« R01.06.20 八王子駅 | トップページ | R01.06.25 八王子駅 »

2019年6月22日 (土)

R01.06.22 東京支部総会&八王子駅

 例年この時期に行われる東京支部の支部総会が王子の北とぴあで行われるので出掛けて参りました。マスターと親しい範囲の皆さんも例年、顔を出すので楽しみにしております。

 夜更かししながらそのまま朝を迎え、6時を回る頃には朝刊を受け取りながら身支度。梅雨時の今頃、雨降りを気にしたものの、丁度出発する頃にザッと来たので折り畳み傘片手に出発。

 7時少し前の富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗ると後は富士森の丘の上へ向かうお兄さん位で途中乗って来ても10分程で到着して乗りも指で数える程で通しの乗りは私だけとなりましたが、あれ!デジカメを忘れてしまう大失態も。

 Suicaをチャージして1・2番線へ。1番線の北側にタキ1000を連ねた86列車の編成が止まっているかと思いきや、この頃は貨車も働き方改革で金〜土は見られない事が多くなって少々寂しい所(機関車溜まりのEF210も見かけなかったので8461〜8460列車も運休です)。最初は止まっていたらホーム伝いに前方へと向かうつもりが見られなかったのでお手洗いを済ませると高尾方に並び、3番線は『むさしの』号の205系(クハ205-47×8/千ケヨM6編成)が入線してこの所、E231系や209系の500番代に置き換えが進むものの、山手線出身のこの辺が見られるのは心強い所です。電車を待つ間に少し日が出て来ましたがハッキリしないのでは?と気になります。

 電車待ちの間にドリンクを自販機で仕入れ、ペットボトルのコーヒーとなるとタリーズとジョージアがありますが、マスターは同じシアトル系でもご承知の通り、スターバックスのお得意さんなのでどうしても後者になりますが、拘り系のクラフツマンラテを頂きます。

 八王子から7時16分発の中央特快で新宿まで乗ります。私立の中高が沿線に多い中央線の快速電車言えども土曜の朝でも混んで八王子からは座れず、生徒数が減っている分、土曜休みも近年は返上気味で言い方悪くなりますが企業が『働き方改革』と叫ばれつつある昨今、学校はどこかブラック化している様相が感じ取れます。これを思うと私学の経営陣や文科省の役人は何を考えているのか世界中見て日本の学校の先生が世界一多忙と報道され、貨物列車を見ても大昔はヤード輸送で時間を喰ってトラックや船に荷主が流出した時代から見ると5t積みのコンテナで東京から今日の貨物列車に乗れば翌日中には九州、北海道のめぼしい駅に着いて翌々日には確実に物が届く位明確になった事を思うとこの辺は研究の余地がある事を感じさせます。豊田ではE257系の『かいじ』73号にすれ違い、南口のロータリーでは京王バスカラーの路線バスが止まって多摩センター行きかな?と思いきや、高幡不動行きのミニバス系統が中型車でポンチョ(小型車)の遣り繰りの都合でしょうか時々代打で活躍します。今度は日野へ向かう間にオレンジ色ラッピングのクハE233-24×10(八トタT24編成/61T運用)に擦れ違い、多摩川の鉄橋を過ぎて立川で少しずつ降りるのではと思ったら予想通り。iPod touchのイヤホンのコードを解くのに大童。国分寺を過ぎると居眠りモードで洋楽に耳を傾け、中野ではこれから『かいじ』+『富士回遊』1号を担当するE353系が7番線に控えるも後方がホームからハミ出て新宿駅が工事で使えない時は『スーパーあずさ』を折り返す為に仮設ホームを敷いて止めていたことを思い出し、電車区の構内にはどこかの総合車両センターへ回送するE231系を待ち受けるクモヤ143の姿を見て新宿駅に到着します。

 新宿から山手線の外回り(707G、クハE235-7×10/東トウ07編成)で田端まで乗ります。さすがにE235系の投入が進んでE231系も新宿、池袋、大塚くらいと3本に1本の割合に減りました。

 田端の乗り換えはいつも改札寄りでしたが今回は初めて上野方の乗り換え跨線橋を渡って1・2番線に向かい、8時29分発の大宮行き(704A、クハE233-1055×10/宮サイ155編成)で王子まで向かいます。意外とガラガラですがこのご時世らしく外国人のお兄さんの姿も見られ、京浜東北線の駅は只今、ホームドアの設置工事中で田端、上中里は未設置でしたが、王子はもう付いていました。

