« H28.01.20 八王子駅 | トップページ | H28.01.28 八王子駅 »

2016年1月27日 (水)

H28.01.27 八王子駅&京王相模原線沿線

 ここ数日、冷え込みが厳しい日が続いてマスターも篭りっきりでまるまる1週間、店仕舞して大変失礼しました。時期的にも貨車研の会報の編集を手掛けたい所、自室のエアコンの暖房がなかなか暖まらず前の家の自室で使っていたものをそのまま持ってきたので10年以上経ったので今度買い替える時は強力なものに更新したいと考えております。

 昨年は今頃、ダウンしてパーフェクトならなかった八王子市内のスターバックス各店のお年始回りに出掛け、帰りはいつもの様に貨物列車の編成調査という具合で出かけてまいりました。

 前に出掛けた時は9時過ぎのバスだったのでk-8のスターバックスに立ち寄ることも入っているので余裕を見過ぎたので上手くここで使えないかな?と思いバスは甲州街道の西八王子駅入口から京王八王子駅まで城山手からの路線に乗ると多摩バスカラーのいすゞエルガが来て幸い、最前列が空いていたので早速腰掛け、朝のラジオで高尾街道にてバスの故障があった情報を耳にしたので気になりましたね。すれ違う様にこの間西東京バスのHPで紹介されたファンモン10周年のラッピングバスとご対面。京王八王子駅のバス停も第一生命ビルの南側でマスター的にはグッドポジションです。

 バスから降りるとホンの1分程でk−8のスターバックスに入る事が出来てアメリカーノを一杯頂きます。10時のショッピングフロアのオープンを待つオバちゃん達やパートナーさんと親しく会話してiPhoneでパチリとしていた常連さんと思しきお姉ちゃんは調布のお店のパートナーさんとの事で京王線で言うと府中から西は赴いた事があるものの、これより東は訪れた事が無いので今後行く事がありますのでこの時は宜しくお願いいたします。

 駅ビルの1階から地下の券売機でPASMOの履歴をプリントして2番線から10時05分発の高幡不動行き(6010レ、8708×10t)で平山城祉公園まで乗ります。各停でも新宿行きの8両編成と優等列車の折り返しで高幡不動へ入庫する10両編成と交互に走っているのはこの時間帯らしく、後で平山城址公園で待っている間に頑張ってメモをする事が出来(原因は後述しますが………)、高尾山口からの特急の接続待ちが無いのか乗りも疎らで進みます。

 平山城祉公園の駅から京王堀之内駅行きのバスに乗るものの、途中で折り返す東京薬科大行きや南陽台から野猿峠へ向かう北野駅行きが来るものの、さあロータリーに入ったと思ったら団体の貸切でパス。何でも、接触事故があった様で15分ほど遅れての出発でヤレヤレと思い、多摩動物公園へ向かう道と別れる手前のバス停でそのバスに加えて車庫のライトバン、現場検証のパトカーと止まっているのを見て野猿街道の北側にある堀ノ内2丁目で降ります。ちなみに乗ったバスの前方には案内表示が西東京バスや神奈中同様、大型ディスプレイに付け替え、西東京バスなら『にしちゅん』が時折登場する遊び心がありますが、こちらはドライバーさんのお名前も出てきます。

 15分ほど遅れての参上となったスターバックスの野猿街道店。ドリップのグァテマラ・アンティグアをオーダーするもいつも何処かでテーブル席が空いている店内も満席でソファー席は×。止むを得ず腰掛けたのが大栗川寄りのベンチシートで立川のエキュートのお店ではありませんが、壁際の席は続いていると思ったら2席ずつ区切れてお店の場数を踏んでいる割には節穴でしたが、ほとんどが駄弁っているかノートパソコン片手(やけに多かったですね)のお客さんが多くこちらの店内ウオッチも怪訝されそうで。前からの顔見知りのパートナーさんが居たのでホッとしました。

