« H29.04.04 八王子駅 | トップページ | H29.04.10 八王子駅 »

2017年4月10日 (月)

H29.04.07 八王子駅+都内行き

 3月は梅の季節と言いますが、今年は陽気が寒かったせいもあってか桜の本番近くまで花が持ちました。

 貨車研究会の定例日で大崎へ出掛けるも例会は夜なので早めに出掛けて市ヶ谷にある鉄道友の会の本部へ今年度の年会費を収め、久し振りに銀座へ出掛けました。最初は春休みの頃に行きたかったものの、どうもこの頃の生活習慣故に軽めの体調不良+金欠病になりまして、行きたい内に会報のプリントでバタバタと。重ならなければ昼は東京駅の一番街にオープンした崎陽軒のお店に行こうと考えたのですが機会を改めて。

 拙宅の前に専修学校があって今日が入学式の立て札が掲げられて今年は全員が21世紀生まれと言う事なのでマスターにとってはついこの間と思うのは歳を食った証拠ですね。隣の地銀寮の新築も2月一杯〜3月中に片付くと思いましたが、色々あったようで今頃に伸びたようで大手へ請け負っていたらペナルティーを課すところが取引している地元の土建屋気質の所みたいでこの辺がどうも緩いですね。

 例会の日はお昼前の南大通り経由で行く事が多いのですが、久々の都内行きと桜の時期で富士森公園の花見を兼ねて西八王子の南口から乗ると先客が多く、時折顔を合わせる関西弁のオバちゃんと久し振りに。ショルダーを前輪の上に載せて刷った会報は30部余りとマスターが始めた頃に比べると2/3になり、これから支部総会が行われると会員数がどの程度変わったのかも気になる所で富士森の桜の木もまあまあと言った具合ですが、不思議と富士森公園のバス停からとちの木通りまでノンストップで進みました。

 バスから降りるとサザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出し、お昼はサブウェイ(実は久し振り)の野菜やや多めのツナサンドにジンジャーエールで。待たされた割には意外にもあっさり進んでしまい、時間つぶしに4階にある市役所の総合事務所で八王子の200景から100個選ぶもので街並み、自然、古刹と多彩で長いことあちこちで行われた割にはなかなか足を運ばず今日が偶々、サザンスカイタワーでの最終日と重なって見る事が出来ました。続いてスターバックスでドリップを一杯頂いて今日はグァテマラ・アンティグアとこの所日替わりで出る事が多いラテンのお豆です。お決まりのソファー席に腰掛けつつエコバッグを出して。先月卒業したマスターとも仲が良かったママさんパートナーさんの代替要員と言った形でk-8店に居たパートナーさんが移って来たので顔が寝起きみたいで分からず驚きましたが、テレビやラジオの番組で代打で来ていた方が新しくレギュラーに入ったみたいで場所は変われど引き続きよろしくお願い致します。

 今度は北口へ回ってセレオの2階へ。まずは有隣堂アネックスで『サライ』や『週刊現代』辺り買おうと思いましたが、片方はなく、片方は付録が厚過ぎてご破算なり。続いてスターバックスに立ち寄り、幸い、お決まりのポジションで激論していた外国人のお父さん達が退席してゲットし、アイスのゆずシトラスを頂きます。お店に立ち寄ると火曜日はまだ未開封だった謎の箱がこちらにも昨日、一昨日メルマガが届いて謎が明かされ、フルーツ系が来るなと思ったら予想通り。何かの映画を思い出しそうな感じですが、来週中のアップを乞うご期待。

 スイカをチャージして改札に入って3・4番線へ。丁度85列車で到着したタンク車がオイルターミナルの基地へ移動した所で3番線は竜王からの80列車は大丈夫だなと。すかさずipod touchのメモアプリにナンバーを書き出し、特快を待つ間にコピー&ペースとしていつもの体裁に整えます。

○80列車…いつもの17両編成でさすがに新年度に入ってか未確認も指で数える程と思いましたが、357番は1月のこの列車で見ていたな!と大ボケも。
△根岸
EH200-6
タキ1000-290 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-357 JOT/根岸* 全検28-12-27川崎車、自重16.7t
タキ1000- 45 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-531 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-757 JOT[E]/根岸
タキ1000-768 JOT[E]/根岸
タキ1000-188 JOT/根岸* 無
タキ1000-827 JOT/北袖# 無
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-270 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-599 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-591 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 69 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-229 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 23 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 八王子から13時09分発の中央特快に乗ります。桜の季節に入り、多摩川の鉄橋を少し先にある残堀川や沿線各所のお花見を楽しみながら進み、最初、四ツ谷で乗り換える予定のマスターも新宿で途中下車。豊田の車両センターには金曜日というと『富士山号』の運転があって3月のダイヤ改正前まではグレードアップあずさ色のクハ189-509×6(八トタM52編成)がお決まりの様に入っていましたが、この頃は国鉄特急色の編成が専任になってしまったのか金曜日のこの時間でお昼寝している様子が見られます。

