« H28.05.27 八王子駅 | トップページ | H28.06.07 八王子駅 »

2016年6月 4日 (土)

H28.06.03 八王子駅

 6月に入り、今月が終わると一年が半分終わり、そろそろ夏遠征を準備をせねばと言う時期に差し掛かります。

 今日は貨車研究会の定例日で大崎へ。『車掌車』も400号目を迎えて作業は駆け足でしたが、プリントも隣のブルドーザーの作業を気にしたものの、今朝には一丁上がり。朝ドラを見ながらのホチキス止めと。

 最初は作業状況を見て12時過ぎのバスでも良かったのですが、お昼前の南大通り経由のバスに間に合い、今朝は冷え込みましたが、お昼近くは晴れてても風が強く、同じバス停から乗ったカート片手のオバちゃんも帽子がめくれて大変でしたが途中も回転寿司で皿を重ねる形で八王子駅南口を目指します。

 お昼は軍資金を引き出してGW前にオープンしたばかりのサザンスカイタワーのサブウェイで中町のお店は何度か行った事ありましたが、マスターにとっては行き易いエリアは意外と初めてで戸惑いましたが、ローストビーフサンドを小麦胚芽のパン+ペプシNEXのセットで。前はク◯アのカフェでしたが、八王子にめぼしい建物が出来ると根こそぎ出店したものの(こういう社風、イヤですね)、さすがに祖業のカフェよりもこの頃はそば屋や洋食のレストランの出店が目立ちます。

 それから2階のスターバックスへ行くとソファー席が埋まっていたので10分ほどアルプスで時間調整してから再来店。幸い空いたのでアイスアメリカーノを頂き、いつもの皆さんに加えてk-8店のパートナーさん(と言っても以前はこのお店にいた方です)がヘルプに見えて丁度この時期はプロ野球の交流戦の時期と重なって面白いもので先々週がアイスコーヒーのセミナーがあったので様子をデジカメに収めたのでお店へプレゼントという形で。

 八王子から13時59分発の中央特快で東京駅まで乗ります。3月のダイヤ改正で本数が見直されてもどうしても特快は意識せねばと言った形で乗りますが、途中では豊田の189系は3本三色勢ぞろい。真ん中の席に陣取る事が多いマスター、東京駅まで長っ尻のオバちゃんが陣取っていたのか四ツ谷を過ぎたらお堀側へ。新幹線の姿が見えてE5系かなと思ったら『つばさ』号の新しいカラーリングのE3系で大ボケしました。東京駅は2番線の到着。

 東京駅で山手線に乗り換えて7番線のE231系、常磐線のE531系とデジカメに収めて8番線は『踊り子』106号で到着してこのまま東大宮へ回送する185系(←クハ185-112×5101×10/宮オオC6+A1編成)が止まっている姿が目に飛び込み、いつの間にかブロックパターンのカラーから新製当初の斜めストライプに戻り、6番線から見てさすがに185系のトップナンバーが目に飛び込むと思わずシャッターを切る始末です。

 東京駅から山手線で新橋へ向かい、汐留の新橋停車場記念館でアメリカのボルチモア&オハイオ(B&O)鉄道博物館展が行われているのでこれを見に行こうと思いました。新橋・汐留界隈は10年以上ご無沙汰して迷いましたが、銀座口の改札から11月から書き換え必至の築地の中央卸売市場&とうきょうスカイツリー駅(業平橋)行きの表示が入った都営バスの乗り場をデジカメに収めるも築地行きのバスは青梅から移動したナンバーなのでご対面していたら嬉しかったものの今日は空振りなり。しんちかを通り抜けて真新しい地下街に入るとあと一息と案内表示を頼りに停車場記念館へ。2階のB&O博物館展はボルチモアの街を含めて簡単なパネル展示でしたが、日本でいうこの汐留に博物館がある話なので国鉄改革の資産売却で作ろうという話があってみなとみらい、汐留、大宮と誘致合戦を繰り広げた結果が現在の大宮・鉄道博物館という事になります。開館時間が11時〜16時で入館料18ドルと日本の水準に比べるとどうかな?と思いつつも以前『とれいん』の別冊で見たイリノイの鉄道博物館も車両が現役時代そのままの姿に復元された姿や量の多さには圧倒されます。受付で図録でもと思いましたが、無かったのでこちらも大宮で行われた時に見に行きたかったものの時間的制約で断念して今回来館した次第です。

