« R01.12.04 八王子駅 | トップページ | R01.12.10 八王子駅 »

2019年12月 7日 (土)

R01.12.07 八王子駅&都内行き

 この時期、忘年会などで会合が立て込んだ影響でしょうかいつもは第一金曜日に行われる貨車研の例会が今晩の実施と相成りまして最初プリント、製本と午前中のうちに片付け、正午過ぎには出掛けようと思ったら、意外と梃子摺りまして、正午を30分程回った頃にほぼ片付きました。来年こそはインク詰め替えタイプのプリンターを買いたいですな。また、先週の今日(11/30)から相鉄線のJR乗り入れがスタートしたので行きはこれに合わせて会場の最寄り駅・大崎まで乗ろうと思っております。

 最初は12:30過ぎの富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスでと思いましたが次が80分後でやむを得ず甲州街道に出て13:10頃の館ケ丘団地からのバスに乗った次第です。

 元々、南口の周りで用事を済ませるつもりが押して北口まわりになりまして、まずはサザンスカイタワーの信用金庫へ。14時前まで行かねばと思いセーフ。お昼は日高屋で野菜たっぷりタンメンと餃子のセット、親から貰ったチケットで味玉を追加。若い方が多いと思いきや、意外とシニア客が多く、平日であればビジネスマンがいい需要になるのですが税務署が歩いて行ける場所から裁判所(今は簡裁だけです)の跡に移転したのでこれから少し困るもので八王子はこれだけの規模の街にも拘らずここ数年、オフィスビルより高層マンションばかりで地域の核と言う意識が薄く感じられます(これも思うとどれだけ東京の都心は複合ビルが出来ている事を思うと寂しい気がしますね)。Suicaをチャージしてセレオのスターバックスで一休み。ドリップはクリスマスブレンドで一緒にクランベリーブリスバーを頂くと丁度、今週から押しているとの事でパートナーさんのお兄ちゃんから「良いセレクトですね!」と褒められましたが、イヤイヤ!マスターは年季が入っているからね!とご謙遜。テーブル席が一杯だったので珍しく楕円の長テーブルに腰掛けて。お歳暮シーズンで仕方ありませんが、サザンスカイタワーのお店が異常に混んでいましたね。

 ゲートインすると中央線の電車がやや遅れている様子との事で気になりましたが、偶々乗った14時38分発の中央特快は定刻通りの出発でこの前には211系の回送(回436M、クハ211-6×6/長ナノN606編成)が通過して松本発の回送だな!とすぐ分かり、出発する頃は丁度南松本→塩浜行きのタキ1000の返送(8084列車)と前後するかなと言った頃合いです。八王子からの乗りは意外と少なく出発し、左手からHD300が動く様子を見ると丁度オイルターミナルの基地から84列車に乗せるタキ1000を引き出してこの後は浅川の鉄橋から豊田へ向かう間にすれ違った87列車(寒くなければ見たかった所ですが………)と入れ替えかな?とお昼頃の8092列車分→85列車分と同じ動きです。幸い順調に進み然程気になる混雑も無く新宿に到着します。

 新宿で電車を降りると西口の地下にでてこのまま小田急ハルク方面へ。地下から入り、ビックカメラのフロアをふらりと歩き、ホビーのコーナーでは藤子Fキャラの超合金もあり、マスターお気に入りのロボットも(声を聴くとなんか平日の10時半→金曜日の午後に出て来ますが………)。ピーナッツ(スヌーピー)の初期デザインをモデルにしたフィギュアもありました。後はパソコンの周辺機器やプリンター、デジカメと物色し、プリンターも枕の所で書いたインク詰め替えタイプのプリンターを色々見て毎回買う度(同じインクカートリッジを使うプリンターを2台持っているので実質共用です)、万札一枚飛ぶ額でそろそろプリンターもこのタイプに更新しようと念頭にあり、単純計算すると詰め替えインクは見積もっても年1〜2回買う計算です。カリヨン橋と直結する2階はお酒や飲み物中心ながら地域限定もののお菓子やおつまみになるような物が一杯並んで駅か空港の中のお土産物コーナーも圧倒するような品揃えには驚き、ビックカメラもビック○○に改名したほうがいいかな?と言った感じがしました。2階からカリヨン橋を通って(この頃になると雨も止み、空も暗くなりました)西口の小田急前に出て目の前に新宿WEバスの乗り場で特注の天窓付きが来ると思ったら地元でも見慣れた京王バスの中型車でいざ乗ると「同じ乗場に来るやつだ!」と驚くこと間違えありません。

