« H29.03.07 八王子駅 | トップページ | H29.03.18 八王子駅 »

2017年3月10日 (金)

H29.03.10 八王子駅

 今月4日はJRのダイヤ改正が行われ、例年この時期はどの位変わるのかな?と思いましたが、こちらの手近な所から見ると旅客、貨物とも軽微な調整やダイヤを軽めに弄った位しか見出だせず、昨年は北海道新幹線、一昨年は北陸新幹線、上野東京ラインと目玉が続いたものの、今年はめぼしい物件が見当たらず、民営化30周年の節目の年にしては盛り上がりが今一つなのでは?と感じ取れます。

 マスターもダイヤ改正から1週間を迎えますが、いつも見る範囲の変化はどうだろうと運転士さんのブレーキを掛けるタイミングやラジオの生ワイド番組のコーナーやCMの時間割が変わったのと同じで感覚を掴むのと用事を片付けるついでに出掛けました。

 いつも通り西八王子の南口から富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗り、先客は陽気なお父さんで長房団地からレンタルビデオ屋に寄って市内へ向かうとの事でいや、マシンガントークでこちらもタジタジ。到着が若干遅れたものの、八王子駅の南口はほぼいつも通りの頃合いの到着です。

 先ずは83列車の様子をコンテナ車からチェックし、コンテナ車もマスターお好みの青モノが一切見られなくなり、全車コキ106、コキ107と言った怪しい立ち位置の呼び方みたいな編成になりました。また、南群線でHD300が昼寝していたので今日は8097〜8092列車の分は無いな!と読めます。

 コンテナ車と前方のタンク車を一通り見てサザンスカイタワーへ。信用金庫で軍資金を引き出すと京王線のカードの引き落としも無事済み、5日間は4桁状態です。続いて2階のスターバックスでアメリカーノを頂きます。運悪くソファー席が埋まっていて5×5のテーブル席に腰掛け、日曜日に来た時もそうでしたが、この頃はお決まりのソファー席もどこか長居する外国人が多く、私に言わせれば「てめぇら邪魔なんだよ!」と思いつつ、オバサン集団やら事務机代わりに使うノートパソコン片手のリーマンに次いで邪魔なのが外国人の連中という訳で脳内に「郷にいらば郷に従え!」という言葉はないのかと思いたくなります。これも3年後のオリンピックまでの我慢かなと思いつつ、終わった後が見ものです。お店では親しいパートナーさんがご家族の都合で今日で卒業との事でスターバックスは一度辞めてまた入るパートナーさんが多いので貨物ヤード跡のマンションやショッピングセンターが出来た頃には戻って来ないかなと期待していますのでまた何かの折にお目に掛かりたいものです。

 続いて83列車の出発を見送り8460列車もこのダイヤ改正で昨年3月までと同じように浜五井行きのオイルターミナルのタンク車が後ろに来たな!と前のように楽に見られる様になりますね。

○83列車…コンテナ車もグレー一色になりましたが、タンク車は年度末を控えた時期だけあって12両に増えて久し振りに前3両、A重油の積載車が続きました。全検車があるものの、意外と全車見ていたので助かりました。
△竜王
EH200-22
コキ107-1206 ↑梶ヶ谷タ発 新製27-5-14日車 1個目に19D-42738[一色塗り]積載
コキ106- 441 全検27-5-8小倉車(この車のみ2個積載)
コキ107- 723 新製24-12-26日車 3個目にJOT UR19A-11075*、4個目に19G-20329[一色塗り]積載
コキ107- 791 ↓ 新製25-9-25川重 4個目にJOT UR19A-1327*積載
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 石油類)黒地(A重)
タキ1000- 38 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 49 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 全検28-7-1川崎車、自重16.6t
タキ1000-791 JOT[E]/根岸 全検28-11-11川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 全検28-2-29川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-794 JOT[E]/根岸 全検28-5-10川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-298 JOT[E]/根岸* 全検28-12-28川崎車、自重17.1t 無
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-588 JOT/根岸 無
コキ107のグレー文字=側ロゴ無し、UR19Aの*=幅広マーク入り、根岸*=旧郡山常備車

 一通り片付くともう一つの用事が火曜日に親の講座の日程表を持って来なかったので本家のビルの事務所へ。いつも担当する美熟女の社員さんが非番の日なので本家のはとこの長男坊や保険を担当する熟女社員さんに伝言して辞した次第です。

 さて、8460列車を入って見ますが、ワンクッション置く形でセレオのスターバックスで一休み。さくらラテにあられ増量でテーブル席が埋まっていたので暫く待つ形で中のあられも水分を吸って柔らかくなるなと思いつつ、マルベリーブリッジ沿いのテーブル席がやっと空いて今日は2本かな?と言った具合で準備します。こちらはパパッと行くのですが、スーツ着てノートパソコン持ってる奴はなに長居しているんだ!と怒りますね(社長さんの耳に入ったらこの分減給やら日勤教育などペナルティーを課してください)。

 改札をゲートインして8460列車は後のオイルターミナルからデジカメに収め、幸い、タキ43000は昨年、一昨年に全検を受けた初期車をキャッチ。根岸行きのタキ1000は年末の残務処理を片付けたかの様に2両キャッチ。前後して『富士山号』が到着しますが、EF210が新鶴見の100番代から1年振りに岡山の0番代が参上。もう少し早く入っていたら見られたのですが、今回はご勘弁を。

