« H30.05.01 八王子駅 | トップページ | H30.05.08 八王子駅 »

2018年5月 2日 (水)

H30.05.02 八王子駅

ゴールデンウィークの真ん中、今日からユーロードの古本まつりが始まるのでここ2〜3回程、鉄道雑誌で買いたい所がなかなか見当たらず、さて、今回はどうでしょう。

 行きはいつもなら富士森公園経由のバスに乗るのですが、データベースの打ち込みやデジカメの画像名を直していたのか寝坊しまして、甲州街道に出て城山手からの京王八王子行きのバス@多摩バス色に乗りました。

 北口のマルベリーブリッジからこのまま自由通路で83列車、8460列車(13両の連結で後方はタキ43410+1000-675の順)を触りを見てから線路際へ。

 線路際の道に出て荷下ろししているユニックトラックを気にしながら先ずは83列車のコンテナ車をチェックします。

○83列車…昨日はコンテナ車だけでしたが今日はタキ1000も連結。コンテナ車は前半分満載、後半分空車です。タキ1000では昨年の全検車で未確認のナンバーをコンパクトグラス、デジカメのズームレンズを駆使してチェックし、旧OTのH9新製車(303〜347のグループです)ではガソリンや灯油・軽油積載用や塩浜常備車は見ているものの、同時期のA重油専用車は意外と後手で失礼しました。
△竜王
EH200-13
コキ106- 99 ↑東京タ発 全検28-1-6郡山車 4個目に19D-43902[一色塗り]積載
コキ107-1203 新製27-5-18日車 1個目にJOT UR19A-11409*、2個目に19G-18823、4個目に19D-49702[いずれも一色塗り]積載
コキ107-1787 新製29-5-19川重 [空車]
コキ107- 951 ↓ 新製26-6-13川重[空車]
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 全検29-5-18川崎車、自重16.9t 石油類)黒地(A重)
タキ1000-580 JOT[E]/根岸
タキ1000-846 JOT[E]/根岸 全検29-9-30川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-508 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-794 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-161 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 53 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
コキ107のグレー文字=側ロゴなし、UR19Aの*=幅広マーク入り、根岸*=旧郡山常備車

 コンテナ車を一通り見ると八高線の電車で偶々E231系(クハE231-3501×4/宮ハエ41編成)が一休みしている姿を見てからサザンスカイタワーの信用金庫で古本まつりの軍資金を引き出し、自由通路の窓際に立って83列車の出発に合わせてタキ1000の様子をチェックします。そばには無許可でキャッチする不良外国人の兄ちゃんが鬱陶しく、用がないなら来日するな!と一蹴したくなります。

 セレオの西側から北口のロータリーに出て秋川駅行きのハイブリッド車(久し振りに檜原村のラッピング入りです)、ここで登場した八王子トレインズ(バスケットチーム)のラッピングバスと初顔合わせで同じナンバーでも前は”痛みが散るお湯”のラジオCMの方が描かれていたのを思い出します。続いて東急スクエアへ。2階の郵便局で親分F氏へのDVDと新年度の会費を払い込んだ会員さん宛へ送る貨車研の会報を送り、1階のスターバックスではアイスコーヒーを一杯。水出しのコールドブリューをオーダーし、どんなお豆かな?と尋ねたら専用のモノとの事。驚きましたがお兄ちゃんのパートナーさんと昨日に続いて顔を合わせてセレオやサザンスカイタワーのお店は連チャンで来店することが多いですが、東急スクエアのお店は久し振りで昨日は陽気が暖かだったので偶々と言うことでしょうかね。空いていると思ったら爺さんがなかなか退かず「量が多い!」と抜かして最初から来るな!と言いたい所で飲みたかったらドトールかコンビニの100円コーヒーへ行って欲しいものです。最近はマスターも用が無くフラ付いている年寄りは何処か軽蔑する向きもありますが………。

 用事が一通り片付くとお次が漸く、ユーロードの古本まつりで例によって西側へと進み、本家の会社の社員さんや周りを観察しているはとこを見付けるとついつい立ち話(内容は『新車情報』ではありませんが、ダチの事を思い出して不躾な事で失礼しました)。中町公園まで進んでUターン。今年は久しぶりに鉄道系の書籍、雑誌が多く、ドンキ前には我が鉄道友の会の会報でもある”RAIL FAN”も。現在はB5版ですが、S50以前の小冊子風の体裁でマスターも何時でしたか本部へお邪魔した時に何冊かゴッソリ頂いた事があります。スクランブルから少し入った所のテントでは包装された『鉄道ファン』をゲット。丁度、マスターが手持ちのiPod touchに入れていたリストを見ると未購入の号だったので早速4冊買うと軍資金の半分を費やし、福引が引けたので景品としてお菓子を頂く事が出来、再び三井住友銀行の前辺りでいつも出している年配夫婦が営む古本屋さんでまたまた『鉄道ファン』の昭和50年代の号を2冊見つけて今回はフィニッシュ。となると、昭和41〜50年頃の号だけでも揃っていないのはホンの1〜2冊とあと何回通えばパーフェクトに揃うものか自慢したいものですね。この後は1980年前後の号を徐々に埋める計画で頑張って5年くらい(新刊で更に60号ですが………)は見なくて。後はスペースと相談して懐かしい書籍を漁りたいとも考えております。

 2往復したのと荷物が嵩張ったのかマスターもお昼前後にはリタイア。セレオのスターバックスで一休みしてアイスアメリカーノを一杯。テーブル席が埋まっていたので空くのを見計らって待ちますが、この所新顔さんも見られるのでアレ!ッと思ったのが少し前まで東急スクエア、多摩平のイオンモールのお店にいたパートナーさんのお姉ちゃんで照明が暗めでマスターの眼と相性が悪いのか分かりませんが、ストアマネージャーさん(幸い、マスターと顔馴染みの方でした)もここで交替されてそれぞれ近場のお店から異動されて言わば”クラス替え“みたいになりまして場所は変わりましたが引き続き宜しくお願い致します。

 帰りは昨日と同じ13時前の富士森公園、西八王子駅経由の法政大学行きに乗り、京王バスの色か高尾山温泉♨︎のバスのどっちかな?と待っていたら昨日とは一番違う後者が参上。拙宅の出窓からも見えるので昼食の後で西側を見ると「今日は京王バス色だな!」、「今日は高尾山温泉だな!」と一寸した楽しみも。昨日は先頭に用事が無くフラフラしていた存在価値が無いショボくれた底辺オヤヂが邪魔くさかったですが、今日は戦利品をゴッソリと。お昼もコンビニでつけ麺を買うと昨日はハプニングがありまして今日は言わばこのリベンジで仕切り直しをしました。

|

« H30.05.01 八王子駅 | トップページ | H30.05.08 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/66672140

この記事へのトラックバック一覧です: H30.05.02 八王子駅:

« H30.05.01 八王子駅 | トップページ | H30.05.08 八王子駅 »