海上コンテナ

2020年5月19日 (火)

R02.05.19 八王子駅

 月の真ん中は自宅のアパートの家賃が入るのでここから預け先別に振り分けるのがマスターのお決まりのパターンです。

 今朝入ったネットニュースや朝のテレビの情報番組で首都圏や関西圏などのスターバックス各店が営業再開の報が入り、先月初旬から1ヶ月半、各店で顔馴染みの皆さんにお目に掛かれなくて寂しく思いましたが、銀行や本屋さんなど用事を片付けるついでに出掛けようと思ったところでグッドタイミングですね。因みにこちらはお店がいつ開くか分からなかったので先週、お水やお湯で溶くVIAをオンラインショップで買いまして、この時期らしくアイスコーヒーブレンドとイタリアンロースト、フレーバーの抹茶と5月のこの時期に合う所でチョイスしました。

 雨が降って来そうな曇り空ですが、自宅を10時少し前に出て南大通りを八王子駅南口近くまで歩き、ドラッグストアの行列も🚲チャリンコ乗り🚲(こちらは居ても消防署から東側でした)を気にする事なく進むも通り沿いの会社に40フィートの海コンを積んだトラックが丁度荷降ろしする所でベルトコンベアーを引き出してよく見るとマスターの自家用iMacに入れているTrainz(鉄道系のシミュレーションゲームです)にも入っていてアメリカのダブルスタックカー(Well car)の積荷としてもよく出てくるものの、日本のコキ106、コキ107あたりで一個しか積めないので間近で見るとど迫力間違えありません。続いて、信松院の信号ではマスターと入れ替わりに八王子駅南口から回送するバスを見て4月から京王八王子駅〜甲州街道〜高尾駅南口〜館ケ丘団地の路線に入っていたナンバーと共通運用に変わったので電鉄バスカラーそのままでも京王電鉄バス→京王バス南と移籍しましたが、何処か久し振りに逢う友人を見る気持ちですね。今日は登校日なのか沿道の小学校も黄色いカバーの一年生が目立ち、今日は登校日の学校があった様子を垣間見ました。

 先ずはサザンスカイタワーの信用金庫に立ち寄り、残高に余裕があったらみずほの方に預け変えしたかったのですが、5桁無かったのでSuicaのチャージ分+αを引き出して。このまま2階に行くとスターバックスが開いていたので帰りのバスに乗る前に行くかなと思い、OPAの2階エントランスから83列車の様子を見るとコンテナ車だけの編成だけだったので早速、1階に降りて編成をチェックしました。

○83列車…いつもならタキ1000が何両か連結する格好ですが、今日は久し振りに全車コキ107の編成でコンテナも真ん中2両に19系コンテナ(全てJRFロゴ入りで3両目が満載)が8個積まれただけです。また、検査期限の日付が消される様になり、最後尾のコキ107-683のみ記載が残っていました。
△竜王
EH200-3
コキ107-2153 新製29-11-10日車 🈳
コキ107-1552 新製28-10-14日車 [19系×3]
コキ107- 992 全検2020-2-7川崎車
コキ107- 683 全検31-2-28広島車* 🈳
コキ107のグレー文字=側ロゴなし、全検出場の*=検査期限記入あり

 自由通路に出て東側には8460列車のタンク車が見られるかなと思ったら全く見られず寂しいものでみずほのATM、券売機でSuicaのチャージを行い、漸く満を持してスターバックスセレオ店へ。マルベリーブリッジ側は出口専用なので中の有隣堂側から入ってパートナーさんもストアマネージャーさんはじめ、良く昼間に入るお兄ちゃんのパートナーさんやオープニングメンバーのお姉ちゃんや昼間に入る事が多いママさんパートナーさん等々1ヶ月半ぶりの再会ながら嬉しい顔合わせです。さすがにto go(=持ち帰り)限定なのでチョットお喋りしてチョコチャンククッキーだけ買って失礼してまた、来週あたりドリップのお豆を買いますのでお待ちくださいね。続いて有隣堂アネックスでは『サライ』の今月号、『鉄道ピクトリアル』の先月号(買うとなると今日、明日ですね)をSuicaで。

 前は東急スクエアへ行くとなるとセレオの1階からスクランブル交差点経由でしたが、先月初めにマルベリーブリッジが東急スクエア、ユーロードと繋がったので東急スクエアの2階までダイレクトに繋がり、郵便局へ寄りたい時は便利になりました。京王電鉄バスの復刻カラーをデジカメに収めてから1階はエスカレーターで降りる格好でスターバックスに向かい、いつもの皆さんの他にあれ、元八店からいつの間にか移ったパートナーさんとウンヶ月ぶりに顔を合わせて。

 東急スクエアの裏手から今度は京王八王子駅でPASMOの残高プリントを済ませてから京王八王子SCのスターバックスにも立ち寄り、幸い、顔馴染みの範囲のパートナーさんが揃って入っていたので久々にお目に掛かれて嬉しいものです。

 続いて南口のビックカメラへ行き、丁度11時オープンなのでグッドタイミング。3階で10万円が入ったら買おうと思っているものを見繕い(既に2品決まっております)、2階のスマホコーナーではiPhone SEの新型がリリースしたのでそばに居たdocomoのベストのお兄ちゃんにお尋ねして余り見本を触ってはこの時期どうかと思われますが、ホームボタンがiPhone 7以降のタイプと同じかなと言った具合でマスターのiPod touch(=iPhone SEの旧型は同サイズです)に比べると画面は1.2倍くらい大きい印象で次に買うiPod touchもこの位のサイズが良いかな?と感じますね。

 お店巡りのラストはサザンスカイタワーのスターバックスで一斉休業前の最終日は表で軽くお喋りした位で失礼した為に借りがあったので今日はこれをチャラにする形でアイスコーヒーのトールサイズ(お豆はアイスコーヒーブレンド)を頂き、カウンター席には和装のベアリスタやタンブラー、カップが並べられてちょっとしたバザーみたいな演出が印象的でこちらはストアマネージャーさんや京王プラザホテルのお店の時から親しいパートナーさんや新人さんと。

 丁度帰りの富士森公園、西八王子南口経由の法政大学行きのバスがあって丁度この前は山田駅経由の法政大学行き、神奈中の橋本駅行き、朝日ケ丘団地、めじろ台駅経由の東京家政学院行きとダンゴで続いて早めに並ぶもバスも回転寿司の皿みたいに自分の乗るバスの色を気を付けねばなりません。京王のバスでも路線によってアイボリー地の京王電鉄バスカラー、ブルー基調の京王バスカラーと入るのでこちらは幸い、サイズ、カラーとも上手く順応しておりますが、丁度待っていると台風並みの強風が吹いてきました。

 八王子駅の南口から11時42分発の法政大学行きのバスに乗り、ナンバーを見ると行き掛けに信松院の交差点でデジカメに収めたナンバーだな!と思い、ストーカーではありませんが、この後で西八王子発から八王子駅(南口)まで往復で熟すな!と読み取れます。年度末くらいまではよく京王バスの色が現れましたが、前述通りアイボリー地の電鉄バスカラーが入る機会が増えました。後で並んだオバちゃんも富士森公園を過ぎた辺りのお客さんだったので並んだ時も「これで大丈夫ですよ!」と教えた程でこの所の傾向でしょうかお客さんの乗りも疎らでした。

 正午を回る頃に西八王子の南口に到着するとコンビニでお昼を仕入れるので前に買い物した際に冷やし麺の割引チケットが刷られていたのでこれを活用しておにぎり、いなり寿司は余り良いのが無かったので手巻き寿司も牛肉の美味しそうなのが有ったものの生憎昨晩はビーフシチューだったのでパスし、再開初日で親しい範囲の皆さんに逢う事が出来て嬉しくなりましたが、しばらくは不自由な形態ですのでこちらも工夫を凝らしてto go飲みを行う事にして、お店の中で再び飲み食い出来る形に戻ったら八王子駅周辺以外の近場のお店にもお年始同様、回ろうと思っています。

 コロナの感染者数がこの数日の報道で東京都内は少ない数字ながら今週の後半はStay home明けの数値が反映されるのでどの様になるのか気になります。

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

R02.02.17 八王子駅

 この頃、2月と言うと京王線のダイヤ改正が年中行事になりつつある様子でこれに合わせて『京王ライナー』○周年の記念きっぷが売り出され、こちらも昨日、午前中に買ってからダイヤ改正前なので北野まで往復して軽めに編成・運用の調査を行いたかったものの、雨が本降りだったので断念し、記念きっぷも昨年は2月11日の売り出しで即日完売ならず1ヶ月程売られていた記録があり、こちらも後手に入手した実績から「まだ今日行ってもあるな!」と予想し、この後はネタ拾いを軽めに済ませる次第です。

 行きは京王八王子駅へそのまま赴く事から甲州街道に出て城山手からのバスに乗り、日野ブルーリボンの現行タイプが参上。丁度、次のバス停で降りるご夫婦が居たので上手い具合に腰掛ける事が出来、後から織物組合あたりでシートの手摺に掴まっていたオバちゃんが居たので幸い、最前列が空いてこちらに移って京王八王子駅は岡三証券の前での下車です。

 バスから降りると京王八王子駅の改札は目と鼻の先。窓口の駅員さんに尋ねると幸い在庫がありました。万々歳!。京王八王子駅は2周年バージョンだけの扱いなので公式HPのプレスリリースも自家用のiMacに入れております。

 この後は京王八王子SCのスターバックスで一杯飲もうと思いましたが、惜しいことに今日は全館休館日でそういえば、昨年の今頃は見学会でお昼も第一生命ビルの『バーゼル』で食べたな!と思い出し、このままお手洗いを済ませてからセレオのスターバックスへ。時間的にも早かったのでドリップ(スプリングシーズンブレンド)とおおつぼまふぃんのアップル黒糖を頂きながらこれから見る貨物列車のページの準備をしますが、朝から中央線の快速電車が遅れている情報が伝えられて出発前に見た時はまだ20〜30分ほど遅れていました。

 先にSuicaをチャージしてから南口に出ていつもの様に83列車の到着を待ちますが、今朝国分寺で発生した人身事故の影響がまだ引き摺りまして、普段なら10時を少し回った頃に到着する竜王行きの83列車も今日に限って20分遅れての到着になり、駆け足でコンテナ車の様子をチェック。このままタンク車の触りをチェックしてからゲートイン。先ずは3・4番線に赴きホーム伝いに83列車のタキ1000を一通り見つつこの間に『あずさ』9号が10分ほど遅れての到着で8460列車はUターンの後に見る事にしました。

○83列車…コンテナは満載ですが、タンク車も増量モードの13両編成で2月になると余裕が出て来るのでしょうか定期検査の出場車も手元のiPod touchから引っ張り出すと後で時間が出来た時に移し替えるのが常です。中央線の人身事故の影響から到着20分、出発5分遅れとなりました。
△竜王
EH200-901
コキ107-1215 ↑東京タ発 新製27-6-2日車 1個目に19D-51741[一色塗り]、4個目に日通UV19A-790積載
コキ107-1170 新製27-11-20川重 1・3・5個目に20D-4308、19D-42765、19D-45650[いずれも一色塗り]、2個目にJOT UR19A-2273*、4個目に20D-250積載
コキ107- 182 全検2019-9-10広島車 1個目にV19C-80034/2個目に20D-2109、4個目に19D-48120[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 782 ↓ 全検30-4-20郡山車
タキ1000-114 JOT[E]/根岸* 全検2019-5-24川崎車、自重16.6t
タキ1000- 72 JOT[E]/根岸* 全検2019-7-5川崎車、自重16.7t
タキ1000- 50 JOT[E]/根岸* 全検2019-7-12川崎車、自重16.7t
タキ1000-152 JOT[E]/根岸*
タキ1000-864 JOT/根岸
タキ1000-619 JOT/根岸
タキ1000-519 JOT[E]/根岸# 
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 
タキ1000-787 JOT/根岸 
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 
タキ1000-873 JOT/根岸 
タキ1000-365 JOT/根岸* 
タキ1000-865 JOT/根岸
コキ107のグレー文字=側ロゴ無し、UR19Aの*印=幅広マーク入り、根岸*=旧郡山常備車、根岸#=旧仙台北港常備車

