« H28.01.13 八王子駅 | トップページ | H28.01.16 八王子駅 »

2016年1月14日 (木)

H28.01.14 八王子駅

 1月もそろそろ折り返し点、今日は親もハンドベルの皆さんとで山田(京王高尾線の駅)にあるお店で新年会と言うのでマスターともわくわくビレッジで演奏する時などに顔を合わせて皆さんとすっかり仲良くなったものの、杉並からいらしているママさんが来られなくなったり、マスターより少し年長の由木のお姉さん(と言っても中学生の子持ちでご謙遜して)が抜けるお話を聴いて少し寂しい面もごさいますが………。

 いつもの様に八王子駅の周りの用事ついでにあれこれと見て昨日は出掛けに急に催したものの、今日は富士森公園経由の八王子駅南口行きに乗ると早めに到着して定刻の出発。時折顔を合わせる機関区の脇にあるスポーツジムへ出掛けるオバちゃんは帽子、マスクと完全武装でとなると、マスターはキハ40で言うと2000番代の仕様か211系ではオリジナルやロングシートの2000番代(東海道時代)やJR東海の車みたいなものの出で立ちと言った感じですね。

 中央線の快速電車が少々遅れて83列車の到着もどうかな?と気になるのが前後の電車で特に『かいじ』101号と前後するのではと思ったら83列車の方が先着で快速電車のダイヤでどうも混乱する様でコンテナ車は前半分が空車でまだ荷動きが鈍い様です。

○83列車…コンテナ車は先頭のコキ104以外はコキ106やコキ107といったグレー塗りが続き、コンテナは通風コンテナやJOTの保冷では両側開き(この列車ではおなじみです)が目立ちます。タンク車は一杯の12両の連結で先頭はA重油専用車の124番で丁度1年前に全検出場したナンバーですが、漸くご対面と言った所で八王子のオイルターミナルは重油を扱わないので白物(ガソリン、灯油・軽油)に比べるとどうしても確認の進みが鈍くなります(いつもはA5のファイルを携えるのですが、リングノート共々自宅に置いてきたのでiPod touchでチェックします)。
△竜王
EF64 1021[更新色、冷風]
EH200-13 Ps
コキ104- 243 ↑梶ヶ谷タ発 [空車]
コキ106- 963 全検23-7-20郡山車 [空車]
コキ106- 808 全検27-2-26小倉車
コキ107-1084 ↓ 新製26-10-24川重
タキ1000-124 JOT[E]/根岸* 全検27-1-22川崎車、自重16.6t (A重)
タキ1000-154 JOT[E]/根岸* 全検27-4-21川崎車、自重16.8t
タキ1000-620 JOT[E]/根岸
タキ1000-352 JOT[E]/根岸*
タキ1000-432 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-761 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-587 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-789 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-421 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-628 JOT/根岸 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-372 JOT[E]/根岸* 無
根岸*=旧郡山常備車

 コンテナも半分しか積んでなかったのでタキ1000を1/3見た所でセレオのスターバックスで一休み。本当は昼食を仕入れるついでに立ち寄るつもりが1時間半ほど早い来店となり、ドリップのグァテマラ・カシシエロを頂きます。ペストリーにチョコレート系が合うお豆なのでベロナ共々1ヶ月は押しているのが伺えます。

 83列車が出発する数分前には戻ればいいやと思った所でセーフ。コンテナの番号の見落としが無いかなとデッキの方からチェックしてから自由通路の窓越しからタンク車のナンバーをタップして終了。8460列車も編成が短めで総勢10両編成くらいと言った所で冬場にしては何処か物足りない印象です。

 マルベリーブリッジからこのまま京王八王子駅のショッピングセンターへ赴くと高尾山温泉バスに擦れ違い、早速デジカメに収めました。k-8は第一生命のビル側の自動ドアから入るので必ずスターバックスに飛び込むのでパートナーさんに「後で寄りますよ!」と告げるのが定着しそうで他のお店から移った面々も居るので知らんぷりもできないのが本音です。余談が長くなりましたが、秋に築地の中央卸売市場が豊洲へ移転するニュースが大騒ぎになりましたが、マスターにとっては似た話で駅ビルのオープンから9階で営業してきた本屋さんが今月24日にクローズと元々、京王の子会社のお店で親会社の繋がりから交通関係の本を中心に通っていたお店の一つで昨年辺りからポツポツ店仕舞いして新宿の京王百貨店や京王本社がある聖蹟桜ケ丘などがクローズしているのでまさか京王八王子までと本屋さんの経営の厳しさを肌で感じさせ、ひょっとしたらウン年後には啓文堂書店は京王電鉄から何処かへ売却(取次か有力チェーン辺り)するかお店の名前が消滅してしまう危機感さえ感じさせます(これ以上書くと風説の流布もあるので控えますが………)。最初はJTBキャンブックスで気に入ったのがあったら買いたいなと思いましたが、思い当たったものが無かったのかラストなので京王5000系のディティールファイルが平積みしていたのでこの場で変更して最後のお付き合いとなり、これからは有隣堂か9階のフロアに新しい本屋さんが出店すれば嬉しいお話で(入っても京王のポイントが付くと思いますが………)、ともあれ長い事お世話になりました。

 続いて7階のアートマン、5階のポポンデッタでED14の茶色を買いたかったものの、近江鉄道の色しか無かったものの、動力も入っていたのでいずれ買う事にして茶色いのは明日辺りBトレの72系電車が入るのでこれを買うついでに取り寄せてもらおうと思い、1階のスターバックスでは漸く真打のラテを頂き、入っていたパートナーさんの殆どがセレオや東急スクエアから移った面々ばかりで馴染み感が出てしまいますが、いつの間にか前のワゴンや外に出ていたテーブルが引っ込んだようで。

 再び八王子駅に戻る頃には『にしちゅんバス』がやって来て京王八王子から北口のバスターミナルで一休みする工学院大学ver.とこれから工学院大学か富士美術館(創価大学)辺りへ行く日本工学院ver.が偶々続いてきたのでデジカメに収めてからセレオは2階の北東からゲートイン。地下の魚力で年末にポイントカードを忘れてしまって買えなかったリベンジで大トロサーモン蒲焼丼(東京駅の中のお店でも人気がありますね)をチョイス。しばらく中をウロウロして13時少し前の富士森公園経由の法政大学行き(行きに乗ったのと同じ西工ボディーのUD車と2時間40分振りのご対面です)で帰り、もしコンビニに寄っていたらとんこつラーメンか明太子のおにぎりといった選択肢で帰宅してから久しぶりに頂いた大トロサーモン蒲焼丼は焼き加減がレアでねぎだくと言った形でお店によって多少のアレンジがある様です。

|

« H28.01.13 八王子駅 | トップページ | H28.01.16 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/63067375

この記事へのトラックバック一覧です: H28.01.14 八王子駅:

« H28.01.13 八王子駅 | トップページ | H28.01.16 八王子駅 »