« H27.11.05 八王子駅 | トップページ | H27.11.17 八王子駅 »

2015年11月 6日 (金)

H27.11.06 八王子駅

 昨日は思わぬ形で断念しましたが、今日はBトレで8年振りに京王7000系の二色帯とこちらも2年振りに売り出された上信電鉄のデキ1形と売り出されるのでネタ探しが終わったら京王八王子のポポンデッタで仕入れようと思い、出掛けました。

 晴天も今日までで昨日は惜しい事をしたもののお楽しみを先延ばしの何とやらで行きのバスも昨日と同じで今度はこの20分ほど後には高尾山温泉バスの京王八王子行きが出来たのでこれにも乗りたいものの、そろそろ季節的にも83列車のタンク車も連日当たり前の様に連結される様になるので難しくなるかな?と思いつつも出かける前にラジオを聞いていたら中央線の快速電車、緩行電車と遅れていたニュースが入っていたので気にしながら出掛けました。

 いつも乗る10時少し前の富士森公園経由の八王子駅南口行きのバスはこのところ遅れて来る事が多かったのですが、今日は久し振りに電鉄バスで担当した頃と時と同じ頃合いの到着。今日は久し振りにいすゞエルガそのままの日野ブルーリボンIIが参上。年齢層も若い方なら富士森あたり、親子連れは丘の上の教育センター辺り出掛けるのだろうと言ってピンと来ますね(覗き見ではありませんが、長年の蓄積がありますので)。

 さて、バスから降りると中央線の電車が遅れていたのをラジオでキャッチしたので3番線も折り返しの快速電車ではなく、『むさしの号』の205系 (2622M、クハ205-57×8/千ケヨM16編成) がまだ停車中。影響を受けて15分遅れて東所沢へ。また、南群線にはHD300が止まっていたのでこの時期にしては珍しく8097〜8092列車の運転が無い証拠です。

 快速電車も15分ほど遅れていたので竜王行きの83列車も同じくらいかな?と様子を伺い、終わるとこのまま一杯飲むのですが、今日はこの分だと少々押す形になりそうですね。

 83列車のチェックは先ずコンテナ車、続いてタンク車を自由通路の脚の下や東側の窓越しから見るものの、今日は遅れていたので合間にマルベリーブリッジ側へ歩いてセレオの入口で行われているワインの『山梨ヌーボー』フェアを覗いて甲州勝沼はブドウの名産地で山梨県内の中央線は全駅八王子支社の管内であり、お膝元も相まってかこの時期は一際盛り上がります。信玄餅や権六ほうとうに以前買った事がある信玄桃(お菓子ですが、なかなか『黒蜜庵』で見た事がありません)と並んで。

○83列車…到着は15分弱、出発は10分遅れとなりましたが、今日は久し振りのタンク車入り(恐らく夏以来)且つコキ104オンリーの組み合わせで昨年3月ダイヤ改正までのパターンを思わせます。タキ1000の中で半分が今年全検を受けたナンバーが続いていたので幸い前にデータ確認&画像を収めていたので未確認は146番だけでこれも夏頃の残務処理が片付いた事になります。
△竜王
EF64 1023[更新色、冷風]
EH200-23
コキ104-1988 ↑梶ヶ谷タ発 全検26-10-24小倉車[空車]
コキ104- 825 4個目に19D-42177(JRマーク入り)積載
コキ104- 508 全検26-6-16川崎車
コキ104- 813 ↓
タキ1000- 62 JOT[E]/根岸*
タキ1000-835 JOT/根岸
タキ1000- 88 JOT[E]/根岸*
タキ1000-156 JOT[E]/根岸* 全検27-5-20川崎車、自重16.4t 石油類)黒地
タキ1000-146 JOT[E]/根岸* 全検27-5-21川崎車、自重16.8t
タキ1000-202 JOT[E]/根岸* 全検27-7-1川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-585 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-629 JOT/根岸 無
タキ1000-500 JOT[E]/根岸 全検27-7-24川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 全検27-4-23川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-244 JOT[E]/根岸*
タキ1000-162 JOT/根岸* 全検27-9-11川崎車、自重16.6t 石油類)黒地
根岸*=旧郡山常備車

 83列車が一通り片付くとようやく一休みで先ずはスターバックスのサザンスカイタワーのお店でドリップ(クリスマスブレンド)とクランベリーブリスバー(こちらは今年お初)を頂きます。パートナーさんの面々もアレ、昨日の今時分に訪れた時と同じ顔触れ揃い(一人少ないだけで)で驚きまして、タイミングよく金曜日のTBSラジオより3時間ほど早く耳にしたジャズナンバーでこちらもフィニッシュ。

 今度はビックカメラへ行き、昨日リリースしたBトレの新製品の入荷状況を伺うものの、こちらは入るのが午後以降かな?と言った感じで同じものでも入る時間が違うので昔はよく『少年ジャンプ』の発売日にどこが早く入るのかと目星を付けた諸氏が多かったのを思い出します。因みにこの後に仕入れるのは折り込み済みでこのビックカメラも早いもので来週でオープン5周年。イヤ早いもので最初はプラレールは置いてもBトレは扱いが無かったものの、漸く昨年の9月頃から置く様になったので嬉しいお話でさすがにカメラ系ではヨドバシ、ビックと両方ポイントカードを持っているものの、さすがに拙宅への行き帰りを考えるとビックカメラへ寄る事が多くなりましたね。

