« H29.02.15 八王子駅 | トップページ | H29.02.20 八王子駅 »

2017年2月16日 (木)

H29.02.16 八王子駅

 昨日はさくらラテの初日でスターバックスの各店を回りましたが、今日はネタ拾いついでにあれこれ用事を片付けました。

 いつもの様に富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗り、西八王子の時点でやや遅れましたが、順調に進み、降りると今日の8460列車は長いな!と先ずは83列車のコンテナ車や8460列車で隠れていない範囲のタキ1000をチェック。合間に昨日は立ち話で失礼したサザンスカイタワーのスターバックスへ。さくらラテの今年版の2杯目でここでは昨年の今頃の試飲を思い出してソイ(豆乳)で頂きました。

◯83列車…タンク車もそろそろ荷動きが落ち着くのか11両に減りましたが、昨年の全検車で297番を漸くキャッチ。コンテナは満載で通風コンテナが目立ちました。
△竜王
EH200-18
コキ104- 173 ↑梶ヶ谷タ行き 4個目にJOT UR19A-15053積載
コキ106- 629
コキ104-2573 全検28-7-5郡山車 3個目にJOT UR19A-16278*積載
コキ104-1550 ↓ 全検23-12-8輪西派 4個目に19D-48563[一色塗り]積載
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸*
タキ1000-297 JOT[E]/根岸* 全検28-8-1川崎車、自重16.9t
タキ1000- 68 JOT[E]/根岸*
タキ1000-605 JOT[E]/根岸
タキ1000-504 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-787 JOT/根岸 全検28-5-19川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-519 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-875 JOT/根岸 無
タキ1000-683 JOT/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車、UR19Aの*=幅広マーク入り

 83列車のチェックを片付けるとマルベリーブリッジの向こうにある『八王子しごと館』へ。半月経ったので新着情報あるかな?と思ったら余り内容で窓口の係員さんもインフルエンザの予防でしょうか皆さんマスク姿で昨年の7月に亡くなられたラジオに出ていた面長のおじさんが健在なら「人に接する仕事をしているのに皆さんマスク姿で失礼だ!」と零していた事でしょう。

 さて、ネタ拾いをしようとした所でこの20〜30分程前に吉祥寺で人身事故発生で私は横浜線で一駅の事が多いので影響しませんが、中に入ってチェックくらいはせねばと思い、8460列車の出発前で上手くキャッチしました。

◯8460列車…浜五井行きと根岸行きがイーブンの組み合わせ。浜五井行きは3色の連結でツートン(タキ43000の44t積み)、青(タキ43000、タキ1000)、黒(タキ43000)と賑やかで今年の応援のタキ43000を見るとオイルターミナルから移った青塗りの車よりも北海道(本輪西)から移動したナンバーが何処か多い気がします。外にいた時にタキ1000−766が未確認と思いきや、昨年10月に見ていました。八王子駅は10分ほど遅れての出発。
△川崎貨物
EF210-120
タキ243869   JOT/塩浜*   ↑浜五井行き
タキ43033    OT/郡山
タキ43446   JOT/浜五井# 全検23-5-13輪西派、自重16.1t
タキ43318    JOT/浜五井# 全検25-8-1川崎車(31-6-18切)
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 無
タキ1000-337 OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ43255   JOT/浜五井# ↓ 全検25-5-28輪西派(30-9-13切)、自重16.1t 石油類)黒地▼
タキ1000-436 JOT[E]/根岸 ↑根岸行き 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 全検28-6-6川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-470 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-766 JOT/根岸 全検28-10-5川崎車、自重16.9t
タキ1000-363 JOT/根岸* 全検28-10-11川崎車、自重16.6t
タキ1000-755 JOT[E]/根岸 ↓ 全検28-5-6川崎車、自重16.7t
塩浜*、根岸*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、▼=表示板の逆向き

 久しぶりに見た事もあって細かい所まで見た故にタキ43446を2番線から収め損ねたなと少々後悔。

 横浜線の電車で片倉までUターン。八王子駅へ戻る電車は久し振りに八王子駅のステッカーが貼られたクハE233-6002×8(横クラH002編成/51K運用)に乗り、昨年は4月に松姫様の坐像が300年振りに帰る事があって拙宅の近くだけあって見に行き、編成に出会すのは久し振りで嬉しくなりました。また、今日は機関車溜まりでEF64 1053が一休み。

