« H30.10.03 京王相模原線沿線&八王子駅 | トップページ | H30.10.06 八王子駅 »

2018年10月 6日 (土)

H30.10.05 八王子駅&都内行き

 10月は貨車研究会の例会がある月で遅れていたプリント、製本も昨日中に片付き、最初は今日の午前中までと思いましたが、以前『ムーンライト信州』に乗った折、事故の影響から八王子が1時間遅れて出発して松本へは定刻に到着したことを思い出します。マスターもこの10月で鉄道友の会入会23周年を迎え、お勤めで言うと中間管理職層に足を突っ込む形ながら自分より年長、入会年数が古い方が多く、どうとも言えませんが、これからも出来る限り続けますので今後とも宜しくお願い致します。

 自宅発が11時半ごろで暫くワイシャツ一丁だった我が身も昨日、一昨日は涼しくなって長袖のTシャツでしたが、衣替えしてから初めてジャケットを羽織っての出立となりました。正午少し前の南大通り経由の八王子駅南口行きに乗るといつもは誰一人いないのですが、今日はこれからランチしてお買物と言った感じのオバちゃんグループなどマスター含め6〜7人と多く、この頃はバスに乗ってもシルバーパス片手のシニアが多いのでこちらも「バス会社の経営大丈夫かいな!と思う事もあり、PASMO(京王パスポートカードと紐付きです)で乗る事が多い身からするとそろそろシルバーパスとICカードを上手く結び付けた形が出来ないものかと考えて欲しいところです。さて、前にこのダイヤと言うと新車が来たと思いましたが、日野ブルーリボンながら先代いすゞエルガ(と言っても干支を一回りした最古参級です)そのままのタイプが参上。

 バスから降りるとサザンスカイタワーへ。先ず、信用金庫で軍資金を引き出し、この連休はユーロードの古本祭りがあるのでこの資金も余裕で賄えますが、お昼を頂いてから行く予定で先ずはサブウェイでのランチ。続いて2階へ登ってスターバックスではアイスコーヒー(お豆はコロンビア)をマグでいただきソファー席へ。パートナーさんのお兄ちゃんとお喋りしつつ試飲のスマトラ(インドネシアのお豆です)もおご馳走に。

 北口へ向かう途中の自由通路で普段ならそろそろ85列車が到着するな!という頃合いですが今朝は南武支線で電気設備の故障があった様で機関車の運用が乱れていたのか遅れている様子が感じ取れ、この頃は8092列車の分でしょうか普段より1本北の線にHD300に牽かれての入線です。

 北口に出てユーロードを進み、予定通り、古本まつりのテント一つ一つを覗いて行きます。築地(来週からは豊洲に変わります)へ仕入れに行くかのような真剣な眼差しの我が身、例によって鉄道雑誌が並べられたケースを覗くも『鉄道ファン』はお目当ての昭和50年代の号は殆ど見られず、『鉄道ピクトリアル』が入ったケースがイヤに目立ち、内容の中には『アーカイブスセレクション』で再構成した元ネタもあり、こちらはどちらかと言うと(国鉄の)車両動向欄ですね。竹の家(ラーメン屋)の前で本家のはとこと顔を合わせ、セコムの社員さんからお芋のチップス(何時でしたか熊本地震の後全然ダメになったことを思い出します)を頂き、一番奥は中町公園の広場で郷土系の本がお決まりの様に置かれてついつい見入り、この傍らでウチの本家でタバコの販売を担当するお姉さんがあれこれ実演するのでついでに顔を出すのも楽しみです(“まちゼミ“の時期になると講座が行われます)。一回りして八王子駅の方へ戻ろうと言う頃、空からパラパラと雨が降って来て雨降りともなると本にとっては大敵。この頃から少しずつテントを覆う所が出て来てこちらもセレオで雨宿りしながら再参戦する予定です。