 続いてセレオのスターバックスではジンジャーブレッドラテを頂きながら後で見る列車の準備をすると今日は8092列車が無いので2列車だけです。

 そういう事でいつもは11時半過ぎの横浜線の一駅乗車もその分遅くなりまして、乗ったのが12時09分発の快速電車で片倉で折り返しで乗ったのがクハE233-6001×8(横クラH001編成、1137K)の編成に当たり、今日の昼食は決まっているので縁起を担ぎました。

 八王子駅に戻るとそろそろHD300が8092列車のタンク車を牽引して入線する頃合いですが、今日は運転が無く南群線で85列車が到着するまでお昼寝中。こちらも85列車が来るまでは一休みと言った形ですが、211系の回送もチェック。
回540M:←クモハ211-1006×3+1007×3(長モトN322+N323編成)

 3番線で折り返す快速電車が入ると85列車のひたすら待つとアレレ!編成が一週間前とほぼ同じで驚きました。

○85列車…編成を見ると一週間前に見たのとほぼ同じながら6両目の481番が787番に差し替えた以外変わっていません。

EH200-22 Ps
タキ1000-267 JOT[E]/根岸*
タキ1000-497 JOT[E]/根岸 全検27-8-26川崎車、自重16.7t
タキ1000-298 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-631 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-630 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-787 JOT/根岸 無
タキ1000-596 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-366 JOT/根岸* 無
タキ1000-636 JOT/仙台北港 無
タキ1000-269 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-281 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 26 JOT[E]/根岸*
根岸*=旧郡山常備車

 こちらもホーム伝いにナンバーを見ていると「同じだな!」と思いつつ3・4番線の東側の跨線橋からこのまま1・2番線へ。両番線の間に置かれた自販機が新調して次世代自販機に似通った雰囲気が漂います。

○80列車…一杯の17両編成での到着で今年の全検車で未確認(正確には大宮操で宇都宮タ行きの列車を確認した折、照り返しで見辛かったので再チェックです)の469番をキャッチし、まだデジカメに入れてなかった687番を収めました。
△根岸
EH200-24 Ps
タキ1000-580 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-687 JOT[E]/根岸 全検27-6-12川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-227 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-251 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-258 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 81 JOT[E]/根岸*
タキ1000-348 JOT/根岸*
タキ1000-290 JOT[E]/根岸*
タキ1000- 38 JOT[E]/根岸* (A重)
タキ1000-770 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 50 JOT[E]/根岸*
タキ1000-469 JOT[E]/根岸 全検27-8-31川崎車、自重16.7t
タキ1000-195 JOT[E]/根岸* 全検27-4-23川崎車、自重16.8t
タキ1000- 72 JOT[E]/根岸
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-616 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-577 JOT[E]/根岸 無
根岸*=旧郡山常備車

 ジャケットのポケットのどこかにiPod touch、フラット双眼鏡を忍ばせたところ、必要無いのかショルダーの外ポケットに仕舞い込んで慌てる始末でアタフタしましたが………。

 2番線からこのまま改札を出てセレオの1階の崎陽軒で昼食の『シウマイ弁当』を仕入れます。と言うのも9月に神奈川サークルの写真展と絡めて根岸駅での取材をしたかったものが色々と立て込んで断念してしまい、今回はゲン担ぎで。

 京王八王子のポポンデッタで今日から売り出されるBトレの京王7000系と上信電鉄のデキ1+クモハ501(と言っても元の西武新101系です)を買います。京王の7000系はアートマンやA-LOT限定で販売された二色帯。エンジ帯はポポンデッタがオープンしてから暫く置いていたものの、二色帯は8年振りで2箱買ったものの後で追加したいと思ったら早々品切れになったので今回の再販は嬉しいお話です。今回は素組みの4両編成、後で2セット仕入れて中間車は10両編成の中間車、先頭車は競馬場線の折り返しや8両編成と一緒に連結する2両編成(デハ742*+クハ787*)に仕立てたいなと思っています。欲を言うと東武の10000系や10030系同様に7000系のオリジナル(00〜10番台)も新旧の二色出ないかなと期待しております。また、ワゴンセールの古雑誌が並んでいたので機会を改めて仕入れ、地下にある駅の券売機でパスモの履歴をプリントしてから帰りはバスターミナルの1番線から高尾山口行きの宣伝が目立つものの、時間が合わないので城山手行きのバスで西八王子の駅入口まで乗り、降りた所で甲州街道の銀杏並木も少しずつ黄色く色付く様子を見てのご帰還です。

|

« H27.11.05 八王子駅 | トップページ | H27.11.17 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H27.11.06 八王子駅:

« H27.11.05 八王子駅 | トップページ | H27.11.17 八王子駅 »