 83列車が片付くと横浜線の電車はE233系の横浜線分トップと久し振りのご対面。この頃は時間の関係からかパンタグラフが二丁になったモハE233の6000番代に当たる事が多いですが、八王子駅に戻ると余裕があると3番線で折り返す快速電車のチェックを行うものの、今日は遅れていた事からダイヤが乱れているのか5番線でホーム伝いに8460列車を軽めにチェックして改札を出ました。

○8460列車…自由通路越しから編成をチェックすると11両くらいかなと思ったらその通りで根岸行きは4両の連結で浜五井行きは前3両がこの所良く見たナンバーが続きましたが、久し振りに黒塗りのタキ43000とご対面。
△川崎貨物
EF210-122
タキ43554    OT/宇都宮タ ↑浜五井行き 
タキ1000-399 OT/宇都宮タ 
タキ43555    OT/宇都宮タ 
タキ43450   JOT/根岸  
タキ43465   JOT/浜五井
タキ43166   OT/宇都宮タ※ 
タキ43163   OT/倉賀野 ↓
タキ1000-469 JOT[E]/根岸 ↑根岸行き 
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 
タキ1000-254 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-249 JOT[E]/根岸* ↓ 
OT所有車の※=旧西上田常備車、=浮島町臨時常備、根岸*=旧郡山常備車

 ネタ拾いが片付くと再びセレオのスターバックスへ。一昨日からの限定柄の手提げもゲットしたい故にここで自宅用のお豆を買うことにして未だTOKYO ROASTが少し残っているので今回はよく飲むハウスブレンドを選び、200gに抑えてパートナーさんも昨夏から顔を合わせている方なので初めてお願いしたのでお好みのお豆の種類を尋ねるのはいつもの事。色々な種類や季節によって出回るのがあるので突っ込むのも楽しいですね。

 続いてサザンスカイタワーのスターバックスへ。ソファー席が空いていたので83列車の肉付けを行いながらさくらミルクラテを頂き、今年はアラレが印象的だね!と話をしていつもならここから富士森公園・西八王子南口経由の法政大学行きのバスに乗るのですが、今日は時間があるので南大通りを歩いて帰ることに。ちょうど4本続いて出発する頃のバスを見て神奈中はここ1〜2年で入ったナンバーを見て16号の交差点の少し西側で西八王子から八王子営業所へ回送する100周年カラー三菱ふそうエアロスター、続いて館ケ丘団地から京王八王子行きで来てこれから寺田の車庫へ回送するバスもここを通る(京王八王子駅→かえで通り→南大通り→富士森公園東→と言う形で)様子を見て少し歩いたところで西八王子発があるな!とどんなタイプかなと思ったらタウンワークのラッピングバスが現れて自宅には正午を回る頃の到着となりました。

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

R02.02.04 八王子駅

 節分が終わると春の訪れが近くなりますが、まだまだ寒い日が続きます。

 最初、今日は実家の仕事を引き継いだ所から誘われる形で日帰りの🚍バスツアー🚍で鎌倉へ出掛ける筈でしたが、このところ猛威を振るう様になったコロナウィルスの影響から先週末に急遽中止の知らせが届きまして、親も今日は本家のビルで行われる講座へ行く事となり、こちらもネタ拾いを兼ねて明日はセレオのスターバックスもOPEN6周年を迎えるとのことで早いモノですね。

 行きはいつも乗る富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスは定刻通りの出発で国道16号の交差点から昇った坂道で暫く、水道管の取り換え工事が行われていましたが、今日は偶々、休工日となり、途中、15日に行われる聖火リレーの予行演習で通行止になる立て看板を見て10時を少し回る頃に八王子駅南口に到着します。

 バスから降りた所で83列車の到着が未だだったので少しOPAの中を歩いて時間調整。1階の線路側の入り口の窓越しからコンテナ車の姿が見えたのでほぼ定刻通りの到着でまずコンテナ車を一通りチェック。タキ1000も前の方を見てから一度締める形で2階の入口あたりから今日は日通のUV19Aの船舶兼用タイプが積まれていたのでデジカメに収めてどうした事か31日に撮影した分がいずれも大きなサイズのままでこの辺まで片付くとノーマルサイズに戻した次第です。

 スターバックスのセレオのお店で一休み。節分から1日遅くなりましたがショット追加のソイラテを頂き、意外と空いていてこれで福が来ること間違えありませんが、先客の爺さんがうるさいのなんのと閉口し、頭の中が錆び付いて雰囲気良いお店に来るのはどうかなと思いますが、後で83列車の出発した後も未だ居座っていたので足代タダ同然(多分)、スターバックスも長居してもドリンク一杯分と粗大ゴミ間違えありませんが、明日はオープンしてから6周年を迎えるので黒板やお店のインテリアの一年間の様子を纏めようと思っております。また、パートナーさん皆さんコロナウイルスの対策でしょうか全員マスク姿とこちらは気にしておりませんが………。

○83列車…コンテナ車は全車JRFロゴ無しですが、コンテナは1両目が満載、2・3両目が1〜2個と少なく4両目は空車とどこか寂しい雰囲気ながら日通のUV19Aが目立ちました。タンク車はいつも12両ですが、10両とやや短く、昨年の全検車も2両連結していたものの、幸いデータを捕捉していたので大丈夫でした。
△竜王
EH200-6
コキ106-  34 ↑東京タ発 全検2019-12-11川崎車 1個目に19G-16756[再塗装]、5個目に19D-45182[一色塗り]積載
コキ107-1129 新製27-7-10川重 1個目に日通UV19A-856積載
コキ106- 610 全検31-4-8川崎車
コキ107- 182 ↓ 全検2019-9-10広島車🈳
タキ1000-170 JOT/根岸* ■
タキ1000- 9 JOT[E]/根岸* 全検2019-6-17川崎車、自重17.0t
タキ1000-122 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-162 JOT/根岸* ■
タキ1000-620 JOT[E]/根岸
タキ1000-441 JOT/根岸 全検2019-10-28川崎車、自重16.8t ■
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 
タキ1000-622 JOT[E]/根岸 
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 
タキ1000-366 JOT/根岸* 
コキ106・107のグレー文字=側ロゴ無し、根岸*=旧郡山常備車

 一通り片付くと京王八王子駅のショッピングセンターへ行き、ポポンデッタで先日売り出されたバスコレの西東京バスを早速購入。電源付きの日野ブルーリボンIIがモデルで八王子駅にも秋川街道筋やひよどり山トンネル〜滝山街道経由の秋川駅行きの系統などを担当する五日市の所属車をイメージしたもので昨日久し振りに出掛けた秋川にある親類の歯医者さんがある辺りでも福生駅からの路線も受け持つ営業所です。他のバスコレも東京支部の新年会でお世話になった小湊鐵道の高速バスや今日お世話になる筈だったはとバスあたり買いたいもので機会を改めて。1階に戻ってスターバックスでホワイトラテを頂きます。パートナーさん皆さんやはりマスク姿でこちらにも気遣う一言を頂いて恐縮しました。

 このまま本家のビルへの途中で東急スクエアのスターバックスに立ち寄ってここではドリップのベロナを頂きます。いつも入る皆さんの他に新人さんが入ったと思いきや、セレオ店のオープニングで入ったパートナーさんが復帰したので先週、元八王子のお店に出掛けたら3〜4年前にこのお店に居られたパートナーさんが長野のお店からまた八王子のお店に戻って来た方がいらしたのでこの話も出て来て二度ある事は何度ありますね。

 お昼に親の講座が終わるので上の事務所もお昼休みで降りて来るのでお世話になっている美熟女社員さんに「本当なら鎌倉に居る筈がコロナウイルスの影響で来ました!」と発したほどで親と待ち合わせてお昼はセレオの地下で1日遅れの恵方巻きで海苔巻き二種類を選び、南口のバス乗り場に出て南大通り経由の西八王子行きでのご帰還となりました。

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

R01.12.21 大宮・浦和周辺

 『むさしの号』で一本でもよかったのですが、こちらは後を追う様に10時02分発の快速電車で西国分寺へ向かいます。八王子は2分遅れての出発で豊田から日野へ向かう間に竜王行きの83列車にすれ違い平日ならタキ1000は12両連結するところ、この時期は年末を控えて運転する事が多いので9両の連結あり(逆サイドに腰掛けたのでアバウトな数ですみません)。立川で青梅特快の接続があるものの、青梅線内で何かがあったみたいで若干遅れている報告が入り、こちらも若干遅れての出発でいつも通り国立に来た所で乗り換えの準備をします。

 西国分寺で中央線から武蔵野線に乗り換え、nonowaのスターバックスで下準備がてらラテを頂きます。先月からこちらのセレオのポイントカードをJREポイントカードに切り替えたのでnonowaも全店対象なのでセレオ以外での初使用となりました。マグで頂いたのでハート型のラテアートも。すぐにシナモンパウダーを振り掛け、ダイエットシュガーを注いだので無残になりましたが、見事でしたよ❤️。

 西国分寺から武蔵野線に乗りますが最初一本見送るところが真っ先に到着した10時43分発の東京行き(1045E、クハ205-55×8/千ケヨM31編成)に乗ります。最初、南浦和乗り換えと思いましたが、さいたま新都心で途中下車しないコースと言う事で武蔵浦和〜埼京線〜大宮〜浦和と言う形で乗る事に。武蔵野線もすっかりE231系や209系の500番代が席巻するようになり、『鉄道ファン』に毎月載るJR東日本の車両動向で山手線でE235系が新製配置されると玉突きでE231系の500番代が総武緩行線、更にE231系が6ドア車とサハE231を1両ずつ廃車にして残った分を武蔵野線に移して205系が廃車(→インドネシア行き)と言う図式がすっかり頭に入り、気が付くとE235系もあと少しで武蔵野線の205系も来年中かな?と言った感じで乗った編成も山手線出身で横浜線や埼京線に居た編成みたいにLED表示に変わっていました。

 武蔵浦和で埼京線に乗り換え、いつも乗るエリアが先月の30日から快速電車が各駅停車(つまり、快速でも赤羽〜武蔵浦和間で実質『区間快速』です)、各駅停車も大宮行き、武蔵浦和行きと昼間は20分毎の交互でいざ乗り換えると到着したりんかい線の70-000形(70-030×10)は2分遅れで武蔵浦和でも入れ替えが目立つと思いましたが、意外と混んでいて途中で降りても微々たる状況で結局大宮まで立ち通しに。いやはや、相鉄直通の影響が出て来た事を身で感じさせるも中央線の快速電車も3年前のダイヤ改正で立川から奥で平日の日中や土休日の本数が見直されて地元の西八王子も昼間は特快4本、快速2本と国立や西国分寺あたりへ一本で出掛けるのも限られる様になりました。中央線の電車で言うと日野や豊田あたりで直前に立川折り返しが続いて15分ほど待って到着した中央特快が来たのと同じ感覚ですね。こちらも70-000形の乗車は久方振りですが、ドア上のLED案内が209系と同じものからパッとビジョン(横長のLCD表示)に更新され、東武10030・10050系や京王7000系(7020番台など)やメトロ半蔵門線の8000系あたりでお馴染みですが、まさかJR線上でも見られるとは思いも寄らず、乗ったのが川越行きだったので川越線は駅ナンバリングを振らなかったのでここもうまく再現されて大宮駅は21番線の到着。

