« R01.06.05 八王子駅 | トップページ | R01.06.12 八王子駅 »

2019年6月 8日 (土)

R01.06.07 八王子駅&都内行き

 今日は貨車研究会の定例日で日曜の昼間だったり、前回(4月)は当日が取れず、土曜日と1日遅くなり、定時運行は半年ぶりになります。

 また、例会の前は4月の時は時間切れになった中目黒のスターバックスのロースタリーへリベンジの形として再訪し、出掛けるのも11時頃として例によって例会の進行表をあらかじめプリントしますが、自家用のiMacとピクサスの接続が今一つ。10時前後には慌てて会報のプリントで使ったプリンターに急遽戻して、USBメモリーに保存したWordファイルを仕事用のiMac経由でプリントして事なきを得ました。USBも自家用の方が新しく4ヶ所あるのですが、仕事用は古いタイプなので3ヶ所しかなくどれか一つを外さねばらならないので頑張って更新したい所ですね(原資がなかなか掘り当てられませんが………)。

 東京で入梅の方が伝えられた今日、大阪では地元の中央線と同じオレンジ色に塗られた大阪環状線の201系がラストランというニュースがなり騒然とする事が予想されたのかある駅ではホームの一部を封鎖や撮影禁止となるほど厳戒態勢が取られましたが、これを思うといやはやと思い、傘をさして自宅を出発。11時少し過ぎに西八王子の南口に着くと富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスを待ち、元気なオバちゃんにあとはシニアの皆さんがぞろぞろ集ってこの所アイボリー地のバスが多かったですが、今日は久し振りにヨドバシカメラのラッピングバスに乗車。一昨年行われた都市緑化フェアでは良く富士森公園へのシャトルバスに就いていた事を思い出します。

 バスから降りるとサザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出し、少しスターバックスに立ち寄り、(中目黒にある)ロースタリーへ出掛ける話をしてこの間、様子をまとめた時は内容が70%程になりましたが、あとの30%+αはご期待してくださいよ!と予告して線路を越えてセレオの1階の権米衛でツナマヨと五目いなりの昼食。入口の脇の席が空いていたのすかさず済ませると2階のスターバックスでアイスアメリカーノを頂き、結構テーブル席が埋まって陳列棚を覗きながら飲みましたが、パートナーさん相手にロースタリーへ出掛ける話をして、なかなか空きませんでしたが、アジア系のエンジニアなのか学者なのかそういった連中が多くこう言うのがのさばるとウン10年後の日本はテメェらのせいで落ちぶれる!と今の家電メーカーと似通った環境になるのは目に見えております。暫く経ってから有隣堂側の奥のテーブルが空いて何とか頂いてSuicaをチャージしてゲートイン。

 さすがに待ち時間を気にしてか足早に出発して『あずさ』12号の後に到着する中央特快で新宿まで乗ります。ちょうどE353系の一本目で所々空席があったものの、事前に買わねばと懐具合でご破算でこの頃は新システムで覚束ないのか少々遅れている様子で乗った中央特快も2分遅れで八王子発。時間帯的にそうなのか23区内に出掛ける人が多いのか結構混んでいましたが、最近は経済や物事が益々東京23区内集中が進んでいるのでマスターが学生時代だった平成初期でも騒がれた事がなんでまたヒドくなったのと疑問に思い、少子化で混雑緩和するとタイムマシンがあったら全くの嘘と言う事で役人や企業のトップはバブル期から進歩が無いと言うのが結論ですね(当時より今の方がダメというのは確かですが………)。余談はさておき、豊田の車両センターも腰掛けた反対側になりましたが、大阪ではラストランを迎える201系のトップナンバーが定位置に鎮座していたほかはE257系の500番代も止まって前は金曜日と言うと『富士山号』がお決まりでしたがE353系の『富士回遊』号が定期運行されるとどこか寂しくなりました。立川は青梅発の快速電車が入る関係で4番線の入線。快調に進むかと思いきや、武蔵小金井で急病人発生で5分程止まり、荻窪辺りからゆっくりした足取りで中野まで進み、結局新宿は10分遅れの到着で日中の電車では珍しく7番線の到着と相成りました。

 新宿駅の7番線に日中止まる電車はレアで今日のデジカメ画像はこれが1コマ目で先行した『あずさ』12号は折り返し『あずさ』17号となり、南口の改札を一旦出場して入り直し、山手線の内回りで渋谷へと向かいます。あれよの間にE235系が増えてE231系も見る機会が減って101系から103系に変わる頃で言うと昭和40年前半辺りかなと重なる印象です。渋谷までなんとか座れてナンバーを見ると今年の新製車(と言ってもまだ平成生まれですが)に当たり、すれ違う電車もE235系が多くなったな!と感じさせ、原宿では『スシロー』のラッピング電車と遭遇し、回る事で共通している”回転寿司”と”環状線”を上手く組み合わせて10編成ほどあるとのお話で渋谷で降りた後でデジカメのシャッターを切ったのは大阪環状線の向こうを張った様な気さえ感じさせます。

