« H28.02.16 八王子駅 | トップページ | H28.02.24 八王子駅 »

2016年2月19日 (金)

H28.02.19 八王子駅

 本来なら今日は親と八日町在住のお友達の方と一緒に北野町の卸売センターへ買い出しに出掛ける予定ですが、ちょうど今日が武蔵小金井駅のnonowa小金井がオープン1周年でスターバックスがあるのでちょうど1年振りの再訪となりまして、行きはバス代を節約する形(?)で南口まで乗る事にしました。

 丁度着いた所で富士森公園からのバスが着いていたので自宅発が少々遅めでしたが、ほぼ同じかな?と言った具合で先ずは83列車のコンテナ車をチェックします。

 コンテナ車とタキ1000の前方を見た所でまだまだ出発(このままゲートインになりますが)まで余裕があったのでセレオのスターバックスで一休み。お決まりの有隣堂側のテーブル席を難なくゲットしてドリップはトリビュートで最初はショートマグで注文した所、トールマグに注いだのでマスターは行き掛けの一杯と心得ているので気にしませんよ。今日は偶々新しいストアマネージャーさんも。

○83列車…コンテナ車は先頭が空車でしたが他の3両は満載で且つオール19系の顔触れ。タンク車も先頭にA重油専用車が連結されていたものの、総勢11両とそろそろ連結する両数が減ってきますね。
△竜王
EF64 1038[更新色、冷風]
EH200-21 Ps
コキ104-2303 ↑ 全検28-1-25輪西派[空車]
コキ104- 201 全検27-9-30川崎車 3個目に19D-44026[一色塗り]積載
コキ104- 800 全検26-10-1川崎車 5個目に19D-44409[一色塗り]積載
コキ104-1270 ↓ 全検27-11-12川崎車 5個目に19D-42386[一色塗り]積載
タキ1000- 36 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 全検27-8-31川崎車、自重16.7t
タキ1000- 51 JOT[E]/根岸
タキ1000-807 JOT/浜五井
タキ1000-469 JOT[E]/根岸 全検27-8-31川崎車、自重16.7t
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-256 JOT/根岸* 無
タキ1000-166 JOT[E]/根岸* 全検27-6-29川崎車、自重16.8t
根岸*=旧郡山常備車

 83列車を挟んで南側は川崎貨物行きの8460列車が止まって編成を見るとオイルターミナルのタンク車がなく全て根岸行きですが、1両だけ黒塗りのタキ43000(44t積み)を発見。黒光りしたタンク体と台車部分のグレーが鮮やかだったのでマスターは新車の頃から見ていた事を思い出し、思わず3コマ程デジカメに収めました。

○8460列車…根岸行きだけ7両の短い編成でしたが、6両目に連結された44t積みのタキ43000が連結されていたのがせめての救いで惜しい事に北海道にいた頃のデータは見ておりません。
△川崎貨物
EF64 1038[更新色、冷風]
タキ1000-770 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-352 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-576 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-582 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-249 JOT[E]/根岸* 無
タキ243665  JOT/浜五井# 全検26-8-4川崎車、自重16.1t
タキ1000-189 JOT[E]/根岸* 全検27-11-12川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車、浜五井#=旧本輪西常備車

 八王子から11時09分発の中央特快で国分寺まで乗り、待っているとプラレール片手のボクちゃんを連れたママさんと思わず歓談。時間をいろいろ教えてあげて同じ電車で豊田まで乗られ、オイルターミナルは8092列車で根岸へ返すタキ1000が10両くらい、豊田の車両センターは189系が3本で立川方からグレードアップあずさ色、あずさ色、国鉄特急色と見事に並んで『あずさ』色は何やら点検していた様子で日野の待避線では先ほどチェックした8460列車が一休み。立川は青梅線からの快速電車との兼ね合いでしょうか4番線の到着。朝のピーク時だけかなと思いましたが、日中もこの様なスタイルを取るのは珍しい事です。

