« H29.02.21 八王子駅 | トップページ | H29.03.03 八王子駅 »

2017年2月24日 (金)

H29.02.24 八王子駅

 2月もはや月末。今日は消費を促す意味合いで仕事を午後3時で切り上げ、お買い物や食事と費やして欲しいプレミアムフライデーが制定され、自営業とは言え、稼ぎは雀の涙の我が身は遥か彼方の何とやらと言った感じです。2月は例会の時に1年間の成果も頂けるのでこれを原資に日帰りで名古屋辺りへ出かけたいなと思いつつ、大学入試の二次試験やら何かで高速バスも席が埋まっているのでもう少し時期をずらして行きたいものです。

 東急スクエアの11階にある学園都市センターのギャラリーでこの時期恒例の北口商店街の写真展が行われるので用事ついでに立ち寄りました。

 行きに乗ったバスのドライバーさんは神奈中で修行したのか折り目正しく、丁寧なのか少し遅れた形で降車もビックカメラの東側になりました。

 先ず、83列車をチェックし、この列車のコンテナ車と言うと札幌タ発の列車と連動しているので昨日、室蘭本線の洞爺近くでの脱線事故が発生し、北海道発着のコンテナ列車も少しずつ影響が出てきた様子でこちらも明日辺りからしばらく出るものだろうと感じ取れます。また、8460列車が止まっている様子を見ると長い16両編成で後5両はタキ1000-10+215+494+26+17の順です。

◯83列車…満載は後2両だけといった様子でコンテナ車は先頭にコキ104が入った他の3両はコキ106・107のグレー塗りの組み合わせ。タンク車は9両の連結でH6新製車では久し振り(12年前から無地板が見られる様になってからお初なのでは?)にガソリン輸送用のナンバーを見付け、今後はどの程度波及するか乞うご期待。
△竜王
EH200-6
コキ104-2438 ↑ 全検28-11-29郡山車 3個目に19G-21353[一色塗り]、4個目にJOT UR19A-385*積載
コキ107- 601 新製24-9-14川重 4個目に19D-42389、5個目に19D-44689[いずれも一色塗り]積載
コキ106-1094 全検24-11-15小倉車
コキ106- 675 ↓
タキ1000- 40 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-874 JOT/根岸
タキ1000-156 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-508 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-267 JOT[E]/根岸* 全検27-12-17川崎車、自重16.6t 無
タキ1000- 79 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-567 JOT/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-160 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車、UR19Aの*印=幅広マーク入り

 合間に信用金庫で軍資金を引き出し、タンク車を一通り見るとこのままセレオのスターバックスでラテのダブルショットを頂きます。後で入れ替わりありましたが、パートナーさん皆さんがここのオープニングの頃を思い出すかの様に今のサイレンのエプロンが揃いました。なかなかテーブル席が空かず、商談やらノートパソコンを拡げてる連中は目の敵でして救急車ではありませんが、適正使用して欲しいところですね。幸い、お決まりである有隣堂側のテーブル席に待ち合わせをしていたお父さんが空いて事なきを得ましたが、静岡の東海道線よろしく「席数が少ないので早めに空けて欲しい」と言う気持ちが募ります。1階に降りて明後日の代金用にセレオのお買い物券を引き換えます。

 続いて東急スクエアへ。丁度、東海大病院〜多摩大橋通り経由の日野駅行きで檜原村ラッピングのハイブリッド車が出発して月曜日と同じ行路かな?と言った様子が感じ取れます。これを見てからゲートイン。エスカレーターで11階へ一直線。ギャラリーの北側の部屋で今年は大丈夫で丁度、本家のご当主が参上して12月は喉を痛めて丁度1年振りで内容も殆どが国内で本家はご当主さんが現在住んでいる伊豆の風景にはとこは長野の善光寺参りと皆さんどれも秀作揃い。商店会のブログやいにしえの駅前風景の写真と楽しみ、クモハ40(民営化後の臨時列車)や横浜線の103系が山手線のうぐいす色と京浜東北線のスカイブルーが入り混じっていたのは有名な話で見事なプリントで7両編成のうち6両がスカイブルー、4両目はうぐいす色(サハ103の非冷房)と少し弄るとこちらもBトレコレクションでも再現できるのでは?と思った次第です。