 大宮で埼京線のホームから高崎線の6・7番線へ行き、丁度5番線に小牛田からの3074列車が停車して石巻港からの紙積みコンテナが満載でどれも19系ばかりでコンテナ車もいつもコキ107の新車やコキ106とJRFロゴが消されたナンバーをいつも確認しますが、確認する列車の関係から大分出遅れたコキ104も押さえなくてはとと思い、高崎線からの小田原行きを待ちます。3番線には先程八王子で見た『むさしの号』のE231系が待機してこれから東所沢へ回送という段取りです。

 さいたま新都心でタンク車の列車を2本ほど見てから浦和へ行く形でコンテナの列車も到着するので今回はiPod touchに前後の時刻表を入れますが、線路・ホームと傾斜があるのでここはストラップを買わねばペーパーレス化が出来ないので暫くのご辛抱です。最初に見るのがタキ1000を連ねた根岸からの3093列車で冬場の上州方面と言うと歳末近くは土日問わずフル編成と思いましたが、意外と短いのには驚きました。牽引がEF210で新鶴見の所属。マスターにとっては顔馴染み(=地元では8460列車の項をお邪魔すれば出て来ます)の範疇ながら今日は初めてセノハチ(山陽本線の瀬野→八本松の上り線で後押しします)対応の300番代の帯色違いの新しいカラーリングの111号機と塗り替え後初顔合わせで見方によっては寝台特急の客車を牽かせても合うのでは?と言ったカラーリングで昔みたいに九州方面の寝台特急がこの10年でも普通に残っていたらEF210の500番代が実現し、これに似た出で立ちで出ていたかもしれません(模型で売り出されたら再現して見てください)。

○3093列車…短い7両編成での到着で今年の全検車で45番を初キャッチ。前3両がA重油の積載車で前に撮影した事がある173番を出発する時に収めたものの、相性が悪かったのかピンボケになりましたね(幸い、昨春地元で撮影したナンバーです)。
△倉賀野
EF210-111[新塗色/全検2019-11広島車]
タキ1000-173 JOT/根岸* ■
タキ1000-134 JOT[E]/根岸* ■
タキ1000- 45 JOT[E]/根岸* 全検2019-7-5川崎車、自重16.8t 
タキ1000-595 JOT[E]/根岸
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 
タキ1000-536 JOT[E]/根岸# 
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 
根岸*=旧郡山常備車、根岸#=旧仙台北港常備車

 日頃の感覚から根岸発の列車でタキ1000ばかり10両弱はすぐ終わる部類なのでこの後到着する2071列車(隅田川→金沢タ、EH200-11牽引)が止まるとコキ106・107のJRFマークなしのナンバーや積まれた私有コンテナ(主に20ftタンク)をチェックし、前者はコキ107-1886・106-366、後者はコキ106-364に中央通運UT10C-5097(液化塩化ビニル)DOWA通運UM13A-150/160[上/下]中央通運UT22A-5007(塩化ビニル樹脂)、コキ107-169にJRF北海道物流UM12A-105331商船三井MOAU673912[5]、コキ107-354に川崎化成物流UT8A-5034(SAQ)日産化学工業UT17C-8103(アンモニア水)中央通運UT20A-5179(塩化ビニル樹脂)と見る事ができました。

 他に見た列車も次の通りです
・6794列車(熊谷タ→川崎貨物) EH200-18+EF65 2060+コキ104-1669
・3086列車(札幌タ→名古屋タ/大宮操11:50頃) EH500-25+コキ104・106・107×20(JOT UR19A[パロマ1個あり]、UR20A多数)
・8584列車(宇都宮タ→根岸) EF65 2096+タキ243781+243749(JOT[e]/浜五井)+1000-571+351+797+541#+531#+876+630+197+360+511+683+120(?)+117(JOT[E]/根岸)
#=旧仙台北港常備、番号=ENEOSマークなし

 4074列車が着くまでに4番線浦和方のベンチで3093列車を纏める余裕が出来、ホームの先端と言うとカメラ片手の御仁の姿が見られ、来春のダイヤ改正からE257系の『踊り子』やE261系の『サフィーユ踊り子』の運転開始が決まって入れ替わる形で185系251系が一線を退くのでこの辺りを狙う者が来やしないか気になりましたが、不思議とマスターがいた間はこの様な風貌な輩は幸い見られませんでした。

 4074列車も速星から来る日産化学のタンクコンテナが積んでいるのでタキ1000と並んでここを常に抑えて先頃社名から「工業」が抜けてコンテナのロゴも注目すべき点です。

○4074列車…編成はいつも通りで日産化学のコンテナも希硝酸のUT14Cは従来通り液化アンモニアのUT10Cは耐圧検査に合わせて新しいNマーク入りにチェンジ。メタノールのコキ200は1両空車でタキ1000はどちらかと言うと矢羽根色の前後が多い顔ぶれで今年、昨年の全検車も押さえ(414番は昨年の今頃地元で確認した車ながら改めてチェックしました)、A5のリングファイルに差し込んだリストで未撮影だった667番もここでシャッターを切りました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-19
コキ200-88 ↑速星→川崎貨物 全検31-1-29広島車 日産化学 UT14C-8011、UT14C-8025積載(共に希硝酸67.5%)
コキ106-89 ↓ 全検29-10-10郡山車 日産化学 UT10C-11、UT10C-15、UT10C-14積載
コキ200- 26 ↑川崎貨物行き[空車]
コキ200- 34 OT UT26K-98006、UT26K-98007積載
コキ200- 43 OT UT26K-98008、UT26K-98009積載
コキ200-140 OT UT26K-98010、UT26K-98011積載
コキ200-114 ↓ OT UT26K-98012、UT26K-98013積載
タキ1000-966 OT×/宇都宮タ 新製28-9-5日車、自重17.2t 
タキ1000-375 OT/宇都宮タ 全検30-4-16川崎車、自重16.7t ■
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 
タキ1000-958 OT×/郡山 新製27-9-11日車、自重17.2t 
タキ1000-414 OT/郡山 全検30-12-10川崎車、自重17.2t
タキ1000-666 OT/倉賀野 ■(▼)
タキ1000-665 OT/倉賀野 ■(▼)
タキ1000-456 OT/倉賀野 全検2019-9-20川崎車、自重16.9t
タキ1000-955 OT×/郡山 新製27-9-11日車、自重17.2t 
タキ1000-675 OT/宇都宮タ ■(▼)
タキ1000-648 OT/倉賀野 全検2019-10-21川崎車、自重16.8t
タキ1000-667 OT/倉賀野 無
コキ106のグレー文字&コキ200の赤文字=側ロゴなし、OT所有車の×=エコレールマークなし、(▼)=表示板の逆向き

 さいたま新都心から浦和まで小田原行きの電車に乗り、浦和駅は3番線の到着。下にある『いろり庵きらく』でホタテと長ネギのかき揚げそばでの昼食で秋冬の限定メニューとの事でかき揚げの盛り具合がボリュームあって立ち食いそばのかき揚げは平べったい印象が強いものの、この位あるのは滅多にありません。軽く済ませてから忘年会のお菓子はNEW DAYSでブルボンの『アルフォート』を3箱買い、物自体がエコレールマーク認定商品なので席上の受けを狙った訳でNEW DAYSで買ったものがエコレールマークがプリントされた商品と言うのも上手く出来ています。

 改札を出て東口のパルコへ行き、オープンした時からスターバックスが奥に入っていましたが、前にHPを見たら店コードが変わっていたのでフロア内で引っ越したな!と勘付き、エレベーターから見て南側(建物で言う東側から西側という形で)に移り、幸いステッカーが貼っていたテーブルを陣取りながらジンジャーブレッドラテを頂きつつ新都心で確認した分の肉付けをしながら過ごします。お店の中は左手からテーブルが縦一列で丁度前に立ち寄ったnonowa西国分寺のお店同様、四角いテーブルが続いて真ん中に丸いテーブルの片方が壁に作り付けのテーブル席で外に向かって10人掛けの大きなテーブル、2人掛けのテーブル席、窓側にカウンター席が置かれて前はソファー席もありましたが、結構レイアウトが変わってここでお引越しした訳で少々窮屈な印象を受けます。受け取りのカウンターも明るい木目で普通のお店では見られないコックが置かれてナイトロのサーバーだな!と思い、生憎今日は出していないとの事で夏場の例会に来る時は頂きたいものです。

 エレベーターへの移動もスムーズになり、10階の浦和コミュニティーセンターへ。会場は年末らしく第9集会室との事でいつもの皆さんの他に1380氏や先日地元で思いがけず出会した相模原のS氏、後から鶴瀬のM君やよしちゃん、私鉄部会のメンバーでもあるS君、何とマスターとは高校の先輩にあたるH師も顔を出され、道産子のiPhoneユーザーK氏など久し振りに顔を合わせる面々も。来年で発足50周年との事でマスターより1年先輩で今回は以前から例会に出席しているJRF社員氏による鉄道車両の運転免許についてのお話を1時間ほど行いました。マスター自身も情報処理の勉強をした身故に今の経産省認定の者の国家試験(こちらは取得しませんでしたが………)、日商の検定や学校の団体独自の資格認定などを取得した事があるので種類は違えど結構勉強になる様はお話を伺いました。中盤で伊右衛門(お茶)や午後の紅茶を飲みながらお菓子をつまみ、マスター持参のアルフォートも皆さん喜んで頂きました。

 忘年会は17時前の散会で浦和駅から17時09分発の大船行き(1679C、クハE233-1062×10/宮サイ162編成)で南浦和まで乗り、京浜東北線も横浜までの各駅で少しずつホームドアの設置が進められ、さいたま新都心、浦和駅と設置済み。E233系の正面の下隅の凹みが停車位置の感知器が付いている特徴も見出せ、こちらは横浜線の車にも装備されています。

 南浦和からは武蔵野線に乗り換え、よしちゃんは京浜東北線まででしたが、私鉄部会のS君は西武池袋線沿線が自宅なので新秋津まで一緒に乗り、17時22分発の府中本町行き(1616E、クハE231-38×8/千ケヨMU15?編成=10月の転属車です)に乗ります。北朝霞まではレイクタウンやららぽーと新三郷への買物客が多かったのか混んでいて新秋津まではS君とあれこれ話しながら進みます。

 続きはこちらです。

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

R01.11.26 八王子駅

 11月も下旬を迎えると段々と歳末に向けた準備も徐々に進む用意になるともうすぐ一年御仕舞いだなと感じて来る様になりました。

 暮れのご挨拶・お歳暮をセレオの京王百貨店でお願いしているのでネタ拾いをしてから親と待ち合わせる予定です。

 空模様を伺うと少しずつ雨脚が忍び寄って来ているので念の為に折り畳み傘片手に出撃し、西八王子の南口バス停で八王子駅南口行きのバスもいつもは滅多に遅れませんが、3分遅れての到着です。

 バスから降りると先ずはサザンスカイタワーで軍資金+ゆうちょへ移す分を引き出し、2階のスターバックスへ。先ずはドリップを頂いてソファー席が埋まっていたので奥のテーブル席へ。ドリップのお豆はこの時期らしくクリスマスブレンドで飲む合間にテーブルの上にホリデーシーズンの貼りモノを発見。この所あちこちのお店に出掛けるとついデジカメに収めますね。日曜日に入っていた細身のパートナーさんのお姉ちゃんに今日は久し振りに午後から入る事が多いお兄ちゃんのパートナーさんと顔を合わせて昨日からお正月の福袋のエントリーが始まって例年元日からオープンしますが、来年は2日からのオープンでサザンスカイタワーも来年の元日はお休みだろうと感じ取れます。

 OPAを通り抜けていつもの様に線路側から83列車をチェックしますが、コンテナの積み具合は少々寂しい所で一通り片付くとすかさず券売機でSuicaをチャージしてからゲートイン。下りの快速電車がやや遅れていたのでこの辺りを気にしながら先ずは83列車のタンク車をホーム伝いに確認し、8460列車もサワリの形で下確認します。

