« 中央線貨物列車の基礎知識2017(上り編) | トップページ | H29.11.02 八王子駅 »

2017年10月24日 (火)

H29.10.24 京王高尾線+八王子駅

 例年、10月というと比較的気候が安定して遠出したくなる様な時期ながらどうも今年は雨降りの日が多く、月の半分が雨降りとどうもパッとしませんが、普段のネタ拾いでさえ出掛けるのも躊躇します。

 こんな中で先週、普段使う自家用のiMacのハードディスクが急遽不調になり、前日の夕方までは普通に使えたものがスイッチを入れても途中でプツンと切れる始末で外付けのハードディスクにデータを避難させ、アップルで直接修理が出来なくなる事からパソコン専門の修理屋さんに出そうかなと考えている所でデータが飛んでないといいのですが、Officeで作成した資料やメール、デジカメ画像やホームページから拾った内容諸々消えてしまったら一巻の終わりでハードディスクのファン音を気にし出したらコマメにバックアップをしていたら良かったのですが果たしてどうでしょう。修理代もいくらか不明ですが、暫くはDTPで使っている旧型のiMac+Wi-Fi経由で仮店舗での営業です。

 そんな訳で暫く休業状態で失礼しました。また、お天気がパッとしなかった事もあって続けているスタンプラリーも滞りがちで今日は親の講座がある日ですが、こちらの方が先に出発してめじろ台、高尾経由で馳せ参じようと企てた次第です。

 自宅を9時少し過ぎに出発して軍資金を引き出し、9時半に出発する法政大学行きの急行バス(通常の路線バスと違い、めじろ台駅と『めじろ台グリーンヒル通り』沿いの椚田北しか止まりません)があったので本末転倒になりますが、一番乗りに。いつも路線バスというとシルバーパス片手のシニアの方が目立ちますが、行先を示す通り殆どが法政大の学生や教職員やキャンパスで働く皆さんが殆ど。セミナーでもあるのかラフな格好した学生よりも一張羅が何処か多いのでは?と昨今の趨勢が感じ取れ、雰囲気からすると「遊びが無くなって面白くない」といった気がしますね。西八王子の南口から若干の空席が出来るくらいの乗りで出発し、万葉けやき通り、旧京王御陵線の坂道をノンストップ。めじろ台の街に入ると京王ストアの少し東側でいつも乗る富士森公園経由の八王子駅南口行きに擦れ違い、めじろ台駅に到着します。

 めじろ台駅で降りると午前中の西八王子南口と同じく多数のバスが待機してキャンパス輸送に備え、こちらは降りるとこの急行バスや駅舎をデジカメに収めてから券売機の反対に置かれたスタンプは8000系の絵柄でスタンプを押すと高尾山口方面の1番線へ。駅ナンバリングは50番なので京王高尾線の開業に合わせて開発が始まった事でも知られて縁起を担ぎました。

 めじろ台からは9時50分発の各停(7109レ、8726×8)で狭間まで乗ります。朝のラッシュ輸送が落ち着いてダイヤも日中モードに切り替えといった所でこの少し前には高幡不動行きの各停(7106レ、9744×10)で9000系の10連固定も参上。相模原線では当たり前の様に走っている9000系の10連固定も高尾線では特急・準特急系でしかお目に掛かれないレアな存在です。

 狭間の1番線(高尾山口方面)は改札口と直結しているので降りるとポンと押せるなと思ったらその通り。次の電車まで10分あるのでこの間に済ませ、少しエスフォルタアリーナ側に寄って駅舎をデジカメに収めてこれで高尾線各駅はパーフェクトと言いつつも実際の乗車で山田〜めじろ台間は11日に出掛けた際に乗ろうと思いましたが、上北沢での人身事故と重なって達成出来なかったので機会を改めて埋めようと思っております。案内表を見るとまだ準特急が見られたので平日は特急メインですが、珍しい所を収めて10時丁度の各停(5127レ、8712×10[中間クハ])で高尾駅へ向かいます。8000系の10両編成でも固定化が進む中、3次車(11〜13編成=グリーン車ラッピングがあるグループです)では唯一の中間クハ付きも上り坂のカーブで収められて満足しました。走るとすぐ万葉けやき通りに寄り添う様に近付き、車窓からはイーアス高尾を見る事が出来、時計の針も10時を回った所でそろそろ店開きと言った頃合いです。

 高尾駅で乗った8000系を見送ってから北口の改札を出てプラレールのスタンプを押します。西側の5駅だけでも片付けねばと思っていた所でこちらもE231系のスタンプを押してフィニッシュ。これが無ければ211系の立川行きに乗れたのですが、1番線から10時15分発の中央特快で八王子駅へ向かい、出発までの間に83列車、8460列車の準備をします。

 八王子駅は3番線で折り返した快速電車が先に出発したために到着した特快も暫く足止め(あとで国分寺で抜かれます)になる程なので下りの快速電車は例によって5分程遅れていましたが、4番線から83列車の様子をチェックします。コンテナ車の様子を見つつ最初はこれだけかな?と思いましたが、久し振りにタンク車も連結。3番線側から駆け足するもイヤホンしながらカートを牽く訳の分からん奴(アジア系の外国人?)が邪魔臭く参りましたが、先般、東名高速で言い掛かりの末に夫婦が残念な事になった事件が有った事を思うと些かこちらも自省せねばなりませんが、その後の報道で似た様なトラブルが多い事が報じられてどれだけこの頃のドライバーに余裕が無いのかルールが守れない者が多い気さえ感じさせます。

