« R02.11.13 八王子駅 | トップページ | R02.11.20 八王子駅 »

2020年11月17日 (火)

R02.11.17 八王子駅

 月の真ん中になるとゲンナマが入るマスターですが、気が付くと今年もあと一月半で年末を迎え、コロナ禍でこの一年は本業が振るわなかったかなと思うこと間違えありません。

 先週は金曜日に帰宅した後に自家用のiMacで一仕事しようと思った所で新しいMac OSのインストールを知らせる通知が届いて1時間ほど待ちましたが、デスクトップの画面も時刻に合わせて明るくなったり暗くなったりする断崖絶壁から最新のiPadを思わせるかのようなカラフルなバックグラウンドに変わりました。丁度、シリコンのCPUを積んだタイプが売り出されたのと同時でOS Xシリーズも一世代前になってしまったことを痛感し、来年あたりには仕事用のパソコン(Mac mini+ディスプレイのシステム構成で)を更新したいと考えていた所でいい時期だな!と来年の前半には漕ぎ着けたいものですね。

 コロナ禍が再び激しくなりつつある今日この頃、マスターも9月頃から昼過ぎまでに延ばしたものの、また今月からは午前中くらいで用事を片付けようという風になりまして、この分だと来月初旬は危ないな!と思うようになりました。いつも乗る八王子駅南口行きのバスを待つと始発の法政大学行きはまたまたピンポン・パンポンバスでこちらは決まってH20式の日野ブルーリボンIIが参上しますが、一年先輩で同じグループが専属で3〜4台いましたが、こちらは3月まで館ケ丘団地の路線を中心に入ったナンバーです。意外と乗りが多く、また東京都内での感染者が増えてきたので半月後にはまた不要不急の外出は控える呼び掛けが出やしないか危惧してバスのお客さんも高齢者率が高く、危険リスクが高いんだから気を付けたい所ですな。

 バスが着いた所で竜王行きの83列車もほぼ同時の到着。OPAの入口あたりを通り抜けるのですがこの車寄せに意味なく入り込む他県ナンバーのDQNドライバーの車が多く、用が無いのに来るな!とドヤしたいものですね。コンテナ車も3両目が両端が空いている以外は満載でタキ1000を見ると今年の全検車が随分ありましたが、幸い前にキャッチしたものばかりでゲートインした後は手持ち無沙汰になるなと読み取れます。

 サザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を預けてから自由通路の窓越しから83列車、8460列車のタンクの様子を伺いながらセレオのスターバックスへ。暫くマルベリーブリッジ側の自動ドアは出口専用でしたが、解除されてゲートイン。パートナーさん皆さん赤いシャツ姿でジンジャーブレッドラテを一杯。暫く待ちましたが、上手くテーブル席が空いたところでタンク車の全検車リスト(根岸配備のタキ1000だけですが………)を金曜日の午後に暇が出来たので(いつも暇なのですが………)ここで83列車に連結した分を拾い出すと3両ともバッチリと。

 Suicaをチャージしてからいつもよりやや遅れてのゲートインになりましたが、83列車のタンク車をホーム伝いにチェックします。

○83列車…編成もいつも通りでタキ1000は全車ガソリン、灯油・軽油積載車ばかりで先に触れた通り今年の全検車は前に見ていたナンバー揃いで今日はホーム伝いに軽く進めた次第です。
△竜王
EH200-9
コキ107-1030 ↑東京タ発 新製26-10-24川重 1個目に20D-419積載
コキ107-1852 新製29-9-14川重 1〜3個目に20G-809、19D-52059、19D-43766[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 461 全検29-1-18小倉車 2・3個目に20D-687820D-3129[いずれも一色塗り]、4個目にJOT UR19A-10155*積載
コキ106- 240 ↓ 全検31-1-17広島車* 4個目に20D-1726[一色塗り]積載
タキ1000-541 JOT[E]/根岸# 全検2020-8-3川崎車、自重17.0t
タキ1000-848 JOT[E]/根岸
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 全検2020-9-24川崎車、自重17.3t
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸*
タキ1000-418 JOT[E]/根岸
タキ1000-834 JOT[E]/根岸
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 全検2020-4-8川崎車、自重16.9t 
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 
タキ1000-366 JOT/根岸* 
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 
タキ1000-882 JOT/根岸 
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 ■
コキ106・107のグレー文字=側ロゴなし、全検出場日の*=期限標記あり、UR19Aの*印=幅広マーク入り、根岸#=旧仙台北港常備車、根岸*=旧郡山常備車

