« H28.11.01 八王子駅 | トップページ | H28.11.10 八王子駅 »

2016年11月 4日 (金)

H28.11.04 八王子駅

 今年は12月に中央線の特急列車『あずさ』号の運転開始から50周年を迎えて先週から暇をみてはクイズラリーを楽しんでおりますが、今週のうちに日野市内2駅へ行かねばと思いつつも洋物の勉強に費やす日々が続きましたので出掛けてまいりました。ここが済むとパーフェクトです。

 いつもの様に西八王子の南口から八王子駅南口行きのバスに乗り、久し振りに時刻表通りの走りでこの所進めていたガス管の取り換えも逆車線側に移り、南口はいつも出入口の対面ですが、ビックカメラの入口前で止まり、こちらも都合いいや!と思い特に8月から車寄せが工事で払われてから裏側を歩くのも何なのでと最初からそのままにしておけ!と思うほどです。

 先ず、83列車のコンテナ車をチェックしてから久し振りに8460列車は長めの編成で南群線にはHD300−8が休む姿が見られたので今日は8097〜8092列車の分がなく、夏頃も同じ状況が続いていた事を思い出します。ここで一旦セレオのスターバックスへ。『スーパーあずさ』11号が出発した後に入りたいので幸い、マルベリーブリッジ側のテーブル席をゲット。レジ待ちではあるお母さんから声を掛けられて時折来られるとの事で今後とも宜しくお願いいたします。カフェアメリカーノを頂いてから券売機でSuicaをチャージ。ここからゲートイン。

○83列車…コンテナ車は4両とも満載、タキ1000は12両と目一杯の陣容です。コンテナでは不思議とJRマーク入りの一色塗りが見られなかった一方(その代わり末尾に”R”が付いた再塗装をキャッチしました)、ピンク帯のUR19Aが2個続き、タンク車は外側にガソリン積み、内側は灯油、軽油積載車で固められています。
△竜王
EH200-17
コキ104-1193 ↑梶ヶ谷タ発 全検27-8-10川崎車 1個目にJOT UR19-491*積載
コキ107- 588 新製24-8-10川重 3個目に19G-686[再塗装]積載
コキ104- 287 3個目に19D-8787[再塗装]積載
コキ104- 619 ↓ 4個目にJOT UR19A-11357*、5個目にUR19A-11460*積載
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-436 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-223 JOT[E]/根岸* 全検28-4-7川崎車、自重16.8t 無
タキ1000- 90 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 62 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 54 JOT/根岸*
タキ1000-225 JOT[E]/根岸* 全検28-5-9川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 63 JOT[E]/根岸*
タキ1000-366 JOT/根岸* 無
タキ1000-619 JOT/根岸 無
タキ1000-683 JOT/根岸 石油類)黒地▼
UR19Aの*=幅広マーク付き、根岸*=旧郡山常備車、表示板の▼=逆向きに装着

 83列車の出発後は8460列車をチェックし、前もって確認した通り、タキ1000の連番に浜五井行きのパートにはタキ43000の44t積みの連結も見られ、そろそろ冬場の需要期に向けた足慣らしだなと感じ取れます。

○8460列車…浜五井からのタンク車も冬場のピーク時に備えてタキ43000の44t積み車も連結されるようになり、内側の連結ゆえに根岸発の境目が掴めない気がするもの、本輪西の廃止から2年以上経つものの、漸くキャッチしたナンバーも。243802番は一時期、北袖へ移動したナンバーでタキ1000とトレードした形で復帰している事が分かります。
△川崎貨物
EF210-125
▼浜五井行き
タキ43169   OT/倉賀野  ↑浜五井行き
タキ1000-401 OT/宇都宮タ 石油類)黒地▼
タキ243802  JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地
タキ243737 JOT[e]/浜五井# ↓ 全検28-2-29川崎車、自重16.0t
▼根岸行き
タキ1000-503 JOT/根岸  ↑根岸行き
タキ1000- 68 JOT[E]/根岸*
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-608 JOT/根岸 無
タキ1000-588 JOT/根岸 無
タキ1000-591 JOT/根岸 無
タキ1000-483 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-231 JOT[E]/根岸* 全検28-4-1川崎車、自重16.9t 無
タキ1000- 85 JOT[E]/根岸*
タキ1000-755 JOT[E]/根岸  全検28-5-6川崎車、自重16.7t
タキ1000-756 JOT[E]/根岸 ↓ 全検28-6-2川崎車、自重16.6t
根岸*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車、▼=表示板の逆向き

