« R02.07.22 八王子駅 | トップページ | R02.08.04 八王子駅 »

2020年8月 3日 (月)

R02.08.03 八王子駅

 8月に入ったところで漸く梅雨明け。例年と違ってまだ1学期中の学校があったり、甲子園の予選も形を変えた形で違和感が多く、慣れと言うものは怖いものです。

 金曜日はイーアス高尾へ行き、ステーキ屋さんの10%offのチケットがあってこれが7月一杯だったので出掛けてお昼をいただきまして、帰宅する所で正午前にバスを待っていた所、空が明るくなって来て西八王子に着いてから1時間ほど晴れたので「こりゃ!梅雨明けも近いな!」と感じたほどです。

 関東地方の梅雨明け宣言の報から3時間経った頃、6月末に注文したキヤノンのプリンター・GIGA TANK G6030が無事マスターの手元に到着。お店のサンプルを散々弄ったので大方把握しておりましたが、ストッパーの薄いプラ板や電源コードを巻いたリード線を外すのに一苦労。解けた所でインクを注入。大振りのブラックインクを左側、細めの三色をそれぞれの色のタンクに注ぎ、染料やお薬、スパイスの調合ではありませんが間違えたら一大事なのでここは要注意。セッティングも慣れた手であっという間に片付いた訳でずっとキヤノンのインクジェットプリンターを使って来て体感したマスターもマゴつく事なく片付きました。ところが、iMacでMac OSのバージョンがシリーズによって対象が違いまして、自家用のタイプは大丈夫なのですが、DTP用のタイプは旧バージョンでしばらくはPDFに版を起こしてプリントする形になりそうで更新までのご辛抱と言った所です。一回注ぐと半年〜1年大丈夫なので会報のプリントの度、インクカートリッジの増量タイプを毎回何千円と仕入れていた事を思うと軌道に乗ったら経営状況も好転しますね。

 コロナ禍が7月に入ってから再び感染者数が増加傾向で何時になったら落ち着くものかウカウカしていられませんが、暫くは午前中のうちに切り上げる事が多くなりそうです。

 高校野球の試合があるので自宅を早めに出発。暑中見舞いを郵便局前のポストに出すと一仕事片付き(今回でフィニッシュです)、バス停に並ぶと顔馴染みの黒縁メガネのお父さんは居たものの、これから観戦(感染ではありません)と言うお客さんは全く見られず日常使いのシニア客がほとんどで早めの到着です。

 いつもの様にバスで八王子駅南口まで向かうと富士森の野球場前は降りるお客さんは見られず、例年高校野球の地区予選があるとこちらも甲州街道回りになるのですが、さすがに人出もサッパリで昨日まで国技館で行われていた大相撲も幕内の取組でも客入りが普段の場所の序の口〜幕下級くらいと言った感じでした。みよし坂のところが昨年末〜年初めは水道管工事でしたが、今度はガス管工事で足止めを喰いますが、16号の交差点を過ぎると殆ど乗り降りがなく、順調に進みました。

 バスから降りると先ずはサザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出し、そのままスターバックスへ。アイスアメリカーノのトールを頂いてソファー席を陣取ると久し振りに陣取る形で8460列車のページの準備をします。丁度Uber eatsの引取が来てここのお店限定のダジャレを密かに持っております。

 OPAは先週まで1階の改装工事を行って魚屋さんが新しくなって今度はお惣菜屋さんが今月に入るとの事で2階の空いた所には何が入るか楽しみと言った所で先ずは83列車のコンテナ車をチェック。7月中までは何時行ってもどこかしら空車が見られましたが、お盆休みを控えてでしょうか満載でこの様子はコロナ禍で外出制限がひどくなる前以来かな?と言った感じでタンク車はゲートインして『あずさ』13号を見てホーム伝いに見るとこちらも増量モード(暫く10両編成でしたが1両増えただけですが………)。

○83列車…コンテナ車は久し振りに満載で且つ全車ロゴなし。タキ1000はこの所、10両しか連結されなかったものの、今日は1両増えて11両の連結です。今年の全検車では169番が初顔合わせ。
△竜王
EH200-14
コキ106- 303 ↑東京タ発 全検30-9-18輪西派* 1個目に19G-21450、4個目に19D-46745[いずれも一色塗り]、2個目に20D-78積載
コキ107-1014 全検2019-11-15広島車 4個目に19D-44967、5個目に19G-22521[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 237 全検2019-12-16川崎車
コキ106- 393 ↓ 全検29-12-8広島車* 1個目にJOT UR19A-456*、2個目にUR19A-10904*、4個目にUR19A-10475*積載
タキ1000-117 JOT[E]/根岸* 全検2019-10-25川崎車、自重16.8t 
タキ1000-169 JOT[E]/根岸* 全検2020-6-18川崎車、自重16.7t ■
タキ1000-156 JOT[E]/根岸* 全検2019-6-9川崎車、自重16.7t ■
タキ1000- 70 JOT[E]/根岸* ■
タキ1000- 79 JOT[E]/根岸*
タキ1000-290 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-564 JOT/根岸 
タキ1000-230 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-287 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-512 JOT[E]/根岸
コキ106・107のグレー文字=側ロゴなし、全検出場日の*=期限標記あり、UR19Aの*印=幅広マーク入り、根岸*=旧郡山常備車