○83列車…編成はいつも通りですが、コンテナは前半分だけ積まれて満載は先頭だけ。タンク車は少なめの11両の連結で一部、22日のこの列車にも連結したナンバーも参上。全検車でH7新製のA重油専用車に最後尾がH6新製車で最後かなと言った91番です。下りの快速電車が遅れていたので3分程遅れての出発です。
△竜王
EH200-17
コキ106-773 ↑東京タ発 全検27-5-28広島車 3個目にJOT UR19A-891*、4個目に19D-45782[一色塗り]積載
コキ107-540 全検29-7-20輪西派 3個目に日通UV19A-634積載、[1、5個目は空き]
コキ107-1849 新製29-8-23?川重[空車]
コキ106-1125 ↓ 全検30-8-22輪西派[空車]
タキ1000-117 JOT[E]/根岸* 全検2019-10-25川崎車、自重16.8t
タキ1000-441 JOT/根岸 全検2019-10-28川崎車、自重16.7t ■
タキ1000-580 JOT[E]/根岸
タキ1000-882 JOT/根岸
タキ1000-531 JOT[E]/根岸# 
タキ1000-783 JOT[E]/根岸 
タキ1000-541 JOT[E]/根岸# 
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 
タキ1000-681 JOT[E]/根岸 
タキ1000-326 JOT/塩浜 
タキ1000- 91 JOT/根岸* 全検2019-11-20川崎車、自重16.9t ■
コキ106・107のグレー文字=側ロゴなし、UR19Aの*印=幅広マーク入り、根岸*=旧郡山常備車、根岸#=旧仙台北港常備車

 83列車を一先ずホーム伝いに確認してから5・6番線へ。横浜線の電車で片倉へUターン。雨降りを気にしてか暫く上家の下で過ごしましたが、今度の土曜日から埼京線や相鉄直通と変わる車内の路線図をデジカメに収めると戻って来て8460列車を改めてチェックします。

○8460列車…浜五井行きはタキ43000ばかり5両、根岸行きはタキ1000ばかり4両とまとまっている割には普段の半分ほどといった短い編成です。タキ43000で先日データを見落とした43167番を漸くキャッチ(このあと交番検査&指定替え入場が判明しました)。タキ1000の仙台北港→根岸常備の変更も540番はお初です(ちなみに83列車に連結された2両は前に確認したナンバーばかりです)。
△川崎貨物
EF210-142
タキ43164 OT/倉賀野 ↑浜五井行き 
タキ43354 OT/南松本 ■
タキ43023 OT/倉賀野
タキ43167 OT/倉賀野※ 全検29-6-1川崎車、自重15.7t
タキ43376 JOT/根岸 、■(逆向き)
タキ1000-540 JOT[E]/根岸# ↑根岸行き 
タキ1000-492 JOT[E]/根岸 
タキ1000-213 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-499 JOT[E]/根岸    ↓ 
OT所有車の※=旧西上田常備車、=宇都宮タ臨時常備、根岸#=旧仙台北港常備車、根岸*=旧郡山常備車

 一通り片付くとセレオのスターバックスでジンジャーブレッドラテを頂きながらネタ拾いの整理を片付き、タキ43000を見ると未捕捉の番号がなかなか捕まらないのは検査切れで廃車になったのでは?と勘繰りますが、いくらマスターが詳しくてもJR貨物の車両情報は外部非公開なので難しい面もございます。パートナーさんみなさん赤いシャツで今日は久し振りに顔を合わせるパートナーさんの顔も。

 親と待ち合わせて先ずはビックカメラでiPhoneをセルフプリントに繋げるも先にケーブルを繋げてしまったので指示の表示が出てから繋げた方が大丈夫と分かり、こちらのiPod touchも試しに繋げると大丈夫でした。

 再びセレオの北館に戻り、京王百貨店でお歳暮の申し込みをしてからロフト(ここではMY Suicaの履歴プリントや領収書を収納するためです)、靴下屋と立ち寄り、再びスターバックスではドリップの”ORIGAMI”をギフトに送りたいのでマスターの勘でセレクトしこの時期らしくクリスマスブレンドをセンターに他の2種類はパイクプレイスロースト、ブロンドローストといい具合にセッティングしてもらい、また、立ち飲みスペース(だったのですが、とある事情で椅子が置かれました)でまたまたドリップのクリスマスブレンドをいただきながら待ちましてそれから地下やDONQに立ち寄って富士森公園、西八王子南口経由の法政大学行きのバスに間に合いました。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

R01.06.07 八王子駅&都内行き

 今日は貨車研究会の定例日で日曜の昼間だったり、前回(4月)は当日が取れず、土曜日と1日遅くなり、定時運行は半年ぶりになります。

 また、例会の前は4月の時は時間切れになった中目黒のスターバックスのロースタリーへリベンジの形として再訪し、出掛けるのも11時頃として例によって例会の進行表をあらかじめプリントしますが、自家用のiMacとピクサスの接続が今一つ。10時前後には慌てて会報のプリントで使ったプリンターに急遽戻して、USBメモリーに保存したWordファイルを仕事用のiMac経由でプリントして事なきを得ました。USBも自家用の方が新しく4ヶ所あるのですが、仕事用は古いタイプなので3ヶ所しかなくどれか一つを外さねばらならないので頑張って更新したい所ですね(原資がなかなか掘り当てられませんが………)。

 東京で入梅の方が伝えられた今日、大阪では地元の中央線と同じオレンジ色に塗られた大阪環状線の201系がラストランというニュースがなり騒然とする事が予想されたのかある駅ではホームの一部を封鎖や撮影禁止となるほど厳戒態勢が取られましたが、これを思うといやはやと思い、傘をさして自宅を出発。11時少し過ぎに西八王子の南口に着くと富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスを待ち、元気なオバちゃんにあとはシニアの皆さんがぞろぞろ集ってこの所アイボリー地のバスが多かったですが、今日は久し振りにヨドバシカメラのラッピングバスに乗車。一昨年行われた都市緑化フェアでは良く富士森公園へのシャトルバスに就いていた事を思い出します。

 バスから降りるとサザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出し、少しスターバックスに立ち寄り、(中目黒にある)ロースタリーへ出掛ける話をしてこの間、様子をまとめた時は内容が70%程になりましたが、あとの30%+αはご期待してくださいよ!と予告して線路を越えてセレオの1階の権米衛でツナマヨと五目いなりの昼食。入口の脇の席が空いていたのすかさず済ませると2階のスターバックスでアイスアメリカーノを頂き、結構テーブル席が埋まって陳列棚を覗きながら飲みましたが、パートナーさん相手にロースタリーへ出掛ける話をして、なかなか空きませんでしたが、アジア系のエンジニアなのか学者なのかそういった連中が多くこう言うのがのさばるとウン10年後の日本はテメェらのせいで落ちぶれる!と今の家電メーカーと似通った環境になるのは目に見えております。暫く経ってから有隣堂側の奥のテーブルが空いて何とか頂いてSuicaをチャージしてゲートイン。

 さすがに待ち時間を気にしてか足早に出発して『あずさ』12号の後に到着する中央特快で新宿まで乗ります。ちょうどE353系の一本目で所々空席があったものの、事前に買わねばと懐具合でご破算でこの頃は新システムで覚束ないのか少々遅れている様子で乗った中央特快も2分遅れで八王子発。時間帯的にそうなのか23区内に出掛ける人が多いのか結構混んでいましたが、最近は経済や物事が益々東京23区内集中が進んでいるのでマスターが学生時代だった平成初期でも騒がれた事がなんでまたヒドくなったのと疑問に思い、少子化で混雑緩和するとタイムマシンがあったら全くの嘘と言う事で役人や企業のトップはバブル期から進歩が無いと言うのが結論ですね(当時より今の方がダメというのは確かですが………)。余談はさておき、豊田の車両センターも腰掛けた反対側になりましたが、大阪ではラストランを迎える201系のトップナンバーが定位置に鎮座していたほかはE257系の500番代も止まって前は金曜日と言うと『富士山号』がお決まりでしたがE353系の『富士回遊』号が定期運行されるとどこか寂しくなりました。立川は青梅発の快速電車が入る関係で4番線の入線。快調に進むかと思いきや、武蔵小金井で急病人発生で5分程止まり、荻窪辺りからゆっくりした足取りで中野まで進み、結局新宿は10分遅れの到着で日中の電車では珍しく7番線の到着と相成りました。

 新宿駅の7番線に日中止まる電車はレアで今日のデジカメ画像はこれが1コマ目で先行した『あずさ』12号は折り返し『あずさ』17号となり、南口の改札を一旦出場して入り直し、山手線の内回りで渋谷へと向かいます。あれよの間にE235系が増えてE231系も見る機会が減って101系から103系に変わる頃で言うと昭和40年前半辺りかなと重なる印象です。渋谷までなんとか座れてナンバーを見ると今年の新製車(と言ってもまだ平成生まれですが)に当たり、すれ違う電車もE235系が多くなったな!と感じさせ、原宿では『スシロー』のラッピング電車と遭遇し、回る事で共通している”回転寿司”と”環状線”を上手く組み合わせて10編成ほどあるとのお話で渋谷で降りた後でデジカメのシャッターを切ったのは大阪環状線の向こうを張った様な気さえ感じさせます。

 渋谷駅は西口で降りて山手通りの大井町行きのバス乗場は降りた目の前でタイミング良く大崎駅折返しのバスが止まって早速乗りました。日産ディーゼルの尿素触媒付きのタイプで地元の京王バスや西東京バスにもいますが、正面の窓がドアに向かって下がっているのでどこか西鉄バス辺りとマスクが被り、当の西鉄バスもここ5〜6年ノンステップ車が入るようになりましたが、さすがに子会社の西工ボディが解散した後故に10年ちょっと前に本気で入れていたらこのタイプ(やや長めになります)が当たり前だったのでは?と感じ取れます。渋谷駅から暫く玉川通りを走り、目黒区に変わった大橋(玉電の車庫があった所で首都高の3号線と都心環状線が混じる所です)で山手通りへ向かう通りへ左に曲がり、次の菅刈小学校が最寄りだったので渋谷駅から10分程で到着しました。

 4月に来た時はお花見シーズンで結構混んでいた目黒川界隈も今日は静かで少し迷いましたがロースタリーを目指し、少し右手に進んだ待合室で整理券を引くと80人待ちでこの間は土曜日の午後で大混雑していたものの、ウィークデーだけあって人数も少なく、良くて1時間くらいかな?と見て、普通お茶やおやつの時間というと15時あたりが相場ですが、ドンピシャかやや前後するかな?と思い、お店の外の植え込みには紫陽花が咲いていたので季節感を感じさせるも流石に雨降りを気にしてか待合室でナンバーを気にしながら過ごし、この間は外でらくらくスマホ片手にQRコードを当てていましたが、スターバックスのお店同様、Wi-Fiが飛んでいることに気づき、iPod touchから早速接続して○人待ちと10人くらいかなと思っていたらさらに5人単位で変わって来たので随分スイスイ進んでいるな!と驚きまして1時間弱でこちらの番が回ってきました。

 二度目のロースタリー訪問ではウィークデーの午後だけあって所々空席が見受けられ、早速エントランス近くのテーブル席を陣取り、1階のBARのレジに並び、この時期らしくコールドブリューのアイスコーヒーがオススメだな!と感じ取れダークチェリーを添えたメルロースTOKYOにローフケーキチョコを選び、さすがにケーキやパンのコーナーを見ているとどれも美味しく、いいお値段(失礼しました)ながら楽しめ、早速受け取って頂くとおやつには少し早めの時間になりましたが、窓越しの紫陽花を愛でながらの一杯は格別のものでグラスもウィスキー用かなと言った感じで宅飲み(お酒ではなくマスター自身が淹れるアイスコーヒーです)や普段お邪魔するお店の延長線上で酔いしれて楽しみ、メルロースはデメララシロップと言うラム酒のシロップを使っているのでこれがいい味でカクテルの材料を置いているお店でも探すかなと思っています。ローフケーキチョコを選んだのはこちらもお店に出ているコーヒー&エスプレッソケーキの高級バージョンと言った位置付けで高めのチョコレートみたいなクリームがいい味を出して、スターバックスと言うと本国であるアメリカ風の印象が強いですが、こちらはどちらかというとヨーロッパのカフェかなという雰囲気です。