 西口から改札に入ると大崎へと向かいますが、今回は先週開業したばかりの相鉄直通列車を目当てに待ちまして1・2番線に入るので地下の通路からホームに登ると2番線は見事に相鉄の海老名行きが並んで寿司屋か天ぷら屋のお品書きみたいな感覚で電車は時間によっては埼京線のE233系が来るのではと思いましたが、ネイビーブルーの相鉄電車だったら万々歳!と言った所です。相鉄線の駅で大和は江ノ島線、終点の海老名は小田急線の接続があり、これからは小田急回りか羽沢回り(JR〜相鉄直通)と二通りのコースが生じる事になりますね。

 新宿から大崎までは16時52分発の海老名行き(245M、相鉄12102×10)に乗ります。まずネイビーブルーの色合いが渋く、車内もグレーのシートに照明の色合いと明るく内外で明暗見事なコントラストで電車はE235系と同じSUSTINA車体で中はE233系に近いと言った感じでJRの電車に性能や雰囲気が近い印象ながらこっちの方が自動車で言うと1グレード上のタイプの違いみたいです。相鉄の電車が東京都心に来ると言うことは崎陽軒有隣堂のお店が都内にも結構出店しているので偶々、マスターも来たセーターが電車の車体と同じインディゴ系、会報を製本したものを入れているのが有隣堂のレジ袋でこの袋をシートに置くと都内ながら何処か神奈川県内みたいな様相を呈しました。また、隣の3番線はこのダイヤ改正でだいぶ見られる様になった武蔵浦和折り返しの各駅停車でデジカメにこの表示を収めるとイヤに輝度が高いのか暗い時間帯はどうも無理ですね。

 幸い、相鉄のネイビーブルーの電車に当たり、年内最後の例会も順調に進みそうで走りはE235系同様に滑らかで意外と新宿時点での乗りは意外と少なく、感覚的はりんかい線直通以下と言っても渋谷と恵比寿(高崎線〜東海道線の快速系は恵比寿、西大井に止まらない電車があるので相鉄直通はこのカバーが大きいです)と止まって大崎は5番線の到着です。

 大崎で相鉄電車を見送り、この後は多摩川を渡って武蔵小杉から新鶴見信号所の構内(以前、東京支部の40周年記念でお座敷電車の『華』を貸し切った時に通りました)から鶴見駅の海側から羽沢貨物線を走って行くものとしげしげと思いつつ、乗った12000系の2本目は買われた方もお有りでしょうがJTB時刻表の今月号の別刷りの表紙や『東京時刻表』のグラビアにも登場していますのでお手にとって確認してみてください。時間調整で案内表示が湘南新宿ライン、りんかい線、相鉄直通と三方に出て来るのでこの表示をデジカメに収めてから改札を出てゲートシティへ。まずは夕食でいつもはその月の1日に当たると験担ぎに寄るのですが、今日は年内最後ということもあって今日の夕食は『和幸』のカキフライの盛り合わせセットを頂きます。さすがに土曜日の夕方でスタッフは白衣のコックさんが二人くらいで調理の合間に接客、レジとご苦労様です。下記の他にエビフライ、半分に切ったヒレカツが添えられ、今日は相鉄の海老名行きに乗ってエビフライは嬉しい所で縁起を担ぎました。食後は成城石井に立ち寄ってからスターバックスでナッティーホワイトモカ+ショット追加を楽しみ、18時半少し前に南部労政会館に到着します。

