« R02.08.20 八王子駅 | トップページ | R02.08.28 八王子駅 »

2020年8月24日 (月)

R02.08.24 国立駅&八王子駅

 貨車研究会の例会と言うとここ半年程、コロナ禍で休会が続き、会報の最新号を先日漸く配信する事が出来たことと、製本したものでお送りする会員さんの分もあるのでこちらも先週の金曜日に郵便局から送る事が出来ました。今回からはギガタンクのプリンターで印刷したものをお送りする事が出来まして、やや画像で見辛いところもありますが、概ね良い具合に刷れて何分にもこれまではインデザインから直接刷っていたものがOSのバージョンの関係からダイレクトに出来ず、PDFファイルに変換したものから刷りました。作業の間もインクや紙の入れ替えも殆ど無く、ギガタンクシリーズはラインナップの用途から家庭用よりビジネス用の色合いが濃く、マスターも利に叶ったのか買ったムラウチドットコムさんのレビューに早速投稿しました。

 こんな訳で例会の顔合わせが間引いてしまった故に親分であるF氏との取引が滞ってしまったので午前中トンボ返りで国立へ馳せ参じました。

 朝から茹だる様な暑さの日が続きましたが、先週あたりから少しずつ涼しさも肌で感じさせる様になり、バスもいつも乗る富士森公園経由の八王子駅南口行きを一本早い便(30分前です)で向かいまして降りた所でサザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出し早速券売機でチャージ。自販機で加賀棒ほうじ茶を買ってから3番線には大宮からの『むさしの号』(2622M、クハE231-29×8/千ケヨMu6編成)でアレ!2月に乗った時は五輪ラッピングの編成だったな!と思い出し、気が付くと本来なら閉幕していますが延期になった事からいつの間にか中止になった様ですね。待っている間に8460列車のタンク車がHD300-33に牽かれて到着します。

 八王子から9時50分発の快速電車で国立へ。この所改札に入っても横浜線の電車で片倉へUターンするパターンが多かったですが、E233系のトップバッターである中央線の快速電車に乗るのはゆうに半年ぶり。多摩川越えも半年ぶりでオイルターミナル基地に入ったタキ1000は10両ぐらい、豊田の車両センターにはE257系で旧『あずさ』編成が1本、幕張所属はクハE257-510×5(千マリNB-10編成)、クハE257-511×5(千マリNB-11編成=本線寄りに留置)が揃って一休みしてこの辺りも伊豆の方が多くなるな!と思うことも徐々に出て来て『鉄道ファン』を毎月見るとどの編成かな!とすぐわかります。日野では竜王行きの83列車に擦れ違い、上手く行けば戻れる頃に見られるかな?と停車時間が延びた利点を活かして計画が立てられます。ソーシャルディスタンスもやや守っている形で国立駅に到着。

 国立駅で降りて階段を降りて改札口のNEW DAYS前では親分F氏が待っていてキャップにポロシャツ、短パン、サンダルと露店の金魚売りを思わせる出で立ちで丘の上にご自宅があるので汗だくになってご苦労様です。会報3回分の片面刷り、領収書2回分と現ナマはこの次と言う事で取引終了。帰りはこのまま八王子で83列車の前方に合わせるべく高尾方に乗りますが、グリーン車増結に向けたホーム延伸も高尾方に作業が行なっている様子が見えて電車2本待ちだったので思わず収めました。

 マスターも半年振りにお目に掛かって嬉しいものの、この夏で御年76歳を迎えられ、6月一杯で土曜日のラジオ番組が終わった『ザ・ベストテン』の司会を務めた長身の方や午後の生ワイドの『おもいっきりテレビ』や『朝ズバ!』の日に焼けたオジサンとほぼご一緒くらいでゲンナマと復元したトンガリ屋根の駅舎や聴覚障碍者のパートナーさんが多いnonowaのスターバックスは機会を改めて。

 国立から一本高尾行きを待って10時19分発の高尾行き(クハE233-41×10/八トタT41編成🚾)が参上し、マスターは降りてから八王子駅で83列車を見るので前方に乗って気付きませんでしたが、4号車のトイレ付きの編成は意外とお初で本来なら結構纏った本数熟す所が意外と牛歩で昨年の後半からは編成が分かれられるH編成の方から順々に進めています。快速電車なので車内も余裕たっぷりでソーシャルディスタンス万全なり。窓を見るとカマチの内側には窓を開ける際の目安を示すステッカーが目立ち、途中立川では『あずさ』13号の接続待ち。多摩川を渡って日野の待避線では松本からの211系が一休みと言った所で浅川の鉄橋を渡るとおまちどう様でした。EF210のナンバーもバッチリと。

 先ず電車から降りるとホーム伝いに83列車の様子をチェックし、コンテナは先頭だけ1個でしたが後は満載の様子。季節柄でしょうか北海道産のタマネギを積んだコンテナもちらほら見られ、北の大地は収穫シーズンを迎えた事を肌で感じさせつつ、このままタキ1000の方までズズズい〜っ〜と見て合間に8460列車の根岸行きの分も裏からチェック。ホームの一杯まで来るとこれから研修なのでしょうか制服姿の若い駅員さんか乗務員さんの集団がドッと押し寄せてこちらも取材ながら邪魔しない範囲で片付けてベンチに腰掛けて一休み。少し前の11時前後は猛暑だなと肌で感じさせながらも真夏の陽気ながらこの位が動き回るのに丁度良い気温です。

