« R02.09.28 八王子駅 | トップページ | R02.10.03 八王子駅 »

2020年10月 2日 (金)

R02.10.02 八王子駅

 10月を迎えて令和2年度で見ると丁度折り返し点に達し、上期はコロナの影響で成果が今一つと言うのが大方の流れでしたが、来年の3月一杯までどの位まで挽回できるかが気になる所です。さて、マスターにとってこの10月は鉄道友の会に入会して丁度25周年を迎え、このブログも14日にオープン15周年を迎えて月並みではありますがしぶとく続けて参ります。

 10月に入ると例年、日比谷公園で行われる鉄道フェスティバルに合わせて様々な鉄道会社限定のグッズが売り出される事がお決まりですが、今年はコロナ禍で開けないイベントが多く、各社ホームページのコンテンツに工夫を凝らし、グッズ販売も駅の窓口、通信販売などを通して売り出される例が多く、こちらも今日は昨日から売り出された京王の卓上カレンダーを例年通り買うのと例のお金が少々残っていたので頭の中でスラックスか靴を買おうと思い、先日6年余り履いているアシックスのウォーキングシューズをそろそろ代替えしようと思いましてこれに充てる事を急遽決めた次第で月曜日も下見に出掛けた程です。

 また、本来であれば今日は貨車研究会の例会当日でこの月〜木は頑張ってギガタンク相手にプリント・製本に大童ですが、さすがに夜間の実施と出席者の平均年齢が高いせいもあってかなかなか開けないのが実情でして、マスターが入った頃はまだ働き盛りの皆さんも気が付くとお仕事が一段落した世代に差し掛かり、顔出ししている範囲で現役はホンの数名といった感じですね(嘱託や自営の方もお有りで一概にお話しできませんが一般論で)。

 いつも乗る富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗ると少し遅れての到着でシルバーパスの更新時期だけあってシニアのお客さんが多く、通しが多かったのものの、降りる時に古いものを提示する始末でいい加減でIC化してくれればクレジットカードの更新と同じでデータを書き換えるだけで済むのですが………とこれを思うと東京都の福祉行政は優先順位間違っているのでは?と常々思っており、昨日の東証の大規模なシステムトラブルが起こった事を思うと(昨日の夕刊、今朝の朝刊と株価欄真っ白です)日本はこの点で20年前から停滞しているのではと感じております。

 また、昨日から京王バス各社の合併が行われて八王子エリアは電鉄バスと『京王バス南』改め(二代目)『京王バス』の担当になり、車体の社名も『南』の字だけを消した格好かな?と思ったらその通りで暫くは新車以外は尻切れトンボになりますね。また、富士森公園から国道16号の交差点へ向かう所で中型車の回送が万葉けやき通りの西八王子南口〜高尾駅南口の路線も昼間の増便が行われ、ダイヤも少し変わったなと感じさせマスターもイーアス高尾にスターバックスがある関係でよく出掛けるのですが、これから帰りは少し気にならなくなりますね(本当ならもう少し早く行って欲しかったものですが、イーアス高尾も行く度店仕舞いする所が多く、この対策なら嬉しい話です)。

 バスから降りると早速車名のところをデジカメに収め、もののの見事『南』が綺麗に消されてちょっとの間に電鉄バスの委託車から京王バスと言う風に変わった事になります。先ずはOPAの裏に出て83列車のコンテナ車をチェック。全て19&20系でタンク車も8460列車のお尻はタキ43000の44t車で少し短めかな?と言った具合で目の前に83列車のタキ1000がバッチリと。歩道に出てコンテナ車を見るとチャリンコ乗りのオヤヂからドヤされ、東京都の条例では”車道の隅”を走れ!と言うのに何歩道で🚲走るんねん!学習能力も存在価値のない動く粗大ゴミ老人め!と思いましたが、昼寝する八高線の電車はようやく川越線80周年記念のヘッドマーク付きとご対面。8460列車が片付いたら頑張って収めるかな。