 新橋停車場をデジカメのモードを変えながら収め、折角汐留へ来たのとまだ時間があったので都営地下鉄の駅を通り抜ける形でアドミュージアム東京へ。地下1階が入口で進むと何かの準備といったご様子で地下2階からゲートイン。手前のコーナーでは”世界を幸せにする広告”展の様々なVTRやパネルが置かれる中、私からするとお呼びではないので昔のCMやグッズを見聞きしながら楽しみました。昭和30年代のCMソングというと学生時代に黄色いケースの2枚組を買って歌詞はある程度知っているものの、詩が違うな!と驚く事もしばしばで同じCMでも季節や時期によってテイクを変えていたのだろうと読めますが、意外と楽しめました(CDはワンコーラスだけで)。また、『マッサン』にも登場した赤玉ポートワインも1月に八王子の夢美術館で墓参りついでに見に行った事を思い出します。

 行きと少しルートを変えて今度は新橋駅の烏森口からゲートイン。山手線で大崎へ向かい、浜松町で時間調整がありましたが、順調に進んで到着。

 大崎駅で降りると東側の改札は次世代の自販機があったと思ったらいつの間にかノーマルタイプに逆戻りして『朝の茶事』を仕入れてゲートシティへ。『ライオン』のナポリタンで軽く腹拵えしてからスターバックスに立ち寄り、いつもの様にリザーブのカードをゲットしながらアイスアメリカーノを飲みます。店内をふらついていたらパートナーさんのお兄ちゃんから「これから試飲行いますけどいかがですか?」と勧められて、グラスドリッパーでアイスコーヒーブレンドとこちらも6月に入るとアイスコーヒーモードに入ってこの間も地元のお店のセミナーに参加した身なので流れは十分読み取れ、ここではアイスコーヒーと一緒にレモンクリームパイとのペアリングを楽しみました。お勤め帰りの皆さん(大半が20〜30代の方ですね)が多いですが、八王子辺り行くとこの頃は婆さんが多いなと言った感覚がします。

 貨車研究会の例会は早々お越しの皆さんも多く、『車掌車』は今回で400号。まだ通過点ですが、不手際な点が見受けられたものの、今後追々磨きますのでご期待下さい。

 例会が21時少し前に散会すると山手線に乗り、恵比寿では埼京線の205系を見掛け、E233系のATACS(無線制御)取り付けの真っ只中、順調に行くと今夏には完了する予定なので恐らく秋口にはお役御免になるのでは?と予想しますが、『鉄道ファン』の来年の1〜2月号には載るのは間違えありません。

 帰るときは新宿駅21時25分or21時36分発の通勤快速がお決まりですが、駆け足で21時25分発の通勤快速で八王子まで乗り、乗るなり八王子駅で見る2085列車のページを準備しますが、どこで空くかな?と例によって国分寺で座れてあとは暇を見てウトウトと。

 八王子駅に着くと2085列車の到着まで15分。この後で少しずつ快速電車のダイヤが乱れて高円寺駅と東京駅で急病人、神田駅で異音発生と少しずつ遅れてきましたが、こちらは無事定刻の到着。

◯2085列車…やや短い14両編成の到着で通常15分ほど止まる所、快速電車の遅れの影響で10分以上遅れての出発となり、時間に余裕があったので画像のリテイクも出来ました。全検車では昨春出場した107番に近い所では790番とキャッチ。212番は八王子発着の列車で見たナンバーです。
△篠ノ井(坂城)
EH200-24 Ps
タキ1000-107 JOT[E]/根岸* 全検27-4-6川崎車、自重16.5t (A重)
タキ1000-790 JOT[E]/根岸 全検28-5-30川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-775 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-495 JOT[E]/根岸
タキ1000-679 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-358 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-260 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-354 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-262 JOT/根岸* 無
タキ1000-882 JOT/根岸 無
タキ1000-602 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-583 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-212 JOT[E]/根岸* 全検28-1-9川崎車、自重16.8t
根岸*=旧郡山常備車

 2085列車のチェックが終わると東側の乗換え跨線橋から1・2番線へ。86列車のタキ1000の編成が並んでいたのでホームの端へ進むと高校生の集団が集って邪魔臭く、何やっとんだ!と言った気がしました。

