タキ44000

2017年6月30日 (金)

H29.06.30 八王子駅

 暫く本業の方が疎かになりましてご無礼申し上げます。先週はイーアス高尾がオープンしてグランドオープンの当日も西八王子から9時半頃の万葉けやき通り経由のバスで行きまして、マスターもスターバックスが行きつけなのかついつい足繁く通います。行く度顔馴染みのパートナーさんに出会したりして思わぬサプライズも。今日も午前中、オートチャージのドリンク券が3枚程残あるので一枚を使って飲みに行き、抹茶ショット入りのチョコケーキフラペチーノをいただきました。この週末は都議選が迫ってバスに乗るとイヤにシルバーパス片手のシニア層が多く、東京都自体、財政が豊富で成せる技なのですが、これがSuicaやPASMOと違ってICカード化されておらず東京都の福祉局にはこのシステムを応用しようと考えるものが居ないのか感じる程で実現すれば都営地下鉄(メトロと事業統合後が気掛かりです)や都電、各路線バスの乗車状況のデータが取れるものと思われますが、新しい都議さんにはこの事について噛み付いて欲しい所です。

 いつも夜というと例会の帰りに出掛ける頃が多いですが、セレオのスターバックスの有料コーヒーセミナーがあったので今日は先ず、ここに顔を出してからネタ拾いに勤しもうと思った次第です。

 スターバックスのコーヒーセミナーは19時半からなので少し早めに入りたいと思い、18時半を回った頃に出発。日没は19時前後なのかまだ空が幾分明るく夏至は過ぎたとは言えとも降る事が多いこの時期としては貴重な空の様子をデジカメに収めて西八王子駅南口のバス乗り場へ向かい、お目当ては18時57分発の南大通り経由の八王子駅南口行き。先客はつば広帽に髪が長くシャツも長袖なので一言も発しないのでどこか怪しい雰囲気のオバサンで「こんな時間に何出歩くんだこのババァは!」と思いましたが、小学校の周りでこんな格好して出歩くと間違えなく呼び止められますね。貸切とは行きませんでしたが疎らな乗りで出発し、盲学校からは専攻科(つまり、マッサージ師の資格取得の為の課程です)の補習があって遅くなった生徒さんや消防署の前からは日勤明けの消防士さんと言った感じのお客さんと見て八王子駅の南口へ。

 バスから降りるとサザンスカイタワー経由で暮れなずむ手前の西側の空をデジカメに収めてからSuicaをチャージしてからセレオの2階へ。先ずはちょこっと有隣堂アネックスに立ち寄ってからスターバックスのセミナーは大きなテーブルの南側でお客さんは私含めて三人で自転車を漕いで来たお兄ちゃんや真向かいはマスターと同じサウスポーのポチャっとしたお姉ちゃんで。ストアマネージャーさんがレクチャー役で先ずはソロフィルターでこの時期アイスコーヒーで出す事が多いキタムを使ったドリップ、続いてレモンスコーンとのフードペアリング、最後はオリガミ(スターバックスオリジナルのドリップタイプです)のKATI KATIブレンドを使ってあっという間の1時間、楽しく過ごす事が出来、テーブルの上にコーヒーパスポートが置かれて居ましたが、マスターは既に持っているのでお返ししてお土産のスターバックスカードを頂くのと共にイーアス高尾店のレポートを纏めたので今日はこれがあった事から先ずはセレオのお店へお持ちして追って八王子駅周辺の各店や当のイーアス高尾店にもお持ちしますのでご期待ください(また、近いうちには府中へ行かねば………)。

 終わるのが20時半だったので丁度、3番線に5460列車の編成が止まっているので喜び勇んでゲートインして2番線へ歩を進めます。

○5460列車…3月のダイヤ改正以降は頑張るようになり、4月の例会の帰りに5461列車がすぐ出発してしくじりましたが、少し待ちましてリベンジの段となりました。編成も先頭は東藤原から全検入場へ向かう太平洋セメントのタキ1900、オイルターミナルは先頭にタキ43000のトップナンバーで今年のお正月明け以来のご対面です。タキ1000は旧矢羽根色(青文字が新しく現車データをキャッチした車でタキ1000-750は訂正です)が続いて後のツートンカラーは根岸行きのタキ1000だなと思ったら大当たり。全検入場1両、浮島町行き15両、根岸行き2両の計18両と大漁なり。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-3
タキ81918 太平洋セメント/東藤原 全検24-8-22名古屋車(29-6-7切)、自重13.8t 東藤原6/29発→全検入場
タキ43000 OT/宇都宮タ※ 無
タキ43172 OT/南松本 無
タキ1000-720 OT/川崎貨物◎ 全検28-12-27川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-695 OT/川崎貨物◎ 全検28-6-16川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-702 OT/川崎貨物◎ 全検28-9-14川崎車、自重16.9t
タキ1000-742 OT/川崎貨物◎ 全検29-5-18川崎車、自重17.1t

タキ43135 OT/郡山 無
タキ43353 OT/倉賀野 無
タキ1000-750 OT/川崎貨物◎ 全検28-8-1川崎車、自重17.0t
タキ43410 JOT/根岸 全検27-11-21川崎車、自重15.7t UT
タキ43357 OT/南松本 無
タキ1000-714 OT/川崎貨物◎ 全検28-10-11川崎車、自重17.0t
タキ1000-734 OT/川崎貨物◎ 全検29-5-29川崎車、自重16.9t
タキ1000-730 OT/川崎貨物◎ 全検28-10-20川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-725 OT/川崎貨物◎ 全検28-11-2川崎車、自重17.1t 無◆

タキ1000-756 JOT[E]/根岸  ↑根岸行き 無
タキ1000-148 JOT[E]/根岸* ↓ 無
OT所有車の※=旧西上田常備車、OTタキ1000の◎=旧矢羽根色、UT=宇都宮タ借入、根岸*=旧郡山常備車、◆=塩浜派出に交番検査入場のあと浮島町へ回送

 5460列車のチェックが終わるとお手洗い(工事中で仮設がホーム伝いにあります)を済ませて21時02分発の快速電車で豊田へ向かいます。プレミアムフライデーと言いつつも結構乗っていましたが、このような施策も政府が旗振る一方でなかなか浸透しないのはどうかと思われます。

 豊田で降りるとホーム、改札内といつの間にかナンバリング入りのフルカラー案内表示に変わって中央線の快速電車で今のところ、西八王子と国分寺と豊田だけかな?と思い、階段を昇った所でイーアス高尾のポスターを発見。改札を入り直して最初は『むさしの号』で帰ろうと思いましたが、一本早い21時13分発の高尾行きに乗る事にして先行が1番線に入線して豊田折り返しと思いきや、立川辺りからの回送で来た様子で車内のライトが真っ暗でした。

 再び八王子駅に戻ると3番線では『むさしの号』の車内整備をするガードマンさんの姿が見えて205系かなと思ったら大当たり(クハ205-46×8/千ケヨM4編成)。このまま東側の跨線橋から1・2番線へ。八高線の電車や上りの快速電車を待つお客さんで混む中を止まっていた86列車(今日の87列車で到着)に乗せるタキ1000の編成をチェックします。

○86列車(7/3発)=編成はいつもの14両編成と思ったら1両多い15両編成で今のデジカメを持ち歩くようになってから暗くて見えない前方のナンバーもバッチリ見られます。369番だけがデータ未確認でしばらくご勘弁を。
△根岸
EF210-1**
タキ1000-794 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-369 JOT[E]/根岸* 全検29-**-**川崎車、自重16.*t
タキ1000- 85 JOT[E]/根岸*
タキ1000-223 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-846 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-255 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-631 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-201 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-766 JOT/根岸 無
タキ1000-249 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-863 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 71 JOT[E]/根岸*
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 全検28-8-1川崎車、自重16.9t
タキ1000-156 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
(少し離れてHD300-17停車)
根岸*=旧郡山常備車

 一通り86列車の編成を見ると3・4番線に戻って3番線の次世代自販機でポッカサッポロ・国産和梨ソーダを買って待合室で一休み。211系の甲府行き(組み合わせが前3回見たのと同じパターンでした)、『成田エクスプレス』50号と見てお次は坂城行きの2085列車、やはり金曜日の宵のウチのお決まりでしょうか下り電車も22時を回る前後から2〜3分遅れるようになり、2085列車の編成を見ている間に横浜線のホームで非常ベルを押して何かあったのでは?と感じました。また、コンテナの2082列車も10分近く遅れて2番線を通過するとEH200-21牽引で10両編成の2、3両目の全部と4個目の1個にJOTの青いバルクコンテナが積まれ、他の車は全て19系コンテナオンリーといった様子です。

○2085列車…やや短めの12両での到着で遅れの影響でしょうか八王子発も少し遅れて出発しました。先頭は将棋棋士のお名前ではありませんが、123番がたまたま連結。
△篠ノ井(坂城)
EH200-6
タキ1000-123 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 81 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 69 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 72 JOT[E]/根岸*
タキ1000-196 JOT[E]/根岸*
タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-604 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-194 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車

 こちらも一通りチェックし終えると再び3・4番線の待合室で一休み。『中央ライナー』7号が3番線に入ると前後して浜五井からの2081列車が到着するのでこれまで一休み。合間に『四季島』のポスターをデジカメに収めつつ今年の暑中見舞いのハガキはこの図案をヒントに使いますが、もう支部総会から2週間経つのでそろそろ手をつけなくては………。また、ipod touchもこの間に充電します。例によって『中央ライナー』7号は遅れて到着しましたが、高尾から回送する211系はクハ211-1×6(長ナノN601編成)が参上。甲府方の先頭はクハ210-1と何処か電気機関車を思わせます。

○2081列車…今月の例会の日は久し振りに頑張って確認しましたが、今日はどうかなと思いつつ、編成は11両。昨年の全検車では246番を初めてキャッチ。先程の123番の丁度倍です。
△南松本
EH200-19
タキ1000-888 JOT/根岸 無
タキ1000-334 JOT/根岸 石油類)黒地▼
タキ1000-627 JOT/根岸 無
タキ1000-890 JOT/根岸 無
タキ1000-857 JOT/北袖# 無
タキ1000-506 JOT/根岸 無
タキ1000-654 JOT/根岸
タキ1000-266 JOT/四日市*
タキ1000-662 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000-246 JOT/浜五井* 全検28-8-24川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-682 JOT/根岸
浜五井*、四日市*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車、表示板の▼=逆向き

 例によって23時から24時台に変わる頃は電車が決まって遅れるので貨物列車もどうかな?と気にして表情も固くなりますが、EH200のライトが目に飛び込むとホッと一安心。

○5462列車…3番線に到着するものの、ホンの駆け足で出発。編成も短く13〜14両くらいと思ったら現車10両(211系が止まると3両ダブルの前方がかぶる位です)で最後尾がA重油専用車で八王子向けより短い格好です。
△根岸
EH200-11
タキ1000-877 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-754 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-224 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-625 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-279 JOT/浜五井* 無
タキ1000- 84 JOT[E]/根岸*
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸*
タキ1000-115 JOT[E]/根岸* (A重)
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車

○5461列車…ダイヤの遅れの影響でしょうが日が改まってからの到着となり、対の5460列車同様長い編成で参上。先頭は根岸からのツートンカラーのタキ1000が据えられた他は全て浮島町からのオイルターミナルのタンク車ばかりでここでも黒塗りのタキ43000を1両キャッチ。冬場は良く八王子行きの8461〜8460列車で来たナンバーが目立ちます。また、久し振りにタキ44000も参上し、タキ1000は5460列車では旧矢羽根車だけでしたが、こちらは三色揃い踏みとなり、キリ番の100番が入っていた他、H17新製車の中から未確認だった670番を初キャッチ。
△南松本
EH200-901
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 根岸発 無
タキ43031 OT/倉賀野
タキ1000-749 OT/川崎貨物◎ 全検29-4-4川崎車、自重16.9t
タキ44010 OT/倉賀野
タキ43348 OT/倉賀野※ 石油類)黒地▼
タキ43199 JOT/塩浜 UT
タキ1000-722 OT/川崎貨物◎ 全検28-9-23川崎車、自重16.8t
タキ1000-752 OT/川崎貨物◎ 全検28-7-15川崎車、自重17.0t
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 全検27-9-18川崎車、自重16.8t 無
タキ43021 OT/南松本 無
タキ43266 OT/倉賀野※ 無
タキ43356 OT/南松本 無
タキ1000-448 OT/倉賀野□
タキ1000-100 OT/倉賀野□ 無
タキ1000-671 OT/宇都宮タ 無
タキ43012 OT/倉賀野※ 全検28-4-1川崎車、自重15.5t 無
常備駅の※=旧西上田常備車、OTタキ1000の◎=旧矢羽根色/□=旧帯入り、UT=宇都宮タ借入、表示板の▼=逆向き

 電車の遅れと比例してフィニッシュが若干遅くなりましたが、改札を出るとNEW DAYSで夜食のおにぎり、自由通路の自販機で伊右衛門の小さなペットボトルを買って南大通りを一直線。カレンダーを捲るともう一年の半分が終わったことになり、タキ1000でも矢羽根色の1/3が判明し、この夏から秋頃までは久し振りにタンク車の調査に力を入れて行こうと思っていますのでご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

