« R01.11.01 八王子駅(その1) | トップページ | R01.11.05 八王子駅 »

2019年11月 2日 (土)

R01.11.01 八王子駅(その2)

 ネタ拾いもプロ野球の試合ではありませんが、久し振りにデーゲームとナイトゲームような形でのダブルヘッダーになりまして、今日は折しもスターバックスのホリデーメニューの初日も手伝って昼間は直営のお店を回りましたが、ここではOPAのTSUTAYA BOOKSTORE店へ赴こうと思った算段です。また、浮島町〜南松本の5461/5460列車の常連タンク車でもある旧矢羽根色のタキ1000も先月漸く半分片付いて今日はどの位キャッチ出来るかも楽しみです。

 親も今夜はいちょうホールに出掛けることがあってこちらも18時前に夕食を済ませ少し自家用のiMacでひと遊びしてから19時少し前に自宅を出発。暗くなるのが早くなるこの時期にも拘らず自転車をすっ飛ばす奴をしかめっ面に。マスター自身、iPod touch片手での出撃ですが、拙宅至近の御所水通りや万葉けやき通りの歩道が狭いことから安全対策からバス停前までは使わず進みます。

 西八王子の南口から丁度、富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスが偶々あったのでこれに乗りまして、どんなタイプかなと思ったら中扉の後方も一人掛けがあるタイプが参上しました。例によってドア間に腰掛け、お客さんの殆どは富士森の丘の上までで先に並んで居たオバちゃんは脳梗塞を患った様で少々足の動きが鈍いですが、暗い中気を付けてね!と声を掛け(この頃は高齢者も夜暗い中でも歩く方が多いのでいつ事故が起こるか分かりませんね)、この間もうちの親と仲良しの方が親より一つ歳が若くて脳梗塞を患った方が居て杖を片手に歩くので顔を合わせる度気遣うのが常なのか少々気になる所で16号を過ぎると殆ど乗るお客さんが無く、あとは塾通いの中学生の子が降りるととちの木通りの山田川の橋とビックカメラの間は貸切状態で終点へと辿り着いた次第です。

 バスから降りて昼間は広場のイルミネーションが気になりましたが、まだ準備段階で灯るのは中旬以降かなと勘付き些か気が早かったものの、そのままOPAへ向かい、3階のスターバックスではラテにショット追加を楽しむもタンブラーを忘れてしまったのでマグで頂くとハート型のラテアートが覗かせて思わぬ怪我の功名を楽しむもベンチソファーもいいなと思いましたが、場にそぐわない薄っぺらなお姉ちゃんたちが集っていたのか南側の窓際のテーブル席を陣取ります。どいつもこいつもノートパソコンを弄るロボットみたいな奴ばかりで味気ないですね。

 Suicaをチャージして5460列車の到着まで少し時間があったのでセレオのスターバックスに立ち寄り、パートナーさんも午前中と入れ替わりましたが、様子を色々とお話しするも最初、よく試飲を取り仕切るYクンかな?と思ったらEクンで暫く顔を合わせないと分かりませんね。

 改札をゲートインすると丁度、3番線で『むさしの号』のE231系(2626M、クハE231-4×8/千ケヨMu38編成[←八ミツB4編成])が折り返して少し待つと5460列車が到着するので準備万端整い後は到着を待つだけ。なんと言っても旧矢羽根色のタキ1000も楽しみと言った所です。

