鉄道友の会行事・企画

2019年4月 6日 (土)

H31.04.06 八王子駅&都内行き

 貨車研の例会というといつもは第1金曜日ですが、会場の都合で1日遅くなり、今晩実施の段となりました。例会の前は都内の何処かへ出掛けるのがお決まりの我が身、今日はどうしても2月末にオープンした中目黒のスターバックスロースタリーTOKYOへお邪魔したいと思い、いつ頃入れるか気になる所ですが………。

 自宅を11時前に出発し、富士森公園経由の八王子駅南口行きを待つと少々遅れての到着で寺田の担当分で京王電鉄バスカラーでしたが、入れ替わる様に到着した南大通り経由の西八王子止まりは新車の京王バスカラーの参上でこれから都内へ出掛けるマスターと入れ替わりの様で。丁度バスのお客さんも富士森公園への花見へ出掛ける方も多く、他の場所に比べると今一つですが、結構名所として定着している様子も感じ取れます。

 バスから降りるとサザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出し、今日は上納金を納めなくてはとこの分も引き出し、昼食は『日高屋』の五目あんかけラーメンでラーメンの具材では珍しくブロッコリーも入っていました。食後はスターバックスに立ち寄り、パートナーさんも京王プラザホテルのお店の時からの顔馴染みが揃って大崎へ行く前に「ロースタリーへ行くよ!」とお話しした程でSuicaをチャージすると今度はセレオのスターバックスへ。幸い、昨日お邪魔した時にも入っていたパートナーさんも居て昨日はTOKYOローストを買ったのでこのお話をしてこれからロースタリーへ出掛ける話を交わしつつ、アイスアメリカーノを頂きます。幸い、いつも陣取る有隣堂側のテーブル席が空いていました。

 早く出掛けようと思って改札にゲートイン。根岸のタンク車が続いて来る頃なのでどうかな?と気にしつつ、幸い竜王から80列車は昨日の83列車で到着した分がそのまま入るので言わば復習ですな。

 改札に入ると先ずは3・4番線へ行き、平日なら根岸行きの8092列車(運転があれば)が入る頃ですが、今日はどうかな?と待ってみる事に。河口湖+大月から来た211系の回送電車やE353系と見て、平日なら3番線で折り返す快速電車が入る頃合いに8092列車が到着して2番線に竜王からの80列車、2〜3分ほど止まりましたが、この5分程後に85列車が到着と平日ダイヤと少し時間がズレた形でダイヤ改正後も変わらずと言った様子ながら編成をチェックします。

○8092列車…平日より15分ほど遅れての入線になりましたが、普段より1両多い15両の連結で今年全検入場を受けるH6新製車の中には昨秋に前倒しで入場した27番をキャッチ。前方は5・6番線へ移動し、止まっていた横浜線の電車に乗り込んでの確認となりました。
△根岸
EH200–6
タキ1000-422 JOT[E]/根岸 全検30-4-12川崎車、自重16.8t
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸* 全検30-10-13川崎車、自重17.2t
タキ1000-769 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 全検30-8-1川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-298 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-757 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-756 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 54 JOT/根岸* 全検30-11-15川崎車、自重16.7t
タキ1000- 72 JOT[E]/根岸*
タキ1000-865 JOT/根岸 全検30-4-11川崎車、自重16.8t
タキ1000-605 JOT[E]/根岸 全検30-4-13川崎車、自重16.7t
タキ1000- 53 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

○80列車…平日と違って2番線の到着となり、8092列車、85列車の合間に見る事が出来、例によって6両目以降昨日の83列車で着いた分なので言わば復習となりまして、編成ではH20新製車の877番は初確認です。
△竜王
EH200–23
タキ1000-113 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 88 JOT[E]/根岸*
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 全検30-7-11川崎車、自重16.8t
タキ1000-824 JOT/北袖# 全検30-9-12川崎車、自重17,1t
タキ1000-877 JOT/根岸 全検30-9-10川崎車、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-359 JOT/根岸* 無
タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸*
タキ1000-808 JOT/浜五井 石油類)黒地
タキ1000-189 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸* 全検30-11-22川崎車、自重16.9t
タキ1000-601 JOT[E]/根岸
タキ1000-215 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 45 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-119 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-124 JOT[E]/根岸* (A重)
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

○85列車…平日ダイヤより15分程遅れての到着となりましたが、編成はいつもの14両編成でナンバーを見ると先月末に確認した時と大方同じナンバーが続いていました。

EH200–6
タキ1000-441 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸*
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-280 JOT/浜五井* 無
タキ1000-788 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-274 JOT/四日市* 無
タキ1000-232 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-326 JOT/塩浜 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-150 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-870 JOT/根岸 全検30-7-2川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000- 87 根岸*
根岸*、浜五井*、四日市*=旧郡山常備車

 行き掛けのお駄賃を稼いで13時15分発の中央特快で三鷹まで乗ります。電車待ちの間に80列車から8092列車、85列車と肉付けをしてなんとか座れて豊田の車両センターには本線寄りに209系の1000番代、内側にはE257系(500番代)が休む姿をチェックし、そう言えば昨年の4月例会の行き掛けもこの辺りを見たのでE353系の車内で纏めたな!(メモアプリでページを準備する前に箇条書きでナンバーをタップしました)と思い出します。三鷹で快速電車に乗り換え、車内に早々学校帰りの小学生の姿も。

 吉祥寺で井の頭線に乗り換え、先行の各停はレインボーカラーの1779×5でこちらは2番線から13時52分発の急行(1762×5)で渋谷まで乗ります。この時期の井の頭線と言うと桜が見頃で窓越しのお花見も楽しみ、3000系が全盛の頃から人気が高かった井の頭公園の駅はもちろん、高井戸の環八から少し東側や駒場東大前も良かったですが、環七から下北沢へ向かう間の法面にも菜の花が見事に咲いていました。これを思うと車内でスマホを弄る若ぇモンは何考えてるんでしょうか。永福町の路線バス群も結構中野へ移動した影響でしょうか大型車中心で目立つ所でピンポン・パンポンバスくらいで前は南大沢から移動した訓練用が止まっていた辺りにはトレーラーハウスが3棟置かれている傍ら、先行の各停はレインボーカラーとまたご対面。

 渋谷駅はバス乗り場まで道を挿んで渡った方が良いなと思った所、マークシティのエスカレーターをスクランブルと反対にロータリーへ向かい、最初は銀座線の真下から渡って行こうと思った所、少し歩いて渡った方が良いなと思ったのは渋谷駅の路線バスに🔑がありまして、マスターがよく乗り降りする八王子駅の南口と同じ京王バスカラーが見られるので何処か地元へ戻った錯覚に陥るも昨年入ったタイプにシャッターを切ろうと思ったら赤信号で強行突破で良いショットが収められませんでしたが、笹塚行きのバスがターンする様子や永福町から中野に移動したプラザ・アイ(コンタクトレンズ店)のラッピングバスを発見。代官山を回る東急トランセの循環バスの乗り場を目指します。

 ロータリーの246側から出発する循環バスは14時26分発。東急トランセのミニバス(日野ポンチョ)に乗って青葉台を目指します。最前列を陣取り、国道246号の坂道を暫く走ってから狭い路地へと入り、鉢山町交番でドライバーさん交替。暫くすると旧山手通りに差し掛かり、再び狭い裏路地へ。青葉台2丁目のバス停かな?と思って降りたら西郷山の丘の上でして、坂を降りてこりゃ迷ってしまったのでは!と思いつつもしばらく歩くと目黒川に差し掛かり、坂を降りたところの角にスターバックスロースタリーがありました。桜が見頃の土曜午後だけあって行列が物凄く、お店の裏手(中目黒駅側)で整理券を発券すると最初は1100人台待ちで何時間待ちかな?と気にしつつもらくらくスマホ📱のカメラで空き状況の確認を頻りにしたり、目黒川の川沿いの桜を愛でながら時に山手通り側へブラリと。屋台の食べ物、飲み物と1,000円程と23区内価格で圧倒されましたが、ロースタリーの建物が隈 研吾設計だけあって身近に感じるのは高尾山口駅の駅舎と一脈通じる所が感じ取れ、以前、鉄道模型の雑誌で架空の鉄道車両をPhotoshopででっち上げるコーナーがあったのを思い出し、こちらも「もし、高尾山口駅に駅ビルがあったら………」と言うお題で先ずこの建物を応用するだろうと感じた次第で建物の角にはリザーブのマークが燦然と輝いています。外に掲げられた看板もデイライトでは消灯状態でしたが、待ち時間の間16時を過ぎると少しずつ灯って来る様子を感じさせ、この頃には3桁台になり、マスターが並んだのは17時を回ってからで例会が19時からなので大丈夫かな!と少々不安になりました。

 引いた整理券の番号に合わせて並ぶとゲートインは18時少し前で時間的にキツくなりますが、駆け足で1階から3階という風に見て1階はコーヒーを中心にしたフロアでクローバー(リザーブの取扱店に置いてあるドリップマシン)やリザーブ版のエスプレッソマシン、2階はティーラウンジ、3階は様々な洋酒×コーヒーを使ったバーコーナーでニューヨークのロースタリーにもあるもので下戸のマスターは🆖です。外もテラス席になっていて桜の見頃の今頃は混雑やむを得ませんが眺めもなかなか。1階に降りてオリジナルグッズやオリジナルローストのお豆、4階から伸びるパイプや焙煎するキャスクが目立ち、フロアに鎮座した大型のローストマシン、お豆のサイロと言わばコーヒーの一大ファクトリーかテーマパークと形容したくなり、工場というと部外者の構内撮影は厳禁と良く言われますが、これは面白そう!ともう少し明るい時間帯に改めて訪れる事にして一杯も飲めなかった事が悔やまれますね。

 山手通りの菅刈小学校前から東急バスの大井町駅行きのバスがあるのでこれでゲートシティ最寄りの大崎駅までは一本です。5〜6分ほど遅れて到着して来たのが三菱ふそうのエアロスターであれ、バスコレのモデルになったのと同じタイプかな?と言ったタイプにあたり、最初は戸袋の横向きに腰掛けましたが、この路線の性格らしく東急各線との連絡も良く(中目黒駅@東横線不動前駅@目黒線大崎広小路@池上線)、これを反映して入れ替えが激しい事も伺え、不動前で右手に移って腰掛けて渋谷からの車内も混雑が凄かったものの、大崎広小路を過ぎると車内も余裕が出てきて大崎駅で降りたお客さんはマスターくらいかな?と言った感じでドライバーさんがDJポリスよろしく多弁なドライバーさんで思わぬ形で楽しく過ごせました。

 貨車研の例会も充分間に合い、ゲートシティに着くと先ずはファミリーマートでジョージアのカフェオレを買うとTポイントカードも対応しているので思わぬ形で助かりまして、南部労政会館へ赴くといつもは早めに現れる親分のF氏はまだ参上しておらず、O氏や川崎のM氏、上尾のK氏、津久井のS君と参上。それから15分程経ってからようやくF氏到着。会報の手渡し、年会費の支払いを行うと例会をはじめ、例によって淡々と会報の内容の解説を進め、今月号は丁度2月の例会報告で当日模型関係でご協力頂いた菊名のS氏や茅ヶ崎のK氏も参上してお礼を述べまして、1時間少々で散会となり、いつもとは逆になりましたが、一度外に出てスターバックスへ。このところ各店オリジナルのメニューが出ているのでゲートシティ店はモカカプチーノにショット追加にココアパウダーのトッピングで。ロースタリーで時間が取られた事もあって何かつまみたいなと思い、チョコチャンククッキーも一緒にいただいてもかカプチーノにディップして楽しみました。

 大崎から新宿までは山手線の外回り(新年度初っ端ですがE231系です)に乗り、帰りの中央特快もなんとか間に合い、平日よりは乗りは少なかったものの、三鷹で座れて後は八王子で降りて何か止まっているかなと気になる所です。

 八王子駅で降りると87〜86列車のタキ1000の編成が見られなかったので今日は運休だな!と止まっていたら月曜日の朝まで見られる所が空振りでこの後の2085列車も危ないな!と思い、行き掛けに色々見ていたので今日はこの辺りはパスする事にして改札口を出てNEW DAYSで夜食のおにぎりやKIOSK限定の鉄コレも並んでいたのでレジ脇に置かれた1つをゲット。南大通りを歩いて本立寺、信松院の桜の木を楽しみながらの帰り道でこの時期だけあって富士森公園でお花見をした若者の一団も見られ、チンタラしていたのには参りましたが、帰宅すると早速鉄コレを開封すると仙石線の105系が出て来て最初は石巻口のローカル運用で活躍した電車で最初はトリコロール調のカラーリングでいつの間にかスカイブルーに塗り替えましたが、103系の車両更新車と入れ替わりに廃車となり、この後は乗務員の訓練用で新秋津の訓練センターに置かれてマスターも209系に置き換える前に見学した事が思い出され、雰囲気が何処か30〜40年前の京浜東北線の電車を思わせる印象です。

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

H31.03.27 都内行き&八王子駅

 年度末の週となり、卒業、進学、就職でバタバタしている皆さんも多いかと思われますが、こちらは相も変わらずと言ったところで懐具合を温めたい術がなかなか見出せず悶々としている日々を送っております。

 例年、鉄道友の会の年会費と言うと例会出席のついでに本部に赴くか郵便局から払い込むかと年によってまちまちですが、今年は『京王ライナー』のスタンプラリーで降車側は近場でも乗る新宿駅はどうしても都内へ出掛ける用事が出来ないと押せないので(最初は中目黒にオープンしたスターバックスのロースタリーの見学ついでと思いましたが、こちらは来月のある時期に出掛ける予定で)丁度1年振りに市ヶ谷にある鉄道友の会の本部へ出掛けて参りました。

 いつもなら西八王子の南口から八王子駅南口行きのバスで向かうマスターですが、今日はこのまま京王線に乗ろうと思い、10時少し過ぎに自宅を出て城山手からの西東京バスは日野ブルーリボンのハイブリッド車で今日は盲導犬同伴のお客さんが居たものの、なんとか西八王子から座れましたが、年度末のこの時期何処か混んでおりました。自宅から甲州街道に来た所で町田の小田急バスや病院の送迎バスが色やタイプが同じですが委託先が変わって驚きました。

 バスを第一生命のビルの南側に着けたのは大変楽でして、このまま京王八王子SCのスターバックス、京王八王子駅と行けるので良い具合に進めますね。スターバックスではアメリカーノを一杯。先週お邪魔した時に居られた新人さんもいたので今後とも何かと宜しくお願い致します。

