« H29.01.06 八王子駅 | トップページ | H29.01.18 京王相模原線沿線&八王子駅 »

2017年1月17日 (火)

H29.01.17 八王子駅

 新年も折り返し点に達し、最初は先週あたりも出歩いていると思いますが、関東地方らしからぬ冷え込みの日が続きまして、出かけるのも躊躇し、以前なら出掛けるぞ!と気合いを入れるマスター、これも寄る年波を感じさせるのでは………。

 先週の今日は年明け最初の医療センターの通院日で喉の具合も順調に回復しまして、当日は親の講座の日だったので終わったら間に合うかな!と思ったら、診察も午前中のうちに終わり(高尾駅まで京王バスカラーの新車に乗れました)、案の定、高尾から中央線の電車で向かった次第で3月のダイヤ改正から快速電車の本数が減ったのと始業式の日と重なり、11時過ぎとは言えども結構混んでいまして、八王子駅に着くと丁度、下り線を初夏から運転を始めるクルーズトレインの『四季島』の試運転と偶々すれ違い、丁度1週間後の今日なのでこれに合わせて出かけた次第で成果は訪れてのお楽しみで他はいつも通りです。当日の車内の様子もE233系なら納得しますが、201系や205系の車内幅では殺意を感じさせますね。

 今日は久し振りに八王子駅南口行きのバスを待つと早めの到着で気分も上々。16号の交差点を過ぎると乗りも少なく、時々乗ってくる70歳前のオバちゃんかなと思いきや、アジア系のお姉ちゃんが乗って来てマスターが思うに「お国は中古車(=マスターが鉄道友の会に入った頃は現役バリバリでした)かエルフやトヨエースの荷台に板を敷いて座席代わりにしたタイプですが、ノンステップ車は贅沢(=日本ではホテル並みの豪華な高速バス級)なのでは?」と感じさせ、南口のバスターミナルではまたまた東進ラッピングの2台並びを拝んでの到着です。

 バスから降りるとサザンスカイタワーの信用金庫へ預金をしてから北側のデッキから83列車の様子をチェック。今日は別コースの上、明日はお年始に出かける予定を入れて帰りが対に当たる80列車が現れる頃合いに合わせる予定なのでコンテナ車だけチェックすると真ん中の2両だけが積んでこの所の寒波襲来で影響が出ているのでは?と感じさせます。

○83列車…タキ1000は翌日の80列車に入ることは知っていたのでここでチェックしましたが、コンテナ車も積車(満載は2両目のみ)、空車とも2両ずつで前者をデジカメに収めました。
△竜王
EH200-2
コキ107- 602 ↑梶ヶ谷タ発 新製24-9-26川重[空車]
コキ104- 274 全検27-10-15広島車 1個目に19G-21176、5個目に19D-47332[いずれも一色塗り]積載
コキ106- 632 KY26-5-30
コキ104-2250 ↓ 全検27-11-20広島車[空車]
タキ1000- 47 JOT[E]/根岸* 全検26-5-9川崎車、自重16.7t (A重)
タキ1000-306 JOT[E]/根岸 石油類)黒地(A重)
タキ1000-355 JOT/根岸* 全検28-11-8川崎車、自重16.6t
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 全検28-9-7川崎車、自重16.7t
タキ1000-835 JOT/根岸
タキ1000- 53 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 23 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-820 JOT/浜五井 無
タキ1000-422 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-865 JOT/根岸 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地

 一通りチェックすると東急スクエアのスターバックスで一休み。先週はデカフェのお豆が出る様になったのでドリップでもあるかな?と覗くとこの時期お決まりのグァテマラ・カシシェロでして自宅分は福袋の2袋を平らげてからなので来月中かな?といった算段で長野のお店から転任してきたパートナーさんと初顔合わせとなり、今後ともよろしくお願い致します。

 続いて京王八王子駅のショッピングセンターへ。最初は9階の文教堂で『年鑑バスラマ』を頂きたかったものの、通常の号だけでしたのでネット経由で注文するかな?と思い、7階のアートマンではバレンタイン限定の京王線の絵柄が入ったチロルチョコのセットが並べられて電車のイラストが入った缶も登場。マスターは8000系のノーマルと高尾山がお好みです。続いてスターバックスでは昨日に続いてラテのデカフェ+低脂肪ミルクを頂き、福袋の話題からデカフェのお豆が出て来ると本場モノ(=アメリカ)だね!と突っ込む始末。