 さて、8092列車の到着までまだありますが、中央線の快速電車のダイヤは吉祥寺の人身事故の影響でしょうか大幅に乱れ、大学生も少しずつ春休みに入る時期だけあってキャスター付きのカートが煩いのなんの。ウン年前まではこんな奴は少数ですがこの頃は方向感覚が読めないのと転がす音(ホームに居ても来るのは自販機の補充に来た台車の頃が懐かしい)で苛つきますね。また、八王子折り返しの快速電車が間引かれたり、特急の遅れも大きく、普段は甲府まで止まらない『あずさ』13号も大月、塩山、山梨市、石和温泉と『かいじ』号を振り替える形の臨時停車や高尾から豊田へ回送する211系も今日は珍しく2番線の停車。快速電車の列車番号では13時近くながら東京駅発が10時台の番号だったのには驚き、規模の大きさを感じさせます。8092列車の到着に合わせて立つとEF64の1001号機の姿が目に飛び込み、ホームから収まるかな?と思いましたが余りの人の多さでお手上げ。どこかで嗅ぎ付けてフラフラしている撮り鐡にはこういうことがあった時に来ると殺意を覚えますが………。モノ自体、マスターのBトレコレクションにもある車両なので気になりません。

◯8092列車…やや短い11両編成での到着です。根岸もこの頃、タキ1000の移動車が少しずつ見られる様になりましたが、今日は北袖から移動した858番をキャッチ。
△根岸
EH200-11
タキ1000-261 JOT/根岸* 全検28-8-22川崎車、自重16.7t
タキ1000-756 JOT[E]/根岸 全検28-6-2川崎車、自重16.6t
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
タキ1000-858 JOT/北袖# 全検25-10-1輪西派、自重17.2t 石油類)黒地
タキ1000-513 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 全検28-5-9川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-681 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-497 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-864 JOT/根岸 無28.1/9
タキ1000-631 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

◯85列車…いつもの14両編成での到着ですが、定刻より5分遅れての到着です。日曜日のこの列車と同じナンバーかなと思いましたが、後ろを弄った様子が見えました(607番、197番の間に連結された567+616番が抜けて687+420番をお尻に)。

EH200-11
タキ1000-225 JOT[E]/根岸* 全検28-5-9川崎車、自重16.8t
タキ1000-162 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 全検28-12-19川崎車、自重16.6t
タキ1000-196 JOT[E]/根岸*
タキ1000-439 JOT[E]/根岸
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-850 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-197 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-877 JOT/根岸 無
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-420 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

 さて、85列車の後方を見る形で1・2番線の東京方からチェックし、機関車溜まりのEF64は色違いの重連で並んで1053号機は高崎の車両センター支所への回送で1001号機がお迎えに来た形です。そろそろ80列車が遅れても来ても良い頃ですが、いくら待っても来ず、定刻で後続に当たる『スーパーあずさ』14号がやや遅れて到着したものの、竜王からのタンク車は13:15頃になっても現れず『ローカルバス乗り継ぎ旅』ではありませんが、タイムアウト。見る事ができたら6両目以降は昨日の列車で見ているので復習になるのですが。

 改札を出て先ずはお昼の駅弁を仕入れて昨日の予告通り、八戸の『津軽海峡海の宝船』を選びました。この時間になると米沢の牛肉系がまだ多く後は新潟の『海老千両ちらし』や八戸の『こぼれいくらととろサーモンハラス弁当』、鳥取の『かに寿司』が目立ちました。レジではSuicaのリーダーやセレオのポイントが付くので普通特設のブースというとこういうのは置かないのが常ですが、イヤ珍しいなと思いました。続いてセレオでは列に並んで満を辞して自宅用のお豆でハウスブレンドのデカフェをいただきました。昨日はサザンスカイタワーのお店以外でブラックエプロンのパートナーさんが居たよなんて話したら受け取ったドリンクを零してしまい、モップ片手にすっ飛んで来たマスターと仲良しのお兄ちゃんのパートナーさんもブラックエプロンで噂をしてたら何とやら。

 南口へ向かう途中で『やまたまや』は昨日に続いて北杜市フェアーで店先では金精軒の信玄餅や七賢の甘酒が振る舞われていたのでつい頂きました。信玄餅と言うと桔梗屋さんのものが有名ですが、金精軒は通好みの知る人ぞ知る存在で地元のお米を使った限定のものもあるそうです。また、ワゴンにはセレオの駅弁大会と張り合ったのか小淵沢駅のカツサンドや天ぷらも。

 帰りは14時前の南大通り経由のバスに間に合い、今日はずいぶん早々と参上した形で先程、横浜線の電車で松姫様のステッカーが貼られた電車に当たったので信松院の前を通ってのご帰還で西八王子の南口まで乗りました。

 お昼は仕入れた『津軽海峡海の宝船』で海峡をイメージしたちらし寿司で八戸のいちご煮をイメージしたのかウニが多く、後は炒り卵やイクラ、とびっこが目立つものの、津軽海峡と言うと帆立貝(イカも良いのですが、この所高いので)が多いのでこれを添えてくれればピンと来ますが。

|

« H29.02.15 八王子駅 | トップページ | H29.02.20 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/64898821

この記事へのトラックバック一覧です: H29.02.16 八王子駅:

« H29.02.15 八王子駅 | トップページ | H29.02.20 八王子駅 »