« H28.07.01 八王子駅 | トップページ | H28.07.14 八王子駅 »

2016年7月 8日 (金)

H28.07.08 八王子駅

 昨日は七夕で久し振りに雨が降らない気温が高い日となりましたが、さすがにマスターも年齢のせいでしょうかこういう日に限って出不精になりまして、少しは出掛けたいものの、この所左足のカカトの辺りが少々痛くなって来たので下旬から少しずつ夏遠征に出掛けたいのでこれまでに治るかな。

 先週、バスコレの第20弾が売り出されて先週の今日、京王八王子のポポンデッタへ出掛けた所、箱売りが無かったので後日改めて入荷する話を伺い、最初土曜日にいちょうホールの後で行こうと思いましたが、これまた暑さでダウンし、週が改まって火曜日の朝イチ(少し遅れましたが)に改めて来店すると幸い、ワンボックス在庫があったのでケース共々ゲットしまして万々歳。日産ディーゼルの中型ロング車JPと言うと京王電鉄、西東京バスとバリアフリー対応車の走りの様なタイプでマスターもワンステップ車が少しずつ入って遠征の帰りに京王八王子のバスターミナルで長房団地行きや城山手行きでこの辺りが来るのが楽しみでしたね。専ら技を会得したかったのとこの辺りに関心が強かったのでしょうが、平成15年前後はディーゼル車規制の代替えが激しくここで後押しした感じがして今では諸々の事情から廃盤となり、Nゲージサイズとはいえ、出来映えがお見事です。京王バスのカラーもこの頃は八王子駅の南口では見慣れたカラーリングですが、こちらは幕の頃を再現したので現役車の2〜3年先輩にあたります。

 いつもの様にネタ探しの他にスターバックスでドリップ用のお豆が切れそうなので出掛け、昨日の猛暑と打って変わって時折日が射す曇り空となり、行きのバスでは富士森の体育館以外は全て止まる形で途中、16号の交差点を過ぎた辺りでサブちゃんバスに擦れ違います。

 南口の群線跡の駐車場も漸くマンション(サザンスカイタワー風の複合ビル?)の建設が始まり、駐車場の入り口も覆われてここでの調査は暫く見辛いかな?と思いつつ、先ず83列車の様子をチェックします。

○83列車…いつもはコキ104が中心ですが、今日は珍しく全車コキ106、コキ107とグレー塗りの形式ばかりで同じ中央線のコンテナ列車で言うと南松本行きの2083/2082列車の編成をそのまま短くした印象です。コンテナは19系オンリーです。ちなみに3両目のコキ106-1143の検査標記が南側から見辛かったものの、後でゲートインした際に改めて確認しました。
←竜王 EH200-2 Ps+コキ107-280(全検26-12-13広島車)+710(新製24-10-16日車)+106-1143(全検25-1-29小倉車/3個目に19D-42446[一色塗り]積載)+667(3個目に19D-45017、4個目に19D-43314[いずれも一色塗り]積載)

 コンテナ車が4両だけとなると調査がすぐ終わり、南群線でHD300が昼寝していると言う事は8097〜8092列車の運転が無い証です。終わるとすぐさまサザンスカイタワーのスターバックスでアイスアメリカーノを頂き、小さな子を連れた親子連れがソファー席を陣取っていたものの幸い、お店を出る所で1人掛けを占めます。今日はお土産持参の来店でメインになった題材も後刻セレオのお店で頂きました。

 このまま北口の券売機でSuicaをチャージしようと思ったら昨日の日付で神奈中のバスをデジカメに収めるのを忘れた!と慌てて南口方面へ引き返すと今日はアドベル(神奈中の子会社の広告代理店)のラッピングバスが参上し、神奈中と言うと本社が平塚で昨日からこの週末が七夕祭りなので敬意を表してのショットになりまして、改札口から南口の通路では同じく七夕で名高い仙台の観光PRのキャラバン隊がむすび丸のイラストが入った手提げを配ってこちらも早速ゲットし、83列車の出発も余裕で間に合う形でSuicaをチャージしてゲートイン。

 83列車のコンテナ車でコキ106の検査標記が見辛かったので改めて確認するとこのまま8460列車の様子もチェックします。自由通路の橋脚までタンク車が掛かっていたので16両くらいかなと思ったらその通りでした。