 親は飼い猫の体調を気にしてか来られませんでしたが、鑑賞した後はスターバックスで一休み。パートナーさんも貨物列車のタンク車ではありませんが、火曜日に続いて顔を合わせた形でドリップのグァテマラ・アンティグアを頂きます。この後はいつも見る範囲で列車の準備をしながら過ごします。

 続いて改札に入って例によって横浜線で片倉へUターン。丁度、高幡不動から高尾山口へ向かう7000系の6両編成を見る事が出来て車体の造りが似通った東武10000系の列車とどこか印象がダブります。

 再び八王子駅に戻りまして、コンコースのお手洗いは改修工事に入り、1・2番線の高尾方に仮設が置かれてここで用を足してから3・4番線へ。いつもの階段下のベンチに腰掛けると8092列車が入ると13〜14両あると楽勝だな!と思いましたが、今日は短い9両編成での入線。211系の回送電車が来るまでに5・6番線へ赴いた次第です。

◯8092列車…短い9両編成での入線となりましたが、ナンバーを見るとまだデジカメに収めていないナンバーが多かったのでこの辺を頑張りました。先程見た8460列車と同じくH6新製車が続いた格好です。
△根岸
EH200-15
タキ1000- 29 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 61 JOT[E]/根岸*
タキ1000-217 JOT[E]/根岸* 全検28-8-1川崎車、自重16.7t
タキ1000-593 JOT/根岸 無
タキ1000-819 JOT/浜五井 無
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 全検28-6-15川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-198 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-367 JOT/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車

 211系の顔を見ると関西本線の名古屋口でも(1000番代より)やや遅れて新製されたグループが居るのでこの辺に逢うと「よく兄貴分にお目に掛かりますよ!」と声を掛けたくなりますが、何時になる事やら。と、いつものコースで回ります。

◯85列車…先週見た時とほぼ同じかな?と思った所で頭とお尻が入れ替えていた格好になっておりました。

EH200-15
タキ1000-531 JOT[E]/仙台北港
タキ1000-225 JOT[E]/根岸* 全検28-5-9川崎車、自重16.8t
タキ1000-162 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 全検28-12-19川崎車、自重16.6t
タキ1000-439 JOT[E]/根岸
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-850 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-197 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-877 JOT/根岸 無
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-585 JOT[E]/根岸 無

 3番線の折り返し電車が出発すると80列車が入りますが、如何せん、タキ1000の根岸の車でもA重油の専用車は手薄になりがちなので駆け足で1・2番線へ。

◯80列車…この頃は83列車で到着した分は10両で連結する事が多いですが、昨日は11両で来たのかな?と言った感じで16両編成での到着です。塩浜常備の旧オイルターミナル所有の346番や最後尾の791番は昨年の全検対象車で未確認の1両でしたが、これで川重のH18新製分(根岸駅にいる車に限り)はパーフェクト成りました。
△根岸
EH200-17
タキ1000-127 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 64 JOT[E]/根岸*
タキ1000-169 JOT[E]/根岸*
タキ1000-254 JOT[E]/根岸* 全検28-12-27川崎車、自重16.9t
タキ1000-569 JOT[E]/根岸
タキ1000-536 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地
タキ1000-360 JOT[E]/根岸* 全検27-12-11川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-563 JOT/根岸 無
タキ1000-359 JOT/根岸* 無
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 全検28-4-1川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-295 JOT[E]/根岸* 全検28-12-24川崎車、自重16.7t
タキ1000-768 JOT[E]/根岸 全検28-8-24川崎車、自重17.0t
タキ1000-168 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-346 JOT/塩浜
タキ1000-791 JOT[E]/根岸 全検28-11-11川崎車、自重16.7t
根岸*=旧郡山常備車

 後半はバタバタになりましたが、なんとか片付き、南口のバスロータリーへ。丁度神奈中の橋本行きに南大通り経由の西八王子行き、朝日ケ丘&めじろ台駅経由の東京家政学院行き、山田駅&中寺田経由の法政大学行きと続いているのか列が長く(この間にデータのコピー&ペーストに費やします)、色がそれぞれ違うので乗り間違えたらエラい事になりますが、こちらは京王のアイボリー地なので大丈夫です。

|

« H29.02.21 八王子駅 | トップページ | H29.03.03 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/64933772

この記事へのトラックバック一覧です: H29.02.24 八王子駅:

« H29.02.21 八王子駅 | トップページ | H29.03.03 八王子駅 »