« R02.10.26 八王子駅 | トップページ | R02.11.02 八王子駅 »

2020年10月29日 (木)

R02.10.29 八王子駅

 この週末はハロウィーンということになると今年のカレンダーも2枚ほどと年の瀬が近くなってくる事を感じさせます。

 昨日は高尾街道沿いにあるスターバックスの元八王子店がオープンした日でいつもお店に立ち寄って40分程お邪魔して高尾経由でイーアス高尾へ向かうのがお決まりのコースですが、行きは変わらないものの、帰りは7月に高尾駅の北口ロータリーの改修が始まってバス乗り場が移動して北口行きに乗ろうと思い、西八王子駅北口〜ホーメストタウン〜高尾駅北口と毎時2本の運行でこれが20分→40分と変な組み方故に一本早い便で向かいました。いつも1月、10月は決まってお邪魔するところ、コロナの影響で一斉休業が有った事もあって夏頃に落ち着いたら出掛けようと思いましたが、未だ収まらずズルズルと来まして、お店の中も大きめのソファーもソーシャルディスタンスで一昨年オープンした国分寺の新しいお店あたりと同じ丸い小ぶりのものが置かれていました。パートナーさんも大方顔馴染みの皆さんばかりで久し振りに顔を合わせたのか皆さん喜んでおられてこちらも短時間ではございましたが楽しく過ごす事が出来ました。また、行きは2本続いて日野ブルーリボンのハイブリッド車に当たりまして、一本目は高尾街道に入ってから、2本目はホーメストタウンの横道に入ってホンのチョットと貸し切りに。また、座席に電源があるタイプだったので2本目で手持ちのiPod touchのコードをバスのUSBに繋げると窓際の方が良く入りました。この後はイーアス高尾へ行き、『餃子の王将』であんかけ焼きそばの昼食、勿論スターバックスにも立ち寄り、帰りは一本見送りましたが、万葉けやき通り経由の系統が今月から昼間の本数が増えたので自宅からだと行きは今までと変わりませんが、帰りが増えた時間帯に当たって時間も柔軟に決められる様になります。

 今月のネタ拾いも実質今日がラストで親も出掛けている事もあるのでこれに釣られた形ですが、バスを待つと明日から『京王ライナー』が夕方に何本か増えるのと夜間も京王線で本数が見直されるので連動して京王バスのダイヤ改正が行われるものの、プレスリリースを見ると国分寺〜府中や聖蹟桜ヶ丘〜めじろ台駅間の一部系統、南大沢〜多摩美大と言った所で京王線のダイヤに合わせて平日夜の便を若干弄る程度で後は変わりなく全体としては微調整と言った感じです。また、丁度出掛ける頃にマスターと逆方向から『ピンポン・パンポン』バスがよく入るのですが、今日は似通ったステッカーが貼られた京王バスのワンボックス車が参上。ダイヤ改正に合わせて何やら貼り仕事の様ですね。

 西八王子駅での時点では少々遅れましたが、八王子駅南口は余裕で到着。83列車の到着少し前で今日は8460列車の編成は長く見応えあるな!と予習をしていざ83列車のコンテナ車を見るといつもはコキ107優勢ですが、今日は珍しくオールコキ106の布陣。どこか海上コンテナの専用列車かな?と言った趣きでアメリカ物に興味が強いマスターにとってはダブルスタックとは違った姿が拝めると言っても過言ではありません。コンテナを見ると前半分が満載でも後半分は空車です。

 一通りお膳立てしてからセレオのスターバックスで時間調整。大学芋フラペチーノも完売したのでコーヒー&クリームラテがあるのでは?と思ったらその通りでショット追加のラテを頂きました。コロナ禍でご無沙汰したパートナーさんも久し振りに顔を合わせて今日の8460列車の下準備をしながら過ごします。

 幸いSuicaは事前にチャージしたのでゲートインも『あずさ』13号の前後でいつも通り。83列車のタキ1000は月曜日と同じナンバーは前2両くらいで先頭の173番は駅員さんの立ち位置と干渉するのかアングル選びに骨が折れてお手上げ。この間も小田急のロマンスカーの回送で終電後の駅に忍び込んだバカがいたニュースが伝えられましたが、こちらのブログや調査活動は社会通念に則って行動しており、決して現場の皆さんの邪魔やご迷惑にならない範囲で行っておりますので各関係の皆様も今後ともご協力の程よろしくお願い致します。3・4番線をホーム伝いに歩くと東京方は今晩の相鉄10000系長野行きに備えてでしょうかロープが張られてこちらも気遣いながらデジカメのシャッターを押す次第で幸い、前から確認していたナンバーが続いていたのでこの点は一安心です。