 京王八王子から11時21分発の準特急(3020レ、7729×10[スタンプラリーヘッドマーク付き]で新宿まで乗ります。京王八王子で出発待ちの間に京王Wi-Fiの登録を行い、ここ暫くスタンプラリーとダイヤ改正後の運用調査と称して京王線に乗る事が多く、京王八王子との準特急で1組見ていなかったのでどんな形式が入っているかな?と見ている次第できたので接続がある各停(高尾山口発5130レ、7722×10[RWC2019ラッピング])はこの間見た時も7000系の10両編成でしたが、土休ダイヤでは時々見られるものの、平日ダイヤの日中では珍しい存在ですね。高幡不動では7000系同士擦れ違い、3番線の特急は←7703×6+7803×4の編成で何処か東武の電車に乗っていると10000系同士のすれ違い(新宿行き=10000系の10連固定、高尾山口行き=10000系の6連+10030・10050系の4連)みたいですね。府中で先行する各停の接続(実はこの電車が到着するまで新宿駅で確認しました)を行い、調布では区間急行(9738×10/69K運用)の接続を行い、ここから時々都営新宿線の電車の姿を見る事が出来、すっかりE231系やE233系ベースばかりになった事を感じさせ、マスターが京王線に乗ると特急や準特急あたりは8000系が主力と思っておりますが、今日は見た限り大半が7000系や9000系の運用が多く、どちらかと言うと各停で出会す確率が高く、明大前ではMt.Takaoの8713×10(準特急3019レ)くらいが目立つ運用で新宿駅の手前も渋谷区内でドアの前に立って降車ホームで降りる支度をします。

 新宿駅では先程もお話しした通り府中で退避した各停まで30分近く出入りする電車の様子をウオッチしました。本来なら夕方以降の『京王ライナー』が顔を出す時間帯が結構面白いのですが、いざパソコンのExcelと『東京時刻表』片手に引っ張り出すとどう折り返すかな?と首を傾げますが、『京王ライナー』の電車が2番線に入る前後の特急系は京王八王子行きも橋本行きも3番線に入って結構ややこしいな!と感じます(実地調査しておらずスミマセン)。マスターが乗った次の高尾山口行き特急(9749×10/0112〜0119レ[61K運用])が9000系の運用ながら地下鉄に入る運用と込みになっているので後で時刻表を見ると朝から夕方までは京王線方面の特急系運用、夕方から暫く相模原線の急行以上を担当してそのまま都営地下鉄の直通という事がわかります。また、京王八王子時点で次の準特急は同じ9000系(9733×10/3022〜3023レ)の運用でも京王線内専門でこの辺は8000系や7000系と共通運用なのでは?と感じ取れます。

 西口の改札口を出た所でスタンプを押して京王百貨店の西側の出入口から新宿駅の南口へ向かい、改札に入った左手の『そばいち』へ。1月の新年会の日にもお邪魔してこの前日はイーアス高尾でかき揚げ丼を食べたので満を持して今日の昼食はここのかき揚げそばでそばも上等。かき揚げは春菊、玉ねぎ、人参と野菜タップリで思った通りで美味しかったですね。コンコースにはオールE353系化を祝ったバナーも飾られて結構、事前は通過駅が増えて地元が猛反発しておりましたが、これからはどうなるか見物になりそうです。市ヶ谷へ行くには八王子から直で来ると四ツ谷で乗り換えが多いですが、今日はこのまま緩行線(各駅停車)で向かうことにしました。E231系でも生え抜きのタイプから山手線から転属した500番代が徐々に入っているので待つ間にどっちが来るかな?となかにはE231系のトップ編成も。山手線が踏切支障の影響で遅れていたのか結構混んでいましたが、お上りさんに加えて外国人も多く、ソバに来やがるアジア系の邪魔臭い兄ちゃんに一喝し、日本の公共交通機関のイロハを知らずに何しに来たんだよ!と少し前に銭湯の上層階にキャンパスを設置して外国人がドロンする変な大学が存在するくらいなのでオリンピックが終わる再来年度の後半は路頭に迷う事必至ですな。

 新宿から13時04分発の千葉行きで市ヶ谷まで乗ります。E231系の500番代に当たり、八王子支社の管内所属車で未だ乗車しておらず出会いは嬉しいもので本音を申し上げると東西線直通の800番代にも乗ればパーフェクトなのですが………。東京オリンピックを控えた今日この頃、総武線の電車で旧山手線と言うと103系のうぐいす色の第一陣が投入して玉突きで2〜3年働いたカナリヤ色の101系がドッと移って来た事や101系で廃車が出るようになった頃(丁度40年前ですね)には中間は新製で両側のクハ103をATC車に差し替えてオリジナルのタイプを総武線や中央線の快速電車に差し向けた印象が強く、中央線の方は201系の繋ぎで数年働きましたが、総武線は民営化後も活躍して中には埼京線経由で移って来た後輩と玉突きで仙石線や南武線へ再転出したグループも数多く存在しました。

 市ヶ谷で降りて靖国通りを九段下に向かって歩くと通りの桜並木が満開で歩いているとはとバスの2階建バスが何台も来たり、駅を出たところでスカニアのフルフラットバスを早速キャッチするも前が案内板に隠れて綺麗に収まらなかったのは惜しいところで今後は走行エリアで見掛けたらシャッターを切りたいもので元のスタイルだけあってヨーロッパ仕込みが滲み出ています。さて、本部のあるビルにお邪魔すると昼休みで閉まっていたので30分近く麹町へ向かう方にある文教堂で時間調整。暫く来ない間にレイアウトが変わって戸惑いましたが、照明が暗いのかピント合わせが今一つ。夜の駅での調査より目に来ますね。

 14時を回って再び鉄道友の会の本部へ参上。いつもなら大ベテランのO氏や先日、京王重機の見学会にも顔を出された旧資料調査部会のS氏あたりが入っていましたが、昨年から加入したK氏が入って雰囲気が悪役プロレスラーか来店客に威圧感を与えるラーメン屋の店主みたいに何処かオトロしい印象でしたが、何とか突付けました(失礼な表現ご無礼申し上げます)。こちらの支払いは本部と東京支部のメール会員で例年、名古屋支部の会費も一緒に払うのですが、来月早々にウチの例会がある事からこちらに回しまして、近いうちにI事務局長へ改めてハガキを送るつもりです。手続きを済ませると『とれいん』のバックナンバーを拝借して昨年、一昨年の甲種輸送の一覧表から貨車関係をピックアップしてコキ107を常に見るとどの辺りの新製かなと拾いつつBGMはマスター同様TBSラジオが入っているので自室に居るのと変わりません。

 30分ほどお邪魔して再び市ヶ谷駅へ向かい、今度は外堀を四ツ谷側の様子をデジカメに収め、八王子よりは桜が早いことを感じさせ、三鷹行きの緩行電車に乗って四ツ谷に着きますが、タイミング悪く中央特快が入って来て青梅特快を間に挟んで20分程待ちましたが、緩行電車の様子をチェックしました。元々のグループで6ドア車入りは結構見たものの、全車4ドアはとんと見られず、”6Doors”のマークが入った顔も来年の今頃は見られなく事は確かです。総武線の電車はE231系の500番代中心ですが下記の編成を確認しました。

・クハE231-1×10(八ミツB1編成):05C運用
・クハE231-511×10(八ミツA511編成):67B運用
・クハE231-516×10(八ミツA516編成):17B運用(新宿→市ヶ谷で乗車)
・クハE231-518×10(八ミツA518編成):09B運用
・クハE231-525×10(八ミツA525編成):23B運用
・クハE231-530×10(八ミツA530編成):99B運用
・クハE231-533×10(八ミツA533編成):55B運用

 また、オリンピック500日前のラッピングが入ったE233系も見る事が出来、マスターが乗った中央特快と三鷹で接続待ちをした快速電車に入っていました。
・クハE233-31×10(八トタT31編成):89T運用

 四ツ谷から14時59分発の中央特快で八王子まで乗り、着く頃には根岸行きの84列車が止まっている頃なので幸い、シートに腰掛ける事が出来て早速書き出します。丁度、『かいじ』13号の送り込みのE353系を見る事が出来て(以前、『スーパーあずさ』のE351系を収めた事ありました)、編成は八王子に居る頃には見られるかな?と予習をして新宿を過ぎるとiPod touchに入れた洋楽に耳を傾け、前にパソコン経由で購入したシングル曲もアカウントを直さねばと放置プレィ状態です。三鷹の車両センターはメトロ15000系の他はE231系ばかりの顔触れでオリジナルと500番代が半々かな?と言った印象で立川に着くと隣の5番線には東急2020系の甲種輸送を一仕事終えた様子のDE10 1749(更新機で恐らくこのナンバーかな?と間違えていたらごめんなさい)が東京方に佇んでいました。普段なら学校帰りに差し掛かるこの時間帯も意外と入れ替えが少なく年度末や春休みが重なる上に外国人も居るものだからこれを思うと8年前の今頃は嵐の様な静けさだった事を思い出します。豊田の車両センターは『東京アドベンチャーライン 』のヘッドマークを付けたE233系(青梅組の4両編成)と209系(クハ209-1002×10/八トタ82編成)が並べて休む所を見て浅川の鉄橋を渡るとこのまま八王子駅で降りる支度をします。

 八王子駅で降りると後続が211系の小淵沢行き(八王子始発541M、クハ211-2013×6/長ナノN610編成)で豊田の1番線で控えていたところを見ると長年、スカ色の115系→211系の3両組の担当でしたが、6両組をそのまま引き継いだグループに変わったのには驚きまして、このダイヤ改正から結構高尾から東の発着が減った事もあって運用が大きく変わった事を感じさせ、次号の『普通列車両数表』が気になる所で思わぬ勉強をしました。回送から臨時、普通、快速と進み、長野から南東へ向かう形で篠ノ井線や中央東線のめぼしい駅名(珍しいところでは篠ノ井や聖高原、明科、富士見とありました)を駅順通りに進んだところで小淵沢のポジションは良い具合に止まり、支社が長野から八王子の管内に変わったところでお見事です。続いて4番線のホーム伝いに84列車の様子をサラッと見て何処かで全検車や未撮影のナンバーはあるかな?と拾うとこれと言うナンバーはとんとありませんでした。

○84列車…16日のダイヤ改正で出発が1時間程早くなって私が着いた頃にはそろそろEH200の連結が始まると言った所でいつもの様に14両編成で準備した所、1両短い13両編成でした。
△根岸
EH200−22
タキ1000-609 JOT[E]/根岸 全検30-4-18川崎車、自重16.5t
タキ1000-870 JOT/根岸 全検30-7-2川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-150 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-326 JOT/塩浜 無
タキ1000-232 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-274 JOT/四日市* 無
タキ1000-788 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-280 JOT/浜五井* 無
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸*
根岸*、四日市*、浜五井*=旧郡山常備車

E353系は次の編成を見る事が出来、コンビニの店名を思わせるような組み合わせにも遭遇しました(実はマスター、ここはある事情でキライなのですが………)
・←クモハE353-7×3+クハE353-11×9(長モトS207+S111編成):あずさ20号
・クハE353-15×9(長モトS115編成):かいじ13号

 市ヶ谷の改札に入った時は武蔵小金井辺りまでセーフですが、八王子までとなるとSuicaの残高不足は確実だったので降り際に精算機でチャージして無事放免。このままセレオのスターバックスで一休みして丁度抹茶フラペチーノが飲みたかったので(売り出しが丁度今頃でした)前に抹茶ティーラテのパウダー増量が結構良いという風に話を伺ったので今回初めてチャレンジし、お店の中の黒板でもオススメのトッピングでゼリーも良いですが、和風ともなるとコーヒーゼリーよりはわらび餅がベストなのでは?とパウダー増量だけで頂き、丁度マルベリーブリッジ側のテーブル席が空いたので早速陣取りました。3月というと前半はホットを嗜みますが、後半に差し掛かると少しずつアイスへシフトするものの、都内みたいにポカポカ陽気で八王子辺りはまだ寒さが残る気候と風が強い故に切り替えが半月ほど違います。

 自由通路から自宅へ電話を入れると来月からは中央線の開業130周年を迎えて各駅での記念行事やE233系のラッピング電車と企画が目白押し。同じ年と言っても川越えの関係で八王子は8月に入ってからなので7月頃には詳しく発表されると思われます。南口から南大通りを一直線。チャリ🚲やワンコ🐶連れが結構邪魔になりますが、丁度京王バスカラーの中型車が走って来る様子を見るも23区内でも見られるカラーなので我が身を重ねつつ自宅には17時を回る頃に到着しました。

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

H31.02.18 八王子駅

 いつも鉄道友の会の見学会や行事と言うとJR運賃換算で片道500円以上の場所がザラですが、今回は久し振りにかなり近い所となりまして、北野にあるK重機さんの見学会となり、八王子の中が現場になったのはマスターが入会して四半世紀経ちますが初めてのことで近年は情勢や鉄道会社側の都合で車両基地は入構が難しくなって来てこの様な所へ行かざるを得ない事が多くなり、ここ1〜2年で鶴見のK製作所(保安機器などで有名な所です)、久喜のN信号、高崎のY製作所(ジャンパー栓のメーカーです)など鉄道で言う所の縁の下の力持ちを支える所へお邪魔する事が多くなりました。そう言うことで午前中はいつものネタ拾いを行いながら午後はこの見学会という事になりました。

 行きはいつも乗るくらいの富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスですが、自宅を少し早めに出たのは信用金庫の通帳が一杯になるのでどうしても出先の支店のATMだと手間が掛かる事もあるのか口座を持っている支店なら無難だな!と思って立ち寄り、この間の例会で入ったお代や一年間の成果(微々たる額ですが………)を入れて。この辺を原資に来年度の『貨物時刻表』やiPod touchの代替えに当てようと思っております。久しぶりに早めの到着で西八王子発は定刻通り、快調に進み16号を過ぎるとほぼノンストップで着きました。

 バスから降りると南大沢行きの新車を見てから線路側へ行くと未だ83列車が到着していなかったので先にセレオのスターバックスでアメリカーノを頂きながらiPod touch用の充電器の単3電池を半分詰め替えます。今日はこれから京王線に乗るものの、運悪くk-8が全館休館日で当然スターバックスもお休みとなりますが、こちらは幸い、明日も市内へ行く用事があるのでこの時にでも新メニューの話題と思っております。

 順序が入れ替わりましたが、OPAから再び南口の線路側に出て83列車のコンテナ車をチェック。今日は今年に入ってから初めてと言った感じの全車満載で流石にコキ100系以降の車ばかりになったせいでしょうか背が高い20系コンテナもちらほら見られ、タキ1000は13両の連結で先頭は元オイルターミナルでもう何度も見ています。

○83列車…コンテナ車の部分は久し振りに満載となり、背が若干高いタイプも見られました。コキ107の中には今年に入ってからの全検車が入っていたものの、JRFロゴが残ったままで再塗装は足回りだけです。タキ1000は増量モードの13両、全検車は幸い、前にチェックしたナンバーばかりです。また、中央線の遅れの影響から着発とも4〜5分程の遅れとなりました。
△竜王
EH200-17
コキ106- 847 ↑ 全検27-11-11小倉車[コロ延] 2個目に20G-352[一色塗り]積載
コキ107-1908 新製29-11-24川重 1〜4個目はJOT UR19A-15814UR19A-12043*UR20A-10088UR19A-10217*積載
コキ106- 37 全検29-10-10川崎車 4個目に19D-43640、5個目に19G-21589[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 570 ↓ 全検31-1-8川崎車 1個目に19D-44993、3個目に19D-49390[いずれも一色塗り]積載
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 (A重)
タキ1000- 62 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸* 全検30-12-6川崎車、自重16.6t
タキ1000-503 JOT/根岸
タキ1000-251 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 18 JOT[E]/根岸* 全検30-12-25川崎車、自重16.7t
タキ1000-779 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-486 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-765 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-679 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-486 JOT[E]/根岸
コキ106・107のグレー文字=側ロゴなし、UR19Aの*印=幅広マーク入り、郡山*=旧郡山常備車

