« 中央線貨物列車の基礎知識2015(上り編) | トップページ | H27.10.18 八王子駅 »

2015年10月18日 (日)

H27.10.18 真岡鐵道見学会

 貨車研究会の皆さんで年に2度、調査会で出掛ける事があり、今回は栃木県にある真岡鐵道の真岡駅の構内に展示してある車両を見学に出掛けてまいりました。マスター自身、国鉄の赤字ローカル線を転換した第三セクターはお恥ずかしい事に今回が初体験です。また、以前は『ホリデーパス』の名称で売り出されてエリアを拡大した『休日おでかけパス』も意外にも今回が初めてで旧来の東京近郊区間(東海道線=平塚、中央本線=大月、高崎線=熊谷、宇都宮線=小山、常磐線=土浦、成田線=成田、成田空港、総武本線=成東、外房線=茂原、内房線=木更津)のエリアをやや延長した形で今回の乗換駅でもある水戸線の下館も幸い、フリー区間に入っているのでこれを使って出掛けました。

 朝早く起きて京王線の車両運用の分析を作りつつ気がつくと6時に差し掛かり、朝刊をポストから持って来て身支度に着替えを整え出発進行。

 西八王子の南口から6時50分発の富士森公園経由の八王子駅南口行きの折返便に乗ります。今日は市民球場で野球の試合があるのかチームのメンバーでしょうかクーラーバッグ片手のお兄さんも乗り込み、私が「これで大丈夫ですよ!」とアドバイス。丘の上から16号の手前までポツポツ乗ってきて朝早い時間帯はスイスイ進むので南口のロータリーも7時に着く事はこちらも支部総会で出掛ける時間と同じだったのか会得していたのでその通りでお目当ての『むさしの号』に悠々間に合います。

 八王子駅に着くと4番線で185系の団体列車(クハ185-304×8/宮オオB2編成)を見て先ずはSuicaをチャージ。『休日おでかけパス』も券売機で買えるかな?と思いましたが、みどりの窓口の券売機でゲット。『むさしの号』は3番線の出発なので115系の頃は既に入っていたのですが、東所沢からの回送よりこちらの到着が早かったようで昔のパターンが身についている様ですね。

 八王子から7時19分発の『むさしの号』(2631M、クハ205-7×8/千ケヨM11編成)で大宮まで乗り通し、丁度町田から来たK君と合流。こちらも自販機で買ったWANDAを飲みながらKIOSKで買ったキャンディーのご相伴に預かり出発。86列車に乗せるタキ1000は帰りに見る事が出来るのでこの時のお楽しみで豊田では後で『かいじ』の臨時に入るクハ189-14×6(八トタM50編成)はお休み中で下り線をこの後八王子の3番線に入る吾妻線まで直通の『やまどり』と擦れ違い。国立までの乗車は微々たる状況で国立と言うと親分格のF氏が乗って来る筈なのですが、何処に居たやら見逃してしまい、このまま武蔵野線への短絡線に入り、最初の停車駅は新秋津。そこそこ乗ってきたものの、まだシートが埋まるには余裕があり、お天気も埼玉県に入った途端曇り空になり、東所沢や新座タの様子を見ながら北朝霞へ。ドアの前に固まる程の乗りになりましたが、目立つ混雑も見られず、大宮駅の11番線に到着。

 大宮駅で湘南新宿ラインの11番線から宇都宮線の9番線へ。ここから『ラビット』に乗り換え、ここで親分F氏と合流し、同じ電車に多摩在住組が乗っていたことになり、先行する普通電車かなと思っていたら上野まで客扱いして延々、小金井までの回送電車ということで上野東京ラインの運用ながら逆方向からの到着という形です。

 大宮から8時27分発の『ラビット』宇都宮行き(3622E、←クハE233-3534×5+E231-6008×10/宮ヤマU234+U508編成)で小山まで乗ります。定刻より3分遅れで東武野田線の60000系を見ての出発。途中、久喜で先行した回送電車(4530E、←クハE231-8063×5+6002×10/宮ヤマU+U502編成)や東武の『りょうもう』号200系、栗橋では10030系の普通電車にスペーシアの雅と見て115系の頃の『ラビット』は40分掛かっていた記憶ですが、37〜38分と若干スピードアップした感じがします。余談になりますが、乗った編成はマスターの誕生日が新製日で会員仲間と一緒の乗車で嬉しい経験をしました。