◯86列車(6日発)…13両編成で編成の高尾方にHD300が少し離れた格好で止まっていました。最後尾の786番はここで全検出場したナンバーです。
△根岸
タキ1000-580 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-561 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-261 JOT/根岸* 無
タキ1000-609 JOT[E]/根岸
タキ1000-151 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 52 JOT[E]/根岸*
タキ1000-783 JOT[E]/根岸
タキ1000-874 JOT/根岸
タキ1000- 66 JOT/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 全検28-5-9川崎車、自重16.7t
|(少し離れて)
HD300−8
根岸*=旧郡山常備車

 ここまで終わると3・4番線の待合室で時間調整。『中央ライナー』7号の到着まで過ごし、このまま2081列車の到着を待ちますが、久々(例会の帰りでは4月は2085列車まででしたが、昨年12月以来でご無沙汰しました)にも拘らず今日はEH200-23の単機で到着。お次は5462列車→5467列車と見るのですが、この頃になると快速電車も下りの遅れを引き摺って上りにも影響が波及してきました。5462列車が来るかなと待ち構えるといきなり来ては喫煙するクソオヤヂには閉口。駅の中は完全禁煙になってから結構経ちますが、まだ居る様なので先週みたいな伊勢志摩サミットの時期の様にガードマンが巡回していたら怒られたこと間違えありませんが、八王子は路上喫煙の条例があるにも拘らず無知なものが相変わらず多いですね。

○5462列車…定刻では5分ほど停車する所、快速電車の遅れの影響でしょうかホンの1分ほどで出発してしまい、編成は普段通りながら今年の全検車も若干連結されて後日、改めて確認する事が出来ましたのでこの時のデータで埋めさせて頂きます。
△根岸
EH200-2
タキ1000-157 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 79 JOT[E]/根岸*
タキ1000-195 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-487 JOT[E]/根岸
タキ1000-277 JOT/浜五井*
タキ1000-421 JOT[E]/根岸
タキ1000-636 JOT/仙台北港 無
タキ1000-599 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-254 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-598 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-794 JOT[E]/根岸 全検28-5-10川崎車、自重17.0t
タキ1000-550 JOT[E]/仙台北港 全検27-9-16川崎車、自重16.9t
タキ1000-213 JOT[E]/根岸* 全検28-3-11川崎車、自重17.1t
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車

◯5467列車…3月のダイヤ改正後では初めてのチェックとなり、前は前方に出ていたコンテナ車が東京方に連結し、タンク車の顔触れは以前と変わらず。タキ1000を見ると旧矢羽根色の川崎貨物常備車はすっかりお馴染みですが、他にも644番は私の手持ちでオイルターミナルのH16新製車では浜五井にいる移籍車を除いてパーフェクト。672番は同じ浮島町発の列車でも倉賀野行きの4077〜4074列車ではお馴染みのナンバーですが、4番線側からはエコレールマーク無しの姿は相変わらず。コンテナ車は2両ともコキ107ですが、全て19Dコンテナの積載は模型のビギナーセットを思い出しますが、JRマーク入りも混じって美観がそこねた印象で今日はコキ107の1000番が連結されて前に千葉へ遠征に行った時に見た事があります。
△南松本
EH200-6 Ps
タキ1000-613 JOT/根岸 根岸発 無
タキ43352   OT/倉賀野
タキ43581   OT/宇都宮タ
タキ43018   OT/郡山
タキ1000-644 OT/倉賀野 全検26-10-1川崎車、自重17.0t 
タキ1000-672 OT×/宇都宮タ 全検27-12-7川崎車、自重16.8t 石油類)黒地▼
タキ1000-742 OT/川崎貨物◎
タキ43349   OT/郡山
タキ43171   OT/南松本
タキ43347   OT/倉賀野※
タキ43001   OT/南松本※
コキ107-1000 ↑東京タ発 新製26-6-13日車 2個目に19D-43861、3個目に19D-46585積載[一色塗り]
コキ107-1277 ↓ 新製27-11-25日車 5個目に19D-46579積載[一色塗り]
南松本※、倉賀野※=旧西上田常備車、◎=旧矢羽根色、OT×=エコレールマーク無し、▼=表示板の逆向き

 一通り終わるとNEW DAYSで夜食のおにぎり(今回、青じそ高菜おこわを初めて見付けました)、次世代自販機で『朝の茶事』を仕入れて南大通りを歩いてのご帰還でここ数日、フットマッサージャーを当てる事が多いマスター、帰ると細かい整理を済ませてから当てる事が楽しみで

|

« H28.05.27 八王子駅 | トップページ | H28.06.07 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H28.06.03 八王子駅:

« H28.05.27 八王子駅 | トップページ | H28.06.07 八王子駅 »