« H27.07.30 高崎周辺(その1) | トップページ | H27.07.30 八王子駅(おまけ) »

2015年7月31日 (金)

H27.07.30 高崎周辺(その2)

 さて、高崎駅に到着すると北陸新幹線や上野東京ラインが開業した後で案内表示が大きく様変わりして見てゆこうと思い、先程も見ていた列車でコンテナ車で一部連結が無かった事や高崎操で新潟タ行きの列車が抑止していた理由がここで判明し、何でも沼田の先で大雨による土砂流出があったとの事で谷川越えは寸断状態。通りで上越方面からの列車が中々来なかった訳はここでしたか………とJR貨物のHPを事前に見とかねばと。思い、ここで例によってお昼休みです。

 さて、ここまで来ると昼休みで2・4番線から新幹線の乗換口近くの駅弁の売店で『だるま弁当』を買い、3月の遠征の時のお約束で案内表示をデジカメに収め、直近の北陸新幹線は『あさま』号でおめあての金沢行き『はくたか』はこの30分後。E2系の8両編成からE7系の12両編成に変わっていたので後で改札を出たところで改めて収める事にして4番線の自販機で『朝の茶事』の500ml(+25ml)入りペットボトルを頂き(伊右衛門で550ml入りがあるのは知っていますが、『朝の茶事』がいつの間にか容量アップで驚きました)、待合室での昼食。涼しいのかこの頃珍しくホームレス風の爺さんの姿も。一時は東京都内はもちろん、八王子でも駅中で時々見掛けたもので最近は死んだのか警備が厳しくなったのでしょうかトンと見られなくなりました。さて『だるま弁当』に舌鼓を打つも、暑い時期なのか梅干しも入ってどうもマスターは近年の改悪は何処か眉を潜めるところで。12時頃まではホームをフラリとして普段は上越線の電車も水上行きですが、珍しい沼田発着も見る事が出来、あとでコンコースに置かれたホワイトボードをデジカメに収めるもお姉ちゃんの駅員さんにお断りすると気にされていない様でご厚意に預かりました(決して、怪しい邪魔者ではございません)。先程のE233系も客車ヤードで昼寝して今度は4番線に『踊り子』カラーのクハ185-306×6(宮オオOM03編成<)が参上し、後で何度も見かけているので新前橋を拠点に高崎線内を行ったり来たりの試運転でこの頃はこのカラーが定着しているものの、ここ1〜2年また新製された時のグリーンストライプに戻っているのでこれも何時までかな?と気になる存在です。

 改札口を出てますは新幹線の真下にある『いろは』に立ち寄り、群馬の県産品を物色。富岡製糸場が世界遺産日本指定された影響でしょうかこの関連グッズが多く、八王子駅の『やまたまや』ではありませんがついつい目移りしますね。続いてモントレーのスターバックスでアイスアメリカーノ(暑かったのでトールサイズで)を一杯。窓際のソファー席に腰掛け、午後見る予定の8876列車の準備をします。さすがに未だ遠征は場所によってリングノートが手放せないのでiPod touch片手となると一寸見直す形で手直しも出来ますが………。

 昼休みを終えて最初は7番線からの13時24分発の熱海行き(1885E、クハE231-6018×10/宮ヤマU518編成)に乗るつもりでしたが、13時を回る頃には小雨がポツリと降って来たので急遽2・4番線に戻り、雨足が強まらない間に倉賀野での調査を済ませねばと思い、13時15分発の特快・小田原行き(湘南新宿ライン4829Y、クハE231-8526×10/横コツK-26編成)で倉賀野へ。車内整備が終わらないうちにフライングで車内に入るものの、少し待ってから先頭へ。ボンヤリしたのか開閉ボタンでお兄ちゃんを挟む始末でイヤすみませんでした。

 高崎を出発すると上信電鉄のマンナンクラッシュの500形を見て高崎機関区の構内はEF60 19、EF65 501、EF64 1001とお馴染みの顔触れに混じり、鉄博へ収蔵されたEF55 1に変わって長岡から転属したEF64 1052の姿も見えて時々中央線で見掛けるマスターと一緒くらいのEF64もここで置き換えられるのか気になる所で八王子駅の機関車溜まり(=旧機関区の一部)で昼寝している様子を見掛けましたらいずれは報告したいものです。どうも、カラーからすると一瞬、JR貨物の所属機かな?と言った具合ですね。

 倉賀野に着くと時間的には3093列車の到着が先でそれから8876列車の調査と言う段取りで降りた所で丁度、貨物基地から8876列車のタンク車が入り、すぐ後4番線にはEH200に牽引されてタキ1000を連ねた3093列車が到着し、こちらの記録は3092列車と同じ編成ですので併せてお楽しみください。