 小山駅で水戸線に乗り換え、9番線にはこれまた小金井へ回送する電車が一休みし、訪れるのはおよそ5年ぶりでお手洗いは線路(10番線と12番線の間)の真上にあったな?と思いましたが、いつの間にか改札に入った周りのコンコースが駅ナカ店舗に衣替えし、お手洗いはベックスコーヒーの西側へと移ったので戸惑いました。13番線と15番線の間の休憩スペースには次世代自販機も置かれ、15・16番線へ。

 小山から9時32分発の友部行き(739M、クハE531-1018×5/水カツK-468編成)で下館まで乗ります。編成の3両目で全体のまん真ん中で貨車研メンバーが揃い、ここから武蔵小杉のK氏や千葉のこてはし鉄道さんと合流。こちらも水戸線は久し振りで凡そ20年振りですが今でも頑張っている東邦亜鉛の貨物列車は高速の北関東道と似た形で友部から水戸線、両毛線を跨いで高崎から信越本線で安中のルートを走っていて15年ほど前のリフレッシュ工事の際に試しに常磐線〜高崎線経由で走らせた所、意外と好評で後年、正式に移行してこれまでは北関東では知る人ぞ知る存在が撮り鐵にも知られるようになり最近では『東邦号』よりも『安中貨物』の名称の方が浸透しています。どこか、家電量販店やロードサイド限定のお店が近年東京周辺のファッションビルやショッピングセンターへ進出したのと似通った感がします。また、小山口でも川島の小野田セメント(八高線に乗っていた時に寄居駅で止まっていたのが出かけるきっかけを作りました)や下館のミツウロコに現れるゼネラル石油のタキ9900や共同石油→JOMOのタキ35000もやって来た事があり、京葉臨海→小山行きが存在したのはこの輸送(JOMOのタンクは中央線でも見る事が出来ました)と東武の北館林からの輸送を入れ替わる形で返送を一部、小山経由で載せていたとも言われています(従って、上り方面は余裕のある宇都宮や郡山からのオイルターミナルの輸送列車と併結です)。余談が長くなりましたが、電車も415系(ステンレス車は一部健在です)からE531系、駅の雰囲気も改築が進んだところもあって驚くことばかりです。小山から次の小田林の間が直流から交流へ変わるデッドセクションでE531系は予めプログラミングされているので違和感が無いのでわかりません。暫くすると栃木から茨城の県境に入って紬織物で知られる結城から先日の大豪雨で被害が大きかった鬼怒川の鉄橋(K君、思わず手を合わせていましたが、関東鉄道の常総線も不通で一時はどうなるかと思いましたが………)を渡った川島では常磐線のトラブルの影響で10分ほど足止めを食い。すれ違いを行いながら次の玉戸駅の近くに高尾街道沿いにあった機械工場の本拠地で懐かしい名前を見て今は拡幅工事の影響からか上野原へ移転して行きつけのシアトル系のコーヒー屋さんやトヨタのディーラーがあって時代の変容をふと感じさせながらやや遅れて下館駅に到着。

 下館駅は久しぶりで下り電車は1番線の到着。ホーム伝いに0番線へ移動して本来なら『週末お出かけパス』片手のマスター、本来なら駅員さんに見せる所フリーパスで進み(Suicaはカードリーダーがあります)、折り畳みテーブルの上で特設の切符売り場(補助券で)で真岡までの切符を買い、控えのDE10  1535や『SLもおか号』のC12 66と赤塗りから茶色塗りに化けた50系客車が控えています。先日の洪水で被害が大きかったのがこの地域で関東鉄道の常総線も少しずつながら走る様子も見る事ができました。