 渋谷駅は西口で降りて山手通りの大井町行きのバス乗場は降りた目の前でタイミング良く大崎駅折返しのバスが止まって早速乗りました。日産ディーゼルの尿素触媒付きのタイプで地元の京王バスや西東京バスにもいますが、正面の窓がドアに向かって下がっているのでどこか西鉄バス辺りとマスクが被り、当の西鉄バスもここ5〜6年ノンステップ車が入るようになりましたが、さすがに子会社の西工ボディが解散した後故に10年ちょっと前に本気で入れていたらこのタイプ(やや長めになります)が当たり前だったのでは?と感じ取れます。渋谷駅から暫く玉川通りを走り、目黒区に変わった大橋(玉電の車庫があった所で首都高の3号線と都心環状線が混じる所です)で山手通りへ向かう通りへ左に曲がり、次の菅刈小学校が最寄りだったので渋谷駅から10分程で到着しました。

 4月に来た時はお花見シーズンで結構混んでいた目黒川界隈も今日は静かで少し迷いましたがロースタリーを目指し、少し右手に進んだ待合室で整理券を引くと80人待ちでこの間は土曜日の午後で大混雑していたものの、ウィークデーだけあって人数も少なく、良くて1時間くらいかな?と見て、普通お茶やおやつの時間というと15時あたりが相場ですが、ドンピシャかやや前後するかな?と思い、お店の外の植え込みには紫陽花が咲いていたので季節感を感じさせるも流石に雨降りを気にしてか待合室でナンバーを気にしながら過ごし、この間は外でらくらくスマホ片手にQRコードを当てていましたが、スターバックスのお店同様、Wi-Fiが飛んでいることに気づき、iPod touchから早速接続して○人待ちと10人くらいかなと思っていたらさらに5人単位で変わって来たので随分スイスイ進んでいるな!と驚きまして1時間弱でこちらの番が回ってきました。

 二度目のロースタリー訪問ではウィークデーの午後だけあって所々空席が見受けられ、早速エントランス近くのテーブル席を陣取り、1階のBARのレジに並び、この時期らしくコールドブリューのアイスコーヒーがオススメだな!と感じ取れダークチェリーを添えたメルロースTOKYOにローフケーキチョコを選び、さすがにケーキやパンのコーナーを見ているとどれも美味しく、いいお値段(失礼しました)ながら楽しめ、早速受け取って頂くとおやつには少し早めの時間になりましたが、窓越しの紫陽花を愛でながらの一杯は格別のものでグラスもウィスキー用かなと言った感じで宅飲み(お酒ではなくマスター自身が淹れるアイスコーヒーです)や普段お邪魔するお店の延長線上で酔いしれて楽しみ、メルロースはデメララシロップと言うラム酒のシロップを使っているのでこれがいい味でカクテルの材料を置いているお店でも探すかなと思っています。ローフケーキチョコを選んだのはこちらもお店に出ているコーヒー&エスプレッソケーキの高級バージョンと言った位置付けで高めのチョコレートみたいなクリームがいい味を出して、スターバックスと言うと本国であるアメリカ風の印象が強いですが、こちらはどちらかというとヨーロッパのカフェかなという雰囲気です。

 一通り頂いてから2階、3階、前回お邪魔しなかった4階にも立ち寄り、お店に置いてある器具が手に取るように触れたので良くお豆を挽く時に「○番でお願いしますね!」とオーダーするのもこのグラインダーのゲージに合わせるんだな!と勉強し、数年前に一度フラペチーノのマシンを触らせて頂いた事がありまして、様々なマシンを触るとお店で働けるかな!と思うことも。再び3階に戻ってカウンター席のBAR(お酒ではなくコーヒーで)があったので普通のお店の倍のアイスラテを頂き、お豆もエスプレッソローストではなくロースタリー限定のものとの事。丁度飲んでいたらセレオのお店で顔馴染みだったパートナーさんとバッタリ。あれこれお話ししてテーブル席を陣取る事が多いマスターもこのようなカウンター席もいいかな!と思い、天井には空港のフライト案内みたいなボードが掲げられてセレオ店にも次の電車の時刻を出したら面白いのでは?と思った程です。丁度1階を見ると生豆の封を開けている所が見えたので1階に降りてこちらも早速何コマか収めるとロースター担当のパートナーさんが色々お話しされて流石に本業に慣れているのかアメリカのホッパ車で穀物やコーンを運ぶ用途が大多数ですが、この辺の荷卸する線路もマスターの自家用iMacに入れているゲームにあるので何処か親近感が湧いてきました。まだ少し時間があったので上のフロアを再びお邪魔してお茶のコーナーでアレ!東急スクエアのお店にいたお兄ちゃんのパートナーさんだな!と思ったら当のご本人でフジテレビの某アナウンサーに近いタイプだったのですぐ分かりました。八王子や多摩エリアのお店から移られた方がどの位居られるか分かりませんが、思わぬ所で顔馴染みに逢うのは嬉しいもの。正味2時間お邪魔して辞した次第です。