 一通り頂いてから2階、3階、前回お邪魔しなかった4階にも立ち寄り、お店に置いてある器具が手に取るように触れたので良くお豆を挽く時に「○番でお願いしますね!」とオーダーするのもこのグラインダーのゲージに合わせるんだな!と勉強し、数年前に一度フラペチーノのマシンを触らせて頂いた事がありまして、様々なマシンを触るとお店で働けるかな!と思うことも。再び3階に戻ってカウンター席のBAR(お酒ではなくコーヒーで)があったので普通のお店の倍のアイスラテを頂き、お豆もエスプレッソローストではなくロースタリー限定のものとの事。丁度飲んでいたらセレオのお店で顔馴染みだったパートナーさんとバッタリ。あれこれお話ししてテーブル席を陣取る事が多いマスターもこのようなカウンター席もいいかな!と思い、天井には空港のフライト案内みたいなボードが掲げられてセレオ店にも次の電車の時刻を出したら面白いのでは?と思った程です。丁度1階を見ると生豆の封を開けている所が見えたので1階に降りてこちらも早速何コマか収めるとロースター担当のパートナーさんが色々お話しされて流石に本業に慣れているのかアメリカのホッパ車で穀物やコーンを運ぶ用途が大多数ですが、この辺の荷卸する線路もマスターの自家用iMacに入れているゲームにあるので何処か親近感が湧いてきました。まだ少し時間があったので上のフロアを再びお邪魔してお茶のコーナーでアレ!東急スクエアのお店にいたお兄ちゃんのパートナーさんだな!と思ったら当のご本人でフジテレビの某アナウンサーに近いタイプだったのですぐ分かりました。八王子や多摩エリアのお店から移られた方がどの位居られるか分かりませんが、思わぬ所で顔馴染みに逢うのは嬉しいもの。正味2時間お邪魔して辞した次第です。

 再び山手通りのバス停に出て今度のバスも大崎駅行きでゲートシティは東口ですが、終点は線路を挟んで反対側のオフィスビル街の下なので少し歩くものの、そう変わらないので気にはなりませんが、今度は現行タイプの三菱ふそうエアロスターでオリパラナンバー付き。時間帯的にも習い事か塾へ行く小学生の子が結構目立ちますが、大崎駅までは30分程なので今回は例会スタートまで余裕×2。最初は少し立ちましたが、あとは目黒通りと交わる大鳥神社や目黒線とクロスすると不動前、池上線とクロスする大崎広小路と進むにつれて空席が目立って大崎駅に着く頃にはドアの間も二人くらい腰掛けてる状況で到着しました。また、バスも山手通りから側道に入る形で線路の外回りに沿って西口のバス乗り場へと目指します。

 大崎駅の西側は再開発が進んでオフィスビルが林立してバス乗り場は路線バスは渋谷からの東急バスだけですが、羽田行きのリムジンバスやウィラーの高速バスも発着があり、比率ととして路線系1、高速・リムジン系2といった具合で後者は昔からある所より新興の新免系が多い様子です。丁度目の前がスターバックスが入ったTSUTAYA Book Storeがあって八王子駅南口のOPAにあるお店を拡げた印象(レンタルコーナーあり)でスターバックスも同社の運営で椅子もどこかのお店と同じものも発見。駅の方へ歩いて自販機が無かったので改札前のKIOSKで『伊右衛門』を買い、ゲートシティではまず夕食を『梅蘭』の五目かけご飯を頂き、早い話、八宝菜にご飯を載せたものですが………。ワンフロア降りてスターバックスが大改装して前はあれほどエンジ色のレザーソファーが置かれて野猿街道のお店も昨年リフレッシュしたのでそろそろかな?と思ったらものの見事変わりまして、さすがにロースタリーやサポートセンター(日本法人の本社)からそう遠くないのかリザーブコーナーが消えたのは惜しいところ。イーアス高尾やMeet's国分寺、トリエ調布のお店で見かけるレザーのベンチ席が2コーナーあり、重厚感あるレザーのソファーもどこかのお店にあったな!とコールドブリューのアイスコーヒーを頂きながら過ごしました。因みにソファー席とテーブル席の境目も丸テーブル中心のコーナーに変わり、大きなテーブル席もレジの左手(k-8店や東急スクエア店[=テーブルは同じ丸型]で見掛ける高いテーブル席です)から元のセミナーコーナーへ移って飾り付けもなかなかですが、コンセントを繋いでノートパソコンを使っていた外国人さんがいたのか足元に気をつけて。

 例会は19時からなので18時半頃には南部労政会館へ。部屋には親分のF氏、早々最前列に腰掛け、前回忘れていた会計監査をこちらのiPod touchの電卓で計算し、間違えない事で証明するためにハンコを押し、19時から例会を始めるとほぼ1時間で内容の解説が終了しました。この所、RAIL FANにも例会予定が伝えられなかったので良く顔を出される大口のS氏には平謝りし、前に東京支部の支部総会である部会の例会予定が不明確と言う意見をぶつけた張本人がうちのあるメンバーでして、私が彼に「私がウチにいる間、確実に伝達するから大丈夫だよ!」と念を押すほどです。

 大崎の駅の中で時間調整して表紙に入れたEF200のナンバーは『電気機関車EX』によると3月の引退直前まで活躍していたとの話で偶然とは嬉しいもので『京王帝都のグリーン車』も京王八王子SCの文教堂あたり入っていたら買いたいものですね。

 帰りの山手線は流石に令和に変わったのか内外ともにE235系同士となり、今年に入ってからの新製車で大きな手荷物片手に乗った外国人の兄ちゃん達が邪魔くさかったですが、渋谷でなんとか座れて新宿へと向かいます。

 さて、先程F氏から中央線の快速電車が遅れているお話を伺ったので案内表示も結構遅れていますが1〜2本後が通勤快速で定刻20時50分発(2089T、クハE233-24×10/八トタT24編成)が3分ほど遅れて新宿駅の13番線にやって来たのは4月に中央線開業130周年を記念したオレンジ色ラッピングの編成でこちらとしては大阪環状線の最終日且つ令和最初の例会の帰り道で思わぬ記念となり、いつもはドッと乗る感じの車内もどこか余裕が感じ取れ、腰掛けているお客さんが複々線の間で降りてくれればなと思いつつもいつもの様に国分寺でなんとか座れ、西国分寺の手前から詰まっていたのか2〜3分程止まり、立川ではこの余波の煽りを受けて暫く止まり、4番線には川崎貨物行きの5460列車が止まって後方は北袖行きのタキ43394(JOT/浜五井[青→黒塗り変更])、タキ243759(JOT[e]/浜五井)とチェックし、このお陰で少しホームの外に出てシャッターを切り、多摩川を渡る頃には乗り具合も疎らになって来る具合で豊田は『あずさ』35号の通過待ちがあるために1番線の停車は時刻表通りでここでも降りてデジカメに収めますが、幸い前後で高尾方面が続いていたのか乗りも余り見られず、時刻表より10分遅れで八王子駅到着。

 八王子駅に降りると雨が止んでいて携帯で自宅に連絡してから1・2番線へ。先のオレンジラッピングのE233系を待ち構えますが、3・4番線にいるとどうしても快速電車や『はちおうじ』号が折り返す事が多いので1・2番線へ行ったほうが無難だな!と判断。セレオ北館側に目を向けるといつもなら86列車で根岸へ返すタキ1000の列が望めますが、今日はHD300がポツンと1機休むだけ。八高線は両側旧りんかい線の209系をみて2番線の東京方に陣取ると駆け足でスマホ片手の兄ちゃん達もオレンジラッピング目当ての様でいつもならムッとするマスターも今日は大阪環状線の事もあったので「いいことあるよ!」と念を押すもこちらは”行きがけの駄賃“ならぬ”帰りがけの道草喰い“と何事も程々にと思い、あとは昼間に出掛ける際に収めて今年の暑中見舞の絵柄が決まります。また、この前後には東京タ行きの2082列車が通過(正確には2番線をゆっくり走行)し、EH200-5牽引でコンテナ車の先頭はトランスシティ2個、JOTバルク1個、2両目はJOTバルク2個、3両目にJRF商事のUM12A-105346、4両目空車、5両目は全部20Dの一色塗りであとは19系と20Dの混載と言った編成です。再び3・4番線に戻って2085列車の編成をiPod touchに書き出したものの、どうも充電器に詰めた電池が切れそうでバッテリーも残り20%の赤線に。黒い表紙のA5リングノートを引っ張り出した次第です。

○2085列車…一杯より1両少ない16両の到着で且つ中央線の遅れの影響から4分ほど遅れての到着です。前に確認してデータをキャッチしていなかった25番をここで漸くゲットし、夜な夜なタキ1000のH6新製車ばかり収めましたが、2081列車や5461列車の方が良かったのでは?というのが本音でこちらは後日改めて。
△篠ノ井(坂城)
EH200-4
タキ1000-333 JOT/根岸 ■
タキ1000- 10 JOT/根岸* 全検30-9-22川崎車、自重16.7t
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸*
タキ1000-867 JOT/根岸 ■
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 全検30-11-26川崎車、自重17.0t
タキ1000-513 JOT[E]/仙台北港
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-504 JOT[E]/根岸 
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-837 JOT[E]/根岸 
タキ1000-613 JOT/根岸 
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸* 全検30-11-13川崎車、自重17.1t
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* ■
タキ1000-819 JOT/浜五井
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸* 全検30-12-19川崎車、自重16.8t ■
根岸*=旧郡山常備車

 前後して到着した『はちおうじ』7号を見ると←クハE353-6×9+クモハE353-6×3(長モトS106+S206編成)の組み合わせであたかも『スーパーあずさ』専任時代に戻った組み合わせながら実際、S106編成はS201編成とのペア(S101編成は『かいじ』メインで動いてましたが………)が常でしたが、全車E353系の運転ともなるとこの様に9両編成、3両編成と同じ下1〜2桁同士の組み合わせはかなり珍しいですね。

 改札を出るとNEW DAYSはお決まりの様にNREのおにぎり2個を選び、自由通路の自販機で『朝の茶事』の新しい絵柄のペットボトルをチョイス。雨も止んで南大通りを歩いてのご帰還となりました。

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

H29.04.18 八王子駅

 この3月に行われたJRのダイヤ改正では中央東線の特急体系が大きく変わり、特に注目されたのが『中央ライナー』、『青梅ライナー』が特急『はちおうじ』、『おうめ』号に格上げされてこの辺り(『はちおうじ』号になったら高尾着が無くなった分、八王子駅の3番線でターンする事が多くなるのは目に見えておりましたが………)と貨物列車の編成内容で変更が出た所が出ていたので普段宵の内は何らかの用事や例会の帰り等で赴きますが、今月は定例日が取れず、土曜日にずらして行った事もあって何処かで見なくてと思い出掛けて参りました。

 親が同窓会の集まりで出かける事があって夕食を済ませ、自宅発は19時少し前。拙宅前の専修学校生が騒々しかったのかつい一喝し、明日にでも苦情の電話を入れるかと思い、西八王子の南口バス停へ。先客の茶髪のオバちゃんとあれこれ話を交わし、いつも訪れるコンビニの店員さんかな?と雰囲気が似ていたのでご本人でしたら暗くてお見逸れしました。2分遅れての到着で現行日野ブルーリボンが登板し、1月に買ったバスコレのモデルそのものです。この時間帯は乗っても富士森辺りまでのお客さんが目立ちますが、腰掛けると小さな子を連れた感覚が読めない馬鹿ママに舌打ちする始末で日曜日の昼過ぎのテレビ番組でド下手な料理の腕前を披露した姉ちゃんがそのまま成長したと言った感じで物事無頓着だなと感じるも扉側の空席が目立っていたので前輪の後ろへ移り、富士森の桜も盛りが過ぎたのか意外と乗りが少なかったですね。

