« H28.10.18 八王子駅 | トップページ | H28.11.01 八王子駅 »

2016年10月24日 (月)

H28.10.24 八王子駅

 先週、先々週はマスターにとっては大事な商売道具であるiPod touchが急遽、ドッグ入りする羽目になりまして、最初、21日頃に上がるかなと思ったら2日早く19日(水曜)に引き取りに出掛け、ついでに干支で一回りほど活躍した冷蔵庫も入れ替え、某社のウリにしている30年以上前からある機能目当てで選んだ訳でしてこれを買わねば一生損をした気がしますね。

 最初は起き抜けの調子が悪かったのか出掛けるのを控えるつもりでしたが、何とかに鞭打つ形で出掛け、また、スターバックスのお豆が切れつつあるので仕入れに出掛けました。

 少しバタバタして出発が遅くなりましたが、いつも乗る富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗るとバス停で待つ先客のオバちゃんの愚痴を耳にして最近は遲れる様になりましたが、また、途中では実践高校の脇でガス管の取り換え工事が行われてこの間は暫くのご辛抱。

 南口の線路際に出て83列車が着いていないな!と驚くもマスターが到着してから暫く立っての到着で3分ほど遅れた様子で何をやって居たのか解らない正装の爺さんが居ましたが、耳が遠い上にどこか認知症が入っている様で身内も「出掛けるのを控えろ!」と強く言えないものか。八王子ならまだしも横浜のある病院ではありませんが、変な事件に巻き込まれるよりはマシですが………。先ずはコンテナ車をチェックし、最初は出掛けるのを控えるつもりがメガネを自宅用(つまりマスターのデスクワークやパソコン作業用です)のまま飛び出て来ました。

 さて、コンテナ車だけなら良かったのですが、タンク車の連結があったのでここで一先ず暇をおきまして、サザンスカイタワーで軍資金を引き出し、スターバックスで一休み。アメリカーノ(流石にこの時期ともなるとホットです)をいただいてから最初は北口のある所へ行くつもりが色々見なくてはとipod touchのドッグ入りで控えていたネタ探しを敢行した次第です。

○83列車…いつもこの列車(=対の82列車も)でコンテナ車というとコキ104が最低1両入りますが、今日は珍しくオールコキ107の陣容でコンテナは4両目が3個積まれた以外は満載です。また、タキ1000も一杯の12両かな?と思ったら9両の連結でH9新製車では363番が全検出場した所です。
△竜王
EH200-14
コキ107- 394 ↑梶ヶ谷タ発 全検28-8-19輪西派 2個目に19D-43462[一色塗り]積載
コキ107-1288 新製27-12-8日車 3個目にJOT UR19A-1311*、4個目に19D-43425[一色塗り]、5個目にJOT UR19A-20923積載
コキ107-1431 日車28-5-10 1個目にJOT UR19A-15541、2個目に19D-46235[一色塗り]積載
コキ107- 772 ↓ 全検28-3-4小倉車 4個目にJOT UR19A-11087*積載
タキ1000-363 JOT/根岸* 全検28-10-11川崎車、自重16.6t
タキ1000-169 JOT[E]/根岸*
タキ1000-490 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-223 JOT[E]/根岸* 全検28-4-7川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-567 JOT/根岸 無
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-601 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-153 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車、UR19Aの*=幅広タイプ
コキ107−772新製=25-8-9川重

 83列車は専ら外側からのチェックとなりましたが、定刻の出発となり、改札に入ると早速8460列車を見ます。

○8460列車…全車根岸行きの編成でEF210牽引の姿は2〜3年前までのお昼頃の列車を思わせる組み合わせです。意外と未撮影、今年の全検車が多く頑張ってデジカメのシャッターを切って収めた次第で10月の末ともなると日陰の角度が急になるのでこれから好天の日ともなると気になる季節になりました(3月までの様に浜五井行きが後方なら嬉しいのですが………)。
△川崎貨物
EF210-112
タキ1000-237 JOT[E]/根岸* 全検28-7-4川崎車、自重16.7t
タキ1000-229 JOT[E]/根岸* 全検28-5-9川崎車、自重16.6t
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 全検28-7-11川崎車、自重16.7t
タキ1000-500 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-270 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-260 JOT[E]/根岸* 全検28-7-11川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-244 JOT[E]/根岸* 全検28-4-6川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-197 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 全検28-5-9川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-875 JOT/根岸 無
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
タキ1000-538 JOT[E]/仙台北港 全検27-6-18川崎車、自重16.7t 無
タキ1000- 76 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 時間に余裕があったので跨線橋のベンチで持ち歩くファイルに綴じたリストを書き出し、流石に電池の持ちを気にしてかコピー&ペーストは帰路以降に行い、3番線で折り返す中央線の快速電車をウオッチして11時半ごろの横浜線の快速電車で片倉へひと回り。流石に駅ナカのローソンも目立ちますが、10月もここまで来るとそろそろ年賀状の準備をしなくてはと思う様になり、E233系がこの秋で最初の編成の新製から丁度10年を迎えて、今ではすっかりE231系と並んでJR東日本を代表する位置付けの電車になるとはこの時は思いもしませんでした。既に店開きしていたので新製車が出回る度中央線、横浜線と当日確認した編成は極力紹介する様心掛けていましたが、お次は3年後から始まる中央線のグリーン車組み込みの頃と予想しています。