 例によってこの時間帯の中央線快速電車が遅れていたのでセレオの方へ寄れたのでは?と思いつつホーム伝いに確認してから隙間から8460列車のナンバーをチラッと言う形で見てから横浜線の5・6番線へ。例によって片倉へUターンの形ながら今日は珍しく朝方の人身事故があり、普段先行する電車が10分遅れとあとで八王子駅に着くと駅員さんのアナウンスもあたふたしていた様子が感じ取れます。

○8460列車…根岸行きはタキ1000、浜五井行きはタキ43000に揃えられた顔触れで13両の連結です。根岸のタキ1000ではなかなか捕まらなかった623番をキャッチ。タキ43000では昨年全検出場したオイルターミナルの43549番や応援のJOT車で43174番(OT札幌タ→JOT本輪西常備と移った1両です)、43377番と久し振りに見掛けたナンバーを発見。
△川崎貨物
EF210-116
タキ1000-235 JOT[E]/根岸* ↑根岸行き 無
タキ1000-869 JOT/根岸 全検30-6-4川崎車、自重17.2t 無
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検30-9-27川崎車、自重16.7t
タキ1000-538 JOT[E]/仙台北港 BK
タキ1000-770 JOT[E]/根岸
タキ1000-288 JOT[E]/根岸*
タキ1000-623 JOT/根岸  ↓ 全検30-11-5川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ43606  OT/宇都宮タ  ↑浜五井行き 無
タキ43174 JOT/浜五井# 全検25-5-31川崎車(32-2-11切)、自重15.6t 石油類)黒地▼
タキ43549 OT/宇都宮タ 全検29-2-8川崎車、自重16.0t 無
タキ43377 JOT/浜五井* 全検23-5-30川崎車(28-8-13切)、自重15.6t 常)浮島町
タキ43026   OT/郡山※
タキ243667 JOT/浜五井# ↓ 石油類)黒地▼
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、※=OT所有車の旧西上田常備車、▼=表示板の逆向き

 一通り片付くとマルベリーブリッジからこのままヨドバシカメラへ行き、インクカートリッジをリサイクルに出し、今度は京王八王子駅の方へ向かい、仁和会病院の交差点までに何件かラーメン屋さんがあるのでここでも良いかなと思いつつもマスターの胃袋がどうもオーバーしそうで京王八王子のSCも今日は休館日で結局入ったのが第一生命のビルにある『バーゼル』でハッシュドビーフとサラダで昼食。前にうちの親が後輩のママさん相手に来て頂いていたので少し遅くなりましたが漸く頂く事が出来まして、ハヤシライスやハッシュドビーフというとデミグラスベースが好きですが、こちらはトマトベースのソースなのでどちらかというとパスタに合うかな?と言った具合です。

 京王八王子駅でPASMOの残高プリントをしてから1・2番線へ。出入りする電車の様子をチェックし、12時29分発の各停(5030レ、8726×8)で北野まで乗ります。余裕×2と思いつつもこの頃は時間帯問わずプラプラしている様な若い奴が多いのが目に余ります。マスターは昼間空いている方が好きなのですが………。

 北野の駅では30分近く出入りする電車をウオッチし、幸い撮り鐡が人っ子一人居らず(いても見学会に来る鉄道友の会の会員さんくらいですが………)楽しむ事が出来、マスターも京王線に乗る事があってもヘッドマーク付きの電車を2本見たのは初めてで下記の通りです。

・8702×10t=八王子BEE Trains(プロバスケットチーム):3017レ〜3024レ

・8712×10c=2月22日ダイヤ改正:3019レ〜3026レ
*8000系のt=固定編成、c=新製時の4+6両編成(入れ替えましたが)

 京王線の特急、準特急系というと8000系を中心に7000系の10両固定に混じってこの頃は5000系が入った影響なのか9000系の都営直通組も見られます。

・9732×10:0121レ〜0126レ

・9735×10:0119レ〜0124レ

 日中、高幡不動〜高尾山口の区間運転を担当する7000系の6両編成も固定のほか、10両固定化の際に元の8両編成の一部を捻出した4両編成と10連化の際に新製した2両編成と組まれたパターンも見られました(左手が京王八王子、高尾山口方)

・7702×6:6119〜6118〜6123〜6122〜6127〜6126〜6131〜6130レ

・←7807×4+7424×2:6121〜6120〜6125〜6124〜6129〜6128〜6135〜6132レ

 丁度30分見た所で改札口を出て京王八王子駅のラッチ内でゲットしたスタンプラリーのスタンプ帳に早速北野駅の5000系のスタンプを押し(京王八王子は明日押す予定です)、しばらく経つと本部事務局のS氏参上。お住まいが調布なので今日の見学会では近い方のお一人であれこれ話しつつ、続いてK副支部長、N支部長、埼玉サークルのK支部委員、T前支部長など参上。暫く線路沿いを歩いてからニッスイの正門の東側からそのまま沿ってK重機整備へ向かいます。2階の食堂でヘルメットを受け取り、構内を見学。我々はどちらかというと上物に目が行きがちですが、身体に例えると上(空調)、下(足回り、輪軸)のウエイトが高く、お医者さんで言うと専門医を受診するのと似ています。1時間半程と時間は短かったものの、縁の下の力持ちを支える様子が感じ取れました。何があったかと列挙すると怒られますが、北海道から来た路面電車の姿も。

 帰りは連れ立って八王子車庫から八王子駅(北口)行きのバスに乗られると思いましたが、皆さん北野駅へ向かわれる様でマスターは地の利から京王バスの始発便があるのと行き慣れた場所なので案内出来たのですがと悔やむも何が来るかな?と思ったら丁度、100周年復刻カラーのC31308号ですかさず最前列を陣取ります。近くに都営住宅があって棟の1〜2階あたりに障害者施設があるのかこの帰りと言った皆さんも見られました。マスターにとっては久し振りに復刻カラーに当たって嬉しくなりましたね。

 バスの乗り換えで最初、南口から西八駅経由でも良いかな?と思いましたが、間が空いていたので降りると真っ先にセレオのスターバックスに2回目の来店となり、先週からのさくら柄の手提げ袋が入っていたので暫くドリップを買わないのでVIAのホワイトモカを駆け足で頂くと今度は城山手行きのバスを待つとさすがに北口からは座れなかったものの、日野ブルーリボンの新型で通路が広いので立つのも苦にならず、西八王子の駅入口から降りるとあとは自宅へ一直線。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

H31.02.10 八王子駅&貨車研例会

 三連休の中日となりまして、今日は今年初めての貨車研究会の例会が大崎で行われるので出掛けて参りました。また、昨日は関東一円で降雪の予報が伝えられるも拙宅辺りは午前中降らなかったものの、昼過ぎから夕方に掛けて小雪が舞っているのに気づき、出掛ける時に外へ出ると植え込みや地面、屋根と所々積もって今日は晴天の一日となりました。

 行きは南大通り経由の八王子駅南口行き(京王バス南・寺田支所担当分)のバスに乗り、ちらほらとお父さん方が集まって時刻表より2分遅れで参上するのはいつも通りで平日は日野ブルーリボンIIのH19式に当たる事が多いですが、昨秋からこの辺と言うとみなみ野駅からの路線を電鉄バスの八王子車庫から持ち替えた関係で一つ目の後輩が参上し、豆しば→センチュリー21(更に元の八王子車庫の同年式はヨドバシカメラやピンポン・パンポンバス)の同期車だな!とすぐ分かります。

 南口でバスから降りると先ず目に飛び込んだのがメトロ東西線の07系(07-104×10)が止まっている様子が見られ、東西線と言うと05系ですが、一の位から元は有楽町線で運用された電車で顔付きに丸みが帯びているのですぐ分かり、本来なら有楽町線や副都心線で活躍する電車でしたが、ホームドアの位置に合致せず10000系に役目を譲って東西線へ流れて来たのは有名な話で後で4番線から見るとスカートレスの貴重な姿を収める事が出来ました(当日、私鉄部会のM氏も来られていた事をメールで知りました)。先ずはセレオのスターバックスで腹ごしらえして今日は夢駅伝で結構盛ってブラックエプロンを締めたお兄ちゃんのパートナーさんからも出てなるほどと思い、ショートアメリカーノとサラダラップのチキンシーザーサラダを頂きます。

 Suicaをチャージしてから3・4番線へ。まだ83列車の到着前だったので07系も良い具合に収める事が出来、このまま83列車の到着を待つといつもならグレーに塗られたコンテナ車が前に連なりますが、今日はお正月休みかGW、お盆時ではありませんが、コンテナ車の連結が無く、全車タキ1000の編成です。

○83列車…いつもならコンテナ車(コキ106・107両形式)が前についていますが、今日は珍しくオールタキ1000の編成で参上。前に84列車で見たことのあるタキ1000の83番を改めてデジカメに収めて編成をiPod touchのメモアプリに書き出すも冷え込みが厳しいのか結構飛びまして(幸い、列車分のページでは無く今日付の本編に書いてありました)、後3両はノートに書き出しました。
△竜王
EH200-15
タキ1000-582 JOT[E]/根岸
タキ1000-817 JOT/浜五井 石油類)黒地
タキ1000-595 JOT[E]/根岸
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸*
タキ1000-508 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸* 全検30-12-19川崎車、自重16.9t
タキ1000-150 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-540 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-852 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-366 JOT/根岸* 無
タキ1000-148 JOT[E]/根岸*
タキ1000-878 JOT/根岸 全検30-9-18川崎車、自重17.0t
根岸*=旧郡山常備車

 83列車の前後には『スーパーあずさ』11号が到着して9両編成と3両編成が別のペアだったので待機していた車掌さんを気遣いながらデジカメに収めて1・2番線へ。いつも見られる8460列車も冬場のこの時期は動くのでは?と思いつつも運休となり、昨日の87列車で着いたタキ1000の編成が止まっていたので86列車で言うと明日の発分かな?と思い、見ようと思ったら83列車のナンバーを控えるも寒さで飛んでしまって往復する始末で行きの中央特快までには結局、後ろ1/4位しか見られませんでした。

○86列車(11日発)…普段よりやや短い11両編成で未確認だった63番をキャッチしました。行くときに後方数両見て帰路に改めて前方から見直しました。
△根岸
EH200-*
タキ1000-818 JOT/浜五井
タキ1000- 22 JOT[E]/根岸* 全検30-11-28川崎車、自重16.7t
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 全検30-4-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-237 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-758 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-270 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-869 JOT/根岸 全検30-6-4川崎車、自重17.2t 無
タキ1000-235 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸* 全検30-11-22川崎車、自重16.9t
タキ1000- 72 JOT[E]/根岸*
HD300-7
根岸*=旧郡山常備車

 八王子から10時46分発の中央特快で三鷹まで乗り、普段は車内でiPod touchにあれこれ書き込みますが、こう寒いと電池の持ちが今一つとなりまして、データが飛んでしまうのか時折リングノートを出して書き出す始末。途中、国立の2番線では209系(1000番代)の試運転、国分寺で退避する下り電車は今年も行われる名探偵コナンのラッピング電車が参上。三鷹で快速に乗り換えて吉祥寺へ向かいます。

 吉祥寺から11時20分発の急行(076レ、1781×5)で渋谷まで乗ります。普段は明大前や下北沢とクロスする駅の入れ替わりが目立ちますが、3連休だけあって通しのお客さんが多く何処か混んでおります。例によって窓越しからアレコレと見て富士見ヶ丘の1000系各色、永福町のバスの車庫は高速バスに京王バスカラーの路線バスが休む姿も見られ、貸切色の復刻カラーや南大沢から移った教習用は線路に並んで休む姿も。4番線に止まっている各停とこちらは同じカラーのお面をした1753×5の編成です。また、この手前ではレインボーカラーの1779×5の編成とすれ違い。

 渋谷から山手線に乗り換え大崎へ向かいます。E235系よりE231系に遭遇する事が多く、五反田を過ぎてドアの上の案内表示で高輪ゲートウェイが入る前の姿をデジカメに収めるも開業する頃は黄色い帯に変わっている事と思われます。

 大崎で降りると乗った位置が渋谷寄りだったので入って来た外回りのE235系をデジカメに収めてから東側の改札へ向かって進みゲートシティへ。今日でオープン20周年を迎える飾り付けが賑やかで南部労政会館は元々、大井町の品川区役所近く(JRの東京総合車両センターの奥にあります)にあったものが移転したもので鉄道友の会の例会でも元々、JR電車部会が行われていた所でうちも15年前に八丁堀の会場で使っていた所が閉鎖されて移動した訳でしてマスターも良く会場の予約手続きに出掛ける様になりました。ゲートインすると先ずは昼食で『そじ坊』の鴨南蛮そばで。少し中を歩くと羽村の福島屋さんが入っていたスペースにローソン成城石井が入って成城石井はキッチン付きのお店だけあって出来立てのお惣菜が買えるコーナーがあります。八王子はスペースの関係でありませんが、トリエ調布のお店に近いタイプと言うスタイルで。それからスターバックスに立ち寄り、カスタマニアココのコーヒーテイストで20周年を祝います。黒板にはイベントの案内で今日はバリスタ体験会との事で時間的には合いませんが、VIAのパイクプレイスローストをお土産に頂く事が出来ました。マスターは地元のお店がオープンしてからの付き合いなのでこれより2年後ですから長いですね。

 今度は南部労政会館へ赴くとまだ解錠前で受付の係員さんに尋ねると15分前に開けるとの事でいつもの様に兄貴分である菊名のS氏が待機して暫し待つ事にして早く開けているとレールのセッティングも出来ますが、準備に時間を割かねばならないので30分近く押して漸く例会スタート。40分程会報の解説を行ってから模型の運転を行い、今回はいつもテーブルレイアウトをお持ちくださる大口のS氏が来られなかったので少々寂しかったものの、Nゲージ、HOゲージと色々持ち寄られてNゲージはク5000の編成で5代目のクラウンが見事に積まれて昭和50〜53年頃の『アロー』号と言った雰囲気が出ています。あとはシキ1000に茅ヶ崎のK氏ご持参のコキ50000(250000番代)くらいとこちらも何か持って来れば良かったかな?と言った感じでした。HOゲージではいつもの様に武蔵小杉のK氏の一連の車両群でこちらもク5000が入っています。親分のF氏はDD13で清水港線を走っていたナンバーを付けたものもお馴染みになり、貨車も毎回違って今日はタキ1000のツートン+ENEOSマーク入り、オイルターミナルと参戦。H氏はホキ800で昨年一杯で初狩駅の常備車が休止となり、今月号の『鉄道ファン』辺り出るかな?と言った様子で話題に上るも茶色いEF64の37号機に牽かせたら合いますね。いつも楽しみにしているのがこてはし鉄道さんで地方私鉄の電気機関車(東芝製の凸型電機や岳南鉄道のED301)にお手製の私有貨車(テキ1、ホキ6000、タキ1600)と楽しませ、昨年は2月にインフルエンザ、8月はこて鉄さんがJAMの準備とバッティング出来ませんでしたが、意外と久し振りでメールではお休みされるとお話しされていたもののお目に掛かれて嬉しいものです。16時少し前に散会しました。