 一通り片付くと1・2番線へ行き、10時59分発の快速電車で日野へ向かいます。左隣にはこれからお弔いへ出掛けると言ったボクちゃん連れの若夫婦が腰掛け、オイルターミナルの基地にはタンク車が居ないのは予想通り。豊田の車両センターにはクハ189-508×6(八トタM51編成/国鉄特急色)が一休みする姿を見て、日野バイパスを潜るあたりで降りる支度をします。

 日野駅のホームからは8月に出来上がった立川駅北口の高層ビル・タクロスが多摩川越しから見る事が出来、こちらもMAX40倍ズームを活かして収めると意外と立川駅周辺のビルの看板が綺麗に見る事が出来、出発した電車もここで10年迎えた編成でまたまた年賀状の題材探しのショットを収め、改札口を出て問題は線路の真下に当たる券売機沿いのポスターを見つけ、ここの問題は東海道線では伊豆へ行く列車ではおなじみのある形式だな!とピンと来ました。再びホームに戻ると1番線を『富士山号』のクハ189-509×6(八トタM52編成)が通過し、4ヶ月振りのホームからの「走り」を収めるもさすがに日野駅のホームの狭さでは足場に迷います。タイフォンを鳴らされるも安全には念入りのスタンスですので。

 日野から11時15分発の高尾行きで豊田へ向かい、一駅だけの乗りなのでこの間は立ったまま進みます。

 豊田で降りて暫くすると電気機関車の唸りが耳に入って先程確認した8460列車のEF210が4番線を通過する所です。漸く『あずさ』50周年クイズもフィニッシュでここの場所が分かり辛く、問題文から181系に関連する内容の様でこの正解に関しては『国鉄新性能電車履歴簿』なる分厚い本を所蔵しているのでここを紐解けば出てくるので1か3を入れれば答えになると思われます。北口のロータリーではちょうど平山工業団地循環のバスで京王100周年の復刻カラー車が担当し(あと1周して八王子駅行きになって入庫する様です)、駅前の東芝の工場から三井の物流センターに衣替えしたせいでしょうか軽装の若者やら東南アジア系の外国人の労働者がどこか目立つ様になった印象がします。豊田で降りたという事はイオンモールのスターバックスにも立ち寄るのはお決まりで早いものでこの20日でオープン2周年を迎えます。今日は久し振りにストアマネージャーさんのお兄ちゃんも入ってブラックエプロンが2人も居たので何かあるのでは?と突っ込む程です。ドリップのクリスマスブレンドをいただくも多摩平の団地が近いのか孤独死予備軍と言った汚らしい爺さん(失礼)がどこか多く気になりましたが、店先のレザーのソファーに腰掛けて一杯頂きます。

 さて、帰りの八王子方面が『かいじ』105号の前後で15分ほど開くのでここを気にして辞するも幸い、八王子止まりに当たったのでこれで帰る事にしてやって来たのはクハE233-35×10(八トタT35編成/39T運用)に乗り、丁度1ヶ月前は日光のラッピングが貼られたので最初、代々木辺りで見掛けて帰る頃にタンク車と一緒に見る頃にやって来たらこの編成だったので何コマか収めた次第で今ではスッピンで降りると40分程止まるのでこの間に2番線へ移動して何コマか収めて過ごします。いつもは降りると30分空きで準備もipod touchのメモアプリでコピー&ペーストだけなのですぐ片付き、一本無い分退屈してベンチに腰掛けるも時期柄学園祭の準備で早帰りの高校生の他にも例の日本語学校の外国人連中も何処か多く、国内の政策も留学生やら外国人の技能実習に金を注ぎ込むより若者に受け入れられる程、魅力ある職場作りに費やした方が本筋だろうと思うくらいに感じさせ、バブル期の悪印象が未だ引き摺っている方が異常と思えさせます。

