« H29.04.18 八王子駅 | トップページ | H29.04.28 八王子駅 »

2017年4月20日 (木)

H29.04.20 八王子駅

 4月もあっという間に桜から新緑の季節に変わりまして、最初は昨日は昼間出掛けて今日は夜出掛けるつもりが最近@niftyのゲームをあれこれプレイするのか出そびれてしまい、今日に振り替えた次第です。

 いつもの様に八王子駅で色々見るのと合わせて横浜線で片倉へUターンするパターンが定着しましたが、この4月は八王子みなみ野の駅がオープンして丁度20年を迎えたので行ってみようと思った次第です。

 行きは富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗り、めじろ台から向かう所で遅れていましたが、富士森も体育館のあたりで少々流れが滞ったものの、一昨日もマイカーに乗っていた際に遅れてこの後の回送に擦れ違ったのでここで引っ掛かったのでは?と感じる向きもあります。

 ビックカメラの裏手から線路沿いに出て今日はHD300が昼寝している様子が伺えたので8097〜8092列車は無くここで見る83列車、8460列車と短めと言った様子です。先ずはコンテナの83列車をチェック。

○83列車…両側コキ106、真ん中コキ107の組み合わせといった組み合わせでナンバーをこの所こちらのiPod touchを見るとこの列車は5日毎に同じナンバーが入る法則がありますが(この編成も土曜日と同じ顔触れです)、その通りで最後尾がコキ107では無くコキ106が正解です。因みにコンテナは満載です。
△竜王
EH200-24
コキ106- 424 1個目にJOT UR19A-1992*、2個目にUR19A-15715、4個目にUR19A-15855、5個目にUR19A-15175積載
コキ107-1525 新製28-9-27日車 4個目に19D-47921[一色塗り]積載
コキ107- 322 全検28-6-3川崎車 1個目に19G-20379[一色塗り]、2個目に19G-6368、5個目に19G-1118[いずれも再塗装]積載
コキ106- 933 全検28-8-25川崎車 2個目にV19C-8687[一色塗り/全て通風コンテナ]積載
コキ107のグレー文字=側ロゴなし、UR19Aの*=幅広マーク入り

 いつもなら83列車が終わるとスターバックスはサザンスカイタワーかセレオのお店へ立ち寄りますが、昨晩親分であるF氏から急遽電話を頂いて4月号を刷って送ってほしいと託され、東急スクエアの郵便局から送り、このまま1階のスターバックスへ立ち寄り、今日はフェアトレードの日だけあってワッペンやお好みのお豆のプレートを付けてこちらもアイスコーヒーはお見通し通りイタリアンローストにシュガードーナツを頂きます。

 スイカの残高が少なくなったのでチャージしてからゲートイン。4番線から8460列車の編成の様子をチェックします。

○8460列車…いつもなら浜五井行きのオイルターミナルやタキ43000が見られますが、今日は根岸行きのタキ1000だけの編成で少々寂しいものの、旧オイルターミナルの402番をこの時間に見るのは15〜16年前の5482列車かな?と印象が重なります。
△川崎貨物
EF210-17
タキ1000-355 JOT/根岸* 全検28-11-8川崎車、自重16.6t
タキ1000-757 JOT[E]/根岸
タキ1000-808 JOT/浜五井 全検28-9-26川崎車、自重16.9t
タキ1000-402 JOT/浜五井 石油類)黒地
タキ1000-284 JOT[E]/根岸*
タキ1000-630 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-595 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-202 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-538 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-272 JOT/根岸* 無
タキ1000-495 根岸 無
※全車根岸行き
根岸*=旧郡山常備

