« H28.02.05 八王子駅 | トップページ | H28.02.09 八王子駅 »

2016年2月 7日 (日)

H28.02.07 八王子駅&埼玉サークル例会

 埼玉サークルのロングラン例会は例年2月11日に行われますが、今年はゲストの都合で少し早い7日(今日です)に繰り上げられ、例年通りマスターも武蔵浦和で行われる例会に参加する予定で立春を過ぎて初めての鉄道友の会行事の参加で新年会が席上で行われた話も伺いました。

 夜半に降った小雪が残って所々車のてっぺんが白く覆われたものの、空はすっかり冬晴れです。自宅を10時少し前に出て富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスに乗って午前中のこの時間、富士森あたりへ出掛けるお客さんもちらほら見られますが、市民体育館の改修工事もあってか殆ど見られませんでした。

 バスから降りると平日同様、83列車の様子をチェックし、タンク車が長いと思ったらコンテナ車ととんとんの4両の連結です。

○83列車…この所この列車でタンク車というと12〜13両の長い編成が連日続いていたのか4両の短い編成は久し振りでよく見ると2日のこの列車(=3日の80列車に連結)していたナンバーが続いています。因みにコンテナは4両全車満載です。
△竜王
EH200-12 Ps
コキ107-466 ↑梶ヶ谷タ発 新製24-1-27日車
コキ104-2642 全検24-2-23広島車 2個目に19D-42784、5個目に19D-45333(一色塗り)積載
コキ106- 62 1個目に19D-45295(一色塗り)積載
コキ104- 484 ↓ 全検26-5-2郡山車
タキ1000-633 JOT/仙台北港 無
タキ1000-585 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-442 JOT[E]/根岸
タキ1000-368 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 83列車の編成を一通り見ると(タンク車が4両だけだったので平日より20分早く)セレオのスターバックスで朝ごはんと言っても時間的にも遅いのでアメリカーノとブルーベリースコーンと軽めに頂いて。またまたメッセージ入りのカップをウオッチしてマイタンブラーの台紙があると思ったら切れてしまったので見本をデジカメに収め、一昨日は京王八王子からこのまま帰ったものですからね。

 Suicaをチャージして先ずは3・4番線へ赴き、この時間は8460列車が止まっていると思いきや、タンク車はおろか、EF64の姿も見られず空振りなり。北側の留置線には根岸のタキ1000を連ねた列が見られ、87〜86列車の編成だなとすぐわかり、今日の運転がなかった事が分かり3月までは比較的オイルの列車の動きが活発ですが、この所ガソリンが安くなっているのか少し土日も調整して運休する列車があるみたいですね。

○86列車(2/8発)…編成は7両と短めですが、8460列車の代わりに見る事ができてHD300の位置が午前中は東京方、夜は高尾方に連結されていました。
△根岸
(EF210−1**)
タキ1000-827 JOT/北袖# 無
タキ1000-797 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-363 JOT/根岸*
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸* 石油類)黒地(薄め)
タキ1000-352 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 28 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

 一通り終わると快速電車で西国分寺と思いましたが、運悪く八王子からの直通は2本続いて中央特快が来るので3番線からの始発電車で11時19分発の東京行きに乗ります。先程も青梅線で人身事故が発生して運用が乱れて回送表示で到着して驚きましたが、後で『東京時刻表』を見ると豊田から出庫して八王子から営業運転と平日の朝はよく見られますが、土休日ダイヤの昼間もあったと改めて知り、出発するとルームズの脇で『成田エクスプレス』8号に擦れ違い、オイルターミナルの基地は8097〜8092列車で来た根岸のタキ1000が取り下ろし中。豊田の車両センターは『グレードアップあずさ』色のクハ189-509×6(八トタM52編成)や立川から回送してきた211系の6両編成と見て到着。車内はガラガラ状態で進み、日野駅のホームからは立川駅の北口にあった第一デパートの後の超高層ビルがよく見え、電車に乗ると浅川の鉄橋を渡った辺りや京王線で長沼の高架線に上がるとサザンスカイタワーがよく見えるのと同じで今後完成したらいい目印になるかもしれません。

 西国分寺で武蔵野線に乗り換え、本屋さんで時間調整すると今月号の『ダイヤ情報』が1冊残っていたので身近な範囲ではsold outが続くも運よくありつけ、4番線に赴くと3番線を通過する根岸行きの5078列車(EF210-137+タキ1000×20/タキ1000-267、182、137と全検出場のデータ未確認のナンバー連結)を見て待ちます(意識して並んでいたらタンク車のナンバーを控えてお届けできたのですが………)。

 西国分寺から11時46分発の東京行き(1145E、クハ209-515×8/千ケヨM73編成)で武蔵浦和まで乗ります。13時半のスタートなので昼食を武蔵浦和の駅ナカで済ませて30分前に入っても余裕で間に合い、武蔵野線の電車では久しぶりの209系の担当でE235系の新製が進むとこの辺りが気になる所で音を聞いただけでもオリジナルのタイプと何処か重なり、武蔵野線の電車でも205系の旧山手車が大半を占めますが、205系の旧総武車や旧南武車、209系辺りは神出鬼没と言った形です。新座の貨物ターミナルはHD300が2号機から17号機に変わり、上りのコンテナ列車がEF66 131に牽引されて一休みしている中コンテナはエコライナー31のベージュ色や丸和通運のUF12A、丸運のUF15Aと積まれている様子を見て北側でEH200−7、西側でEF66 127が一休みと言った様子で荒川の鉄橋を渡り、西浦和を過ぎると次の武蔵浦和でおります。