○8460列車…ダイヤ改正で編成順序と牽引機が変わり、前者は前=根岸行き、後=浜五井行きの順、牽引機がEF210ながら新鶴見区の担当から1年振りに岡山区の担当に変わり、8460列車にとっては今回初めて受け持つ形になりました。根岸行きはタキ1000ばかりの9両で年末の残務処理が片付き、浜五井行きはいきなりタキ1000の100番が連結されて面喰らいましたが、未確認だったタキ43000の初期車2両のデータも漸く埋まりました。
△川崎貨物
EF210-*
タキ1000-878 JOT/根岸    ↑根岸行き 無
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-587 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-533 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-513 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-793 JOT[E]/根岸 全検28-9-5川崎車、自重16.8t
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 全検28-7-11川崎車、自重16.7t
タキ1000-259 JOT[E]/根岸* 全検28-9-9川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-253 JOT[E]/根岸* ↓ 全検28-6-16川崎車、自重16.6t
タキ43025  OT/倉賀野 ↑浜五井行き 全検28-6-15川崎車、自重16.0t
タキ43029  OT/宇都宮タ※ 全検27-6-24川崎車、自重15.9t
タキ43164   OT/倉賀野 無[車票]
タキ43142   JOT/浜五井# 石油類)黒地▼[車票]
タキ1000-100 OT/倉賀野 ↓ 無
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、宇都宮タ※=旧西上田常備車、▼=表示板の逆向き

 8460列車の機関車は取り零しましたが、金曜日というと『富士山号』も運転されてダイヤ改正後は今日が初日。今までは『グレードアップあずさ』色のクハ189-509×6(八トタM52編成)が判を押したかの様に現れましたが、今日は初めて国鉄特急色のクハ189-508×6(八トタM51編成)が参上し、この春休みは国鉄民営化から丁度30年を迎えてちょっとしたカスタマーサービスなのでは?とこの辺りもだんだん骨董品の域に入りますが、前や側面とも『臨時』の表示は何処か素っ気ない印象です。

 8460列車の編成を整理してから例によって片倉駅へUターン。少しずつ春休みに入って乗るお客さんが減りますが、片倉は大学生の団体が何処となく多く、集まりがあったのでは?と感じ取れます。

 いつもなら8092列車の入線まで一休みしますが、今日はこれが無く85列車の到着まで水入りです。大きなダイヤの変更もなく一休みする211系の列車番号も甲府発の”540M”から富士急は河口湖からの”1454M”の表示で到着。編成は←クモハ211-1004×3[大月発]+1007×3[河口湖発](長ナノN320+N323編成)の順です。この頃から3番線に快速電車の折り返しが入るまで一息入れますが、ここでダイヤ改正の後らしく身体の動きが少々変わった次第です。

○85列車…前は立川を基準にしていた様で3番線で折り返す快速電車の前後に到着しますが、このダイヤ改正からはこちらの方が先着になり、8092列車の編成が居るとこれからはこのまま見られる形になりそうです。編成は14両編成での到着で牽引機は引き続きEH200の担当。

EH200-18
タキ1000-499 JOT[E]/根岸
タキ1000- 65 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-512 JOT[E]/根岸
タキ1000- 22 JOT[E]/根岸*
タキ1000-492 JOT[E]/根岸
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-688 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-754 JOT[E]/根岸 全検28-6-27川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-865 JOT/根岸 無
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 全検28-6-6川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-470 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

 これまで85列車の編成というと後方が4番線から見られなかったのでこのまま2番線へ移動して80列車を見るパターンでしたが、到着が繰り上がって気持ちに余裕が出てデジカメの準備も何処かゆとりが生じました。

○80列車…3番線で折り返す快速電車が繰り下がって気になりましたが、こちらも足並み揃えて繰り下がり、16号の踏切あたりから快速電車を気にする足取りで3番線に入線。同じ頃に85列車で到着したタンク車がオイルターミナルの基地へ移動し、リレーでバトンタッチするかの様に入線します。編成は短めの12両(=昨日の83列車そのまま?)で最後尾だけがA重油の積載車です。
△根岸
EH200-17
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-538 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-827 JOT/北袖# 無
タキ1000-834 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 60 JOT[E]/根岸*
タキ1000-348 JOT/根岸* 全検29-1-12川崎車、自重16.8t
タキ1000-476 JOT[E]/根岸
タキ1000- 19 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-230 JOT[E]/根岸* 全検27-12-28川崎車、自重16.7t
タキ1000-490 JOT[E]/根岸
タキ1000- 30 JOT[E]/根岸* (A重)
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 いつも見る辺りも少し時間にゆとりが生じてバタバタすることが減りますが、南大通り経由の西八王子行きのバスに間に合い、合間にサザンスカイタワーのくまざわ書店で『まんが道大解剖』を見つけて早速買いました。

 帰宅すると留守中に今回のダイヤ改正の『貨物時刻表』が到着して列車の中には紙輸送のコンテナ列車やオイルの列車で列車番号が変わった例(千の位が”6”や”8”に)が結構見られましたが、中央東線関連を紐解くと列車設定の変動は見られず、若干の時刻修正が行われた程度です。

 明日で東日本大震災の発生から丁度6年、阪神淡路であれば復興がほぼ片付いた歳月になりますが、福島原発問題に三陸海岸を中心として復興が進まず政府や建設会社の方に目が向いてしまい、地域に目が向いていない気さえ感じさせ、中には補助金をもらって被災地に事業所を作ったにもかかわらず、地域の皆さんを粗末に扱われ、間違えた使われ方をしてダメにした例が結構見られましたが、こういった輩には天罰を下したいものです。

|

« H29.03.07 八王子駅 | トップページ | H29.03.18 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/64993129

この記事へのトラックバック一覧です: H29.03.10 八王子駅:

« H29.03.07 八王子駅 | トップページ | H29.03.18 八王子駅 »