« H28.08.05 松本周辺(その1) | トップページ | H28.08.09 八王子駅 »

2016年8月 5日 (金)

H28.08.05 松本周辺(その2)

 午前の部が終わると松本駅でのランチタイム。お手洗いで少々待たされましたが、コンコースの『あずさ』で久しぶりに松本駅の駅弁から『安曇野ちらし』を選び、精算所の窓口で長野支社のポケット時刻表(¥150)を買い、再び4・5番線に戻る格好に。自動販売機で『朝の茶事』を買ってベンチに腰掛けてのランチタイムで電車を見ながらの昼食もなかなかのもので今日持参しているSX720HSの使い初めの日に偶々地元に現れたE353系も顔を出してまた今日もご対面。合間合間に電車ウオッチを楽しみ(洗車機でウオッシュしてこのまま長野行きになるE127系や真っ白なアルピコ3000系など)、『安曇野ちらし』はワサビの名産地の安曇野に因んで刻んだワサビがシャリに入っているのも納得。蕎麦味噌や姫竹、マスの酢漬け、クルミ、アンズと信州の幸を満喫。再びお手洗いを済ませると12時42分発の電車が入線します。

 松本から12時42分発の小淵沢行き(1530M、クモハ211-3017×3/長モトN309編成)で南松本へ向かいます。最初は下り線側のかぶり付きに腰掛けようと思ったら小坊軍団に先を越され(南松本で降りると楽なのは長年の慣れとオジさんの感が働いています)、反対側に腰掛け、車掌さんは小柄なお姉ちゃんで準備に余念がありません。出発間際まで押し寄せて出発進行。先程のコキ105も降りる支度をしてからナンバーをチェックします。

 南松本に降りると丁度、東京タからの2083列車が到着して八王子駅に居ると同じ位に根岸からのタンク車が到着して折り返して返送の列車を牽くのですが、これと同じように到着すると早速EH200が切り離されて上り側の待機線へ向かいます。昨年訪れた時に海上コンテナのパートを見落として時間一杯まで粘りましたが、今年はこのリベンジで新しいデジカメ片手なので40倍ズームの威力を発揮させたい一心で気合が入っています。

○2083列車…前2両が北長野行きで2両目には北見地域農産物輸送促進協議会のUV19Aや高知通運のUF16A(旧ヤンマー)と珍しい顔触れの他、海上コンテナ組はこの列車ではお馴染みのトランスシティではなくJOTの青いバルクコンテナが2個積まれただけでした。また、記された19D、19Gのナンバーは一色塗り+JRマーク入りのものです。

EH200-24
コキ106- 587 ↑北長野行き 全検23-9-10広島車
コキ107- 984 ↓ 新製26-5-30日車 3個目に北見*UV19A-547、4個目に北見*UV19A-558、5個目に高知通運UF16A-508#積載
コキ107- 56
コキ107- 817 新製25-11-20川重 1個目に19G-19401、2個目に19D-44636積載
コキ107- 353 全検27-11-6川崎車 3個目に19G-18981積載
コキ107-1184 新製28-1-20川重 [3個目以外はJOT UR18A/19A積載=UR19A-15169、UR18A-12251、UR18A-12494、UR18A-11450]
コキ106- 735 2個目に19D-44169積載
コキ107- 461 新製24-1-27日車 4個目に19D-42216積載
コキ107-1294 新製27-12-21日車
コキ107-1315 新製28-4-7川重
コキ107- 747 新製25-6-12川重
コキ107-1062 新製27-2-13川重 JOTU100159[5]、JOTU100120[8]積載
北見*=北見地域農産物輸送協議会、UF16Aの#=旧ヤンマー

 2083列車の到着後は先に北長野行きを収容してからコンテナホームへ3〜8両目、続いて後2両を海上コンテナのホームへと言う形でHD300-10によって各線へ移動されました。昨年は一本電車を見送った形で早々片付いたので塩尻まで一本早い木曽福島行きに乗ることが出来、合間が出来ると5460列車の予想を立て、みどり湖〜塩尻の間ですれ違うと正解です。