○83列車…春頃から短い編成が多い印象でしたが、8月に入ると分量も元通りに回復。タンク車の新製車ではH12新製の479番を初めて確認しました。
△竜王
EH200-13
コキ107-1913 ↑東京タ発 新製29-11-24川重 3個目に20D-2533積載
コキ107- 996 新製26-6-13川重 1個目にJOT UR19A-634*、3個目にUR19A-89*、4個目に20G-1392[一色塗り]積載
コキ106-1028 全検30-5-11川崎車* 1個目に20G-1138、5個目に19D-48858[いずれも一色塗り]積載
コキ107-1614 ↓ 新製28-12-2日車 1・2個目に19D-90052、19D-48337[いずれも一色塗り]、3個目にUR19A-1089*積載
タキ1000-  8 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-595 JOT[E]/根岸
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 ■
タキ1000-854 JOT/北袖# ■
タキ1000-585 JOT[E]/根岸 
タキ1000-849 JOT/根岸 ■
タキ1000-225 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 全検2020-7-17川崎車、自重17.3t 
タキ1000-359 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 全検2019-11-11川崎車、自重16.9t 
コキ106・107のグレー文字=側ロゴなし、全検出場日の*=期限標記あり、UR19Aの*印=幅広マーク入り、根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

○8460列車…長い16両編成で浜五井行きを見ると20日に連結した顔触れ(編成が逆順に変わりましたが………)にタキ1000を2両増結した格好です。タキ1000は一昨年の全検車・394番は初顔合わせ、昨年の全検車・646番は見てなかったかな?と思ったら、昨秋確認していました。根岸行きのタキ1000を見ると83列車に連結したナンバーと近いナンバーが多かったのか間違えてはあきまへん。
△川崎貨物
EF210-151
タキ43268    OT/倉賀野 ↑浜五井行き 
タキ43138    OT/倉賀野 
タキ243721  OT/宇都宮タ ■(▼)
タキ1000-967 OT×/宇都宮タ 
タキ43004   OT/郡山
タキ1000-394 OT/宇都宮タ 全検30-4-17川崎車、自重16.9t ■
タキ1000-646 OT/倉賀野 ↓ 全検2019-9-17川崎車、自重16.7t ■
タキ1000-284 JOT[E]/根岸* ↑根岸行き 
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-827 JOT/北袖# ■(▼)
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 
タキ1000-280 JOT/浜五井* 
タキ1000-864 JOT/根岸 無
タキ1000- 62 JOT[E]/根岸*
タキ1000-638 JOT/根岸#
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸* ↓
表示板の(▼)=逆向き、OT所有車の×=エコレールマークなし、根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、根岸#=旧仙台北港常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 最初は浜五井行きの分は5番線、根岸行きは4番線から見ようと思いましたが、気持ちからして同じナンバーが続くと少々飽きが来てしまったのか3・4番線に留まった形で過ごし、83列車が出発するとすぐOTタキ1000をチェックします。丁度この前後に貨車研の会員仲間である杉並のK氏がフラッと現れてつい1時間ほど前は親分F氏と取引したばかりで思わぬ形で顔を合わせてマスターもほぼ半年例会や鉄道友の会の行事が無かった事を思うと嬉しいものです。

 改札を出るとセレオのスターバックスで一休み。少し前まではテーブル席が空いている事が多かったのですが今日は久し振りに満杯でアイスアメリカーノを一杯頂くのも壁際のレザーのベンチ席で。制服の高校生も部活よりは短縮授業と言った感じで今暫くの我慢ですな(これを思うと学校側も宣伝や小綺麗な校舎建てる金があったらリモート授業のインフラに投資しろ!と思いたくなりますね)。飲み終わった所で有隣堂アネックスで『鉄道ピクトリアル』の最新号はあるかな?と覗いたら空振りでOPAのTSUTAYA BOOK STOREに寄っても小田急の臨時増刊はあっても10月号は揃って空振りで野球雑誌でタイガースが盛り上がった中身みたいな感じの様で私鉄車両の昨年分の動きが載っていたら買いたかったのですが………。と本屋難民に化してはや一年の我が身のボヤキです。

 帰りは富士森公園、西八王子南口経由の法政大学行きに間に合い、例によって4本ダンゴで列を気にしながら並ぶのは常で午前中のうちに駆け足になりましたが用事が片付き、お昼はコンビニで冷やしとろろそばを見付け、前も同じ事綴りましたが、いつも立ち寄るコンビニが固定電話(古い例えでスミマセン)で高尾山の方と同じなので麓や山の上で初詣が一段落する頃から春先の『冬そば』もすっかり定着しましたが今年は初めて『夏そば』が行われているので上手く間に合えば出掛けたいものです。

|

« R02.08.20 八王子駅 | トップページ | R02.08.28 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R02.08.20 八王子駅 | トップページ | R02.08.28 八王子駅 »