« R03.02.05 八王子駅 | トップページ | R03.02.16 八王子駅 »

2021年2月 9日 (火)

R03.02.09 八王子駅

 早春に入った今日この頃。気が付くと鉄道友の会関係の集まりも丁度1年ご無沙汰した事になり、貨車研究会の例会も近日中には正式に中止のメールをお送りする事にして本来なら明後日は埼玉サークルの昼間例会が行われる予定がやはりこのご時世で休止となり、Zoom形式で行われるお話を伺い、ネタ拾いも週1〜2日の頻度になりますので暫くご辛抱ください。

 あれこれ用事を熟すにも午前中一杯は無難のマスター、いつもの様に西八王子から富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗って出掛け、到着する頃に神奈中の橋本行きが止まった姿が見えると早く着いて余裕が出来るのでサザンスカイタワーへ行き、まずは信用金庫で軍資金を確かめると出掛ける前に埋蔵金を引き出して年末にポポンデッタで買った都営バスのバスコレ代が今回の引き落としに当たりまして余り出掛けなかった事もあって余裕が随分ありましたが、最初箱買いしたかった所バラバラを崩した格好でシークレット込みで全部買ってしまって目玉が飛び出る位でしたが良心的な量販店なら万札一枚+αで済んだ所、ポポンさんだと種類によって値段の乱高下がするので本来なら公取が入ってメーカーから睨まれてもおかしくない所なのですが………。と余談はさておき残高について杞憂に終わり、カードの引き落とし、散髪代(=実は昨夏以来でご無沙汰です)も充分賄えました。2階のスターバックスで一休み。幸いソファー席を陣取る事が出来てドリップはシングルオリジンのメキシコ・オアハカが今日のドリップでラテン系ながら独特の風味を味わいながら8460列車の準備をします。また、OPAのTSUTAYA BOOKSTOREのお店がクローズして客入りを気にしたもののそう変わらないので一安心。

 続いてOPAの裏手に出て83列車の様子を確認します。コンテナ車は満載が半分で2両目に2個だけ、4両目は空車でタキ1000は先頭がオイルターミナルからの移籍車だな!とすぐ分かり、『あずさ』13号が出発する間際にゲートイン。例によってホーム伝いにタンク車を見て8460列車は今日も編成が短く、浜五井行きでタキ43000の未確認車はあるかなと昭和48〜49年新製車で随分オイルターミナルの列車に青いタンク車と混じって連結する機会が多く、10年近く前のタキ38000のポジションに潜り込んだ感がして編成を見る度現車データの確認も欠かせません。

○83列車…コンテナ車の満載は半分の2両ですが、タンク車は増量モードの13両の連結。最後尾に連結したタキ1000の360番は年末に確認していたナンバーです。
△竜王
EH200-14
コキ107- 102 ↑東京タ発 全検30-10-29川崎車 3個目に19G-22579[一色塗り]積載
コキ106- 669 全検2020-1-6川崎車 2個目に19D-51485[一色塗り]積載
コキ106-1099 全検29-6-5川崎車* 1・2・4個目に20D-3001、19G-19633、19G-22846[いずれも一色塗り]積載
コキ106- 53 ↓ 全検29-9-22小倉車 🈳
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 
タキ1000-835 JOT/根岸
タキ1000- 81 JOT[E]/根岸*
タキ1000-440 JOT[E]/根岸
タキ1000-167 JOT/根岸* 全検2020-9-12川崎車、自重17.2t ■
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 ■
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 全検2020-6-22川崎車、自重17.2t ■
タキ1000-565 JOT[E]/根岸 
タキ1000-564 JOT/根岸 
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 全検2020-7-17川崎車、自重17.3t 
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 全検2019-11-11川崎車、自重16.9t 
タキ1000-569 JOT[E]/根岸 
タキ1000-360 JOT[E]/根岸* 全検2020-12-1川崎車、自重16.7t ■
コキ106・107のグレー文字=側ロゴなし、全検出場日の*=期限標記あり、根岸*=旧郡山常備車