H28.12.23 大宮周辺

 八王子から9時52分発の『むさしの号』(2635M、クハ205-34×10/千ケヨM25編成)で大宮まで乗ります。3連休が始まってKIOSKの脇に立つと『あずさ』に乗るお客さんが多い事も実感。殊に最近はキャスターバッグ片手のお客さんが余りに多く、気を付けて欲しい所で本音を話すとこちらはスイスイ行きたい所を殆どがチンタラしている奴ばかりで昔の様に手荷物運賃払わないと載せないよ!と言う風に制度を改めた方が筋なのですが………(昔なら間違えなく請求されます)。余談はさておき、出発と前後して8460列車のタンク車が入り、前4両が浜五井行き(OTタキ43353・43161、JOTタキ243664・43296=間違えていたらごめんなさい)と連結し、EF210のナンバーも見られるかなと思ったら下り電車と被って空振り。オイルターミナルの基地は今日の8097〜8092列車はタキ1000が少なくとも5両の短い編成と言った所でさすがに大宮行きの電車だけあってこれから新幹線で東北各地や新潟、長野に加えて北陸、北海道・道南へ向かわれるお客さんもお有りと言った様子で3連休の初日の様子を感じさせ、中には遅めの出勤と言った御仁も見られ、この頃はブラック企業と言う名詞が社会問題になりつつありますが、歳末を控えて平日扱いの所が多いのは仕方ありません。立川は4番線の到着。丁度竜王行きの83列車が止まって出発する所で八王子着は平日より10分遅い頃合いで編成もコンテナ車4両にタキ1000が12両といつも通り。国立の3番線からこのまま武蔵野線への短絡線に入り、足取りがイヤに快調に進み、大宮発で乗るといつもこの辺りは比較的鈍足になりますが、我が表情も驚きながら武蔵野線の新小平に入り、時刻表を見るとこの電車は50分弱の到着なので結構速く、武蔵野線に入ると各駅からの乗りも多く、武蔵浦和や南浦和の乗り換えがある事を思うと3連休で新幹線で遠出の向きには持って来いといった所ですね。途中、新小平でクハ205-50×8(千ケヨM10編成、有馬記念ラッピング/81E運用)、新座タの発着線はコキ104・106・107などの23両編成が控えているだけでHD300は何処へやらといった雰囲気で荒川の鉄橋を渡ると西浦和から大宮操への短絡線へ。中央線から武蔵野線に入るときは快調に飛ばした足取りもここでは湘南新宿ラインが遅れているのかゆっくりとした足取りで貨物線に入り、大宮操ではEH500牽引の3074列車(新座タ行き)、EF65+空車のコキ104が4両は隅田川からの8791列車(倉賀野行き)or8593列車(宇都宮タ行き)と見て大宮駅は11番線に到着。

 大宮駅に着くと乗っていた番号の先頭はクハの34番で山手線の電車から見ると国鉄時代最期の編成に当たり、前の方に乗っていたらキリ番の100番改め5049番に乗っていた事でこの後で東海道・山陽緩行用に入ったので民営化後は41番からうまく揃えたのは有名な話です。さて、『むさしの号』から降りると湘南新宿ラインからの電車を待つ列を分け入る様に浦和方へ。総合車両センターの南側の留置線には珍しく小田急の4000形が3両控えて(←宇都宮:4460+4410+4510)といたので4060の編成が入場しているなと伺え、小田急の電車と言うと相模大野の工場に入るのがお決まりですが、どこか機器の補修があるのかJRに外注したのだろうと思い、E233系ベースの電車らしい所が伺えます。暫く経つと9番線に『レインボー』カラーのEF81 95が参上。エキュートのお手洗いで用を足してから3・4番線へ。

 大宮から新都心へは10時53分発の小田原行き(1553E、←クハE231-6004×10+8003×5/宮ヤマU504+U6編成)に乗ります。丁度、6番線から大宮操の発着線へ向かう倉賀野からの3090列車と並走する形で進み、下り線を跨ぐ辺りで足取りがゆっくりしていたので新都心のホームではすんなり見られそうだな!と思った次第です。

 さいたま新都心は1年以上ご無沙汰しましたが、浦和方には八王子駅の1・2番線東京方同様、3番線側にドリンクの自販機が鎮座して変な奴がいる時は意外と死角になりますが、幸いカメラ片手の御仁は誰もおらず、先ずは3090列車、続いて到着した臨時の8175列車の様子をチェックします。

○3090列車…この時期らしい一杯の19両編成で大宮から乗った電車と足並み揃う形で走り抜けると大宮操へ入る辺りで足取りもゆっくりしてこちらの方が先着となり、さいたま新都心のホームに降りるとバッチリと見る事が出来、ガソリン、灯油・軽油積載組のお尻の方は丁度10日ほど前に八王子行きの列車に入っていたナンバーもあり、全検出場間もないナンバーの1両である355番を漸くキャッチ。
△根岸
EF210-114
タキ1000-492 JOT[E]/根岸
タキ1000-476 JOT[E]/根岸
タキ1000-587 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-211 JOT[E]/根岸* 全検27-12-16川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-370 JOT[E]/根岸* 全検28-12-1川崎車、自重16.7t
タキ1000-868 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-284 JOT[E]/根岸* 全検28-4-25川崎車、自重16.9t
タキ1000-267 JOT[E]/根岸* 全検27-12-17川崎車、自重16.6t
タキ1000-355 JOT/根岸* 全検28-11-8川崎車、自重16.6t
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸*
タキ1000-122 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-119 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-134 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地、(A重)
根岸*=旧郡山常備車

○8175列車…浜五井発の臨時列車で同じ宇都宮タ行きの5683/5686列車の輸送力を補う形で設定されています(返送は5686列車にひとまとめ)。オイルターミナル所有の3形式(偶々ですが、タキ44000が多く連結されていました)にタキ43000のJOT車は北海道から戻った車(後で前に撮影した画像をひっくり返すと6年前の今日は地元で見ていた記録があります)やツートンカラーと連結。以前はこの大宮操を通過していた列車で今年の3月ダイヤ改正から止まる様になり、平日ダイヤはお昼頃の着発ですが、土休日ダイヤは1時間ほど早くなる様です。
△宇都宮タ
EF210-118
タキ44021   OT/倉賀野※
タキ43002   OT/宇都宮タ※
タキ43170  OT/南松本 全検28-5-30川崎車、自重16.0t
タキ44012   OT/倉賀野
タキ44001   OT/南松本
タキ43354   OT/南松本
タキ43256   JOT/浜五井# 全検25-4-18輪西派、自重16.1t
タキ1000-376 OT/宇都宮タ 石油類)黒字、K
タキ243772  JOT/塩浜*
OT所有車の※=旧西上田常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、塩浜*=旧郡山常備車、K=郡山臨時常備

 ウォーミングアップで2本熟してから改札を出て『むさしの号』は新都心駅は止まらないので運賃計算上ではセーフでゆるキャラやユニセフの募金団に見守られてお昼は『カフェタマ』でホットドッグと狭山茶の焙じ茶の昼食。ホットドッグのウィンナーはサイボクハムのものかな?と言った所で合間をみては先程見た範囲の肉付けや後で見る列車の準備をします。

 他の貨物列車では秋田貨物→東京タの2092列車は後方の新潟タ発のパートを見るといつも見掛けるボルテックスセイグンの茶色いUT15Kが2個(98005は確かですが、もう1個は4番線の電車にかぶって失念)、EUROTAINERのEURU167872[0](コキ106−444に積載)、ボルテックスセイグンのUT8C-5047(塩化メチレン専用、コキ106−747に積載)とタンクコンテナをチェック。試運転の6794列車(熊谷タ→東京タ)が通過するとEF65 2068[JR貨物色]の牽引、タキ1000-302(JOT/浜五井)、タキ1000-711(OT/川崎貨物)の全検出場車と連結。

 電車ではマスターが八王子から乗った『むさしの号』の205系が東大宮で折り返して東所沢へ回送するところを見て、この後では面白いシーンを見まして思わずデジカメのシャッターを切りましたが、651系の並走で4番線側は『草津』83号、貨物線(湘南新宿ライン)は『あかぎ』8号を担当して新宿から東大宮への回送で前者は日によって185系(『はまかいじ』や『ホリデー快速』と同じ普通車だけの6両編成で)が担当する日がありますが、651系となると驚く事間違えありませんが、常磐線時代ではありえへん姿を目の当たりにしました。お天気は申し分ないものの、ビルの谷間故に風が強い。

○3093列車…9月の遠征の際に見たものの、3月ダイヤ改正でEH200牽引からEF210牽引に変わっているのが抜けていた様でうっかりメモ。編成は八王子行きの列車と同じ14両編成。先頭だけがA重油積載車の137番で昨年の全検車で未確認でしたが、漸くキャッチしました。
△倉賀野
EF210-115
タキ1000-137 JOT/根岸* 全検27-7-3川崎車、自重16.5t 石油類)黒地(A重)
タキ1000-271 JOT[E]/根岸* 全検27-12-3川崎車、自重16.7t
タキ1000-610 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-256 JOT/根岸* 全検28-10-28川崎車、自重17.0t
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸*
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 全検28-9-5川崎車、自重16.8t
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地▼
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-836 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 全検28-5-9川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-259 JOT[E]/根岸* 全検28-9-9川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-253 JOT[E]/根岸* 全検28-6-16川崎車、自重16.6t
根岸*=旧郡山常備車、▼=表示板の逆向き

 コンテナの列車では30分遅れの3086列車(札幌タ→名古屋タ)はEH500-40牽引でコンテナでは札幌通運のU45A(U48Aやエコライナー31と同じウイングルーフタイプ)、丸運のUF16A-651と積まれ、6096列車(仙台タ→隅田川)はEH500-16+コキ50000の編成。コキ50000の前は結構見掛けた形式ですが、コキ107の急迫であれよの間に減ってこちらも1年以上見ていなかった記憶ながらコンテナはどの車も19Dオンリー。1両だけ空車や通風のV19Cの一色塗りも1個見られ、19Dを見るとJRFマーク+菱形模様が綺麗に並んでいるなと思いつつもここ2年程JRマーク+無地のタイプが登場したのか1両に1個は見られる様になり、このショットも思わず収めました。合間合間にやって来る電車でE233系が両方向から来るのでさすがに久し振りに訪れただけあって頑張ってシャッターを切った次第でもう少し早い時期に来ていたら年賀状の絵柄に使いたかったなと悔やみも出て来ますが、京浜東北線のホームを見ると少しずつホームドア設置の準備が始まり、今後は横浜辺り(根岸線に入ると横浜線の電車も入ります)まで進める予定でここが手始めと言われています。

○4074列車…幾度と無くこの列車は見ているものの、タンクコンテナは速星発の化成品と川崎貨物行きのメタノールがお馴染みですが、前者は液化アンモニア1両、希硝酸2両の組み合わせは初めてで過去最大のボリュームとなり、メインのタキ1000に目を転じると前方には9月に新製したばかりの新車(幸い、ホームからデジカメに収める事が出来ました)やこれまで貯まっていた残務処理が片付けました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-15
コキ106-844 ↑速星→川崎貨物 日産化学UT10C-9,UT10C-7,UT10C-5
コキ200- 70 日産化学UT14C-8015,UT14C-8030
コキ200- 90 ↓ 日産化学UT14C-8012,UT14C-8022
コキ200- 11 ↑川崎貨物行き OT UT26K-98018,UT26K-98019
コキ200-112 OT UT26K-98020,UT26K-98021
コキ200- 26 OT UT26K-98022,UT26K-98023
コキ200- 32 OT UT26K-98024,UT26K-98025
コキ200- 24 ↓ OT UT26K-98026,UT26K-98027
タキ1000-650 OT/倉賀野 無
タキ1000-966 OT×/宇都宮タ 新製28-9-6日車、自重17.2t
タキ1000-674 OT/宇都宮タ 全検27-10-26川崎車、自重16.9t 石油類)黒地▼
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 石油類)黒地▼
タキ1000-336 OT/倉賀野 無
タキ1000-387 OT/宇都宮タ 石油類)黒地▼
タキ1000-385 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-665 OT/倉賀野 全検27-10-8川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-666 OT/倉賀野 全検27-11-5川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-394 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-337 OT/倉賀野 石油類)黒地▼
タキ1000-887 OT×/宇都宮タ 無[塩浜派出で交検→浮島町行き]
OT×=エコレールマーク無し、▼=表示板の逆向き

 新都心の駅は京葉臨海からの5683列車まで見る予定でしたが、今度は到着が繰り下がって1070列車と干渉することを懸念(実際、大宮駅で被る形でやって来ました)しまして、4074列車を片付けた後の12時31分発の小金井行き(539M、クハE231-6046×10/宮ヤマU546編成)で大宮まで乗ります。丁度、先行する宇都宮線の電車で車両点検が発生した影響で7分程止まり、空いているシートを見付けてiPod touchで見た列車の内容を転記しながら過ごします。

 大宮駅に着くとすぐ後に到着した『草津』3号は『ぐんまちゃん』ラッピングのクハ651-1004×7(宮オオOM204編成)が参上。思わぬサプライズで温泉やSL、ゴルフと上手く絡んでいます。8564列車の編成を見ると8・9番線から3・4番線へ移動し、1070列車の到着を待つ形でまた整理しますが、アレ!到着が早い!とEF210が牽いていた頃の感覚が抜けませんね。

○8564列車…定刻の運転ならお昼頃に新都心の貨物線を通過する列車ですが、この少し前に宇都宮線の電車で車両点検があった影響でしょうか遅れていた様子が見られ、大宮駅の5番線で少し休む形で40分遅れての出発となりました。編成のタキ1000は全てガソリン、灯油・軽油積載車オンリーの編成です。
△根岸
EF65 2095[JRF色]
タキ1000-439 JOT[E]/根岸
タキ1000-582 JOT[E]/根岸
タキ1000-852 JOT[E]/根岸
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
タキ1000-244 JOT[E]/根岸* 全検28-4-6川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-504 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-628 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-231 JOT[E]/根岸* 全検28-4-1川崎車、自重16.9t
タキ1000-369 JOT[E]/根岸*
タキ1000-469 JOT[E]/根岸
タキ1000-769 JOT[E]/根岸 全検28-**-**川崎車、自重16.*t
根岸*=旧郡山常備車

○1070列車…3月のダイヤ改正から黒磯の付け替えが無くなり、越谷タまでEH500牽引の姿をデジカメに収めようと思いましたが、前の列車をまとめていたのでしょうかEF210が牽いていた頃より若干到着が早くなり、うっかりして凡ミスを犯してしまいました。一杯の18両編成で盛岡タ常備車や旧JOT車(H22新製車で887番は前述の4074列車に連結)が揃ったスタイルに加え、昨年の新製車はJOT塩浜常備車ばかりと思いきや、後半はOT郡山常備車と不勉強となり、失礼したのとあとは年明けのお楽しみでご期待下さい。
△蘇我(浜五井)
EH500-21
タキ1000- 97 OT/倉賀野 A重
タキ1000- 98 OT/倉賀野 ■
タキ1000-409 OT/盛岡タ A重
タキ1000-408 OT/盛岡タ ■
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000-303 OT/盛岡タ 石油類)黒地
タキ1000-374 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-381 OT/宇都宮タ
タキ1000-956 OT×/郡山 新製27-9-11日車、自重17.2t
タキ1000-379 OT/宇都宮タ
タキ1000-883 OT×/宇都宮タ 全検26-**-**川崎車、自重16.*t
タキ1000-886 OT×/宇都宮タ
タキ1000-449 OT/倉賀野
タキ1000-957 OT×/郡山 新製27-9-11日車、自重17.2t
タキ1000-304 OT/盛岡タ
タキ1000-885 OT×/宇都宮タ
タキ1000-378 OT/宇都宮タ
タキ1000-884 OT×/宇都宮タ
OT×=エコレールマーク無し、■=黒油専用

