« H28.05.13 八王子駅 | トップページ | H28.05.20 八王子駅 »

2016年5月18日 (水)

H28.05.18 八王子駅

 5月も折り返し点に差し掛かり、そろそろマスターも本業に精を出す頃合いになりますが、この頃は少しばかり懐具合が暖まります。

 この所、自家用のiMacで”TRAINZ NEW ERA”にハマっていますが、前の”TRAINZ 2”に無かったシナリオを引っ張り出して楽しみ、本格的なマップの2016年版が面白そうなので入れてみたら今朝、無事フィニッシュとなり、列車は気動車のRDC(東急車輌と提携していたバッド社製の車両です)やアムトラックの『スーパーライナー』(総二階建て客車)、貨物列車もディーゼル機関車のデータを入れ直したらお見事!と相成りましてあとはマスターなりに肉付けを楽しみたいと思っております。

 本来なら昨日あたり銀行回りするところが色々と諸事情でこじれてしまい、今日からスターバックスの新しいフラペチーノを味わいながら出掛けようと思っております。

 拙宅の隣の地銀寮の新築が始まり、先週の後半からは少しずつ杭打ちが始まって少し前にマンションのこれで偽装があった事がニュースになり、これを気にしたのか作業も慎重でこちらもどこでパソコンの電源を入れるか(何せ、昨春の解体の際にこの振動の影響でハードディスクを交換する羽目になったのでこれを教訓に)気になる所で意外と夕方は早く15〜16時頃には電源を入れ出します。

 自宅を少し早めに出掛けて信用金庫で軍資金を預けてから西八王子駅の南口(南入口が至近ながらもわざわざ行くのもバスならではですね)からいつもの富士森公園経由のバスに乗って行き、昨日は北野町の卸売センターへ買い出しに行く時、南口から南大通りの回送(=つまりこの便の後です)が早かったので今日はどうかな?と思ったら2分遅れの出発で南口の到着もいつもくらいで83列車の様子をすぐさまチェックします。

 83列車の様子をチラッと見てから南群線の手前には金曜日に来ていたレール積みのチキ5200+チキ6000の編成や今日は東急5000系の6ドア車を4ドア車へ入れ替える甲種回送もあり(6両分で今回は5112編成&5111or5113編成の分です)、後でビックカメラの裏手からチラッと見えて分かった次第です。

○83列車…コンテナは各車3〜4個の積み具合(通風コンテナが目立ちます)ですが、タンク車が12両の連結でタキ1000の中にはここで全検出場したナンバーもちらほらと。
△竜王
EH200-6 Ps
コキ104-2598 ↑梶ヶ谷タ発 全検23-**-22川崎車
コキ104- 832
コキ104- 61 4個目に19D-45347[一色塗り]積載
コキ106- 41 ↓ 4個目に19D-42403[一色塗り]積載
タキ1000-114 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 10 JOT/根岸*
タキ1000- 53 JOT[E]/根岸*
タキ1000-223 JOT[E]/根岸* 全検28-4-7川崎車、自重16.8t
タキ1000-213 JOT[E]/根岸* 全検28-3-11川崎車、自重17.1t
タキ1000-550 JOT[E]/仙台北港 全検27-9-16川崎車、自重16.9t
タキ1000-570 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-587 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-301 JOT/根岸* 無
タキ1000-586 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-565 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-620 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

 コンテナ車をチェックしてからセレオのスターバックスで今日からのストロベリーデイライトフラペチーノを頂き、これから夏に向けたメニューなので猛暑の日にもってこいかな?といった一品です。飲み終わると83列車の残りや銀行のATMに立ち寄り、さすがに初日なのでスターバックスのお店の前に置かれたPOPや飾り付けの観察もこの所お決まりの様に各店回ります。

 続いて東急スクエアのスターバックスではアイスコーヒー(お豆はアイスコーヒーブレンド)を頂き、今日はストアマネージャーさんも居たので色々お話をして新顔のパートナーさんも顔を出してお名前を伺うとこのブログでは頻りに出て来るお名前なので東急スクエア店のパートナーさんはド忘れする確率が高いですが、尋ねるとなると弛んでいる証拠ですね。

 今度は京王八王子駅のショッピングセンターへ。7階のアートマン、ポポンデッタと立ち寄り、ここでBトレの223系(1000番代)とYAMANOTE STORYの103系(冷房付き)を買います。223系は前にJR西日本管内の限定で中間車を買った事がありますが、今回は後輩の2000番代に習ったセット売りを初リリース。阪神淡路大震災後の輸送力増強(特に新快速)で急遽新製された印象が強く、時期的にもマスターが鉄道友の会に入会した前後の車なのでこれから10年ほど京阪神(JR神戸・京都・琵琶湖各線)の新快速、快速と席巻する礎を作った事になります。もう一種類の103系は前にも中央線のオレンジや京浜東北線のスカイブルーなどと一緒にリリースして持っていますが、さすがに今回のシリーズでは外すのも何なので揃える形での購入でこの間は非冷房はもう2セット買って横浜線仕様に仕立てようと考えたほどですが、この辺にもなると205系が入るとそのまま埼京線や横浜線へ転属したのとまた、八高線が電化した時に押しボタン式のドアに改造した3500番代にも少々近いかな?と言った感じがします。ここでも1階のスターバックスに立ち寄り、さすがにトールサイズが続くとリットル越えになるのでここではアイスアメリカーノのショートを頂きます。

 セレオの九州のれん市を覗いて自由通路から窓越しに見るとちょうど根岸行きの8092列車が止まっている所で後3両はタキ1000-573+231(全検28-4-1川崎車、自重16.9t)+268と続いている様子を見て南口のバス乗り場からの法政大学行き(富士森公園経由)は行きと同じナンバーにあたってのご帰還です。

|

« H28.05.13 八王子駅 | トップページ | H28.05.20 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H28.05.18 八王子駅:

« H28.05.13 八王子駅 | トップページ | H28.05.20 八王子駅 »