 バスから降りると日曜日の市議選に向けて宣伝活動している女性候補さんから握手されて照れましたが(この党も良くお電話頂きますのでお気持ちだけで)、5460列車が着くまでにスターバックスの何処へ行こうかなと迷うマスター。バスから降りて一番近いサザンスカイタワー、OPA3階のTSUTAYA BOOKSセレオとあり、マスターは銀行の口座よろしくドリップをお願いしているセレオ店へ向かい、夕方から宵の内は混むかなと思ったら幸い、お決まりの有隣堂側のテーブル席が空いていて早速陣取るも後ろ側は何故かテーブルがありません。トールタンブラー持参で参上したのでアイスコーヒーはイタリアンローストで昨日は国分寺のお店に出掛けた時に頂いたナイトロブリューアイスコーヒーの様に最初はストレートで頂いて暫く経ってからミルクを注ぐのがお決まりです。それにしても20時近くでも制服の高校生が多く学校の看板を背負っているプライドが感じられませんな。少し1階を一回りして少しずつお弁当やお惣菜のコーナーも札止めと言った様子を感じさせ、PASMOの残高が寂しくなったのでここでゲートインして1・2番線へ。

 夜の貨物列車も『はちおうじ』号の絡みで結構動きましたが、南松本からの5460列車はこれまで20時半から30分程の停車が30分早くなって20時を回った頃の到着になり、この時刻を見てピンと来たのが、S61-11改正〜S63-3改正(=H1.3改正前まで)での3470列車(同じ南松本発の列車で昭和電工のアルミナ専用車[塩尻→新興の返送]やLPG専用のタキ25000[南松本、元善光寺→浮島町の返送]がお馴染みでイレギュラーで昭和電工の苛性ソーダ専用車が月1の割合で扇町からタキ4200が現れたり、長野から東京近郊〜東北地方にあるJT工場行きのタバコ輸送用のワム80000も顔を出して八王子からは奥多摩から返送するタキ1500や米軍のタキ3000[高島で交番検査(今の塩浜派出が移転する前の横浜貨車区)を受けてから安善駅へ返送]が連結されました)を思わせる時間帯でマスターにとっては懐かしい頃合いで3月ダイヤ改正以降の5461/5460列車はどうかな?と思い、事前に旧矢羽根色のタキ1000のデータをピックアップしましたが、これが大ハズレで思わぬ大どんでん返し。それと言うのもイヤにツートンカラーのタンク車が続いて一瞬根岸行きか四日市からの回送車かな?と思いましたが、車票を見ると京葉臨海の北袖行きでこの4月に出光と昭和シェルが合併が行われ、南松本に来ていた根岸や塩浜から送っていた分の一部を北袖発に振り替えた様子で最新の『貨物時刻表』でも臨時列車で下りの8465列車、上りの8468列車と千葉貨物発着になっている事から恐らく、冬場は京浜発=5461〜5460列車、京葉発=8465〜8468列車で動くのでは?と感じ取れます。因みに北袖のタンク車と言うと高崎線の倉賀野向けではすっかりお馴染みの存在(下り8877列車、上り8876列車)で中央東線筋では5年前の夏に中央西線の台風による橋梁流出で不通になった際に動かした臨時列車以来です。

○5460列車…浮島町行きは矢羽根色のタキ1000が顔を出すかな?と思いきや、帯入り&JOT移籍車で新製された面々ばかりで連休明けには改めて入るのだろうと例年なら今頃入っている筈ですが………。先頭はH26新製タキ1000の全検入場車、後方のツートン車の列が前の段落で触れた北袖行きです。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-7
タキ1000-942 JOT/塩浜 塩浜→浮島町 新製26-9-5日車、自重17.2t
タキ43135    OT/郡山 無
タキ1000-884 OT×/宇都宮タ 無
タキ43448   JOT/根岸 全検30-3-5川崎車、自重15.7t
タキ43546   OT/宇都宮タ 全検29-2-17川崎車、自重16.0t 無
タキ1000-452 OT/倉賀野 無
タキ243817  JOT[e]/浜五井# ↑北袖行き 全検29-12-1川崎車、自重16.2t 石油類)黒地
タキ243858  JOT/浜五井* 全検31-2-1川崎車、自重16.0t 石油類)黒地▼
タキ243860  JOT/塩浜* 全検31-2-1川崎車、自重15.9t 無
タキ1000-397  JOT/浜五井 全検30-7-13川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ243758  JOT/浜五井* 全検30-4-23川崎車、自重16.2t 石油類)黒地
タキ1000-391 JOT/浜五井    ↓ 全検30-7-6川崎車、自重16.9t 無
OT所有車の×=エコレールマーク無し、浜五井*、塩浜*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、▼=表示板の逆向き

 編成調査も1時間近く止まると3番線に移って確認したりデジカメに収める事も少し時間差で(結構、上り電車の間隔が空いて待ち客が多い!)片付け、この辺は今後の検討課題で3番線側の広告にはOPAのTSUTAYA BOOKSのものを発見。昨日も顔を合わせた両側だけ旧りんかい線のクハ209-3101×4(宮ハエ71編成/71運用)はここで上がる形の姿を見て5460列車が出発すると4号車が止まる辺りに並び、『はちおうじ』5号の到着を待ちます。いつもこの頃に来ると根岸行き86列車のタキ1000が控えているかな?と思いましたが、今日は見られなかったので明朝の朝一に8461列車で着いた分と入れ替わりかな?と予想され、働き方改革もここに来ている様です。

 八王子から21時11分発の快速電車で豊田へ。この間ネットで阿武隈急行の新型電車AB900系電車のお披露目が紹介されてシートを見ると中央線のE233系に似ているかな?と空いていたのでついつい見入りましたが、ドアの前に立つ御仁が多く、どうもこの頃はロボットみたいな若造リーマンが多いですね。

 豊田でUターンして今度はSuicaです。今度は『むさしの号』(2628M、クハ209-506×8/千ケヨM81編成[←八ミツC506編成])で八王子駅に戻り、一本前はクハ205-47×8(千ケヨM6編成/2626M)が参上しました。3番線に到着してからは先頭と2番線に入線するE233系と並ぶとオレンジ色の濃さが違うかな?と感じました。降りた時に新製時は習志野所属で総武中央緩行電車の所属区集約で三鷹に転属して現在の京葉とさすがに『千』は元のものを使わず新しく貼り直されておりました。

 八王子駅に着くと2085列車の到着までは時間があるので特急列車の様子をチェックする形で過ごします。この時間らしく快速電車のダイヤが遅れていたので大丈夫かな!と思う事も。この間には東京タ行きのコンテナ列車2082列車が3番線を通過してEH200-23牽引でコキ106・107の両形式を連ね、前3両の海上コンテナの定位置は2両目にトランスシティ2個、JOT(青塗りのバルク用)1個が積まれた他は殆どが19系と所々背高の20Dが積まれた以外目立たない印象です。この後は最終の『あずさ』に当たる『あずさ』36号は『スーパーあずさ』の流れから12両編成で3番線に到着する『はちおうじ』7号と12両編成同士のツーショットも収める事が出来ました(先に『はちおうじ』7号が到着して八王子行きの表示もバッチリ収めてから2番線のツーショット、再び3・4番線に戻って2085列車の到着を待ちますが、2082列車もこの辺りの影響から20分ほど早くなりました。

○2085列車…一杯の17両編成の到着で昼間に見る事が多い事もあってか15分停車ながら余り気になる点は見出せませんでした。また、メモアプリも最初、87〜86列車の分を用意した所、編成が見られなかったのでここを手直しして流用しました。
△篠ノ井(坂城)
EH200-9
タキ1000- 33 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-173 JOT/根岸* (A重)
タキ1000-110 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 全検30-4-23川崎車、自重16.9t
タキ1000-513 JOT[E]/仙台北港
タキ1000-148 JOT[E]/根岸*
タキ1000-220 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-216 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-160 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-470 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-277 JOT/浜五井* 無
タキ1000-230 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-688 JOT[E]/根岸
タキ1000-613 JOT/根岸 全検30-6-15川崎車、自重16.9t
タキ1000- 68 JOT[E]/根岸*
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車

 ここまで片付くと後は待合室に腰掛けながらiPod touchの充電に費やします。この間で『成田エクスプレス』52号が到着して前は先頭が待合室の真ん前に先頭が止まっていた記憶ですが、幾らか後退して驚きまして慣れは怖いもの。お酒が入ったお姉さんやら馬鹿そうな女子大生どもが騒々しい事。3番線が『はちおうじ』9号が着くと『あずさ』32号と同じで後は11号だけとなり、こちらは『あずさ』36号か『はちおうじ』5号あたりと同じ編成かな?と予想します。

○2081列車…ダイヤ改正前は『中央ライナー』7号があった関係から5分程で足早に出発しましたが、ここが『おうめ』1号と交換した事もあって久し振りに15分停車に延びました。12〜13両くらいと思ったらやや短い11両編成の到着。ここで全検出場したばかりのナンバーや停車時間の関係でおざなりになった分もここでカバーしました。
△南松本
EH200-16
タキ1000-658 JOT/根岸 無
タキ1000-651 JOT/根岸 無
タキ1000-889 JOT/根岸 無
タキ1000-652 JOT/根岸 無
タキ1000-653 JOT/根岸 無
タキ1000-246 JOT/浜五井* 全検28-8-24川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-241 JOT/浜五井* 石油類)黒地
タキ1000-862 JOT/北袖# 全検30-6-11川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-257 JOT/浜五井* 石油類)黒地
タキ1000-444 JOT/根岸 全検31-4-8川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-136 JOT/四日市* 石油類)黒地
浜五井*、四日市*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 ここまで来るとあとひと息で1・2番線へ一時移ったのは『はちおうじ』11号が到着するため、根岸行きの5462列車は休日ダイヤの80列車(同じ根岸行きの列車で竜王発です)と同じ形で2番線に入る様子で『はちおうじ』11号の入線と合わせて待つものの、こちらは5分程遅れての到着となりました。

○5462列車…最初、前2両程は南松本発かな?と思いましたが全車坂城発で873番は意外と今回初顔合わせでタキ1000ばかりの12両編成(ブルーサンダーは昨日の昼頃にも見ましたね)、メモアプリもナンバーの数字だけタップし(タキ1000-###[←この部分])、後で肉付けしました。
△根岸
EH200-3
タキ1000-756 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-783 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-765 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-231 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 全検30-8-30川崎車、自重17.2t
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-873 JOT/根岸 全検30-12-5川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-863 JOT/根岸 全検30-4-14川崎車、自重17.4t 石油類)黒地
タキ1000-536 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地
タキ1000-170 JOT/根岸* 石油類)黒地(A重)
根岸*=旧郡山常備車

 再び3・4番線に戻ると今日のラストとなった5461列車の到着を待ち、上りの5460列車と似通った顔触れなのでは?と期待が募るも前みたいに着いて駆け足で出るのではと気になります。この頃になると特急列車の券売機の補修が行われたのでこの皆さんたちを気遣います。