 3番線で1070列車を見終えて8099列車の到着まで時間があったので一度改札を出る形で北側の跨線橋へ。京浜東北線と宇都宮線との丁度真上のNEW DAYSで忘年会の差し入れでとんがりコーンを2袋仕入れて11番線へ。253系の『きぬがわ』5号が入る前後に10番線に入るのですが今日は祝日、運転があるかどうか………。この間、試運転や検査の回送を送る6795列車の様子もキャッチしました。

○6795列車…この列車番号を見ると、川崎車両所の全検出場車の試運転が先ず挙げられますが、編成内容が実に多彩で前方でホキ10000が続いていままで熊谷タ派出で交番検査を受けていた分を塩浜派出へ移管した事が伺えます。空車で扇町に着いてから送っても良いのですが、三ケ尻の時点で入れ替わる様ですね。ちなみに後3両が本来の全検出場車の試運転です。
△熊谷タ
EF210−170
ホキ10105 太平洋セメント/武州原谷 ↑三ケ尻行き
ホキ10231 太平洋セメント/武州原谷
ホキ10157 太平洋セメント/武州原谷
ホキ10165 太平洋セメント/武州原谷 ↓
タキ1000-453 OT/倉賀野 倉賀野行き
コキ104-1501
コキ104-2676
タキ1000-295 JOT/根岸* 全検28-12-24川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備車

 大宮から13時33分発の平塚行き(1877E、クハE231-6034×10/宮ウラU534編成)で浦和へ向かうと南側のガードで貨物線をEH200が牽く8099列車が走っていたので到着が遅くなった様でこれまた凡ミスとなりましたが、編成も前4両が浮島町発の他は他の12〜16両は根岸発の組み合わせです。

 浦和へ到着すると東口から真っ先にパルコへ足が赴き、スターバックスでピーカンナッツラテを一杯。テーブル席が埋まっていたので補助椅子を借りてサッと頂く形で失礼して10階のコミュニティーセンターへ。すでに忘年会の席ではN支部長による昭和30年代に撮影された国鉄車両のカラースライドの映写が始まり、真っ暗の中、空いた席に腰掛けると先に到着したU氏、M君の姿も。他にもいつもの皆さんの他にも6月まで東京支部の支部長を務められたT顧問も見えられて例によってお菓子の差し入れはマスターのとんがりコーンとO氏の『都電もなか』も加わり、17時少し過ぎに散会。マスターも暫く例会の方はご無沙汰している方ながら顔馴染みの皆さんにお逢い出来てチョットした情報交換をするのも楽しみです。

 パルコから東口の少し前までU氏と話しながら歩き、浦和から南浦和まで京浜東北線、南浦和から西国分寺の武蔵野線は行きに見掛けた209系の編成(クハ209-513×8/千ケヨM71編成、41E運用)に当たり、西国分寺で降りた時はシャッターを切ったのは言うまでもありません。

 西国分寺で中央線の快速電車に乗り換え、1〜2本早かったら立川で松本行きに乗り換えが出来たのですが、高尾行きなのでこのまま八王子まで乗ります。

 八王子で降りると少し待って坂城行きの5463列車が到着するのですが、少し遅れている様子で本来なら待つ所をこの冬は喉を痛めたマスター、来月10日は通院の日なのでこれまで養生せねばと止まっていた86列車で返送する分を見ずに改札を出て南大通りを一直線、19時には無事、自宅へと到着して平成28年の鉄道友の会関係のお出掛けは終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

H28.02.11 八王子駅

 この間の日曜日は埼玉サークルのロングラン例会で暫く、手薄だった南松本からのオイルターミナルの列車を見ようと出掛けましたが、機関車だけで空振りとなり、今日は珍しくリベンジの形で宵の内の襲撃となりました。

 夕方は6時台の間に夕食を済ませ、暫く休憩をしてから支度をして19時半頃に出発。祝日の夜は意外と繰り出す人が多く、カラオケボックスで楽しんだ若者や遊び帰りとイヤ多いですね。西八王子の南口から富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗ると他はお出かけ帰りの奥さんくらいで丘の上から富士森あたりまで南口へ向かうお客さんを拾って指で数える位の乗りでの到着です。

 イルミネーションを楽しみ、先ずはビックカメラで貨車研の会報のPDFを入れるDVDを買いたかったのでスピンドルで量が少ない所をセレクト。20枚以上入っていると使い切るのに3〜4年は掛かるので丁度10枚入りを見付け、次に買うのは来年の秋口かな?といった具合です。それにしてもこの時間帯で幼児を連れた親子連れが多く何考えとるんだと怒りたくなりますね。

 続いてセレオのスターバックスで時間調整。この時間の来店が珍しく、パートナーさんでも遅番専任の方もいますが、幸い皆さん顔を合わせている範囲で安心し、24時頃まで見る身を案じてトールタンブラーを持参してコーヒー&クリームラテを頂きます。テーブル席は満杯でお気に入りの有隣堂側のレザーのベンチ席で準備をしながらの一杯でこれから見る5460列車はエクソンの列車なので同じアメリカ生まれで験担ぎと言った所です(因みにラストは対の5467列車までで)。

 5460列車の到着まで15分ほどあったので前後に北側で控えていた86列車も八高線の209系で隠れない範囲でチェックします。

○86列車(2/12発)…お昼頃見る列車と同様の14両編成の入線でアレ、先週あたり竜王行きの列車で見掛けたナンバー(3〜13両目が5日の83列車〜6日の80列車、前2両が同じく一昨日の83列車〜昨日の80列車で87列車では今日の到着の様です)もちらほらと連結して541番はここで漸くチェックしました。
△根岸
タキ1000-769 JOT[E]/根岸
タキ1000-558 JOT[E]/根岸
タキ1000-541 JOT[E]/仙台北港 全検27-9-4川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-820 JOT/浜五井 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-631 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-625 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-232 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-798 JOT[E]/根岸
タキ1000-195 JOT[E]/根岸* 全検27-4-23川崎車、自重16.8t
タキ1000- 90 JOT[E]/根岸*
タキ1000-865 JOT/根岸

タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地
HD300-8
根岸*=旧郡山常備車

 さて、満を持して5460列車の到着を待つと平日ダイヤは30分ほど止まるのですが、休日ダイヤはどういうわけか意外な事になりました。編成は短かったものの、半分片付いた所で突然出発の段に。

○5460列車…短い6両編成ながら顔触れは多彩なれど何と!5分ほどで出発しましたが、分からない所は対の5467列車であらかた補足しましたので間違えた所が出ましたら今後ご期待下さい。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-15 Ps
タキ44004   OT/郡山
タキ1000-735 OT/川崎貨物◎ ※
タキ243728  JOT/浜五井# 全検23-11-7輪西派、自重16.3t 無
タキ44002   OT/倉賀野
タキ43328   JOT/根岸 全検25-4-10川崎車(31-9-9切)、自重15.7t
タキ43252   JOT/根岸 全検25-11-27川崎車(31-2-24切)、自重16.0t
※=交番検査(塩浜派出)入場→浮島町行き
◎=タキ1000の旧矢羽根色、#=旧本輪西常備車

 思わぬ番狂わせで86列車の残りを片付けてから3番線に電車が到着アナウンスが聞こえて『むさしの』号の205系(2640M、クハ205-5×8/千ケヨM20編成=日曜日に乗った編成です)が参上。平日ダイヤよりは40分早い設定(到着)でこの後は快速電車の折り返しですが、意外とこの時間まで八王子折り返しの快速電車があるのだなと感じ取れ、貨物列車がこの分、取られる訳でして些か物足りない印象です(高尾発着が多いと楽なのですが………)。

 前の『スーパーあずさ』32号が遅れておりましたが、快速電車は定刻通り。20時46分発の快速電車で豊田まで行き、一旦改札を出てUターン。この間に先程の205系が東所沢へ回送する様子を見る事が出来、20時56分発の快速電車(高尾行き)で戻ります。

 お次は8461列車でHD300も到着までの間に韮崎へ送るレール積みのチキ5200(←チキ5309+5220[千マリ/越中島貨物])が横浜線の一本北隣りの線に収容。211系は562M〜回送〜563Mの行路で(←甲府)クモハ211-1010×3+1009×3(長ナノN326+N325編成)が参上するも後で8461列車が止まっている所で4番線に到着したのでこちらは5番線へ移動していたものの、ここで見ていたので助かりました。

○8461列車…前に見た時、休日ダイヤはもう少し早い頃合いの到着でしたが、平日ダイヤとほぼ同時刻の到着です。先頭のタキ43000だけが浜五井発で他は根岸発の編成(気になるナンバーは本来、今年後半〜来年に全検入場するタキ1000-360が昨年12月と大幅に前倒ししての入場です)で到着して牽引のEF210はまたまた、日曜日に西国分寺で見掛けたナンバーとご対面。この時間ともなると後方は暗かったので5番線へ移動してのチェックで且つ、油の汚れでしょうか白ペンキに書かれた番号の部分が読み取り辛い面もありましたが、HD300から照らすライトで助けられました。

EF210-137
タキ43162 OT/南松本 浜五井発 無
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* ↑根岸発 全検27-6-29川崎車、自重16.8t
タキ243733  JOT/浜五井# 石油類)黒地
タキ243793  JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地
タキ1000-360 JOT[E]/根岸* 全検27-12-11川崎車、自重16.7t
タキ1000- 66 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-296 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-366 JOT/根岸* 無
タキ1000-301 JOT/根岸*  ↓ 無
根岸*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

 5番線から3・4番線に戻ると『成田エクスプレス』50号を見てからお手洗いを済ませて3・4番線の高尾方にある待合室で一休み。この辺りからは例会の帰りと同じコースで2085列車の到着は少々早いものの、コンテナの2082列車は律儀にも今日は運休です。

○2085列車…タキ1000ばかりの17両編成で先頭の116番は昨年4月の全検出場ですが、ようやく初顔合わせ。昨年の全検車が続いていたのかデジカメの画像サイズが小さいままセットしたままで慌てて切り替えて戻る羽目に。
△篠ノ井(坂城)
EH200-4 Ps
タキ1000-116 JOT[E]/根岸* 全検27-4-6川崎車、自重16.7t (A重)
タキ1000-114 JOT[E]/根岸* 全検26-11-12川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-146 JOT[E]/根岸* 全検27-5-21川崎車、自重16.8t
タキ1000- 61 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 88 JOT[E]/根岸*
タキ1000-431 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 全検27-5-29川崎車、自重16.5t
タキ1000-244 JOT[E]/根岸*
タキ1000-837 JOT[E]/根岸
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 全検27-4-24川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-217 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 全検27-4-27川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-262 JOT/根岸* 無
タキ1000-784 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-688 JOT[E]/根岸 全検27-7-15川崎車、自重16.7t
タキ1000- 64 JOT[E]/根岸*
タキ1000-368 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 ホーム伝いに編成を確認が片付くと3番線側の次世代自販機で『朝の茶事』を買ってから再び高尾方の待合室へ戻り、2081列車の到着まではiPod touchの充電タイム。祝日でも入れ替わり立ち替わり、若い年齢層の方が多いので電車が一本出発する度に空くと思ったら乗り換えか乗ったのか分かりませんが、入れ替わり立ち替わり来ること2(=二乗です)。

○2081列車…一杯の17両編成での到着で中には3日の2080列車(=この列車の2日発に当たります)にも連結されたナンバーが続き、前に9月の遠征で未確認だった663番と根岸から移動した506番とキャッチしました。
△南松本
EH200ー13 Ps OM27-1
タキ1000-888 JOT/根岸 全検26-11-25川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-393 JOT/浜五井 無黒[車票]
タキ1000- 6 JOT/浜五井* 無[車票]
タキ1000-172 JOT/四日市* 全検27-7-13川崎車、自重16.6t 石油類)黒地
タキ1000-300 JOT/四日市* 無
タキ1000-289 JOT/浜五井* 無
タキ1000-890 JOT/根岸  無
タキ1000-808 JOT/浜五井 無
タキ1000-857 JOT/北袖# 無
タキ1000-682 JOT/根岸 全検27-7-8川崎車、自重17.0t

タキ1000-459 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-458 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000-662 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000-658 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000-663 JOT/根岸 全検27-6-29川崎車、自重16.8t
タキ1000-506 JOT/根岸 全検27-12-22川崎車、自重16.5t
タキ1000-246 JOT/浜五井*
浜五井*、四日市*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

○5462列車…平日は『中央ライナー』9号の前後に到着しますが、休日ダイヤだけあって気持ちに余裕があるのか到着も早いなと感じさせつつ、冬場は南松本からのタキ1000が連結されることが多いですが、今日は坂城発のみの編成で先頭にタキ43000の44t積みが連結。編成の中ほどは6日の87列車〜8日の86列車で八王子に来たナンバー(7日の項でご紹介)が続きました。
△根岸
EH200-8 Ps
タキ243812  JOT/浜五井# 石油類)黒地
タキ1000-226 JOT[E]/根岸*
タキ1000-288 JOT[E]/根岸*
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 全検27-4-30川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-827 JOT/北袖# 無
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-363 JOT/根岸*
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-352 JOT[E]/根岸*

タキ1000-509 JOT[E]/根岸 全検27-11-10川崎車、自重16.7t
タキ1000- 23 JOT[E]/根岸*
タキ1000-497 JOT[E]/根岸 全検27-8-26川崎車、自重16.7t
タキ1000-754 JOT[E]/根岸
タキ1000- 40 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-123 JOT[E]/根岸* 全検27-4-3川崎車、自重16.5t (A重)
根岸*=旧郡山常備車、浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車

 結びの一番は浮島町からの5467列車で最近は2083列車からはみ出た北長野行きのコンテナ車や全検出場した名古屋地区の貨車が連結されるかな?と予想したものの、久しぶりにタンク車オンリーの純粋な中身となりました。

○5467列車…久し振りに全車、浮島町発のタンク車で揃えられた顔触れでタキ43000が三色連結された編成が続いてタキ1000は矢羽根色トップの693番がしんがりに据えました。タキ43000のJOT車の中には千葉貨物で1年半程休車になっていたナンバーもちらほら見られました。
△南松本
EH200-24 Ps
タキ43164   OT/倉賀野 無
タキ43138   OT/倉賀野 無
タキ43428  JOT×/浜五井 全検22-8-5川崎車(29-7-25切)、自重15.9t 石油類)黒地 #
タキ43459   JOT×/浜五井 全検22-5-24川崎車(28-9-27切)