 国分寺から11時25分発の快速電車で武蔵小金井まで乗り、高尾発で先程、八王子駅で待っていた時に見掛けた編成で立川で『あずさ』8号に抜かれたなと読めます。通学で三鷹、吉祥寺まで乗っていた我が身からすると武蔵小金井は意外と近く、20分程で到着するので驚きますね。さて、日曜日の例会の行き掛けに小金井派出の構内に高崎の211系(クモハ211-3027×5/高タカA27編成)が止まっている様子を気にしてかドアの前に立ってデジカメ片手にスタンバイ。編成もサハ211が2両並んだ姿とパンタグラフも一丁だったのですぐ分かりましたが、どのドアの前も狛犬状態で皆さんスマホに釘付けでどうか思いつつ到着します。

 武蔵小金井は高架下の”nonowa”が今日でオープン1周年を迎えてマスターも当日訪れた時は大行列に圧倒され、入店まで40分掛かりましたが、今日は余裕でゲートイン。ドリップはセレオ店と同じトリビュートでしたが、武蔵小金井駅の発車メロディーで♪さくらさくらが使われている事に因んでさくらラテで1周年をお祝いしてお店の前や南口側の出入口前の黒板にはパートナーさん皆さんのメッセージが描かれてこれがあるのでいつも楽しみにしています。ストアマネージャーさんも居られるとの事でしたが、こちらも色々と物入りがあって早々退散してしまったものの、丁度1年前の様子をまとめたレポートを持参したのでプレゼントした次第でこれからのご発展お祈りします。

 続いては南口ロータリーでのバスウオッチで京王バスの小金井エリアは電鉄バスのカラーと京王バスのカラーと入り混じって電鉄バスカラーは小金井の担当で中央線でも国立(日野からは色濃くなります)から西は当たり前の様に見られますが、車庫によって運営会社が違うとどこの担当か覚えるのも至難の技で行先表示を見るとあの路線は小金井の担当、この路線は府中の担当と頭に入ります。八王子でも北口が電鉄バス、南口が京王バスがメインの様に一見、明確に棲み分けているものの、意外と路線毎に見ると会社が違っているのでこちらもほぼ叩き込みました。電鉄バスカラー(=小金井所属)は日野ブルーリボンIIや三菱ふそう・エアロスターと来て後者は先月、近くで突っ込んだのと同年式かな?と思って現れるまで構え、つい収めました(不謹慎な意味ではありませんのでご理解のほどを)。また、府中からのバスでは100周年の復刻カラー(八王子や南大沢と同じ高速バスのカラーです)が偶々参上し、リムジンバスは先代の三菱ふそうエアロバスでリアウィンドーには見慣れた高尾山薬王院の交通安全ステッカーが貼られて南大沢にいた証拠がチラリと見えます。さすがに小金井のバスもマスターのフィールドでも見掛けるバスが多いのには驚きますが、同じタイプでもこの年式が無かったり、中ドアの明かり窓が有ったりと細かい差異も見られます。さすがにこの辺と高尾行きの時間を気にしてかチラシを頂いたり、小金井街道側の壁画を収めるのを忘れてしまいましたが、今後追々と。

 武蔵小金井から12時21分発の高尾行きで八王子まで乗ります。偶々国分寺や立川での通過や接続待ちが無い電車だったので時間で言うと85列車の後あたりの電車かな?と読めますが、3月のダイヤ改正から立川以西の本数が見直されるのでこうやって一本で乗れるのも貴重になるのでは?と些か懸念しますが、4月号の時刻表が出るまでのご辛抱と言ったところ。時間的にも根岸発着の3本を見る頃合いなので行き交う電車も薄々見ているので211系の回想はストレートで日野の待避線へ行くと思ったら豊田の3番線で『かいじ』108号を待避して折り返して1番線へ入ると言った様子です。