 8092列車の到着まで跨線橋の下のベンチで一休み。もちろん、他の2本もこの間に準備しますが秋の行楽シーズンらしく高尾山行きの年配のハイカーは勿論、富士山辺りへ行く欧米系の外国人さんも見られますが、特にこの2〜3年東南アジア系の訳の分からない連中が多く、テレ東の番組ではありませんが、本当に何しに来ているのか分からず、4年後の今頃は何と宣うか思う程ですね(7割程は不法残留で関与した悪どい企業や日本語学校はしょっ引かれる目に見えています)。

○8092列車…快速電車が遅れていたのかいつもより少々早い入線となり、こちらも211系の回送が来る頃までにチェックがほぼ終わるも編成は若干短い12両編成で中には13日のこの列車にも連結されたナンバーも散見。
△根岸
EH200-3
タキ1000-873 JOT/根岸 無
タキ1000-584 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-852 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-268 JOT[E]/根岸* 全検27-12-26川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-614 JOT/根岸 無

タキ1000-581 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-168 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-439 JOT[E]/根岸
タキ1000-230 JOT[E]/根岸* 全検27-12-28川崎車、自重16.7t
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 62 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

○85列車…いつも通り14両編成での到着で全車3桁ナンバーと見事に並びましたが、H18新製車で771、788番を初めて確認。

EH200-3
タキ1000-433 JOT[E]/根岸
タキ1000-788 JOT[E]/根岸 全検28-9-2川崎車、自重16.8t
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-597 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-846 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-827 JOT/北袖# 無
タキ1000-819 JOT/浜五井 無
タキ1000-613 JOT/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-771 JOT[E]/根岸 全検28-6-15川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-793 JOT[E]/根岸 全検28-9-5川崎車、自重16.8t
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 さすがに8092列車の編成が短かったのか85列車でこの分張り切り、2番線の東京方へ赴くとこのまま80列車で余力を消耗した次第です。

○80列車…前日が日曜だけあって83列車のタンク車が無く、短い12両編成での到着です。最後尾がA重油の積載車でこれぞ正調の組み合わせでここではまだデジカメに収めていなかった760番をキャッチしました。
△根岸
EH200-16
タキ1000-639 JOT/仙台北港
タキ1000-198 JOT[E]/根岸* 全検27-7-31川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-519 JOT[E]/仙台北港 全検27-8-19川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-598 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-580 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-760 JOT[E]/根岸 全検28-8-25川崎車、自重16.8t
タキ1000- 61 JOT[E]/根岸*
タキ1000-536 JOT[E]/仙台北港 全検27-7-27川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000- 66 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-807 JOT/浜五井
タキ1000-115 JOT[E]/根岸* (A重)
根岸*=旧郡山常備車

 2番線で80列車のチェックが終わるとみどりの窓口で『あずさ』50周年のスタンプ(八王子駅はボンネットの181系)を押してセレオのスターバックスでお豆(9月中はハウスブレンドが続いたので今回は久し振りにパイクプレイスローストです)を買い、NEW DAYSではBトレのKIOSK番を2個選び、いつもはビニールのレジ袋ですが、ロゴ入りの紙袋を初めて頂きました。

 帰りは丁度、南大通り経由の西八王子駅行きのバスがあるのでこれに合わせて乗るとハラダのラスクの紙袋片手のオバちゃんが”回送”表示になっていると突っ込む一幕もあり、ドライバーさん、設定ナンバーを間違えた様で無事出発進行。

 帰宅すると仕入れたBトレをチェックすると70系の先頭車(=クハ76)に3月まで常磐線で走っていた415系の先頭車・クハ411(ステンレスの1500/1600番代で211系に似ています)が出まして、今回は新潟の70系がラインナップになってマスターの手持ちでは70系がなかったのでここで2両揃って山手線シリーズにあった72系と連結して色は違えどかつての山スカ&山ゲタ(クハ79はドンピシャですが、モハ72はモハ63出自で少々異なりますが………)もどきとして楽しめるのではと思った次第でまたこの間の古本祭りの時に昭和52年の『鉄道ファン』で団体列車と旧型国電、横須賀線と詳しく紹介した号があって買いましたが、これで楽しさが増す事受け合いです。

|

« H28.10.18 八王子駅 | トップページ | H28.11.01 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/64393239

この記事へのトラックバック一覧です: H28.10.24 八王子駅:

« H28.10.18 八王子駅 | トップページ | H28.11.01 八王子駅 »