 セレオで雨宿りと称して少し中が新しくなった所もあることからいっちょ覗こうかなと思って参りました。先ずはスターバックスで一休みしてアイスアメリカーノを一杯。新人のパートナーさんのお兄ちゃんも入ってあれこれ話している間にお決まりの有隣堂側のテーブル席が空いたので早速陣取り、丁度試食のチョコチャンクスコーンが振舞われていたのでサザンスカイタワーのお店に続いておご馳走になりました。続いて4階の京王百貨店、9・10階のフォレストキッチンがビルの中に居ながら森林浴が出来るレストラン街としてリフォームしてベンチ、椅子と多摩産材を使っているとの事。お店もNOWの頃から一店ずつ区切れていた所が仕切りが低くなってどこか連続した格好で新しいお店を見ると少し前に入った所で『叙々苑』の次に高級な焼肉の『トラジ』やお好み焼きの『千房』、ここで新しく入った所では『毎度おおきに食堂』の天ぷら屋さんとセルフの串揚げ屋さん、博多ラーメン『一風堂』のハーフサイズ専門店、近場のお店ではサンドイッチの『メルヘン』のレストランがオープンしてサンドイッチは勿論、カレーも美味しそう。もう一つは海鮮の『魚力』で元々の本拠地である立川や昭島のモリタウンに食べるお店はあったのですが八王子も漸く開店して地下のお店同様、楽しみな所です。10階に登ると『家族亭』改め『三宝庵』はサンプルメニューが圧倒的でこう見ているとNOWがオープンした時からあったお店が次々店仕舞いして少々寂しい面もありますが、都内の新しい再開発エリアや複合ビルと良い勝負だなと感じました。続いて8階の有隣堂や1階、地下とフラ付き、雨脚を気にするも、運悪く止まず小雨決行で二回戦開始。この頃になるとすっかりテントも覆われて何処か福岡の街の屋台の様で潜り込む形で覗き込み、結局、ファミリーマートの所で引き返し、Suicaをチャージすると早速ゲートインしました。

 時間が15時少し前で丁度、根岸からの87列車が着いた所でお恥ずかしい事に走り始めて4年以上経ちますが、地元での確認は意外と今回が初めてで対の86列車で返す分が待機している所や朝返す時に見た事はありますので漸く両方出揃った形になりました。

○87列車(〜6日発86列車)…お昼過ぎに来た頃、85列車は遅れていましたが、こちらはほぼ定刻での到着で編成はやや短い10両編成(上野東京ラインや湘南新宿ラインみたいな表現ですが………)でH20新製車の全検出場では870番を初めてチェックしました。

EH200-5
タキ1000-595 JOT[E]/根岸
タキ1000-433 JOT[E]/根岸
タキ1000-583 JOT[E]/根岸
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-870 JOT/根岸 全検30-7-2川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 全検30-7-11川崎車、自重16.8t
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸*
タキ1000-757 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-756 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-274 JOT/四日市* 無
根岸*、四日市*=旧郡山常備車

 87列車のチェックと前後して4番線は『かいじ』111号が到着する頃でキャリーバッグ片手のツーリストがモタモタして邪魔臭いこと。駅のホーム自体がボストンバッグや行李片手の人が多かった頃の作りなのでこちらも素早く片付けたい所毎度毎度足手纏いに悩まされます。駅員さんも積極的にアナウンスしてくださいな!と言いたい所ですが………。

 こちらは東京行きなので1・2番線に移り、中央特快を待つと1番線に到着した八高線の電車がクハE231-3002×4(宮ハエ42編成/61運用)が参上し、元のナンバーが三鷹のクハE231-6×10(八ミツB6編成)の一部でマスターからするとローレル賞(2000年度)を受賞した後の試乗会で四方津まで乗ったのがこの編成で平成13年の年賀状はこの編成を雨の中相模湖駅で撮影したコマを使った絵柄なので手摺りが邪魔じゃなかったら良いショットを収めたかったのですが、折角なのでシャッターを切り、当日は私鉄部会のM氏と6ドア車のシートを倒したり、神奈川サークルの幹事を務めるA氏に自己紹介した事を思い出します。