○8876列車…いつもの様にタキ43000の44t積み車中心でタキ1000が若干混じる形の15両編成で入線します。往路の8877列車と違って前3両が入れ替わり、期待していたタキ1000の400番は明日のお帰りと言う事で収めそびれました。
△蘇我(北袖)
EF65 2092[JRF色、冷風]
タキ1000-395 JOT/浜五井 無
タキ243817  JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地▼
タキ243790  JOT[e]/浜五井# 全検26-5-15川崎車、自重16.1t 無
タキ1000-391 JOT/浜五井 無
タキ1000-828 JOT/北袖# 無
タキ1000-858 JOT/北袖# 無
タキ243761  JOT/浜五井# 無
タキ243758  JOT/浜五井# 無
タキ243877  JOT[e]/浜五井# 無
タキ243785  JOT[e]/浜五井# 無
タキ243747  JOT[e]/浜五井# 無
タキ243703  JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地
タキ243806  JOT/塩浜* 全検24-6-22川崎車(30-1-21切)、自重15.9t
タキ243742  JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地
タキ243648  JOT/浜五井# 全検26-4-14川崎車、自重15.9t
浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車、塩浜*=旧郡山常備車、▼=表示板の逆向き

 因みに、8877列車の編成は下記の通りです。

EF65 2117[冷風]
タキ243648  JOT/浜五井# 全検26-4-14川崎車、自重15.9t
タキ243742  JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地
タキ243806  JOT/塩浜* 全検24-6-22川崎車(30-1-21切)、自重15.9t
タキ243703  JOT[e]/浜五井# 石油類)黒地
タキ243747  JOT[e]/浜五井# 無
タキ243785  JOT[e]/浜五井# 無
タキ243877  JOT[e]/浜五井# 無
タキ243758  JOT/浜五井# 無
タキ243761  JOT/浜五井# 無
タキ1000-858 JOT/北袖# 無
タキ1000-828 JOT/北袖# 無
タキ1000-391 JOT/浜五井 無
タキ1000-861 JOT/北袖# 無
タキ243769  JOT/浜五井# 無
タキ1000-400 JOT/浜五井 無
浜五井#、北袖#=旧本輪西常備車、塩浜*=旧郡山常備車、▼=表示板の逆向き

 3093列車のタンク車が貨物基地へ向かうとあとはタキ43000の44t積みをデジカメに収め、EH200が入庫回送すると後2両を片付け、ベンチに腰掛けて8877列車の編成をノートに纏めて14時を回る頃に空が急に晴れて来たので再び44t積みをリテイク。

 『貨物時刻表』を見ると前後して川崎貨物からの8099列車が到着しますが、冬場のごく限られた時期しか見られなくなり、こちらは8876列車が終わると小休止を取って14時22分発の高崎行き(239D、←キハ110-207+220/高タカ支所)で高崎へ戻ります。余り空いてなくてロングシートに腰掛けるとド派手にメイクした女子高生風のコスプレ姉ちゃんを見付け、ルーズソックスなんて10何年前のファッションなのでこりゃイカレてますね。余談はさておき、機関区の構内はEH200の入換えに加えてEH500が並ぶと何処か仲間みたいな雰囲気だなと3月の遠征の際に新都心の駅の外に出てみた時と同じ感覚を覚え、客車ヤードではスハフ42 2173がピンで休み茶色いDE10の1705号機を見て3番線に到着。

 高崎駅では2・4番線でこの間色々と見て115系も注目が高く、先程の185系の試運転とまたまたご対面。ベンチに腰を下ろして一休みすると新幹線のホームが見えるので北陸新幹線のE7系とW7系が見られるものの、ロゴに記された社名でE7系の編成だな!とすぐ分かりました。

 高崎から15時15分発の特快・小田原行き(湘南新宿ラインの4833Y、クハE231-8506×10/横コツK-06編成)で最後の倉賀野詣へ赴き、向かいに座った登山帰りのオバちゃん達に教えてあげて出発待ち。0番線の上信電鉄のデハ250や車庫で休む新鋭7000系を見て日本製粉の跡には新しい市民体育館が建設中。操車場の跡も再開発に合わせて新駅が出来る噂もありますが実際どうなのでしょう。

 最後の倉賀野詣は先ずコンテナの3096列車を見て午前中に到着した4057列車の復習の形でコンテナをチェック。あとは行き来する電車の様子をウオッチしながら3092列車のタンク車の入線を待つ形で過ごします。今回はカメラ片手の者を見ても高崎駅で115系を向けているくらいでこの位になるとデジイチ片手の小柄なオヤヂが居座り、前は年嵩の人を見付けるとそれなりに雰囲気が出て取っ付けそうな雰囲気の人が結構見られましたが、この頃はマスターですら軽蔑しそうなバブルが弾けた後か平成不況でリストラされた様な冴えないオヤヂが何処か多い様で年金がマトモに貰えず生活保護スレスレと言ったタイプですね。

