« H28.03.09 八王子駅 | トップページ | H28.03.15 八王子駅 »

2016年3月13日 (日)

H28.03.13 八王子駅&埼玉サークル行事

 昨年は拙宅の隣が解体作業で『車掌車』の4月号の編集作業に支障を来たし出席を遠慮した埼玉サークルの鉄道映像を見る会に出掛けて来ました。最初は忘年会で見せた続編という形も何なので昨夏、うちの親が親戚の方と一緒に北海道へ旅行した時に手宮の鉄道記念館で購入した711系電車のDVDを頂いたのでこれを引き下げて参上しました。

 夜更かしして起床は9時前。ガバッと目覚めて慌てて支度をして西八王子の南口から10時少し過ぎの八王子駅南口行きのバスに乗り、後できたおばちゃんが早々お彼岸のお墓参りで。

 バスはビックカメラの東側での降車でこのまま南群線のそばへ行き、83列車の様子をチェックします。

○83列車…この所平日に来るとタキ1000の併結が当たり前ですが、今日はコンテナ車のみの編成。コンテナは満載で4両目にJOTのUR19Aが1個積まれた以外はオール19系の顔触れです。
←竜王 EH200-24 Ps+コキ107-716(新製24-12-18日車)+104-1244(全検26-11-19小倉車/丸コロ)+261+1352(全検28-2-2輪西派/5個目に19D-46837[一色塗り]積載)

 コンテナ車だけとなると10分程で片付くのでセレオのスターバックスに来るのも15分早くなり、ドリップのトリビュートブレンドとこの間試食で頂いたバタービスケットを頂いてフライドチキンのお店で入っているのと近いもので蜂蜜を垂らしたら美味しそうだなと付けてみました。長身のお兄ちゃんのパートナーさんはピンと来たものの、1月に交替したストアマネージャーさんは未だピンと来ませんね。

 Suicaをチャージ&履歴プリントをしてゲートイン。8460列車の姿が見えなかったのでこのまま1・2番線に赴き、86列車の編成をチェックしてから上り電車に乗ります。

○86列車(14日発)…普段通りの13両編成で編成の調査も後方から前へ向かい、軽めのチェック程度で済ませました。
△根岸
EF210−1**
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 全検27-8-6川崎車、自重16.5t
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 全検27-6-14川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-167 JOT/根岸* 全検27-8-31川崎車、自重16.7t
タキ1000- 50 JOT[E]/根岸*
タキ1000-333 JOT/根岸 無
タキ1000-824 JOT/北袖# 無
タキ1000-571 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-296 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-766 JOT/根岸 無
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 全検27-9-18川崎車、自重16.8t
タキ1000- 22 JOT[E]/根岸*
タキ1000-152 JOT[E]/根岸* 全検27-5-13川崎車、自重16.7t
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 全検27-11-9川崎車、自重16.9t
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 八王子から11時丁度の快速電車で西国分寺へ向かいます。オイルターミナルの基地には8097〜8092列車で入る根岸のタキ1000、豊田の車両センターにはクハ189-508×6(八トタM51編成)と見て立川は4番線の到着で『あずさ』8号が先行。6番線は丁度、河口湖行きの『成田エクスプレス』8号が参上して期間限定と思ったらすっかり土日+祝日の運転も定着。

 西国分寺から武蔵野線に乗り換え、11時25分発の東京行き(1179E、クハ205-146×8/千ケヨM62編成)で武蔵浦和まで乗ります。最初、西国分寺→南浦和→新都心→大宮→(湘南新宿ライン)→浦和のルートでも良かったのですが、気分を変えて西国分寺→武蔵浦和→大宮→新都心→浦和と変えて。貨物列車もどうかな?と思ってこの間は少し遅い時間で倉賀野からの根岸行き(5078列車)見られたものの、たまたま新座タの手前で擦れ違い、新座タ構内はEF66(100番代)やEH200が昼寝している様子を見てコンテナの列車は札幌タからの3064列車(東京タ行きですが、95Km/hの94列車と同時に停車します)、相模貨物行きの2079列車と言った所で北朝霞ではEH200に牽引されて編成の前後(府中本町方はコキ200です)に20フィートのタンクコンテナ(いずれも海上タイプです)が積まれていたのと編成の真ん中には同和通運のグリーン塗りの無蓋コンテナがあるので秋田貨物からの2092列車だなとすぐ分かります。