○5460列車…この頃は浮島町行き×10、北袖行き×5とiPod touchのメモアプリに準備しますが、頭にタキ1000の旧矢羽根色や令和元年の新製車とピックアップして書き出します。いざ編成を見ると浮島町行きは11両、北袖行き6両の一杯の17両編成での到着で前者ではタキ43000の44t積み車でOT所有車を初めて確認しました。幸い、JOT所有時に現車のデータ拾いとデジカメ撮影も行っていましたが、貼り直した姿(エコレールマークはJOT所有時のものを準拠しています)をデジカメに収めた他、未確認だったタキ43000の43030番や黒塗りの43454番と八王子常備のナンバーが続きましたが、後者はまたまた令和元年新製のタキ1000にタキ43000も長期休車明けや浜五井との入れ替えで新顔もちらほらと。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-14
タキ243704   OT[e]/宇都宮タ ■(逆向き)
タキ43001    OT/南松本※ 
タキ1000-714 OT/川崎貨物◎ 
タキ43012    OT/倉賀野※ 
タキ43454   JOT/根岸 全検29-2-27川崎車、自重15.7t 
タキ43030   OT/八王子 全検28-6-1川崎車、自重16.0t 
タキ243700   OT[e]/宇都宮タ● ■(逆向き)
タキ1000-693 OT/川崎貨物◎ 
タキ1000-703 OT/川崎貨物◎ 全検29-7-10川崎車、自重17.2t 
タキ1000-743 OT/川崎貨物◎ 全検28-7-14川崎車、自重16.9t 
タキ43169    OT/倉賀野 ■
タキ43421   JOT/浜五井 ↑北袖行き 全検30-3-27川崎車、自重15.6t 
タキ1000-973 JOT/北袖 新製2019-5-21日車、自重17.2t ■
タキ243802 JOT[e]/浜五井# 全検31-1-22川崎車、自重16.0t ■
タキ243769 JOT/浜五井# 全検30-1-9川崎車、自重16.1t ■
タキ243804 JOT[e]/浜五井# 全検31-1-9川崎車、自重15.8t ■(逆向き)
タキ243662 JOT/浜五井# ↓ 全検26-7-28川崎車(31-12-28切)、自重16.1t 
OT所有車の※=旧西上田常備車、◎=旧矢羽根色、●=旧JOT/浜五井常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

 5460列車をホーム伝いに確認すると上り電車の間隔が開く事があったり、ラグビーの観戦ついでに盛り上がる外国人サポーターの姿と普段の金曜日以上に混んでいましたが、この間も合間を縫ってのチェックでデジカメに収める際にグッドポジションに立っていたお兄ちゃん達を避ける始末(この場をお借りしてご協力ありがとうございます)で北袖行きの最後尾まで片付くと3・4番線で細かい所を改めて見てから1・2番線に戻ると待合室でメモアプリの肉付け、出発する前後には2番線で電車を待ちます。

 5460列車のチェックが終わるとすぐ後続の20時56分の快速電車で豊田へ向かい、今日から中央線のスタンプラリーが始まったものの、この時間と言うとオバケじゃ有るまいし行く気にはなりませんが、パスしまして後日改めて訪れる算段です。

 豊田でUターンして『むさしの号』が来るまで待ちまして、先程も八王子駅で見たジレット(シェーバー)のラッピング電車(ここで初めて確認しました)が4番線に到着すると最後尾辺りをデジカメに収めました。1番線は豊田止まりもとい立川から回送のE233系(クハE233-1×10/八トタT1編成/55T運用)が参上。

 豊田から21時21分発の『むさしの号』(2628M、クハ209-512×8/千ケヨM77編成)で八王子へ戻ります。武蔵野線の電車も乗る度205系(名物だったディズニー顔は絶滅寸前です)から総武線からの転属車が来るので何が来るかなと思ったら今日は209系と少し拍子抜けしまして、東北新幹線が新青森まで開業した時からいる事を思うとこの辺りは比較的最近の転属だなと言った感覚でいざ乗るとVVVF音もオリジナルからE233系テイストに変わっている事に気づき、不思議と今の中央線は助っ人含めて209系に出会すチャンスが増えましたね。

 八王子駅は3番線の到着で2番線に到着する快速電車のツーショットもすっかりお約束(?)になりまして、ホームの外側を歩くお姉ちゃんを気遣う始末で一通り片付くとあとは『成田エクスプレス』50号や『はちおうじ』7号あたりチェックし、待合室であとで見る列車の下準備と予習をしながら過ごします。22時を回る頃には2番線にコンテナの2082列車が通過してEH200-11牽引で前2両はこの列車ではお馴染みのトランスシティが2個積まれて先頭の真ん中にはJRF商事のUM12Aが積まれ、ハチマキを巻いたかの様にてっぺんの白線が目立つ20系コンテナもちらほら見られ、JRマーク+マルーン一色の新しいタイプも参上。そういえば、午前中チェックした竜王からのコンテナ車もこの列車で東京タへ帰ります。高尾方のベンチあたりに居ると4番線側に腰掛けていた制服の女子高生どもが騒々しくどやしつける始末で22時過ぎに何しとるねん!と学校はもっとこの辺りシビアにしないといけないですね。