 南部労政会館で年内ラストの貨車研例会を行い、いつも顔を出される範囲の皆さんの他、茅ヶ崎のK氏も顔を出され、京都鉄博でEF200と大物車のシキ800形の展示を見に行かれたとの事でお土産の八つ橋もご馳走になりました。こちらも凄い注目された展示で京都鉄博は面白そうですが何せ今の京都は外国人の観光客でバスや繁華街の混雑で音を上げている様でオリンピックの後にでも機会が出来たら行きたいと思っております。20時半少し前には散会となり、来年は2月9日の午後になります。

 大崎でまたまた湘南新宿ライン方面の案内表示をデジカメに収めてから山手線の外回りに乗るとあれよの間にE235系ばかりになり、乗った編成がクハE235-46×11(東トウ46編成)と少し前の新製車かな?と言ったナンバーに当たりますが、土曜日の晩でも意外と混んでおりまして、害人の集団がいる程で呆れますね。今は良いですが、来秋以降トバッチリを受けるのは我々ジャパニーズですから。

 新宿で乗り換えると中央特快まで間が空いていたので駅員さんのアナウンスから八王子行き(20時54分発=土休ダイヤでラストの八王子発着です)が途中の待ち合わせが無いと言うので乗りまして、新宿からスンナリ座れてのご帰還となり、いつも通勤快速と言うとほぼ国分寺で座れる事を思うと今回は一寸したご褒美(?)といった形でウトウトしてしまう程で武蔵小金井では『あずさ』35号の通過待ちがあった以外は順調に進み、八王子駅は3番線に入るので身体も自ずと動いた次第です。

 八王子駅に着くと先ずは自宅へ電話を入れて待合室で坂城行きの2085列車の到着まで待ち、平日ダイヤと違って『はちおうじ』号が無いので何処か暇を持て余し気味になりますが、特急は『成田エクスプレス』と『かいじ』の残り2本と言った具合です。平日より少々早い形で2番線をコンテナの2082列車が通過して今日はEH200-20牽引でトランスシティのコンテナが1・2両目の全部、3両目の両側2個の合わせて8個が積まれて後は19系に混じってハチマキを巻いた様にテッペンの白帯が目立つ20Dコンテナも所々積まれている様子を見られます。

○2085列車…普段は一杯の17両編成ですが、冬場の土日も頑張って半数あまりの9両編成での到着です(全車、ガソリン&灯油・軽油積載車ばかりです)。EH200はトップナンバーの牽引で根岸〜八王子の2往復の後だな!と行きに擦れ違ったのと同じナンバーです。
△篠ノ井(坂城)
EH200-1
タキ1000-584 JOT[E]/根岸 
タキ1000-591 JOT/根岸 
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-198 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-402 JOT/浜五井 ■
タキ1000- 64 JOT/根岸* 全検2019-9-14川崎車、自重16.7t
タキ1000-616 JOT[E]/根岸
タキ1000-220 JOT[E]/根岸 ■
根岸*=旧郡山常備車

 最初は5461列車くらいまで見ようと思いましたが、薄着でダウン必至(コートがダメージド状態で厚手のジャケット+重ね着で)が目に見えていたので今日はここでお開き。改札を出るとNEWDAYSで夜食のおにぎり(東北ではおなじみのはらこ飯がありました)と昨日、うちの親が上野へ出掛けて『うさぎや』のどら焼きのお返しと我が身の一年間の労を労う気持ちで中央線130周年記念の桔梗屋信玄餅(201系のイラストが描かれたパッケージでJR東日本のお土産グランプリにノミネートされたものです)を買ってこの頃はすっかりセルフレジ仕様が馴染みましたが、店員さんが桔梗屋の手提げ袋を差し出してくれたのでこちらを頂戴し、自由通路の自販機でホットのほうじ茶を買うとすっかりSuicaの紐が緩んだ形になりまして、この後は南口のイルミネーションが楽しみなのでシャッタースピードを変えながら何コマか収めて南大通りを歩いてのご帰還となりました。

|

« R01.12.04 八王子駅 | トップページ | R01.12.10 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R01.12.04 八王子駅 | トップページ | R01.12.10 八王子駅 »