○3096列車…午前中の4057列車で到着した機関車と大半のコンテナが連結されて後2両には日通のU20Aが各1個、熊谷タ発の編成には48A+仙台運送U51Aが積まれた車も見られました。
△新座タ
EF210−10
コキ104-2831 全検26-6-24輪西派[空車]
コキ104-1535 全検27-6-26郡山車
コキ106- 713 全検26-8-19広島車
コキ104- 763
コキ104-1702
コキ104- 407 全検26-8-21広島車 5個目に19G-19242(JRマーク入り)積載
コキ104-1234 全検27-4-10川崎車 3個目に日通U20A-537積載
コキ104-1526 3個目に日通U20A-519積載

○3092列車…往路の3093列車がEH200牽引でターンすると思いましたが、こちらはEF65が参上。タキ1000ばかり17両編成と頑張っている編成で全検出場間もないナンバーでは182番だけが初顔合わせ。他はここ一ヶ月の間に八王子行きの列車や3連休の土曜日に見かけたナンバーとご対面。
△根岸
EF65 2117[冷風]
タキ1000-212 JOT[E]/根岸*
タキ1000-758 JOT[E]/根岸
タキ1000-272 JOT/根岸* 無
タキ1000-585 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-270 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-799 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-360 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000-581 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-161 JOT[E]/根岸* 全検26-10-18川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-235 JOT[E]/根岸* 無
タキ1000- 22 JOT[E]/根岸*
タキ1000-292 JOT/根岸*
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 50 JOT[E]/根岸*
タキ1000-151 JOT[E]/根岸* 全検27-4-18川崎車、自重16.7t
タキ1000-182 JOT/根岸* 全検27-7-21川崎車、自重16.7t 石油類(黒地、(A重)
タキ1000-173 JOT/根岸* A重
EH200-11
▽(3093レ)
根岸*=旧郡山常備車

 暑さ対策から丁度1時間、倉賀野から16時17分発の快速・小田原行き(湘南新宿ライン2855Y、←クハE231-8525×10+8037×5[籠原〜]/横コツK-25+S-09編成)で大宮まで乗ります。車内も余裕があり、いつもなら現車のデータの照らし合わせをしたい所が今日は思った以上に少なかったので退屈しますが、すれ違う電車の様子を見て籠原も基本の10両編成より5両編成が待機する様子が多いのも頷け、2番線では後続に当たる始発の上野東京ライン経由熱海行きがスタンバイ。熊谷の貨物ターミナルではいつもは新潟行き(3月ダイヤ改正前は北陸行きでした)の増結が見られますが、不通の影響で見られず、先程倉賀野で見た3096列車が出発待ちして奥には午前中見掛けた日産化学のタンクコンテナを積んだコキ200が控える姿を見て熊谷は秩父鉄道の6000系、7800系が一本ずつ控えて後は鉄道博物館の手前まで一休みと言った具合でここから各駅停車が湘南新宿ラインの特別快速と快速の違いを感じさせ、鉄道博物館を目印にドアの前に立つと丁度倉賀野行きの5763列車にすれ違い長く続いたEF210牽引からEH200牽引に変わり、前の方では根岸発と言ったツートンカラーのタキ1000が続いて浮島町発のオイルターミナルの青いタンク車に混じってこれまたツートンカラー(タキ43000の44t積み)が顔を出し、大宮駅は6番線の到着。

 大宮から17時42分発の新木場行き(1788K、TWR70-010×10)で武蔵浦和まで乗ります。20番線で3分の折り返しで武蔵浦和へ向かう途中で続いてりんかい線の70-000形に擦れ違う形で進み、中浦和で漸くE233系と対面果たすも『はくたか』570号のW7系(W723-106×12)と並び武蔵浦和の到着。

 武蔵浦和から17時59分発の府中本町行き(1768E、クハ205-51×8/千ケヨM27編成)で西国分寺まで乗ります。西浦和を過ぎて荒川の鉄橋を向かう途中で根岸からのタンク車の擦れ違うと携えた時刻表のコピーと照合すると倉賀野行きの5079列車で今朝見た編成の折返しかな?と言った具合でまた見掛けた形で北朝霞で腰掛けると夏休みの時期でしょうか子供連れが少々煩いのが疲れた我が身にとっては何処か苦痛なのですが………。

 西国分寺から駆け足で18時26分発の高尾行きで八王子まで乗ります。乗ったのがゲリラ豪雨の際に高尾で水浸しになった事があるE233系のT35編成で今日は夕立は大丈夫かな?と他所に八王子に着きます。

|

« H27.07.30 高崎周辺(その1) | トップページ | H27.07.30 八王子駅(おまけ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/61973416

この記事へのトラックバック一覧です: H27.07.30 高崎周辺(その2):

« H27.07.30 高崎周辺(その1) | トップページ | H27.07.30 八王子駅(おまけ) »