○5461列車…上りの5460列車と似通った顔触れですが結構頑張ってやや延長戦になりました。目立った車では浮島町発でタキ43000の最初2両や44t積み(2月に鉄博へ出掛けた帰りに見掛けたナンバーです)、5460列車は塩浜からの入場車でしたが、今度は四日市への全検出場車で丁度退位を控えた宮様の伊勢神宮参拝の時期と重なったのは偶々なのでは?と思い、北袖発も連結してここでは一時根岸へ移動したタキ1000の404番や現段階で最終落成のツートン車と漸くご対面(因みに同時に新製したオイルターミナルのラストナンバーはここです。こちらは改元前に済みまして嬉しくなりました)。
△南松本
EH200-24
タキ43168   OT/南松本※ 無
タキ43000   OT/宇都宮タ※ 無
タキ43021   OT/南松本 無
タキ1000- 99 OT/倉賀野 無
タキ43007   OT/倉賀野※ 全検29-11-2川崎車、自重15.5t 石油類)黒地▼
タキ43548   OT/宇都宮タ 無
タキ243696  JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地
タキ43001   OT/南松本※ 無[車票]
タキ1000-648 OT/倉賀野 石油類)黒地▼[車票]
タキ43552   OT/宇都宮タ 無
タキ243683   JOT/塩浜* 四日市行き 全検31-4-17川崎車、自重16.2t 石油類)黒地
タキ1000-858 JOT/北袖# ↑北袖発 全検30-9-18川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ243827   JOT/浜五井* 全検30-1-29川崎車、自重15.8t 石油類)黒地
タキ1000-404  JOT/浜五井 全検30-12-7川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ43462   JOT/根岸 全検30-3-28川崎車、自重15.7t 無
タキ1000-959 JOT/北袖 新製28-9-6日車、自重17.2t 石油類)黒地▼
タキ243735  JOT[e]/浜五井# ↓ 全検30-10-17川崎車、自重16.0t 石油類)黒地
OT所有車の※=旧西上田常備車、▼=表示板の逆向き、浜五井#、北袖#=旧浜五井常備車、浜五井*=旧郡山常備車

○E353系の様子も次の通り確認出来ました。紫文字は昨年10月以降の新製車、併結の場合、左手が松本方です
・クハE353-2×9(長モトS102編成):かいじ22号〜かいじ21号
・クハE353-5×9+クモハE353-11×3(長モトS105+S211編成):あずさ32号〜はちおうじ9号
・クハE353-6×9+クモハE353-2×3(長モトS106+S202編成):あずさ33号
・クハE353-8×9+クモハE353-7×3(長モトS108+S207編成);あずさ35号
・クハE353-12×9+クモハE353-4×3(長モトS112+S204編成):あずさ36号
・クハE353-14×9+クモハE353-8×3(長モトS114+S208編成):はちおうじ5号〜回送〜はちおうじ11号
クハE353-16×9クモハE353-9×3(長モトS116+S209編成):はちおうじ7号
クハE353-17×9(長モトS117編成):かいじ24号(〜おうめ1号)
クハE353-19×9(長モトS119編成):あずさ34号〜かいじ23号

 予定よりやや遅くなりましたが、改札口を出るとNEW DAYSで夜食のおにぎりでも買うかなと思った所、夕飯のカレーがまだ胃袋に残っていたのかパスし、自由通路の自販機で『朝の茶事』のホットを買いながら南大通りを一直線。厚手のジャケットに綿シャツの出で立ちで不思議と寒く感じさせず、途中の本立寺、信松院の桜の木と今年は4月に入っても寒い日が続いたのか未だ葉桜になっておらず長持ちして(4月中頃の桜と言うともう東北地方ですが………)。思わぬ大ドンデン返しとなったリベンジもあり、1時を回る少し前のご帰還となり、あとで自家用のiMacに入ったExcelを見るといつの間にか新元号に対応していたのには驚きました。

| | コメント (0)

2016年8月 5日 (金)

H28.08.05 松本周辺(その2)

 午前の部が終わると松本駅でのランチタイム。お手洗いで少々待たされましたが、コンコースの『あずさ』で久しぶりに松本駅の駅弁から『安曇野ちらし』を選び、精算所の窓口で長野支社のポケット時刻表(¥150)を買い、再び4・5番線に戻る格好に。自動販売機で『朝の茶事』を買ってベンチに腰掛けてのランチタイムで電車を見ながらの昼食もなかなかのもので今日持参しているSX720HSの使い初めの日に偶々地元に現れたE353系も顔を出してまた今日もご対面。合間合間に電車ウオッチを楽しみ(洗車機でウオッシュしてこのまま長野行きになるE127系や真っ白なアルピコ3000系など)、『安曇野ちらし』はワサビの名産地の安曇野に因んで刻んだワサビがシャリに入っているのも納得。蕎麦味噌や姫竹、マスの酢漬け、クルミ、アンズと信州の幸を満喫。再びお手洗いを済ませると12時42分発の電車が入線します。

 松本から12時42分発の小淵沢行き(1530M、クモハ211-3017×3/長モトN309編成)で南松本へ向かいます。最初は下り線側のかぶり付きに腰掛けようと思ったら小坊軍団に先を越され(南松本で降りると楽なのは長年の慣れとオジさんの感が働いています)、反対側に腰掛け、車掌さんは小柄なお姉ちゃんで準備に余念がありません。出発間際まで押し寄せて出発進行。先程のコキ105も降りる支度をしてからナンバーをチェックします。

 南松本に降りると丁度、東京タからの2083列車が到着して八王子駅に居ると同じ位に根岸からのタンク車が到着して折り返して返送の列車を牽くのですが、これと同じように到着すると早速EH200が切り離されて上り側の待機線へ向かいます。昨年訪れた時に海上コンテナのパートを見落として時間一杯まで粘りましたが、今年はこのリベンジで新しいデジカメ片手なので40倍ズームの威力を発揮させたい一心で気合が入っています。

○2083列車…前2両が北長野行きで2両目には北見地域農産物輸送促進協議会のUV19Aや高知通運のUF16A(旧ヤンマー)と珍しい顔触れの他、海上コンテナ組はこの列車ではお馴染みのトランスシティではなくJOTの青いバルクコンテナが2個積まれただけでした。また、記された19D、19Gのナンバーは一色塗り+JRマーク入りのものです。

EH200-24
コキ106- 587 ↑北長野行き 全検23-9-10広島車
コキ107- 984 ↓ 新製26-5-30日車 3個目に北見*UV19A-547、4個目に北見*UV19A-558、5個目に高知通運UF16A-508#積載
コキ107- 56
コキ107- 817 新製25-11-20川重 1個目に19G-19401、2個目に19D-44636積載
コキ107- 353 全検27-11-6川崎車 3個目に19G-18981積載
コキ107-1184 新製28-1-20川重 [3個目以外はJOT UR18A/19A積載=UR19A-15169、UR18A-12251、UR18A-12494、UR18A-11450]
コキ106- 735 2個目に19D-44169積載
コキ107- 461 新製24-1-27日車 4個目に19D-42216積載
コキ107-1294 新製27-12-21日車
コキ107-1315 新製28-4-7川重
コキ107- 747 新製25-6-12川重
コキ107-1062 新製27-2-13川重 JOTU100159[5]、JOTU100120[8]積載
北見*=北見地域農産物輸送協議会、UF16Aの#=旧ヤンマー

 2083列車の到着後は先に北長野行きを収容してからコンテナホームへ3〜8両目、続いて後2両を海上コンテナのホームへと言う形でHD300-10によって各線へ移動されました。昨年は一本電車を見送った形で早々片付いたので塩尻まで一本早い木曽福島行きに乗ることが出来、合間が出来ると5460列車の予想を立て、みどり湖〜塩尻の間ですれ違うと正解です。

○5460列車…この後で準備をしますが、牽引機や編成の内容も後でみどり湖〜塩尻ですれ違った際に予想通りでしたので5467列車で到着した時点をベースにまとめてみました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-24
タキ43349 郡山
タキ43569 宇都宮タ
タキ1000-734 川崎貨物◎
タキ43266 倉賀野※ 石油類)黒地▼
タキ43166 宇都宮タ※
タキ1000-724 川崎貨物◎
タキ43603 宇都宮タ
タキ43271 倉賀野 全検28-5-23川崎車、自重15.9t □
タキ43008 八王子※
タキ43358 南松本
タキ1000-787 JOT/根岸 ↑根岸行き 全検28-5-19川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-878 JOT/根岸 ↓ 無
OT所有車の※=旧西上田常備車、タキ1000の◎=旧矢羽根色、▼=表示板の逆向き、□=石油類)青地(他はガソリン積みの無地板付き)

 昨年はE127系の茅野行きが来るまで喰い込んだ2083列車の後調査も今回は新しいデジカメの威力を発揮して一本早い13時27分発の木曽福島行き(1830M、クモハ313-1329×2/海シンB521編成)で塩尻まで乗り、待ち時間の間に足湯に入る支度が出来ます。事前のメモにも記した通り武豊線電化用のグループで新製は昨年1月の日車製でマスター、今日はオレンジ色のシャツを着ているので名古屋行きの勝負服(JR東海のカラーに合わせています)の威力が思わぬ形で効きましたね。

 塩尻で足湯の準備を整え、14時16分発の茅野行き(1532M、クモハE127-112×2/長モトA12編成)で上諏訪まで乗ります。この頃になると篠ノ井線の沿線火災や名古屋から向かう『しなの』号の遅れの影響が出てきて終始5分ほど遅れての走りとなりましたが、擦れ違う電車も211系や飯田線の313系、下諏訪のJRバスと見入りつつ、諏訪湖の湖畔に差し掛かると山側(蓼科・霧ヶ峰寄り)のロングシートから望むとマルチディスプレイで見る映画の様に諏訪湖の花火の日は見頃だろうな(車内の照明は落とすか最小限で)と思う事も。

 上諏訪駅に着くと例によって足湯に入り、大学生のサークル仲間のお兄ちゃん達や蓼科あたりへ登山したご夫婦、SNSに上げるのかスマホ片手のお姉ちゃんと入って来て昨年来た時は足元が滑った記憶ですが、今年はぬめりが取れて軽やかなり。また、お湯の出口近くの床もコンクリートで補修し、中には首都圏の各支社エリアでも見られるサービス向上プロジェクトのポスターも見られ、ここは温度調節との事です。下りホームへ移動して丁度、飯田線の電車が休んで昨年は313系でしたが、今回は通常の213系が入って211系とのツーショットも漸く収まりました。

○2084列車…編成が意外と短く12両編成で到着し、全検車が続いていましたが、前に地元でキャッチしたナンバーばかりで何処か手持ち無沙汰になり、後方のA重油専用車はオイルターミナルから移籍したナンバーが2両連結されて南松本〜塩浜の列車では予想に反して少なく、ここで補いましたね。
△根岸
EH200-22
タキ1000-817 JOT/浜五井 無
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸*
タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-189 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-284 JOT[E]/根岸* 全検28-4-25川崎車、自重16.9t
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 全検28-6-6川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 全検28-4-1川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-806 JOT/浜五井 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 49 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地(A重)
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 石油類)青地(A重)
タキ1000-311 JOT[E]/根岸 石油類)青地(A重)
根岸*=旧郡山常備車

 上諏訪の足湯入湯&一休みを終えると15時14分発の長野行き(1543M、クモハE127-112×2/長モトA12編成)で南松本へ向かいます。『しなの』号の接続の影響でしょうか『スーパーあずさ』22号がやや遅れて到着してこちらも1分ほど遅れの出発となり、これに吊られたのか『あずさ』17号も岡谷で4分遅れとなり、塩嶺トンネルを超えた所で一仕事しなくてはと思ったのはここで5460列車に擦れ違うのでマスターが上諏訪へ向かっている間に作業が終わって編成内容も5467列車で来たタンク車の返送が殆どなので前10両オイルターミナル、後2両根岸行きタキ1000と予想したら大当たり。塩尻は到着2分、出発5分遅れとなり、ここでは用を足してちょうど3番線には辰野行き(直近は16時17分発/162M)が止まっている所で東北地方の701系よろしく塩尻駅でのE127系のツーショット(それも連番で)を収めて最後の南松本詣と相成りました。