 少し雨が降りそうな北区王子に到着。北とぴあのエントランス前で旧・大田サークルの支部委員且つ北関東支部の有名人I氏が参上。暫くしてから旧・機関車部会のS支部委員と参上し、会場は例年通り7階の東側の部屋で行われ、顔なじみの範囲も大方顔を出され、昨年名前を出した範囲では町田のK君以外はほぼ出席となり、『SLやまぐち号』のパンフレットと記念券が入ったクリアホルダーと手提げに入ったカレンダー(東京メトロの壁掛けのものであとで某支部委員氏から「持って来なよ!」ともう一本頂きました)を頂いて着席。議事も会員数が昨年度の年初よりやや減っているものの、人数的にも安定して来て喜ばしいお話でうちの研究会も通信会員の人数が例年そう変わらないのでご同慶の至り何ともはやと言った所。今年は役員の改選が無く、これという気になる事項は見当たらず順調に進みますが、質疑応答ともなるとI天皇や千葉の池沼野郎が色々ぶつけてから埼玉サークルのK支部委員の発案でしょうか抽選会が昨年から行われる様になり、今回はこちらも当選となり、支部の封筒を開封すると京都鉄道博物館(と言っても梅小路蒸気機関車館の方が馴染みですね)の蒸気機関車のイラストが入った付箋を頂きました。

 11時に終了し、皆さんとで一度1階のロビーに降りて1380氏や鶴瀬のM君相手にあれこれ雑談しながら元会員のY氏参上し、相変わらずお元気で何より。まだ役員の皆さんの後片付けが済んでいなかったので再び7階に赴き、私鉄部会の支部委員を務めるT君と合流。最初はこちらも1階の『キリンシティ』あたりで昼食でもと思いましたが、この頃になると雨も本降り。先ずは王子駅のBeck’sで私鉄部会のM氏と合流するもJRの改札口まで一緒に歩いてここで昼食に有り付けると思いましたが、×となった次第です。

 この後マスター、鶴瀬のM君、登戸のM君とでメトロ南北線に乗り、日吉行き(東急3012×6)に乗ります。この所同じ東急目黒線で3020系が少しずつ入りますが、こちらは都営三田線直通用に充てる予定です。途中駒込、飯田橋で時間調整をしてこちらは四ツ谷で下車となりました。

 四ツ谷でメトロ南北線から中央線の快速電車に乗り換え、ホームに着くと直前の特快が青梅特快だったので15分ほど待ちまして、この間は行き交う電車をウオッチ。御茶ノ水寄りの緩行線が坂になっているのでデジカメを携えていたら結構E231系を収めていたので少々悔しい気持ちも。

 四ツ谷から12時30分発の中央特快(1279T、クハE233-25×10/八トタT25編成)で八王子まで乗ります。何とか座れて新宿で移る程の余裕の乗り具合で中にはお上りさんでしょうか早々中野で降りるお客さんも見られ、三鷹は5番線に止まっていた快速がクハE233-24×10の編成とまたまたご対面と相成り、真ん中の2本は連番同士と言う事で。立川に着くと丁度4番線に竜王からのタンク車を連ねた80列車が到着。学校やショッピング帰りで結構混んで来ますが、ドアの前で喋る女子高生や馬鹿でかいベビーカーが邪魔臭く感じつつ八王子に到着。これを思うと多摩川を過ぎると民度が落ちるなと嘆きますが………。

 八王子駅に降りると8092列車のタキ1000が控えていたので先程も85列車で到着したタンク車が丁度入れ換えていたのでナンバーは見られませんでしたが、見られただけでも嬉しいもので電車から降りると早速編成をチェックします。

○8092列車…この所ウィークデーはどちらかと言うと運休する事が多く、土曜日は比較的見られる事が多く、支部総会のある日と言うと必ずと言っていいほど見る事が出来、牽引はJRFロゴが消えたブルーサンダーの試作機でタキ1000の未確認で628番は見ていなかったかな?と思ったら年末に確認していまして、改元前に出場した19番を初めてチェック。
△根岸
EH200-901
タキ1000-229 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-439 JOT[E]/根岸 
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 
タキ1000-581 JOT[E]/根岸 
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 
タキ1000-834 JOT[E]/根岸 
タキ1000-254 JOT[E]/根岸* 
タキ1000-628 JOT/根岸
タキ1000- 19 JOT[E]/根岸* 全検31-4-22川崎車、自重16.9t ■
タキ1000-798 JOT[E]/根岸
タキ1000-464 JOT[E]/根岸
タキ1000-851 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車

 8092列車の編成と3番線で折り返す快速電車を軽くチェックすると改札を出てセレオのスターバックスで一休み。コールドブリューのライムにお昼を頂いていなかったので粗挽きフランクのパイも一緒に頂き、結構テーブル席が埋まっていますが、タイミング良くお決まりの有隣堂側のテーブル席が空きました。2階エントランス脇の京都の物産展を覗きながら崎陽軒のシウマイ(15個入り)を買うと夜景ツアーの応募ハガキも付いて駅弁を買うついでに貼りたいもので自由通路に出ると先程新宿駅で見掛けたE257系の回送電車(クハE257-111×9/長モトM111編成)が4番線に参上。『かいじ』73〜58号と担当して甲府の電留線へ回送する様子で南口から南大通りを一直線。曇り空もこの頃になると少しずつパラパラして来て14時を回る頃には自宅へと到着しました。

|

« R01.06.20 八王子駅 | トップページ | R01.06.25 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R01.06.20 八王子駅 | トップページ | R01.06.25 八王子駅 »