 83列車が片付くと例によって片倉駅へUターン。来月のダイヤ改正からSuicaが入場券としても使える様になるのでそうなるとドリンク代かお昼に駅弁を買うというウルトラCの作戦も考えているのですが………。八王子駅へ戻る電車は逢う事が多い矢部駅のスタンプが貼られたクハE233-6024(横クラH024編成)の編成に当たりました。

 八王子駅に戻ると8460列車を先ず5番線から浜五井行き、4番線から浜五井行きの後半、根岸行きと見て短い10両程の連結で根岸行きはタキ1000ばかり4両と復活後は長くて8両と見ていたところが半数で輸送量が芳しくない様子が感じ取れます。

○8460列車…浜五井行き7両、根岸行き4両の11両編成でツートンカラーの44t積みでタキ43000の243696番がいつの間にかOT所有に移籍した事と長期休車明けの43t積み車で43402、43405番とチェックしました。今日はまた43399番が連結されて一昨年の今頃はまだ郡山の常備標記が残っていたナンバーです。
△川崎貨物
EF210-161
タキ243696  OT[e]/宇都宮タ ↑浜五井行き ■(▼)
タキ43405  JOT/浜五井 全検31-3-7川崎車、自重15.5t ■(▼)
タキ1000-450 OT/倉賀野 ■
タキ1000-955 OT×/郡山 全検2020-6-9川崎車、自重16.9t ■
タキ43399   JOT/浜五井* 
タキ43402  JOT/浜五井 全検31-2-8川崎車、自重15.5t
タキ43165   OT/倉賀野 ↓ 
タキ1000-301 JOT/根岸*   ↑根岸行き 
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* ■
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸*
タキ1000-536 JOT[E]/根岸# ↓ 全検2020-7-28川崎車、自重16.9t ■
OT所有車の×=エコレールマークなし/e=ENEOSマーク付きの円形エコレールマーク、=宇都宮タ臨時常備、▼=表示板の逆向き、根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、根岸#=旧仙台北港常備車

 面白い事に八王子折り返しでオレンジ色ラッピングのクハE233-24×10(八トタT24編成/33T運用)、上り電車で最新のクハE233-71×10(八トタT71編成/81T運用)と続いて参上。揃った所でツーショットを収めたかったのですが、タイミングが悪くあえなく断念したものの、この所不思議と逢う事が多いですね。また、トイレ付きではクハE233-52×10(八トタH52編成/21H運用)がやって来ました。

 改札を出てセレオのスターバックスで二杯目のドリップにクラシックチョコレートケーキと思いましたが、運悪くドリップマシンが故障中とのことで仕方なくアメリカーノで一杯。この様な事態初めてと言った感じで止むを得ませんが、丁度ストアマネージャーさんが入ってマスターにとっては弟子の様な間柄のお姉ちゃん(『バイキング』の坂○忍で言う所の舎弟と同意語です)ですが、前のストアマネージャーさんは電車で言うと武蔵野線の電車(丁度103系から205系に置き換えが進められた頃でした)や近郊電車でいうスカ色繋がり(今や懐かしいですね)、気動車ではキハ30やキハ35で相模線や久留里線、木原線みたいに千葉のお店で転任されたとのお話でマスターも丁度1年前お邪魔した辺りの何処かかなと感じ取れます。ケーキが美味しかったのでベロナで一杯と行きたかったのが惜しい所で自宅用のVIAを物色するとコーヒー系となると自宅のドリップと重なったり二回続いてと言うのではなんなのでほうじ茶をセレクトしました。

 幸い、富士森公園、西八王子南口経由の法政大学行きのバスに間に合い、久し振りに希望ナンバーが付いた京王バスカラーの現行タイプのいすゞエルガに乗り、途中まで乗っていたシニアのお客さんでシルバーパス片手かなと思ったら意外とICカード持ちの方も時折見られるので助かりましたが、西八王子の駅前に着くと元が同じカラーリングのピンポン・パンポンバスを見てコンビニでお昼を仕入れてご帰還するも今日は拙宅で水道メーカーの交換工事が入っておりました。

|

« R03.02.05 八王子駅 | トップページ | R03.02.16 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R03.02.05 八王子駅 | トップページ | R03.02.16 八王子駅 »