 丁度見ている所で『あずさ』13号の4〜5分後に続行する白馬行きの『あずさ』77号の案内表示が出て来ると夏休みに入った事を実感させ、この時期と言うと白馬行きの『あずさ』77号(現在の号数で)と『ムーンライト信州』は連日運転される印象が強いですね。

 83列車が一通り片付いた所で横浜線で片倉駅へUターン。八王子駅で戻ると久し振りに7人掛けのドア間を貸し切りながら進みます。

 降りた所で8460列車をザッと見て前の方は4番線の端っこから見ていたのでデジカメの画像を見るとレンズが曇っていたので拭ってからタキ1000の883番をリテイクする羽目に。

○8460列車…浜五井行き、根岸行き合わせて15両編成でしたが、浜五井行きは珍しくタキ1000が中心でタキ43000は先頭に連結された43555番(この所おなじみですね)だけでOT車JOT車と全検出場後初顔合わせがゾロゾロと。中にはオイルターミナルのH27新製車の初入場後の姿やJOT車ではこちらの手持ちでH17新製車のお初と。
△川崎貨物
EF210-122
タキ43555     OT/宇都宮タ ↑浜五井行き 
タキ1000-101  OT/倉賀野 
タキ1000-672  OT/宇都宮タ ■(▼)
タキ1000-955 OT×/郡山 全検2020-6-9川崎車、自重16.9t ■
タキ1000-883 OT×/宇都宮タ 全検2019-10-4川崎車、自重16.9t ■
タキ1000-964  OT×/宇都宮タ ↓ ■
タキ1000-201 JOT[E]/根岸* ↑根岸行き 全検2020-6-12川崎車、自重16.6t 
タキ1000-354 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-190 JOT[E]/根岸* 全検2020-6-2川崎車、自重16.6t 
タキ1000-681 JOT[E]/根岸 全検2020-6-23川崎車、自重17.1t 
タキ1000-881 JOT/根岸 
タキ1000-601 JOT[E]/根岸 ■
タキ1000-865 JOT/根岸
タキ1000-295 JOT[E]/根岸
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸* ↓ ■
OT所有車の×=エコレールマーク無し(タキ1000-672は片側のみ)、▼=表示板の逆向き、根岸*=旧郡山常備車

 8460列車の編成調査をしていた所で3・4番線にやたら駅員さんが歩いているなと思ったらどうやら、3番線で折り返す快速電車の消毒作業と言った様子でコロナ禍らしい様子を見てから改札を出てSuicaをチャージして久し振りに履歴もプリントしました。

 一通り片付いた所でセレオのスターバックスで一休み。マルベリーブリッジ側のテーブル席が暫くソーシャルディスタンスで3卓になっていましたが、やや詰まった感じで元の4卓(1卓だけ一人掛けで)に戻ってダストボックス+コンディメントバーが黒板下の元の場所に置かれて普段の様子が戻って来たかな(?)といった感じがしてシェイクンの抹茶ラテをいただきます。いつも顔を合わせる範囲の他にもオープニングからいるパートナーさんで暫く顔を見ていなかった方も久し振りに見掛けてホッとしました。シェイクンはレモネードの印象が強いですが、お茶系は今回が初めてかな?と言った感じで少々失礼な言い方になりますが、VIAで飲んだ味わいと変わらないのは確かです。『サライ』の今月号と総武緩行線特集の『鉄道ピクトリアル』を買おうと思った所で有隣堂アネックスを覗くと在庫が無かったので線路を渡ってOPAのTSUTAYA BOOKSTOREで無事ゲット。『ピクトリアル』の方は101系電車の記事が結構出ていたのでちょうど10年前の今頃はやたらBトレを買い集めていた事を思い出します。

 帰りは11時44分発の富士森公園、西八王子南口経由の法政大学行きでまたまたバスコレのモデルになったタイプの乗車で合間にiPod touchであれこれ打ち込むも前に来ていた神奈中の橋本行きは東京オリンピックのキャラクターが入ったラッピング車で今となっては首を傾げますね。こちらも高校野球の観戦客を気にしたところ、入りが制限して事もあってこちらも芳しくない様子でバスから降りるとお昼をコンビニで仕入れ、『重慶飯店』とコラボした麻婆炒飯があったのでこれをお昼に頂くことにして丁度8年前の今頃ですが、神奈川臨海鉄道の横浜本牧駅と磯子区の滝頭にある横浜市電記念館といった横浜の鉄道関連のところへバスを貸し切って出掛けた事があり、中華街でお昼をいただいて本格派の四川流麻婆豆腐と炒飯を掻き集めたら美味しかったのでいつかは再現しようと思っていたもので形は違いますが思わぬ形で楽しむ事が出来ました。

|

« R02.07.22 八王子駅 | トップページ | R02.08.04 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R02.07.22 八王子駅 | トップページ | R02.08.04 八王子駅 »