« H29.02.05 八王子駅 | トップページ | H29.02.07 八王子駅 »

2017年2月 6日 (月)

H29.02.06 八王子駅

 今週は週末に例会が続いてあるのでウィークデーの間に『車掌車』のプリントを片付けなくてはと思い、動けるのは月・火に絞り、後は出来るだけプリントに費やそうと考えております。

 昨日はセレオのスターバックスがオープン3周年で出掛けましたが、お年始も八王子市内のお店は1月中に済ませたものの、多摩平のイオンモールも対象のお店に入るので時期としては遅くなりましたが(最初は3日に出掛ける所が別件の用事が出来たので)これと合わせてネタ拾いに出掛けました。

 行きは富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗ると今日は珍しく定刻の出発で順調に進みます。

 バスから降りるとビックカメラの裏を回り、83列車の様子からまずはコンテナ車をチェックし、タンク車の前方を見ると先頭がこの所A重油の輸送用が入ってデジカメに収めてアヤフヤですが、きちんと収めており、隣の214番は現車データ未捕捉の1両です。南大通り側へ向かって見てからサザンスカイタワーの信用金庫で軍資金を引き出し、23時間ぶりの参上となったスターバックスのソファー席に腰掛け、ドリップのトリビュートブレンドを頂くと丁度、昨日の今時分、セレオのお店で頂いたのと同じお豆です。8460列車のタンク車も長かったので腰掛けながらiPod touchのメモアプリで下拵えをしながら過ごします。パートナーさんも仲良しの範囲で揃ってブラックエプロンを絞めていたので驚きました。

 Suicaをチャージしてゲートイン。『スーパーあずさ』11号が若干遅れている様子なのでホーム伝いに先ずは83列車のタンク車を東京方へ。8460列車はタキ43000が多い組み合わせです。

◯83列車…いつも通りの組み合わせでコンテナの満載は2両目だけで後の3両は各車3〜4個ずつです。タキ1000で215番は未確認でしたが、12月26日のこの列車に連結されたナンバーです。
△竜王
EH200-17
コキ107- 277 ↑梶ヶ谷タ発 全検26-10-3川崎車 1個目にJOT UR19A-1560*、2個目に19D-47525[一色塗り]積載
コキ104- 91 全検27-8-7郡山車 2個目に19D-46385[一色塗り]積載
コキ106- 387
コキ107-1445 ↓ 新製28-5-24日車
タキ1000- 33 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-215 JOT[E]/根岸* 全検28-8-19川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-280 JOT/浜五井* 全検28-8-18川崎車、自重16.6t 石油類)黒地
タキ1000-794 JOT[E]/根岸 全検28-5-10川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-298 JOT[E]/根岸* 全検28-12-28川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000- 27 JOT[E]/根岸*
タキ1000-625 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-629 JOT/根岸 無
タキ1000-360 JOT[E]/根岸* 全検27-12-11川崎車、自重16.7t 無
タキ1000- 85 JOT[E]/根岸*
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、UR19Aの*=幅広マーク入り

 先の『スーパーあずさ』の遅れを気にして83列車もスライドして遅れると思ったら定刻に出発。この後は8460列車と格闘。今日は黒塗りのタキ43000が多く、中には丁度1年放ったらかしたナンバーも発掘。この時間というと変な撮り鉄オヤヂが入る事嘆いておりましたが、E351系の後方が止まる辺りで編成のチェックをすると邪魔する様にフラッと現れる幼児連れが来るのでこれも参りますね。こっちはプロスポーツの様に真剣に取り組んでいる所を2〜3歳の甲高い声で騒がれて散ったらどうすんだ!と思う事もしばしば。最近は『ママ鉄』なんて我々の様な生粋の鉄道好きからすると軽々しい連中がいる位ですからね。

○8460列車…長い16両編成で浜五井行き、根岸行きとほぼ互角。浜五井行きは黒塗りのタキ43000で本輪西からの移動車も多く、一年間塩漬けしたデータも無事捕捉。根岸行きのタキ1000は最後尾が先月全検出場から出たばかりの798番をキャッチ。昨日も同時に新製した797番が少し前に出場していたのを思い出します。
△川崎貨物
EF210-173
タキ43142   JOT/浜五井* ↑浜五井行き 無
タキ43032   OT/郡山
タキ43229   JOT/根岸#
タキ1000-675 OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ43318   JOT/浜五井# 全検25-8-1川崎車(31-6-18切)
タキ43296  JOT/浜五井# 全検25-8-14輪西派(30-11-30切)、自重16.1t
タキ43252  JOT/根岸   ↓ 全検25-11-27川崎車(31-2-24切)
タキ1000-145 JOT[E]/根岸* ↑根岸行き 無
タキ1000-148 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-160 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-359 JOT/根岸* 無
タキ1000-227 JOT[E]/根岸* 全検28-5-27川崎車、自重16.9t
タキ1000-295 JOT[E]/根岸* 全検28-12-24川崎車、自重16.7t
タキ1000-536 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地
タキ1000-464 JOT[E]/根岸
タキ1000-798 JOT[E]/根岸 ↓ 全検29-1-30川崎車、自重17.0t
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、浜五井#、根岸#=旧本輪西常備車

 駆け足で8460列車をチェックし、前方を見るとこのまま2番線から10時59分発の快速電車で豊田へ向かい、オイルターミナル基地内のタキ1000(8097〜8092列車の分)や豊田の車両センターでは189系の国鉄特急色(クハ189-508×6/八トタM51編成)を見ながら進みます。