 乗り換え駅を四ツ谷から新宿に変わったのはお手洗いに行きたかったので東口の改札近くで用を足してから緩行電車に乗り換え、13時49分発の千葉行き(1344B、クハE231-30×10/八ミツB30編成[機器更新])で市ヶ谷へ向かいます。

 市ヶ谷は新宿寄りで降りたものの、外堀沿いも御茶の水・東京方に乗っていればいいアングルで収められたのでは?と少々後悔しましたが、改札を出て靖国通りを九段下へ向かって歩いて行き、鉄道友の会の本部に立ち寄り、今年度の年会費(本部と東京支部、名古屋支部の分です)を払い込みます。いつもの様にO事務局長や資料調査部会のS氏相手にあれこれとお話しするもお金を払いこむとテーブルを借りて『とれいん』のバックナンバーから甲種輸送の貨車の項目を引っ張り出してiPod touchのメモアプリに転記します。BGMはマスターと同様、TBSラジオが掛かっています。

 30分ほどお邪魔した後で外に出ると急に小雨が降って来たのでこれから地下鉄で銀座へ向かいますが、本当なら駅の角から入る所、日大本部前の入口から入り、都営新宿線の改札内のラックに『TBSラジオプレス』が入っていたので外から頂いた形で有楽町線のホームへ向かい、西武電車はS-TRAIN40000系ならぬ6000系の試運転を見て14時42分発の新木場行き(A1335S/10103×10)で銀座一丁目へ向かいます。

 銀座一丁目の駅を中央通りに出て目指すは松屋の角を左に曲がったスターバックスの日本一号店へ赴き、マスターにとっては久し振りの来店でサイレンマークも今のものにチェンジし、昨年の8月は日本上陸から20年を迎えて賑わったようで覚束ないパートナーさんのお姉ちゃんに突っ込む始末。レジと反対側の道沿いにあるカウンター席を占める事が出来てアメリカーノを頂き、さすがに銀ブラも外国人の観光客が多く、1/3がこの様な皆さんで多彩な言葉が賑わうも黒板の注意書きも和英中と3ヶ国語で記されていました。日本一号店のプレートや黒板に2階へ上る階段の壁に描かれたパイクプレイスのお店の壁画とデジカメに収めながら楽しみました。

 さすがに銀ブラも外国人の他にも湾岸の開発が進んだのでしょうか豊洲辺りから来た感じのベビーカー片手のママさんの姿も見られて例会のついででゆくようになってから随分客層が変わったなと感じさせます。再び中央通りに出て伊東屋に立ち寄ると改築した本館は生活用品のセレクトショップの様な趣きになり、本来の文房具は裏通りへシフトしてこれまたノートやらボールペン、色鉛筆と種類ごとに綺麗にレイアウトされていたのが印象的です。

 続いてアップルストア、天賞堂と立ち寄り、最近はさすがにお店を覗いても地元でも買えるものがあったりするので専ら下見や在庫のチェックくらいで。数寄屋橋の信号から新橋方面に出て銀座東急プラザ前へ。都営バスを何コマかデジカメに収めると今月から運転が始まったトヨタの燃料電池バスを後ろ姿ながら何とかキャッチする事が出来ました。

 有楽町から山手線で大崎へ向かい、途中いろいろなラッピングを楽しみ、いつもの様に東口の改札前にある自販機で『朝の茶事』を仕入れてゲートシティへ。夕食は『むつみ屋』の野菜ラーメン(味噌)で腹ごしらえ。最初、12月の例会はここで済ませようと思いましたが、喉を痛めて食欲不振だった身上でパスしたものの、今回は幸いこちらの原稿も北海道から移ったタンク車の報告をするので良い縁起担ぎになりました。ラーメンの野菜というともやし、コーン、メンマが相場ですが、さらにキャベツに人参、玉ねぎ、アスパラガス、ピーマンと種類豊富です。続いてスターバックスはリザーブを見るとこの所立ち寄るとグァテマラ・アンティグアに当たる事が多いですが、こちらも同じグァテマラさんのお豆で名前が混乱しますが、月並みにコーヒー&クリームラテを頂きます。さすがに4月に入って混んでいたのかレザーのソファー席が満席で奥にあるキルトのソファー席に腰掛け、京王相模原線の沿線で言うと京王堀之内から南大沢のお店へ行ってしまった感に似ています。続いて南部労政会館へ移って貨車研究会の例会で年会費も最初、銀行から振り込もうと思ったら手数料が10%取られるので遅くなりましたが現金払いで。つつがなく進行して21時少し前には散会。

 山手線の外回りで新宿に出て新宿からは21時25分発の通勤快速で八王子まで乗ります。乗るなり八王子駅で降りると見る2085列車の準備をしながら立つと後は三鷹で座れて居眠りする形で洋楽に耳をむけつつ進みます。