○2085列車…一杯の17両編成で先頭だけがA重油の積載車で前後の快速電車が遅れていたため(『成田エクスプレス』50号に限っては総武線や横須賀線あたりの影響でしょうか20分遅れ)こちらも着発とも5分ほど遅れていました。タンク車については特段気になる所はありませんでした。
△篠ノ井(坂城)
EH200-15
タキ1000- 47 JOT[E]/根岸* 全検2019-6-28川崎車、自重16.7t
タキ1000-790 JOT[E]/根岸 ■
タキ1000-593 JOT/根岸
タキ1000-761 JOT[E]/根岸
タキ1000-605 JOT[E]/根岸
タキ1000-779 JOT[E]/根岸 ■
タキ1000-616 JOT[E]/根岸
タキ1000-679 JOT[E]/根岸 
タキ1000-164 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-631 JOT[E]/根岸 
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 
タキ1000-267 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-630 JOT[E]/根岸 
タキ1000-151 JOT[E]/根岸*
タキ1000-512 JOT[E]/根岸
タキ1000- 64 JOT[E]/根岸 全検2019-9-14川崎車、自重16.7t
タキ1000-880 JOT/根岸 ■
根岸*=旧郡山常備車

 ここまで片付くと自販機でお茶を買い、自宅へ携帯を入れてあとはお手洗い、またまた3・4番線の待合室に戻って『はちおうじ』9号が入る頃まではiPod touchの充電を兼ねた予習タイムです。

○2081列車…夏場は10両程度の短い日が多かったですが、秋冬モードに入ったのでしょうかやや長くなった13両編成での到着です。ここでも今年の全検車をはじめ4両のデータを新たにキャッチしました。
△南松本
EH200-17
タキ1000-136 JOT/四日市* ■
タキ1000-305 JOT/塩浜# ■
タキ1000-615 JOT/根岸 
タキ1000-506 JOT/根岸 
タキ1000-823 JOT/北袖# 
タキ1000-289 JOT/浜五井* 
タキ1000-653 JOT/根岸 全検2019-9-27川崎車、自重16.9t 
タキ1000-246 JOT/浜五井* ■
タキ1000-816 JOT/浜五井 全検29-11-10川崎車、自重16.9t ■
タキ1000-663 JOT/根岸 ■
タキ1000-652 JOT/根岸 全検2019-7-16川崎車、自重16.9t ■
タキ1000-459 JOT/根岸 全検2019-9-2川崎車、自重16.9t ■
タキ1000-626 JOT/根岸 ■
四日市*、浜五井*=旧郡山常備車、塩浜#、北袖#=旧本輪西常備車

 2081列車が片付くとこのまま乗換通路から1・2番線へ。3番線に『はちおうじ』11号が入るのを待つと『あずさ』10号(午前中確認しました)→21号→32号と担当した(←松本)クハE353-11×9+クモハE353-4×3(長モトS111+S204編成)が参上。また、1番線に八高線の終電として到着したクハE231-3004×4(宮ハエ44編成/75運用〜翌61運用)が止まっていたのでまだ209系(3100番代)が運用に就いていた影響なのか2本ほど未だ出場していなかったE231系があったのでこの一本がこれで下に書かれた旧番を見るとクハE231-8×10(八ミツB8編成)の一部だな!と勘付き、『むさしの号』の分を含めて来月号の『鉄道ファン』あたりの中身を少々先取りした感がして得をしました。