 今度は南口へ回ってこの間『四季島』が通過した頃合いの参上になりましたが、今日は運悪く空振りで現れたらラッキーということで期を改めて。

 改札に入って横浜線で片倉駅へUターン。雲が出て来たので(この後、タンク車をデジカメに収める時にホワイトバランスの調整に骨が折れました)片倉城址公園の丘の林を見ると木の色合いと何処か同化した印象ですね。八王子駅へ戻る時に乗った電車に乗ると日テレの新番組ドラマのPRが入っていたので『スーパーサラリーマン左江内氏』もちゃんとありましてテカリを気にしつつも何とかデジカメに収め、最近では藤子F大全集にも収録されて話題を呼びましたが、マスターは中央公論社で発刊した読み切りのSF短編を収めた分厚い一冊の中に全回入っていたので知っています。

○8092列車…短い11両編成の入線で前方には全検出場から浅いナンバーが3両続いていたのでいつもは80列車が片付いた所で改札を出るマスターもここは残務処理で後刻片付け、早々今年に入ってからの出場車をキャッチ。先頃、今上天皇の生前退位が発表して検査切れとなる平成34年は(新元号)4年になる様です。
△根岸
EH200-3
タキ1000-762 JOT/根岸 全検28-9-2川崎車、自重16.7t
タキ1000-348 JOT/根岸* 全検29-1-12川崎車、自重16.8t ◀︎石油類)黒地
タキ1000-799 JOT[E]/根岸 全検28-12-16川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000- 72 JOT[E]/根岸*
タキ1000-145 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-824 JOT/北袖# 無
タキ1000-619 JOT/根岸 無
タキ1000-288 JOT[E]/根岸* 全検28-5-12川崎車、自重16.5t 無
タキ1000-803 JOT/浜五井 無
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

○85列車…八王子折り返しの快速電車が少々遅れて到着しましたが、これを気にしながらの到着でこちらも1両少ない13両編成で5両目以降はガソリン積みが続きました。また、295番は先月23日の6795列車に連結していたナンバーです(こちらを参照)。

EH200-3
タキ1000- 81 JOT[E]/根岸*
タキ1000-295 JOT[E]/根岸* 全検28-12-24川崎車、自重16.7t
タキ1000-196 JOT[E]/根岸*
タキ1000-439 JOT[E]/根岸*
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-850 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-607 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-567 JOT/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-197 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-877 JOT/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

○80列車…一杯の17両編成で来る事を想定して準備するのですが、この所、前日の83列車そのままの12両編成で来る事が多いのでは?と感じさせます。ここでも年末に全検出場した2両をキャッチしました。
△根岸
EH200-15
タキ1000-536 JOT[E]/仙台北港 石油類)黒地
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-152 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-158 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 61 JOT[E]/根岸*
タキ1000-790 JOT[E]/根岸 全検28-5-30川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-357 JOT/根岸* 全検28-12-27川崎車、自重16.7t
タキ1000-254 JOT[E]/根岸* 全検28-12-27川崎車、自重16.9t
タキ1000- 79 JOT[E]/根岸*
タキ1000-611 JOT/根岸
タキ1000-107 JOT[E]/根岸* (A重)
根岸*=旧郡山常備車

 85列車の後方を見たいところが80列車の出発が少々遅れていたので駆け足で1・2番線へ赴き、昨年中の全検車を3コマ収めてから85列車の13両目をチェックし、東側の乗り換え通路から5・6番線へ行き、13時丁度の横浜線の電車が出発してから8092列車の前3両を確認&撮影(8460列車が止まる午前中は結構、影が当たりますが、お昼過ぎになると良い具合になります)を行い、少し遅れましたが、今日も仕事はフィニッシュ(幸い、iPod touchのメモアプリは飛びませんでした)。

 改札を出てからサザンスカイタワーのスターバックスへ。ドリップが2杯目なので見るとここもグァテマラ・カシシェロのお豆で一緒にチョコチャンクスコーンを頂きます。『アメリカン』と銘打っているので本場仕込みをアピールし、パートナーさん相手に福袋の話題を交わしてからソファー席がなかなか空きませんでしたが、空いてから見た列車3本の中身を埋めつつ、無意味にスマホ片手に居座る連中が多いのには些か苦言を呈す気持ちながら過ごした次第です。

 帰りは南大通り経由の西八王子行きのバスでご帰還となり、ドライバーさんは違いますが、行く時に待っている時と同じナンバーが参上します。

|

« H29.01.06 八王子駅 | トップページ | H29.01.18 京王相模原線沿線&八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/64774881

この記事へのトラックバック一覧です: H29.01.17 八王子駅:

« H29.01.06 八王子駅 | トップページ | H29.01.18 京王相模原線沿線&八王子駅 »