« R02.02.07 八王子駅 | トップページ | R02.02.11 八王子駅(その1) »

2020年2月 9日 (日)

R02.02.09 都内行き&八王子駅

 さて、今日は今年最初の貨車研究会の例会で大崎へと出掛けて参ります。昨日、一昨日とプリントを行い、全体の半分程はほぼ刷れましたが、昨日、後半部分を取り掛かろうとした所、1冊分は全ページプリントが出来たものの、あとはプリンターが不調でどうやらヘッド交換や廃インクのタンクが一杯になったみたいなメッセージが出て止むを得ず、昼食後に関係する会員さんへトラブル報告のメールを送り、もう一台所有する複合機のプリンターを引っ張り出し、出席者だけでも行き渡る量、コピーを行いまして通信会員さんの分につきましては修理が上がった後で担当さん経由で後日お送りしますので暫くお待ちください。とは言え、マスターにとってプリンターは大事な商売道具で買った家電量販店が店仕舞いした為にメーカーに直へ出すと修理代金が気になる所ですが………。

 そろそろインクを注ぐタイプに変えろと言うお示しが来た様で頑張って夏頃までには買おうと思い、修理代金が掛かるのを覚悟して暫く使うつもりでおります。

 9時半少し前に自宅を出発し、今日は夢駅伝の当日で所々交通規制の影響から路線バスも甲州街道や陣馬街道方面は区間運休など見られますが、中央線の南側はあまり影響がなくいつもなら南大通り経由も2分遅れて来るのですが、今日は不思議と5分遅れてで丘の上からの視覚障害者の皆さんも乗られて時間が遅れていたので皆さんが思っていたよりは早いですが、やって来たのが一昨日も乗った京王バスカラー日野ブルーリボンの現行タイプで良く西八王子の南口で顔を合わせるお父さんも乗られて「実は自宅からこっちが近くて本数や時間の都合で合わないんですよ!」と話した次第で台町の区域内は拾えたものの、消防署前のバス停からあと二つは通過で八王子駅南口に到着し、1時間半後にはまた井の頭線の窓越しや渋谷辺りで見られるので不思議な気分です。

 バスから降りると先ずはセレオのスターバックスで軽めの腹ごしらえ。マルベリーブリッジ側のエントランスが閉まっていたので有隣堂側から入ってパートナーさん皆さんマスク姿で大方顔も分かるので突っ込みながらテーブル席が空くのを待って腰掛けます。

 Suicaをチャージしてから丁度83列車が到着して今日は珍しくコンテナ車の連結があり、ウィークデーとほぼ同じ陣容で例によって線路側からまずコンテナ車をチェック。丁度、白バイのお巡りさんが取り締まりしている所、ドライバーさんへ切符を切った後でこちらの方にも声を掛けられたものの、こちらもコンテナ車であと1両で片付く事と「安全に気を付けております!」と念を押し、また不審者では無い事で自称・八王子警察署公認の善人でございます(お巡りさん、お手数掛けました!)。

 改札に入ると先ずはタンク車をホーム伝いに確認し、ウィークデー、土曜日と違って8460列車の姿が見られないので一味足りませんが、ザッとチェックしたもののデジカメのシャッターはほとんど押さず軽めのウォーミングアップ程度で片付きました。

○83列車…日曜日にしては珍しくコンテナ車も連結して4両目以外はほぼ満載です。
△竜王
EH200-20
コキ107-2153 ↑東京タ発 新製29-11-10日車 2個目にJOT UR19A-15970*、4個目に19D-51644[一色塗り]積載
コキ107-1842 新製29-8-23川重 1個目にJOT UR19A-10308*、3〜5個目に20D-2353、19D-43486、19D-43661[いずれも一色塗り]コキ107-1460 新製28-6-14日車 4個目に20G-1352[一色塗り]積載
コキ107- 170 ↓ 全検2019-6-12川崎車 2個目に19D-52124[一色塗り]積載、3個目は空き
タキ1000-137 JOT/根岸* ■
タキ1000- 46 JOT[E]/根岸* 全検30-10-25川崎車、自重16.8t
タキ1000-226 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸* 全検30-12-6川崎車、自重16.6t
タキ1000-359 JOT/根岸* ■
タキ1000- 54 JOT/根岸* 全検30-11-15川崎車、自重16.7t
タキ1000-188 JOT/根岸*
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 
タキ1000-500 JOT[E]/根岸 
タキ1000-565 JOT[E]/根岸 
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 
コキ107のグレー文字=側ロゴなし、UR19Aの*印=幅広マーク入り、根岸*=旧郡山常備車

