« H29.07.04 八王子駅 | トップページ | H29.07.11 八王子駅 »

2017年7月 7日 (金)

H29.07.07 八王子駅

 七夕の時期と言うと梅雨の真っ只中ですが、夏本番を先取りしたかの様な陽気になり、しばらくネタ拾いもサボリがちでしたが、今年の後半は遠出を含めて力を入れてゆこうと思った次第です。

 また、スターバックスのお豆も仕入れたり、オートチャージのドリンク券を使ったり、お店訪問のレポートを渡せねばと枚挙にいとまがありません。

 行きはいつもの10時少し前の富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗ります。この頃はイーアス高尾がオープンしたのでセブンイレブンの前から高尾行きの中型車に乗っても良いかなと思う事もありますが、マスターの筆名はタンク車の形式が元なのでこちらを優先しなくてはと思い、今日は珍しく早い到着でいつもは16号の交差点を過ぎた所で乗ってくる所も不思議と見られず、『かいじ』101号の到着と前後した形でビックカメラの前に到着します。

 例によって線路沿いを歩いて83列車の到着を待ちながら歩くと南側の群線でHD300が休んで今週の初めは17号機がいたと思いましたが、いつの間にか7号機にバトンタッチ。今日の日付と同じで幸先縁起を担ぎ、83列車は先ずコンテナ車4両をチェック。昨年は今頃になると5両に増結していましたが、さすがに東京タ発に変わるといつもと同じ4両編成のまま。編成の内容もこの所コンテナ車だけのことが多かったですが、今日は久し振りにタンク車も連結したので先にコンテナ車を見てサザンスカイタワーのスターバックスで一休み。トールタンブラー片手にコーヒーフラペチーノにエスプレッソダブルにホイップとドリンク券でセーフです。空いていたのでソファー席に腰掛けながら83列車のタンク車と8460列車のページを準備します。小柄のパートナーさんが休憩の合間に店内あちこち見ていたので尋ねると傘の忘れ物があったとのお話でこちらも「見ないよ!」と返したほどでイーアス高尾店の訪問レポートをお渡しして10時半少し前にゲートイン。

○83列車…久し振りにタンク車入りの編成での参上となりました。いざホーム伝いにナンバーを見ると全検出場時のデータ確認・デジカメ撮影(こちらは1両だけ)は済ませたナンバーが多く、何処か手持ち無沙汰になりますが、A重油積載車では今日の日付ではありませんが7番、先週の今日も見掛けた123番とご対面。
△竜王
EH200-13
コキ106-956 ↑東京タ発 全検28-11-4広島車 2個目に19D-43496、5個目に19G-20163[いずれも一色塗り]積載
コキ107-779 新製25-8-30川重 4個目に19D-49352[一色塗り]積載
コキ107-744 新製25-6-12川重 1個目に19D-47929、2個目に19D-48154[いずれも一色塗り]、4個目にJOT UR19A-1558*、5個目にUR19A-393*積載
コキ106-831 ↓
タキ1000-  7 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-170 JOT/根岸* 石油類)黒地(A重)
タキ1000-123 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-295 JOT[E]/根岸* 全検28-12-24川崎車、自重16.7t
タキ1000-301 JOT/根岸* 全検29-1-30川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-610 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-370 JOT[E]/根岸* 全検28-12-1川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-639 JOT/仙台北港 無
タキ1000-202 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-538 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
UR19Aの*印=幅広マーク入り、根岸*=旧郡山常備車

 ホーム伝いに8460列車をチェックし、根岸行きのタキ1000、浜五井行きのオイルターミナルと一通り見ると3番線の珍客は何かと思いきや、豊田からの試運転でクハE233-32×10(八トタT32編成)が参上。

○8460列車…長さは思った通りの14両編成で根岸行きは先月20日の80列車で連結されたナンバーが多く、浜五井行きはこの間の火曜日にも来ていたナンバーが2両もあったのでこの列車の常連さんと言った顔触れが続きました(実は今日の3両も昨年の秋口にも揃ってこの列車に連結)。また、牽引のEF210も普段は岡山所属機が担当ですが、豪雨の影響でしょうか新鶴見のナンバーが登板していました(今朝は同区同士の桃太郎さんが顔を並べた格好ですね)。
△川崎貨物
EF210-110
タキ1000- 61 JOT[E]/根岸* ↑根岸行き
タキ1000-765 JOT[E]/根岸
タキ1000-611 JOT/根岸
タキ1000- 54 JOT/根岸*
タキ1000-768 JOT[E]/根岸
タキ1000-876 JOT/根岸 無
タキ1000-425 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-220 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-805 JOT/浜五井 無