○5462列車…列番が最速75Km/hの専用列車だけあって午前中の8460列車よろしくタキ43000の44t積み車が混じっているかなと思いましたが、先の2085列車と同じく17両全車がオールタキ1000(最後尾だけA重油専用車でした=この134番、ちょうど一ヶ月前に見ました)の編成での到着で杞憂に終わりました。
△根岸
EH200-16
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 ■
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 全検30-11-26川崎車、自重17.0t
タキ1000-167 JOT/根岸*
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 ■
タキ1000- 81 JOT[E]/根岸* 全検2019-7-22川崎車、自重16.7t
タキ1000-875 JOT/根岸 
タキ1000-837 JOT[E]/根岸 
タキ1000-873 JOT/根岸 
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 
タキ1000-165 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-168 JOT[E]/根岸* 
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸* 全検2019-9-11川崎車、自重17.0t
タキ1000-251 JOT[E]/根岸*
タキ1000-794 JOT[E]/根岸 ■
タキ1000- 72 JOT[E]/根岸* 全検2019-7-5川崎車、自重16.7t
タキ1000-827 JOT/北袖# ■
タキ1000-134 JOT[E]/根岸* ■
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 5462列車も中央線の電車(この時間になると各駅停車になりますが………)を待つお客さんが多くなるので骨が折れますが、昼間の80列車を見る時と同じ感覚(2番線に停車するために撮影は行いません)でこなしてから駆け足で3・4番線へ。豊田寄りからEH200のライトが見えて来ると5461列車の到着の合図でこちらもあと一息です。

○5461列車…一杯の17両編成での到着で前述の5460列車と似通った組み合わせです。浮島町発はタキ1000の旧矢羽根車も予想通り入って3両ほど水色帯入りや青一色で新製されたものもありましたが、未確認も1両キャッチ。タキ43000の初期車が多く、令和最初の1並びの日だけあってE233系のトップ編成に続いてトップナンバーも参上し、また、黒塗りのJOT車ですが、OT所有時代は八王子常備だったナンバーも1両キャッチ。北袖発では今年の新製車のタキ1000が連結され、一つの列車で車齢差52年と大きいですね。
△南松本
EH200-13
タキ1000-676 OT/宇都宮タ 
タキ1000-674 OT/宇都宮タ 
タキ1000-746 OT/川崎貨物◎ 全検29-8-2川崎車、自重17.3t
タキ1000-720 OT/川崎貨物◎ [車票]
タキ43021   OT/南松本 [車票]
タキ43007   OT/倉賀野※ ■(▼)
タキ43000   OT/宇都宮タ※ 
タキ43162   OT/南松本 ■(▼)
タキ1000-406 OT/宇都宮タ 全検30-10-9川崎車、自重16.8t
タキ43617   JOT/根岸 全検29-8-17川崎車、自重15.8t [車票]
タキ243699  JOT[e]/浜五井# ■(▼)
タキ243778   JOT[e]/浜五井# ↑北袖発 全検30-4-27川崎車、自重16.0t ■
タキ243758  JOT/浜五井# ■
タキ243732   JOT[e]/浜五井# 全検31-4-8川崎車、自重16.5t ■(▼)
タキ1000-971 JOT/北袖 新製2019-5-21日車、自重17.2t 
タキ1000-397 JOT/浜五井 ■
タキ43470   JOT/浜五井# ↓ 全検31-2-15川崎車、自重15.7t ■(▼)
OT車の◎=旧矢羽根色、※=旧西上田常備車、(▼)=表示板の逆向き、JOT車の根岸*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

 中央線のE233系でもラッピング入りの編成を確認しましたのでここで併せてご紹介いたします。
・クハE233-6×10(八トタT6編成/ジレット・スキンガード):75T運用(特快2275Tのあとは豊田へ回送)
・クハE233-10×10(八トタT10編成/TOKYO2020):73T運用

 5461列車が一通り片付くと改札口を出てNEW DAYSで夜食のおにぎりを2個選んでセルフレジで精算し、自由通路の自販機では2本目になりますが、『朝の茶事』の玉露入りホットを買うとあとは南大通りを一直線。いつもは何処かしらで自転車で走り抜ける者がいますが、さすがにラグビー観戦かいても逆方向が多かったので気にしない範囲でのご帰還となりました。

|

« R01.11.01 八王子駅(その1) | トップページ | R01.11.05 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R01.11.01 八王子駅(その1) | トップページ | R01.11.05 八王子駅 »