 帰りは16時丁度の外回り(クハE235-31×11/東トウ31編成[01G運用])とナンバーを見た途端新しい編成だな!と一目瞭然で今年新製したばかりのナンバーです。新製年も改元を意識したのか西暦標記となり、外も何かの折に見なくては思っておりますが素性が明かされるのは来月の下旬まで待たなくては。

 新宿で中央特快に乗り換えると丁度、新年会の日と同じ16時21分発に当たり、この分だと三鷹辺りで座れると思ったら幸い中野で座る事が出来、もう少し新宿着が早かったら見られたであろうコナンのラッピング電車(クハE233-4×10/八トタT4編成[53T運用])をキャッチ。今年は先頭車の怪盗キッドの絵が目立つな!と感じました。

 八王子駅に戻ると07系は午前中と変わらぬ場所に鎮座ましましてこの時間と言うと84列車の根岸行きが見られますが、今日は来ても機関車(EH200-22)だけで空振りと相成りまして東側の乗換跨線橋から1・2番線へ行き、86列車の編成(午前中見ていたので前述です)をチェックします。さすがに07系やダイヤ改正前の日曜日らしく学校へ行く年齢層の鐡も多く、2番線にはイヤホンしながら撮影している大馬鹿者も。どいつもこいつもSNSは書けてもしっかりした文書が書けないタイプばかりで学校もマトモな所ではなく良くて都立の単位制辺りが関の山で物事教える気にはなれませんな。再び3・4番線に戻ってE233系のコナンラッピングや211系の小淵沢行きと見て改札を出てビックカメラでさすがに電池の持ちが悪かったのか2階で単3電池を仕入れて南口から南大通りを歩いてのご帰還となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月28日 (月)

H31.01.26 東京支部新年会&八王子駅(その2)

 余裕持って荒川車庫前に到着したのが12時20分頃で降りると早速事務所前のパンフレット立てから頂戴して集合場所の『都電おもいで広場』へ、車庫に面してPCCカー5501号(運転台に”とあらん”のぬいぐるみが乗車していたのはご愛嬌)、線路に面して『学園号』7504号と懐かしい電車が保存して車内には早々参上のご仁も。暫く経ってから大田サークルの元支部委員I氏や先述の鶴瀬のM君、マスターと学校が先輩にあたるH師、越谷のS氏、残念な事にI天皇も参上と言う事が分かりました。棒々鶏―――――!東京支部の役どころではY副支部長、K副支部長、埼玉サークルの支部委員K氏と旧機関車部会のS支部委員とお馴染みの所に運転部会の支部委員H氏と来ていました。マスターと同じエリア在住のU監事も顔を合わせ、例年年賀状を出した中で後になって亡くなられたお知らせが届いて、JR電車部会の運営に携わっていた大宮のT氏が11月末に亡くなられた報を頂いてお話しして昨年は納涼会お休みして部会報を読んでいなかったのでどうされているかな?と意識しておりませんでしたが親分のF氏とも親しかった事もあり、この場をお借りしてご冥福をお祈り致します。合間合間に出入りする都電の電車に目をやりつつこちらも顔馴染みの会員さんとの話に余念がありません。

 13時20分頃に荒川車庫の構内から都電9001号に乗車し、一度荒川車庫行きの乗り場へ誘導してから早稲田方面へ。王子駅前から先程通って来た飛鳥山の明治通りの坂道を通り抜け、大塚駅前、右手に都営バスの折り返し所があった東池袋四丁目は再開発の最中。右手に再び明治通りが寄り添う様に走ると神田川の高戸橋に到達し、この辺りと言うと会員仲間のよしちゃんが良くデジカメやスマホ片手に撮影しているポイントで右折して新目白通りの間を走るとホンの二駅で早稲田に到着。降車ホームの方に何と!このよしちゃんの姿が見えて一本出してから乗車ホームに暫く止まってから再び三ノ輪橋へと目指します。今日は土曜日だけあって半ドンの高校生が多い為でしょうか少し本数が多くマスターも車内でM君やら越谷のS氏、H師など座ってお喋りしつつも時折、外の様子を見てナンバーを見るとS氏が突っ込む始末。9000形はやや前後して作られた8800形と基本的には共通ですが、雰囲気がレトロ調で床はフローリング、シートも二条の切れ込みが入った(京王7000系の新製当初のものを思い出します)緑色のモケットで照明も白熱灯をイメージしたのか照度をそれに合わせた感じのものが付けられています。早稲田で折り返すと三ノ輪橋まで全線走破の形となり、途中で面影橋、向原、大塚駅前、新庚申塚、飛鳥山、王子駅前、梶原と時間調整を行いながら荒川車庫前で運転士さん交替。町屋駅前で少し止まってほぼ1時間で三ノ輪橋に到着となりました。

 三ノ輪橋で降りた所で今日の新年会は解散となり、手提げ袋一杯のお土産を頂戴して(京王5000系のクリアホルダーや小田急GSEの公式ガイドブックと)都電関係のパンフレットもダブりましたが、多い多い。幸い、よしちゃんも後続を走って来た7700形で追いかけて来て薔薇をバックにデジカメに収め、案内所兼グッズショップの『都電おもいで館』も覗き、とあらんやみんくるグッズも数多く都営交通限定のBトレも12-000形や6300形はあったものの、マスターの地元でも顔を出す事が多い10-300形は×。

 三ノ輪橋から15時15分発の早稲田行きは8808の担当で早稲田寄りに向いた最前列を陣取り、本来なら鶴瀬のM君やよしちゃんともう少し楽しみたかったものの、昨年の新年会の直後にインフルエンザに罹った我が身だけあってここで無念の切り上げとなりますが、最前列に腰掛けるとベルの音や擦れ違う都電の電車の姿も見る事が出来、荒川区役所前で9002号に擦れ違う様子も見る事が出来、部活帰りと言った中学生の大勢乗って来て車内も賑わいましたが、マスターは熊野前で降りましたが、旧・大田サークルのI氏など皆さんロングシートのところへ腰掛けていたと思ったら町屋(駅前)で降りた様子でこちらは『都営まるごときっぷ』の威力を発揮したいという意味もありました。

 熊野前での乗り換えと言うと都電から2世紀後に都営交通の中で誕生した新交通システムの『日暮里舎人ライナー』で隅田川からの川風が強く尾久橋通りの交差点を歩く頃にはラッピング都電をデジカメに収めるのも風に煽られて一苦労。横断歩道を渡って高架上の舎人ライナーのホームはガラスで仕切られて快適なり。

 幸い、日暮里行きの舎人ライナーがやって来て311-1×5の編成で最後尾の見沼代親水公園(舎人)側の先頭に乗りまして先ずはドア間のロングシートに腰掛け、反対側はクロスシートになっていて頭が舎人側に向いているのか乗ってどこか気の毒な印象ですが、電車自体はご存知の方が多いかと思われますが、新橋から臨海副都心を結ぶ『ゆりかもめ』の電車と似通ったスタイルは余りにも有名で最新型である330形もゆりかもめの7500系と共通している面もあり、乗っていた時もゆりかもめの窓越しからレインボーブリッジが望めるのと同様、日暮里舎人ライナーの窓越しからは東京スカイツリーが望めまず。乗り換えが多い西日暮里は下車が多く、非常口側の一人掛けに暫く腰掛け、見沼代親水公園行きも収める事が出来、お上りさん気分で最後は新しい所を狙いました(欲があればベイエリアの燃料電池バスか大塚〜錦糸町のスカニア車のフルフラットバスという所ですね)。

 日暮里で山手線に乗り換えるとE231系の担当でこちらも今年、来年といった形で昭和40年代のある時期の黄色い101系か民営化初期の103系の様な存在になりつつありますが、見られると嬉しいもので結構、山手線の駅に出掛けると編成調査は日課かもしれませんね。毎月『鉄道ファン』あたりでJR東日本の車両動向が載るのでE235系の編成が1〜2本入るとE231系(500番代)がその分三鷹に転属し、外されたサハE231の4600番代はサハE235の方へ繰入れる(概ね翌月の新製分です)事も毎月行っています。

 新宿からは16時21分発の中央特快に間に合い、結構土曜の午後だけあって部活帰りの高校生よりはお買い物やお出掛け帰りが多かった様で立川辺りでもなかなか空きませんでしたが、新宿で腰掛けると頂いたお土産のパンフレットを読みながら過ごし、iPod touchのバッテリーの持ちが今一つだったので八王子に着くまでは持たせなくてはと思い、着く頃には根岸行きの84列車が止まっている頃と重なり、また今日は西武多摩川線の電車の入れ替えも見られます。

 八王子駅で降りると真っ先に目が行ったのが84列車のタキ1000ではなく、これから多摩川線へ持って行く西武101系で南群線には(←武蔵境)◁1253+253+254+1254▷+HD300-7という組み合わせでこの頃は白ベースをやめて旧塗色や西武系列である伊豆箱根鉄道や近江鉄道で使われているカラーリングに塗られていますが、今日は懐かしいラズベリー+ベージュの赤電色で新101系というと若い頃にN現支部長が著されたカラーブックスが出版された頃の新車でして、前面窓のスタイルがモデルチェンジした形なのでこのカラーリングは前の部分は△ですが、あとは懐かしさ満点と言った様子ですね。また、84列車の左手には新秋津から牽引したEF65 2086[JRF色]が待機しておりました。

○84列車…日没前後のチェックとなり駆け足になりましたが、いつも通り14両の連結で先頭の83番は昨年中に全検出場したものの、1番前の82番(新製が一つ前の同年同月製です)はまだこれからです。
△根岸
EH200-23
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸* 全検30-12-19川崎車、自重16.9t
タキ1000-820 JOT/浜五井 無
タキ1000-608 JOT/根岸 無
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-151 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-585 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-355 JOT/根岸* 無
タキ1000-301 JOT/根岸* 無
タキ1000-765 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 3 JOT[E]/根岸*
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 82 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 84列車の前方を見た事もあって5・6番線へ赴きましたが、片付くと西武101系が少しポールが目障りながらデジカメに収める事が出来て改札に出ようと思った所で八王子始発の普通電車が入って来たので3・4番線に立ち寄ってから改札を出ました。前後に見たE257系と211系の様子は下記の通りです。

・←クハE257-115×9+1×2(長モトM115+M201編成):あずさ13号(おまけ)
・←クハE257-116×9+3×2(長モトM116+M203編成):かいじ115号
・←クモハ211-1005×3+1002×3(長ナノM321+M318編成):549M(前運用は526M?)

 日が沈み掛けの頃で何とか片付いて改札を出てセレオのスターバックスでカスタマニアココアのチョコレート味を頂き、少し待ちましたが階段の真上のサイレン側のテーブル席が空くと腰掛けながら84列車のナンバーを書き出しながら過ごします。寒いとバッテリーの持ちが今一つであと少しのご辛抱です。

 連絡通路の上から自宅へ電話を入れてから南口に出て富士森公園&西八王子南口経由の法政大行きのバスを待つとこの少し前は聖蹟桜ヶ丘や小金井あたりに居そうな電鉄バスカラーの中型ロング車が顔を出して2本待って三菱ふそうエアロスターがお目当てのバスで最初は西八王子の南口まで乗ってコンビニで夜食を買ってご帰還と考えていましたが、富士森公園の野球場を過ぎると降車の様子を伺うと幸い、拙宅の丘の上は下車客無くすかさずボタンを押し、拓真高校の曲がり角の横断歩道を渡るだけでもう本当の帰り道で18時を回る前のご帰還となり、今日一日久し振りに色々と楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月27日 (日)

H31.01.26 東京支部新年会&八王子駅(その1)

 今週の外出で重要なものとして今日は東京支部の新年会が行われて都電の貸切乗車と称して出掛け、普段はこの辺の前後はPASMO+αを使うところですが、たまには毛色を変えて都営地下鉄などと絡めて色々乗れる『都営まるごときっぷ』を買おうと思った次第で楽しもうと思い立った次第です。さて、1月中は例年スターバックスの八王子市内のお店をお年始参りしますが、最初は京王相模原線沿いの由木地区のお店へ行こうと思ったものの、今日に備えてか高尾街道沿いの元八王子のお店へ行き、例によって帰り道はイーアス高尾で昼食を兼ねて立ち寄ってご帰還となりました。なにせ、昨年の新年会の後はインフルエンザに罹った身からすると万全では?と思います。

 9時半少し前に出掛け、昨秋までマイカーを置いていたスペースにハイエースが止まっていたので2階の店子さんで幼稚園の先生をされている方が寿転居となりまして、荷物の運び出しで来たのかな?と言った感じで6〜7年程ですがご実家がある新潟のお菓子を年初にいつも頂いていたので色々こちらからもお世話になり、今後のご多幸お祈り致します。

 南大通りのバス停に出て八王子駅南口行きのバスに乗り、例によってみなみ野〜グリーンヒル寺田の移管の時に八王子から寺田へ移動したバスに当たってヨドバシカメラやピンポン・パンポンバスのご兄弟に当たり、新年会で鶴瀬のM君と顔を合わせた際にも井の頭線の下北沢の切り替えで出て来た様子を見せて頂きました。因みにマスターが乗ったバス停はウィークデーだとシルバーパス片手のシニアの方が多いですが、今日はうちの親と年恰好が重なるアラ古希のお父さん、お母さんが多く、大方顔馴染みの方ばかりです。

 バスから降りるとまずサザンスカイタワーに立ち寄るもお金は昨日のうちに準備して2階のスターバックスで明日の午後にコーヒーセミナーがあるので事前に告げる形で立ち寄って。新年会は都電を乗るだけでトイレが無い所なのでパスしてこのまま改札にゲートイン。丁度8460列車が控えてこの所ウィークデーに来ても年末と違って10〜13両くらいの日が多かったものの、今日は長い16両編成で止まって南群線でHD300が休んでいたので今日は8097〜8092列車は運休だな!と感じ取れます。

○8460列車…久し振りに長い編成となり根岸行き、浜五井行きと半々の長い編成です。タキ43000では43354番が昨年の全検出場のデータをキャッチ。最初、現車確認から昨年で切れたのでは?と予想したものの、まだ暫くは続投のようです。
△川崎貨物
EF210-116
タキ1000-787 JOT/根岸   ↑根岸行き 無
タキ1000-168 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-279 JOT/浜五井* 無
タキ1000-613 JOT/根岸 全検30-6-15川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸
タキ1000- 85 JOT[E]/根岸* 全検30-8-24川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-569 JOT[E]/根岸
タキ1000-772 JOT[E]/根岸 ↓
タキ243728  JOT/浜五井* ↑浜五井行き 石油類)黒地
タキ43354   OT/南松本 全検30-9-13川崎車、自重15.9t 石油類)黒地
タキ43166   OT/宇都宮タ※ 無
タキ43161   OT/南松本 無
タキ1000-454 OT/倉賀野 無
タキ1000-887 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-647 OT×/倉賀野 石油類)黒地▼
タキ43465   JOT/浜五井 全検30-3-8川崎車、自重15.9t
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、OT所有車の※=旧西上田常備車、×=エコレールマーク無し、▼=表示板の逆向き