 211系の回送(540M、←クモハ211−1001×3+1011×3/長ナノN317+N327編成)はこの所1000番代トップに随分逢っているなと感じつつも3番線の快速電車が入るとこちらもスタンバイします。

○83列車…いつもの14両編成から増結モードの15両編成で到着し、ナンバーを見ると先週確認した時とほぼ同じナンバーが続き、前の方を弄った形の組み合わせでH9新製車の372番の全検出場をチェックしました。

EH200-18
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 全検28-7-1川崎車、自重16.6t 石油類)黒地
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 全検28-10-13川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-433 JOT[E]/根岸
タキ1000-788 JOT[E]/根岸 全検28-9-2川崎車、自重16.8t
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-846 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-827 JOT/北袖# 無
タキ1000-819 JOT/浜五井 無
タキ1000-613 JOT/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 全検28-6-15川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-793 JOT[E]/根岸 全検28-9-5川崎車、自重16.8t

根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

○80列車…一杯の17両編成での到着でA重油の積載車も先頭に1両連結していました。全検車では789番を初めて確認。
△根岸
EH200−11
タキ1000-116 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 全検28-9-7川崎車、自重16.7t
タキ1000-272 JOT/根岸* 全検28-9-16川崎車、自重16.7t
タキ1000-156 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-150 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-152 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-589 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 全検28-6-6川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-878 JOT/根岸 無
タキ1000-870 JOT/根岸 無
タキ1000-194 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-876 JOT/根岸 無
タキ1000-481 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-563 JOT/根岸 無
タキ1000- 72 JOT[E]/根岸*
タキ1000-835 JOT/根岸
タキ1000-199 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 最初は85列車の後方を見てこのまま2番線へ移るつもりがこのまま3・4番線に過ごした形で改札を出てびゅうプラザへ。クイズの答え合わせは全問正解で参加賞のポストカード、パーフェクト賞のボールペンを頂き、待ち合わせのソファーの後ろには『あずさ』弁当の他に関連したグッズ(もちろん『あずさ』2号のレコードもありました)やサボの展示、入口前の柱には見た事がある時刻表の表紙が掲げられて居たので交通公社の時刻表の昭和42年の9月号でこちらも復刻版で所蔵している号で丁度『あずさ』号が表紙に彩られて八王子はここまで通過という事で上下のダイヤと編成の部分を抜粋しています。

 続いて京王八王子駅のショッピングセンターへ赴き、7階のアートマンで京王の電車の絵柄が入った年賀状が入ったので今年は8000系のグリーン車ラッピング(8713編成)の絵が入ったものが注目されて早く買わねばと思いつつの来店でさすがに全種類は買えないのでここからピックアップしてグリーン車+富士山と京王電車勢揃い(8000系はノーマル+8713編成、1000系は7色+レインボーの1779編成)を選びました。1階のスターバックスにも立ち寄り、このホリデーシーズンからお目見えのピーカンナッツラテを頂きながら店先ではクリスマスブレンドのドリップとラズベリーケーキを振舞って早速おご馳走になりました。

 最初は甲州街道経由のバスでもよかったかなと思ったら先程のミッションがあるのでNEW DAYSでリプトンリモーネのレモンティーを20円引きでゲットし、南大通り経由の西八王子駅行きの列に並ぶもエラい長いなと思うのは後続を待つお客さんが多い現れでこの合間に先程見た列車の項目を1両ずつコピー&ペーストしながら片付けてご帰還です。

|

« H28.11.01 八王子駅 | トップページ | H28.11.10 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/64429615

この記事へのトラックバック一覧です: H28.11.04 八王子駅:

« H28.11.01 八王子駅 | トップページ | H28.11.10 八王子駅 »