 八王子駅に着くと例によって携帯で到着の連絡をしてから2085列車の到着まで待合室で待ちます。

○2085列車…普段通りの16両編成での到着でまだ全検出場間もないナンバーと言うと指で数えるくらいです。
△篠ノ井(坂城)
EH200-14
タキ1000- 30 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-111 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-486 JOT[E]/根岸
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 全検28-10-13川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-867 JOT/根岸
タキ1000-613 JOT/根岸
タキ1000-610 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-784 JOT[E]/根岸
タキ1000-876 JOT/根岸 無
タキ1000-260 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-601 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-819 JOT/浜五井 無
タキ1000-593 JOT/根岸 無
タキ1000-609 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-244 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車

 2085列車の編成をホーム伝いに見て3番線の東京方で駅員さん、ガードマンさんが待ち構えてどんな折り返し電車が来るかなと待つと大宮からの『むさしの号』が武蔵野線の人身事故の影響で1時間ほど遅れての到着となりました(2628M、クハ205-130×8/千ケヨM51編成)。編成を見ると山手線の転属車ではなく南武線からの転属車でマスター的には分が悪い編成でして、編成を見る間に思わぬ形でデジカメに収めました。武蔵野線の205系では珍しくシングルアームパンタになっている点が特徴で昨秋も見たものの、運悪くデジカメを置き忘れるハプニングもありました。

 前後してコンテナの2082列車はEH200-24牽引で中には少し前に竜王行きの列車で見かけたコキ106やコキ107を見るものの、コンテナは前部はお決まりのトランスシティの20フィート、日通のUV19Aはオホーツクの玉葱輸送用の次に登場し、鉄道用の形式を持ちながら雰囲気は船積みに近い汎用タイプを見かけました。

 月曜日の86列車で返す分のタンク車もチェックし、前3両は不明ですが(20日の8460列車で連結されたナンバーをまた見ましたが、2両目から順に495+272?)続いてタキ1000-538+202+595+630+585+567+160+261+779+430+53+598(全検29-4-5川崎車、自重16.5t)+565(全検29-4-5川崎車、自重16.8t)+HD300-8(→高尾)の順で止まっていました。

 再び待合室で一休みして『中央ライナー』7号の到着まで一休みしていつもE351系と言うと基本の8両、付属の4両編成と揃いますが、(←クハE351-103×8+5×4/長モトS-3+S-25編成)とペアが別々になった珍しい姿を見てこの後は2081列車は運休かな?と思って5462列車の到着までベンチで一休みしようと思いましたが、金曜運休と言いつつも今日は運転日で慌てて駆け出す始末。

○2081列車…対の2080列車共々編成調査は久し振りですが、顔触れは相変わらずで旧オイルターミナルのナンバーが優勢です。編成も冬場のピーク時でも滅多に一杯の17両編成という事が見られませんでしたが、10両前後が平均的な連結数です。
△南松本
EH200-7
タキ1000-659 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000-888 JOT/根岸 無
タキ1000-668 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-822 JOT/浜五井 無
タキ1000-459 JOT/根岸 無黒
タキ1000-403 JOT/浜五井 無
タキ1000-393 JOT/浜五井 無黒
タキ1000-384 JOT/浜五井 石油類)黒地▼
タキ1000- 5 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-658 JOT/根岸 石油類)青地
▼=表示板の逆向き

 この頃になると途中で乗客トラブルがあった様子で下りの快速電車が少しずつ遅れて次の5461列車(3月ダイヤ改正前の5467列車)はどうかな?と気にしつつお次は5462列車です。

○5462列車…冬場は南松本発の2両が増結されますが、編成内容も春夏モードに変わって全車坂城発ばかりの編成です。前はノートにナンバーを控えておりましたが、内容的に根岸発着の列車で数分停車でも焦りますが、iPod touchのメモアプリ片手で控える事が出来たので今回は初めてこのスタイルで。
△根岸
EH200-18
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-154 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-420 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-227 JOT[E]/根岸*
タキ1000-402 JOT/浜五井 石油類)黒地
タキ1000-808 JOT/浜五井 全検28-9-26川崎車、自重16.9t
タキ1000-122 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-311 JOT[E]/根岸 石油類)黒地、(A重)
根岸*=旧郡山常備車

 さて、満を辞して南松本行きの5461列車の到着を待ち(冬場はご無沙汰しました)、この4月には東燃ゼネラル(エクソンモービル)がJXグループに統合されてコーヒーショップでいうとドトールとスターバックスが一緒になった例えですが、到着すると編成が長い長い!と期待しつつもこの間のダイヤ改正では30分停車が維持していたなと思ったところ、何とホンの1〜2分で出発と番狂わせ(涙)。
←南松本 EH200-16+タキ1000-442[根岸発]+タキ1000-694+713(〜以下15両)[浮島町発]

 最後の釣果は今一つでしたが、近いうちにリベンジするかと誓いつつ改札を出てNEW DAYSで夜食のおにぎり(鱒寿司もありました)を買い、南口から南大通りに出て本立寺、信松院の夜桜を楽しみながらの帰路となり、ヤケ酒ならぬヤケそば茶とおにぎりを頬張りました。

|

« H29.04.04 八王子駅 | トップページ | H29.04.10 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/65122507

この記事へのトラックバック一覧です: H29.04.07 八王子駅+都内行き:

« H29.04.04 八王子駅 | トップページ | H29.04.10 八王子駅 »