 最後の南松本詣では四日市行きの5878列車、コンテナの2082列車と見ました。この間には3月のダイヤ改正で止まる様になった211系の『みすず』飯田行きも到着。17時を回ると2082列車の準備が少しずつ始まり、海上コンテナ組3両(トランスシティの20フィートばかりです)、2083列車で来た8両、5467列車で来た2両と組み合わせは予想通り。ズームでトランスシティのコンテナを記録するもいきなり割り込む様に邪魔する兄ちゃんには閉口。幸い、後で跨線橋に登って再確認する事が出来ました。

○5878列車…四日市発はタキ43000の44t積み車が続いた編成に加え名古屋方には5467列車で到着した全検出場のタキ1000が連結。普段の14両編成ならホームからはみ出てしまうので改札を出て見る所でしたが、今回は編成が短く、ホーム伝いで編成調査・撮影が出来ました。また、期限延長はいずれもH26-9(タキ243833のみ10月)四日市派出での標記です。
△稲沢(四日市)
EF64 1005+1010[共に更新色、冷風]
タキ1000-278 JOT/浜五井* 全検28-7-29川崎車、自重16.8t 四日市6/30発で全検入場
タキ243777 JOT/塩浜* 全検24-8-24川崎車、自重15.8t 無
タキ243808 JOT/四日市* 全検24-6-1川崎車(29-6-16切)、自重16.0t
タキ243833 JOT/四日市* 全検25-7-19川崎車(30-8-13切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ243775 JOT/塩浜* 無
タキ243680 JOT/塩浜* 全検26-7-7川崎車、自重15.9t
タキ243675 JOT/塩浜* 全検28-1-5川崎車、自重16.3t
タキ243688 JOT/四日市* 全検27-12-18川崎車、自重15.7t
タキ243780 JOT/四日市* 全検25-7-1川崎車(30-7-26切)、自重16.0t 石油類)黒地
タキ243752 JOT/塩浜* 全検23-12-20川崎車(29-1-14切)、自重16.4t 無
四日市*、塩浜*、浜五井*=旧郡山常備車

○2082列車…編成の内容は2083列車とほぼ変わりありませんが、海上コンテナの分を1両、北長野へ行く分と入れ替わりに5467列車で到着した2両(後ろ2両です)が入り、いずれも全車コキ106、コキ107で連結された編成です。
△東京タ
EH200-18
コキ107-1062 新製27-2-13川重 TRSU082326[0]、TRSU082339[0]、TRSU093227[6]
コキ107- 747 新製25-6-12川重 TRSU102442[0]、TRSU092817[2]、TRSU071706[2]
コキ107- 145 全検26-5-29川崎車 TRSU071734[0]、TRSU050729[8]、TRSU050816[5]
コキ107-1315 新製28-4-7川重 1個目に30D-245[一色塗り]、5個目にJRFリースUM12A-105259積載
コキ107-1294 新製27-12-21日車 3個目にJOT UR19A-10846*積載
コキ107- 461 1個目にJOT UR19A-10574*積載
コキ106- 735
コキ107-1184 新製28-1-20川重 1個目に19D-44636、3個目に19D-45353、5個目に19D-42425[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 353 全検27-11-6川崎車 2個目に19D-44405、4個目に19D-44372[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 817 新製25-11-20川重
コキ107- 56 全検26-3-18川崎車
コキ106- 255
コキ107- 474 新製24-2-3日車 2個目にJOT UR19A-10702*、3個目にJOT UR17A-70068、5個目に19D-44164[一色塗り]積載
UR19Aの*印=幅広マーク入り

 南松本には若干遅れて到着した17時24分発の甲府行き(444M、クモハ211-3049×3/長ナノN315編成)に乗り、平田で空いたもののブラインドを下げて欲しいとお姉ちゃんに言われてしまいましたが、塩尻で結構降りるのでここまでは待つ事にして上諏訪や茅野辺りで大方降りるので県境を跨ぐ頃になると結構すいてきて小淵沢ではキハE200をかたどったマスコットのステッカーが貼られたキハ110が停車中。少しすると若い車掌さんが回ってきて「18きっぷで今日の日付です」と申告。韮崎からは同じ211系でも豊田のスカ色を引き継いだ1000番代の区間運転が控えて後で甲府駅で見る事が出来、韮崎、竜王と少しずつ乗ってきてすっかり夜の帳に降りた甲府駅は3番線にほぼ定刻の到着。

 甲府駅では211系の様子を見たいので長めに過ごし、駅ビルが昨春、オープン以来の『エクラン』から八王子駅と同じ『セレオ』に改められ、マスターにとっては馴染みある名前故か止まっている211系をバックに収めて。嬉しい事に八王子で作ったポイントカードも使えますが、昨年来た時は持参しておらず(後にマイカーのダッシュボードの中に入っていた事が判明しました)、再発行するハプニングもありました。KIOSKも赤い看板からE235系を思わせる四角いグリーンのロゴが入ったNEW DAYS的要素のお店に変わり、並んでいる土産物も半分以上は八王子駅でも買えそうなものがあるので来る時に選択肢に迷うのが本音です。3番線の大月行きを見送ってから次の高尾行きは1番線からなのでこちらへ移動してモニュメントをデジカメに収め、電車を待つ間にワンダ・モーニングショットを買って待ちます。2番線に止まっている『かいじ』号がまだ出発していなかったので遅れているなと実感し、今日は第1金曜日で貨車研究会の定例日で帰る頃は決まって遅れる事が多く、さて、高尾に着いたらどうでしょう。

 甲府から20時07分発(566M、クハ211-2019×6/長ナノN609編成)の高尾行きに乗り、前後の特急列車が遅れていたのか到着は2分遅れ。折り返し1分遅れで出発。塩山あたりまではお勤め帰りが多かったものの、後はガラガラで笹子峠を超えて大月で富士急の電車で京王時代のアイボリー+エンジ帯の1001×2(京王の5113+5863)が停車中。上野原、相模湖と若者の団体が大勢乗って来て(揃いも揃って騒々しい連中ばかりでしたが………)115系から211系のロング車に変わったのか車内の様子も一変した事(平成初めの東海道線や宇都宮線、高崎線と全く同じ感覚です)を肌で感じさせ、小仏トンネルを越えると文字通りホンのあと少し、高尾駅に定刻通りの到着。

 高尾は2番線の到着。快速電車は1番線が先発ながら接続1分なので次の3番線から出発する21時46分発の快速電車に乗る事にしました。北側の留置線を見ると早朝はE233系が顔を並べて休んでいましたが、この時間は211系が2本休んで南側にも大月から帰って来た(4両編成は富士急へ)E233系の6両編成に混じって休む姿を見て8号車はドアの間をコンパートメントする形の乗りで出発。西八王子に無事到着。体感で甲府よりも八王子の方が蒸す様子を感じさせ、この夏はリオ五輪の他、甲子園にもこの熱気を届けたい所で夏遠征の初回が無事終わり、ショルダーの補強も時々ずれたことがあってもそう気にはならず(さすがにユザワヤで買っただけあって餅は餅屋ですな)来年は年明け早々のアートマンフェスティバルあたりで代替えしたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

H27.09.04 大宮周辺(その1)

 八王子を9時49分に出発する快速電車で西国分寺まで乗ります。先程見たタキ1000のナンバーではありませんが、お決まりの様に乗る8号車は同じ430番の乗車で豊田の車両センターは昨日同様189系が東京方に『あずさ』色、八王子方に国鉄色の編成と並んで休み、日野では竜王行きの83列車に擦れ違い、EF64 1043[更新色]+EH200-8+コキ50000×4の編成で最後尾には新しい一色塗りの19Dも積まれ、こちらは西国分寺で降りましたが、国分寺で青梅特快の接続待ちがあります。

 西国分寺で武蔵野線の4番線に赴くと丁度、中線で下り方面へ向かうロングレールのチキ5500を連ねたレール輸送列車が一休み。牽引がレインボー色のEF65の1118号機でアレ!先月の例会で親分のF氏がこのHOを持って来たのを思い出しデジカメに収めました。チキ5500と言うとコンテナ車の草分けでもあるコキ5500形の改造車に当たり、現存車が消滅した現在では往時を偲ぶ存在で10年以上前は良く中央線でも見掛け、その時の名残でコキ10000が出回った頃から支柱が少ないタイプになりました。

←南浦和 EF65 1118+チキ15902+15506+15601+15501+15505+15701+15801+15503+15504+15507*+15502+15602*+15901(千マリ/越中島貨物、*=支柱が少ないタイプ)

○5582列車…いつもは浮島町へ行くオイルターミナルのタンク車が入りますが、夏場は日によって海上コンテナ積み(TS LINE、Texの20フィート)のコンテナ車だけで本来のタンク車は8585〜8586列車に入っていました。
←川崎貨物 EF210-136+コキ106-252+861(空車)+107-416

 5582列車が海上コンテナ積みでこの所ハマっている”TRAINZ”にもアメリカのダブルスタックや様々な海上コンテナが登場してこの辺りから見るとJR貨物のコンテナ列車に当て嵌めると武蔵野線を走る首都圏のコンテナ扱い駅間を行き来するフィーダー列車のように港にあるコンテナターミナルと内陸のコンテナ基地を結ぶ小運転の列車と言った感じです。丁度見ているとホームを2歳くらいのボクちゃんを連れた親子連れがチョロチョロしていたので気になりましたが、ホームの上なのでこちらも神経張り詰めて気を遣うし、目を離して(というよりママさんが子供ではなく携帯でメールを打っていたので)危ないですよ!と困り者。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

H27.08.05 松本周辺(その2)

 松本駅に再び参上してここでお昼休みとなります。5番線の到着で早速コンコースの『あずさ』で駅弁の品定め。さすがに暑い時期だけあって選んだのは『山菜ちらし』を選び、暑いので刻みわさびが入ったいなり寿司が効きますね。『朝の茶事』のペットボトルを買うと3番線のベンチに腰掛け、E353系に交え、様々な電車を見ながらランチタイムを楽しみます。

 松本から12時42分発の小淵沢行き(1530M、クモハ211-3044×3/長ナノN335編成)で南松本まで乗ります。115系の代はセミクロス中心で始発でボックスに赴く所がオールロングとなると躊躇しませんね。前運用が中津川からの電車だったので169系の頃と変わっていない意外な一面も。

 南松本で降りると2083列車が到着した所で5467列車のコンテナ車は北長野行きに据えたのだろうと思い、全車南松本行きの編成。暑い中の調査となりましてトランスシティの海コン部分でナンバーを一部見落としてしまい、時間一杯となりましてお手上げ。徒労感が出てしまいましたが、前者で直目に収めておけばよかったかな。

○2083列車…すっかりコキ106・107オンリーの編成で前は海上コンテナと言うと後3両が定位置ですが、1両ずれて同和通運のUM12AやJOTのバルクコンテナも時々見掛けます。

EH200-3 Ps
コキ106- 924 1個目にW19D-4344積載
コキ107- 222 全検26-7-12広島車
コキ106- 893 全検22-7-31川崎車
コキ107- 588 新製24-8-10川重 5個目に19D-43174(JRマーク入り)積載
コキ106- 802 全検27-1-23小倉車
コキ107- 135 全検26-2-18小倉車
コキ106- 83
コキ106-1123 全検26-1-16名古屋車(簡略型)
コキ106- 477 全検26-8-23広島車
コキ106- 554 全検27-2-24広島車 TRSU071665[7],TRSU050341[*]
コキ107- 531 新製24-6-15川重 TRSU092764[4],TRSU071739[7]
コキ106- 273 全検26-4-25広島車 TRSU050700[3],TRSU071868[6]
コキ106-1135 同和UM12A-105046,JOTU099267[4],同和UM12A-105040

 到着すると海上コンテナを積んだ分を奥に押し込んでから前から8→7→6両目の順に積まれたコンテナを取り下ろし、海上コンテナは今か今かと思っておりましたが結局はお手上げで誰もいない待合室で一休み。ホームのベンチで時間を見つけて2083列車の中身も一通り整理して過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)