○5460列車…この後で準備をしますが、牽引機や編成の内容も後でみどり湖〜塩尻ですれ違った際に予想通りでしたので5467列車で到着した時点をベースにまとめてみました。
△川崎貨物(浮島町)
EH200-24
タキ43349 郡山
タキ43569 宇都宮タ
タキ1000-734 川崎貨物◎
タキ43266 倉賀野※ 石油類)黒地▼
タキ43166 宇都宮タ※
タキ1000-724 川崎貨物◎
タキ43603 宇都宮タ
タキ43271 倉賀野 全検28-5-23川崎車、自重15.9t □
タキ43008 八王子※
タキ43358 南松本
タキ1000-787 JOT/根岸 ↑根岸行き 全検28-5-19川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-878 JOT/根岸 ↓ 無
OT所有車の※=旧西上田常備車、タキ1000の◎=旧矢羽根色、▼=表示板の逆向き、□=石油類)青地(他はガソリン積みの無地板付き)

 昨年はE127系の茅野行きが来るまで喰い込んだ2083列車の後調査も今回は新しいデジカメの威力を発揮して一本早い13時27分発の木曽福島行き(1830M、クモハ313-1329×2/海シンB521編成)で塩尻まで乗り、待ち時間の間に足湯に入る支度が出来ます。事前のメモにも記した通り武豊線電化用のグループで新製は昨年1月の日車製でマスター、今日はオレンジ色のシャツを着ているので名古屋行きの勝負服(JR東海のカラーに合わせています)の威力が思わぬ形で効きましたね。

 塩尻で足湯の準備を整え、14時16分発の茅野行き(1532M、クモハE127-112×2/長モトA12編成)で上諏訪まで乗ります。この頃になると篠ノ井線の沿線火災や名古屋から向かう『しなの』号の遅れの影響が出てきて終始5分ほど遅れての走りとなりましたが、擦れ違う電車も211系や飯田線の313系、下諏訪のJRバスと見入りつつ、諏訪湖の湖畔に差し掛かると山側(蓼科・霧ヶ峰寄り)のロングシートから望むとマルチディスプレイで見る映画の様に諏訪湖の花火の日は見頃だろうな(車内の照明は落とすか最小限で)と思う事も。

 上諏訪駅に着くと例によって足湯に入り、大学生のサークル仲間のお兄ちゃん達や蓼科あたりへ登山したご夫婦、SNSに上げるのかスマホ片手のお姉ちゃんと入って来て昨年来た時は足元が滑った記憶ですが、今年はぬめりが取れて軽やかなり。また、お湯の出口近くの床もコンクリートで補修し、中には首都圏の各支社エリアでも見られるサービス向上プロジェクトのポスターも見られ、ここは温度調節との事です。下りホームへ移動して丁度、飯田線の電車が休んで昨年は313系でしたが、今回は通常の213系が入って211系とのツーショットも漸く収まりました。

○2084列車…編成が意外と短く12両編成で到着し、全検車が続いていましたが、前に地元でキャッチしたナンバーばかりで何処か手持ち無沙汰になり、後方のA重油専用車はオイルターミナルから移籍したナンバーが2両連結されて南松本〜塩浜の列車では予想に反して少なく、ここで補いましたね。
△根岸
EH200-22
タキ1000-817 JOT/浜五井 無
タキ1000- 25 JOT[E]/根岸*
タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-189 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-284 JOT[E]/根岸* 全検28-4-25川崎車、自重16.9t
タキ1000-222 JOT[E]/根岸* 全検28-6-6川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 全検28-4-1川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-806 JOT/浜五井 無
タキ1000-606 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 49 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地(A重)
タキ1000-318 JOT[E]/根岸 石油類)青地(A重)
タキ1000-311 JOT[E]/根岸 石油類)青地(A重)
根岸*=旧郡山常備車