タキ43349   OT/郡山 石油類)黒地▼
タキ43543   OT×/宇都宮タ 無
タキ43462   JOT/根岸
タキ43464   JOT×/浜五井 全検22-7-31川崎車(28-10-21切)、自重16.1t
タキ43269   OT/倉賀野 無
タキ243843  JOT/塩浜* 全検24-10-29川崎車(30-6-19切)、自重16.1t
タキ43142  JOT/浜五井# 全検25-6-18川崎車(32-2-8切)、自重16.1t #
タキ43581   OT/宇都宮タ 無
タキ43575   OT/宇都宮タ※ 無
タキ43325   JOT/根岸 全検25-5-10川崎車(31-1-21切)、自重15.8t H#
タキ1000-693 OT/川崎貨物◎ 無
*タキ43000の×=エコレールマーク撤去(タキ43543は貼付なし)、OTタキ1000の◎=旧矢羽根色、宇都宮タ※=旧八王子常備車、塩浜*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、▼=表示板の逆向き、#=千葉区H27-11/517日の標記入り、H=浜五井臨時常備

 最後の最後は大どんでん返しと言った形で色々連結して気合いが入りました。入ってきた下り電車の最後尾にこのまま乗って行こうと思いつつも残り1両片付いていなかったのでここを終えて改札口を出て南口から南大通りを一直線。いつもは歩道で何台か自転車に抜かれたり、擦れ違いますが今宵は不思議と見られず、あっても本立寺の東側から南側へ飛び出す猫が居たくらいで帰ってから入浴の後は自家用のiMacでExcel、Tap Formsを引っ張り出して慌ててデータを整理して初電が走り出す頃まで費やし、明後日の例会に向けてプリントしなくてはと大わらわです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

H27.12.04 八王子駅

 2015年も最後の一ヶ月に入り、あと少しでクリスマス、年末と一年早いものです。

 大崎で行われる貨車研究会の例会の定例日で週明けからプリントを始めたところ、いつも使うピクサス(MG6330)が10ページ分5セットプリントしたところでインクカートリッジのブラックが認識しない状況になり、いざ新品に交換しても深更ながら「こりゃダメだな!」とボヤきつつ、午後は所用ついでに急遽、大和田のムラウチジョーシンさんへ修理を出す羽目に(最初は消耗品の調達だけで赴こうと思いましたが………)。事前にチェックして同じインクカートリッジが使えるタイプ(IP7230)が幸い在庫があったのでグレーのインクを使わない以外は全く同じもので一安心。一応、キヤノンのHPからダウンロードしたものの、設置してすぐ使えました。万々歳!。また、優待のDMが届いて幾分安く買えてホッとしました。今週は月曜日から走り始めた山手線の新型電車E235系の対面も楽しみにしておりましたが、初日早々、あちこちでトラブルが続出して暫くは見られない様で来年になってからのお楽しみです。

 行きは少し早めに自宅を出て八王子の郷土資料館で行われている鉄道展を見に行き、例会の当日はお昼前に来る南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗ってそのまま昼食を頂くのがお決まりのパターンですが、郷土資料館も同じ道沿いにあるので拙宅から歩くと15分弱で到着するのでこの分早めに出発して寄り道する形で観覧する訳でして、郷土資料館の1階のコーナーで前は似たテーマで割と資料や写真が多かったものの、今回はけやき出版で著書を上梓した事がある鉄道コレクターの国鉄OB氏の所蔵品を中心に懐かしい駅弁の掛け紙も所々見掛け、新しい所では201系のお別れ運転の頃と後半です。入口には新幹線の制服や装飾品、マスターも昨年の来名の際に頂いた『こだま弁当』の復刻版の掛け紙と。図録はあるのでは?と思いましたが、前の改訂版との事で後日改めて頂くことにして1階をフラリとしながらバス停で待つと来るかな!と思いきや京王バスの回送2台にスクールバス、3分遅れての到着('06年式の日野ブルーリボンIIで翌年の車は良く乗るのでシートは張り替えられましたが、こちらは新車の時と同じ柄でした)で乗るお客さんは私だけで本立寺のバス停は乗車が無くそのまま進みました。

 南口でバスを降りると神奈中の橋本行きはまたまた新車とご対面。サザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出し、スターバックスで一休み。ホットアップルを頂くともう付箋は終わったようでアップルフラペも札止め状態。話題がすごく限定のマグも出ているとのお話でネットで盛り上がったようです。今月は立川のららぽーと立飛とエキュートにお店がオープンするのですが、京王八王子駅のSCにも新しいお店がオープンする噂が入ったので少しずつ案内が出てきてイブの日との事なので年内から4つ又と忙しくなりそうでまさに師走です。

 このまま3階でお昼を頂こうと思いましたが、どうも気が向かなかったのか北口に出てたまにははなまるうどんも悪くないかなと来店。牛肉うどんの小に天ぷらはちくわと蓮根、いなり寿司1個と丁度良い分量です。メニューは平たく言うと肉うどんで関東ではどうも豚になってしまうのかこういう名前にしたのも納得。揚げ玉を持って早めにうどんを平らげてしまったのか肉吸い(うどん無しの肉うどんの名称)状態になりました。結構お肉の甘い味が沁みました。

 続いて京王八王子のSCへ赴くと東急スクエアの中を通り抜けてこのまま保健所を通って赴きます。トイレに行きたくなったので2階、4階の洋式トイレは空いていなかったので6階で済みまして、何やってんだ!と怒りましたが、意味無く籠るなと思いましたね。余談はさておき、スターバックスはエレベーターホールと京王八王子駅側の出入口の間のこぢんまりしたスペースで外側、内側とサイレンマークのポスターが貼られて早速SNSに上げるのでしょうかケータイで撮っていた若者もぞろぞろと。時期的にそろそろ各店に研修の皆さんと顔を合わせないかなと楽しみにしています。

 このまま中央線の電車に乗るのでもちろん、セレオのスターバックスに立ち寄ると来た際にテーブル席の空きが見付からなかったものの、暫く経ってお決まりの有隣堂側のテーブル席が空いて偶々、京王八王子のお店の打ち合わせをしていたセレオ店のストアマネージャーさんのお姉ちゃんに加えてイオンモール多摩平のストアマネージャーさん、多摩地区担当の新しいエリアマネージャーさん(例によってノータイでしたが、何かの機会にお目に掛かりますのでよろしくお願いします)の皆さんと混じって。余談が長くなりましたが、ここではドリップ(久々のハウスブレンド)を頂き、Suicaをチャージするとゲートイン。もう少し早く入っていたら2080列車が見られたところで編成はEH200-7牽引でタキ1000は10両くらいの連結と言った所で全検出場間もない所で136、677番とキャッチして今晩の2081列車は違うナンバーが現れる事を予想して後日改めて(別件の用事と絡めますが………)。

 八王子から13時52分発の中央特快で最初は東京駅まで乗る予定でしたが、このまま乗っている間に面白くないから御茶ノ水で乗り換えて秋葉原へ行こうと思い、丁度御茶ノ水で乗り換えた千葉行き(1435C、クハE231-901×10/八ミツB901編成)で珍しく試作の編成に当たり、最初は209系の950番代と名乗ってマスターが乗った車はモハ208-951改めモハE230-901に乗車しました。

 秋葉原は久し振りでこの間もうちの親と親しい方がマジックの衣装の電飾(LEDというのも時代ですね)を仕入れに何度も訪れて大変との話を伺いましたね。余談はさておき、上野東京ラインの東側からつくばエクスプレスの入口(アキバ・トリム)からヨドバシカメラへ。2階でプリンターを見てこの間はピクサスの単機能型を買いましたが、これだけのプリントでも大容量やページプリンターが望むものの、置き場所が割けないのとキヤノンのビジネス用インクジェット(MAXIFY)はB5の両面プリントが不可能なので二の足を踏んでいます。続いて6階のホビーのコーナーで前は結構、ドラえもんや藤子Fキャラのフィギュアがあった様な気がしたものの、ずいぶん減った様子でその代わりドイツ製の見事なスヌーピーのフィギュアを発見。鉄道模型やBトレを覗いて一般販売では京王7000系の二色帯が大量に入って驚いた反面、タンク車はタキ43000のツートンカラーが1箱だけで他にもトレインボックス(JR西日本の限定モデル)ではキハ52(旧気動車色+朱一色&気動車色+越美北線色)、201系(体質改善車のオレンジ、スカイブルー)とあり、鉄コレは10周年記念の秋田中央交通は新塗色、ED14は近江鉄道のタイプだけとこの辺も狙っているクチなのですが………。

 ヨドバシを一回りして再びトリムのスターバックスを覗いてキルトのキャンバスがあるのには驚きまして、このまま電車に乗るつもりが改札口の脇にある『のもの』に寄るのを忘れて戻り、今年は北陸新幹線開業の年だけあって北陸3県の産物がすごく目立つ一方、地元でも買える桔梗信玄餅や信玄棒、信玄プリン、信玄アイスと並んでいました。

 最初はこのまま京浜東北線に乗ろうと思いましたが、改札口の脇にある”のもの”に立ち寄るのを忘れてしまったので暫く覗いてから15時55分発の大船行き(1531C、クハE233-1020×10/宮サイ120編成)で東京駅まで乗ります。電車を待つと行き交うE231系やE233系、E657系の姿もすっかり日常の風景に。

 東京駅は先ず、中央改札のお店を色々と見て駅弁屋さんもデパートの駅弁大会顔負けの品揃えで今日は大船駅の駅弁屋さんの職人さんが実演販売とのこと。余り見かけなかった米原駅の鱒寿司も発見。案内表示も今年は上野東京ラインや北陸新幹線の開業と行先も広範に拡がって見る目も楽しく、新幹線の案内表示も来春の北海道新幹線開業に備えたものに早々と交換されておりました。八重洲中央口の改札を出て東京駅一番街をブラリと。スヌーピーの3Dムービーが始まるのかタイアップした企画のポスターを目にやってこの近くをフラつきながらグランスタに直結する改札からゲートイン。

 東京駅から16時54分(遅れて57分発)の山手線外回り(1647G、クハE231-510×10/東トウ510編成)で大崎まで乗ります。ここで3分遅れての出発でしたが、品川駅で非常停止があった影響で2分止まって大崎は5分遅れの到着で時刻表を見ると一本ズレた格好になりました。

 大崎のゲートシティに到着すると夕食はライオンの炒めナポリタンを頂き、店先にはSuicaで払えるのかSuicaペンギンのバルーンを久々に発見。この後はスターバックスへ行ってリザーブと行きたい所、ジンジャーブレッドラテて今年一年締め括り、少しスパイスが効いていたのかはちみつを入れて。パートナーさんのお姉ちゃんから突っ込まれる始末で例によって臙脂色のレザーのソファー席で。また来週の木曜日が楽しみで今年ラストの貨車研究会の例会で早速町田のK君も参上して後から熱海のO氏もやって来て今年一年色々とお世話になり、マスターも無事20年目の年のお勤めが終わった訳です。

 大崎から20時52分発の外回りで新宿まで乗り、忘年会シーズンで少しずつこの時間帯も混んできたなと実感し、原宿で時間調整をして到着。

 新宿から例によって21時25分発の通勤快速で帰ると同行のK君「中央ライナーに乗らないのですか?」とどうもマスターは慣れかこちらがお決まりなのでご勘弁あれ(グリーン車が入る頃には事情が変わるかな?)。これまた乗りが多く、大きなショルダー片手の背が低いお姉ちゃんがスマホの画面に釘付けでなかなか動いてくれず立ちながら2085列車の準備をして国分寺でやっとこ腰掛けた次第です。西荻窪の少し先で一時停止して吉祥寺は4分遅れ、三鷹3分遅れ、国分寺5分遅れで立川の手前で少し止まって2分停車の上に6分遅れで出発すると7番線には山手組の205系を見つけて南武線の205系もそろそろラストスパートといった所です。豊田は8分遅れになり、浅川の鉄橋を渡って八高線の線路と合流するまで時間が掛かったものの、8461列車で到着したタンク車をオイルターミナルの基地へ持って行く様子を見て猛ダッシュで4番線に到着。

 八王子駅には11分遅れての到着で総括すると急病人@中野、吉祥寺、豊田、乗客トラブル@吉祥寺と4件起こった訳で遅れるのも納得しますが、なかなか見られなかった南口のイルミネーションも見事で待ってましたと2085列車が到着するまでにデジカメに収めました。

○2085列車…八王子駅は少々遅れての到着でしたが、下り電車の遅れの影響でしょうか15分ほど遅れての出発となりました。一杯の17両編成で2両目の131番と16両目の479番は全検出場後の初顔合わせ。
△篠ノ井(坂城)
EH200-19 Ps
タキ1000- 41 JOT/根岸* (A重)
タキ1000-131 JOT[E]/根岸* 全検27-6-1川崎車、自重16.7t (A重)
タキ1000-760 JOT[E]/根岸
タキ1000- 54 JOT/根岸*
タキ1000-290 JOT[E]/根岸*
タキ1000-754 JOT[E]/根岸
タキ1000-462 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 全検27-6-11川崎車、自重16.7t
タキ1000-581 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-253 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-254 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 全検27-9-7川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000- 91 JOT/根岸* 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車

 2085列車が片付くと続いて5・6番線へ行き、8461列車を牽引したEF210(EF210-12)をチェックし、ちょうど2番線を『成田エクスプレス』50号の回送と1番線の八高線が出発する様子を見てから再び東側の乗り換え通路から1・2番線へ。

○86列車(5日発)…普段通りの14両編成で先頭も1番線伝いから見る事が出来たので後方は一部柵で覆われるものの、この位置なら文句なし。これもHD300を操る機関士さんの技量によるものもありますが………。2085列車では501番が連結していましたが、ここでは499、500番と連番で。因みに、全検車の新たな発見はゼロ。
△根岸
(HD300−8)
タキ1000-639 JOT/仙台北港 無
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-793 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-864 JOT/根岸 無
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 全検27-4-30川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-787 JOT/根岸 無
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-500 JOT[E]/根岸 全検27-7-24川崎車、自重16.7t
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸*
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 全検27-6-29川崎車、自重16.8t
タキ1000- 21 JOT[E]/根岸*
タキ1000-499 JOT[E]/根岸 全検27-7-2川崎車、自重16.6t