 83列車を一通り見てこのまま2番線に移り、10時37分発の中央特快で三鷹まで乗ります。オイルターミナルの基地は8097〜8092列車で到着分のタキ1000、豊田の車両センターは209系(1000番代と3000番代)と見て高架線区間に入ると所々、グリーン車の連結準備に向けてホームを伸ばす様子も見られ、三鷹の車両センターには05系の幅広ドア車の05-114×10が休む様子を確認し、三鷹〜吉祥寺は待ち合わせの快速電車に乗り換えます。

 吉祥寺から渋谷までは井の頭線の急行電車(074レ、1779×5)に乗ります。結構電車の出入りが纏まった形でホームに来ると2線とも居なかったので最初、事故か何かで遅れているのでは?と思いましたが2番線に入って来たのがレインボーカラーの編成で今年最初の例会で調子良く乗った1079号(某GM社の模型でモーターを載せた車です)は神田川をイメージしたカラーリングです。例年、鉄道の日の前後に売り出される卓上カレンダーや時々京王アートマン辺りへ行くと京王電鉄の電車をモチーフにしたグッズが置かれたコーナーを覗くと必ずと言っていいほど5000系(『京王ライナー』の電車です)、8000系は『高尾山トレイン』の8713編成、1000系はこのレインボーカラーの1779編成が良く見られます(この頃は5000系推しの方が強くこちらは影が薄くなったのでは?)。空も晴れているので気持ちが上々。久我山では『すぎ丸』専用車の関東バスのミニバス、富士見ヶ丘の車庫は1000系で何色が止まっているかなと見るとオレンジベージュの編成が3本止まって大半かな?と言った具合で永福町で抜かれる各停は『56年前の事件の謎解き』ヘッドマークを付けた1780×5が止まってバスの車庫で路線バスを見ると殆どが大型車、中型車ばかりで京王のバスの代名詞(?)と言うべき中型ロング車は昨年の受け持ち移管で一台も見られず各地の車庫で見ると意外と小金井は全滅し、八王子は日野車が現行の日野ブルーリボンに置き換えて消えたと思ったら昨年南大沢から東進ハイスクールのラッピングバスだった転属して復帰して現時点では2ヶ所に中型ロング車が居ない格好です。明大前を過ぎると混雑が目立つ様になり、あとは神泉辺りまでは居眠りします。

 渋谷で降りると先行の急行が1並びが入った1761×5の編成を見てからレインボーカラーの1779編成を2コマ収めてから例によって出入りする京王バスを見ると行きに地元で乗ったのと同じタイプは見られなかったものの、ハチ公前の左手は例によって中型車が参上。東急東横線の閉店を知らせる赤い柱広告をデジカメに収めてから中央改札を経て2番線へ。

 山手線の電車もすっかりE235系オンリーとなり、ここ1〜2年、『鉄道ファン』の巻末に毎月JR東日本の車両動向が掲載されてこの動きもそろそろ解放する方向で今月売り出される号で出揃う事になります。途中、五反田の手前で新宿行きの相鉄12000系や大崎へ向かう所でTOKYO2020ラッピングのクハE233-7005×10(宮ハエ105編成/137M)を見て大崎に到着します。

 大崎で電車を降りるといつものコースでゲートシティへ。お昼は変わった焼きそばで知られる『梅蘭』へ行く事が多いですが、流石にコロナウイルス蔓延の昨今、中華系はちょっとと言う気持ちが出たのか地下にある『銀座ライオン』で済ませる事にしてランチメニューも税込千円ジャストのカツカレーが今日のお昼です。ルーは中辛でマスター好みですが、ビアレストランと言うとビール瓶を叩いて薄く伸ばしたカツが『ニュートーキョー』では名物ですが、『ライオン』もカツサンドがメニューにある程で容易く出せたものと思われます。満足してスターバックスではホワイトチョコラテのショット追加(ショートマグ)をソファー席で頂きます。

 準備整えて南部労政会館へ行くとまだ親分F氏が到着しておらず普段の例会で遅く顔を出すビッグダディ類似氏参上し、暫く経つと親分F氏到着し、申込の時に頂戴する控えを忘れて来たとの事で窓口の係員さんに平謝して鍵を受け取り、いつも通り左手にHOゲージ、右手にNゲージを設え、いつもならマスターが腰掛ける司会席に大口のS氏が卓上レイアウトを持参するのがお決まりですが、生憎今日はお仕事のご都合で欠席との事。