 武蔵浦和で埼京線に乗り換え、一番近い11時59分発の各駅停車(1121K、クハE233-7026×10/宮ハエ126編成)に乗るも池袋での転落事故があったとの事で4分遅れ。埼京線の左手には新幹線の線路があって早いもので北陸新幹線がここで開業1周年。E7系かW7系かは至近距離で見ないと分かりませんが、半月後には青函トンネルを超えて新函館北斗へ赴く北海道新幹線が開業して『はやぶさ』がそのまま新青森から行く格好でE5系の北海道バージョンというべきH5系も見られるようになり、紫色のラインが目立つのでこれから楽しみです(実際は来月以降かな)。新幹線が行き交う姿を楽しみながら大宮駅は22番線の到着。

 大宮で乗り換えると新幹線の乗り換え口の案内表示を収めて一番近い『はやぶさ』19号も渡道する列車の一本でこの表示も25日までで駅員さんがいる窓口の脇には東北新幹線、上越・北陸新幹線の冊子型時刻表が結構あったので26日以降は紙くずになるので運よく1部ずつゲット(一杯持って行きたかったのですが怪しまれるのでパス)。

 大宮から12時23分発の熱海行き(1559E、クハE233-3027×10/宮ヤマU627編成)でさいたま新都心へ。グリーン車からやや宇都宮方の普通車に乗るとモハE232-3800番代の号車に当たり、マスターにとっては馴染み深いE233系ですが、モハ車では珍しいトイレ付きの車です。Bトレでもこのパーツがあったら面白いのですが、どうも最近は前に比べて端折る傾向があるので他の通勤タイプとの違いであったら受けるのでは?

 さいたま新都心では前に続いてDQNに絡まれた事(ガードマンさんが巡回していたり、待合室があれば幾分防げたのですが………)があって出撃を控えておりましたが、時刻表通りなら倉賀野からの4074列車や京葉臨海からの5683列車が来る頃合いですが、3月の日曜日ともなるとオイルの列車も運休で頑張っているのは一部のENEOS発と言った所。ヤードもどこか寂しい雰囲気ながらも3・4番線を行き交う普通電車の編成をメモし、面白い所では185系の回送が通過して(←大宮) クハ185-110×5315×7(宮オオC5+OM09編成)が通過して5両編成は新踊り子色、7両編成はEXP185色と言った今では珍しいパターンで『踊り子』102号の仕事上がりと言った様子です。

 さいたま新都心から12時42分発の上野行き(556M、クハE231-8540×10/横コツK-40編成)で浦和まで乗ります。国府津持ち×上野折り返しと言う上野東京ラインではレアなパターンにぶつかりまして無事浦和駅に到着。

 浦和駅というとここ数年、高架化工事が進んで高架下にはアトレがオープンしてどこかフードコートみたいなのがあるかな?と大宮方の改札を出て中を見るとスターバックスと蔦屋書店のコラボレーションのお店があって代官山を思わせる印象ですが、近くにあったら行きたいタイプながら雰囲気がどこか照明が暗く長居に向きませんね。さて、昼食を済ませたいと中を探すと北側はファミマと行列ができる鶏白湯そば(ラーメン)のお店くらいで南側は値段が高めの定食屋(他はセレオで見たことあるようなお店ばかりで)くらいでパルコの中に佐世保バーガーのお店があったと思ったらいつの間に閉店してこのまま、パルコのスターバックスでアメリカーノを頂きます。一昨年の年末以来の来店で通路側に面白い格好のソファー席があったと思ったら低いカウンター席に変わって南の壁側には背中合わせにレザーのベンチ席とピッチは狭いですが、南大沢のお店みたいな感じで親しみあるので早速腰掛けて頂くとここも意味なく腰掛けている婆さんが居たので(後でお連れさんがトレー片手で来たので事なきを得ましたが)ホント何処も年寄りが増えたなと実感します。