 86列車が終わると3・4番線の待合室でWANDAモーニングショットを飲みながらiPod touchを充電。残り3列車の準備やファイルの書き足しも。『中央ライナー』7号が到着する頃合いを見計らって外に出て2081列車の到着を待ちます。

○2081列車…12月に入ると灯油の需要期から一杯の17両編成になると思いきや、やや少ない12両編成の連結で当てにしていたナンバーは全く見られず、四日市からの移動車が目立つ顔触れです。
△南松本
EH200-7 Ps
タキ1000-266 JOT/四日市*
タキ1000-257 JOT/浜五井* 無[車票]
タキ1000-305 JOT/塩浜# 石油類)黒地[車票]
タキ1000-172 JOT/四日市* 全検27-7-13川崎車、自重16.6t 石油類)黒地
タキ1000-774 JOT/根岸 無
タキ1000-300 JOT/四日市* 無
タキ1000-810 JOT/浜五井 無
タキ1000-816 JOT/浜五井 無
タキ1000-393 JOT/浜五井 無黒
タキ1000-657 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-889 JOT/根岸 全検26-11-25川崎車、自重17.1t
タキ1000-459 JOT/根岸 石油類)青地
浜五井*、四日市*=旧郡山常備車、塩浜#=旧本輪西常備車

 一通り終わると暫く別行動で動いていたK君へ連絡して5番線の先頭車(東神奈川方)のあたりに並んでいるので挨拶をしてから再び3・4番線に戻ると忘年会シーズン+トラブルの影響なのか列がすごく難儀をしたものの、暫くすると横浜線の片倉で人身事故との事で5462列車の機関車も変な位置に停車しました。

○5462列車…冬場になると南松本からのタンク車もこの列車に乗るのがお決まりなので今日もこのパターンでしたが、到着するといつもはホームからはみ出て止まる機関車も始発電車の先頭よりやや後退した位置に停車して戸惑い、出発の1分前に前進してこのまま走り始めたので驚きましたが、ナンバーも全車押えてこの時期らしくタキ43000の44t積みも併結となり、本輪西から移動した243730番と昨年の中央西線の豪雨の影響でこのまま転がり込んだと思しき243721番(データが不確定な所ありましたが、幸い、全検出場後の回送を見ていたのでありました)、最後尾のA重油専用のタキ1000-125番は年越しのご対面と相成りました。
△根岸
EH200-16 Ps
タキ1000-571 JOT[E]/根岸 ↑南松本発 無
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 ↓ 全検27-8-17川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-214 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-765 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-622 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-224 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-231 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000-558 JOT[E]/根岸
タキ1000- 18 JOT[E]/根岸*
タキ1000-480 JOT[E]/根岸 KS27-10-24 16.8t
タキ243768 JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地
タキ243799 JOT/浜五井# 石油類)黒地
タキ243730 JOT[e]/浜五井# 全検23-12-15輪西派(29-6-3切)、自重16.3t
タキ243721 JOT/塩浜* 全検23-8-1川崎車(28-12-23切)、自重16.3t
タキ1000-125 JOT[E]/根岸* 全検26-11-27川崎車、自重16.5t (A重)
根岸*、塩浜*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

○5467列車…夏場は旧矢羽根色のタキ1000が続いていましたが、さすがに冬場は本業である倉賀野や宇都宮タ、郡山向けに専念せねばとタキ43000オンリーの編成になりました。S49新製車の続きは甲子〜宇都宮タのルートを思わせる顔触れでうち2両が旧八王子常備車。ツートンカラーの旧本輪西常備車と同じタキ43000でも初期タイプが浮島町発ではお馴染みでしたが今日は全く見られず、今日はなんと!全検出場から回送する太平洋セメントのタキ1900が連結されて形式自体では16年振り、旧小野田車は20年振り(水戸線の川島向けがチチブ車に移行し、東藤原への回送で現在もタキ1900の大半が健在です)といった所でマスター自身もデジカメに切り替えてから地元でタキ1900を収めたことがないので嬉しいお話で現車もしっかり昨年の来名の際にチェックしております。前2両のコンテナ車も相変わらずで真ん中に19F/19GといったSE開コンテナ(某通販会社の輸送のようで)、他4個はJOTのUR18A/19Aオンリー(全て両側開き)とお見事。
△南松本
EH200-18 Ps
コキ107- 476 ↑東京タ→北長野 新製24-2-17日車
コキ104- 553 ↓
タキ 43353 OT/倉賀野 無
タキ 43575 OT/宇都宮タ* 無
タキ43487 JOT×/浜五井*
タキ 43542 OT/宇都宮タ 無
タキ243728 JOT/浜五井# 全検23-11-7輪西派、自重16.3t 無K
タキ 43346 OT/郡山 無
タキ 43257 JOT/仙台北港 全検26-11-7川崎車、自重15.9t 石油類)青地H
タキ 43412 JOT×/浜五井 全検22-7-20川崎車(28-4-13切)
タキ81917 太平洋セメント/東藤原 全検27-12-2川崎車、自重14.7t 東藤原行き(11/5発で全検入場)
×=エコレールマーク撤去、宇都宮タ*、浜五井*=旧八王子常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、H/K=臨時常備駅:浜五井/北袖

 最後の最後で思わぬ出逢いもありましたが、タキ81917の車票を見ていたら入場前の自重が車票に記されて幸い、昨年取材で訪れた時に見ていたのでこちらをご参照していただければ幸いです。

 横浜線の人身事故の影響でしょうか改札口の周りで待つお客さんが多いのには驚きましたが、改札を出るとNEW DAYSへ。夜食のおにぎり2個をSuica、無事貨車研の仕事も1年間終わったのでBトレ2個(開封すると209系のmue trainの中間車と『しらゆき』のクハE652でした)を現金で買い、南口のタクシー待ちの列が長いのもこれまた横浜線の影響だと納得し、広場のイルミネーションをデジカメに収めてから南大通りを一直線。暗い中歩道を突っ走る自転車が邪魔なのには参りますが、いい加減で車道を走る方へシフトしてくれれば嬉しいものの、未だ理解できない自転車乗りが多いのにはウンザリさせられます。鉄道友の会関係の活動も年内はあと、23日に行われる埼玉サークルの忘年会に出席するだけとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

H27.09.04 大宮周辺(その2)

 新都心の駅で一悶着ありまして放免となり、気持ちも2〜3Kg痩せた感じになり、タンク車の列車を一本取りこぼしましたが、気を取り直して続けましょう。何だったら京王線のダイヤ改正の後にでも高尾山へお参りしたいとも考えております。

 ホームに戻ると大宮駅へ向かう長野色の115系の姿を見てクハ115-1102×4(新ニイL99編成[旧長ナノC3編成])を見掛け、地元の中央線で馴染みの編成でしたが、てっきり211系が入ると全車廃車になると思った所、新潟の115系の定期検査を長野の総合車両センターに入場していた所(元々、地元である新津の車両工場で受けていた所、新車を製作する工場に改装されました)、北陸新幹線の開業で直江津から先が第三セクター移管で上越国境を越えて大宮へ入場先を変えての控え車としての役目を担いますが、思わぬ形の再転職ながら4・5両目のモハユニットが抜けて廃車になり、この3両目には昨秋乗った事があります。

 新都心から13時08分発の高崎行き(1864E、←クハE231-8035×5[籠原止]+E233-3016×10/横コツS-07+E-16編成)で大宮駅へ。長野色の115系を見てからE233系に出会すと何処かホッとした気持ちがします。

 大宮駅では8・9番線からエキュート側を回って6・7番線へ。丁度、郡山からの1070列車が到着する事なので上手い具合に間に合いましたが、またまた新都心へ行かねばと思うと気持ちが重いですね。

○1070列車…やや短い13両編成での到着でお馴染みのナンバーに混じり、昨年JOT所有から移籍した面々も見掛け、この夏遠征では行きそびれた千葉行きでも逢っていた事を思うと少々惜しいです。
△蘇我(浜五井)
EF210−113
タキ1000- 97 OT/倉賀野 ●K
タキ1000-408 OT/盛岡タ ●
タキ1000-886 OT×/宇都宮タ 全検26-10-8川崎車、自重17.1t
タキ1000-373 OT/宇都宮タ K
タキ1000-449 OT/倉賀野
タキ1000-376 OT/宇都宮タ K
タキ1000-415 OT/八王子 K
タキ1000-378 OT/宇都宮タ K
タキ1000-648 OT/倉賀野
タキ1000-643 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-884 OT×/宇都宮タ 全検26-10-28川崎車、自重17.2t
タキ1000-388 OT/宇都宮タ K
タキ1000-443 OT/倉賀野
×=エコレールマーク無し、●=黒油専用、K=郡山仮常備

 ホーム伝いに今度は上尾方のベンチで一休みすると6番線を貨物列車通過のアナウンスが入ったのでなんだろうと思ったら根岸行きの5078列車で定刻であれば今頃は根岸駅の発着線の何処かへ居る筈がこの時間に大宮駅とは大幅に遅れてここ数日東海道線の大雨の影響とかで機関車の運用と連動して乱れている様子ながら先程の3093列車も多少絡んでいるのではと思われます。

○5078列車…普段は午前中に来る所が昼下がりのこの時間の通過で先月中、地元で見掛けたナンバーもチラホラと(特に中旬辺りで立川のケーブル火災の翌日のある列車にて)。全車ガソリン&灯油・軽油専用車の14両編成で大宮操でも14時過ぎまで停車していました。
△根岸
EF210−115
タキ1000-267 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-758 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-272 JOT/根岸* 無
タキ1000-164 JOT[E]/根岸* 全検27-6-22川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-877 JOT/根岸 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-806 JOT/浜五井 無
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 全検27-6-15川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-151 JOT[E]/根岸* 全検27-4-18川崎車、自重16.7t
タキ1000- 53 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 66 JOT/根岸* 石油類)黒地

タキ1000-215 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

H27.08.05 松本周辺(その2)

 松本駅に再び参上してここでお昼休みとなります。5番線の到着で早速コンコースの『あずさ』で駅弁の品定め。さすがに暑い時期だけあって選んだのは『山菜ちらし』を選び、暑いので刻みわさびが入ったいなり寿司が効きますね。『朝の茶事』のペットボトルを買うと3番線のベンチに腰掛け、E353系に交え、様々な電車を見ながらランチタイムを楽しみます。

 松本から12時42分発の小淵沢行き(1530M、クモハ211-3044×3/長ナノN335編成)で南松本まで乗ります。115系の代はセミクロス中心で始発でボックスに赴く所がオールロングとなると躊躇しませんね。前運用が中津川からの電車だったので169系の頃と変わっていない意外な一面も。

 南松本で降りると2083列車が到着した所で5467列車のコンテナ車は北長野行きに据えたのだろうと思い、全車南松本行きの編成。暑い中の調査となりましてトランスシティの海コン部分でナンバーを一部見落としてしまい、時間一杯となりましてお手上げ。徒労感が出てしまいましたが、前者で直目に収めておけばよかったかな。

○2083列車…すっかりコキ106・107オンリーの編成で前は海上コンテナと言うと後3両が定位置ですが、1両ずれて同和通運のUM12AやJOTのバルクコンテナも時々見掛けます。

EH200-3 Ps
コキ106- 924 1個目にW19D-4344積載
コキ107- 222 全検26-7-12広島車
コキ106- 893 全検22-7-31川崎車
コキ107- 588 新製24-8-10川重 5個目に19D-43174(JRマーク入り)積載
コキ106- 802 全検27-1-23小倉車
コキ107- 135 全検26-2-18小倉車
コキ106- 83
コキ106-1123 全検26-1-16名古屋車(簡略型)
コキ106- 477 全検26-8-23広島車
コキ106- 554 全検27-2-24広島車 TRSU071665[7],TRSU050341[*]
コキ107- 531 新製24-6-15川重 TRSU092764[4],TRSU071739[7]
コキ106- 273 全検26-4-25広島車 TRSU050700[3],TRSU071868[6]
コキ106-1135 同和UM12A-105046,JOTU099267[4],同和UM12A-105040

 到着すると海上コンテナを積んだ分を奥に押し込んでから前から8→7→6両目の順に積まれたコンテナを取り下ろし、海上コンテナは今か今かと思っておりましたが結局はお手上げで誰もいない待合室で一休み。ホームのベンチで時間を見つけて2083列車の中身も一通り整理して過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H27.08.04〜05 八王子駅

 夏遠征では恒例の夜行日帰りの松本行きへ出掛けて参りました。昨年は中央西線の鉄橋流出で臨時列車の運転があった反面、行きが『ムーンライト信州』の指定券が取れなく、朝早く起きても9時頃に到着出来、午前中でも遅いうちに発着する列車が見られます。今年は幸い、指定券も取れたものの、長野県内の鉄道網も北陸新幹線の開業と相まって信越本線や北陸本線と第三セクターに移行した影響からか18きっぷ片手でこれまで直江津や糸魚川に出られた事がやや懐具合が痛くなるようになりました。車両でも普通電車で211系がすっかり定着。新しい『あずさ』号のE353系が先日運ばれたばかりで今回、ひょっとしたら見られるかもしれません。また、いつもはリングノートを持ち歩くマスター、iPod touchも根岸や大宮と言った首都圏の周辺部へ出掛ける時は定着したものの、今回は初めて松本行きでも携え、二代目かiPad miniあたりになってからは完全移行したいプランもあり、また四日市から南松本行きのタンク車は14両編成で組まれることが多く、丁度根岸からの八王子行きと偶々、両数が一緒なので感覚が身体に覚えたのでしょう。

 準備をしていた所で京浜東北線の架線切断がテレビで報じられてこれから出掛ける所でどの位影響が出てくるのか行って見なければ分かりませんが、近場で確実なのが根岸からのタンク車の列車や横浜線の電車と言った所で23時を少し回っての出発。西八王子駅に着くと丁度、高尾から豊田へ回送する115系が走っていたので明日は信州の何処かで逢えるのでは?と一寸した楽しみも。

 西八王子から23時28分発の各駅停車で八王子まで乗ります。東日本大震災があった4年前は同じ時間、電車に乗っても乗りが疎らで号車によって貸切の所があったものの、さすがに現実に戻ると何かまた人が増えたなと感じさせ、先頭も貸切になれる所がブラック企業勤め(失礼)といった若僧が先客で。降りる際もどうコントロールしているのか自分の感覚が優先でこちらの読みがキャッチできなかったようでどうもこの頃はこう言ったゆとり教育上がりの連中が多くなって困ったもの。こちらは長年のノウハウが身に沁みているんだぞ。と東側の乗換通路から3・4番線へ。丁度浜五井からの2081列車が止まっていたので4番線を高尾方へ進み、ホーム伝いにナンバーをチェックし、何と!タキ1000の1番も連結されて明日の午前中が楽しみで間を置かず4番線に高尾行きの電車が到着して1両見落としましたが、ここでは予習のつもりなので本番でのお楽しみに。