 下館から10時17分発の茂木行き(115レ、モオカ14-7)で真岡へ向かいます。JRから転換した時は近くの富士重で新製されたモオカ63形が新製されましたが、第三セクター各社共通ですがバスと造りが酷似しているのか15年で代替が多くなり、転換から二代目の車で最初こそは富士重製ですが、2000年代に入って暫く経ってから新潟鉄工の倒産や富士重工の鉄道車両製造&バスボディー架装撤退(現在は自動車部門が中心です)と苦境に立たされ、IHIが出資した新潟トランシスが新たに設立されて大半はこちらへ移りましたが、こちらは日本車両の新製で九州は松浦鉄道のMR-400形と設計が似ている事で知られています。車内はロングシートでC12を見送る形で出発して茨城県の筑西市(旧・下館市)を走ってから栃木県の真岡市に入ります。周辺は田園地帯が拡がって地域のお客さんの他にも『SLもおか号』目当てのカメラ片手の御仁もチラホラと見かけ、久下田ではモオカ14-5にすれ違い、この次は寺内駅でK君相手に「ドラマの『寺内貫太郎一家』を思い出す駅名だな!」と口走る次第で次の真岡駅に下車。

 真岡駅は国鉄時代からの拠点駅で真岡線の気動車が水戸の支区の形で運用されて現在もそのまま車両基地として使われ、駅舎は真岡鉄道の本社や行政施設が入るSL形で今回の目的地・キューロク館と並んで2棟並んだ姿が真岡のちょっとしたランドマークとしても目立ちます。2番線から1番線に出てワンマン運転が多いのか駅員さんによるきっぷの回収は行われない様子(自由通路からも乗り降りできるので驚きましたね)でこのままコンコースへ。ちょっとした売店もあってSLに因んだものや栃木名物のレモン牛乳を使ったお菓子、何と!鉄コレの最新シリーズも並んでホビー商品を扱う量販店なら分かりますが、第15弾でモオカ63形が選ばれた縁でしょうか仕入れているご様子でこれが第三セクターの貴重な収入源を思うと有り難く思わなくては………。ラックを見ると茨城県内の各駅のスタンプ帳を見付けて早速、真岡駅の所を押して。

 駅舎から少し右手に向かった歩いた『SLキューロク館』から外から見られるご自慢の9600/49671号機が鎮座してスハフ44 25と並び、続いて外に出て蒲原鉄道(ワ12)や水島臨鉄(ワフ16)などの貨車にDE10、キハ20と見学し、我々を追うように到着した『SLもおか号』が到着する頃にはカメラ片手の皆さんもほとんどシャッターを切った形で。後でK君とスハフ44の車内へ。車内の様子をデジカメに収めるとモップ掛けのお姉さんを気にしてからリテイクする羽目になりましたが、さすがに窓も北海道形だけあって二重窓が目立ちます。全員揃ったと思ったら茅ヶ崎のK氏が長野県の伊那からそのまま来て近くにマイカーを止めて参上。何と!早朝に出発して中央道〜長野道〜上信越道〜北関東道と高速を使って来たとの事でお疲れ様です。全員揃ったところで記念撮影、12時から9600の体験乗車があるのでマスターも300円払ってヨ8000を引っ張るものの、動く際にボイラーを焚かず圧縮空気で動かすのかガムを思わせる甘い匂いが仄かに漂い、前後動を味わいながら前半戦は終了。お客さんも親子連れや茨城空港から来日した若い中国人のツアーも。さすがに物珍しいのか日本ではありえない行動をとりますが、動かす時間だったら係員さんも注意が大変だなと感じます。

 自由通路を歩いて少し北側に宇都宮餃子の有名店の一つ・みんみんの支店があるのでここで昼食をとり、さすがに地域の人気店だけあって行列が出来て15〜20分待ちがザラで少し離れた所に駐車場があるので北関東はマイカーが必需品の土地柄どのお店も広めの駐車場は必須です。店内に入るとカウンター席に通されて焼き餃子と揚げ餃子と1皿ずつに漬物付きのご飯で税抜き560円也。東京近郊では考えられない安さでマスターも「おにぎり2〜3個と飲み物をコンビニで買う感覚だよ!」と口走るほどです。

 続いて駅の西口の小川に沿った遊歩道沿いにある西口まるごとミュージアムへ。今日はC12ですが交互に『SLもおか号』を牽引するC11が個室でお休みと言った形でキハ20、DE10、トラ70000が3両にワフ35000と。後でこのキハ20の213番が八王子に所属した記録があって恐らく昔は八高線で運用されていた事があり、相模線が茅ヶ崎から移管すると高崎第一(今の高崎車両センター支所)から水戸→真岡と転属したようです。首都圏色と呼ばれる朱色一色で今では懐かしい佇まいも下館方の前面ガラスにひびが入っていたのは惜しい所。DE10のデッキに乗って楽しみながら調査会もここでフィニッシュ。

