組み合わせからまだ南松本行きの増量モードが続いておりました。
△篠ノ井(坂城)
EH200-8
タキ1000-819 JOT/浜五井
タキ1000- 21 JOT[E]/根岸* 全検26-5-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-586 JOT[E]/根岸
タキ1000-591 JOT/根岸
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 無黒、
タキ1000-351 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-878 JOT/根岸 無
タキ1000-160 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-876 JOT/根岸 無
タキ1000-290 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-610 JOT/根岸 無
タキ1000- 70 JOT[E]/根岸*  ↑南松本行き 全検25-11-9川崎車、自重16.9t
タキ1000- 54 JOT/根岸* 全検25-11-7川崎車、自重17.0t
タキ1000- 19 JOT[E]/根岸* 全検26-5-12川崎車、自重16.9t
タキ1000-146 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 ↓ 無
根岸*=旧郡山常備車、*=特殊ナット試行車

 大月からは21時30分発の東京行き(2272M〜2272T、クハE233-43×10/八トタH43編成)で高尾まで乗り、さすがに富士急からの乗り換え客が多かったのか結構埋まっていましたが、東京方の3人がけへ腰掛ける形での帰路となり、途中四方津で『スーパーあずさ』36号の通過待ちをして相模湖は意外とプレジャーフォレストの帰りは見られず、小仏トンネルを超えるとあと一息。高尾駅は2番線の到着。

 高尾まで来るとあと少し。北口の駅舎裏のお手洗いで用を足してからケータイを入れて1番線から22時20分発の東京行き(2230T、クハE233-32×10/八トタT32編成)で帰り、9号車に乗ろうとしたら先客のオバちゃんたちの大声に閉口し、最後尾の10号車へ。22時を過ぎると結構乗りも疎らになる所がどういう訳かやや多く、この頃は高尾山のミシュラン選定に富士山が世界遺産と近場が騒々しくなったことを痛感して西八王子に到着。松本行きでは初めての日帰り遠征も悪くありませんが、今後も懐具合や機会を見て行ってみたいと思い、帰路にコンビニで夜食を仕入れると美味しそうなつけ麺を見付けて頂き、これからは日曜日の研究会報のプリントやブログまとめに大童です。

長野管内の気になった電車の運用は下記の通りです
*211系…115系が担当していたローカル運用を中心に入りましたが、6両編成も結構進出していました。
・クハ211-1×6(長ナノN601編成?):426M〜豊田セ入庫〜553M〜350M〜361M〜568M〜561M
・クハ211-5×6(長ナノN605編成[旧東チタN5編成]):1452M〜427M〜松本セ入庫〜442M〜351M〜562M〜565M
・クモハ211-3053×3(長ナノN302編成):422M〜425M(南松本まで乗車)〜3239M〜1542M〜1551M
・クモハ211-3054×3(長ナノN303編成):3520…210M〜233M
・クモハ211-3055×3(長ナノN304編成):428M〜431M(南松本から乗車)〜1540M
・クモハ211-3001×3(長ナノN306編成):440M〜343M〜342M〜443M
クモハ211-3016×3(長ナノN308編成):1520M〜上諏訪電留でお休み
・クモハ211-3048×3(長ナノN314編成):3235M〜1538M〜1545M
クモハ211-3049×3(長ナノN315編成):434M〜435M
・クモハ211-3050×3(長ナノN316編成):1530M〜1541M〜1536M〜1547M
・クモハ211-3040×3(長ナノN331編成):436M〜439M
・クモハ211-3041×3(長ナノN332編成):432M〜433M
・クモハ211-3039×3(長ナノN338編成):1524M〜1539M〜446M〜357M〜356M〜363M〜360M〜367M
・クモハ211-3062×3(長ナノN305編成):3526〜2220M

*E127系…例によって辰野支線の専従も見られ、松本〜長野間のワンマン運転もあります。
・クモハE127-106×2(長モトA6編成):152M〜153M〜154M…辰野支線…171M〜1241M
・クモハE127-112×2(長モトA12編成):2234M〜2239M〜2238…1532M(塩尻〜上諏訪で乗車)〜1543…2247M(上諏訪〜南松本で乗車)

*115系…6両編成のC編成は結構見られましたが、3月のダイヤ改正以来レアな存在になった3両編成のN編成に幸い当たりました。
・クモハ115-1071×3(長ナノN5編成):448M(塩尻から乗車)〜449M

| | コメント (0) | トラックバック (0)