 流石に今日はE257系がそろそろ置き換えになるのと西武の電車が後で来るのか結構撮り鐡の姿が目に付き、こう言う連中が何処か多くなったのか昔と違って日本の鉄道趣味で深く楽しもうと言う向きがどことなく薄れてしまい、カメラやスマホ、パソコン(この頃はウエイトが下がりましたが………)にナンボ金掛けているか分かりませんが、こちらは普段の延長線上からこの所、ネットで拾ったアメリカの鉄道会社(合併で消滅した某社です)の車両データを見付けてデータを整理してどの様に改番したのかまとめて楽しみました(楽そうですが、出場日や改番の順繰りなど骨が折れましたが………)。現在もあるアメリカの第1級の4社とアムトラック、カナダの二大鉄道会社や大手の私有貨車所有者あたりの車両データ(機関車から貨車まで)をオープンデータ化して一般公開してくれないかな?と願っております(何処かの国の統計データの様にデタラメなものではなくしっかりした形で)。

 丁度待っている時間帯に『スーパーあずさ』6号、松本からの立川行きと来る頃合いですが、3月から見られなく組み合わせでデジカメにいざ収めると微妙に変わってしまいこちらはご愛嬌で。

 八王子から10時10分発の中央特快で新宿まで乗ります。2番線の列に並んだ割には何とか座れましたが、右隣が目方0.1tくらいはあるどデブハゲ親父で立川や国分寺あたりで降りてくれればな!と思いましたが、意外としぶとく新宿でも降りずどこまで行くのか不明でどうせ睡眠時無呼吸症候群は既往症でテメェの給料の半分以上は医療費として天引きしろ!と言いたいところながらマスターも毎年秋口に健康診断を受けておりますが、JRの新系列電車(首都圏の一般型で言うE231・E233・E235・E531系など)の機能保全と蒸気機関車の全般検査の違いと同じ何だぞと言いたい所です。

 新宿は南口で乗り換えたかったので前方に乗りましたが、跨線橋の西側にある『そばいち』が美味しそうなので店先のPOPを見るとかき揚げそばに埼玉県産の里芋を使ったコロッケそばが自慢とのことで昨日はイーアス高尾にある『高尾の桜』でかき揚げ丼を頂いて二日続いては何なのでたぬきそばでお茶を濁し、いざ味わうとお蕎麦もしっかりして揚げ玉も美味しそうで次に来る時は改めてかき揚げそばを味わうつもりです。南口から甲州街道の横断歩道をバスタ新宿前へ。右手に進み、新線新宿駅に入ると京王線と都営地下鉄の券売機が別れて置かれていたので左手にある都営地下鉄の券売機で『都営まるごときっぷ』を買ってゲートイン。名古屋へ出かける時は1日目は四日市、2日目は名古屋支部さんの例会と絡めて午前中は潮見町や昭和町の臨海部から熱田神宮、午後は例会というのがお決まりでこの時は決まって市営交通の乗り放題切符を買うのが常でこの時以来ですね。

 『都営まるごときっぷ』を買うと新線新宿駅の4・5番線へ。白地に緑のいちょうマークが大きく描かれて印字された日付は和暦で改元を控えた時期だけあってこりゃいい記念になるな!と思いゲートイン。ホームドアの設置が進められて笹塚・京王八王子方面の4番線は設置済みながら本八幡方面の5番線は壁が設置されているところで時折、ガードマンさんが回る格好で。待っていると外国人の観光客なのか滞在者なのか分かりませんが多いですね。五輪が終わるまでの辛抱ですな。

 新宿から11時20分発の急行(1116T/10-460×10)で神保町まで乗ります。以前は京王相模原線の区間急行と組み合わせたスタイルでしたが、笹塚発着に変わって準特急(平日=京王八王子発、土休=高尾山口発)と接続する形で都営新宿線〜京王新線の中で動く形に変わりました。その為でしょうか結構混んで新宿ではドアの間に1〜2席が空いている格好で出発。最初は甲州街道の真下でしたが、いつの間にか靖国通りに到達して鉄道友の会本部のある市ヶ谷も通り、右手にメトロ半蔵門線が寄り添う九段下で乗り換えの支度をします。

 神保町では白山通りの三田線に乗り換え、丁度11時33分発の西高島平行き(1010K/東急3010×6)に乗ります。都営地下鉄で東急の電車に当たってしまい、最初西巣鴨まで乗り通しと思いましたが、巣鴨で一度乗り換えるのはフリーパス片手の芸当では?とホームを見ると神保町はホームの改良工事が終わってから更新するのかLEDの案内表示が三色のままでしたが、水道橋から先の各駅はフルカラーの多言語タイプに更新している様子も確認。巣鴨で一本待って11時48分発の西高島平行き(1165T/6309-1×6)にあたり、メトロの9000系同様に端っこの片側にボックス席があり、内装も少し高級な印象がして当時の路線バスではありませんが、都営バスの都○○系統で使われた『都市新バス』専用車と何処か通じる印象が感じ取れます。先代の6000形はローレル賞を受賞しましたが、こちらは受賞しておりません。また、巣鴨で待っていると脳味噌のネジが緩んだ輩が騒いでいたので閉口しましたね。

 西巣鴨から最初、都電の新庚申塚へ向かおうと思いましたが、これでは面白くないので池袋から西新井駅行きのバス(王40系統)があるので王子駅まで乗ることにして降りて明治通り沿いに出ると白山通りと交わる大きな交差点で左手には首都高の中央環状線が熊野町から王子方面へカーブするところが見えてこの辺りが丁度豊島区と北区の境目で今は鶴瀬に住まわれているM君は元々こちらの方でお住まいととお話しされていました。マスターからすると何処か名古屋市の黒川という名古屋支部さんの例会が行われる会場がある街に雰囲気が近いなと言った印象です。明治通りに出て昭和シェルのGSを見てこの脇にバス停がありました。

 西巣鴨から王子駅までは都営バスの西新井行きに乗り、北営業所の担当で最初、いすゞエルガかなと思いましたが、後で手持ちのデータを見ると日野ブルーリボンIIでマスターがよく乗る京王電鉄バスの2006〜2007年式と同時期の登録かなと感じ取れます(ナンバーは以前、茨城県[更に遡ると2016年の五輪誘致やアスリートの絵柄でした]のラッピングが入ったN-N302です)。運賃箱もICカード対応になって磁気カードの投入口が無いタイプに更新したため、ドライバーさんに見せる形になり、乗車となり戸袋の横向きにチャッカリ腰掛け、80歳代のお婆ちゃんやボクちゃんを連れたパパさん相手に暫し歓談し、都電の線路と本郷通りが寄り添う飛鳥山の赤信号で降りる支度をして王子駅は明治通り沿いのバス停の停車で新宿駅から丁度1時間、『都営まるごときっぷ』片手でも環七経由のバス(王78系統)より若干早い到着です。

 王子駅はサンスクエアの横断歩道を渡るだけで後は都電のホームへ向かい、ついたところで先行の7700形が出発したので一本待って運賃箱の前に立っている係員さんにまるごときっぷを見せて並びます。合間に8500形のラッピング車をデジカメに収めて。

 一本待って12時11分発の三ノ輪橋行き(7705)で荒川車庫前へ向かいます。都電の電車もここ数年でカラフルな新タイプに置き換わり、昭和30年代から活躍していた7500形や車体更新した再生の象徴でもある7000形が姿を消すもマスターが乗った7700形は言わば7000形のビフォー・アフターと言った形で車体は40年モノながら色も落ち着いた色調が特徴です。7000形の新車体が入った時はバリアフリーの走りで低床構造、ドア周りにスペースを割いていたり前向きのシートと路線バスと比較して20年も前に先取りした事からローレル賞に選定された事で知られ、新世代の路面電車の走りと言う位置付けです。土曜の昼頃とはいえ、丁度半ドンの高校生や中学生の帰宅どきと重なり、まだ土曜日も授業がある学校が多ござんすなと言いつつも何処か日本の教育行政はお粗末な気さえ感じさせる一面も。梶原の明治通りの踏切で少し止まりましたが、後は順調に進み10分少々で荒川車庫前に到着します。

 長くなりましたので続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

H30.06.23 東京支部総会&八王子駅

 昨日は高尾にあるイーアス高尾がオープン1周年を迎えて例によってスターバックスがあるのでオープニングの時と同じくコールドブリューのアイスコーヒーと抹茶ココアクランブルタルトでお祝いしました。パートナーさんもオープンと同時に八王子駅の周りのお店から移られた方に新人研修で来ていた皆さんと居られてもう1年経った事を思うと早いものです。拙宅からも行き易いので今後も引き続き何かと宜しくお願い致します。お昼は宇和島直送のネタがウリの『すしえもん』でお昼を頂いて以前は回転寿司と言うと10皿は行く我が身もセレクトした自慢の3皿(某か○ぱ寿司で言う『新幹線レーン』みたいな高速レーンで)とワカメの赤出しで十分でした。帰りはこのまま中型車の路線バスで帰るのも面白くないので高尾駅から京王線に出てめじろ台経由(一本前は高尾山温泉バスの八王子駅南口行きでした)で帰りました。何と、4月に訪れていた事を失念してしまいましたが、7000系でも『鉄道ファン』の今月号の復習の実地と言う形でマスターしました。

 今日は東京支部の支部総会で王子へ出掛け、早朝に起きて朝風呂に新聞を読みながら後は身支度を整えて西八王子の南口から富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗り、ロータリーで待ち構えていた三菱ふそうエアロスターで先月から京王電鉄バスの八王子所属車で少しずつ五輪ナンバーに交換したバスが出回るようになって今回初めて当たり、社番を見ると春頃はサブちゃんバスと称していたナンバーで今では京王電鉄カラーのアイボリー地に戻っています。丘の上まで貸切状態で昼間と違ってシニア客が少ないのと変に渋滞しないので15分弱で到着出来るので不思議と時間が読めます。

 Suicaをチャージしてゲートイン。3番線には大宮行きの『むさしの号』(2631M、クハ205-52×8(千ケヨM28編成[LED表示])が控え、この辺も八高線と並んで少しずつE231系に変わって行くので騒ぐ前から少しずつシャッターを切って行くのが信条になりつつありますが、1番線の北側には昨日の87列車で到着して86列車(今日の出発と思いましたが、月曜発です)が控えていたのでウォーミングアップでチェックしました。

○86列車(25日発)…いつも通り14両編成の連結で前後で今年の全検車をキャッチし、合間を見てタキ1000の全検車でまだデジカメに収めていないナンバーがあったのでこの辺を押さえました。
△根岸
EH200-*
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 全検30-4-23川崎車、自重16.9t
タキ1000-837 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-268 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-272 JOT/根岸* 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-766 JOT/根岸 無
タキ1000-803 JOT/浜五井 無
タキ1000-500 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 全検30-4-19川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-439 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-762 JOT/根岸
タキ1000-486 JOT[E]/根岸
タキ1000-864 JOT/根岸 全検30-6-11川崎車、自重16.9t
根岸*=旧郡山常備車

 八王子から最初、中央特快と言うと7時台は河口湖直通がありますが、一本早い7時26分発で新宿まで乗ります。土曜の朝というと私立校が開校日だったり、部活があったりと乗りを気にするも(部活が行き過ぎると指摘する昨今、私の学生時代と違って全体が少なくなっている割には厳しいなと[=最も学校自体が私が通っていた頃は黙っていても商売として成り立っていましたが、今は何処かビジネスライクな色合いが強くなった気がしますね]、欧米の様に延び延び出来ないものかと社会に出てブラック企業が跋扈する温床になっているのだろうと感じ取れます)、八王子から何とか座れて機関車溜まりでEF210が止まっていたので今日は8461〜8460列車の運転がある証拠で豊田の車両センターも189系が居た頃はどの編成が居たかな!と探すのが楽しみでしたが、見渡してもノーマルのE257系(昨日の『中央ライナー』の担当分)とクハ201−1くらいで後はE233系ばかりと一味少なくなりました。E257系を見ると三鷹では新宿方に2両連結した編成が控えて平日なら『中央ライナー』の2号か4号の担当だな!と読めて中野の7番線では『あずさ』7号を担当するE257系(クハE257-101×9/長モトM101編成)が拝島から長々回送だな!と様子を感じ、大久保に差し掛かる所で降りる支度をします。

 新宿で乗り換えてお手洗いを済ませてから土休日ダイヤらしく例会の帰りと逆ルートになりますが11・12番線に寄り道して11番線に止まっていた『ホリデー快速富士山』1号(クハE257-510/千マリNB-10編成)をチェックしてから15・16番線へ。同じ幕張のE257系担当でしょうか今日は千葉発着の『ちばかいじ』の運転もあり、支部総会ではまた千葉在住の池沼野郎がどうでも良い意見をぶつけるのでは?と危惧します。

 山手線も貨車研の例会でお世話になることが多くこの頃はE235系が月1〜2本の割合で投入しているものの、不思議とマスターは先行車である01編成しか当たらず、量産車に早く乗らねばと念じるも幸い、8時14分発の外回り(771G:クハE235-13×11/東トウ13編成=昨年12月の新製)がこれに当たりまして田端まで乗ります。逆向きに腰掛けたものの、車窓越しから内回りでE235系かE231系のどっちが来るかな?と探すのもチョット楽しみながら過ごします。E231系はカナリヤ色の101系同様、総武緩行線への転属が続いているのでこの辺も抑えたい所です。

 田端で京浜東北線の北行に乗り換えて王子へ向かいます。2駅なのでドアの前に立ったまま進み、貨物線の踏切かな?と思ったら都電の踏切で大ボケしました。

 王子では前の方に乗ったのでこのまま明治通りの北側に出て北とぴあへ向かいます。出入りする都営バスの五輪ナンバーをチェックしながら顔馴染みの皆さんが来るのを待ちます。

 支部総会の会場は7階で出席者も50名程で部会・サークルでも休会の所が出て来るもどこも人材確保が大変だな!と感じさせ、マスターも鉄道友の会の会員である限りは傘は違えど貨車研究会の運営に邁進して行くつもりです。幹事の皆さんもほぼ揃っていますが出席者も1380氏(お返しの形で入れたかったのですが、ご本人の承認も頂けてありがとうございます)や鶴瀬のM君、町田のK君、マスターとは高校の先輩にあたるH師に私鉄部会&旧日曜サークルのN氏、私鉄部会のM氏、貨車研でお世話になっている範囲では茅ヶ崎のK氏や津久井のS君と。K氏は4月の調査会に出掛けられて写真も貨車研の会報用に頂いたのでお礼をして。始まるまでは半年間の情報交換で大きな所で京王や小田急のダイヤ改正やE353系とE257系、189系の動向といったところで9時半に入ると支部総会が開始し、議事の進行を進めて質疑・応答の段になると例によってI天皇やら千葉の池沼野郎のどうでも良いツッコミばかりですが、議事終了後はプレゼント(カレンダーとクリアホルダーでしたがこちらは残念ながら×になりましたが、小田急のロマンスカーの絵が入ったマスキングテープや3月から営業運転が始まった新しいロマンスカー・GSEのガイドブックと頂けただけでも満足しています)11時少し前には散会。