○8460列車…浜五井行き2両、根岸行き14両の計16両の長編成は予想通り。浜五井行きの先頭は本輪西から移動したタキ43229でデジカメに収めましたが、1月にも確認したことがあるナンバーでした。根岸行きは先週のこの列車に連結されたナンバーもちらほら見られたものの、最後尾は仙台北港常備の532番で同駅常備のH13新製分で且つ川重の新製車ではラストに当たり、丁度先週全検を受けたばかりでした。
△川崎貨物
EF210-142
タキ43229 JOT/根岸# ↑浜五井行き
タキ43358 OT/南松本  ↓ 無
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸*  ↑根岸行き
タキ1000-197 JOT[E]/根岸*
タキ1000-199 JOT[E]/根岸*
タキ1000-150 JOT[E]/根岸*
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-220 JOT[E]/根岸* 全検28-1-8川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-231 JOT[E]/根岸* 全検28-4-1川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-820 JOT/浜五井 無
タキ1000-877 JOT/根岸 無
タキ1000-198 JOT[E]/根岸* 全検27-7-31川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-567 JOT/根岸 無
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 ↓ 全検28-7-1川崎車、自重16.6t 石油類)黒地
根岸#=旧本輪西常備車、根岸*=旧郡山常備車

 いつもは横浜線で片倉まで往復する事が多いですが、先程もお昼頃の8092列車が無いとなると時間に余裕が出来るので豊田まで行って久し振りに駅から程近いAEON MALLにも顔を出さなくてはと思い、オッと、今日から普段は土曜、休日に運転される富士急へ直通する『富士山号』が9月まで金曜日の運転があるのでこれを押さえとこうとまたまたSX720HSの威力を発揮させなくては。

 豊田で降りると『富士山号』が11時台の前半と聞いていたのでマスターも3番線の八王子方で待ち構えることにして八王子行き、青梅線編成の入庫と見て2番線にグレードアップあずさ色のクハ189-509×6(八トタM52編成)の姿が目に飛び込むと「おっ!来たな!」と2コマ収めて3番線から車両センターへ入庫する線を跨ぐ所では10倍ズームでのショットで右手に柱があるのは見苦しくなりましたが、1・2番線側ならすっきり行けたものと思われます(仕方ありませんね)。

 改札を出て(窓口の周りが昔懐かしい佇まいで思わずデジカメでモードを変えながら収めました)北口からイオンモール多摩平の森へ赴き、日野市のミニバスの新車も発見し、ポンチョ(日野自動車のミニバス)は丸いリアライトが縦2列に並び、スカイラインも真っ青と言った雰囲気でまだまだエコラッピングも健在。イオンモールのスターバックスも3月の末以来でご無沙汰したので今日の様に8092列車が無いときはいいや!と思ってパートナーさんのお名前もドワスレするかなと思ったらバッチリ行きまして、オープニングで入って今回漸く初顔の方も居たので今後とも宜しくお願い致します。丁度、黒板の前のテーブル席が空いていたのでアイスコーヒー(グァテマラ)を頂き、ここも八王子近辺のお店のイベントスケジュールが貼り出されるのでこちらも思わずチェックしてレジにいたパートナーさんにも先月22日のテイスティングのお話をした程です。

 少し時間があったのでイオンモールの店内を一回り。オープンしてから1年半経って少しずつ店仕舞いするコーナーも見られる様になり、折角高い金を出して入って売り上げに見合わないと撤退と言うのがこの手の所では当たり前ですが、どうせなら格安の賃料で元の団地の商店街に入っていたお店を呼び戻した方が手っ取り早い事を思うと今の様な時代は個人や小規模資本では到底難しいのだろうと感じ取れ、ナントカノミクスくたばれと言いたい所ですね。

 さて、豊田から八王子方面は『かいじ』105号を挿んで15分待ち(この間立川止まりが2本あります)となりまして、3月のダイヤ改正で見直した部分で一番痛い所に当たりました。京王線なら北野までこんな事は無いのですが、中央線は勝手が違い、ここ20年以上15分も空く事は無くあっても土休日ダイヤは結構あってマスターも昼間に西八王子から乗ると土曜日は学校帰りの高校生、日曜・祝日は高尾山や小仏峠の向こうからの登山帰り、お彼岸やお盆の墓参帰りが多くなる事もあってか土日の外出も出不精になった遠因に繋がりました。ウィークデーも(事実上)3代前の都知事の愚策の結果で開校したDQNばかりの定時制都立高やボロ儲けしている日本語学校(この間、あるHPを見ていたら5〜10年周期で浮き沈みが激しい事が書かれてここもウン年後はどうなるかわかりませんが………)の外国人が多く、金にならない客が余りに多くこれで減らされたんだ!と憤懣を持つものの、こちとら真剣に待っているのに用も無くホーム伝いをフラフラする爺さんが邪魔で昔みたいにホームに駅員さんが居たら絶対笛を鳴らされますぞ!。