 真岡から14時20分発の下館行き(126レ、モオカ14-8)に乗ると真岡駅は1番線に15分程止まって午前中もパナソニックのラッピングがエラく目立ったのが印象的でまさか帰りに当たるとは思いも寄りませんでした。マイカーで来たK氏とここでお別れとなりますが、殆どの面々はこの列車で帰途につきました。

 下館駅では降りる合間を使ってスタンプを押したかったものの、時間が惜しかったのか1番線からこのまま3番線へ。下り線側の友部方にミツウロコの油槽所があって以前はゼネラル石油のタキ9900やタキ35000、JOMO(共石)のタキ35000、コスモ石油(JOTのタキ9900が運用)が灯油を運んで来たなと思い出し、水戸線の貨物列車というと今は常磐〜武蔵野〜高崎線回りへ移行した東邦亜鉛の亜鉛鉱を運ぶ列車が有名ですが(この頃はまだ知る人ぞ知る存在で)、もう一本の下館行きは川島にある太平洋セメントの基地とここのミツウロコ向けの設定がありました。また、宇都宮線で京葉臨海〜小山行きと言う片道のみの設定(返送は宇都宮タor郡山のオイルターミナルと併結でした)があってメインは浜五井〜北館林のタンク車(東鷲宮で積車と空車を交換)で1〜2両、この下館行きを連結するために設定されていた様です。またまた、常総線のディーゼルカーをデジカメに収めて。

 下館から14時59分発の小山行き(752M、クハE531-1018×5/水カツK-468編成=行きと同じです)で小山まで乗り、私とK君は前から2両目、他の皆さんは3〜4両目あたりでこちらはロングシート車と行き帰りで乗り比べを楽しみ、途中の結城では415系に擦れ違い、一瞬、地元の中央線とどこかダブりますが、この415系もここで少しずつ置き換えとの話で211系とほぼ同時期のグループながら抵抗制御を使っているのが運命の別れ目の様ですね。となると、来年以降はこの415系、高崎管内の107系、115系が俄然注目されるのではと読み取れます。水戸線の電車は次の通りです(ちなみに、行きと違い、帰りは定刻です)。

・クハE531-1015×5(水カツK-465編成):1733M〜1738M〜741M
・クハE531-1018×5(水カツK-468編成):736M〜739M〜746M〜749M〜752M〜755M
・クハE531-1023×5(水カツK-473編成):726M〜729M〜740M〜743M
・クハ411-1534×4(水カツK544編成):744M〜747M〜750M〜753M〜758M〜761M

 小山駅は15番線の到着。コンコースの次世代自販機で『朝の茶事』を買うと12・13番線へ。皆さんは到着した湘南新宿ライン(横須賀線行き)に駆け足で乗り換えましたが、マスター、K君と上野東京ライン回りまで待つものの、暫くしてから宇都宮方から14番線(中線)に入るコンテナの貨物列車が到着したのでよく見ると武蔵野線の梶ヶ谷タ行きの94列車でコキ50000とコキ104が混じって連結していたのですぐ分かりました。

○94列車…札幌タ発のコンテナ列車で唯一武蔵野線の西側(梶ヶ谷タ、新座タ)へ向かう列車でマスターにとってはよくここで登場する竜王行きの83列車とリンクする事で知られ、明日の83列車、明後日の82列車のどちらかで確認するのは見えています。あとで大宮駅を通過する際に前方を改めて見直しました。小山駅は10分ほどの停車です。
△梶ヶ谷タ
EH500-16 Ps
コキ52104
コキ50828
コキ50595
コキ104- 255 全検22-12-1小倉車
コキ104-1128 
コキ51719