○83列車…予想に反して(台風の影響で遅れ・運休が出た事です)コンテナは満載でしたが、タンク車は長いと12両編成ですが台風で昨日の分が遅れなかったのか1両多い13両の連結です。快速電車の遅れの巻き添えを喰うと思ったものの、定刻の出発となりました。
△竜王
EH200−13
コキ107-1203 ↑東京タ発 新製27-5-14日車 1個目に19D-44040[一色塗り]、2個目にJOT UR19A-15653、3個目にUR19A-11498*、4個目にUR18A-12102積載
コキ107-1588 新製28-11-11日車 3個目にJOT UR19A-1197*[がんばろう日本]積載
コキ106- 329
コキ107- 684 ↓ 新製24-9-18日車(31-3-18切)
タキ1000-564 JOT/根岸 全検29-5-10川崎車、自重16.8t
タキ1000- 18 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸*
タキ1000-569 JOT[E]/根岸 全検29-5-1川崎車、自重16.6t
タキ1000- 70 JOT[E]/根岸*
タキ1000-354 JOT[E]/根岸* 全検28-10-21川崎車、自重16.5t
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸*
タキ1000-878 JOT/根岸 無
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-439 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-636 JOT/仙台北港 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-355 JOT/根岸* 全検28-11-8川崎車、自重16.6t 無
コキ107のグレー文字=側ロゴ無し、UR19Aの*印=幅広マーク入り、郡山*=旧郡山常備車

 8460列車を83列車が止まっている隙間からチラッと見て予習をして2番線に移って前の方を軽めにチェック。オイルターミナルもどちらかと言うと新たにデータをキャッチするナンバーが多いかな?といった様子です。

○8460列車…根岸行き9両、浜五井行き6両の15両編成で機関車は台風の影響でしょうか同じEF210でも新鶴見のナンバーが登板していました。目立つ所では根岸のタキ1000でH14新製ラストの602番をキャッチし、浜五井行きではタキ43000(243000番代)のH3新製トップの243696番や7月に全検出場したタキ43000の43004番をチェックし、満50歳での全検出場も上手く収め、デジカメに収める際、横浜線の電車の窓が反射して背後霊ならぬ背前霊が写ってまずいなと出発後に改めてリテイクしまして後2両のタキ1000は連番で揃いました。
△川崎貨物
EF210−161
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 ↑根岸行き 無
タキ1000-824 JOT/北袖# 無
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-619 JOT/根岸 無
タキ1000-190 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 全検29-7-26川崎車、自重16.7t
タキ1000-503 JOT/根岸
タキ1000-490 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-610 JOT/根岸  ↓ 石油類)黒地
タキ43032   OT/郡山   ↑浜五井行き
タキ243696 JOT[e]/浜五井# 全検27-4-6川崎車(32-7-3切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ43004  OT/郡山 全検29-7-24川崎車、自重15.4t
タキ43356   OT/南松本
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 石油類▼
タキ1000-674 OT/宇都宮タ ↓ 石油類▼
根岸*=旧郡山常備車、北袖#、浜五井#=旧本輪西常備車、▼=表示板の逆向き

 昨日に続いて茶色いEF64 37の姿を拝みつつも空模様がやや曇りがちになり、途中でホワイトバランスの調整も。今日のミッションは5つ有りましてここまで2つが片付き、マルベリーブリッジをアイロードの方へ向かい、京王八王子駅のショッピングセンターを目指します。先ずはスターバックスでアメリカーノを頂くもワンオペのパートナーさんは早口で聴き取れなかったのか最初から居るBサンでこちらも大ボケで恐縮しました。続いて5階のポポンデッタで京王高尾線50周年のスタンプラリーのノベルティーを引き換え、お店の手提げに入っていましたが、中身は各駅のレプリカ入場券セット(スタンプ帳に写っていたので各駅の絵柄はここがヒントになりましたが………)、新5000系のカードや下敷き一式が入って万々歳。いつもは茶髪の細いお兄ちゃんが店番していますが、お姉ちゃんお二方は初顔合わせとなりまして今後はお見知りおきを。

 続いて4つ目はセレオのスターバックスでドリップ用のお豆を買い、早いモノで来週はもうホリデーシーズンに差し掛かり、真っ赤に彩られる時期に入ります。今回はパイクプレイスローストですが、次回かその次にはホリデーシーズン限定パッケージのエスプレッソローストを買おうかなと考えております。顔馴染みのパートナーさんとも話が弾み、そろそろリワードのゴールドも見えてくるかな?

 本家のビルへ行く途中に駅前広場で少し過ごしてから東急スクエアのスターバックスで時間調整。パートナーさんの胸にはオススメのお豆のプレートが付いていたのでこちらもドリップのイタリアンロースト(アイスコーヒーの時と同じ感覚で楽しみました)を頂きながら情報交換を楽しみます。

 親の講座がお昼ちょうどには終わりますが、前後して本家の会社の社員さんと顔を合わせる事が多いので先日の古本祭りの時は余り顔を合わせられなかったりマスターもこれと言った出物が無かったので少し残念に思う事を話しながらも来年のゴールデンウィークも楽しみにしていますので期待しております。

 親と待ち合わせて南口に出てビックカメラの2階にあるパン屋さんやセレオの成城石井に立ち寄りまして、前後して根岸行きの8092列車のタンク車が入ってきたので先程の83列車では有りませんが、台風の影響で普段は14両編成の所やや長い15〜16両になっていた様子を確かめつつマイカーでご帰還してた後、最後のミッションである今月号の鉄道雑誌を仕入れて漸く片付きました。

|

« 中央線貨物列車の基礎知識2017(上り編) | トップページ | H29.11.02 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/65957175

この記事へのトラックバック一覧です: H29.10.24 京王高尾線+八王子駅:

« 中央線貨物列車の基礎知識2017(上り編) | トップページ | H29.11.02 八王子駅 »