 13時を少し回ってから例会がスタート。先ずは会報の解説を一通り行い、1時間ほど経ってから模型の運転会を始め、HOゲージでは千葉のこてはし鉄道さんが来られなくて残念でしたが、ここ2回ほどお休みされた瀬谷のH氏も足がほぼ一本で来られる様になり、最初のタイプのDD13(鉄道博物館の外に出ているのと同じタイプです)や住友セメントのタキ1900、東武線内で運用されたホキ101形、余り模型をやっていないと思われる川崎のM氏もなんとタキ3000の国鉄形を独自に米軍用としてアレンジし、Nゲージでは菊名のS氏のものが中心でク5000の自動車輸送列車や今の列車で言う隅田川〜札幌タのコンテナ列車(列車番号が3050番台の列車です)の直接のルーツと言った『ほっかい』号を再現したコキ5500+混載輸送のワキ5000をD51が牽引する様子でコンテナ列車用のワフは初耳です。また、茅ヶ崎のK氏もご自慢のJAM限定のコンテナ車に今回はトミー創立75周年記念限定のED75+コキ50000のセット、東北地方で活躍した電気機関車と毎度目移りします。また、杉並のK氏からアメリカやメキシコの貨車の写真集を拝見してもらい、マスターもこの辺は関心強いですよ!と話し、記念撮影を行うと16時前に散会となりました。

 例会が終わるとこのまま、皆さんは飲み食いしますが、こちらは玄関からエスカレーター経由で大崎駅へ向かい、親分であるF氏もこっちへ行かれるのかな?と思いきや受付に鍵を返却するとこちらと一緒でご帰還との事で外回りのホームに来ると丁度4番線に大崎始発の電車が止まっていたので番号を見るとE235系の50本目(=山手線分のラストです)にあたり、出発までに2両目に連結したサハE231編入車(4601号)を確認し、これで山手線のE231系も半月近く早いですが、思わぬ形で情報もキャッチし、新宿まで乗った次第で同乗したF氏も元々、JR電車部会にも加入されている方なのでチョットした話のタネに良いですよ!と突っ込みました。

 新宿から16時36分発の中央特快でF氏も一緒で乗ると三鷹で偶然、3席空いて先ず、F氏が腰掛けるもこちらも少し遅れて腰掛ける事が出来、ご自宅が国立なので国分寺で快速電車に乗り換えると後はこちらも八王子まででオイルターミナルの基地は87列車で到着したタキ1000が入ったままで八高線と合流する手前では竜王からの82列車に擦れ違い、EH200とコンテナ車は丁度7時間振りのご対面で八王子に到着します。

 八王子駅に降りたところで八高線のホームに目を向けると元・りんかい線の209系(クハ209-3102×4/宮ハエ72編成、75運用)が運用に入っていたので旧総武勢が席巻して同じ209系でも京浜東北線やりんかい線は何処へやらと言った様子が感じ取れたものの、後者は2本とも生存確認。再び3・4番線に戻ると北長野行きの89列車が止まっていた所で停車時間が短い事から後方の数両を見たきりでお粗末なメモですみませんです(カラーが入った番号はJRFロゴ無しのコンテナ車です)。

←北長野 EH200-*+コキ104・106・107×6+104-1582(全検31-3-14川崎車)+698(全検2019-5-17広島車)+106-105(全検30-4-27郡山車)+107-116+104-2459+319+106-778(3個目に太平洋セメントUM12-105402?積載)

 電車から降りると南口側のスターバックスのお店で一杯飲もうと思い最初、オリンパスホールでのブラスバンド帰りの皆さんを気にしてかTSUTAYA BOOKSTOREのお店へ行こうと思った所、サザンスカイタワー店を覗くと丁度、ソファー席が空いていたので陣取ってドリップはコロンビアを頂き、アルプスの裏手のお手洗いを済ませると郵便局の前の通りから南大通りへ。荷が軽いのか自宅へは23〜24分程での到着となりました。

|

« R02.02.07 八王子駅 | トップページ | R02.02.11 八王子駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R02.02.07 八王子駅 | トップページ | R02.02.11 八王子駅(その1) »