 支部総会が終わると『北とぴあ』の中あたりでお昼を済ませようと思いつつ1階のロビーに降りた所で元会員であるY氏参上。例によって東武東上線の最寄駅を早朝に出て小田急のロマンスカーLSE(7000形の旧塗色)が引退するとの事で箱根湯本まで往復で乗られていつもながら脱帽させられます(こちらは同じ小田急でも多摩線のE233系がやっとですが………)。久しぶりにお逢いする事が出来てあれこれお話ししてから外へ出ると言うので向かったのは王子駅のBeck’sで鶴瀬のM君、登戸のM君に私鉄部会の支部委員T君、主要会員M氏と卓を囲み(といっても一人様向けのパーテーション付きで)こちらはアイスコーヒーとサラダドッグで。ドトールではレタスドッグがありますが、このレタスをコールスローに変わっただけのものでアッサリしています。あれこれと話をしながら1時間近く過ごしました。

 王子から田端までは京浜東北線(M氏も田町〜品川界隈の様子を見るなどお話しされておりました)、田端からは山手線の内回りに乗り、行きに引き続いてE235系の参上で窓越しから外回りの運用状況もチェックしながら過ごします。

 新宿でお手洗いを済ませてから直前の特快が青梅特快だったので10分ほど待って12時52分発の中央特快に乗ります。特急が入る前後は間が空くものの、京王線と互角と言った様子が感じ取れ、中央線だとどうしても立川乗り換えになってしまいますが、京王線に乗ると北野の接続が良いので気にはならないものの、こちらの感覚では一長一短です。車内で私鉄部会の部報を読みながら過ごすもスマホゲームのベトナム人と言った兄ちゃん達やドアの周りで立ち話していた欧州系(?)の外国人連中が騒々しいのには参りましたが、どう言う目的出来ているのか分かりませんが、郷に居らば郷に従えと言うことを身に沁みて欲しいものです。立川の手前で『スーパーあずさ』14号に擦れ違うと豊田の1番線からこれから出発するE353系の試運転(クハE353-8×9/長モトS108編成)が控えてデジカメをショルダーから取り出すとヘボなショットしか収まりませんでしたが、後で八王子の4番線に来てこれから甲府へ向かうものと感じ取れ、浅川の鉄橋に差し掛かった所で降りる支度をして機関車溜まりには珍しくEH200-12がパンタグラフを下ろして昼寝していたのでいつもは8097〜86〜87〜84列車と担当するのですが、今日は間の86・87列車が無いのでこのまま夕方まで休むと言うスタイルでEF210の時から八王子〜根岸2往復はあったもののこの様な格好は余り見た事がありません。

 八王子駅で降りるとE353系は頭の片隅と言った所で出発が遅れる8092列車の様子を4番線からチェックします。まずはナンバーを箇条書きにして何両か画像のリテイクや未確認のナンバーを拾いながら前方を見る格好で5・6番線の先端へ。幸い、先頭の605番は今回初顔合わせとなりました。

○8092列車…対の8097列車共々ウィークデーの運休が目立つものの、土曜日は旅客の臨時列車同様動く事が多く、毎年この列車を気にしながらのご帰還ながら今年はうまく間に合いました。
△根岸
EH200-18
タキ1000-605 JOT[E]/根岸 全検30-4-13川崎車、自重16.7t
タキ1000-805 JOT/浜五井 無
タキ1000-314 JOT/塩浜 無
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-242 JOT/根岸* 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
タキ1000-833 JOT[E]/根岸
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸*
タキ1000-297 JOT[E]/根岸*
タキ1000-480 JOT[E]/根岸
タキ1000-267 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
EH200−12
▽(8097レ)
根岸*=旧郡山常備車

 8092列車が片付くと86列車の分でデジカメ画像のリテイクがあったのでこれを済ませて改札を出て、セレオのスターバックスでチャンキークッキーフラペチーノが再販されたので頂くものの、土曜日の午後で混雑していたのか大きなテーブルへ。いつも腰掛ける2人がけがサッと空くと嬉しいのですが、この頃は長居の客が多く不満で昨日お邪魔したイーアス高尾のお店くらいの規模なら問題ないのですが、如何せん八王子駅周辺は商業施設を軽視した街づくりをして来たので頑張れば立川以上のものが出来るのは確かなのですが、テレビ局でもウン十年前は好調でも今は零落した所も多々ある事を思うと頑張り様によっては実現出来ます。フラペチーノを頂くとサクサク感の他に¥0の裏カスタマイズのおまけも。この後は有隣堂アネックスで『サライ』の最新号を買い、仕切り直してサザンスカイタワーのスターバックスへ行くかなと思った所、こちらもオリンパスホールでのイベント(成人の日にトンヅラした所の債権者集会ではありません)で列がドラッグストアのTomo’sの所まで出来ていたので案の定満席でアイスコーヒー(お豆はKATI KATIブレンド)を立ち飲みで。

 帰る頃になると雨も本降りになって来たので丁度富士森公園・西八王子南口経由の法政大学行きのバスの時間に間に合ったので待機しているバスを見ると今年入ったばかりの新車で5分前に出発する神奈中の橋本行きとは新旧並んだ形で三菱ふそうエアロスターが参上。ナンバーも五輪の白地で車内に入ってみると左手の優先席が横向きから前向きの2席程度に減って前輪の荷物置き場がやや広がった感じでいすゞ・日野ではシートの格好が変わったものの、こちらは微改良と言った印象です。15分ほど乗って西八王子の南口に到着し、ラジオの『ゆうゆうワイド』にも充分間に合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

H30.06.01 八王子駅+都内行き、京王線沿線

 今日から6月。今月一ヶ月が終わると一年半分終わることになり、平成時代のカウントダウンが段々進む今日この頃となりました。

 貨車研究会の定例日で今日は大崎へ。いつもは昼前に出掛けるマスターも親が風邪気味で病院へ行ったので帰ってから出かけるつもりだったので自宅発は14時前。丁度、南大通り経由の八王子駅南口行きのバスが有ったのでこれに合わせた形で出る事にしてこの頃は寺田のバスが多かったですが、今日は久しぶりに電鉄バスのヨドバシラッピングやピンポン・パンポンバスあたりと実のご兄弟に当たるバスが参上し(後で調べると日野にあるセンチュリー21の不動産屋さんのラッピングバスでしたがいつの間にか終わりましたね)、バス停ではいつもシルバーパス片手のシニアの方が多いものの、今日はマスターだけ。丁度、学校帰りの小学生が歩いていましたが話しかけていたので別にこちらは怪しいオジサンではありませんゾ(怪しいのはだいたい真昼間からキャップやサングラス、マスクの何れかを身に付けている御仁ですが………)。

 南口で降りるといつもはサザンスカイタワーの信用金庫へ向かいますが、今日は直進してマルベリーブリッジへ。セレオのスターバックスで一昨日から売り出された加賀棒焙じ茶のフラペチーノが売り出されて今日が初飲み。昨年9月にも似た様なフラペチーノが出て何度か味わいましたが、ジェリーフラペチーノの様にゼリーも入っていたので”一杯で二度美味しい”と言った感じです。

 続いて京王八王子駅前の信用金庫に立ち寄り、京王八王子駅のショッピングセンターへ。アートマンのにしチュングッズや文房具、ポポンデッタと覗いて1階に戻ってスターバックスではアイスコーヒーを一杯(お豆はアイスコーヒーブレンド)を頂きます。ポッチャリ体型のストアマネージャーさんのお兄ちゃん始めお兄ちゃんばかりでしたが、荒木由美子系のパートナーさん(髪型がブラックジャックの次に怪しいお医者さんみたいですが………)も居たのでマスターにとっては嬉しい顔です。

 京王八王子から京王線に乗り、乗る前に初乗りのキップをゲンナマで。なんと言っても今日は京王電鉄が大東急から分離して70周年を迎え、今の在京大手私鉄の形がこの頃成り立ったこと(平成に入ってから相鉄が準大手から格上げ、営団地下鉄→東京メトロと経営形態の変化もありましたが)が伺えます。余談はさておき、15時21分発の準特急(3040レ、7727×10)で新宿まで乗ります。前方に乗ったので反対側なら7並びの先頭車が拝めますが、宝くじで言うと前後賞みたいなので嬉しいものです。京王八王子から先ずは北野で高尾山口からの高幡不動行きがいつも7000系の6両編成が入りますが、止まっていた6134レは←7425×2+7806×4と10両編成で組んだ時がこのまま短くなった印象です。高幡不動は1番線にピンクの”HUGHUG”ラッピングの7801×4が止まり、東側の車庫には5000系、都営10-300形と昼寝している姿を見て聖蹟桜ヶ丘から府中で先行した各停の接続を取り、競馬場線のヘッドマーク付き7000系(7421×2)、飛田給の3番線は高幡不動→つつじヶ丘→若葉台へ回送と言った7728×10の編成が控え、調布では相模原線からの区間急行(4860レ〜1566K/9749×10)の接続を取ってからつつじヶ丘、八幡山とごぼう抜きする各停はいわば新宿で後を追って1番線に入る編成の予習です。明大前では橋本行きの快速(1457K〜2841レ)で5735×10が止まっていたので南大沢のラッピングバスと同じナンバー故か驚きましたが、橋本まで行くと一旦若葉台の車庫に入庫して夜の『京王ライナー』に備えることが伺えます。笹塚を過ぎるとドアの前に立って新宿で降りる支度をします。長いこと特急時代は30分台のことが多かったものの、準特急になると40分台に延びたのか気持ちがどこかのんびりしますね。

 新宿で降りると30分ほどあれこれ列車をチェックし、到着が16時を回っていたので特急は京王八王子行き、準特急は高尾山口行きと以前の平日日中や土休日ダイヤと同じ体裁でこのパターンに慣れ親しんだのか未だに平日日中のパターンは頭の上にクエスチョンマークが浮かびます。2番線は橋本行きの準特急、1番線の各停は高尾山口行きで17時頃までは続く格好で行き掛けに予習した分がそのままやって来ます。3番線は久し振りに京王八王子行きの特急表示が拝め、さすがに5000系が入って余裕が出たのか9000系の固定編成(0138〜0029レ/9747×10)も顔を出し、特急系と言うと8000系を中心に7000系が比較的多いものの、9000系の固定はレアでデジカメに収めるも目を離した小さいボクちゃんが来て気になりましたが、ママさん気を付けて下さいよ!特に新宿は人の行き来が多い街なのでチョットの隙でも迷子必至ですぞ。思わずドヤし付ける気持ちでガードマンさんにも平謝り且つ不審者では無いと念を押して(このママさん、喝!ですぞ!)。

 改札を出て券売機で初乗りキップをPASMOで買って西口地下のタクシー乗り場方面へ。丁度、都庁へ向かうシャトルバスは都営バスと京王バスが交互にやって来て後者は永福町の担当でCNG(天然ガス)車やハイブリッド車が入ると思いきや、止まっていたのは中型車でマスターのごく近場である万葉けやき通りを走る路線で入るのと大差ないのには驚きました。京王バスカラーながらマスターは色違いは見ているものの、南大沢は1台くらいかな?と言ったくらいで相模原線の沿線へゆくことあったら見られるのではと思います。また、都営バスは小滝橋の日野ブルーリボンハイブリッド(いすゞと一緒になる前のタイプです)が参上しました。

 西口から改札に入って1・2番線へ。E257系の姿が見えると来月からは紫色のラインが眩しいE353系に入れ替わるニュースが伝わる事を思うとデジカメのシャッターを切らなくてはと思わずサロハを収めてホームを南側へ進みます。

 新宿からは湘南新宿ラインの特快・小田原行きで大崎へ向かいます。先日、元シニア会員の練馬のKさんから葉書を頂いて渋谷駅の改良工事(先週末行われましたが、この週末も行われます)した様子の写真を送られて来たのでこれに触発されて乗りましたが、夕方のラッシュに入ったのか終始立たされたものの、渋谷駅と言うと貨物列車が走っていた頃と位置は変わらず走っていたものが宮下公園の辺りから内回り線が線路の外側(旧東急東横線や東急東横店の建物が有った辺りです)に大きくカーブしてホームを見ると4番線ホームが新宿側から見て御茶ノ水駅の様に3番線と段差が出来て一目瞭然です。

 大崎では内回りのE235系を思わずデジカメに収めてゲートシティに到着。お一日で例会がある日と重なるとマスターは揚げ物と決めているので必然的に今日の夕食は『和幸』の「やまぶき」なる盛り合わせを選び、カニクリームコロッケの他にロースとヒレが選べるので歯の治療中なのでヒレカツをセレクト。他にも讃岐風のうどん屋や大○屋とあるのですが、さすがに私自身、地元にある駅ビルのNOW→セレオに長くあるお店だけあってつい立ち寄ります。不思議とお客さんは小生だけで貸切のことが多いですね。この後はスターバックスでアイスアメリカーノを頂き、各店足並み揃えて一昨日からの加賀棒ほうじ茶フラペチーノのPOPや黒板アートに目をやりながらラックを見て夏の準備です。いつも飲み物を買うのはコンビニですが、前々から羽村にある福島屋さんのお店があってここでは新井園のペットボトル入り狭山茶を買います。そういえば、西武ドームでも売られているのでご存知の方もお有りかと思いますが。これから南部労政会館で貨車研究会の例会を行い、4月に栃木の『那珂川清流鉄道』で出掛けた時の報告からマスターは例によってタキ1000形の動向を軽めに解説、色々と進めながら昨年度の決算報告を行い、4月の例会前には初めて会計監査なる事行ったのは前述しますが、支部の総会同様、参加者の承認が得られれば成立することは百も承知で適正処理されていたので問題ありませんでした。

 例会が早く終わって駅中の本屋さんで時間調整(大して出来ませんでしたが………)してから外回りで新宿まで乗ると丁度、E235系が到着した所でナンバーを見るとモハの2番だったのでクハE235-1×11(東トウ01編成/01G運用)と言うことがすぐ分かり、量産がスタートしてから1年経ってもまだ1本目しかご縁がありませんが、フットマークも直感的と新しさを味わいます。

 新宿で中央線(快速電車)のホームに出ると丁度、E257系が10番線(クハE257-110×9/長モトM110編成→『中央ライナー』5号)、11番線にクハE257-105×9/長モトM105編成→『青梅ライナー』5号)と並んで止まっていたので少しアングルは悪かったですが、来月からどう変わるかな?と気になるので一コマ収めて時間的にもお客さんが多いので早々並びました。