 八王子から15時22分発の中央特快で新宿まで乗り、すっかり外は雨模様。タンク車も85列車で到着した分がこれから84列車として根岸へ返す分が引き出された一方で先程着いた87列車のタキ1000がオイルターミナルの取卸線に入り、豊田の車両センターはE257系の500番代が3本に青梅線ラッピングのE233系も入庫。今度青梅から奥が『東京アドベンチャーライン』と『インディージョーンズ』かと思わせる愛称が付いて昔、国電がE電に呼び変える際に異議ありましたが、これを考えたのはどうも2000年代に入って社会人になった人の思想だろうと思われ、私なら『奥多摩みたけ渓流ライン』か『たまがわ渓流ライン』と名付けていた事でしょう。

 新宿に着くと新南口のバスタ側から改札を出てタイムズスクエアの東急ハンズの中を色々と見て過ごします。雨降りだったのか西側のデッキを歩かず高島屋のエントランスから店内へ。お客さんも外国人が多いのか少々落ち着けない雰囲気ですが、ここを見ると地元の京王アートマンやロフト辺りに置いていない様なものを探す位ですね。

 17時を回って埼京線の新木場行きで大崎へ向かいます。改札の手前で『朝の茶事』を買ってゲートシティへ。夕食は先日の健康診断を気にしてかあっさり目に済ませようと思い、2階にある『粥餐庁』というとんかつの『さぼてん』と同じ会社が運営する中華粥のお店で軽めの夕食。湯葉じゃこ青菜のお粥とごま坦々麺のハーフセットを注文し、定食の様な形で肉まん、杏仁豆腐つき。お粥に欠かせない梅干しはどうも苦手な我が身、湯葉やジャコなら突つけるので無難な線ですね。続いてスターバックスでパンプキンミルクを頂きますが、流石に涼しくなってきたのでホットで。レジのパートナーさんがブラックエプロンの方だったので思わず話をして店内も一昨日、野猿街道のお店へお邪魔した時にお店のファニチャーが変わってここも同じ頃にリフレッシュしたので様子はどうかな?と伺うとレジ前のソファー席2卓がキャメル色のレザーのものに変わってサザンスカイタワーのお店のものの生地違いと言ったタイプでここ1年程の新規オープン、リフレッシュと同じタイプが多いことを感じさせ、あとは今年か来年早々かな?と言った様子です。

 今度は南部労政会館へ行くと上尾のK氏が早々到着して続いて武蔵小杉のK氏やO氏、親分F氏が申込書を持っている筈が大ボケをしてしまった様で漸く入場。今回の会報は少し量が多くなったのと数部程増し刷りして欲しい注文を頂いてこちらの懐具合も少しずつ潤う様になり多謝多謝。19時を少し回ってスタートし、こちらは続き物でタキ43000の移籍車についての解説をして後は(こちらが先になりましたが)8月例会の報告に山陰本線の迂回輸送(本来ならここで復旧している筈ですが、山陽本線は山口県内の土砂崩れの影響から未だ続いています)、津軽鉄道の貨車の事と始めた頃より薄くなりましたが、これだけ集まってくれるとは嬉しいもので20時を回る頃には野球で言う9回表に達し、これにて散会となりました。

 例会が終わると大崎駅にゲートイン。しばらくコンコースの東側にある本屋さんで時間調整して山手線の外回りに乗り、いつもは新宿までですが、時間に余裕があったのか渋谷で降り、久し振りにE235系の担当(クハE235-18×11/東トウ18編成、アズールレーンラッピング)に当たりました。

 渋谷からは京王井の頭線に乗り換え、昼間例会の日と逆ルートで宵の内の渋谷は今年の正月以来。足元の真下が京王バスの乗り場で地元の通り道で見掛ける京王バスカラーの中型車が止まって笹塚行きか初台行きの様です。

 渋谷からは急行を一本待って21時ジャストに乗ります。何とか座れて車内ではほぼウツラウツラする程度でしたが、永福町は先発の各停や渋谷行きの各停と見る事が出来、新年会の時と同様、久我山を過ぎると空席が目立つ様になり、23区から多摩地区に入るともう立った状態で吉祥寺駅に着きます。