 上諏訪の足湯入湯&一休みを終えると15時14分発の長野行き(1543M、クモハE127-112×2/長モトA12編成)で南松本へ向かいます。『しなの』号の接続の影響でしょうか『スーパーあずさ』22号がやや遅れて到着してこちらも1分ほど遅れの出発となり、これに吊られたのか『あずさ』17号も岡谷で4分遅れとなり、塩嶺トンネルを超えた所で一仕事しなくてはと思ったのはここで5460列車に擦れ違うのでマスターが上諏訪へ向かっている間に作業が終わって編成内容も5467列車で来たタンク車の返送が殆どなので前10両オイルターミナル、後2両根岸行きタキ1000と予想したら大当たり。塩尻は到着2分、出発5分遅れとなり、ここでは用を足してちょうど3番線には辰野行き(直近は16時17分発/162M)が止まっている所で東北地方の701系よろしく塩尻駅でのE127系のツーショット(それも連番で)を収めて最後の南松本詣と相成りました。

 最後の南松本詣では四日市行きの5878列車、コンテナの2082列車と見ました。この間には3月のダイヤ改正で止まる様になった211系の『みすず』飯田行きも到着。17時を回ると2082列車の準備が少しずつ始まり、海上コンテナ組3両(トランスシティの20フィートばかりです)、2083列車で来た8両、5467列車で来た2両と組み合わせは予想通り。ズームでトランスシティのコンテナを記録するもいきなり割り込む様に邪魔する兄ちゃんには閉口。幸い、後で跨線橋に登って再確認する事が出来ました。

○5878列車…四日市発はタキ43000の44t積み車が続いた編成に加え名古屋方には5467列車で到着した全検出場のタキ1000が連結。普段の14両編成ならホームからはみ出てしまうので改札を出て見る所でしたが、今回は編成が短く、ホーム伝いで編成調査・撮影が出来ました。また、期限延長はいずれもH26-9(タキ243833のみ10月)四日市派出での標記です。
△稲沢(四日市)
EF64 1005+1010[共に更新色、冷風]
タキ1000-278 JOT/浜五井* 全検28-7-29川崎車、自重16.8t 四日市6/30発で全検入場
タキ243777 JOT/塩浜* 全検24-8-24川崎車、自重15.8t 無
タキ243808 JOT/四日市* 全検24-6-1川崎車(29-6-16切)、自重16.0t
タキ243833 JOT/四日市* 全検25-7-19川崎車(30-8-13切)、自重16.3t 石油類)黒地
タキ243775 JOT/塩浜* 無
タキ243680 JOT/塩浜* 全検26-7-7川崎車、自重15.9t
タキ243675 JOT/塩浜* 全検28-1-5川崎車、自重16.3t
タキ243688 JOT/四日市* 全検27-12-18川崎車、自重15.7t
タキ243780 JOT/四日市* 全検25-7-1川崎車(30-7-26切)、自重16.0t 石油類)黒地
タキ243752 JOT/塩浜* 全検23-12-20川崎車(29-1-14切)、自重16.4t 無
四日市*、塩浜*、浜五井*=旧郡山常備車

○2082列車…編成の内容は2083列車とほぼ変わりありませんが、海上コンテナの分を1両、北長野へ行く分と入れ替わりに5467列車で到着した2両(後ろ2両です)が入り、いずれも全車コキ106、コキ107で連結された編成です。
△東京タ
EH200-18
コキ107-1062 新製27-2-13川重 TRSU082326[0]、TRSU082339[0]、TRSU093227[6]
コキ107- 747 新製25-6-12川重 TRSU102442[0]、TRSU092817[2]、TRSU071706[2]
コキ107- 145 全検26-5-29川崎車 TRSU071734[0]、TRSU050729[8]、TRSU050816[5]
コキ107-1315 新製28-4-7川重 1個目に30D-245[一色塗り]、5個目にJRFリースUM12A-105259積載
コキ107-1294 新製27-12-21日車 3個目にJOT UR19A-10846*積載
コキ107- 461 1個目にJOT UR19A-10574*積載
コキ106- 735
コキ107-1184 新製28-1-20川重 1個目に19D-44636、3個目に19D-45353、5個目に19D-42425[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 353 全検27-11-6川崎車 2個目に19D-44405、4個目に19D-44372[いずれも一色塗り]積載
コキ107- 817 新製25-11-20川重
コキ107- 56 全検26-3-18川崎車
コキ106- 255
コキ107- 474 新製24-2-3日車 2個目にJOT UR19A-10702*、3個目にJOT UR17A-70068、5個目に19D-44164[一色塗り]積載
UR19Aの*印=幅広マーク入り