 八王子駅に着くと丁度、85列車のタンク車が止まっていたのでナンバーが月曜日に見た時と後方のナンバーが違っていたので電車が出発してから前方へ向かって歩を進めて確認します。ベビーカーやキャスターバッグ片手を尻目(駆け足で片付けたいマスターにとってはこの様な客は大敵なのですが………)に片付けて80列車の到着を待ちます。

○85列車…月曜日に見た時と若干、メンバーチェンジしたものの(緑色のナンバーが当日連結したナンバーです)、いつもの14両編成での到着です。先頭が462番だったのでマスターにとってはオイルターミナル所有時代からの顔馴染みのナンバーだけあってピンと来る程です。

EH200-18 Ps
タキ1000- 84 JOT[E]/根岸*
タキ1000-291 JOT[E]/根岸*
タキ1000-769 JOT[E]/根岸
タキ1000-462 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-156 JOT[E]/根岸* 全検27-5-20川崎車、自重16.4t 石油類)黒地
タキ1000- 20 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地
タキ1000-250 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-864 JOT/根岸 無
タキ1000-354 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-260 JOT[E]/根岸* 無

タキ1000-585 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-591 JOT/根岸 無
タキ1000-235 JOT[E]/根岸*
タキ1000-290 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

○80列車…短めの12両編成で到着して今日は珍しくA重油専用車がまとまって連結されて昨年の全検車では幸い未確認の3両をキャッチしました。また、後3両は日曜、月曜と85〜84列車で八王子に来ていたH6新製車が続いていました。
△根岸
EH200-13 Ps
タキ1000-540 JOT[E]/仙台北港 全検27-9-14川崎車、自重16.8t
タキ1000-226 JOT[E]/根岸*
タキ1000-122 JOT[E]/根岸* 全検27-9-29川崎車、自重16.7t (A重)
タキ1000-134 JOT[E]/根岸* 全検27-9-26川崎車、自重16.9t 石油類)黒地、(A重)
タキ1000- 41 JOT/根岸* (A重)
タキ1000-173 JOT/根岸* 全検27-12-3川崎車、自重16.7t (A重)
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-631 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-625 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 83 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 60 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 62 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 80列車が出発して85列車の移動を始めてからいつもと逆に8092列車を駆け足で片付けました。

○8092列車…行きの電車で編成が短そうだなと予想したら10両の連結でデイライトでデジカメに収めていなかった149番をキャッチ。標示板の謎が解けて臨時常備駅のものを逆さにしたもので一部、火曜日の83列車〜水曜日の80列車で竜王へ行ったナンバーも見られました。
△根岸
EH200-18 Ps
タキ1000-194 JOT[E]/根岸* 全検27-5-28川崎車、自重16.7t
タキ1000-519 JOT[E]/仙台北港 全検27-8-19川崎車、自重16.6t
タキ1000-163 JOT[E]/根岸* 全検27-9-18川崎車、自重16.8t
タキ1000- 64 JOT[E]/根岸*
タキ1000-688 JOT[E]/根岸 全検27-7-15川崎車、自重16.7t
タキ1000-784 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-262 JOT/根岸* 無
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 全検27-4-27川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-217 JOT[E]/根岸* 無

タキ1000-493 JOT[E]/根岸 全検27-4-24川崎車、自重16.7t 無
根岸*=旧郡山常備車

 駆け足でチェックを片付け、改札を出た所でダイヤ改正や北海道新幹線のパンフレットはあるかな?と思って探すと後者だけで前者は武蔵小金井の駅でいただけて思わぬ得をして、このあと明日はサザンスカイタワーのスターバックスで何かあるのではとバスの乗り換えのついでにお尋ねすると予定が無いとのことで今後追々決まったら出掛ける事を告げていつも乗る13時11分発の南大通り経由の西八王子行きのバスに間に合い、信用金庫で鉄道雑誌の最新号と散髪代を下ろして。汗ばむポカポカ陽気の日となりました。

|

« H28.02.16 八王子駅 | トップページ | H28.02.24 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H28.02.19 八王子駅:

« H28.02.16 八王子駅 | トップページ | H28.02.24 八王子駅 »