コキ50877
コキ104-2544
コキ52648
コキ50476
コキ104-2074 全検23-1-31輪西派
コキ106- 64 
コキ52706
コキ104-2888 全検24-2-18輪西派
コキ51612
コキ104- 825 全検25-11-26川崎車
コキ104-2377 全検23-4-11広島車
コキ104-2874 全検27-8-1広島車 1個目に19G-19247[一色塗り]積載
コキ104- 598 全検26-3-27広島車
コキ52397
太字=竜王行き(10/19 83レ〜10/20 82レ)

 小山から15時32分発(4分遅れ)の熱海行き(1575E、クハE231-6012×10/宮ヤマU512編成)で大宮まで乗ります。途中、利根川の鉄橋の手前では宇都宮タ行きのコンテナ車を連ねた4093列車に擦れ違い、東武の電車では栗橋は300系、久喜では半蔵門線直通の50050系(51056×10/66T運用)、200系(209-1×6/『りょうもう』23号)、浅草方の引上線は10050系(11666×6)と見てさすがに10両編成なのか蓮田に差し掛かると混雑も目立ち、こちらも左手に東武野田線の線路が見えると降りる支度をします。

 大宮駅では宇都宮線の3・4番線から高崎線の6・7番線へ。最初は先程の94列車を見るのですが、先に1時間半ほど遅れて到着した3054列車が5番線に入ってきたので思わず編成のナンバーを控えて。10月のこの頃(16:30前後)になると少し日が陰ってくるので確認も何処か見辛くなりますね。

○3054列車…1時間半ほど遅れての到着でコンテナも20ft、31ftのコンテナの姿が目立ち、特にヤマト運輸のコンテナが多く宅急便の荷が多いのも伺えます。
△隅田川
EH500−65 Ps
コキ104-2009 全検27-7-29小倉車 2個目にV19C-8512[一色塗り]積載
コキ104- 510 全検23-11-25川崎車 3個目にヤマト運輸UV51A-35012、5個目にJOT UR19A-1242[“がんばろう日本]積載
コキ104- 44 全検23-12-1広島車 西濃運輸U54A-30124,30073積載
コキ107- 205
コキ107-1098
コキ104-2386
コキ104-2416
コキ106-1135
コキ104- 435
コキ104- 18
コキ107- 727
コキ107- 578
コキ107- 612
コキ104-2843
コキ106-1020 ↑ヤマト運輸UV51A×2積載
コキ107- 847 ↓
コキ106- 876 
コキ104-1845
コキ104- 733
コキ104-2101

 3054列車の方は前の限られた部分しかコンテナの確認出来ませんでしたが、結構見ごたえがある内容でJOTのUR19Aでも少し前まで5桁ナンバーでしたが、最近は4桁ナンバーも登場してラインカラーもピンクから水色と混乱しますね。


 今度は京浜東北線のホームに移り、先の94列車をiPod touchに準備して電車の到着を待つと4番線に『スペーシアきぬがわ』6号が到着すると106-1×6(日光詣)が参上。さすがにスカイツリーに合わせた改装で様々なカラーリングが登場しましたが、色合いの渋さはピカイチで芸術品に値します。

 京浜東北線で大宮16時52分発の桜木町行き(1617A、クハE233-1055×10/宮サイ155編成)で南浦和まで乗り、中刷りはすべて伊丹市(大阪空港がある事で知られています)のものでUターン就職のもので大阪からそう遠くない場所にもかかわらず首都圏で打つ必要があるのか些か疑問に思いますが、大宮操の発着線には先程の94列車(こちらは定刻の運転です)をまた拝む事ができました。

 南浦和から武蔵野線で西国分寺まで乗り、この頃になると徐々に暗くなってきて窓越しの観察も出来ませんが、車内ではK君と歓談しつつ、西国分寺で中央線の快速に乗り換え、国分寺で『青梅特快』の待避をする17時47分発の八王子行きで終点まで乗り、もう1〜2本早い武蔵野線の電車なら211系の松本行きも乗れたのでは?と感じ取れ、行きと同じく八王子駅は3番線の到着となりました。

 続きはこちらです。

|

« 中央線貨物列車の基礎知識2015(上り編) | トップページ | H27.10.18 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/62501267

この記事へのトラックバック一覧です: H27.10.18 真岡鐵道見学会:

« 中央線貨物列車の基礎知識2015(上り編) | トップページ | H27.10.18 八王子駅 »