 京王堀之内から11時28分発の区間急行(935T〜4831レ、都営10-380×8)で南大沢まで乗ります。多摩センターで準特急の接続があったのかこの乗り換え客が多いのか入れ替わりに乗ったのはマスターだけで一駅間の乗りながら貸切に。ちなみに前後して確認した都営車の運用は次の通りで青文字は快速、黄緑文字は区間急行です。
・10-220×8 2816レ(11T運用)
・10-400×8 2811レ4842レ(51T運用)

 南大沢はフレンテ新館にスターバックスがあるのでミートレアで昼食と思いましたが、これと言ったものが無くすぐ引き返して2階に戻ってスターバックスは幸いソファー席を占めてホワイトクランブルココアを頂きます。こちらは顔馴染みの範囲のパートナーさんが居なかったのか少々冷たい印象でしたが、前に来ていた中年女が如何にも他人を威嚇する様な上から目線で呆れましたね。ともあれ、お年始は一通り終わりましたがもう少し前の時期にシフトするかな?と思っております。

 南大沢から橋本へ向かうのでホームへ行くとちょうど、高尾山ラッピングの8000系(3718レ、8713×10t)が出発した所で新宿で見たきりご無沙汰しましたが、このご対面は嬉しく2コマ収めて12時06分発の準特急(3721レ、7728×10)に乗って橋本へ向かいます。

 橋本で乗り換えるとSuicaの残高が足りなかったので北口の券売機で急遽チャージしてゲートイン。和歌山線にも橋本駅があるので(横)橋本駅と会社は違えどJRのネットワークを考えるとここにも国鉄時代の名残があるなと感じさせます。町田駅も一時、九州にあった宮原線の駅と重複した時期が実際ありました。

 橋本から12時22分発の八王子行きに乗ると八王子駅の到着は12時半少し過ぎだなと読めて、これも日頃、片倉までチョイ乗りしている成果が発揮出来たのでは?と感じ取れます。機関車溜まりのEF64 1052の姿を見て5番線の到着。

 横浜線の電車から降りると前の3〜4両は5番線からチェックしてこのまま4番線へ。さすがに全検車を拾うもTap Formsと連動する様になってからもうデジカメに収めていたのかこれから全検入場する253番を収めただけで後は85列車の到着を待つのみです。

○8092列車…やや短い13両編成の入線でENEOSマークが貼られていないナンバーが目立つ編成で昨年の今頃購入したBトレのタキ1000とどこか重なる印象です。
△根岸
EH200-6 Ps
タキ1000-623 JOT/根岸
タキ1000-272 JOT/根岸*
タキ1000-835 JOT/根岸
タキ1000- 68 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 86 JOT/根岸*
タキ1000-846 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-824 JOT/北袖# 無
タキ1000-191 JOT[E]/根岸* 全検27-4-15川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-538 JOT[E]/仙台北港 全検27-6-18川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-253 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-806 JOT/浜五井 無
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 全検27-6-12川崎車、自重16.8t 無
根岸*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車

○85列車…一昨日は改札の外から見ていたのでナンバーも同じ車が入るかなと思ったら大当たり。今年に入ってからの全検車もキャッチしました。

EH200-6 Ps
タキ1000-837 JOT[E]/根岸
タキ1000-220 JOT[E]/根岸* 全検28-1-8川崎車、自重17.0t
タキ1000- 58 JOT[E]/根岸
タキ1000-783 JOT[E]/根岸
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 全検27-8-31川崎車、自重16.7t
タキ1000-836 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-255 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-785 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-226 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-781 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-679 JOT[E]/根岸 全検27-6-15川崎車、自重16.7t 石油類)黒地
タキ1000-154 JOT[E]/根岸* 全検27-4-21川崎車、自重16.8t
タキ1000-569 JOT[E]/根岸
根岸*=旧郡山常備車