 南松本には若干遅れて到着した17時24分発の甲府行き(444M、クモハ211-3049×3/長ナノN315編成)に乗り、平田で空いたもののブラインドを下げて欲しいとお姉ちゃんに言われてしまいましたが、塩尻で結構降りるのでここまでは待つ事にして上諏訪や茅野辺りで大方降りるので県境を跨ぐ頃になると結構すいてきて小淵沢ではキハE200をかたどったマスコットのステッカーが貼られたキハ110が停車中。少しすると若い車掌さんが回ってきて「18きっぷで今日の日付です」と申告。韮崎からは同じ211系でも豊田のスカ色を引き継いだ1000番代の区間運転が控えて後で甲府駅で見る事が出来、韮崎、竜王と少しずつ乗ってきてすっかり夜の帳に降りた甲府駅は3番線にほぼ定刻の到着。

 甲府駅では211系の様子を見たいので長めに過ごし、駅ビルが昨春、オープン以来の『エクラン』から八王子駅と同じ『セレオ』に改められ、マスターにとっては馴染みある名前故か止まっている211系をバックに収めて。嬉しい事に八王子で作ったポイントカードも使えますが、昨年来た時は持参しておらず(後にマイカーのダッシュボードの中に入っていた事が判明しました)、再発行するハプニングもありました。KIOSKも赤い看板からE235系を思わせる四角いグリーンのロゴが入ったNEW DAYS的要素のお店に変わり、並んでいる土産物も半分以上は八王子駅でも買えそうなものがあるので来る時に選択肢に迷うのが本音です。3番線の大月行きを見送ってから次の高尾行きは1番線からなのでこちらへ移動してモニュメントをデジカメに収め、電車を待つ間にワンダ・モーニングショットを買って待ちます。2番線に止まっている『かいじ』号がまだ出発していなかったので遅れているなと実感し、今日は第1金曜日で貨車研究会の定例日で帰る頃は決まって遅れる事が多く、さて、高尾に着いたらどうでしょう。

 甲府から20時07分発(566M、クハ211-2019×6/長ナノN609編成)の高尾行きに乗り、前後の特急列車が遅れていたのか到着は2分遅れ。折り返し1分遅れで出発。塩山あたりまではお勤め帰りが多かったものの、後はガラガラで笹子峠を超えて大月で富士急の電車で京王時代のアイボリー+エンジ帯の1001×2(京王の5113+5863)が停車中。上野原、相模湖と若者の団体が大勢乗って来て(揃いも揃って騒々しい連中ばかりでしたが………)115系から211系のロング車に変わったのか車内の様子も一変した事(平成初めの東海道線や宇都宮線、高崎線と全く同じ感覚です)を肌で感じさせ、小仏トンネルを越えると文字通りホンのあと少し、高尾駅に定刻通りの到着。

 高尾は2番線の到着。快速電車は1番線が先発ながら接続1分なので次の3番線から出発する21時46分発の快速電車に乗る事にしました。北側の留置線を見ると早朝はE233系が顔を並べて休んでいましたが、この時間は211系が2本休んで南側にも大月から帰って来た(4両編成は富士急へ)E233系の6両編成に混じって休む姿を見て8号車はドアの間をコンパートメントする形の乗りで出発。西八王子に無事到着。体感で甲府よりも八王子の方が蒸す様子を感じさせ、この夏はリオ五輪の他、甲子園にもこの熱気を届けたい所で夏遠征の初回が無事終わり、ショルダーの補強も時々ずれたことがあってもそう気にはならず(さすがにユザワヤで買っただけあって餅は餅屋ですな)来年は年明け早々のアートマンフェスティバルあたりで代替えしたいと考えています。

|

« H28.08.05 松本周辺(その1) | トップページ | H28.08.09 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/64017322

この記事へのトラックバック一覧です: H28.08.05 松本周辺(その2):

« H28.08.05 松本周辺(その1) | トップページ | H28.08.09 八王子駅 »