○5462列車…タキ1000ばかりの13両編成での到着でH6新製車のなかで掴まらなかった53番を漸くキャッチし、今年の全検車では679番と初顔合わせ。編成を見ると後3両、先月30日の3093〜3092列車に連結されたナンバーが続いて吃驚しました。
△根岸
EH200-21
タキ1000- 53 JOT[E]/根岸* 全検26-10-24川崎車、自重16.6t
タキ1000-608 JOT/根岸
タキ1000-420 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-854 JOT/北袖# 無
タキ1000-591 JOT/根岸 無
タキ1000-784 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-760 JOT[E]/根岸
タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-290 JOT[E]/根岸*
タキ1000-679 JOT[E]/根岸 全検27-6-15川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-151 JOT[E]/根岸* 全検27-4-18川崎車、自重16.7t
タキ1000-182 JOT/根岸* 全検27-7-21川崎車、自重16.7t 石油類)黒地、(A重)
タキ1000-173 JOT/根岸* A重

根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 続いて5467列車が到着してこちらも先月17日に編成を確認した折、コンテナ車が前に2両連結して対の5460列車や2082列車の連結分との兼ね合いが気になる所で今回の調査で思わぬ偉業が達成した事にはまだこの頃知る由もありません。

○5467列車…現地で5460列車と合わせて書こうと思った所、組成が変わる可能性が出て来るのでは?と危惧して別立てにしました。最近お決まりになったコキ104・106の2両にあとは根岸発、浮島町発のタンク車の順です。浮島町発はタキ43000の初期タイプは無かったものの、同時期のタキ44000が1両入っていた他は全て旧矢羽根色のタキ1000といった顔触れで今まで未確認だった704番を漸くキャッチし、60両全車パーフェクト達成。
△南松本
EH200-24 Ps
コキ104-2482 ↑東京タ発 全検23-6-29輪西派
コキ106- 812 ↓ 全検27-4-10川崎車
タキ1000-836 JOT[E]/根岸 ↑根岸発 無
タキ1000-242 JOT/根岸*  ↓ 無
タキ1000-715 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-710 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-723 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-704 OT/川崎貨物◎ 全検24-5-15川崎車、自重17.0t
タキ1000-719 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-713 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-696 OT/川崎貨物◎ 無
タキ44014   OT/郡山 全検26-4-3川崎車、自重16.3t
タキ1000-724 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-701 OT/川崎貨物◎ 無
根岸*=旧郡山常備車、タキ1000の◎=旧矢羽根色

 ここまで終えると一旦改札を出て昼間出ていた時に無印良品の小袋クッキーを買うのがお約束ですが、どうした事かど忘れしてしまい、NEW DAYSでオレオビッツのバニラクリームを買い、駅員さんがいるカウンターからの入場で『ムーンライト信州』がSuicaで乗れるのか!と問い詰めた爺さんが邪魔臭く、こちらもルールを理解していればスムーズに事が済むのですがこう言う厄介な客にはSuica割ならぬ「DQN増で乗れ!」と言いたい所で再びゲートイン。3・4番線で5467列車を見つつ、ポカリスエットのイオンウォーターを買い、『ムーンライト信州』81号の到着を待ちます。色々見ていると横浜線の終電は24時台を回ってすぐの出発でも先の架線事故の影響で随分待っている様子でまた、中央線のE233系でいつの間にか青梅線の編成を転用したH59編成(クハE233-59×10/旧青659+青459編成、17H運用)を確認しました。中央線の快速電車も京浜東北線の乗り換えの影響でしょうか若干遅れている様子でこちらがお目当ての『ムーンライト信州』も10分ほど遅れているとの事で一安心。

 続きはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

H27.03.26 大宮周辺(その1)

 八王子駅で8460列車を一通り見るとそのまま3番線から始発の9時45分発の快速電車で西国分寺まで乗ります。オイルターミナルの基地は入線が無く寂しいものの、浅川の鉄橋を渡った所で『むさしの』号の205系にすれ違い、この電車に乗るとどこかで83列車に擦れ違うなと思った所で立川の手前のカーブで擦れ違い、先導のEF64を見ると8460列車は見たという事でEH200のナンバーは見落としましたが、コキ50000、タキ1000と4両ずつの連結。立川でほぼシートが埋まり、こちらはいつものように国立で乗り換えの準備をします。

 西国分寺で武蔵野線に乗り換え、少し、nonowaの中で時間調整して4番線へ。南浦和方の待合室も完成して一休みしながら出入りする電車を見つつ丁度、宇都宮タからの5582列車が通過する頃とぶつかります。

○5582列車…タンクは全車タキ43000・44000の編成で海上コンテナ用のコキ106・107がぶら下がった編成もこの頃は定着。タキ43000は初期タイプが目立ちます。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-161
タキ43027 OT/倉賀野
タキ43172 OT/南松本
タキ43357 OT/南松本 全検26-4-7川崎車、自重15.6t
タキ43029 OT/宇都宮タ※
タキ43016 OT/郡山
タキ43020 OT/南松本
タキ43346 OT/郡山
タキ43170 OT/南松本
タキ43356 OT/南松本
タキ44002 OT/倉賀野 全検25-3-11川崎車、自重15.7t
タキ43171 OT/南松本
タキ43011 OT/宇都宮タ※
タキ43015 OT/郡山
タキ43349 OT/郡山
コキ106-400 WANHAI tex WANHAI(いずれも20フィート)積載
コキ107-796 [空車]
常備駅の※=旧西上田常備車

 西国分寺から10時26分発の東京行き(1029E、クハ205-52×8(千ケヨM26編成/LED幕)で武蔵浦和まで乗ります。並ぶとオバちゃん二人連れが邪魔くさかったですが(東京行きには乗らなかったので南船橋行きでららぽーとか幕張メッセあたりへ向かうのかな?)、車内ではあれこれ予備知識を吸収し、新座タの構内はいずれも紙輸送がメインの列車でEF210+コキ104が最期のワム80000が運用された2087列車改め富士(〜百済タ)行きの1077列車、EH200牽引は今回のダイヤ改正で新設(隅田川発着の再編?)された新潟タからの2086列車と止まり、この後で西浦和で擦れ違った3074列車(EH500-5+コキ104・106・107)も石巻港からの紙輸送列車です。

 武蔵浦和から埼京線に乗り換え、待ち時間の間に新幹線を見るのが楽しみで何が来るかなと大宮へ向かう途中も新幹線側のシートに陣取り、何と言ってもこのダイヤ改正で登場した北陸新幹線の電車が注目株で『あさま』の大半が金沢行きの『はくたか』に生まれ変わり、どこかでE7/W7系に出会さないかなとちょっとした楽しみで一方、『あさま』は上越新幹線の『たにがわ』が減った分、高崎までの需要をカバーしつつも開業時からのE2系も一部がまだ健在です。

○3093列車…普段はA重油専用車を含めた長めの編成と思いきや、短めの10両編成で後7両がガソリン積みと倉賀野行きの列車ながら八王子行きのショートタイプか竜王行きのコンテナ車が連結されない83列車をと何処か重なります。
△倉賀野
EH200-22 Ps
タキ1000- 22 JOT[E]/根岸* 全検25-12-2川崎車、自重16.7t
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 全検25-10-28川崎車、自重17.0t
タキ1000-164 JOT[E]/根岸*
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-288 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-430 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-753 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-251 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

○4074列車…浮島町行きのタキ1000の他にメタノール専用コンテナを積んだコキ200が4〜5両というお決まりのパターンでしたが、先頭には熊谷タから連結された速星発のタンクコンテナ(日産化学のUT10C/液化アンモニア専用)を積んだコキ106が連結。今回のダイヤ改正で2096列車に連結していた分が統合された事が伺えますが、コンテナ車の形式が違うといつもの感覚が少々ズレてしまい、牽引機もEF64からEH200に変わり、タンク車のナンバーを見ると10日の列車に比べると667、675、885、650番が抜けて396、670番が入りました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-17
コキ106-520 速星→川崎貨物 日産化学UT10C-17,UT10C-14,UT10C-15積載
タキ1000-665 OT/倉賀野 無
タキ1000-455 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ1000-337 OT/倉賀野 無
タキ1000-396 OT/宇都宮タ 無/無黒
タキ1000-304 OT/盛岡タ 無
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-386 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-443 OT/倉賀野 全検26-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-672 OT×/宇都宮タ
タキ1000-377 OT/宇都宮タ
タキ1000-670 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-666 OT/倉賀野 無

○5683列車…到着がやや遅くなりましたが、12両の連結で前の方にはタキ44000の初期タイプ、真ん中に黒塗りのタキ43000の600番台、最後尾には昨年、JOTから移籍したナンバーも見付け、遅まきながらようやくデジカメに収めました。
△宇都宮タ
EF210-136
タキ43600   OT/南松本 A重
タキ44010   OT/倉賀野 全検26-**-**川崎車、自重16.5t
タキ44020   OT/倉賀野 全検26-**-**川崎車、自重16.*t
タキ1000-383 OT/宇都宮タ
タキ43543   OT×/宇都宮タ
タキ43629   JOT/浜五井* 全検25-2-4川崎車、自重16.0t
タキ43623   JOT/浜五井* 全検25-2-12川崎車、自重15.6t
タキ43353   OT/倉賀野 全検25-10-9川崎車、自重15.8t
タキ43487   JOT×/浜五井
タキ1000-453 OT/倉賀野 全検26-9-24川崎車、自重16.9t
タキ1000-887 OT×/宇都宮タ 全検26-11-6川崎車、自重17.3t[旧JOT/根岸]
×=エコレールマークなし、浜五井*=旧郡山常備車

○1070列車…標準よりやや短い14両編成の到着(最後尾が交番検査入場車)で未確認だった98番(H6新製車)、411番(H10新製車)と後は先月来た時の残務処理といった形です。
△蘇我(浜五井)
EF210-111
タキ1000- 97 OT/倉賀野 全検26-4-21川崎車、自重17.0t ●
タキ1000-408 OT/盛岡タ 石油類)黒地/●
タキ1000- 98 OT/倉賀野 全検26-6-6川崎車、自重16.7t ●
タキ1000-336 OT/倉賀野 A重
タキ1000-381 OT/宇都宮タ K
タキ1000-388 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ1000-411 OT/郡山 全検25-9-2川崎車、自重17.0t
タキ1000-378 OT/宇都宮タ K
タキ1000-674 OT/宇都宮タ
タキ1000-394 OT/宇都宮タ
タキ1000-448 OT/倉賀野 全検26-9-3川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-413 OT/八王子 K
タキ1000-454 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ1000-410 OT/郡山 [交検/千葉貨物→浜五井行き]
●=黒油専用、K=郡山臨時常備

○8685列車…10番線を通過する際にチェックするものの、データも有り合わせを埋めた形で改めてしっかりしたデータをアップしてまいります。
△宇都宮タ
EF65 2075[JRF色、冷風]
タキ1000- 95 OT/倉賀野 全検26-7-3川崎車、自重16.7t K、石油類)黒地
タキ43575   OT/宇都宮タ*
タキ1000-415 OT/八王子
タキ1000-303 OT/盛岡タ
タキ43542   OT/宇都宮タ
タキ1000-456 OT/倉賀野 全検26-**-**川崎車、自重16.*t
タキ43607   OT/宇都宮タ A重
タキ1000-886 OT×/宇都宮タ 全検26-**-**川崎車、自重16.*t[旧JOT/根岸]
タキ1000-445 OT/倉賀野 全検26-6-30川崎車、自重16.9t
タキ43545   OT/宇都宮タ
K=郡山臨時常備、宇都宮タ*=旧八王子常備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

H27.03.03 八王子駅(その2)

 午後は2時間ほどインターバルを置いて市ヶ谷へ出掛けました。前は1〜2ヶ月毎に合わせていた顔も任が解けるとなるとどこか懐かしい所もあって最初は1月の下旬に江ノ電の極楽寺車庫で行われた新年会に参加したいと思ったらキャパ超えとなり敢えなく落選となり、先月は埼玉サークルのロングラン例会でT支部長にお逢いできただけでも嬉しいもので。

 15時半少し前の南大通り経由の八王子駅南口行きのバスに乗って出掛け、まだまだ盲学校も学期内で指導員のオバちゃんと同伴の生徒さんも乗車。乗った所でiPod touchで使う充電器を忘れた!と思い、丁度211系(旧スカ色115系の持ち分)の八王子始発が見られるので降りた後の合間にビックカメラで暇潰ししようと思った所で急遽買う羽目に。幸い、iPhone4世代までのコネクターに対応した単3電池入りの充電器(八王子のお隣、多摩市にあるメーカーのものです)があったのでショルダーに忍ばせ、サザンスカイタワーへのデッキ越しから覗くと丁度越中島からのレール輸送のチキを牽引して到着したEF64の39号機と顔を並べ、会社は違えど何処か中央西線の平坦部を思わせる顔合わせですね。営業運転ながら側幕は『回送』とはこれ如何には相変わらずで3月のダイヤ改正からどのようになるのか注目され、この後の松本行きも幸い見る事が出来、編成番号を見ると先月の頭に高尾の構内で昼寝していた編成でした。

・←甲府 クモハ211-1002×3+1004×3(長ナノN318+N320編成):549M
・クハ211-6×6(長ナノN606編成):552M〜445M

 今度はサザンスカイタワーのスターバックスで一休みしておきまりのソファー席は先客がいたので5×5のテーブル席に腰掛け、さくらチョコラテをいただき、午前中にセレオのお店に訪れた際にも数日後には札止めというお話を耳にしたのでそろそろ飲み納めなのでは?と感じさせ、午前中の北口のお店同様、小金井のオープン初日の様子をまとめたレポートをプレゼントし、また吉祥寺から異動した社員パートナーさんのお兄ちゃんと初顔合わせで今後とも宜しくお願い致します。

 改札に入ると真っ先に3・4番線に赴き、根岸行きの84列車をチェックし、短い間にこの列車といつも、お昼前後で見る85列車と編成を見ると北関東向けの列車ではありませんが、同じナンバーが行ったり来たりという事が多いですが、今日はどうでしょう。