○80列車…増量モードの18両編成での到着で全てガソリン、灯油・軽油専用車の顔触れです。

EH200-20 Ps
タキ1000-149 JOT[E]/根岸* 全検27-4-27川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 全検27-11-16川崎車、自重16.6t 無
タキ1000-190 JOT[E]/根岸* 全検27-6-10川崎車、自重16.7t 無
タキ1000- 70 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 87 JOT[E]/根岸*
タキ1000-291 JOT[E]/根岸*
タキ1000-875 JOT/根岸
タキ1000-683 JOT/根岸 全検27-9-14川崎車、自重16.3t 石油類)黒地
タキ1000-532 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-766 JOT/根岸 無
タキ1000-238 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-229 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-224 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-271 JOT[E]/根岸* 全検27-12-3川崎車、自重16.7t
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 全検27-8-31川崎車、自重16.7t
タキ1000-281 JOT[E]/根岸*
タキ1000-500 JOT[E]/根岸 全検27-7-24川崎車、自重16.7t
タキ1000-147 JOT[E]/根岸* 全検27-4-17川崎車、自重16.5t
根岸*=旧郡山常備車

 普段はここで改札を出るのですが、ここ暫く浜五井のタキ1000の調査をご無沙汰していたので2080列車の到着まで止まる事にしました。8092列車の出発まで時間があったのか5番線からタキ1000の68番がまだデジカメに収めていなかったので赴くとホームの屋根の影が当たって断念。再び2番線に戻って到着を待ちます。

○2080列車…前は同じ編成で行き来していましたが、この頃は2編成体制の様でこまめに見なくてはと思ってサボってしまったものの、ここでも今年の全検対象のナンバーを見付け、273番は10月の出場と随分早いですね。
△蘇我(浜五井)
EH200-4 Ps
タキ1000-823 JOT/北袖# 無
タキ1000-393 JOT/浜五井 無黒
タキ1000-888 JOT/根岸 全検26-11-25川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-257 JOT/浜五井* 無
タキ1000-855 JOT/北袖# 無
タキ1000-384 JOT/浜五井 石油類)黒地
タキ1000-889 JOT/根岸 全検26-11-25川崎車、自重17.1t
タキ1000-243 JOT/浜五井*
タキ1000-654 JOT/根岸 石油類)青地
タキ1000-218 JOT/四日市*
タキ1000-273 JOT/浜五井* 全検27-10-5川崎車、自重16.7t
タキ1000-172 JOT/四日市* 全検27-7-13川崎車、自重16.6t 石油類)黒地
タキ1000- 6 JOT/浜五井*
タキ1000-266 JOT/四日市*
タキ1000- 13 JOT/浜五井* 無
タキ1000-241 JOT/浜五井* 石油類)黒地▼
浜五井*、四日市*=旧郡山常備車、北袖#=旧本輪西常備車、▼=標示板の逆向き

 ここまで終わるとセレオのスターバックスに立ち寄ってドリップは2杯目なので100円で頂く事が出来てウィンターブレンドとコーヒー&エスプレッソケーキのレモンポピーシードで前にもクリームチーズを挿んだケーキがあったのですが、装いを改めててっぺんにレモンを焼いて溶かしたものが乗った形で。ここで一通り片付くとお昼をミートレアに寄らなかったのでセレオの駅弁大会に立ち寄り、あきたこまち弁当や水戸駅の『黄門弁当』、『常陸牛めし』に北海道は森駅の『いかめし』、小倉の『かしわめし』と並ぶ中、マスターが選んだのは昨年は北陸新幹線が開業した事から沿線で縁が深いところで『ますのすし』を買い、富山駅はもちろん、お隣の新高岡や金沢でも売られています。

 先程ちょこっと顔を出したEF64の姿を拝んでから帰りの富士森公園経由の法政大学行きは100周年の復刻カラーとアンファンバスのどちらかが来るダイヤなのでどっちかなと思ったら後者でまたまた富士森の丘の上は舗装工事で待たされ、帰宅するもちょっとしたハプニングもありましたが久し振りの『ますのすし』に舌鼓を打ちました。

|

« H28.01.20 八王子駅 | トップページ | H28.01.28 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H28.01.27 八王子駅&京王相模原線沿線:

« H28.01.20 八王子駅 | トップページ | H28.01.28 八王子駅 »