 エレベーターで浦和コミュニティーセンターへ赴くと10階と思ってもまた9階で降りてこれが地上10階地下4階(下3フロアは駐車場)でなかなかこないのが難点ですが、無事到着して顔馴染の皆さんが大勢見えて2〜3本、例の番狂わせ爺さんの自慢のディスクを披露してから後半で何とか披露出来て最初、レギュラー会員のY氏がスライドをお見せする所がどうやらご自宅におき忘れたようで先にマスターが持参した昨年、親と藤沢の親戚とで北海道へ旅行した際にお土産に頂いたDVDで26日の北海道新幹線開業を控えた時期でタイムリーですが、北海道電化の電車では走りとなった711系の901番編成を追ったもので新千歳空港の快速電車『エアポート』号の往復や函館本線の札幌近郊の普通電車や色々とお見せして滝川からの普通電車を見せて受けも良く、お次は相模原のS氏ご持参の交通博物館のDVDで50年前のカラーで今見るとマスターが知っている頃と違った展示品が見られて興味を引き、17時少し前に散会となりました。

 出席される皆さんはいつもの皆さんの他に久しぶりに北海道生まれのK氏や写真部会にも顔を出されるH氏も見えて惜しい所ではU氏やM君、町田のK君と来られなかったので来られたら帰宅後のメールが楽しみといった所です。

 帰りは浦和から南浦和へ行き、5番線で待つ間に次世代自販機で『北陸麦茶巡り・富山編』を買うと『しもうさ』号かなと思ったら485系『やまどり』が到着して水戸から武蔵野線経由で大宮へ行く臨時快速との事で常磐線は取手〜藤代で電気が直流から交流に変わるのでこの様な運転も容易い事も感じ取れ、次に到着する府中本町行きで西国分寺まで乗り、西国分寺ではもう少し早かったら立川から211系の松本行きに乗れたのですが、1〜2本遅い高尾行きに乗り、立川は5番線の到着ながらちょうど5463列車が止まっていたのでもう少し明るいと予習ができたのですが、弥生のこの刻は暗くなりつつあるので八王子駅で待つ事に。

 八王子駅で降りて5463列車の到着を待つとすっかりサザンスカイタワーへの通路のイルミネーションが終わって少し寂しくなりつつ待ちます。

○5463列車…一杯の17両編成の到着でタキ43000の連結があると思いましたが、全車タキ1000の編成で参上。何度も見ているのか殆どデジカメのシャッターを切りませんでした。
△篠ノ井(坂城)
EH200-13 Ps
タキ1000-106 JOT[E]/根岸* 全検26-10-22川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000- 37 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 全検27-8-7川崎車、自重16.9t
タキ1000-619 JOT/根岸 無
タキ1000-538 JOT[E]/仙台北港 全検27-6-18川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-761 JOT[E]/根岸
タキ1000-148 JOT[E]/根岸* 全検27-5-12川崎車、自重16.7t
タキ1000-874 JOT/根岸
タキ1000-277 JOT/浜五井*
タキ1000-348 JOT/根岸*
タキ1000-854 JOT/北袖# 無
タキ1000-561 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-805 JOT/浜五井 無
タキ1000-237 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-259 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-256 JOT/根岸* 無
根岸*、浜五井*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 一通り片付くとビックカメラの5階に立ち寄り、10日に売り出したBトレの山手線シリーズやH5系を見て山手線は今回、205系が入って明後日買う予定なのでナンバーのステッカーも先程乗った武蔵野線で見掛けたナンバーもどの位あるかな?と探すのも楽しみで本来の目的は”超合金の塊”シリーズで藤子Fキャラのものが売り出されてマスターお気に入りの脇キャラでゴンスケとコロ助を選びました。幸い、在庫が多く、後でどっちかを買っても良かったのですが、有り金も十分あったので(お昼はSuicaでも十分賄えたのですが………)2種類買って南大通りを歩いてのご帰還です。

|

« H28.03.09 八王子駅 | トップページ | H28.03.15 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/63341601

この記事へのトラックバック一覧です: H28.03.13 八王子駅&埼玉サークル行事:

« H28.03.09 八王子駅 | トップページ | H28.03.15 八王子駅 »