 吉祥寺から中央線の快速電車に乗り換え、定刻なら駆け足で21時22分発、通勤快速は21時39分発とあるのですが、ところが暫く経ってから緩行電車の大久保でパンタグラフの故障があったとの事で結構待ちまして、3番線の9号車(=下りの先頭は10号車)に並んだマスター、対面でメトロ05系のワイドドア車(05-115×10[リフレッシュ]/85S運用)が止まったまま過ごしつつ回復を待つだけで運転再開のゴーサインが出たのがこれから20分後(緩行電車はこの15分後)で快速電車は上り方面を順々に出して行く格好ながら、下りは暫く来ない様で駅員さんのアナウンスの「○○駅のそばを通っています」が耳に入ると駅間を計算しながらこちらも「後*分だな!」と頭に入っています(概ね駅間は2〜3分ほどなので例えば高円寺なら阿佐ヶ谷へ向かうと(吉祥寺には)あと8分程と暗算が出来た程です)。

 遅れて到着した快速電車は21時25分頃のものと思いましたが、運行番号では東京発20:50の通勤快速で中野から各駅停車の形になって吉祥寺は40分遅れで出発。混んでいる中何とか三鷹で座れて(西荻窪までに乗られたお客さんゴメンナサイ)、快速電車というと特急や通勤快速の接続待ちや待避がどこかしらであるのですが、この様な状況ゆえに一切なく八王子まで一本となり、到着は22時半を少し回った頃で普段のダイヤより45分遅れ、直近の通勤快速より15分遅れの到着となりました。

 八王子駅で降りると定刻なら坂城行きの2085列車が来る頃合いなのですが、こちらも南武支線の電気系統の故障に加え、後で東海道線&京浜東北線の沿線火災、武蔵野線内の人身事故発生と首都圏各地のJR各線何処かでダイヤが乱れた様で貨物列車もこれらの複合要因からか遅れている様子が感じ取れます(翌日の午前中、定刻ならこの後見られる5461列車を見る事が出来、様子につきましてはこちらです)。1・2番線に移って明日の86列車は先程見た87列車そのままなのでパスし、特急列車の遅れも『成田エクスプレス』50号(クロE259-17×6/横クラNE-017編成)が35分遅れ、『スーパーあずさ』36号(←クモハE353-5×3+クハE353-5×9/長モトS205+S105編成=昼間の18号〜23号も同じ編成です)が35分遅れている様子を見てこちらも改札を出る事に。また、3・4番線の東京方(普段はE353系の12両編成が止まるあたりです)でイヤに撮り鐡が多いなと気になったのは今晩は『ムーンライト信州』の運転日で『あさま』色の189系の送り込みが長野から新宿まであるので春に豊田に居た編成が全廃となって今や189系も『あさま』色のクハ189-9×6(長ナノN102編成)の1編成だけになり、同じ特急用の電車で各地で大活躍したあの485系さえも現存車はリフォーム車やお座敷電車&観光列車用くらいで今では指で数える程の残存率までに落ち込んだことを思うと昭和も国鉄も遠くなったなと感慨深げになります。

 改札口を出るとNEW DAYSでおにぎり(例によってNRE製を2品セレクトし、この一つがこだわり素材の上州和牛です)、自由通路の自販機で伊右衛門を買って南口から南大通りを歩き、いつもならどこかしらで自転車が歩道を走りますが、不思議と一台も見られず折り畳み傘を差した格好で歩いていたマスターも『しゃぶ葉』(←ジョナサン)がある十字路(ここで上大船、東京家政学院行きや中寺田経由の法政大学行きのバスが左折します)、まで来ると雨が止んでいたので折り畳んで後は自宅を目指すだけで明日はお天気なのでユーロードの古本まつりの他にもこの所土曜日恒例のあるもの(例会に来た津久井のS君にも話した程です)が見られれば嬉しいなと期待しておりますので乞うご期待。

|

« H30.10.03 京王相模原線沿線&八王子駅 | トップページ | H30.10.06 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/67241490

この記事へのトラックバック一覧です: H30.10.05 八王子駅&都内行き:

« H30.10.03 京王相模原線沿線&八王子駅 | トップページ | H30.10.06 八王子駅 »