 武蔵浦和で209系を見送ると東に向いているのか照り返しがきつくそろそろこのハイズームも7年経つので買い替えかな?と言った所まで来てマメに動かさなくてはと考えたら昨秋の真岡行き以来使っていなかったようです。余談はさておき、お昼は6月に来た時は『正直さんぽ』のあきらめ〜店ではありませんが、パスした丸亀製麺でお昼を頂き、並ぶっかけに天ぷらを見るとかき揚げが切れていたので半熟天がオススメと聞いた事があるものの、トングからお皿に移したら黄身がドロドロに。あとはいなり寿司2個で支払いはSuicaで。さっといただいて酢飯は甘みが強いと言った具合で流石に若葉マークなので気にならなければ卵焼きに牛肉が入ったのを頼みたかった所で八王子にも楢原や高倉、みなみ野のホーマックにあるので行こうと思えば行けるのですが………。

 改札を出てサウスピア(区役所が入った複合ビル)の3階入口近くで新幹線(下り=こまち+はやぶさ、上り=Maxとき)とデジカメに収めてからゲートイン(風が強くそう長居出来ませんでしたが………)。私が一番乗りで15分ほど経つと幹事のS君参上。続いてF氏に支部委員のK氏、鍵をもらった所でこちらはロビーへ。続いてマスターと貨車研でもお世話になっている上尾のK氏や今度はU氏も参上し、レギュラー含めていつも来られる皆さんが見えられるも今年からは高槻のK氏が出席しないと表明されて私にとっては入会以来の付き合いなので少々寂しい面もありますが………。情報交換もネタがなく、封筒一杯に頂いたパンフレットに目をやり、暫くすると鶴瀬のM君到着。自己紹介の後で1階に降りて三芳のY氏と久し振りでやはり出て来るのが阪神支部の元会員・邪魔埜の話題(俗にいう愚痴ですね)でY氏もお冠ながら私鉄部会の主力会員M氏を困らせているというとんでもない奴でこりゃ、いつかは天罰が下るのでこちらも講演を気にしてそそくさと8階へ戻り、今回のゲストは前のほくほく線の社長さんでマスターも昭和50年代の鉄道雑誌を通して国鉄の電車の転配を事細かに解説された記事を寄稿されてこちらの方の印象が強く前半はほくほく線の成り立ちから現在までの歴史、後半は国電の成り立ちとマスターも興味深く聴き入り、講演があるといつもはどこかで居眠りになるも今回は不思議とバッチリと。他にもT支部長や小平のN氏とマスターと親しい範囲や今日は代々木へ行くと思った東十条のT氏もこちらへ見えられて時間一杯の19時まで楽しく過ごす事が出来ました。

 閉会すると大方の皆さんは浦和の市内へ繰り出し、マスターは武蔵野線に乗り、武蔵浦和の2番線を185系が入る頃にゴール。EF65(2122号機)牽引のシャトル列車を見てから19時26分発の府中本町行き(1826E、クハ205-5×8/千ケヨM20編成)で西国分寺まで乗ります。会員仲間のM君やN氏、サークル幹事のS君の職場仲間(と思われますが)のS氏(=といってもマスターや前記の彼と同姓ではございません)と一緒に。北朝霞で座れると早速N氏と北米の貨車談義(前にカナダへ出掛けられた時に寄稿したことがあるのとマスターの趣味と合いまして)で暫し過ごし、新小平で別れると後は西国分寺へ向かうのみ。

 西国分寺では丁度、八王子方面が続いていた所で先行は河口湖行き(1913H、クハE233-56×10/八トタH56編成)、『かいじ』121号と来て国分寺で『かいじ』121号を待避した19時55分発の高尾行きに乗ります。意外と疎らでスマホ充電器に詰めていたエボルタの単三が消耗したかな?と空いたシートに置いて暫し交換。立川から乗ると高校生ぐらいと言った声高に会話するお姉ちゃんたちに閉口して車内の真ん中へ。意外と乗りが疎らでこのまま西八王子まで乗って行きたいと思いつつもこの後は5460列車を見たいのでここで降りる事にして、また立川、八王子と連続して時間調整で長々止まるのは何処か苦痛ですね。

 さて、八王子駅に到着したマスターは降りるとお手洗いを済ませて1・2番線へ。86列車のタキ1000の編成は凡そ9時間振りのご対面で8092列車の入換作業もあってかHD300が編成の高尾方に連結して鎮座ましまして、3番線は折り返しの快速電車が停車中。さすがに寒かったのでここでは『朝の茶事』のホットをサッと流しこみ、先頭に合わせてホームの東京方で待つも片や黒人のお兄ちゃんがケータイで話していたり、片や端っこでは中国人の集団が駄弁っていつからこんな外人が増えたんだ!とマスターの本来の最寄駅の北口にいつの間に怪しげな外国人学校が開校して観光バスではありませんが、この業界は最低限のお膳立てをして外務省や法務省、文科省あたりへ簡単な書類を提出して開校するものなのか疑問を呈し、3月のダイヤ改正で日中の中央線の快速電車が減るので日本国内の犯罪や不法残留を増やすこいつらに転嫁したいものと思っております。さて、おめあての5460列車はと言いますと、先の始発電車の後、ホンの数分経ってから到着したものの、やって来たのはEH200−21の単機でトホホ………と思い、改札を出てビックカメラの5階でBトレのチェックをして山手線シリーズの103系(初期型)、101系ともに並んで火曜日に買おうかなと思い、帰路は久し振りに南大通りを歩いてのご帰還でこの埋め合わせは11日に改めて行いますのでご期待ください。

|

« H28.02.05 八王子駅 | トップページ | H28.02.09 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H28.02.07 八王子駅&埼玉サークル例会:

« H28.02.05 八王子駅 | トップページ | H28.02.09 八王子駅 »