 83列車の分が片付くと8460列車の予習をこなしながら横浜線の電車で片倉へUターン。出発後程なく車内を見ると1両で40〜50人の乗りかなと言った具合でまたGo toトラベルやらリモートワークを解除した企業が多く、何処となく増えてきましたが、年末に向けてこれから危惧する所で出来れば30人台が妥当かなと言った感じです。

 横浜線の電車から降りて先ずは5番線側から8460列車のタンクを見て浜五井行きを中心にチェックすると私が乗った電車を担当した車掌さんがタンク車を興味深く見ていた様でご関心お有りでしたらご教授いたします(同じJRでも東日本所属貨物所属の違いはありますが………)。先頭のタキ43399は昨年の春先に見た時は郡山常備車でしたが、いつの間にか浜五井常備に変わって5番線で秋冬の晴天の日は難儀ですが、一応デジカメに収めたものの曇天の日を狙ってリテイクしますか。『かいじ』15号が出発した後で3・4番線に移動して今度は浮島町行きの番でタキ43000では本輪西から移動した43t積み車が多かったので3両揃って収めて44t車でも根岸から移動したナンバーも発見(丁度1年前に見たナンバーです)。

○8460列車…浜五井行きが前4両で後でiPod touchのメモアプリに書いた編成を見ると見間違えかな!と思いきや、1両多く書いておりまして総勢14両編成です。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-143
タキ43399  JOT/浜五井* ↑浜五井行き 全検29-4-15川崎車、自重15.9t 
タキ43022   OT/倉賀野
タキ1000-448 OT/倉賀野 
タキ1000-399 OT/宇都宮タ ↓ 
タキ1000-368 JOT[E]/根岸* 
タキ43520   JOT/浜五井#
タキ43479   JOT/浜五井#
タキ243711   JOT[e]/浜五井# ■
タキ43352   OT/倉賀野 無
タキ243737  JOT[e]/浜五井# ■(▼)
タキ43422    JOT/浜五井# 全検2020-3-6川崎車、自重16.0t
タキ243767  JOT[e]/浜五井# 
タキ243803  JOT/浜五井# 
タキ43266  OT/倉賀野※ 
浜五井*、根岸*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、OT所有車の※=旧西上田常備車、▼=表示板の逆向き、=宇都宮タ、根岸臨時常備

 ネタ拾いを軽く済ませてから改札を出てみずほのATMに立ち寄りこのままサザンスカイタワーのスターバックスで時間調整するかなと思った所、運悪くソファー席が塞がっていたのでOPAのTSUTAYA BOOKSTOREで時間調整しても空かなかったのでこちらもソーシャルディスタンスで結構、席数が減らされたお店がまだ多く、いい加減にこの点を配慮して来店して欲しいと思いつつ、こちらもお店で飲む分を自宅に振り替えてそれなりの努力をしているのですが………。ビックカメラの1階を覗いてから多摩美大行きのバスは最古参の15年もので桜ヶ丘には負けますが、合併後もまだ頑張っているのでこの後釜はミレニアム前後の新車みたいに『京王バス』標記になる事間違えありません。また、北野街道回りのめじろ台行きは高尾山温泉バスが参上しました。

 帰りはいつも乗る富士森公園、西八王子南口経由の法政大学行きのバスを待つと今日は京王バスカラーのいすゞエルガの現行タイプで丁度今日履いている靴の足慣らしの時にいの一番に乗ったナンバーです。途中、富士森の体育館の坂で東京家政学院からの中型車にすれ違いますが、今日は実践高校の所で中型ロング車の回送と”類は友を呼ぶ“と言った感じで西八王子の南口に着くとレクサスの黒いSUV(トヨタのRAV4と似たタイプです)をバス停の所に止める大馬鹿者に閉口。両側しか窓が開かないので「何処止めてんだ!」とどやし付けたい所で電車もバスも時刻表通りに動くものなので(ここは昼間でも10分毎に出発します)マスター自身、この点は一般人より強く、この次が行きに見た高尾営業所のピンポン・パンポンバスで顔並びは馬鹿レクサス乗りが妨害して収める事できませんでしたが、2台続く形で収める事が出来ました。この辺りは警察の境界になるせいでしょうか取り締まりが何処か手薄の様でこの頃は感覚が読めない馬鹿ドライバー多いので厳しく取り締まって欲しいものですな。

 信用金庫の通帳が一杯になりそうだったので角にある信用金庫の支店に立ち寄り、コンビニで昼食を仕入れてのご帰還です。

|

« R02.11.13 八王子駅 | トップページ | R02.11.20 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R02.11.13 八王子駅 | トップページ | R02.11.20 八王子駅 »