 さて、12時07分発の高尾行きに乗ると7月の今頃は期末試験帰りの高校生が多い時期なので結構立っていましたが(不思議と空きました)、普段だったらどの位の乗り具合になるのか気になる所です。

 電車から降りるといつもならあと15分でタンク車が入るな!とiPod touchのメモアプリを立ち上げて準備する所、跨線橋の下のベンチで一休みの傍ら、デジカメのズームレンズで昼寝しているHD300の様子を収め、線路側に腰掛けて『スーパーあずさ』を待っていたお姉さんに念を押したほどです。お手洗いを済ませてから211系の回送電車が3番線に入る頃には東京方へ移動して続いて折り返し快速電車を見ると85列車の到着を待ちます。

○85列車…いつも通り14両編成の到着でここでもH8新製車を見付けてはシャッターを切りましたが、229番は今回初確認のナンバーです。

EH200-24 Ps
タキ1000-227 JOT[E]/根岸* 全検28-5-27川崎車、自重16.9t
タキ1000- 18 JOT[E]/根岸*
タキ1000-807 JOT/浜五井
タキ1000-229 JOT[E]/根岸* 全検28-5-9川崎車、自重16.6t
タキ1000-819 JOT/浜五井 無
タキ1000-588 JOT/根岸 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-281 JOT[E]/根岸* 全検28-3-7川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-608 JOT/根岸 無
タキ1000-764 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-638 JOT/仙台北港 無
タキ1000-618 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-211 JOT[E]/根岸* 全検27-12-16川崎車、自重16.6t
タキ1000- 52 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 八王子折り返しの次に到着する高尾行きの電車と80列車が到着する合間を狙ってデジカメに収めていなかったナンバーを駆け足でシャッターを切るもカート片手でモタモタするオバちゃんはどこか邪魔くさい。どこまで乗るのか指定席を持っていたら○号車とキッチリ把握して欲しい所で以前、受験生の乗り間違えが問題になりましたが、用も無くフラフラしている年配者は私の間では事故る確率が高くなりますね。

○80列車…一杯の17両編成で下りの列車とは逆に先頭にA重油の専用車が従え、ホーム伝いでガソリン専用車の無地板が続くと『石油類』専用車の表示板が入った車まで”〃”を入れる様に後で埋める形でチェックします。全検出場の未確認では先ほど8460列車で532番がありましたが、ここでは同じ仙台北港常備のH13新製車のラスト・557番が連結されて今年2月29日の出場で5年後は閏年では無いので28日切れになっています。
△根岸
EH200-1 Ps
タキ1000-107 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 90 JOT[E]/根岸*
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-636 JOT/仙台北港 無
タキ1000-254 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-235 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-167 JOT/根岸* 無
タキ1000-201 JOT[E]/根岸*
タキ1000-464 JOT[E]/根岸
タキ1000-301 JOT/根岸* 無
タキ1000-571 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-563 JOT/根岸 無
タキ1000-68 JOT[E]/根岸*
タキ1000-557 JOT[E]/仙台北港 全検28-2-29川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000-81 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 3番線伝いに80列車のチェックを終えるとこのままセレオのスターバックスでドリップ用のお豆を仕入れるとパスポートにシールが貼られて安直だったのかKATI KATIブレンドと夏場限定ですっかり定着したものを選び、思わずVIA抹茶の2回目も仕入れまして、テイスティングの様子のレポートを作成したので渡しました。

 ちょうど、南大通りの西八王子行きのバスに間に合い、バスから降りると先程、8460列車を見ていた時にチラッと入っていたこの時期恒例のサマーランドラッピングに彩られたクハE233-2×10(八トタT2編成、57T運用)をキャッチし、踏切から何コマか収めて今年はウォータースライドをモデルにした絵柄です。

|

« H28.07.01 八王子駅 | トップページ | H28.07.14 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/63886382

この記事へのトラックバック一覧です: H28.07.08 八王子駅:

« H28.07.01 八王子駅 | トップページ | H28.07.14 八王子駅 »