 再び山手通りのバス停に出て今度のバスも大崎駅行きでゲートシティは東口ですが、終点は線路を挟んで反対側のオフィスビル街の下なので少し歩くものの、そう変わらないので気にはなりませんが、今度は現行タイプの三菱ふそうエアロスターでオリパラナンバー付き。時間帯的にも習い事か塾へ行く小学生の子が結構目立ちますが、大崎駅までは30分程なので今回は例会スタートまで余裕×2。最初は少し立ちましたが、あとは目黒通りと交わる大鳥神社や目黒線とクロスすると不動前、池上線とクロスする大崎広小路と進むにつれて空席が目立って大崎駅に着く頃にはドアの間も二人くらい腰掛けてる状況で到着しました。また、バスも山手通りから側道に入る形で線路の外回りに沿って西口のバス乗り場へと目指します。

 大崎駅の西側は再開発が進んでオフィスビルが林立してバス乗り場は路線バスは渋谷からの東急バスだけですが、羽田行きのリムジンバスやウィラーの高速バスも発着があり、比率ととして路線系1、高速・リムジン系2といった具合で後者は昔からある所より新興の新免系が多い様子です。丁度目の前がスターバックスが入ったTSUTAYA Book Storeがあって八王子駅南口のOPAにあるお店を拡げた印象(レンタルコーナーあり)でスターバックスも同社の運営で椅子もどこかのお店と同じものも発見。駅の方へ歩いて自販機が無かったので改札前のKIOSKで『伊右衛門』を買い、ゲートシティではまず夕食を『梅蘭』の五目かけご飯を頂き、早い話、八宝菜にご飯を載せたものですが………。ワンフロア降りてスターバックスが大改装して前はあれほどエンジ色のレザーソファーが置かれて野猿街道のお店も昨年リフレッシュしたのでそろそろかな?と思ったらものの見事変わりまして、さすがにロースタリーやサポートセンター(日本法人の本社)からそう遠くないのかリザーブコーナーが消えたのは惜しいところ。イーアス高尾やMeet's国分寺、トリエ調布のお店で見かけるレザーのベンチ席が2コーナーあり、重厚感あるレザーのソファーもどこかのお店にあったな!とコールドブリューのアイスコーヒーを頂きながら過ごしました。因みにソファー席とテーブル席の境目も丸テーブル中心のコーナーに変わり、大きなテーブル席もレジの左手(k-8店や東急スクエア店[=テーブルは同じ丸型]で見掛ける高いテーブル席です)から元のセミナーコーナーへ移って飾り付けもなかなかですが、コンセントを繋いでノートパソコンを使っていた外国人さんがいたのか足元に気をつけて。

 例会は19時からなので18時半頃には南部労政会館へ。部屋には親分のF氏、早々最前列に腰掛け、前回忘れていた会計監査をこちらのiPod touchの電卓で計算し、間違えない事で証明するためにハンコを押し、19時から例会を始めるとほぼ1時間で内容の解説が終了しました。この所、RAIL FANにも例会予定が伝えられなかったので良く顔を出される大口のS氏には平謝りし、前に東京支部の支部総会である部会の例会予定が不明確と言う意見をぶつけた張本人がうちのあるメンバーでして、私が彼に「私がウチにいる間、確実に伝達するから大丈夫だよ!」と念を押すほどです。

 大崎の駅の中で時間調整して表紙に入れたEF200のナンバーは『電気機関車EX』によると3月の引退直前まで活躍していたとの話で偶然とは嬉しいもので『京王帝都のグリーン車』も京王八王子SCの文教堂あたり入っていたら買いたいものですね。

 帰りの山手線は流石に令和に変わったのか内外ともにE235系同士となり、今年に入ってからの新製車で大きな手荷物片手に乗った外国人の兄ちゃん達が邪魔くさかったですが、渋谷でなんとか座れて新宿へと向かいます。