 いつもは『中央ライナー』5号の後に来る21時25分発の通勤快速に乗るのが常ですが、今日は初めて一本早い21時05分に乗る事が出来、八王子は概ね40分後に着くので211系の甲府行きや『成田エクスプレス』50号、先程、新宿の10番線で控えていたE257系がそのまま『中央ライナー』で来るなと思ったら大当たり。と見て車内では坂城行きの2085列車に明日の86列車で返すタキ1000と見られるので準備をして例によって国分寺で腰掛ける事が出来て先ほどもiPod touchの充電をしていた所、充電器のケーブルを繋げるコネクターが斜めががっていて無理に力を入れると修理する羽目になるので今日は24時跨ぎと思っていたネタ拾いも2本で切り上げる事に。

 八王子駅に着くと3番線の折り返し電車を見ながら自宅へ電話を入れ、まずは1番線から86列車の編成をチェックします。

○86列車(2日発)…いつもなら高尾方にHD300を繋いだまま控えていますが、珍しくタンク車だけでHD300はレール輸送列車の準備でしょうか南群線で控えていました。編成はやや短い12両編成で先頭もホーム伝いに止まっていたので助かりました。
△根岸
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-195 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-754 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-355 JOT/根岸* 無
タキ1000-153 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-168 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 82 JOT[E]/根岸*
タキ1000-846 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-508 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-503 JOT/根岸
EH200−3
▽(87レ)
根岸*=旧郡山常備車

 前後して『スーパーあずさ』36号が到着して(←)クモハE353-1×3+クハE353-6×9(長モトS201+S106編成)と基本の先行分は入場しているので6本目が相変わらず代打で入っていたのですぐ分かりました。オッと、Suicaの残高に余裕があったのでいつもは地元で乗る前にチャージしますが、今回はここでチャージ。つまり、三鷹から先は乗り越した形で来たわけでこの後は3・4番線で2085列車の到着を待ち、金曜の晩は遅れるのが常で先に2番線をコンテナの2082列車が通過して空車が2両ほどあった他はオール19系、常連コンテナでもあるトランスシティの20フィートコンテナは1、3両目といつもは続いていますが、何故か2両目に19系コンテナが占めていました。

○2085列車…いつもはiPod touch片手のネタ拾いも久し振りにA5のリングノート片手にナンバーを書き出す始末で昨年の全検車を当たると596番が未確認で今回漸く初キャッチ。編成は一杯の17両編成です。
△篠ノ井(坂城)
EH200-3
タキ1000-110 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 30 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-106 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 52 JOT[E]/根岸*
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 全検29-11-17川崎車、自重17.2t
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸*
タキ1000-583 JOT[E]/根岸
タキ1000-480 JOT[E]/根岸
タキ1000-880 JOT/根岸 無
タキ1000-577 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-272 JOT/根岸* 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-268 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-837 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-277 JOT/浜五井* 無
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 81 JOT[E]/根岸*
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車

 こんなワケでして後ろ髪を引くかの様に改札を出てNEW DAYSでおにぎり(決まってNRE製を選びます)、自由通路の自販機ではスターバックスにあやかったのか加賀棒ほうじ茶(前にもホットをいただいたことありますが、こちらはアイスです)をセレクト。南大通りを歩いてのご帰還で着飾っても中身の無い様な兄ちゃんやらマナー知らずの自転車乗り(東京都自体、歩道の自転車走行は原則アウトなのですが、損害保険で自賠責並みに厳しくしたら向上するのでは?)が多いのは相変わらず。路線バスも終車後でもあり、車通りが少ないので気にすることは無いのですが………と鉄道の写真撮影同様、マナーが問われる今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

H30.04.06 八王子駅

 今年に入ってから鉄道友の会関係で出掛けたことは1月下旬に行われた東京支部の新年会くらいでマスターにとってはホームベースである貨車研究会は2月に昼間例会が行われたものの、運悪くインフルエンザに罹った頃と重なり、今日が言わば今年初めて(=新年度と一緒です)の顔出しとなりました。

 話題のタネにと行きは3月のダイヤ改正で全面E353系に変わった『スーパーあずさ』に乗ろうと思い、時刻表を見ると八王子→新宿ノンストップの14号が丁度良い時間帯なのでこれに合わせて乗るつもりです。

 風が強い中の出発となり、いつもは南大通り沿いのバス停から乗りますが、少しでも時間を割きたいので信用金庫も西八王子の支店で済ませて始発から乗りました。途中、郵便局でBL賞のハガキを投函し、またまた顔馴染みのお父さんとバッタリと。今日は通りの小学校も入学式の看板が立ってマスターは丁度40年前の今頃でこの少し前に今の所へ越して来ました(同じ八王子市内の移動です)。

 行きはロマン地下→先代サブちゃんバスで八王子駅南口まで乗ります。ランチはサブウェイの日替わりメニューのBLTサンド+烏龍茶を頂き、立ち喰いそば並みのスピードでお店を出て跨線橋から外を見るとHD300が止まっていたので今日は8097〜8092列車は運休だな!と勘付き、セレオの2階で行われている長野の物産展を見てから有隣堂アネックスに立ち寄り、このままスターバックスで一休みし、丁度お決まりの有隣堂側のテーブル席を占めてアイスコーヒーはイタリアンローストを頂き、黒板を見ると来週の木曜日からのフラペチーノのものが早速出て来てメニューもそろそろ夏を先取りするようなものが出回ります。85列車が遅れて到着してSuicaをチャージして改札に入って特急券の券売機(ホーム上)は調整中なので車掌さんから買うかなと思い、丁度タンク車の列車も85列車、80列車と余裕が出来たので見る事が出来ました。

○85列車…強風の影響でしょうか10分近く遅れての到着となり、編成の順序を見ると最後尾が変わった以外は先々週チェックした時とほぼ同じ顔触れです。また、夜の2085列車を牽くEH200が先月のダイヤ改正から根岸〜八王子2往復の後運用に入るようになり、この返送に当たる84列車の牽引も担当するので併せて記載しました。
△(85レ)
EH200-6
タキ1000- 79 JOT[E]/根岸*
タキ1000-250 JOT[E]/根岸*
タキ1000-799 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-789 JOT[E]/根岸
タキ1000-244 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-541 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-197 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-152 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-536 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-519 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-622 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-513 JOT[E]/仙台北港
EH200-23
▽根岸(84レ)
根岸*=旧郡山常備車

○80列車…定刻よりやや遅れての到着で一杯より1両短い16両編成での到着でいつもはホーム伝いに確認しますが、さすがに例会の前だけあって手荷物片手(といってもショルダーに仕舞い込みましたが………)のマスター、一通りメモして後で『スーパーあずさ』の車内で転記して整えるつもりでザッと書き、ノート+ペン片手の頃に比べるとスピードアップしましたね。
△根岸
EH200-20
タキ1000-110 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-346 JOT/塩浜 無
タキ1000-882 JOT/根岸 無
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-281 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-531 JOT[E]/仙台北港
タキ1000-167 JOT/根岸*
タキ1000-231 JOT[E]/根岸*
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-169 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-268 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-164 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-242 JOT/根岸* 無
タキ1000- 23 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-424 JOT[E]/根岸
タキ1000- 66 JOT/根岸* 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車

 八王子から『スーパーあずさ』14号で新宿まで乗ります。出掛ける時も風が強かったですが、こちらも長野管内の強風の影響から10分以上遅れているとの事で良く午前中の普通電車で諏訪湖の湖畔あたりでダイヤが乱れてこの影響が八王子管内まで引き摺って来る事は知っていたのでじっと待つも流石に快速電車のお客さんと混じって気になりましたが………。

 満を持してE353系に初乗りの段となり、今日の『スーパーあずさ』14号(〜折り返しの19号)は昨年12月に新製された(←新宿)クモハE353-4×3+クハE353-4×9(長モトS204+S104編成)が参上し、基本の先頭・4号車に乗りました。八王子は遅れて13:17発の出発で8092列車のEH200を見送り、車内も車体のカラーと同じ紫系でE257系のグリーン車ではありませんが、枕があってマスターの体格では肩当てになってしまいますね。窓の上には空調の吹き出し口の他、何かのランプがあるな!と思ったらいずれはE657系の『ひたち』、『ときわ』、651系の『スワローあかぎ』のように事前に指定券を買って乗るシステムに移行するのでは?といった準備工事が施され、ここまで把握した人は果たしているのか気になりますが、オイルターミナルの基地の手前で車掌さんが回って特急券を発券してもらいました。豊田の車両センターは『グレードアップあずさ』色のクハ189-509×6(八トタM52編成)、幕張のE257系と休む姿を見てこの辺りから先程確認したタンク車の列車をiPod touchに纏めて先ずは85列車、スマホやタブレット持ちに嬉しいACアダプターも有るのでこちらは生憎バッテリー式なので追々コンセント直結も買わねば。多摩川を渡ってこの列車ならでは立川通過(この頃は『スーパーあずさ』も当たり前で伸びている様子も感じられますが、生粋の八王子っ子であるマスターは何処かしっくり行きません)も味わい、続いて80列車をまとめてから国立の高架線を一走りするも遅れていたのか武蔵野線の短絡線に入るあたりで足取りもゆっくりとなり、この間を狙って前方をチェック。通り抜けも運転席を抜けるようにカーブしている事が分かり、途中も武蔵境の少し先や中野の手前でスピードを落とす走りっぷりでしたが、乗り心地も良く、新宿駅は17分遅れて13時50分の到着となり、アナウンスしていた女性の車掌さんがマスターと同姓で初乗りながら思わぬ縁起を担ぎました。

 新宿駅は10番線の到着で折り返しの19号の出発まで10分で記念撮影する旅行客もいますが、遅れているので速やかに済ませてこちらも駆け足で片付けるとバスタ側にあたる新南口から甲州街道に出て新線新宿駅へ。京王5000系に乗って都営新宿線へ向かうか京王線の2月ダイヤ改正後の動きを余り見ていなかったので笹塚でUターンして乗る事にして丁度橋本行きの快速(新宿14:01発、1355K〜2831レ/5731×10)が到着して早速飛び乗り、最初は『東京時刻表』を駅の中にある本屋で調べようと思ったら在庫が無かったので当たって砕けろ!といった具合で。新線の走りを暫く堪能すると幡ヶ谷で大挙下車があって京王八王子方のシートへ移って『京王ライナー』で乗るなら真ん中の席がベストかな?と思いつつ笹塚は2番線の到着。

 笹塚は準特急の接続があったために余裕持って見る事ができ、光加減を気にしてか今頃から暑中見舞いの絵柄の準備をしつつ何コマか収めてこの間に改札を出て改築した京王重機整備のビルと高架下のショッピングモールが目立ち、新宿方面の3・4番線へ。折り返しも都営10-300形では無く、京王9000系(9746×10/83K運用、9735×10/91K運用)と以前の京王相模原線のローカル運用と逆のパターンです。

 笹塚から14時19分発の準特急(3030レ/7721×10)で新宿まで乗ります。先程は特急列車ですが、まさかココでも準特急に当たるとは不思議な縁となりました。

 新宿駅では1時間余り、出入りする電車の様子を見て流石に京八準特急が来たと思ったらすぐ出発と昼下がりながらイヤ慌ただしい。特急、準特急は不思議と7000系が多く、8000系も10両編成が6+4の組み合わせから段々固定化されて本来なら魔改造した中間を見る所が手っ取り早い識別点が車内では緑色の地のシートにドアが交換されている外観がポイントです。8両編成でも何本か機器更新や10両編成に似たメニューのリフレッシュ施行車も見られ、こちらは7号車のデハ8150(8171〜8183)のパンタ追加も改めて確認しなくては。ホームの端に突っ立っている事が多いですが、7000系の6+4編成の確認は4〜5両目の間あたりまで足を運んで確認して歩き回り、汗ばんだのか自販機で伊藤園の焙じ茶ラテで一杯。また、2番線は『京王ライナー』の案内表示が所々見られてこの辺も結構デジカメに収め、ホームの片隅には何やらカバーに覆われたマシンが置かれてライナー券の発券機かな?と思い、マスターも京王のパスポートカードを持っているので登録すればすぐ買えますね。

 新宿駅は京王百貨店から南口の方へ歩いて中野へ行く京王バスを見ると見慣れたカラーリングの他に真っ黒な中型車も止まってヒルトンホテルのシャトルバスでこれも京王バスの1台で今春新車に入れ替わり、黒地に様々な言葉が書かれて一瞬、何処かの新免系バス会社のものと思われますが、れっきとした京王バス所属の車です。甲州街道の交差点からバスタ新宿を通って先ずはタイムズスクエアの東急ハンズへ。新入生のシーズンに加えて外国人旅行客が多く、結構混んでいましたが、途中、元の紀伊国屋の新宿南店へ行き、殆どがお値段以上のお店に変わったものの、洋書のフロアだけが残って都内では日本橋の丸善の次くらいに充実しています。さすがに鉄道関係は全く見られず、Mac関係やPeanutsも2列ほど並んで2年分やキャラ別のダイジェスト本に厚めのキャラクター名鑑と色々本場物を楽しめました。最近ネットでも読める事が出来るのでたまに手に取るのも良いですが、殆どがフィルムでコーティングされて読めないのが惜しいところ。

 新宿からは少し早めに親分であるF氏から早く出頭するように言われまして湘南新宿ラインの特快より一本早い埼京線の電車で大崎へ向かいます。山手線ならE235系が楽しめるものの、窓越しのチェックとなり、さすがに風が強いドン曇りになってきたのか視界が今一つ(マスターの事ではありません)。

 大崎に到着するとゲートシティは先ず『そじ坊』で夕食を摂り、メニューは鴨せいろでこの冬場は鴨南蛮を頂いていなかったのでこの時期となると熱いのよりは冷たい方が良いのでは?とセレクトし、熱々の汁ながらも麺が少なかったかな?とこの春からは食料品の値上げラッシュでお菓子の分量さえも減っている昨今、仕方ありません。色々と食べ物屋さんがある辺りをフラリと歩き、結構お店を見ると八王子のセレオと被るかな?(スターバックスだけではありませんね)と言った様子も感じ取れ、『むつみ屋』の後に入るさぼてん系のおかゆ屋さんも少し前まで1階の東側にありました。例によってスターバックスに立ち寄り、ムースフォームラテのアイスを頂きながら、荷物の整理をして過ごし、オーダーした際にイヤにブラックエプロンのパートナーさんが多いなと思ったので何かセミナーでも行うのでは?と言った様子も感じ取れます。お決まりの席は赤いレザーのソファーで上手く1席空いていたので濃厚なフォームラテを味わいます。

 一杯飲み終えてから1階のコンビニやドラッグストアへ立ち寄りながら2階の南部労政会館へ。暫くするとF氏到着し、入室すると今回は昨年度の会計監査をして欲しいと急遽、お呼びが掛かりいつもは杉並のK氏ですが、マスターなら後は手渡すだけで済むようでExcelで作成した表を簡単に確認するだけで片付きました。内容は違えど、この3月ダイヤ改正ではJR九州の普通列車の大幅削減が話題になりましたが、管内の普通列車を担当する全車両の運用を4月号の編集やプリントの合間に行っていたので平たく言えばお安い御用(?)でしたね。マスターにとっては今年最初の例会で先ずは2月号の表紙や記事の解説を行い、これから本来の4月号分へと進み、いつもなら一編は出すのですが、うちの代表を務めるW御大が神奈川臨海鉄道の横浜本牧駅の事をずっと連綿と続いて今年に入ってから体調不良で休載がちになっている事と内容も薄くなってしまい最初、一区切り付いた所で6年前に東京支部の見学会で出掛けた折のエピソードを紹介するつもりで考えていたものを急遽繰り上げての掲載となりまして、流石に2月分片付けたのでしょうか終了後は喉もガラガラ、外のベンチに座り込む様に休んでから退散した次第でW御大の1日の早いご快癒お祈りいたします。

