« R02.10.19 八王子駅 | トップページ | R02.10.21 八王子駅 »

2020年10月20日 (火)

R02.10.20 八王子駅

 この10月はこの時期にしては季節を先取りした涼しい日が続きましたが、今日は久し振りの好天に恵まれ、まだまだコロナ禍落ち着かない日々が続いております。

 こちらのブログについて鉄道友の会でお世話になっている上尾のKさんからお礼のメールを頂きましてこの場をお借りして厚くお礼申し上げます。うちの研究会と埼玉サークルに来られる会員さんで埼玉サークルさんもこちらのリンク貼らせて頂いていますので今後も続く限り頑張りますのでご来店される皆さんも大変な時期ではございますが、手近な所で安全・安心・安定をモットーに続けさせて頂きます。

 今日は親の講座のある日で終わるとセレオやOPAのカルディで買い物をするのがお決まりですが、いつもは合間の時間と言うと改札に入らないでセレオ、オクトーレとブラ付く事が多いものの、この所8461/8460列車と浮島町発着がメインになっているのでこの辺を押さえております。行きのバスに乗ると富士森のダイワハウススタジアムで高校野球の秋季大会が始まってここへ行く高校生の集団も乗り合わせるも野球場前のバス停で支払いに戸惑いましたが、八王子駅南口着もやや遅れた感じでの到着です。

 バスから降りると先ずは83列車のコンテナ車をチェックし、4両連結して3両目は空車。あとは19系ないしは20系と言ったマルーン一色が続いて昨日は所々で保冷コンテナが混じっていた事を思うと今日はどこか一味足りない印象です。また、車寄せでは本来左折で出る所が強引に右折する馬鹿ども二台を目撃。この間も日曜日の朝に出掛けた折に国道20号、国道16号と必要以上にスピードを出す車が多く、スピードガンやオービスを携えていたら速攻お縄な輩が多く思えました。

 軍資金を引き出して改札をゲートイン。83列車のタキ1000をホーム伝いにザッと確認し、今日は今年の全検車も2両キャッチし、8460列車の浮島町行きも隙間から下見して今日はツートンカラーの44t積みで未確認のナンバーがあった(と言っても、以前根岸で確認した事があるナンバーです)がありましたが、黒塗りの連番はここ三連チャンで火曜日に現れたナンバーかな?とあとで見返すとその通りですが、『あずさ』13号が出発した後で不意に立っていた中期高齢者のオヤヂが邪魔臭かったのでイチャモンつける筋合いあるならフラフラ出歩くな!とコッチは情報収集の取材で仕事みたいなモノですからね。前後して、青梅線の奥の愛称である『東京アドベンチャーライン』のラッピングが貼られた4両編成を連結した青梅線用の編成が珍しく中央線の運用に入っているところを見ましたが、タイミング悪く4両編成は収められませんでした。本来H編成が入るところ、八王子では時折試運転や諏訪湖の花火の助っ人で駆り出される時しか見られませんが、快速電車のアルバイトはチョットした珍顔です(←高尾 クハE233-521×4+61×6/八トタ青463+青661編成、21H運用)。また、クハE233-61は青梅線の事故の影響から造り直した事で知られる車です。

○83列車…いつも通りの編成ですがタンク車はENEOSマークの有無半々、前2両はA重油の積載車で今年の全検車で初確認を2両キャッチしました。
△竜王
EH200-12
コキ107- 494 ↑東京タ発 2個目に20D-2940、5個目に19D-48029[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 258 全検2020-1-8小倉車 2〜4個目に20D-4235、19D-44768、19G-22193[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 169 全検27-1-13川崎車 🈳
コキ107-2153 ↓ 新製30-11-10日車 3個目に19D-43785[一色塗り]積載、5個目は空き
タキ1000- 41 JOT/根岸* 
タキ1000-182 JOT/根岸* 全検2020-7-6川崎車、自重17.2t ■
タキ1000-196 JOT[E]/根岸* 全検2020-7-1川崎車、自重16.7t ■
タキ1000-817 JOT/浜五井 ■
タキ1000-827 JOT/北袖# 
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 
タキ1000-280 JOT/浜五井* 
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 
タキ1000-251 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-492 JOT[E]/根岸 全検2020-7-22川崎車、自重16.8t
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸*
タキ1000-638 JOT/根岸#
コキ107のグレー文字=側ロゴなし、根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、根岸#=旧仙台北港常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 83列車が一通り片付くと横浜線で片倉へUターン。上り電車の出発待ちの間に8460列車の予習(と言っても先週の復習みたいな形ですが………)や83列車の分の肉付けを行いながら過ごします。お客さんも相模原の工場辺りへ出勤するベトナムなどの東南アジア系の兄ちゃんやらベビーカーの親子連れなど何処か多い印象を受けましたね。

○8460列車…この頃は浮島町行きが10両と決まっているので浜五井行きの量が気になる所でこちらは3両でタキ1000×2、タキ43000(44t積み)×1の布陣で合計13両編成。連結しているナンバーも先週の今日とほぼ同じ顔触ればかりです。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-117
タキ1000-644 OT/倉賀野  ↑浜五井行き ■(▼)
タキ1000-413 OT/八王子 
タキ243846  OT/宇都宮タ ↓
タキ243726  OT/宇都宮タ 
タキ43161   OT/南松本 全検2020-5-12川崎車、自重15.9t ■
タキ43023   OT/倉賀野 全検2020-5-14川崎車、自重15.6t
タキ43356   OT/南松本 ■(▼)(交検→浮島町行き)
タキ43546   OT/宇都宮タ 無
タキ243737  JOT[e]/浜五井# ■(▼)
タキ43422   JOT/浜五井# 全検2020-3-6川崎車、自重16.0t
タキ43421   JOT/浜五井
タキ43171   OT/南松本 
タキ243803 JOT/浜五井# 全検30-7-27川崎車、自重15.8t ■(▼)
浜五井#=旧本輪西常備車、▼=表示板の逆向き、=根岸臨時常備

 Suicaの残高が不足したので八王子駅への戻りはPASMOになりましたが、一仕事片付くとセレオのスターバックスで一休み。今日は20日でフェアトレードのお豆と思いましたが、オーダーすると昨日マスターがサザンスカイタワーのお店でも頂いたグァテマラ・アンティグァでマイタンブラーにやや多めに注がれたのでパートナーさんの気持ちを汲み取りまして、一緒にこの時期らしくパンプキンタルトもオーダーしました。南瓜のペーストとほのかなシナモン・ナツメグの味が素晴らしく、テーブル席もうまい具合に開いたものの、結構爺婆が占めていましたね。

 この後はオクトーレへ行ってエディー・バゥアーを覗いて着易そうなネルシャツや素材がソフトなスラックスは外出用か近所用と迷う所です。

 暫く北口のロータリーで時間調整して京王バスのリムジンバスもやって来て最初、社名の『南』だけ消したのかなと思いましたが、側面の板一枚分そっくり上からフィルムを貼って白基調ながらこの部分だけ明るくなっているのも一目瞭然で間違え探しみたいで面白いですよ。

 講座が終わった親と待ち合わせて先に南口に出てビックカメラ、続いてOPAのカルディに立ち寄ってから再びセレオの北館へ。地下と成城石井で買い物してから北口のタクシー乗り場からご帰還となり、このドライバーさん、メタボ体型且つ半袖のワイシャツ姿でどこかBSフジのニュースでお馴染みの反町さんみたいな印象でした。

|

« R02.10.19 八王子駅 | トップページ | R02.10.21 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R02.10.19 八王子駅 | トップページ | R02.10.21 八王子駅 »