○83列車…前述通り、コンテナは前半分のみの積載でJRマーク+マルーン一色が随分目立ち、JOTの保冷コンテナも両側開きが1個だけ積まれていました。タキ1000は今年の全検車で498番と初顔合わせ。
△竜王
EH200-17
コキ106- 337 ↑東京タ発 全検30-5-25郡山車* 3個目に19D-45365、5個目に19D-47542[いずれも一色塗り]、4個目にJOT UR19A-11265*積載
コキ106-1075 全検30-9-14小倉車* 1個目に19D-46205、3〜5個目に19D-52260、V19C-8534、19D-43919[いずれも一色塗り]積載
コキ106- 154 全検2019-7-12郡山車 🈳
コキ106- 653 ↓ 全検30-8-28小倉車 🈳
タキ1000-173 JOT/根岸* 全検2020-10-6川崎車、自重16.7t 
タキ1000-442 JOT[E]/根岸
タキ1000-427 JOT[E]/根岸
タキ1000- 79 JOT[E]/根岸*
タキ1000-770 JOT[E]/根岸
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 全検2020-5-2川崎車、自重16.5t
タキ1000-639 JOT/根岸#
タキ1000-351 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-614 JOT/根岸 
タキ1000-834 JOT[E]/根岸 
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 全検2020-4-8川崎車、自重16.9t 
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 
コキ106のグレー文字=側ロゴなし、全検出場の*=期限標記あり、UR19Aの*印=幅広マーク入り、根岸*=旧郡山常備車、根岸#=旧仙台北港常備車

 83列車を見る合間に隙間から8460列車もチェックし、今日は44t積みも随分連結しているなといつもの様に横浜線で片倉へUターンする形で乗るとE233系の窓越しからタンクのナンバーを見ると随分見ていなかったナンバーもあったので後半はいっちょ、気合を入れて見まくるかと思った次第です。

 お約束通りUターンの後は8460列車の調査に全力投球。今日は長い16両編成からして浜五井行きが増量モードではと思ったところ大当たり。タキ1000はH17新製車でこちらも調査もお初と言った所です。

○8460列車…浜五井行きが6両入った事から長い16両編成になりましたが、浮島町行きはタキ43000揃いの顔ぶれです。未確認だった本輪西からの移動車である43479番は以前、何かで見た記憶があるかな?と言った感覚で44t積みの243711・243736番と再確認。連番や近いところで4組見る事が出来ました。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-135
タキ243846   OT/宇都宮タ ↑浜五井行き
タキ43170     OT/南松本 ■(▼)
タキ43416   JOT/浜五井 
タキ43552   OT/宇都宮タ 
タキ243828   OT/宇都宮タ ■
タキ1000-670 OT/宇都宮タ ↓ 全検2020-8-4川崎車、自重16.8t
タキ243803  JOT/浜五井# ■(▼)
タキ243736 JOT/浜五井# 全検29-11-29川崎車、自重15.9t 
タキ43479   JOT/浜五井# 全検2019-10-28川崎車、自重16.0t
タキ243711 JOT[e]/浜五井# 全検27-8-3川崎車、自重15.9t ■(▼)
タキ43352   OT/倉賀野
タキ243737  JOT[e]/浜五井# ■(▼)
タキ43422  JOT/浜五井# 全検2020-3-6川崎車、自重16.0t
タキ43421  JOT/浜五井
タキ43171  OT/南松本 
タキ43485  JOT/塩浜 
浜五井#=旧本輪西常備車、▼=表示板の逆向き、=臨時常備駅:根岸、浜五井、宇都宮タ

 ホーム伝いでの調査・撮影が終わるとOPAのTSUTAYA BOOKSTOREに立ち寄り、『サライ』とトキワ荘特集の『芸術新潮』(親の使いで買う事が多かったですが、こちらで買うのは実はお初です)を買い、スターバックスで一休み。ソファー席も結構埋まって中には馬鹿でかいベビーカー片手のバカママや風情が無いノートパソコン片手の輩が多く落ち着けませんが、ドリップをマグで頂き、お豆はマスターが買う事が多いハウスブレンドでもう来年1月まで買うお豆を決めていますがこれも何処かで買う予定です。また、以前京王八王子SCのお店に居たお兄ちゃんのパートナーさんがブラックエプロン持ちと意外な事実も。

 ちょうど午前中ラストの西八王子、めじろ台経由の法政大学行き(京王バス・高尾の担当便)に間に合い、この所決まって入る京王電鉄バスカラーの日野ブルーリボンの現行タイプに当たりました。ショルダーに仕舞った本が重かったのか別々に入れ直し、中扉と真正面の2人掛けに腰掛け、昨日も高尾駅へ向かうバスに乗った時も空いていたのでここでiPod touchを充電した訳でお昼はコンビニで品定めするとレンジの新そばがあったので二日続いて中華麺も何なので上手く選びまして、帰宅後はあれこれ頑張らなくてはと思っております。

|

« R02.10.26 八王子駅 | トップページ | R02.11.02 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R02.10.26 八王子駅 | トップページ | R02.11.02 八王子駅 »