« H27.10.02 八王子駅 | トップページ | H27.10.06 八王子駅 »

2015年10月 5日 (月)

H27.10.05 八王子駅&京王相模原線

 週明けで今週は色々と別の意味で立て込みますが、スターバックスの八王子市内のお店で由木地区にある野猿街道店がオープン3周年を迎えて当日に訪れたい所、どうも例会の定例日と前後してしまうのか日が少々ずれてしまいます。丁度、此の間の金曜日と同様に京王線のダイヤ改正後の様子も見てこのまま南大沢にも立ち寄る予定なので相模原線のダイヤも昼間は区間急行快速ともに都営新宿線直通になり、ここ2年半程、昼間は都営地下鉄の電車も10両編成メインで8両編成も夕方の快速や区間急行同様、以前の様に普通に入る様になったので見方を変えると10-000形や10-300形と新旧入り混じって来てのお楽しみにと言った様子です。

 西八王子の駅入口のバス停に行くと丁度館ケ丘団地からの京王八王子行きが5分遅れて到着してこのまま終点まで乗り、やはりシルバーパス片手のシニアが多いのか八日町や横山町あたりまで乗られると読んだら16号の交差点の手前で座れ、ここで入った電源バスも五日市、楢原と一台ずつすれ違いました。

 京王八王子駅は岡三証券(旧はちしん)前の降車バス停からこのままゲートイン。10時02分発の準特急(3006レ、8705×10t)で北野まで乗ります。到着間際は乗りも疎らな間に車内の両側で京王八王子・高尾山口方の運転台跡もバッチリ収めて。次に出発する高幡不動行きは金曜日に新宿まで乗った7000系トップ入りの編成とまたご対面。野猿街道、フレンテ南大沢と金曜日とデジャブになること明白です。北野で高尾山口からの各停(5128レ、7706×8)に乗り換えるとさすがに京王線は駅間が短いのか二駅があっという間でこの時間帯は通学の大学生も多く、また多摩動物公園(昔は月曜が休園日でしたが、今はどうかな?)か京王れーるランドへ遊びに行く小さな子を連れた親子連れも。

 平山城祉公園の駅からバスを一本待って京王堀之内行きのバスに乗り、南口では顔馴染みの京王バスカラーのバスです。チラッとアイボリー地の電鉄バスが北野街道を走っている様子が見えたので八王子車庫か隣の工場へ回送すると言った感じ。一旦日野市内に入った我が身も堀之内のトンネルを越えて東京薬科大に立ち寄り前に乗った時は大栗川の芝原バス停まで乗ると220円(ICカード216円)でしたが、野猿街道の信号の手前に当たる堀之内2丁目まで乗ると200円(ICカード195円)とどこかのタンブラー持参割引ではありませんが、21円違う事が分かったので信号は渡るものの、京王堀之内駅まではお散歩気分で。

 バスを10分ほど乗り、野猿街道を聖蹟桜ケ丘方面を歩いて数分、八王子方面の車線側からサイレンマークが見るとスターバックスの野猿街道店の目印でコーヒーはオータムブレンドかなと思ったらパイクプレイスローストでC&Eはこの時期らしくパンプキンをセレクト。幸い、ソファー席が1卓空いていたので大崎ゲートシティ店と同じ臙脂のレザーで金曜日の夕方にも同じ光景ですね。立て黒板にはパートナーさん皆さんの写真とメッセージや東北の震災被災地の支援やコンディメントバー&ダストボックス前の黒板もセレオ店の習慣が付いてしまったのかデジカメに収め、京王プラザホテルのお店の時からの仲良しのパートナーさんは居なかったものの、前にも何度かお逢いしたパートナーさんもいらっしゃってホッとしました。

 由木堀之内バス停前から大栗川の新道橋へ。それから京王線の効果目指して歩いてネッツ多摩(元はウチがいつもお世話になっているビスタ多摩→ネッツ西東京のお店です)の看板を見てマスターと逆に南大沢から来たバスを見て京王堀之内駅を目指します。

 南大沢で降りると時刻表を両方向、大きなサイズでデジカメに収めてからフレンテの5階にあるミートレアで昼食。最近入った点心の『萬珍茶房』でワンタン麺を頂きます。海老ワンタンが入って澄んだ味の鶏ガラスープでメニューを見るとチャーシュー丼と麺類がベストですが、点心を売りにしているお店だけあってこの選択は正解でした。2階に降りてスターバックスでフルーツクラッシュティーを頂きます。予告通りレザーのベンチ席で頂き、野猿街道のお店同様金曜日と同じ位置という事に。前はファッション中心のテナントが多かったのですが、ドラッグストアや100円ショップ、コンタクト店(店先の呼び込みが何処もウルサイですな〜)と三井アウトレットパークの近くでは勝負にならないのか実用的な中身になりましたね。

 帰りは橋本まで乗る事にして日中では珍しく各停が到着しますが、若葉台で昼寝していた都営地下鉄の電車でこのダイヤ改正で初お目見えとなった準特急(3725レ、8702×10c)に乗り、相模原線内の停車駅の追加は無かったものの、実質従来の特急と同じです。

 橋本では先行した都営10-300形が止まって今年新製されたばかりのE233系ベースに当たり、入れ替わりにE231系ベースの先頭車が廃車になっているのは何処かもったいない話で案内表示もLED文字とフルカラー液晶(パネル形)との情報伝達が高度になる事から変えたのも伺えます。因みに私が見た範囲の都営車の運用は次の通りです。

・10-240×8(11T運用/4829レ〜2816レ)
・10-380×8○(35T運用/4831レ〜2818レ=京王堀之内→南大沢で乗車)
・10-540×10◎(29T運用/7727レ〜4846レ)
○=E231系ベース、◎=E233系ベース

 八王子駅へは横浜線に乗りまして、着く頃はまだ根岸行きの8092列車が止まっている時間帯なので全車見られるかどうかは時間との相談ですね。

 八王子駅で降りると東側の跨線橋から3・4番線へ赴き、間髪入れずに編成をチェックし、ブレーキの音が耳に入ったのでそろそろ出発となり、後方は駆け足になりましたが、最後尾の詳細なデータが取れなかったのは惜しいところで後日埋めさせて頂きます。

○8092列車…普段より1両短い13両の連結で全検車も2両キャッチしました。
△根岸
EH200-1
タキ1000-837 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-851 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-617 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-873 JOT/根岸 無
タキ1000-164 JOT[E]/根岸* 全検27-6-22川崎車、自重16.7t 無
タキ1000-419 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-531 JOT[E]/仙台北港 無
タキ1000-598 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-226 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-786 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-620 JOT[E]/根岸
タキ1000-188 JOT/根岸* 全検27-8-20川崎車、自重16.6t
根岸*=旧郡山常備車

 一通り終わるとセレオのスターバックスではいつもの有隣堂側のテーブル席に陣取り、ドリップが2杯目なので100円でオータムブレンドを頂くとちょうどストアマネージャーさんがいたので思わず報告をして帰りは南大通り経由の西八王子南口行きがありまして、京王線のダイヤ改正に合わせて寺田へ持ち替えたダイヤですが、先月の24日までは時々100周年の復刻カラーが参上したダイヤでいつものアイボリー地で8年モノのご帰還で盲学校で数人乗っていたところコンビニに寄りたいので終点まで久し振りに私一人の貸切となりました。

|

« H27.10.02 八王子駅 | トップページ | H27.10.06 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H27.10.05 八王子駅&京王相模原線:

« H27.10.02 八王子駅 | トップページ | H27.10.06 八王子駅 »