タキ1000-633 JOT/仙台北港  ↓ 無
タキ1000-417 OT/郡山  ↑浜五井行き
タキ1000-676 OT/宇都宮タ 無
タキ43169   OT/倉賀野 ↓ 石油類)黒地▼
根岸*=旧郡山常備車、▼=表示板の逆向き

 一通り片付くと5・6番線へ行き、11時20分発の東神奈川行き(1140K、クハE233-6002×8/横クラH002編成)で片倉へ向かいます。マスターにとっては久し振りの松姫様の編成(=八王子駅のスタンプが貼られていました)で嬉しくなりました。8460列車が出発して暫くすると4番線には金曜日のお楽しみ、『富士山号』のクハ189-508×6(八トタM51編成)が参上。

 片倉駅でUターンして今度はPASMO💳でゲートイン。先程行きの電車で丸いシールが貼られて何だろうと思ったらLED照明を採用しているとの事で『JR電車編成表』の2018冬号で反映されるか気になる所です。

 八王子駅に戻って85列車の到着前(正確には211系の回送が来る頃)まで小休止。季節モノのパンフレットを漁りつつ『朝の茶事』を飲みながら跨線橋のベンチで一休み。4番線に回送電車が通過するので何だろうと思ったらお座敷電車の『華』で偶々読んでいた青梅線のパンフレットにも登場してお盆休みの後で南武線から直通する『みたけ清流号』を担当する予定です。前後しましたが、春頃から改装していたトイレ🚾の工事が完成し、大きなヒストグラムが書かれて中も段差が無く、何処かエキュートの中にあるトイレかな?と言った雰囲気で随分洒落た内装でした。

○85列車…いつもの14両編成で到着し、2回続いて宵の内に見たブルーサンダーの試作機とデイライトで顔を合わせるのは久し振りの事。最後尾の326番はオイルターミナル所有から塩浜常備に移ったナンバーの1両で今春全検出場した1両ですが、一部が架線に引っ掛かって改めて収める事に。今日はまた午前中の列車含めて仙台北港常備の中からH16新製車が結構入っていたのでほぼパーフェクトと言った形で逢いました。

EH200-901
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-363 JOT/根岸* 全検28-10-11川崎車、自重16.6t
タキ1000-237 JOT[E]/根岸*
タキ1000-636 JOT/仙台北港 無
タキ1000-758 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-244 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-819 JOT/浜五井 無
タキ1000-254 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-164 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-878 JOT/根岸 無
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-326 JOT/塩浜 全検29-4-4川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車

 2番線に移るとこのまま80列車の到着を待ち、着くなりホーム伝いにナンバーをチェックするもA5版リングファイル片手に現車データ、デジカメ撮影も済んでいるものの、思わずシャッターを切りますが、これもマスターの見た目によるもので言わば”保険”です。時々、テレビやラジオでも実際のオンエアでは流されなかったものが別の素材用として使うのと似た格好です。

○80列車…一杯の17両編成で先頭だけがA重油の専用車です。
△根岸
EH200-7
タキ1000-115 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸*
タキ1000-508 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-757 JOT[E]/根岸
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸*
タキ1000-630 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-147 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-827 JOT/北袖# 無
タキ1000-756 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-197 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-881 JOT/根岸 無
タキ1000-880 JOT/根岸 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-824 JOT/北袖# 無
タキ1000-229 JOT[E]/根岸*
タキ1000-348 JOT/根岸* 全検29-1-12川崎車、自重16.8t
タキ1000-499 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 編成のチェックが終わるとお次はセレオのスターバックスでお豆(ハウスブレンド)を頂いて駆け足になりましたが、幸い南大通り経由の西八王子行きのバスに間に合い、ご帰還となりました。

 出掛けた際にHD300の7号機、タキ1000の7番と見掛けましたが、京王線へ行けば7000系の7727編成(京王八王子・高尾山口方の先頭に7777番が入っています)、明日は中央線に顔を出す『四季島』の先駆けになったクルーズトレインの『ななつ星』(正式には77系客車です)を見掛けたら今日は大金星と言っても過言ではありません。

|

« H29.07.04 八王子駅 | トップページ | H29.07.11 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/65504289

この記事へのトラックバック一覧です: H29.07.07 八王子駅:

« H29.07.04 八王子駅 | トップページ | H29.07.11 八王子駅 »