 一通り見ると2番線からEF210のナンバーをチェックしてから横浜線の5・6番線へ。11時丁度の東神奈川行きで八王子みなみ野へ赴きます。

 丁度街開きに合わせて開設した八王子みなみ野に到着すると横浜線の駅では初めての駅ナンバリング入りの駅名標に早速交換されて中国語表記は納得。マスターも開駅当日は18きっぷ片手の遠征で北関東へ出掛けた帰りに八王子から横浜線方面へ寄り道する形でこの頃は夜8時過ぎると駅前は小さな東急ストアくらいで三和やホーマックと言った大きなお店は2000年代に入ってからのオープンで路線バスも最初は駅の西側の半円状から循環運転に発展。更にグリーンヒル寺田行き(時刻表を見ると40分毎で昼間はめじろ台行きと交互でも良いかな?とこの路線があればめじろ台で乗り継いで帰れますが、榛名橋で乗り換えた方が現実的かな?と思われます)、更に野猿街道から来る片倉台行きのバスも16号を突き抜ける形でみなみ野駅に到達して最初は北野駅から打越新道を通って北野台の新しい道へ行く路線がみなみ野行きのメインでしたが、片倉台や西武北野台の路線と入れ替える形で形成され、こちらは15分毎と健闘しています。

 駅前の飾り付けも初旬辺り来たら見られたので?と思われましたが、あいにくこの時期は貨車研究会の会報のプリントに追われて惜しいことをしたものの、駅前から見た風景や電車待ちの間に走るE233系とデジカメに収め(惜しいことにスタンプが貼られたH021編成ではありません)、足下の案内表示も電車が205系からE233系に変わった影響でしょうかシンボルマークから他の駅と同様のものとカラーテープに変わって味気なくなりました。

 八王子駅に戻ると85列車の到着まではまだ1時間近くあったので30分程は跨線橋のベンチで一休み。iPod touchのメモアプリに入れる編成のページも横浜線の電車の車内で片付けた形でベンチに腰掛けながら『朝の茶事』を一杯頂きつつラックからゲットしたエリア毎の案内ガイドを読みながら暇潰しします。

○85列車…先月のお彼岸頃から同じナンバーが続いていましたが、後方を弄っていたのがすぐ分かりましてこの間見た時は280番が最後尾でしたが、更に今回は91番が連結されて後方はENEOSマークなしが続く格好です。

EH200-13
タキ1000- 17 JOT[E]/根岸*
タキ1000-641 JOT/仙台北港
タキ1000- 50 根岸*
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-688 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-754 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-367 JOT/根岸* 無
タキ1000-198 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-679 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-877 JOT/根岸 無
タキ1000-280 JOT/浜五井 石油類)黒地
タキ1000- 91 JOT/根岸*
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車

 さすがに85列車一本だけでは物足りないのか80列車に合わせて2番線へ移動する次第です。

○80列車…短めの12両編成での到着で中程8両は15日の83列車に連結されたナンバーが続き、コンテナ車共々またまたご対面と言った形です。

EH200-3
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000-880 JOT/根岸 無
タキ1000-431 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-869 JOT/根岸 無
タキ1000-758 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-244 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-348 JOT/根岸* 全検29-1-12川崎車、自重16.8t
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 全検28-8-1川崎車、自重16.9t
タキ1000-486 JOT[E]/根岸
タキ1000- 37 JOT[E]/根岸* (A重)

タキ1000- 47 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-173 JOT/根岸* (A重)
根岸*=旧郡山常備車

 2番線のホーム伝いに80列車をチェックし終えると改札を出てお昼はセレオの入口前で行われている駅弁大会で仕入れる事にして選んだのは米沢駅の『まかない牛めし』で以前も遠征の時か埼玉サークルの例会の時か忘れましたが大宮の『旨囲門』で買った以来で1月に買った時と同様セレオのポイントカードが使えました。そのままスターバックスはto goで失礼して抹茶プリンをおやつに。丁度、アメリカンチェリーフラペチーノに合わせた限定柄の手提げが欲しかった事も有ったのか後でバスの中でよく見ると少し手を加えたら良い美術作品になるのでは?と思い、南口に出て南大通り経由の西八王子行きのバスに乗ってのご帰還です。

|

« H29.04.18 八王子駅 | トップページ | H29.04.28 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/65173659

この記事へのトラックバック一覧です: H29.04.20 八王子駅:

« H29.04.18 八王子駅 | トップページ | H29.04.28 八王子駅 »