 一通り片付いた所でセレオのスターバックスで一休み。アイスコーヒーはまだ夏の余韻でアイスコーヒーブレンドでしたが、軽くつまみたかったのでマロンinマロンを一緒にいただきながら8460列車の準備をします。いつもの様に『あずさ』13号が4番線に止まっている頃合いにゲートイン。

○83列車…コンテナ車はオール19&20系コンテナで満載でしたが、後2両は月曜日のこの列車にも連結したナンバーなのでiPod touchのメモアプリで見直し、タキ1000では全検車が541番が半月ほど前、後1両前には先月出場したばかりの511番を初めてキャッチ。
△竜王
EH200-17
コキ107-1030 ↑東京タ発 新製26-10-24川重 2〜4個目に20D-1138、20D-6504、19G-22317[いずれも一色塗り]積載
コキ107-1996 新製30-3-16川重
コキ106- 390 全検30-8-2広島車* 1個目に20G-48、2個目に19D-46993、5個目に19G-20037[いずれも一色塗り]積載
コキ106-1091 ↓ 全検29-12-1郡山車* 2個目に20D-4096[一色塗り]積載
タキ1000- 8 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-541 JOT[E]/根岸# 全検2020-8-3川崎車、自重17.0t ■
タキ1000-638 JOT/根岸#
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸* ■
タキ1000-754 JOT[E]/根岸 
タキ1000-564 JOT/根岸 
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 
タキ1000-769 JOT[E]/根岸 
タキ1000-785 JOT[E]/根岸 
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 全検2020-9-7川崎車、自重17.2t
タキ1000-587 JOT[E]/根岸
コキ106・107のグレー文字=側ロゴなし、全検出場日の*=期限標記あり、根岸*=旧郡山常備車、根岸#=旧仙台北港常備車

 いつもより一本遅い形で横浜線で片倉駅へUターン。戻る時に乗った八王子行きは偶々片倉駅のステッカーが貼られたクハE233-6026×8(横クラH026編成)に当たりました。降りた所で消毒の駅員さんではありませんが、浜五井行きでタキ43000の分だけを先ず下見して出発した後はデジカメに収め、秋になると晴天の日の5番線は日陰になる事が多く、まだ今ぐらいは大丈夫ですが、あと1ヶ月ぐらいしたら曇天の日に狙おうかなと思いつつも今シーズンは浮島町行きが入る様になったので少々嬉しくなりますね(後は旧矢羽根色タキ1000の来襲かな?)。

○8460列車…このところ一杯の16両編成になる事が多かったですが、今日は月曜日に見た分とほぼ同じ量から根岸行きのタキ1000×2がそっくり消えた格好の14両編成です。連結しているナンバーを浜五井行きはタキ1000、浮島町行きは最後尾のタキ43000(44t)車以外は月曜日のこの列車に連結したナンバーで先月もチラッと見た243666番は未確認かな?と思ったら平成時代最後の調査の時に見ておりました。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-135
タキ43570   JOT/浜五井 ↑浜五井行き 
タキ43354    OT/南松本 ■
タキ43411    JOT/浜五井 
タキ1000-448 OT/倉賀野 ↓ 
タキ43429    JOT/浜五井# ■(▼)
タキ43005    OT/郡山※ ■
タキ43136    OT/郡山 全検2020-1-29川崎車、自重16.0t
タキ1000-368 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-411 OT/郡山 ■(▼) (交検→浮島町行き)
タキ1000-381 OT/宇都宮タ ■(▼)
タキ243786  JOT[e]/浜五井 
タキ43163    OT/倉賀野 ■
タキ43008    OT/八王子※ 
タキ243666  JOT/浜五井# ■(▼)#
浜五井#=旧本輪西常備車、根岸*=旧郡山常備車、OT所有車の※=旧西上田常備車、▼=表示板の逆向き、=臨時常備駅:宇都宮タ、根岸、タキ43000(44t積み黒塗り)の側梁番号標記入り