 豊田の駅を降りると丁度多摩センター駅行きのバスで京王バスカラーに塗られた三菱ふそうエアロスターの新型をキャッチし、南大沢も入るかな?と思いましたが、100周年の復刻カラー以降はご無沙汰で八王子同様に満遍なく入っていたら驚くこと間違えありません。左手の啓文堂は店仕舞いかな?と思いきや、電気系統の点検でお休みとの事で一安心なり。

 イオンモールを回ると11月に訪れた時以上にまた少しずつ入れ替わりがある様でまだ2年ちょっとしか経っていないのにどこか勿体無い気さえ思うものの、お目当てのスターバックスは無事残っていまして、黒板が掲げたテーブル席を陣取り、コーヒー&クリームラテを頂きます。お兄ちゃんのパートナーさん達とも2連荘。ここにもブラックエプロン(ただし、無記名)を発見。

 11時半過ぎに出ましたが、来た時は晴れていたものの、いつの間にか曇って小雨が降って午後は下り坂になるのでは?と言った空模様になりました。豊田から再び八王子へ戻り、一本次が八王子折り返しで丁度、豊田の車両センターの洗車線には『グレードアップあずさ』色のクハ189-509×6(八トタM52編成)が参上し、偶々余裕があったので窓の真ん中から数枚シャッターを切りました。

 次の週末は夢駅伝で南口からサザンスカイタワーへのデッキには横断幕を掲げていたので早速デジカメに収め、エスカレーターの真下のベンチで一休み。この間に3本の準備をしながら過ごします。

○8092列車…短い10両編成での入線でENEOSマーク入り、旧オイルターミナルが各々3両ずつ。2両目には四日市の塩浜から移った326番をキャッチし、こちらも松本行きの遠征の時に確認しました。
△根岸
EH200-22
タキ1000-499 JOT[E]/根岸
タキ1000-326 JOT/塩浜 石油類)黒地
タキ1000-462 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 91 JOT/根岸* 石油類)黒地▶︎
タキ1000-881 JOT/根岸 無
タキ1000-153 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-588 JOT/根岸 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-880 JOT/根岸 無
タキ1000-333 JOT/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

 編成が14両なら85列車の到着までは3・4番線に止まるマスターも思わぬ珍客をキャッチしてか『スーパーあずさ』15号や211系の回送が来るまで駆け足で5・6番線へ赴きます。

○85列車…この列車と対の84列車は同じナンバーで行ったり来たりする事が多く、先週見た時より前方の入れ替えがあった上にいつもの14両編成に増結。先頭に連結された363番は前に一度現車確認しましたが、ここで自重を正しいデータに修正しました。

EH200-22
タキ1000-363 JOT/根岸* 全検28-10-11川崎車、自重16.6t
タキ1000-755 JOT[E]/根岸 全検28-5-6川崎車、自重16.7t
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 全検28-12-19川崎車、自重16.6t
タキ1000-196 JOT[E]/根岸*
タキ1000-439 JOT[E]/根岸
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-850 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-567 JOT/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-197 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-877 JOT/根岸 無

根岸*=旧郡山常備車

 この85列車が到着する前後から再び晴れ渡り、4番線に高尾行きの快速電車が着く前に先頭の363番をデジカメに収めると駆け足で1・2番線へ。80列車の機関車が止まるポジションで待ち構えます。

○80列車…昨日は83列車の編成をチェックしたのでここは言わば復習且つ残務処理です。81列車の分とのミックスで5両かな?と思ったら1両多い12両編成で準備した通りとなり、A重油専用車の104番を漸くキャッチし、根岸に居る範囲のH7新製車もあと2〜3両捕まるとパーフェクトです。
△根岸
EH200-12
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-214 JOT[E]/根岸* 全検28-7-7川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-874 JOT/根岸
タキ1000-290 JOT[E]/根岸* 全検28-6-8川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000- 36 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-104 JOT[E]/根岸* 全検27-6-19川崎車、自重16.7t (A重)
タキ1000-541 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地
タキ1000-758 JOT[E]/根岸 全検28-12-28川崎車、自重16.8t
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-292 JOT/根岸* 全検28-4-11川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 全検28-4-1川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 全検29-1-19川崎車、自重16.6t

根岸*=旧郡山常備車

 80列車は2番線からホーム伝いに確認をしたのでこのまま改札を出てセレオのスターバックスで一休み。タイミング良く有隣堂側のテーブル席が空いたので早速陣取り、ドリップが2杯目なのでここではグァテマラ・カシシェロを頂き、チョコチャンククッキーをヒーティングで楽しみました。パートナーさんもストアマネージャさんやお二方と先程のタンク車ではありませんが、昨日の午前中に続いて顔を合わせた事になります。

 帰りは南大通り経由のバスから少し遅くなってしまったので甲州街道経由の館ケ丘団地行きのバスで西八王子の駅入口まで乗ります。車内ではコピー&ペーストをしながら過ごし、西東京バスのハイブリッド車に追分の歩道橋の改修も東側が今春には出来上がる様であと少しですね。帰りは踏切で丁度、京葉臨海行きの2080列車が通過する頃でEH200-8牽引でタキ1000は10両位の連結。先頭から1・6・12と続いてナンバーを見ると旧OT車が多く(浜五井常備は384番くらい?)、生粋のJOT車は1〜2桁番や889番くらいしか見出せません。さて、拙宅の隣の地銀寮も改築があと少しで完成で拙室と隣接した部分も3〜4階部分の足場を外していたので今週後半には東側の窓も雨戸を閉める心配も無くなりますのであと少しのご辛抱です。

|

« H29.02.05 八王子駅 | トップページ | H29.02.07 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/64857962

この記事へのトラックバック一覧です: H29.02.06 八王子駅:

« H29.02.05 八王子駅 | トップページ | H29.02.07 八王子駅 »