 さて、先程F氏から中央線の快速電車が遅れているお話を伺ったので案内表示も結構遅れていますが1〜2本後が通勤快速で定刻20時50分発(2089T、クハE233-24×10/八トタT24編成)が3分ほど遅れて新宿駅の13番線にやって来たのは4月に中央線開業130周年を記念したオレンジ色ラッピングの編成でこちらとしては大阪環状線の最終日且つ令和最初の例会の帰り道で思わぬ記念となり、いつもはドッと乗る感じの車内もどこか余裕が感じ取れ、腰掛けているお客さんが複々線の間で降りてくれればなと思いつつもいつもの様に国分寺でなんとか座れ、西国分寺の手前から詰まっていたのか2〜3分程止まり、立川ではこの余波の煽りを受けて暫く止まり、4番線には川崎貨物行きの5460列車が止まって後方は北袖行きのタキ43394(JOT/浜五井[青→黒塗り変更])、タキ243759(JOT[e]/浜五井)とチェックし、このお陰で少しホームの外に出てシャッターを切り、多摩川を渡る頃には乗り具合も疎らになって来る具合で豊田は『あずさ』35号の通過待ちがあるために1番線の停車は時刻表通りでここでも降りてデジカメに収めますが、幸い前後で高尾方面が続いていたのか乗りも余り見られず、時刻表より10分遅れで八王子駅到着。

 八王子駅に降りると雨が止んでいて携帯で自宅に連絡してから1・2番線へ。先のオレンジラッピングのE233系を待ち構えますが、3・4番線にいるとどうしても快速電車や『はちおうじ』号が折り返す事が多いので1・2番線へ行ったほうが無難だな!と判断。セレオ北館側に目を向けるといつもなら86列車で根岸へ返すタキ1000の列が望めますが、今日はHD300がポツンと1機休むだけ。八高線は両側旧りんかい線の209系をみて2番線の東京方に陣取ると駆け足でスマホ片手の兄ちゃん達もオレンジラッピング目当ての様でいつもならムッとするマスターも今日は大阪環状線の事もあったので「いいことあるよ!」と念を押すもこちらは”行きがけの駄賃“ならぬ”帰りがけの道草喰い“と何事も程々にと思い、あとは昼間に出掛ける際に収めて今年の暑中見舞の絵柄が決まります。また、この前後には東京タ行きの2082列車が通過(正確には2番線をゆっくり走行)し、EH200-5牽引でコンテナ車の先頭はトランスシティ2個、JOTバルク1個、2両目はJOTバルク2個、3両目にJRF商事のUM12A-105346、4両目空車、5両目は全部20Dの一色塗りであとは19系と20Dの混載と言った編成です。再び3・4番線に戻って2085列車の編成をiPod touchに書き出したものの、どうも充電器に詰めた電池が切れそうでバッテリーも残り20%の赤線に。黒い表紙のA5リングノートを引っ張り出した次第です。

○2085列車…一杯より1両少ない16両の到着で且つ中央線の遅れの影響から4分ほど遅れての到着です。前に確認してデータをキャッチしていなかった25番をここで漸くゲットし、夜な夜なタキ1000のH6新製車ばかり収めましたが、2081列車や5461列車の方が良かったのでは?というのが本音でこちらは後日改めて。
△篠ノ井(坂城)
EH200-4
タキ1000-333 JOT/根岸 ■
タキ1000- 10 JOT/根岸* 全検30-9-22川崎車、自重16.7t
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸*
タキ1000-867 JOT/根岸 ■
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 全検30-11-26川崎車、自重17.0t
タキ1000-513 JOT[E]/仙台北港
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-504 JOT[E]/根岸 
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-837 JOT[E]/根岸 
タキ1000-613 JOT/根岸 
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸* 全検30-11-13川崎車、自重17.1t
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* ■
タキ1000-819 JOT/浜五井
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸* 全検30-12-19川崎車、自重16.8t ■
根岸*=旧郡山常備車

 前後して到着した『はちおうじ』7号を見ると←クハE353-6×9+クモハE353-6×3(長モトS106+S206編成)の組み合わせであたかも『スーパーあずさ』専任時代に戻った組み合わせながら実際、S106編成はS201編成とのペア(S101編成は『かいじ』メインで動いてましたが………)が常でしたが、全車E353系の運転ともなるとこの様に9両編成、3両編成と同じ下1〜2桁同士の組み合わせはかなり珍しいですね。

 改札を出るとNEW DAYSはお決まりの様にNREのおにぎり2個を選び、自由通路の自販機で『朝の茶事』の新しい絵柄のペットボトルをチョイス。雨も止んで南大通りを歩いてのご帰還となりました。

|

« R01.06.05 八王子駅 | トップページ | R01.06.12 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R01.06.05 八王子駅 | トップページ | R01.06.12 八王子駅 »