« H30.10.16 八王子駅 | トップページ | H30.10.22 八王子駅 »

2018年10月19日 (金)

H30.10.19 八王子駅

 週に少なくとも1日はネタ拾いでもと思っているものの、財政事情から少し控えめながら今日は親もお出掛けなのでスターバックスのハロウィーンメニューが昨日から始まったのとエスプレッソメニューでリワードスターが付くのでこれに合わせて出掛けた次第です。

 自宅を出る所で折り畳み傘は持ったものの、オッと!iPod touchを忘れた!と慌てて引き返して西八王子の南口から八王子駅南口行きのバスに乗ります。少々遅れていましたが、ドライバーさんが気を利かせてビックカメラのエントランス前に止まりました。

 南口のオーパも来月29日オープンとプレスリリースやみん経で紹介していたので特に気になるところを拾うと全国の逸品を集めた『日本百貨店』とJRの『のもの』と双璧をなすお店や金沢の回転寿司が気になる所です。あと一月余りのご辛抱で通り抜けも元通りになります。例によって83列車の様子をチェックし、少しずつオーパの準備も見られる中、先ずはコンテナ車の分だけ見てタンク車もスターバックスで飲んでからチェックしようと思った所、ここでゲートイン。

○83列車…コンテナ車は両端が満載でしたが、中には嵩高12フィートの20Dの新型も積まれ、タンク車はいつもの12両編成です。
△竜王
EH200-13
コキ107-1025 ↑東京タ発 新製26-10-8川重 5個目に19G-20056[一色塗り]積載
コキ107-1399 新製28-12-7川重 3個目に20D-3208[一色塗り]積載
コキ106- 285 全検29-1-21川崎車 1個目にJOT UR19A-10533*、2個目に19D-47640[一色塗り]、5個目にJOT UR19A-112*積載
コキ107- 69 ↓ 1個目に19D-50283[一色塗り]、3個目にJOT UR19A-15565積載
タキ1000-176 JOT/根岸* 石油類)黒地(A重)
タキ1000-559 JOT[E]/根岸
タキ1000-503 JOT/根岸
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 全検30-7-11川崎車、自重16.8t
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸*
タキ1000-422 JOT[E]/根岸 全検30-4-12川崎車、自重16.8t
タキ1000-242 JOT/根岸* 無
タキ1000-279 JOT/浜五井* 無
タキ1000-255 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-231 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-569 JOT[E]/根岸
コキ107のグレー文字=側ロゴなし、UR19Aの*印=幅広マーク入り、根岸*、浜五井*=旧郡山常備車

 83列車を見出した頃、3番線には高尾方からレール輸送の列車が到着して、茶色+白帯とEF64の1001号機の塗色を継承した1052号機の牽引で長物車はチキ5200が2両と機関車溜まりも丁度、EF64 1053が休んでいたので1000番代同士で色違いの並びは初めてです。
EF64 1052+チキ5231+5230(千マリ/越中島貨物、川中島→越中島貨物)

○8460列車…外で83列車を見ていた頃にHD300牽引で入って普段に比べて20分ほど遅く入ったものの、編成は根岸行き7両、浜五井行き2両の計9両と短い編成です。根岸行きにはタキ1000のH6新製車で前倒しの全検入場も少しずつ見られるようになり、連結した17番はこちらにとっては初確認です。
△川崎貨物
EF210-112
タキ1000-761 JOT[E]/根岸 ↑根岸行き
タキ1000-513 JOT[E]/仙台北港
タキ1000-153 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-145 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-835 JOT/根岸 無
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸* ↓ 全検30-9-28川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ43269   OT/倉賀野 ↑浜五井行き 無
タキ1000-449 OT/倉賀野 ↓ 無
根岸*=旧郡山常備車

 一通り片付くと10時50分発の横浜線の快速電車で片倉へUターン。出発間際には運動部でしょうか体格の良いお兄ちゃんがキャスターバッグ片手に乗ってきて体格も荷物もオーバーサイズで最近は電車に乗って苦痛に思うのはこう行った奴らやベビーカー片手の連中が長年乗り慣れた身からすると邪魔クセェな!と思うようになったのは歳のせいでしょうか。機密情報が入ったもの以外は宅急便で持って行った方がベストなのとオリンピックを控えて各鉄道会社で規定を改定して欲しい所です。

 横浜線のホームから3・4番線に移って折り返しの快速電車、E257系と見つつ8460列車のオイルターミナルのタンク車のチェックを片付け、改札を出てセレオのスターバックスへ。メールでエスプレッソ系の飲み物にリワードスターが付くことを知ったのでここではアイスのフォームラテを頂き、いつもガムシロを入れるマスターも一口目はエスプレッソの苦みを味わい、ホイップクリームで味を柔らかくします。

 今度は東急スクエア、京王八王子SC(k-8)のお店と立ち寄る予定で今週は火曜日に東急スクエアのお店にお邪魔したので立ち話と黒板を見るだけで失礼してk-8のお店ではパートナーさん皆さん、ピンクの濃淡の蝶ネクタイ姿で。こちらはアイスコーヒーのイタリアンローストを一杯。今回はフラペチーノが目玉ですが、お店で飲むのもそろそろアイスからホットに切り替える事です。

 再び北口の方へ向かって歩いてビックカメラへ。久し振りに5階のホビーコーナーを覗いてから2階のスマホコーナーでらくらくスマホのフィルムを買います。今度はサザンスカイタワーへ。勿論スターバックスに立ち寄り、先程はアイスコーヒーでしたが、今度はショートドリップを100円で頂いてお豆はグァテマラ、フラペチーノではありませんが、ハロウィーン限定のパールプリンセスドーナツを頂き、リンゴのピンク地で上にはホワイトパールチョコやラメの様にあしらった銀粉と凝った造りのドーナツはスターバックスでは初めてかな?と言った感じでソファー席はサエないオッサン多くこの辺に合わないのは確かです。こちらもセレオ店同様、赤いスカーフを捲いて例によってパートナーさんとあれこれお話しします。続いてアルプスで時間調整してから信用金庫で鉄道雑誌の最新号の軍資金を引き出し、バスロータリーへ向かいます。

 帰りは13時少し前の富士森公園、西八駅南口経由の法政大学行きのバスに乗ります。寺田の担当便で時折、高尾山温泉バス京王バスカラーの中型ロング車が入りますが、後者かな?と思いきや前後して北野街道経由のめじろ台行きやみなみ野駅行きでいずれもハズレなり。4分程遅れて出発した京王電鉄バスカラーの日野ブルーリボンIIが参上と相成りました。

|

« H30.10.16 八王子駅 | トップページ | H30.10.22 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/67290219

この記事へのトラックバック一覧です: H30.10.19 八王子駅:

« H30.10.16 八王子駅 | トップページ | H30.10.22 八王子駅 »