○84列車…昨日のこの列車は短い9両編成でしたが、前後を継ぎ足す形で総勢14両となり、最後尾の64番は全検出場後の初顔合わせで後2両がまだ収めていなかったナンバー同士でした。
△根岸
EF210-125
タキ1000-680 JOT/根岸
タキ1000-480 JOT[E]/根岸
タキ1000-230 JOT[E]/根岸*
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-352 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-755 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-253 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-787 JOT/根岸 無
タキ1000-217 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-761 JOT[E]/根岸
タキ1000-214 JOT[E]/根岸*
タキ1000-495 JOT[E]/根岸

タキ1000-436 JOT/根岸 全検26-8-11川崎車、自重17.0t
タキ1000- 64 JOT[E]/根岸* 全検26-8-18川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備

○82列車…昨日も午前中出ていたのでコンテナ車のナンバー、牽引の機関車とナンバーが分かったので後はタキ1000と積まれたナンバーのコンテナを確認するだけでこの列車には良く、A重油の積載車も連結されますが、全検出場したばかりのナンバーを見ると鉄博へ出掛けた後に確認した宇都宮タ行きの列車に入っていたナンバーでまた、フライング出場の513番もデジカメに収めました。
△根岸
EH200-1
タキ1000-817 JOT/浜五井 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-565 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-333 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-513 JOT[E]/仙台北港 全検26-10-21川崎車、自重17.0t
タキ1000- 85 JOT[E]/根岸* 全検25-11-12川崎車、自重16.8t
タキ1000-560 JOT[E]/根岸
タキ1000-633 JOT/仙台北港 全検26-5-22川崎車、自重17.0t
タキ1000-613 JOT/根岸
タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-114 JOT[E]/根岸* 全検26-11-12川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-287 JOT[E]/根岸*
コキ53412 ↑梶ヶ谷タ行き 2個目に19D-44239、4個目に19D-44298積載
コキ52936 全検22-5-28川崎車 2個目に19G-18824積載
コキ51162 全検26-2-22広島車
コキ51484 ↓ 全検25-4-23郡山車
根岸*=旧郡山常備車

 前は坂城行きの5463列車を見てから17時05分発の中央特快に乗って向かいましたが、昨年のダイヤ改正で2時間遅くなったので82列車を見終えた所で一本早い16時40分の中央特快で四ツ谷まで乗ります。この時間はまだ学校帰りの高校生が多いのでいつもの場所は立川までのガマンと言う所で豊田の車両センターを見ると昨日に続いて189系の国鉄特急色編成(クハ189-508×6/八トタM51編成)や長野の115系と止まっているのが見えて17時半頃に出発する八王子始発を担当するのかな?と言った様子で車内で82列車の肉付けをしながら過ごし、それからiPod touchでオールディーズを楽しみました。

 四ツ谷で緩行電車の西船橋行き(1626B、クハE231-33×10/八ミツB33編成)に乗り換え、久し振りの6ドア電車の乗車でつい半年前までは横浜線でも良く見られたのですが、今やこの中央・総武緩行線のサハE230(0番代)だけとバブル期のラッシュ輸送の産物の一つで登場したときはインパクトを与えたのですが、さすがに通勤電車も209系の500番代が登場してからは幅広が定着して6ドア車もE233系に置き換えが始まると殆ど入らなくなりました。

 市ヶ谷で降りると今度の6日で開業120周年で改札近くのお店やKIOSKでは記念グッズが売り出されて当日は東京駅ほどの騒ぎにならないのでは?と思われますが通勤客が早出で入場券を買うのだろうと勘付きます。早めに到着して久しぶりに駅舎上のスターバックスへ。一昨年のある時期、半年程お店を閉めて大規模なリニューアルが行われ、前はこんな隙間があったかな?と言った感じで大きなテーブル席が置かれて靖国通り側がカウンター席に変わり、二人掛けのテーブル席はこの間オープンした武蔵小金井のお店同様、四角いテーブルで高いテーブルは外濠側に席を作り付けて壁のお豆の額を見ると以前よく馴染みのお店で見掛けたフレンチローストのもので絵柄が違うのでマスターが持っているコーヒーパスポートを見ると7〜8年前のデザインのものです。日本では未発売のグリーンコーヒーに何と、ミラノエスプレッソと本場のエスプレッソマシーンのものもあり、テーブル席に腰掛けながら思わずデジカメに収め、椅子は木のものながらセレオ店のテーブル席と同じレザー貼りです。

 この後は麹町通りの文教堂に寄り道して靖国通りを九段下方面へ。最初は鉄道友の会の事務局の下にあるラーメン屋さんで腹拵えをしようと思ったら錠前が掛かっていたので運悪く今日は定休日(運悪く店じまい?)といった様子で長崎うどんも面白そうだなと思いましたが?ウケが今一つで少し進んだ所の『じょんのび』で頂く事にして味噌ラーメンにモヤシのトッピング、小ライスを頂き、店構えがどこかの牛丼屋さんを思わせるレイアウトで後でお姉ちゃん二人が来た位で近くのお勤めの方なのか日大の本部があるので何かの集まりの帰りと言ったご様子ですが、マスターが頂いたラーメンは味噌が甘いので九州風かな?と言った味わいです。

 鉄道友の会の事務局は約9ヶ月振りで支部の寄り合いとは無関係なのでちょっと顔を出して退散する予定でして、幸いマスターの分の交通費が用意して合ったので早速署名。この間、浦和で顔を合わせたT支部長やY副支部長、JR電車部会のU氏、私鉄部会のT君など久し振りにお逢いする事が出来て30分ほどではありましたが、嬉しいもので次は6月の支部総会までご無沙汰です。

 帰りは市ヶ谷から19時03分発の緩行電車で四ツ谷まで乗り、四ツ谷から19時19分発の通勤快速(河口湖行きで乗ったのは河口湖側です)で八王子へ。八王子に着くと南松本からの5460列車が見られるのでiPod touchで17両分準備します。中央線では珍しく京王バスの求人の中吊りを見付け、この時間帯は結構混むので立川まで立たされるだろうと思いましたが、国分寺で座れたものの、右脚を曲げた形で痛くなってしまい、履いていた革靴も12年モノなのでそろそろ買い替えかな?と来月の貨車研究会の例会までには買い替えなくてはと10万Km以上走った車がエンコしたみたいで。豊田で『かいじ』119号の通過待ちを行い、鴨居のディスプレイには富士急の駅も映し出されている様子を収めながら(豊田で発車間際に乗り込んできたお兄ちゃんが邪魔くさかったですが………)八王子に到着。

 八王子で降りると5460列車を見るには3番線のホーム伝いが最善かな?と待合室で考えるも大したことがなければ1・2番線へも行けるのでようやく実行となりまして、丁度明日の86列車で返すタキ1000の編成も見る事ができました。

(←根岸) HD300-8+タキ1000-791+501+783+421+819+687+806+586+587+254+622+154+EF210-125

○5460列車…一杯の17両編成かなと思ったらやや短い15両編成で全車浮島町行きの編成です。タキ1000では旧矢羽根色が2両、タキ43000では黒塗りのJOT所有車は12月にこの列車、この間の大宮行きで確認したナンバーが多かったのか少し手持ち無沙汰になりました。オイルターミナルの車は43000番台が多いなと思ったらS45新製車やS46新製車の中で43350番以降が多く、夏遠征から宿題だったタキ43357も漸くキャッチ。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-15
タキ43347   OT/倉賀野※
タキ43172   OT/南松本
タキ43357   OT/南松本 全検26-4-7川崎車、自重15.6t
タキ1000-693 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-710 OT/川崎貨物◎ 無
タキ44017   OT/郡山 全検25-3-18川崎車、自重16.0t
タキ43166   OT/宇都宮タ※
タキ43355   OT/南松本 全検26-4-17川崎車、自重16.4t
タキ43020   OT/南松本
タキ43356   OT/南松本
タキ43484   JOT/塩浜
タキ43167   OT/倉賀野※
タキ43435   JOT/塩浜 全検24-5-28川崎車(29-12-19切)、自重15.8t *
タキ43443   JOT/浜五井* 石油類)黒地▼
タキ43164   OT/倉賀野
*=塩浜派出に交番検査入場→浮島町行き、常備駅※=旧西上田常備車、◎=旧矢羽根色、浜五井*=旧郡山常備車、▼=表示板逆向き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

H27.02.16 鉄道博物館&大宮周辺

 西国分寺から11時06分発の東京行き(1139E、クハ205-104×8/千ケヨM1編成)で武蔵浦和まで乗ります。205系のVVVF車のトップナンバーにあたり、E233系と世代交代した埼京線や横浜線、南武線の新製車と近いグループですが、まだ頑張っているのは心強い存在です。途中、新座の貨物ターミナルは富士へ紙の返送をする2087列車が丁度出発するところでEF66 108牽引+コキ104・106・107を連ねた編成に発着線にはコキ104+コキ50000の編成に検査で送ると思しきコキ104-1587や3074/3075列車を牽引するEH500-15が一休み。北朝霞で倉賀野から根岸行きの5078列車に擦れ違い、タキ1000の全検車はA重油専用車の方が早めに出ている傾向が強く、追い追いチェックして参りますが果たしていつになったら埋まることやら………。

 武蔵浦和で埼京線に乗り換え、1番線に通過列車が来るので何が来るのかなと思ったらEF65 2139牽引の東京タ→隅田川のシャトル列車の一本である75列車が通過して私有コンテナを拾うと三菱ガス化学のISOタンクコンテナに中央通運のUT20A、ヤンマーから移籍した冷凍コンテナの代替で作られた丸和運輸のUF12A-30、日産自動車のU20A、ガスケミカル物流のUT9A-5023、メスキュート用UR18A-10000、50周年のグリーン塗装19Aと見て5・6番線へ。新幹線もすっかりE5系やE7系が席巻し、来月には北陸新幹線が開業するとW7系とE7系の西日本版なのでシンボルマークで会社を見ないと分からないデメリットも。

 武蔵浦和から11時48分発の川越行き快速(1055F、TWR70-030×10)で大宮まで乗ります。埼玉サークルのロングラン例会の日に続いて本家のE233系を差し置いてりんかい線70-000形の乗車となりました。シートを新調したのは目につきましたが、こちらは機器をE233系相当に更新しているので一耳でわかりました。前後して見た新幹線の列車は次の通りです。

E7系×10=『あさま』519号、520号
E5系×10+E6系×7=『はやぶさ』+『こまち』12号
E5系×10+E3系×6=『なすの』272号

 埼京線の電車からこのまま北側の跨線橋に出てお昼は『中山道』で白海老かき揚げそばを頂きます。鉄道博物館の『日本食堂』も悪くありませんが、少し飽きたかな?と言った具合でまた、地元の『いろり庵きらく』で北陸新幹線開業記念メニューのカードを持っていたのでこれをお目当てと言いますが、さすがに『あじさい』系と『いろり庵』は一味違うのも一目瞭然。改札を出て西口のルミネIIは今日が休館日で東口のルミネIは明日との事で地元のセレオも明日が休館日だなと一杯飲むのに迷います。意外とお洒落なお店が多いものの、八王子はやや一格落ちて(?)悔しいのはSCの担当者の力量不足だと感じさせ、箱物の魅力不足に喝を入れたいものですね。

 腹ごしらえの後はニューシャトルの羽貫行き(大宮12:20発、1119×6)で発車メロディーが銀河鉄道999となかなかのもので一駅ながら乗るとJRの総合車両センターを眼下に見下ろし、新幹線の線路で新しいのが来るかなと思ったら『はやて』のE2系くらいで。ニューシャトルもいつの間にか15分毎から10分毎に増えている事に気付きました。

 鉄道博物館の来館は久し振りで前回は先一昨年の夏だった様な気がしますが、 あの時はBトレの10周年展で訪れてあの後は”てっぱくひろば”の183・189系を見学したなと思い出します。例によってSuicaで入場して先ずは2階へ行き、今回の目的である東京駅の100年のプロローグ展の見学です。展示内容も丁度一昨年の今頃、埼玉サークルのロングラン例会で鉄道総研の小野田さん(ブラタモリでもお馴染みの方で今回の特別展も勿論関与しています)をゲストに招いてこの辺のお話をされて内容が重なるかな?と思いましたが、この時の事も微かに脳裏に残ってましてマスターにとってはちょっとした復習となりました。この後はフロア伝いのミュージアムショップを覗いて前はBトレにプラレールもありましたが、いつの間にかプラレールアドバンスに置き換えられて少々寂しくなり、ご当地キティちゃんも並んでいます。立ち読みをしてこれから買おうと思っている旧型国電ガイド&国鉄客車ガイドと485系電車の復刻版をチラリと読み、『ダイヤ情報』の最新号はJR東日本と西日本の車両動向が載って12月中は211系の転入が無かったものの、豊田の115系も少しずつ廃車が始まってここで売り出される『鉄道ファン』の最新号の予習と言ったところで今年は『鉄道ダイヤ情報年鑑』のリリースがなくダイジェスト版で重宝するところですが果たしていつ頃売り出されるのか気になるところでさすがにプラレールのスタンプラリーの影響からか親子連れが多い。

 続いて1階に降りて455系を霞める形で北側の屋外に出ました。こちらも前にきた時に気になっていた『てっぱく図書室』を覗いて200系新幹線や485系のオリジナル、183系のリニューアル、253系のシートと2席ずつ並べられてお天気も良い昼下がりにゆっくり読書するにはもってこい雰囲気でもスペースの何分の一かがお子ちゃま向けで躾がなってない親子連れが多く太目の女装の方が何と言う事か。ちょっとした懐かしい雰囲気を味わいながらミニ運転列車も新顔が増えて実物同様『成田エクスプレス』のE259系、『ひたち』号(3月のダイヤ改正から『スーパー』、『フレッシュ』の冠が抜けるのと『フレッシュひたち』が急行列車でも使われた『ときわ』号に改めます)のE657系、『リゾートあすなろ』のHB-E300形と加わっていました。一通り、外を一回りすると455系前の次世代自販機でWANDAモーニングショットを一杯頂いてからミュージアムショップへ。オリジナルのコキ50000もありましたが、今回の特別展の図録を現金払いで。屋内の展示を覗きつつ、デジカメの撮影モードもISO1600に設定し、今のキヤノンの同等の新しいデジカメ(CMであまちゃんが出ていますね)ではISO400〜800くらいで綺麗に行くかなと言った感じですね。DD13や485系、201系と新幹線0系の個室と見て、てっぱくひろばのクハ183はL特急マーク入りでH14.12改正以前のものに戻った感覚です。前後して大宮総合車両センターの試運転ではEH500の44号機や武蔵野線の205系が行われ、熊谷タまで行く川崎車両所の試運転列車でもコンテナ車に混じってタキ1000-160が連結。丁度、ボランティアの方のガイドツアーも所々見られて埼玉サークルで顔なじみのYさんいるかな?と思ったら別の方で残念でした。