 8460列車も続いてみたナンバーが多い事もあってかあっさり片付いた所で昼寝している川越線80周年ヘッドマーク付きのE231系(クハE231-3005×4/宮ハエ45編成、71運用)をサイズやアングルを変えつつ楽しみつつ頑張ってデジカメに収めて8460列車を改めてお尻から見ると丁度20年前に少しずつ首都圏の貨物列車でEF210牽引列車が見られる様になった頃にはしりの一本である高崎線の倉賀野から川崎貨物の5766列車(今の4074列車相当)あたりを見ていたかの様な錯覚に陥り、春や秋の遠征に出掛けた時はこの様な編成でも夏場は根岸行きだけ2〜3両の短い編成の日があった事を思い出します。

 改札を出てからアイロードを京王八王子駅へ。駅員さんがいる窓口(定期券ではなく改札の脇です)で例年買う京王の卓上カレンダーを買ってPASMOの履歴もプリント。このまま京王八王子SCに赴き、スターバックスはマスターとも親しいパートナーさんのお姉ちゃんが居てオータムラテが無いのでアイスアメリカーノを氷が一杯注がれた形で一杯頂きます。10月に入ったものの、そろそろホットが恋しくなりますが今日の様なカラッとした汗ばむ晴れの日はまだ冷たい方が欠かせません。続いて久し振りに9階へ足を伸ばして本屋さんがここで文教堂からくまざわ書店に代わり、k-8というとオープン以来同じ京王系の啓文堂書店が入っていて4年程前に閉店してから文教堂書店が入って啓文堂もいずれはどこかの傘下に買収されたのを予見した程でしたが、本屋さんの業界で大手に入る文教堂も昨年辺りから盛んに経営不振のニュースが伝えられた事を思うとどこが入るの?と気になった所で大きい所もこの頃は余り八王子に出店したがらない向きがあるので結局はせいせきSC(再開発が行われる前は高架下にありました)やトリエ調布の実績から仕方なく(?)くまざわが入ったと言う形ですね。さて、品揃えを見ると京王線の駅上らしく鉄道関係の本が同社のお店にしては充実している方で交通新聞社の編成表も時々サザンスカイタワーやイーアス高尾のお店で見掛けるので来月あたり売り出される『JR電車編成表』の2021冬号からは購入が復帰する予定で意外だったのがRMライブラリーのバックナンバー(ここ2〜3年の新刊ばかりですが………)、バスジャパンハンドブックと予想外の品揃えで驚きましたが、店内は何処か啓文堂の居抜きで入った印象でした。ポポンデッタも覗いてタキ1900は先日同様単品は空振りでしたが、セットはまだ在庫ありとの事です。

 再びセレオに戻って満を持して4階のアシックスウォーキングへ。履いていたウォーキングシューズを見繕い、気がつくともう20年以上履いて通算5足目になりますが、月曜日にお邪魔した時と同じ様に時代の趨勢でしょうかファスナー付きでずっとモカブラウンでしたが、在庫が無かったので今回初めてブラックをセレクト。店員さんも関西の会社らしくノリがいいお姉ちゃんで色々勧められましたがマスター自身もセレオはいつもお邪魔するのでまた改めてと言う事でポイントカードもTポイントがここで終了してダメですが(後程アプリを入れて)、こちらは幸いJREポイントユーザーで飲み食い出来る所ならメリット高いですが、物販なので恩恵に預かれなかったのは惜しい所です。

 無事おニューの靴を仕入れていつも乗る富士森公園、西八王子南口経由の法政大学行きのバスに間に合い、信用金庫に立ち寄りながらお昼を仕入れてのご帰還です。

|

« R02.09.28 八王子駅 | トップページ | R02.10.03 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R02.09.28 八王子駅 | トップページ | R02.10.03 八王子駅 »