 例会が終わって時間があったので大崎の駅ナカをぶらりとして時間調整して山手線の外回りに乗るとE235系かな?と思ったらE231系のヴァンガードラッピング入りでトリプルスコアならず。

 新宿からは通勤快速に乗りますが、間に『中央ライナー』5号が来るのでこの影響から水入りでこの間は出入りする電車をウオッチし、山手線でE235系が来るかな?と見るのが楽しみです。

 いつもの様に新宿駅は21時25分発の通勤快速で八王子まで乗り、4月のこの時期らしく混んでいたので前の快速電車も5分遅れで新宿発となりましたが、こちらも2分遅れての出発。途中も国分寺あたりまで2〜3分ほどの遅れでしたが、立川を過ぎると定刻よりやや遅れた形で八王子に到着しました。

 八王子に到着すると下りは小さいものの、上りが遅れて『スーパーあずさ』36号も5分程遅れていた様子で見る事ができまして、2085列車が着く前まで86列車の編成の様子をチェック。晴れているとデジカメのズームレンズで前方のナンバーがクリアに読めるのですが、降っているのか視界が今一つで悪戦苦闘。なんとか読めて1番線のホーム伝いを確認します。

○86列車(7日発)…87列車は後述する2085列車を牽引するEH200が担当でしたが、編成はいつもの14両編成で年度が改まった事もあって定期検査上がりのデータ確認もどこか端折りがちになります。
△根岸
EH200-*
タキ1000-623 JOT/根岸
タキ1000-352 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-488 JOT[E]/根岸
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸*
タキ1000-189 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-610 JOT/根岸 無
タキ1000-619 JOT/根岸 無
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-834 JOT[E]/根岸
タキ1000-188 JOT/根岸*
タキ1000- 84 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-805 JOT/浜五井 石油類)黒地
タキ1000-785 JOT[E]/根岸
HD300-11
根岸*=旧郡山常備車

 そうこうしている間に2085列車が到着して駆け足で3・4番線へ。2082列車も遅れて通過してEH200-16牽引、先頭の海上コンテナはトランスシティ2個、JOTバルク1個に今回初めて日通の船舶対応のUV19Aをキャッチし、エコライナー31に似た水色系が2個、ダークブルーが1個積まれ、他にもJRF商事UM12A-5000も1個積まれていました。

○2085列車…一杯より1両少ない16両での到着で少し前に竜王行きの列車に連結していた251番も漸くここでデータをキャッチし、根岸にいるナンバーに限りH8新製分はパーフェクト。
△篠ノ井(坂城)
EH200-23
タキ1000- 40 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 38 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-559 JOT[E]/根岸
タキ1000-850 JOT[E]/根岸
タキ1000-561 JOT[E]/根岸
タキ1000-251 JOT[E]/根岸* 全検28-7-8川崎車、自重16.8t
タキ1000- 91 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-156 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-880 JOT/根岸 無
タキ1000-765 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-355 JOT/根岸* 無
タキ1000-153 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-161 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-661 JOT/根岸 無
タキ1000- 70 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 本来なら5462列車、5467列車あたりまでご帰還は24時台になる所でしたが、改札口を出て南口から南大通りへ出た所で雨に加えて台風みたいに風が強く、急遽、南口のロータリーからタクシーでのご帰還となり、当たったのは希望ナンバー付き(数字だけ見ると35t積みのタンク車を思い出しますね)の個人タクシー🐌で2台前だったら日産NV200のニューヨークタクシーで少々惜しい事をしたものの、23時前には自宅へと到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

H30.01.28 東京支部新年会+八王子駅

 1月は例年、貨車研究会の例会は無く、東京支部の他の部会・サークルの例会や新年会があるのでこちらへ顔を出すのも毎年恒例で今日は渋谷で東京支部の新年会が夕方から行われるので出掛けて参りました。昨年は上州路が空っ風よりも穏やかな陽気に驚かせましたが、今年は厳しい寒さでこちらも木曜日の午前中に用事を済ませて午後、近くの郵便局へ出掛けて帰宅寸前で溶けてない所を歩いて転倒してしまい、マスターは元々身体自体丈夫ですが、骨粗鬆症気味やお年寄りだったら救急車のご厄介になってしまう所ながらこちらはシップを右肩から右手まで2〜3枚貼るのがこの数日の常です。

 自宅は14時少し過ぎの出発で丁度、南大通り経由の八王子駅南口行きのある時間と重なって貸切かな?と思ったらうちの親と前後した年恰好のお父さんも乗って来ますが、後期高齢者のお父さん方に比べると取っ付き難いかな?と言った印象ですね。お客さんも台町の中で3人乗っての到着です。

 八王子駅の南口に着くと丁度87列車のEF210が着く頃なのでこの時期であれば何両か拝めるのですが、見た限り機関車だけだったので帰りに改めて見る事が出来 (恐らく27日着の分?)、このEF210も84列車を牽くので少し早めに入って見られるのでは?と思った次第で南口のバスターミナルはこれから出掛ける渋谷と同じ京王バスカラーの路線バスが出入りしているので予備知識でしょうか五輪ナンバー+希望ナンバー付きの新車やキリ番の800番のナンバーを付けたバスとご対面。続いてセレオのスターバックスで一休み。前の列は長かったものの、偶々有隣堂側のテーブルが空いていたので早速陣取り、チョコホリックココにショット追加を頂き、レジの所には新人さんのパートナーさんが入っていたのでご挨拶して受け取る際に昨秋入ったパートナーさんのお姉ちゃんから「寒いですから温めてくださいね」と励まされました。スターバックスの皆さんの一言がこちらの元気の原動力でテーブルに腰掛けながら84列車の準備をします。

 一杯飲み終えてからNEW DAYSでカイロを2個、券売機でSuicaをチャージしてゲートイン。丁度3・4番線に向かうと84列車のタンク車が入って来た所で後方から見る事にして、前の数両は5番線からのチェックです。

◯84列車…やや多めの15両編成での入線でデジカメに収めていなかったナンバーを2〜3両ピックアップしますが、255番は宵の内はあってもデイライトが無かったので機会を改めて。
△根岸
EF210-122
タキ1000-622 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-519 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-536 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-255 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-360 JOT[E]/根岸* 全検27-12-11川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-834 JOT[E]/根岸 全検29-10-5川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-249 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-225 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-688 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-433 JOT[E]/根岸
タキ1000-284 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸*
タキ1000-779 JOT[E]/根岸
タキ1000-216 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 一通り片付くと『成田エクスプレス』41号(クロE259-18×6/横クラNE-18編成)を見つつ15時45分発の中央特快で三鷹まで乗り、豊田の車庫構内には3月ダイヤ改正からの足慣らしでしょうか房総特急で活躍したE257系の500番代が1編成入庫して波動用の189系はこちらへ段々シフトするのでは?との予兆も感じられ、三鷹で快速電車に乗り換えると前後してE353系の『スーパーあずさ』23号や住友不動産販売のラッピング(25日は不明でしたが、クハE233-1×10/八トタT1編成、29T運用と総武線のE231系と1編成ずつ)、メトロ07系(07-104×10/74編成、45S運用)と見て吉祥寺に到着します。

 吉祥寺からは京王井の頭線に入り、バタバタしたのか来月22日からのダイヤ改正のパンフレットは渋谷駅で受け取ることにして16時24分発の急行(152レ、1757*×5)に乗ります。だいぶ1000系も初期グループのリニューアル車が見られる様に5本目もそうですが、他の編成も次の通りです。(緑文字の列車番号は急行です)
1752×5*:〜139レ〜374レ〜153レ〜388レ〜167レ〜402レ〜181レ〜414レ〜193レ〜426レ〜
1757×5*:〜152レ〜375レ〜166レ〜389レ〜180レ〜403レ〜192レ〜415レ〜006A レ〜427レ〜

 いつも通り快調に進み、浜田山辺りからゆっくりした足取りを取りつつ富士見ヶ丘や永福町のスポットも例によって観察。永福町の京王バスの車庫というと京王バスカラーに混じってクリーム地の復刻カラーも一休み。

 八王子からほぼ1時間で渋谷駅に到着し、改札口の手前でダイヤ改正の東部&井の頭線版を頂いて本来ならお土産で一昨日、相模原線版も頂戴したかったのですが、転けた影響で2月に入ってから出掛けるつもりなので暫くのご辛抱でバス乗場もかなり移動して銀座線側を占めた京王バスの乗り場もやや246側へ移動して何と言っても新宿行きや阿佐ヶ谷行きは道路の真ん中なので名古屋の基幹バスで使われている方法を思い出します。さて、京王バスカラーで地元と被る車はあまり見られず、丁度中野行きのバスで中野坂上経由がクリーム+赤帯、幡ヶ谷経由がいわゆる今の西東京バスと同じカラーリングで八王子では2台とも復刻カラーと言うと高速バスと同じアイボリー+赤のラインで面白みに欠けますが、このツーショットが収められたのでマスターにとってはチョットしたお年玉を頂いた気持ちで偶々小田急の『きゅんたバス』、東急バス『セバスちゃんバス』とキャラクターデザインのバスも同じ頃に結構来ていたので八王子で言うと京王の『ピンポン・パンポンバス』(今回はここではご対面ならず)、西東京バスの『にしチュンバス』や神奈中の『かなみん』バスをいっぺんに見たのと同じです。意外と地元馴染みは余り見られなかったものの、スクランブルから道玄坂へ。この途中に忘年会の会場であるイモンビルの中国料理店『パンダレストラン』へ向かい、ゆうに5年振りの来店です。

 ビルの入口から地階へ行き、会場は5年前と同じ円卓が4つ置かれた個室で顔馴染みの範囲でマスターと親しい鶴瀬のM君に登戸のM君、東京支部のお歴々の皆様に加え、いつもは埼玉サークルの皆さん辺りお見えかな?と思いきや全然見られず居ても写真部会と掛け持ちのA氏くらいでハイブリッド車の話題を交わしました。本題は三田会のメンバーで国鉄OBの三品さんが撮影された昭和30〜40年代の蒸気機関車の映画(8mm)で狩勝峠や日南線のC11と楽しみ、ご本人曰く「面白くなければ途中で止めますよ!」と言い張る程でしたが、こちらもお腹も眼も満足していますので続けてくださいよ!と思った次第です。料理も5年前に出たのと似通ったものが多く、楽しみにしていたのは青梗鶏の蒸し焼きで随分頂いた事を思い出し、下戸のマスターは烏龍茶を飲みつつ、鶴瀬のM君は後でハイボールを注文し、マスターがスターバックスで頂くエスプレッソもイタリア語で「急行列車」の意味でこのハイボールも開拓時代のアメリカの鉄道信号が由来との事で飲み物とは言え鉄道と由来があるのでドンピシャだね!と突っ込み、登戸のM君は炭酸系が多く飲めると思いきや、駅から自転車との事で「飲酒運転はアカンね!」と納得。こちらも例会の後で酒類を嗜まないのは下戸に加え、帰り道でもネタ拾いをするので見落としやホームからの転落と安全対策も兼ねています。20時を少し回った頃には散会となり、運転部会の支部委員H氏と遊んだり、しばらく待ってダブルM君と井の頭線の裏側まで進んで解散となりました。

 渋谷から20時35分発の急行(001A/1765×5)で吉祥寺まで乗ります。日曜日の夜というと結構混むのでは?と思ったら23区内を脱出する頃には結構車内に余裕が出来たのには驚き、吉祥寺に着きました。

 吉祥寺から21時丁度の高尾行きで八王子まで乗り、普段は三鷹から中央特快でも良いものの、学生時代の集まりと言うと吉祥寺から八王子まで快速で乗り通しが多く、武蔵境〜武蔵小金井あたりで座れるので今日は東小金井で座れて都内へ行くと中央特快に乗る事が多い我が身も快速電車の窓越しながら駅名標もナンバリング+多言語入りに書き換えている様子をチェックし、立川では『あずさ』35号の待避をして向かいます。

 もう少し気候が暖かなら5461列車あたりまで見られますが、今日は外気が寒く、大雪の後故に早めに切り上げてご帰還の途に就く事となり、2085列車くらい見て切り上げました。先ずは86列車の編成をチェックします。

○86列車…最初は87列車が機関車だけで無いと思って様子を伺うと短い5両編成での到着で582番を初チェック。
△根岸
タキ1000-604 JOT[E]/根岸
タキ1000-790 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-761 JOT[E]/根岸
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 全検29-4-14川崎車、自重16.6t
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 全検28-10-13川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
HD300−5
根岸*=旧郡山常備車

 3・4番線に戻って待合室でiPod touchを充電しながら過ごし、タンク車の到着を待つ間に甲府行きの211系を見ると珍しくロングシートの3000番代(それも1本目で1000番台とほぼ同期です)が参上(561M、←クモハ211-1005×3+3001×3/長ナノN320+N306編成)しました。また、『スーパーあずさ』のE353系も宵の内は初顔合わせで勿論デジカメに収め、今日の『スーパーあずさ』36号は(←クモハE353-4×3+クハE353-4×9(長モトS204+S104編成))の編成です。2085列車の到着の少し前に2番線をコンテナの2082列車が通過してEH200-9牽引でコキ106・107の両形式合わせて10両編成で積んでいるのは最後尾に5個だけ。

○2085列車…一杯の17両編成で到着して最後尾の819番は全検後初顔合わせで根岸にいる範囲の浜五井常備の車は全車パーフェクト。
△篠ノ井(坂城)
EH200-1
タキ1000- 40 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 45 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 全検28-12-14川崎車、自重16.7t
タキ1000-352 JOT[E]/根岸* 全検28-11-9川崎車、自重16.4t
タキ1000-214 JOT[E]/根岸*
タキ1000-584 JOT[E]/根岸 全検29-5-15川崎車、自重17.2t
タキ1000-608 JOT/根岸
タキ1000-357 JOT/根岸* 全検28-12-27川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-766 JOT/根岸 無
タキ1000-679 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-366 JOT/根岸* 全検29-4-26川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-295 JOT[E]/根岸* 全検28-12-24川崎車、自重16.7t
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 69 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸*
タキ1000-819 JOT/浜五井 全検29-9-13川崎車、自重17.0t
根岸*=旧郡山常備車

 予告通り2085列車まで片付けて改札口から南口へ向かう途中の自販機でジョージア贅沢カフェラテを買ってから南大通りは凍結を懸念してか歩かずタクシーでご帰還となり、横浜本拠のS交通のものに当たり、この頃は東京オリンピックに向けてサービス合戦が繰り広げられるようになりましたが、マスターが乗った車には偶々、体調が優れない人向けにゆっくり走らせてほしいと指示する「タートルモード」付きに当たり、これも何かの賞を受賞したのを思い出し、通常モードで無事帰宅と相成りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