 鉄道博物館の見学も終わり、弁慶号のカードを頂いてクハ167のお面をデジカメに収めてから14時34分発の大宮行きは新型の2000系(2101×6)に久々の乗車。何とかカブリつき(車椅子スペースで跳ね上げシートながら)に腰掛ける事ができ、一駅且つ大宮総合車両センターの中なので車窓風景が楽しめないのが難点ですが、乗れただけでも嬉しいものです。

 ホームに入ると一番近い上野行きの電車は6番線から14時48分発の高崎発の電車(928M、クハE233-3026×10/高タカL10編成)でさいたま新都心まで乗ります。ちょうど4番線を同じくらいに宇都宮タから川崎貨物行き8586列車(EF210-110牽引)が通過し、タンク車はオイルターミナルのタキ1000で川崎貨物常備の旧矢羽根色が続き、他にはオイルターミナルのタキ1000で盛岡タ常備の304番や倉賀野常備の452・648・643番、宇都宮タ常備の677番、JOTから移籍した884番、タキ43000では応援の44t積みツートン車が多く、243857・243728・243710[エコレールマーク入り]・243826・243772番にオイルターミナルの43568番と連結。上手い具合に並走が拝めると思いましたが、意外や意外、最速75Km/hながら足が速く、都合悪いことにすぐさま宇都宮線上り線から貨物線の上り線をアンダークロスしてホームに降りて見られると思いましたが、スピードを上げて走り去ってしまい玉砕なり。

 さいたま新都心では時間調整をする列車を中心に編成調査を行い、埼玉サークル関係で訪れた時は共にお昼前後の列車が多かったですが、午後〜夕方近くの列車では久し振りにまとまった調査になり、幸い余り風も冷たくなく、回るのに丁度いい気候です。降りた所でマスターが乗った電車は赤羽での緊急停止があった事から暫く、新都心で5分ほど抑止されましたが、下り電車は10分遅れの報が入るも貨物列車はここから乗る格好で多少なりとも影響が出てきます。

○4091列車…根岸から宇都宮タ行きのオールタキ1000の列車で一杯の20両編成で連結。昨年のうちに全検入場したA重油専用のH7新製車をキャッチ。先の転落事故の影響でしょうか5分ほど遅れての出発に。
△宇都宮タ
EF210-131
タキ1000-123 JOT[E]/根岸* A重
タキ1000-114 JOT[E]/根岸* 全検26-11-12川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-622 JOT[E]/根岸
タキ1000-877 JOT/根岸
タキ1000- 65 JOT/根岸* 全検26-8-4川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-500 JOT[E]/根岸
タキ1000-214 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸* 全検25-8-29川崎車、自重16.7t
タキ1000-799 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-688 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-167 JOT/根岸* 無
タキ1000-794 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-497 JOT[E]/根岸
タキ1000-639 JOT/仙台北港 全検26-8-22川崎車、自重16.8t
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸* 全検25-11-18川崎車、自重16.8t
タキ1000-679 JOT[E]/根岸
タキ1000-365 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

○5883列車…久々の調査確認となりましたが、後でひっくり返すと何かで確認したナンバーがゾロゾロと。なかなか見られなかったタキ44000の44004番もようやくキャッチしました。
△倉賀野
EF210-173
タキ1000-657 JOT/根岸 全検26-7-25川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-808 JOT/浜五井
タキ44004   OT/郡山 全検24-8-20川崎車、自重15.9t
タキ43634   JOT/根岸* 全検24-7-26川崎車(29-10-9切)、自重15.7t
タキ1000- 5 JOT/根岸 全検26-7-16川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ243652  JOT/浜五井* 全検26-7-28川崎車、自重16.1t
タキ143645  JOT/浜五井*
タキ1000-303 OT/盛岡タ 無K
タキ243696  JOT[e]/浜五井# 全検22-5-27輪西派、自重16.3t 無
タキ243829  JOT/浜五井* 全検25-5-15川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-862 JOT/北袖# 全検25-7-16輪西派、自重17.2t 無
タキ1000-257 JOT/浜五井* 無
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車、e=ENEOS&エコレールマーク入り、K=郡山臨時常備

○1074列車…この時期は一杯の18両編成で来るかなと思いましたが、やや短い12両編成での到着で相変わらず旧矢羽根色のナンバーが続きます。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-118
タキ1000-714 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-739 OT/川崎貨物◎
タキ1000-694 OT/川崎貨物◎
タキ1000-718 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-703 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-406 OT/宇都宮タ A重
タキ1000-736 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-738 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-746 OT/川崎貨物◎ 川崎貨物→浮島町行き*
タキ1000-742 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-734 OT/川崎貨物◎ 無
タキ1000-724 OT/川崎貨物◎ 無
◎=旧矢羽根色、*=塩浜派出に交番検査入場

○5763列車…この列車が現れると待ってました!と声を挙げたくなる一本です。根岸発はタキ1000の2両、浮島町発はタキ43000・44000オンリーでJOT移籍車や西上田の基地が廃止されても同駅の常備標記が残っていた43011番も漸く常備駅変更が行われ、13年振りに宇都宮タ常備にカムバック。コキ200は2両ながらもUT26Kのトップとご対面。
△倉賀野
EF210-132
タキ1000-761 JOT[E]/根岸  ↑根岸発
タキ1000- 51 JOT[E]/根岸* ↓ 全検25-11-2川崎車、自重16.7t
タキ43327 JOT/浜五井 全検23-5-27川崎車(28-8-10切)
タキ43031 OT/倉賀野
タキ43318 JOT/浜五井# 全検25-8-1川崎車(30-12-7切)、自重15.5t
タキ43403 JOT/根岸 全検23-12-2川崎車(29-9-9切)
タキ44009 OT/宇都宮タ
タキ43162 OT/南松本
タキ43336 JOT×/浜五井[OT/倉賀野] 全検23-8-26川崎車(29-2-22切)
タキ43487 JOT×/浜五井[OT/八王子]
タキ43018 OT/郡山
タキ43339 JOT×/浜五井[OT/八王子]
タキ43455 JOT/根岸 全検23-9-12川崎車(29-5-27切)
タキ43011 OT/宇都宮タ※
タキ43168 OT/南松本
コキ200-129 全検23-7-16川崎車□ OT UT26K-98030,UT26K-98029
コキ200- 88 全検24-6-20川崎車□ OT UT26K-98002,UT26K-98001
根岸*=旧郡山常備、浜五井#=旧本輪西常備、×=エコレールマーク撤去、※=旧西上田常備、□=コキ200の枕バネ改良車

 5763列車は停車時間が長い事もあって調査が落ち着くと8876列車の到着まで余裕があるのでここで改札を出て線路沿いの道から細かい点をあれこれと車に気を付けながら確認し、15時45分頃にはEF210牽引でタキ1000を連ねた列車が通過して「この時間、臨時の運転があったかな?」と思ったらどうやら郡山から京葉臨海行きの1070列車が2時間半遅れでの通過で東北地方の強風の影響か何かと思われますが。

 改札に入ると再び4番線側から8876列車の到着までは5763列車の見直しやデジカメに収めてとこの時間は照り返しがきついのか晴天モードでも曇天のホワイトバランスに切り替え、同じパワーショットでももう一台のS120かGシリーズの持参であればNDフィルターモードの設定があるのですが、高倍率ズームレンズのSXシリーズとなるとこのモードが無いのが惜しい点です。さすがに6年使ってそろそろ最新タイプに更新したいなと思うもまだDIGIC4を積んだデジカメが健在で会員仲間の高槻のK氏やよしちゃんに申し訳ない気がしますね。

○8876列車…こちらも夏遠征以来で随分ご無沙汰しましたが、前後して中央西線の橋梁流出の影響からか18両の増結モードから普段通りの15両編成に。データを見返すと夏遠征の際に確認したナンバーが多く、移動車もタキ43000の43t積みや旧本輪西のタキ1000くらいでこちらは北袖にいた旧オイルターミナルとトレードでは?と勘繰ります。
△蘇我(北袖)
EF65 2097[JRF色、冷風]
タキ43635  JOT/根岸* 全検24-6-25川崎車、自重16.0t
タキ243648  JOT/浜五井# 全検26-4-14川崎車、自重15.9t 石油類)黒地▼
タキ243806  JOT/塩浜*
タキ243651  JOT/浜五井# 全検26-4-25川崎車、自重16.3t 無
タキ243821  JOT/浜五井* 全検25-3-7川崎車(30-6-7切)、自重16.1t
タキ243763  JOT[e]/浜五井#
タキ243785  JOT[e]/浜五井#
タキ43639  JOT/浜五井# 全検25-1-30川崎車(30-7-18切)、自重15.6t
タキ243735  JOT[e]/浜五井# 全検25-7-26川崎車、自重16.0t 無
タキ1000-390 JOT/浜五井 無
タキ243703  JOT[e]/浜五井# 全検25-7-19川崎車、自重16.4t 石油類)黒地
タキ1000-860 JOT/北袖# 全検25-5-21輪西派、自重17.2t 石油類)黒地
タキ243658  JOT/塩浜*
タキ243747  JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地
タキ1000-405 JOT/浜五井 無
浜五井*、根岸*、塩浜*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、▼=表示板の逆向き

 丁度前後して根岸からの宇都宮タ行き8571列車や東大宮から東京駅へ送り込む185系と囲まれる形で8876列車が止まると調査も難儀をきたす様になりますが、8876列車のタンク車は北袖〜倉賀野と往復する事が多いので殆どが馴染みのナンバーばかりで調査やデジカメに収めるのも気にはなりません。
*185系の回送は下記の通りで現在は武蔵野線経由で向かうのですが、来月から普通電車の折り返しが減る分、上野駅をスルーする形で行くのではと言った感覚で

←鶴見(東京) クハ185-103×10+102×5(宮オオA2+C1編成)

 他の貨物列車については下記の通りです。EH500でも少しずつATS-Ps(JR東日本の東北や長野、新潟エリアで使われている改良型ATS)を装着した車も見られる様になり、会社間を超えて使われている事が伺えます。
・3054列車(札幌タ→隅田川):EH500-15 Ps+コキ104・106・107×20、私有コンテナではヤマト運輸U48A、UV50A、UV51A、日通U47A-38000(白塗りエコライナー31)、U46A、福山通運U51A、札幌通運UR46Aと積載

・5097列車(泉→安中):EH500-40 Ps+タキ1200×12+トキ25000×4

・8571列車(根岸→宇都宮タ):185系の回送電車や8876列車に囲まれて満足な調査ができませんでしたが、EF210-164牽引でタキ1000-8(全検26-5-19川崎車、自重16.9t)・182・48・107・243766・243664(全検26-4-30川崎車、自重16.1t)・243756・243733・243715・1000−147・268・154・762・813・360・243665・243749・243820+2両の20両編成と頑張っています。

 ここで今回のネタ探しも終わり、1・2番線へ行き、16時27分発の大船行き(1629C、クハE233-1029×10/宮ウラ129編成)に飛び乗り、車内でiPod touchに入ったデータを見返したり、ノートに書いた分を移し替える準備に過ごし、整理もこの車内にて1074列車を纏めました。2月の中頃を過ぎて日が延びてきたので春遠征の頃は帰りがこれより30分遅くなるかな?と言った感じです。

 南浦和で武蔵野線に乗り換え、5番線の自販機で『朝の茶事』のホットを買って16時40分発の府中本町行き(1544E、クハ205-402×8/千ケヨM64編成)で西国分寺まで乗ります。乗ると早速5883列車から8876列車、暫く休んでから5763列車の順にタップしました。5763列車はメタノールのタンクコンテナが最近ではすっかりお馴染みの存在となり、連番かなと思っていたらメモは間違えないものの、タップした時に間違えて最初と最後のペアという事が分かり、後は(UT26Kの)98007・98008の2個が捕まると船用の番号がパーフェクトです(と言っても、980**=2012**の上、四角囲みの数字を見るだけですが………)。検査期限が延びたタキ43000が多かったのかスプレッドシートのアプリで思わず計算し、少し前に地元で確認した8460列車や過去のオイルターミナル専用列車を見た際に出ていたのでメモを見返して増分(=期限の延長)を算出した次第です。

 西国分寺に乗り換えると次に八王子折り返しがあるなと思いましたが、○○は急げの例え通り、2番線に到着した17時10分発の高尾行きに乗ります。豊田では時間調整が止まって丁度八王子駅を根岸行きの84列車が出発する頃で下り線を横切る形で通るのでここでかな?と言った具合で1番線には珍しい豊田始発の高尾行きが出発待ち。車両センターの構内には211系の3両編成や『グレードアップあずさ』色の189系の姿を見て浅川の鉄橋を渡って八王子駅のホームの前から明日の86列車で返すタキ1000が並ぶかなと思いましたが、オイルターミナルの基地の入口近くで待機していたので後で行うのでは?と思いましたが、帰りのお楽しみができず、その2がアップ出来なかったのが惜しい所。

 八王子駅には17時半に到着して南口へ向かう所で携帯が鳴ってこちらも帰宅の電話を入れようと思った所で用件を尋ねるとデジカメのリコールがあって宅急便の箱が届いたとのお話で暫く、もう一台のS120でどの位掛かるか分かりませんが、暫くは今日携えているSX200ISに頑張ってもらわねばとお次はサザンスカイタワーのスターバックスで一休み。行きはセレオのお店でさくらチョコレートラテを頂きましたが、ドリップのスリーリージョンズブレンドを頂いてソファー席が空いた所で頂くと色合いが漆黒というくらいの真っ黒でさすがにラテン・アフリカ・東南アジアの良い所どりと言った所で美味しく、この時期となるとトリビュートも出てくるかな?と改めて確認して本屋さんで時間調整するも丁度、富士森経由の法政大行きと南大通り経由の西八王子南口行きが続いて来るのでこれで帰っても良いかなと思いましたが、11日に続いて南大通りを歩いてのご帰還。拙宅の手前にあるドラッグストアがまだ空いていたので夜食はカップヌードルライスならぬどん兵衛釜めしを仕入れ、ご帰還となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